ドラえもん「絶対に許さない!絶対にだ!!」 (81)

のび太「・・・・・」

ドラえもん「のび太くんどうしたの?元気ないね・・・」

のび太「・・・・・・・・」

ドラえもん「なんとか言えよ!」

のび太「ああ僕は何て不幸な少年なんだろう!!」

のび太「今すぐに世界が終わってしまえばいい!」

ドラえもん「ははーん。またジャイアンにでも苛められたんだな・・・」

のび太「・・・・・・」

ドラえもん「やっぱりそうか!いつもいつもどうして君はやり返せないのさ!」

ドラえもん「いつもいつも泣いて逃げてばかりで悔しくないのか!?」

のび太「・・・・・・・」

ドラえもん「もう・・・じゃあ好きなだけそうしてるといいよ・・・」

ガラ スタスタ ピシャ スタスタスタ・・・

ドラえもん「いつもならすぐに泣きついて来て道具に頼ろうとするんだけどな・・・」

ドラえもん「・・・・・・・」

ドラえもん「はぁ・・・・・・・・・」

ドラえもん「タイムテレビ~」

ドラえもん「のび太くんに何があったのか見てみるか」

腹痛だから誰か続き頼んだ

ザザザ

のび太「や、やめてよジャイアン!」

ジャイアン「はあはあのび太はあはあのび太可愛いよはあはあ」

のび太「ひっ!」

こいつ俺の偽物だ!
それ前俺が書いたパクりじゃん!

ジャイアン「う…うう…あそこが熱い…!」バッキボッキ

ジャイアン「おおおおおおもっとだあああああもっと硬くなれええええええ!」

のび太「うわあああドラえもん助けてええええ!!!」

ジャイ子「あ、あれは…」ジュン

>>13
くっさwwwwww
じゃあ続き書いてみろよwwwwwwww

ジャイアン「うおおおおお!」ソウニュウ

のび太「アッー!!」

ジャイアン「うおおおおおうおおおおおのび太のア◯ルギモッチイイイ」

ジャイコ「ハアハア」クチュクチュ

>>15
いやいやなんでだよww
頭おかしいの?
まぁ別に何も迷惑かからないし好きにして下さいww

ドラえもん「そ、そんなことがあったのかジャイアン!」

ドラえもん「君は…君は…なんて酷いことを…!」

ドラえもん「タケコプターでジャイアンのところに行こう!」ブーン

~~~

ジャイアン「ハアハア母ちゃん母ちゃん!」

母ちゃん「タケシ!良いよ!もっと突いて!ああん!」

ドラえもん「ジャイアン!」

ジャイアン「ドラえもん!なんでこんなところに!」

母ちゃん「タケシは今マザーファッカー中なんだよ」

ドラえもん「話がある…」

ドラえもん「どうしてのび太君を犯したりなんかしたのさ!?」

>>17
ID:HoVS89osiが書いてくれてるんだからお前もう黙って消えろよwwwww
くさすぎるwwwwwwww

ジャイアン「だってよお、のび太のケツ余りにも可愛くて…」

ジャイアン「もしのび太のことを怒っているなら謝る、命だけは…」

ドラえもん「僕が怒っているのはそこじゃない!」

ジャイアン「え?」

ドラえもん「どうしてぼくじゃなくて、のび太君を犯したんだ!」

ジャイアン「は?」

ジャイアン「はああ?」

ドラえもん「僕はずっと君を愛してきた、ずっとだよ、のび太君なんかより君をずっと愛してきたんだ!」

母ちゃん「つまりどういうことよ?」

ドラえもん「話した通りさ、僕はジャイアンにずっとずっと犯されたかったんだ!!」

ジャイアン「でもお前ロボットじゃん!」

ドラえもん「そういうと思ったさ!僕は性別は一応あるがロボットだからあってないような物、こういうことだってできる」

ドラえもんは秘密道具を取り出した

ジャイアン「は!?ドラえもんが猫耳美少女に?!」

ドラえもん「こんなことだって」

母ちゃん「ええ?!わ、私の姿に?!」

ジャイアン「ウソだろ…」

ドラえもん「それとも君はやはりこの姿がいいのかい?」

ジャイアン「の…のび太の姿になりやがった…」

ジャイアン「確かにのび太は可愛いと思ったさ…俺からしてみてショタ的な可愛いさがある」

ドラえもん「…」

ジャイアン「母ちゃんの姿だって素敵だ…やはり最初に異性を意識するのって誰だって自分の母ちゃんだろ?」

ジャイアン「それにお前が美少女に変身したのも可愛かった、けどよ…本当は…本当は…もっともっと大好きな人がいるんだ!」

ドラえもん「酷いよ!あんまりだ!!」

母ちゃん「タケシ…誰なんだい…言ってご覧」

ジャイアン「…そ、それは…」

ジャイアン「母ちゃん!俺、学校の先生が大好きなんだ!!!」

母ちゃん「タケシ…」

ドラえもん「え?」

ジャイ子「はあん…」クチュクチュ

ジャイアン「ずっと俺、アイツのことが好きだった…でもよ…アイツには妻子がいる…だからかなわない恋心を引きずって生きて行くのが怖くて…のび太にあんな酷いことをしちまった…」

母ちゃん「タケシ…あんたも苦労してたんだね…」

ドラえもん「そ、それじゃあぼくが先生の姿になるから…」

ジャイアン「だめだ!」

ドラえもん「!?」

ジャイアン「容姿だけじゃないんだ…クッ…」

???「話は聞かせてもらったよ」

ジャイアン「お、お前は…」

のび太「またせたね」

ドラえもん「のび太君、何時の間に?」

ジャイアン「クッソ…すまねえ…のび太…お前に酷いことしちまって…」

のび太「もう良いんだ…済んだことは仕方ない…ドラえもん…君はジャイアンが大好きなんだろ?」

ドラえもん「うん…」

のび太「だったら、ジャイアンに幸せになって欲しいだろ?一緒にジャイアンと先生を結びつくように頑張ろう!」

ジャイアン「のび太…!」

母ちゃん「あ…あんた何言ってるんだい?」

ドラえもん「そんなのだめだよ…僕はジャイアンとくっつきたいんだもん…」

のび太「ドラえもん…」

のび太はドラえもんを優しく抱きしめた

のび太「ドラえもんには僕がついてるじゃないか…」

ドラえもん「の…のび太君…う…うわあああん!うわあああん!」

母ちゃん「タケシ…あんたは良い友達を持ったねえ…熱い友達だよ」ホロリ

のび太「僕…ドラえもんのことを愛してる…」

ドラえもん「うん…」

のび太「毎週月、水、金はインデックスの姿で火、木、土フレンダの姿で僕とエッチして欲しいな」

ドラえもん「うん…」

母ちゃん「良い話だよ…」

のび太「それじゃあさっそく!」

ドラえもん「ジャイアンと先生をくっつけよう!」

ジャイアン「でも…どうやって…アイツには妻子がいる…」

のび太「まずは先生の奥さんを脅すのは?」

ドラえもん「いや…警察に相談されたら厄介だ…ぼくにもっと良い案がある」

ジャイアン「どんな案なんだ?」

ドラえもん「それはね…」

スーパー

先生妻「あら、卵が安いわね広告の通りだわ」

のび太「いたいた…先生の奥さんだ…」

ジャイアン「なあ、今更なんだけど本当にうまくいくのかよ…」

ドラえもん「もうここまできたらやるしかないよ」

ドラえもんはスネ夫の姿に変身した

ドラえもん「の…のび太君…ぼくが汚れることになっても愛し続けてね…」

のび太「大丈夫、僕ドラえもんがどんなに汚れても君を愛し続けるよ!」

ジャイアン「頼んだぞドラえもん!」

母ちゃん「いってきな!」

ドラえもん「うん…」

のび太「しっかし驚いたよなー」

母ちゃん「本当だよ、まさか奥さんがとんでもないショタコンで特にスネ夫君が好きだったなんて」

ジャイアン「全くとんでもない変態だぜ!」

のび太「あっドラえもんと奥さんが話してる」

ジャイアン「ドラえもんのやつうまく駅のトイレに誘いだせるかな…」

母ちゃん「ドラちゃんを信じな!あんた達の最高の親友だろ?」

ジャイアン「おい!奥さんがドラえもんを連れていくぜ!」

母ちゃん「しかもドラちゃんのおしりを撫で回してるよ!」

のび太「今だ写真を撮ろう!」カシャリ

ドラえもん(うう…のび太君早く助け船出して)

先生妻「しかしスネ夫…私みたいなおばちゃんが好みなんて、とっても驚いたわー」

のび太「あっ、ドラえもんが駅の公衆トイレに入るよ」カシャカシャ

~~女子トイレ~~

先生妻「さあ…はじめよっかスネ夫君!」

ドラえもん「あ、あの…その」

先生妻「さあ私の舐めたいよね…うふん」ヌギ

ドラえもん(ゲー、垂れ乳…)

先生妻「舐めて…」

ドラえもん「はい…」

ドラえもん「うっ…うっ…」ペチャペロペロ…

先生妻「あっあっあっ…」

ドラえもん(のび太君…ごめんね…)

先生妻「ふふ、おっぱいもそろそろ飽きたでしょう…パンツ脱ぐからね」

ドラえもん「ふぇっ!?」

ドラえもん「うっ…」

ドラえもん(毛がモサモサしてる…それに)

先生妻「ふふ…濡らしちゃったあ…」

ドラえもん(死んだザリガニの匂いがする~!!!)

ドラえもん(し…しかも…)

ドラえもん(マンカスビッシリ…)

先生妻「さあ…」

~~~

ドラえもん「た、だだいまー」

のび太「おかえりドラえもん、どうだった?」

ジャイアン「何口開けたままなんだよ?」

ドラえもん「消毒液ください…したが汚れた」

すまん腹痛が酷い
過敏性腸症候群なんだ
少し待ってケロ

ドラえもん「消毒消毒…」

のび太「ドラえもん…なんか死んだザリガニの匂いがするよ」

ジャイアン「おっかしいなー母ちゃんはリンゴの匂いがするのに」

母ちゃん「ちょっタケシそんなこと言うんじゃない」カアア

ドラえもん「う、う、先生の奥さんのクリトリスが…真っ黒だった…」

のび太「」オエー

すまんiPhoneの調子悪い

ドラえもん「これであとは先生妻に送っちゃおう」

ドラえもん「明日は土曜日だから明日がちょうどいいかな」

のび太「それよりもドラえもん、約束覚えてるよね」

その日の夜

ドラえもん「今日は金曜日だからインデックスの姿だよね」

のび太「うっわドラえもんがインデックスの姿に…」

のび太「さ…先にシャワー浴びてこいよ」

のび太「くぅ~一度言ってみたかったんだ」

ドラえもん「わかった」

ドラえもん「良いお湯でした、さあのび太君って…もうパンツ脱いだの?」

のび太「ドラえもん、そこに正座になってよね」

ドラえもん「う…うん」

のび太「ハアハア」シコシコ

ドラえもん「…」

のび太「ハアハア」シコシコ

ドラえもん「…」

のび太「ハアハア」シコシコ

ドラえもん「…」

のび太「ハアハア」シコシコ

ドラえもん「…」

のび太「うっ」ドピュ

のび太「ハアハア…こ、こんなゴージャスな一人エッチしてみたかったんだ…」

ドラえもん「え?」

のび太「じゃあ僕もお風呂入ってくるね」バタン

ドラえもん「え?これで終わり?」

次の日

ドラえもん「さあ、さっそく先生の奥さんのビデオを先生に送っちゃおう」

のび太「ドラえもんが隠し撮りしたビデオ見たら僕EDになったよ」

ジャイアン「でも、スネ夫に申し訳ない気がする」

ドラえもん「大丈夫、スネ夫君は別荘に行っているから」

ドラえもんは先生の家にビデオと写真を送った

ギャーギャー!

ジャイアン「おい、先生の家で喧嘩が始まったぞ!」

ドラえもん「そりゃそうだろうね」

のび太「自分の生徒に手を出されたらそりゃ誰だって起こるよ」

ドンゴンガシャーン!

先生「あああああああああ」

ジャイアン「先生が出てきた!」

のび太「ても血まみれだよ!」

ジャイアン「先生!何があったんですか!」

先生「ご…剛田…お、俺は妻を殺してしまった…」

ジャイアン「えーーーーー!」

のび太母ちゃんドラえもん「な、なんだってーーーー!?」

先生「くそ!そんな気はなかったのに…」

先生「あいつが、骨川に手を出したからついかッとなって」

先生「骨川は…スネ夫は俺の1番大切な人だから…」

ジャイアン「え?え?え?」

先生「でも俺はビデオを送ってきた人間に感謝している…スネ夫を守ることができたのだから…」

ジャイアン「そ…そんなあ~!!!」

のび太「な、なんてことだ…」

ドラえもん「僕のせいだ…グスン」

母ちゃん「ドラちゃん泣くんじゃないよ」

ドラえもん「僕のせいなんだあああ!僕があんなことを提案しなければ先生は殺人を犯さずにすんだ!」

のび太「ドラえもん…」

こうして
先生は警察に逮捕されてしまった

あとには虚しさだけが残ったかのように思われた

ジャイアン「あれから二ヶ月…俺は愛する人の人生を破滅させてしまった…オマケにスネ夫はわけもわからずにカウンセリングを受け続けている」

ジャイアン「俺は…どうすれば良いんだ…くそう!」

ジャイ子「お兄ちゃん…」

ジャイアン「ジャイ子…?」

ジャイ子「私決めたことがあるの…」

ジャイアン「なんだ?」

ジャイ子「私、のび太さんの家のノゾキをしたの…」

ジャイアン「!」

ジャイ子「のび太さんは毎晩毎晩、水色の髪をした女の子と金髪の髪をした女の子と求めあってたわ」

ジャイアン「それって…」

ジャイ子「ドラえもんよ」

ジャイ子「でものび太さんはある日から毎週日曜日だけは女の子の姿ではないドラえもんど愛しあっていたわ」

ジャイアン「女の子の姿じゃない?一体だれの姿なんだ?」

ジャイ子「ドラえもんの…ドラえもん本来の姿よ…」

ジャイアン「!」

ジャイ子「あんな二人を見てたら羨ましく思っちゃった…」

ジャイアン「あいつらは本気で愛しあえる相手がいるからな…」

ジャイ子「私たち付き合わない?」

ジャイアン「え?」

ジャイアン「お前と?」

ジャイ子「私じゃいや?」

ジャイアン「ジャイ子目を瞑ってろ」

ジャイ子「こう?」

チュ…

ジャイ子「お兄ちゃん!」

ジャイアン「ありがとう…俺はずっと大切な何かを見失っていたんだ」

ジャイ子「じゃあそれじゃ…」

ジャイアン「付き合おう!俺達!」

ジャイ子「お兄ちゃん!」

のび太「ドラえもん、ジャイアン達うまくいくかな?」

ドラえもん「ああ、きっとうまくいくよ」

母ちゃん「あの子達も成長したわねえ」

母ちゃん「あんた達二人のおかげだよ」

ドラえもんとのび太は手をつないで何処かへと向かった

のび太「ねえドラえもん…」

ドラえもん「なんだい?」

のび太「たまには僕の姿になってエッチしない?きっと新鮮だよ!」

おわり

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom