大我「野球だと?」永夢「はい!」【仮面ライダーエグゼイド】 (25)

パックマンとゼビウスが攻めてきたのならファミスタも攻めてくるだろうという適当な理由で思いついただけのSS

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1495297123

永夢「はい!一緒にやりませんか!」

大我「なんでてめえと野球なんかしなきゃなんねーんだよ、帰れ」ゲシッ

永夢「いや話を聞いてください!ちゃんと理由があるんですって!」

大我「なに?」

永夢「僕達がドクターパックマンからもらったガシャット、まだ持ってますか?」

大我「ああ、これだろ?『ゼビウス』のガシャット」

永夢「そう、そして僕には『パックマン』」

飛彩「そして俺には『ファミスタ』だ」ヌッ

大我「うおっ!いつからいたんだよ!」ビクッ

永夢「この世界には、理由は様々ですけど『パックマン』と『ゼビウス』がこの世界に現れています」

大我「…なるほどな、つまりいずれ『ファミスタ』が現実に攻め込んで来るってか?」

永夢「可能性の話ですけどね、もし現れた時の為に練習しませんか?」

大我「お断りだ」

飛彩「そうか…仕方ない、こいつは戦力外だ」

永夢「ですね、他のメンバーを探しましょう」

大我「オイ待て、誰が戦力外だ」

永夢「いやだって練習もしてない人をいきなり試合に出したくないですし」

飛彩「そもそもお前はチームプレイが嫌いそうだしな、そんな奴はチームには必要無い」

大我「面白え…!上等だよやってやろうじゃねえか!野球を!」ダァン!

永夢・飛彩(ちょろい)

ブレイブ(ファミスタクエストゲーマー)「行くぞ無免許医!俺の全力を受けてみろ!」ビュッ

ギュオオオオオオオオオッ!

スナイプ「無理だろ!」ブオン

エグゼイド(ロボットアクションゲーマー)「ストラーイク!」バシッ

スナイプ「馬鹿かてめえら!いきなり全力で来るんじゃねえ!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブレイブ(クエストゲーマー)「ならばレベル2からだ!」ヒュッ

ギュオッ!

スナイプ「これくらいなら!」カキーン

エグゼイド「ヒット!いい感じですね!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~

永夢「これから暇ができたら時々練習しましょう!」

大我「チッ、ヒマだったらな」

飛彩「野球…オペよりも大変だな」

~~~~~~~~~~~~~~~~~

数日後――

ウワーゴウソッキュウヲブツケテクルー

大我「ファミスタのバグスター……か」

永夢「大我さん!いよいよ僕達の練習の成果を発揮するときですよ!」バァン!

大我「ドアぶっ壊す気かてめえは」

飛彩「今回のバグスターは何故か9体いるらしい、準備はいいか無免許医」

大我「それはいいけどよ…他のメンバーはどうなんだ?」

永夢「えっ」

大我「野球は9人いねえとできねえだろうが」

飛彩「………」フイ

大我「まさか……」

永夢「忘れてた……!」

大我「オイ!」

永夢「うわああああどうしよう!今からなんて間に合うかどうか…!」

飛彩「落ち着け研修医!とりあえず知り合いに片っ端から声をかけろ!」

永夢「はい!」ダダダダダー

飛彩「無免許医!お前もだ!頼むぞ!」ダダダダー

大我「………」

ニコ「大我ー、永夢達がすげーあわてて出てったけどバグスターでも出たの?」ヒョコ

大我「…丁度いいや、お前野球できるか?」

飛彩「頼むポッピー!お前の力を貸してくれ!」

ポッピー「飛彩が私に頼み事って珍しいね…いいよ!ポッピーが手伝ってあげる!」

飛彩「助かる……!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~

黎斗「話というのは何かな?宝生永夢」

永夢「黎斗さん…貴方には……僕たちと一緒に野球をする義務がある!」

黎斗「えっ」

大我「で、集まったのが…」

ニコ「あたしと」

ポッピー「ポッピーと」

黎斗「私か」

永夢「これで6人…」

飛彩「最低でもあと3人か…」

「よう、面白そうな事やってるじゃないか」

永夢「っ!」バッ

パラド「俺も混ぜろよ、ファミスタバグスターを倒すんだろ?」

黎斗「パラドォ…!」

キィーン

永夢「うぐっ!」ガクッ

飛彩「研修医!」

大我「てめえ!」ガッ

パラド「落ち着けよ、俺もファミスタバグスターと戦ってやる」

大我「何だと…?」

パラド「野球はスポーツの中で一番心が躍るからな、一度やってみたかったんだ」

飛彩「だがこいつを入れても7人…まだ足りない……」

パラド「いや、あと一人さ」

ニコ「はぁ?何あんた助っ人でも連れて来てんの?」

パラド「永夢は二人になれるだろ?」

黎斗「成程…宝生永夢が作り出したあの不正なガシャットか……」

永夢「ぐ…そうか、これはその為に……」

ポッピー「それならあと一人!何とかして探さないと……」

「その必要はないぜ」

飛彩「誰だ!」バッ

「おいおい、まさか自分の事忘れちゃった?」

永夢「ま、まさか!」バッ

貴利矢「よう、どうやらファミスタバグスターはイレギュラーみたいだな、自分まで復活しちまうとは」

永夢「貴利矢さん!」

大我「これで9人…野球はできる人数だな」

ニコ「誰?」コソコソ

ポッピー「永夢達の前の仲間だよ、黎斗にゲームオーバーにされちゃったの」コソコソ

ニコ「いやゲンムの社長チームにいんだけど…こんなチームで野球なんてできんの?」コソコソ

ポッピー「わかんない……」

永夢「よーし!待ってろファミスタバグスター!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ウワーノックシタタマガー

永夢「待て!ファミスタバグスター!」

バグスター「!」

永夢「僕達と野球で勝負だ!」

バグスター「………」コクッ

永夢「行くぞ!」

永夢「だ~~い変身!」ガッチャーン!

飛彩「術式レベル3…!」ガッチャーン!

大我「第二戦術!」ガッチャーン!

貴利矢「三速!」ガッチャーン!

黎斗「グレード0……!」ガッチャーン!

パラド「マックス大変身…」ガッチャーン!

ポッピー「変身!」バ・グ・ルアーップ!

ニコ「変身!」カメンライダァークロニクル…

マばーバ赤くバンいイそバンうたーどバくンどこそテるバうィぶジ巡ババンるャしンプ強さ!

ニコ「うるせえっ!」

審判バグスター「プレイボォーーッル!」

あ、本当だ!ゲンムDVD見てなかったから知らんかった!
ガシャットの名前だけ出して会話したって事にしといてつかぁさい

とりあえず社長がファミスタ貸してくれたって事にして進めます
スピンオフが多過ぎて追い切れんぜ

1番ショート:レーザー(チャンバラバイクゲーマー)

2番サード:スナイプ(シューティングゲーマー)

3番ピッチャー:ブレイブ(ファミスタクエストゲーマー)

4番センター:パラドクス(パーフェクトノックアウトゲーマー)

5番ライト:エグゼイドR(ダブルアクションゲーマー)

6番セカンド:ニコ(ライドプレイヤー)

7番レフト:エグゼイドL(ダブルアクションゲーマー)

8番キャッチャー:ゲンム(アクションゲーマー)

9番ファースト:ポッピー(ときめきクライシスゲーマー)

ファミスタバグスター(以後Fバグスター)「……!」バッ

ゴポポポポポ

ソルティ「………」

アランブラ「………」

リボル「………」

モータス「………」

ガットン「………」

バーニア「………」

カイデン「………」

チャーリー「………」

ゲンム「既存のバグスターに変わった?」

パラドクス「いや、あいつらとは少し違うな、見た目と能力だけ真似た偽者だ」

~~~~~~~~~~~~~~~~~

1番ピッチャー:Fバグスター

2番レフト:モータス

3番セカンド:チャーリー

4番キャッチャー:ガットン

5番ショート:カイデン

6番センター:バーニア

7番サード:リボル

8番ファースト:ソルティ

9番:ライトアランブラ

1回表 エグゼイドチームの攻撃

レーザー「さ~て、皆がノれるようにここは塁に出るとしますかね!」グッ

Fバグスター「……!」ギュオッ!

ゴオッ! パアン!

審判バグスター「ストライク!」

レーザー「…おいおいマジかよ」

エグゼイドL「なんてスピードだ…全然見えなかった……」

ブレイブ「やはり野球専門のバグスターは格が違うという事か……!」

レーザー(ってもこのままあっさり見逃しの三球三振なんてダサいのは勘弁だぜ)

Fバグスター「……!」ギュオッ!

ゴオォォォォォ

レーザー「よっ!」ゴッ!

審判バグスター「ファール!」

ニコ「すっごい鈍い音したんだけど今」

ポッピー「どーしよ…ポッピーあんなの打つ自身ないよ……」

スナイプ(二球連続でど真ん中ストレート……)

レーザー(バントした手がしびれるな…こいつは振って当たっても対して飛ばなさそうだな)

レーザー「一か八か…!」

Fバグスター「……!」ギュオッ!

レーザー「ッラァ!」カァン!

エグゼイドR「当たった!」

パラドクス「けどショートゴロだな…アウトだ」

レーザー「まだだ!二速!」ガッチャーン!

爆走!独走!激走!暴走!爆走バイックー!

レーザー「間に合えっ!」

カイデン「…ッ!」ビュッ

パシィッ!

塁審バグスター「…セェーフ!」

レーザー「っし…!」

エグゼイドL「やったぁ!」

ゲンム「レベル3で走りつつレベル2になる事で最高速までの時間を減らしたな…やはり侮れない男だ、九条貴利矢……」

スナイプ(最後の一球もど真ん中ストレートか……)

ニコ「大我ー!絶対打てよー!」

スナイプ(こいつ変化球を持ってねえのか?それともただ様子見で使わなかっただけか……)

Fバグスター「……!」ギュオッ!

ゴオオオオッ! パァン!

スナイプ(またど真ん中ストレート!?)

ニコ「何やってんだよー!大我ならそんな球余裕だろー!」

スナイプ(うるせえなあいつ)

スナイプ(とはいえど真ん中ストレートにしか投げられないんだったらたとえ球速があろうと…)

Fバグスター「……!」ギュオッ!

ゴオオォォォォォォ!

スナイプ「フッ!」ガッ!

ポッピー「後ろに打ちあがった!」

ブレイブ「キャッチャーに取られればアウトだぞ!」

スナイプ(しくじった…!予想以上に伸びてきやがる……!)

ニコ「捕るなーっ!」

ヒュルルル ポーン

審判バグスター「ファール!」

エグゼイドR「なんとか観客席に入ったか……」ホッ

パラドクス「流れはレーザーと同じだな、ってことは打つか?」

スナイプ(見切ったぜてめえの球、今度は反対方向の観客席に飛ばしてやる!)

Fバグスター「……ッ」ギュオッ!

ゴオオォォォォ…

スナイプ「もらった!」

レーザー「っ! 振るな花家大我!」

ガクッ

スナイプ「なっ……!?」ブオン

審判バグスター「ストライク!バッターアウト!」

エグゼイドL「た、球が落ちた…?」

ゲンム「フォークボールか、あの球速だと打ち返すのは至難の業だな」

ニコ「嘘…さっきまでそんなん投げてなかったじゃん!」

スナイプ「クソッ……!」ギリッ

ブレイブ(どうする…ただでさえ速過ぎるストレートに加えてフォークボール…それに他の変化球を持っていないとも言い切れない)

Fバグスター「……!」ギュオッ

ブレイブ(様子見で一球見るか?それともストレートかフォークに絞ってスイングするか?)

ゴオオォォォォォォォォ!

ブレイブ(いやここはむしろ……)

パァン!

審判バグスター「ストライーック!」

ブレイブ「なっ…!」

スナイプ「馬鹿野郎!ボーっとすんな!」

エグゼイドL「飛彩さん!集中ー!」

Fバグスター「………」ビュッ!

ゴオッ!

ブレイブ「…ッ!?」ブオッ

グググッ! バシィ!

審判バグスター「ストライーク!」

ブレイブ「くっ……」

ポッピー「カ、カーブだ!」

ゲンム「惜しかったな、もう少し球が曲がればボールだったように思える」

パラドクス「ほぼ同じ球速か、こいつは一筋縄じゃいかなさそうだな」

ブレイブ(ラスト一球…俺はフォークボールを狙う!)

Fバグスター「……!」ギュオッ!

ゴオオオオオオオオオッ!

ブレイブ(これは……!)ブオッ

パァン!

ブレイブ(ストレート…ッ!)

エグゼイドR「今のところ投げた球種は3つか……」

エグゼイドL「どれも同じ位の球速なのが厄介ですね、もしかしたらストレートは手を抜いてるのかも」

スナイプ「かもな、ストレートの球速と変化球の球速が同じな訳はねえ」

ブレイブ「すまん…!」

パラドクス「ま、落ち込むなってブレイブ」ポン

パラドクス「俺がレーザーと一緒にホームに帰ってきてやるからさ」

エグゼイドL(パラド…それって)

ゲンム(予告ホームランのつもりか…?下らん……)

パラドクス(さーて…俺の予測が正しければ……)

Fバグスター「……!」ギュオッ!

パラドクス「ストレート」ボソッ

ゴオオオオオオオッ! パァン!

Fバグスター「……ッ」ギュオッ!

パラドクス「フォーク」ボソッ

ゴオオォォォォ… ガクッ

ニコ「何やってんのアイツ!?あっさり追い込まれてんじゃん!」

エグゼイドL(何かつぶやいてる…?)

パラドクス「それじゃ、フィニッシュだ」

マッスル化!マッスル化!マッスル化!

Fバグスター「……!」ギュオッ!

ゴオオオオオオオオオッ!

パラドクス「フッ!」カァーン!

ギューーーン!

バーニア「……!」ゴオオッ

ニコ「バーニア飛んでる!せっこ!」

スナイプ「いや、だが……」

ギューーーン…

エグゼイドR「球場をあっさり抜けてった……」

ポッピー「~っ!ホームランだぁぁぁ!」

パラドクス「読み通りストレートだったな」タッタッタッ

レーザー「おたくなかなかやるねぇ」

パラドクス「お前もなレーザー、変化球を投げてないとはいえお前が3球で打ち返したのを見てつい心が滾っちまった」

レーザー「これでチームの奴らがノってくれるといいんだが、ね」

今回はここまで

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom