グリシャ「さ~て秘密の地下室でエロ本鑑賞しますかー!」(27)

グリシャ「うっひょ~この娘たまらんなぁ!!カルラとは大違いだー!!」

グリシャ「若いってやっぱ最高だわうひゃーw」

ドンドン!

グリシャ「!?」

ちびエレン「父さん、いるんでしょ!俺にも地下室見せてよ!」

グリシャ「駄目だエレン...地下室は誰にも見せれないんだ...」

エレン「俺も地下室の中はいりたいんだよ父さん!!」

グリシャ「上に戻りなさいエレン!地下室もいいが母さんの手伝いが先だ!」

エレン「チェ~...」テクテク

グリシャ「ふう....行ったか...」

グリシャ「うし!続きだ続きーホッホッホー☆」シコシコ


カルラ「あなた!!」ガチャ

グリシャ「!?」

グリシャ「カルラ...!何故?」

カルラ「内緒で鍵を作ったのよ....あなた何やってるの?」

グリシャ「カルラ...この地下室の事は誰にも言ってはならない....この世界の謎全てがわかってしまうからな」

カルラ「とりあえずズボン上げてくれないかしら...」

グリシャ「カルラ...何故人は生まれると思う?...何故人は人を産むと思う?」

カルラ「....は?」

グリシャ「人類の繁殖の秘密....すなわち天敵である巨人の繁栄の秘密と繋がる...」

グリシャ「つまりこれはこの世界そのものだ...理解できるか?」

カルラ「...」

エレン「...」

ミカサ「...」

グリシャ「さぁ!わからないならこの事は忘れて食事にしよう...今日のディナーは何かな?」スタスタ

カルラ「....待ちなさい」

グリシャ「ん?」

カルラ「ん?...じゃないでしょ」

グリシャ「カルラ、今日の君は少し変だ、疲れてるんじゃないか?」

カルラ「えぇ、いろいろ疲れたわよ今日は...」

グリシャ「そうだな....ちょっと診てあげよう」

パァアン!!!

グリシャ「痛っ...何するんだカルラ!!」

カルラ「偉っそうな事言って....毎日ここでこんな事してたの!?」

エレン「....父さん」

ミカサ「....ジジィ」

グリシャ「..........仕方ない」

グリシャ「三人共!腕を出しなさい!」バッ

三人「!?」

カルラ「きゃっ!?エレンミカサ逃げて!」

グリシャ「心配するな...軽い記憶障害が起こるだけだ」ブス

カルラ「うっ!」

グリシャ「はい次~」バッ

ミカサ「いやぁああ!」ブス

エレン「うわぁああああ!父さんが狂った!」ダダッ

グリシャ「チッ....逃げたか」

グリシャ「まぁ、カルラとミカサが忘れてくれれば良いか」

グリシャ「エレンはまた隙を見て注射すればokだ」

グリシャ「....しかしエレンは男の子...いずれはこの本を見なければならない」

グリシャ「間違ったやり方をしては人類は滅亡してしまう....」

翌日

エレン「ただいま~」

カルラ「おかえりなさいエレン、アルミンと楽しく遊んだ?」

エレン「うん!」

グリシャ(そういえばエレンはアルミンしか友達がいないな.....まさか!?)

グリシャ(......そっちの本も地下室に入荷しておくか...)

グリシャ(趣味には口出しできないが....ちゃんと女の子ともヤらなきゃダメだぞ...エレン!)

再開

地下室

グリシャ「ベッド、ゴム、本、電動立体機動.....こんなもんか」

キース「グリシャ、お前は本当に息子のために努力を惜しまない人間だな....」シコシコ

グリシャ「お前も親になればわかるさ」

キース「ふっ、結婚する暇など私にはないよ...」シコシコ

グリシャ「そうか......明日の出張が終わったらエレンにここを見せようと思う」

キース「好きにすればいいよ」ドピュ

グリシャ「キース、ソロも良いがデュエットはもっと良いぞ」

キース「応じよう」

翌日
人類は思い出した...奴らに支配されてた恐怖を...壁の中に囚われてた屈辱を!


エレン「やめてよ父さん!父さんは母さんが死んでおかしくなったんだ!」

グリシャ「いいから腕を出しなさい!」ブス

エレン「うわぁあああ!」

グリシャ「地下室を目指しなさい!鍵を忘れるなぁー!」

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom