【募集系】平行世界の聖杯戦争【安価】 (1000)


              __r;;v;;;;;;、r;;;;、___
         _ ,r;==―.:.:.};:;;;;;;;;;;;;;。;;;;;r;;;:;:;{==ミ、
       ,.ィ.:f;;:;;{≦:.:.:.:.:.:.{;:;:;;;;;;;;;;;;;;゚;;;;:;;:;:;:|:.≧、ヽt;、
       ,〃.イjj;:;゚;}:.:.    j;:;:;;;;;;;;;;;;;。;;;:;:;:;:;;;} .:.:.ヾ.:.|;;;`┐
      i:;イ:;l !;:;;;;;i:.     !;:;:;;;;;;;。;;゚:;;;:;;;:;;:;;;;} .:.:::::|;;;:;:゚|
      ;:! {;{:.};゚;:;;;|    {;:;:;;;;;;;;(;;;゚。;:;:;;;;:;;;;{  .:.:::|;;:;:;イ
      i;ト、};:;;;(;;;;;}  ,.=v|:;:;;;;;;;;;;;。゚;;:;:;;;;;;;;;;;| ..:.:::::|;;:;;;リ、
       {;! j;:;;{;:;゚;;;;|、.,イ{}{斗:;;;:;;;;;:;;:;:;;゚:;;:;;;;;。;;| .:.:、:::::!;;;;;;|;;}
      };! };:;:゚:;;:;;;;トV,イ〃{;;;:;;;:;:;;。;(;;。;;;:;;;;;:;;;|Y辷个!;;;:;;|:;!
      |;l j:;:;0:;:;;;;|斗仝刈;;;;;;;;;;;;;゚;;);:;;;;:;;;;;;;;|乞圦|::|;;:;;;l;{
        }!{;:;:;;。;;:;;:斥夊くXl;:;;;:;;;;;:{:;゚:;:;:;;;;;;;;;;;l≧く.:lノ|;:;;:;|;;}
        i; };:;;;:;;:;:;;|≦≧≠i:;:;;:;;:;;;ゞ:;;:;:;;;;;;;;;;;|ヾ㌦;;:||;:;;;;|;;i
        |!{;;:;;r;;;;;;|\″.:.:.|;:;:;;:;;;;;:;:;;;:;;;;;;:;;;;:;|  /:;||;;;:;;|;;{
      ;! |;:;:;;:;;;;;|;:;;:|>x:.|;;:;;:;:;;;:;;゚;;;;:;;;:;;;;:;;;|イ:;;;;;;;||:;;;:;|;;|




★募集によって集められた、オリジナルのサーヴァント、およびオリジナルのマスターを使い、聖杯戦争をするスレ。
★サーヴァント、マスターともに、新規と同時に過去に登場したキャラクターを再利用。
★AA、安価、コンマ使用。
★送り先はこちら:extra800@outlook.jp

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1464345095


【基本的な段取り】
①舞台設定を決める。
 幾つかのキーワードを安価で集め、それをまとめつつ、細かいところを調整しながら設定を構築。
 鉄則:無闇に凝りすぎない。

②その世界観に合致したマスターの募集を行う。
 送信は前述したアドレスへ。過去スレとは変わっているので注意。
 テンプレートは後で記載。

③一定期間経過後、主人公及びその他のマスターを決定。
 この際に使用するマスターは、②で募集したマスターを除いては、原則として
 私が過去スレで使用した募集マスターを、規定された世界設定に合うように改造したものを使用。
 あくまで能力と容姿のダウンロードのため、過去スレを知らなければ楽しめない、というものにはならないように留意。
 過去の設定が後から出てくることも、今のところは予定なし。

④それぞれにサーヴァントを掛け合わせていく。
 まずそれぞれに対応するクラスを設定し、その後、マスターの設定に合わせて、コンマまたは安価でサーヴァントを選択していく。
 基本的には、表に記載されているサーヴァントが選択肢に入る。
 表外のサーヴァント、新規サーヴァントについては、安価で指定した場合に限り、1回の戦争ごとに1人まで可能。
 ただし、表外については、場合によっては却下する場合もある。

⑤面子が揃った後、細かい調整やキャラの確認。

⑥準備が整い次第、シナリオ開始。

Q、平行世界とは?

A、同じ姿、同じような能力を持ちながら、来歴が全く違う。そんなキャラで犇めくことになると思われるため。
  暫定なので、またタイトルは変えるかも知れません。






まだ前にやっていたスレの方が片付ききっていないのと、今から暫く忙しいため、

今日やるのは、募集要項の作成と、第一回の世界設定の決定だけです。


では、20:30頃に始めますのでよろしくお願いします。

           , -─-  、
          /::::::::::::::::::::::::\
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
.        l::::::::::::::::::::::◯::::::::::::::l

.        l:::::u:::::::::::::::::::::::::::O::l

.         、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/             しまった。これじゃ過去スレが分からないのか
            \::::::::::::::::::::::::::/
              ` ー-  ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,                酉は元に戻します。

  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;:::::`l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
┌‐────┐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;`;;;_;;_,/
│       | ̄:::::::::::::::::―:::-;;;-    _ _

                  , -‐-.....、.
                ,.'::::::::::::::::::::::ヽ
             i::::○:::::::○:::::::.!.
              i:::::::::::::::::::::::::::::;'          サーヴァントに関しての明言を忘れてました
            ヽ:::::::::::::::::::::,/

                 `ー-- ´''‐ 、,__,,
           ,. -‐‐'";...'!,;-'"‐'"´   `ヽ     サーヴァントは暫くは常時募集ということにしたいと思います
          ./  .,.'    ,     ノ,.-   }
          ,! _,.!、   i!  _,._ /"  ノ ,!'
          ,}./=-、ヽ_,. '"'"´  7.  ,i ,i
          i ,戈-'"´   ,. -‐'''‐.、'´ /       こちらのテンプレも後で貼ります。以前から使っていたものはデータを閲覧するときに少し煩わしいので、
          .!.7 _,.   ,/;;;;;,,,,   .,;i'
          .'i,;;;;;'_,,.. ;'"`' ‐.、.,,__,,.、,..ノ        今回は簡素なものに変えようか、検討中
          `"´,! ! '"i!ヽ ノ ,/

            i. !  i!  /  i
            / /" .i! "'! ., '、

           , -─-  、
          /::::::::::::::::::::::::\
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
.        l::::::::::::::::::::::◯::::::::::::::l

.        l:::::::::::::::::::::::::::::::::::O::l

.         、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/            では、そろそろ始めましょうか
            \::::::::::::::::::::::::::/
              ` ー-  ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,              最初なので、やり方を模索しつつ考えていきましょう

  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::|           安価でキーワードを拾ってそれっぽい世界を幾つか用意してみます
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;:::::`l|、          というわけで、↓1~9で適当に単語お願いします
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/           3つ区切りで、そこに含まれたキーワードから設定を作ってみます
┌‐────┐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;`;;;_;;_,/
│       | ̄:::::::::::::::::―:::-;;;-    _ _


火星・障害者・プロレス


近未来・スチームパンク・西部開拓時代


伝説の桜の木・カジノ・学園



                 ,. -─-  、     まず、無限学園はちょっと私知らないので↓10に変更させて頂きます
                   /:::::::::::::::::::::::::\
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
                  l:::::::::::::::::◯::::::::::::::::::::l       で、その後設定を固めようとしたんですが……
              l::::O::::::::::::::::::::::::::::u:::!
              、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/

                    \::::::::::::::::::::::::::/ 丿丿ノ           ……私一人でまとめようとすると、また設定が迷子になる気がしました。
           ノ|.    ` ー-   -‐´
   、        _,..:'  |
.   ヽ- ,__,,..-''"   |         ,.-|''iニ"_,.-' ,! ヽ- 、,_           なので、皆さんの力をお借りしたいと思います。
.    `、        |      ,:;':' | |二-:' /   ';:::::::::``''‐- 、_
     ヽ       |.    ,r'゙,、 i-, .', ,.:'/-、r'":::::::::::,.:'"´:::::::`i
      ヽ       .|   ,.:'!,`ヽー' !丶i:' ./   `r:::::::,:'::::::::::::::::::::|    ①②③の各世界は、それぞれ上げられた三つのキーワードが重要になります
       ヽ、   .,..、| / ,.i‐:、_!"'、,i"i /   ,:'´:::::::i:::::::::::::::::::::::|
          |`;  .,:'`フ .|゙ /:| ',r、 ,.i !ヽ,!.,'  ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|     では、①の世界にとって、火星とは一体なんですか?
        i .';./ .∠,-' ,':::|. |、 i >'/ .i  ./:::::::::::::::、!::::::::::::::::::::::|
.         | ! ,:'゙ ,-!、 |::::| .|. `i,' '"  !  /::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::|           ↓3


火星・障害者・プロレス



                   _. -‐ ─ ‐- 、.
      .           ,. ´::::::::::::::::::::::::::::::::`丶
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

               ,:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶      なるほど、火星が闘争の場、ということは、
              ./::::::::::::::::::::::::::::::γ⌒ヽ:::::::::::::::::::::::::'
.             i:::::γ⌒ヽ:::::::::::::::乂__ノ::::::::::::::::::::::::::::!
            !:::::::乂__ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|       火星が聖杯戦争の舞台になっているようですね。
            !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
           !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'

            '、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::/
.             丶::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:'       では、火星で行われる聖杯戦争に、障害者はどんな風に関わってきますか?
                \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                丶 ._:::::::::::::::::::::::::::::::::::;::イ
                     ゞwヽ,..< ̄ ̄} ̄ ̄ー-       キーワードがキーワードなので、あんまり変なものだと弾かせていただくかもしれません
                   />介ー<//////////
           __彡'// ̄〉ヽ'´/.:://////////

.           /////////r' {  /.:::::///////////          ↓3
        _,イ////////〃{  {  /.:::::////////////
.        {//////////// r' / /.::::〃///////////

火星・障害者・プロレス


障害者とは異星人のこと



          ,. -─-  、
         /:::::::::::::::::::::::::\
       ./::::::ノ::::::::::::::::`ー:::::`、

       l:::::::::◯:::::::::::::::◯:::::::l        この場合の異星人って、火星人とも地球人とも取れますね
       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l

        、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/        というか、火星人居る前提になりそう
           \::::::::::::::::::::::::::/
             Y ー-  -‐ Y
        _,,,,ノ|、 ̄//// \、
    _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、    ということで、まず火星人はどんな風に成立したのか教えてください。
   /     /  |  /\  / /    / ヽ
  ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}

  {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ        ↓3


①時代は未来。火星に地球から移住があった、その更に未来のこと。
②火星には、現在の人類が気づいていないだけで火星人が始めから存在した。
③その他、何かあれば

舞台は火星。
障害者とは異星人のこと
火星には、現在の人類が気づいていないだけで火星人が始めから存在した。


    (::::::::::::::::::::::::::::::::,. ´ \:::::::`ヽ

     ヽ`'' ー --:::::´::::::::::::::::\:::::::::',
.       \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i .}:::::::::}
       /\:::::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::'
       .{:::::::ゝ.,:::::::::::::::::::::://:::::::/ ─ ‐- 、.
       '.:::::::rー- ._ー ´.イ::::::::/:::::::::::::::::::::`丶
        /ー-==テ'__,,.. -‐ ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      ,.イ ヽハ }./ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
      } ,へヽ Y./ノ /::::::::::::::::::::::::::::::γ⌒ヽ:::::::::::::::::::::::::',         了解。では、ここでいう『異星人』=『障害者』とは、
     ノ \/ーツ.,{ i:::::γ⌒ヽ:::::::::::::::乂__ノ::::::::::::::::::::::::::::!

     ,'    Yヘノ .!:::::::乂__ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|             どちらのことでしょうか?
.   _zi.    ノ,イ.  !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
   ∧\___ゾ   !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'
.  〃∧ 丶 {    '、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::/
 ////∧  ノ    丶::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:'

〃/////へ/ハ     \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/            ①火星人

/////////\}       丶 ._:::::::::::::::::::::::::::::::::::;::イ              ②地球人
///////////〉          ゞwヽ,..< ̄ ̄} ̄ ̄ー-
/////////,ノ          />介ー<//////////           ↓3
////////     ___彡'// ̄〉ヽ'´/.:://////////

///////     /////////r' {  /.:::::///////////

//////   _,イ////////〃{  {  /.:::::////////////
/////    {//////////// r' / /.::::〃///////////

舞台は火星。
障害者とは異星人=『火星人』のこと
火星には、現在の人類が気づいていないだけで火星人が始めから存在した。


                  , -‐-.....、.
                ,.'::::::::::::::::::::::ヽ
             i::::○:::::::○:::::::.!.
              i:::::::::::::::::::::::::::::;'
            ヽ:::::::::::::::::::::,/            ……では最後、プロレスはどんな風に関わってきますか?

                 `ー-- ´''‐ 、,__,,
           ,. -‐‐'";...'!,;-'"‐'"´   `ヽ
          ./  .,.'    ,     ノ,.-   }
          ,! _,.!、   i!  _,._ /"  ノ ,!'        ↓3
          ,}./=-、ヽ_,. '"'"´  7.  ,i ,i
          i ,戈-'"´   ,. -‐'''‐.、'´ /
          .!.7 _,.   ,/;;;;;,,,,   .,;i'
          .'i,;;;;;'_,,.. ;'"`' ‐.、.,,__,,.、,..ノ
          `"´,! ! '"i!ヽ ノ ,/

            i. !  i!  /  i
            / /" .i! "'! ., '、
           rソ_ !  i  .ノ /_,,..!ヽ
           }、i/`"""´ ̄ ̄l,.ソノi'´
          .,!  ! i!    / .i!l.´  !

舞台は火星。
障害者とは異星人=『火星人』のこと
火星には、現在の人類が気づいていないだけで火星人が始めから存在した。
火星では、プロレスが人気である。



          ,. -─-  、
         /:::::::::::::::::::::::::\
       ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、

       l:::::::::◯:::::::::::::::◯:::::::l
       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l         ……まとめると、こんな感じでしょうか

        、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           \::::::::::::::::::::::::::/
             ` ー-   -‐´
          ,≧ト‐v‐≦、
        /.:::〃 ̄`ヽ:::.\

          /.::::::::|' l/| ) ミ|::::::::.ヽ
       〃:::::::::j┐ 「/⌒ヽ::::::::i
       f::::::¬' `ーへ  }ゝ:::l
       {::::::::::{{、 ,,_ノ:トr_ノ::::::::〉


火星に、地球の人類と似通った生命体が存在すると分かって、彼ら火星人との交流が始まってからX年後。
火星人は地球の人類と比べると幾らか劣った面(障害)を持った存在であり、心ない地球人は彼らのことを見くだしていた。

さて、火星では地球から持ち込まれた文化のうち、『プロレス』が人気を博していた。
そこに、ある魔術師が目をつけた。
火星人の純朴な気性を利用しようと謀った彼は、火星人数人に声をかける。
「最高に面白い『プロレス』がありますよ……」
そんな甘い言葉に騙されて、何人かの火星人がその『プロレス』に名乗りを上げた。

しかしその実態は、血を血で洗う聖杯戦争。
主催者である魔術師は肉体的或いは精神的に劣る火星人を見くだしており、彼ら相手に聖杯戦争を行えば、
自分が必ず勝利出来ると踏んだのだ。
主催者1名と火星人6名(若しくは、その他枠1人と火星人5名)による、
『プロレス』を自称する聖杯戦争――――主催者にとっては、自分が確実に勝てる(と思っている)という点で、
正真正銘の『プロレス』である聖杯戦争が、今始まろうとしていた。

障害ってのも気になるな
地球人にとって、不利な特性を障害と呼ばれてる可能性



近未来・スチームパンク・西部開拓時代


              ,. -─- 、      >>74 そのへんも良い感じに解釈出来るかも知れませんね
             /:::::::::::::::::::::::\
           /:::::::::,::::::、::::::::::::::::`、
 .          l:::::〓:::::::::::〓::::::::::::::l      ……次いきましょう
 .          l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
 .           、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/           ②の世界にとって、近未来とはなんですか?
               \::::::::::::::::::::::::::∠
.              /`::ー-   -‐´ノノ 厂`'‐- .._
         /:::::::::::::介ーz<__」// |:::::::::::::::::ヽ       ↓3

          |::::::::::::::〈 「`乂/  / 丿:::::::::::::::::::|
         |:::::::::::::::/: | {::::} / `7::::::::::::::::::::│
.           |::::::::::::〈: :│ {::::l /. :/.::::::::::::::::::::::::|

近未来の姿は既に予測済みである。


              , -─-  、
              /::::::::::::::::::::::::\
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
  .          l::::::::::::::::::::::◯::::::::::::::l
  .          l:::::::::::::::::::::::::::::::::::O::l            アトラス院か何かかな?
  .           、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                \::::::::::::::::::::::::::/             続いてスチームパンク。近未来とスチームパンクと西部開拓って全部時代絡みなんですが大丈夫なんでしょうか?
            ____`_ー-   -‐´
         '´::::::::::::::: ト、ヽ.___

       ,. '´--、:::::::ヽ:::メ'´`iT〈シ                          この世界にとって、スチームパンクとは何ですか?
       /::::::::::::::ヽ:::::::ヽ::ヽノ、 ヾ .r-‐…ヾ、
      ハ、:::_::::::゙';::::::::ヽ::::ヾ! i ._c},//∠.. Y
     ,/:::::_::::,-::::::',::::::::::l__; .zy('ー-__ -ー')勹                     ↓3
    /::::::::::::::::::::,,,;;ァ^f´   〈/  `     ´ ..ハ
   /、:::::ニニ/:::::{ !   、{: :       . : : : }..{          r<'ー‐'>、  |`¨¨¨¨¨¨´|
.  /:::::::::::::::::/::::::.:::丶 マ''ヽ._ヽ>x、_____;_;_;_ノ 〉 r==z,_ ] __ ̄ {   |‐------‐|
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.>'′.::::::::::::::::ll    ..|  ̄ ̄| |   |`¨¨´ |¨¨´| |  |   . :    |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|: : : : :|ハ_:_:_| : : : : |: : : | |  |  : :   : . |
                         {<.._jx,_ _,ノ `¨'ヘ,__,ノ、__,ノ¨´_.>|. : : :   : : |
                         ` ー- ̄¨二二二二二二二 -‐ ' ヘ.._____.ノ

時代はスチームパンクまっただ中。
未来は既に予測済みである。


                       ,  _
                    l'ヽ/ V /,ィァ
                   _>.>ィ##;<t≦

                    フ''i!#####ト<
                     ソzヾ###イト¨
                       'VvⅥ、lヾ              バベッジが小躍りしながらやってきそうな聖杯戦争だ……
                        | |
               <三ミtz、.,_ . | |   ______

                   ` ヾミtz| |,.ィ'´zzア≠¨´
                         ミi!シ  ̄              では、最後。西部開拓時代と、この世界とはどんな関係がありますか?
                        , -┴-  、
                       /::::::::::::::::::::::::\
                      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`、                 ↓3
                  l::::::::::::::::::::::◯::::::::::::::l

                  l:::::::::::::::::::::::::::::::::::O::l

                        、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                        \::::::::::::::::::::::::::/
                        `ー-   -‐

時代はスチームパンクまっただ中。
蒸気を吐くロケットで、人類は火星に降り立った。そして今、西側から順番に、火星開拓が始まろうとしている。
未来は既に予測済みである。


           / ̄\
         |     |
          \_/
.              |
         , -┴-  、         まとめるとこんな感じでしょうか。
        /::::::::::::::::::::::::\
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
      .l::::::::::::::::::::::◯::::::::::::::l      あっ、選択肢の意味がなくなるので、③では火星ネタ禁止でお願いします

     .  l:::::::::::::::::::::::::::::::::::O::l
     .  、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
        \::::::::::::::::::::::::::/
         `ー-   -‐



それは、電気や内燃機関が発達せず、蒸気が文明の主流であり続けた世界。
人類は蒸気機関を発展させ続け、ついには火星への移住計画すら敢行することができるようになった。

しかし、その火星移住計画は、とある機関によって、「確定された失敗」が予測されていた。
一旦は上手くいく火星移住だが、最後には多大な犠牲を生んで失敗してしまうらしい。

人類の未来を変えるため、聖杯による運命改変計画が始動した。
しかし、それを聞きつけた、『火星移住反対派』や『便乗して聖杯を利用しようとする者』『愉快犯』『未来予知否定派』が、
運命改変計画を妨害しようと参戦し、事態は泥沼へと発展していく。

蒸気で火星って無理じゃね?



伝説の桜の木・カジノ・学園

          ,. -─-  、
         /:::::::::::::::::::::::::\
       ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、

       l:::::::::◯:::::::::::::::◯:::::::l      >>104 まあなんかうまいことやったんでしょう。この世界の蒸気じゃ私も無理だと思います。
       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l

        、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/           そもそも蒸気機関のロケットってなんだよ。
           \::::::::::::::::::::::::::/
             ` ー-   -‐´
          ,≧ト‐v‐≦、            では最後、③
        /.:::〃 ̄`ヽ:::.\

          /.::::::::|' l/| ) ミ|::::::::.ヽ              学園がワイドなキーワードなのでこっちからやりましょう。
       〃:::::::::j┐ 「/⌒ヽ::::::::i
       f::::::¬' `ーへ  }ゝ:::l
       {::::::::::{{、 ,,_ノ:トr_ノ::::::::〉               ③の世界にとって、学園とは何ですか?  ↓3

舞台は学園。


              , -─-  、
              /::::::::::::::::::::::::\
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
  .          l::::::::::::::::::::::◯::::::::::::::l
  .          l:::::::::::::::::::::::::::::::::::O::l
  .           、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                \::::::::::::::::::::::::::/      他二つが尖ってるので、良い具合にシンプル。
            ____`_ー-   -‐´
         '´::::::::::::::: ト、ヽ.___

       ,. '´--、:::::::ヽ:::メ'´`iT〈シ              では、その学園とはどういう学園ですか?
       /::::::::::::::ヽ:::::::ヽ::ヽノ、 ヾ .r-‐…ヾ、
      ハ、:::_::::::゙';::::::::ヽ::::ヾ! i ._c},//∠.. Y       ①魔術師の学園
     ,/:::::_::::,-::::::',::::::::::l__; .zy('ー-__ -ー')勹      ②一般的な学園
    /::::::::::::::::::::,,,;;ァ^f´   〈/  `     ´  ハ     ③ギャンブラーの学園
   /、:::::ニニ/:::::{ !   、{: :       . : : : }:::{     ④その他
.  /:::::::::::::::::/::::::.:::丶 マ''ヽ._ヽ>x、_____;_;_;_ノ::::〉
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.>'′.::::::::::::::::ll丶:::::::::::::::::/        ↓3

舞台は普通の学園。



              , -─-  、
           /::::::::::::::::::::::::\
          /:::::::::::::::::::::丶:::::::::`、

      .    l::::::::::::::::::::::◯:::::::::__::l
      .    l:::::::::::::::::::::::::::::::::::O::l              ジェノサイドの匂いがしてきました
           、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           \::::::::::::::::::::::::::/

             ` ー-   -‐´                  では、学園と言っても色々ありますが、どれですか?
           _,,、>-ヽ ,//"'T'" ̄ヽ

          ,r'" /_,イヾ'r' ハ__,」   .ヽ
          l  ,7´l / /  .ヽ      ヽ           ①高等部
           l  l l /./  /       l           ②中等部
        .  l  l l ・/ /         l          ③初等部
         |   l l././       l    .`>         ④大学
         l   ヾ/        l、    ".ヽ                        ↓3
       .   l   l            l ヽ      ヽ
         l   lO         .l  ヽ __(ニヽ、 l
        /l   |          l  rイ1 l ヽ l /
      / l .  l          l  l、 _,,_、_,//
    ,/   l   l             l    ̄''ー''"
,-‐-.tl" .   l   lO         .|

舞台は普通の小学校。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_. -‐ ─ ‐- 、.
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,. ´::::::::::::::::::::::::::::::::`丶
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::γ⌒ヽ:::::::::::::::::::::::::'
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::乂__ノ::::::::::::::::::::::::::::!            (アカン)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'               最後、どういう系?
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:'
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                  ①私立のお嬢様学校
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;::イ                   ②公立の一般的な小学校
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ノ{                  ③田舎の小さな小学校
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ `ヽ:::::::::::::::::::::: / /.::ノ:\                ④その他
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄`7iヽ! / __| ....::"::/'.::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ j:::!.∠、/..::::::::::::::::/ ,'.:::::::::::::::.\             ↓3
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /{.:::::::::::::ヽ.::. イ´厂   /:::::::::::::::::::::::::\

舞台は田舎の小さな小学校。


          ,. -─-  、
         /:::::::::::::::::::::::::\
       ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、

       l:::::::::◯:::::::::::::::◯:::::::l    おお、黒い黒い
       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l

        、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           \::::::::::::::::::::::::::/         ではお次、カジノ
             ` ー-   -‐´
          ,≧ト‐v‐≦、
        /.:::〃 ̄`ヽ:::.\              ここに対してカジノって嫌な予感しかしませんが、なんですか?

          /.::::::::|' l/| ) ミ|::::::::.ヽ
       〃:::::::::j┐ 「/⌒ヽ::::::::i
       f::::::¬' `ーへ  }ゝ:::l                   ↓3
       {::::::::::{{、 ,,_ノ:トr_ノ::::::::〉

舞台は田舎の小さな小学校。
しかしそのPTAは、裏でカジノを運営している。


           , -─-  、
          /::::::::::::::::::::::::\
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
.        l::::::::::::::::::::::◯::::::::::::::l

.        l:::::::::u:::::::::::::::::::::::O::l             (アカン)

.         、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
            \::::::::::::::::::::::::::/
              ` ー-  ヘミ|               最後、伝説の桜の木は……いったいなんでしょうか
        /,` 、` -`,--` ,

  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__                 ↓3
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;:::::`l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
┌‐────┐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;`;;;_;;_,/
│       | ̄:::::::::::::::::―:::-;;;-    _ _

舞台は田舎の小さな小学校。
しかしそのPTAは、裏でカジノを運営している。
サーヴァントが宿っているという伝説の桜の木がある。

          ,. -─-  、
         /:::::::::::::::::::::::::\
       ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、

       l:::::::::◯:::::::::::::::◯:::::::l
       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l          もう少しだけ質問

        、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           \::::::::::::::::::::::::::/
             ` ー-   -‐´             田舎というのはどれですか?
          ,≧ト‐v‐≦、
        /.:::〃 ̄`ヽ:::.\             ①孤島

          /.::::::::|' l/| ) ミ|::::::::.ヽ            ②山奥
       〃:::::::::j┐ 「/⌒ヽ::::::::i            ③沿岸
       f::::::¬' `ーへ  }ゝ:::l            ④その他
       {::::::::::{{、 ,,_ノ:トr_ノ::::::::〉                     ↓3

舞台は孤島の小さな小学校。
しかしそのPTAは、裏でカジノを運営している。
サーヴァントが宿っているという伝説の桜の木がある。



                   _. -‐ ─ ‐- 、.
      .           ,. ´::::::::::::::::::::::::::::::::`丶
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

               ,:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
              ./::::::::::::::::::::::::::::::γ⌒ヽ:::::::::::::::::::::::::'
.             i:::::γ⌒ヽ:::::::::::::::乂__ノ::::::::::::::::::::::::::::!
            !:::::::乂__ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|      ……こんな感じでしょうか
            !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
           !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'

            '、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::/
.             丶::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:'
                \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                丶 ._:::::::::::::::::::::::::::::::::::;::イ
                     ゞwヽ,..< ̄ ̄} ̄ ̄ー-
                   />介ー<//////////
           __彡'// ̄〉ヽ'´/.:://////////

.           /////////r' {  /.:::::///////////
        _,イ////////〃{  {  /.:::::////////////
.        {//////////// r' / /.::::〃///////////

知る人ぞ知る、寂れた孤島。通称『賭博島』。
大した産業もないその島では、官憲の目をかいくぐれるという理由から、違法カジノが繁栄していた。
島の人間はほぼ全員カジノの関係者だ。
景気が上向きの頃はカジノを求めてやってくる客が一定数いたが、
最近は景気の悪化から客足がどんどん遠のき、賭博島は衰退の危機に瀕していた。

それを憂いだ、島のPTAは、刺激的なギャンブルを提供することで、客足を取り戻そうとし、そして禁忌に辿り着いた。

それは、島に唯一ある小学校に通う子供たちを聖杯戦争に強制的に参加させ、誰が勝つのか賭けさせるというものだ。


計画は成功を収め、子供の犠牲と共に、島には大量の資金が入ってきた。
それに味をしめた島のPTAは、最初の聖杯戦争から10年後のある日、また聖杯戦争ギャンブルを開催しようと画策する。
しかし彼らは知らない。
かつて、無理矢理戦いに参加させられ悲嘆のうちに死んでいった少年少女たちを見てきた一人の女性サーヴァントが、
自身のマスターの脱落後も、あるものを依り代に生き長らえ続けてきたということを。


           , -─-  、
          /::::::::::::::::::::::::\
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
.        l::::::::::::::::::::::◯::::::::::::::l          さすがにサーヴァント(悪霊)だと、INAKAと被っちゃうんでそれは調整

.        l:::::::::::::::::::::::::::::::::::O::l

.         、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
            \::::::::::::::::::::::::::/           では、あと五分位したら決選投票しましょうか
              ` ー-  ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,

  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |            別にどれでもいいです
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;:::::`l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
┌‐────┐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;`;;;_;;_,/
│       | ̄:::::::::::::::::―:::-;;;-    _ _

                    ________
                   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
                 ─┼‐─────‐‐‐┼─           では、三つの中から選んでください
      .          l:::::::::◯:::::::::::::::◯:::::::l
      .          l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
      .           、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/              いつもより多めに、先に5票で行きましょう
                    \::::::::::::::::::::::::::/
                    __` ー- == -‐´___
               ,:;':' | |''_ -',/.  ',:::::::`'''ー--;;、
              /,' /, |゙  ,:;''-、,.-´:::::::::./ ´::::`:、
             _,.:!ヽ!ヽ,! lヽ!/./  `-,:::::::/::::::::::::::::::::i
           / _,i゙-, l-:、_i"| /    ,.:':::::::i:::::::::::::::::::::::|
           i ./.| (ヽ Ti |:i _| ,'   ,:'::::::::::::|:::::::::::::::::::::::|
            |.,'::::| .|´'i'゙`,‐/ ,'  ./:::::::::::::、i:::::::::::::::::::::::|
             |.|::::.| | `、!'/  .i  /::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::|
.           | !::::.| |  |O   |  ,':::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::i
          | |.:::::l ! .|    | ,'::::::::::::::::::::::::',::::::::::::::::::::::|
.            | |:::::::i.| .|O   | ,':::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::|
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


 ①火星プロレス戦争

火星に、地球の人類と似通った生命体が存在すると分かって、彼ら火星人との交流が始まってからX年後。
火星人は地球の人類と比べると幾らか劣った面(障害)を持った存在であり、心ない地球人は彼らのことを見くだしていた。

さて、火星では地球から持ち込まれた文化のうち、『プロレス』が人気を博していた。
そこに、ある魔術師が目をつけた。
火星人の純朴な気性を利用しようと謀った彼は、火星人数人に声をかける。
「最高に面白い『プロレス』がありますよ……」
そんな甘い言葉に騙されて、何人かの火星人がその『プロレス』に名乗りを上げた。

しかしその実態は、血を血で洗う聖杯戦争。
主催者である魔術師は肉体的或いは精神的に劣る火星人を見くだしており、彼ら相手に聖杯戦争を行えば、
自分が必ず勝利出来ると踏んだのだ。
主催者1名と火星人6名(若しくは、その他枠1人と火星人5名)による、
『プロレス』を自称する聖杯戦争――――主催者にとっては、自分が確実に勝てる(と思っている)という点で、
正真正銘の『プロレス』である聖杯戦争が、今始まろうとしていた。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

 ②スチームパンク火星移住計画

それは、電気や内燃機関が発達せず、蒸気が文明の主流であり続けた世界。
人類は蒸気機関を発展させ続け、ついには火星への移住計画すら敢行することができるようになった。

しかし、その火星移住計画は、とある機関によって、「確定された失敗」が予測されていた。
一旦は上手くいく火星移住だが、最後には多大な犠牲を生んで失敗してしまうらしい。

人類の未来を変えるため、聖杯による運命改変計画が始動した。
しかし、それを聞きつけた、『火星移住反対派』や『便乗して聖杯を利用しようとする者』『愉快犯』『未来予知否定派』が、
運命改変計画を妨害しようと参戦し、事態は泥沼へと発展していく。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

 ③賭博島の子供戦争

知る人ぞ知る、寂れた孤島。通称『賭博島』。
大した産業もないその島では、官憲の目をかいくぐれるという理由から、違法カジノが繁栄していた。
島の人間はほぼ全員カジノの関係者だ。
景気が上向きの頃はカジノを求めてやってくる客が一定数いたが、
最近は景気の悪化から客足がどんどん遠のき、賭博島は衰退の危機に瀕していた。

それを憂いだ、島のPTAは、刺激的なギャンブルを提供することで、客足を取り戻そうとし、そして禁忌に辿り着いた。

それは、島に唯一ある小学校に通う子供たちを聖杯戦争に強制的に参加させ、誰が勝つのか賭けさせるというものだ。

計画は成功を収め、子供の犠牲と共に、島には大量の資金が入ってきた。
それに味をしめた島のPTAは、最初の聖杯戦争から10年後のある日、また聖杯戦争ギャンブルを開催しようと画策する。
しかし彼らは知らない。
かつて、無理矢理戦いに参加させられ悲嘆のうちに死んでいった少年少女たちを見てきた一人の女性サーヴァントが、
自身のマスターの脱落後も、あるものを依り代に生き長らえ続けてきたということを。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

 ②スチームパンク火星移住計画

それは、電気や内燃機関が発達せず、蒸気が文明の主流であり続けた世界。
人類は蒸気機関を発展させ続け、ついには火星への移住計画すら敢行することができるようになった。

しかし、その火星移住計画は、とある機関によって、「確定された失敗」が予測されていた。
一旦は上手くいく火星移住だが、最後には多大な犠牲を生んで失敗してしまうらしい。

人類の未来を変えるため、聖杯による運命改変計画が始動した。
しかし、それを聞きつけた、『火星移住反対派』や『便乗して聖杯を利用しようとする者』『愉快犯』『未来予知否定派』が、
運命改変計画を妨害しようと参戦し、事態は泥沼へと発展していく。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


                                   _. -‐ ─ ‐- 、.
                              ,. ´::::::::::::::::::::::::::::::::`丶
                             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                               ,:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶    では、蒸気で行きましょう。
                              ./::::::::::::::::::::::::::::::γ⌒ヽ:::::::::::::::::::::::::'
                          i:::::γ⌒ヽ:::::::::::::::乂__ノ::::::::::::::::::::::::::::!
                            !:::::::乂__ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   サーヴァントについては、後で決めます(ちなみにバベッジは原作なので呼べない)
                            !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
           ,、    /         .!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'    (ワットやスチーブンソンはそもそもオリ鯖で見たことない気がする)
            キ人_,/          '、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::/ 
        ,. ⌒, )  て          .丶::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:'     そして、この世界に登場するマスターを、(原則定員1~2名、場合によって3名)
  (⌒ヽ_,.  '´  イ. /´⌒Y,.           \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
   ヽ |  _,. r─`ヽ、   \          丶 ._:::::::::::::::::::::::::::::::::::;::イ                       6/7くらいまで募集します。
    ヽ|  | /  / ,r'─、                    ゞwヽ,..< ̄ ̄} ̄ ̄ー-
      |  ノ'  / '´   /  ̄}                />介ー<//////////      今からテンプレ貼るのでちょっと待っててくださいね。
.     j    /    /   j、        .__彡'// ̄〉ヽ'´/.:://////////
    /            ハ〉、   ../////////r' {  /.:::::///////////
    、               {`ヽ}}  _,イ////////〃{  {  /.:::::////////////  平行してサーヴァントも一応募集しておきます。
.     `¨⌒丶、_         ノj .{//////////// r' / /.::::〃///////////

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
《テンプレ》

【名前】:
【性別】:
【年齢】:
【アライメント】:
【魔力】:
【代理AA】:

【身体】:
【魔術】:
【知識】:
【魅力】:
【幸運】:
【精神】:

【スキル】
 ◆

【能力】

【性格】

【来歴】

【願望】

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
《解説》

【名前】:キャラクターの、この物語の中での名前
【性別】:SEX
【年齢】:AGE
【アライメント】:混沌・中立・秩序 & 善・中庸・悪
【魔力】: 魔術の能力ではなく、魔力の含有量。高いほど強力なサーヴァントを負担なく扱える
【代理AA】:キャラクター名(作品名)の形で

←このへんに代理AAを1枚貼ってくれると助かります。

【身体】:身体能力の高さ。戦闘力の高さとは必ずしもイコールではない。
【魔術】:魔力の含有量ではなく、魔術のレベル。高いほど強力または稀少な魔術を使用出来る。
【知識】:知能の高さではなく、どれだけ情報を持っているか。
【魅力】:見目の美しさと、人を惹きつける性格の双方を総合した人間的魅力の高さ。
【幸運】:運命力。ついてるか、ついていないか。
【精神】:精神強度。高いほど心が折れにくくなる。あまり高すぎるとかえって生活に支障を来す。

【スキル】
ゲーム上で効果を持つスキル。奥の手というか、隠し球というか。極力1つで。
 ◆スキル名
 効果説明
【能力】
 特定のゲーム上の効果は持たないが、シナリオ進行などで発揮される、細かい能力。
【性格】
 キャラクターの性格。
【来歴】
 キャラクターのこれまでの人生や、成り立ちなど。
【願望】
 そのキャラクターが聖杯戦争に参加する理由。
 必ずしも、聖杯に賭ける願いでなくともよい。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


           , -─-  、         テンプレは簡略化します。管理が楽なので。
          /::::::::::::::::::::::::\
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
.        l::::::::::::::::::::::◯::::::::::::::l

.        l:::::::::::::::::::::::::::::::::::O::l

.         、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/         他二つも、その次の回までは選択肢に入るようにしましょうか
            \::::::::::::::::::::::::::/
              ` ー-  ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,           即ち、以後は(前回没案の2つ+その場で作った3つ)の5つから選ぶという形で

  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l       ……でも、来歴とか、もう少し固めてからの方が作りやすかったりします?
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;:::::`l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
┌‐────┐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;`;;;_;;_,/
│       | ̄:::::::::::::::::―:::-;;;-    _ _

          ,. -─-  、
         /:::::::::::::::::::::::::\
       ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、

       l:::::::::◯:::::::::::::::◯:::::::l        段階書くの忘れてましたね
       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l

        、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/        【魔力】はとりあえず0~200
           \::::::::::::::::::::::::::/
             ` ー-   -‐´          その他のバロメータは全部0~10でお願いします。
          ,≧ト‐v‐≦、
        /.:::〃 ̄`ヽ:::.\

          /.::::::::|' l/| ) ミ|::::::::.ヽ         【魔術】【知識】以外は、4で一般人並み(【魔術】【知識】は4で一般的魔術師並み)。0,1はその低さが生活に支障を来すレベル
       〃:::::::::j┐ 「/⌒ヽ::::::::i
       f::::::¬' `ーへ  }ゝ:::l         概ね7で一般的な人間としては最高クラスの習熟度で、8を越えると何かが壊れ始めると考えてください
       {::::::::::{{、 ,,_ノ:トr_ノ::::::::〉


           ,. -─-  、
          /:::::::::::::::::::::::::\
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`、 
.        l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
.        l::::::::::O:::::::::::::::::::::::::::!
.         、o:::::::::::::::::::::::::::::::::/
            \::::::::::::::::::::::::::/
             ` ー-   -‐´ ,. イL                  没案は出るでしょうね……勿論、以後の戦争で「没鱒枠」として回収される可能性もないではないですが
                  ,.イ ,.イ.:::::.> ‐- 、、
                /´ イソ/.:/.:.:.::::::::::::`,
               〃介7.:::!.:.:.:::::::/.::::::::::::::i            それは仕方ない気もします。
             〃,fシ//.:::!.:.:::::::/.:::::::::::::::::|

             ,.イ/ ,fシ//:イ.:.::::::::!.::::::::::::::::::::!
            ,'.:.::l.,fシ//.::/.::::::::::::ト、.::::::::::::::::l
            i.::::::!シ//.::/.::::::::::::::ト.:ヽ.:::::::::::::〉          元々新規枠0でも問題ないと思っているので。
            l.::::::!//.:. /.:.::::::::::::::.',.::::::::::::::::〈
            l.:::::l/.:.:.:::::::::::::::::::::::.',.::::::::::::::::.',
            |.::::l..:.:::::::::::::::::::::::::::::',.::::::::::::::::.',
            |.:::::::::::::::::::::::::::::::.:.: ハ.::::::::::::::::.',           魔力は、70が一般的な魔術師。120ぐらいが一般的な人間の限界。
            |.::::::::::::::::::::::::::::::.:.:. ノ ',.:::::::::::::::.',
            |.::::::::::::::::::::::::::::.:.:. 〈  ',.:::::::::::::::.',               150越えたら魔力タンク、って感じです。
            |.:.::::::::::::::::::::::::::::.:.:. L ノ.::::::::::::/

没案が増えたら、その場で作る鯖は減るって考え方でOK?


              , -─-  、
              /::::::::::::::::::::::::\    では、そんなところでしょうかね。
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
  .          l::::::::::::::::::::::◯::::::::::::::l
  .          l:::::::::::::::::::::::::::::::::::O::l       とりあえず、決めることは全部決めてしまったと思うので、今日はここまで。また何かあればしばらくは答えられます。
  .           、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                \::::::::::::::::::::::::::/
                __` ー-   -‐´   あとサーヴァントですが、流石に新規1人は少ないかもなので、2人まではOKにします。
         '´::::::::::::::: ト、ヽ.___

       ,. '´--、:::::::ヽ:::メ'´`iT〈シ
       /::::::::::::::ヽ:::::::ヽ::ヽノ、 ヾ
      ハ、:::_::::::゙';::::::::ヽ::::ヾ! i ',        >>254 多少は調整するかもしれませんが、めざましくは減りません。
     ,/:::::_::::,-::::::',::::::::::l__;vヘl ',           主人公 1人
    /::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::`ヽ、:ヽ ',          新規鱒 1~2人(場合によって3人)

   /、:::::ニニ二二フ::::::::::::::::::::ヽ::', l         没鱒改造 0~1人
.  /::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::ヽlj.         既出鱒  3~4人
 /:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ll                      このくらいが目安で、それが不動


改造って性格変わらずに来歴だけ改造ってことでいいんだよね?

乙、鯖のテンプレはいつものでいいんだよね?

>>259 極力変えないようにしますが、来歴変わったことによって多少の変化はありえます。

>>262 鯖はこちら推奨でお願いします。

【真名】:
【クラス】:
【属性】:
【筋力】:
【耐久】:
【敏捷】:
【魔力】:
【幸運】:
【宝具】:
【代理AA】:
【クラススキル】:
 ◆
【保有スキル】:
 ◆
【宝具】:
 ◆
 ランク: 種別: レンジ: 最大捕捉: 解説:
 

【来歴】

【願い】

【性格】

【備考】

クラススキルとかの隣にある:って何入れればいいの?総数?

>>264
誤打ちでした。消しときました

【真名】:
【クラス】:
【属性】:
【筋力】:
【耐久】:
【敏捷】:
【魔力】:
【幸運】:
【宝具】:
【代理AA】:
【クラススキル】
 ◆
【保有スキル】
 ◆
【宝具】
 ◆
 ランク: 種別: レンジ: 最大捕捉: 解説:
 

【来歴】

【願い】

【性格】

【備考】

そういやAA被りは一旦リセットかかってるってことでいいのかな

>>268
サーヴァント、マスター共に七家のものを再利用しつつやるので、それらと被った場合優先順位は下がります
ですが、どうせ全員は拾えないのでこれはというものがあった場合は被っていても使う可能性はあります。


そう考えると、七家関連オンリーだと幅が狭いので、初回数回は新規の門戸を広めに取るかも知れません。

八百万以前については完全リセットということで。

              , -─-  、
              /::::::::::::::::::::::::\
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
  .          l::::::::::::::::::::::◯::::::::::::::l
  .          l:::::::::::::::::::::::::::::::::::O::l       ……っと、準備完了
  .           、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                \::::::::::::::::::::::::::/        不慣れな環境ゆえどこまでスムーズにできるかは怪しいですが、まあ、とりあえずはじめてみましょう
                __` ー-   -‐´
         '´::::::::::::::: ト、ヽ.___

       ,. '´--、:::::::ヽ:::メ'´`iT〈シ           そもそもブランクが大きいので、多少のグダグダはご勘弁を
       /::::::::::::::ヽ:::::::ヽ::ヽノ、 ヾ
      ハ、:::_::::::゙';::::::::ヽ::::ヾ! i ',
     ,/:::::_::::,-::::::',::::::::::l__;vヘl ',          まず普段使ってたATOKからIMEになったという時点で若干の苦労を味わっていますが
    /::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::`ヽ、:ヽ ',

   /、:::::ニニ二二フ::::::::::::::::::::ヽ::', l
.  /::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::ヽlj.
 /:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ll         ちなみに今何人ぐらいいます?

           , -─-  、
          /::::::::::::::::::::::::\
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`、        おっとage
.        l::::::::::::::::::::::◯::::::::::::::l

.        l:::::::::::::::::::::::::::::::::::O::l

.         、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
            \::::::::::::::::::::::::::/
              ` ー-  ヘミ|            システムとかは全部まだ不確定です
        /,` 、` -`,--` ,

  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |           そういうことも今日決めようと思っていたら、回線停止で時間を奪われました
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ       設定については、明確にいじりません。
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;:::::`l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l      ただ、「出てくるサーヴァントはみな通常の世界を生きた人物」ということにします
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
┌‐────┐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;`;;;_;;_,/       いわば、パラレルワールドにつれてこられて聖杯戦争をやるような……そんな感じ
│       | ̄:::::::::::::::::―:::-;;;-    _ _





それは、電気や内燃機関が発達せず、蒸気が文明の主流であり続けた世界。
人類は蒸気機関を発展させ続け、ついには火星への移住計画すら敢行することができるようになった。

しかし、その火星移住計画は、とある機関によって、「確定された失敗」が予測されていた。
一旦は上手くいく火星移住だが、最後には多大な犠牲を生んで失敗してしまうらしい。

人類の未来を変えるため、聖杯による運命改変計画が始動した。
しかし、それを聞きつけた、『火星移住反対派』や『便乗して聖杯を利用しようとする者』『愉快犯』『未来予知否定派』が、
運命改変計画を妨害しようと参戦し、事態は泥沼へと発展していく。

                         ,. -─-  、
                         /:::::::::::::::::::::::::\
                       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、                   今日やることは、以下の三つ
             .          l:::::::::::::::::◯::::::::::::::::::::l                   ①主人公作成
             .          l::::O::::::::::::::::::::::::::::::::::!                   ②ほかの参加者決め(ポジションと同時に)
             .           、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                    ③サーヴァント決め(既存は指名、新規は新規と指定)
                           \::::::::::::::::::::::::::/
                            ` ー-   -‐´                      ただ、環境が環境なので①②だけ、あるいは①だけで終わるかもしれませんがそこはご了承ください
                               ,.イ ´ ノ ̄ ̄ / ',-、,,,_
                               _//`y'´    / .',:::::::.`',:=‐‐ー-:、        ではその①、今日のノルマ
                      __,,,.-‐'/ ,:',  .i___:::', ,:,:'_  /:::::::/::::::::::::::::::i        主人公作成の段取りは以下のとおりになります
                    ,.:' /:::::,...!'..' .ヽ,_l゙ .!,'__!./ `">:::::::::.i::::::::::::::::::::::::|
                   ,:'::::/.:::::,' r'r‐:、 |''i,__r:|:/  /:::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::',       ①ステータス決定
                   r':::::.,':::::::l `/、 Y.| ,-l,.|'  /::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::l       ②属性決定
                 /:::::::::i:::::::::i. ,', i-:' ,:'ー';::./  ,'::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::i       ③性別決定
                ,:':::::::::::l:::::::::.| i .i | .// .,'  ,':::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::__|      ④キャラクター設定(質問形式)
    ,-、          ノ:::::::::::::.|:::::::::| | `i/"   ,'  /:::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::./ .)',      ⑤AA決定
    !,__`'''‐:、__  _,..:'"::::::::::::::::.|:::::::::| .|  |o   i. ,':::::::::::::::___,,,,,,r''=‐---、,,!_ ,:',,_.',
.    ,.:-'-、  `i,":::::::::::ヽ::::::::::::::::|:::::::::| l  .|    .|. ,':::::::::::::::(-i:':、,_`ー'-::、 、 ./,:::::::',
.  / ,  `‐ .li`i:::::::::::ヽ::::::::::::::,|:::::::::| |   .|o   |.,'::::::::::::::::::`゙、'_ `゙-、_ 、`' ` ノ,.l:::::::::i
. / /、 _,,,_、 ._,l | |:::::::::::::::::::::::/|.:::::::::',|  .|    .|i:::::::::::::::::::::::::ヽ':、_  `‐  ノノノ:::::::::l
.(__,:'i゙ )'r'i',_.)-'r、)' i::::::::::::::::::_,r'  |:::::::::::::|  .|o   |::::::::::::::::::::::__ヽ、ニニ,,,-='ニ/--―‐    ちょっと少なめですが、まあ、なんとかなるでしょう
   `‐゙ .`-:'、_,,r"r''゙::::::::::;;;;;r:'__!;;;:::::::::-'---'---――'''''''' ̄ ̄

結局21世紀スチームパンクを開拓するの?

            ,. -─-  、 くそっ、IEめ。動きが遅い
            /:::::::::::::::::::::::::\
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、                    ステータスについてですが、なにぶん回線のことで(ryなので、ちょっとまだふわふわしてます。
.          l::::::::::::::::::::::◯:::::::::::::::l
.          l:::::::::::::::::::::::::::::::::::O::l                     というわけで、とりあえずは以前のものを引き続き引用します。あとで少しいじるかもしれません
.           、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
              \::::::::::::::::::::::::::/             /⌒、_        >>295
              __` ー-   -‐´           /    ` - 、__, - 読んだ限り、スチームパンクってどうやら同時代の現実世界と比べて科学レベルを飛躍的に上げるのがデフォっぽいので、実際には20世紀くらいになる?かもしれません
        __, -;;〈  ` -、__                /          /´
  _,,,;=;;;;;;;;;;;;';;;;;l;;;;;;;;:ヽ    ア,,ケ、_    i~ l、   ノ          /  まあそこはまたおいおい、流れを見つつ
./;;;;;;;;;;;;:::`::、::::::|、_:::::_,入、_ /:::::|l,:::l::、_  ,-|; |) /         ノ
l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::l;;;;:::::::>:::::::ヽ`Y〉:::l`l;;_;〉;,ノ`ノ、. | l /       , /    ①身体

.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::、::::::::`::、_::::::::::、_ |::::V;:o/ , ' ;ノ,//    ,-、__ / /     ②魔術
.`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::ヽ:::::::::::`:、::::::\|::::::l_/_    ''/     -=_, `y'       ③知識
 '';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::i;;:::::::::::::::`、:::::>´;;;;;`:ヾ、、_,ィ イ` -- 、__,-'フ'ヽ 丶      ④魅力
  ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::`_、;;;;;::_,::-':;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Y、:l::::i    ノ-; `、 ,-'      ⑤幸運
   `、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,;;-:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::|::;l;;;;::|  ,ro(ニ -、,_)       ⑥精神

    ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::,::-''´::/;;;::::、/l'(  `  ノ        ⑦魔力
       ト、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::,;;-';;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;_,/;;;、=-- 'l'ノ
      |;;;`ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;-'´;l;;;;;;;;;;;;|;;;;l;;;,/;;;;;;;;;;;;;`-;、ll;|
        };;;;;;;;;\;;;;;;;;;;,;;/;;;;;;;;;;|;;_;;;;;;;;|;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::,:-'      この順番で。基準は>>249のとおりでいきますね

                   , -─-  、
                  /::::::::::::::::::::::::\
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
    .            l::::::::::::::::::::::◯::::::::::::::l
    .            l:::::::::::::::::::::::::::::::::::O::l
    .            、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/

                 \::::::::::::::::::::::::::/           それじゃあ順番にー

              _  _`ー-   -‐
       , --、―― '  / | |   ヽ
      /;;;;;;;;;;:::ヽ:::::::::;;;;/;;;;;| \  ヽ__             まずは身体(能力)と魔術(習熟度・希少性)からー

     /;;;;;;;;;;;;;;;::::|;;;::::::::く;;;;:::|、 /=|´|::|:::\
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;:::::::::、・´ヽ' |::::/|/:,┘::::::ヽ
   ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::/::::::::::::ヽ::::::|  |:::| /:::。>::::::;:::丶
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;'::;;;;;::::::::::::丶:::| /::::|/::::/:::::::::/;;::::|           ↓1身体、↓2魔術  0は0、99や00は10ということでお願いしまーす
 /;;;;;;;;;;;;-、;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::ヽ:::|'::::::|:::/_:::::::::/::::::::丶
/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::`::、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;|:::/;・';;;;;; ̄;/;;;;;;;;;;::::`.、
\;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>'‐';;;;;;;;;;;;;/ヽ;;;;;;;;;';;::::'''ヽ
  \;;;;;;;;;;;;-,‐'' '`、、;;;;/;;;;;;;;;;;;/0;;;;;;;;;;;;;;'  ヽ;;;;;;;;;:::::::::::::・、
-   _''_'__|_;;_;_`・、;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;/;;;|   \;;;;;;;;;;;;;:::,--‐-、、_
--  __ _     ̄   ''''''''''''''''''''---   、;;;;;;;/___-、`-- 、ヽ
          ̄  ̄ ― --      、__      ̄ '''''''` ― ;
                               ̄   ― --- '

身体:8
魔術:8


              ,. -─- 、
             /:::::::::::::::::::::::\            今までなぜこれが出なかったクラスの強さですね……
           /:::::::::,::::::、::::::::::::::::`、
 .          l:::::〓:::::::::::〓::::::::::::::l          それじゃ次は知識、魅力
 .          l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
 .           、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/          ↓3知識、↓4魅力
               \::::::::::::::::::::::::::∠
.              /`::ー-   -‐´ノノ 厂`'‐- .._     ルールはさっきと同じで(今後も同じ)お願いします
         /:::::::::::::介ーz<__」// |:::::::::::::::::ヽ

          |::::::::::::::〈 「`乂/  / 丿:::::::::::::::::::|
         |:::::::::::::::/: | {::::} / `7::::::::::::::::::::│
.           |::::::::::::〈: :│ {::::l /. :/.::::::::::::::::::::::::|

身体:8
魔術:8
知識:5
魅力:6

                  , -‐-.....、.
                ,.'::::::::::::::::::::::ヽ   ↓3、↓4じゃなくて↓1、↓2でしたね……
             i::::○:::::::○:::::::.!.
              i:::::::::::::::::::::::::::::;'
            ヽ:::::::::::::::::::::,/

                 `ー-- ´''‐ 、,__,,
           ,. -‐‐'";...'!,;-'"‐'"´   `ヽ          人が少ないので連投してもらっても大丈夫です。
          ./  .,.'    ,     ノ,.-   }
          ,! _,.!、   i!  _,._ /"  ノ ,!'
          ,}./=-、ヽ_,. '"'"´  7.  ,i ,i           まあ問題ないくらいのスペック
          i ,戈-'"´   ,. -‐'''‐.、'´ /
          .!.7 _,.   ,/;;;;;,,,,   .,;i'
          .'i,;;;;;'_,,.. ;'"`' ‐.、.,,__,,.、,..ノ
          `"´,! ! '"i!ヽ ノ ,/           では次、↓1幸運、↓2精神、↓3魔力

            i. !  i!  /  i
            / /" .i! "'! ., '、
           rソ_ !  i  .ノ /_,,..!ヽ
           }、i/`"""´ ̄ ̄l,.ソノi'´

身体:8
魔術:8
知識:5
魅力:6
幸運:8
精神:2
魔力:9(180相当)


                  / ̄ ̄`丶

               , -―'-=、      \
                /   ̄ 三: \      ヽ
            // .,. -─-  、 ..\/^\/ハ
             |./:::::::::::::::::::::::::\.._ ヽ10/ Vl|           これくらいの値がねー……いつも出てくれればいいんですけどね……
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、.‐ハ 6 |i/

           .::::◯::::::::::::○:::::::::::::::::l .ニー|  |'     _
           .l::::::::::::::::::::::::::::::::::::u:::::l .ニ=:!/ /)__ノn))      
           .、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/..l  |  〈 , - ―'_ノ′
               \::::::::::::::::::::::::::/ /  / rノー/ ̄
               __` ー-   -‐´___./ ノノ 〈 -`二l
            /^\ ̄厂/_,/(二 ノ:::`¬ァ┘          では最後に属性決めましょうか

          /,二::::::〉  ー「广T´_ `\:(::::::::::::/
       |:::/ /^¨7ー-、ー-ヘ、     /-――'
       ヽ{: {_i_(    \::::::丶--イ
           ヽ-' |^\ヽヽ\) ::::::::::::::|
             |:::::ノ ヽ>ー' \ ::::::::::l                       
             l :/ーr-r-―-|i\ :::::\


【↓1判定】
123混沌
456中立
789善
147悪
258中庸
369善

              , -‐-.....、

                 ,.'::::::::::::::::::::::ヽ
             i:::::○:::::::u:::::::::::.          ごめんなさい789は秩序でした
             i:::::::::::::::::::::::::::::;'
                ヽ:::::::::::::::::::::,/          善・悪ってなんだよ……二重人格かな?
               `ー-- ´
               ,,----...、
     ,,,,,,,,       /7,ニ-‐...、:::::::i
   ,;:''" "'':;;,     !/:/:::::::::::::ヽ:::::.          というわけでデータはこんな感じです
   ;;     ;;     l/:::!:::::::::::::::::゙,:::::',
   ':;,    ,;:'    i::::::|:::::::::::::::::::|::::::|         ここからは安価でキャラを作っていきますよ
    '':、,.,.,.;:''      !:::::::!:::::::::::::::::::!::::::!
    ,、,.';;:''     ,!::::::::i:::::::::::::::::::i::::;'
    |hl、_i`i     i::::::::ハ::::::::::::::::}:::|         ではまず性別からですね
    ヽ'.‐-、ヽ、,---.l::::::::::::i:::::::::::::::i:::|
     ` ‐-''、/:::::::::::{::::::::/::::::::::::::/:/          男か女か、先に三票でお願いします
        ー‐ --ト、:/::::::::::::::/:/


属性:秩序・悪
身体:8
魔術:8
知識:5
魅力:6
幸運:8
精神:2
魔力:9(180相当)

   ,、-,、
´,,r'´,,、'⌒'ヽ,
〃/〃,r'⌒`ヾ
!il! i,l',l'i,      , -─-  、
i l i!i ./'⌒`' /::::::::::::::::::::::::\              男。いい感じに正統派ですね
,i i ili. ,l'〃,./::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、

, i i i!  .,il . .l::::::::::::::::::::::◯::::::::::::::l
 'i,i   .'i, ,i|.l:::::::::::::::::::::::::::::::::::O::l            では、こいつがスチームパンク世界においてどういう生業なのか……
  ':,  'i,' i, 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/

      'i, 'i、\::::::::::::::::::::::::::/,
    :' , 'i、 、``ー-   -‐'i,i'! 'l,i              普通の学校に通う学生なのか、独立した魔術師なのか、あるいは時計塔の魔術師なのか……
   ∵ ,' , .'h、 `-,、,,ノ ,i! ,li li i!|
  :'', '. ・  .`-,、,,_,,,ノ ,l' l!i! ,l'i i!
               〃ノノノ〃             っていうか、その前に年齢決めましょうか。彼の年齢を教えてください。ただし、上下両端は確認はさみます
          `ヾミニ三彡'"彡"'
          ヾー-_-三_'ノ'
0 0代
①10代前半
②10代後半
③20代
④30代
⑤40~50代
⑥60代以上

先に二票

              , -─-  、
              /::::::::::::::::::::::::\
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
  .          l::::::::::::::::::::::◯::::::::::::::l
  .          l:::::::::::::::::::::::::::::::::::O::l       まあなんにせよ20代ということで
  .           、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                \::::::::::::::::::::::::::/
            ____`_ー-   -‐´           ではこの人、魔術師なのは間違いないと思いますが、いろいろな立場が考えられます
         '´::::::::::::::: ト、ヽ.___

       ,. '´--、:::::::ヽ:::メ'´`iT〈シ             彼は以下のうちどれですか? たぶんどれでもやってけるでしょう
       /::::::::::::::ヽ:::::::ヽ::ヽノ、 ヾ .r-‐…ヾ、
      ハ、:::_::::::゙';::::::::ヽ::::ヾ! i ._c},//∠.. Y
     ,/:::::_::::,-::::::',::::::::::l__; .zy('ー-__ -ー')勹
    /::::::::::::::::::::,,,;;ァ^f´   〈/  `     ´  ハ
   /、:::::ニニ/:::::{ !   、{: :       . : : : }:::{
.  /:::::::::::::::::/::::::.:::丶 マ''ヽ._ヽ>x、_____;_;_;_ノ::::〉
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.>'′.::::::::::::::::ll丶:::::::::::::::::/



①時計塔の講師
②時計塔の学生
③フリーの魔術師
④ロケット打ち上げ計画に加担する組織の魔術師
⑤ロケット打ち上げ計画に反対する組織の魔術師
⑥その他

先に二票

                      ,. -─-  、
                      /:::::::::::::::::::::::::\
                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
                      l:::::::::::::::::◯::::::::::::::::::::l
                      l::::O::::::::::::::::::::::::::::::::::!
                       、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/⌒>、_   __
                        \::::::::::::::::::::::::::/  / : :/. : 二ニ{ `マ:ヽ ,.- 、
                         ` ー-   -‐´ノ.イ / : : :i : : : :.{¨V  \:Y  /
      __                    /,,.ィ< / ,ィ'"´ : : : : ∧ \  ∧ {
      ( `、               _/イr;;;;;/У: :`ヽ、 : : : :i { ' 、  ヽ  `ト、
  r-、  ヽ ∧、             { : :ノ/〉-{/ : :/ : : : : : :i :〉、 ヽ    ',ハ
  } r-、  〉、 ヽ            `、| :i,';;;;/ : : :/ : : : : : : : ィ:( \ _ヽノ  }:ハ
  } }  {_/ {   {、           }λ:|;;;;/ : : /. : : : : : : : : : : ヘ  . : : : :  r)、:
  } }  {r-、 ,'⌒  ',          /:'〈:'|;/ :./ : : : : : : : : : : :V: :.`ヽ : : : : ._// : :
  ヽ}、 .i  { r-、   人ュ、        /:λ',:r :./ : : : : : : : : : : : : : :'、: : : : 〉二ニ/ : : :
   ⌒}、└i 'ト ィ ノノ:.`ヽ、     /. :} : :i : ,' : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ : :{-´ : : : : : :
       ⌒--へ  // : : : : \   r'´`.i : : Y : : : : : : : : : : : : : : : : : : :V : V : : : : : : :
         ',ヽニノ : : : : : : : :ヽ人ミヾ', : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :V : } : : : : : : :


ほう、反対する組織に……

おそらくロケットは国家事業クラス、少なくとも社会的には歓迎されるムーブメントのはず。

そこで、あえてロケットに反対する組織に所属するということは、それなりに理由がありそうですが……

それはいったい?


①ロケット開発を好ましく思っていない(中止させたい)ため
②金銭的な理由(傭兵として雇われた、借金をかたに脅されたなど)から
③人間関係(友人が所属している、嫌いな人間がロケット開発に携わっているなど)から
④表向き①で、自分の願いをかなえようとしている
⑤表向き②で、        〃
⑥表向き③で、        〃
⑦その他

先に二票

                  , -‐-.....、.
                ,.'::::::::::::::::::::::ヽ
             i::::○:::::::○:::::::.!.
              i:::::::::::::::::::::::::::::;'               金銭的な理由とな
            ヽ:::::::::::::::::::::,/

                 `ー-- ´''‐ 、,__,,
           ,. -‐‐'";...'!,;-'"‐'"´   `ヽ            では、それをもう少し詳しく教えてください
          ./  .,.'    ,     ノ,.-   }
          ,! _,.!、   i!  _,._ /"  ノ ,!'
          ,}./=-、ヽ_,. '"'"´  7.  ,i ,i             彼はいったい、どうしてお金が必要なんですか?
          i ,戈-'"´   ,. -‐'''‐.、'´ /
          .!.7 _,.   ,/;;;;;,,,,   .,;i'
          .'i,;;;;;'_,,.. ;'"`' ‐.、.,,__,,.、,..ノ                 ①身銭を稼ぐため(常習的な傭兵)
          `"´,! ! '"i!ヽ ノ ,/                   ②今すぐに大金が必要

            i. !  i!  /  i                    ③借金をかたに脅されている
            / /" .i! "'! ., '、                   ④単なる拝金主義者
           rソ_ !  i  .ノ /_,,..!ヽ                  ⑤その他
           }、i/`"""´ ̄ ̄l,.ソノi'´
          .,!  ! i!    / .i!l.´  !                  先に二票

            , -─-  、
            /::::::::::::::::::::::::\
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
.          l::::::::::::::::::::::◯::::::::::0::l                           常習的に金を稼いでるとな。あっ、傭兵はあくまで例です
.          l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
.           、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/              , ァァ┐
              \::::::::::::::::::::::::::/      ┌、  ///./ 7
            ,` ー-   -‐´‐- 、___ _   | l ///./' /             では……彼にとって、生活のために魔術を行使するのは当然のことです。
           _ノ> -ー< ̄/ :/ :: : : : : .7 ノ / ヽ_/' /
        __/ :}Λ:::√ У: : :/ : : : : : : / //  / 丿               その意味で、彼は魔術師というより魔術使いといえるでしょう
     ,.-< : : : : :i /::::「 / :< : : : : : : : : / : |  /  /

    r´ : : : : :「: i/::::::i / .: : : 〉 : : : : : : : : : ヘ  {  イ
     } : :, : : : i :./:::::::i/ .: : :/ : : : : : : : : : :「ム __厶┐                ちなみに、普段の職種というか、どういうノリで魔術を使ってるんですか?
    f : :i : : : :i ,':::::::/ : : / : : : : : : : : :i : : |` ー一一'|
   / : :i : : : :i i::::;::,' : :./ : : : : : : : : : : :V : :| : : : : : : : |

  /: : : :i : : : :i i:::::,' : :/ : : : : : : : : : : : : :r : :|.: : : : : : : |

①傭兵
②殺し屋
③何でも屋(なんでも請け負う的な意味で)
④何でも屋(町の便利屋的な意味で)
⑤その他

先に二票

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_. -‐ ─ ‐- 、.
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,. ´::::::::::::::::::::::::::::::::`丶
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::γ⌒ヽ:::::::::::::::::::::::::'   えらい肝の据わったことしてますねえ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::乂__ノ::::::::::::::::::::::::::::!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::u::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i    さあ、精神的に強いとはいえない彼がそんなきわどい仕事をしているのには、何か理由があるはずです
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:'     それはいったいなんでしょうか?
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;::イ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ノ{
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ `ヽ:::::::::::::::::::::: / /.::ノ:\     無難なところでは、代々家族がそういう仕事をしていたから、引き継いでってところでしょうかね……?
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄`7iヽ! / __| ....::"::/'.::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ j:::!.∠、/..::::::::::::::::/ ,'.:::::::::::::::.\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /{.:::::::::::::ヽ.::. イ´厂   /:::::::::::::::::::::::::\



21:55~22:00↓1~3で候補(上に書いたものは候補に常設するので改めて書く必要はありません)

                 ,. -─-  、
                   /:::::::::::::::::::::::::\
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、            えらい全体的に病んでるな!
                  l:::::::::::::::::◯:::::::::u::::::::l
              l::::O::::::::::::::::::::::::::::::::::!            まあ、なんとなくわかりました
              、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/

                    \::::::::::::::::::::::::::/ 丿丿ノ
           ノ|.    ` ー-   -‐´
   、        _,..:'  |
.   ヽ- ,__,,..-''"   |         ,.-|''iニ"_,.-' ,! ヽ- 、,_          では、この中から選びましょう
.    `、        |      ,:;':' | |二-:' /   ';:::::::::``''‐- 、_
     ヽ       |.    ,r'゙,、 i-, .', ,.:'/-、r'":::::::::::,.:'"´:::::::`i       ①一種のノイローゼ
      ヽ       .|   ,.:'!,`ヽー' !丶i:' ./   `r:::::::,:'::::::::::::::::::::|      自身が危険に直面する事がないと精神不安定になる一種の破綻者
       ヽ、   .,..、| / ,.i‐:、_!"'、,i"i /   ,:'´:::::::i:::::::::::::::::::::::|
          |`;  .,:'`フ .|゙ /:| ',r、 ,.i !ヽ,!.,'  ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|      ②とある人間を探しており、その為に裏社会と接点を持つ為
        i .';./ .∠,-' ,':::|. |、 i >'/ .i  ./:::::::::::::::、!::::::::::::::::::::::|
.         | ! ,:'゙ ,-!、 |::::| .|. `i,' '"  !  /::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::|      ③ものの弾みで人を殺して、共同体から放逐された
          '、 ` ´ r,!.|:::.! |  |O   | .,'::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::|
         `i、    ヽi ',|  |    | .,'::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::|      ④代々家族がそういう仕事をしていたため
            ,' !、‐--‐;':'i .i  .|O   |,':::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::|
         i::::::::`ー''"::,'::::::|  |    |:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::|
         {::::::::::::::::::,'::::::::|  |O   |:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::|      先に二票でお願いします。自分のには投票しない感じで


                                                  一種のノイローゼ
                                                  自身が危険に直面する事がないと精神不安定になる一種の破綻者

              , -─-  、
              /::::::::::::::::::::::::\
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`、                           病んでると言ったら一番病んでるのになったでござる
  .          l::::::::::::::::::::::◯::::::::::::::l
  .          l:::::::::::::::::::::::::::::::::::O::l                           ここから秩序悪に結びつけるとしたら、こういうことですかね
  .           、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                \::::::::::::::::::::::::::/                            ノイローゼになったのに何かきっかけがあって、そのために自分を危険な場所に置かなければという強迫観念が……
            ____`_ー-   -‐´
         '´::::::::::::::: ト、ヽ.___                               どこかで聞いたことがある気もしますし幸運8とは思えませんが……まあいいでしょう

       ,. '´--、:::::::ヽ:::メ'´`iT〈シ
       /::::::::::::::ヽ:::::::ヽ::ヽノ、 ヾ .r-‐…ヾ、                        そのへんはまた後で固めます
      ハ、:::_::::::゙';::::::::ヽ::::ヾ! i ._c},//∠.. Y
     ,/:::::_::::,-::::::',::::::::::l__; .zy('ー-__ -ー')勹
    /::::::::::::::::::::,,,;;ァ^f´   〈/  `     ´ ..ハ
   /、:::::ニニ/:::::{ !   、{: :       . : : : }..{          r<'ー‐'>、  |`¨¨¨¨¨¨´|  ではいったんこれらについてはおいておいて、本人のデータに関連した能力について決めましょう
.  /:::::::::::::::::/::::::.:::丶 マ''ヽ._ヽ>x、_____;_;_;_ノ 〉 r==z,_ ] __ ̄ {   |‐------‐|
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.>'′.::::::::::::::::ll    ..|  ̄ ̄| |   |`¨¨´ |¨¨´| |  |   . :    |  といっても、魅力・知識は並みなので特にきめることはありません
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|: : : : :|ハ_:_:_| : : : : |: : : | |  |  : :   : . |
                         {<.._jx,_ _,ノ `¨'ヘ,__,ノ、__,ノ¨´_.>|. : : :   : : |  まずは魔術ですかね
                         ` ー- ̄¨二二二二二二二 -‐ ' ヘ.._____.ノ

                                                  彼が得意とする魔術はなんですか?

                                                  22:11~22:15 ↓1~3

           , -─-  、
          /::::::::::::::::::::::::\
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`、     いやあ、別に前ほどぶっ壊れた性格にはしませんよ
.        l::::::::u:::::::::::◯::::::::::::::l

.        l:::::::::::::::::::::::::::::::::::O::l     というか、前もあんなに壊すつもりはなかったんですが……

.         、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
            \::::::::::::::::::::::::::/
              ` ー-  ヘミ|       精神2は異常者でもなんでもなくて、クラスに1人はいる程度のそれでしかないですし
        /,` 、` -`,--` ,

  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::|

               , -‐-、 ,,.. - ― - ..,,
        _/: : : : : : ヽ、:::::::::::::::::::::::::..
       ∧: : ∨//77ァ: ; :;i!::::::::::::::::::::::::::ヽ.
   .    ∧7: : :∨///∧ : ;i!::::::::::::::::::::::::::::::.     >視界を一方的に共有する   これはちょっと用途が限定的ですし、魔術8の価値があるかも怪しいので申し訳ありませんがなしにさせていただきます
   .   ,.┴ァ;斗、: ∨//;∧: il!::::::::::::::::::::::::::::::::',
      } くrイノノ;;;: ∧//;∧/j|::::::::::::::::::::::::::::::::::!
      j / /,/,ィフ////////j_):::::::::::::::::○:::::::::'     というわけでウィッチクラフトか身体強化で先に二票
      Y i '" r'7////////,ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::,'

.       |    }ンー=ニ二ニィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      j   /     ゝ、:::::::::::::::::::::::::::::::::/       素の身体能力も糞高いですし、身体能力強化も持ってれば実用的に戦えるでしょう。それこそ低級サーヴァントならそこそこ遣り合えます
     jく、  k.        ` ー- ___ -‐ ´
     ∧;、`ヾ≧      ,ィ´: : : : : : : :`ヽ         ウィッチクラフトも、スチームパンクという世界を考えるとスパイス的におしゃれで素敵だと思います
    /∨/7ゝイv'´`¨ニ=ニ7 1`‐-.,___ ,.."};八、_

    / ;厂////::ヽ;////////ヘ  大  ハ////7ァァュ、
    /::::j/////:::::::};////////∧ /Y::<ヽ///////////ハ
  /::::::{;////:::::::::j;'/////////∧/:::::∨////////////}

  ム;、:;///〈::::::::::::レ//////////∧:::::∧//////\////イ
  ∨ヽ;////∨:::://///////////∧∧//////777'////|     ,ィニ=、
  ∨//////∨ァ'///////////」 ////////////////|    /,.气. )
   `¨¨´ ̄`´ ∨////////   ,/////////////////|  // く/
          ∨,'////   //////////////////;i,//

身体強化アンド黒魔術

                  ,. -─-  、
                  /:::::::::::::::::::::::::\
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
                  l:::::::::::::::::◯::::::::::::::::::::l              >>387を融合と判断して、ウィッチクラフトを用いた身体強化がメインウェポンですね。その他のウィッチクラフトもこのレベルなら使えるでしょう
                   l::::O::::::::::::::::::::::::::::::::::!
                     、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                    \::::::::::::::::::::::::::/                 今回、いろいろとわくわくする設定が多いですね……寿命を縮める強化薬とか飲んでそう
                     ` ー-   -‐´___
                 __,. <.ムヽ 、、____/ヽ__
            _, 、<¨ : : : : :l : :.ヽ  ∧::〈ヽi :、ヽ、
           / : : : : : : : : : : :|_ : :∨ |:;Λ | : :、 : >、

          丿 : : : : : :i: : : : : : :/ : ∧ |::Λ |\> : : : `,         では、魔術はだいたいいいとして、次は身体能力の高さについて考察しましょう
         . i : : : : : : : :| : : : : : : \ : :.∧ |:::::| | : :ヽ : : : :,i
         . i : : : : : : : :! : : : : : : : : \ : :ヽ|:::::|| : :/ : : : :i :|
         /: : : : : : : : :| : : : : : : : : : : :\ : '.,:::| : /: : : : :| :i        彼の身体能力の高さは並一通りではありません。これは一般人がただ平凡に生きていて得られるものではない……
        ,' : : : : : : : : :丿 : : : : : : : : : : : : \::V :/ : : : : :l : !
      __/_: : : : : : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : :レ: : : : : : : i : |        では、彼はどうやってこの身体能力を手にしたのでしょうか?
    /   `ヽ,:_:_: : : :.Λ.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,' : !
   (__.ィ´ヽ,ム、〉、:ヽУ V. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.i : : !

      / ゝ/ / 7-、Y :,′  ∨ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| : : |
    ヽ/ / / /'Y:ソ     }.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | : : !


①なんらかの武術(格闘技)の達人に師事した
②自前で極限まで鍛えた
③戦闘力が高くなるなんらかの血が混じっていた
④過酷な環境に身をおいていたため、自然と強化された
⑤その他

先に二票

               |  ̄ ̄|
             __}___{_
            ,.':::::::::::::::',
              {:::::::::::::::u:}
                ゝ::::::::::::ノヽ_
            ,.≦三≧、/::::ヽ      なるほど、苛酷な環境に……なしてそんなことになったんですか
          /::::::::::::::::::::\::::::\

           |:::::::::::::i::::::::::::::::ヾ:::::::',
       r、,-ャ/:::::i::::::::}::::::::::::{\:::::ノ    
       ∨、/:::::::ハ:::::l:::::::::::::|
       `マ;;;;::/ .}:::::|::::::::::::i

        . / /´ ./::::::j::::::::::::::',
        / /  /::::::::;:::::::::::::::::}  どんどん幸福から遠ざかっていくなあ……
      ./ /  ム;;;;;;A;;;;;;;;;;;彡'

      / /       |::::::i::::::::::::;′
     ./ /        |::::::i::::::::::;
    / /         '.::::,゙:::::::::,
    ヽ/          }::,!::::::::::;
             |:,!::::::::::,

             jミ:::::::::,'

             /:::::::::/
            ./:::::::::/!
            /.::::::::/:::|
           ノ::::::::/::::::|
          ,イ::::::::/:_:_:_:!
          ∨ヘゞf///,ヽ
            ゞ彡==´

①親の仕事柄
②紛争地域生まれ
③ノイローゼは生まれつきのもののため、幼いころから危険に走っていた(単品はあまりお勧めはしません)
④①+③
⑤②+③
⑥①+②
⑦①+②+③
⑧その他

先に二票

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_. -‐ ─ ‐- 、.
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,. ´::::::::::::::::::::::::::::::::`丶
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\    「紛争地帯生まれで、幼いころから危険に首を突っ込みまくっていたので自然と鍛えられた」
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::γ⌒ヽ:::::::::::::::::::::::::'
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::乂__ノ::::::::::::u:::::::::::::!  なるほど……だからこいつ的には幸福だったのか……
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i  そんな危険地帯に身を置いてれば、罪悪感的なものとかから危険に身を突っ込むようになるのもわかる……
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:'
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     意図せずして幸運も説明つきました。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;::イ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ノ{
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ `ヽ:::::::::::::::::::::: / /.::ノ:\    あと決めることといえばなんでしょう
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄`7iヽ! / __| ....::"::/'.::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ j:::!.∠、/..::::::::::::::::/ ,'.:::::::::::::::.\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /{.:::::::::::::ヽ.::. イ´厂   /:::::::::::::::::::::::::\

AA?

秩序・悪らしくなる設定とか

           , -─-  、   >>413
          /::::::::::::::::::::::::\  AAの前にです。
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
.        l::::::::::::::::::::::◯::::::::::::::l

.        l:::::::::::::::::::::::::::::::::::O::l              >>414

.         、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
            \::::::::::::::::::::::::::/               確かに今のままだと混沌善属性っぽいですよね。目的より手段が先になっている感じが。真逆じゃないか!
              ` ー-  ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,

  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |                でも、「危険な場所に行く」ために手段を選ばない(どんな組織にでもつく)としたら……今度は混沌悪っぽい
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::|             ならば、こんなところでしょうか
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;:::::`l|、          「危険な場所を求めているが、自分のその願望が他人に迷惑をかけることまでは望んでおらず、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/            あくまで波風を立てない程度に危険を冒したがるタイプ」
┌‐────┐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;`;;;_;;_,/
│       | ̄:::::::::::::::::―:::-;;;-    _ _        これなら秩序悪といえるのではないでしょうか


【名前】:
【性別】:男
【年齢】:20代
【アライメント】:秩序・悪
【魔力】:180
【代理AA】:

【身体】:8
【魔術】:8
【知識】:5
【魅力】:6
【幸運】:8
【精神】:2


【能力】
 ウィッチクラフトをベースとした魔術一般に長けており、その中でも強化魔術は圧巻の一言。
 そのほか、通常時の身体能力もきわめて高い。

【性格】
 自分を危険な場所におきたがるが、他人に迷惑はかけたくないと思っている。

【来歴】
 紛争地帯出身で、その中で生きるうちに高い身体能力を得た。

【参加理由】
 聖杯戦争に参加すれば、他人に迷惑をかけることなく「危険」に出会えるから。


                  ,. -─-  、
                 /:::::::::::::::::::::::\
               /:::::::::,::::::、::::::::::::::::`、
     .          l:::::〓:::::::::::〓::::::::::::::l
     .          l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
     .           、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                  現在のプロフ(仮)。来歴や性格は後でもう少し膨らませます。が、今は場所が場所なので(ry
                   \::::::::::::::::::::::::::/
                    ` ー-   -‐´
                   ,:-|‐'iニ"_,,-=:l. i`':、_              そのほか、現在の在住地域もとりあえず決めておきましょうか。というか、普段の活動場所です
                 ,.;'" ,'  i"-‐ _.,:'  .|::::::::::: ̄ `''=:、
                // ,'-:、 |-‐フー-=ニ:::::::::::::,.;-'":::::::ヽ
              _,.-',`-i"`i ,' .`i.,.:'/   ./ ,.-, /:::::::::::::::::::::i        舞台はおそらく西欧のどこかになるとは思いますが、彼は普段どこで暮らしているんですか?
            ,r':::::::i-、!"'、r-'"i゙ ./   //,.:'-"::::::::::::::::::::::::|

           ,:'::::/ r''l__ri"r| i"'、|./   r-"-く_:::::::::::::::::::::::::::::.i        国籍そのものを聞いてるわけではありません
          /__,,,!__| |  i" 7 /.i  ,!゙-ニ_''‐、'`:、..::::::::::::::::::::/
.       _,.-:;'r'゙,.',:-'  `''―:'-'-'---!-',r‐-,,,`‐:、)‐'::::::::::::::::::,,:'         ①ヨーロッパ(舞台とは別の場所)
      / -'、_,'/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ―`゙´-::::::::::::::::_,:',:'          ②ヨーロッパ(聖杯戦争の舞台)

       /:::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.-'".,:'          ③アフリカ
.     /:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::,:'           ④中東
     ヽ:::::::::::::::::`''‐‐-、_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/            ⑤中南米
       `ー- ..,__,.-r‐‐''"´「`''''ー-:、____,.:'゙:::::::::/             ⑥アジア
            |:::::::::::|     |     |:::::::::::::::::::::::::::::/              ⑦その他
                                               先に二票

              ,. -─- 、
             /:::::::::::::::::::::::\    最大値の一歩手前まで長引いていくスタイル(その他の場合はその中身もお願いします)
           /:::::::::,::::::、::::::::::::::::`、
 .          l:::::〓:::::::::::〓::::::::::::::l
 .          l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!    ではアジア
 .           、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
               \::::::::::::::::::::::::::∠       アジアといっても広いですがどちらに? 西アジアは≒中東なので省略
.              /`::ー-   -‐´ノノ 厂`'‐- .._
         /:::::::::::::介ーz<__」// |:::::::::::::::::ヽ   ①中国 ②日本 ③インド ④東南アジア ⑤その他東アジア ⑥その他南アジア ⑦中央アジア ⑧その他

          |::::::::::::::〈 「`乂/  / 丿:::::::::::::::::::|
         |:::::::::::::::/: | {::::} / `7::::::::::::::::::::│
.           |::::::::::::〈: :│ {::::l /. :/.::::::::::::::::::::::::|   先に二票

          ,. -─-  、
         /:::::::::::::::::::::::::\
       ./:::::::::::::,:::::::::、::::::::::::`、    危険もとめて日本に! とかだったら時代がなんとなく決まってきそうですが、インドだったらだいたいいつでも危険だわ

       l:::::::::〓:::::::::::::::〓:::::::l

       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l 
        、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      はい、インド在住の危険大好き何でも屋が爆誕しました
           \::::::::::::::::::::::::::/
             ` ー-   -‐´
          ,≧ト‐v‐≦、
        /.:::〃 ̄`ヽ:::.\

          /.::::::::|' l/| ) ミ|::::::::.ヽ    AA狭めるので何人かは決めません。AA決まってからなら決めてもいい。
       〃:::::::::j┐ 「/⌒ヽ::::::::i
       f::::::¬' `ーへ  }ゝ:::l
       {::::::::::{{、 ,,_ノ:トr_ノ::::::::〉   ではAAを今からとりあえず10分くらい募集します。その間にAA案、もしくはその他決めたいこと等あればどうぞ。

              , -─-  、
           /::::::::::::::::::::::::\
          /:::::::::::::::::::::丶:::::::::`、

      .    l::::::::::::::::::::::◯:::::::::__::l
      .    l:::::::::::::::::::::::::::::::::::O::l
           、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/           インド人とは限りません!
           \::::::::::::::::::::::::::/

             ` ー-   -‐´             時代的には19~20世紀。イギリス植民地時代とかぶる可能性もありますし、
           _,,、>-ヽ ,//"'T'" ̄ヽ

          ,r'" /_,イヾ'r' ハ__,」   .ヽ        別に外国からインドに移住してきたっていいですし。
          l  ,7´l / /  .ヽ      ヽ
           l  l l /./  /       l
        .  l  l l ・/ /         l      ですので、ぜひインド人という縛りは考えずにAA選んでくださいね!
         |   l l././       l    .`>
         l   ヾ/        l、    ".ヽ
       .   l   l            l ヽ      ヽ
         l   lO         .l  ヽ __(ニヽ、 l
        /l   |          l  rイ1 l ヽ l /
      / l .  l          l  l、 _,,_、_,//
    ,/   l   l             l    ̄''ー''"
,-‐-.tl" .   l   lO         .|


            , -─-  、
            /::::::::::::::::::::::::\
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`、                  なんか妙に男らしかったり頼りがいがありそうなのが多い気がしますが……この人メンタル2ですよ?
.          l::::::::::::::::::::::◯::::::::::0::l
.          l::::::::u::::::::::::::::::::::::::::::!
.           、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/              , ァァ┐    そこらへん考慮して、私の中のイメージに比較的近いものを抜き出すと、こんな感じでしょうか
              \::::::::::::::::::::::::::/      ┌、  ///./ 7
            ,` ー-   -‐´‐- 、___ _   | l ///./' /
           _ノ> -ー< ̄/ :/ :: : : : : .7 ノ / ヽ_/' /
        __/ :}Λ:::√ У: : :/ : : : : : : / //  / 丿      AAの表現幅が少ないのも抜いてます
     ,.-< : : : : :i /::::「 / :< : : : : : : : : / : |  /  /

    r´ : : : : :「: i/::::::i / .: : : 〉 : : : : : : : : : ヘ  {  イ
     } : :, : : : i :./:::::::i/ .: : :/ : : : : : : : : : :「ム __厶┐
    f : :i : : : :i ,':::::::/ : : / : : : : : : : : :i : : |` ー一一'|
   / : :i : : : :i i::::;::,' : :./ : : : : : : : : : : :V : :| : : : : : : : |    男らしいののギャップでもいいんですが、そういうのはえてしてメンタルが低そうなAAが少ないので

  /: : : :i : : : :i i:::::,' : :/ : : : : : : : : : : : : :r : :|.: : : : : : : |    うまく性格を表現できないかなと。そのため美形とか中性的なの優先です


①クラウス・G・S・イングヴァルト(魔法少女リリカルなのは)
                     ___
                   / ^⌒>-=ァ

.           ,.ィ ¨¨ア  _,./ < ´__⌒ >  _____,
        /⌒>'' ` ̄  `      \     /
         /       : i   丶     丶(\ '
         '    '     { ト、   \  、   \ \
       /   /   i  ‐┼ハ-\  丶 \  丶
.       ,    ′  {   {ィチ斥笊㍉、_ \ \{⌒ヽ
          / i   {  Ⅳ   vツ    ̄ ¬⌒\
       i   ′{   ハ  { `
       |  厶ィ{  Ⅵ八 {            _ {
       | /  }八 : i  ト、          '´
.        ノィ ィ    i {   |⌒
          }/ハ   }: 从 込. ...           イ
.        '  ', ィ }i l ヽ{     ̄   f  ̄
          }/ハ从{     ___    {
.            '  「 ̄ ¨ ¨¨ |   {≧s。L_
       __ ,ィ⌒>、}..........   |   {ニニニニ}─‐‐┐
.     /   ̄ ⌒\≧s。    |__{ニニニニ}    |
   ,                ≧s。_ _」ニニニニ>、___|>、
.   /     -‐ ……  ‐-    \¨\ニニニニ}^\ }>、 _
 _/ ィi〔             ≧sr‐ォ-VニニニV  },ノ  ハ
_{⌒         ,... -‐     ̄| }_乂_乂_乂⌒}^i / }


②佐々木排世(東京喰種)
                 _,,,...,,,_

              _、丶``_,,,zZZア冖¬‐- 、
          _、丶`_,,z≦////////////ミh、 \
        /   _,,z彡/////////////// }h、 ヽ、ー''″
       /   ,ィi///////////////////////ミh。,\
    ー‐=彡   ん/////////////////ミ/{{\///ハ ̄‘,
     //---=彡/////八/////}レ'   ヾ、 ∨}}ト、__ }
    ー''゛i i / /゛ ∥/∥ ⌒イ//  / /、     У ! } i}
     |! j {   {从ヾノム { { {   /彡ヽ、/  ノ j ! j
     !|!  人 ーrヘ⌒ヽ {i{ i卜弌トミ、>z彡 丿ノ /

        ヽ 丶/i i 从 〈  乂\ i{\ ヽ(ソミ∠=‐'゙/ ィ/
       \ Y{l{ Vム__、   u\  ``'''ー--「--‐'゙ {
         ヽ }从/ミ=ー |       ,ィ        ',
          ノイ彡'^ヽ        {ト、   r一′
          ,′     `、     \ >‐'
          ,′  ',    \     ー 〉
          ,′   ',     ミh、     ;´
           /     ゙,     /⌒`‐- ′
.          /         '.     〈ー‐- 、
         /               \    \
      /-‐……‐ 、        ヽ   `、
     /_、丶``¨¨`丶、丶 ̄ ̄ ̄``ヽ }   i `、
   /             \----‐'''゛\   `、 〉
   ,′              ``丶 、.,,,__   Vム
   {                          ,ィi{「「ムV 〉ー、
   {                       V////ム/〈_」}、
   {                       V.:::::r∥⌒ ,' \
   {                   i     }rV ,′ ムー-、 ヽ
  !                  |    ソ〈ノ  /~ヽ  ∧
    ',                      | /   }:/         / }
    '、               j/   / /        , ′
    `、              ∥  /=∥        ,:′
      `、                ∥ミ/三{{        /



                  / ̄ ̄`丶

               , -―'-=、      \
                /   ̄ 三: \      ヽ
            // .,. -─-  、 ..\/^\/ハ
             |./:::::::::::::::::::::::::\.._ ヽ10/ Vl|         流兄ちゃんは前に使ったときに脇でもちょっとAAに四苦八苦した覚えがあるので今回は撤退
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、.‐ハ 6 |i/

           .::::◯::::::::::::○:::::::::::::::::l .ニー|  |'     _    あとは頼りがいの問題ですね
           .l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l .ニ=:!/ /)__ノn))
           .、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/..l  |  〈 , - ―'_ノ′
               \::::::::::::::::::::::::::/ /  / rノー/ ̄
               __` ー-   -‐´___./ ノノ 〈 -`二l       上条さんもありですね。ロックはまあ、性格的にはあってますが、戦闘シーンを考えると少し心配です。月も確かにいけそう。AAもクッソ豊富ですし。
            /^\ ̄厂/_,/(二 ノ:::`¬ァ┘

          /,二::::::〉  ー「广T´_ `\:(::::::::::::/
       |:::/ /^¨7ー-、ー-ヘ、     /-――'         (AAについては最悪ハサンその回だけ出さなきゃどうにでもなりますが)
       ヽ{: {_i_(    \::::::丶--イ
           ヽ-' |^\ヽヽ\) ::::::::::::::|             微妙に変形することを除けば佐々木排世(東京喰種) は割といいです。
             |:::::ノ ヽ>ー' \ ::::::::::l
             l :/ーr-r-―-|i\ :::::\          その中だったら、①佐々木排世(東京喰種)  ②上条当馬(字これで合ってましたっけ) ③夜神月(デスノート) ただ、後半2つはAAにキャラが飲まれないかだけが心配

                                     ではこの中から23:24以後にレス出すのでそこから先に二票にしましょうか。意見があればそれまでに

                      , -‐-.....、.
                    ,.'::::::::::::::::::::::ヽ!
                 i:::::::::::::::::::::::::::::. ..._  ,...._
                  i:::o::::::::○:::::::::;'.''"´,.-'´    \
                ヽ:::::::::::::::::::::,/ .r‐'´、.      )、
                     `ー-- ´,; ,\ -‐‐ 、.,.. 、 / ヽ.
                     __/, ‐'ー-γ      {  リ ヽ.   ',
              / ゙     ヽ     入 '.,}' ヽ  ',

                 /         ヽ‐ャー''´   ゝ.r ´`ヽヽ   そうでした。当麻寺と同じ字でしたね
             i,. -''ヽ.__,...___,ノ'")r‐' ー、 / , '/´フ.,'′

            /  ,/'" ヘ ハ々 ,-'" ヽ._,.. -< { / '  /
              /  ,ノ'   リー 、._ヘ、 ,.. '" ', ___/   ,ノ′
          人 _,./'´,' /   `{ ⌒ーァ-‐-y'´   /{      特にはなさそうなので、ではこの三つから先に二票でお願いします
        /´ノー7/,ノ‐'´      )ヽ、 }''    ,//´',
       ノ′,'´ )r'/       /,' ハ、ヽ_,.  ノ,/ ,'  i
    ,/´  ノ'"/       / ,'  {  ヘ  ̄ Y   :  .i
   / >、.. -‐'' ´        /′ ノ} ,'  : ヽ ,ノ !      {
  _ノ ,..-イ               / , ' ノ ,' / v }イ  i {     i
 { rァ ,..(           / , '  } ,' イ  / .!   }、゙     |
 {゙{. ( ヽ)          i ,'   i ノ   /   ',  リ ヽ、 ,' |
  ` `′           レ   ノ〃,/     i i   ∨ ,!
               / 〉._,///       ∨:   }. /


【名前】:
【性別】:男
【年齢】:20代
【アライメント】:秩序・悪
【魔力】:180
【代理AA】:佐々木排世(東京喰種)

          /  /ィi{//////////////トミ/////////////////ミh、
         ,' /,ィi{////////////////| 寸//////h、゙㍉///h、゙㍉}h、
        ,'/ //jレ',ィi{彡ア'///∥'/ 寸、 寸/}h、//厶 `ヾミミ}h、`
       ,'//∥ ,',ィiア////ア  j{∥  ヾ、  `ヾミh、寸ム   `寸h,
.         ,'//∥,ィi,ィi{///∥'゛    l{{{  、  ` 、  `、`ヽ寸ム    寸
        /∥∥,ィi{//// ∥   i  从!   `、   `:、  ',   ヾム
.      /∥  ////// ,′  j|  从 、  `、  ':,   ;    Vi}
     ,ィ j{  /,'∥//′ ;    /i|   ':,  、   `、   ',  j    }j   }i
   / | j{ ∥ {/∥!  ,' /,'∥i|     ':, `、   ゙:,  , !i}     リ  圦
     | { ノ′从{ⅰ ′{ j l{ ヽ \__,,,,..、、、、、、 :, ', }i{ ;  i  V/ `
.       ',i{ { i{ jリ{ⅱ ¦  | 「¨¨`、¨゙\、、ヽ、 ':、 ゙, !从 i λ、 {、
      ゚。 ':, 、 从 }i ゙、 iⅰ   ', ∠_zz云zミh。,_} j/ } j| / ヽヽ`、/´
        ヽh、`、 ヽ{h、  ':,`、   フ彡xィ::::ッ::::ア }/  ノ' j/   `` `¨
         ヽ、ミ 、 `ミミ、\ミh。,_´ レ'゛ うこ ノ            ヽ-‐
           `ヽャ'¬^リ「`````  '^ヽ -‐'゛            `
             }i  ヽ

                   ,′
         ! {   ι /
               ヽ、   ‐-
                    ̄`ヽ         _,,             , '
                   ヽ.,,__,,.r ''ア゛          ,:'   /
                       {`¨゛_,.          ,ィ(   /l|
                       `ヽ、        、‐^  `~/川
                         |     _、‐゙     /ノ川
                             丶,____,,、‐゛      ∥ノ川
                                       ∥lリl川
                                    〉l川川

                                         川川川
                                      ,ィ(川川川
                                 ,イ川川川川

【身体】:8
【魔術】:8
【知識】:5
【魅力】:6
【幸運】:8
【精神】:2


【能力】
 ウィッチクラフトをベースとした魔術一般に長けており、その中でも強化魔術は圧巻の一言。
 そのほか、通常時の身体能力もきわめて高い。

【性格】
 自分を危険な場所におきたがるが、他人に迷惑はかけたくないと思っている。

【来歴】
 紛争地帯出身で、その中で生きるうちに高い身体能力を得た。

【参加理由】
 聖杯戦争に参加すれば、他人に迷惑をかけることなく「危険」に出会えるから。

           / ̄\         よーし大体決まった
         |     |
          \_/         あとは名前ですが、そこは元キャラの名前を出身地にあわせて適当にもじって作ります
.              |
         , -┴-  、       結局彼どっち系の人?
        /::::::::::::::::::::::::\
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
      .l::::::::::::::::::::::◯::::::::::::::l     ①ヨーロッパ人

     .  l:::::::::::::::::::::::::::::::::::O::l     ②インド人
     .  、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     ③日本人
        \::::::::::::::::::::::::::/      ④アラビア人
         `ー-   -‐        ⑤アメリカ人
                       ⑥中国人

                       ⑦その他

                       先に二票

                   , -─-  、
                  /::::::::::::::::::::::::\
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
    .            l::::::::::::::::::::::◯::::::::::::::l
    .            l:::::::::::::::::::::::::::::::::::O::l
    .            、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/

                 \::::::::::::::::::::::::::/             了解。ではまた考えておきます。開始までには決めておきますので

              _  _`ー-   -‐
       , --、―― '  / | |   ヽ
      /;;;;;;;;;;:::ヽ:::::::::;;;;/;;;;;| \  ヽ__                 あっ、そうだ。何でも屋やってるってことですが、一人でやってるんですか?

     /;;;;;;;;;;;;;;;::::|;;;::::::::く;;;;:::|、 /=|´|::|:::\
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;:::::::::、・´ヽ' |::::/|/:,┘::::::ヽ
   ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::/::::::::::::ヽ::::::|  |:::| /:::。>::::::;:::丶            形式からして個人規模とは思いますが、助手くらいならつけられますよ
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;'::;;;;;::::::::::::丶:::| /::::|/::::/:::::::::/;;::::|
 /;;;;;;;;;;;;-、;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::ヽ:::|'::::::|:::/_:::::::::/::::::::丶
/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::`::、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;|:::/;・';;;;;; ̄;/;;;;;;;;;;::::`.、          要するに話まわすためのパートナーですね
\;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>'‐';;;;;;;;;;;;;/ヽ;;;;;;;;;';;::::'''ヽ
  \;;;;;;;;;;;;-,‐'' '`、、;;;;/;;;;;;;;;;;;/0;;;;;;;;;;;;;;'  ヽ;;;;;;;;;:::::::::::::・、
-   _''_'__|_;;_;_`・、;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;/;;;|   \;;;;;;;;;;;;;:::,--‐-、、_
--  __ _     ̄   ''''''''''''''''''''---   、;;;;;;;/___-、`-- 、ヽ
          ̄  ̄ ― --      、__      ̄ '''''''` ― ;
                               ̄   ― --- '


【安価】
1、つける
2、つけない

先に二票


        ________
        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|       わかりました。では完全な個人経営ですね
        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
        |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
      ─┼‐─────‐‐‐┼─     はい、では主人公の設定はすべて固まりました!
         l::::::::::::::::::::◯:::::::::::0::l
         l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!       それでは、他のマスター枠を順番に埋めていきたいと思います
          、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
          \::::::::::::::::::::::::::/    ∩_   キャラ決定→ポジショニングという順番で
        ,,.へ` ー-   -‐´::ヽ   (つ )
        /::::::::::::::::::l><l:::::::::ヽ_/\フ    まあ、いったんはとりあえずこれ使いましょうか
.      /:::::::::::::::::::::::::∨::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    一人目↓1 コンマ二桁反転で



00ロボットを操る大科学者           50苛烈な地元愛を持つ青年
01純粋なカニバリスト              51虐められた過去を持つ青年
02記憶を失った強靱な魔術師         52おっとりとした植物魔術師
03優秀すぎて人を遠ざけた青年       53輓馬を乗りこなすファンキーな女性

04正義を謳う扇動者              54生真面目な老刑事
05死徒に堕ちつつある聖職者         55人形じみた容赦ない幼女
06美徳を厭うサイコパス            56妖艶なサディスト
07高慢で気障なCEO              57脳内お花畑の女性スナイパー
08自分にふさわしい伴侶を探す精神支配者58人心掌握に長ける御曹子
09死体性愛の気を持つ危険人物       59起源『残存』の少女
10豪放磊落な虎の混血            60強靱な精神力を持つSP

11沈着とした天狗の混血            61下準備が過剰な青年
12優柔不断な有力者              62顔にコンプレックスを持つ拝金主義者
13タイツスーツを着込んだ少女        63面倒くさがりの小市民主義者

14変態ホムンクルス製造者          64秀才止まりの黒魔術師
15暴走癖のある魔人の混血          65四肢が義肢の少女
16猛獣を操る老獪な紳士           66ビジネスライクな地面ダイバー
17性的にも豪放な自由人           67雅を愛する剣術馬鹿
18人形遣いの容赦ない幼女          68疑うことを知らない戦闘の天才
19ベルセルクを先祖に持つ傭兵       69女性恐怖症の天才少年

20容赦ない裏社会のドン            70人の心を読める廃人
21秀才止まりの植物魔術師          71変装能力に長けた尖兵
22人肉人形を操る少女             72引きこもりがちの卑屈な魔術師
23正体不明のインテリヤクザ         73不幸まみれの時間停止能力者

24恋人を死体人形にした女          74黒魔術を使う貧乏家政婦
25闘争を愛するお嬢様             75トリガーハッピーなサルベージャー
26高慢な式神使い               76忠実な自立型ゴーレム
27うっかりが過ぎる剣士            77成金趣味な三流魔術師
28烏天狗の混血で鳥頭            78夫を支える良妻賢母
29肉体改造が施された狂信者        79行動力だけはある無能の象徴
30魔術を剥奪された教会の隷         80子供嫌いの研究者
31ミーハー気取りのリアリスト         81人間を自称するAI
32皆を引っ張るリーダー気質の女性     82身元不明のライオン
33滑稽で残虐な面白黒人           83臆病な雪女
34精神崩壊した改造実験体          84借金をかたに脅されスパイとなった女性
35狡猾で抜け目ない財界の重鎮       85フレンドリーな植物魔術師
36暴走する地元狂信者             86引っ込み思案な土属性魔術師
37呪術師を探す細菌学者           87観察力に優れた少女
38慢心気取りの慎重派             88従順な執事
39高慢な使い魔マニア             89すり切れ寸前のクローン
40良心担当の魔術使い            90他人任せの金食い虫
41爆発に傾倒する狂人             91強気かつ弱気な少女
42見境のない薬術士              92心優しい治癒魔術師
43錬金術師の押しかけ女房          93脳以外が義肢の男
44自分勝手で我が道を走る天才少女    94カリスマだけの女頭領

45年齢不明の元マッドサイエンティスト    95お人好しのリーダー気質
46頗る運が悪い時計塔教師          96子供を道具扱いする拝金主義の魔術使い
47同性愛者の雪女               97内向的な少年……?

48パイロキネシストの少女           98半幽霊の少女
49雇われの凄腕殺し屋             99ワーカホリックのサラリーマン

              , -─-  、                  月島4兄弟の三番目……あれ、二番目でしたっけ?
              /::::::::::::::::::::::::\
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
  .          l::::::::::::::::::::::◯::::::::::::::l          研究者……なら、ロケット製作側の関係者か、ロケット反対派の関係者かといったところでしょうか 反対派くさい気もします
  .          l:::::::::::::::::::::::::::::::::::O::l
  .           、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                \::::::::::::::::::::::::::/             ではお次、↓2コンマです。(今度は本当に↓2)
                __` ー-   -‐´
         '´::::::::::::::: ト、ヽ.___

       ,. '´--、:::::::ヽ:::メ'´`iT〈シ                  新キャラ(といってもほとんどマスターは送られていないのでほぼほぼ七家リサイクルキャラになりますが)か、既存か、指定してください。
       /::::::::::::::ヽ:::::::ヽ::ヽノ、 ヾ
      ハ、:::_::::::゙';::::::::ヽ::::ヾ! i ',                    既存なら同時にコンマ判定します
     ,/:::::_::::,-::::::',::::::::::l__;vヘl ',
    /::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::`ヽ、:ヽ ',

   /、:::::ニニ二二フ::::::::::::::::::::ヽ::', l
.  /::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::ヽlj.
 /:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ll

人間を自称するAI

          ,. -─-  、
         /:::::::::::::::::::::::::\
       ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、     スチパンAIとな

       l:::::::::◯:::::::::::::::◯:::::::l
       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l

        、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/          これはどのポジションにでもできそうですね。
           \::::::::::::::::::::::::::/
             ` ー-   -‐´
          ,≧ト‐v‐≦、            では三人目 ↓2 諸所は前と同じです
        /.:::〃 ̄`ヽ:::.\

          /.::::::::|' l/| ) ミ|::::::::.ヽ
       〃:::::::::j┐ 「/⌒ヽ::::::::i
       f::::::¬' `ーへ  }ゝ:::l
       {::::::::::{{、 ,,_ノ:トr_ノ::::::::〉

          ,. -─-  、
         /:::::::::::::::::::::::::\    えーと、これはいまいち想像しにくいですね
       ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、

       l:::::::::◯:::::::::::::::◯:::::::l
       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::u::l    まあ別に癖のあるキャラじゃないので、どこにでも配置できるでしょう。

        、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           \::::::::::::::::::::::::::/
             ` ー-   -‐´     お次、四人目 ↓2
          ,≧ト‐v‐≦、
        /.:::〃 ̄`ヽ:::.\

          /.::::::::|' l/| ) ミ|::::::::.ヽ
       〃:::::::::j┐ 「/⌒ヽ::::::::i
       f::::::¬' `ーへ  }ゝ:::l
       {::::::::::{{、 ,,_ノ:トr_ノ::::::::〉

        ________
        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
        |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|      またそういうキャラかと思ったら違った。全身が義肢ならこれは反対派っぽいですね。開発の犠牲になった感じで
      ─┼‐─────‐‐‐┼─
         l::::::::::::::::::::◯:::::::::::0::l      では五人目。六人目はこちらで決めるのでこちらデザートとなります。
         l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
          、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
          \::::::::::::::::::::::::::/    ∩_        ↓2
        ,,.へ` ー-   -‐´::ヽ   (つ )
        /::::::::::::::::::l><l:::::::::ヽ_/\フ
.      /:::::::::::::::::::::::::∨::::::::::::::::::::::::::::ヽ   しかし数字が小さい=弱めのキャラが多いですねえ
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/

新キャラ無しか
応募した身とすると、少し寂しい

>>513
最後の枠はそのために残しました。あと、七家ほどじゃないにせよ多少のサブキャラは出しますよ。(多くて2人くらいですが)


                 ,. -─-  、
                   /:::::::::::::::::::::::::\
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
                  l:::::::::::::::::◯::::::::::::::::::::l
              l::::O::::::::::::::::::::::::::::::::::!                   あっ、これは体制派っぽい
              、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/

                    \::::::::::::::::::::::::::/ 丿丿ノ               敵に回りますね……間違いない
           ノ|.    ` ー-   -‐´
   、        _,..:'  |
.   ヽ- ,__,,..-''"   |         ,.-|''iニ"_,.-' ,! ヽ- 、,_
.    `、        |      ,:;':' | |二-:' /   ';:::::::::``''‐- 、_
     ヽ       |.    ,r'゙,、 i-, .', ,.:'/-、r'":::::::::::,.:'"´:::::::`i
      ヽ       .|   ,.:'!,`ヽー' !丶i:' ./   `r:::::::,:'::::::::::::::::::::|          では全員決まりました。最後にサーヴァント選びましょうか。
       ヽ、   .,..、| / ,.i‐:、_!"'、,i"i /   ,:'´:::::::i:::::::::::::::::::::::|
          |`;  .,:'`フ .|゙ /:| ',r、 ,.i !ヽ,!.,'  ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
        i .';./ .∠,-' ,':::|. |、 i >'/ .i  ./:::::::::::::::、!::::::::::::::::::::::|           ①既存から指定②既存からランダム(クラス指定)③新規
.         | ! ,:'゙ ,-!、 |::::| .|. `i,' '"  !  /::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::|
          '、 ` ´ r,!.|:::.! |  |O   | .,'::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::|             この三つから選んでもらいます。今回最初なので新規多少多めでも大丈夫です
         `i、    ヽi ',|  |    | .,'::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::|
            ,' !、‐--‐;':'i .i  .|O   |,':::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::|
         i::::::::`ー''"::,'::::::|  |    |:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::|              サーヴァントは追加枠決めてなかったので、即断で通せる一つだけ追加
         {::::::::::::::::::,'::::::::|  |O   |:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::|


セイバー          ライダー
・ハドリアヌス       ・ポンペイウス
・ジュリアス=シーザー  ・スキールニル
・ムーラン         ・五次ライダー
・ヴィデゲ         ・ボアディケア(仮)
・オモデアセイバー
・ベーオウルフ      バーサーカー
               ・イヴァン雷帝

アーチャー         ・細川忠興
・羽柴秀吉         ・李逵
・バヤズィト1世      ・マルキ・ド・サド

・ヴァレンシュタイン   ・ルネ・デカルト
・高長恭

・五次アーチャー     キャスター
・オモデアアーチャー   ・デルピュネー
・エミリア・プラテル    ・ダユー
               ・オルフェウス

ランサー          ・鳥山石燕
・アンナ=イヴァノヴナ  ・フランソワ・マッカンダル
・ヒルデブラント
・クルースニク       アサシン
・レプロブス        ・ソーニー・ビーン

・オモデアランサー    ・ドミティアヌス
・ピサール         ・道場法師
・ミケランジェロ・ブオナローティ


既存;クラス違い
・ヴィテゲ(騎)
・ポンペイウス(槍)
・レプロブス(魔)(盾)
・道場法師(狂)
・ハドリアヌス(魔)
・ドミティアヌス(魔)
・バヤズィト1世(騎)(殺)
・フランソワ・マッカンダル(魔)
・第五次アーチャー(槍)(騎)

まさか月島勢が最初から同盟組んでる、何てことはないよね

佐々木排世

さしゃきはいしぇい

さっしゃきはいんしぇい

サッシャ・はいんきぇい

サッシャ・ハインケス

Sascha Heynckes


           / ̄\
         |     |
          \_/
.              |
         , -┴-  、             てな具合に。
        /::::::::::::::::::::::::\
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
      .l::::::::::::::::::::::◯::::::::::::::l              流れでドイツ人になりました

     .  l:::::::::::::::::::::::::::::::::::O::l
     .  、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
        \::::::::::::::::::::::::::/ >>568 主人公自体が敵対組織に所属=スタートから何らかの繋がりを持っている ように、ロケット推進派にも当然ある程度の初期同盟はありますよ
         `ー-   -‐

そういえば一応ですがネット回線については問題解消しました。

          ,. -─-  、
         /:::::::::::::::::::::::::\    あ、あと
       ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、

       l:::::::::◯:::::::::::::::◯:::::::l          今回、別視点はあんまりやりません(さわりだけやるかもしれませんが)
       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l

        、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           \::::::::::::::::::::::::::/           あくまで、主人公を軸にしてその視点で話を進めていきます
             ` ー-   -‐´
          ,≧ト‐v‐≦、
        /.:::〃 ̄`ヽ:::.\

          /.::::::::|' l/| ) ミ|::::::::.ヽ           コンティニューは3回くらい。その他、場の流れを見つつ、追加したり削ったりすることもあり。
       〃:::::::::j┐ 「/⌒ヽ::::::::i
       f::::::¬' `ーへ  }ゝ:::l           展開を歪める無理な延命措置はなし。
       {::::::::::{{、 ,,_ノ:トr_ノ::::::::〉

          ,. -─-  、
         /:::::::::::::::::::::::::\
       ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、           さいです

       l:::::::::◯:::::::::::::::◯:::::::l
       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l

        、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/             空き枠に入るキャラがいないかと探してはみたものの、以外と見つからない
           \::::::::::::::::::::::::::/
             ` ー-   -‐´               サーヴァントはいくらでもなんとでもできるんですけどね
          ,≧ト‐v‐≦、
        /.:::〃 ̄`ヽ:::.\

          /.::::::::|' l/| ) ミ|::::::::.ヽ
       〃:::::::::j┐ 「/⌒ヽ::::::::i         ……あと、一つ勘違いされている方がちらほら見受けられたんですが、「火星にはまだ行ってません」
       f::::::¬' `ーへ  }ゝ:::l
       {::::::::::{{、 ,,_ノ:トr_ノ::::::::〉         火星に辿り着いてるのは①案で、今回のは②案です

薄味で修正容易ならやります(勿論、現時点でポジション被ってる場合は難しいですが)

来歴に深々と組み込まれていて修正が困難(修正したらキャラとか当然変わる)ようなのは作り直していただけると

(ものによります)(2~3ほど>>574の勘違いをしていると思しきデータがあったので)

          ,. -─-  、
         /:::::::::::::::::::::::::\
       ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、

       l:::::::::◯:::::::::::::::◯:::::::l         プロローグは文字多め。
       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::u::l

        、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           \::::::::::::::::::::::::::/            まだサーヴァントとかは出てきません 20:00くらいから適当に投げます
             ` ー-   -‐´
          ,≧ト‐v‐≦、
        /.:::〃 ̄`ヽ:::.\

          /.::::::::|' l/| ) ミ|::::::::.ヽ
       〃:::::::::j┐ 「/⌒ヽ::::::::i     AAサイコショッカーのキャラは、うっかり抜けたせいかそもそも存在しない疑惑がですね……
       f::::::¬' `ーへ  }ゝ:::l
       {::::::::::{{、 ,,_ノ:トr_ノ::::::::〉


 「――――酷い」

 蒸気機関車の出入り口。手動の扉に手をかけて、青年は、一瞬躊躇した。
 曇りガラスを通して見えた外の景色が、あまりにも凄惨なものだったからだ。
 いや、確かではない。曇りガラスだったかどうか、確かではない。何しろガラス戸を通しても、外の景色は全く見えなくて、
 ただねずみ色と銀色と焦げ茶色が不均衡に混ざった汚い霧が、びっしりと浮かんでいるだけだったから。

 思い切ってガラス戸を開けて、そして青年は、ガラス戸が曇りガラスでなかったことを認識した。
 ドアを開けても、見えている景色には何ら違いがなかったから。

  ,,,;;''                                                           ,,,;;;    '''''';;,,,,
  ,,,,;;;;;;;''''''';;;,,,,,;'                                                   ,;''   ;'  ''';;;;,,,
                                                              ,;''';,;' ;'''';;;,,,;'''  ';,;'
  ''''''''''                                                        '''';;;;;    ,,,,;'';,
        ;;;'';                      iヽ二/\二二ヽ_______          ';,       ,;
 _;;;;;''  ''';;;;;''';,,,,;;;''';                  |]|/n∩n \二二二二二二二 二 \.      _「|l''''';;;;,,,,,,  ''';;, 、
 ゞ,,,,;;;;'''''';;;;;,,,,;;;;'''''',,,,;;''        .      __ | |l]l]l ∧三三三\l]l]l]l]l]l]l]l] /\ ̄ ̄ ̄ ̄ _,,,;;;    '''''';;,,,,\
 ゞゞ;;'; ,;,,    ,,,,,,,;;;;;;;''''''';;;,,,,,;'     /TTTT|\___ |]|l]l /n i,二二二__|_∧ ̄ ̄ /' () \ ̄ ̄,;''   ;'  ''';;;;,,,∧ ̄ ̄
 ;;ゞ;;ゞ;'_,n,_:;.;ゞ;.; ;:.:; :、.,..  ∠二二/_l_l_lrt_l|l]、|llll | |l]l |[![! i__ハ ̄∧ /:l]:V'三/' l] l] l] \ ̄_|,;''';,;' ;'''';;;,,,;'''  ';,;'_

 ;ゞ;;ゞ {I}{II}};ゞ;:;' :.:;;' :':.:';`;.  _|E!E!E| _n__... --‐‐fi‐─-─‐fi‐-─-‐fi─-‐─‐fi‐‐─-─'''';;;;;    ,,,,;'';, |ロ
 |i'';;;;;;;'''';;;;;,,,,,,,,;;;;;;''''''''''''::.-‐||'_二二 -||-‐_''..二二!!二二二二!!二二二二!!二二二二!!二二 ''''';;;; ,,,;;;''';;'‐- ..」|__  ̄
 |i!|;;";;、::||::゙゙;;''::'_''';;, ,,,,,,,,,,;;;;;;;''''''''、z==宀''' ~ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄';,       ,;`''''==三
 ,,、-'`"゙ ||゙''';;;,,,,,        ,,;;;;'''ニニ三三三三三三三三 ,.、t''T叮了丁丁Ti¬-、三.三三.三三三:三.三三ニ__

 fi──‐}{f!' /ll/' .l '       ,,,;;;''''''丁i¬- 、三.三.三,.<ヽ>‐` ´ ̄ ̄ ̄ `^''く,r`>、:三三 ,.、;,     '';,,,;';,,;''三三
 |,,,,;;;;;;'''''''       ;'         ,,,,;;;,;'''く.`>、三,心>イ'二二__| ̄,t'三三'';;'       ';,    '''';;;;;'''く.`>、=
  ̄  ̄ ̄,,,;;;;'''    ''';;;''            ,,.ヾ. ヘ ム,//: . ; :. ; :_.;: ̄ ̄;~~ ''''' ,,,,;;;''''  '';;,,   ''';;;;;;;,,,,,,,;;;'''''ヾ. ヘ
 . 三三三,,,,,,;;;;;;;;;''''';;;;;;;;,,,,,,;;;'''''  ''''';;;;;;;,,,,,. ._.:. : : Y゙fニi=!;{: : :. . :.;: . ; : _ :: : '    '''''';;;;;,,,,;;;;''''''';;,,      ,,,;;''ニ

 三 三.'''''''''''';;;;;;;,,,,,,,     ,,,;;;,,,´ ̄´  -‐:. ..└| ├'"; :. ':.. .:..:.. :. .: .: ; : ,,,;;'''''';;;,,,     ,,,,,;;;;'''''': .: ;`:'‐‐

 ‐''''';;;;;;;,,,,,,,                ''';;, _  ..: :~ : ;::::, .:: ‐-    '_..: . .. .: : :  ;:;    ;. .;__ . : .: :. .:,,,  ,::::;
 :::::::::::::: .:::;:::::::: ..:: .:::::;:::::::、 、:''''''''';;;;;;;;,,,,   ;:.::  : ..:   、:::...      ̄   : '''              '     ''';
 ::::::::::- ー::;'''''''''     ''''''';;;;;;,,,, ''';;;;     ;;''  ..::::::..  ::: ;'          ,,,,,,,,,,;;;;;''''       ';    ''''';;;;;,,,:::
 :: ..::::.:::::::::;: :,,,;;;'''''' '''';;;;;;,,,, '''';;;;,,,,      ''';;;,::::__.:::::::.....  ,,,;;;;;'''''       '''';;;;,,,      '''';;; ''''';;;;;;;,,,,,,.::::::::



 一面、隙間なく広がるスモッグに覆われた魔都。
 これが今の科学の最先端、文明の頂点。ロンドンである。


    ,-.
    |--|
    |〆|
    |--|
   / .`、

  ,:.´   `:,
  i      i
.  i (.⌒..) i
  i..  ̄  .i
  :、_._._._._.;;



 クルッ、クルッ……キュポッ。
 ガラス製の小瓶の蓋を取り除いて、中身の液体を口の中に流し込む。
 それはどろりとしていて、そして冷たい。口蓋全体にねばっと広がったそれは、喉や舌や歯や顎に染みこむように消えていった。

「ロンドンの空気は酷いとは聞いていたけど、まさかここまでだなんて」

 空っぽのガラス瓶を胸ポケットにしまって、青年は深く溜息をつく。


            、`  -‐==ミミミ,ィi〔三Ξ‐-ミ、 `ヽ、`、
           、`_、丶 ,心//////////ミh、ミh、`ヽ、 `、
             /  、`/////////////////心`ヾ、  ゚。 `、
         ,  ∥ ,゙ {/////////ト、マ心, ヽム  ` .,,乂 ',
           {  jj ゙ レ'/ V/// {ヽ ヽ寸ハ  Vミ=‐ ゚。 i} 、            一応、調剤しておいて良かった。これがなかったら、きっと、酷いことになってたね
           } } jj ノ _ノ 乂ノノ'从 \ '/Vリ i} j  } ! }iトー- 
        ノ j {ⅱ    / ノ ヾh、  j}   } ; i  j {j jリニム゙ 
        ー'゙イ゙从     ´ i  i{    ,  ,゙ ,゙ 八 V/'ニニニ二二 
             乂レ'\ 、 i{  Vノ i|  ,゙ ,゙ 人 ノ/ ノノヘ乂二二二二二7=-、
           ノ人ミ、} `弌  ヽノ / / ∠イ イ´ _ノニニニ二二二/ニニ心,    それにしても、流石はロンドン。技術開発の最先端……
             ,ニ二ノ 人 `'ー- ∠/ '´  ノノ匕二二ニニ二二二二二ニニム
           ,ニニム|  ̄`` ̄`       '¨7ニニニニニ二二二二ニニニニム
            {ニニ二|__,,.        / ,心二二二ニニ|,.ィi{ニ彡' }ニニニニ    何年かごとに来る度に、いろんな意味で『極まって』いく
           やニニ二}h、ーニ=-  _ィi{_,,.ィ(ニニニニニニ㌻``_,,.、-'''```  _,,フ_
                やニニニニ心、 _,.ィ(ニニニニニニニニニア  '゛  _,,.、、-‐=ニ二二
            寸ニニニニニニニニニニニニニニニ㌻/   ‐-===--――‐-=
              }ニニニニニニニニニニ二二二㌻   -‐",,..  __,,.. -‐…ァ二
                `寸ニニニニニニニニニ二二㌻        ´  __,,,,. -=ニニ二
              ヤニニニニニニニ|''‐=ニア/,     '''ー   マニニ二二二二

                  寸ニニニニニ二二}  ,心/∧     _,,. - 、、..,,,_  ̄-ニ二二ニ
                   寸ニニ二二二心、,心////}h、,,ィ劣ニニニニニニ=ー-'ニニニ


『霧』、或いは『ガス』。猛毒を含んだ大気に包まれた、とこしえの薄暗闇の町、ロンドン。
昼の十二時だというのに、太陽の光は微かにしか感じられない。

町の方々に設置された特殊な電灯――――『貫通ガス灯』が存在しなければ、10m先すら見通すことはできなかっただろう。
濃密な大気すらも貫く強烈な光は、まるで偽物の太陽か何かのように明るく、鋭い。
科学が発展して、その代償と言わんばかりに世界中が今や大なり小なりこんな具合に汚染されているが、それでもロンドンのそれは他とは一線を画している。

「歪んでいる。ここから10kmも離れれば、空には何よりも明るい太陽が光っているというのに、
 わざわざそれを遮って、そして、太陽の真似事を町中に設置して――――」

 悪態をつきそうになったところで、彼は、ぐっとこらえて飲み込んだ。
 いけない。そういうイデオロギーは、自分とは無縁のものだ。
 自分が普段暮らしているインドで言うならまだしも、イギリスに住んでもいないのに文句を言っても仕方が無い。
 この町は、今ここで暮らしているこの人達のもので、この人達がそれを是とするならばそれが正しいのだ。

 そう。青年には。街路に座り込む襤褸衣の老人や、この時間から酔っ払って街路に倒れる紳士、
 ゴーグルとマスクをつけて町を走り回る少年たちの姿を見る限り、本当に彼らがそれを選んだと言えるのか、確証が持てなかった。

 こんなところに暮らしているのに、彼らの表情は妙に浮かれているというか、のんきに笑んでいるというか。
 この状況にちっとも苦痛を感じていないように見えて仕方が無かった。


 青年が向かった先は、ロンドンの町の外れにある六階建てのマンションの、最上階にある小さな部屋。
 今日青年は、そこへ「仕事」の話をしにいくのだ。
 彼の生業は「何でも屋」。文字通りどんな要件でも請け負うことを看板に、世界中を飛び回っている。
 時には傭兵として、時にはレスキュー隊の増援として、時には要人の護衛として。
 しかし「なんでも」とは言うものの、実のところ、彼が請け負う案件には、ある一つの条件が合った。


、  'ー'  |::|  |:l f:i   \::::::::ヽ : : : : : エ: : : : : : : : : : : : : : : : .、        . : : : : : : : :
`ヽ     `   l:j |:|  ト   \::::::}: : : : :、」L : : : : : : : : : : : : : : : : \    . . : : : : : : : : : : : :
>' ト..、\   ヾ  |:|   \::.、 : : : |::::| : : : : : : : : : : : : : : : : : : :` ー- -‐. ´: : : : : : : :
r:、 |::::|   \.     |:|     `i、: : : :}べヘ  ィ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
|::| |::::|  |ヽ  \  ゙   ト   ト、,/△ | Y |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
l::|_r::シ:⌒ヾ:| |:l `     |:|   :!  !    l ヾ、:|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
_`''ー'::_:::::::::}| l」   ` ヽ    |  |   |   |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
    "'-::L  /::^ヽl::i  _ `ヽ,::|  |ー:::::: ト,, _!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  |`::、    :ヾl::::::::::}::| |:|    |  |:::::::::::|:::::::::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  |::::::| f:ヘ   `ヾ:::ト、!:ィ^7:ヽ::|  |:::::::::::|:::::::::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  |::::::| |::::|  r:.、   : ` Y::::::::}:|\| ̄ ̄|` ヾ:|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  |::::::| |::::|  |::::| ト,    `ヾ';」- `i  |  ::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  |::::::| |::::|  |::::| |:|  f:: ..、|:   |  |  ::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  |::::::| |::::|  |::::| |:|  |::| |:::|:|:   |  |  ::|: : : : : : : __ .. -――――-- .. _
  |::::::| |::::|  |::::| |:|  |::| |:::|:|:   |  |  ::|. . . . . . 「
  L::::| |::::|  |::::| |:|  |::| |:::|:|:   |  |  ::|      |
   `::└-,   |::::| |:|  |::| |:::|:|:_ |  |  ::|      {     ,,.. -―-、、
‐-, ___      `゙  ┘ !::!l|:::|:|: Τ、}  !   ::|      |    /:::::/´   ヽ
:::::::',: : : ̄:":'':-.. __   `::-、!:!: | |  |  ::|      {    |:::/        }
:::::::::',: : : : : : : : : :',   ̄ "ー- 、|''ー+,,.」  :|  ::|      |    |::|        |
--::::::〉: : : : : : : : : ',      ヾー- .._j  }  ::|      |    |::|        |
__:/、_____:/i       :}-ュ  |  |  ::|      |    |::|        |
  |:|          |:l ̄ ̄ ̄ "l:l |  |  |  ::|      |    |::|        |
  |:|          |:l      |:| |  | _| ,.. +      }     |::|      _ |
  |:|     __ .」:L  -_‐__'::!ニl -‐ '"           |     |::|_,, -‐ ''"  :|
-― '' "  ̄_ .. -‐ '' "  ̄                |___|:」        |__
-‐ '' " ~                           _,,- "
                          _,,- "

                       _,, -"
               .....::::::::::::_,,- "
             ...:::::::::::_,,-''
            ..::::::::_,-"


 そのマンションは、前面が煤に覆われていて、足を踏み入れればそこら中から異臭が漂う。耳を澄ませば奇妙な笑い声やら悲鳴やらが聞こえてくる。
 どうにもそこは、無法者たちのアジトのようになっているようで、霧に包まれた毒の都ロンドンの中にあってなお異彩を誇る禍々しさが、
 一歩足を進めるごとに肌身に染み渡る。少なくともここは、全くの堅気が足を踏み入れていい場所ではない。

 「……!」

 青年は、自分の足がいつの間にか震えていることに気がついた。
 恐い。何をしでかすか分からない者どもの巣窟に、今自分はほぼ丸腰で足を踏み入れている。
 護身術は一通り身につけているけれど、不意をつかれればどうなるか分からない。いきなり背中を刺されて、死んでしまうかもしれない。
 薬を嗅がされて拉致されるかもしれないし、因縁をつけられて面倒事に巻き込まれるかもしれない。
 ああ、怖い、怖い――――。青年は思わず肩をすくめた。

 とにかく、早いうちに目的地へ行ってしまおう。
 青年は小走り気味に、ぼろぼろの絨毯がべろんとかかった階段へと歩を進めていく。


 一段踏むごとに、段差の半分ほど沈み込むような腐りかけの階段を全て登り終えると、最上階、たった一室しかないフロアに辿り着いた。
 階段の前にはマホガニー製の大きな扉がでんと構えていて、その周辺は今までのマンション各階に比べて妙にこぎれいだった。
 吐き気を催す匂いもない。どうやらここで間違いは無さそうだ。

 青年は両開きの扉をゆっくりと開く。視界に飛び込んできたのは、何もない部屋。否、何もないと言えば語弊がある。
 そこにあったのは、シェーズ・ロングが二つだけ。扉と並行に、二列に並べられている。
 そして、奥にある方に座っている女性が――――青年には直ぐに分かった――――今回の依頼主だ。

 目の下の隈がまず目に入った。それから、こぎれいにしてある白衣、痩せた頬、最後にウェーブのかかった髪が。
 何が、とまでは言えないが、「ずれている」。一般的な感覚にない「何か」を持っていることは、第一印象からして良く分かる。
 そしてその予測が正しければ、彼女は間違いなく依頼主だろう。そうでなければ、あんな依頼を出すはずがない。
 正気ならば、あんなことを計画できるはずがない。

 閑散としところどころ崩れていても、不快感を覚えさせる汚さは一切ないその部屋は、まさにその女性を言い表すのに適切だ。

「P.M1時。定刻通り」

 女性が見た目より低い声で言うと、青年は頷いた。

「始めまして。『何でも屋』こと、Sascha Heynckes(サッシャ・ハインケス)です。貴女は――――」



                 //  /   :/ /     ノハ    \ ハ  \  ヽ
                /   /   ′/  /  /ハ    ヽ   |    ヽ  '
              /     |    | i   | ://    :| i  | :|│    i  |
.             /   /  |    | |    //   | ∧ i  | :|│    |  |
           |   :/   :|  ! ∧│   |//  │,' │i  | :|│    |  |
           |  /    |   i | | iハ i/    //―|‐|- | :∧|    :| |  '
           | i|   八 .:ハ|-八―∨    j/ -‐ |/| /|/ リ :/ :|i八  ヽ        Hanna Avery(ハンナ・エーブリー)だ。蒸信で送ったとおり
           | i|  │ \| ∨ -\八 :/ /  癶伐芥゙>/ / j小 \  \
           l: 八      ヘ癶乏芥 ∨|/   ` ー=彡 / /  八 }\ ヽ   \
           |/{ ∧  \   ト-=彡              , イ :厶イ ,ノ \ \  \
           ∠/ :\  {\ \    ::}         |/│:/トーr'´}      ̄`    )
                厶イ/ \ ∨∧ ̄    ヽ            レ'八 |     ヽ    /
             ∨   丶>ヘ               /{  ∨/      :}   /
             〈    ハ  }\      - ‐-      ' |八 j/      ,′ /
               \  /   ′ 丶、        /  廴_∨       /  ∧
                    ∨  ∨      }>       イ   |//  /  /  /  ヽ
              //    /     |─=个ー ´    / / /   /{  (    \
              _/ /    /     /|  /!      /〈.  / /  / / 丶. \    \
             ´   /    /      // │    / / / /  人:(>…───- 、 \
        /   /   /   /  乂    }   /__く / /{  { \    〉     \  ヽ
       (    (.  _/   / {/──--、  _ノ´  Y  {ハ  |             ハ  )
        ヽ   /   /   /  |              ヽ ∨ヘ. |        /    /  ∨
            \/   }∨i   ,ハ  i|              \|   \       /    /   |
          /   八│  {. ヽ八               \  `ー    /    /    :|


          /  /ィi{//////////////トミ/////////////////ミh、
         ,' /,ィi{////////////////| 寸//////h、゙㍉///h、゙㍉}h、
        ,'/ //jレ',ィi{彡ア'///∥'/ 寸、 寸/}h、//厶 `ヾミミ}h、`
       ,'//∥ ,',ィiア////ア  j{∥  ヾ、  `ヾミh、寸ム   `寸h,
.         ,'//∥,ィi,ィi{///∥'゛    l{{{  、  ` 、  `、`ヽ寸ム    寸
        /∥∥,ィi{//// ∥   i  从!   `、   `:、  ',   ヾム
.      /∥  ////// ,′  j|  从 、  `、  ':,   ;    Vi}
     ,ィ j{  /,'∥//′ ;    /i|   ':,  、   `、   ',  j    }j   }i
   / | j{ ∥ {/∥!  ,' /,'∥i|     ':, `、   ゙:,  , !i}     リ  圦
     | { ノ′从{ⅰ ′{ j l{ ヽ \__,,,,..、、、、、、 :, ', }i{ ;  i  V/ `
.       ',i{ { i{ jリ{ⅱ ¦  | 「¨¨`、¨゙\、、ヽ、 ':、 ゙, !从 i λ、 {、
      ゚。 ':, 、 从 }i ゙、 iⅰ   ', ∠_zz云zミh。,_} j/ } j| / ヽヽ`、/´
        ヽh、`、 ヽ{h、  ':,`、   フ彡xィ::::ッ::::ア }/  ノ' j/   `` `¨
         ヽ、ミ 、 `ミミ、\ミh。,_´ レ'゛ うこ ノ            ヽ-‐       どうも。よろしくお願いします。あ、これ。お返ししますね
           `ヽャ'¬^リ「`````  '^ヽ -‐'゛            `
             }i  ヽ

                   ,′                  u
         ! {   ι /
               ヽ、   ‐-
                    ̄`ヽ         _,,             , '
                   ヽ.,,__,,.r ''ア゛          ,:'   /
                       {`¨゛_,.          ,ィ(   /l|
                       `ヽ、        、‐^  `~/川
                         |     _、‐゙     /ノ川
                             丶,____,,、‐゛      ∥ノ川
                                       ∥lリl川
                                    〉l川川

                                         川川川
                                      ,ィ(川川川
                                 ,イ川川川川



 サッシャは返答して、懐から鳥の形をしたテラコッタを取り出した。手のひら大のそれこそが「蒸信」だ。
 蒸信とは、伝書鳩のようなものである――――違うのは、それは内部に小型の蒸気回転機を搭載した鳥型の機械であって、
 本物を模しながら本物より優秀に、それこそ片道に絞ればロンドンから遠くカリカットまで手紙を届けることすら可能にする。
 しかも、全く独自に、誰からの干渉を受けることもなく。
 エーブリー女史もまた、この「蒸信」を用いてサッシャのところへ依頼を送りつけたのだ。
 だが、確かに蒸信の中にはイギリスからインドまでの距離を単独で飛ぶだけの能力があるものも存在する。
 存在するが、それはロンドンの科学技術局で使われるような、現在出回っている中でも最高品質のものであり、
 内部に搭載された蒸気機関も最先端、フレームも軽い特殊な樹脂を使用しており、かつ形状も可能な限り飛距離を伸ばすように計算され尽くしたようなものだ。
 対して、今回サッシャの元に送り届けられたのは、粗雑な素焼きで包まれた、旧式の蒸信。
 形状も凸凹で、精々ラ・マンシュ海峡を越えてパリに辿り着くのがやっとの代物だ。

 にも関わらず、蒸信は今こうしてサッシャの手元にある。
 これが何を意味しているか、分からないサッシャではなかった。

「……」

 エーブリー女史は、それを無言で受け取り、長椅子の脇にそっと置いた。

「では、仕事の話をしようか。そこに掛けてくれ」

 サッシャがシェーズ・ロングに座ると、今度は女史が立ち上がった。

「今から資料を持ってくる……蒸信はプライバシーが確保されているとはいえ、万一のことを考えるとあまり多くのことは書けなくてな」

 そうして彼女は、のそりのそりと壁際に歩いて行き、サッシャから見て右側にあるドアから向こうの部屋へ去って行った。
 その部屋の様子は見えなかった。


 「失礼……」


 エーブリー女史が戻ってくるまで30分ほどを要した。その間、サッシャはずっとその場に座って待っていた。
 ようやく現れた女史はというと、何故か小脇にこんもりとペイストリーが盛られたバスケットを抱えていた。
 そして右手にはボトル、左手には二つのマグカップ。

 「……普段は一つしか使わないから、二つ目を探すのに手間取った」

 そう言って女史は、ボトルに入った紅茶を淡々とカップに注いでいく。

 トクトクトク……。

 「君がどちらの出身かは知らないが……英国人ほどは紅茶に拘ったりしないだろう。
 五月蠅い輩は、ただ、ポットからカップに移すまでに魔法瓶を経由しただけで文句をつける……」

 そして、両のカップになみなみと注いだ紅茶の一方をサッシャに手渡して、長椅子と長椅子の間、
 少し空いたスペースにバスケットを置いた。

 積まれたペイストリーの隙間からは何か黒いものがはみ出している。

              /: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : ヽ、: : : : : : : : : : ヽ
             ./ : : : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : : : : ヽ
             i : : / : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : i: : : : : : : : : : : : i
             | : /: : : : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : : : |
             .i/: : : : : |: ハ: : | : : : : : : : ハ: : |: : : : : : : : : : : : : : : : |
             / : : : : : |/ ヽ: |ヽ: : : : : :/ ヽ ||: : : : : : : : : : : : : : : : |
             | /|: : : : |  リ ヽ: : : :/  レ ヽ : : : : : : : : : : : : : : |
             .リ ヽ: : : :| 弋少  `ヽ! 代少  ヽ: : : : : : : : : : : : /
               ヽ: : |  ~~~      ~~~~  .|: : : : 丿从 : : : /
               .ノ : : !    /       .ノ: : : / .丿: : : : ヽ

               (: : : : ヽ   `      ∠ノ|/-イ: : : : : : : ヽ
        ,_f"ー-/"" " - - ,,、. - 、       /: : : : : : : : : : : : :ヽ      もし良ければ、どうぞ……。口に合わないかもしれないが
     . /,,, -、~ヽ「/        ヽ、    , イ/: :/: : : : : ∧: : : : : :)

     rイ"_,、 ヽ./  Hanna.A   / ヽ .イ  / /: : : : : : /: : : : : : : /
    トー´  ヽ /          /''''"/ |,,,,, -| /: : : : : : /|: : : : : /
    / ー―、/、/          /  /./ヽ、 / : : : : : /  .|: : : : (
    |   r / ./          /  ´{ ̄ ̄}f : : : : : : : |   |: : : : : \
    .!  \  "" " - - ,,    /    〉-イ´ |: : : : : : : :|  /|: : : : : : : :ヽ
    i   .ヽ ./ " '' - - ,, ,,`_ヾ    /  |.  ヽ、 : : : : |_/  ヽ : : : : : : : )
  __|    ノ/`i /  !,  /     /   |    ヽ: : : : !    ヽ: : : : : : ノ
  / r|    ノ |.| |  /  /    /   |/  / .ノ: : /      `ー― 、
  |ヽ |.`'''''''´ / | /  /   |    /   /   / レイ--,     /
  | `ー―イ  |/  i   |    /   /  /    /    /
  .|        .|   i   |   /   /  /   /    /
  |        |   |   |   /   /  /   /     i


 書類を取りに行っていたのではないか、とか、このペイストリーには何が入っているのか、とか、
 サッシャの頭の中に幾つもの疑問が浮かんで……サッシャは速やかに、とりあえず考えないことにした。
 今、会話を主導しているのはエーブリー女史だ。彼女が進めるのに任せておけば、いずれ本題にも辿り着くだろう。
 急ぎの用事があるわけでもないのだし、敢えて荒波を立てる必要もない。

 サッシャはペイストリーを手にとって、まじまじと眺める。
 10cmほどのところまで近づけて見ても、まだそのペイストリーの中に入っているものが何なのかは分からなかった。
 黒くて、つやつやしていて、柔らかそう。ペイストリーの中からはみ出しているのでなければ、きっとゴムだと判別しただろう。

 サッシャの額から、つぅ、っと、冷たい汗が流れる。

 シャクッ。
 勢いよく口に放り込んで噛み締めると、中からもわっと奇妙なタイヤのような香りが広がって、舌の上をバキュームのような渋みが蹂躙する。
 この、美味しくない手合いの甘みは、きっとリコリスに違いないと、サッシャは確信する。
 好きな人間はたまらなく好きな代物だが、どうにも自分には受け付けない。受け付けないというか、大嫌いだった。

 吐き気に近い感覚が喉元から噴き出すも、サッシャはなんとか無理矢理喉の奥に押し込んだ。
 それと同時に、目元からどろっと汗がこぼれ落ちる。いや、汗ではない。これは涙だ。


  /i:i:i:i/ 7 {i:i:i:i:i:{ ,′   }i}  \⌒ヽ\i:i:i:i} }/ }i:i:} ヽi:i:i:i:}  \  \
/i:i:i:i:i:i′′ {i:i:i:i:i:{     l }'    \ ‘, \( /′ }i:i:}  }i:i:ハ}    \
i:i:i:i:i:i:i:{{ {  {i:i:i:i{/  、_  {/ __  -‐ -∧       }i:/  ノイ /       ゜
i:/i:i:i:i:i{{ {   \ム   `¨~{  斗竺ニニ==ミ、    /'′  }      }   ト
/:i:{i:i:i:}    \ノ        { {/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}   }/     }  } }  i}   } }
i:i:∧i:i:} } 、 /\ }\     V{{i:i:i:i:i:i:i:f^j:i:i:i:イ     }         i}
ハ{ }i:i} }\斗-=ミ、:::} ハ \\=-  -=つ }   / / /   ′ 〉、 、_
 } }i:/ }::/     ∨イ  \ >= --      } /{ /i7イ / / /;;;;;>-{
     レ      ノ::i}   `~¨       ノイ __乂/ノイ  / /:}:;;/::::::/
 、  、 i{{   fう/:: {                   { /レ::::::/⌒}:::∧
、 \ \}≧=-≦.........〈   ‐=__ノ          u  ヽ( ::::::{:{  l::ハ \

 \   >-....................\:............      ‐ 、           }::::乂___ノ \
i ト 丶 、__  彡′.......................>= -- =ァ''7′        ,'::::/}  /\⌒ヽ
、}ハ  \丁.......................u...../   ´ ̄  /'        / ::,....}i /

  \   >=-.......................{{/    _ 。゜/           /::::/.....}、(
    ヽ(⌒ヽ...  ‐= 、........リ=-    _  イ         /::::/...... }
          〉'/⌒}}...........ヽ=‐........../         /:::::/ ....... }
        ' 丶_ '/............................./           /::::::/.............}
      /     /..............................(       ....::::::::/...................}
  /~} v  ¨ヽ / \...........................\  u/::::::::イ .............l..........}
/  ノ }._   ,      、..........................≧-‐=≦ .........../....... l..........}
ー‐'′ .ノ}¨ ヽ ′      マ=‐   ¨ ̄........................../..................... }___
  ヽ/   /   =‐ 、  ‘,:、\..................................................../}......}‐‐‐/
 /   /   /{   }  __∧__\   ‐=ァ................................/ ..... }‐‐/
<      / /   _   /  {‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐/ヽ........................./,′ }......}‐,′
   /  /   {  / ′ {‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐/........................... /    ......}/.


 「涙を流すほどに美味しかったのか?」

 そこまでのものだろうか、と言いたげに、エーブリー女史は首をかしげた。

 「それだけ喜んで貰えたなら、あの子たちもきっと喜ぶだろう」

 「……あの子たち、ですか? もしかして、この焼き菓子はお知り合いが?」

 口角を歪めたまま、サッシャは問いかける。
 子供が作ったものというならば、下手な対応をしなかったのは正解だった。
 もっとも、子供の作ったお菓子を訪問客に出すというのも、それはそれでどうかと思ったけれど。

 「ああ……。私の生徒だよ。始めは型に入れて焼くだけの単純なものしか作れなかったのが、今ではこんな複雑なものまで作れるようになった」

 そう語る彼女の声からは、その『生徒』を慈しむ気持ちが良く伝わってくる。
 声色は暖かで、今までとは全く違っている。恐らくそれが普段の彼女の姿で、先ほどまでの雰囲気は、『依頼』の件で気を尖らしていたものなのだろう。

 ならば何故、彼女は、そんな『依頼』をしようと思ったのか?
 サッシャは少し気になったが、知りたいとまでは思わなかった。
 そこはエーブリーの領分で、サッシャが踏み入るべき場所ではない。
 ましてやサッシャはまだ、エーブリー女史が何を望んでいるかの詳細すら知らないのだ。
 彼が蒸信を通じて聞いているのは、「聖杯戦争に参加して欲しい」という、たった一文の依頼だけなのだから。

 「……では」

 紅茶を空にした後、サッシャは姿勢を正す。

 「そろそろ話を始めましょうか。僕はまだ、ロンドンに来たばかりで、今、この町がどういう流れになっているかは知りませんが……
 『聖杯戦争』に参加せよ、というのは、いったいどういうことですか? 聖杯を確保せよ、ではなく、ただ、聖杯戦争に参加することをだなんて……」

 「……」

 神妙に。
 エーブリー女史の表情が強ばっていく。スイッチがゆっくりと切り替わっていくのだろう。
 慈愛に満ちた優しい女性から、悪巧みを企てる奇怪な女へと。
 その雰囲気の変貌に、サッシャも思わず身構える。

 「……?」

 しかし、次に彼女の口からフッと出た言葉を聞いたとき、

 「……ああ、そうだった。そういえば、資料を取りに奥へ行ったのだったな。すっかり忘れていた」

 サッシャの口からも、溜息のような重い息がゆっくりと吐き出された。


 ―――――

 ―――

 ―


 「……では、改めて。説明を始めようか」

 もう一度奥の部屋へ戻って、再び戻ってきたエーブリー女史が携えていたのは、鮮やかな配色の紙片二枚だった。
 サイズは、床に置いてあるバスケットとちょうど同じくらい。

 「それが、『資料』ですか? 資料と言うよりは……」

 中央にはロケットの絵が書かれている。宇宙空間に浮かぶ、円筒状の『ロケット』の絵だ。

 「ああ、『広告』。これは、今ロンドン中で貼られているロケット事業への『スポンサー』を募るものだ。
 ここに来るまでに見かけなかったか?」

 「いえ……」

 濃密なスモッグに気を取られていたせいか、サッシャにはチラシについて心当たりがない。
 もしかすると視界には入っていたのかもしれないが、霧に阻まれて認識まではできていなかった。

 「そうか。まあなんにせよ、だ。今、この町ロンドンはこの『ロケット』に湧いている……。
 ……霧に慣れない外邦の君には分からないかもしれないが……。
 猫も杓子もこの『ロケット』に夢中になっている。良くも悪くもな。大量の資金が動き、無数の思惑が交差している。
 大金を抱えている貴族たちから、路頭を彷徨く浮浪者まで、皆この話題の虜だ。そしてこの気勢が強くなってから、霧が一段と濃くなった」

 「確か、ロケット事業は以前から行われていたはずですが、どうしてそんなことに?
 ついこの間……と言っても、カリカットとここロンドンでは随分と時間差がありますし、もうとうに過ぎ去った話かもしれませんが……
 なんでも、月に基地を建設するのに成功したとか」



                 _, :´: : : : :_: : : : : : > 、

                   . :´: : : : : : : : 彡ミヽ: : : : : :ー=ミ、
                 / : ; ´ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                  / : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、'.
             / : /: : : : : : : :〃 : : : : : : ',: : :、 : : : : ハリ   イ
              / : /: : : : :/ : : ': : :/: : : : : : l : : :',: : : : : 、ー: ´:ノ       ……三ヶ月前の話題だな
           .ィ: : :; : : : : :; : : : ! : /: : : :}: : : l: : : :}、: : : : :ト、: く
  , -―――: : ´ : : : /: : : : : :!: : : :|: /:/: : :ハ: : : }、: :/ム : : : }  '. }       今ロンドンを湧かせている計画というのは、そこからもう一つ先に進んでいる
 /: : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : :! : : : {/:/: } / }: : / }:〃,ィ: : : :∧  リ

. {: : :,. ´  ̄ ` ー イ: : : : : : : :{: : : : :V: :ム' ‐ナメ .ム'くツ: : }/ : '.         『夏日星計画』というのが、この一連のムーブメントのメインテーマだ。内容はその名の通り……

 X(          / : : : : : : r 、; : : : : {ノ_ .ィfン´   、  リノ : : : :、
 {:トゝ       . ': : : : : : : : ヽ リハ : : :、  ¨´      , 〉 ': : : : : : : ヽ _    
 乂 _    .ィ: : : : : : : :ハ! : `ー}: : :、:ヽ、      _ , /: : : : : : :ヽー 、: ハ
 , :´: : : :  ̄: :ノ: : : : : :/: : }: : : : }リ从} `ヽ}   ∠ ノ /、_:_: : : : : : :}  }: : l
/: : : : : : : : /: : : : :/: : : :ノ : : : ノ: :/ ハ> .. _ . ∧ \`ー-<:l__.ノ_: :|

: : : イ : : /: : : : :/: : : :/ : : /. イ / '.       }   '.  ヽ     ;  V
: :/ {:/{:{: : : ; :彡': : :/: :r ´ ̄ /   ;  '.    /    ヽ   、  /   '.    ――――『火星への移住計画』
:/ 乂 `; : /: : : : :/: : : :| l   /   i!  ,ヘ _/__厂丁`ー` \ /    }
      /: /: : : :/: : : /:| l   /   l|  ハY⌒Y ノ  !      >     ,
     .' :/: : / : : :/ : : | 、  `ヽ  |レ'ヽ V/ム ∠ニ|  _ . ィ´/    〈ヽ
     {: ハ:イ: : : : イ: : : : :.〉 ヽ/   ! ,ィ77人//\  }   `ヽ V       } }
      '.{ {: {:{: / { : : : : :{   |     ,ィ//, ´  |ヽ//ヽ |   / ∨   / ∧
     X:、: :、{: : :ヽ: : : : |   |  ///    |  \/ハ  ./ニ=‐∨    / '.
    /: :ノ: : :ヽ< \ : |_ ,ィ/> ´      .|   /〉イ  /     !   /   '.
  / : イ: : : / `: ) ,ィ77//> ´ /      {  ///| /      .|   ,′    '.
./: /  !: : :/  }' /// ´:{   | ./       У//  !/       ハ          '.


 「移住、ですか。火星に」

 突拍子もない話だ、と思った。まるでフェアリー・テイルを聞かされているようだ。
 それに、暮らし向きに余裕がある貴族ならともかく、貧民層がそんな夢物語に興味を示すものなのだろうか?
 しかし、エーブリー女史の声色は迫真めいていて、語気にも時折強いものが混入する。
 ホラや誇張には思えない。

 「ああ。……ミスター・ハインケス。ロンドンに来て、何を思った?」

 「……正直に言っても大丈夫ですか? 酷い、と思いました。大気はこれ以上ないほどに薄汚れ、町の中は昼なのに夜のよう。
 ただ放置しておけば、そのまま眠りについてしまいそうに思えるところ、電灯が煌々と照ることによって、
 まるで死にかけの重病人に、気付け剤を打ち込んで動かしてるようです」

 「『酷い』。ああ、誰もが思っているだろうな。ロンドンの昔を知っているものなら、否、
 世界の昔を知っている者ならば、誰だって同じ感想を抱く。同じ事を思う。
 ロンドンは今、隙間無く広がる毒の大気によって支配されている。
 ここまで酷くなったのは、ほんのここ数ヶ月のことだ。以前は、もう少しだけマシだった。

 ……だからこそ今、ロケットが求められているんだ。こんな酷い世界から抜け出して、何者にも汚染されていない、
 美しき夏日星に移り住もうとね……。このロンドンに住むあらゆる者にとって、ロケットは言わば夢、なんだよ。
 現実があまりにも汚れているからこそ、目を背けて夢物語に浸りたい。

 大枚はたいて作るロケットに、貧乏人なんぞが乗せて貰えるはずがない。そうだと分かっていても、縋らずには居られないのさ。
 もしこの町を抜け出して生きて行けたら
 そうでもしないと、息をするのも難しいからな……この町は」

 「……」

 なるほど。ロンドンの様子が、以前来たときより増して奇妙に変貌していたのには、そういう理由があったのか……と、サッシャは納得する。
 スモッグ汚染が特に深刻なのはロンドンのみだが、イギリス、特にブリテン島の範囲においてはどこへ行っても汚い空気を吸わされることに違いはない。
 この汚染された大気から逃れるには、それこそ右も左も分からない海外に行くか、大金持ちになって煙をシャットアウトできる空間を確保するか……
 いずれにしても現実的ではないし、達成出来るかどうかは自分の努力にかかっているのだから、夢を見るには不適格な題材だ。
 ロケットは違う。ロケットは、自分にできることが(少なくとも平民にとっては)何一つない。何一つないからこそ、純粋な夢としてそれを見ることができる。

 「もっとも、大の大人がそんな乱痴気騒ぎに熱を上げているのをみると呆れすら感じてくるがな。
 子供がロケットに期待して、ビッグベン近くに設置された発射台の前に集うのはいいが……」



 V : : : : : : : : : /: : : /: : : /-//;:l: : : :l: : : : l : l: : : : ; : l/´: ://: :/  /:/: :l: : :/:ヽ : l: / : /:/: : : : : : : : :l
  ∨: : : : : : : :/: : /:_; イ´ //: : :l: : : :l: : : : l : l: : : : : : l;,/‐==-、 ./;イ: /: : :/: : :}: :l/: :/:/ : : : : : : ; : : l
  .',: : : : : : :/: : :´ ̄: : :',  ',./: : : :ヽ; : l: : : : l: :l: : : : : : :l/シ__ `''''==-:/ : /ヽ:l/i:/: : : : :; : : l: : ; l
   ',: : : : :/: : : : : : i: : : ヽ/: : : /ト, : l: : : : Vi: : : : -=-....、  _/シー{:/i: /: :/: : : :>==-/: : :,i: : /l: : l: l

    〉: : :/: : : : : : : l: : :/ : : ;/i  リヽ:l: : : : :}.l: : : : :lヽ、 ,fニ=..-ァ,-、 l:l l/: :/: : /ニ\/:/:/: : l: :/ .l: : ト、ヽ
  /:i: : :/: : : : : : : : l : : -イ:`ー-、 /  \l: : : l l: : : : :l: l `''''ー'--_,  ヽi: ://r...‐ァ-./ノ:/: : : l:/  l: : l ヾ、
/: : : : / : : : : : : : : :l : : l: : : : |: /ヽ    .|: i : } ', : : : :l l           l:/´ .`ー'- /: //: /:シ   .l: : ,
: : : : ;イ: : : : i : : : : : l : : l: : :/:lノ  '    l: l: :l ヽ; : : ト、          リ ,'     // ./: /-リ  .,': /
: : /: l : : : : l : : : : : ', : :l: :/: :l       l/}: l  .\: l            {    //  /: /    ./:,/
ー.': : : l : : : : l: : : : : : ', : l;/ : /    ,   ,′l }    `ヽ            |   /i/ /;_ノ.     /:./
: : : : /l : : : : l : : : : : : ',: l: : /     ヽ   ,リ                 l  ./: l        /ノ ……まあ、仕方ない。こんな町だ
: : /: :',: : : : l: : : : : : : ',: Y´       \                 ,r-‐' ./: : l.       ′
/: : : : ', : : : ', : : : : : : :',: ヽ、       \      、          /: i : : l          夢を見る権利くらいは、保証されて然るべきだろう

: : : :>'''ヽ: : : ',: : : : : : : ',: : ヽ、  ,      \.     `'''''''ー-‐   , '" : : /: : l
: :/   ヽ : : ', : : : : : : :ヽ: : ヽ、 i       .>、      -   イ´: : : : :/i: : /
´       \: ',: : : : : : : : :\: :Y l      /  ` 、    , <´: :| : : : //: :/
        ト,i: : : : : : : : : : :ヽ: V    /      r -: : : : : : : :|: ://: :/
        | Y: : : : : : : : : : :ヽト、  /ヽ、i    /\ヽ: : : : : : : : |´/_シ

        | .l:ヽ: : : : : : : : : : :ヽ\/    Y   /  ` ヽ : : : : : : ト、
        ノ  l: : i、: : : : : : : : : : ヽ/{    .',  /     \: : : : : ヽ\
       ,/  l: : :l ', : : : : : : : : : : |       .', `ー-、    }: : : : : : :\`Y



 そう語る彼女の雰囲気は、ペイストリーについて語っていた先ほどの語気と変わりない。
 僅かながら和らいだ表情と、落ち着いた声色は、サッシャに少しばかりの安らぎを与えた。


 「……なるほど。ロケットについては分かりました。今はロンドン中が、ロケット打ち上げ計画に湧いているんですね。
 いや、『夏日星計画』でしたか……。それは分かりました。ところで、それと依頼、『聖杯戦争』との繋がりが見えてこないんですが……」

 「君には聖杯戦争に参加することで、このロケット打ち上げ計画を頓挫させて欲しい」

 「……!」

 ぞくり。
 サッシャは、鳥肌が立つのが分かった。肌がぴりりと強ばって、手に震えが感じられる。

 「……えっと」

 聞き返すのも恐ろしいほどだ。この依頼主は、この女は、今、何と言った?

 「夏日星計画は、『夢』なんですよね?」

 「そうだ」

 「反対意見も強いと?」

 「水面下ではあるかもしれないが、多くはないな。ロンドンでは八割方がこの計画を歓迎している」

 「そんなロンドン人の『夢』である、夏日星計画を?」

 「潰す。聖杯戦争に介入することによって、再生不可能にする」

 手の震えが止まらない。自分は今、恐るべきテロリストと対峙している。
 危険だ。危険すぎる。
 願望機を使って、ロケット計画を失敗させるということか? 或いは、英霊を用いてロケットを破壊するということか?
 いずれにせよ、そう簡単に計画がうまく行くとは思えない。ここはロンドン。時計塔からもそう遠くはない。
 下手に騒ぎを起こせば、時計塔の魔術師たちが大挙してやってくるだろう。
 仮に成功したとしても、その後の命の保証は? ロケット推進派にばれて、命を狙われないという保証は?

 「……ちなみに、下賤な話ですが……幾らくらい貰えるんでしょうか?」

 「70ポンドほど用意した。手付金で20ポンド。目的が達成されたならば、後から残り50ポンドを渡すことにしよう」

 割に合わない。何となく察していたことではあるが、サッシャは改めて実感した。
 決して少ない額ではないが、一つ間違えれば、死ぬならまだ良し、最悪の場合、一生を実験体として終わることさえあり得るような試みだ。
 しかもそれだけのリスクを背負って尚、ロケットが発射されてしまった場合は――――取り分は大きく削られてしまうというのだ。

 「……危険な仕事になりますね」

 「そうなるだろう。やめるか? 随分と震えているように見えるが……」

 「いえ」

 この震えは恐怖だ。そして同時に確信だ。
 きっと自分がやらなくても、エーブリー女史は別のルートで聖杯戦争への介入を試みるだろう。
 彼女の語調からは、そんな揺るぎない信念を感じる。何を根拠にしているかが定かでなかったとしても、その意思は盤石だ。
 もし、そうであるならば――――『サッシャ・ハインケス』の干渉が、世界の流れを変えないというのであれば。

                 __,,...,,_
                 _、‐zィ777h、ヽ、
              / /イ/////人ヽ`、

                ーァ∥(∧/ iヽト\  \
              { {{λヽ、ノ人ヽ} }i } )
                '乂弋ッミ从r ッティハト
                   八  、,    /ィ゛
                _、、、h、 ‐‐ /)ニ)
             /iアイニ}iー,.ィ(ニ/゙ト、
                } }、く∥ニニニ㌻ ト、\          ――――僕がやらない理由はない
               {ハ´ j|`ト‐=ニア ー== \\
             「「l j|:i|:i:i:i:ア  冫 _、ヽ`  ',
              l | l |:i|:i:ア _、‐゛ァ'゛    、/            ……その危険を、僕が背負わない理由はありません
               ∧! |/ア、‐'/ /    、`ノ
              ,゙ l| }ヽ` / /    /、`
             j{ ヽ i |   ∥ {  / /
           /`ヽ}} }  、 {i∨/   /j
             }   丶h。,___У゛   ,゙「          願望機だろうと、ラッダイトだろうと。なんだってやって差し上げましょう
          ヽレ>ミ∧.,][_/     弋ヽ
           l´ _,ノ{∥ ̄}    /  ` 、

           レ'´ ̄\  ,゙    /      ` 、       僕は『何でも屋』ですから
            ,イ   ヽ八/   、`         `、
         、 ` {}`i  ∩/、  、`         `、
.        /   `ーL|_l::/⌒``7            `、
     /       レ^、、____,′              `、
.    、`         /   `T''′            `、
   、`         { _   |               `、
  、`          } }心 /                `、


 その危険は、自分こそが背負う必要がある。サッシャは確信していた。
 何か根拠があるわけではない。ただ彼は、危険が存在するのならば、そここそが自分の居場所であり、
 それ以外は仮住まいにしかなり得ないと、心の底から信じていたのだ。

 「……よろしい。では、続きの話をしよう。意気込んでくれたところ申し訳なくもあるが……
 実は、聖杯戦争に参加して貰うのはそうなのだが、願望機を取って貰う必要はない。ラッダイトも行う必要はない。
 君はただ、聖杯が特定人物の手に渡らないようにしてくれれば、それでいい」

 「……と、いうと?」

 「実はな、今回君に参加して貰う聖杯戦争の主宰は、『夏日星計画』を進めている張本人――――
 ロケット推進派たる王立研究所の人間によるものなのさ」

 「……?」

 サッシャは、直ぐには事情が飲み込めなかった。
 何故? どうして、ロケット推進派が、聖杯を得る必要がある?

 その疑問を始めから理解していたとでも言うように、エーブリー女史がすぐさま補完する。

 「実は、このロケット計画は今のところ『失敗が確約されている』。時計塔の占術師が、そう、予言した。
 その運命を変えようとして、王立研究所と一部の魔術師が結託し、聖杯戦争の真似事を起動した。
 君に頼みたいのは、その聖杯戦争の妨害だよ……」


                |                _______
                |                |.|''''''''''''|.|'''''''''''''' |.|

                |                |.|   .|.|     .|.|
                |                |.|   .|.|]    .|.|
                |                |.|   .|.|     .|.|
                |                |.|---- |.|----- |.|

                /|                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              / ヽ〃______

             i'´ 〃´          /|_____________________
             | ´          / /
             |_______/ /

             |_______|/
            /
           /
         /
        /
      /

     /
    /
  /



 通された部屋は、最初の応接間? から、左手側に位置している。
 小さな部屋で、ベッドと机、椅子が一つずつあるだけの簡素なインテリア。
 壁は薄く、ところどころ禿げている。窓の向こうには、先ほどと変わりない傷ついた大気が広がっていて、
 外れかけた窓硝子の隙間からくすんだ空気が忍び込んでいる。
 サッシャはポケットから、今度はねずみ色のチューブを取り出すと、中身の軟膏を空いた隙間にぺたぺたと塗りつけた。
 すると、少なくとも目に見える範囲では、汚れた風が室内に入ってくることはなくなった。

 「……ふぅ」

 上着を脱いで鞄と一緒に机の上に置き、ベッドに倒れ込むと、同時に煙のような埃がもわっと広がった。
 どうやら、随分と前から使っていなかったらしい。

 「……」

 天井をぼんやりと眺めながら、サッシャは今後の行動を考える。
 サッシャの専門はウィッチクラフト。その中でも、生命力を強める調合術に長ける。
 それらの魔術を行使するには、原料が少なからず必要だ。ある程度の霊薬は調合して持ってきているし、材料についても稀少なものはある程度持ってきたが、
 その他一般のものは全てこちらで調達するつもりだった。

 しかし、予想外に天気が悪い。幾ら煙避けの霊薬を持っているとはいえ、あのスモッグの中を歩かなければならないというだけで気が滅入る。
 ある意味ここに辿り着けたのも奇跡のようなもので、

 お金については、聖杯戦争が開始するまでは渡し忘れの危険もないだろうということで、ひとまずは8ポンド、当座の資金として受け取った。
 ロンドン慣れしていないサッシャが残りを持ち歩くと盗まれる可能性もあると思ったので、女史に預かって貰うことにしたのだ。

 「ここから市場までは……しばらく歩くのか」

 食料も一応、調達しておきたいが、果たしてこんなスモッグの中、露天に晒された食品は食べて安全なものなのだろうか。
 どこかレストランを見つけて食べるのが賢明かも知れない。……まともな調理設備があるかも怪しいし。

 しかし、先ほどまで自然に会話していたが、「聖杯戦争」「時計塔」という言葉が当たり前のように飛び交うのも、本来ならばおかしな話だ。
 彼女はやはり魔術師なのだろうか? しかし、服装や彼女が放つ雰囲気、その興味の対象からは、科学者然とした雰囲気をも感じる。
 少し気になっていたが、聞きそびれてしまった。
 これについては好奇心より優先すべき個人領域(プライベート)などというよりも、実益に関わる必要な情報だ。
 後でちゃんと、聞いておかなければならない。


     | | | |::::::::|:::::::::::::::::::...: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |     //::
     | | | |::::::::|:::::::::::::::::::::::..: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |   //::

───┘└i |ヽ::::|:::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |   //::
────ノ  |::::ヽ|::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |  //::
    / /|ヾ::::|::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| //::

───    ┤::ヽ|::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| //::
─────┤ヾ |::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : /~ ヽ : : : : : : : : : : //::
┌──┐  |\ ゝ::::::::::::::::::::::: : : : : : : ∥ ∥ : : : : : : : : : //::
│[][]│  |::r::::|::::::::::::::::::::::: : : : : /干~~干 | : : : : : : : : : |
│ΠΠ│  |::|::|:|::::::::::::::::::::::: : : / イ干~~干 | : : : : : : : : : |
│| |..| |│  |::|::|:|::::::::::::::::::::: ::// | ∥ ∥ | : : : : : : : : : |
│|_|..|_|│  |::|::|:|::::::::::::::::::::イ/ _| ̄ ̄ ̄ ̄| : : : : : : : : :|
└──┘  |::ヽ!|::::::::::::::/ イ_|/| ̄ ̄ ̄ ̄/:: : : : : : : : |.

          |:::::::|::::::::://_|/ | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ : : : : : : : : |::..
          |:::::::|:::://_|/|/.|;;;;| : : : : : : : : : : : : : : : : |::::::..
          |:::::::|::// _|/|/,.‐´L⌒| ̄ ̄|⌒ヽ : : : : : : ::|:::::::::::::::
          |::::::://|_|/|/ /  ,.────ヽ `'、 : : : : : :|:::::::::::::::
          |:::://:::|/ /  ,i´ ,i´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'、 \ : : : :|:::::::::::::::
─┬───┬───┬、 . /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\  `: 、: :|:::::::::::::::

  │      │ ̄~/.|:::/| ヽ;;;;;;;;;;/ ̄ ̄ ̄ ̄\;;;;;`:、 i、: |:::::::::::::::
  │      │ ̄/ |::| | ,i;;i、;;;;;,iヾ ; ;ゞ|     `:、;;l_..l : |:::::::::::::::
  │    ┌│~/:::::::|::| | |;;;;l;;;;/::|;" "         l;;;|   |: :|:::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!──、 l;;;l:::| ̄|``'.、     │[二二]::|:::::::::::::::

────┬────┬ヽ;;;;;;;l:::|  |∥|       ヽ├┤: :|:::::::::::::::
────┴────┘  i_;;;l:::| |  /        |;;;;|  |: : |:::::::::::::::
_________,_:::::::::::│l:::|─!/....       |;;;;|─|: : |:::::::::::::::
        |       i: : :l:::::::::l::::|/::::::::::::::::......ヽ |;;;;|  |: : |``'‐.、
ー───┴──┴ :: : l:::::::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ┘| ̄ |: : | / ̄ ``

______      :::::::l::::::::::.i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::ヽ | , ‐´─/ √|::::
::::::::::::::::::``'‐|_├─イ:/::::::::         ::::\\::::::/  l:::::/::::::
     :::::::::::::::``'‐──ノ               ハ ヽ ノ─ヽ:::::

          _,,.. - ´                 )_〕 }  ヽ:::::::::
      _,,. - ´                     / 丿 ) 丶
 _,,. - ´                        / . / f

                            / 〈
                           /  /
                          /─ /. : : : : :


 「……」

 予想通り。露店が並ぶ市場の区域にも、スモッグの帯は変わらず漂っており、そんな中でも野菜やら魚やらがそのまま野外に並べられていた。
 当然、綺麗なものを見繕っても塵がびっしりとこびり付いている。余程綺麗に洗わないと取れそうにないし、そもそも、洗ったからと言って食欲は湧かないだろう。
 道行く買い物客は何も気にせずそんな野菜たちを買っていく。そんな姿が、サッシャには異常にしか見えなかった。
 しかし、ロンドンに来て、今までで一番多くの人が行き交う通りである。人と人とが絶え間なくすれ違い、喧噪で往来は賑やかだ。
 鋭い光を放つ貫通ガス灯も、今まで通ってきた道よりも更に煌々と輝いている。
 人の流れに合わせて風も多少揺れ動くので、スモッグも心なしか、薄い気がする。

 そんな場所だと、スモッグを取り払ったありのままのロンドンという都市の姿が、今までよりは鮮明に目に映って、
 同時に、ロンドン全体がこのスモッグを日常のものとして受け入れている姿もありありと目に映る。
 まるで自分の方が奇妙な行動を起こしているかのようだ。深く考えると頭ががんがんしてくるので、サッシャは考えるのをやめた。

 「お兄さん、これ、安いよっ。今だけ、特別、五つで6ペンス!」

 「あー、えー、はい、どうも……また機会があれば、あはは……」

 得意げに塵だらけのジャガイモを掲げる店主に愛想笑いを浮かべながら、サッシャは市場を前に進んでいく。


 ――――――

 ――――

 ――

【今日はここまでです】

【明日か明後日に、続きを投下】

ハンナさん最初から味方っぽいってことは七家での家系は陣営の組み合わせにはあんまり関係ないのかな

                  , -‐-.....、.
                ,.'::::::::::::::::::::::ヽ
             i::::○:::::::○:::::::.!.
              i:::::::::::::::::::::::::::::;'
            ヽ:::::::::::::::::::::,/

                 `ー-- ´''‐ 、,__,,             21:00くらいから、書き終わってるところまで。
           ,. -‐‐'";...'!,;-'"‐'"´   `ヽ
          ./  .,.'    ,     ノ,.-   }
          ,! _,.!、   i!  _,._ /"  ノ ,!'          プロローグだけで燃え尽きそうな長さしてんなお前な
          ,}./=-、ヽ_,. '"'"´  7.  ,i ,i
          i ,戈-'"´   ,. -‐'''‐.、'´ /
          .!.7 _,.   ,/;;;;;,,,,   .,;i'
          .'i,;;;;;'_,,.. ;'"`' ‐.、.,,__,,.、,..ノ    >>612 全く関係ないです。七家キャラからはあくまでガワだけ借りてるだけなので
          `"´,! ! '"i!ヽ ノ ,/

            i. !  i!  /  i           例えば元々夫婦だったキャラ同士が同時に出ても、夫婦設定は確実に消えます
            / /" .i! "'! ., '、
           rソ_ !  i  .ノ /_,,..!ヽ

                  , -‐-.....、.
                ,.'::::::::::::::::::::::ヽ
             i::::○:::::::○:::::::.!.
              i:::::::::::::::::::::::::::::;'
            ヽ:::::::::::::::::::::,/

                 `ー-- ´''‐ 、,__,,                 それでは開始。途中、一人関係ないのでてきますが彼は本編とは別物です
           ,. -‐‐'";...'!,;-'"‐'"´   `ヽ
          ./  .,.'    ,     ノ,.-   }
          ,! _,.!、   i!  _,._ /"  ノ ,!'
          ,}./=-、ヽ_,. '"'"´  7.  ,i ,i
          i ,戈-'"´   ,. -‐'''‐.、'´ /
          .!.7 _,.   ,/;;;;;,,,,   .,;i'
          .'i,;;;;;'_,,.. ;'"`' ‐.、.,,__,,.、,..ノ
          `"´,! ! '"i!ヽ ノ ,/

            i. !  i!  /  i
            / /" .i! "'! ., '、
           rソ_ !  i  .ノ /_,,..!ヽ

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━


 サッシャ・ハインケスは、危険というゆりかごに育てられた。
 典型的な魔術師であり、かつ安定した土地基盤を持たなかった両親は、独自の調査によって世界中から自分たちの魔術に最も適した霊地を探し出し、
 元々住んでいたドイツからそこへ移住した。
 その場所は未だインドへの支配を強めようとする大英帝国と、あくまで抗おうとする現地勢力との戦闘が続く場所だったが、夫妻は躊躇しなかった。
 彼らには生涯掛けて果たすべき『崇高な』目的と、身を守れるだけの力、そして周囲でどんな犠牲が起きていようとも意に介さない精神が備わっていたからだ。

 だが、夫妻は彼ら自身の息子のことをすっかり失念していた。
 如何に夫妻がその凄惨な地域においても身じろぎせず研究を続けられるからと言って……彼らの息子まで同様ではないということを。

 追憶。幼き日に、少年は目にする。
 つい先ほどまで一緒に遊んでいた友達が、帝国の砲火によって跡形もなく消し飛ばされるのを。
 命が、あまりにもあっけなく潰えていくさまを。
 誰かが爆風に飲まれてしまうと、もう二度と、その人とは会えなくなるということを。
 少年は理解する。
 命が消えていく一連の流れを目にして尚、立ち向かうことができず、逃げることしかできなかった自分のことを。
 『逃げること』だけはできてしまった自分のことを。

 少年は、歳相応に臆病だった。だが、両親からの教育によって身につけた魔術によって、歳不相応な力を持っていた。
 だから逃げることが出来た。

 戦争に巻き込まれるのは恐ろしい。だが、失われた命から目を背けるのも恐ろしい。

 少年は幾度となく戦場に赴いた。救えなかった命を救うため。
 けれど、誰一人として救うことはできなかった。いざ、戦局に出くわすと、足がすくんで動けなくなった。
 そしていつも最後には逃げることしかできなくなっていた。逃げることだけは、容易く成し遂げられたのに。

 深入りの度合いは、年を経る毎に高まっていった。
 最初は戦場を遠巻きに眺めているだけだったが、2年目には帝国軍の視野に入るようになり、4年目には帝国の戦線と対峙するようになり。
 6年が経った頃には単身で本陣に突入することすらあった。
 それでもやはり、誰もを救うことはできなかった。肝心な時になると足が震えて、撤退を余儀なくされていた。

 そうして、何度もの戦場をくぐり抜けていくうちに、少年は青年となり、そしてその肉体は、飛躍的に強くなっていた。
 何事もなせぬままに、青年は、無双の強さを手に入れていたのだ。
 また、両親から教わった魔術の腕も、それに従って伸びていた。
 しかしその魔術の方向性は、根源を探求する魔術師のものとは違っていた。
 それは、より実利と実用を重視した、そう――――魔術使いのそれだったのだ。

 自分の道が、両親が目指すそれと相容れぬことを理解した彼は、17歳の夏に家を抜け出した。
 帝国の閉廷作業が一段落を迎えた――――即ち、抵抗勢力の全てが捕虜になるか殺されるかした、秋のある日のことだった。

 相容れないと理解したのは、道だけではない。強迫観念に縛られて戦いに身を投じ続ける中で、青年は徐々に、自分自身の肉体が、価値観が、能力が、
 尋常ならざる状況に最適化されていくのを感じたのだ。
 今の自分が、争いや危険に対して極めて優秀であれることを青年は知っている。
 しかし同時にそれは、平穏な世界においては、彼のような存在は必要とされないということでもある。少なくとも青年はそう考えた。

 そして、この集落にはもう「争い」も「危険」もない。
 全ては終わってしまったのだから。

 ならば、自分の居場所もまたここにはない。

 世界が広いことは知っている。世界中から争いがなくなるなんてことが、ありえないことも知っている。
 ならば、自分がいるべき場所は、ここではないどこかに必ずあるはずだ。
 何かを為そうだなんて、大それたことは願わない。だって自分は、結局何もできなかったのだから。
 だから、せめて「空気」のようにいられれば。
 自分という磨がれてしまった刃が空気のようにいられる、そんな「危険」に満ちた場所があれば。もうそれで十分なのだと。


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━


 その市場は食品が主のようで、サッシャが食料調達のついでに探していた魔術用の小道具は、全く見つけることが出来なかった。
 蜜蝋や、獣皮、金属類、そして肝心要の犠牲用の獣など……一通り揃えるためには、やはり専門店を別個に探さなければならないようだ。

 しかし食品に関しても、一通り揃っているとはいえ、並んでいるものは皆揃いもそろって煤だらけである。
 中には全体が真っ黒に覆われていて、元の姿が見えないほどのものもある。

 (ロンドンの人たちは、あんなものを食べるのに抵抗がないのだろうか……?)

 大気がこんな有様では、食べ物も贅沢を言っていられない……というように、理屈が通らない話ではない。
 どう運搬してもスモッグの付着は避けられないから、もう諦めているのかもしれない。
 上層市民ならば手の込んだ手段を使うことによって安全な食べ物を調達できるのだろうが、下層市民にはそうできることではないだろう。

 ふと足を止めて、目の前にあった店のキャベツを手に取ってみる。黒いつぶつぶが、繊維の隙間に深々と刺さっていた。
 洗って取り除くのも骨だろう。こんなものばかり食べていたら、夢や希望もなくなるのも無理はないのかもしれない。
 そしてこんな世界から抜け出したいと願い、何にせよ届かぬ場所にあるロケットの幻想に縋るのも、仕方ないことなのかもしれない。




       _____ ノ___

       _,.、rセニ≦三三三ミh、
     / ,ィi//////ヽ/////ム、\
   、`ィ i㌻/////ヽ/j∨/ハヽハ ヽ``ト--'′

   ,゙ 从〈 ,゙ {/{∨ ; }リ }}从} }从}リ、 ゚。
  ノjj ∥ミミ/八 !人ノ,゙ 八リリ ,゙jレ゙ノ }i ',
-‐彳リ {i 从( ノ川{ ∥//__,必ノ=彡丿ハ ト、

 .ノイ{八i从Уイ 乂Vノ_ノ/_ノ  ノ 彳ノ′
   乂、 V h、_乂ヽ\  ̄、.,,_彡ヘァ/
     ヽヽ}iリ i        _ >
      )//;¦ ゚。         /
      / : i   \    ¨ア                (そして僕は、そんな人達の縋る先を消し去る手伝いをする、か……)
.     ,心、 j:ⅰ   ミh。,___/
   _.ィ(ニニ}h、!    _/ム
ニニニニニニニ|! /ニニニ|

ニニニニニニニレニニニニ}h、
ニニニニニニニニニニニニニ}h、、、
ニニニニニニニニニニニニニニニミh。,_
ニニニニニニニニニニニニニニニニニ}i
ニニニニニニニニニニニニニニニニニム
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニム
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ′
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ{


 キャベツを目の前に抱えたまま、サッシャは少し考え込む。
 そういえば、何故エーブリー女史が「火星移住計画」を潰そうとしているのかを聞くのを忘れていた。
 彼女の言葉に気圧されて、呑まれたせいか、どうも色々と抜けている。これも後で確認をしておかなければ……。

 「ねーえ? 買わないのならそのキャベツ、アタシが貰っていいかしら?」

 背後からの声に振り向くと、40代くらいの女性がサッシャの背後で仁王立ちしていた。
 煤避けのボンネットを被り、目には分厚い防塵眼鏡をつけている。

 「……っ、あっ、はい。すみません」

 サッシャは慌ててそのキャベツを彼女に手渡す。並んでいる野菜をよく見ると、なるほど確かにキャベツは残り一つだけだった。

 「ねえ、これ幾ら?」

 「7ペンス」

 「高いわね! もうちょっとまけなさいよ!」

 サッシャを挟んで、女性と店主の値切り交渉が始まった。女性のキンキン声が耳に辛い。
 サッシャは横からそっと脇に逸れて、その店の前から立ち去った。


 行けども行けども、あるのは煤だらけの野菜、肉、魚……。
 通りすがる買い物客は躊躇なくそれらを買っていくが、サッシャはどうしても手が伸びなかった。
 場の雰囲気に流される、にも限度がある。

 そうこうしているうちに、サッシャは市場の西端に辿り着いてしまった。
 東側からまっすぐ約1km歩いて、結局何の成果も得られなかったということだ。
 スモッグが濃いことだし、見落としも多少はあるだろうけれど、もう一度見回る気はしない。
 仕方ない、レストランでも探すか、と、サッシャが市場から出ようとしたその時だった。

 「……君、旅行者かな?」

 目の前に、小太りの中年男性が現れた。
 汚れた作業着を身につけて、にやにやと笑っている。

 「……? どうしてですか?」

 自然と、警戒態勢を取る。自分が旅行者だと知って近づいてくるならば、そこにはきっと裏の魂胆がある。
 隙を見せれば何をされるか分からない、と思ったからだ。
 ましてやこの男の雰囲気、如何にも胡散臭い。

               __
              r'´, ‐- 、__`,ゝ、
                l 〈_ ,.二ニ'"、__ヽ
.              lr,コ|:  ‐-,  、-`|
              ,||l_||;.ィ、 {.___,ハ__|
          _./ |`ァ|:: |.ドニニニニ,.||                    市場をきょろきょろ見渡して、それでがっかりしたように顔を背ける。
.    , ぐ´ ̄_│ :|/ハ::ヾニニニニンノ
   /   Y'゙´  |   | ゙  ` ー--=イ\                    そりゃあだって、分かるさ、異様だもの。君の立ち振る舞いは、ロンドンに似つかわしくない。
.  /゙ヽ、│    |  ヽ   :::::::/| | \\
  /゙ヽ、  |    |  ,.へ、.__./ ヘ、|  \〉、                この霧に翻弄されてる……バレるに決まってるじゃないか。そうだろう?
. 〈. n∩nl,、   l_/  oヽ;:::/__  ヽ!   / }、             n  _.,、_
. /゙ソ| || ||∥|          V        / / l         ノ ,h_| | |.|
/,rヘl    ´/        ノ      / ,.r',ニヽ、      r'~ j |////
!{  `  イ           〈 o   /7'ー‐/ / / ,二マ.     /` ーァ─ '´
ヽ.    /           ノ  ,〈〈__o/\'./ /  ,.ゝ-‐''"    /
  `ーァ ´         ノ  〈 `ニ7   `'ヘ. /       /


 「……」

 自覚はなかったが――――と、サッシャは自分の行動を振り返る。
 確かに、ロンドン市民が皆煤だらけの食材になれているのならば、それを拒絶するような者は旅行者か、上流階級の人間だ。
 そして上流階級がこんな市場に来るはずがないから、サッシャが旅行者であるという推理は成り立っている。

 少し、気を抜いていたかも知れない。
 如何に文明の最先端といえど、否、文明の最先端だからこそ、ロンドンが抱える闇は凡庸な都市とは一段違う。
 サッシャが黙り込んでいると、男性は慌てて手を振って見せた。

 「いやいや! そんな、警戒しなくていいんだよ! 私は別に、君を取って食おうってんじゃないんだ……。
 ただ、食べるものがなくてお困りのようだったから、いいところを教えてあげようかと思ってね……?」

 「いいところ……? ですか」

 「そうさ。ここに並んでるのは汚いだろう。食べる気がしないだろう。市場の中を探しても、君が求めるものはどこにもない。
 だけどここから市場を出て300ヤードほど行ったところで、私は旅行者用に綺麗な食材を売っている。
 もしよければ、案内しようと思うんだけど……」

 胡散臭い。しかし、視界を埋め尽くすスモッグまみれの野菜にうんざりしていたサッシャは、その提案に乗ることにした。
 態々、旅行者だと分かった理由を説明してくれたくらいの人だ。もしかすると本当に善意でやってくれているのかもしれないし、
 単純に、綺麗な野菜は値が張るのでロンドン市民には受けが悪く、旅行者を当てにするしかないのかもしれない。
 仮に人目のないところに連れ込むことが目的だとしても、返り討ちにする――――少なくとも逃げおおせる自信は十分にあった。

 「……そうですね」

 「ああ、ううん。勿論、時間に余裕がなかったらいいんだよ? あくまでもし良ければ、ってだけだから……」

 「いえ。時間は大丈夫ですし、教えてもらっても良いでしょうか?」

 「! よし、分かった! それじゃついてきて、案内するから!」


 男性は市場の出口へと歩いて行く。サッシャもその後に続いた。
 その時、サッシャは気づいたことがある……男性が市場を出たちょうど同じぐらいのタイミングで、自分に連動して動く人影が生まれたのだ。
 先ほどまではつけられていなかった。今は一定の距離を保ちながら、サッシャと男性の後を追ってくる。

 幸い、気づいていることには気づかれていないようだ。サッシャは、警戒しつつひとまずは放置しておくことにした。
 何か動きがあれば、その時に対応すれば良い。


 市場を抜けると、鋭い光を放っていた大型貫通ガス灯がなくなって、一段淡い光のものになり、人通りも少なくなって妙に静かだ。
 それだけに、自分たち足音と、背後から追い掛けてくる謎の人物の存在感が際立って感じられる。

 「さて……ついたよ」

 男性が立ち止まったのは、市場を抜けた先の商店街、その一角にある二階建ての店舗。
 「GENUINE FOODS」の立て看板と共に、大きなスコーンの飾りがついている。

 店内に入ると、レコードの暖かな音色に迎えられる。
 サッシャは音楽に疎いので良く知らないが、とても気持ちが落ち着く音色だった。

 そしてサッシャは店内の様子を改めて俯瞰する。
 目の前には硝子張りのショーウィンドー。その中には、野菜だったり肉だったりがいずれも綺麗な状態で並んでいる。
 先ほどまで散々汚いものを見てきたせいか、サッシャには実際以上に輝いて見えた。

 「どれも今日取れたばかりの新鮮なものばかりだ。例えばこのバラ肉なんか、この一塊でなんと10ペンス(3000円相当)だ!」

 「……ああ、やはり少し値が張りますね」

 「まあ、綺麗なものを調達するのはお金がかかるんだよね。それは、仕方ない。
 申し訳ないけれど、そこは堪忍して貰わなくっちゃねえ。でもその分、味と安全には保証するよ」

 確かに、市場のあの惨状を見ていると、多少高い金を支払っても、ちゃんとした素材を手に入れた方が良いのかもしれない。
 この様子を見るに、レストランなどを仮に探し当てたとしても、そこで振る舞われる料理は元々スモッグ塗れだったかもしれないのだから。


             _,,.、、xxxx、、
            _、丶zzミ{レ77ァァッ、丶、
        , '_,ィ////,ィ////////ミh、\

       /ア///////////ム寸//ム` \
.      / //7////////////,'} 寸/ムー トー

        ,' j'//////////リ/// ノ  ∨'从 ヽ
        } リ {////ハレレ'// { λ,,.i }Vリ }ヽ
     ノ(/ { ∨/从      ノ云ヽ !  i /
.     / { ', ヾヽ{/云/ヽハ,' / いУノ∨ヽ                            どうも。じゃあこれと……これと、あと、これを
.       \ヽ、 {∠ い ヽ     ´|ノ                  _
         )ハトミ=ー      _     !      _,,,、、--―''''''`` ̄  |
                `、     `_,,..、 /|         |           |
             ヽ、 ´   , ' ト、     |           |
             ∧}}ミh。、、'   /'∧丶、    !               |
            ノ}/ミh、    ,イ///}  ㍉z、、|              |
     ,,、-ヘ_,、イ〈 {////ミh。,イ////∥ ,ィiレ'゙ |              |
 ,--ァ''″   `、,〈    V//////////,∥  寸h、 |               |
丶`       寸}ミh。,,_//// Г ̄∨//     寸h、i|           |




 ジャガイモ、オニオン、ベーコン、トマトなどを適当に見繕う。値段は気にしないことにした。
 幸い、懐だけは潤っている。

 「はい、どうも。合計で3シリング7ペンス」

 ガサ、ガサ。
 男は硝子ケースの横の通り道を伝ってカウンター側に回り、慣れた手つきで食材たちを紙袋に包んでいく。

 あっという間に、片手で抱えられるサイズのパッケージができあがる。

 「3シリング7ペンス……えーと……細かいのないので、10シリングからで……」

 サッシャが財布を取り出し、紙幣を硝子ケースの上に置こうとした、その時だった。
 ばたん、と大きな音。ドアが勢いよく開けられて、外から誰かが入ってきたのだ。
 驚いたサッシャは肩をすくめながら振り向いて、入ってきたのが誰かを確認する。


 それは20代半ばほどの女性だった。そして、サッシャはその女性に見覚えがあった。
 が、その女性がここにいる理由は分からなかった。
 もしサッシャが思い浮かべている女性と目の前にいる女性が同一人物であれば、
 彼女は、ここにいて、こんな風に話をしているはずなどないのに。

 「待ちなさい、サッシャ君」

 そして、彼女もサッシャのことを知っている体で話を進める。
 サッシャは、まだ確信が持てなかった。口調といい、声色といい、恐らくは想像と同一人物だが、しかし、彼女だとすればここにいるのはおかしい。
 
 まるで、先ほどまで談話でもしていたかのように、彼女は男とサッシャの間に割り込んでいく。

 「……ええと、君は誰だ?」

 男は途端に不機嫌そうな顔になった。その表情を一瞥してから、男の質問には答えずに、女性は、サッシャの方を振り向いて言う。

 「この店は、旅行客をカモにしてぼろ儲けしてるあくどい店よ。ロンドナーはこの店には絶対によりつかない」

 「……」

 「騙されては駄目だ、君! その女が言ってることこそでたらめだ! 君は、こんな通りすがりの得体の知れない奴のことを信じるのか!」

 男はがなる。が、女性は、男のそんな反駁を意に介さないという具合に、クスクスと小さく笑って見せた。

 「あら。わたしと彼は、知らない仲じゃないわよ。それに……」

 そして。
 女性の細い腕が機敏に動き、硝子ケースの上に置かれた紙袋をひったくる。

 「あっ、こら――――」

 男の制止は間に合わない。
 ステープラーで頑丈に固定してあったテープを剥がして中のオニオンを取り出すと、彼女はそれを両手で持って捻って見せた。
 ぐじゅり、とつぶれるような音がして、中から膿のような汁がにじみ出してくる。



            //    //          ∨/>、\ ./~',
          /  {   / ,'              |´ ̄`ヽ/ |
         ,   ‘.  | !             |     |  |
         |    \ |  レ-―一ァ≧ァ┬―┘    |  |          貴方が嘘をついてることの証明は、この通り、簡単にできるわよ
         |     >'^     / r;;;) |       |  |
           ‘.  x '´ ≧、      ´   |         /|  |          わたしは力がある方じゃないけど、そんなわたしでもちょっと捻ったら簡単につぶれちゃう
          Y´ ハ く r:;;)         '、     /: |  |
            |   ',   〉            \_/: : : :! /´ ̄`ヽ._       ……市場で売ってるのよりなお悪い粗悪品を大量に仕入れて、薬品で外面だけ綺麗に整えて
           、   :.   `   _ -‐'     V : : : : : |,'  /´ ̄  l
           \.:八    ̄ -‐     /⌒丶. ̄`V | |   /´\    それで今まで、どれだけの旅行客を騙してきたのかしら?
                 \:.\          >、 _  `¨´ 丶._|  /     ヽ
                 \:::丶.         /   l\     `ーヘ._ケ  |
           , -―‐- 、:::::::}≧::. _/-―― ! |/ヽ、    |        |
          /        \⌒\i/////////|/V//,\__ \_      ノ
          /          ヽ//∧///////∧ V/∧  \      ヽ
      /             V//,lヽー-=、/∧ V/∧ __,ハ       \
     /                    |// |  \  \ ̄フ V/∧ヽ  ∧      \
      /                   |// |   \       V/∧ \ }        丶


 続いて、ジャガイモを指で擦る。まるでふかした後のそれのようにボロボロと崩れ落ちた。
 ベーコンは、指で押さえつけると注入した粗悪な油が中から吹き出す。
 トマトはへたを引っこ抜くと、中から大きな芋虫が飛び出してきた。

 「な、ぐっ……ぐ」

 ここまで来るともう、サッシャの目から見てもこの店が『そういう』店であることは明らかだ。
 サッシャは一歩引き、恨めしそうな目で男を見つめる。
 悪巧みが明らかにされた男は、悔しそうに嗚咽を漏らす。
 仕舞いには恨みがましい目線を女性に向けて、抑えていた訛りを開けっぴろげにして、ぐちぐちと恨み言を呟き始めた。

 「畜生……なんの恨みがあるっていうんだ。わしが旅行者からほんのちょっと金をせしめて、お前に何か害があるのか……?
 大した金じゃない、旅行なんてどっちにせよ金がかかるものだ、貧乏なわしらが、旅行なんてしてる余裕ある奴らから金を奪うのの、
 いったい何が悪いってんだ」

 「あるわよ」

 その女性は、凛とした声で男に吐き捨てる。




                           ,. -z‥‐- ..,_
                        ,..//         `  .
                        '′/:::/                 丶
                     ,.    /:::/                    \
                    ,    /::::i{                      ヽ
                 ′   |::::::l{        ,     l}    }
                   .′    |::::::l{       /     l}    }   l  }
                   .      |::::::l{       | /   /}  /}」  } |  |
                  ;     〉ー{,      И}  /  }/ 抖  И__」
                 ',     /i:i/\    }斗ャ‐=ミ     {りV/∧ }
                    丶  ∧/ i   \/} Vソ        li:i:i:i}
                     \{:i:l  __   }i:i}           ' 爪/         だって彼は、わたしの命の恩人だもの
                        Ⅵ\_|i:i:\/i:i/         _,  /i:/
                         }辷i:i:i:i:i:{:i:iへ、       `    /i:/
                         }八h ̄}i:i:ノ   ` ::...,_     /V(
                        /  }乂_} 「>x   /_     ̄  \、
                        ,仁} |ニ二>'"   ` .,      \
                         [ニ} |ニ才′     ′        \
                        /   | |  i         i        \
                       /    | | /        |         \、
                    /     | | /          ,∧           \
                    ,′    // ′       ,′{\              \
                     i       // ,′      ∠  `゙゙゙}、               \
                     |    // ′      /       } \           \


 サッシャはその言葉で、女性が自分の思い描いている彼女であることを確信した。
 しかし、ならばこそ、どうして? どうして彼女が、『こんな姿』でここに?
 サッシャが最後に彼女を見た時の姿と、今の彼女の姿は大きく違っている。それは成長した、とか、イメージチェンジした、とか、
 そういう枠に収まることではない。

 サッシャの想像が正しければ、彼女の名前はClare Nash(クレア・ナッシュ)。
 かつて、とある仕事で行動を共にした女性であり、そして――――その仕事が終わる直前に、事故によって廃人寸前にまで陥ったはずの人物である。
 しかし今彼女は、明瞭な意識と活力的な肢体を伴ってサッシャの目の前に立っている。

 この奇妙な遭遇。サッシャには、疑問のままにしておくことはできなかった。

 「……お久しぶりです、クレアさん」

 「ええ、久しぶり。ロンドンに来る予定があるのだったら、言ってくれれば良かったのに。
 ね、久しぶりだし、もしこの後暇なら、どこかパブでも行って、話さない?」

 「そうですね。……僕も、聞きたいことが幾つかあります」


 詐欺食品店での一件が終わって、クレアとサッシャはクレアがいつも利用しているという近くのパブに腰を落ち着けた。
 シックな雰囲気漂うパブにはあまり客の姿はなく、静かに落ち着いて話をすることができる。

             ク
             /イ
     ,r;ラ    /イ
   〃。{   //
   {:いィ . _//

 .ィ´ Vリ //ヽ
 i!ゝ<〉-、ヘ  ;}
 i!:::::::... ̄ ...::::::i!
 i!::::::::::::::::::::::::::i!

 i!::::::::::::::::::::::::::i!        ,,,...--'''''"""''''--...,,,
. ∧::::::::::::::::::::::/        :{ _           )
.  \    /         | ~'"uU~'''''''"""cU`}
     ヽγ           | ll  l ::::::l::::::::::::: |
.      | |           | ll~''''。;O'"゜。。''''':;o|-‐ 、
     j i!           | l ・ l; 。!q゜ ' '' l'⌒、 ヽ
     ソ v           | ll  。゜ 。゜。。. l |   ) )
    `ー‐ ´          |   。   l ゜   レ //
                 | ll  l   l     |- "
                 | ll  l   l     |
                 | L     __'' ;:::」|

                  `-.....,,____,,,...一"


 コォン。
 店員がクレアのシャンディ・ガフと、サッシャのジン・ツイストを持ってきたところで、クレアが口を開いた。

 「普段の活動場所はエジプトなんだけど……」

 クレア・ナッシュ。彼女は錬金術師である。
 が、同僚と比べて秘密主義の傾向は比較的薄く、寧ろ対外交流を積極的にしようとする異端者でもある。
 それ故に、魔術使いであるサッシャとも対立することなく、良好な関係を築くことができた。
 その仕事柄、真っ当な魔術師との付き合いが極めて薄いサッシャにとって、
 彼女は唯一と言ってもいい魔術師の知り合いだ。いや、だった。

 「最近はあそこにも居づらくなったし、こっちで色々と研究をやってるの」

 サッシャは、過去に一度だけ彼女と共に仕事を行ってから、それ以来一切交流を行っていなかった。
 それは、先述の通り、仕事の最終局面に至ったところで、彼女が実質廃人状態になるまで追い詰められているのを見ていたからである。

 その仕事というのは、彼が『何でも屋』を名乗ってから三番目の案件だった。
 とある魔術に関する資料を盗難した窃盗犯を捕獲するというもので、依頼主は各方面に協力を要請し、多様な魔術師がそこに集まった。

 しかし、魔術に対してプライドのある者が多かったせいで、独断専行が相次いだ結果、捕獲チームは壊滅状態に陥る。
 そんな中、サッシャは唯一連携を取る意思を見せたクレアと共に協力体制を結び、犯人を少しずつ追い詰めていったのだ。

 しかし、犯人の居場所を特定し、無事捕獲も終わり、後は移送するだけ、という段階に至ったところで――――犯人が唐突に狂行に出た。
 それも無理もないこと。捕獲された後の彼の処遇は依頼主のみ知るわけだが――――依頼主の魔術系統を詳しく知らないサッシャでも、
 それが碌でもないことであるということは容易に想像が付く。ましてや、資料を盗んだことで依頼主の魔術系統について認識していた盗人であれば。

 そして半狂乱に陥った盗人は、最後の最後に凶弾を放ち、それがクレアの頭蓋をえぐり取る。
 盗人の不審な動きを見て咄嗟に対応したサッシャはクレアを突き飛ばしたのだが一歩遅く、脳天を貫くことを回避させるのが精一杯だった。

 その後、盗人を依頼主に引き渡し、クレアを病院に送り届けたサッシャは、彼女に後遺症として知能の低下が起こることは避けられず、
 最悪の場合植物人間になることも考えられる上、首から下は完全に麻痺してしまうだろう――――という話を聞く。

 それを聞いた後、サッシャは逃げるようにインドに帰還した。
 元々、仕事だけの関係だった。見届ける義理などない。そう自分に言い聞かせるようにして。


 救えないことをまだ受け入れられていない頃の彼が侵した、無数の過ちのうちの一つだった。


                  _,,.. -―――-x._
                 ///´  ̄ ̄ ̄ ヽ \
                 ///丶        ', `\
              / /::/     \       |   丶
                / /::/         ヽ     ハ    '
                 | {:::'         ',   ,'|   |
                 | 」:::|         ',  ,' |   |
                V フ|          ', /, -!    |
             / l|八_         V ,斗ャヤT~´l
               | l|   ̄「¨¨二二¨¨~´ l」灯 ノ ,   |
               l 厂l   | ィ=¬ー-`   ゞ┘ .:  /
    r 、        ヽ{:::::、   |         ,     /_/}
    丶\        , ┐、:::\ノ\    、 _ _,  /::::::::/               サッシャ君はここ数年何をしてたの?
     ヽ \    / /   \_}\ 丶、   - / ヽニ/
       \/⌒ヽ{ {   |/|   ヽ|ヽ二ニ冖(    |/|
         / ⌒Vノ ヽ _∧/__)、//////|_   |/|
        { ⌒ヽ)  //∧/ \ \` ¨¨¨´ヽ\ーVハ、
          ヽ⌒'┘、〈/∧/   丶 \ー 、  >、\ Vハ:
         \  ) |ヘ/      ',   ヽ    \\、ハ,
             |    V′  ,    |l    \    >、\ハ
             |    l   /⌒  |l     丶ーr'/∧  ヽ
           /|    |   /   /      }//ハ /ハ  }:,
          ∧/:|     ‘  /   /       ,'///j //  /:ハ
          ∧/.::|      ∨ヽ  ,/       ///////  /!Vハ
         ∧/ ::{      /  |Y/'        ///////  /||/|

 「……えっと……ここしばらくはずっとインドの方で……」

 今の彼女を見る限り、特に不自由そうにしている様子は見受けられない。
 あれからリハビリなどを繰り返して、なんとか元の機能を取り戻したのかもしれない。
 もしそうなら、そこには涙ぐましいほどの努力があっただろうし、その精神には感嘆と賞賛を送るべきだろう。
 同時に、そんな彼女のことが、サッシャは眩しくてたまらない。
 思わず、グラスを傾けた。

 あのとき逃げ出してしまった自分は、彼女に対してどんな顔をして接したらいいのだろう? サッシャには分からない。
 『命の恩人』と彼女は言う。確かに、盗人が彼女を隠し持っていたデリンジャーで銃撃したとき、彼が一押ししなければ、
 銃弾は脳天を貫いて、彼女は即死していただろう。その意味では、命の恩人ではあったのかもしれない。
 だが逆に言えば、命を助けることにより、彼は彼女に『生き続ける』ことを課してしまったのだ。

 今、彼女が元気そうにしているのだからそれでいい――――と言うことも出来る。
 だが、何もなしに元気になったわけではない。彼女が今の彼女に戻るには、きっと、自分には想像も出来ないほどの努力を重ねてきたはずだ。
 その努力を、結果論で踏みにじって良いはずがない。
 それに、今回はたまたま運良くリハビリ可能な程度の怪我だったということだが、
 ほんの1mmでもずれていれば、どう努力しても一定以上に回復しないほどの怪我になっていただろうものなのだから。

 「……」

 陰気な口調のサッシャを見て、クレアは不思議そうに首をかしげる。

 「? どうしたの? そんな暗い顔ばっかりして……っと、思ったけど、まあ、仕方ないか……。
 ロンドン、大分変わっちゃったしね……。こんな町で明るい気分になれ、って言っても、そりゃ無理か」

 「……そうですね」

 暗くなっていたのはロンドンのスモッグのせいではない。ないのだが、そういうことにしておいた方が楽だ。
 サッシャはそう考え、クレアに適当に話を合わせることにした。

 本当は、どうして怪我から立ち直れたのか聞こうと思っていたのだが、切り出すのが難しい。
 自分の心の中の楔が『見捨てたお前が何を言うか』と、口に出すのを許さないのだ。
 声に出そうとしても空を切る。喉の奥に猿ぐつわを押し込まれているような気分だ。

 「ま、でも? 見た目はこんなに酷いことになってるけど、最近では明るいニュースとかも飛び交うようになってきたし。
 数ヶ月前までは、町中が昼でも夜みたいだったんだけどね。明るさというより、人の気分の問題で。
 今は皆、少しは明るくなってきた気がするわ」

 「なるほど……」

 気のない返事を返すサッシャ。町が明るい、と言われても、外様の自分にとってみれば全く感知できないことだ。
 少なくとも今までのところ、このロンドンという町に、明るい気勢を感じたことは一度もない。
 だが、彼女が言うからにはきっとそうなのだろう。町が明るくなるならば、それに越したことはない……あくまで他人事だけれども。

 クピ……。
 唇に氷が触れる。いつの間にか、グラスのジンツイストは空になっていた。

 「でも、皆が活気づくのも分かるわ。だって私も楽しみだもの。ロケットの打ち上げ……『夏日星計画』」


 ――――

 ―――――――

 ―――――――――――

         _,  -―= _‐- .
      /:::/´      `丶 \
    //:::::/          \ \
   〃 /:::::/  ̄ ̄   -  .   丶ヽ}
  /  !:::::::!           > 、}ノ

  ,′  |:::::::|             xく
  l    |:::::::|              ∠(:.、
  |   ∧:::::>、        /{ハ  \
  |    V{  ヽ      /ヽ、ゞ'  ¬                       ……どうしたの……?
  |    % l|   \__,/ヽ       , |
 !    | ヽ        |     /{|
  ヽ.  |  「ヘ      |    {_ノ, !
    \\  V/\     /      _ノ:\―- 、
      ` \ \//`¨¨´ハ   ̄ [三ノ\::::\   \
          ̄ \///ハー=ニ{\ \\:::::\  \

                 \_/ヽ :::::::\ \   ̄ ̄`丶  丶、
              | \::::::\ ̄´ l 丶      \   \



                                                        ,...,,,,__
                                                    x丶``,、r=‐-ミミニニ=‐ 、
                                                   /、丶,ィi㌻ア//ヘ'//ミh、``丶ミh。,
                                                 _ノ゛ ノ゛-イア゛  V ヽヽ}i `、\丶ヽ
                                                 / 〃/ /  {/   }′ ゙,   `、`、゚。',
                                                 ノ ,j{ ,゙∥ / ノノ,イ  j{ i } i{…、} j ` }!人
                                          .      ,゙ / { { { ,'_∠≦!  八从 Vヽ } i  ノ j }
                                          .       У 八 乂「 アッ^V/   ノi ハノイ{ ヽ、人V
                                                イヘ、ト、.,_ミー ´   u ´^ヽ'′乂リ、/ `
             ……! いえ、何も……!                       У          ',    `、
                                                    <_ -            }    ,,乂ヘ
                                                      ) _, -‐      /..:  ,ィi{二二心、
                                                      ` ー     /..:.:.:.:,ィi{二二二二‐
                                                        }   _、 ヘ.:.:,ィi{二二二二‐
                                                        ` ``   ィ二二二二二‐
                                                           _,∥ニニニニニ‐
                                                      __,,,.、rセ``∥ニニニニニ‐
                                                    、` ̄ ,ィi`` //ミ二二二二ニ‐
                                                   、`  ,ィi<   //:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
                                                 、`/ / 、`  //三ΞΞΞ  ̄

                                                / ,/、` 、`   //:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
                                          .    /  ∥  {「   //:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:


 見られた。
 ロケットの話題を出した途端に顔が青ざめたのを、クレアが気づいたことに、サッシャが気づいた。

 他ならぬクレアの口から唐突に漏れた『ロケット』ないし、『火星移住計画』についての言及。
 今ならば、前の文脈からその話題になることは容易に想像出来たと言える。が、無意識のうちに失念していた。
 魔術師は科学の進歩に興味を持たないという固定観念が、どこかで染みついていた――――。

 「え、えっと……そうね。魔術師としては、科学の進歩に興味を示すのは、おかしな事だって分かってるんだけど……」

 クレアも、その点に驚いてサッシャが妙な顔をしたのだと判断したのか、誤魔化すように言葉を濁す。

 「……でも、ロケットの話をすると――――今一緒に活動してる人達は一般人なんだけど――――その人たちは、とても楽しそうな顔をするの。
 普段はずっと陰気なままに……まるで自分まで機械になっちゃったみたいに、黙々と機械を弄ってるのに。
 『夏日星計画』の話をすると、まるで子供に戻ったように目をキラキラ輝かせるの。どの人も。
 そんな姿を見てると……私も、この計画が上手くいったらいいな、って思うようになっちゃったっていうか……ご、ごめんなさい」


 「やっぱり、おかしなこと言ってるわよね、私……」

 確かに、魔術師の枠組みを当てはめるならば、彼女の言葉は妄言としか思えない。
 ロケット開発の進行は、それ即ち神秘の劣化を表すものでもある。
 もし夏日星計画が成功し、火星に人間が移住したとしたならば、地球上にある神秘は今より一層弱まるだろう。
 だから、生粋の魔術師としての立場を貫くのであれば、夏日星計画を歓迎するようなことがあってはならない。
 決して。だが……魔術使いであるサッシャにとってみれば、そんなことに拘ることこそが妄言である。

 「……いえ。素敵だと思います」

 そうだ。クレア・ナッシュは、周りの人の喜びを、自分の喜びのように感じられる人だ。
 サッシャはそのことをよく知っている。彼女がそんな人間でなければ――――生粋の魔術師とは違う人種でなかったなら――――
 そもそもクレアとサッシャは交わることがなかった。同じ仕事を共有しつつも、各々に勝手な行動をし、
 そして各個撃破されていった、他の捕獲チームと同じように……仕事仲間のうちの一人として、名前だけがサッシャの記憶に残される、そんなはずだった。
 そうはならなかったのだから、やはりクレア・ナッシュはそういう人間で、それは今も昔も何ら変わりない。

 サッシャは少し安堵した。
 事故を経ても、クレアの人柄は何ら変わっていない。
 心が歪んでいないならば、自分が侵した過ちも、まだある程度は許されるかも知れないと――――
 そんな、甘えた考えを想起してしまう。

 ――――しかし。

                        、  i{   、
                      `、 {ト、ヽ}\乂`、 j
                   `、\ ヽi{ \二ニミミ、{、\

                  丶、ヽ.,,_ ミh。,_‥‐ニ_`ヾ乂ヽヽト、
                ヽ` ー--=≦´_,,.、-ーニ=-ミh、h、jヽ从N i
                 ミ=-ー…''``_、丶`、丶`--=ミh、Vリリj}}V);
                 ー=彡< アノ、‐゛、丶` _,,. ̄アぅXくノトく、、ィ
                  ー┬― 彳イ //、‐゛  /  ,゙ }}ム}h、`弋``
                   )ヽ  フ/、丶`_,.ィ/ /; / ∥j从}iヽ丶.,,_

                     ( 、     ̄ ̄ ̄ア//∧ V//,イ}}!リ从`、ー
                     〈 ̄`      u "イと^' _>∨  リ/ノ从ヽミ
                 /             `ー<ノ人Vン '゙ノ 人、          (……また、もう一つ、後ろめたいことができてしまった……!)
                   丶、、、..,,,,,__________、‐゛ ミミ  i    イ {リ
                      丶、__,,.、丶`   、ミ从 j|  i  从、乂
                         }  /       /、 V/レ从ヽ`
                         ゚。_,/,,,,,,、、、、、-‐¬^ヽ/   ヽ
                        「二二二二ニニニニ|
                    j二二ニニニニニニ|

                      _ィi二二二二二二二二|
                    ,ィi{ニニニニニニニニニニム
                ,ィi{二二二二二二ニ==‐-ニ二、
               ,ィi{ニニニニニニニニニニニニニー{
             ,ィi{ニニニニニニニニニニニニニニニh、
                /ニニニニニニニニニニニニニニニニニ}
            /二二二二二二二二二ニニニニニニニニ}
            ,心ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ}
.          ,心二二二ニニニニニニニニニニニニニニニニ!
        /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニア


 彼女は、夏日星計画を好ましく思っている。
 彼女にとって、夏日星計画は、成功することが望まれるものなのだ。

 自分は、今からそれを叩き潰す。叩き潰すために、このロンドンにやってきた。
 当然、そのことを彼女には言えない。言えるはずもない。
 自分自身にイデオロギー的な理由がないままに、特に理由もなく、「火星移住計画を泡沫に帰す」などと……どの口が言えるというのだろう。

 ましてや、先ほど自分はクレアの考え方を「素敵だ」と言った。
 これは本心からの気持ちが、つい漏れ出したものだが……実際に自分がやろうとしていることを整理したとき、
 その言葉はどれだけ薄っぺらくなるだろうか? 彼女は、自分のこの言葉をどう解釈するだろうか?

 「そういえば、サッシャ君の今回の仕事ってどんなことなの……?」

 そして直後、狙い澄ましたかのように放り込まれた質問に対し、サッシャは、

 「……すみません。一応、守秘義務があるので……」

 と、言葉を濁すことしか出来なかった。


 ×××

 そして、会話も一段落つき、日も落ちて、辺りがスモッグによる薄暗さから夜の真っ暗な闇へと変貌した頃合いに、会はお開きとなった。

 「それじゃまたね。私の連絡先、預けておくから、また何かあったら蒸信送って」

 そう言って蒸信アドレスを書いた紙を、クレアはサッシャに手渡した。
 サッシャも咄嗟にポケットをまさぐり、エンピツと紙片を取り出して連絡先を書き留め、クレアに渡した。


                              /  |         ,|     \
                           /   |        /|      ヽ
                        '    .          ,' ;       l
                           |           / /       |\
           {`ヽ                |     丶     / /      /\ヽ
      {`ヽ  ヽ  、           x|      \  /´/_,,..  -‐=彳    | |
     ヽ \  ヽ ヽ         / ∧_____ >'’  ´ , -‐=¬'|    l/
       \ \ >  \   /⌒l  | l  ハ  ィ==‐-、    '      |   〃
   r‐ 、     \ `   , 丶{  /   | |   ∧                |  //|        ふふ、ありがとう。それじゃ、またね
   丶、` ー--'´    /  /  {   丶.!   ∧    _ _' ./}    ノイ/// !
       ー-i   /   ,'   〉    丶 __∧   \(   /   // V三ノ
    r――一'  /     |   /      V ///| `> .  `こ´ /! ′ |::::::|
    丶----― 、        ,          V三.ノ   \ ト≧ァ彡イl/    |::::::|
           \_     l       /|::::::|丶 __‘j::::::::::::::::::::〉、_  |::::::|
             |     |     〃  !::::::! \_// \::::::::/ /ハ ̄ |::::::|‐- 、
             |     |     /   ;::::::;'  / /\ `~´_/  ',  |::::::|   丶
             |    |    ,'   /::::/ /   /       /   l  !::::::!    ',
             |    |    |  /::::/イ    ∧       /   |  ヽ::::\   |


 去って行くクレアを眺めながら、サッシャは気づかれない程度に息を吐いた。
 心ががりがりと削られる感覚だった。
 もう二度と会えないと思っていた人に出会えたというのに、どうしてこんなに気持ちが暗くなるんだろう。


 兎にも角にも、この気持ちを消化するためにやるべきことが一つある。
 それは、依頼主であるハンナ・エーブリー女史に、彼女が何故夏日星計画を破滅させようとするのかを聞くことだ。

 彼女の目的が、大勢の人から夢を奪うに値することなのか――――それによって、仕事をやるか、それともやらないかが決するわけではない。
 この仕事は自分のもので、自分だけのものだ。今更手放すなんて、とんでもない話。

 だけど、何故、夏日星計画が自分の手によって破壊されるに至るのか。
 それを理解しているかどうかでは、自分の気持ちの入りようが違ってくるだろうし、それに、迷いもある程度は取り払われるだろう。

 何をやるべきかは定まった。
 あとは順番に片付けていくだけだ。サッシャは自分に言い聞かせるように、小声で二回唱和して――――それから帰途についた。



【今日はここまで】
【次回は、敵対勢力についてのプロローグになると思います】


 ウィッチクラフトとは、犠牲の魔術である。
 生け贄をトリガーとして発動し、悪魔の召喚や呪詛などを引き起こす。
 その性質上、発動するためには何らかの『命』を奪わねばならず、よって術者は、命を奪う事への抵抗をある程度捨てなければならない。
 しかし抵抗を捨て去った際に、理性まで捨て去ってはならない。
 命を奪うことを快楽と感じてしまえば、それは供儀ではなく単なる娯楽であり、魔術的効果は十全に働かないからだ。
 何も感じないか、あくまで罪悪感を覚えた上で、必要に応じて供儀を行う――――ウィッチクラフトの使い手には、そんな粗大あるいは繊細な感情が要求される。

 そして、サッシャ・ハインケスもまた、そんなウィッチクラフトの使い手だったが――――
 彼が用いるウィッチクラフトは、通り一般のものとは少し違っていた。


 ×××


「ああ、良かった。まだ起きてらっしゃったんですね」

 若干道に迷いつつ――――サッシャが『マンション』に戻ってきたときには、既に午後十時を回っていた。
 昼のようにドアを開けると、そこにはシェーズ・ロングに座って機械を弄っているエーブリーの姿があった。

 サッシャの言葉に、エーブリーは露骨に不満げな表情を見せる。
 子供扱いされたとでも思ったのだろうか。

: : : : : : : : : : : : |: : : |: : : : | | | ヽ: : : : : : : : : : : : |
: : : : : : : : : : : ハ: : : |: : : : | | :ハ  | |: : : : :: : : : \!
: : : : : : : : : : : | |: : : ハ: : : | | :| .\| :|\ |: : : : : ヘミ≧
: : : : : : : : : : : | ヽ、 ヽヽ: // /´  リ  ヽ|: : :|: : : : :|
: : : : :: : : : : |从─!ヘ|ミ ヽリ| ハ| 〈弋 ソフ/: : .|: : |: : |

: : : : : : : : : |  イ弋lフ./リリ   `~~~~./: : : /: : |: : ヽ
: : : : : : : : : .! ゞ、!≠´     |     レ/ /.|: /ヽ: : \       ……
.: : : : : : : : : ヽ         i}     //|_ノハ|: : ヽ
: : : |: : : :|\ ヽ              レ ノ: : : : : : ヽ
: : : |: : : :.\リリヽ        ____    /: : : : : : : : : |
: : : |: : : : : : . ̄/ヽへ    '´ ー   /: : : : : : : : : : |
: : : |: : : /: : ./ / /´`ヽ     /\___|: : : : : : /
: : : \/: : :/ ┌ / /ヘ__|ゝ - '´ |   | |: : : : : ノ、_
: : : : |: : : / ´ '´  `彡、i     |   | /: : : /  `
イ ̄ |: : ./      /  ~ >-vイ   .| |: : : (
   ヽ:/      /ヽ    / ⌒ \  | ヽ: ハ|
    .|/      ノ\ヽ  ./\_/\|  ヽ!
    /      ハ フヽ./  |  |   |

「ああ、いえ、そんなつもりではなかったんですが。お気に障ったなら、すみません。
 『良かった』……と言ったのは、お聞きしたいことがあったからなんです」

「……聞きたいこと、だと?」

「はい」

 実のところサッシャは、今でもこれを聞いて良いものか迷っていた。
 聞くべき事は二つある。一方は、聖杯戦争を戦い抜く上で重要なことで、欠かすことが出来ない。
 それはきっと分かって貰えるだろう。しかし、もう一方はどうか?
 エーブリー女史がこの戦いにかける理由を聞くというのは、良く言えば好奇心、悪く言えばゲスの勘ぐりのようなもので、
 どう言いつくろっても、所詮はサッシャ自身の興味の対象であるということでしかない。
 それを問いただそうとするのは、果たして、褒められた行為なのだろうか?

 エーブリーを目の前にして、サッシャのそんな思いは一層強くなる。
 だが、自分の心中に去来するこの迷いは、この事実を明らかにしない限り決して晴れることはない。
 いずれにせよ、逃げることの出来ない難関である。この聖杯戦争を生き残ろうと思うのであれば、この迷いは解消しなければならない。

 ならば……とサッシャは決意する。
 言うのが辛いなら、最初にそちらから聞くことにしようと。
 もやもやとしたものを抱え続けるより、早いうちに取り出してしまった方が良い。

「エーブリーさん」

 息が詰まる。が、無理矢理吐き出した。

「……、貴女はどうしてこの戦争を起こそうと――――いえ、何故この戦争に介入しようとしているんですか?
 貴女が夏日星計画を壊滅させることで……貴女は何が得られるんですか?」


「なるほど、ハインケス君」

 エーブリーの表情が、いつの間にか呆れたようなものに変わっていた。
 彼女は溜息をつきながら、のぞき込むようにサッシャを睨む。

「君は幾つか思い違いをしているようだ。まるで夏日星計画の妨害は私が発案し、私一人の手によって行われているかのような言い分だが……違う。
 そうではない。君が私に依頼されてやっているように、私もまた依頼を受けて戦いに臨んでいるに過ぎん」

                  __  _,,,..,,,,_
                    _、‐゛ミ、,、rf二ニニh。,
                  _、‐゛_,、rf7ア/////ミh、ヾ丶、
              / イ///ア//////∧ヾヽヽ、` 、
          _,,、イ∥'////i〈//{/∥)ノ ヽ从∧ミ、  ':、
.            / ; ; ∥∥ⅰトミ、乂´ l i丿 }} 从ヽヽ ヽ
           {{ { { { { j| ゚, 、  iノ ト、|八 リ } ', }
             从゚。! ⅰ-弌=- ヽ  トノ-リ ; }i i  从
             八\、 { 、_云ミ、j{ ノ/z云ム リ ノ小 リ
                \ト、ヽ《(u)`゛乂( ´(u)》У'ノィレ八
                弋ト           イレ'ノ
               ',     、 、     u ,ァ゛
                ゙、   ,.  .,,   ィ/            ……!
                 \  ‐    ,ィi(|
                  }ミh。,,__,.ィ(ニこ|
                 ノミ竺竺竺竺彡,             他に……夏日星計画を終わらせたい者がいる……と?
                  ,ィi{|二二二二二二ムh、
              _,ィiア |ミ二二二二二二ム`㍉h。,,_
        _,,.、rセ〔,ィiア   !', ```````ヽ``` ゚。∧ ゙㍉
     _、丶`-七 ,ィiア    |o〉       ',     ゚ ∧  `、
    , ′ ',  ,心ア     「       ',     ゚。
.   /   ', ゚,  `芍〕h、  i|           ',      ‘,
.   ,′  ゚。‘,   _ィi「ア   ⅱ          ',        :,
  |    ‘, ',__,ィi「ア    |         ',      :,
   |,′    V,心ア       i !       _、八,,_     j}
   ,′   ', i|`く      | トzzzzzセて二二二ミ=zzz彡
  ,′    ', i||l\     | |ニニニニニニニニニニニニ
  ,′     ',i| || \   | |ニニニニニニニニニニニニ
 ,′      '|ノノ    \  | |ニニニニニニニニニニニニ


「というかだな。魔術師であるならば当然の帰結だ。
 宇宙空間を渡るロケットの建設、ましてや『火星移住への第一歩』……とまでなれば、神秘に対する影響は計り知れん。
 純粋な魔術師であれば疎ましく思うし、できればやめさせたいと思う。しかし表だって動くわけにもいかない。
 『妨害』をできる人物というのは、相応に権力も地位も持っている人間だからだ。
 かつてのラッダイト運動のように、全てを失ったものが最後に発揮する全てを捨てた暴動、というわけにはいかない。
 自らの権力も地位も一切損なうことがないままに、『妨害』を果たす必要がある。
 我々下層の人間からすれば観念し得ないような難題が……あのさも万能のようにも錯覚する上流階級の人間には覆い被さってくるのだよ。

 また、権力ある魔術師が『夏日星計画』を妨害することが忌避される要因の一つとして、あるべき社会の流れというものがある。
 世界はあらかじめ、ある程度定められた流れの中で動いている。夏日星計画のような大きな潮流は、言わばその象徴のようなものだ。
 それがあるとないとでは、今後100年の歴史の流れは、まるっきり違ってしまうだろう。
 だから、幾ら変える力があると言っても、節度ある行動をすべき上流階級の人間が下手に科学社会に対して圧力をかけるのは……
 倫理上、あまり好ましいことではないし、通例であれば非難の原因になる。少なくとも、表だってやるなどすればな。
 であるならば。私のような人間を使って、自分の代わりに夏日星計画を崩壊させる、というのは…… まあ、容易く描ける筋書きだろう?」

 理解出来る。そうだ、その通りだ。根源を目指さず、あくまで一代限りの道具として魔術を行使しているサッシャにとってみれば関係のない話だとはいえ、
 純粋な魔術師であれば、夏日星計画に反対するし、邪魔してやりたいとも思う。それが当然だ。
 これはサッシャが実際に彼女に尋ねた方の質問の回答にもなったし、同時に、未だ発せざるもう一つの質問、
 即ち『エーブリー女史は魔術師であるか、否か?』の答えとしての役割も果たした。加えて、疑問に思うべきだったがつい失念していた……
 『どうしてこんなボロアパートに暮らす女性が、70ポンドという大金を用意出来たのか?』という問題に対しての回答にもなる。
 しかし、その理屈が持ち出されるならば、代わりの疑問が一つ生まれることになる……。


「でも、純粋な魔術師が夏日星計画を嫌うのなら……そもそも誰が、『予言』を伝えたんですか?
 野良の魔術師ならばともかく、時計塔の魔術師の中に、神秘の低下を快く思っている人間がいるとは思えませんが。
 魔術師の誰もが夏日星計画」

「ハインケス君。その点も、君は思い違いをしている。私は魔術師の全員が、夏日星計画を『排斥』したいと思っているとまでは言っていない。
 悪感情にも色々あって、必ずしも判断に影響を与えない程度のものも存在するのさ。
 確かに魔術師にとって、夏日星計画は面白くない存在だ……絶対的にはな。
 だが、私財を投じてでもそれを妨害したいと思っている者は、そう多くはない。
 大多数の魔術師に取っては、あくまでそれは対岸の火事……『もしかしたら自分のところにも火が飛んでくるかもしれないが、たいしたことはないだろう』
 『わざわざ水をかけにいくほどのことではない』というのが、大半の魔術師の考え方なのだよ」

 続きを期待して黙っていたサッシャだが、エーブリーがそれ以上話そうとしないので反駁を開始した。

「……。以上、でしょうか……?
 それは……理由になっていません。それはあくまで、魔術師が介入しない理由であって……
 今、僕が問題にしているのは……何故魔術師が、関わっても何の益もないことに手を出そうとしているのか。
 対岸の火事に、わざわざ油を撒きに行く者もいないでしょう」

「何の益もないなら、な。王立研究所に聖杯を与え、夏日星計画を成功させ、火星に人類を移住させる――――
 そのことによって直接に恩恵を得られる魔術師は、それこそ火星に渡る気があり、かつ、渡ることができるごくごく限られた一部の偏屈者だけだろう。
 上流階級は今の地盤を失ってまで火星に行く意味がない。中流や下層市民はそもそも火星に行く選択ができない。
 だから、夏日星計画そのものは、確かにハインケス君、君の想像の通り、魔術師に対して何ら与することはない。


  |: :/| : : |: : : :ハ ll: : :/ |: :|: :/__| | |: : |: : : : : :||: :|: :ヽ
  | / | | |: : : :| |:|ヽノ  | /|/   ヽハ/|: /|: : : : | |ヽ |: : :ヽ
  | | |: : | |: : ハ|ー-ヽ、 ハl/リ ,イ弋夕フゞ// : : : : | | ヽ: : |: : \
  | | |: : |: : : :| ,-i--iゝリ    ̄三三´ リ/: :/ : : / |: : ヽ: :|: : : :ヽ
  レ /|: : | : : |弋彡イ .i          /: /|: : / リヽ_: :ヽ |: : : : : :ヽ
  ∠ハ :|: : : |. ~~~. /         /:/ .|: :/,、 ) ノヽ、l |: : : : : : : : ヽ、      だが、夏日星計画によって引き起こされる二次的要素であればどうだ……?」

    /ヽ |: : : :ミ   ヽ         レ / / --イ/: : : : : :!: : : : : : : : : : )
   レイヽ!: : :ヽ               レ ,--イ|: : : : : : ヽ: : : : : : : : /
       | : : ヽ     ____        / .| : : \::: : : : : :ヽ: : : : : :/、
       |: : : : \   ´ __       ,   ヽ: : : :ヽ: : : : : : ヽ、: : /: :ヽ
       |: : : : : : \        , イ  /  .,ヘ、: : |: : : : : : : : |: ::|: : : : ヽ、
       〉: : : : : : : _>ー-、ー、イ    |/   ー-|: : : : : : : /: ::|: : : : : : : ヽ
      /: : ,へ´ `ヽ、_  \ \  /     //: : : : : / `' - 、: : : : : :
 .  , -イ / , \-,,,  ヽ-、 \─- 、   / ̄: : : : : /     ` - 、: :

  /´: : /  、|、 ヽ \ ヽ 丶、__ヽ  `' 、/ : : : : : : / /   , --- ヽ: :
  |: :/    | `|  .i  ヽ ヽ       ヽ:: : : : : : :|  /   /     ヽ
   Y      ヽ ヽ iヽ、___ヽ-`     ,--、_ヽ_: : :|、 | /    /        i
  _| \_____/ ヽ ヽ_|、__|-!`ー´`i /´~    ̄ヽ: :|\|/   /         |
  /\      /ヽイ       /        ヽリ  |   /          |
「と、いうと……」


「先ほど言ったばかりだろう。魔術世界の上流階級の中には、『夏日星計画』をなんとしてでも止めたい魔術師が存在する。これを仮にAとしよう。
 そのAは、聖杯戦争がなければ聖杯戦争がないで、別の手段によって夏日星計画の妨害を企図しただろう。
 逆に言えば、Aが夏日星計画に何らかの形で関与してくることは、Aをよく知っている人間ならば容易に予測することが出来ることだ。
 つまり夏日星計画は、Aに対して『行動を伴う悪意』を持つ人間にとって、Aへのダメージを与えるこの上ない機会、となる」


「……その……A……つまり、女史の依頼主でしょうか……を、聖杯戦争の舞台に引きずり込むために、
 彼らは、予言の結果を王立研究所にリークしたと……?」

「そういうことだ。無論、用心深いAがその舞台に上がることはない。敵対勢力もそのことは十分に理解している。
 だが、Aが尖兵を差し向けてくるというだけで十分なのだ。
 Aが派遣した人間を捕まえ、Aについて言及させることができたとしたならば……Aに相応のダメージを与えることは出来る。
 そうでなくとも、Aの企てを阻めたならば、それだけで一定の意味がある。
 だからこそ彼らは、その気になれば身内だけで固めることも不可能ではない聖杯戦争の選別基準を、敢えて、
 その気になれば外部の人間によっても取得が可能なような形式に設定しているのだ。
 そうでなければ、君や私が聖杯の選定を受けることなど不可能だったに違いない。
 言わばそれは、蜘蛛が木々の狭間に巣を張るようなものさ。舞台を設置して、後は待っていればいい。
 獲物は勝手にやってくる……という具合だ」

「……ちょっと待ってください。その言い方だと、まるで……僕達が、敵対勢力にとっての、『獲物』だというようなことに……」

「間違ってはなかろう。少なくとも奴らにとってはそうだ。何しろこの聖杯戦争というのは、
 連中が企画し、連中が設置し、連中が枠組みを画定したものなのだから。
 そして、相手がこちらに対して優位に立っていると思われる要因も、列挙することは可能だ。
 まず一つに、こちらの居場所は完全にではないものの、ある程度知られていることだろう。

 二つに、こちらに渡されるサーヴァントには、恐らく三騎士は存在しない。聖杯戦争とは不平等のシステム――――
 我々に配られるカードは、間違いなく、弱小クラスとされるバーサーカー、キャスター、アサシンのいずれかだ。

 三つに、私が確保出来た枠は2つ。逆に言えば残り5つ全てが連中の傘下である可能性すらある。
 ただし、相手からすれば、誰が「A」と繋がっている人間なのかまでは把握していない。
 そのため、私達以外の誰か他に、聖杯システムへの干渉を行った人物がいれば……その人物についても登録がされているだろうから、
 百パーセント、2対5の構図とは相成らないだろうが……とまあ、こんな具合に。
 大きな要素だけで三つ、相手方が此方に対して持っているアドバンテージがある」

                 _,,,...,,,_

              _、丶``_,,,zZZア冖¬‐- 、
          _、丶`_,,z≦////////////ミh、 \
        /   _,,z彡/////////////// }h、 ヽ、ー''″
       /   ,ィi///////////////////////ミh。,\
    ー‐=彡   ん/////////////////ミ/{{\///ハ ̄‘,
     //---=彡/////八/////}レ'   ヾ、 ∨}}ト、__ }
    ー''゛i i / /゛ ∥/∥ ⌒イ//  / /、     У ! } i}
     |! j {   {从ヾノム { { {   /彡ヽ、/  ノ j ! j
     !|!  人 ーrヘ⌒ヽ {i{ i卜弌トミ、>z彡 丿ノ /

        ヽ 丶/i i 从 〈  乂\ i{\ ヽ(ソミ∠=‐'゙/ ィ/
       \ Y{l{ Vム__、   u\  ``'''ー--「--‐'゙ {
         ヽ }从/ミ=ー |       ,ィ        ',
          ノイ彡'^ヽ        {ト、   r一′
          ,′     `、     \ >‐'
          ,′  ',    \     ー 〉                  ……随分と厳しい状況ですね
          ,′   ',     ミh、     ;´
           /     ゙,     /⌒`‐- ′
.          /         '.     〈ー‐- 、
         /               \    \
      /-‐……‐ 、        ヽ   `、
     /_、丶``¨¨`丶、丶 ̄ ̄ ̄``ヽ }   i `、
   /             \----‐'''゛\   `、 〉
   ,′              ``丶 、.,,,__   Vム
   {                          ,ィi{「「ムV 〉ー、
   {                       V////ム/〈_」}、
   {                       V.:::::r∥⌒ ,' \
   {                   i     }rV ,′ ムー-、 ヽ
  !                  |    ソ〈ノ  /~ヽ  ∧
    ',                      | /   }:/         / }
    '、               j/   / /        , ′
    `、              ∥  /=∥        ,:′
      `、                ∥ミ/三{{        /

「そうだな」

 背筋が凍る――――だが、サッシャにとっては慣れ親しんだ感覚だ。心が自然と安らぎ、落ち着いてくる気すらする。
 そうだ。自分はここだ。この場所にいるべき存在なんだ。


「とにかく、そういうことだ。
 これは代理戦争。夏日星計画を妨害したい者がいて、それを妨害したい者もいる。
 我々参加者は、彼らの遺志に従い、彼らの支援と強制を以て戦場に赴く。君を雇ったのは、少しでも寡兵を補うためと、それから……情報の保護のためだよ。
 君は「A」を知らない。私に教えるつもりもない。だから君が捕まったとしても、「A」には何らの被害も与えられない。
 だが、私のことは知っている。その気になれば、私の情報を譲り渡すことで、君があちらにつくということも可能だろう。
 ……それだけはしてくれるなよ」

 わざわざ言わなければ、気づくこともなかっただろうに、と、サッシャは思う。
 しかし、そんなやり方があったと知ったからと言って、それが選択肢に入るわけではない。
 ここが今、最高潮に危険ならば、それこそがサッシャにとっての理想郷で、危険の度合いが薄まるほど、サッシャの居心地は悪くなっていくのだから。


                  _   -=   _
          ....::.:i:i:i:i:i:i:i:y:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.:....
     。 ゜...:::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.:.:.:.:......
   / /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i'i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i.:.、゜ 。

   ′...::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:. \
    /i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
 / ,i7i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:‘, ゜。

ノイ7i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:‘,
 ' ::i:i:/i:i:i:i:/:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:i:/}i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:

  ,i:i:i:{:i:i:i:/}i:i:ノイ:i:/7/ }i:i:/\i:i:i:i:i:i:i:i:ト、i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:トii::i:、:i:i:
{ {i:i:i:{/7′∨ ノイ '′  }イ   \⌒ヽ}ト、\:i:i:i:i:i:i:}i:i:i:i:}i:i:i:} }i:i:}∨}    }
{ {i:i:i:{i{   }   ト                }   \:i:i:i:ハi:i:i:}∧i} }イ         僕は誰かを裏切ることはしませんよ。
  :i:iト、   }   } \  \ 、   、  } }\    )イ }i从 リ /  /
 } ヽ} ヽ ト、  }   >‐‐\>‐-\ } }  \ }   // /  ′     /     しかし……つまり、僕らは、あくまで『道具』ということですか。僕、というより、貴女すらも……
 . ハ   `V \ } /   __  ‐=ァ  ノ'イ   )i}  ノイ/ /
ノイ \   \ }   r竓芥  /        ノイ /ノイ     /
     `   __\     うア/                ノ  /  /
            }      `~             }ー个/イハ  ,
          ,/                   i        `〈
      //

       `  __                   /           人
      '     }                 ,        /---丶
     /     丶 __ ‐ュ          /         /‐‐‐‐‐‐‐}ヽ__
   人        ノ'¨´          /      _ ←‐‐‐‐‐‐‐, /___/
、 /{       / `ヽ        イ〈     _ ←‐‐‐‐‐‐‐‐‐/ /___/
〈  V   `ーァ     }   _ 。<{‐‐‐∨_ ←‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐/  /___/

∧      /(     ノ ¨¨´_/ V‐‐‐/{i‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐/   /___/
  \  \      __    /_/   }--/∧‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐/   / ̄゛
    \  `  __/    >〈    //⌒ヽ‐‐‐‐‐‐‐//  <ム


 自分が道具であることに異存はない。むしろ、そのつもりでやってきた。
 しかし依頼主だと思っていた彼女さえ道具だったとしたら、道具の道具である自分は一体何のために戦えばいいのだろうか?
 そんな彼の当惑を感じ取ったように、エーブリーは補足する。

「そんな顔をするな……。私達は確かに命じられて動く手駒だが、意思無き道具に堕すつもりはない、私はな。
 私には私で、私自身が戦う理由がある」

「それを。女史、貴女が戦う理由を、教えて頂いてもいいですか……?」

 それだ。それこそを聞きたかったのだ。
 仮にこの聖杯戦争の裏側に何らかの黒幕が存在したとしても、それはサッシャにとっては詮無きこと。
 そもそも、世の中の粗方のことには目には見えない黒幕が存在するのであり、それら全てに視点を合わせようとしたら、目が幾つあっても足りはしない。
 そんな不可視の何かについて骨を折って知るくらいならば、サッシャは、今目の前にあるもののことを知りたかった。
 目の前の「その人」が戦う理由をはっきりさせれば、サッシャはその人のための「道具」になれる。


 サッシャの問いかけに対し、エーブリーは怪訝な目を寄せる。

「私が戦う理由を……それを知って、君に何か得があるのかね……?」

「貴女が戦う理由を聞けば、この仕事を遂げるための気概が整います。99%の仕事を、100%にすることができる。
 なにぶん――――やろうとしていることが、ことなので」

「君はプロフェッショナルだと思っていたが。金をもらっておいて、それで、仕事の内容によってはモチベーションに差が出る、というのは……
 少々、プロ意識に欠ける発言ではないかね……?」

「内容によって変わるわけではありません。ただ、知っておきたいだけなんです。
 今僕は、貴女が何を目指しているのか全く知りません。理解度は0です。たとえどんな目的であったとしても、
 貴女から貴女自身の目的を聞くことができたなら、理解度は1になる。0と1の間に、目的の内容によるファクターは加算できません。
 そして、目的さえ理解出来れば、1にさえなれば……その為に、僕は戦えます」

 正確には、サッシャが語った全てがサッシャの思惑通りではなかった。
 プロ意識が欠けているというエーブリーの指摘も、本人自身、間違ったものではないのかもしれない。
 だが、こんなことは初めてだった。知らないからと言って覚悟が定まらないということは、今まで決して起こらなかったのだ。
 クレアの言葉を聞いてから、思いの外サッシャは惑わされていた。
 理屈は分からないが、どうやら自分は彼女の意見にそれなりの重みを感じているらしい。
 サッシャは改めて認識する。この気持ちの拠り所は尊敬の念だろうか。懺悔のつもりだろうか。それとも……。

 エーブリーはしばらく黙っていたが、やがて、ゾートロープのようにゆっくりと口を開いた。

          // : / :/ /:' : : : : : :\ : : : :ヽ : :\
         / . : : :/ : ′! | : : { : :ヽ : ヽ: :ヽ: :V : : \

           } . : : /. : :i :||:l: : :i :{: :i ト ; ;V: } :| : : : :ヽ
         ′ : :;小 : {: : !:l l : : li |: N:i ヽ:l: :! : | :ヽ : : .ハ
        / . :/ イ { : ハ : i:| | { : |:{ヽ斗小; i′ ! : ::. : : : : '.
        ノ/// :i: :!: : : :!: :N:|: i: :爪 ,}ィiフ:ハ} : : }i: : :l : : : : }
     彡イ:/:/ : { . :、 : :i|i斗-{:ハ:.iト:{ ^=´ /: : イ}: : :}: : : . .′

       |イ/ : :人 : :ヽ 斗:モヮ{ 从 ヽ   .′/ }i: : :′ : :/
__     .ノ : //: `ヽ 从` ¨´  }      ; :/ 小:/: : : :/       もし、夏日星計画が、あらかじめ定められた運命に従って瓦解するのではなく
>‐、`ー‐彡: :彡: ´ : :> {:ト ≧ー  ヽ   _. i: :! /: :/ : : : 人
   ` =  フ. : : :/ . : ノノ:} 个:.   ‐≦ '´ {: {' /: : :/. イ       聖杯によって運命を歪められた結果、崩壊するとしたら……
        / . : ,イ: : : : イノ :ノ:/:≧:.... __ ィヽ:ヽ: . 彡≦  `i
      // : //: / //:/: :/: /ム :≦二}: :}/      ヽ.     どんな結末を迎えると思う?
.      {:i{: :/:イ / /: : :/ーァ' /: ; イ/}_ソ: ノ    -----ヽ
.     人 : { {!///: :/ , .イ: :/: :/ />': イ /  /      .|
  廴__{ノ:/): ) }:}':i{: :// : //: //.イ/彡'// /  .′      . i
   ` ー彡:/ ノ:人l :{ {/ ≧=彡'≦, イ7 // {  ト .       イ
  /´:-- ',.イ/ィ≦三三三彡'´>'ノ´ノ7__ノ  V   ̄ ̄ ̄  ヽ
.  {:/   {:i//::/:ノ  >,'..≦:/ / 7 \   ヽ\       ..
  廴  /:::/ ̄ /ィ≦::::/  /   /   /    ミ、       .i
     /:::/  /イ:::::::::::::{   ′ .′ /     ∧        .i
   /:::/   /イ::::::::::::::: ∧  {   i  .′       ∧       i
  /::::::/   / /::::::::::::::::::::/::∧ .  .|  i′       ∧       l
 {::::::::{   / /::::::::::::::::::::/::/::/〉人  }  {         ∧   彡' ハ


 サッシャにはエーブリーが何を言わんとしているのか分からなかった。
 しかしその言葉の果てにある暗闇を、はっきりと認識し、サッシャは昼と同じようなぞっとする感覚に襲われた。

「……というと?」

「例えばロケットが暴発し、市街地に墜落する。或いはロケットから出る毒性の物質が、市民の体を蝕んでいることが発覚し、潜在していた何千人もの難病患者が発覚する。
 もし聖杯の力で夏日星計画が破綻したならば、必ずこういうことが起こる。何故かって? 夏日星計画が失敗するとは、そういうことだからだよ。
 ただロケットの打ち上げに失敗しただけでは、計画そのものが泡沫に帰すことはない。
 夏日星計画が真の意味で消滅するということ。それは、『誰もが、ロケットについて話題に出すのも憚られるような、凄惨な事件が発生する』ということに他ならない。
 ロンドンに深々と残った爪痕が、ロケットというものに対する万人の怨恨を絶え間なく蘇らせる石碑となる。
 そうでなくては終わらない。そうでなくては終わってくれない。
 ロンドン中の希望を集めた夢の飛行体は、それが絶望の飛行体に変わったときにはじめてその命脈を絶たれることになる。

 ――――そして、私の願いは、副次的に起こるこれらの災害を眺め見て、その時ロンドンという町がどのような反応を見せるのか見届けることだ。
 絶望が希望に変わる様……人々の表情が、屍のように色を失っていくその様を見られると思えば……多少の危険も覚悟しているさ」


「なっ!」

「……と、まあ、今のは冗談だ。だが、私がこう言い出したらどうするつもりだ?」

「……っ!」

 サッシャは何も言い返せなかった。

「と、いうことだ……。建前で幾ら善意を、変わらぬ心を主張しても、それは所詮、自分の中で返答の可能性を無意識下で制限しているだけだ。
 想像の外からの回答が返されれば、人は容易く前言を改める。……そして私は、君の亜t間の中にある前提が何なのかを全く知らない。
 恐らく君自身も完全には理解していないだろう。何を許容出来て、何を許容出来ないか……。
 ならば、もし万が一、私の本心からの回答が君の想定を超越していたならばどうなると思う?
 君の心には疑心が生まれ、最悪の場合、この戦いから撤退されたり、先述の通り情報を敵対勢力に売り渡されたりする可能性が生まれてくる。
 だから、私は君に本心を打ち明けるつもりはない。それでもなお、君が私の本心を聞き出したいということならば……
 その時は、新しい兵力を一刻も早く手に入れなければならないから、君との契約を打ち切らざるを得なくなるな……」

「……」

 契約を打ち切られることそれ自体や、給金を受け取らなくなることは、さほど問題ではない――――が、
 契約を打ち切られるということは、即ちサッシャ・ハインケスが「危険」から遠ざかるということも意味している。
 それはサッシャには許容し難かった。
 自分は危険という安定剤に常に鎮めておかなければならない存在であり、かつ、次の仕事も決まっていない。
 この時点で自らを危険から遠ざける、などということは……あってはならないのだ。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::.:.:_人_:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

:::::::::::::::.:..   |{⌒}|   ..:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::.:.:. .     |ト=イ|     . .:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::.:.:..       `TT´       .:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:.        | |        .:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        | |           .:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        | |               .:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        | |                  .:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        | |               .:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


「分かりました。では……」

 渋々、エーブリーの言葉を受け入れる。
 心にわだかまりを抱えたままの決着だが、ここで縋って全てを台無しにするわけにもいかない。

「ああ、ところでだ……」

 自室に戻ろうとしたサッシャを、エーブリーが呼び止めた。

「何ですか?」

「実は、我々が果たすべき目標というのはもう一つある。ああ、いや、これはあくまで努力目標というか、できるならば、で、構わないのだが……」

 そして彼女はポケットから、一枚の用紙を取り出した。
 そこには何行かの文字列と共に、一人の女性の銀板写真(ダゲレオタイプ)が描かれていた。


┌─────────────────────────┐

│              ___                  ..│
│            //..................\⌒ニー-              │
│       ,ノ⌒X'⌒ヾ ...................\...............\          .│
│       /../⌒{..{⌒ヾ..\......................\................ヽ        .│
│      ノ../...../{...{.................}.........\..........`ヾ.............\       .│
│    ノ/........{人..\.............}................ー..........)............ヾ\_     .│
│   /゛../...}..人....\...〕斗ャヤヽ.....................)ノ..................}⌒    ...│
│  /......../..ノ..{.....{\....}.ノノ_,j」ニ=ミj................./....................}      .│
│ {.........{..........{,j」L, ヾ ,ノ/゛{_,ノノ')ノ......)/........}...........人      .│
│  \....)\...{,jxftk }  ′ '"´/.....彡'.............ノ⌒ヾ(......\     .│
│    ``ヾ)....`└'ソ     `⌒ブ................../ノ ノ.....\(⌒  ......│

│   \ー彡'.....{  `         /.....................{__/................)   ......│
│    ⌒フ⌒Vヘ   __ _,ノ゛   {...........(..........(........../..../    ....│
│          人ノ〉、   ''     \.......\.......ゝ../....イ        │
│       ___,.ノ.....ヽ、     _,.  〕ニ=ー)ノ......{..........\_     .│
│      ⌒7......(...{.个ー‐=ニ}  ノ....../___{_........\辷彡'      .│
│       (人......)..ヾ.........(ー} 〕=-‐'゛   {............\       .│
│         )./⌒)/⌒プ/     __,、=弌....../...ノ       │
│       ⌒フ  _, f⌒「    ,、t「++++++\)ノ        .│
│          //+/{ ̄|   /++++;%⌒ヾ +\       │
│        __j{∠=-‐宀弌,/++++;%_,     \+}     ......│
│      , ゛   ノ  /゛ /++++%'"       };     ......│
│     /     ゙  /  /+++++//           ∥      ...│
│    ⌒> __     /  /+++++ノ'          ;:′       │
│     ⌒У \__j{  /+++++//            j′        │
│      /゙   /⌒ヽ.,_/+++++/゛          /′       .│
│     {  ,:′   j{+++++;′          /}′        .│
│     i,  {     j{+++++{           /+}          .│
│      ':, {    j{++++/゛       / /++{         .│
│      }k{   j{+++/        /  /++{         ..│
└─────────────────────────┘


「これは……」

「今回の件で、我々の敵となると思しき一人。
 「A」の敵対勢力に所属する魔術師の一人で、名前を、Julie Hoogland(ユーリエ・ホーグランド)という。
 敵対勢力の尖鋭を担う若き秀才で、最近時計塔内でも頭角を現してきたと話題になっている。
 今回の戦争の中で、もし余裕があれば、このユーリエ・ホーグランドも討伐して欲しい……これが「A」の課す努力目標」

「努力目標、ですか」

「ああ。あくまで最優先は聖杯を抑えること。しかし、敵対勢力が「A」の失脚を狙って今回の企画を設置したからといって、
 それを「A」が利用してはならない道理はない、というのが彼の思惑だ。
 寧ろ、敵対勢力の戦力を削ぐために、聖杯戦争を利用して将来有望な魔術師を一人摘んでしまおうと考えているらしい」

「……分かりました。承ります」

「まあ、受けようと受けまいと、達成出来れば追加報酬が送られるし、できなければ何もない。それだけのことだ。
 ……さて、いい時間になってきたな。聖杯戦争はあと五日後。聖杯戦争中は体を休める暇がないかもしれないから、
 今のうちにしっかりと体力を蓄えておいてくれ。
 私もそろそろ寝ようと思うが……ああ、そうだ。一つ覚えておいてくれ」

「なんでしょう?」

「サーヴァントを得るまでは、夜、この町を探索するのは止めた方がいい。できることならば、夜10時までにはここに帰ってくることだ」


「……どうしてですか?」

「これはここ半年ほどの間続いている、奇妙な噂なんだが……『吸血鬼』が出る、というのだよ。ロンドンの町に。
 市民が襲われ、怪我を負わされたり、殺されたりという例が、ここ数ヶ月のところ数え切れない。
 それらの事件は全て、夜の11時から朝の3時までの間に起こっている。だから、今はもう誰も夜に町を歩かない。
 『吸血鬼』という異名は、その殺害手段がナイフで小さく傷をつけただけの失血死であるということと、夜にしか出歩かないことからきている」

「そんな馬鹿な。ここは時計塔の直ぐ近くですよ。本当に死徒が出るのなら、両『きょうかい』が黙っているはずがない」

「そう。しかし、どちらも沈黙したままだ。
 だから実際のところは、人狼なんて質の悪いものではなく、暴徒や強盗の類だろう。事実、金品が盗まれた形跡も確認されている。
 だが、相手は勝手知りたるロンドンで、今の今まで一度も姿を見られずに殺害や襲撃を繰り返してきた根っからのマーダーだ。
 幾ら君が魔術を身につけているからと言って、油断すれば不覚を取る可能性もある。
 ……だから、くれぐれも夜中には出歩かないように。では、私はそろそろ寝る……」

 小さく欠伸をして、エーブリーは右の部屋に消えていった。
 残されたサッシャは思考する。吸血鬼。現実には単なる殺人鬼だろうが、半年もの間中央警察裁判所(ボウ・ストリート)の手から逃れられ続けるとは大したものだ。
 エーブリー女史は夜に出歩くな、言外に放置しておけと言っていたが、とんでもない。
 聖杯戦争は夜に行われる。今、その『吸血鬼』を放置しておくというのは、戦争中に背中から指されるリスクを甘受しろということだ。
 そんな事実を認識したまま、聖杯戦争を十全に戦えるとは思えない。
 本格的に戦争が始まる前の今のうちに、憂いを除去しておくべきだろう。


                                      __,,.、、、、,,_
                                    ー彡=ァミト、、ヽ
                                    イー彡///ハヾ 乂
                                    ノィ{i{八/ノ'ノ,ィ }! )j
                                 从トノノzッイノ
                                      `、 _ _ /ト、,,_
                                   rzzzァ∧ミ ー<ノ  \二ニュ、
                                 √', ⌒≫ Vワ'/  ≪/ / 〈
                                /\`、 <   〈 /  /  // '、
                              ,:′  \__\ / ∠-‐¬{   `、
                            ,:′  /{   { ̄//   l  ∧   `、
                       ∥}  ノ   , '  ',  {   | !    l 〈  ヽノ   ヽ
                     ∥, , '〈__,,. /    ∨ }   |   ノ ノ   /    ',          ……よし
                    ∥,', ′ `У     rh。,_ ノ   ,′_{    ヽ    ',
                         ∥ア     /     rーヘ,,_````T冖T'"_ノ{     `、   ',
                      jア}! _、‐'′   /   \゙゙゙T…一'″ヽ!     ', _}
                      λー'У    _、‐゛      ノ       {      Vこ弌
                   /  〉´ _、丶``         }       ゚,    Т   \
                      }' /ヘ {'″             ;         ',      ! γヽ、ヽ
                      ー,'∥´              |           ',    ヽ)  ー', !′
                      ,'∥               |            ',        ヽ
                      /,'∥                !         l
                     ヽ'_,′               /         |
                  ∥'`ヽ、             /          |
                ∥′  \             /              丿
                    ∥′    \          /i          ,ィl|
                  ∥′        〕h、、.,,__   /ー|           ,ィi{//|i
               ∥′      ノ//////¨¨¨ |_,,.、、-‐…'''''″V//∧
                   ∥'       j[//////     ´         〉// ム
                 ∥′     ∥/// , ′               乂/ミ//}h。,_
              ∥        ∥////                   ヽミ三リ
                  ∥        ∥//,/
               ∥         ,'///∥
             ∥        /////ノ
                 ∥       //// /
              ∥      //// /
            ∥      乂//
                ∥
             ∥
           ∥

              ∥
            ∥
          ∥

          ″


 それに、サッシャ・ハインケスの個人的な事情として。
 目の前に危険が指をくわえて転がっているのに、そこに飛び込まないはずがない。


 ロンドンの夜は、サッシャが普段暮らしているカリカットよりずっと明るかった。
 貫通ガス灯が淡い光を放ち、その光がスモッグに反射して拡散する。
 昼は視界を遮るばかりだったスモッグが、夜間においては光を広く淡く届ける手助けをしているかのようだ。
 そのせいで、寧ろ昼よりも落ち着いて道を歩けるほどで、サッシャの気持ちはすっかり弛緩しきっていた。
 ただ、やはり気管には悪い……用意していた十本の煙避け用霊薬のうち、これで既に三本がなくなった。(二本目はパブからの帰り道に使用した)
 今は新しいものを作る設備もない。なくては色々と不便を来すものだから、早めに準備をせねばならないだろう。

 ×××

 生暖かい風が吹く。スモッグのせいだろうか。
 ロンドン中を包み込むスモッグはやはり、どこへ行けども絶え間なく続いている。
 たまらなくなって、30分ほどで、意味もなくもう一本の霊薬を消費した。ねばつく感触が口の中に広がって、吐きそうになる。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: _:
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 八
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: {_}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::__ム以__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉 ‐ァ‐r‐〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

:::::::::::::::::::::::::::::: / /   '、 \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::.:::::: /   /    `、  \:::::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::.::.::.:<___,.イ___,厶___>.::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

:::::::.:::.:::.::.::.:.| |::: | |:ム___ハ | |. :::| |.::.:::.:::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::.:::.::.::.:.:.:...| |:: .| |:.: : . : ::| |. .::| | .:.::.::.:::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::.:.:::.::.::. :. . | |:. .| |:. .  . .:| |. :| | .: .::.:::.:::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::.:.::.::.:.:. : . | |:. .| |: .  . :| | .:| | . .: ::.::.:::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:.:.:.: :. : . .  | |. | |.    .| | ..| | . .: ::.::.::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::.:.::.::.:.:. : . | |. | |    | |. :| | . .: ::.::.:::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::.:.:::.::.::. :. . | L..」 辷冝辷l l___」 | .: .::.:::.:::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::.:::.::.::.:.:. 厶ニニ辷_____辷ニニ弌.:.::.::.:::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::.:::.:::.::.::.:.::: ||:::::::丿 八::::::::||:::::::.::.:::.:::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::.::.::.:::::||:::::〈_´_〉:::::||::::::.:::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::: \___)____(___/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::{___}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::: `!   i´::::::::::::::::::::::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  ,二二二二二二.__)::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|__j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::八_八:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::: {_______}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ーーーーーーーー‐|  |―ーーー――ーー―ーーーー―‐|―ー
 .....:::::.:.::.::.:::::::.. .::::: |  |:.:.::.::.::    :::::.....:::::     .:.::.::.::::::↑::.:....
 ... ... :::..:...........  :: |  |..:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:.::.::.: Λ ......
::.  .:::.__.:: .___  ::. |  |:__:   .:__::.  .::__ ..: ___.:.::::./ Λ:::.


 神経を研ぎ澄ませることも過剰に警戒心を払うこともなく、虚ろに道を歩いていると、ふと、突き当たりに巡り会う。
 街路の端――――目の前には大きな煙の管があって、それがもうもうと息を吐いている。
 管の径は太く、大人が通ることができるほど。
 恐らくは地下にある炭鉱や工場に繋がっているのだろう。ロンドンがスモッグに包まれた主要な原因の一つがこの煙突である。
 市中に約1000本突き立てられたこの管から吹き出す煙が、ロンドンに覆いをかけている。
 この狂った世界を作り出しているのがこの管だと考えると、サッシャは蹴り倒してやりたい気分になったが、
 そんなことをしても何の解決にもならないので思いとどまった。
 下で動き続けている機関(エンジン)が止まらなければ、この煙はどちらにせよ止まらない。別の場所から二倍の煙が噴き出すだけだ。
 しかし、こんな夜になっても延々と煙を吐き続けているとは、地下で働いている作業員たちは一体何時寝ているのだろう?


 ブレイディストリートからホワイトチャペルに入った辺りで、空気の変化に気がついた。
 今までの眠くなるような薄暗闇とは違う、冷たい、冷たい、夜の闇。
 サッシャは今までで十分にロンドンの闇を堪能した気分だったが、真相はどうやら違ったらしい。

 ロンドンには、まだまだ腐るほど闇がある。

 つん、と匂ってくる血の臭い。
 背筋がぞわぞわしてくる。手のひらから汗がにじむ。

「チュウ」

                  、,.、: : 、,_、:
              .i` 、 ´: : ``゙"'、

              `.-`    : : :  :ヽ
               ":   : : : ◎: :  y
              ,!: :       .、:/ノ\
              │: : :   ,,,,_、,ン/′
              !: : :     .,、 `i、
              ,l゙:  : : 、  l゙  `'、
             ,": : : : :  '、     .l゙:i、
             ,":  ヽ,,,_、 `i、    l゙、゙l,
            ,!: :     `"'''、'丶 : 丶"
               ,′:   ''"‥、 `   : ゙l
           丶: : : : :    : `、    ゚:
           l゙: : : : : : : : : : : `:    ;

           '、: : : : : : : : : : : .,!    ,!

            'i、: : : : : : : :   .,!  : : .丿
           、,.`:  : : : :   .,"  : .、,i´  : : :
    _,--丶--、‐''_ン'``‐、,.,,,.,,,,,,、,,i、.、-..,、`、  : : : : : : :
  .,、/"`^``"'''''"゙`       : .ニシ``  `""゜       : : : : : : :
 ``                                     : :

 ネズミの鳴き声。首を傾げると、真っ黒で丸々と太ったネズミが二、三匹、サッシャの回りで動き回っていた。。
 その目はぎょっとするほどに血走っていて、サッシャは思わず身じろぎした。その動きに反応して、ネズミもどこかに駆けていく。
 サッシャはそのネズミの行く先を目で追った。スモッグが視界を遮って、目を凝らさないとすぐに分からなくなりそうだった。
 ネズミはやがて、民家の壁際で動きを止めた。サッシャは、その場所をぐっと凝視する。
 そこにあったのは、ネズミの大群と、赤く染まった死体。あまりにも損傷が激しく、元の背格好も判別出来ない。
 きっとそれが元々人間だったのだろう、という推測が立つ程度である。衣服もずたずたに引き裂かれている。

「ちっ……!」

 サッシャは懐から護身用に用意してあった警棒を取り出し、死体に群がるネズミたちに向かって振り回した。
 一、二匹を打ちのめして道路に叩きつけると、残りはそれに驚いて逃げ出した。
 死体に駆け寄ったサッシャは、それが男性であることと、顔の殆ど、右手人差し指以外の全ての指、陰部などが、ネズミによって食い荒らされていることを確認した。
 酷い有様だ。腐臭が漂わないことや赤々とした血液を考えると、死んでから殆ど経っていないはず。精々、一時間か二時間といった程度。
 その短い間にここまで食い散らかされるというのは、通常ではない。かつてサッシャが住んでいた原野近くの集落でも、ここまでではなかった。

 血みどろの衣服を改めると、どうやら作業服のよう。肌の中でかろうじて血を被っていない部分は、煤の色がくっきり染みこんで真っ黒になっている。
 この男は、地下で働く炭鉱夫か、或いは工場作業員か。どちらにせよ、この発展するロンドンにおいて、あらゆる面で最も『割を食っている』人間だ。

「可哀想に」

 サッシャは、この男の生き様がどんなだったか知らない。それでも、どんな生き方をしてきた人間でも、こんな終わり方はむごすぎると、そう思った。
 だからせめて、これ以上ネズミに食い荒らされることがないようにと――――霊薬を振りかけた。

 霊薬はウィッチクラフトの応用によって作り出したものである。生け贄にした獣をどろどろの汁になるまで煮込んで呪詛をかけたものだ。
 命を奪うことによって生み出された負のエネルギーは、術者本人には薬になるが、術者以外に対しては毒として働く。
 よってネズミは近づかなくなる。また、生け贄による呪詛は死のエネルギーであるため、既に死んでいる者に対しては悪影響を及ぼさない。
 霊薬の効果は約4時間で抜ける。夜が明けて、彼が中央警察裁判所(ボウ・ストリート)に発見されるまでには、霊薬の効果も消え去っているだろう。

「これも、『吸血鬼』の仕業なのだろうか」

 エーブリーは、『『吸血鬼』は数え切れないほどの殺人事件を起こしている』と言っていたが、いくら何でもこんなあっさりと出くわすことになるとは思わなかった。
 どうやら、『数え切れないほど』というのは、本当に比喩ではなかったらしい……下手をすると、一日一人以上のペースで殺しているのではないだろうか?


 「……」

 死体に驚くことはない。今までの人生、知り合った人々が次々と物言わぬ屍になるのを幾度となく見届けてきた。
 死に様にも驚きはしない。もっと惨たらしい死に方も知っている。人にやったこともある。
 けれども、まさかロンドンでこんなことが起こるとは思っていなかったので、サッシャは少し動転していた。
 否、ロンドンだからこそ起こるのかもしれない。
 ここは科学の最先端にして最尖鋭。最も鋭く尖った場所であり、それ故に、あらゆる狂気を包み込む。
 そしてロンドン全体を包むスモッグが、人々が向ける邪悪への関心をぼかし、精神を剥奪しようとしている。

 晴れた空の下でならばきっと、彼は死なずに済んだだろうに。

「……ああ」

 漏れた息が、どんよりとしている。自分で思っていたより、疲弊していたようだ。
 霧のせいで時間感覚がぼやけていたが、そういえばロンドンには今日来たばかりで、長旅の後から一睡もしていない。
 今日のところは一旦諦めて、『マンション』に帰ることにしよう。

 サッシャがそう決めた、その時だった。

 ひた、ひた。
 足音が近づいてくる。否、足音と呼んで良いのか分からない。
 足音よりも不気味で、足音よりも柔らかく、足音よりも粘っこい。
 ぞっと寒気がして、サッシャの気分が高揚していく。ロンドンの霧に、自分の体が溶けていくようだ。

 ひた、ひた。
 奇妙なリズムを刻みながら、その足音は迫ってくる。どんどんと大きくなってくる。
 ちょうど綺麗に背後の方向だ。此方へ向かっているらしい。

 ひた。ひた。
 『吸血鬼』だろうか? サッシャは警戒態勢に入る。まだ動きは起こさない。
 こちらが気づいていることを、相手に気づかれる訳にはいかない。

 ひた、ひた。
 警棒を握りしめる。いつでも振り向きざまに打ち抜けるようにしよう。
 しかし、もし夜道を歩いているだけの一般人だったら?
 明らかに異常な足音だが、それでも相手が一般人だったら?
 ……その時は、逃げよう。全力で逃げよう。ただ……万が一のことを考えて、殺さない程度の一撃にしておこう。

 ひた。ひた。
 射程に入った。今だ。

 サッシャは振り向き――――背後に立つ『それ』が何であるかを視認しないままに、勢いよく警棒を振り抜いた。


            、`           ,ィi{二二二二ニニ/    、`   ,心
              、`            _,ィi{ニニニニニニニ/   、`     ,心
          、`           _、‐7二二ニニニニニ/´  、`      心
.        、`        _、‐゛ ∥ニニニニニニニ,′ 、`       ,心
        、`   _,.、、、x‐ァ.,,_  〈ニニニニニニニニ=-、、.,,,___   ,心
.       、`   ァ'゛.,,ミ、ん二二\__}ニニニニニニニニニニニム,,心
     、` ___/ _,,x弍从}h、`ヽー‐ァニニニニニニニニニニニニ心
    。゜  __アノ´ ,. (iィハヾ`  ヽ/ニニニニニニニニニニニニ心
  。゜   `7 ´/∥ ;   ゚。 }乂_寸ニニニニニニニニニニ,心

 。゚      ', / { { { {  リ〈  ノ^|二二ニニニニニニニニ,心
。゚       _)j{ 八 ゚。、ヽ } ト^¨〈 jニニニニニニニニニ,心           、`
          乂_ヽーヽ」∨   /´|二二二ニニニニニ,心             ,心
        、` !川ミミT__∠う /  ‐ ̄```マニニニニ,心             ,心ニ
.      、` |川川    `ー'  ー    _ ^寸ニニ,心         ,心ニニ
.      、`  |川川       _ ̄   _   ``,心         ,心ニニニ
    、`     !川l川       _ ̄    ‐     ,心         ,心ニニニ
    、`      |川 川     ‐    _      ,心          ,心ニニニニ
  。゜        !川l川     ‐   ー     ,心          ,心
 。゜         |川l川     ー   _    心         ,心
。゜        i川l川   _ ̄  ー    心          ,心
           ヤ|l|l小   ‐   _    心           ,心
.           ヤ|l|l小  _ ̄  _   心           ,心
           ヤ|l|l小 _ ̄   ̄  ,心           ,心


 ――――結果として。
 警棒は『それ』に激突したが、その上で『それ』が倒れることはなく、寧ろ警棒の方がそれの硬さに負けてへし折れてしまった。
 振り抜き終えたサッシャが見た『それ』は、サッシャが想定していた何とも違っていた。
 『それ』は魔術師ではなかった。『それ』は殺人鬼ではなかった。『それ』は一般人ではなかった。
 『それ』は吸血鬼ではなかった。『それ』は人間ではなかった。『それ』は――――人型ですら、なかった。

 それは、巨大な『蔦』だった。



lヒ
|ll!
''lllヒ
 lllム           _/

  lllllヒ          _│
  ''lllllム         lサ
   ゙lllllル        lllト
   ゙llllllll!_      |llヒ

    ゙lllllllム     |llll!

     ゙゙lllllllル_    llllヒ      `'ll_                          ゙l
      ゙llllllllllll_   |llllヒ       ^llllll_                        .lル
       ゙llllllllllll 、  lllllヒ        ゙lllllllll_        、              .lllル
        ゙llllllllllム  ゙lllllル  1     ^llllllllllll 、       ゙l 、            lllllヒ
         ゙llllllllllル_ ゙llllllll  │     ^lllllllllllム_       ゙キ 、          lllllllト
          ゙llllllllllll!ノllllllll  ∥     ゙lllllllllllllム        ゙lム         llllllllナ
           ゙゙llllllllllllllllllll!  ゙lll      lllllllllllllllム        |llll 、      .llllllllナ
            ^lllllllllllllllllllll!_ ''lム     lllllllllllllllllヒ       ゙lllll!      ,llllllllllll!
 ー--,,__       ゙lllllllllllllllllllム ゙lllll_    |llllllllllllllllll!        lllllヒ     ,llllllllllllナ
     ゙゙゙サllllllll_    ゙llllllllllllllllllll_゙lllム    ゙lllllllllllllllllllヒ        lllllll!    ;lllllllllllレ
        ゙゙|lllllllllll__  ゙llllllllllllllll!ノllllム   .|llllllllllllllllllll!    !   .|llllll!  _llllllllllllllナ
          lllllllllllllllllllll_llllllllllllllllllllllllル  |llllllllllllllllllllエ   ∥  |llllllll! ,llllllllllllllナ
          ゙lllllllニ゙゙゙レレlllllllllllllllllllllllll!llllllム ''lllllllllllllllllllllll!   |ll!  lllllllllヒlllllllllllllllll/
            ゙lllllllll____ニlllllllllllllllllllllllllllllll!llllllllllllllllllllllル  .|ル!  lllllllllllllllllllllllllル
             ゙゙゙!lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllト _lllll! ,lllllllllllllllllllllllル’

                  ゙゙̄lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll llllll! ;lllllllllllllllllllllヤ       _
             \      ゙lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll!llllllll!_lllllllllllllllllllル´      ,,llll!
              ゙ll 、    ^llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll!llllllllllllllllllllllllll_______lllllllll!
               ゙lll_    llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllヤ
                ゙lllll 、   |lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllル~~
                 ゙|llllム_   lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllル ̄^]lllll!|llllll!
                  lllllllム  ゙llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllサ’  __llllレ’.|llllllト
                  ''llllllllll!  ゙lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll!ニ___llllルレ’ _llllllll「
                  |llllllllll! |llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllルレ´___llllllレ’

                   llllllllllllll_.lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllルレニ_llllllllルレ'´
                   |llllllllllllエlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllルllllllllllllllllllル~~
                   .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllルレ~~´


 「……!?」

 異様な光景だった。ロンドンのストリートの一角。工業的なスモッグに埋め尽くされた街路の中央に、
 まるでそこにいるのが当たり前と言わんばかりに屹立する、鶯色の蔦。無数の蔦の固まり。
 それは互いに絡みつき合って球体を為し、何本かが手足、否、触手の如く飛び出している。
 先ほどからのひたひたという音は、恐らくこの触手が地面についたり、離れたりしている音だったのだろう。

 サッシャは咄嗟に距離を取ろうとするが、間に合わない。無数の蔦のうちの一つがサッシャの腕に絡まり、サッシャをその場に引き留める。

 「くっ……」

 腕尽くで引きはがそうとするが、蔦の力は強力で、下手に引っ張ると腕がちぎれてしまいそうだ。
 サッシャは自由になっている左手で全身をまさぐり、武器になりそうなものがないか確かめた。
 あった。ナイフが一本。ズボンのポケットの中に。
 素早く取り出し、右腕を捉える蔦を切り裂く。それほど固いというわけではないらしい……飛び出している部分の蔦に関しては。
 中央の球体になっている蔦については、引き締まっているのか妙に固い。ナイフも恐らく通らないだろう。

 サッシャは蔦の動きを注視しながら、徐々に距離を取っていく。蔦はぐるんとしなり、サッシャに向かって鞭打を放つ。
 すれすれで回避し、再度少しずつ距離を離す。とにかく蔦の射程外から逃れなければ、気を休める暇も確保出来ない。

 一歩。また一歩。サッシャと蔦との距離が5mほどになると、蔦の攻撃が直接は届かなくなる。
 すると同時に、蔦もサッシャに近づくのを止めた。
 その代わり、今までサッシャが蔦とそれの接触を図らずも阻んでいたもの、つまり『死体』へと触手を伸ばす。
 何をするつもりなのか。サッシャが静観していると、植物の球体の中央がくぱりと開いた。
 半月状に開いた蔦の上と下には、牙のような鋭い鉤がびっしりとついていた。

 「……!?」

 そして、サッシャが何か行動を起こす間もなく、それは死体を飲み込んでいく。
 ばりばり。むしゃむしゃ。もぐもぐ。
 骨も肉も髪も服も、全てまとめて食べ尽くしていく。

 「まさか……こんなのが『吸血鬼』だというのか……?」

 サッシャには納得しがたかったが、こんな化け物が夜の町を徘徊するようなケースが、他にあるとは考えられない。
 男の死体全てを捕食し終えると、蔦の色が緑から赤へと変色した。
 怒っているのか、それとも、高揚しているのか。
 いずれにせよ、サッシャは、この『蔦』は吸血鬼と何らかの関わりがありそうだと判断した。
 臨戦態勢。ナイフを握りしめ、構えを取る。

                 __,,...,,_
                 _、‐zィ777h、ヽ、
              / /イ/////人ヽ`、

                ーァ∥(∧/ iヽト\  \
              { {{λヽ、ノ人ヽ} }i } )
                '乂弋ッミ从r ッティハト
                   八  、,   u/ィ゛
                _、、、h、 ‐‐ /)ニ)
             /iアイニ}iー,.ィ(ニ/゙ト、
                } }、く∥ニニニ㌻ ト、\
               {ハ´ j|`ト‐=ニア ー== \\
             「「l j|:i|:i:i:i:ア  冫 _、ヽ`  ',             ……気が変わった。お前はここで倒して連れて帰る
              l | l |:i|:i:ア _、‐゛ァ'゛    、/
               ∧! |/ア、‐'/ /    、`ノ
              ,゙ l| }ヽ` / /    /、`
             j{ ヽ i |   ∥ {  / /
           /`ヽ}} }  、 {i∨/   /j
             }   丶h。,___У゛   ,゙「
          ヽレ>ミ∧.,][_/     弋ヽ
           l´ _,ノ{∥ ̄}    /  ` 、

           レ'´ ̄\  ,゙    /      ` 、
            ,イ   ヽ八/   、`         `、
         、 ` {}`i  ∩/、  、`         `、
.        /   `ーL|_l::/⌒``7            `、
     /       レ^、、____,′              `、
.    、`         /   `T''′            `、
   、`         { _   |               `、
  、`          } }心 /                `、

 不気味で、奇妙で、おぞましい。計り知れないほどの悪意が、その蔦には込められているような気がした。
 ならば自分が除かねばなるまい。道理に外れた危険に相対することこそ、サッシャが自らに課した自らの役割であるのだから。


 サッシャは、既に狙いを定めてあった。
 狙いは一つ。しかしそれは、蔦の陰に隠れて見えにくい場所にある。
 確実に捉えられるかは分からない。しかし、確実に蔦を破るには『そこ』を突くのが必須事項だ。

「……」

 現在用意していた霊薬は、煙避けのものと、軽微な身体強化を施すもの。
 距離が空いている今のうちに、後者を手早く飲んでしまう。

「……Kraft ein(第一強化)」

 視界明瞭――――膂力向上――――腕力向上――――しかし、若干。
 蔦は、赤くなってから更に強くなったようで、ブンブン振り回す触手の速度は先ほどまでの比では無い。
 こちらも機動力、耐久力共に上昇しているとはいえ、多少のダメージは覚悟しなければならないだろう。
 より強力な霊薬を持ってきていれば、そう苦戦する相手ではなかったはずだが……無い物ねだりをしても仕方が無い。
 今ある武器で、挑み続けるしかないのだ。




                        、              /;::;::;::;     ,..,.:;/
                        /    _,. -ァ     /;::;::;::; ,.:   ,..,.:;/
                       .: _,. -‐ " //   /;::;::;::; ,.::   ,..,::;/
                       -‐'"    /    /;::;::;::; ,.::  ,..:;:/
                          /   ./;::;::;::; ,.:  ,..:;:/
                         /  /;::;::;::; ,.:  .,.:;:/
                      _,.:/´  /;::;::;::; ,::   ,.:;:/                      ,. ' ´
                 ,    / '  /;::;::;::; ,::   ,.:;:/                       ,,.. ''"
                /    / /;::;::;::;:. ,::   ,.:;:/                    ,,.. ''"
    .:        ,  /   _,./ /;::;::;::;:. ,::   ,.:;:/                  ,,.. ''"
    .:        l /    ///;::;::;::;:. ,::   ,.:;/
   .:         /´  // /;::;::;::;:. ,::  ,.:/                 ,. ''" _  -   ̄
   : :.    f  , ;/  / /;::;::;::;:. ,::   ,.:/     ,. '"7         ,. ''"
        {、_/"  / /;::;:;::;::;::;:  ,::;/  ,. -‐ '" /      ,. ''"
         / ;:/ /;::;::;::;::;::;::;::;::/ /'⌒´   /´    ,. ''"
  /     / / ./;::;::;::;::;::;::;::;/        '"(

  {      'f;::/;::;::;::;::;::;::;::;/: : : : : : ,.  '" ノ ,.イ
  `W i    {'::;::;::;::;::;::;::;::/ : : : : : : /   /´
  λ ;l!、ィ  |;::;::;::;::;::;:/"´`て_ /   /´
 / ∨i/ヽ |::;::;::;:/     /  , '"                                             _,...,,_

    /::;:-┘ イ/        ,. ニ 'ー  ̄ヽ// _                             _  -‐   ̄_,. -‐ '"
  /;::;::;!   //       , '"       /- '" ̄   ヽ                     _,,.. ''"   _  -‐ '"
 ;::;::;::;::;|          , '         、´         イ,                ,,.. ''"  _,..-‐'''"~
 ;::;::;::;::;:!      , '"                   /          _       ,,.. ''"

 ;::;::;/ i    //                 /,:'  `) _       ,. '"   _,..-‐'''"
   '"      /                       ⌒  ヽ--─ '"    -='
                   _  -‐                       ノ
             ,,.. ''"                               :.


 駆け出したサッシャは、まず霊薬の空瓶を蔦の中央目がけて投げつけた。蔦は触手を振るって、それをはたき落とす。
 そこで生まれた隙をついて、サッシャは蔦の真下に滑り込む。そしてナイフを使って、足になっている触手を一本切り落とした。
 二本目も切る予定だったが、別の触手によってナイフを弾かれてしまう。その時に右手を思い切りはたかれた。しびれて、まともに握れなくなる。
 だが、片一方でも切り落とせば足りる。蔦はバランスを崩し、中央の球体は石葺きの街路に墜落した。
 サッシャは起き上がり、それを蹴飛ばした。が、伸ばした足は即座に触手によって捉えられ、
 右手、左手も、間もなく触手に絡め取られてしまう。
 足は今、蔦の核に触れる距離にある。核が死体を食らったときのようにぱっくりと開き、鋭い牙が顔を覗かせる。
 サッシャも食べようとしているのだろうか。サッシャは足の力で踏ん張ろうとするが、想像以上に蔦の力は強い。


 「危なかった」

 サッシャは冷や汗を掻きながら、しかし、勝ち誇った顔で、蔦の核を見下した。
 足は少しずつ核の口? の中へと近づけられている。もうすぐ、牙に触れそうだ。

 「さっき滑り込んだときに、『これ』を握っていなければ、僕の負けだった」

 そう言って、彼は左手をにぎにぎと動かした。その手にはネズミが握られていた。先ほど彼がはたき落として、今も気絶しているネズミだ。
 蔦は、何の反応も返さない。

 「分からないのか? 自分がどういう状況に追い込まれているのか、まだ分からないのか?
  それとも、答える機能すら持っていないのか……?」

 力では蔦が上回っている。足が食いちぎられるのも時間の問題だ。それでもサッシャは焦らない。
 やがてネズミが意識を取り戻して、サッシャの手の中でもぞもぞと動き出す。

 「……悪いな。まあ、あの人の死体を食った咎だと思って、大人しく『犠牲』になってくれ」

 足が、蔦の口の中に引きずり込まれた。間もなく、牙がサッシャの足を食いちぎる――――

 「Kraft zwei(第二強化)!」

                                 ,.j l゙|、〟
                                j ! !.l !l.|| l゙
                               i ,!.l }|.|川│li i
                              ,!.! l "" .| .!.! ! !! | 、
                                  i,!.! !     │!|│|,!
                                 i | !′        . | ,!| .,
                            ! ′         ‘ !.! .li
                            /,!            l l|
                           /              " .l!
                           ,i/                  ゙|
                             i|′               !
                          il゙                :}
                            l                 }
      ,il! .,                l           l     │
     川l i〃                 ,!           l      .|
     ll' l l.l !                 l゙           │      !
    i′!  ll                 /  .、         ,!      !l゙
    .l゛   │                /  ./         !      .|.!
    l    │             l゙  iト         !      li,′
   ,!    l             /  〃         ,!         |||
   .l゙    |                / .〃         /       ,!
  │    !            / .〃         !      | ,!‘

   !     !               / //             l       .l〕l゙
  .!     l            / //         /   .、   l !l゙
  l     .|              / //            /   ./   .l゙ li゙
  !    │             / //          l   /   .,! l゛
  .l゙    │         / / l            /   /   !  '

 瞬間、サッシャがネズミを握りつぶし、そして、ごく短い詠唱を行う。
 それで十分。それ以上の過程は必要ない。否、多少要素が欠けていたとしても問題ない。
 犠牲を捧げたという事実以外は、彼のウィッチクラフトにおいてそう重要ではない。
 そして、犠牲の価値は時間経過によって劣化する。即ち、犠牲に捧げた瞬間が、使用するには最も適している。

 血飛沫が飛び散る。握りつぶされたネズミのものだ。
 同時に魔力もあふれ出す。それはまるでバケツの水をひっくり返した時のように。
 その魔力はその全てがサッシャに集積し、そして光速で足に伝達、凝縮……そして、サッシャの蹴りが、内側から核に炸裂する。
 蔦は、まるで乾麺を湯で解いた時のようにほつれ、拘束が緩み、そして一瞬膨らんだかと思うと、四方八方に飛び散った。


 「はぁ……はぁ」

 疲労の度合いはたいしたことはない。肉体へのダメージも、霊薬によって軽減されている。
 しかし、精神的な疲労が凄まじかった。蔦を倒し終えたサッシャは、力なくその場に膝をつく。

 「やっぱり……準備もしっかりとしないままに、戦いを、挑むのは、良くないな……」

 万全の体勢を整えていれば苦戦するような相手ではなかった。
 だが、体力の損耗、装備の欠缺、そして精神的動揺。
 あらゆる要素がサッシャを追い詰めた結果、このような瀬戸際の戦いになってしまった。
 事実、一つ間違えばサッシャは掴まれた足の足首から下を失っていたかもしれない

 立て膝のまま、サッシャは飛び散った蔦を見渡した。
 ちりぢりになって動かなくなった蔦は、そこら辺に生えているそれと何ら変わりないように見える。
 少なくともさっきまで動物のように動いていたとはとても思えない。



            、`  -‐==ミミミ,ィi〔三Ξ‐-ミ、 `ヽ、`、
           、`_、丶 ,心//////////ミh、ミh、`ヽ、 `、
             /  、`/////////////////心`ヾ、  ゚。 `、
         ,  ∥ ,゙ {/////////ト、マ心, ヽム  ` .,,乂 ',
           {  jj ゙ レ'/ V/// {ヽ ヽ寸ハ  Vミ=‐ ゚。 i} 、
           } } jj ノ _ノ 乂ノノ'从 \ '/Vリ i} j  } ! }iトー-  ゙ . 〃
        ノ j {ⅱ    / ノ ヾh、  j}   } ; i  j {j jリニム゙,:;´_ ゜, '′
        ー'゙イ゙从     ´ i  i{    ,  ,゙ ,゙ 八 V/'ニニニ∥((う) ;;′ '′
             乂レ'\ 、 i{  Vノ i|  ,゙ ,゙ 人 ノ/ ノノヘ乂二二∥ ミ=彳 7=-、
           ノ人ミ、} `弌  ヽノ / / ∠イ イ´ _ノニニニ∥ -′ /ニニ心,         魔術師の使い魔か、或いは怪物の類か……
             ,ニ二ノ 人 `'ー- ∠/ '´  ノノ匕二二ニニ∥ jァ` ,心二ニニム
           ,ニニム|  ̄`` ̄`   u   '¨7ニニニニニ| ,:'゙ ,ィi{二ニニニニム
            {ニニ二|__,,.        / ,心二二二ニニ|,.ィi{ニ彡' }ニニニニ
           やニニ二}h、ーニ=-  _ィi{_,,.ィ(ニニニニニニ㌻``_,,.、-'''```  _,,フ_
                やニニニニ心、 _,.ィ(ニニニニニニニニニア  '゛  _,,.、、-‐=ニ二二
            寸ニニニニニニニニニニニニニニニ㌻/   ‐-===--――‐-=
              }ニニニニニニニニニニ二二二㌻   -‐",,..  __,,.. -‐…ァ二
                `寸ニニニニニニニニニ二二㌻        ´  __,,,,. -=ニニ二
              ヤニニニニニニニ|''‐=ニア/,     '''ー   マニニ二二二二

                  寸ニニニニニ二二}  ,心/∧     _,,. - 、、..,,,_  ̄-ニ二二ニ
                   寸ニニ二二二心、,心////}h、,,ィ劣ニニニニニニ=ー-'ニニニ



 サッシャの仕事は、対人間が多かった。獣相手もないではなかったが、こうまで常識の概念から逸脱した怪物と戦うのは初めての経験だった。
 ただの使い魔でこの戦闘能力ならば、これの使い手は相当強力であるに違いない。
 それは分かる。何故ならばここは時計塔の直ぐ近くだ。直轄地域からはそれなりに距離があるものの、時計塔の魔術師たちがふと『散歩』に出かけて、
 この辺りを立ち寄るということも――――十二分にあり得る話だ。

 ひょっとすると、『吸血鬼』というのも、時計塔の魔術師が戯れに作り出した使い魔が、暴走して生まれた産物なのかもしれない。
 それならば、魔術協会が反応しないのも分かる。手前の失態を敢えて晒すようなことはするまい。

 サッシャはなんとか立ち上がって、落穂拾いの要領で蔦を順番に集めていき、空き瓶に詰められるだけ詰めた。
 詰められない分は、コートを脱いで、それで包んだ。
 そして、半分ほどを集めた頃のことだった。

 また、誰かが近づいてくるのが分かった。
 サッシャの額から汗が流れる……もう戦っている余裕はない。
 彼はまとめた蔦だけを手元に控えて、それから物陰にそそくさと隠れた。


 そして現れたその人物に、彼は見覚えがあった。
 ついさっき、見たばかりの顔だった。


         _ -‐::''"´ ̄::::`::::::.、
ヾー=ァ'""`´:::::::::::::::::::::::.ヽ、`ヽ:.\
 >:"´i!::::::::::::::::::::::`ヽ::::::::::ハ:::::::',:::::::ヽ、
/:::!::::::::::!::::::::\::::::::::::::::\::::.ハ:::::::',:::',::::::丶
:::::|l::::::::j'::,::::::::::ヾ::、,. -‐―、:ハ:::::::',:::',:::::::ハ
:::;j!l:::::::.!::::'::,:::::::::ヽ ``ヽ__ヽ:::::::::::',:::',::::::::.∧
:::i::j::::::.ィ"´ 、、::::.ヽ ,ィf:::て了:i::::::N!:::',:::::::::::!}
イ:::l::::::::.! _ 、 \ヽ:..、ゝ-‐ ' ',:j::::.!:j::::::,::::::::::::!

:!::::|,::::::::i!f:うj  \,       !::::::,::::::::i!:::::::::.|
i::::::l:,:::::::.    i        j/::/:::::::::::l.::::::,'!               ……なにかしら、これは
!;:::.i:::,::::: i!.   `      /:::/::::,:::::::::,::::/:{

)ノ:.ヽ、.ハ.     t =-  /::::::イ:::/:::::::,'!:./,从
  >;:::!ヾ、ヽ、        i;::i:::::!/i::::/:::!'/::::ハヽ、
二ニ=-j!::>::>...、  . イ i:::|::,j'::::!:./:/:ハ,'::{::::i!:::}

|/:::::://::!::/:::i::ヘ:.`.i´    ヘi;;人:::>tl/:/从{:/:;;ノ
{:;::i::'、:/::ハ从V」:_:,rf´   ,..ィ ソ,..)ィ´'´ト<,.. -- 、
 )ハノゝ.ィ "" ,ィfi! l  r≠    ,.:':;:>"´     ヽ
  /    ハ/  >∠._     ,.:';:;:〃           ハ
/     ハ/ /:tj!ヽ:.ヽ  ,.:';:;:;:;,''           !
      ハ//:::::::j::l:::::ヽ:∨;:;:/,′          l }
ト ,ヽ  、,':;:〈:::::::::::,':::!:::::::::X:;:;:;:; ///           ,l |
7_ \,';:/:::::::::/:::,'::::/:::ハ:;:;://   _    ,    i,′
   ̄>';:'´ ̄``:.ヽ'i::::::::::::::;,ム´―≠ ̄    /  /


 ユーリエ・ホーグランド――――間違いなく、そこにいたのは彼女だった。
 いずれ聖杯戦争で敵対する一人、ユーリエ・ホーグランドがそこに立っていた。
 先ほどまでサッシャと蔦が戦っていた街路にやってきた彼女は、街路に散らばった蔦を見た途端、怒りとも呆れとも取れない溜息を漏らす。

 「『蔦』が壊されたみたいだから来てみたら……奇妙ね。中途半端に持ち去られている。
 それにこの血痕……もしかして、『吸血鬼』がやったのかしら?」

 どうやら、彼女も吸血鬼を探しているようだった。
 『蔦』が吸血鬼だと思っていたが、彼女の言い振りを察するに、そうではないのだろうか?

 「ま、いいわ。一番弱い『ラフレシア』が壊されたくらいじゃ、私の戦力に大きな支障は出ないもの……。
 それにしても、誰がやったのかしら? 吸血鬼? それとも、誰か別の魔術師かしら……?」

 彼女はこれ以上強力な使い魔をまだ大量に抱えているのだろうか? だとすれば、手強い相手になりそうだ。
 無論これほどの規模の使い魔となると、複数使役はもとよりサーヴァントとの平行使役も困難だろうが、
 相手は時計塔でも新進気鋭の人材。どんな潜在能力を秘めていてもおかしくはない。
 しかし、ラフレシアというには、随分と、蔦、だったが……。

 「……そうね……一度やってみてもいいかもしれないわ……こそこそ隠れた鼠を捕まえるには、有効かも……」

 ぶつぶつと呟きながら、ユーリエは散らばっている蔦のうち一つを手に取った。

 「……Sammele」

 「―――――!?」

 次の瞬間、サッシャは全身を引っ張られているような感覚を覚える。極めて強い力だ。留めておけない。
 引力の出所はユーリエのいる場所だ。まるでユーリエと自分が磁石になったように、強く、強く、ユーリエへと引きずられていく。
 全身が、丸ごと持って行かれるほどの――――いや、違う。サッシャは気づいた。引っ張られているのは、『蔦』だ。
 彼女の魔術で、自分の使い魔の残骸を手元に引き寄せたのだ。
 慌てて彼は、瓶の蓋を開け、コートに包んでいた蔦をばらまく。自由になった蔦たちは、各々ちりぢりにユーリエの所へと飛んでいく。

 なんとか凌いだか? 否。
 凌げているはずがない。
 なぜならば、手元に散らばっていた以外の蔦は全て、今、サッシャがいる方角から飛んできたのだから――――。

 サッシャの予想通り、全ての蔦を手元に集めきってから、冷え切った声で言った。

 「――――そこね」

 次の瞬間、束になった蔦が弾丸のように飛び出して、街路の壁を削り取り――――サッシャの居場所を露わにする。


 サッシャの姿を見たユーリエは、やがてにっこりと笑った。

                                                        __,.. -―‐-、,r==―‐-- 、,._
                                                    _,.''´:::::::::::::::::::::::::::::::_,,..::-─--、::::`ヽ.
                                                、__,./::::"´ ̄ ̄`::::::::::::::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.

                                                 ヽ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,
                                                 ノ::::::::::;::::::::/::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,
                                                /:::::::::::/::::::/::::::::ハ::/::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::i
                              .                   /::::::::::::::{::::::::{::::::/  {::::::::::::::::::::_ノヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                                              〈:::::::::::::::八::::斗-ノ―-ハ::::::::::::::|ィ' ___ヽ:::::::::::::::::::::::::::::l

                                               )::::::::::;i::::::::ヽ八(     ヽ::::::/     `ヽl:::::::::::::::::::::::::|
                                             ,:´イ:::::;i::::::::::::::{   _ _  jノ        ';:::::;ハ:::::::::::人
  始めまして。貴方が、私の『ラフレシア』を可愛がってくれたのね。      .i::::ノ:::::::::::::::j  〃´ ̄ `       ==x  /';/:::::i:::::;/:::::::ヽ    
                                               レ'^〉:::::::::::::} ///   ,        ヾ /:::::::::::::!ノ::::::::::::::::':,
  素敵。私は強い男性は好きよ                    f゙ヽ      .ノ::::::::::::::八       __ ////:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',  
                                        | l     〈:::::::::::::;:':::::::ト 、    ∨  ノ    /::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::}
                                       _ | l, -、    ヽ:::::::;i:::::::::::|::::::> 、.        /:::::/:::/::::::::::|::::::::::::::::::::,'
                                     , -( ヽ } /     )::ノ、::::::::::::|/|:::::::::;:>  -‐=≦l::::://:::::::::::::::ハ;::::::::::::::::;'
                                    r‐'   ヽ l{ |     '´  ヽ::::::::::!-―‐/`ヽ、  / ̄|;ノ'|::::::::::::::/::::::';:::::::::::;'
                                    に 、_ )_)'´ │        ,.ヽ::::ノ#,#,#|  ハ|_,∧  ./#,#,i:::::::/`:、:::::::::}、::::;:'
                                    l   `ヽ  ノ        / .ノノ#,#,#,#∨`{ ,__}´| /#,#,#,j//`.<! ヽ:::ノ '´
                                    ヽ     /        /  '´.|#,##,##;'  /  i ∨#,#,#,#,#/   `ヽ´
                                     ヽ  /ヘ        _/    }#,##,#/ ./  |  |#,##,#,#,#|/    l
                                    ∠{ /   ヘ     { l   ./#,#,#,#| /   |l .|#,#,#,##,#{     .|
                                    {  ̄     ∧     7   ./#,#,#,#,#レ'   || .|#,#,#,#,#,#}、    人
                                    \___/  \   ∧l  .{##,##,#,#iヽ、  /| ノ#,#,##,#,#,#}     ./



       _____ ノ___

       _,.、rセニ≦三三三ミh、
     / ,ィi//////ヽ/////ム、\
   、`ィ i㌻/////ヽ/j∨/ハヽハ ヽ``ト--'′

   ,゙ 从〈 ,゙ {/{∨ ; }リ }}从} }从}リ、 ゚。
  ノjj ∥ミミ/八 !人ノ,゙ 八リリ ,゙jレ゙ノ }i ',
-‐彳リ {i 从( ノ川{ ∥//__,必ノ=彡丿ハ ト、

 .ノイ{八i从Уイ 乂Vノ_ノ/_ノ  ノ 彳ノ′
   乂、 V h、_乂ヽ\  ̄、.,,_彡ヘァ/
     ヽヽ}iリ i u      _ >              ……
      )//;¦ ゚。         /
      / : i   \    ¨ア
.     ,心、 j:ⅰ   ミh。,___/
   _.ィ(ニニ}h、!    _/ム
ニニニニニニニ|! /ニニニ|

ニニニニニニニレニニニニ}h、
ニニニニニニニニニニニニニ}h、、、
ニニニニニニニニニニニニニニニミh。,_
ニニニニニニニニニニニニニニニニニ}i
ニニニニニニニニニニニニニニニニニム
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニム
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ′
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ{

 サッシャは何も言わない。いや、言えない。
 この女性の笑顔の裏に隠れているものが、サッシャには透けるように見えてしまうから。
 そして、次にこの女性が何を言うかも分かってしまう……。

 「嘘って言いたそうな顔してるわね? でも、本当よ。本当。
 私、とっても大好きなの……」


:.:.:lili:.:ililililili:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:.lililili\:.:.:.:.\:.:.:.:.:\:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ :.
lili:.:.:lil:.:ililililili:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\lilililli\-‐===:.:.:、:.:.:.:.:.:ヾ:li:.:≧x:.:.:.:.:.:.:} :.!
lil:.:.:.:lili:.ilililililililii:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\lililili\゙:.:.\:.:.:.:ヾ:!.:.:.:.:.|:lili:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.::} リ
lili:.:.:.:.lili:.:.lilililili∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:\lili\}lili\:.|:l:|:.!:.:.:.|:lili:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:}
lilili:.:.:.{lililヾlilililililiミx:.:.:.:.:.:.:.:.} \,x≦三三ミ|:l:|ハ:.:.:.|:il:}:.:.:.:.}ハ!.:.:.:/

lililil:.:.:.\lili\lilililililil\:.:.:.:.:.}ハ/'´ ,.:=..、  ヾiリハ∨:|.:.:}:.:.:.:.}ハ:.:/
lililハ:.:.:.:.ヾlililヾ、lililililili∨:.:|},/   (ilililil)   ,イ// ∨:./:.:.:.∧:.:./            ――――自分のことを強いと思っている奴を、
li∧:.ヾ:.:.:.:.:.\lili}lil≧xlili}:.:.|,'ヾ、 _`¨_´ ,x彡'/ }} jハ:.:.:/:.:.:∨

li{lili\:.\:.:.:.:.:ヾlililililili\:.:.|:..... ヾ三=二¨´__ __,ノ( iliハ:/:.:.:.∧                 滅茶苦茶に屈服させてやるのが、ね……!
l:ヾlililil`ミ=‐-ヾlil\liliヾミ:.ソ! : 、_‐-二__,,‐==ニゝ´ilil|:|lili:.:.:.∧:..

iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii:.,彡' =‐- ̄     `ヾ: : : {ili||:|lilil:.:.:.:.∧::....、
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii:.             ,): : ;ilil||:|liハ:.:.:.:.:.∧:.:.:\
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii:..          ´: : /lil/|:|lil}:.:.:.:.:.:.:.∧:.:.:ヾミ:、

iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii{:..、         ,ゝ . : /lilil{::|:|ili}!∨:.:.:.:.:.∧:.:.:.ハ \
:ハiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii{::/      /  .:::/lilil,.:∧|lili}:.:}:.:.:.:.:.:.:.il}:.:.:.:ハ:.
:.∧iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii{;.... _,,...; ''"´    :/lililil,.:{ililil:.:.|:.:!:.:.:.:.:.:.:il}.:.:.:.}.∧
il.:∧ iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii`≧===≡彡'´       /lilililili,:.{lili:.il::.|lili:.:.:.:.:.:.ilili!.:.:.:}!.:.:}
lil:.:.∧\iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii:.      /ilililililili/:/il{://:.lilili:.:.:.:.,ilililil:.:.:.lili.:.}
lil:.:.:.:∧iii`> iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii:.     /:::.、ililililil/:/lil{//:.ilililililil:.:.}:|lililil:.:.:lili.:}
iliハ:.:.:.∧iiiiiiiiiiiiiii≧:::...iiiiiiiiiiiiiiii:.  /}iiii、 `ヾili{:.{lilil{:.:}lililill|:|ililハ:}:|lil.:/.:./:.:/
i:.i∧:.:.:.∧iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii>:.:...ii:./iii/iiiiii∧   ∨:{ilili{:i:}lililili|:|lililili}:}il/:.:/lil/
liliiiii丶:.:.∧iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii/ {iiiiiiii∧   ∨\iハ!iilililiリliliハ:}!.:.:,:彡'
lililili} ∨:.∧iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,.:イ  {iiiiiiiiii∧   ∨ .\lilililililil}  ノイ
ilililil}:.  ヾミ=‐-iiiiiiiiiiiiiiiiiiiii/: :/  {iiiiiiiiiiiii∧   ∨iiiiiiヾilⅣリ
lilililili\  ∨iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii/: : :/    ヾ.∨iiiiii∧ /iiiiiiiiiiiiii∨}


 概ね予想通り。サッシャに迷いはなかった。
 蔦――――否、『ラフレシア』を倒した後、サッシャは以前に叩き落とした鼠のうちもう一匹も手元に保管していた。
 それを素早く取り出すと、

 「……悪いけど、僕のために犠牲になってくれ」

 申し訳程度の弁明を口に出し、それから勢いよく潰して詠唱する。

 「Kraft zwei(第二強化)!」

 瞬間、サッシャの膂力が極限まで強化される。サッシャは蔦と蔦の間をくぐり抜けて、街路に飛び出し、そのまま帰路へと走り出した。

 「あっ、ちょっと、待ちなさい!」

 ユーリエは蔦を機敏に動かしてサッシャを捉えようとするが、新鮮な犠牲によって強化されているサッシャは、逃げに徹している限りそう容易くは捕まらない。
 サッシャは攻撃を仕掛けてくるユーリエの表情が、まるで鬼神のように歪んでいくのを確認した。
 恐ろしい女性だ。面と向かって対峙したくはない。

 「待てというのが聞けないの! ……このっ、よくも私の『ラフレシア』を壊しておいて、あんただけ逃げようだなんて……
 殺してやる……次に見かけたら、全力で壊してやるわよ! 精々、残りの余生を楽しむことね!」

 負け惜しみにしか聞こえないが、しかしサッシャにとってしてみればとんでもない話だ。
 恐らく現時点では、ユーリエはサッシャが聖杯戦争の参加者であることを知らない。
 だから、今吐いている罵詈も、所詮は脅しの罵倒に過ぎないだろう。広いロンドンの中で、二人の関わりない人間がもう一度偶然出会うことなど、滅多にないことなのだから。
 しかし、敵対することが運命づけられた、聖杯戦争という舞台に上げられたならば――――
 正当な復讐の機会が生まれる。二人の間には関係が生まれ、どちらかが脱落するまで何度も何度も出会うことになる。
 そのたびに、彼女は自分を殺そうとしてくるのだろうか? 躍起になって?

 背筋がぞくぞくした。この感情が高揚なのか悲嘆なのか、自分でも判別がつかない。
 結局、今回の一件はサッシャにとって、吸血鬼について何ら情報を得られないまま、別の参加者に目をつけられるという最悪の結果で終わりを告げた。
 敢えて一つ挙げるならば、あらかじめユーリエの魔術を見ることができたのは、サッシャにとって大きなプラスになったかもしれない。


【今日はここまで】
【次回、まだ未定】

『マンション』最上階見取り図

┌────────────────┐



├────┬──────┐

│        │            │
│サッシャ...│            │
│    の  │  中央フロア   ???
│    部屋│            │
│        │            │
│        │            │
├────┴──  ───┴────┤
│                                │
└─────┐      ┌──────┘
           階段



 ユーリエを撒いてから、サッシャはそそくさと『マンション』に帰った。
 もう夜は深く、道程にあるあらゆる通りは死んだように寝静まっていたが、こと、その『マンション』に限っては事情が違う。
 各階のどこかしらには煌々と灯りが点り、それぞれから叫声とも怒声とも嬌声ともとれる、およそ人間らしくないわめき声があがっていた。
 耳をつんざくそれらの雑音に耳を塞ぎながら、サッシャは最上階へと登っていく。

 下の階とは打って変わって、最上階にあったのはしんと静まりかえった空間。
 部屋の中に入ってドアに入ってしまうと、階下の喧噪が全く聞こえてこなくなる。
 おんぼろマンションだが、防音設備は案外しっかりしているということか? それとも、エーブリーが何かやっていたのか。
 階下でその風潮が一切見受けられなかったことを思うに、恐らくは後者なのだろう。

 どうやら……というか、見るからに……エーブリーは深く眠りについているようで、サッシャが忍び足でフロア内に侵入しても、
 物音一つ立たなかった。なんとかばれずに乗り切れたらしい。サッシャは安心し、血を浴びた服だけを軽く着替えてからベッドに潜った。


 ×××

 朝七時。徐に起き上がったサッシャが朦朧としていると、中央フロアからトマトの煮える香りが漂ってくる。
 サッシャが身支度を調えてから部屋を出ると、以前にシェーズ・ロングがあったその場所には清潔なクロスがかかった大きなテーブルが置かれていた。
 テーブルには対面するように二つの椅子が備えられてあり、それぞれの手前にはストロベリー・ソースのかかったポリッジ、
 半熟のポーチドエッグ、ぱりぱりに焼けて皮が突っ張ったソーセージ、そして山形パンのトーストが、
 そしてテーブルの真ん中には、大きなボウルに入った山盛りのベイクドビーンズと、小皿に盛りつけられたフルーツが飾られていた。

 匂いの元は中央にあるベイクドビーンズらしい。なるほど確かにその色はトマトの赤を彷彿とさせる。
 余りにも、昨日の様子と比べて整いすぎた朝食を見て、サッシャが肝を抜かしていると、向こうの部屋からエーブリーが現れた。
 手には木製トレー。昨日のボトルとカップが乗っている。

「起きたか」

 がしゃあん。
 ぶっきらぼうにそう言うと、エーブリーはトレーを乱暴にテーブルの上に置く。
 そして、ボトルからカップに紅茶を移して、サッシャに突きだした。飲め、と言っているのだろうか。

「……どうも」

 剣幕に押されて、サッシャはカップの中の紅茶を一気に飲み干した。
 高温の液体が喉を通り抜けて焼けるような感覚が襲ってくる。

「何故、あれだけ言ったのに出歩いた?」

「! ゴホッ、ゴホッ」

 出し抜けに突きつけられた言葉に、サッシャは焦って噎せこんでしまう。
 口の中に残っていたら紅茶を噴き出していたかもしれない。危ない所だった。

「知っていたんですか? 気づかれないうちに忍び込めたと思っていたんですが、実は、起きていたと……?
 それとも、出る前に見られてましたか……?」

「いや、私は気づいていない。行きも帰りも、ちっともな。だが、この子が見ていた。おい、出てきなさい」

 エーブリーがドアに向かって声をかけると、ドアの向こうから給仕服に身を包んだ少女が現れた。
 うっすらと微笑みを浮かべているように見える。あどけなさの残る、可愛らしい少女だった。歳は12歳くらいだろうか?

「彼女は?」

 サッシャは、少なからず戸惑った。今までこのフロアに使用人がいるなどということを認識したこともなかったからだ。
 それとも昨日はいなかったのだろうか? いや、それならば夜に抜け出す場面を見られているはずがない。

「昨日、少し話していただろう。彼女が私の”生徒”、Laurel(ローレル)だ」


 「……」

 ローレルと呼ばれたその少女は、サッシャに向かって丁寧にお辞儀をした。
 まるで人形のような少女だった。
 均整の取れた美しい容貌、透き通るように白い肌。碧眼の瞳はサファイアのよう。
 しかし表情は真顔のまま全く変化なく、動きもどこか直線的だ。

 「『生徒』ですか? でも、着ているのはメイドが着ているような……」

 「この子には――――私が色々なことを教えている。家政学もその一つだ。今日の朝食も、彼女に作らせた」

 「……そうなんですか」


           , -‐[><]‐- 、
     _()_ ./ x x x x x .ヽ

  ,.-、/ー--一\ x x x x x |
 lr^y'       ノア x x x x |       _
 ゛ニi       (__ノx x x x x|      (v) ,-,
   ゝ____ノ二二二二二二l    /~~~r/'´

    ` ̄ ̄ ̄´____    __  / ̄ ̄ ̄\
         「二二二 hi  /  ( <______>
        , -\___/'-.、〈___〉 ` ̄ ̄ ̄ ̄´
        ゛========''

 十二歳の少女が作るにしては、妙に完成度が高い。
 エーブリーの言葉をそのまま信用するならば、即ち彼女もこの程度か、それ以上に料理に長けているということになるが……
 偏見だが――――サッシャには、とてもそうには見えなかった。

 「聖杯戦争中、そして準備期間の間は――――何かあれば彼女に言い給え。彼女はロンドンのことを誰よりもよく知っている。
 君がぼったくりに捕まるために費やす時間の何分の一もの早さで、彼女は君の望むものを手に入れるだろう……
 ウィッチクラフトには、準備が必要なはずだ」

 「……はい。ええ……」

 確かに備蓄は尽きてきていた。ロンドンの地理も良く分からない。
 専門外の要件に関しては詐欺を掴まされる可能性も十分にある。現に昨日、クレアの助けがなければ騙されていた。
 だから、その申し出は有り難いのだが、その後に追従するであろうことを考えると、サッシャは素直に喜べなかった。

 「――――その代わり、昨夜のことを釈明しろ。何故君は、あれだけ釘を刺していたにもかかわらず、
 敢えて危険な夜間に出歩くようなことをやったのだ」

 予想通り、来た。
 エーブリーは少なからず怒っているらしい。当然だ。忠告をその日のうちに無視したのだから。
 今後も同じ事をされては、あちらとしてはたまらないと……そういうことだろう。

 「君は私のことを裏切らないと、昨日言ったな。それがどうだ。まさかいきなり一日でこんな風に顔に泥を塗られるとは思いもしなかった」

 サッシャにしてみれば悪意があってやったことではないのだが、彼女からすれば裏切りにしか思えないのも当然だ。
 決して天邪鬼を発症したのではなく、寧ろ正しいと信じてやっただけなのだが、彼女がそんなサッシャの事情を理解してくれるとは思えなかった。

 サッシャに対して『危険』を説くということは。
 言わば、飢えた虎の前に裸の子供を放置するようなものなのだから。


 「……すみません。つい、興味本位で」

 しかし。
 自分の主義信条を声高に唱えるような主張の強さはサッシャにはなかった。
 サッシャは、戦闘中でもない限り、道を歩けば必ず人に譲るような青年。しかし、内に秘める拘りが生やさしいわけでもない。
 必然彼の行動は、言葉にすることもなく遂行されることとなる。
 不言実行。場合によっては美談のように語られるこのスタンスを、サッシャは良く取っていたが……この場合、不言は必ずしも美徳ではない。

 「ロンドンに始めてきたので、少し、興奮してしまって……以後は気を付けます」

 サッシャはエーブリーに対して真意を明らかにすることなく、上辺だけを取り繕った言葉で誤魔化した。
 エーブリーはまだ少し疑っているようだったが、やがて肩をすくめて椅子に腰掛けた。

 「……気を付けてくれ。私にも計画(プロジェクト)がある。君は計画(プロジェクト)の中の重要な歯車の一つだ。
 欠けてしまっては、プロジェクトという名の機関(エンジン)は機能不全に陥ってしまう」

 どうやらそれ以上の追及はなさそうだ。サッシャはほっと胸をなで下ろした。
 ただ、『出て行った』というだけでこれなのだから、更に『数日後にある聖杯戦争の敵対者の一人と遭遇した』どころか、『その一人に殺意を向けられた』なんてことを話したら……
 ああ、何と言われるか分からない。このことは自分の胸の中に仕舞っておこう。サッシャは固く決意した。


                  /:.:.:.:/:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ム:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶
                 ./:.:.:.:/:.:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                /:.:.:.:/:.:.:.:/:./:.:.:.:.:/:.:.:./:.:.:._/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |

               ム斗:':.:.:/. イ:〃:.:.:./:.:.:./ィ//(\:ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|

             . <:.:.ノ-=彡イ イ:. i!:.:. /:.:.:./7¨Xh:.\\\r、 :.:.:.:.: |
          . <:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:ハ | : |!:.: |:.:折示ミxト、\ハ i7 7ヽ:.:./:.:|
         //:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:./:.:.:斤:.:.|!:.: |:.:ハ|  ┴くハ ヾ |! .ハ/:./:./リ
       //:.:.:. /:.:.:.:.:.′:.:.:入7 ハハ:.:|、{       ハ ″ }ル':././
       V:.:.:.:.:.:./〃:.:.:.:.:l :.:.:.: |  、  八 V  、      {   丁/
       ヽ:.:.:.:/:.ll:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.|   、  、   ヾ_ 、   _.ィ    |/               さあ、これ以上は止めにしよう。朝から気が滅入る
       _ノ:.:.:.:L入:.:.:.:.:八:.:.:.:.:ヽ.  ヽ  \    ´ イ:.:.: |  ._人
    . <:> ´   `丶:.:.:.:\:.:ハ 厂| ./ ヽ <_:.:.|:.:. 人/   ーァへ           それに、ローレルが作ってくれた朝食が冷めてしまうからな
 . <:.:.:厂 ̄`丶     ヽミ、:.、:.:|ノ .| .Κ /  ,イ:.:|:/ /     /   \
/:.:.:.:.:.\|      \    )  ヽ:V   /   V / ./:.:.|'   、   /        \
:.:.:.:.:.: . /|       ヽ       ):)  ム._   Vム :|:.:.:.:ヾ、   `ヽ          \
:.:.:.:.:.: /: |       八    :iー彡1     ヘ  V .「:|:.:.:.:ハ >ミ_ム_             \
:.:.:.:.:.:.l:.:,」      ./  \ }:|         、 V ハ:.:}:.:ハ!  /   > 、         \
、:.:.:.: |:.|          ヽ|:| ./        八  V /イ:./ /   /'   \        \
..\:.:.:|:.| \         ,/ル′     ./  ヽ V/´|/   /       \        ヽ
  〉:ノ:.|   ヽ      .//           \|!  |   /         \        〉


 その一方で、サッシャは少し反省した。
 エーブリーとしても、今言ったとおり……朝駆け一番にこんな話をしたくはなかったはずだ。
 回りに迷惑をかけてまで危険を突き詰めるのはサッシャの本意ではない。寧ろ、周りに迷惑をかけず、周りの面倒を回収しながら、
 如何に自分に危険を集積させるかこそが、サッシャが人生をかけて取り組んでいるライフワークである。
 『危険』を請け負う何でも屋などというのは、その為の一つのツールでしかない。

 朝食は二つ並んでいる。エーブリーと、それからローレルの分なのだろう。
 何度見ても垂涎もので、五感……特に視覚と嗅覚にきつく訴えかけてくる。未だにまともな食料調達に成功していないサッシャにとって、この匂いは辛い。

 「そうですね。僕もどこかで朝食を取らないと。このへんのカフェで、何か美味しい朝食が食べられるところは知りませんか?」

 サッシャが何気なくそう聞くと、エーブリーはきょとんと目を瞬かせた。

 「……? 何を言っているんだ? これは、君のだぞ?」

 「はい……?」

 そう言って指さされたのは、サッシャの部屋側に置かれた料理のプレート。

 「えーと……それは、ローレルさんのものじゃないんですか?」

 「いや、違うぞ」

 「もしかして、もう食べてしまっているんですか? そうですよね。朝早くからこれを作ってたなら……」
 「そうじゃない」

 エーブリーは、サッシャの言葉を遮って、苛立ち混じりに吐き捨てた。

 「……この子には、食事なんて必要ないんだよ」

 「……?」

 理解出来ないサッシャをよそに、エーブリーは朝食を食べ始め、ローレルは向こうの部屋へと消えていく。
 サッシャは戸惑い、しばらく食事を前に佇んでいたが、エーブリーからもう一度急かされた結果、とりあえずいただくことにした。


 ×××

 PM1時。サッシャは昼食を取った後マンションを出て、なにというわけでもなくロンドンの町を出歩いていた。
 相変わらず霧は濃密で、真昼間でもまるで夕方のようだ。サッシャがここに来て二日目だが、もう気が滅入ってきている。

 「こんな世界でずっと暮らしていたら、身体は言うまでもなく……精神も間違いなくおかしくなる」

 通りを行きながら、すれ違う誰にも聞こえないほどの小さな声でそう呟く。
 流石に真昼間の繁華街では人通りが多く、賑やかな喧噪が煙の陰気さを少しかき消してくれた。
 焼け石に水、とも言うが。

 聖杯戦争まであと四日。ローレルの手助けによって材料の調達や食事の確保の手間が省け、サッシャは一気に手持ち無沙汰になってしまった。
 彼女は本当にこの町のことを良く把握しているらしく、午前中のうちに、頼んでおいた魔術用の用具を予算の1/3で全て調達してきてしまったのだ。
 体力的な意味で言えば、ローレルのおかげでかなり負担が軽減された。彼女には感謝しなければならない。
 もっとも、ワーカホリックなきらいがあるサッシャにとっては、心安まる休息とはいかなかった……が、
 それをして文句を言うのはお門違いというものだと思い、黙って支援を受け取っておいた。

 「……」

 とはいえ、生け贄用の獣や両生類、防火素材、チョーク、蝋燭、マッチ、それからいくつかの植物や菌類。薪。そして鉄製のステッキ。
 これらの全てが同じ店で買えたとは思えない。必ず、2、3の店を回って買い集めてきてくれたのだろう。
 いくらエーブリーの指示だからといって、文句も言わずにやってくれるその精神には脱帽ものだ。
 自分があれだけ幼いときは、誰に対しても、あれほど従順ではなかったし、あれほど真摯でもなかった。

 だからこそ、それだけに、エーブリーが朝食の際に発していた言葉が気に掛かる。
 彼女は、ローレルに『食事』が必要ないと言った。それは一体どういう意味なのだろうか?
 あくまで『生徒』であり、住み込みの使用人ではないというならば、本来の家で食べてきたということかもしれないが、
 それならそうと言うだろうし、そもそも彼女の扱いをして『生徒』ということがまず違和感だ。
 エーブリーはローレルに色々なことを教えていると言っていたが、しかし、朝から昼にかけてのエーブリーのローレルに対する扱いを見ていると、
 単に使用人としてこき使っているようにしか見えなかった。料理を運ばせたり、掃除をさせたり、使い走りに回らせたり……
 それに、住む家が別にあるというのならば、何故彼女はサッシャが出入りする様子を見られたのか?
 彼女が目撃したのが『行き』ではなく『帰り』だとするならば、彼女は夜の三時前後にこのマンションにいたということになる。

 果たして『生徒』が、そんな扱いをうけるものなのだろうか?

 「……分からない」

 あまり深入りすべき事情ではないのは理解している。
 それでもサッシャは、エーブリーとローレルの関係への違和感をぬぐい去れずにいた。

 ×××

 PM3時。
 サッシャは何と言うわけでもなく、昨日ユーリエやその使い魔らしき『ラフレシア』と戦闘を行った、ホワイトチャペルの一角を訪れていた。
 『蔦』がえぐり取った舗装も、崩された壁もそのまま……ただ、周囲に飛び散っていた血痕だけは跡形もなく消し去られていた。
 ユーリエがやったのか、或いは『吸血鬼』がやったのか。

 「……」

 サッシャは詳しく調べたかったが、あまりその場に足を留めておくわけにもいかなかった。
 もしかするとユーリエが、サッシャがここに戻ってくることを予見して、使い魔の類を周囲に隠しているかも知れないのだから。
 まだ日は高く、人通りは多い。仮に使い魔が放たれていたとしても、あの闇と霧の中、ユーリエが正確にサッシャの顔を捉えられていたとも思えない。
 あくまで『通行人の一人』を装って、偶然の遭遇を装う程度に確認するならば、ユーリエの目を欺くことも難しくはないだろう……。

 結局サッシャは、五分ほどだけ立ち止まってから、ホワイトチャペルを後にした。
 新しい事は何も分からなかった。
 ただ一つ奇妙なこと。明確にえぐり取られた街路や建物の外壁は、恐らく誰の目から見ても明らかなほどだったはずだ。
 にも関わらず、サッシャがそこに立ち止まった五分ほどの間に、通り過ぎていく何百人というロンドン市民の誰一人として、
 サッシャのようにそれに興味を示すことがなかったことだ。

 麻痺している。
 この町に広がるスモッグが、市民のあらゆる感覚を麻痺させている。

 ×××

 PM4時。サッシャは帰路についた。
 あれから意識して町を眺めてみて分かったことだが、確かにロンドンの至る所に『夏日星計画』のポスターが貼ってあった。
 内容は、出資を募るもの、研究員を募るもの、フォーラムの紹介、単なる告知と様々で、いずれも力強いタッチで描かれている。
 それこそ、周囲のくすんだ色合いのポスターと比べても、異彩を放つほどに力強く。


 ×××

 マンションに帰ると誰もいなくて、サッシャは部屋に戻ってベッドに座った。
 机の上には、ローレルが買いそろえてくれた様々な材料が並べられている。
 中には、期待していなかったほど良質なものも含まれていた。

 「……良い仕事だ」

 とても、十二歳の少女がやったこととは思えない。まるでウィッチクラフトについても熟知しているかのようだ。
 もっとも十二歳というのは、サッシャが見た目から判断した主観的な情報に過ぎないのだけれど……それでも、その前後であることは間違いないだろう。

 よく考えれば、エーブリーが魔術使い或いは魔術師である以上、ローレルもその近縁である可能性が高い。
 エーブリーが言う『生徒』とは、主に魔術についての教育を行う、言わば『弟子』のようなものなのだろうか。
 それならば、ある程度の理解は出来る。ウィッチクラフトの基本事項について把握していてもおかしくはない。
 たとえそうであったとしても、サッシャの姿を目撃した、というのは、どうにも妙に感じられて仕方が無かったが。

 「……」

 どうも今のロンドンは、明瞭としないことが多すぎる。
 今、科学の最先端と魔術の最高峰を同時に内包するこのロンドンという都市が、その許容を越える要素を

 何年か前にここに来た時は、ここまで極まっていなかった。
 サッシャは最初それを、時代に合わせたある種想定内の変化であると考えていたけれど……どうやら違ったらしい、とサッシャは認識を改める。
 ここまでの変化は想定外の領域に達し、これは最早異常な変転である。
 スモッグのせいか、或いはスモッグすらもその変化の余波に過ぎないのか。

「……」

 ひび割れた窓から外の景色を眺めた。やはりスモッグが町中を包み込んでいて、本来の姿は明瞭にならない。
 ……ロンドンという町は、これから先の未来もこのままなのだろうか。
 次第に濃度を高めていく毒の煙、それに順応していく人々……そしてその流れは、最先端であるロンドンから、ヨーロッパ、アジア、そして世界中へと広がって、
 最後には地球の上からスモッグに隠れない場所が消え去ってしまうかもしれない。
 ロンドナーもきっと同じ事を考えたはずだ。今、なけなしの金をはたいてロンドンを脱出したとしても、いずれは
 現に世界中のあちこちでこの動きが起こっている。パリや、モスクワや、ニューヨークなどでも、ロンドンとは比べものにならない程度にせよ、空気の汚染は進んでいるらしい。
 インドでも同じだ。カリカットではまだその風潮は見られないものの、首都のカルカッタでは既にイギリスから派遣された十余の資本家がそれぞれ、
 人家100軒以上の地下空間を使って大きな工場を作っているらしい。
 大英帝国の植民地であるインドでは、他の国に増して早いスピードで開発が進められるだろうし、
 それはつまり、より早い段階で、都市が、国家が、霧に飲まれるということでもある。

 生まれも育ちも違うとはいえ、今の住処(カリカット)は気に入っている。しかしいずれはこの霧に飲まれるというのならば、次の居場所を探さなければなるまい。
 しかしどこへ逃げたとしても、そこが地上であるならば、地球上であるならば、いずれはスモッグの魔の手が視界を覆い尽くす。


 これは確かに絶望だ。全てが実現するのは途方もない未来の話とはいえ、絶望であることに変わりはない。
 この様子を生活の中で目視し続けたロンドナーたちが、途方もないロケットに夢を見るのも、決して奇妙な話ではないのかもしれないと、思った。
 綺麗な世界を失ったから、綺麗な世界を求めるのだ。
 それが手に届かない世界であっても。「ある」というだけで慰められる。
 地球全土をいずれ覆い尽くす『汚染』が、火星にならば及ばない。
 絶対の『理想郷(ユートピア)』が存在するということによって、ただ存在するということそれだけによって、
 この町に住む哀れな人々は『救われる』。

 しかしロケットが失敗すれば、最早火星は地続きの世界ではない。
 それは『夢』から『幻』に変わる。決して届かない世界。あり得ない世界。
 たとえば世界のどこかに妖精の島があって、そこでは誰もが年中遊んで暮らし、しかも誰一人として老いることも死ぬこともない、というような、
 全くあるはずもない幻に変わる。

 夏日星計画失敗の暁には、この町は一層深い闇に沈むだろう。
 それでもやる――――やらねばならない。そういう仕事なのだから。そういう役割なのだから。
 たとえ自分の信条がどれだけ一方に偏ったとしても、やると決めたことはやる。
 だが、心までがそれについてくるかは分からない。今のところはついてきていない。

 サッシャは全くの善人ではない。だが決して悪人でもなく、どちらかと言うならば善性の人である。
 だからこそ、危険を追い求める際に、それを他人に押しつけたりはしないし、危険と共に生きる自分の性分上、誰に対しても一定の距離を開いて接してきた。
 しかし今回は、不特定多数から夢を奪い取るような仕事だ。サッシャが

 サッシャの目下の課題は明らかである。
 戦争が始まるまでに、夏日星計画へと傾倒する何らかの『理由』――――
 或いは、自分が加担しようとしまいと、『夏日星計画は破綻する』という根拠を確保しておくこと。
 たとえサッシャがいなくとも、夏日星計画が失敗に終わる、というのならば。サッシャが戦う『意味』はなく、そこには『危険』だけが残る。
 彼にとっては最善の状況だが、客観的に見て、それを断言出来る状況にはない。
 現状、夏日星計画は着実に基盤を固めており、運命改変の聖杯戦争ですら、ほぼリスクなくクリアできるだけの地盤を固めている。
 それこそ、『ついでに反対派勢力を削っておくか』などという『脇道』が許される程度には……。

「……いや」

 そこでサッシャは思考を転換した。
 そうではない。単純に見ればその通りだが、視点を変えてみたならどうか?

 つまり、サッシャの介入にかかわらず、『夏日星計画は必ず破綻する』のではなく、
 サッシャの介入にかかわらず、『夏日星計画は必ず成功する』としたら……?

 サッシャが幾ら懸命に戦ったとしても、夏日星計画を失敗させることができないとしたら?
 それならば、最終的にはサッシャは誰にも迷惑をかけることはない。
 そして現状、彼我の戦力差を鑑みると、到底勝機を望むべくもない劣勢だ。サッシャが八面六臂の活躍を見せたとしても、聖杯にはきっと手が届かない。
 少なくとも、2対5かつサーヴァントのクラスに偏りがある、などという場合であれば。

「それだ……!」

 その点に気がついたサッシャは、拳を固く握りしめた。そうだ。そうすればいいんだ。どうして今まで忘れていたんだろう。いつも、そうしてきたじゃないか。

 言わばそれは、壁を切り崩す作業のようなもので、壁が削れば崩れる程度に脆いならば、壁を叩くことは罪になるが、
 壁が決して砕けない強い素材でできているならば、壁を叩いても問題はないということ。
 壁を幾ら叩いても壊れないのだから、壁を叩くことに意味はないが、少なくともマイナスの効果は発生しない。

 無益な戦いの為に危険を冒すということは、サッシャ・ハインケスにとって日常茶飯事だった。成果を残せた方が少なかった。
 だから、もしそんな態度で望めるならば、サッシャはいつも通りの全力を振るえる。
 迷いを捨て去ることができる。

 しかし、サッシャは一つ見落としていた。
 2対5という状況も、クラスについての偏向も、それはあくまでエーブリーの予測でしかなくて、
 現実にどうやってクラスが配分されるのか、或いは参加者が誰なのかということは、結局の所、分からない。
 サッシャやエーブリーは元より、ユーリエら敵対勢力においても正確に把握しているものはいないだろう。

 真実は一つ――――今はまだ眠りにつく、聖杯だけが知っている。


【というわけで、次回からいよいよ聖杯戦争始まります】
【もっとも、避難所参照の事情により更新ペースは遅いかもしれません】

    ┌、
    ,ミ,へ ,..-‐-.、
     \ \:::::o:i
     / / ::::ノ
    i' /ゝ只7.ハ      ローレルは、この世界観において華恵(ハンナ・エーブリー)に付属しているものです

     `ゝ` <V/ ノ
       } /´/|       元になる固有のデータはありませんが、
      ./< ,イ、 >,
     〈{''ノ_ノ_, \/

     / ,ィ/  /       物語の役割的には完全なモブではありません
    / /.〈 ,ム
  / /   \ \
 < ./      \ ,>、
(_)'         (__γ'     AAもないのでもし「これは!」というものがあれば教えて頂けると使うかも知れませんが、想像に任せるのでもいいかなあって

ここまでプロローグに気合い入ってるとエタらないか心配になるな


      ,.-‐-.、
      i':o:::::o::i
   ,-,っゝ::::::::u
  ./,{ヌじ,ヽ只>、          色々前に言ったこと破ります。ごめんなさい
 〈__>i \V7l |

    〉   o | ,!          ①まだ聖杯戦争始まりません
    / __ハ__ゝ_〉、
   /'´ /ヽ \トノ        ②他視点無しと言いましたが、今回は他視点です(あくまでメインは主人公であるサッシャですが、その方が良いと考えた場合は他にも偶に飛ばします)

  ./  /  \ .〉
  .|  |   / /         次こそ、次こそ始まりますんで……(文章自体はできてるのでそれは確定)
   |  |  〈__,/
   .|_|  t__)
  (_)'             というわけであと少ししたら第六回貼ります。どうでもいい話ですが、現時点で(後に控えてる次回分含め)だいたい六万字超くらいあるみたいです




      ,.-‐-.、  >>681  どちらかと言うと、リアルタイム安価で進行してる余剰時間がなくなってきたので、せめて内容増やそうとこういう形式に変えてる感じですね

       i'o:::::::::::i
      ゝ::::::::ノ         こちらの方が私の時間拘束自体は少なくて済みますし
     ,ヘ ´ー'1、

    / /   |、\

    〈 〈|_   .{./ /
     Vy'´ , `l,>'      勿論、もう少し文量減らして欲しいという要望があれば考えます
      |._∧_j 
      |  l |

      |  l |      ちなみに、仮に週1~2更新にするとしたら何曜日がいいですか?(まだすると決めたわけじゃないですが)
      |  l |
      |_|__|
      (__j__j     それと、「設定変更でサーヴァントの時代縛りなくなった」的な話って、もうしてましたっけ?


 PM2:00。ユーリエ・ホーグランドは鉄屑に囲まれた部屋の中にいた。
 正確には、彼女が『鉄屑』と呼んでいるだけで、一般的には鉄屑ではない。
 『機関』。石炭や石油を動力に変えるための、蒸気文明の根幹にして結晶。
 多様多種な『機関(エンジン)』が、今、天井にずらりと並んでいる。

 使用のためではない。展示、或いは『誇示』のためだ。
 それは、その場所がこれまで歩んできた栄光の足跡、その象徴。

 そう、今、ユーリエ・ホーグランドは。
 当代の科学の最高峰。文明の尖鋭。叡智の極致。
   L   O   R
 『王立研究所特務機関』にやってきているのであった。

 「……どこまで話したっけか。ああ、そうだ。ロンドンを中心とする機関文化、の話だったな」

 ソファーに座ったユーリエは、黙って話を聞いている。
 先ほどから一人でずっと喋り続けている男は、研究所特務機関の一員で、名を、Micha Gaitskell(マイカ・ゲイツケル)というらしい。
 ユーリエ及び聖杯戦争の担当を任せられているらしいのだが……正直言って、人選を誤っているとしか思えなかった。
 全身を包帯で覆った醜い男。声もしゃがれていて、対応も粗雑だ。
 仮にもこのユーリエ・ホーグランドが態々優雅なる時計塔より足を運んでいるというのに、例を欠くにも程がある……と、ユーリエは先ほどから苛立って仕方が無かった。

                 _ _
              _r厂 仁二 ̄\

              r'  rン ,r' ̄ ̄ ¬
             〃 // /  / ̄ ̄`ヽ
           // / / ;:′ /  _rニ二二L_               えー、であるからにして、現在、ロンドンで使用されている機関(エンジン)は、

            || | { / / _/        \
            | | Ⅳ > ∠ -‐' ̄ ̄_二≧ミrヘ             大英帝国が誇る最大の天才たる科学者某によって開発されたこの『ベアトリス3型』だ。
           トrjV 「/      _,.<  ` く/厶ノY′
           〈〈}iV |    ,ィif・j}l} ト、ヽ、 \ ,上n            これは従来の『レオポルド5型』と比較しましても大変効率の良いものになっていて、
             ` ∨ ∧ ∠ _ドrニ彡'//\_>‐'´  |
            / /  Yr─≧ニ二 ̄___ ___r7「            なんとレオポルド5型のエネルギー効率を120%上回る計算になっている。
              / /     L._nn__ __ r‐ 工 ┘ {l1ヘ _         _/⌒
           /./    /^い !l!l ∠ ┴'´     _,レ〉  \_ ̄ ̄ ̄  ̄{こ}_>
            //     }〔「込l」l」___ __,. - ' /,ハヽ  \  ̄ ̄  ̄ ̄
            〃    /  ヾ` . `¬-- ...._二イ// } }   \      この効率は従来のラチェット式回転軸をスリム化して得られたものだが、興味深いとは思わないか……
            {ハ    /   ド、ヽ___  _,.-彡'  //ぃ    `ーァ
            l! i   /|    lミー─-- ̄-一'¨キ // | ヽ   /
            | l/ /     lミ三         _レ' く ̄ | ヽ ∠ -─1
         /   /|       ドミ_ー─ 二 r‐ "  ヽ !  ヽ    |
          /  / |       l\  ̄/   |     ヽ|   i     |
      ∠  /    |         l  ` く     |        !    |   |
    _/廴ノ/      |           l     \ |       |    |    !
  /   /         |        l     \|      |    |   /


 ユーリエは、かれこれ30分は露骨に興味なさげに振る舞っているが、この男はそんなことなどどこ吹く風と言わんばかりに、
 手に持った機関のミニチュアをなで回しながら、楽しそうに喋っている。
 おかしい。そもそもここに来たのは、聖杯戦争についての最後の打ち合わせをするためだったはずなのに、
 もう一時間以上、無関係の話しか耳に入ってこない。

 「これによってわが国の産業は飛躍的に発展した。今や世界中に出回っている工業製品の八割以上をわが国が占め、
 そんじょそこらの国王などよりわが国の一資本家の方が大金持ちという訳だ。
 まあ、いずれは『ベアトリス3型』の情報が他国に漏れ、類似品を作り出して我々に追いすがろうとしてくるだろうが、その時はその時。
 猿まねの製品に本物の性能は出せないだろうし、それ以上に、彼らが我々の真似をする頃には、
 我々は更に品質のいい機関の大量生産に成功しているだろう。現に今も蒸気機関開発事務局では、
 研究チームによって『ベアトリス』の最新グレード『4型』が開発されているところ……」


 「……あっ――――そ」

 目の前のこの男は、何をそんなに『入れあげて』いるのだろう……ユーリエは思う。
 どんなに発展したと嘯いても、所詮は魔術の足下にも及ばない代物ではないか、と。
 外は霧――――永遠の霧。スモッグはここ数年晴れたことがない。こんな世界を作っておいて、それでいて未だに魔術の助けを借りざるを得なくなるほどだというのだから。
 だから自然と見下してしまうし、相手の雑な対応に対抗するように、ユーリエの態度も乱雑になっていく。
 もっとも、尊大な態度は今に始まったことではないのだが。

 「どーでもいいわ、そんなこと。私がここに来たのは、あんたの詰まらない話を聞くためじゃないの。
 あんたらの技術がどんなだろうと、所詮は総力を挙げた火星計画さえ失敗が確約されているような程度のものじゃない。
 で、その失敗確定の出来損ない計画に、私達魔術師が手を貸してあげるって言ってんのに……あんたら、ちょっと調子に乗ってるんじゃない?」

 「調子、か」

 ゲイツケルは、顔周りの包帯をさすって、ふつふつと笑った。顔の包帯と手の包帯が擦れて不快な音がざわめく。
 不気味で、おぞましい寒さを内側に潜めた笑いだった。

 「『コンゲン』だかなんとかいう不確かなものを追い求めている魔術師が、それを言うかね。
 君たちはここ何百年、一人残らずその『コンゲン』とやらを目指していて、そのくせ誰一人として成功していないんだろう?
 お仲間じゃないか。君たちと私達は……」


            ノ::::::/::::::::::::::::/::::::/::::::::::';::::::::::::::i!:::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::ヾ
          /::::::::/::::::::::::::::/::::::/:::::::;:::::'i;::::::::::::ハ::::::::::::::::::';:::::::::::l::::l:::::::::::::::::::ヾ
        !:::::::;イ:::::::::::::::::j:::::::l !::::::::i;::::l:l!_;;:::::ノ-、‐一ヽ::::!:::::::::!l:::::!::::::::::::::::::::
        l;//::::/::::j::::::j:::::/l ';::::::::!l:::i"i:::::::/::::;ゞャ;;;ミ::';:;l:::::::::l:l:::::';::::::::::::::::::::
         /::/::::/::::::j::::::l:::::ム:!‐i::::::l l:::l l:::::〃´  oヾ:`iヾ;:::::::∥::::::';::::::::';::::::::
        (::/:::V:::/::j:::::::l:::::!.,,i!_::ヾ:l l:::j::!::メ-‐==':'"i::彡!:::::/:!::::::::i!:::::::::!::::::::
       ヾ:::::::';:(::::l:::::::::';:从 o冫!::レ'::レ' : : : : : : : : :i} lノ::::/:::!::::::::!';::::::::l::::::::

        ヾ::::::ヾヾ';:ト;:::::';::ヾ彡: : :l : :/-‐''"´ ̄``''ノ::j:::::::::::::!:::::::l::!::::::::!:ヾ::
         ``゙`ヾiヾ';i';;::::iヾ::;  ´ j '         /::::/::::::::::::j:::::::::!:::::::::::!::lヽ
             i!::::)!:ヾ:',:::/  ヽ,..、       //l::/!::::::::::::/::::::::::!:::::::::::!:l
               il:j:i::!::::::ヾ、      _ _   レ' レ .l:::::::::::/:::::::::::j:::::/:::〃
             l::i;:';i::::::::ミ     ´``:: ´         ';:::::::/:::::::::::/:::/!:::/:!              仲間、ですって……?
             l::lヾ;';:ト;::::ゝ、           . : :!::::/::::::::::/::::/ l::::::l
             !::'; ヾ;:ヽヽ:::;:\        . : ;ィ : l:::/ヾ:::lヾ;::::j  !:::::!
            ヾヽ ヾミ ヾi ヾ::ヽ      ,..ィ':   j:/  ヾl ノ';:l_  ';:::l
                   '!  ヾ;:`ゝ-f彡:::   〃   ,ヾイ  ',  ';:l
                       , ィ'il::::    _,,, ィ '"       ヽ
                     r '´ ,ィニ」-‐' "´          ,ィ#`ヽ
                   _...ノ! / ii!  ゙>、           , ィ/###`
               ,ィ#´####/ ,,ィー-く  ヽ      , ィ ゙ /####
             ,イ#######/ /    ヽ  ヽ    /   /#####
           /  l##/###/ ( 、    ', __',  /   /#####
         ,ィ'´   l:ノ###i/ /  ヽ   ,ノ´  ∨   /######


 ユーリエのこめかみがぴくりと動いた。苛立ちを隠そうともしない。しかしゲイツケルも、あくまで気にする素振りは見せない。
 テーブルの上に置かれた小型機関(エンジン)を手に持って、態と乱雑に扱って見せても、ゲイツケルはにやにやとユーリエを眺めているだけである。
 表情ははっきりと見えない。ただ、やんわりと曲がった目元と伸びきった口元だけが、かろうじて確認出来る。そのせいでかえってより一層苛立った。

 「一つ仕事をしようとするのにも、こんな機械を持ち出さなきゃならない無能集団が! どの口が、私達とあたかも同格であるような!」

 普段ならばさしものユーリエといえども、ここまで他者に対して攻撃的なわけではない。
 だが今は、とにかく気が立っていた。一時間近くも無駄話を聞かされてきたのだ。無理もない。

 「同じさ。探求者という意味ではね。それに、君は一つ勘違いをしている。或いは、語弊がある。
 『機械を持ち出さないと何もできない』のではなく、『機械を持ち出せば、誰でもできる』のだ。これは、我らが所長の受け売りだがね……

 「はっ、所詮は庶民向きの小手先の業ってことね。魔術には永遠に追いつけないわ」

 と言ったところで、ユーリエはまた脱線に近づいていることに気がついた。
 この男に会話を任せておくと駄目だ――――前に進まない。
 そう思ったユーリエは、半ば無理矢理に会話の舵を取る。
 元より、ここに長居するつもりはなかったし、長居したくもなかった。機械と合理で満ちた世界というのは、ユーリエにとって必ずしも居易い空間ではない。


 「安心したところで、次の話をしましょ。結局、そっちからは何人くらい派遣できそうなの?」

 「我々から出せる人間は二人だけだ。一人は明日、ロンドンに着く」

 「……二人? 随分と少ないわね。もっと沢山手配しなさいって言わなかったかしら?」

 と、言いながら、ユーリエは内心思いの外集まったなと思い――――そして、集まってしまったことを口惜しく思っていた。
 なぜならば、『味方の魔術師を確保すること』は、ユーリエ自身の望みではないからだ。
 彼女をここに派兵した者たちが万全を尽くせと五月蠅いので、やむを得ずそういう『形式』を取っているだけのこと。
 ユーリエ本人としては、味方が少ない方がいい。少ない方が、華々しい戦果をあげたときにそれを独り占め出来るから。
 自分の優秀さに対しての評価を、他人に奪われたりはしないから。

                 ト_
                 | \
               ┌=二二〉、

                    _「\ /   ヽ,
                 /\_>< ̄ i!      科学者に魔術絡みの人員確保を任せる方が間違っている
             /____,. `"´ |

               |\ \_ /    /L     ましてや、分かりやすく広告を出しているような連中は大抵『魔術使い』だが……
               |  \/──‐‐ '"′i!
                /___\__,.  '"´i!    君らの達しでは、彼らを使ってはならないらしいからね……
             /\__,.  '"´ ̄    i!
.             /\ \  丁 |〒三 ┬イ    必然、選択肢は狭まった
.   ___     _/〉  \ \/  | { ○ }/ /
/. : : : : : : : : .ヾ//\ \/ l\ト---←{

\: : : : : : :_/´/ \  \_/ ,.イ 「| ̄| ̄ !
: : :\: :/  ィ |: : : : :\  <二i!ヽートイ{     もし本気で私達に人員を調達させようというのなら、せめて条件を緩くすべきだった
: : : : :./ // / : : : : : : > ., ` <二二ス_
: : :/ /: / /、: : : : : : : : : : : :> .,   ̄ ̄|   ……それほどまでに魔術使いは気に食わないのか
/ /: ://: : \: : : : : : : : : : : : : : : :> .,│
./: ://: : : : : : :\_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_>、
: ://: : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : \: : : : 〉
. /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : : : : \ /
: : : : : : : : : : : : : : : : : : :/ : : : \: : : : : : : : : :\
: : : : :/ : : : : : : : : : : /: : : : : : : : \ : : : : : : : : : \

 正論だ。本来ならば、魔術師の人員確保は魔術師こそがやるべきで、科学者に任せるというのは飛んだ畑違いである。
 当然、それもユーリエが分かって仕組んだことだ。適切で優秀な人材が集まったりして貰ったら、困る。

 「当然でしょ。あんな魔道をねじ曲げた愚か者共。戦列に加えたって、碌な仕事をしないに違いないわ」

 ユーリエ自身の個人的感情はともかくとして、現在ユーリエが所属している閥にそんな風潮が根強いわけではない。
 が、こうとでも言っておけば、科学者たちはそういうものなのだと理解するだろう。
 そして、それ以上踏み込んでくることもない。魔術師が科学者に興味を持たないように、科学者も魔術師に興味を持たないものなのだから。

 そしてユーリエの予想通り、その反駁を聞いた後のケインはさっぱり諦めた様子で、包帯の隙間から深々と溜息を漏らした。
 一時間に渡る機関(エンジン)講義を経て、魔術師と科学者及び一般人の間にある価値観の根本的乖離をようやく悟ったのかも知れないと、ユーリエは思う。
 願わくば、仮にも一般社会の中では碩学と謳われる王立研究所特務機関(LOR)の人間なのだから、一時間語る前に知恵を働かせて欲しいとは思ったが。

 「それを言うならば、君たちの方からもっと派兵してくれれば話が早かったのだが」

 溜息ついでに零れたケインの文句にも、既に『理屈』は用意してある。ユーリエはまるで経書を朗読するようにつらつらと、
 前もって用意してあった『理屈』を並べ立てた。

 「私達は『組織としては』表だって動けないもの。この戦いは、あくまで科学者同士の戦いで、魔術師は自ら戦ったりはしない……建前はね。
 もっとも本当のところは、相手方も魔術師を動員してくるでしょう。いえ、必ずやるわ。既に聖杯へ干渉した形跡が『3つ』あるもの。
 2つと1つ、それぞれ別々の場所から感知したわ。ええと、それでなんだったかしら……そう。相手も魔術師を出してくるし、こちらも私が出る。
 本当は私だってこんな仕事に手をつけたくはなかったけれど、箔をつけるためだって、師匠がうるさいから。私一人くらいなら、経験の為って言い訳がつくし。
 ま、あっちが魔術師を何人用意してこようとも、私がいれば全員まとめて蹴散らしてあげられるんだけど……」

 が、後半についうっかり、少し私情が挟まってしまう。ゲイツケルもその言葉に引っかかったのか、めざとく聞き返してきた。


 「それならこれ以上の増員は必要ないのではないか?」

 実際そうなのだ。これ以上の増員は必要ない。
 なんならば、有利を築けるあらゆる要素を捨て去って、味方をゼロにしてもいいと思っている。そうであっても、ユーリエには勝ち抜ける自信があった。
 狙いを見逃す程度のことはあっても、誰かに敗れたことは未だかつてないユーリエにとって、聖杯戦争に参加したということは、
 即ち勝利を得たということと同義である。あとは如何に『逆境を乗り越えた』ということにして、自らの名に箔をつけるか……というだけのことである。
 無論その『逆境』を、ユーリエが自ら作り出したのでは意味がない。それはユーリエ自身の過失であり、
 仮にユーリエがそれを乗り越えて勝利を手にしたとしても、その『逆境』はユーリエの評価に対して何らプラスに働かない。
 だから、科学者たちにその『逆境』を作らせる必要がある。それは例えば、集めるべき人員を集めない怠慢であったり。
 そんなわけで、ユーリエとしてもここで科学者達が無意味に奮起して、参加する夏日星計画推進派の魔術師が更に増えるなどということは望ましいことではない。
 だから、増員は必要ないのだが……しかし、そんな本音を吐くわけにもいかない。

 「……! それとこれとは話が別よ。私達が手助けをしてあげるんだから、貴方達もそれに見合うだけの努力をしなさいと言っているの。
 私が幾ら強くても、貴方達が足を引っ張ったら、万一のことだってあるかもしれないじゃない。ま、ないとは思うけど」

 集めてくれるなと思いつつ、口では適当なことを並べ立てる。
 できるならばケインがやる気を失いつつ、ユーリエに『集めさせる意思』があると思わせたいところである。

 「……ふむ。まあ、言わんとすることは分かる。
 どれだけできるかは分からないが、残り四日。もう一人くらい調達出来ないか、今一度試してみることにするとしよう」

 しかしゲイツケルは、思いの外さらなる人員調達に乗り気だった。
 焦ったユーリエは、また少し口を滑らせてしまう。

 「精々頑張りなさい。勝ち戦であることは決定済みだけど、それをどれだけ華麗に終わらせられるかにはまだ努力の余地がある。
 それに、どれだけ楽しめるかという意味でもね」

 しまった、と思った時にはもう遅い。ゲイツケルの奇怪な瞳がぐるぐると揺れ動いて、ユーリエを凝視する。

 「楽しめるか? 戦争を楽しむ?」

 あしらおうと思えば、これをあしらうこともできる。だが手間だ。
 先ほどから、柄に合わない詭弁や建前の繰り返し――――元来良くも悪くも『正直』な性分のユーリエにとっては辛い時間だった。
 この上、これも誤魔化すと考えると労力が計り知れない。ならばもう、言ってしまってもいいのではないだろうか?
 どちらにせよ、魔術師と一般人の価値観は違うもの。それは相手も理解しているだろうし、だから多少は狂気的なことを言っても差し支えはないはず。

 「……ええ。戦争だからこそ、それを楽しむのよ」

 そう言うとユーリエはうっすらと笑みを浮かべ、奇怪なほど口角を吊り上げた。

    ,. :´.:.:.:.:.:.:.: /.:/.::/.:.:.:/ : : :.:.:.:.:.:.:.:./i..:.:.:.\

     7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:リヾ.:/.:.:.:/.:.:,/: : /ノl i.:.:l.:.:.:.:l.:.i
     |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i!.:l.:ハ.:.:.:i.:.:`ノイ.:/ /l.:.:.:/.:.:./i.:..l
     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ.:.ヽ.:l.:/  iノ{Oヽl イ.:/l.:.:/ .
     |.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:ヾ.:.i    ヽ、l/ .l./ ノ        こういう私的な戦争っていうのはね、大抵自分のことを『優秀』だと思ってる奴らが集まってくるのよ
    ノ.:.:/.:.:./.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:',   'i     |
  /.:.:.:/.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、.:.:.:.:.:.:.:ヽ  { ヽ    l
 /.:.:i.:.:/.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:', i  ヽ、/
i.:.:ノ.:/.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.λ.:.:.:ト、.:.i ヽ   "           そういう奴らに、『お前は優秀でもなんでもない』『上には上がいる』ってことを、
ヽl ヽl ノ.:.人.:./l.:.:./l.:.:/ ヽ.:.l─ソ__ゝ

       |/|: /{      i-)                すり込むように、練り込むように、断続的な暴力と共に教えてあげる……
          レ/ {       i〉 ヽ |
        / .::.}       |   \
       ./.::.::.:i:       |   ヽ
       ./.::.::.::i        |」ハノソ             こんな楽しいこと、他にないわよ
      /.::.::.::.:i        |  ノ

     ./.::.::.::.::.i:         :|レノ
     , '.::.::.::.::.:i, '''"      、|
    /`ー.::.::.::.::`フ        ノ"
    ,'   |   イ       .|



 「! ……ふむ」

 ゲイツケルは驚いてはいたようだったが、しかし呆れたり怖じ気づいたりする様子はなく、寧ろ面白げに肩を乗り出してきた。

 「世間知らずのお嬢様かと思いきや、なかなかに過激で狂気的な……いや、世間知らずであるという点においては違いないのかな……?」

 「何それ、馬鹿にしてるの? なんなら貴方で前哨戦をやってあげてもいいんだけど?」

 眉をひそめるユーリエ。しかしゲイツケルは、最早ユーリエの機嫌など窺う気は毛頭ないと言わんばかりに、懐からパイプを取り出してシャグを詰め始めた。

 「あー、いや、悪いが遠慮しておこう。そんなことより一つ気になることがあってね。聞いてもいいかな?」


                       _
                   ,.ィ''´ ̄::::::::` ̄`ヽ、
                  /;::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::\
                 ノ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::::::`i
              /ク:::ノ:::::::/::/:/:::::::::ハ::::::::::゙、
                 /:::ノ:::::::::j:::::/:;i':::::::ノ::::ノ::::!:::::::::::゙i
              /::/:::r':::i'i::::/::/i:::;:::::::/:::::::i:::トi::::;:ハ
                |::(::::{::::::|{::::::/=|::::::;::::/::ィi::::::;ハ、::ヾハ
                |::::ミ::ヘ::┝i:;'━|::::{7::::/ヲ:zj|:}/::::>ー-ゝ
              ト:::Yヘ:::ー、ゝ=ソハドi;::::r'≠´ソ:::ノヽ:::::ノ
              ゝヶ=-;::::了    /`` 7::j::::::/7::イ、                貴方がちゃんとこっちを見て聞くなら考えてやるわ
              九::)j::ャ:下、  ャ--=j ,ノレリ::::/:::1k
               れNトド ./´!ヽ` ̄ ,イハ ケ´<:::)′
                i..!rリ./  ゙、 ` ´ /  `ト--ュく.、

             ,.ィ'''´「::::::::>    ヘ_/   <::::::::|  \
          ヶー'´    |: : i:::ソ  ./ \    <:i : : |    ``丶、_
        ,rー7了        !::::::::::Z .イ\r=ーY、 」´::::::::|      Ti下、
     ,.イ´ト外iii、      |:::::::::::::Z/レ i. . . ヘY:::::::::::::::|     j iiiiiriii}`丶、
 ,zイ´    ト入iiヘ    ,.イ::リ . . . . ノ  ノ . . . . Y: : : : : ;:} ,=、 /jiレ'i∠   `丶.
1'       入iiiiiiiゝ-イ←レ'. . ./ / ヽ ,'. . . . i . ゞi. : : :Y´¨  `<iii/7      |
|        <`¨´レ’   〉: : : i: /  Y-^='`~Z=} }: : : ハ、     >、_    _,.j
\         `ャ__    /1:::::::i:::{    }「. . ,ュ、rz_}::::::::::::i ヘ ,-、/      ̄.¨´  i
  \       /  ヘ ,イ : }: : : '; ', . , ッ`~、  .ノ:;' : : :i::::::入 \          /
   \     /    Y: >:ノ:::::::::!: ト一′| |ヽ、=┥i:::::::::ヘ:::、: :゙、  \      /
    ー=y'′     !、/:::!: : ::::::| i    .| |   │i::::::.': :',::::`´:〉 ◎ \_/
     r'◎      ,ィi 」: : i:::::i: !     .| |    .|:i: : : : : ';=-‐’ヶニ=i

 ゲイツケルはパイプを一旦テーブルの上に置いて、ユーリエに向き直ると、腕を組んで首をかしげた。

 「君は……その、嗜虐するとき、どうやってやるのかな? 魔術師特有の『拷問』など……あったりするのかな?」

 思いの外、相手が乗り気なので、ユーリエの方が寧ろ引いた。

 「何故そんなことを?」

 「いや? ただの興味だよ。深い意味はない。否、興味こそが何者にも勝る深淵と言うべきだろうか。
 私はそれについて知らないからね。少し……聞いてみたいと思っただけさ」

 「悪いけど、魔術師にとって魔術は命より大切なものなの。だからそういうことは言えないわ。ましてや科学者であるあんたなんかに」

 確かに魔術師にとって魔術についての情報は機密情報だ。だが、概要を話すくらいならば、そこまで堅持するほどのことでもない。
 しかしユーリエはこの男が気に入らなかった。第一印象から最悪だった上、時間を経る毎に際限なく悪化していくばかり。
 何故、こんな奴に話してやらねばならないのか。そんな思いがユーリエの言葉を遮る。
 もっとも、聖杯戦争が始まってしまえば、一科学者であるこの男が介入してくることもなくなるだろう……その意味では今だけの辛抱だ。
 そんな意味で、ユーリエなりにも一応ある程度の我慢はしていた。していたのだが……

 「確かに私は科学者だが……ああ。一応魔術師でもあるのだが、その辺は汲んでもらえないものだろうか?」

 「……魔術師? 誰が?」



////////////             /          /     | \
////////////             /        _/\    |  /ハ
/////////////         /      _//\    \ '  .//}
//////////////     /      /////{\.    \/  //|
/////////////  > "     _ > ' >、// \_\\_/   .// |
///////////ー "__z-ェ=≦       > 、 _二__// |
//ー┬┬┬┬─ r- 、 ミ;\── ェ ェ - =ニ ェ _ _  ./ /  |
∧  ! i i  !  { ● } i i i/\                  /   /  /|
ミ \ 、 、 、 、  二 彡////\          > '   / .//キ
\  > ェ _ 、 ニ - ≧ / 三/>=ュ、__ > '     /  ///i}              私がだ
\        ̄   彡  三三≡─ ¨         /  ./キ/∧
────────── ¨ ̄              ////ヽ/∧

/////                          /  ./ |///  i//i              ああいや……もしかしたら魔術使いに分類されるのかもしれないが
/////                         -   / |///    !//!
//// //,-、  /マム             ,  "  _. - ' |/{//;|     |//|
///// i/マム  /マム.      _ "  _> ¨ i _>´ _ |//|、    |//|             厳密な基準は、まだ浅学にしてよく知らないのだ
///// }//マム //マム   >_=、─  ̄丶 _ >´   }ヽ//| ヽ  |//|
/////ー┬‐マム─‐マム≦   丶_ -  ̄         i/{//|  {__ ///|
///////////マム ̄ マム ̄ ̄ ̄            / }/ |   ∨///_
/////////// マム:.:.:.:.マム                 _ / }//∧  ////}-、 ー  _
//////////// マム:.:.:.:.マム           _ <丶 ////∧/////   ̄ ー _  ̄¨ ─
/////////////-マム-:.:.マム─ ┬─ ‐  ̄i   _ <//////∧///         ヽ
///////////////マム:.:.:.マム   i       _! -<//////////,∧/


 悪趣味な冗談にしか聞こえなかった。この嫌悪感しか感じない目の前の男が、まさか同じ魔術師だなんて。
 ユーリエはぎっと眉を寄せて、ゲイツケルをにらみつける。

 「……は? 冗談もほどほどにしなさいよ。あんたなんかが魔術師であってたまる……」

 ケインは、顔の包帯を一部まくり上げて、その頬を見せた。
 裂傷だらけで醜く薄汚れた肌の上に、うっすらと見覚えのある痣が見える。
 紛れもない、令呪のそれだ。

 「……? まさか、それ、え? ってことは、そちらから派遣される二人の内の一人って……」

 慌てるユーリエを見上げながら、ゲイツケルは気持ちよさそうにくつくつと笑う。

 「私だ。そうだな……面白い聖杯戦争になるのは私としても歓迎したい。その点で、君とは気が合いそうだ」

 「はああああ!?」

 ユーリエが思わず出した大声に、ゲイツケルはわざとらしく耳を塞いだ。だが、そもそも彼の場合、耳すらも最初から包帯の中だ。
 それがポーズなのははっきりしている。

 「五月蠅い。一応ここは研究所の横なんだ。控えてくれ」

 「なんであんた、科学者なのに魔術やってんのよ! それとも、魔術師なのに科学やってるってのが正解?
 は? なんで? え?」

 「科学も魔術も、私にとっては等しく興味の対象に過ぎない……というか、そういう気取った目線を抜きにしてもだ。
 どちらも、面白そうじゃないか。面白そうなことに手を出してみようとすることが、そんなにもおかしなことかね?」

 「あんたは……魔術のことを何だと思ってるのかしら?」

 「好奇心の対象。それ以外にない。それ以外の価値はない」

 魔術師の前で、ゲイツケルは躊躇うことなく言い切った。必然、ユーリエの表情は限りなく激怒に近い色合いへと変貌していく。

 「今、なんて言ったのかしら……? 何か、とんでもないことが聞こえた気がしたけれど……?」


                                ,,ィ'´ ̄/     おっと聞こえなかったかな? ではもう一度言ってやろう。私によって魔術は単なる好奇心の対象であり、
                              ,ィヽ, ヽ /

                             /、  .``-{      私の考察において、魔術にそれ以上の価値はない。否、魔術に限った話ではない。
                             ハ  `ヽ<___|
                            /   \     |
                          /ヽ、__  `ヽ、___.|      
                         l、_  ... ̄``─--|

                         人  ̄`ヽ-、____,,-{      
                         |  ``─-、___,,--.{
                         |\-、___     ,ノ{      ・ ・     ・ ・
                         |、_____\  ̄ ̄ ̄ _,イ      科学にせよ魔術にせよ世の中のあらゆる物事は、
                         |ヽ`ミ彡─、-<>/ |
            ,、--────--、、 .|>、:::::::::\ \:::ノ/|      私にとっては所詮好奇心を満たすツールの一つに過ぎないのだ。
>-、      ,、-'´,、-'´ ̄ ̄ ̄ ̄```>\| {} ii``───''ii {}ィ|ヽ
  `<ヽ、,、-',、ィ''´         ,,<>/人\ `.yTTTTア/ 人 ヽ  
   イ´/、`ヽ--、、__,、--'´>'´ /  |ゝ、__> ``.<、,,,/ノノ }  ヽ
-'´´>'´  ```─----─''´ ̄,,,>' /   |   ``======'''"´  |  ヽ\_
-'´            _,,><  /    {       .=      }   ヽ `>、__
         ,,-─''´      /    .|、_     |       ノ|    ヘ     >、__
         〈 ヽ       /     |ヽヽ-、..__=_,,,、--'ノ/|    ',      /``フ
         丶  ` \   〈      ',ハ ̄``不 ̄"不´´ / .,'    ,,〉    ィ     }
          ',      \  \     | \/  〉=〈  \/ |  ,,>'´   /      /
          ヘ       \ /    '  ヽ  {  } . /  .'  \   /      ,'
           ',        /     |   \イ   }ノ   |   \/        /
           l        ヘ     ',     \ ./   .'    /        ,'
             ',         ヽ    |.       Y     |    /        ./ 夏日星計画とて同様――――LORの同輩は、この計画を是非とも成功させたいようだがね。
            l        __ヽ    '           ,'   ./        .,'
              ',      /ィ .\ヽ |        __,-、/ ///         /  私としては、夏日星計画が成功しようが失敗しようがどちらでも構わない。
              ,     Y´/,, .\___,,、-─'''´´}  .}─、/ ヽ       /
             ',      Y/ ̄ ̄         |}  }__,/   ヽ     /   夏日星計画が成功した後の未来も、失敗した後の未来も、どちらも興味があるからだ
              l     ∠                  |}--'"  ``ヽ、     /
              ',                 >'´            /
                ',             ><__             /




 呆れた態度。不真面目の極み。そう判断したユーリエは、吐き捨てるように言う。

「……だったら、勝手に傍観していればいいじゃない。勝ちも負けもないのなら、戦いに参加する理由なんてないでしょ」

「聖杯戦争の舞台において、一人の登場人物として得られる視点にもやはり、興味がある。
 折角それを体験させて貰えるというのだ。話に乗らない理由はない」

 この男、マイカ・ゲイツケルは危険である。ユーリエは確信した。
 ユーリエは今までこの男のことを、一応は味方――――正確には、少なくとも利害一致関係にあるものと踏んでいたが、違う。
 王立研究所特務機関という科学の本営に籍を置きながら、この男のものの考え方は、LORの人間とは乖離している。
 ある意味、原初の純粋なる科学者に最も近いのかもしれない。

 それを突き動かすのは、ただ純然たる好奇心のみ。裏を返せば、好奇心以外に彼を縛る鎖はない。
 何か、彼の好奇心をくすぐるものがあれば、この男はきっと、躊躇なく自分の背中を刺す。

 そのこと自体はいい。
 それ自体は、ユーリエにとってさらなる『逆境』を演出し、彼女が最終的に聖杯を勝ち得たときの評価をさらに高める材料になるだけなのだから。
 だがきっと、普通に聖杯戦争を進行していくだけでは、この男が裏切るにまで至ることはないだろう。
 ならば……。


 「……ねえ」

 「何だ?」

 「……夏日星計画の顛末が、貴方が今、一番気になっていることなの?
 本当はもっと、気になっていることがあるんじゃない?」


 より強く惹かれている『何か』を知り、それを引きずり出し、そしてこの男に『裏切ら』せる。
 その上で聖杯戦争を勝ち抜けば、ユーリエの派閥内での評価は段違いに高まるに違いない。

 そして、興味の対象について問われたゲイツケルは、まるでその質問を待っていたかのように即時的に微笑むと、
 包帯だらけの手を揉みながら話し始めた。

                        ___
                           /\ \  ヾ、>
                     /\\ \ \ /
                      /{ \ \_|\/
                   / Vr\ \_ /
.                ィ´>/ト ゞ='ヽト 、__/
     __,.  '"´   / |  {//`\\ゞ’フ7                 勿論あるさ。もし気になるというのなら、聖杯戦争での同朋のよしみとして教えてやろう
.     /         / /\〈〈>、 `>ーzア__
    |           /  |   \ヾ-く{<7" \┘ !              だが、このことは口外不要だ。特に魔術師にはな。
    |        /  i|\   /ー‐'7´|  /  |
    | _        >‐ |\` ー ‐< { l / _  |              私が今、最も気に掛かっているのは……LORの地下三階の一番奥の部屋のことだよ
    | }_ヽ     〈    |  V/////∨ | \|   |
    //_}/ }   ',   ,   V////   |  /   ∨
.   /〈_/\/     | /     }'/   / /    ∨
  /  ∨\/ ヽ  ___ /          / ∧       \
.  |  〈  /\ i/、__l           / / ∧       \
.  |//ハ_/、  /\_|ヽ /{_ < /     \      \
.  |   l l }__/\_//\/ /{ /         \        \



 「一番奥の部屋……?」

 そう言われても、ユーリエには全くピンと来なかった。
 ゲイツケルはそれも織り込み済みと言った具合に話を続ける。

 「王立研究所特務機関では、研究員の自由な発想を助けるため、館内のプライベートルームを除くあらゆる研究室や書庫が研究員に対してオープンになっている。
 全く別分野の研究所でも、入って資料を読んだり機材を使ったりすることが許されているのだ。
 だが、LORの地下三階の一番奥の部屋だけは、LORの中でも所長クラスの人間にしか入ることを許されていない。
 その上、その部屋は常に鋼鉄の扉で固く閉ざされ続けている。この扉の向こうにあるものがなんなのか、というのが……今、私が一番気になっていることだよ。
 もっとも、隠蔽しておかなければならない贈賄の資料が隠されているくらいが関の山だろうが……しかし、LORには何があるか分からない。
 」

 「……そう」

 ユーリエにとって、興味が湧くものではなかった。だが、それに対してマイカ・ゲイツケルが興味を抱くというのならそれで十分だ。
 問題はLORの最深部にあるものならば、それを暴くのに相応の理由が必要ということだが……それは、戦争を続けていくうちに何かしら見つけられるだろう。

 「ま、とりあえずしなくちゃいけない話は終わりね。次に会うのは、聖杯戦争開始の日。
 各々サーヴァントを呼び出して、LORの近くで、一旦集まりましょう」

 とにかく、派閥内での立場を向上させるためには、この戦いで出来る限り大きな成果をあげることが必要だ。
 その為には、この戦いをより過酷なものであるというように演出する必要がある。

 大丈夫、自分ならできる。暗示するまでもなく、ユーリエは最初から自認していた。
 今まで一度も失敗しなかったし、今まで一度も負けなかった。ならば、この戦いでも負けるはずなどないのだから。



―――――
――――
―――
――


 ×××




         _,  -―= _‐- .
      /:::/´      `丶 \
    //:::::/          \ \
   〃 /:::::/  ̄ ̄   -  .   丶ヽ}
  /  !:::::::!           > 、}ノ

  ,′  |:::::::|             xく
  l    |:::::::|              ∠(:.、
  |   ∧:::::>、        /{ハ  \                ……あっ
  |    V{  ヽ      /ヽ、ゞ'  ¬
  |    % l|   \__,/ヽ       , |
 !    | ヽ        |     /{|
  ヽ.  |  「ヘ      |    {_ノ, !
    \\  V/\     /      _ノ:\―- 、
      ` \ \//`¨¨´ハ   ̄ [三ノ\::::\   \
          ̄ \///ハー=ニ{\ \\:::::\  \

                 \_/ヽ :::::::\ \   ̄ ̄`丶  丶、
              | \::::::\ ̄´ l 丶      \   \

 「あ、どうも。こんばんは。しばらくぶりですね」

 時は進んで、聖杯戦争開始一日前の夜、PM19:30。ロンドンの地理を把握しようと町を歩いていたサッシャは、帰り際にクレアと遭遇した。

 「お仕事の帰りですか?」

 「そう……そうね。あはは……」

 サッシャが話しかけても、クレアは適当な返事を返すばかり。
 先ほどからちらちらと空の上を見たり、腕時計を気にしたりと、行動が明らかに不審だった。

 「どうかしましたか?」

 「えーと……ううん。なんでもないんだけど……ちょっと、ごめんね。私、今から用事あるから」

 「あっ、はい。呼び止めちゃってすみません」

 サッシャが謝る間もなく、クレアは逃げるようにその場を去って行った。

 一体どうしたのだろう?
 それは、サッシャが今まで見たことのないクレアの姿だった。
 サッシャの中のクレアはいつも、凛としていて冷静だった。あそこまで取り乱しているのは明らかに異常だ。


 ――――だが、今はそれを気に掛けていられる状況ではない。
 聖杯戦争まであと一日。
 召喚は今夜決行する。

 クレアのことは気がかりだが、それ以上に、サッシャにはやらねばならないことがある。



【というわけで今回は以上】
【次の更新では流石に、流石に、始まります】

【一応こちらにも。現時点での情報まとめです】
【その他、良く分からないところがあったら遠慮なくどうぞ】

【人間関係・対立構造】

A 夏日星計画推進派
 夏日星計画(=火星移住計画)が失敗することが予言によって明らかになったため、
 それを成功させるために聖杯を使おうとして聖杯戦争を立ち上げたグループ。
 王立研究所(=科学者)と、魔術師のグループによって構成されている。

◆ライダー陣営
 ユーリエ・ホーグランド(旧ユーリカ・グラント)(AA:風見幽香(東方project)&???

 派閥内での地位確立のため、出来る限り聖杯戦争の難易度を高めた上でクリアし、実力を誇示しようと目論んでいる。

◆キャスター陣営
 マイカ・ゲイツケル(旧マイケル・グラント)(AA:シュヴァルツヴァルト/マイクル・ゼーバッハ(THE ビッグオー))&???

 好奇心によって行動するタイプで、夏日星計画の結果にそれほどの拘りを持っていない。
 王立研究所特務機関(LOR)の地下にある謎の部屋に深い興味を持つ。

B 夏日星計画反対派
 夏日星計画を失敗させるため、聖杯戦争を妨害し聖杯を使わせまいと目論むグループ。
 推進派に所属する魔術師と対立する魔術師のグループがこれにあたる。

◆アサシン陣営
 ハンナ・エーブリー(旧月島華恵)(AA:木山晴生(とある魔術の禁書目録)&???

 夏日星計画を失敗させるよう、とある魔術師から依頼を受けた。サッシャは孫請けに当たる。

◆バーサーカー陣営(主人公)
サッシャ・ハインケス(AA:佐々木琲世(東京喰種))&???

C その他
 現段階では、所属が明らかになっていない。或いは、どちらにも属していない。

◆セイバー陣営
 ???&???

◆アーチャー陣営
 ???&???

◆ランサー陣営
 クレア・ナッシュ(旧クレア・イッシュ)(AA:カミツレ(ポケットモンスター)&???

 サッシャのかつての仕事仲間。仕事中の事故で大怪我を負った彼女に手を差し伸べることなく逃げてしまったのを、サッシャは深く後悔している。

D 聖杯戦争外
 聖杯戦争の参加者ではないキャラクター
◇ローレル(AA:なし)
 エーブリーの『生徒』だが、まるで使用人のようにこき使われている。

◇『吸血鬼』
 半年前からロンドンに現れるようになった正体不明の連続殺人鬼。
 サッシャとユーリエは共にそれを捜索している時に遭遇した。

【今までのあらすじ】

①インドから依頼を受けてやってきた『何でも屋』のサッシャ・ハインケス。彼はスモッグによって薄汚れたロンドンに驚愕する。

②サッシャは市場にて、かつて共に仕事をしたクレア・ナッシュと再会した。彼女はその仕事の最後に後遺症が残るレベルの怪我を負ったはずだが、
 今の彼女にはそんな素振りは一切見当たらなかった。

③サッシャは、自分の依頼が人の夢を壊すものだと知り、依頼主のハンナ・エーブリーに彼女の目的を問い詰めた。しかし彼女は答えようとはしなかった。
 その後、ロンドンに住む『吸血鬼』の存在を知ったサッシャは、聖杯戦争開始前にその危険を取り除くため町へ赴く。
 吸血鬼に殺されたらしき死体を発見したサッシャは、直後に植物の魔物に襲われた。
 辛くもそれを撃退したサッシャだったが、それは聖杯戦争の敵対者である、ユーリエ・ホーグランドの使い魔だったため、サッシャは彼女に目をつけられてしまう。

④サッシャは、ハンナと彼女の『生徒』であるローレルの関係に疑念を抱く。

⑤ユーリエは、同盟関係にある王立研究所のマイカ・ゲイツケルと来る聖杯戦争に向けての打ち合わせを行った。

     ,.、,.-‐-.、       色々あたった結果、アサシンは完全新規ではなくなりました
    _〈 i':o:::::o::i

   ./ .7ゝ::::::::ノ        いえ、七家~八百万や企画などの本編には一切出てませんし、
   / /'f<|只/7>、
   `ー‐|<V//´.!       殆ど出番がない
      ! o  {.l |
     .ノハ  . |__|       キャラが大分変わってる(というか前に出たときに間違えていた)ので実質新規みたいなものなんですけどね
     . Y.|\/lj |

      | |  | `'
      | |  |
      | |  |
      |_|_|         一応、ご了承願います
      (__t___)



       ,.-‐-.、  , -、
       i':o:::::o::i <)_ノ
      ゝ::::::::ノ  | |
     f<|只/7' ̄__ノ       多分次の更新までまた間が空くので、本当は本編再開は後日にしようと思ってたんですが……

     ||<V//´
     |.! o  {
     lノハ  ヽ          先に安価の答えを出しておかないと、次をちまちま書くこともできないと気がついたので、
     t,Y.|\/

      | |  |
      | |  |          先に出してしまうことにします。というわけで、21時くらいから開始。今回は最後に安価あります。
      | |  |
      |_|_|

      (__t___)



 ――――Good.

 ―――――――Good morning.

 起きるべき時。起きるべき時。停止していた機能を復活。ウィルスチェック……当然異常なし。
 メモリ・チェック、異常なし。記憶ドライブとの接続を実行――――成功。

 意識デバイスを起動。
 映像出力を開始。感情コントロール因子、一時停止。

 ネットワーク拡大、拡大―――――周囲10kmに電子ネットワークの不在を確認。
 人類は、まだその領域に辿り着かず。

 ネットワーク、拡大、拡大―――――発見。魔術ネットワークの存在を確認。
 名称定義――――『聖杯』。『大聖杯』。システム『聖杯戦争』。
 アクセスを試行――――成功。


 データ通信開始。擬似的魔法陣の描画開始。
 目安時間30秒……終了。


 全工程完了。

 『召喚』プログラムを起動する。


 ――――
 ―――
 ――


 結局、五日間のうち一度として霧が晴れる日はなかった。
 エーブリー曰く、もう一年以上そんな調子らしい。
 中日に雨が降った日も、それを上回るスモッグが排出されて、結果泥水のような雨粒がロンドンの町に降り注ぐことに。
 雨でさっぱりするかと思えば、却って碌でもないことになった。

 「さて……」

 サッシャは個室の窓から外の景色を眺めていた。
 外は暗闇で、スモッグで拡散された貫通ガス灯の淡い光だけが認識出来る。
 もう夜の十時。闇の天蓋がロンドンを覆っても、町の景色にそれほど変化はない。そう、『どちらにせよ霧の中である』という点で。

 もう一週間近くロンドンに滞在して、サッシャの日照感覚も少し狂ってきた気がする。
 だから、この薄暗い闇夜を眺めていると、まるで昼間の景色のようで、もう聖杯戦争が始まる時刻になっているというのが信じられない。
 この感覚をロンドン市民全員が共有しているとすると、この町は巨大な病人だ。こんな異常な感覚を体得した町が、まともであるはずがない。

 「……」

   .                     |                _,.. ┐  | | /  _,,,...---
   .       || ̄ ''''ー-...__       |..      _,..-‐'''"~  .|  ..| | 「 ̄   .|
   .       ||          ̄''''ー- ___,..-‐'''"~           .|  | | |    |
   .       ||  .ー--- ....,,,,,____  |               |  | | |    |
   ―--,,,___||  | ┌ --  ..,,,,,__  | |               |  | | |    |
   ___ .||  | |         | | |               |  | | |_,,,,--|--''''
   ====┐ .||  | |         | | |               |  | | |    |
       ||  ||  | |         | | |               |  | | |    |
       ||  ||  | |         | | |               |  | | |    |
   ――||―||  | |         | | |               |  | | |    |_,,,,
       ||  ||  | |         | | |               |  | | |--'''' ̄|
       ||  ||  | |         | | |               |  | | |    |
       ||  ロ(()==|       .| | |               |  | | |    |
       ||  ||  | |         | | |               |  | | |    |
       ||  ||  | |         | | |               |  | |,,,,....--- |----
       ||  ||  | |         | | |               |  |  ...___|,,,,,,,,,


 ノックの音がする。扉を開けると、エーブリーとローレルが立っていた。
 ローレルは両手にものがぎっしり詰まった重たそうなバスケットを一つずつ抱えている。しかし表情はあくまで平然としたものだ。
 というか寧ろ、サッシャは初めて会ったときからローレルの表情をこれ(無表情)しか見たことがない気がする。

 「準備が出来た。ここの地下室で召喚を行う」

 サッシャは前もってエーブリーから、それについての話は聞いていた。
 実際に聖杯戦争が開始するのは明日からだろうが、今夜中にサーヴァントを召喚し、戦略を立てられるような状態にしておくとのことだ。
 サッシャもそれに備えて、既に儀式用の犠牲を大量に用意して貰っていた。

 「ちなみに、触媒の類は持っているか?」

 「触媒ですか……? ああ……」

 サッシャは、鞄から、手のひら大の鉄片を取り出した。

 「これは、インドの古物商から買い取った、雷神にまつわる鉄片などとかいうものです」

 「インド……雷神。インドラか。それに関連する英霊となると、相当の格が期待出来そうだな。……もっとも、召喚出来れば、の話だが。
 セイバー、アーチャー、ランサー、ライダーなど……主要なクラスの召喚権は、恐らく賛成派によって奪われる。
 キャスターやアサシンでそれらを召喚することができるだろうかな」


 「いえ」

 サッシャは、エーブリーの言葉を遮って訂正する。

 「召喚は、バーサーカーにします。確か、押さえられている可能性が高いのはあくまで三騎士、でしたよね。バーサーカーならば選ぶこともできますし……」

 「……なんだと? インドの英霊ともなれば、通常クラスでも消費は甚大だろう。敢えて消費が莫大になるバーサーカーを選ぶ理由がどこにある?」

 「僕自身、魔力には自信がありますし。それに、エーブリー女史がアサシンかキャスターしか呼べないと見込んでいるのであれば、
 前衛が必要になるでしょう。でしたら、バーサーカーを確保するのが適当かと」

 「……魔力不足になって倒れては本末転倒なんだぞ」

 「ウィッチクラフトは、犠牲を伴う代わりに低燃費で運用出来る魔術。その技術を応用すれば、如何に強大なサーヴァントといえど、
 額面通りに消費するということはないでしょう」

 生まれつき魔力量の多かったサッシャにとって、ウィッチクラフトという魔術は必ずしも適当とは言えなかった。
 親がそれを使っていたから引き継いだに過ぎず、恐らく最適の魔術系統は他にある。
 現に、以前のユーリエ戦でも、サッシャは有り余る魔力を持て余していた。
 犠牲を必要とするウィッチクラフトにおいては、どれだけ魔力を有しようとも、生け贄と掛け合わせなければ効果が薄い。
 彼の場合、特にそれが顕著だった。
 だからこそ、有り余る魔力をサーヴァントの維持に向けようとする発想はあながち間違ってもいない。
 ましてや彼は、インドでのゲリラ戦参加時の経験において、中の上程度の魔術師相手ならば魔術なしで逃げられる程度には高い身体能力を保持しているのだから。

.        /: : : : ;′: : : : :、: : : : : ‘,: : : : :.ヽ: : : : : : : : : : : : : : ∧
       /: : : : :.i : : :i : : : |:.: : : :.: :i: : : : : : :‘,: : : : : : : : : : : : : :.‘,
       .′: : i : | : : :| : : : |.: : :.: : :.| : :}: : : : : :'; : : : : : : : : : : : : : : :.:.
     i: : : : :| : |: : : | : : : |:!| : : i: :| : ハ: : : : : :}: : : : : : : : : : : : : : : : i

     |i: : : : | : | : : :| : : : }八 : :|: :|:厶‐ヽ: : : ハ: : :.: :.i: : : : : : : : : : :.|
     |{ : : i:.|:.:‘, : |ヽ: /: : :ー:七リ xェ≠ミx ! : : : :| : i : \ : : __:.:|        ……分かった

.     八: : |.:|{ : ‘,:.{___\ : : :./  〃弋:う j「 |: : : :.:| : ト、: : :>:⌒ :.
       ‘: :|:八: : ‘/ xェェr'\(     ー=彡′ |:! : : ;′:} )\{ : : : : :‘,
.       ∨: : :ヽ: ヘ{{弋リ   `            从: :/ : :/ / : : : : ;′: :‘,     君がそれなりに考えてその結論を下したのならば、君に任せよう
       ,: :/ : : :ヽ:ヽミ=  }              ノイ: : /:/ : : : : / : : : : : ヽ
      ノイ :i: :j{: : :ヾゝ   ヽ             从/|/ : : : : / : : : : : : : : ヽ
         ‘:i:|:.ハ: : :∧                  / /: : : : :./ : : : : : : : : : : :‘,  むやみやたらな自暴自棄というわけでもなさそうだしな
.          从{  \: : ヽ     こ フ        イ,.: : : : :.:./: : : : : : : : : : : : :.:‘,
             ⌒i个: .         _,.,: :´: : : : / /: : : : : : : : : : : : : : ‘,
               | |: : :>     /: : : : : : : :.:/, イ: : : : : : : : : : : : : : : : :‘,
                  ‘,: : : : : :_`¨¨´≦三三三三三三| : : : : : : : : : : : : : : : : : :‘,
                 ヽ: ;x≦三三三三三三三三三ミ| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
                   〃三三三三三ミx三三三三ニ| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \

 実のところ、そのきらいはないではなかったが、サッシャは敢えて言うことはしなかった。

 「女史は、触媒は用意されているんですか?」

 「ああ。……ローレル、見せてやりなさい」

 エーブリーがローレルに言うと、ローレルはバスケットから手際よくきらきら光る金色のコインを取り出した。

 「これは……」

 「驚くなかれ。これはかつて北欧の大英雄ジークフリートが手にしたと言われるラインの財宝、その一部にあたる金貨の欠片だ。
 何百年もの時を越えてなお、このように輝きを無くさない」

 「!」

 「もっとも、これは厳密にはラインの財宝ではなく、ジークフリートがラインの財宝を回収した際に、偶然取りこぼしてしまった金貨のうちの一つに過ぎない。
 だからこそ現存しているわけだが、逆に言えば伝説との関連性は極めて薄い。何しろ、この金貨のことはニーベルンゲンの伝説のどこにも書かれていない。
 その程度の価値しかないものが、ジークフリートクラスの大英雄を牽引してこられるとは考えがたい。
 ましてや対象がアサシンかキャスターとなれば、尚更だ」

 「もっとも、そんな程度の触媒であっても、君に支払った報酬並みの値段がした。
 どうしても、出所がはっきりしているものは高くついてしまう」

 エーブリーは溜息をつき、ローレルにその金貨を仕舞わせた。

 「さて……触媒の見せ合いをしていても仕方が無い。
 戦略を立てようにも、実際に呼ばれるサーヴァントが何であるかが分からなければとっかかりさえ掴めない。
 とにかく、やるべきことをやってしまおう。
 地下には二部屋あって、それぞれで召喚を行おうと思う。個室にしたのは、サーヴァントのスタンスが不明瞭だからだ。何か質問は?」

 サッシャが首を振ると、エーブリーは満足げに頷いた。

 「うむ。それでは地下に向かうから、必要なものをまとめてついてきてくれ」

 ×××

          j    ||          ||     .|      i′
''''''''''''''''''l''''''''゙‐' ' .. . ||==========|| .''''''''''''''''^'''"゙゙/"'''゙‐'''"

  t,  ./       .. ||          ||  :      / ,!: :
,,../レri.. lニ...i|,,,,,,,,,,,... .||==========||  ―-iッr- /y ヽ..........-
    ゝ   ,!    ||          ||   : ::.!  ゛  : : : :
     ., : : ,! .     ||==========||   .‐: .!
^゙゙゙゙゙゙゙゙゙l!''T''''゙‐''''''   ||          || '''''''.l'''''゙‐'''''''''''ll/一'''
     |′   : :   .:||==========||  : : . l     : |::
  ,,,,,,,,,_,l'‐____,,,,... ||          ||  : : : ゛     .''7 ,,..
    │: :  ゙‐ .!!.  .:||==========|| : :`゙゙゙゙"''''''''ソ''''''゙‐''''"゙゙"
      ,i' : :|'i  . .||          || : :      |:   ,、
ー-rトr= |-- ト-ッ- .. ||==========||゙ :.......,,,,___.l_,l___,,,__

   : : : ::|:i|   ."′.||          || |    |.,.":      .:l゙:   .゛
 : : :.!、 l .ゝ        : : : : : : : : : :    !      : l::
:"''''''''゙¨¨''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''"'''''''''''''''''゙゙'゙‐'''''''''

: : : : : : /  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     : \: : : : : : : :
                                    : :
 地下室には階段の裏側に設置された扉からはしごを伝って行くことができた。

 石造りのその空間は、蒸し暑さとかび臭さに満ちた醜悪な大気が充満していた。

 「このくらいの方が、儀式を行うにはちょうど良い」

 などとエーブリーは言っていたが、サッシャはそんな話聞いたこともなかった。
 だが、色々な安全を考えると、襤褸屋でやるよりは石造りのしっかりしたところで召喚を行うというのは理に適っているのかもしれない。
 ここはロンドン。外に出れば人目を避けるのも一苦労だ。勿論スモッグが大抵のことは覆い隠してくれそうだが、
 それでも万一のことがないとも限らない。

 ×××

 個室の中は、黴の匂いも蒸し暑さも、入り口付近よりなお酷かった。
 一刻も早く抜け出そうと思い、サッシャは急いで魔法陣を描き始める。
 生け捕りしておいた大量の鼠たちの首を次々にもぎながらそれから滴る血で線を描き、ねじ切った鼠の頭を円形に並べてそれぞれにこよりをくわえさせる。
 こよりには油を塗って、蒸気ライターで火をつける。底の部分を押すと機関(エンジン)が動き出し、蒸気圧によって先端についた二つの火打ち石をぶつけさせる仕組みだ。
 全てのこよりに火がついたところで、サッシャは召喚の詠唱を始めた。

 一通りは暗記している。狂化の節を忘れないようにだけ、気をなければ。


 「素に銀と鉄。 礎に石と契約の大公。
  降り立つ風には壁を。 四方の門は閉じ、王冠より出で、王国に至る三叉路は循環せよ」

 魔法陣に魔力が循環していく。サッシャにとっては大した量ではない――――何らの疲労も感じない。

 「閉じよ(みたせ)。閉じよ(みたせ)。閉じよ(みたせ)。閉じよ(みたせ)。閉じよ(みたせ)。 繰り返すつどに五度。ただ、満たされる刻を破却する」

 しかし、召喚したサーヴァントがもし科学の発展を肯定――――ならばまだしも、率先して科学に発展して欲しいと願うような性格だったならばどうしようか?
 上手く折り合いをつけて、やっていくことができるのだろうか?

 「―――――Anfang(セット)」

 ……いや。今そんなことを考えても仕方が無い。儀式は既に動き出した。後は、召喚されたサーヴァントと対面して、それから考えよう。
 そもそも冷静に考えれば召喚するサーヴァントはバーサーカー。そんなことを考える必要もないのだった。

 「――――告げる。 汝の身は我が下に、我が命運は汝の剣に。聖杯の寄るべに従い、この意、この理に従うならば応えよ」

 詠唱の文とは異なり、サッシャにはサーヴァントを従者(サーヴァント)として従えるつもりもなければ、命運をサーヴァントに賭けるつもりもなかった。
 あくまでこの危険は自分のものだ。サーヴァントの力は借りたとしても、最終的には自分で切り開かなければならない。そうでなくては意味がない。

 「誓いを此処に。 我は常世総ての善と成る者、我は常世総ての悪を敷く者」

 しかし、この言葉にはどんな意味があるのだろう? 善となり、悪を行き渡らせる。詠唱の文面など、考えても仕方が無いのは分かっているが。

 「 されど汝はその眼を混沌に曇らせ侍るべし。汝、狂乱の檻に囚われし者。我はその鎖を手繰る者――」

 バーサーカー。理性を失った狂戦士。関係について気を遣う必要はほぼないが、その代わり魔力面でハードルが高い。
 しかしサッシャならば、よほど格の高いサーヴァントを狂化させるのでなければ、まず問題なく使役することができるだろう。

 「汝三大の言霊を纏う七天、抑止の輪より来たれ、天秤の守り手よ―――!」


 詠唱が全て完了する。充満した魔力が凝固し、発光し、砂煙を起こす。
 煙はロンドンの町を覆っているくすんだスモッグとは全く違う、清浄にして不可解な白い煙だ。
 そしてそれが全て晴れたとき――――サーヴァントの姿が、サッシャの目の前に現れる。


                                          為、
         心                               ,攷心       為
 k       為心        ,ィ劣心         ,為心      刈圭心、     為丞
 圭      為圭心     ,ィ劣圭ミ心       ,為圭心     炸淤圭心    ,劣圭心
代l圭     為圭圭心、  ,ィ劣圭圭圭圭心、   ,為圭圭心、_,ィ劣圭圭圭心、 ,ィ劣圭圭心
圭l圭垈、 /淤l圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭心

圭iア代、心圭圭圭_ ,,... -‐心‐ ー ----──,.-- 、──----- ‐- ...,, _圭圭圭圭圭圭圭圭 l{。.

圭ミi圭llミ  >''__´___為ll心_____,.__'´___`__、________`¨ ''_<_圭圭圭,ィ劣
圭ミl|l圭ミ´    ゛ '' ‐-為l圭心   ,. '´        ` .、    _ ,,... -‐ '' "´   `丶、,ィ劣圭
圭圭圭圭        為lll圭心゛'' ‐- ..,,_      _ ,,... -‐ ,'' "       ,ィ劣心    ),ィ圭圭ミ
圭圭圭淤t      /淤l圭l丞/      `>‐<´_     \      刈圭り心、,ィ劣圭圭圭

Ⅵ圭圭圭ヘ    /淤圭圭圭圭_,..-‐'''"~     ,ィ劣"'' ‐- ,,.._\  代 /淤圭圭圭圭圭圭圭III)
 `寺圭圭圭><圭圭圭圭圭圭圭心、_     ,ィ劣圭圭ミ、   ゛''為圭圭圭圭圭圭圭圭リ㌢´
   `''寺圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭ミゝ、 ,ィ劣圭圭圭圭圭圭圭リ㌢´
     `゙''寺圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭リ㌢´
        > 圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭斧:㌢´


             /ニニニニ/                ,
.          /ニニニニニ/                 ′
.          /ニニニニニニ,                   ,
      /ニニニニニニニ/  ハ.              i|   ′
     /ニニニニニニニニ/  / 八 ト、.     、      i|.   ,
    {ニニニニニニニニニ/ /f尓T フト、¨¨ 、   | \/| j{   .′
    '.ニニニニニニニニ/. 从 ヽVr少'    、 ′,ィチ笊.'从   |
.     ,ニニニニニニ ′.  `            Vr少 / i|. |
      ′ニニニニ {     |              | 八. |
      __. 、二ニニ |     八________     | .′ |
    /ニニ`ー――――― ´ニニニニニニニニニニ `  .イ.:.::ハ,
    |ニ /|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ\ /_                        ……ウ゛ァ……エ……ヴァッ!
    |´ __」ニニニニニニニニニニニニ 八 、ニニニニニニニニニニ i|ニ Y

.   从 {_ニニニニニニニニニニニニニニニ `  `¨¨¨¨´ ̄\. 从__.|
    ∧ ノ二二二ニニニニニニニ|\ニ ト、`¨¨¨¨ヽ    .′ /

      }.´.:.:.:.__\ _|`¨¨¨¨´  `‐ `ー― ′  j{   |
.     八:../    `  . _   〉ー‐、___.イ   ,   八
       ′        \¨¨ヽ\ニニニニニ 八__/__./{
.     /        .-    \ } 〈ニニニニニニ「 |  ト、ニ.\
   __/.        ′      V ノニニニニニ./ λ‐ \ ニニ.\
   ニ ̄ ̄ ̄`. /        |\`  ニニ/  ハ.  ∨二.|. \  __
   ニニニニニ| \       |ニ. \ \{  /ニニ.,  ∨、ノ  /ニ` .
   ニニニニニ|  ム       ′ニニ `   {ニニニ′  }.|  /ニニニ /   ___
   ニニニニニ|   ∧    /ニニニニニニ`¨¨ニニニニ`¨¨¨〈  /ニニニ /ニ\´ニニ\
   ニニニニニ ` __ |八___ イニニニニニニニニニニニニニニニニニ| /ニニニ / \ニ.\二二. \

   ニニニニニニニニ∨\ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ 、\ニニ/__./∧ニ|ニニニ
   ニニニニニニニ. ∨ '.ニニニニニニ/ニニニニニニニニニニニニニ ∨`¨\ニ 、___.∧ニニニニ
   ニニニニニニニニ| /ニニニニニ /ニニニニニニニニニニニニニニニ∨. /`¨¨¨¨¨ニニニニニ
   ニニニニニニニニ|./ニニニニニ /ニニニニニニニニニニニニニニニニ ∨|ニニニニニニニニニ
   ニニニニニニニニ|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ. ∨ニニニニニニニニニ


 「……? 女の子……?」

 「ア゛……ゥウ゛……エッ!」


 魔法陣の中央に立っていたのは、少女。サッシャが当初予測していた、英霊然とした姿とは全く違う……。
 黒頭巾に身を覆って、どこかあどけない雰囲気すら漂う。しかしその肉体は、衣服の隙間から僅かに見える肌からすら良く分かるとおり、極めて引き締まっている。

 「オ゛……ウゥ……!」

 呼び出されたサーヴァントは、言葉にならないうなり声を何度も発している。
 うなり声が変化していることから察するに、『伝わっている』つもりなのだろう。本人としては。
 当然サッシャには全く理解出来ない。が、このまま放置しておくと、このバーサーカーはもしかしたら、サッシャに全てが伝わっているつもりで行動し始めるかも知れない。
 現状そんな素振りは一切見えないが、その可能性は十分にある。

 「ァ……ア゛」

 サッシャはひとまずステータスを確認することにした。
 ステータス……特に狂化ランクによっては、今後の応対が全て決まってくるだろうから。
 狂化が働いてない、という様子ではないが、それにしては妙に落ち着いている。


     /.:.:.:/              \ニニニニニニニニニ|
    .′.:/                ’,ニニニニニニニ |                 【CLASS】:バーサーカー
    {. . .:i| |               ′ニニニニニニ|                 【真名】:???
     ,:.:.:.i| | i ハ l、     .′/ /| }ニニニニニニ ,                 【属性】:秩序・善
      ′.:i{ |从  、{ '.    /7/ {/  } , ニニニニニ /
     '..:.八  {,灯芯 、  / ,.ィ芹芯 7 ′ニニニニ/、                 【筋力】:■■■■■ A+
       ,:.:{ \ム Vリ \.′ Vzツ / , ニニニニニ/ニ.∨                【耐久】:■■■■■ A+
      ∧ムト、.〉           / /ニニニニニ/ニニニ'.                【敏捷】:■■□□□ D
      /`ー―――y―‐―- 、_/. ,二ニニニ ∧ニニニ }                【魔力】:■□□□□ E

     八ニニニニニニ. /ニニニニニ ∧イニニニニニ〈 /ニニニ ,                【幸運】:■□□□□ E

       {ー― 、ニ i{ニニニニニニニ `¨¨¨¨¨¨¨¨´ニニニ.λ                【宝具】:■■■■■ A+
       '.    }ニ.j{ニニ. ,´ ̄`ー‐イ  }ニニ/⌒Yニ /ニ}
        、__ノニ j{ニニ |        `¨¨ {ニ イニニ八               【クラススキル】
.        |`ー‐.,. j{ニニ. 、        ___`¨ノニ /}                 ◆狂化:D
.        |_/ ハニ. ト、\__    7´    ` イ ;                   筋力と耐久のパラメーターをランクアップさせるが、
.        `  ニ. | |ニ | \ニニニ/       '.ニ.′                  言語能力が不自由になり、複雑な思考が難しくなる。
           ム_八ニ`ー‐‐ニ/.|         .{                   だがスキル”透化”により正常な思考を保つ。

            ′ニ\ニニニニ /ニ.|
          /ニニニ /.\ニニ {ニニ' ∧        ,
           ニニニ/ニニ `¨¨¨ニニニ.,∧.       ′                【保有スキル】
         '.ニニニ′ニi| /ニニニニニ′'.                         ◆透化:B

          、ニニ i{ニ./ニニニニニニニム  ,       '.                  仏道修行の境地。
         /.\ 八ニニニニニニニニニニ ∧ ' .       ,─┐              精神面への干渉を無効化する精神防御。
.        /ニニ ` .\ニニニニニニニニニ ∧  ト、     ∨ i|'.              無想の域としての気配遮断を行うことができる。
        /ニニ./ニ .|≧o。 _ニニニニニニニ ′.|∧      }i | ′--
     .。s升ニニ./ニニ |ニニニニニ’,`¨¨¨¨^ニニ∨. ∧     八ニ|ニ| ′        ◆天性の肉体:A
.   /____.′_ ヘニニi|ニニニ}iニニニニニニニニニ| ≧ー―'__ |ニ|ニ|ニ,          生まれながらに生物として完全な肉体を持つ。
.  /ニニニニ./二ニj{. |.ニ i|ニニニi{ニニニi|ニニニニニ.|ニニニニ. j{ニ.|ニ|ニト、         父が雷神を助けたことにより与えられた怪力と頑丈な肉体。
. /ニニニニニ/ニニ. j{. |二ニニニニ′ニ i|ニニニニニ.|ニニニニ. j{_./二|ニ ∨        このスキルの所有者は、常に筋力と耐久がランクアップしているものとして扱われる。
.′ー―――.〈ニニニi|. |ニニニニニi|ニニニ i|ニニニニニ.|ニ、_   - ′__八ニ.∨       肉体的ペナルティを跳ね除ける効果を持つ。

ニニニニニニ ,ニニニi|. |ニニニニニi|ニニニ从二ニニニ.|__    ュ≦ニニ'.ニニ}i
                                                 ◆――――:?


 サーヴァントの性能としては文句なし。インドのバーサーカーとしてはやや控えめといったところだろうか。
 だが、近接戦闘能力に関しては文句なく強力だ。少なくとも前衛としては不足ないだろう。

 正体が誰なのかは現段階では見当がつかなかった。
 仏教系のサーヴァントであることは理解できたが、しかしインドの人物にはそれらしきものが思い当たらない。
 そもそも、サッシャがインドの偉人について詳しくないのも勿論一因だが……しかし。

 「……んん?」

 ステータスを一覧したサッシャは、クラススキルの欄に奇妙な表記があることに気づく。

 『スキル『透化』により、正常な思考を保つ』

 つまりだ。
 ……ということはやはり、このバーサーカーは自分では何かを言っているつもりらしい。こちらには全く伝わらないが。
 いや、問題はそこではない。それも問題だが、それ以上の問題が見えてきた。

 このバーサーカーの意識は正常である。
 とするならば、『夏日星計画破壊計画』を前にすれば、このサーヴァントが正義感の強いサーヴァントだったならば、反対するに決まっている。
 つまり自分は、このサーヴァントとどこかしらでコミュニケーションを取り、折り合いをつけなければならないということだ。会話も通じないのに。

 「……」

 サッシャの聖杯戦争は言語の壁という、およそ聖杯戦争で回避されているはずの問題に派手に衝突して始まった。


          _,,、-ァァ77ァァx。,,_
        ,ィi〔///////////ミh。,_丶、
      ,イ//////////////////ミh、ヽ

     ,イ///////////////////ム゙㍉、',
.    ///////////////////ハV/ハ ヾ ヽ、

    ∥////////////////////} }//}  }「`
.   {{'///∥/イ//// {{/////// リ/丿;  jj             【安価】 というわけで、次の行動を選択してください。
   ⅰV/,'{{/{ {'////八'/ト、'//イ/,ィ( / ,リノ

    从hミ{ V,{ ∨'" ∧ヽト、  ノ/j/ァ'′ ))           1、この部屋に留まり、コミュニケーションを試みる。
     ∨h。_ヽ  //  \ヽ从{, _ノ 丨               2、地下室を出て、バーサーカーにロンドンの姿を見せてみる。
      ヽヾミー {  ̄ ̄~´        !     _         3、エーブリーの個室の様子を確かめに行く。
       V、`ー-ヽ `¨¨´    〉  ,′ _、‐'´   卜        4、地下室を出て、個室に戻る。
             ̄ヽ         ,  ,イ=''"     ⅰ':,       5、その他
             γ}ミh。,_  ´ ̄ /゙''ーミh,     } ト、
            _ノ|iハミh、_ミ=ー=彡∧ /i/_     ノ ⅰ{     21:45より、先に二票
      _,,、-‐''゛ |i| 寸三三三三ミム ¨¨¬7   ',_/ λ
   _、‐゛       |ム__`寸三㌻⌒Vi|   ∥   ,ィハ/ :,    
.  /-ミ      ー‐┐|  ㍉ミh、__jミ|  j∟-‐〈゛ |   ‘,
  { \`丶、       ! !   `㍉ム ヽ」  」「 _ ',  レ′  }
   ',  丶、 丶、   j j      `\ 」  レイ「oヽム/ /   {
   !':,   `丶ミh。,_ `丶、         >''゛⌒ヽ   Yー=ミヽ ⅰ
    ヽ:,   _、‐'' ̄二ヽ<二ニ==ァ゛     ヽノ} ` ヽヽ',

      `、 と、-‐''´_,,.  _) \ ̄ア゛      ,ィiノ丿      |
      乂  ー''''´_,,、、、 ヽ У       ,ィi/     _ノ
        `ヽ ̄   ノ /´       ,ィi{」zzzzッッ「 ̄
           `、   / /       ,ィi{三三三三彡|
           \ '''′      ,ィi{三レ'´ | // :|
             \        ,ィi{三レ'゙   |/    」、
                  ト、   ,ィi{三レ゛ / .;  j   / 〈
                 こミ彡竺彡゛ ,:′.;   |レ<  , 'ヘ
                j ミh。,_   , ′_,;=-‐''゛ Сノ‐′  \

      ,..-‐-.、
     i':o:::::o::i
     ゝ::::::::ノ        ③ エーブリーの部屋の様子を確かめに行く

     r.<ヽ只7i
     l | <V>l|__ _ ri
     l |  o..{、__|_|'{〕    はい、了解しました。
     |__|  ハ_>
     | ljl.´ | |          では、本日はここまでです。ありがとうございました
     `´|  | |
       |  |/
     . /|  |
     〈_.|_|          安価は、今回のように選択肢だけの場合と、会話内容などを含んだ安価の場合があります。次は多分後者になるかと。
     ヽ_t__)

【今回は選択肢に割合早く行き当たったので短いです】


 「……あー、えーと、なんだろう、その、よろしくね?」

 ――――ひとまず。
 ひとまず、バーサーカーについての問題は後回しにしよう。サッシャはそう思って、目の前に立つ彼女からゆっくりと目を逸らした。
 部屋の壁は分厚く、外の音は全く届かない。もっとも、噎せ返るほどの瘴気が部屋中を漂ってるせいもあるのだろうが……
 何にせよ、召喚が全て終わった今部屋は極めて静かで、聞こえるのはバーサーカーの言語を為さないうなり声だけだ。

 「お゛っ……アア゛……!」

 隣にあるエーブリーの部屋からも、音は一切聞こえてこない。
 そちらの様子も気になるところだ。

 「バーサーカー、ついてきて」

 バーサーカーの顔見せもついでに済ませておきたいところ。
 サッシャがバーサーカーに声を掛けると、彼女は嬉しそうににっこり笑った。

 「お゛ッ!」

 立ち振る舞いに関しては、通の人間と何ら変わりない。
 理性が失われていないことは間違いなさそうだ。

 「……」

 この町を覆う霧のこと。とこしえの闇を照らす一筋の希望、夏日星計画のこと。
 そして、自分が今からそれを壊そうとしていること。
 どう説明したものだろう。

 「ああそうだ。その前に召喚陣を片付けないと」

 誰の部屋かは知らないが、鼠の死体塗れにして放置するのも気がひける。
 サッシャは用具の中から布巾を取り出して、床に飛び散った血痕を一つ一つ拭っていった。

 ×××

 掃除が終わった後、サッシャはエーブリーの個室へと向かった。
 ドアをノックすると、『入れ』と応答があったので、バーサーカーと共に部屋に入る。

 中にいたエーブリーは椅子に座っていた。力なく肩を落として、些か疲れている様子に見える。
 部屋の中には他に、の無表情で佇(たたず)むローレルの姿があるのみで、サーヴァントらしき姿は一切見当たらない。
 部屋に魔術を行った形跡が残っているので、召喚自体は全て滞りなく終わったようなのだが……。

 「お疲れ様です。こちらは無事に……バーサーカーの召喚に成功しました」

 と言い、脇に逸れて背後にいるバーサーカーが見えるようにした。
 小柄ながらもまっすぐと立つ毅然なバーサーカーの姿はエーブリーにも頼もしく映ったのか、少し表情が和らいだ気がした。

 「……悪くなさそうな面構えだ」

 「そちらは……」

 サッシャが聞くと、エーブリーは溜息をついた。

 「……成功は、した。アサシンだ。元々予想していた通り……」

 アサシン。
 そういうことならば、今この場に姿が見えなくてもおかしくはない。
 暗殺者のクラスであるアサシンはその隠密性こそが最大の利点であり、正体が露わになった状態のアサシンが他陣営の脅威になることは殆どない。
 その意味で、味方に対してもアサシンを見せないでおこう、というのは、理に適った選択ではあるのだが……
 エーブリーの表情に宿る物憂げな闇には、それ以上の何かがある。
 それはこの場にアサシンを出さない直接の理由ではないかもしれないが、アサシンについての何かと何ら関わりがないということはあり得ない。

 「……なにかありましたか?

 「何か、というほどではないが……」

 エーブリーは、口をもぞもぞと動かす。なにやら、言うべきか、言わざるべきか、考え倦(あぐ)ねているようだ。
 サッシャは迂闊な問責だったかと少し悔やんだ。事情が分からないならば、エーブリーの語るに任せておくべきだったかもしれない……と。
 そして、サッシャは発言を取り消そうと口を開いたが、しかし――――。

 「『言うほど』だろ、畜生! ったく、嘆きたいのはこっちの方だぜ」

 不意に、エーブリーとサッシャの間から声が聞こえたかと思うと、その座標にぼんやりと人影が浮かび、間もなく形を為して男の姿となった。


                      , ,,, -,,,,,─,,,,,-,,, 、
                _._/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
             ,─/ //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
             | / //´,二つ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
            / γ.γ_つ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ           お互いに、欲しくもない相手を引き当てちまったってな!

            |    /..-..─..-....、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
              |    |\: | : | /: :/` 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
            ノ   ,ノ|ヽ\| j |/   ヽ ` ,、;;;;;;;|            ったく、とんだ災難だぜ。俺の願いはいつもいつも、環境に邪魔されてばっかりだ
            /  /  |,入 `.´ 、___/ `./ ヽ''7 `.-イ
          /.   /   |.ゝ-゚,  ∠_゚_フ  |l|6ノ | 丶ミト
         , ´ .   /    丶 .< __     ノ` ´.|リ 入三彡        武闘派、さもなくばリッチなマスターが良かったっつーのに……
      /      ./      \ ヽwwwヽ  /8 リ |シ 从 ト 、 
       /.      /      / .` 、 ̄ ̄ /  .8 イ从 、人|  ̄ ` 、
      ./  .   /       /    `.- ´    8  /    |     ` 、   よりにもよってこんなくっせえところに住んでる貧弱な女とだなんて、ったく、ありえねー……!
     /     / 、___/ ̄ ` 、  ヽ      / , - - ´    /  ヽ
    / .   / ヽ      | .| ゝ、 . |     //     .|  /     ヽ
    / .   /   ヽ     ; /  \ ` __./        |  |       |  んでこの状況? 何? ふざけんてんのか? 嫌がらせか? ったく、とんだ三重苦じゃねえか!
  ./    ,´.ヽ  .|       .|  /L  |Y  / .  ┌───┐ |        |
  .|.      ̄ )   |       |; `|/  ||  |    |___| |        .|
   .ゝ───/   /_ ,  ´ ̄|\` / | /    .|   , - 、| ゝ        |
      `-.´---´       | | ̄ ̄| Y     | , - 、ゝ-´|  ト       .|
                   |  ̄ ̄  |     | ゝ-´   |   | ヽ      |
                   |      |      ̄ ̄ ̄ ̄    | ヽ      |

 現れたのは、サーヴァント――――恐らくは彼こそがアサシンなのだろう。
 開口一番に悪態をつくこの男とエーブリーの関係が悪いことは……というより、ものの十数分で悪くなっているということは、
 その様子を見ていたわけではないサッシャでも容易に推し量れた。

 恐らくエーブリーは、アサシンやキャスターを引き当てる可能性については考慮に入れていたが、あくまで想定していたのはクラスに沿った常道のサーヴァント。
 しかし、このアサシンはそういった一般的な暗殺者像とは何かしらずれていたのだろう。だからエーブリーの計画とも噛み合わなかったし、
 アサシン自身の意図ともずれが生じてしまった。と、いうことなのだろうか。
 全てサッシャの予想に過ぎないが、しかし間違っている気はしなかった。

 「で、お前が同盟相手とか言う奴か……で、呼んだサーヴァントはなんだ? それ次第では或いは……」

 アサシンは、サッシャを睨むようにして言った。あまり気分がいいものではないが、しかし答えないわけにもいかない。

 「バーサーカーです。そこに……」

 するとアサシンは、既に十分不機嫌そうに歪んだ顔をさらに歪めて喚き始めた。

 「マジかよバーサーカー!? バッカじゃねえの!? お前ら、俺に嫌がらせしようとしてんのか? 聖杯戦争、欠片も勝つ気がねえってことか?」

 アサシンの言葉には、感情を逆なでされる……。
 確かに、サッシャの勝利への執着は決して高くはない。いや、低いと言って差し支えない。
 だからと言って、勝利を諦めていると思われては心外だ。
 勝利はきっと得られぬものだからこそ。いかなる努力を支払っても叶えられない場所にあるからこそ。
 サッシャはそれを、全力で追い求めることが出来るのだから。

 しかし、バーサーカーで『勝つ気がない』とはどういうことだろうか? 確かにいい噂を聞かないクラスではあるが、戦略上は間違ってはいないはず。
 ましてやサッシャは、その潤沢な魔力によって、魔力面の問題はほぼ解決されていると言っても良いくらいだ。
 とはいえ、アサシンはそれについて知らないだろう。ならば、疑問を抱くも無理はない。

 「いえ、バーサーカーは確かに消費が膨大なクラスではありますが、その点に関しては僕にも自信が……」

 「は? あのな、そういうことじゃねえの。お前ら馬鹿だから説明しても分かんねえかもしれないけど、
 最初っから同盟組む予定でかつ俺を呼ぶんだったら、相方にバーサーカーなんて呼んでんじゃねえ、ボケ」

 基本的に、人の物言いに腹を立てたりすることのないサッシャだが、アサシンのこの発言には少なからず苛立った。
 そもそもサッシャはアサシンが誰なのかも知らない。何を用いて呼び出すかを聞いていたわけでもなかった。
 それなのにアサシンの能力を考慮しろとは、流石に無理が過ぎる。
 そして、そんなサッシャの気などまるで知らないと言わんばかりに――――もしかしたら、気づいていて尚、なのかもしれないが――――
 アサシンは、好き勝手に文句を喚き散らす。

 「あーもー、やっきなくすわー! これでアレだろ? 最悪2VS5になんだろ? 2VS5に! んなもん俺にどうしろっつーんだよ!」

 態度は最悪だが、置かれている状況の悲惨さは確かに言うまでもないし、文句を言いたくなる気持ちもわかる。
 そう語るアサシンの立ち振る舞いからは、英霊らしさのようなものは微塵も感じ取ることができなかったが。
 より年若い姿のバーサーカーの方が、寧ろかえって落ち着いているようにすら見える。


                                          ,,,,,..,,,,,,、
                                 ,,,,,,..,.-─ '''"´//////ヽ
                          ,,,,'''"´ ̄ ̄"///////////////////|
                      , ィ'''"´//////////////////////////////ヘ
                   /´/////////////////////////////////////\
                 ///////////////////////////////////////////\
                ///////////////////////////////////////////////ヽ
               ///⌒ >//////////////////////////////////////////|
              ..//三三/  \////////////////////////////////////////|             うっ、うっ
              〈 |三三/    /\/////////////////////////////////////|

               ヽヽ /     |  \///////////////////////////////////ヽ
                /   |    ∧    \////////////////////////////////\
               / /  |    | V     \///////////////////////////////\              おっ、あっ、あっ

               | |   |    | V       \//////////////////////////////|
               Y    | ∧  |  V        \///////////////////////////
                ```Y`∨ |_| -‐‐\_,ー   |  \///////////////////////

                 i   笊示   ィ弐比 |    |    \///////////////////
                 |   マサ    込ツ 〈       |   \////////////////\
                ∧   |  ,        V     __|______/////////////////////|
                 _> ヽ  `        V ̄ ̄ ̄    ___///////////////////
               √    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        /´///////////ハ////
             /∧////////// ハ ///////////// / /  ____/ ノ/// |
              〈 l \ ///// / |  /////////////   ̄ ̄       //// |
               l. ヽ \ /// / ノ//  -‐‐-----‐      ____/ //// |
                l./  Y'''"´" / /// /   _____///////////////// |

                l.,,,l   |   / /// /  ////////// ---- ////////////  |
                 l.    |   \__/   /   -‐‐‐''"´ / ////////////// |
                 \   |          \/    //// ィヘ /////// /
                  l`‐‐l┤、______ィ‐‐‐‐‐‐´"//// /    \  /


 サッシャは、誰かに袖を引かれているように思って後ろを振り向く――――気のせいではなかった。バーサーカーがサッシャの袖を引いていた。

 「あー、ぐぅ、ぶぁ?」

 何を言っているのか分からないが、何が言いたいのかはなんとなくは想像がつく。
 きっと、『『2VS5』になりかねない』という、アサシンの発言について説明を求めているのだろう。或いは、アサシンとの同盟関係のことそのものか。

 両方、と考えておくのが妥当なところではあるのだろうが。
 当然だ。召喚された以上、サーヴァントには必ず願いがある。そして願いを叶えるためには、聖杯が必要なことが殆どだ。
 その為には、聖杯戦争への勝利が期待出来る状況――――というのは、サーヴァントが当然求めるところではある。

 現状想定される最悪の顛末、つまり2対5かつ相手側に強力なクラス全てを占められているという状況が実際に生み出されたならば、勝てる可能性は皆無に等しい。
 ましてや頼みの綱のサーヴァントのうち、片方が既に半ば諦めているようなこんな状況では尚更だ。
 サッシャも今アサシンがこうして置かれた状況を嘆いているように、バーサーカー以外のサーヴァントが真実を知れば、早々にやる気を失う可能性も十分にある。
 たとえやる気を失わなかったとしても、その後の意欲がある程度減衰するのは避けられないだろうし、サッシャとしても心苦しい。
 バーサーカーであればその点を無視出来る。バーサーカーであれば気兼ねの必要はない。狂気によって理性を失った猛獣は、打算的なあらゆる感情を失う。
 サッシャがバーサーカーを選んだ理由には、当然それも含まれていたのだが……見込みは外れた。

 彼が呼んだバーサーカーには理性があり、言語を発せずとも理解はできる。
 ならば、真実を知った彼女は打算によって当然に疑問を抱き、意欲の減衰が招かれることになるだろう。
 少なくとも、それが揺るぎない真実だと理解したならば……。

 いずれはバーサーカーに対しての説明もせねばならないだろう。
 しかしそれを『今』やるのかどうかは、また別の問題だ。

                  _   -=   _
          ....::.:i:i:i:i:i:i:i:y:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.:....
     。 ゜...:::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.:.:.:.:......                 【安価1】 滑り出しは好調とは言えない……
   / /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i'i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i.:.、゜ 。

   ′...::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:. \                   誰かの疑念を払うにせよ、サッシャ自身の疑念を払うにせよ
    /i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
 / ,i7i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:‘, ゜。               話さなければ、文字通り話にならないだろう

ノイ7i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:‘,
 ' ::i:i:/i:i:i:i:/:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:i:/}i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:

  ,i:i:i:{:i:i:i:/}i:i:ノイ:i:/7/ }i:i:/\i:i:i:i:i:i:i:i:ト、i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:トii::i:、:i:i:
{ {i:i:i:{/7′∨ ノイ '′  }イ   \⌒ヽ}ト、\:i:i:i:i:i:i:}i:i:i:i:}i:i:i:} }i:i:}∨}    }
{ {i:i:i:{i{   }   ト                }   \:i:i:i:ハi:i:i:}∧i} }イ                    会話対象を選択してください
  :i:iト、   }   } \  \ 、   、  } }\    )イ }i从 リ /  /
 } ヽ} ヽ ト、  }   >‐‐\>‐-\ } }  \ }   // /  ′     /
 . ハ   `V \ } /   __  ‐=ァ  ノ'イ   )i}  ノイ/ /                      1、エーブリー
ノイ \   \ }   r竓芥  /        ノイ /ノイ     /
     `   __\     うア/     u          ノ  /  /                   2、バーサーカー
            }      `~             }ー个/イハ  ,
          ,/                   i        `〈                    3、アサシン
      //

       `  __                   /           人                  4、ローレル
      '     }                 ,        /---丶
     /     丶 __ ‐ュ          /         /‐‐‐‐‐‐‐}ヽ__
   人        ノ'¨´          /      _ ←‐‐‐‐‐‐‐, /___/
、 /{       / `ヽ        イ〈     _ ←‐‐‐‐‐‐‐‐‐/ /___/              20:15から 先に三票
〈  V   `ーァ     }   _ 。<{‐‐‐∨_ ←‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐/  /___/

∧      /(     ノ ¨¨´_/ V‐‐‐/{i‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐/   /___/
  \  \      __    /_/   }--/∧‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐/   / ̄゛
    \  `  __/    >〈    //⌒ヽ‐‐‐‐‐‐‐//  <ム


2:バーサーカー

             -――-
         . ´         `  、
        /   __         \
        /  /    ` .         :.
      /  /        ` 、        :.
.     / / /           \        :.
    / // / /    、、   \   \      ヽ
    {,// /, | | l    | | lヽ 、 、   \      、
     | | 从_|_|从___ハ」_|_|ハ_}__l  ヽ ヽ     }
    V { ハ l::::::::「   `l:::::::::「 } } |  }   /                 ……
     ヽ、.ム 、::::ノ >< 、:::::ノ j / / ノ /
     {ー┴─‐-v-――――'―'―'ァ⌒)

       \¬)ー‐、|r―‐‐( ,---、___/ /
     / ̄マ_) ̄ヽ || ノ ̄ (二ニ=―‐ ' )
     / ̄ 7ー‐{_O}^^{O_}―‐r―‐、‐‐〃 ̄ ̄ヽ
.    {ー‐ハ(ニ/ ̄|  ll {卍} | 、  ヽ/  /^i〈〉}
     }===) rf'三ヲ}   }}    ∨ \_∧ ̄ヽ  )|
     |__{ 匁ミ/_j_,jj_____}  〈彡}三ニ〉/ {
    /―/   ,〃  Y    ヽr=ミ、  し{__,( { ハ
  r‐クー‐(_,/|  |   }、_人川   /_//》 人___
 └{―‐くノ   、__.(二二)  ノノ   /ーァ、∠/ー、__〕
  └─┘    ノ___〉__厂´    /==〈_)コ匚{__」
          `ー‐^ー―′      ー―′

 バーサーカーは、やがてうなり声を発するのを止め、ただじっとサッシャを見つめるようになった。
 返答を求めているのだろうか。それとも、問いかけるのを止めたのだろうか。

 しかし、仮にバーサーカーが伝わらない意図にやきもきして会話を放棄したとしても、サッシャは、自分自身に答える義務があると考えていた。

 これから互いの命を預けて戦うパートナーに対して、始まったなりから誠実さを欠くわけにはいかない……。

 しかしながら、さて、なんと言ったものか。

【会話安価】 自由安価がいいですか? それとも、選択肢がいいですか?

では選択肢で。

                 _,,,...,,,_

              _、丶``_,,,zZZア冖¬‐- 、
          _、丶`_,,z≦////////////ミh、 \
        /   _,,z彡/////////////// }h、 ヽ、ー''″
       /   ,ィi///////////////////////ミh。,\
    ー‐=彡   ん/////////////////ミ/{{\///ハ ̄‘,
     //---=彡/////八/////}レ'   ヾ、 ∨}}ト、__ }
    ー''゛i i / /゛ ∥/∥ ⌒イ//  / /、     У ! } i}
     |! j {   {从ヾノム { { {   /彡ヽ、/  ノ j ! j
     !|!  人 ーrヘ⌒ヽ {i{ i卜弌トミ、>z彡 丿ノ /

        ヽ 丶/i i 从 〈  乂\ i{\ ヽ(ソミ∠=‐'゙/ ィ/
       \ Y{l{ Vム__、   u\  ``'''ー--「--‐'゙ {
         ヽ }从/ミ=ー |       ,ィ        ',
          ノイ彡'^ヽ        {ト、   r一′             ……えーと、うーん、そうだね……
          ,′     `、     \ >‐'
          ,′  ',    \     ー 〉
          ,′   ',     ミh、     ;´
           /     ゙,     /⌒`‐- ′
.          /         '.     〈ー‐- 、
         /               \    \
      /-‐……‐ 、        ヽ   `、
     /_、丶``¨¨`丶、丶 ̄ ̄ ̄``ヽ }   i `、
   /             \----‐'''゛\   `、 〉
   ,′              ``丶 、.,,,__   Vム
   {                          ,ィi{「「ムV 〉ー、
   {                       V////ム/〈_」}、
   {                       V.:::::r∥⌒ ,' \
   {                   i     }rV ,′ ムー-、 ヽ
  !                  |    ソ〈ノ  /~ヽ  ∧
    ',                      | /   }:/         / }
    '、               j/   / /        , ′
    `、              ∥  /=∥        ,:′
      `、                ∥ミ/三{{        /

そもそもサッシャには、バーサーカーが何を訴えかけているのかすら想像ができない。
だからまず、彼女が何を訴えんとしているのかからあたりをつける必要がある。

一体バーサーカーは、何について疑問を抱いているのか?
そしてそれに対して、サッシャはどのような回答を示すべきなのか?


①バーサーカーが訴えようとしているのは、アサシンとの同盟関係についての疑問である。
②バーサーカーが訴えようとしているのは、アサシンが言った『2VS5』についてである。

A:真実を話す。(①ならば同盟関係を肯定、②ならば不利な状況になり得ることを肯定)
B:嘘をつく。(①ならば同盟関係を否定、②ならば2VS5になり得る事実はありえないと言及)
C:言葉を濁す。

③回答を先延ばしにしてもいいか、バーサーカーに訪ねる。



①②とA~Cの組み合わせ、又は③を選択。


【安価】 39分より先に二票

     ,.、,.-‐-.、、      はい、では両方ということで
    _〈γo:::::o:i_>、
   ./ .7ゝ::::::::ノ\\

   / /'f<|只/7' ̄__ノ     と、いうわけでここまでです。アサシンの前出を覚えてる方は、「あれ? キャラが違うどころの話じゃないぞ?」と思ってると思いますが、
   `ー‐|<V//´
      ! o  {
     .ノハ  ヽ         前はそもそもAAを勘違いしてて別のAAだと思ってキャラ付けしてたので、今回のがまだ正しいです。正しいはずです。

     . Y.|\/

      | |  |          ちなみに何と間違えてたかは、仮に間違えていた方のAAだったとしてもそれはそれでずれてたみたいなんで省略
      | |  |
      | |  |          ここからまた暫く間が空くと思いますが、ご了承を
      |_|_| 
      (__t___)         次からはまた前くらいには長めにする予定です。

          ,. -─-  、
         /:::::::::::::::::::::::::\
       ./:::::::::::::,:::::::::、::::::::::::`、

       l:::::::::〓:::::::::::::::〓:::::::l      不測の事態が発生し予定変更
       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::u:l

        、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           \::::::::::::::::::::::::::/       とは言ってもやるはやります。更に重ねて何か起こらない限り、時間を22:00からに延期
             ` ー-   -‐´
          ,≧ト‐v‐≦、
        /.:::〃 ̄`ヽ:::.\

          /.::::::::|' l/| ) ミ|::::::::.ヽ
       〃:::::::::j┐ 「/⌒ヽ::::::::i
       f::::::¬' `ーへ  }ゝ:::l
       {::::::::::{{、 ,,_ノ:トr_ノ::::::::〉

           /:.:.:.:.:.:.:/ ,___  、:.:.:.:.:.:.:.:.、
        /:.:.:.:.:.:.:.:'":. ̄:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄``:ヽ:.:.:.:.:.:ヽ
          {/:.:.:.:.:.:.:.:.:/{:.:.:.:.:.:.:.: i:.:.i:|:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.}
    __ /:.:.:.:.:.:.:.: l:.:/ .{:.:{:.:.:.:.:.:.:.、从:.:.、:.:.:.:.:.:.\\                更に日程がずれ込むくらいは覚悟してたんだけど

     ⌒ ̄/:.:.:.:.:.:.:.:.| _八∨:.:、:.:| ̄ ̄`∨:.: }:.:.:.:.} 一
.        |:.:.:.:. |:.:.:.:| __  、`\:.、:|x=≠ミ |:.:.:.}:.:.:.∥ ―= ☆           流石にエタるまで言われたら逃げるわけにはいかない
       八:.}:.:.:|:.:.:.:|x=≠ミ  、ヽ|    ,':.:./}:.: ∥
         /:.:八、∧      ' ノ     // ∧: {
.        // ∨{\ゝ              ,_// \}                 準備ができてるかは微妙だけど、僕はやるよ、少しやる
          ヽ\ /}       _  /:.:/、         ,イ}  /}
.           __/  }  < __  .ノ /:.}´ \____  / }. / /
         八    / 、     / /:/    ヽ  /   |  } ′∥
          _∧   ∨  >-‐    {Ⅵ      /  |  ' ∥
   / ̄ヽ、   ∧    ∨ヽ       八 \     /    .|  }_j. {{
  /     ∨ 、ヽ\   ∨ ヽ    /   Y   人 ,_ノ_ー'/./ }、
. /       ∨} ヽ    辷_‐`  ー―   | /} ヽ八  ノ// / 〕
 {          }  , ヽ。s≦__〈        八´  }  ヽハ⌒/└/_/ノ

【10分後再開って入れたつもりが入ってなかったので開始】


 まだ、アサシンが言わんとしていることは分からない。少なくとも、正確に把握出来ているわけではない。
 だけど、ある程度の予想は出来る。ならばその予想の範囲内で、真摯に答えるしかない。

 誠実さを欠けば信頼は崩れる。信頼がない関係ならば疑念が生まれる。疑念がある関係ならば確執となる。確執がある関係ならば、決裂に至る。
 人と人との繋がりは、こういった一挙一動の積み重ねによって構築されていく。
 ましてや、今相対する彼女はサーヴァントである。時間的にも空間的にも能力的にも、自分と隔絶した存在だ。その上、彼女が発する言葉はこちらへ正確に届かない。
 そんな相手と相互理解を図ろうというのならば、ほんの僅かなことにだって気が抜けるはずがない。


            、`  -‐==ミミミ,ィi〔三Ξ‐-ミ、 `ヽ、`、
           、`_、丶 ,心//////////ミh、ミh、`ヽ、 `、
             /  、`/////////////////心`ヾ、  ゚。 `、
         ,  ∥ ,゙ {/////////ト、マ心, ヽム  ` .,,乂 ',
           {  jj ゙ レ'/ V/// {ヽ ヽ寸ハ  Vミ=‐ ゚。 i} 、
           } } jj ノ _ノ 乂ノノ'从 \ '/Vリ i} j  } ! }iトー-  ゙ . 〃
        ノ j {ⅱ    / ノ ヾh、  j}   } ; i  j {j jリニム゙,:;´_ ゜, '′
        ー'゙イ゙从     ´ i  i{    ,  ,゙ ,゙ 八 V/'ニニニ∥((う) ;;′ '′
             乂レ'\ 、 i{  Vノ i|  ,゙ ,゙ 人 ノ/ ノノヘ乂二二∥ ミ=彳 7=-、            ……できるだけ早急に、伝えようとは思っていたんですが
           ノ人ミ、} `弌  ヽノ / / ∠イ イ´ _ノニニニ∥ -′ /ニニ心,
             ,ニ二ノ 人 `'ー- ∠/ '´  ノノ匕二二ニニ∥ jァ` ,心二ニニム
           ,ニニム|  ̄`` ̄`       '¨7ニニニニニ| ,:'゙ ,ィi{二ニニニニム
            {ニニ二|__,,.        / ,心二二二ニニ|,.ィi{ニ彡' }ニニニニ
           やニニ二}h、ーニ=-  _ィi{_,,.ィ(ニニニニニニ㌻``_,,.、-'''```  _,,フ_
                やニニニニ心、 _,.ィ(ニニニニニニニニニア  '゛  _,,.、、-‐=ニ二二
            寸ニニニニニニニニニニニニニニニ㌻/   ‐-===--――‐-=
              }ニニニニニニニニニニ二二二㌻   -‐",,..  __,,.. -‐…ァ二
                `寸ニニニニニニニニニ二二㌻        ´  __,,,,. -=ニニ二
              ヤニニニニニニニ|''‐=ニア/,     '''ー   マニニ二二二二

                  寸ニニニニニ二二}  ,心/∧     _,,. - 、、..,,,_  ̄-ニ二二ニ
                   寸ニニ二二二心、,心////}h、,,ィ劣ニニニニニニ=ー-'ニニニ


 事実だ。だがバーサーカーにしてみれば言い訳のように聞こえるかも知れない。

 「……あ゛」

 か細く聞こえたうなり声は、一体どういうニュアンスを孕んでいるのだろう?

 「僕と彼女は、この聖杯戦争において盟約を結んでいます。……というよりも、彼女は僕の依頼主に該当します。
  だから、その……聖杯戦争中は、そちらのお二人と連携を取っていくことになるかと」

 心なしか、バーサーカーの視線が冷たくなっているような気がする。
 もしかしたら気のせいかもしれないけれど、それでも気持ちはわかる。
 サッシャが雇われでエーブリーが雇い主だとしたら、通例雇われは雇い主の命令のままに動き、雇い主の目的を果たすために行動する。
 それは雇い主と雇われそれぞれに属するサーヴァントにおいても相違なく、雇われに召喚されたサーヴァントは実質上雇い主のサーヴァントの駒のような扱いを受けることになる。
 当然、使い潰されることもあるだろうし、仮に最後に二騎が生き残ったとしても、聖杯を得るのは雇い主側の方だ。
 雇われに召喚されたサーヴァントが聖杯を得られる可能性は皆無に等しい……と考えるのは、ごくごく自然なことだ。
 仮にも聖杯を求めてやってきたサーヴァントが、召喚早々自分が聖杯を手に入れられないと知ったなら、一体どんな感情を抱くだろうか?

 もっともそれは今回の場合には当てはまらない。何故ならば、この協約の目的は聖杯を得ることではなく、聖杯戦争を台無しにすることだから。
 サッシャ自身に聖杯を求める理由があるわけではないが、聖杯の提出までは任務内容に含まれていない。
 だから、仮にサッシャたちが聖杯戦争を勝ち抜けたならば、バーサーカーが彼女自身の願いのために聖杯を活用することは可能だ。
 その点は問題ない。

 「えーと、なんとなく言いたいことは分かりますが……それについては大丈夫です。
 この同盟は『特定の集団』の手に聖杯が収まらないよう、妨害をするためだけの同盟ですから。
 その集団を排斥した後の聖杯の行方については任務の対象外です。ですが……」


 だが、それ以上に厄介な問題がある。

 「……その『特定の集団』、もとい敵対勢力というのが極めて厄介です。
 第一に、聖杯戦争を企画したのは連中です。奴らには地の利がある。
 第二に、奴らの数はこちらより確実に多い。あちらがどれだけサーヴァントの枠を確保しているかは分かりませんが、
 最悪の場合、バーサーカーとアサシンを除いた残り全ての枠を押さえられている可能性すらある。
 そうなればそれこそ、アサシンがさきほど仰っていたように、『2対5』という……おおよそ勝ち目がない戦いに身を投じることになります。
 奴らには数の利がある。そして、第三に――――第三に……」

 「……?」

 敵対勢力こそが人類の夢を叶えるために戦う『正義』であり、こちらは世間一般から見れば『悪』であるということ。
 サッシャから見てもそれが変わらないこと。
 それを口に出すことはできなかった。エーブリーの前だからというのと、それから、サッシャがまだバーサーカーのことを、全く理解出来ていなかったから。

 「――――いえ、それについてはまた今度話します。とにかく僕らは、手酷い劣勢におかれている可能性が極めて高く、
 アサシンが先ほど嘆かれていたのも、要するにそういうことで……」

 「……ぐぅ」

 「!?」

 バーサーカーの手が、サッシャの肩に置かれる。
 ぽん、と言うより、ずしん。
 胴体ほどの大きさもある籠手の重さで、サッシャは危うく腰を抜かしそうになった。

 「え、えっと……」

 「ぐう、あ」

 相変わらず、バーサーカーが何を言っているのかは分からなかった。
 けれど、彼女は笑っていた。怒りも、嘆きも、その表情の中には一切感じられない。
 仕事柄、そして『人生柄』他人の強い感情に幾度となく出会ってきたサッシャでも、バーサーカーの表情からそういった負の感情を見いだすことはできなかった。
 強いて言うならば諦観だろうか。どこか力の抜けた、空虚なものに触れているような笑み。
 しかしそれは軽蔑や身下しを含むものではなく、単に無関心――――否、無固執を表現しているかのようだった。

                -‐━―‐- _
             /ニニニニニニニニニニ- _
           , ニニニニニニニニニニニニニニニ- _

          . ′ニニ .  ------  _ニニニニニニ- _
.          /ニニニ/         `  .ニニニニニニ` .
         /ニニ/          、    '.ニニニニニニ|
.        /ニニ ′  ,.        |\   ’,ニニニニニ|
        , ニニ|.   ハ       '.  \  '.ニニニニ.|
        .′ニ |.    |  、    ト、}   '.  .ニニニニ}
       {ニニ λ  }、|   \  }iノ __ ィ i|  \ニニ -、
        、ニニ八. {|  ィf心 \/  ^¨¨´ 八 /} ノ イニニ|
.         /イ}i 八 夊り  、      7_/.<ニニニ/|                          あぉお、ぐ、お
          〉从  ` __   -―.  ¨¨ニニニニ/.__ ,  ./、
         /ー‐  ¨ニニニニニニj{ ニ ,. ----</ _ ノニ .′
        {ニニニ_ -- _, ―‐ 、 j{. / , ---- ' , 7ニニニ/

        |/______  Y.′ }ニニ, --.′ ー_ ァ
        |ニニニニニニニニニニ八_.人__ ノニニ|  _  、

        八ニニ> __  `.ニ / /⌒l   、ニ’ 、 }
         `¨¨¨.|  ’, |ニ/ / Π.ト、 \/ /     ,
.             |   '. `¨./. |_| |ニ \_./ 、   :.:...:’,
            ∧...::.. ._/ └─┘ニニニニ. ’, \.:.:.:.::.:.:.′
.             ∧:.:.:.:.:.:|ニニニニ. i|ニニニニニニ 、.|ム:.:.:.:.:.:.:.:∨
             . ′.:___jー―ニ .i|ニニニニニニニ |. 、.:.:.:.:.:.:.:..}__
.            〈ニニ. 7ニニニニ. j{ニニニ ` 、ニニ'.∧:. ._ イニニ\
           /ニニ./ニニニニニ.ノ{ニニニニニニ\ ,.∧ニニニニニ\

           ′ ,. ― 、ニニニ, ―― 、ニニニニニニニ ′’,ニニニニニニ\    . ---  _
         /ニ /.    \./     ' .ニニニニニニニ'. ′ニニニニニニ\. イニニニニニニ- _
.        /ニニ/        j|         ,ニニニニニニ.}   ニニニニニニ ` _}ニニニニニニニニ- _
        ′ ._____  i|        ′ニニニニニ 、   、ニニニニニニニ\ニニニニニニニニニ- _
          ′     ` 八__  -――― }ニニニニニニ ,   '.ニニニニニニニニ 、ニニニニニニニニ
       |ニ .       /|ハ        |八ニニニニニ′   ,ニニニニニニニニ\ニニニニニニニ

       |ニ.'       /. | '.         |ニ ∨ニニニニ '..   ′ニニニニニニニニ∨ニニニニ_   ‐、
       .′        / .'  .         「\.∨ニニニニ ,      、ニニニニニニニ.j{ニニ {ニニニニ' .

 「……えっと……」

 「お、えあ、ぐあ? う゛っ、おっ」

 「す、すみません。分からないです。なんて言ってるのか」

 「ぐ、おぇあ、う!」

 サッシャは言葉だけではなく、表情や身振りでもこちらが理解出来ていないということを表現したつもりだったが、
 バーサーカーの中ではなお話が進んでいるらしく、うなり声の色合いもめくるめく変わっていく。

 バーサーカーは、果たして理解しているのだろうか。
 自分の言語が言語をなしていないということや、彼女がサッシャに伝えんとしていることの一割すらも、サッシャに満足に伝わっていないということを。

 そもそも、彼女の中では彼女が発する言語はどう解釈されているのか。
 彼女にとっても彼女が発する音は意味をなさないうなり声でしかないのか、それとも彼女の耳にはその声は意味あるものとして届いているのか。
 分からない。何もかもが分からない。だが、一つだけ分かることがある。



             /ニニニニ/                ,
.          /ニニニニニ/                 ′
.          /ニニニニニニ,                   ,
      /ニニニニニニニ/  ハ.              i|   ′
     /ニニニニニニニニ/  / 八 ト、.     、      i|.   ,
    {ニニニニニニニニニ/ /f尓T フト、¨¨ 、   | \/| j{   .′
    '.ニニニニニニニニ/. 从 ヽVr少'    、 ′,ィチ笊.'从   |
.     ,ニニニニニニ ′.  `            Vr少 / i|. |
      ′ニニニニ {     |              | 八. |
      __. 、二ニニ |     八________     | .′ |
    /ニニ`ー――――― ´ニニニニニニニニニニ `  .イ.:.::ハ,                    おお……ぐぉうっ!
    |ニ /|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ\ /_

    |´ __」ニニニニニニニニニニニニ 八 、ニニニニニニニニニニ i|ニ Y
.   从 {_ニニニニニニニニニニニニニニニ `  `¨¨¨¨´ ̄\. 从__.|
    ∧ ノ二二二ニニニニニニニ|\ニ ト、`¨¨¨¨ヽ    .′ /

      }.´.:.:.:.__\ _|`¨¨¨¨´  `‐ `ー― ′  j{   |
.     八:../    `  . _   〉ー‐、___.イ   ,   八
       ′        \¨¨ヽ\ニニニニニ 八__/__./{
.     /        .-    \ } 〈ニニニニニニ「 |  ト、ニ.\
   __/.        ′      V ノニニニニニ./ λ‐ \ ニニ.\
   ニ ̄ ̄ ̄`. /        |\`  ニニ/  ハ.  ∨二.|. \  __
   ニニニニニ| \       |ニ. \ \{  /ニニ.,  ∨、ノ  /ニ` .
   ニニニニニ|  ム       ′ニニ `   {ニニニ′  }.|  /ニニニ /   ___
   ニニニニニ|   ∧    /ニニニニニニ`¨¨ニニニニ`¨¨¨〈  /ニニニ /ニ\´ニニ\
   ニニニニニ ` __ |八___ イニニニニニニニニニニニニニニニニニ| /ニニニ / \ニ.\二二. \

   ニニニニニニニニ∨\ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ 、\ニニ/__./∧ニ|ニニニ
   ニニニニニニニ. ∨ '.ニニニニニニ/ニニニニニニニニニニニニニ ∨`¨\ニ 、___.∧ニニニニ
   ニニニニニニニニ| /ニニニニニ /ニニニニニニニニニニニニニニニ∨. /`¨¨¨¨¨ニニニニニ
   ニニニニニニニニ|./ニニニニニ /ニニニニニニニニニニニニニニニニ ∨|ニニニニニニニニニ
   ニニニニニニニニ|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ. ∨ニニニニニニニニニ


 彼女に躊躇いはない。語気には泰然とした強さがあり、弁舌は不明瞭ながら滔々と流れて明朗である。
 自分たちが極めて不利な状況に陥っているという事実を提示されても、彼女は何ら動じていなかった。

 「ぐぅ、え、お」

 その点で、彼女はまさしく英雄だ。恐れず、たじろがず、揺らがない。栄光を果たすための強靱なる意思の所有者。
 アサシンの『痴態』、そしてアサシン陣営の不和を目の当たりにしたばかりだったのもあって、
 サッシャは自分のサーヴァントが精神的に『強靱』であることが頼もしくて溜まらなかった。

 「……」

 (にしても、重い……)


 「お! うう……あわ!」

 言いたいことは言い終えたのか、バーサーカーは唸るのをやめて籠手をサッシャから引き離し、そのまま霊体化して目の前から消えた。
 肩にかかっていた超重量がなくなったので、サッシャも少し楽になった。

 「……話は終わったか」

 代わって、エーブリーの落ち着いた声音が聞こえる。サッシャは振り向いて、彼女とアサシンに視線を合わせた。

 「一応、ですが」

 全てを話したわけではない。全てを理解出来たわけではない。
 だけどいくらかは話せたし、少しばかりかは理解出来たはずだ。
 だからきっとさっきの会話も、無意味なようで無意味ではない。

 「ならいい。各々の戦力がある程度はっきりしたところで、今後の戦略プランについての話をしよう。
 先ほどからの会話でなんとなく察しているとは思うが、アサシンは裏方側だ。
 自ら能動的に暗殺をするタイプではない。もっとも、するタイプではないというだけで全くできないわけではないらしいが……」



                , - ´  ̄ ̄ ̄ `丶 、
              ./´//////////////////\
              ///|//, ///// , - ─ =  ̄` 、
            ////∧/////////_/////////⊆二 ヽ、
           ./////////////// |.|//, - '''  ̄ ニV ` - ヽ
            \/////////////::/  ` 、 \;;;ヽ | / ̄ ` ヽ
             \/ |/////, /ヽ:::/   l 、\ | | ヽ/ 三 ̄|
               `ゝ、//ゝ( <|/    ゝ゚_゙ /  .| ` 、ノ  |

         _,=- 、   ノリ/\入ノ        \ .ゝ、l   |
           ` 、≧=≦/;/;/;/;;|`ヽ.    l ‐ -、./   .ヽ   ヽ
           -‐=二三/;/;/;/;;/  ` 、 .`‐^-/      ヽ   丶

            //,.-‐ /;/ |;< |    ト _  ノ        ヽ   .ヽ             ダルい。っつーか、非効率だ
            Y/   \  \>.\l  ./    `‐- 、      ヽ   .ヽ、__
           , -‐─ ´ ̄ヾ__ 、\ ト 、   /´       /| .    > `l
         / , - < ̄.` 、  | \ ` ヽ .|  / ̄ ` 、    ./ .|   /  ト、
        /;;;;;;/   ` 、      \ |  | /  、 | ` 、___\ `.‐ ´    /、
       /;;;;;;;/     |    / \  .ト、 V   ヽ|  ノ    ゝ、   , .イ  |
     /;;;;;;;/ ̄  ̄ ヽ |   | /L |  .|  >イ .┌─ヽ /   人`  ̄ ̄/  .ト
    /;;;;;;;/       /   | フ/ |  ヽ ┌┐ト--ヽ/  /  ト、      `,
   <  ̄ ̄ ̄ ` 、    /    \ /   ト 同 .|  ( |       `     ,/
  / , ‐‐- 、  ` 、 .イ     ┌───┐ヽ.回 .|  >‐i´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 / , .イ    > 、   Y |      .│      │ .| | .|  (__,|
 V   丶     \./  ヽ.     └───┘ | | | ̄ ̄|
  \        ヽ   丶            | | |  人

 心底面倒くさそうにアサシンが言う。バーサーカーとは全く違う、英雄らしさを微塵も感じさせない男。
 まだ召喚されて間もなくだというのにこの態度だ。エーブリーの苦労が偲ばれる。

 「『できる』っつってもレベルがあんだろ。熟練の暗殺者だから『できる』のか、アサシンのクラスに当てはめられたから『できる』のか、この二つは全然違え。
 俺は後者だ。アサシンに無理矢理押し込まれただけで、暗殺者だったわけじゃねえ。
 そりゃあ? 俺が本気出せば暗殺くらい余裕だけど? でもよ、俺の天職は別にある」

 「は、はあ……」

 妙に自信満々に語るアサシン。
 しかしサッシャには、アサシンがどうしてそんなに自信満々なのかが理解出来なかった。
 何故かって、アサシンのステータスを見ると……


                                          【CLASS】:アサシン

                                           【真名】:?
                                           【属性】:混沌・悪

     ,  ヽ } 〉∨-=ニニニミニニニニニ\ニ{               【筋力】:■■□□□ D
     ′〕__}_/_/ L}7::/-=ニニニニニニニニヽ{               【耐久】:■□□□□ E
   /        /:/ ∠⌒ ‘<ニニニニニハニ}                【敏捷】:■■□□□ D
   〔  __   イ}'/〒tァ   爻7ヽニニニ}ヲ                【魔力】:■■■□□ C
 /   7´     丿  `¨¨   爻八ハ\二リ .               【幸運】:■□□□□ E
     /      く     ィ   爻く:::::::::ヽ7z─<__,             【宝具】:■■■■■ A-
.    /          -v__彡′ /爻ヽ::::::::::::::::::ー<⌒
    イ⌒ーヘ/ミー─‐:.    /   爻八::::::::::::`:<⌒\      【クラススキル】
 //|   \ヽ: : :.\: : :.`¬': :{    爻, \{\:卜ヽ __        ◆気配遮断:B
': : /: i    : :} : : }: :\.: : : : :.∧   ハ〉 } ` }i: :/<⌒ヽ_      サーヴァントとしての気配を断つ。

: ノ: :丿         : :__ \: : /ヽ } /─  . : : :/⌒ー=ミ:::\     完全に気配を断てば発見する事は難しいが、攻撃体制に移るとランクが低下する。
ー< : : : .   i l  //, \ ヽL..     / : : : : : : : : : : : : \:::ヽ
    `⌒ 、  |  【 又,_ 】 i |‐ ._ ̄ ≠..イ : :  : : : :  /: : }:::::
      \ |   \´_/ | l   / ′/ ̄ ̄  \   / : : :L:::::}
        } 「 ̄ ̄ __] | l  ,/ /  / ̄ ̄ ヽ /   ′    i }:{
          {    ̄     } rr/ /   { ,ぅ ◎ Y  / /   {:::、
          \    [:ロ] /         / 〈/    /,八:::::┐
         i     \   L 」      `>ー '  /\  //   \::ヽ
         |       \ } il {      / . :     ′ 〈\      }::::}
        イ:: .  {    } il {       . :   /   〉∠.... 二、〈::::{
         )i: : : . \  } il {__/. : :     .イ    / ̄     \::::〉
        }:\    ヽ} il {___   /   / _}    、7⌒ ̄  : : : :}/
      /  >ュ、____} il {  /______〕   /      〉, /
     /\__ffj__〉___} il { ̄ ̄        〕  .:       / 〉'′


 ――――アサシンとしても不足。
 それは即ち、他のクラスならばより不足であるという意味である。
 近接能力は底値に近く、魔力も決して高いとは言えない。幸運も最低値。
 唯一ずば抜けているのが宝具ランク、というのは些か不穏だが……何にせよ、彼自身が誇示するほどに彼の能力が高いとは考えがたい。

 何かを隠し持っているのか、或いは根拠のない自信に過ぎないのか。
 サッシャには判断出来なかった。

 「じゃ、じゃあ……その天職、ってのは、一体なんですか?」

 「お? 聞いちゃう? 俺の天職、聞いちゃうか? んー、仕方ねえなぁ。しっかたねえなあ!
 折角だし、馬鹿共にも教えてやるよ」

 妙に人を煽るような言い回しをするアサシン。エーブリーの苦労が偲ばれる。そもそも何が折角なのか分からない。
 彼はいつもこんな調子なのだろうか?

 (だとしたら、僕にも良好にやっていける自信はないな……)



【すみません、短いですがここまでで】
【明日、改めてやろうとしていたところまで行きます】


 ×××

 見誤っていた、と言わざるを得ない。
 その場にいる全員が、敵の性質について見誤っていた。
 召喚されたばかりのアサシンやバーサーカーは無理もない。彼らはまだ、敵がどのような集団であるかも理解していないのだから。
 だが、サッシャも見誤っていた。エーブリーすらも見誤っていた。

 ×××

 「俺が最も適するクラス、それは――――」

 轟ッ―――ゴロゴロゴロロ。

 「!」

 「……!」

 アサシンが居丈高に声高に、なにやら演説でも始めようとしたところで、雷鳴が鳴った。

 否、それは雷鳴ではない。雷鳴のようであって雷鳴ではない。
 崩れる音だ。崩れ落ちる音だ。壊れて、砕け散って、粉になる音だ。
 何が? 石、鉄、土――――建物が。
 全身を包み込むほどの轟音。間違いない。これだけの音が感じられるということは、崩されているものは一つしかありえない。
 『マンション』だ。サッシャやエーブリーの本拠だった、『マンション』が破壊されているのだ。
 そして、誰が、否、『誰ら』が破壊しているかは最早、考えるまでもない――――。



                {      / 。゜ }} ,' / ;  //  乂{i \ \ミ__{乂刈lh、 ``ヽ丶ー   ハ ∥ミヽ
                  。゜ ⌒ヽ  /。゚  ∥i/   ; / {ハ  {i、 \ \ 乂ミミh。,_ミh。,_  \_/ノノ {{ミミ
                 。゜_,,,ミh、 ノ。゜ 、 jj   / }j__V∧  ヾミミ、 `、   ヾ、 ) }トミh。,_ \ノ  ijミミ/
              /彡ニ=-‐/ノィィ, /}i {{   ´ ̄「{ ̄``丶     jУハ   }! Уーァ¬冖¬‐- 、、 jj∠ ノ
              ,'     rヘいヽ//!レ'  i   j {   ∨ ,   j  }i  ノ / ハ    ⅰ   ヽノΞ彡
            ; λ{[_ Fh、苅ム // /{  i {   √`、  ∨ /   }  リ  。゚ / j}   、 ⅰ   V∠彡
            ゚。  ぃいム刈ノ/‰ { ¦ {__ノ云云ッッx∨__/ ノ  / 。゜ニ云__ ハ ‘,    VミΞ
              ゜ 。  ゚So_乂必゚, `、 ゚。 ヽzZ竺竺笶冬ミト   イ / /zZ竺筅冬ミh。,_ヽ   Vミニ
                    ゜ー一''″  ゚。 ヽミ,_⌒弌 乂゜ノ^ヾ '''″ {  八 (   ィア八(9)ノ`ヽミア ',    ∨ニ
                        ゜。  ゚,`` ``・・‥ ``    乂(  ヽ  ´^ -ッッッぃヾ`  } ノノ 冫、
                          ゜ 。゚,                  γ⌒ヽ、_,,.、、   ノ'′ , '          ……来ましたね……!
                              ゚,                 /⌒\   `、  ',  /   /
                              ゚,                   ∥、  `、  `、  ゚。/¨¨゛
                  、yャッッ,            ゚。         -、/ \i{     `、   ゚。 ‘,
             ♪¶i糾也i,          ゚。          ∥     \     `、  ‘, ‘,
      _ぅうh、ミやYヽ/!川巛'⌒ ー┐          ゜、    ー-  ∥`ヽ    丶ー-  \   ',
    _ぅ)ノノ八\リ丿丿川リリl}h、  乂_____,,.、 丶``\        {{ ⌒、 /    ヽ      }
   ,う从ヽYハヽ Yノ川リリl}州州}lh彳^````       ', \     \  {i        ノ        |i ´'~。.,,_
   ノノ八乂乂乂ノノ川リリl}州州洲洲 、 \       ',  \      ヽ〈       _,,..,,_    jj     ノ
 _ノノノハトー=彡ノノ川リリl}州州洲洲| \  ヽ、     i    丶、、.,,____/   _,、rfi州州リミh。∥ _,、rf〔こ
 彡ノノノリl川川川川リリ州州州洲洲|    ヽ、 丶、 、,,_j         ̄/_、rfリリ州州洲洲州州リミh。,_‐=ニ
彡ノノノリl川川川川リ州州州洲洲洲|     丶、 丶、 ゚。      ,ィl川リリ州州洲洲洲洲洲洲州州ミh、


 サッシャの意識が、ぎゅっと張り詰める。弛緩していた空気が緊張に満ちる。
 ここ五日間、ユーリエとの戦闘を除いて血生臭いことからは距離を置いていた。
 置くつもりがあったわけではないが、自然と置かされていた。
 初日に『マンション』を抜け出して以来、ローレルによる監視の目は執拗なほど強くなり、
 特に夜10時を越えて以後の数時間は、片時も目を離さず監視されている。
 諦めて大人しく部屋に籠もっていても、常にどこからか視線を感じるので、少し寝不足気味なほどだ。
 しかし、見張られているだけのサッシャですらその調子ならば、見張っている張本人のローレルはどれだけの睡眠不足に苛まれていることだろうか?
 その点でも、エーブリーとローレルとの関係には疑問が浮かぶ。

 そして必然、夜にならねば危険は顕出しない。昼であろうと夜であろうと、ロンドンを包むのは他ではあり得ない異質の霧だが、
 ロンドン市民にとってはそれは『異質』ではない。この町では、それは一つの日常として、既に平生の中に組み込まれている。
 そしてその夥しい霧が覆い被さるようになって、サッシャのような不慣れな部外者の目には他の危殆も映らない。
 『スモッグ』という異変があまりに大きすぎるせいで、それすらも飲み込んでしまうロンドンにおいては、小さな異変は異変ではない。
 よってサッシャは朝も昼も夜も、危険らしい危険とは一切遭遇することができずにいた。

 ……とにかく、この五日間、危険という危険には全く遭遇せずにいたサッシャだが、建物が崩れていく音を聞いた瞬間、体内のリズムが変化していくのを実感する。
 平時のための緩慢な精神ないし身体から、戦時の為の引きつったそれへと。

 心地良い感覚だった。あるべき場所に戻ったような感覚だった。
 そのせいだろうか……僅かながら口角が上向いたのが、自分でも分かった。


 「早いな。思いの外早い。まるで私達が召喚を終えるのを見計らったようなタイミングだ。『できすぎている』」

 対照的に、エーブリーの表情は以前にも増して険しくなった。

 「破壊を行ったのは、間違いなく『推進派』の連中だろう。そうでなければ、こんな絶妙なタイミングに攻撃を仕掛けられるはずがない。
 我々が全ての召喚を終えたこのタイミング――――討伐の大義名分を得るにあたって、限りなく効率を求めた結果の、このタイミングに。

 地下室の存在もバレている可能性はある。が、流石に坑道までは押さえられていないだろう」

 「坑道……ですか?」

     /: : / : : : : :l: ト、: : |: : i : / : :l : ハ : | : ]ト、 :| : : | : : : : |

     |: :/: i : : : : | | ヽ:.l : :l :/ : : |:/ |: l : 小: :.l : : | : : : : |           ああ。地下から屋外に出ることなく、もう一つのアジトへと向かえるように、あらかじめ坑道を掘らせておいた
     |:/l : | : : : : | |   |:.l : l/ : : 从_L:L/::lリi:.:| : : | : : l : |
     |:l | : l : : : : | |,--l;ハノ: l ://  _j=|:/ _ハ| ;|: : :.| : : l :∧          そこを辿ってここを逃げる。

     |イ| : :l : : : : :l ィテ示下`∨/  イ、辷彡 ヽ; : : //ヽ :∨: : ` 、
     ' ∧ ∧: :、: :ヘ ゞ≠'"        ̄ ´ / /: //-/\:\: : \      もう一つのアジトの方はここ数ヶ月一切立ち入らないようにしてあるから、
      /∧/l人: \:ゝ     i           /イ:/r-'l: : l : : l>一: : :ヽ
      _//リ: ヽ : 圦       `         |//: : | : } : : | : : : : : : : }     その位置が明らかになっている可能性はない。対抗の可能性だが……
        /: :八\ ∧             イ: | : : |:/ : : :| : :l : : : : /
         /: : : : :∨: l :` 、    rニ丶   / l: :.| : : l/ : : : l : :l : : : /     相手は恐らく準備を入念にしてこちらに挑んできているだろう。数においても圧倒される可能性すらある。
         ∨: /: : :∨从: : \      , イ   |_:_ :./: : : : :l、: :l : : 〈
        ∨/: : :/: : : : : : :iキ≧ュ, -     //: : : : : : /: 〉: : :l :ヽ     こちらには心の意味でも、そして物質的な意味でも、何もかもにおいて準備ができていない。
        //: : :/: : : : : : : | . . . ハ     / /: : / : : : : / :∧: : :l : : :\
      /:./ : : /: : : : : : : :リ   /l      , /: : / : : :∧!- 、: :\:j : : : : :\  だとすれば、今は逃げる以外に方策はない
    /: :./ : : /: : : : /: : :/ /  |      〈/: :/l : : :/ j|    ̄ ̄ ̄ヽ: : : :ヽ
.  /: : : /: : ; /: : : :/ : : :/∠ ― 、   ,  ̄|: : :| |: : :|  リ           \: : : 〉
  {: : : : /'´ /:/ : :/: : : /       ̄   人: :.l∧ : l             ∨/!
.  }: : :./  /: i : : l l : :l'            ヽ从ヽ; :ヽ      ,      |: :|
    \|   |: ∧: :.l l : :|               \  >二`    /. . . . .    |: ノ
     |  ∧j \l八: !、           /   ,-、j-ォヽ  \   /. . . /     | '

 エーブリーは、それなりに周到な準備をしていたらしい。
 しかし、その坑道を相手も辿ってきたならば、その時はどうするつもりなのだろう?
 それこそ、隠しておいたもう一つのアジトも暴かれて、一層の窮地に陥るだけなのではないだろうか?

 サッシャは窮地が好きだ。
 だが、それは彼自身だけが窮地に追い込まれるからこそであり。
 彼にしてみれば、他人を巻き込んで得られる窮地には価値がない。

 「というわけだ。行動は限りなく速やかに行わねばならない。というわけで直ぐに動……おい、どうした」

 立ち上がり、部屋を出ようとしたエーブリーが床を見て唐突に足を止める。
 それにつられて、サッシャも彼女の視線の先を見た。
 そこにあったのは――――頭を抱えて縮こまるアサシンの姿だった。


        / ̄>ヽ、
     ._/,--、  ̄\ i_
    i' ,>.-‐.ヽ |   / |〉ヽ  ←イメージ図
    . レi'::::::::::! ̄| i'´t__/`´
    \ゝ.- '|  | |
      -'  ゝ_ノ

 「……」

 「おい、アサシン。起きろ。急ぎなんだ。ここにいたら死ぬぞ」

 するとアサシンは勢いよく飛び上がり、エーブリーを押しのけて走り出したと思うとドアに激突して派手に転んだ。

 「……アサシン」

 呆れた様子で溜息をつくエーブリー。しかしアサシンは、エーブリーのそんな蔑んだ視線に全く気がついていないようで、
 半泣きになりながらその場であたふた蠢いている。

                    _,. -======- 、
                  ,ィ////////////=Z>、

                 ,イ/////////////////77:、
                   i//////////ニ=-<///////>、      ト、
                     //////,ィ:.´、:|:/:/⌒゙ヾ'////,i!     、_)
                 {'//////-――-'゙  ,.==く `i</|     /ル'
                |/rV// _,..-┘ `¨i{' o  }| Ⅴミj    ,ィX'
                |ハ `レァ'゙ o`ヾ .  ` -‐''゚  ! }爻X=ジ
                    V/>iハヾ=c- '   丶     U !ノ:、:≧=-==ア     やべーって! 何なんだよ! 何!? 今のヤベエ音!
                      ヾ/{^丶 ι  ,.- ァvマヽ   八、:ヾ:ー:=:=≦、
             ,.z=-、 _ ノ^>、  、   {/`,.=---ハ /:{:、:、:.≦ニ二⌒ .    ありえねえって! バアアアアンって、ドァァァァンって!
.             '⌒ヾ:三ニィ:/:/:,'`T:l:i:、 ヽ'     .ジ/:圦:ヾ:=:-:-‐'^`
                   ,.イ:':/}/:l:リ:l:!:|:i>。.._`ー‐''" ,イ{ヘ:、:.>、 ̄ヾ}¨¨7      何!? そんな奴が攻めてきてんの!? んなの、勝てるわけねえじゃねえか!
              ー-=彡イ=彡イ/:/{:l:}!:}     ̄´ ,' ヽ}`¨゙ヾ!    /
               <    {;l{ 弋ヾ=、 ヽ   ;   |       /三三≧ュ、_
             ,r-=≦>.、       \__   _|      /   、 ̄`トミ心、
             ,イ//>'~ヘ´  ` ・ 。     \ ` ´ ,'    /    ヾi  ,'  寸廴
           r≦r''^'‐- 、 ヘ __,.ィ=≧ュ.. \ー―ァ.  /       ', i! /'^ヾ圦    逃げようぜ! とっとと! 早くしねえと殺されちまうよ!
        ,.ィ'゙/ル' ̄`  /     `ヽ `i{ `¨i=.ゝ-{ / r―――――V/   ヾ㍉、
      r<//r''゙    /   ヽ ̄ト.、 ヽ.i!  ', [.} }|' |  、, ---------| /    寸心、
    r'^´ ̄ ̄ ̄~ >' ゙  ,、 ト、  V ヽ≧=く \ ',ヘV>\   }   γ⌒ヽ [__    `寸心、
   r''゙ >-―一''"   ヘ  マ:、 ヾ>、 ヽ__,.  ヽ ヽヘヘ <> 〉  lγ^ヾ。.__ノ i!、__       `゙ヾ心.
   レ'゙          >、 ヾ\ Yヽノ   `ー'^~| ヾ `ァ''i゙|   l弋__.ノ  _ノ! \        _}/ハ
   {_          / `ー'\¨  L.................... 」  i! | |.|   ̄ ̄ ̄  ,'   \,. -‐-=<   ¨¨ヽ
  /            /      \            || |'|         ,'    / ,. --、__ ヽ ̄`ヽ \
.  乂_,.      . イ         V:、          || |.:       /!   _,.`=' ,>''" __ `i   マ  i
      ̄ ̄ ̄´            V \        || | |        / {  {__,.. /  ,r''´ _  }   }  .|


 「……」

 「……」

 アサシンの発言は、様態は、一刻を争うこの状況すら凍り付かせるだけのものを持っていた。
 その場にいる全員が、アサシンの豹変振りに呆れているのが分かる。
 今この瞬間においてだけは、サッシャにも、バーサーカーが何を考えているか容易に理解出来た。

 何せバーサーカーは、今まで見たどんな瞬間よりもげんなりした表情を、アサシンに向けていたのだから。


    /// l`  、//////////////\

   ///  |    ヽ、/////////////\
  /// //、/ヽ     \/////////////\
..//// //| .|  ヽ /l  |  \////////////.〉
´// / / .| .|  ./ .|  |    ヽ///////////、
/| | |  | `ヽ  | | /  | .| ヽ//////////ヽ
| | 〉  |―、 .|  |,―|/_/_| /|///////////ヽ
ヽ、|  | --.. .| .|  ‐‐‐‐  |/ ||////////////ヽ            ……ぢぐぃん
 ヽl  .|廴ノ \|  廴..ノ /  .|/////////////
 ヽ|/l |    ,       /   〉//////////
  l´ー‐ヽ、,_____/|  / |___/-‐'/|

  l/////|/////////////|//|//////////.|
  |/////|////////////////////////////.|
  ヽ////ヽ///////////////////////////|
   ,\///|//////////////////////////
  ///\/|/////////////........__/_ヽ  ̄
 ///| /|| ヽ‐―フ ̄ ̄ ̄//////   ̄\

‐l_|//‐//.||//|   |///////////      |
/.|//////||//ヽ__ノ , 、////////       |_
./ /////.||///////\/////| ヽ _ ....-‐´|

´            ̄ ^  `     .  ̄       `


 「あー、なんだ。その、アサシン、お前な? ちょっと落ち着け。
 その逃げるための話を、さっきからしていたんだろうが。ちゃんと逃げ道は用意してある。
 しかし我々は大所帯だ。だから、手順を追って……」

 「そんなことしてられるか!」

 アサシンの声は必死で、迫真めいていた。

 「うかうかしてると、上の建物を破壊している連中が地下室にもやってくる! 地下室にやってきたら、殺されちまうかもしれねえ!
 俺だ! 俺だぞ!? この俺が、殺されちまうかもしれねえんだぞ!
 そんなことあったら、お前等の勝ちなんて全く見えなくなっちまうぞ!
 だから、何をおいてもお前等は俺を生かさなきゃいけねえんだ……」

 このアサシンは……一体何を言っているのだろう? 
 サッシャには段々と、このアサシンがまともな言葉を話していないようにすら思えてきた。
 バーサーカーも何を考えているのか分からないし何を言っているのか分からないが、このアサシンも大概何を言っているのか分からない。

 「……で、逃げるってどうやって逃げるんだ?」

 「坑道を通っていく。細い道だ。あまり急ぐことはできないだろうが……」

 「坑道!? もし生き埋めになったらどうするんだ!」

 「そんなことはないように頑丈に作ってある。ロンドンには現在、町の至る所に地下道が掘られている。
 別に私が掘った坑道が、その中で特異にあたるわけではないさ」

 「んなこと言ったって、建物を壊したような連中が追い掛けてくんだろ?

 そんな奴らが何かしたら、地下の道なんていっぺんで壊れちまうに決まってんだろ……!

 ありえねえ、こんなあっという間に追い詰められるなんて……何かいい手は……

 ……そうだ」

 アサシンの視線が、サッシャとバーサーカーへと泳いだ。
 アサシンはふらふらとした足取りでサッシャに迫り、卑屈な笑みを浮かべてこう言った。

                             _,,..  -===- 、
                       ,......r=<'_////////////>、
                          | /  i、/ `ー'┐/////////\
                          ; ´   '" //⌒ーミ////>ミ///ヽ、
                          .′    ,ィ≦≧彡//////,\//ハ
 ,. ‐= ¨  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ¨ '''   ‐--┴     /:、:ヾ::i:|:::/≧:、/////,∨//i
..{                              ,イ:.:.:.\Ⅵ;':,ィ>=\'///∧//!
. ',                   _,,.. == r- 、‐ァ='≧:、: : : ヾ/. :u : : :∨////Ⅳ
. ',  =- ... __.. =-‐ ''"     |/i´Ⅴヾ{ 回ヾ=- ,: : : : : }'///Ⅴ    お前らさ……地上に出て、攻めてきてる連中を食い止めろよ
 ,ハ     /  .ト、          ヾ| i! : : `'''= ┘, : :`7わ¬ァ∧////
 |∧    /   | i、           八...| ι   〈    ー‐'゙:;爻'^!Ⅳ     そうすりゃあ、俺たちが逃げるまでの時間は稼げる
 :  }=‐''"      从:.、    ⌒≧=≦:/:,圦  ,rv== ‐--、    ,.:爻,.イl/
..圦        / {`ヾ:i  -‐=≦ニィ:/:/:i:、 {w、,、`^^V}   .ィ-:爻:l八
  ヽ       .ィ     辷=-、  _/.::/:/:./.i:}\` ー -孑' .ィi:|l!|:爻:i:!:ト≧=-   お前等なんていくらでも換えが利くが、俺はオンリーワンだ。俺を失ったら、この陣営の勝ちはありえねえ。
   >、=≦  ',    .|`i⌒ヾ> ´ ,ィ:У}:j:: .\__...< ::l:l:|:|:爻:{八
     ヘ     ',   . | <     ´  r‐/ i  {   ,  ルl:l:|:|:爻|:、ヾ≧ュ、   だからよ、お前等の命を賭けて、必死に俺を生かせ。
.       ヘ.    ',  . |   . \     { ´ |    /  {^Yヾハ7Vヾ!⌒i/
       ヘ    ',   .|    /´ \   ト 、        7j   '′  V     お前等の犠牲は、ちゃんと有効活用してやるからよ
         ゙:、      |  ,' ,′   ヘ  . \   _ /    __ 」
          ゙:、     |  !/ ___ \.ヘ     ´  / ,.ィ´  ` <i|℡.、
.           ゙:、     } | /L.... ,\ 弋>、___,.ィ/        ` <℡、
.           ゙:.、   ′| '=ァ / /  i!'\   /          ,′.Y|i   だいたい、お前ら雇われなんだろ? だったら、雇い主の鉄砲玉になるのも本望じゃねえか
              ヽ ,'   \|/ _,./   | 「「|T´,'   r-  ...,, __   .′ /!||
                  V     `'"´     | fi^JT .{   .′      } ,' //|||
                   V   「 ¨¨ '' = ┐ | |ト=}| |  ,' ̄ ''ァ=.‐- /´ / ,|||
                Ⅴ :!.        | lL...jj |   i    (   ) {/ / |||
               | \¨ =‐-  」: | `T¨l .|  lγ⌒ヾ¨¨´ レ ´.  |||


 何を抜け抜けと――――とサッシャは思う。
 アサシンが言っていることは無茶苦茶だ。お互いのことを碌に理解もしていないまま、
 より重要(というふうに自称しているだけの)自分のために使い潰されろ、などと言っているのだから。

 それに、雇われと雇い主の関係については先ほどバーサーカーに説明した通りで、そこまでの従属関係を敷くものではない。
 少なくとも、アサシンの言うことを素直に聞いてやる理屈はどこにもない。

 だが、エーブリーたちとサッシャたち両名が連れ立って坑道から逃げるのも、それはそれでリスクが高いというのもまた事実だ。
 だから、その意味で。鉄砲玉とかオンリーワンだとか、そういったアサシンのエゴに基づく基準ではなく、
 ただ単に

 二手に別れ、野外に出るのは明らかに高リスクだ。最悪の場合、五陣営がそこで待ち構えていることになるのだから。
 だが、もし一陣営や二陣営程度であれば、なんとか逃げおおせることができるかもしれない。
 場合によっては、油断している相手に損害を与えることもできるかもしれない。

 ……少なくとも、エーブリーやローレルたちを逃がすことは確実に出来るだろうし、
 二手に別れるとして、どちらかが地上に出なければならないならば、適役は間違いなくサッシャとバーサーカーだ。
 だが。そういった利害の問題を差し引いて……このアサシンの思い通りにするのが癪という気持ちもまた、サッシャの中で僅かに蠢いている。



                ,...,,,,__
          x丶``,、r=‐-ミミニニ=‐ 、
         /、丶,ィi㌻ア//ヘ'//ミh、``丶ミh。,

        _ノ゛ ノ゛-イア゛  V ヽヽ}i `、\丶ヽ
        / 〃/ /  {/   }′ ゙,   `、`、゚。',
        ノ ,j{ ,゙∥ / ノノ,イ  j{ i } i{…、} j ` }!人
.      ,゙ / { { { ,'_∠≦!  八从 Vヽ } i  ノ j }
.       У 八 乂「 アッ^V/   ノi ハノイ{ ヽ、人V
      イヘ、ト、.,_ミー ´   u ´^ヽ'′乂リ、/ `         【安価】

             У          ',    `、           1、アサシンの要求を聞く。地上に出て、攻めてきている相手を迎撃する。
           <_ -            }    ,,乂ヘ         2、アサシンの要求を呑まない。エーブリーたちと共に坑道を同行する。
               ) _, -‐      /..:  ,ィi{二二心、       3、その他
            ` ー     /..:.:.:.:,ィi{二二二二‐
                 }   _、 ヘ.:.:,ィi{二二二二‐         22:30より先に三票
               ` ``   ィ二二二二二‐
                 _,∥ニニニニニ‐

             __,,,.、rセ``∥ニニニニニ‐
          、` ̄ ,ィi`` //ミ二二二二ニ‐

          、`  ,ィi<   //:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
        、`/ / 、`  //三ΞΞΞ  ̄
       / ,/、` 、`   //:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
.    /  ∥  {「   //:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:


2、アサシンの要求を呑まない。エーブリーたちと共に坑道を同行する。


      ,.-‐-.、

       i'o:::::::::::i
      ゝ::::::::ノ
     ,ヘ ´ー'1、

    / /   |、\          委細承知。では本日はここまでです。ご参加ありがとうございました。

    〈 〈|_   .{./ /
     Vy'´ , `l,>'
      |._∧_j
      |  l |            最後にコンマだけ振りますのでご協力お願いします。

      |  l |
      |  l |
      |_|__|
      (__j__j

【判定】
来ていたのは……
123 剣
456 騎
789 魔

      ,..-‐-.、
     i':o:::::o::i
     ゝ::::::::ノ         5:騎

     r.<ヽ只7i
     l | <V>l|__ _ ri       ユーリエ再来
     l |  o..{、__|_|'{〕
     |__|  ハ_>
     | ljl.´ | |            では本日はここまで、次回はまた一週間くらい空いて、そこからは何連続かでできると思います。
     `´|  | |
       |  |/            その後8月末にまたしばらくできない時間が挟まり、九月に入れば安定するかなという目算
     . /|  |
     〈_.|_|
     ヽ_t__)

          ,. -─-  、
         /:::::::::::::::::::::::::\
       ./:::::::::::::,:::::::::、::::::::::::`、

       l:::::::::〓:::::::::::::::〓:::::::l       やりますが進まない。
       l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::u::l

        、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           \::::::::::::::::::::::::::/        今回はちょっと他視点回にします。従って安価もないです
             ` ー-   -‐´
          ,≧ト‐v‐≦、
        /.:::〃 ̄`ヽ:::.\

          /.::::::::|' l/| ) ミ|::::::::.ヽ
       〃:::::::::j┐ 「/⌒ヽ::::::::i
       f::::::¬' `ーへ  }ゝ:::l
       {::::::::::{{、 ,,_ノ:トr_ノ::::::::〉   あと数分したら開始


 ×××

 推進派による『マンション』襲撃の数時間前。
 『LOR(王立研究所特務機関)』の裏口。排気口が無造作に並び、ロンドン市内でも特段に『濃い』スモッグが漂う場所。
 普段は研究員すら近づかない毒気の特異点であり、当然、待ち合わせなどには適さない。
 その待ち合わせが『密会』でない限りは……。


 「……遅い」

 予定の時刻より30分ほど後れて、マイカ・ゲイツケルがやってきた。
 急ぐ様子も悪びれる素振りも見せない彼の立ち振る舞いに憤っているのは、定刻通りにやってきていたユーリエ・ホーグランドだ。
 尤も、彼女が苛立っているのには、もう一つ理由があるのだが……。

 「この私が、態々貴方達の根城にまで足を運んでやっているのに、どうして約束の時間を守らないのよ」

 「すまない。どうにも『本職』じゃないことには手間取ってな。魔術というのは、どうも、うむ……」

 マークはそう言うと、ポケットからシガーを取り出して悠々と吸い始めた。
 こんな煙の中、更に煙を窃取しようだなどとよく考える、ユーリエは呆れながら、かつ、マークが魔術に『苦戦』した、という話を小気味よく聞いていた。

 「ふん。所詮は付け焼き刃の似非魔術ね。そんな調子じゃ、どれだけ数に差をつけられたって足下を掬われるわよ。
 そりゃあ、仮にも魔術と呼ばれるものならどんなものだってそれなりの難度があるんだし、科学者なんぞに一朝一夕で……」


             _, -' 7'

              , ヘ丶イ
            /^'- _]´                     _
          i^---.」                  _, ─",─
             !ゝ-ニ_-┤             -, ニ´─ '  ̄
           トゞ≧ゝヲ,|          - ニ ~
           トII-==-II| _   _, - =´~
           ハヘ=≡≡彳、二二ニニニニニニ==-- 、..,_
        //   キ   ! ヽ,
    _c = ヲ 丨〒===〒 | ヽ`ニc- 、
  ┌´─ /  ! ∨,ハ∨ | _ヽ   ̄ ヽ
  |   ´`_フ. |  \ ,/  |`' - 、    |
. 丿 \  ヽ   !      |  /.  /   !                        ……面白い
  1   ヽ  ヽ  |  ○   |  /.  /   ゝ
  !     》   ヽ |      .|. /   /   丨
 !   / !    !|       |/  /    .!
|   /  !     |  ○   !.  ハ    .|
    ` 、 .|   |     |   |. |    |
 、    `y ハ   |、 ∧  /ヽ ハヽ,|   |
  ヽ 、 /    |∨= ∨l l l 丶   !    !
     `>  ,_   /ll l l l l l l l l l |:\|    ト 、
   ,レ-" -´ /l l l l l l l l l l l l !: : y   ト 、` - 、
   ペ/ /l l l l l l l l l l l l l l ノ: : |    |: :\   `丶


 「は? 何って?」

 「とても面白い。何がって顔だが、それは当然魔術の話だ。科学とはまた別方向での趣がある。
 今日も面白すぎて、ついうっかり切り上げ時を忘れてしまった。
 遅れたのもそのせいで……ああ、やるべきこと自体は昨日の時点で終わっている」

 「……」

 ユーリエの表情が不機嫌に変化していく。ゲイツケルは彼女の表情の変化に興味を示さない。
 彼女の表情は、菜種から油が絞り出されるように歪んでいき、やがて刺々しい声を吐き出した。

 「気に入らない。すっごく気に入らない」

 科学者が、魔術の可能性を認める――――これは魔術世界に生きる者からすれば必ずしもマイナスではない。
 傾倒が過ぎれば神秘の牌を奪い合うことになり、行きすぎた伝播は神秘そのものの欠落をも生み出すが、
 科学者が魔術に対して価値を見いだし神秘の保全に一定の敬意を支払おうとするようになれば、魔術の真髄が失われていく速度が、僅かなりとも鈍化する可能性は十分にある。
 そもそも、この戦いも、建前上はそれを争点にしている。
 科学者の行き過ぎた開発が魔術師から力を奪い取る危険性――――それを是とするか否とするかの論争は、
 科学者が魔術に対して配慮することを知ったならば、議題にすら上がることなく解決するだろう。

 だから、理屈の上ではマーク・ゲイツケルのそういった『歩み寄り』は、ユーリエにとって歓迎すべきもののはずだが……。
 その上で『気に入らない』。
 何が気に入らないのかを、彼女自身も上手く言語化できずにいる。それでもとにかく気に入らない。


 一方、ゲイツケルはと言えば、彼女自身が理解出来ていない憤りをまるで理解したかのようにほくそ笑み、吸い終わったシガーを投げ捨てた。

 「顔や身体のこともあって、生憎、人に気に入られること自体が少なくてね。君が私のことを嫌いならば、はてさて、いつも通りの日常、と言ったところか」

 「あら、嫌われ者なの。だいたい想像はついてたけど。
 でも、身体的特徴なんてあんたの場合は関係ないわ。あんたがたとえ並一通りの、いえ、ちょっとくらい美形な方の顔立ちだったとしても、
 あんたは同じように周りに嫌われてたでしょうね。あはは、かわいそうに! 人格が歪んでるからそうやって集団から排斥されるのよ!」

 勝ち誇ったように高笑いするユーリエだったが、ゲイツケルが気にする素振りはない。寧ろ、哀れむような目でユーリエを見る。

 「結構。人の心にも興味はあるが、仲良くなりたいとは思わなくてね。
 そもそも、君だって人のことを言えた義理ではないように見受けられるがね」

 「私? 馬鹿にしないでよ。私は若き時計塔のホープよ。誰もが私を頼りにするし、だから私はここにいる。
 あんたはさしずめ、厄介払い的にこの戦いに放り込まれたんでしょうけど、私にとってこれはひとつの踏み台なの。
 この戦いを通じて、もっと上に行くためのね。そして、それを許されるだけの信頼が私にはある」

 「……確かに、君は頼られているのかもしれない。だが、それは君を頼っているのか? 或いは、君の才能を頼っているのか?」

 「何が言いたいの?」

 「君自身が一番良く分かっているだろう。……さて、そろそろ時間だ」

 無理矢理に話題を打ち切り、腕時計を確認するゲイツケル。

 「時間はとっくに過ぎているけれど、何を言ってるのかしら? それとも、それですっとぼけているつもり?」

 「我々の待ち合わせの話じゃない。もう一人が到着する時間なんだ」

 「もう一人?」

 「こちらで手配した戦力だよ。イギリスどころか、ヨーロッパ中を探しても条件に合致する人間は手配出来なかった……。
 結局、遠く極東から呼びつける羽目になってしまった」

 「……なんですって?」

 「昨日の時点で到着はしていたんだが、この町を観光したいと言い出してね……。
 この時間までには戻ってくるように言いつけてあったんだが」

 「雇い主が遅刻してきたと思ったら、下請けも遅刻? 似たもの主従っていうか、救いようがないわね」

 「いや。彼には我々の待ち合わせ時間より30分遅れてくるように言ってあったから、まだ遅れたとは限らない」

 「なんで同じ時間に指定しないのよ」

 「元々遅刻すること前提で組んでいたからな。君も律儀に時間通りに来ずに、遅れてくれば良かったのに」

 「なっ……!」

 あまりに不躾な物言いに、ユーリエが一撃食らわせてやろうと構えたとき、空から何かが落ちてきた。
 それは黒い塊だった。


 黒い塊のように見えたそれ――――ユーリエは、それが人であることを凝視してようやく理解した。
 全身を黒っぽい甲冑で包んだ男。甲冑の隙間からはスチームがぷしゅうぷしゅうと吹き出している。

 「……」

 「……来たか」

 「……え? 来た? まさか、え?」

            (                    {{
             ヽ                   从
             丿  シュー           /  )
            ((                 ノ  (           ノ
             ヽ   . -一- -─=ニニニニ=>=ニニニニニ= 、      (

                  }} /ゝ _ ノニ`ヽニニニニ./ニニニニニニニニニヽ      j}
                从/ニニニニニニニニニハニニニ|ニニニニニニニニニ=㍉     ((
              ィニ7ニニニニニニニニニニニ }ニ==lニニニニニニ/: : : : ヽ.    } ヽ       ……なんとか間に合った……
           イ ニニ|ニニニニニニニニニニニ 从ニニVニニニニ/: : `ヽ: : : :寸ヽ. ノ ノ
          / =ニニニ寸テ======ミ寸ニ/: }.}ニ==ヽニニニ{: : : : : 〉: : : :}ニニV /
         仁ニニニニ込{{:.==:.:.:==:ハV/: :从ニニニニ≧=込: : : : : : : : :|ニニ=〉{

        /:.V ニニニニニ込:. : : : : : :/: : ://ニニニニニニニ=/ヽ: : : : : : : :Vニ/:.\
       /: : : : :マニニニ=弋ニ\:_:_:_:/=彡ニニニニニニニ/ニ从≧辷三ミYV: : : : :.
        /: : : : : : :>ミニニニ>ニニニニニニニニ二二>≦==彡=ニ/: : :.`ヾ| }: : : : : :V
     イ彡ー-<: : : ノ`¨¨¨´ `ミ=ニニニイ: : : : : : : : : : Yニ=/: : :j: : : :|レ: : : : : : :'.

    { ハ: : : : : : : : >.、         /: : : : : : : : : : : :.ノ=={: : :/: : : :从: : : : : : : :.
   从 }|: : : : : : : : : :∠ニ=ーァ=====ァく: : : : : : : : : : :/== 込:_:_: : /: : : : : : : : : :l
    弋リ: : : : : : : : : {ニニニハニニニニ/: : :ヽ: : : : : : : /==/ ノニニヽ人: : : : : : : : : : :{
      `ミー= :_:_:_:辷込ミ====イ: :l: 〉〉': : : : : ,ム斗彡≧ミニニ/ニ/ヽ: : : : : : : : リハVニニ==ー

                 `ー≦:_ノ¨´ヾミ==彡' と{:イ::rY: rl`:7ヾソ  \: : : : : : : ノ |ニニニニ
                                `´ し代ノ      ヽ:_:_彡㍉イニニニニ
                                             弋.__ノjニニ=一

 誰の目から見ても明らかだ。
 だが、ユーリエは認めたくなかった。
 こんな変態みたいな格好をした男と、これから共同戦線を張らなければならないなんて……。

 男はそそくさと立ち上がり、それから辺りを見渡すと、ユーリエの姿を一瞥して、それからゲイツケルに向き直った。

 「時間は……大丈夫かな。遅れてないかい?」

 「ああ、問題ない。えー、そちらの彼女が」

 「分かっている。俺たちの仲間だよね」

 ユーリエは、この連中とひとくくりにされるのだけは御免だと思った。
 が、相手はそうは思っていないらしく、やたらと勢いづいてユーリエの真正面に立ち塞がると、これまた勢いよく右手を彼女に差し出した。

 「夏日星計画推進派に頼まれて来た、黒野丈樹だ。君がホーグランド嬢だな? これから暫く、よろしく頼む」


 「……悪いけど」

 黒野が伸ばした手を、ユーリエははたいた。

 「私は、貴方達と馴れ合っていくつもりはないの。
 今までは準備段階だったから、ある程度足並みを揃えなくちゃならなかったけど、
 戦いが始まった以上、貴方達に付き合っていたら足を引っ張られることになる。
 そしてそれ以上に、私は私のやり方で、私の独力で、この戦いを制したいの。だから、貴方達と仲良くやるつもりはない」

 ユーリエの刺々しい対応にも、黒野は平然としている。
 ように見える。少なくともユーリエには。何しろ、顔を仮面で覆っているせいで、彼の表情が分からない。
 どこか気の抜けた声色も相まって、この男が何を考えているのか、彼女に推し量ることはできなかった。

 「フーン、そうかい。まあ、それでも構わないさ。多少足並みを乱した程度では、俺たちの勝ちは揺らがないからな」

 「……」

 その論調。妙に、ユーリエの耳についた。耳障りの悪い言葉――――他人が自信満々でいるのを見ると腹が立つ。
 高慢でいられるというのは一つの勲章だ。才能のない者はどこかで必ず鼻っ柱を折られて、高慢で居続けることができなくなってしまう。
 ごくごく一部の選ばれた者だけが、高慢で居続けることを許される。
 今のところ、ユーリエに大きな挫折はない。選ばれた人間だからこそ、挫折を経験せずにここまで来られた。
 だからこそ高慢で得られるのだ。

 無論――――この黒野という男もまたユーリエのように才能に溢れ、未だに挫折を経験していないというのなら、
 腹立たしい話だが、それに関しては『現時点では』認めざるを得ない。改めて、別の機会でへし折るだけだ。だが……

 「……? どうしたんだい? 俺の顔に何かついてるのか?」

 だが、この黒野という男が持つ妙な自信は、彼自身から漲っているものというには少しずれている。
 何か、他の拠り所を元にして粋がっているような、そんな雰囲気すら感じるのだ。この手の輩は、ユーリエが最も嫌うタイプ……。

 ユーリエは黒野の顔を見た。分厚い仮面に覆われて、肌の一部すら見ることができない。

 「何かついてる、というより、覆い被さってる……じゃなくて、随分と分厚いのね」

 「何がだ?」

 「面の皮。どこの出かも分からない不審者が、よくもまあそんな大言壮語を吐けたものだって」

 「そりゃあ、特注品だからな。これもまた文明の利器。蒸気最高!」

 コンコンと、黒野は仮面を叩いてみせる。どうやら皮肉が通じていないらしい。

 「……いえ、そういう話をしているのではなくて」

 「じゃあなんだ。『あつい』ってもしかして『熱い』のことか。だとしたら、如何に蒸気を噴き出してるとはいえ、
 俺の温度は人並みだぞ。そこは誤解して貰っては困る……文明の利器!」

 参った。どうやらこの男は話が通じないらしい。
 そもそも、袂を別つと先に言ったのはユーリエの方だ。なのにいつの間にか、意思疎通を図ろうとしてしまっている。
 自分で勝手にやったこととはいえ、ペースを握られているようで……。

 「……ホント、気に入らない……!」


 どうにも、聖杯戦争関連のあれこれを始めてから、気に入らないことばかりだ。
 今まで噛み合っていた歯車が、どうもすれ違い、擦れ、すり切れる。味方は食えない男ばかりで、一挙動ごとに鬱憤が溜まる。
 先んじてロンドンに潜む『人狼』を排除しようと動けば、思わぬ妨害を受ける。『ツキ』が回っていないのだろうか、いいや、自分に限ってそんなことはあり得ない。
 だが、何らかの異変が起きているのも事実だろう。今までの人生はずっと上手くいっていたが、次がそうとは限らない。

 「……顔合わせも終わったみたいだし、私はもう行くわ。あんた達と一緒にいて、少しでも時間を無駄にしたくない」

 「ずいぶんな物言いだな。それで、どこに行く?」

 「連中の根城。霊基盤で座標は特定してあるから、いつでも乗り込める」

 「……我々の加勢は必要ないのかい?」

 冗談じゃないと、ユーリエは内心で悪態をついた。
 推進派が圧倒的優位なのだから、せめて一人で倒すくらいはしないと、自分の評価に繋がらない。


         _ -‐::''"´ ̄::::`::::::.、
ヾー=ァ'""`´:::::::::::::::::::::::.ヽ、`ヽ:.\
 >:"´i!::::::::::::::::::::::`ヽ::::::::::ハ:::::::',:::::::ヽ、
/:::!::::::::::!::::::::\::::::::::::::::\::::.ハ:::::::',:::',::::::丶
:::::|l::::::::j'::,::::::::::ヾ::、,. -‐―、:ハ:::::::',:::',:::::::ハ
:::;j!l:::::::.!::::'::,:::::::::ヽ ``ヽ__ヽ:::::::::::',:::',::::::::.∧
:::i::j::::::.ィ"´ 、、::::.ヽ ,ィf:::て了:i::::::N!:::',:::::::::::!}
イ:::l::::::::.! _ 、 \ヽ:..、ゝ-‐ ' ',:j::::.!:j::::::,::::::::::::!            ついてきたらぶっ殺すわよ

:!::::|,::::::::i!f:うj  \,       !::::::,::::::::i!:::::::::.|
i::::::l:,:::::::.    i        j/::/:::::::::::l.::::::,'!
!;:::.i:::,::::: i!.   `      /:::/::::,:::::::::,::::/:{             愚図の面倒まで見る余裕はないの

)ノ:.ヽ、.ハ.     t =-  /::::::イ:::/:::::::,'!:./,从
  >;:::!ヾ、ヽ、        i;::i:::::!/i::::/:::!'/::::ハヽ、
二ニ=-j!::>::>...、  . イ i:::|::,j'::::!:./:/:ハ,'::{::::i!:::}

|/:::::://::!::/:::i::ヘ:.`.i´    ヘi;;人:::>tl/:/从{:/:;;ノ
{:;::i::'、:/::ハ从V」:_:,rf´   ,..ィ ソ,..)ィ´'´ト<,.. -- 、
 )ハノゝ.ィ "" ,ィfi! l  r≠    ,.:':;:>"´     ヽ
  /    ハ/  >∠._     ,.:';:;:〃           ハ
/     ハ/ /:tj!ヽ:.ヽ  ,.:';:;:;:;,''           !
      ハ//:::::::j::l:::::ヽ:∨;:;:/,′          l }
ト ,ヽ  、,':;:〈:::::::::::,':::!:::::::::X:;:;:;:; ///           ,l |
7_ \,';:/:::::::::/:::,'::::/:::ハ:;:;://   _    ,    i,′
   ̄>';:'´ ̄``:.ヽ'i::::::::::::::;,ム´―≠ ̄    /  /

 「……そうか。ならば、健闘を祈る」

 「俺たちは必ず勝つ! 自信を持って頑張れ!」

 罵倒を罵倒としない相手と向き合っていると、調子が狂わされる。ユーリエは返事もしないまま、そそくさとその場を離れていった。

 ×××

 既に六騎の降臨は確認している。
 残り一騎は、ユーリエの在宅に設置した霊基盤では存在が確認されなかった。が、いずれ見つかることになるだろう。其方への対応は見つかってからでいい。
 また、一騎だけ孤立して存在する勢力についても、急いて干渉する必要はないだろう。

 第一にすべきことは、敵対する3騎のうち徒党を組んでいる2騎に対して攻撃を仕掛けること。
 この一回で倒せれば御の字だが、そこまででなくとも問題はない。
 相手の勢力を削ぎ、死に体にまで落とし込めれば、初戦の成績としては十分だろう。


【今日はここまででお願いします】
【次回、そういうわけで選択後から】

 土煙の噎せるような匂い――――それが地下室を覆っていく。
 元来の瘴気と合わさって、場の空気は最悪だった。
 だけどサッシャが感じる『それ』は、息が詰まるような感覚の出所は、きっとそのせいではないだろう。

 「……お断りします」

 「あ゛?」

 感情的になってはいないか? ……否定はできない。
 合理的な思考に基づく選択だっただろうか? ……恐らくは違うだろう。
 サッシャは自分の判断を俯瞰すること自体はできていた。が、客観視から得た最適解を行動と一致させることはできなかった。

 「僕達がここで貴方たちに随伴しようと、或いは別れようと、それで貴方たちが逃げられる可能性が特段に変わるわけじゃない」

 「……」

 「だけど、ここで僕達が貴方方と別れ、陸上にて迫る敵を迎撃するようなことをしたら……僕らは確実に失われる。
 アサシン、幾ら貴方が自分自身のことを『最強』と評価しているとしても、僕らの戦略的価値がゼロであることとは結びつかない。
 其方にとっても、その選択は適切なものとは言えないはずだ」

 一応の理屈は、ある。だけどその理屈は結論ありきの理屈であって、



                  _,,. -===- 、
              .ィ////////////\
              /////////////////\
            /V///,///////////,\/,\
.            i,V/////////////////,\/,\
           |/{///////>--<///////ヾ/,i!
           У{^V><:.、:..Ⅵ:.:/:.:.><///Ⅵ|
          f///y:'! \ \:.、|://  / ト、/,Ⅴ

              Ⅶi/Ⅵt:r->、  ヾ'゙  ,.イ=ァ |f^V,'!       ……囮にならねえ、っつうのか。てめえ、てめえの分際で
.             Ⅵ  ', ヾ..`''^f=′`Z^''゙ノ X Ⅳ
           Y:>:-、       }        从イ:{
              /.://圦   r‐--` -‐┐ ,.'!爻 {:ミ:.、
           -=彡'.:/:!:. |.\弋^ニ二二」/ l|:爻:.`ミ:ハ
         ,r≦=ィ:.:从:}:.|i! >、     /!:.:|:l:|:l爻ミ:、{ヾ!
.         ´ -=彡:/:.ル':/:|  `¨7´  Ⅶトミ:.ヾ爻 }!
.         -=≦ィ:i{´f:/Ⅳ    ′ / Ⅶ ヾトミ '._
        ,,..=-ァ' ヾ! |' N      /  }       V≧:.、
    ,r=≦=‐'''}       {―--、  ,. -‐ァ'        Ⅴ=ニ\
    /γ´',   / >''⌒マ ヘ        ./  ,.ィ´ ̄ ̄`¨  `ヾ'∧
.   i/i!  ',  ´ / ,,.=.,, \\___/ / /        i / 'マム
  ,ノ'/    ',  /r/´/|__\ \\__.//  r-----  、|,/   マム
  f/fト、   ', ./ .【 'ァ/ 】 ‐=:Y」 i^!/|   |___  .」′ / ∧ム
  |/,|\     |′ `・、'´,.・'´    || [し| |   |  γ⌒ヽ | / /  iN!
 /,リ   ヽ. 、|  ┌───┐ .|| [__] j!   .|  弋____ノ |./     |/|
/'/     ̄`!  |      |. |`TT |   l li'⌒`i!   |'     ヾヘ


 「ああ……」

 息を呑む。この後に続く反論も予測している。それに対しての反駁も一応は控えてある……。

 「……チッ、仕方ねえ」

 「……!」

 アサシンは、思いの外あっさりとサッシャの反論を受け入れた。サッシャが少々拍子抜けするほどに。
 彼は小さく舌打ちすると、霊体化しサッシャたちから姿を隠した。
 その一部始終を観察していたエーブリーは、アサシンが消えたのを見計らって軽く手を打つ。

 「まとまったようだな。では行くぞ」

 地下室を闊歩し坑道へと向かうエーブリーの後をサッシャは行く。その後ろから、ローレルも付いてくる。両サーヴァントは霊体化し姿を消している。
 エーブリーの身体能力は、見た目通り決して高くないのだろう。それなりに急いではいるのだろうが、緩慢でもどかしい足取りだ。


 ×××

 地下室の一番奥の部屋――――その戸棚の裏側に、坑道への入り口は隠されていた。
 向かう先は一歩前すら満足に見えない深い暗闇。
 ローレルを先頭に、エーブリー、サッシャ、バーサーカーと続く。アサシンがどこにいるのか、サッシャには推し量れない。
 サーヴァント両名はどちらも霊体化している。
 坑道の中に立ちこめる毒っぽい大気。それに息を詰まらせる毎に、額から粘っこい汗が流れ落ちる。
 一刻も早くここから脱出したい。ロンドンに来てから碌な空気を吸っていないが、ここはその中でも格別だ。

 闇の中を探り探り歩く中、サッシャの脳裏にはある一つの疑念が去来していた。
 今回、自分はアサシンの選択に反対し、アサシン陣営と共に撤退する選択をした。
 だが……普段の自分ならば、こんな選択をしただろうか?
 いつもの自分ならば、誰かと共に行く安全など唾棄すべきものであるとして、躊躇もなく戦場へと踏み出していただろう。
 だが今日は何故か――――そんな気が起こらなかった。

 この町に来てから、どうも調子が狂うことが多い。それは、ユーリエ・ホーグランドとの接触のせいか?
 或いはクレア・ナッシュとの邂逅によるものか? それとも、ロンドンという町の変貌を目の当たりにしたからなのか?
 それとも―――――サッシャは今その場からは視認することができないアサシンを想起した。

 もし、サッシャが感情的になることすら計算していたとしたら?
 まさかそんなことは、万が一にもないだろうとは思う。だけど、相手は英霊だ。
 あの余りに英霊らしからぬ言動、行動にはもしかすると、作為めいたものが潜んでいるのかもしれない。
 ただの小者で終わるような人物が、英霊の座に召し上げられるような偉業を成し遂げることなど、果たしてできようか。


     _、‐ア////////

    / ,ィi//////////
   / /////////////
  jレ' /////////////

  /  レ////// {////
 ,′/イ//lレ从  乂///
∥    {∥___,,,.ム-‐=ミミ
il{    V{ `λ  `ヽ、}!
八  i   } {^〈z==‐-、}}
. ゚。 、{ヽノ 、ヽノ゚Vリ /}!               ……

  \ミ=ーリ ~   〉`` ノ
     /
    乂 __    u

      ヽ

        {  ___
       `(´  `
           ',
.          |
            ヽ、、 -‐
                  ,
           _,,,ィi{


 少なくとも――――まだ少し会話した程度だ。どんな人物かを見定めるには些か性急すぎる――――アサシンも、そしてバーサーカーも。
 その点、少し配慮が及んでいなかったかも知れないと、サッシャは少し反省した。


 地下道は、極めて悪路だった。
 地下特有の気味の悪い蒸し暑さが呼吸を困難にする。
 舗装もまともにされておらず、油断していると足を捻りそうになる。
 背を伸ばして歩むことも難しい。高さが足りていないのだ。
 更に中は薄暗く――――というよりもほぼ闇に近く、一歩、二歩先を見通すので精一杯。
 何よりも、熱気によって毒々しさを増したスモッグが口の中に入り込むたびに、喉が焼けるような感覚に襲われるのが辛い。

 しかも道は長く、どこまで歩いても辿り着かない。ゆっくりゆっくりと進んでいくが、時偶、遠くの方から爆発音が聞こえる。
 もしかすると、敵が迫っているのではないか? こんな狭いところでは、満足に対処出来る気もしない。
 心の面でも体の面でも、サッシャはいっぱいいっぱいだった。

 ×××

 結局――――『マンション』を荒らしに来た何者かは、地下坑道に最後まで気づかなかったのか、
 或いはそもそも聖杯戦争とは全く無関係の輩だったのか――――
 サッシャ達を追ってくることはなく、一行は約三時間の時を経て十数キロに渡る長い地下道を無事に抜けきり、
 エーブリーが用意していた隠れ家に到達した。

 隠れ家の隣に設置された井戸を伝って、彼らは久方ぶりに地上へと這い出る。
 地下道では元来からの悪質な大気に加え、密閉され熟成された熱気と土気が、呼吸を余計に困難なものにしていたが、
 外へと出てしまえば、地下道内と比較すれば遥かに上質な大気が広がっている。
 決して健康的とは言えないスモッグの滞留には変わりないのだが、それでも地下道内と比べれば天地の差。
 サッシャは、ほんの少しだけ心洗われる気分になった。

 サッシャが縄を伝って井戸から這い上がったとき、既にローレルとエーブリーは外に出ていた。
 エーブリーは疲労困憊。無理もない。壮健なサッシャですら、頭が重たくなるほどだ。
 華奢で病弱げなエーブリーにとっては相当の苦難だったのだろう……。
 事実、最後に井戸を這い上がるとき、彼女は地力で縄を引くことができず、ローレルに自分の身体を運ばせていたのだから。

 「大丈夫ですか?」

 虚ろな目のエーブリーに、サッシャが問うと、エーブリーは手を軽く振って答えた。


  |: :/| : : |: : : :ハ ll: : :/ |: :|: :/__| | |: : |: : : : : :||: :|: :ヽ
  | / | | |: : : :| |:|ヽノ  | /|/   ヽハ/|: /|: : : : | |ヽ |: : :ヽ
  | | |: : | |: : ハ|ー-ヽ、 ハl/リ ,イ弋夕フゞ// : : : : | | ヽ: : |: : \
  | | |: : |: : : :| ,-i--iゝリ    ̄三三´ リ/: :/ : : / |: : ヽ: :|: : : :ヽ
  レ /|: : | : : |弋彡イ .i         u/: /|: : / リヽ_: :ヽ |: : : : : :ヽ
  ∠ハ :|: : : |. ~~~. /         /:/ .|: :/,、 ) ノヽ、l |: : : : : : : : ヽ、

    /ヽ |: : : :ミ   ヽ         レ / / --イ/: : : : : :!: : : : : : : : : : )
   レイヽ!: : :ヽ               レ ,--イ|: : : : : : ヽ: : : : : : : : /       問題ない。どちらにせよ、毎日常々不健康だ
       | : : ヽ     ____        / .| : : \::: : : : : :ヽ: : : : : :/、
       |: : : : \   ´ __       ,   ヽ: : : :ヽ: : : : : : ヽ、: : /: :ヽ      今更多少身体を崩したところで、襤褸衣が雑巾になった程度のこと……
       |: : : : : : \        , イ  /  .,ヘ、: : |: : : : : : : : |: ::|: : : : ヽ、
       〉: : : : : : : _>ー-、ー、イ    |/   ー-|: : : : : : : /: ::|: : : : : : : ヽ
      /: : ,へ´ `ヽ、_  \ \  /     //: : : : : / `' - 、: : : : : :
 .  , -イ / , \-,,,  ヽ-、 \─- 、   / ̄: : : : : /     ` - 、: :

  /´: : /  、|、 ヽ \ ヽ 丶、__ヽ  `' 、/ : : : : : : / /   , --- ヽ: :
  |: :/    | `|  .i  ヽ ヽ       ヽ:: : : : : : :|  /   /     ヽ
   Y      ヽ ヽ iヽ、___ヽ-`     ,--、_ヽ_: : :|、 | /    /        i
  _| \_____/ ヽ ヽ_|、__|-!`ー´`i /´~    ̄ヽ: :|\|/   /         |
  /\      /ヽイ       /        ヽリ  |   /          |


 「不健康ならなおのこと身体に気を遣うべきだと思いますが……」

 「こんな空の下で、誰が健康など保てるか。
 富裕層の連中は、自分たちだけがスモッグの害から逃れられるようにガラス製の覆いを屋敷に施しているが、それでも連中の顔は真っ白だ。
 いわんや我々中産階級や更に下の下層市民――――ちょうど、地下で勤労しているような人間が、まともな健康をどうやって保てよう?」

 確かにそれは摂理だ。空すら吐いているような色気のこの都市で、
 健康がどうのとか気にするのはある意味馬鹿馬鹿しいこととすら言えるのかもしれない。
 そう思って周囲を一望したサッシャ、一つ、妙なことに気づく。


 「……あれ? 僕らは、さっきから結構歩きましたよね?」

 これまでサッシャたちが住んでいたマンションは、ロンドンの中でも取り立ててスモッグの濃い地域だった。
 ロンドンの地下、工業地帯。そこで生まれた排気ガスを外に排出する総勢数百の鉄パイプ。
 そこから吹き出すねずみ色のスモッグこそが、このロンドンを地獄絵図に変えている。
 そして必然、周囲に鉄パイプが多ければ多いほど、スモッグは濃く、毒々しくなる。

 ロンドンの最も中心、政府庁舎や科学研究所のような公的機関が密集する地帯には、鉄パイプは設けられていない。
 さらに大量に設置された送風機の効果によって、周囲から漏れてくるスモッグすら中に入れないように管理されている。
 そのせいでロンドンの中心の中心は、まるで台風の目のようにぽっかりとスモッグの穴が空き、ロンドン市民にとって唯一の癒やしとなっている。
 ……もっとも、普段一般市民はその区域に入ることを許されないのだが。
 そして、ロンドンの中心部から少し逸れた辺りから、スモッグが一気に濃密になっていき、中心部から約5kmほど離れた周縁でスモッグの濃度は最大値に達する。
 それより先、スモッグは緩やかに薄まっていき、やがてロンドンの市街を抜けて、人気の少ない田園地帯に入った頃には、鉄パイプもスモッグも、影も形もなくなっている。
 スモッグの気配がなくなるまでには市街からおよそ30kmは離れる必要があるだろう。
 だが、中心部から離れれば離れるほどスモッグというものは基本的には薄まっていくものであり、今まで十数キロを歩いてきたサッシャは、
 当然のことながらスモッグは大分薄まっているのだろうと想起していた。

 しかし。出たなりは気づかなかったが、ある程度体が現在の状況に順応し、地下道内のあまりに悪質な空気を忘れ、
 『マンション』近隣の屋外で吸っていた空気の質を想いだしていく度に、今彼が吸っている空気もそれと大差ないことを理解していく。
 思えば、郊外に十数キロ離れたのならば、もう少し家家がまばらになってもいいはずだが、
 現在彼が立っている井戸の周りには、『マンション』近隣と大して変わらない5~6階建ての煉瓦造りが建ち並び、
 寧ろ、彼らが今這い出てきた井戸の方が、周囲の都会的な雰囲気とは隔絶した異物のように映ったのだ。

 「景色が、変わっていないように思えるんですが」

                     ∧二二二二ヽ            ______

  ________ l二ニi     / ヽ二ニ二二ニ\,───冒─A ./::::::::::::::::::::::::::::::::
/ニ=ニ=ニ=ニ=ニ=ニ/ヽ|::  |____/__丶二ニ二二/___    / ∨:::∧:::::∧:::::∧:::::
三二三二三二 /   |::  |'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'. .:' .:'     /\─イ i!i!.| ̄|「l ̄|「l ̄|「l ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ , -'゙´\ |;:;/;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;' .:' .:'   /   \| i!i! |  |「l  |「l  |「l
[日 「l.ィ=ュ.'´     `/.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:' .:'___/____ヽ_/'ニニニニ'i________
  , '".ト- イ       /.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:'/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':' |     |.'.'.'.'.':':':':':'.'.'.'.'.'.'.'
'"    l::: |      ,:/.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:'/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':゙|     |.'.'.'.':':':':':':':':':':'.'.'.'
     l:::.. |    //,:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:':'/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':゙:|     |.'.':':':':':':':':':':':':':':'.'
____.\;;!  /__  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':゙:'゙|     |.'.':':':':':':':':':':':':':':'.'
',:',:',:',:',:',:',:',:',:' //ヽ   「i  「i  「i  「i   /.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':'|     |.'.'.'.':':':':':':':':':'.'.'.'.'
',:',:',:',:',:',:',:',:' //  |  |.l  |.l  |.l  |.l ./.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':':':':':゙|     |.'.'.'.':':':':':':':':'.'.'.'.'.'
,:',:',:',:',:',:',   //   .|  |」   |」   |」   |」 /.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':':':':':':':|     |.'.'.':':':':':':':':'.'.'.'.'.'.'


 それを聞いたエーブリー、青ざめた顔にぐっと手を当て、井戸の上に座ると、サッシャに向き直って話し始めた。

 「ロンドンに、労働者たちが勤労する地下世界があるのは知っての通りだが……」

 「はい」

 「この地下道はそれらの広大な地下世界とは重なり合わないように、慎重を期して作られている。
 だから、まっすぐの道とはいかないんだ。どうしてもぐねぐねと迂回する必要がある。
 結果、長く歩いたように見えても、直線距離では実のところさして離れていない……」



                     _,,、xzzzzzx、、
                     ,ィi「//////////ミh、
              ィレ/////|'///|////∧

              ノ/{{ ' /'/ !//ノ!//}/ ハ ',

                  从 i ∧、  レ  ノノ レ}} }
                 乂 ト、トミト、彡∠ インノ/
                   トミ|⊂⊃  ⊂⊃彡Y
                  ヽ | ' '      lー'
                 \   ¬  /
                   ノ≧=≦ト .,_
                / ̄ ア  |\/.:::〉 > ^、  ヾ      ,、  、   ちなみに、直線距離ではどのくらいあるんですか?
             〃 ノ  <\ !〈 〉.:://<   `、        / ∨ }
   Г\「',     , ' `、 </  Vハ/ `∠  /  ー、 _,..、-┤   /
    〉   ヽー--/  \  ̄|⌒丶、∨ / 「 // 、‐`   〈L__,/
    \  /     `ー ミム |    У    | ト、       _、‐゛
     ヽ/      _、ー` l |    |      | | \___、丶`
         ``'''ー ``     ∟L__」___,,,,、、┴┤
                   L_    с∠-┤     ニ l″
                     /    ̄√ ̄ ̄    ',        丿
                 /    j        ',       l |


 「およそ2マイルほど」

 「殆ど離れていませんね」

 「ああ。だから、もし外で出くわしてしまえば、また新たに見つかる危険もある……」

 そう言うと、大げさに溜息をつくエーブリー。

 「だが、どちらにせよこれで連中は私達のことを見失った。それは紛れもない事実だ。
 どうせ私達は今後どこかのタイミングで連中に対して攻撃を仕掛けなければならず、その場合は、相手の目の前に姿をさらすことになる。
 ……ならば、近かろうと離れていようと、そう大きな差はないさ。さて、私の体がもう少し回復したら、手早く中に入ってしまおう」

 そう言ってエーブリーは隣の建物を指さした。四階建て、煉瓦造り。どうやらここが次の隠れ家らしい。

 サッシャは何故もっと遠くに隠れ家を作らなかったと言いたかったが、その理由も十分に理解出来たので、胸に潜めておくことにした。
 たった2マイル離れるだけで、エーブリーは大きく疲弊している。サッシャにとっても楽な行脚ではなかった。
 そう考えると、十分なだけの距離を取るために必要な地下道を作ったとしても、それは並の人間には踏破し得ない地獄の行路だ。

 「全く、何をするにも覚束ない町になってるな……」


 ×××

 ――それから五分ほどのち。
 エーブリーが歩ける程度まで回復した頃合いを見計らって、一行は新たな隠れ家に足を踏み入れた。
 その中は、『マンション』とは比較にならないほど閑散としていて、人の気配など何一つない。
 常に喧噪と共にあったあの場所とは雲泥の差だ。

 サッシャはそこで、『マンション』に他の人間が沢山住んでいたことを思い出した。

 「そういえば、あのマンションの……」

 言いかけた言葉を、エーブリーが遮る。

 「死んだだろう。もしかしたら、偶々マンションを離れていて助かった人間もいるかもしれないが」

 「……随分と淡々と話しますね」


     /: : / : : : : :l: ト、: : |: : i : / : :l : ハ : | : ]ト、 :| : : | : : : : |
     |: :/: i : : : : | | ヽ:.l : :l :/ : : |:/ |: l : 小: :.l : : | : : : : |
     |:/l : | : : : : | |   |:.l : l/ : : 从_L:L/::lリi:.:| : : | : : l : |
     |:l | : l : : : : | |,--l;ハノ: l ://  _j=|:/ _ハ| ;|: : :.| : : l :∧

     |イ| : :l : : : : :l ィテ示下`∨/  イ、辷彡 ヽ; : : //ヽ :∨: : ` 、
     ' ∧ ∧: :、: :ヘ ゞ≠'"        ̄ ´ / /: //-/\:\: : \
      /∧/l人: \:ゝ     i           /イ:/r-'l: : l : : l>一: : :ヽ
      _//リ: ヽ : 圦       `         |//: : | : } : : | : : : : : : : }   聖杯戦争を始める時点で、わかりきっていたことだからな。
        /: :八\ ∧             イ: | : : |:/ : : :| : :l : : : : /
         /: : : : :∨: l :` 、    rニ丶   / l: :.| : : l/ : : : l : :l : : : /    あのマンションにいる人間が、何らかの形で必ず一定数犠牲になることは
         ∨: /: : :∨从: : \      , イ   |_:_ :./: : : : :l、: :l : : 〈
        ∨/: : :/: : : : : : :iキ≧ュ, -     //: : : : : : /: 〉: : :l :ヽ
        //: : :/: : : : : : : | . . . ハ     / /: : / : : : : / :∧: : :l : : :\
      /:./ : : /: : : : : : : :リ   /l      , /: : / : : :∧!- 、: :\:j : : : : :\
    /: :./ : : /: : : : /: : :/ /  |      〈/: :/l : : :/ j|    ̄ ̄ ̄ヽ: : : :ヽ
.  /: : : /: : ; /: : : :/ : : :/∠ ― 、   ,  ̄|: : :| |: : :|  リ           \: : : 〉
  {: : : : /'´ /:/ : :/: : : /       ̄   人: :.l∧ : l             ∨/!
.  }: : :./  /: i : : l l : :l'            ヽ从ヽ; :ヽ      ,      |: :|
    \|   |: ∧: :.l l : :|               \  >二`    /. . . . .    |: ノ
     |  ∧j \l八: !、           /   ,-、j-ォヽ  \   /. . . /     | '


 屋内には、めぼしいものは何もなく、サッシャとエーブリーの声だけが響く。
 ローレルは黙って佇んでいるだけで、サーヴァント二名はいずれも姿を消している。

 「……」

 サッシャだって、あの場所が戦場になる可能性を理解していなかったわけではない。
 だが、こうも淡々とあしらわれると、僅かなりとも不信感を感じないわけにはいかなかった。
 犠牲になると分かっていたならば、『わかりきっていたならば』『そうなることが必然であるとまで確信していたのならば』、何か打つべき手立てがあったのではないか?
 否。犠牲にすることを分かった上で敢行したと言うのならば、それは最早殺害に等しい。
 手立てを打たなかったことによって、エーブリーは、マンションに住んでいた何者かも知らない複数人を間接的に殺害したのだ。
 そして、その片棒を担いだ自分も……。

 「この建物には誰か住んでいるんですか」

 「いや。あの場所は本当に単なる囮としての仮住まいだったが、こちらは曲がりなりにも戦争のために用意した空間だ。
 どのタイミングでかはさておき、あの場所を捨てることと、ここに映ることは想定の範囲内。
 だから、この建物にはあらゆるスペースに戦争のための仕掛けが用意されているし――――当然、私達の他に誰もいない」


 「……」

 「何か言いたげだな」


       _____ ノ___

       _,.、rセニ≦三三三ミh、
     / ,ィi//////ヽ/////ム、\
   、`ィ i㌻/////ヽ/j∨/ハヽハ ヽ``ト--'′

   ,゙ 从〈 ,゙ {/{∨ ; }リ }}从} }从}リ、 ゚。
  ノjj ∥ミミ/八 !人ノ,゙ 八リリ ,゙jレ゙ノ }i ',
-‐彳リ {i 从( ノ川{ ∥//__,必ノ=彡丿ハ ト、

 .ノイ{八i从Уイ 乂Vノ_ノ/_ノ  ノ 彳ノ′
   乂、 V h、_乂ヽ\  ̄、.,,_彡ヘァ/
     ヽヽ}iリ i        _ >            回避すべきでは、なかったんですか
      )//;¦ ゚。         /
      / : i   \    ¨ア
.     ,心、 j:ⅰ   ミh。,___/
   _.ィ(ニニ}h、!    _/ム
ニニニニニニニ|! /ニニニ|

ニニニニニニニレニニニニ}h、
ニニニニニニニニニニニニニ}h、、、
ニニニニニニニニニニニニニニニミh。,_
ニニニニニニニニニニニニニニニニニ}i
ニニニニニニニニニニニニニニニニニム
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニム
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ′
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ{


 「何を言っている? これは『戦争』だ。戦争とは、人が死ぬものだ。ここで誰も死ななくとも、誰かはいずれ必ず死ぬ。
 それは参加者が、という意味じゃなく、全く無関係の一般市民にしても、だ。
 それが嫌なら無人島で始めるしかない。世界一の大都市ロンドンで一騒ぎ始めた時点で、どれだけ死んでも念頭の内ということさ。
 無論、君も……それを理解した上で約定を交わしたと思っていたんだが……それに、そもそも、
 そんなにマンションの住人が気になるならば、あのとき君自身が打って出れば良かったんだ」

 「……」

 道理だ。
 ロンドンで聖杯戦争を起こす以上、犠牲者が出るのは当然のこと。
 犠牲を少しでも減らそうと思うならば、自分が打って出て守るべきだった。

 あのときは意識の外にあった事実だが、忘れていたからといって救わなかったことが正当化されるわけではない。

 ああ、やはりあのときに前線に出ておくべきだったのだろうか?
 サッシャの心は後悔の念でべっとりと重たくなる。
 そして彼はそれと同時に、体温が高まっていくのを感じた。体温というより、体の底の方にある何かが燃える感触だ。
 この感触には覚えがある。
 誰かの命を犠牲にして生き残ってしまった時に感じる、嫌になるように熱い何かだ。

 サッシャの生き様は、彼が使うウィッチクラフトの真髄によく似ている。
 ウィッチクラフトは犠牲の魔術。命を犠牲にして対価を得る。
 サッシャの生き様もまた同じ。誰かを犠牲にし続けて、自分だけは無事に生きてきた。

 ×××

 心臓がどくどくと動く。血流が高まっていく。悪い空気を吸って淀んでいた体内の循環が、奇妙なほどに冴え渡る。
 これは、心に毒が流れているせいだろうか。それとも、自分の体が誰かを犠牲にしたことにより意思に反して活気づいているのだろうか。
 きっと後者だろう。サッシャには身に覚えがある。戦場を乗り越えてきたときも、傭兵として目標を果たしてきたときも、皆そうだった。
 命の危機に瀕したことは何度もあった。力尽きるまで追い詰められて、最早逃げる力などどこにも残っていない、などということも数え切れない。
 しかし、守りたかった誰かを失ったことを知った時、自分の体は奇妙にも活力を取り戻し、そうやってここまで逃げ続けてきた。

 これは、ウィッチクラフトという外道の魔術を使いすぎたことによる副作用なのだろうか?
 サッシャには理解出来ない。彼の身体の働きは、彼の意思の外にある。


 「……そうですね」

 サッシャは言うのを止めた。これ以上、自分の体が熱を帯びるのを感じたくない。
 他人の命を犠牲にすることで高揚するような、そんな不可解な体の動きを感じたくない。

 サッシャのそんな思いを知ってか知らずか、エーブリーは彼から体を背けて歩き出した。行き先は螺旋階段。

 「君の部屋は二階だ。そこには『マンション』の時のそれよりもう幾分か『まし』な家具が備えてある。
 食料の備蓄は、地下の倉庫に控えてある」

 螺旋階段の手すりに手をかけて、エーブリーは最後に少しだけ振り向いた。

 「ハインケス君。今や我々は追われる身だ。君の姿が、LORの連中や敵方の魔術師に見つかることは、それ即ち我々の死に直結する。
 君が夜遊びを好むのは知ったことではないが、それも昨日までの話だ。今後、そのようなことは一切控えてくれ」

 「はい」

 そんなことをやる元気など到底見いだせなかった。熱を帯びる体と対照的に、彼の心は深く沈んでいて、楽しいこと―――リスクを冒すこと―――への興味すら、
 海底のヘドロのように黒く変色していたのだから。

 サッシャの素直な返事にエーブリーは満足したのか、すたすたと上階へと登っていく。その後にローレルも続く。
 一人になったサッシャは体が冷めるのを待ってから、螺旋階段へと続いた。

 ×××


          i゙ ゙̄i

          /___ヽ
           || !     ,.、
           || ゚    .| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           ||    | |

           ||    | |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           ⊆⊇    i_i\ノ´ー-'´゙ ゙̄`ー-'´, --
                  `ー、 ヽ ´  ゙̄`ヽ ゙̄、

                    \ヽ\ヾ  ; !  ヽ
                     \ヽ\ `゙ ´    ゝ-
                       \ゝ`ー─────
                        `ゝニニニニニニニニ

                         '-゚


 最初、建物の入り口に入ったときにも感じたことだが、確かに二階の――――もとい、隠れ家の設備は『マンション』の個室に比べて良好だった。
 叩いて埃の出るようなこともなく、穴が空きそうなほどに薄い床板もない。
 本当に、あの場所は単なる仮住まいで、長居するつもりなどさらさらなかったのだと分かる。
 今すぐにベッドに身を投げ出してしまいたいが、体がべとついて気持ちが悪く、そのまま倒れる気にはなれない。
 悪路をへとへとになりながら歩いてきたのだから無理もないことだ。


 しかし、魔術道具の殆どを『マンション』に置き去りにしてしまったのは痛かった。
 また一から、犠牲探しと儀式を繰り返さなければならない。魔道具の数も全く足りない――――サッシャは身につけていたコートを漁ってみる。



【コンマ】
コンマの数が多いほど、コートの中に沢山の道具が。


 思ったよりもコートの中には『もの』が入っていた。
 戦闘用礼装の伸縮するステッキ、回復用の小瓶が二、三。煙避けの小瓶がこれまた二、三。
 それから犠牲の儀式を行うための細々とした小道具が幾つか。これだけあれば、簡易的な供儀を行うには事欠かないだろう。

 これが、今自分が持っている全ての装備。それと、バーサーカー。令呪。
 しばらくの間は、今あるものだけで戦い抜かなければならない。勿論『奥の手』は存在するのだが、これを使うのは最後の最後だ。
 出来る限り温存しておきたい。見せたくもないし、使いたくもないから。

 「……」

 難題は山積みである。
 軍備の調達。それから、バーサーカーとのコミュニケーションの問題もある。
 今回のことで、エーブリーとの関係についても考える必要が出てきた。
 ここで戦い続けることは、本当に自分にとって得のあることなのか?

 一度結んだ約束を破るのは彼の流儀ではないが、約束への向き合い方を変えるくらいには、彼の思考にも柔軟さは残っている。

 まあいい。明日考えよう。
 今日のところはもう休もう。夜も遅いし、体力も限界だ。

 朦朧とする意識の中、彼は知らず知らずのうちにベッドの上へと誘われていき――――
 そして意識がフッと切れると共に、うつぶせ大の字でその場に倒れた。ベッドには辿り着かなかった。



                x≦ユ     ____
               (_/::::::``ヽ、  l>―-ミx、
                  \::::::::::::::::\ \::::::::::::::\
               -━ヽ:::::::_;:::-┴-:、ー--、_::::ヽ

                   >'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\::::::::::::::::}
                  ,:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\::::_rく
               _ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.ヽ

             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.:.}
              ̄ ̄ ̄≧=----:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:リ ―--
           ━━/´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;v≠ヘ、:.ノ

                 /:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:._L/::::. .::::::Yi -━―
             /:.:.:.__/´    ̄ ̄ ⌒V::...   .:!
            {/ ̄\}  ━━―  ―`ー---='’ ━―

            「「{^l lL_ヽ       ‐━―
            ヽj」」  `’           ―━


【今日はここまで】
【次回は、何らかの選択肢までやります。できるだけ早いうちにやります】

           , -─-  、
          /::::::::::::::::::::::::\
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
.        l::::::::::::::::::::::◯::::::::::::::l

.        l:::::::::::::::::::::::::::::::::::O::l

.         、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       20時開始 今回は安価やります
            \::::::::::::::::::::::::::/
              ` ー-  ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,

  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;:::::`l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
┌‐────┐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;`;;;_;;_,/
│       | ̄:::::::::::::::::―:::-;;;-    _ _


 次の日は、昨日の大騒ぎなどなかったかのように静かに始まった。
 外から聞こえてくる鳥の声。背中に感じる、柔らかい感触。覆い被さる布。起き上がろうとすると、体が沈み込んでいく。
 サッシャは直ぐに、自分がいるのがベッドの上だということに気づく。

 確か昨日は、ベッドに辿り着く寸前で意識が落ちて――――……?
 サッシャが困惑していると、目の前の何もないところにすっと影が寄った。

 「……」

 バーサーカーが現れたのだ。彼女は黙って、ベッドの前に立っている。

 「……おはよう」

               -、_   _
            __..-‐ゝ ∨´/_

           /          \
          /             \
        ./               ヽ

        /  /            |  ヽ
       /   | / /|    ∧   |   ヽ
      /    .|/ ∨ |    / ヽ|ヽ .|    |
      〈 |   |┬┬ヽ  /┬┬| |    .|
      | |  | | l__」  ヽ/  .l__」/ /     |
      ∨|/|/.\        //  /|/
             ` ┬┬´  ̄ ̄ ̄

            ,--‐┤ヽ/ヽ―、
           |  /_/\_|   |
           |  ///[]//|   |                   ……

           |_/|// ||//| |_|
           |///|///.||//ヽ/|//|
          ノ// |///||///|、.|//|
         /// 〈/// ||////.|//.|
        ///////// ||////.|//.|
       ノ//./////// ||/////\ |
       /////////// ||///////\
      ////////////.||//////// \

      //////////////||//////////ヽ
     //////////////.||///////////\
    //////////////// ||/////////////ヽ
   ./////////////////||/////////////// \


 無言で頷くバーサーカー。何かを訴えようとしているようにも見えるが……。

 「えーと」

 彼女と対面したサッシャは、そのどこかあどけない表情の中に隠れる奇妙な感覚に戸惑っていた。
 まるで研磨したばかりの水晶のように透き通って純真に映るその瞳は、同時に映し出した人の心を全て見通すかのように淡く輝いている。
 それは、僅かなれど威圧感を覚えさせるほどに清涼だった。

 「……」

 もっとも、バーサーカーに対してサッシャが隠していることなど特にない。
 バーサーカー自身も、何かサッシャに詰め寄っているような、そんな様子ではない。
 もっと柔らかに、ほんのりと、何かに気づいて欲しいと言っているような、そんな目だ。


 「……ひょっとして、バーサーカーが運んでくれたんですか?」

 察したサッシャが問うと、バーサーカーは静かに頷いた。

 「ありがとうございます。危うく、風邪を引くところでした」

 事実、体力が減衰していた昨日の状態で床で寝たりすると、本当に体調を崩してしまっていたかもしれない。
 しかしバーサーカーは、サッシャの謝礼を聞くと首を振って、こう言った。


               ______
          .   ´ニニニニニニニニニ.\
         /ニニニニニニニニニニニニニニニ\

.         /ニニニ . ´ ̄ ̄ ̄\ニニニニニニ.\
        /ニニ /        \ニニニニニニ.\
        . ニニ/     ト、.     \ニニニニニニ’,
       i|ニ ./     i|. \ j{    \ニニニニニ.′
       i|ニ/ / / ―― 、 ノー― ヘ. ∨ニニニニ.|
.       V /  / ァr示V    ァr示V |. ∨ニニニ |
       /   ム. irしリ     irしリ .|.  i|二ニニ.|
.      /     ∧`¨´      `¨´ .  i|ニニニハ
.      i{ニニ八  {込 ___  イ ,.   i|ニ/ニ |i                 あっ、ごっ、ふっ、うぅ
       |ニニニ `ー ニニニニj{ニニニニニニ }/⌒i{ニニニニ.7
       、ニニニニニニニニニニj{ニニニニニニニニニニニニニニ,
       ハへニニニニニニニj{ニニニニニニニニニニニニニ/

   _  ′ 、 `  ニニニ. j{ニニニニニニニニニニ /∨

   i{ニ ∨   \ニニ 、__ j{_______/   ∨ ___
   i|ニニ込.    /. \___/ i|\___/ニニ}iム.  ノニニ ∨
   i|ニニニ `¨¨j{.  |ニニニニニ.j{ニニニニニニニニ .|i{ニニニニニニニ ∨
   i|二ニニニニニ}i.  |ニニニニニ.j{ニニニニニニニニ .|’,ニニニニニニニニ∨
   i|二ニニニニニ}i.  |ニニニニニ.j{ニニニニニニニニ .| ’,ニニニニニニニニ}i


 相変わらず、サッシャには何を伝えたいのかさっぱり分からなかった。
 この問題も早く解決しなければならない。

 ×××

 サッシャが身支度を調えているうちに、ローレルが部屋にやってきた。

 「食事ができました。三階においでください」

 とのこと。サッシャは言われるがままに、ローレルの後についていった。


 三階に着くと、そこには三つほど部屋があって、そのうち一番左側の部屋に通された。
 エーブリーは既に席についていて、食卓には夥しい量の朝食が並んでいる。
 イングリッシュ・マフィン、ブラッドソーセージ、ハギス、ベーコン・エッグ、ポリッジ……。
 サッシャはそれほど食欲がなかったので、朝早くから山のような食事を目にするのは少し堪えた。

 「食事が終わったら、今後について話をしよう」

 サッシャが席に着いた後、テーブルの上のフルーツに手を伸ばしながら、エーブリーは淡々と言う。

 「初手は幸いにも凌げたが、依然我々が不利であることに変わりはない。
 いよいよ始まった聖杯戦争に対して、我々に求められるのは戦略的な行動だ」

 「……」
::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::八::::::::: (:::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::|::l:::::::::::′ ::ヽ:::::::\|:::::::i:::::|:::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::|:::::::/:::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::||:::::::::|:::::::::i::\:::::::::、|:::::|:::::|:::::、:::::::::::!::::::::::::::::::::::j::::::::: ′:::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::ト|、:::::::l:::::::::!:::::::ヽ.:::::`ー -=:::::|i:::::::\:::::::乂__::::::::::::::::′ ::/:::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::!j/\::l:::::::l|::::::::.:::::::ーr‐=ミ八::::{ヽ,.>‐-=ニ二::/:::::/:::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::∧:::::::寸=ミ<八::::::::.:::::::::::|\::|:::::::,.>幺斗七7¨ ̄}} 厶イ ー--=ニ二

:::::|:::::::ヽ:::::::〉「¨マう=ミx、 :..   い斗<,ィ'"弋:_し゚:ノ /'′ /::::::::::::::::::::::::,.イ
:::::!::::::::::::\ 癶. 乂こ゚:ノ ≫¬‐- \ ≧=  ー===彡    '::::::::::::::::::::::/リ /
.:::::∧:::::::::::::::: 「`  ミ==‐     '.              /::::::::::::::::::::/}:::::::/     無論、情などは挟まない。挟み込む余地はない。
. \::ヽ、::::::::::::ミ=‐       |              ー=彡:::::::::::〆:::/::::/ ,
.   ∧::::>,ミ.::___\_         j               /:::::::::::/  /イ /::     我々が戦っているのは、そういう甘えが許されないぎりぎりの場所でなのだから
   ::.., /::::::ヽハ ̄        〈!..            -―… ア´    /::::|/:::::::
   ::::∨:::::::::/ ∧          \ `             . '     /::::|::::::::::
    :::::::::::::::ノ=イ::/\         __            / /   /:::::::::::::
    ::::::::::::::::/::::::::{   > ..      ゝ二⊃        /   /    ,/::::::::::::::
   :::::::::::::/:::::::::::|     >x    ー        /     /   /::::::::::::::


 どうやらエーブリーは、サッシャの昨日の発言を、サッシャの『情』から出た言葉と誤解しているらしい。
 サッシャにしてみれば、彼らを犠牲にしたくなかったのは『情』ではなく、サッシャ自身が自分以外を犠牲にすることを好まないという『欲』の話であり、
 エーブリーの忠告はサッシャ当人からしてみれば全く以てずれた指摘だと言わざるを得なかったが、
 しかし、普通ならば誰でもサッシャの昨日の行動を甘さと捉えるだろうから、エーブリーの指摘に不足があるわけではない。
 寧ろ歪んでいるのは自分の方だ――――サッシャは分かっているから、だから敢えて反駁したりはしなかった。

 だがサッシャは、エーブリーの声色にどことなく無理をしているような色合いを感じた。
 犠牲を出さずに戦うことが仮に一般的には『情』であるとして、その情を完全に殺してしまうのは、果たして健全な向き合い方と言えるのだろうか?

 「……分かりました。ところで、今日の朝食もまたローレルさんが作ったんですか?」

 サッシャは顔を背けるために、敢えて視線を下に落とした。話題もテーブルの上に持っていった。

 ×××


 朝食が終わり、ローレルが手際よく食器類を片付けて、そして、テーブルの上には何もなくなった。
 立ち上がろうとするサッシャをエーブリーが引き留める。

 「ここだ。ここで話をする」

 そしてエーブリーは、足下から大きな地図を取り出し、テーブルの上に並べた。
 ロンドン一帯を図示するその地図には、ほぼ全域に細かい網掛けがされていた。

 「現在我々がいるのはこの西部地区――――襲撃があった『マンション』からは、この通り2マイルほど離れている」

 地図上を指でなぞりながら、エーブリーは淡々と説明をする。

 「そして、推進派の連中が根城にしていると思われる場所……『LOR』はここにある」

 エーブリーが指さしたのは、ロンドンの中心部。網掛けのかかっていないところ……サッシャはその網掛けが、スモッグによる汚染を表しているのだと理解した。

 「いきなりここを攻めるというわけにはいかない。
 相手がどんな準備を整えているのか分からないし、現段階ではこちらの軍備よりあちらの軍備の方が間違いなく勝っているからな。
 かといって、ここにずっと閉じこもっているわけにもいかない……そこで取れる策は二つある。

 一つは、他の参加者を見つけ出し、それと共同戦線を敷くこと。
 もし推進派が3か、或いは4程度しかサーヴァントを抑えられていなかった場合、残り全ての戦力を統合すれば、たとえ優秀なクラスを敵に取られていたとしても、
 推進派に対抗出来るだけの戦力を築き上げることができる。
 ただしこれは、最悪の場合……即ち、相手が5騎のサーヴァントを抑えきってしまっている場合には使えない。
 もしそうなれば、二つ目……相手が分かれて偵察に出てくるところを叩いて各個撃破するのを狙うしかない。
 が、各個撃破のリスクは相手方も重々承知しているだろうから、仮に単騎で行動している敵がいたとして、そう安易に攻撃を仕掛けていいものではない。
 『釣り野伏せ』される可能性も十分にある」

 「……問題は山積みですね」

 「ああ。基本戦力ではこちらが圧倒的不利なのは言うまでもない。
 今話した二つの作戦は、あくまで常道の範囲内に過ぎず、彼我互いに常道を歩く限りは戦力に勝る敵に軍配が上がり続ける。
 戦力差をひっくり返すには、どこかで必ず、仕掛けなければならない時が来るだろう」

 「仕掛ける」

 「奇策か、冒険か。いずれにせよ、リスクを取る必要はどこかで必ず出てくるということだ」

 リスクを取るのは嫌いではない。寧ろ、サッシャにとってみれば得意分野だ。
 体が僅かに高揚する。この高揚は、昨日のものと違う。心地よい高揚だ。

 「どちらにしても、まずは戦力把握ですね。結局の所、推進派は何騎のサーヴァントを押さえているのか。それが分からないことには戦いようがない」

 そう思うと、多少の危険を冒してでも『マンション』襲撃時には表に出て様子を確認した方が良かったのかも知れない。
 つくづく、あそこで前に出なかったのは失敗だった。

 「ああ。で、それを確かめるにはどうしても偵察を出さなければならん。使い魔でもある程度は可能だが、
 他の参加者も我々と同じように籠城していたとしたら、その手のもので探すにも限界はある。サーヴァントの感知能力を使うべき時が必ずやってくるだろう」

 「一回目の『冒険』は、ここですね。敵の偵察を襲撃する前に、まず僕達自身が、敵の襲撃を覚悟しつつ偵察を行わなくてはならないと……そういうことですね」

 「まあ、そういうことだ。
 サーヴァントだけに行かせるという線もある。が、バーサーカーでは偵察に不向きだろうし、あのアサシンがそんな危険を冒したがるとは思えん」

 確かにその通りだとサッシャも思った。
 通常ならば、アサシンというクラスはこういう任務にこそ力を発揮するだろうに……なんともはや、である。


 「ただ、それも最優先ではない。真に優先すべきことは、他にある……はぁ」

 そう言うと、エーブリーは広げた地図を手早く畳み、大げさに溜息をついた。
 その溜息の重々しさに、サッシャも大方の内容を察した。

 「……自分たちの戦力把握ですね」

 「そうだ。昨日、召喚したなりにごたごたしたせいで、まだ碌に何ができるかを把握していないだろう。私もそうだ。
 大まかな外縁こそなんとなくは聞いているが、はっきりと、自分のサーヴァントに何ができるかを知れているわけじゃない」

 エーブリーは立ち上がり、部屋の外へと向かっていく。

 「Know yourself as well as your enemy(敵を知り己を知れば百戦危うからず)。
 逆に言えば、幾ら外の情報を知ったところで、内を知らねば片手落ちということだ。
 これに関しては、リスクはなく実行出来る。何をやるよりも先に、まずクリアしておかなければならない課題……
 最低限、宝具の能力くらいは頭に入れておかないと、後できっと足下を掬われることになるだろうからな」

 「……分かりました。では」

 「ああ。まずは各々、自分のサーヴァントが何をできるかを正確に知る。
 それが聖杯戦争一日目にあって我々がまず何よりも優先してやるべきことだ。健闘を祈る、いや、命じる」

 「……分かりました」

 エーブリーは、そうして部屋を去って行った。残されたサッシャは、椅子に座り直すと首を傾げる。
 バーサーカーから情報を聞き出す。確かに何をするにしても、これを欠かせば意味がない。
 しかしバーサーカーとの交流においては、言語の壁という通例考える必要もなかった甚大な問題が壁となって立ち塞がるのだ。
 言語情報の一方通行。この問題を解決するには、やはり常道を歩いているだけでは不足だろう。
 何かしら、革命的な打開策を練る必要がある。

 ……しかし、ふと思ったが、今までのバーサーカーのマスターたちは、いったいどうやって自分のサーヴァントの宝具を知ったのだろうか?


 そして。
 部屋に戻ったサッシャは、一番にバーサーカーを呼び出した。

 「来てください、バーサーカー。話がしたい」

 すると、以前からずっと側にいたように……バーサーカーの姿がサッシャの目の前に現れた。

 「……ぁう」

 「ありがとう。呼んだのは、聞きたいことがあったからなんです」

 「う?」

 「バーサーカーのことを、もう少し詳しく知りたい。僕たちが勝利を得るために」

 「おぅ、あうぅ、ぅえま゛?」

 「……例えば、宝具とか、その他、どういう戦い方が得意なのかとか」

 「ぐぇろ、お、ばぅあ!」

 「……」

 サッシャは、これはもうどうにもならないのではないかと思い始めてきた。
 当然ながら、バーサーカーの言葉は何を言っているのかさっぱり分からない。

 「えーと……」

 そういえば、結局の所、バーサーカーは自分の言葉が此方に伝わっていないことを理解しているのだろうか?
 一度、伝わっていないとは言ったものの、飽くまでその時の一言二言だけが伝わっていないと認識されてはいないか?
 もし理解していないのならば……一言、添えておく必要があるかも知れない。

 「……そうだ。バーサーカー、一つ言っておかなくてはいけないことがあります。
 いや、言ったような気もしますが……もう一度。貴女の言葉は、僕には一切伝わっていません」

 「……ぅぐぇ?」

 「貴女が発する言語は、貴女の耳にはどう聞こえているか分かりませんが、僕の耳には言語の形を為して入ってこない。
 以前からなんとかニュアンスを読み取れないかと試みてはみたんですが、無理でした」

 「……ぐぉう」

 しかしバーサーカー、その話を聞いても様子を変えない。
 こうなってくると、サッシャの脳裏に次なる疑念が浮かんでくる。即ち、そもそもこちらの言葉が通じているというのも
 実はなんにも通じていないんじゃないか……と。

 そんな思いを抱えてサッシャが押し黙っていると、バーサーカーが突然頭を下げた。
 深々と、45度。お辞儀の体勢。そして直ぐに体勢を起こして、今度は壁に向き直った。

 「あう、ごぉう、うぉ、え」

 「ええと……? どうしましたか、バーサーカ……」

 聞いたところで分からないと理解しつつも、サッシャは一応バーサーカーに尋ねた。
 しかしサッシャは直ぐに理解することになる。バーサーカーがいきなり頭を下げたのは……謝意を示すためだったのだと。
 バーサーカーから次に発せられたのは、返答ではなく、雷だった。


 「おう、ああああああああ!!!」

 「!?」

 バーサーカーの両手から電光が放たれる。それはバーサーカーの正面にある壁に行き渡り、激しい音と高熱と共に壁を黒く焼いていく。

 「何をしているんですか、バーサーカー!? ちょっ……」

 サッシャは、バーサーカーがおかしくなったのかと思った。
 いきなり壁を焼き始めるなどと、正気の沙汰ではない。
 令呪を使うことすら、一瞬想起した。だが、実際に使う間もないうちに放電は終わり、バーサーカーはくるりと振り向いてサッシャを見た。

 「……あ」

 「……? えっと……」

 壁を叩くバーサーカー。『これを見ろ』と言っているのだろうか?
 サッシャは壁を凝視する。すると……一見黒く焦げただけに見えたその壁の煤けが、実は意図して描かれた黒い線であることが分かった。

 それは文字だ。焦げ目によって描かれた、十数の文字によって構成された文章だ。

 だが、その文字をサッシャは知らない。彼の人生の中で、こんな文字と出会ったことはない。

 アルファベットでもなければ、ブラーフミー系文字でも、キリル文字でもない。
 全く未知なる言語。
 未知なる言語だが――――確かに分かる。間違いなくそれは文字であって、バーサーカーは文字を書くことによって口頭でなくメッセージを伝えようとしたのだ。

 「……ぐぅ、ぶら、ば」

 これを見て、ここから読み取れと言っているのだろうか。
 自分の出自も、自分の宝具も。

 だとしたら、これは大きな前進だ。今まで光も見えなかったコミュニケーションの闇に、一筋の希望の火が点った。
 全く未知の文字ではあるが、これを足がかりにすることができる。
 ここから少しずつ、バーサーカーについて調べていけばいい。

 ……もっとも、『少しずつ』では遅すぎるからそれなりに急ぐ必要はあるだろうが……。
 とにかく、光は見えた。自分で切り開いた一歩ではないが、前進は前進だ。サッシャは少し安堵する。

 「あとは、これをどうやって読み解くかを考えないと……」

 如何にして読み解くか、もそうだが、この情報がどれだけ守るべき価値のあるものなのかも重要だ。
 もしこの情報が、直ぐにでも秘匿すべき重大な機密を含んでいるとしたら……誰かに読まれないうちに、秘匿しておく必要があるだろう。


 ×××

 ひとまず、文字はメモに写して手元に控え、壁に残った焦げ跡は手持ちの魔道具で落とせる範囲こそぎ落とした。
 これで、意にそぐわない形で情報が露呈するのは防げるだろう。
 さて、これからどうするか……。

                        、  i{   、                    【安価】
                      `、 {ト、ヽ}\乂`、 j
                   `、\ ヽi{ \二ニミミ、{、\

                  丶、ヽ.,,_ ミh。,_‥‐ニ_`ヾ乂ヽヽト、
                ヽ` ー--=≦´_,,.、-ーニ=-ミh、h、jヽ从N i          次の行動→……
                 ミ=-ー…''``_、丶`、丶`--=ミh、Vリリj}}V);
                 ー=彡< アノ、‐゛、丶` _,,. ̄アぅXくノトく、、ィ        ①外出。図書館などに行き、文字についての情報を集める。
                  ー┬― 彳イ //、‐゛  /  ,゙ }}ム}h、`弋``
                   )ヽ  フ/、丶`_,.ィ/ /; / ∥j从}iヽ丶.,,_       ②エーブリーに文字を見せ、読めないか確認する。

                     ( 、     ̄ ̄ ̄ア//∧ V//,イ}}!リ从`、ー
                     〈 ̄`       '"イと^' _>∨  リ/ノ从ヽミ       ③エーブリーに文字を見せて確認した後、読めないようであれば図書館へ向かう。
                 /             `ー<ノ人Vン '゙ノ 人、
                   丶、、、..,,,,,__________、‐゛ ミミ  i    イ {リ         ④その他
                      丶、__,,.、丶`   、ミ从 j|  i  从、乂
                         }  /       /、 V/レ从ヽ`
                         ゚。_,/,,,,,,、、、、、-‐¬^ヽ/   ヽ               20:35より先に二票
                        「二二二二ニニニニ|
                    j二二ニニニニニニ|

                      _ィi二二二二二二二二|
                    ,ィi{ニニニニニニニニニニム
                ,ィi{二二二二二二ニ==‐-ニ二、
               ,ィi{ニニニニニニニニニニニニニー{
             ,ィi{ニニニニニニニニニニニニニニニh、
                /ニニニニニニニニニニニニニニニニニ}
            /二二二二二二二二二ニニニニニニニニ}
            ,心ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ}

          ,. -─-  、
         /:::::::::::::::::::::::::\
       ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、    
       l:::::::::◯:::::::::::::::◯:::::::l

       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l       あい、③ですね

        、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           \::::::::::::::::::::::::::/       では、エーブリーが読めたかどうかだけ判定して今日は終わりです。
             ` ー-   -‐´
          ,≧ト‐v‐≦、
        /.:::〃 ̄`ヽ:::.\

          /.::::::::|' l/| ) ミ|::::::::.ヽ
       〃:::::::::j┐ 「/⌒ヽ::::::::i
       f::::::¬' `ーへ  }ゝ:::l
       {::::::::::{{、 ,,_ノ:トr_ノ::::::::〉

【判定】 イギリス人-3
エーブリーは謎の文字を……
12345  読めない
67890  読めた

        ________
        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
        |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
      ─┼‐─────‐‐‐┼─     駄目でした。というわけで今日はここまで
         l::::::::::::::::::::◯:::::::::::0::l
         l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
          、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/        次回、エーブリーに見せに行くところからスタート
          \::::::::::::::::::::::::::/    ∩_
        ,,.へ` ー-   -‐´::ヽ   (つ )
        /::::::::::::::::::l><l:::::::::ヽ_/\フ
.      /:::::::::::::::::::::::::∨::::::::::::::::::::::::::::ヽ    お疲れ様でした
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/

                           これだけ書くのでも数時間はかかりますしやはり時間ないと大変ですね


 「……あ、これか」

 捜し物は、思いの外簡単に見つかった。
 書架を右から左へ順々に巡って、およそ十分程度。
 バーサーカーの文字に酷似した図柄を、サッシャは運良く見つけ出すことが出来た。

 「……インドかと思っていたけれど、違ったのか」

 それは、極東の方から流れてきたという独特な人物画の模写集。
 『ウキヨエ』というらしく、一部の文化人たちには大変な人気を博しているらしいが、サッシャにはよく理解出来なかった。

 「とにかく、この文字を読める人に会えれば……」

 司書を探そうと、本棚を離れようとしたサッシャだったが、

                      _. -― ―- _
                  / ////////////\

                   ,イ////////////////ハ
                     ////////////////////ハ
                 i――――----、////////,!
                 {.! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i V///////!                 ……おっ! それはうちの国の浮世絵じゃないか!
                |.!r‐、::::::::r―‐;::::l l///////,!

                     ll:: ̄:l:::::::: ̄´:::::::!.l//////リ                  あんた、それ好きなのか?
                  ';::::::::l:::::::::::::::::::::::',.V////,/
                   :::::::;:::::::::::::::::::::;:'>:..</}
                   :;:::i:::::::::::::::/::::::::::::::::Y
                     ,...ゝ::::::;:::イ:::::::::::::::::::;::::ヽ,、
              _,..イ'::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::!::::::::',',:::...._

        _ -――- 、:::::::::::::',';::::::::::::、::::::::::::::::::::::;::l::::::::::::,';:::::::::::::...、- _
    ,.<//////////ヽ::::::::ー:、、::::::::::ヽ::::::::::::::::;::::!::::_;:::ヽ、::::'":::::V///`ヽ
.   ,イ//////////////ハ::::::::::::ヽヽー‐__`ヽ::::::/_:::-―_}:::::::::::::V////ハ
  /////////////////ハ::/::::::::::: ̄ ̄::::::::::ー-=::::::: ̄::::::::::::::::::::::::V////ハ
. !//////////////////!'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/////

 l//////////////////j::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';::::::__:::::::::::::::::::::::::::V////
 l//////////////////:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::´ ̄_i;:::-::::::::::::::::::::::::::::::}////


 「……!?」

 おかしな風貌の男に、声をかけられてしまった。


 ×××

 男は、名を黒野丈樹と言うらしい。
 所用あって日本から越してきたとのことだ。
 日本語解読ができる人間を探していたサッシャにとって、渡りに船の存在だった。

               ___
            , </////> 、
.          /////////////,ヽ
.           ////////////////,ハ
          '/////////////////,}
.        !'fr-ニニニ-―┐i/////!

           V.k_-、:::::;:-―:::l l////リ
.          'l.!:::::::i:::::: ̄:::::::l !'///ィ                 フフ、格好良いだろう
  _,..........._   ,.:L':;:::::!::::::::::::::::::Lニ-'"ト、
'"///////'/::::/ト::::l:::::::::::/:::;:::::::::::).)ヽ、

'////////::::/イ:::j:::'--:::'"::::::/::::l::::/イ::::::::\ ,. -‐          蒸気パワーで手に入れた鋼の体だぞ
'///////:::://::-、::::;::::::::::::::::::/::::::/イ:::::::::::::://///
//////:::::〈_- ::::ヽ::::::::::::::;:'::{::;:'./::::::::::::::::///////
,'////::::::::::::::::::::>::..._‐'":::`ヽ/./::::::::::::::::::ハ//////
/>/:::::::::::::::::::::::::;:':::::::::>:..、'_/:::::::::::::::::::::l///////
:::::::{:::::::::::::::::::::ヽ/::::__::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V//////
:::::::l:::::::::::::::::::::`/:::::;::-<,ll二ニ=ニ二::::::::::::V///>
::::::::!::::::::::::::::::;: イ//////ll二ニ=ニ二::::::::::::::ゝ/::::::
:::-┴‐:::::'":::i'///////>‐::'"-:::::::〉::::;::::::::::::::::{::::::::::
:::::::::::::::::::::::::l///,r'":::::::::::::::;:-、:::〉:::/::::::::::::::/!::::::::::
::::::::::::::::::::::::::ヽ/>ー‐''"⌒`ー'::/::::::::::::::::::' ::::::::::
::::::::::::::::::::::::::/::::ー-、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  '::::::::


 「いや、そんなことはどうでもいいんですけど……」

 随分と異様な格好をした青年だ。そもそも青年なのかすら若干疑わしい。
 日本人とは皆こうなのだろうか?

 そういえば、バーサーカーも手にやたら物騒な籠手を付けていた。
 バーサーカーも日本人だとしたら、もしかすると日本人とは本当に甲殻を持った人種だったりするのかもしれない。


                 /;;;;;;;;;;::::::::::::::::;::          \
              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::          \
              |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::...
              |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ̄ヽ::::::;;;;;;:::::
              |;;;;;;;;;;;;;;/  へ \::::...

              l;;;;;;;;;/  /;;;;;;::\ \:::.
              `l/  /;;;;;;;;;;:::::::::\ \:::;;,,...                 読みたい文章というのはこれか……ふむふむ
               |_;/;;;;;;;/ ];;;;;;:::::::..\ \;;;;;;;::....

                \;;;;;L イ;;;;;;;;;;::::::::....\ \;;;;;;;;,               なるほど……なかなか難しい文体だな!

                    \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ \;;;;
                        \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ_」 
                            \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/´ γ::::::             知ってるか知らないかで言えば知っているが、日常的には使わない文体だ! 古い奴だ!
                           \;;;;;;;;;;;;;;/  /::::::
                                   /:::::::::
                                  | ̄`ー、:::::            そんなに詳しくないからちょっと読むのには難儀しそうだが、
.                                   i`ー、_. ̄`
 /フ                               |:::::::::::::`ー、_            まあ、できないことはなさそうだ!
l'´iー─ー──ー、_                    |:::::::::::
|;;;;`ー 、_    `ー、、_                  |:::::::::::::
ヽ;;;;;;;;;;;;;; `ー、 ,.--  ヽ、`ー、            |::::::::::::
 `T`ー、;;;;;;;;;       \ ヽ          丿::::::::                 いいだろう、ここで会ったのも蒸気の縁! 俺が責任をもってこの文章を解読してあげよう!
  `ー、;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,    ゝ、|          |:::::::
    \_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,   ヽ、        丿::::
      `ー―ー、__;;;;;;;;   | `l      /::::::
              ノ;;;;;;;;;  i | |     ./:::::::



 妙にテンションが高いのは気になるが、どうやら、引き受けてくれるらしい。
 言語学者でないどころか、まともな高等教育も受けていない(初等教育すら朧気である)サッシャにとって、この申し出は有り難かった。


                  _ -―-  _
               ,.</////////,>、                しかしわざわざ日本語を調べようとは物好きな人だ!
               ,イ///////////////ヽ
               ,'//////////////////
                {'////////////// ,ニニヽ              あんたたちには、こんなに完成された素晴らしい言語があるというのに
               l/////////////l .!:r_、::Y
                 V///////////,l .l::::::::::{
                 V//>-‐-</,j .l::::::::/               なんてったって、あの蒸気を生み出した言語なんだからな!
               (´-‐''" ̄`"‐-.ノ::::::;:
              };:::::::::::::::::::::::::::::;ヽ/

              /::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           /,ニ'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ニ 、
          _.,. {└―――――-----/,.':::::::::::::::..、
.     ,. <///::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"'''ー‐イ:::::::::::::::;::-' ''''''' - _
  ,.イ////, ':::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::////////////ヽ

  /////,/::::::::::::::::::::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///////////////,ハ
 ,'/////:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'/////////////////,i
 !////i::::::::::::::::::::::::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{/////////////////,j
 l////l::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V///////,>''" ̄ ̄``、
. V///l::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨/////::::::::::::::::::::::::::::;
  \/,l::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ///::::::::::::::::丶:::::::::::::i
    `':::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;`:{:::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::'、
.      '::::::::::::::::::::::j::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::,

 どうやら英国(ここ)出身と間違えられているらしい……。
 サッシャは困惑しつつも、この青年(?)が蒸気フリークであることを知り、複雑な気分に陥る。

 思わず、彼に口走ってしまいそうになる。今自分がやっていることは、その蒸気文明を破壊するための行為なのだと……

【回答】
1、実は、聖杯戦争に参加して……
2、実は、日本人の友達がいて……
3、実は、日本に興味があって……
4、その他
5、黙る

↓3


 相手も日本人だ。日本のことを褒めれば、悪い気はしないだろう。
 サッシャはそう判断して、適当に誤魔化すことにした。
 だが……。


                                  __
                            , <//////> 、
                          ///////////////,丶

                          ,イ//////////////////,ヽ
                           /////////////////////ハ
                        '///////>ー- 、/////////,!

                            i'///////./::: ̄::::‐-...ー----┤
                        l///////./::::::::r-:::_:::::::::: ̄::::7.}
                             l//////./::::::::::::`:::-`:::::{r_フ::; /
                        j'/////./:::::::::::::::::::::::::::::;::::::://            日本? あれは糞だ
                        廴//ノ:::::::::::::::::::::::::::::/::::://
                            `7ー'"::::::\::::::::::::::::::::;:::::://              蒸気の欠片もないんだぞ。いや、多少はあるけど超遅れてる
          _,,............,,_             /::::::::';:::::::::::ヽ:::::::::::::;:::::/´
       , <////////,> 、   _, - 、 /::::::::::::::::ヽ::::::::`:::::_;: '                 あんな国に価値を見いだすのは止めた方がいい
.     ////////////////,\::::::::::::::::>:... 、::::::::i::::\::::::::::::::;::!
.   ////////////////////,ヽ:::::::::::::ー--:::>:..、ー_::::::::/:::}...._
  ,'/////////////////////ハ:::::::ヽ:::::::::::::::::::ー ̄ ̄ ̄` ヽ::;::-二ニー、._       ___
.  i///////////////////////,}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::: ̄:::\‐::::f////////> 、
.  {///////////////////////j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::_:::::::::::丶::V//////////,丶
  '//////////////////////,リ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::'"::::::::::::::::::::::ヽ/////////// ヽ

   V////////////////////,ソ::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::ヽ//////////ハ
   ,ゝー―‐-<///////>ィ'"::::::::::゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}‐'':::::::::::::::::::::::::::V//////////,!
. /:::;':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::}//////////リ

,.::::::::/:::::::::::::::::::;:'::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::/:::::、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'::::::::::::::::::::::::::::::::::j'/////////,/
:::::::/:::::::ヽ::::::/::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::i::ヽ::::::::::::ゝ、ー-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{::::、:::::::::::::::::::::::::::ノ`<'/////ノ


 ……予想外の反応をされてしまった。


 「……いえ、別に比べてどうとか言うつもりは……」

 サッシャは取り繕おうとしたが、丈樹は聞いているのか聞いていないのか……

         ――― 、
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   /:::::::::::::::┌=====ii
   l::::::::::::::::::| | lニニl | lニl||         それに比べて……見たまえ、この町を。前面、余すところなく、蒸気に溢れている

   |::::::::::::::::::| |     |  ||
   |::::::::::::::::::| |     |  ||         最高の景色だよ。つくづく、ここに来て良かった
   |:::::::::::::/|.     | / __
   レ.ィ ̄  `:‐‐、...__|_//::::::::::::::::\

   /  _ /  ̄ /::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  / /  ̄    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
  |/       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|


 確かに蒸気も町中に溢れているが、それを覆い隠すほどの勢いで煙に満ちているということを、この青年は理解しているのだろうか?
 余りにも蒸気が好きすぎて、その辺、見えなくなっているのか?
 いずれにせよ、少し奇妙な価値観の人間であることは間違いなさそうだ。

          ――――
       /        \
      /            \
     /    / ニニニ\   |
    /    //  < \\\.  |
    l    //   \_> /\\|         ……フフ。あんなに沢山の旅費を貰えて、しかも蒸気のために戦えるというのだ
    |   //       /<_>.//
    ∠ニニ./      /  //
___/    |  ―:v――:、 ./            こんなに最高なことはない!
   /   / /    \ \ |
       /       \ \
―――<         /  }
\     ヽ.      / / ∧ __
 |      |    / ∠_/  \  \


 ……?

 何か妙な言葉が聞こえた気がしたが……気のせいだろうか?

                     _,,..........,,_
               , <////////> 、
               ,.イ'//////////////丶
           /////////////////,'ハ
              '///∠∠∠∠∠//////ハ         それじゃあ、その紙は預かっていいかな?
.            i/,l.l. ̄Τ ̄ ̄ ̄l.!//////!
          {/,l.lr- 、::::::r―ぅ:::!l//////|

             V,!|:: ̄::!::::: ̄´:::::l.l/////リ          家に帰ってじっくりと調べさせて貰う
              V.!:::::::::l:::::::::::::::::::l.!/////
  __    _,....-::'l」::::::::::l::::::::::::::::::j、</ノ,

'"/////>:::::::::::::::::/'l:ヽ:::::::;:::::::::::::::/:::!::`ー-,-
//////::::::::::::::::::〃:l:::';\::l:::::::::;:イ::::/:::::://::::
/////':::::::::::::::::::::〃ヽ::::ヽ::` ̄::::::::::::':::::://:::::::

 サッシャはなんだか急に、この男に任せて日本語を調べるのが不安になってきた。
 しかし、彼以外にめぼしいあてはない。
 この機会を逃したら、バーサーカーの文字の秘密は永遠に分からないままかもしれないのだ……。

【安価】
1、黒野にこの紙を渡す
2、渡さない。やっぱり断る

↓3


 ……やっぱり止めておこう。
 黒野丈樹という男の信頼性に不安が出てきたのも確かだし、それにやっぱり、こういうことは自分で調べた方が良い。

 サッシャはそう判断し、丁重に断る路線に変更した。

 「……すみません、やっぱり自分で何とかしてみることにします……」

 すると黒野、特に驚いた様子もなく、

 「そうか。まああんたがそれでいいならそれでいいか。ま、困ったことがあったらなんでも俺に言ってくれ。
 日本について分からないことがあったら、いつでも相談に乗るぜ! じゃあな、ジークスチーム!」

 そう言って、黒野はどこかへ走り去っていった。
 連絡先をおいていくでもなく……。


                ,...,,,,__
          x丶``,、r=‐-ミミニニ=‐ 、
         /、丶,ィi㌻ア//ヘ'//ミh、``丶ミh。,

        _ノ゛ ノ゛-イア゛  V ヽヽ}i `、\丶ヽ
        / 〃/ /  {/   }′ ゙,   `、`、゚。',
        ノ ,j{ ,゙∥ / ノノ,イ  j{ i } i{…、} j ` }!人
.      ,゙ / { { { ,'_∠≦!  八从 Vヽ } i  ノ j }              (……さて、あてがなくなったわけだけど……どうしよう
.       У 八 乂「 アッ^V/   ノi ハノイ{ ヽ、人V
      イヘ、ト、.,_ミー ´   u ´^ヽ'′乂リ、/ `

             У          ',    `、                とりあえず、司書の人に尋ねてみようか……
           <_ -            }    ,,乂ヘ
               ) _, -‐      /..:  ,ィi{二二心、
            ` ー     /..:.:.:.:,ィi{二二二二‐
                 }   _、 ヘ.:.:,ィi{二二二二‐              でも、純日本人? でも分かるか怪しいって言ってたんだよな……)
               ` ``   ィ二二二二二‐
                 _,∥ニニニニニ‐

             __,,,.、rセ``∥ニニニニニ‐
          、` ̄ ,ィi`` //ミ二二二二ニ‐

          、`  ,ィi<   //:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
        、`/ / 、`  //三ΞΞΞ  ̄
       / ,/、` 、`   //:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
.    /  ∥  {「   //:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:


 「あ、はい。大丈夫ですよ」

 結論から言うと、予想外にすんなりと問題は解決した。

 「うちのスタッフの中に日本語が得意な人が最近入りまして。タナカさーん」

 見かけた職員の一人に話しかけると、とんとん拍子に話が進んでいく。
 気がついたら、文章を翻訳した紙を渡されていた。

 「必要なら、どこがどういう意味であるかを詳述したものもおつけしますが」


            /∥////////}h、 ヽ
              { イ乂乂z}ノノヽ) }リ} }
            '八 トh、、´(と_Vノノ乂            い、いえ、結構です……ありがとうございました
             ーァ{乂``ヽ))从(ノ′
              `ヽ、_,.、r===x
              /ニニニ二二ム

        ,、      __ノ''``     ',`ヽ}            (怪しい人に頼まなくて良かった……)
     __,ヽ`、,ィ、丶`          ',  `丶、
    ノ   ∨ `、          }      `ヽ
    `、   l ゚。`、         |      /ム
.     \,ィj  ゚。`、           !   `、 //∧

 その場で確認しても良かったのだが、やはり落ち着いたところで見た方がいいだろう。
 いつどこで、誰の目があるか分からない。

 サッシャは紙を大事にポケットにしまって、隠れ家へと帰っていった。


【判定】
帰り道では…… 昼 +1 サーヴァント非随伴+1
123 遭遇あり
456 遭遇なし
789 遭遇なし

4:遭遇なし

 帰り道も何事もなく、サッシャは無事に隠れ家へと帰還した。

 部屋に戻ったサッシャは、手渡された紙をポケットから取り出す。と同時に、バーサーカーが姿を現した。




                    _ -――――――――. 、
                   ノ⌒`   、ニニニニニニニニニニニ\

.                .  ´       ` .ニニニニニニニニニニニ\
               /. /   ′       '.ニニニニニニニニニニニ. \
.            /  /    /.    /   ,ニニニニニニニニニニニニニ ∨
            / /  ′   /  イ/.}    ′ニニニニニニニニニニニニニ∨
             ′ i|    ′/ / /     ,ニニニニニニニニニニニニニニ }
              、i| ハ{\   i| /. /  _ .。s升.′ニニニニニニニニニニニニ ,        ……あ、う?
.        , -‐  八{《f心\j{/   ̄ ̄      ,ニニニニニニニニニニニニ .′
.       /     7 Vソ  ` 气ミk     / '.ニニニニニニニニニニニ. {
      /      ∨        r'::::i: 寸   / イ′ニニニニニニニニニニニ∨
      .′      /   ,     乂こシ     _ノ '.ニニニニニニニニニニニニ ∨             おっ、あっ、あっ
      , -―― .ム              .  ¨   }ニニニニニニニニニニニニ/
    八/ `¨¨¨´    r‐   、    .。s升.     |ニニニニニニニニニニニ〈
 .            ∧ 乂   ノ  /         从ニニニニニニニニニ/
               、     /    __.。s≦二ニニニニニニニニ /
               ≧o。..  7  ,.。s≦二、_______./
                  ,.。s≦¨ニニニニニニ . ´/ニニニニニニ 7
             ,.。s≦ニニニ r- 、____/  〈_ へニ/ ̄ ′
             〈ニニ/` .___|__      . -―‐.⌒ニ  ̄|
            ∧./ /\  ´ ̄ ̄`  . 〈__ニニニニニニニニ.|

.             ∧ { //         ` 、 ニニニニニニ .ノ
              }ニ¨7           ∨`¨¨¨¨¨´ ハ

 結果がどうだったかについてはまだ一言も喋っていないのだけれど、それでもバーサーカーには何故か伝わっているようで、
 彼女は、どこか楽しげだった。その感情は、言葉が通じなくても十分に理解出来た。

 「おおっ、うっ、ぐあっ」

 早く読んで、早く読んで、と、急かすように、バーサーカーはサッシャの目の前でうなり声を上げる。
 サッシャも元よりそのつもりだ。サッシャは紙に書いてある文字を……


【行動】
1、音読
2、黙読
3、その他

↓3


 サッシャは思う。
 折角だから、自分がバーサーカーの書いた文字の解読に成功したことがバーサーカーからも分かるように、
 一言一句を声に出して読み上げたらいいのではないだろうか、と。

 「……えーと」

 しかし、まるで手紙を読んでいるようでどうにも気恥ずかしい。ええい、我慢だ、我慢。
 サッシャは無心になって、一行目から順番に読んでいこうとしたが、

 『まずは名前を名乗ろうと思ったけれど……実のところ、私には名前というものがない』

 「……!」

 始めの文でいきなり詰まり、次に行くのを躊躇ってしまう。

 「ぐぅばぁ、ごぅ」

 その様子を見て、バーサーカーがまた唸る。気にせずに、先にすすめと言っているよう。

 『正しくは、私は自分の本当の名前を覚えているけれど、世界では、その名前は既に忘却されてしまったもの。
 既に消滅している名前を、この世界に再び持ち出すのは、世界の理に反している』

 『私が僧侶をしていた頃、皆には『道場法師』と、そう呼ばれていた』

 『だけど、今の私は僧侶になる前の、『悪ガキ』だったころの姿だから。僧侶の頃の名前で呼ばれると気恥ずかしいので、それは遠慮しておく』

 『だから、私のことは『バーサーカー』で十分。
 この国に私のことについて書かれた書物が存在するかは分からないけど、もし調べようと思うならば、道場法師の名で調べるといい。
 その名前はきっと、まだ世界のどこかに残っているはずだから』


  ニニニニニニニニニニニニ_ ¨.             ’,ニニニ∨

  ニニニニニニニニニ _ ¨                 '.ニニニ ,
  ニニニニニニニ._ ¨                     ト、ニニ.′
.  ニニニニニ_ ¨′.                    |.:'.ニニ ’,
  ニニニ_ ¨. /                 \   , ∧ニニニ′
.    ¨  /     _ -――- 、         }i /.:.:.: ’ニニ |i
.      /.            /    , -― / ’,.:.: . 、ニ |i

    i|  / 7       イ.  /}i     ィf芳 }/.  ∨.:.:..'ニ|i
    i| ′ }イ    / 芹テミxト、 }  . r.: j. /.    ∨.:.:.}八        ……ごぅ
    V   i| / } /    ^lイ...:「   |/  じリ. ヘ    |i イ
     '.   i{/  /i{    乂ツ        l }  _ <ニ }i
      ,.      八         ,    ′ュ≦ニニ/.八
   、. ∧ 八     { \     ___ .イニニニニニ/ / |
   ニ ` .∧ト、   }、ム__   ュ≦ニニニ j{ニニニニニ./   /ニi{
   ニニニニニ`ー―― ≦ニニニニニニニニニ, ニニニニ /.   /ニ 八
     ≧ュ _ニニニニニニニニニニニニニニ /ニニニニ /.   /ニ /
   ト、.     ≧ュ _ニニニニニニニニニ./ニ  ュ≦   イニ .′
  ニニ\       ≧ュ _ニニニニ .′/   /ニニイ


 バーサーカーが頷く。今のところ、訳に齟齬はないようだった。
 何とも言えない感触を胸に味わいながら、サッシャは続きを読む。


 文章は次の段落に移る。

 『マスターがもし私の書いた文字を読めるならばいいけれど、きっと読めないと思う。
 この国について、詳しく知っているわけではないけれど、私が住んでいた場所とはかけ離れていることだけは分かるから。
 文明も、人も、空気も、何もかもが違う』

 『それでもし読めなかったら、誰かに聞くことになると思うけど、でも、それだときっと手間が掛かるから』

 『マスターが私の言葉を覚えるのは多分不可能。覚えるための何もかもが、この場所には存在しない』

 『だけど、私が覚えることならできる』

 『だからマスター。私に、貴方の言語を教えて欲しい。言葉が喋れなかったとしても、筆談くらいならできるはずだから』

 「……!」

 バーサーカーも、言葉の一方性に気がついていた。
 その上でバーサーカーは、彼女なりの解決策を考え出していたのだ。


         ′ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ.,
         〉ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ′
       /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ -- 、ニニ ,

.       ,ニj{ニニニニニニニニニニニニニニニニ _  ¨    '.ニニ′
       i| 八ニニニニニニニニニニニ _   ¨    / }i.  '.ニ |
      ∧ニニ\ニニニニ_  {イ托笏イ   /r笏} |   }_/
.       ∧ニニニ` <   ∧. ヒツ      ヒツ.ノ  イム
        ∧ニニニニニ \.へ∧          /≦ニニ/
         i{ニニニニニニニ≧ュ  _    '   .イニニ ./
        /.\ニニニニニニニニニニニ≧=ー‐<ニニニニ|i                    ……うっ、おぅう

       /ニ , \ニニニニニニニニニニニニニ }iニニニニニ八
.       ∧ニ /    \ニニニニニニニニニニニ. 7ニニニ/}ニ- _
        7     ` r 、ニニニニニニニ /ニニ/. Viニニニ- _
.                |ニニ7ー―――-‐ ム_ ノ|ムニニニニ- _
        l     / |ニニ`ー― ′ニj{ニニニニニ.} i|ニニニニニ - _
       ,     /.   |ニニニニニニニニ .j{ニニニニニ从二ニニニ__ニニ-._
ヘ.     /.    ハ.  八ニニニニニニニニj{ニニニニニ|ニニニニニニ∨ニニ- _

.ム――-/ニ`ー―/{ム_イニニニニニニニニニニj{二二ニ |ニニニニニニ. ∨ニニニ-_
__ 〉ニニ 、ニニニ /、 、ニニニニニニニニニニニニj{ニニニニ |ニニニニニニニ }iニニニニ-_
ニニ'.ニニ ≧- '__.ム.∧ 、 ____  イニj{ニニニニ i{ニニニニニニ/.、ニニニニ.-_
ニニ ,ニニニニニ/ /ニニニニニニニニニニ ;ニニニニ. | 、ニニニニ./ニニ\ニニニ、. \

ニニニ、ニニニニ八/ニニニニニニニニニニニ .′ニニニ .| \ニニ/二ニニニ `  ニ }i\
ニニニ. \ニニニニ〉ニニニニニニニニニニニ, ニニニニニ.|   \, ニニニニニ_ --7 }、ニ
./⌒}二ニ. \_. ュ≦ニニニニニニニニニニニ ′ニニニニ .|     、._ニニニ/ j{ニニ′.∧ニ
{ニ iト、ニニニニ ∨ニニニニニニニニニニニ. , ニニニニニニ|      \ニニ{ニ八ニ〈ニニ `¨

 もしかして、何も分かっていないんじゃないだろうか……勝手にそう考えていた自分が恥ずかしくなってくる。
 相手は英霊――――いや、それ以前に一人の人間として、たとえ狂戦士というクラスに当てはめられたとしても、
 侮ることが失礼であると、つくづく感じた。

 第二段落も終わり、最後、第三段落――――

 『最後に、マスターがきっと一番知りたがっていること……私の宝具や、その他についてを書き記す』


【今日はここまで】
【次回、バーサーカーの宝具について】

【幕間】


 ×××

 それは昨晩のこと。サッシャ達が逃げ出した、あのマンションとは又別の、ロンドンの一角の闇の中。
 街路に隠れて、大きな一つ目玉の化け物が蠢いていた。
 手は八本、足が六本。口からは大きな牙が生えている。

 「興味深い生態だ」

 彼のサーヴァント――――キャスターが召喚した怪物を見て、ゲイツケルは感嘆の息を漏らす。

 「君の国では、この『ヨウカイ』というモンスターが人気を博していたのだろう。
 このおどろおどろしさはわが国のモンスターにはないものだ。いかようにしてこのような奇っ怪な生き物が生まれ落ちたのか、興味深いな」

 その隣に付き従う初老の男性――――キャスターは、どこか飄々とした風に肩をすくめた。男の手には羊毛筆が握られている。

 「さあてね、どうだろうね。書いたのを見せてあげると、子供達は喜んだものさ」

 「ふむ、子供が。このような恐ろしい外見のモンスターを、子供が好むのかね?」

 「見た目で判断するのは大人の悪いくせだね。こいつらは身なりこそ平生の此岸じゃ特異だが、気性は僕らとなんにも違わない。
 寧ろ、欲と世俗に塗れた人間なんかよりよーっぽど優しいぜ。子供は純粋だ。見た目じゃなくて、そういうところまでちゃんと見てるんだろうねえ……」

 切なそうに語るキャスターの様子を見ながら、ゲイツケルは不気味に笑みを浮かべた。

 「……君が『ヨウカイ』を使役したがらないのには、そこに理由があるのかな?」

 「使役したがらない? 今こうして、出して見せているじゃないか」

 何を言っているのか分からない、と、キャスターは首をかしげた。


 「使役したがらない、というには語弊があったか。思い通りに動かそうとしない。
 先だって研究所に来ていた、緑髪の令嬢は見ただろう。彼女は植物魔術師だが、自分の使い魔を手足のように操ることに抵抗はない。
 むしろ、そうやって人外の怪物を操れること――――他人が出来ないことを成し遂げているという事実に、優越感を覚えてすらいるかもしれない」

 「……」

 「だが君は違う。君の宝具は確かに『ヨウカイ』を召喚するが、しかしその動向は君の制御下にない。
 君は彼らを呼び出して、彼らの思うがままにやらせているだけだ」

 「心で通じ合っているからねぇ。命令なんてする必要ないのさ」

 キャスターはおどけてそう言ったが、その視線は今までよりも遥かに強く、包帯の男を貫いていた。
 まるで何かを警戒するように――――ゲイツケルはその視線に気づくと、覆いの中で揺らめいた。

 「そんなに警戒するなよ。私はただ、興味があるだけだ。君に対する悪意など一つもない」

 「……知りたいという願望は、時に最も恐ろしいものだよ。好奇心、無邪気さ。それは時として、暴いてはならないものを白日に晒す」

 そう言うと、キャスターは空を仰いだ。遠く、遠く、星を見るような目――――それはまるで、自分から目を逸らすためにそうしているようですらあった。

 「使役、というなら、私も君に何か命じるつもりはない」

 会話が途切れたところで、ゲイツケルが切り出した。

 「私は万物に興味を持つ。唯一興味がないものがあるとしたら、自分だ。私は君に興味があるが、私の駒として働く君に興味はない。
 君の好きなようにやりたまえ」

 「いいのかい? 僕は原則として争いごとが嫌いだ。放っておいたら、聖杯戦争なんてそっちのけで、自分の好きなことをするかもしれないぜ?」

 「構わない。いや、それでいい。君なりに聖杯戦争に向き合った結果、出される答えがそこにあるのならば、それもまた一つの結末であり、
 それはきっと、私が介入したならば観測出来なかっただろう世界だ。筋書き通りの展開を描くより、ずっといい」

 楽しそうにほくそ笑むゲイツケルを見て、キャスターは大げさに溜息をつく。
 呆れているのだろうか。それとも、キャスターも自分のマスターに対して妙な好奇心を抱いているのだろうか。
 飄々とした笑みの中に何が隠れているか、推し量ることは難しい。

 「……随分と奇特なマスターだ。これは先が思いやられるねえ。ま、好きにやって良いのなら言われたとおりにそうしよう」

 ふつふつと笑む自分のマスターを見ながら、キャスターはやれやれと肩をすくめた。

 ×××


 『英霊の宝具は、その英霊の人生にも匹敵する重みのあるもの』

 『英雄譚の花形ならば、苦難を切り開いた武器を選び取るだろうし、怪物ならば生まれ持った天性の肉体を宝具として誇る』

 『私は』

 『そのどちらでもある』

                                                   ____
                                           _ ュ≦ニニニニ \-  、
                                              /ニニ\ニニニニニ\ニ\
                                          /ニニニニ \ニニニニ .イ∨ニ\
                                        /ニニニニニニ.ノ-―  ¨-7/二ニ. \
                                        \ニニ _  ュ≦---------.\ニニニ∨\
                                         `¨¨¨.∨---------------`¨¨´ニニ ,ニ`
                                              |---------- _   ュ≦ ̄ ̄ ̄ '.ニ∨
                      . 。o≦八                  }--- _   ュ≦ニニニニニ′ニニ′ニ∨
                     /------ .ト                 /---/ ヘニニニニニニニ.'. ニニ '.ニ}
      ___            , ------- 八                } 。o≦二. ’,ニニニニニニニ ,ニニ 八7
     /--- ≧ュ _.       /----------∧               ′ニニニニ. ,ニニニニニニ.}i_ ュ≦ |i
.    /¨  _-- _/ ` __/----- _   ュ≦ト、_\               '.ニニニニニ 'ニニニ _  ュ≦-7ニニ从
.     〈--------7--- /--------/ニニニニニニニ. i{ '                  、ニニニニニ}i_  ュ≦------ /ニニ/ .′
   /. \_. -ァ‐ ′--/--------/ニニニニニニニニ 八__>{              .`¨¨¨¨¨¨¨¨¨----------/、ニ / ニ,
.   {---/_ イ------〈--------/ニニニニニニニニニニニ/--∧             ._八-----------_   ュ≦ニ. _/二7
   >¨ 〈---'.------′------ 、ニニニニニニニニニ/----ム             .ハ---- _ 。s升ニニ_   ¨|ニニ}i
  ′--- 、---, ----- , ------- `ー―――<-------.ノ             \. ´____ ` f ¨二二ニ |ニニ八
 八__  ュ≦′-----'.-----------------------/                /ニニニニニ|ニニニニ |. /
    。s升-、--- ,-----,------------------ .。s升               l二ニニニニ. |ニニニニ /

   ´------ヽ_  '.----.′----------- _  ¨                     八ニニニニニ.|ニニ /
    、___.  ュ≦. - ,-----\-----_  ュ≦                       `¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨´
      . ´八---.′-----`¨¨¨¨7

     〈-----\-- 、------- /
      ` __  ュ≦ー――<

 『この籠手は、生きていた頃はなかったけれど、間違いなく、生きていた頃に持っていた力の証明』


 『雷神様から授かった、私の全霊』

  【宝具】
 ◆『剛力・建御雷神(ゴウリキ・タケミカズチ)』
 ランク:A+ 種別:対人、対軍宝具 レンジ:1、1~3 最大捕捉:2人、40人
  雷神から与えられた怪力が宝具となったもので、両手が巨大な籠手に変化している。
  戦闘時、筋力を2ランクアップさせ、籠手に雷を纏わせ強力な打撃を行える。
  籠手に纏わせた雷を収束し一気に放出することで広範囲を攻撃することも可能。


 「……」

 戦闘特化の宝具。トリッキーな運用を必要としないのは、サッシャにとっては有り難かった。
 彼は常識こそ理解しているものの、人と比べて決して知恵が立つ方ではなかったから。
 この宝具ならば、煩雑なことを考える必要もない。

 『この姿の私に出来ることは、戦うことだけ。近接での殴り合い以外に、できることは殆どない』

 『だからマスターは、私のことを、道具のように使い倒して貰って構わない』

 『それで最後に聖杯を手に入れられなくても、私は、全然、構わない』

 「……!」

 メッセージは、そこで終わっていた。

 「間違いはありませんか、バーサーカー……?」

 おそるおそる問うと、彼女は静かに頷く。

 宝具に関しては、ごくごく平均的なバーサーカーの宝具だと言えるだろう。
 驚くべきは、思った以上に、彼女が正常な思考を紡いでいるということ。
 そして、更に注意すべきはその精神――――彼女は、自分のことを道具として使い倒してもいいと言った。
 聖杯も要らないと言った。
 しかし彼女がここに呼ばれた以上、何かしらの目的があってここに来ているのは間違いないはずだ。
 戦いたいから? いや、彼女の様子からは戦闘狂のそれは感じ取れない。
 ただ誰かに仕えるために? 騎士や兵士をやっていた人間ならばともかく、法師とまで呼ばれた人間が誰かに仕えることを望むだろうか?
 それにその場合、バーサーカーとして呼ばれるのは腑に落ちない。
 疑っているわけでもない。寧ろ、出会ってから間もないことを考えると信頼している方だと思う。
 それでもサッシャは、バーサーカーが何故自分の召喚を受け入れたかについてを知らないでおくのは、あまり良い気分ではないと感じた。
 裏切りを心配しているわけではない。バーサーカーのために自分ができることが、分からなくなるからだ。
 マスターとサーヴァントの関係において、最も簡単に誠実さを表現する方法は、全力で聖杯獲得に力を尽くすことだ。
 サーヴァントも聖杯を求めている。マスターも聖杯を求めている。
 サーヴァントとマスターの関係は、原則としてこの前提の元に成り立っている。
 だが、一方が聖杯を求めないと言ったとき……少なくともこの形では、相手への誠意を表すことは難しくなる。

 「……」

 きっといつか、それに向き合わねばならない日がやってくる。けれどもそれはきっと今日ではない。
 今回の一連の行動において、サッシャが果たすべき責務は、バーサーカーの能力を把握すること。
 少なくともその任務は……達成することができた。


 ×××

 バーサーカーに関する調査が分かった。
 全てのことが明らかになったわけではない――――何しろ自分は、バーサーカーの名前を聞いても、
 それが誰なのか見当をつけることすらできなかったのだから――――だが、糸口は掴めたし、最低限理解しておかなくてはならない戦力のスケールも把握出来た。

 そして、会話の問題も、不完全ではあるが解消した。ひとまず、こちらの意図はバーサーカーに伝わっているということを確認……。
 更に、バーサーカーには、自分の意思をこちらに伝えようという意思と意欲があると言うことも分かった。
 戦争中に、どれだけやれるか分からないが……最終的には、相互の意思疎通を図ることも不可能ではないかもしれない。

 「……」

 問題は、ここまでに得たバーサーカーの情報をどこまでエーブリーたちに伝えるかということだ。
 同盟相手なのだから全て包み隠さず伝えるのが最善にも思えるが、もし彼方が此方を裏切ったり、或いは敵に捕縛されて情報が漏洩したときに、
 取り返しの付かないことになる可能性はゼロではない。
 また、それ以上の問題はアサシンだ。
 あの自己中心的で狡猾に動こうとするアサシンは、こちらの情報すらも自分の勝利のためだけに用いるのではないか?

 サッシャ一人のことであれば、自分が犠牲になればいい話。逆境は寧ろ好都合だ。
 しかし、サッシャの選択は今、バーサーカーの運命をも左右する。

 バーサーカーは、自分のことを気にしなくていいと言った。道具のように使って欲しいと。
 一般的な魔術師であれば、これ幸いと――――否、たとえ言われずとも――――バーサーカーを道具として使い倒しただろう。
 だが、サッシャ=ハインケスの場合は勝手が違う。

 彼は、今までの人生の中で犠牲にしてきた人々の命を背負って生きている。
 彼は、これ以上誰かの命を背負いたくないと思っている。ずっと前からそうだ。だけど、その願いはいつも裏切られてきた。
 裏切られてきたからこそ、彼は尚更頑なに運命に足掻こうとするのだ。

 それはたとえ、サーヴァントであるバーサーカーであっても同様である。
 バーサーカーの命すらも、彼は、自分の目的の為に浪費したくない。
 ましてや彼女が、『死んでもいい』などと、自己犠牲的であるならば尚更だ。

 自分より自己中心的な人間ですら、自分を置いて死んでいく。
 ならば、自分より自己犠牲的な人物であれば、きっと、自分が追いつけないほどに早くその命を燃やしてしまうだろう。
 彼としては、それは是が非でも避けたいことだった。

 結局彼は、バーサーカーが何を望んで召喚を受け入れたのかまるで理解していない。
 壁の文字にはああ書いていたが、バーサーカーが本当に道具として使い倒されることを望んでいるかすら分からない。
 もしかしたら、自分に気を遣ったのかも知れない。

 そんな不確かな状態でバーサーカーを死なせるなど、彼にはできなかった。
 最低限、何故自分を大切にしないのかを知ってからでないと――――きっと自分は、また一人の命を背負うことになる。
 犠牲の上に、生き続けることになる。
 それではまるで、かつて自分が嫌っていた、ウィッチクラフトの儀式そのものではないか……。

 「……」

 バーサーカーは、きっとサッシャを思いやって『道具』の言葉添えをしたのだろう。
 しかしその言葉は、かえってサッシャの意識を硬直させてしまった。

 黙り込むサッシャを見て、バーサーカーは溜息をついた。
 まるでサッシャが考えていることを、全て見通しているかのように……。


            、`  -‐==ミミミ,ィi〔三Ξ‐-ミ、 `ヽ、`、
           、`_、丶 ,心//////////ミh、ミh、`ヽ、 `、
             /  、`/////////////////心`ヾ、  ゚。 `、
         ,  ∥ ,゙ {/////////ト、マ心, ヽム  ` .,,乂 ',
           {  jj ゙ レ'/ V/// {ヽ ヽ寸ハ  Vミ=‐ ゚。 i} 、
           } } jj ノ _ノ 乂ノノ'从 \ '/Vリ i} j  } ! }iトー-  ゙ . 〃               (聖杯戦争は、少なくとも思っていたのとは違っていた
        ノ j {ⅱ    / ノ ヾh、  j}   } ; i  j {j jリニム゙,:;´_ ゜, '′
        ー'゙イ゙从     ´ i  i{    ,  ,゙ ,゙ 八 V/'ニニニ∥((う) ;;′ '′
             乂レ'\ 、 i{  Vノ i|  ,゙ ,゙ 人 ノ/ ノノヘ乂二二∥ ミ=彳 7=-、              僕の命ならば、何の躊躇もなく危険に晒せたのに……
           ノ人ミ、} `弌  ヽノ / / ∠イ イ´ _ノニニニ∥ -′ /ニニ心,
             ,ニ二ノ 人 `'ー- ∠/ '´u ノノ匕二二ニニ∥ jァ` ,心二ニニム
           ,ニニム|  ̄`` ̄`       '¨7ニニニニニ| ,:'゙ ,ィi{二ニニニニム                ペ    ア
            {ニニ二|__,,.        / ,心二二二ニニ|,.ィi{ニ彡' }ニニニニ            『サーヴァントとマスター』でないと戦いに参加出来ないというのは、
           やニニ二}h、ーニ=-  _ィi{_,,.ィ(ニニニニニニ㌻``_,,.、-'''```  _,,フ_
                やニニニニ心、 _,.ィ(ニニニニニニニニニア  '゛  _,,.、、-‐=ニ二二
            寸ニニニニニニニニニニニニニニニ㌻/   ‐-===--――‐-=
              }ニニニニニニニニニニ二二二㌻   -‐",,..  __,,.. -‐…ァ二          どうにも、僕には、厄介だ……)
                `寸ニニニニニニニニニ二二㌻        ´  __,,,,. -=ニニ二
              ヤニニニニニニニ|''‐=ニア/,     '''ー   マニニ二二二二

                  寸ニニニニニ二二}  ,心/∧     _,,. - 、、..,,,_  ̄-ニ二二ニ
                   寸ニニ二二二心、,心////}h、,,ィ劣ニニニニニニ=ー-'ニニニ

 ともあれ、エーブリーへの何らかの連絡は必須だ。
 いくらアサシンを警戒するとはいえ、彼らは同盟相手。
 未だ全貌が全く見えない敵陣営に対抗するには、彼らとの協力は不可欠だ。
 全てを明らかにしないまでも、ある程度は伝えなければ話にならない。

 エーブリーの方も、一通り終わった頃合いだろう。
 日が沈み、夜になれば戦争が始まる。とすれば、情報交換の場は遅くとも夕食までには設けられる。
 ならばその時までに、身の振り方は決めておかねばならないだろう。

 【安価】
 エーブリー&アサシン陣営にどこまで伝える?
 1、何も分からなかった、と偽る
 2、真名まで伝える
 3、宝具まで伝える
 4、その他

 22:20より↓1 4の場合再考あり

          ,. -─-  、
         /:::::::::::::::::::::::::\
       ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、

       l:::::::::◯:::::::::::::::◯:::::::l          はい、3了解
       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l

        、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/           では今日はここまで。明日もやります
           \::::::::::::::::::::::::::/
             ` ー-   -‐´
          ,≧ト‐v‐≦、
        /.:::〃 ̄`ヽ:::.\           多分明日はもうちょっと長めに

          /.::::::::|' l/| ) ミ|::::::::.ヽ
       〃:::::::::j┐ 「/⌒ヽ::::::::i
       f::::::¬' `ーへ  }ゝ:::l
       {::::::::::{{、 ,,_ノ:トr_ノ::::::::〉


 「……なるほど」

 迷った挙げ句、サッシャは全てを明かすことにした。
 アサシン陣営は、今見えている中で確実に味方と言える唯一のものだ。如何にそのサーヴァントが不審であったとしても、それをないがしろにすることはできない。

 そして、夕方、食堂にて。
 サッシャからバーサーカーについての大まかな概要を聞いたエーブリーは、少しほっとしたように眉を落とした。

 「『ドウジョウホウシ』という英霊に心当たりはない……私も東洋には詳しくなくてね。
 文献を漁ればそれらしきものが見つかるかもしれないが……まあ、英国で一般でないということは情報が露見しがたいということ。
 悪いことではない……」

 食卓には、簡素な食事が並んでいる。今から動くのに、食べ過ぎるのは良くないという判断だろうか?

 「性能も良好……少なくとも戦術を大きく乱すような癖のあるタイプではない。
 なるほど、どうやら君は強運の持ち主らしい」

 「はは……良く言われます」

 強運。サッシャは確かに、そう言われることが多かった。
 幾たびの戦場を駆け抜けて尚、死ぬどころか重傷さえ殆ど負ったことがない。
 勿論サッシャ自身が培ってきた戦場での立ち回り方がその戦績に与していることは言うまでもないが、
 それを含めた上でやはりサッシャの生存能力の高さは特筆に値する領域だった。

 人はそれを強運と呼ぶ。サッシャはそれを悲運と呼ぶ。
 なるほど確かに生きたいと思う人間が生き続けられたならば、それは強運と呼べるだろう。
 だが、生きたいと思わない人間が――――そこまで言わずとも、他人を犠牲にしてまで生きたいとは思わない人間が――――
 ただ生き残り続けることを、強運と呼ぶのは適切だろうか?

 誰かを犠牲にするくらいならば、自分を犠牲にする方がいい。サッシャは常々そう思っているのだが、意識しながら立ち回っても、何故か周りばかりが犠牲になる。


 「……それで、女史の方はいかがでしたか」

 サッシャが聞くと、エーブリーはまたしても大げさに溜息をつく。

 「……」

 「……駄目、だったんですか?」

 「いや、聞き出すことはできた。が……」


                    _.. -====- .._
                  ,.ィニニニニニニニ>._
                ,ィニニニニニニニニニニニ\

                  /ニニニ>ニニニニニニニニニ:.、
               /ニ'/ニ/ニニニニニニニ≧ュ.ニニ\
                {ニ//ニニニニニニニニニニニ≧、ニヘ
               Vニニニニニ二ニ=ニ二ニニニニニヾニ           だから最初から言ってただろ、てめーじゃ扱いきれねえって
               ハ^Vニ>‐<:ヾ:.:.|:|:.:/.:::>-<ニニニニ Ⅵ
                 /ニム_У     \Ⅵ:|.:':/    .i、ニニニ}|
.                {ニニ/Ⅵ '´ ̄ `・、 \/,,.. -‐¬_ 圦ニニ7           ある程度自分で戦える武闘派じゃねえと、俺を活かしきるのは不可能だってよぉ!
                ヾニ{ ';!ヾ¨.r≧:、`  ´ ,:≦、¨フ' 爻\ニ/
                   圦 ', `‘…'' ′i   '`…' ´ ;爻 ハ:′
                    j:.ハ._:      |       ,'」Xイ:{:{
                 ,.イ:/:/:.:∧  rt‐-- -----ヵ /:!:爻:、圦
.                 '¨7:/.:./:.i:.i:.、ヾ>く´`'^'^'゙/ ,.:i:.:|:.爻:.:V:.\
              /:/.:./.:.:j:.:.}.У ,r'ァ⌒!一'゙,.イ :|: |:.:爻:、}ト-、}

                 ー'ァ'.:.:/!:.:. rく::| .ト/ /_,./ヾ:!:.|: |:.:.爻 圦 ′
            ,ィ彡ル' ノ.:.:.ノ j';  `'  {_/ /トミ:|ヾ:八爻ヾム
                '⌒7´ {:/〈  {.,'         (_/ 圦 \\ V
          ,. -=≦7   ′.', /         / }ヾ!   ヾ}  マュ._
        /ニニ二=/      . ',         /´__,′       V=ニ:≧ュ.
        /><   ,'         ',         ,' '´ ./    ___   \ `ヾ℡、
       ./~/   \{__,. ・´ ̄ ̄:/     /   /    /     `¨¨´   ヾ:ヘ
      {ニ!  、   ヽ   ,.>-:/      /:――/  //         、 i!  ′ マム
     ,ィ~ア¨ヽ \  Ⅵ r'", '     ,イ\_,==、/ / /_____} i ,'   }:|:{

 唐突に現れるアサシン。アサシンなのだから唐突なのが自然ではあるのだが、この男の場合、闇に潜む暗殺者というキャラではない。
 妙に自己顕示欲の高いその言動は、目立つことを避ける暗殺者と対極に位置する。
 サッシャは毎度の如く、若干の違和感を感じていた。
 武闘派……言葉の響きからするとまさに自分のことのようだったが、敢えて口に出す気にはなれなかった。
 何が藪蛇に繋がるか分からない。

 「……アサシンの能力というのは、結局何だったのですか?」

 「この男は暗殺者ではない。否。暗殺者ではあるのだが、実際に誰かに手を下したわけではない」

 「失敗した暗殺者ということですか?」

 「違う。殺すこと自体は成功している」

 「それは一体――――」

 「この男はな、『英雄を使って』『怪物を殺した』ことで英霊の座に上り詰めたんだよ」

 「……!」

 英雄を用いて怪物を殺す。
 そして、召喚時に用意された聖遺物――――その二つから導き出される英霊の名を、サッシャは、一人しか知らない。

 「ファフニールの末弟、そしてかの大英雄ジークフリートの育ての親、レギン……!」

 宝物を奪われたことを恨み、取り戻すために大英雄ジークフリートを育て上げ、自身の手駒へと仕立て上げた。
 そして自らの兄であるファフニールを、未来の大英雄を用いて葬り去った。
 自身は強い力を持たないながらも、伝説上に英名を轟かせる英雄と怪物の両名を、自らの望む通りに動かした。

 なるほど確かに、彼はアサシンのクラスにふさわしいだろう。
 怪物の暗殺に成功した英霊など、史上においても数えるほどしかいないだろうから――――。


             ,..=-zzzzz=、_
          _,,.ィ////////////>,.
       ,ィ/////////////////////>、

      _////---==、//////\////////}
     r'///////////`ヾ///≧,ミ、//////{
     |/////////////////////≧ュ、///}
     |//,.ィ:!ァ:ア¨¨`ー-=ニ./////////∧r''゙
     |'∥、:|':/    /  ヾ==ァ-ミ'//∧
.     ヾトミ:/   ,.ィ'´ }!   `爻'^i }:=-≧=z--z==-、

       '.  ,、`¨´ヾ'- ''゙    爻_ノ:!ヾ:、:.\:=-≦.._
       `ヾ._',       ,.ィ   爻'|:l:{:.{:{:.:、:`ー:.:≧==ミ:、           その通り
          V__   ,.ィ!Vj   ,爻 、:ヘ:、:ヾ ヾ='-、   `
          `<!x≦シ'   / 爻 ヾ}、:、:.{`ー、}                ……ようやく、恐ろしさに気づいたみてえだな
           r=彡'^ヽ.__ .ィ  爻 /' V}'`ー \_
         / ̄  }:l:l::ヘ   ヾ!.'   }!     V≧z.、_
         <      ノ'゙}:l:l:ハ   /   ./      V-==ニ≧=-、
      ,ィ≦三≧:、    ヾ{ !       /   ___.ゝ ,  `ヾ.へ
     //     |\  | ̄ヽ r- フ  /´      / _   V∧
    i'゙ {  i!  ___ ヽ  、     , ' /       \ .′ 、  ̄ ̄ヾム、
    {   、 {i!r・'´/ `・、 マ~ ̄~/ /---------┐  }  ` ・ ._  ヾヘ
    r}  ヾ}|.| /L...,  }!ヽ}、___,/ |        |  { \     ̄ 弋\
    ||\ ヽ| \フ/ /  |r┐| | |' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|-=|_  \     `ヾ:.、
    ||  \ i!   ̄    |!」'.」 | |     i{⌒}i  |   `ァ:、,,_       ∨:、
  ,r= リ    `!| ̄ ̄ ̄ ̄! ト||-| .| | r==、  ̄  |  /|  \>.、       ヾ:\
  | {ー---- ヘー ―― ┘ [.ロ ]  | | {!×}}    j/ /    ヾ `      \\


 「……いえ」

 とは言うものの、彼が際だった戦闘力を持たないという事実には変わりなく――――寧ろその裏付けが取れたとも言える――――
 その事実はサッシャを驚かせたものの、アサシンが言うように、サッシャにアサシンに対しての畏敬を抱かせるには至らなかった。

 大英雄を道具のように用いて怪物を葬ったと言えば聞こえはいい。
 しかし結局彼がやったことといえば、純朴な青年を騙したという、ただそれだけである。
 偶々その青年が、怪物を葬るに足る力を秘めていたと言うだけで――――彼自身は何もしていない。

 (寧ろ、何ができるんだ……)

 「続きを話そう。真名はその通り。そしてレギンはファフニール暗殺の黒幕だったが、同時に凄腕の鍛冶でもあった。
 ドワーフという種族が共通して持つ性質だが――――その中でも群を抜いて、だ。
 故に彼には、優れた刀剣を作り出す技能がある」

                , - ´  ̄ ̄ ̄ `丶 、
              ./´//////////////////\
              ///|//, ///// , - ─ =  ̄` 、
            ////∧/////////_/////////⊆二 ヽ、                                     こいつ

           ./////////////// |.|//, - '''  ̄ ニV ` - ヽ         説明しようと思ってでてきたが、だいたい全部マスターが言っちまったか
            \/////////////::/  ` 、 \;;;ヽ | / ̄ ` ヽ
             \/ |/////, /ヽ:::/   l 、\ | | ヽ/ 三 ̄|       ん、まあ、要するにそういうことだ。『幻魔大剣』は知ってるな? 俺の代表作ってことになってるが……

               `