コナン「...灰....原っ..」(79)

マジ基地予定はありませぬ

嘘だ!!!

灰原「...」

灰原「彼女が...工藤君の大切な人が...」

灰原「...死んだ」

灰原「私と彼も傷を負った...」

灰原「体と...」

灰原「...心に」

>>2まあまあゆっくりしていってね

灰原「彼は組織を追い詰めた」

灰原「アジトを見つけて、一網打尽にした...ハズだった」

灰原「しかし組織は大切なものを奪った」

灰原「どうせ捕まってしまうなら...」

灰原「彼が元に戻る理由を消してしまおう」

灰原「たったそんな理由で...」



コナン「な、なんで蘭が...!」

?「お前が来るのは分かっておったよ」

コナン「蘭を離せ!蘭!起きろ!」

?「あと1時間は起きないぞ...もっとも、今から『永遠に』に変わるがな...」

灰原「ま、まさか!」

?「最期に宮野...いや、シェリーもいるとは予想外だったな...」

コナン「や、やめろ...やめろ!!」

?「では...名探偵、工藤新一...新一...」カチ

コナン「やめろぉおお!!」ダッ!

灰原「!?くどうk..

ドガアアアアアアアアンンン!!!

...............
..........
....
.

灰原「うっ...うぅ...」

灰原「く、工藤君っ....工藤君!」

コナン「...」

灰原「...い、生きてる」

灰原「工藤君!!」

コナン「...」

灰原「工藤君!工藤君!」ユサユサ

コナン「...........ら、蘭は...?」

灰原「..っ!....そ、それは...」

コナン「蘭は...蘭は...?」

灰原(あんな爆発で生きてるのはっ...多分...)

灰原「えっと...」

コナン「助けないと......俺が.......蘭を...」

灰原「え、ええ...で、でも...」

コナン「なんだよ...死んだとでも言いたいのか...」

灰原「ち、ちが..

コナン「バ、バーロー...生きてるさ...心配すんな」

灰原「え、ええ!き、きっと!」

コナン「助けてやる!灰原!そっちの瓦礫持て!」

灰原「え...ええ」

灰原(いつもの工藤君じゃない...動揺してる...)

灰原(...無事で居て....無事で居て!!)

コナン「おりゃあ!」ガターン!!!

コナン「ちっ...居ねえか!」

灰原「工藤君!こっちは!?」

コナン「わかった!今いk..

コナン「」

灰原「...!居たの!?」

コナン「.....蘭の腕だ...」

灰原「...!」

灰原「助けましょう!早く瓦礫を !」

コナン「...」

灰原「何やってるの!!」

コナン「いや...」

灰原「...え?」

コナン「腕『しか』ないんだ...」ガクッ

灰原「その後、私は吐いた...分かっていたけど耐えられなかった」

灰原「彼はその後も一人で探したが、彼女は見つからなかった」

灰原「彼女と思われる『肉片』は血痕と共に散らばっていたが...」

灰原「彼はその後...」

灰原「狂ったように...」

灰原「泣き叫んで...」

灰原「壊れた」

〜another world 壊れた名探偵〜

ほーらマジキチだ

〜病院

灰原「...んぅ...」ムク

灰原「...えっと...生きてる...」

灰原「...病院?...痛っ..」

灰原「えっと確か...」

"コナン「腕『しか』ないんだ...」"

灰原「...うっ!!」

灰原「ハアハア...」

灰原「ハア........」

灰原「....」

>>14どこらへんが?自覚はしてない

灰原「...」

ガラガラ...

看護婦「あっ...起きたわね♪ちょっと待っててね」

灰原「は、はい...」

灰原「...」

灰原「...工藤君」

灰原「私...どうなるんだろう...」

灰原「...お姉ちゃん...終わったよ...」

灰原「...」



医師「...うん...とくに異常なし...かな」

灰原「ありがとうございます...」

医師「まあ、あと少し入院してもらうけどね」

灰原「あ、あの...」

医師「ん?なんだい?」

灰原「くど...江戸川君は...どこですか?」

医師「ここの病室の隣にいるよ」

灰原「...よかった...」

医師「....しかし...」

灰原「?」

医師「...いやぁ、なんでもない...お大事にね」

ガラガラ...

灰原「...」

灰原「...工藤君...」トテトテ

ガラガラ...

灰原「...工藤君っ...」

コナン「...」

灰原「工藤君?...外傷は酷くなさそうね...」

コナン「...」

灰原「く、工藤君...」

灰原「...っ!」

灰原「...ま、また...出直すわ...」

灰原(私は何を考えてるの....)

灰原(あんなことがあったのに...)

灰原(傷をえぐってるようなものじゃない...)

コナン「...待てよ」

灰原「...え?」

コナン「お前...」

灰原「く、工藤君...?」

コナン「誰だ」

灰原「...っ!」

灰原「工藤君!」

コナン「なんなんだよ...勝手に入ってきてよぉ」

灰原「工藤君!私!灰原哀!灰ばr...

ガラガラ

看護婦「あ、哀ちゃん...だ、ダメじゃない!」

灰原「ちょっとどういうこと!?」

医師「落ち着いて落ち着いて...」

〜別室

灰原「...そ、そんなっ!」

灰原「う、嘘よ...」

医師「落ち着いて...ホントなんだ...」

医師「ショックが大きすぎたんだと思う...」

医師「大丈夫!すぐに良くなるさ!」

医師「コナン君にはお友達ということを伝えておくから安心してね」

医師「そうだ!今度他のお友達や...

灰原「」

灰原「」

灰原「」

灰原「私のせいだ」

灰原「...何よ...結局私の運命は残酷だわ...」

灰原「私が彼らに関わったばかりに...」

灰原「彼女は死に、彼は記憶障害...」

灰原「私が死ぬべきだったのに...」

灰原「こんな軽い怪我だけで済んで...」

灰原「...死神...そうね...死神ね」

灰原「.........お姉ちゃん」

ガラガラ...

コナン「よぉ!」

灰原「!?」ビクッ

コナン「さっきはごめんな!俺何にも覚えて無かったんだ」

灰原「え、ええ...」

コナン「俺は工藤新一、よろしくな!ええっと...」

灰原「は、灰原哀よ」

コナン「よろしくな哀!」

灰原「!?」

コナン「ん?どした?」

灰原「い、今、『哀』って...」オドオド

コナン「いやぁ、親しい相手には名前で呼ぶのは当たりめぇだろ?」

コナン「お医者さんが親友だったって言ってたからよ」

コナン「あと一人名前で呼びたいって前に言ってた奴がいたような気がしたけど...」

コナン「ま、いっか...」

コナン「よろしくな!」

灰原「え、ええ...」

コナン「それでよ何かと分からない事だらけだから」

コナン「いろいろと教えてくれよ!」

灰原「...っ!」ビクッ

コナン「おうっと...この話はまた今度かな...ハハ」

コナン「じゃ、じゃあな...」

ガラガラ...

灰原「...」

灰原「...どうすればいいの...」グスッ

灰原「彼は...工藤君は...」

灰原「...うぅっ...」



コナン「...哀...多分あいつもきっと辛い思いを...」

コナン「...よしっ!」



......
....
.

コナン「おはよぉ!」ガラガラ

灰原「あ、おはよう...」

コナン「他に誰もいないなら病室一緒にしてくれたらいいのにな〜」

灰原「そ、そうね...」

コナン「って、まだ朝ごはん食べてたの!?」

灰原「ええ...お腹空いてないの...」

コナン「ダメだよ!残さず食べないと良くなんないよ!」

灰原「大丈夫よ、異常は無いからすぐ退院出来るわ」

コナン「へぇ〜」

灰原「だから心配しなくても...痛っ...」ポロッ

コナン「それでほんとに大丈夫かよ?」

灰原「平気よ」ポロッ

コナン「嘘だろ、割とマジで」

灰原「で、なんの用?」

コナン「...怒ってる?」

灰原「え、あぁ、大丈夫、怒ってないわよ...」ポロッ

灰原(そうだった...今の彼は元々の私を知らない)ポロッ

灰原(それに挙動不審だと心配をかけてしまう...)ポロッ

灰原(私の責任だもの...私の...私の...)ポロッ

コナン「だぁーー!!!じれったい!!!」

灰原「え?」

コナン「いい?箸はこう持って」

コナン「こうだろ!」カチカチ

灰原「わ、分かってるわよ!」

コナン「でもできてねぇじゃん!」

灰原「う、腕が上手く使えないの!痛くて...」

コナン「ったく...なんだそんなことか」

灰原「そんなことって...」ハァ

コナン「はい」スッ

灰原「...」

コナン「は、い、」スッ

灰原「何やってるの?」

コナン「食べ終わるの待てないから早く」

灰原「...一人で出来るわ」

コナン「いいから早く」

灰原「いいから//」プイ

コナン「えい」

灰原「!?」パクッ

コナン「スキあり...だぜ?」

灰原「ちょ、ちょっと!」

コナン「どうだ?うまいだろ?」ニコ

灰原「...っ」

コナン「?」

灰原「え、ええ...」プイ

コナン「よしっ」

灰原「...」

コナン「よし、終わり!」

灰原「...」

コナン「そうそう、そーいや聞きたいことが」

灰原「...」

コナン「哀〜さ〜ん?」

灰原「え、ああ、そうなの?」

コナン「もう、ちゃんと聞けよな!」

灰原「悪かったわ...で、聞きたいことって?」

コナン「えっとな...」



コナン「江 戸 川 コ ナ ン っ て 誰 ?」

灰原「」

コナン「みんな俺の名前間違えるんだぜ」

灰原「」

コナン「俺は工藤新一だって言ってるのにさ...」

コナン「記憶が曖昧でも名前はしっかり覚えてるんだぜ」

コナン「なのにみんなコナンコナンって...」

コナン「で、どう思う?哀?」

灰原「え...あ....えっと...その...」

コナン「?」

灰原「そ、それはね...あ、あだ名...そう、あだ名よ」

コナン「あだ名?」

灰原「そ、そうよ...あなたは推理小説が大好きだったの...」

灰原「すごくコナンドイルが好きだから皆からコナンって呼ばれてるのよ」

コナン「へぇ〜そうだったのか...」

ガラガラ...

看護婦「いたいたっ!コナン君!」

コナン「やべっ!」

看護婦「コナン君!またウロチョロして!」

コナン「だってつまんねえよ!」

看護婦「ダメなものはだめよ」

コナン「ちぇっ...」

看護婦「あら、哀ちゃん全部たべたのね♪偉いわ〜」

コナン「あっ、俺が食べさせたんだぜ!」

看護婦「あらあら♪」

灰原「ちょ、ちょっと...」

看護婦「ま、コナン君は戻るわよ」

コナン「じゃあな〜」

ガラガラ...

灰原「...」

灰原「...」

灰原「...私...」

灰原「...何言ってんのかしら...」

灰原「...ずるいわね...私...」

今日はこの辺で



コナン「哀〜!遊びに来たぞ!!」ガラガラ

灰原「あっ...」

ジョディ「oh!cool kid!」

コナン「あ、は、はろーう?」

ジョディ「...やはり記憶はないのね...」

コナン「あいあむ...ってお姉さん日本語喋られるじゃん...」

ジョディ「あらごめんなさい、私はジョディ」

コナン「俺は工藤新一!」

ジョディ「...え、ええ、よろしく」

ジョディ(純粋に自分は工藤新一だと思っている...)

灰原「そ、そういえば話って...」

ジョディ「あぁ、そうだったわね」

ジョディ「その前に、覚悟はいい?」

コナン「え?なんのこと?」

灰原「...」

ジョディ「まず落ち着いて聞いて...」

コナン「...」







..

言語的におかしい所があるので、そこんとこ許してください

ジョディ「あなたたち二人は」

灰原「...」

ジョディ「...元の生活には戻れないわ」

灰原「!!」

コナン「?」

灰原「それじゃああの子達とも会えないの!?」

コナン「あの子達って誰?」

灰原「なぜ!?組織は壊滅したはずよ!」

ジョディ「あくまで壊滅した『はず』...でしょ?」

灰原「なんで.......なんで?」

ジョディ「組織が壊滅した証拠はまだ明瞭ではない」

ジョディ「それに...彼...」

灰原「...っ!」

ジョディ「今の彼の心は、ほぼ昔の工藤新一になっている...」

ジョディ「そこでFBIはあなたたちを保護することになったの...」

灰原「待って!」

灰原「彼は今、記憶障害だから、その回復のためにも以前のような生活を...」

ジョディ「危険すぎるわ...」

灰原「私が何とかする!」

ジョディ「いいの?彼の記憶障害のことから、彼が工藤新一ということが広まれば...」

灰原「そ、それは...」





ジョディ「残党がいたら間違いなく殺されるわよ...」

灰原「...」

灰原「...せいだ...」

灰原(私のせいだ...)

灰原(私が彼から全てを奪ってしまった!)

灰原「もう彼と私は帰る場所がないってこと?」

ジョディ「いいえ、帰る場所が違うだけで『居場所』はあるわ」

コナン「...」

灰原「...」

コナン「...つまり...どういうこと?」

ジョディ「今までの知り合いには会えない...ということね...」

灰原「」

コナン「...」

.............
.........
....
.

コナン「ジョディさん...帰っちゃったね...」

灰原「...ごめんなさい....本当に...ごめんなs...

コナン「いいよ、謝んなくて」

灰原「でも...」

コナン「記憶が無いからはっきり言って悲しくないんだ...と思う...」

灰原「...」

灰原(違うの工藤君...違うのよ...)

>>38>>42読み返したらいろいろとおかしかったんで大目に見て下さい

結構続き希望者がいたのでもう一度やってみたいと思います

かなり間空いたからどうなっても知りませんが...

頑張ってみます

コナン「...これからどうなるんだろうな...」

灰原「...帰る場所...か...」

コナン「...まあ明日には退院できるからなぁ...」

灰原「...」

コナン「...外かぁ...ワクワクするな〜」

灰原「...」

コナン「なんだよ哀、ずっと黙って...」

灰原「え?あぁ...ちょっとね...」

コナン「まあいいや、明日も来るぜ」

ガラガラガラ

灰原「...」

灰原「...はぁ...」

次の日〜

ガラガラ...

コナン「よぉ!支度できたか?」

ジョディ「え?」

灰原「ちょ、」

コナン「え?」

灰原「...ちょ、ちょっと!!」//

ジョディ「cool kid!今は..!」

コナン「ちょ、えっと...」

コナン「ご、ごめん...」

灰原「工藤君!は、早く閉めて!」

コナン「わ、わr ガラガラ...

コナン「...」

コナン「...着替えるの遅ぇよ...」

車内

コナン「なぁ哀...悪かったって...」

灰原「...」ツーン

コナン「なぁ..ジョディさんもなんとか言ってよ」

ジョディ「私には何も出来ないですね...」

コナン「そ、そんな...」

灰原「...」

コナン「...なぁ哀...」

キキッ

ジョディ「...っと着いちゃったわね...」

灰原「...」

コナン「はあ...ダメか...」

ジョディ「ここがあなたたちの住むマンションよ」

コナン「へぇ〜結構大きいな〜」

灰原「...」

コナン「おい、哀、早く行こぉぜ!」グイッ

灰原「え、あ、ちょっと...」

コナン「早速探検だ〜!!」

ジョディ「...フフッ...まああれはあれでいいのかもしれないわね...」

コナン「お!なんかあるぜ!」ダッ

灰原「...まったく...」

灰原「...ただの小学生ね...」フフッ

ジョディ「cool kid!そろそろ戻って」

コナン「はーい」

灰原「はい...」

コナン「...お...機嫌良くなった?」

灰原「え?ま、まあね...」

ジョディ「二人とも〜」

コナン「おし、行くぜ!哀」ダッ

灰原「...えぇ」ダッ


.

コナン「おぉ!中ってこんな広いのか!」

灰原「へぇ〜...」

ジョディ「ここで暮らしてね、二人で」

コナン「よっしゃあ!」

ジョディ「じゃ、私は仕事があるから...」バタン

灰原「...」

灰原「...e?」

灰原「...家事とかどうするのよ...」ハァ...

コナン「...あれ?ジョディさんは?」

灰原「...帰ったわよ」

コナン「...へぇ...」

灰原「...」

コナン「...で...」

灰原「...」

コナン「...お腹空いた」

灰原「やっぱそう来たわね...」グゥ~

コナン「!?」

灰原「っ////」

コナン「哀も腹減ったのかぁ?」ニヤニヤ

灰原「くっ//」

バチン

コナン「痛っー...なにすんだよ」

灰原「...馬鹿...」バタン

コナン「あん?馬鹿じゃねーし」

灰原「...うぅっ...」ポタポタ

コナン「...腹へったー...」グー

コナン「...何か買ってこよ」ガチャ

コナン「...」バタン

〜数分後

灰原「...馬鹿は私ね...工藤君は今、子どもに戻ってる」グイ

灰原「...今は私がしっかりしないと...」グー

灰原「食事...作らないと...」バタン

灰原「工藤君、さっきは...」?

灰原「...靴が、ない...しまった...」ガチャ




コナン「...何だよ...哀のやつ...殴った上に、人の事馬鹿にして...」トコトコ

コナン「...しっかし、この辺、コンビニもねぇじゃねぇか...」グー

コナン「腹、へったー!!」グー

???「あら、坊や、1人?」

コナン「?...そうだけど...おばさん誰?」

???「失礼ね、私はまだ『おばさん』って年じゃないわよ」

コナン「...ごめんなさい、お姉さん...」

???「いいわよ、次からは気をつけなさいね。私の事はノイリーでいいわ」

コナン「...ノイリー?...お姉さんは外人さんなの?...」

ノイリー「正確には、フランスと日本のクォーターね...でも、生まれも育ちも日本よ」

ノイリー「...それより、坊やお腹すいてるんだよね?...」

コナン「...もうペコペコだよ...」グー

ノイリー「...そこのファミレスでディナーでもどう?」

コナン「えっ?ご飯食べさせてくれるの?」

ノイリー「えぇ、今日2人が出会った記念にね」

コナン「わぁい。僕ハンバーグだぁいすきぃ」

ノイリー「...じゃ、行きましょうか...」ニコ

コナン「...」

ノイリー「どうしたの?坊や」

コナン「...もう1人、友達を呼んでも...いいかなぁ?...」

ノイリー「お友達?」

コナン「うん。その子もお腹すいてるから」

ノイリー「...いいわよ...お友達はどこにいるの?」ニコ

コナン「お家だよ。ここの近くなんだぁ」

ノイリー「...じゃぁ、お家に行って呼んでこようか」ニコ

コナン「うん。」ニコニコ



灰原「...工藤君...どこ行ったのかしら...」ハァハァ

灰原「...まったく...」

灰原「...また、私のせい?...」ハァハァ

灰原「...しっかりしなさい...宮野志保...」

灰原「...今の工藤君を守れるのは...私だけよ...」ハァハァ

灰原「!!」

灰原「...工藤く...あの人は...?」

コナン「...哀っ!!」

ノイリー「...」ニコニコ

灰原(...この...プレッシャー...)

コナン「よかったー。迎えに行こうと思ってたんだよ」

灰原「...」

ノイリー「...」ニコニコ

コナン「このお姉さんがさぁ、ハンバーグ食べさせてくれるって」

灰原「...折角だけど...またにしましょ」

コナン「え〜、ハンバーグぅ」

灰原「ハンバーグなら、私が作ってあげるから」

ノイリー「...あら、残念ね...あそこのハンバーグ凄く美味しいって評判なのよ?」

コナン「ほら、哀ぃ、行こう、行こう」グイ

灰原「あっ、こら、工藤君」

ノイリー「ご飯は皆で食べた方が美味しいわよね〜」ニコニコ


カランカラン

いらっしゃいませ〜
こちらのお席へどうぞ〜


コナン「わぁい。」スト

灰原「...」スト

ノイリー「...ふふ...何でも頼んでね」スト

今日はここまで

灰原(...このプレッシャーは...なに...)

コナン「どうした?...哀?...」

灰原(...まさか...組織の...いいえ考え過ぎだわ)

コナン「哀?」

ノイリー「哀ちゃん?」

灰原「あっ...ごめんなさい...早く注文しましょ」

コナン「何言ってんだよ、後はお前ぇが決めるだけだぜ?」

灰原「そう、ごめんなさい...私はこれにするわ」

ノイリー「決まったみたいね」

ピンポーン


アリガトーゴザイマシター

コナン「ふぅ、僕もう、お腹一杯だよ〜」

ノイリー「フフフ、一杯食べたわね」

灰原「...工藤君...帰るわよ...」

ノイリー「あら?...もう帰っちゃうの...」

ノイリー「もう少し、お話したかったんだけどな...」

灰原「えぇ...ごめんなさい...私達、そんなに暇じゃないの」

ノイリー「...残念ね...じゃぁ...これをプレゼントするわ...」スッ

灰原「...?...」

ノイリー「帰ってから開けてね〜」バイバイ

灰原「...」カサッ

灰原「!!」

コナン「何もらったんだよ?」

灰原「...工藤君...帰るわよ...」スタスタスタ

コナン「あ、待ってよ」



灰原「...いるんでしょ...?」

ノイリー「...ちゃんと来てくれたわね」

灰原「...」

ノイリー「警戒しなくて良いわよ」

灰原「...何が目的なの...ベルモット...」

ベルモット「あら、気づいてたのね」

ベルモット「cool guy は寝てるのかしら?」

灰原「...えぇ...」

ベルモット「...で、貴方は1人でここに来たと」

灰原「...」

ベルモット「鼻が鈍ったんじゃない?」

ベルモット「私が貴方を見つけてるって事は、組織が見つけたのと同じ事よ?」

ベルモット「記憶喪失の彼を1人にするなんて」

ベルモット「殺して下さいと言ってるようなもの」

灰原「...記憶喪失の事まで...」

ベルモット「簡単に認めるのね...」

灰原「...」

ベルモット「貴方...そんな事で彼を守れるの?」

灰原「...」

ベルモット「状況に混乱してるみたいね」

ベルモット「少しスッキリさせてあげる」

ベルモット「貴方達2人によってボスは失踪」

ベルモット「生きていると見るべきね」

ベルモット「組織はボスを失い殆ど機能していない」

ベルモット「大半は貴方達に潰されたからね」

灰原「...」

ベルモット「...だから私は組織とは関係なく動いている...」

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年02月02日 (日) 11:27:48   ID: FCmiiStA

2 :  U.M   2014年02月20日 (木) 18:41:22   ID: edjsN0ND

まだ読みたい

















コナンな屋根わねを
冗談です






アンコールアンコールアンコール

3 :  ゆりり   2014年03月15日 (土) 23:33:55   ID: CJmnkEwx

マジで続き求む!

4 :  ゆりり   2014年03月15日 (土) 23:33:55   ID: CJmnkEwx

マジで続き求む!

5 :  SS好きの774さん   2014年03月31日 (月) 03:13:22   ID: uCSSOhU-

続き書け!はよ!!!!!

6 :  SS好きの774さん   2014年03月31日 (月) 03:14:34   ID: uCSSOhU-

はよ!はよ!はよ!はよ!はよ!はよ!はよ!はよ!はよ!はよ!はよ!はよ!はよ!はよ!はよ!はよ!はよ!はよ!はよ!はよ!はよ!はよ続き書け!はよ!!!

7 :  SS好きの774さん   2014年04月21日 (月) 02:27:23   ID: z1Xgk5UK

続きを♡

8 :  SS好きの774さん   2014年04月26日 (土) 19:59:07   ID: ugkmE3-M

続きヨロです!面白いです!

9 :  SS好きの774さん   2014年05月10日 (土) 19:00:31   ID: NHxnxngK

続き読みたいです!

10 :  SS好きの774さん   2014年06月28日 (土) 16:19:01   ID: 2fs6A3sV

続き

11 :  SS好きの774さん   2014年07月11日 (金) 01:36:48   ID: QWO8gyK2

瞳の中の暗殺者の話に似てる 
蘭は死んだのか…
しかもコナンは記憶喪失
ベルモットは仮名を使うわ!
なんかやばくない…!

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom