由比ヶ浜「ヒッキーが悪いんだよ……?」 (116)

 .
由比ヶ浜「いつもいつも、無視するから……」

由比ヶ浜「こんなにヒッキーのこと大好きなのにさ……」

由比ヶ浜「ねぇヒッキー、私のこと好き……?」

八幡「あ、ああ……」

由比ヶ浜「駄目、心がこもってない」

八幡「すっ、好きだぞ。うん……」

由比ヶ浜「じゃあ、私と一緒にいれて嬉しい?」

八幡「う……嬉しい、かなり嬉しいから。とりあえずこの縄解いてくれない?」

由比ヶ浜「なんで? ヒッキーあたしのこと好きじゃないの?」

八幡「うん、好きだから。解いて」

由比ヶ浜「そうやってまた逃げるんでしょ」

八幡「逃げない、逃げないから。由比ヶ浜とずっと一緒にいるから」

由比ヶ浜「えへへ……ずっと一緒に居てくれるんだ」

八幡「うん……」

由比ヶ浜「じゃあ解いてあげようかなぁ」

 .
八幡「……頼むから」

由比ヶ浜「うーん……やっぱやめた」

八幡「えっ……」

由比ヶ浜「別にあたしがご飯とか食べさせてあげるから、このままでいいじゃん」

八幡「それは……は……?」

由比ヶ浜「なんで? ヒッキーあたしのこと好きじゃないの?」

八幡「好きだけど、好きだけどさ……」

由比ヶ浜「じゃあこのままでいいよね」

八幡「……」

由比ヶ浜「……」

八幡「…………」

由比ヶ浜「…………んっと、ヒッキー何で黙るの?」

由比ヶ浜「あたしといて楽しくないの?」

八幡「……なぁ、由比ヶ浜」

由比ヶ浜「なに……?」

 .
八幡「こんなことして、どうすんだよ……」

由比ヶ浜「どうって?」

八幡「学校とか……」

由比ヶ浜「ああ、ゆきのんに会いたいの?」

八幡「今はそんな話してるんじゃないだろ……」

由比ヶ浜「嘘、ヒッキーいつもゆきのんと居ると楽しそう」

八幡「楽しくない」

由比ヶ浜「じゃあ何で学校のはなしとかするの? ねぇなんで?」

八幡「別に、学校に限らなくても。どこからかバレるぞ……」

由比ヶ浜「なにが?」

八幡「こんなこと、普通に犯罪だろ……」

由比ヶ浜「あたしはヒッキーが大好きだからやってるんだよ?」

八幡「……なぁ、昨日まではいつも通りだったじゃん」

由比ヶ浜「うん、あたしはいつでもヒッキーが大好きだよ」

八幡「……」

 .
由比ヶ浜「ねぇヒッキー。それよりさ、これ見てよ」

八幡「……」

由比ヶ浜「ねぇ、見てって」

八幡「……」

由比ヶ浜「何でこっち見てくれないの?」

八幡「……」

由比ヶ浜「そんな態度していいんだぁ……?」

八幡「……うっ、グッ……!?」

由比ヶ浜「ヒッキーがあたしのこと見てくれないから悪いんだよ」

八幡「うっ、げほっ……げほッ……」

由比ヶ浜「あたしだってヒッキーのこと蹴りたくはないよ」

八幡「ごほっ……うっ、はぁ……」

由比ヶ浜「ねぇ、こっち向いて」

八幡「う、……」

由比ヶ浜「えへへ、最初っからそうしてくれればいいのに。ヒッキーの顔かっこいいよ」

 .
八幡「……」

由比ヶ浜「あたしね、あれから練習したんだぁ」

八幡「それ……」

由比ヶ浜「うん、クッキー。頑張って練習したの」

八幡「……っ」

由比ヶ浜「ヒッキーが喜んでくれるかなぁ、って……」

八幡「…………ない」

由比ヶ浜「ね? 一緒に食べようよ」

八幡「・・・………ないっ」

由比ヶ浜「ん……?」

八幡「要らないっ……それより解いてっ……っ……」

由比ヶ浜「何で?」

由比ヶ浜「あたしヒッキーのために頑張ったのにどうしてそんな酷いこと言うの?」

八幡「解いてほしい……」

由比ヶ浜「あたしはヒッキーが大好きだからやってるのに……」

 .
八幡「……」

由比ヶ浜「ねぇ……」

八幡「……解いたら、食べる」

由比ヶ浜「やだ」

八幡「食べるから……」

由比ヶ浜「解いたらヒッキー逃げる気でしょ」

八幡「逃げないって」

由比ヶ浜「あたし騙されない。もうヒッキーと離れたくないの」

八幡「……」

由比ヶ浜「……」

八幡「……」

由比ヶ浜「……あ」

由比ヶ浜「ゆきのんから、電話だ……」

八幡「出るのか……?」

由比ヶ浜「出ないけど。ヒッキーと二人っきりなのに、ゆきのんは要らない」

 .
―――――
――――
―――

由比ヶ浜「っていう夢を見たんだけど」

八幡「こわっ、洒落になんねぇ……」













くぅ疲

>>42
よし続けろ

>>43 
戸塚「もぅ、八幡が悪いだからね!」
八幡「え、なにこれドッキリ?だれか物陰からきもーいとかって見てるの?
戸塚「八幡なにいってるの?そんなことより八幡が悪いんだよ!
   ぼくのきもちにいつまでも気づいてくれないから」
八幡「え、っちょ、おまえ。なんなのこれ。男とこんな状況になったことないから
   すげぇ意味不明念だけど。なんなら女ともないけど…」
戸塚「だ~か~らぁ!>>55

ゆいゆいとセックスしろや

>>55
うわぁ。もっとやりやすいのにしろよ。

 
 
戸塚「もぅ、八幡が悪いだからね!」

八幡「え、なにこれドッキリ?だれか物陰からきもーいとかって見てるの?
戸塚「八幡なにいってるの?そんなことより八幡が悪いんだよ!
   ぼくのきもちにいつまでも気づいてくれないから」
八幡「え、っちょ、おまえ。なんなのこれ。男とこんな状況になったことないから
   すげぇ意味不明なんだけど。なんなら女ともないけど…」
戸塚「だ~か~らぁ!ゆいゆいとセックスしろや」
八幡「ファッ!?」
戸塚「八幡だって由比ヶ浜さんのこと大好きなんでしょ!?
   由比ヶ浜さん落ち込んでたよ!ヒッキーが何もしてくれない
   手すら繋いでくれないって!」
八幡「いや…その…まぁ、なんだ。タイミングがな」
戸塚「八幡はいつもそう!ぼくは八幡たちがうまくいくように
   ねがってるのに、いつもチャンスを消極的にかわして結局由比ヶ浜さんの
   ことを傷つけてる!」
八幡「それは…まぁ…確かに…それで由比ヶ浜を傷つけてたのは悪かったと思うが
   しかしなんでそこからいきなりセックs…」
戸塚「だ~か~らぁ!>>65

くせえ

戸塚「もぅ、八幡が悪いだからね!」
八幡「え、なにこれドッキリ?だれか物陰からきもーいとかって見てるの?
戸塚「八幡なにいってるの?そんなことより八幡が悪いんだよ!
   ぼくのきもちにいつまでも気づいてくれないから」
八幡「え、っちょ、おまえ。なんなのこれ。男とこんな状況になったことないから
   すげぇ意味不明なんだけど。なんなら女ともないけど…」
戸塚「だ~か~らぁ!ゆいゆいとセックスしろや」
八幡「ファッ!?」
戸塚「八幡だって由比ヶ浜さんのこと大好きなんでしょ!?
   由比ヶ浜さん落ち込んでたよ!ヒッキーが何もしてくれない
   手すら繋いでくれないって!」
八幡「いや…その…まぁ、なんだ。タイミングがな」
戸塚「八幡はいつもそう!ぼくは八幡たちがうまくいくように
   ねがってるのに、いつもチャンスを消極的にかわして結局由比ヶ浜さんの
   ことを傷つけてる!」
八幡「それは…まぁ…確かに…それで由比ヶ浜を傷つけてたのは悪かったと思うが
   しかしなんでそこからいきなりセックs…」
戸塚「だ~か~らぁ!くせえ 」
八幡「!!!!?」
戸塚「こいつはくせえッー!ゲロ以下のにおいがプンプンするぜッーーーーッ!!」

うお残ってた

ちょっとシャワー浴びて>>30から再開します
残ってるとは思わなかった

      .
八幡「俺の事……探してるんじゃ……」

由比ヶ浜「えっ、……なに?」

八幡「なんもねーよ……」

由比ヶ浜「何か言ったでしょ。聞こえなかったんだけど」

八幡「なにも言ってないって」

由比ヶ浜「ゆきのんの事が気になるの?」

八幡「別に……」

由比ヶ浜「なんかさ、ヒッキー楽しそうじゃないよね」

八幡「この格好にしてよく言うな……」

由比ヶ浜「あたしさ、ヒッキーの事がほんっとうに好きなの……」

八幡「……」

由比ヶ浜「なのにさ、何で……?」

八幡「なんでって……なにがだよ……」

由比ヶ浜「分からないの?」

八幡「分からないな……」

 .
由比ヶ浜「ゆきのんの事だよ」

八幡「お前もしつこいな……、今は雪ノ下は関係ないってさっきも……」

由比ヶ浜「じゃあどうしてヒッキーはさっきから楽しそうじゃないの?」

八幡「だからさ、それもさっきから言ってるじゃん」

由比ヶ浜「ううん、ヒッキーさっきから解いてってしか言わないじゃん」

八幡「……」

由比ヶ浜「あたしさ、ヒッキーがちゃんとあたしのこと見てくれたら解こうって決めてたの」

由比ヶ浜「なのにさっきからヒッキーはゆきのんのことばっかり気にして……っ!!!!」

八幡「わ、分かったから……、落ち着け。落ち着いて、由比ヶ浜……?」

由比ヶ浜「どうしてあたしのこと見てくれないの……っ」

八幡「見てるって……由比ヶ浜のことちゃんと見てるから……」

由比ヶ浜「ほんとに……?」

八幡「うん……」

由比ヶ浜「じゃあ、さ……」

由比ヶ浜「ゆきのんに、電話で酷いことだって言えるよね?」

 .
八幡「は……?」

由比ヶ浜「言えるよね?」

八幡「……」

由比ヶ浜「ヒッキーあたしのこと見てくれてるんでしょ?」

八幡「っ……」

由比ヶ浜「それとも、さっきの言葉も嘘だったの?」

八幡「ち、違う……」

由比ヶ浜「……ふふっ」

八幡「……」

由比ヶ浜「じゃあ、何て言おっか?」

八幡「な、なぁ……」

由比ヶ浜「あたしさ、もうヒッキーのこと乱暴したくないの」

由比ヶ浜「大好きなヒッキーに酷いことするの……とっても、悲しいからっ……っ、グスッ……」

八幡「……」

由比ヶ浜「だからさ、あたしのために……言ってくれるよね?」

 .
八幡「あ、あのさ……」

由比ヶ浜「分かってくれた?」

八幡「由比ヶ浜のことは、俺も好きだから。だから、それでいいんじゃ……」

由比ヶ浜「よくないっ!!!!」

八幡「っ!! ……頼むから、落ち着いて、俺が悪かったから……」

由比ヶ浜「よくないよ」

由比ヶ浜「……でも、あたしのこと好きって言ってくれたのは嬉しかったよヒッキー……?」

由比ヶ浜「ね、もっかい言ってよ」

八幡「…………」

由比ヶ浜「何でもう言ってくれないの? ねぇ」

八幡「……す、好き……だ……」

由比ヶ浜「うん……へへっ……あたしも大好きだよ」

由比ヶ浜「じゃあ、ゆきのんにもその調子でお願いねヒッキー」

.

 .
八幡「……」

由比ヶ浜「……」

八幡「……雪ノ下なら……」

由比ヶ浜「……んー」

八幡「…………」

由比ヶ浜「…………あ、もしもしゆきのん? ごめんねーっ、さっきちょっと立て込んでてさぁ~……」

八幡「きっと……、分かってくれるはずだ……」

由比ヶ浜「あはは……、うん。……うんうん。ごめんごめん」

八幡「そもそも、あいつは俺の事好きとは思ってないはずだし……」

由比ヶ浜「あ、ヒッキーなら隣にいるよー? えーっ、そんな探してたなんて大袈裟だってー」

八幡「大丈夫……、後で説明すればわかって貰えるはずだ……」

由比ヶ浜「ずっと一緒に居たのにー、騒ぎすぎだよーあはは……」

由比ヶ浜「うん、あー、そだねー。代わろっか?」

由比ヶ浜「いや、なんかさー、うん……」

由比ヶ浜「ヒッキーがゆきのんに話したいことがあるって」

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom