シータ「寝てる間にエッチなことしたでしょ?!」 パズー「え!?」 (25)

パズー「し、してないさ!」

シータ「嘘おっしゃい! だって、パンツが少しズレてるもの! リボンがおへそのすぐ下にきてなきゃおかしいのよ!」

パズー「あわわわわ」

シータ「なにをしたの? 正直に言って」

パズー「うっ・・・」

シータ「ベッドで寝かせておいてくれたことは感謝してるの。落ちてきた私を拾ってくれたんでしょ?」

パズー「そ、そうさ! あのままだったら君、炭鉱に・・・」

シータ「だから、少しは許そうと思うの。だからまず正直に言って」

パズー「うっ・・・」

パズー「み、見ただけさ!」

シータ「見ただけ?」

パズー「本当だよ! ちょっとズラしてみせてもらっただけだよ」

シータ「・・・」

シータ(あの床に落ちてるたくさんのティッシュ・・・あれに出したのかしら)

シータ「なら挿入とかはしてないってことね?」

パズー「挿入・・・? なにをなにに挿入するって言うんだい・・・? 」

シータ「あ、いえ・・・」

パズー「炭鉱の機械の話?」

シータ(知識自体がないようね)

パズー「ごめん」
シータ「○るす」

シータ「そう。見ただけなのね」

パズー「う、うん。それは謝るよ。ごめん」ペコッ

シータ「・・・」

シータ「良いわ」

パズー「!」

パズー「本当かい?」

シータ「あなたがいなければもっと酷いことになってたかも知れないもの」

パズー「! 君は、心が広いんだね」

シータ「そうかしら・・・?」

パズー「だって、親方が言ってたよ。ただで生まんこ見せてくれる女なんて滅多にいないって。僕はなんて運が良いんだ! ありがとう!」

シータ「・・・」

パズー「どうしたの?」

シータ「いえ・・・なんでも」

シータ(すごくガサツというか・・・ピュアな人なのね)

ーー屋根の上ーー

パズー「君、名前はなんて言うんだい? 僕はパズー」

シータ「私の名前はシータ。パズーね、よろしくね」

パズー「シータっていうんだね。ってことは・・・」

シータ「?」

パズー「僕が生まれて初めて見た生まんこはシータのまんこってことだね」

シータ「・・・」

パズー「親方が言ってたんだ。初めて見せてくれた女性のことはしっかり覚えておけって」

シータ「・・・」

パズー「シータ、一生忘れないからね!」

シータ(周りにロクな大人がいないと、性教育も歪むのね)

パズー「それはもう、すごかったんよ」

シータ「な、なにが・・・?」

パズー「シータのパンツをこうしてズラして・・・下を見せて貰った瞬間ね」

シータ「・・・」

パズー「ここが今まで体験したことないくらいに硬くなってね!」

シータ「・・・」

パズー「思わずここをこうして擦りたくなっちゃったんだ。擦りたいだなんて、変な話だろ?」

シータ「・・・」

パズー「でもね、擦ってみたらなんと」

シータ「やめて」

パズー「え?」

シータ「そういうこと、人に話すものじゃないわ「

パズー「そ、そっか (炭鉱のみんなは楽しそうに話すけどなぁ・・・)」

シータ(ピュアとかいうレベルではないわね・・・)

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom