キース「訓練兵団にレズはいらない!」(66)

キース「訓練兵団にホモはいらない!」
キース「訓練兵団にホモはいらない!」 - SSまとめ速報
(http://jbbs.livedoor.jp/internet/14562/storage/1370950398.html)

だいぶ前のssの続き

終礼

キース「貴様等の中に当然レズはいないだろうな!?」

104期生「ハッ!」

キース「よしっ!ならば明日の朝にレズテストを行う!」

104期生「ハッ!!」

キース「失格した者は即開拓地に戻ってもらう! 以上!!」

104期生「ハッ!!!」

女子寮

サシャ「今日の朝のホモテストでだいぶ男子の数が少ななりましたねぇ...」

ミーナ「明日のレズテストで女子もだいぶ減るんじゃない?」

アニ「でもさ....流石にレズはいないんじゃないかな」


ユミル「.......」チッ

ユミル「ちょっと散歩してくる...」ガタ

クリスタ「?...いってらっしゃい」

クリスタ「急にどうしたんだろうねユミル...」

ミカサ「ユミルの訓練兵生活は今夜が最後....ので、そっとしてあげるべき」



ユミル(私の堪が正しければ.....まだ道はある)ザッザッ

男子寮

コンコン ガチャ

ユミル「よぉ~ベルトルさん!ライナーがいなくて寂しそうだなw」

ベルトルト「ユミル!?許可なく男子寮に入ったら教官に殺されるよ!」

ユミル「バレなきゃ良んだよw それより重要な話がある....」

ベルトルト「......大体想像できるよ」

ユミル「あぁ、明日のレズテストの件だ」

ベルトルト「やっぱりね」

ユミル「お前さ、ホモテストでセコい事やっただろ?」

ベルトルト「ぐっ!?」

ユミル「でなけりゃお前がパスできる筈がねぇ...私にはわかんだよ」

ベルトルト「......それで僕に対策を考えてほしいと」

ユミル「察し良いね、頼むよベルトルさん!」

ベルトルト「駄目だ....できない」

ベルトルト「対策を考えたのは僕じゃなくてライナーなんだ...」

ベルトルト「それにレズテストの内容が想像できない」

ユミル「はぁ?そんなのホモと同じような内容だろ?適当な女子を前に出して.......ッ!?」

ベルトルト「気付いたかい?...女子は判別できないんだ」

ユミル「......たしかに」

ベルトルト「ごめん、悪いけど僕は力になれない」

ベルトルト「それにユミルは大丈夫だと思うよ」

ユミル「はぁ?何を根拠に言ってんだ?ベルトルさん」

ベルトル「ユミルはレズっていうか....クリスタが大好きなだけだでしょ?」

ベルトルト「要はクリスタが絡まなければ良いんだよ!」

ユミル「!?」

ユミル「そう...か....うん!....たしかにそうだよな!!」

ベルトルト「そうとも!女子なんて他に沢山いるからね!ユミルが勝つ確率が断然高いんだよ!」

ユミル「はは、良かったぜまったく....最初から心配する必要なかったんだなw」



翌朝

キース「ただ今よりレズテストを始める!!クリスタ・レンズ訓練兵前へ!」

クリスタ「ハッ!」スタスタ

ユミル「」

キース「レンズ訓練兵...上着を脱げ!」

クリスタ「ハッ!」ヌギ

ユミル「!?!?!?」

ベルトルト(ホモテストと同じだ!ユミル、昨夜は適当な事言ってごめん!)

マルコ(マジ○チだ......でもどうやって判別するんだ!?)


キース「貴様等は敬礼体勢のまま10分間立っていればいい!」

キース「レズはすぐボロが出るからな....」

30秒経過

ミーナ「クリ....スタァ///」ヨダレダラー

キース「何に興奮してるんだ雌豚?...ミーナ・カロライナ失格!」赤旗バッ


ベルトルト「すぐ顔に出たね....下半身センサーがないだけ欺きやすいのに...」

マルコ「僕は....潮で判断すると思ったよ」

ベルトルト「ふっwwwwマルコってばwww」

キース「マルコ!!卑猥な言葉を口にするな!貴様も失格だ!」赤旗バッ

ユミル「........」ガクブル

キース「ユミル!下を向くな!レンズ訓練兵を直視せよ!!」黄旗フリフリ

ユミル「うぅ...くそ」


ハンナ「もーー我慢できないッーーーーーーーー」アヘェ

キース「ハンナ!失格」赤旗バッ

ベルトルト(約一分で二人脱落か....結構多いな)

ベルトルト(ユミル、何とか耐えてくれ!)


キース「一分を超えたか...レンズ訓練兵!ズボンも脱げ!」

クリスタ「ハッ!」ズルッ


ユミル(おおぉっふぅ!!!)

サシャ「ひ....卑怯ばい.....ズボンは卑怯ばい....ふぅ~///」ドヤァ

キース「サシャ・ブラウス!失格!!」赤旗バッ


ユミル(サシャまで!?いや、自分が生き残る事を優先だ....しかし私の限界も近い...)

ベルトルト(何かユミルを助ける方法は..........ッ!?)


その時ベルトルトは、今は亡きライナーの言葉を思い出した

ホモテスト前夜 倉庫

ライナー「つまりだ、判断の基準は勃起以外にありえねぇ...」

ライナー「だからよぉ、あらかじめワイヤーで息子を締め付けておけば良いんだ」

ベルトルト「なるほど!さすがライナーだ」

マルコ「しかし....もし違う内容だったら........ほら、兵士は常に予想外の事を想定しないと」

ライナー「.....」

ライナー「なら目を背けば良い、難しい試験なら見ければ良いだけだ」

ライナー「目を瞑ってまぶたにペンで目を書くんだ....シンプルに行こうぜ」

ベルトルト「見なければ......良い.......!!」ドクン

再開

ベルトルト(ある!....ユミルが生き残る方法が!!)チラ

ユミル(ん?何こっち見てんだベルトルさん?)

ベルトルト「」ギュ

ユミル(目を閉じた....?)

ベルトルト「」クイクイ

ユミル(まぶたを指で撫でて....?)

ベルトルト「」親指グッ!

キース「フーバー訓練兵!!誰が踊って良いと言った!!規律の守れん奴はクビだ!」赤旗バッ

ユミル(ベルトルさん....お前は何を伝えようとしたんだ?)

ユミル(目を閉じて...まぶたに.........)

ユミル(......ッ!?)

ユミル(そういう事か....こんな単純な事に私は!!)

キース「一分切った、レンズ訓練兵!下着も脱げ!!」

クリスタ「ハッ!」ヌギ

アニ「アハハハハハッ!無理ッ!無理でしょこれはぁ!!」アヘェ

キース「レオンハート失格!」赤旗バッ

エレン「うおぉおおおおおお!!」シコシコシコシコ

キース「イェーガー訓練兵!!不潔だ!」赤旗バッ


ユミル(最後に振るいにきたか....しかし私は大丈夫だ)

ユミル(私には何も見えないからな!!)

キース「ちなみにレズテストは男子の忍耐力調査も兼ねてる!勃起したらアウトだ!」

キース「よって男子全員アウト!!」赤旗バッ

男子「はぁ!?ふざけんな!!」

キース「ふざけてなどいない!!」

ユミル(騒がしいな....何がおきてんだ?)

ミカサ「エレンがいないなら私は辞退します」スッ

キース「さよなら!」赤旗バッ

キース「残り30秒か........しかし問題が起きた」

キース「まさか私まで勃起してしまうとは.......不覚!」ビンビン

キース「レンズ訓練兵よ、私は教官としての責任を負わねばならんようだ...」

クリスタ「キース教官?」

キース「お前が今から教官だ、後は任せた」スタスタ

クリスタ「き...教官!?」


クリスタ「行っちゃった.....」

30秒後

ユミル、メヲアケテ.......ユミル! ユミル!

クリスタ「ユミル!!」

ユミル「........ハッ!」

クリスタ「終わったよ、レズテスト」

ユミル「そ...そうか、私は生き残れたのか.....皆は?」

クリスタ「........」

ユミル「そうか....まぁ、仕方ないか...」

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年03月25日 (火) 07:52:58   ID: shjwD61w

教官「さよなら!」って・・・

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom