京太郎「君が望むレジェンドに」灼「その2だとおも...」 (370)


 《はじめに》 

 このスレは咲の二次創作スレです。
 
 主人公は京太郎となっています。

 苦手な方はブラウザバックをお願いします。

 安価は基本ありません。 (ただし、ある時があります)

 メインヒロインはアラチャーです。(あらたそ?)

※阿知賀は共学という設定です。

※ここの京太郎はかなりロリコンです。 

 それでも構わないという方はお付き合いください。

 荒らしはスルーの方向でお願いします。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1461762485



いきなりですが、安価があります。


人いますかね?


ありがとうございます!

一応前スレです
京太郎「君が望むレジェンドに」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1452778951/)


じゃあ、始めていこうと思います!(遅いのは許して下さい)ペコペコ



【ガールズトーク】


晴絵「女4人で!」

望「ガールズトーク!!」

理沙・はやり「「イェーイ!!」」


望「えーっと......このコーナーでは私達4人が色々なことを話すみたいですね」

はやり「色々ことって言われてもねー」ウーン

理沙「難しい!」プンスコ


晴絵「と、とりあえず麻雀のこと話しますか...」




4人「「「......(麻雀でなに話せばいいの?...)」」」




望「そういえば全国では結局小鍛冶さんが...「「「あーー!!」.........」」」


3人「「「聞こえなーい!!聞こえないなーー!!!」」」ブンブン





望「......麻雀の話終了でーす...」




望「次は......こ、恋バナらしいです///」カァー

3人「「「...」」」




晴絵「恋バナって言ってもねー...私達そんな経験が...」

はやり「ちょっと!達はやめてよ!」アセアセ

理沙「失礼!!」プンスコ


晴絵「じゃああるんですか?」

理沙・はやり「「......」」



望「わ、私も京太郎くんぐらいしか///」プシュー



3人「「「(京太郎(くん)とのなら確かにある...のか?)」」」ウーン





晴絵「......だって京太郎ロリコンじゃん...」ハァ


はやり「わ、私もロリとして...」

理沙「キツイ!」プンスコ

はやり「」ガーン


望「じ、じゃあ第1回、ロリコンの同級生を振り向かせるにはどうすればいいか!!......なんてどうかな?///」


3人「「「......なるほど...ナイスアイデア!」」」グッ



晴絵「でもアイツ筋金入りのロリコンだよ?......」

はやり「うーん...私は思いつかないなぁ...」

理沙「同じく!」ブンブン



望「....誰も思いつきそうにないので他の人に頼ろっか...」

3人「「「」」」コクコク


望「あ、>>10さんから意見が来たよ!」

ksk





望「えーっと......『まずはスキンシップを増やす』...だって」


晴絵「スキンシップねぇ......京太郎からなら凄く多くない?」


はやり「確かに、この前撫でられたぞ☆」


理沙「(ほ、ほっぺつんつんされちゃったし!///)」テレテレ



晴絵「でも望は結構してるんじゃない?」

晴絵「ほら、膝枕とかしてあげてたじゃん」

望「え!?///そ、そうなのかな///...」モジモシ


はやり「それ!どういうこと!」

理沙「詳しく!」プンスコ

望「え、ええ...」アワアワ



晴絵「まあ...でもスキンシップするっていっても何をすればいいのかな...」ウーン


はやり「だ、抱きしめる///...とか?///」カァー

理沙「む、無理!///」プシュー



望「.........そういえば...前に......」




京太郎『撫でるのもいいけど!!』

京太郎『たまには俺も子供達に撫でられたいんだぁぁああ!!!』ウォォオオオ




望「......って叫んでたよ...」ハァ


理沙・はやり「「...」」



晴絵「うん、無理だね!」キッパリ



晴絵「とりあえず保留ということで......じゃあ次は>>15さんから意見だね」




幼児化してみる






晴絵「えーっと......『幼児化してみる』...ってナニコレ...」




望「幼児化......ってつまりは幼くなればいいのかな?」

はやり「そんなこと出来ないと思うんだけどな...」

理沙「無理!」プンスコ





晴絵「うーん...とりあえず幼児化って言っても年齢がわかんないから...」

晴絵「具体的には>>19歳かな」

9歳




望「......『9』歳って...以外と普通なとこきたね」

はやり「正直もっと下が来ると思ってたぞ☆」

理沙「メタ発言!」プンスコ




望「でも9歳だと、1番上の宥ちゃんより上だよね?」

※ここの世界では宥(7)です


晴絵「確かに...だいたい小学3年生くらいだね」



晴絵「とりあえず、9歳になった自分を想像してみようか」


はやり「なんか悲しくなりそう...だけど...やるよ!」フンス

理沙「やる!」プンスコ


4人「「「」」」ポワポワ


[望の場合]


京太郎「よしよし」ナデナデ

憧「えへへー///」ニパー



望(9)「......いいなぁ...」ジー

望「(でも...憧よりもおねーちゃんだから我慢しないと...)」ウルウル



京太郎「」ピコーン

京太郎「望、そこにいたのか」クルッ


京太郎「ほら、こっちおいでー」ポンポン



望「お、お兄ちゃん!」ダキッ


京太郎「どうした?」ナデナデ


望「.....憧ばっか構っちゃダメ!」

望「私も...私とも遊んで!///」



京太郎「ごめんなー、よし!一緒に遊ぶか!」ギュッ

望「うん!///」ニパー




[晴絵の場合]


京太郎「ま、また負けた...」ガクッ


晴絵(9)「へへーん、兄ちゃんは麻雀弱いなぁ」ニヤニヤ

京太郎「お前がつよすぎるんだよ...」ハァ



晴絵「わ、私が勝ったんだからな!///」

晴絵「約束の...その///...」モジモシ


京太郎「分かってるって」


京太郎「ほら」ギュッ

晴絵「///」カァー


京太郎「しっかし...もっと違うお願いでもいいんだぞ?」

京太郎「ほら、新しいゲーム買ってとか...」


晴絵「わ、私はこれがいいの!///」

晴絵「(に、兄ちゃんに抱っこしてもらうの凄く好き///)」テレテレ


京太郎「......そうか」ナデナデ

京太郎「お前はかわいい奴だなー」ニコニコ

晴絵「///」プシュー





[理沙の場合]


理沙(9)「お兄ちゃん!」プンスコ

京太郎「どうした?理沙?」


理沙「...」プンスコ

京太郎「ああ、本を読んで欲しいのか?」

理沙「」コクコク

京太郎「分かった分かった」ニコニコ

京太郎「じゃあおいで」ポンポン

理沙「お兄ちゃん!」パァー


京太郎「......そこでサトシは言いました、『チッ...理想個体かと思ったら夢特性じゃねーじゃねーか』と...」


京太郎「そのポケモンは......って寝ちゃったか...」

理沙「ムニャ...」スースー


京太郎「かわいい寝顔だなぁ」ナデナデ

理沙「スヤスヤ...」ニコニコ




[はやりの場合]


はやり(9)「(私は瑞原はやり!小学3年生なの!)」

はやり「(実は私は...)」ティン



『契約のもとはやりが命じる』

『封印解除』!!



はやり「そう!はやりは魔法少女なんだ☆」ハッヤリーン



はやり「(でも最近...困ったことが起きちゃって......)」ムムム



京太郎「はやりー、ご飯だぞー」

はやり「はーい、お兄ちゃん」パタパタ


はやり「(そう...実はお兄ちゃんに恋してしまったのです!///)」カァー







はやり「はやりが魔法少女なのはお兄ちゃんには秘密にしてたけど...」


はやり「......ある日、お兄ちゃんには不思議な力があって敵に捕まっちゃったんだ...」


はやり「でも、はやりがそれを助けちゃうんだぞ☆」



京太郎『はやり...まさか魔法少女だったなんて』

はやり『お兄ちゃん...そうなの...はやりは魔法少女だったんだよ...』


京太郎『そっか...でも、助けてくれてありがとな』ニコッ

はやり『お兄ちゃーん!』ダキッ






はやり「......そして月日は流れ...」



京太郎『俺...はやりのことが......』

京太郎『はやりが...好きだ』



はやり「でも......」



京太郎『俺...留学することになったんだ...』

はやり『そんな...お兄ちゃん......』



はやり「それでも2人は......」



はやり『改めて分かったんだ...私の気持ち...』グッ

はやり『...私のいちばんは お兄ちゃんだよ!』



はやり「そして.....」


はやり『これからは ずっと一緒だよ!』ダキッ

京太郎『ああ!』ダキッ




____________________



はやり「それでねーえへ、エヘヘへ///」ニマニマ


3人「「「」」」ジー

はやり「はやっ!?」



晴絵「あの...妄想垂れ流しになってましたよ...」


望「しかもほとんどカードキャプターさ〇らでしたよね......」

理沙「ほとんど丸パクリ!」プンスコ


はやり「わ、忘れてー!!///」カァー








京太郎「なんか楽しそうだな...」ポツーン



はい、今日はここまでになります。


安価さばくのが遅くてほんとすみません.....(安価スレの人はほんと凄いわ...)


あと、安価に参加してくれた人、ありがとうございます!

一応、これで小ネタはすべて消化したはず!(やってないのあったら是非知らせてください!)

次からは本編に行きますよー


では、また明日〜

乙~
前スレに埋めがてらネタ投下してきました

はやりんが魔法少女か…
中の人的には未婚の母になりそう


>>30 おお、ありがとうございます!

>>31 ゆかりんェ.....



皆さんすみません...今日も色々と忙しくて.....


1レスだけ悪役のシーンっぽいものを投下したいと思います。


アラチャーに優しくボウリング教えてもらって癒されたい.....






???


??『......なるほど...やっと見つけました』


??『場所は........阿知賀?...のようですね...』




??『おお!ついにみつかったのですねー』

??『あらあら...これでだいじょうぶなのかしら?』

??『......たぶん...』ポリポリ

??『.........あんまりたべるとむしばになりますよ?』






リアル優先で良いんよ~
>>34
え?あらたそにタマの使い方を教えてもらって癒されたい?(難聴)






??『はやく.........はやくこの人を...』















排除.........しないといけませんね.....













>>36 ちょっと難聴すぎんよ〜





はい、意味深な終わり方をしたところで今日はここまでです。



凄く短くてすみません...(あと2レスになっちゃった)テヘペロ


次は一応明日になりますのよー


ではまた明日〜



世間は今日(昨日)は祭日だったらしいですね...(ゴールデンウィーク?なんのことだい?)


アラチャー、一緒に料理作ってほしかよ.....あと食べさせてあげるから!(ハァハァ)



.......皆様お察しがつく通り今日は更新出来ません.....すみません.....(白目)


いつもと同じく、小ネタを募集しておきますのよー(せっかく小ネタを消化したのにすぐに補充するイッチの鏡やね!(錯乱))



.......てかもうクライマックス入るしそろそろ終わらせないと...



一応次は明日になります


ではまた明日〜



灼「そろそろ(メインの)出番ほし...」キラキラ
     / ::::::::::::::/7:::/ ::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. |
_人_ ,   .:::::::/ .:/|:::::::::::|::::|:::::::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
`V´  ::::::::::::::::::/_/__.|:::::::::::::|l:::|:::::::::::::::::|:::::|::::::::::::|::::::::::::::::::::::::|
 ☆.. |::::::::|::::::/    |:::::::::::::||:/ ::::::::::::::::|:::::|::::::::::::|:::::::::::|............
    |::::::::|::::::; ィr≠=ミ::::::: |  ヽ:::::::::::|:::::|ヽ::::::::|:::::::::::|::::::::::::|    |

    リ:::/|:::/:| {f __)。/ハX ̄     ィr==X  ̄||:::::::::::|::::::::::::|   ―  ―
    /V::::V::::|  i{////l|}      〃__)//ハ\ |:::::::::V:::::::::::::|    |
.   ,../:::::/:::::::   乂ーcソ       i{/////}  }〉:::::::V :::::::::::::| _人_
   j/|::::::|::::::::| // /        弋ーcソ / |:::::::::, .:::::::::::::| `V´  _人_

    |::: |::::::::        ′    /// / ,.::::::::, .::::::::::::::|       `V´
.    '.  |::::从                   ..:::::::/ノ:::::::::::::::
     ,\|:::::::| \     ,⌒ヽ         /::::::::/:::::::::::::::::::;
    /|  V::::|  \   L  丿       /ソ:::::/:: /:::::: /:/}〉
.   .: |   \{     >         <  /:::::/、::/7::/}/
  .::  ||   ─ 、   {i   ー    /     /::::/  \:/
  ノ   ||/  /ヽつ∧  ̄ヽ ,─-/     /::::/     \
. /    ||    ⌒ヽ ∧     /  rーγ⌒ヽ      人
/     |    ,⌒ヽ .∧   /    Y⌒\ |    /   ヽ

(来れないって)予想はしてたよ~

(一人、また一人と京太郎に堕ちる永水ロリ)
小さいながら恋心を自覚し、「共にいてほしい」と涙を流しながら
京太郎を元の世界へ送るも、自分もついて行ってしまうロリ小蒔

今日も無理かな~?

穏乃に誘われて山に行くも急な雨で山小屋に避難
その後、風邪をひかないように体を拭いたり温めたりする


>>41 予感とは.....やはりトキ!!
うーん...これどうしようかなぁ...(本編にしたらむちゃくちゃ長くなりそう...)
まあ、多分小ネタとしてやると思います。

>>42 すまぬぅ.....色々ありまして...
?「身体を暖めるのは裸どうしがいいんだよ!」ハァハァ



本当にすみません.....GWで実家に帰ったりと色々とありまして.....


多分、3.4あたりまでは色々とありますので更新出来ないと思います.....本当にすみません.....


なるべく早くは続きを始めていきますので、すみませんがよろしくお願いします。


いつも通り、小ネタは募集しておきますねー


では、また後日に〜



京太郎「ちょっと待って!最近ロリを愛でてないやん!」
: : : : :/ : : : : : :| : : : :|.. : :. ゙、: . ゙、゙、. \
: : : : : |. : : : : :i |: : : :i:|. : : : ∧: :、.i. .i: : . ` 、
.: : : : : !: : : : : | |、: : :| | : : i | !: :|:| : |:、: : : : : : >
: : : : : :| : : |: i 「! ヽート!、: : リ  !: |ハ: ト : | ̄ ̄
.: : :,..-、|: : :i: :|: !゙、 _、!二゙、-| イ: リ ! |ヽ:|
: : / へ.゙、 :丶ヾヽ<´{::::i` ヽ! 1!|:/| :!ノ゙、リ

: :ヽ    \ : :!丶   ̄     Vイ:ハ |\:i
.: : 丶    \゙、        `> リ  `
ヽ: : :`┬ 、  ヾ          /
  i: ;ィノ    U     ,....-ィ /
,,:‐レリ    _       ̄ /
゛=!_    \ `ー-、_  _/
::::::゛== 、 \   / ̄ヽ、
::::::::::::::::::::::゛===-、    >

>>1「許してぇ!お仕事クビになっちゃう〜」ペコペコ

了解~
>>43 日跨いで書き込みがなかったから、さすがにね~
本編でやったら、メインロリイン・小蒔ちゃんになっちゃうし>>1の次作に期待

ロリに飢えた京太郎が同年代を愛でていき、
理沙さんに行き着くもハルちゃんがあらたそを連れてくる

霞さん(ロリ)を見て時の流れの残酷さに涙する京太郎

おもちなんかに絶対負けない!!(キリッ

おもちには勝てなかったよぉ……ってなる京太郎下さい

こっちの世界の京太郎にロリの素晴らしさを説いて、華奢な子好きにするんだじぇ~

今日も無理かな~?

長野への引っ越しが決まるも、京太郎と離れるのが嫌でしがみついて泣き出す和


_|\○_(開幕土下座)


一週間ほど空けてしまい申し訳ございません!!!

(なんでゴールデンウィーク明けってあんなに仕事あるん.....アラチャー助けて.....)


3.4とか書いていたのに本当にすみません.....お兄さん許してぇ...



>>44 あ、アンマリキタイハシナイデホシイノヨー...(小声)
ちょっとアラチャーがお薬みたいになってんよ〜

>>45 時間の流れってのは本当に残酷なんだよ.....(ため息)
(つまりだな.....はっちゃんは最強ってことだよ!!)
.......でも1スレ目で霞さん(精神年齢だけ幼くなった)かわいがってんやでぇ...(ステマ)

>>46 やっぱりおもちが最k.....うわなにをするやめ.....ヒンヌーコソサイキョウナリ...

>>47 あかん.....京ちゃん(清澄)がドン引きしてしまう.....
(それめちゃくちゃ面白そうやんけ!)

>>49 すまぬぅ...遅くなってしもた.....
のどっちは京太郎に会いたくてインターミドルを目指すんですねわかります!!



はい、今日は更新しますよーー!!


今から頑張って書き溜めしますので(捗るとは言っていない)少々お待ちください。


多分いつもと同じぐらいに投下開始します。

(小ネタ2つぐらいやってから本編をやろうと思うのでよろしくお願いします)


ではまた後ほど〜



お待たせしました〜

今から投下していきますーぅ

(途中で寝落ちしたらごめんなさい.....)



では、いつも通りすろうりぃすろうりぃで初めていきますよー


【穏乃と雨宿り】



穏乃「京太郎!こっちこっち!!」タッタッタ


京太郎「おーい、あんまり急ぐと危ないぞー」


穏乃「平気へいきー......あっ!」グラッ


京太郎「穏乃!!大丈夫か!?」ダッシュ



穏乃「うん...大丈b...いたっ!」


穏乃「いたいよぉー」グスグス

京太郎「あー、こりゃ捻ってるな......」アチャー


穏乃「グスッ...ヒック...」グシグシ

京太郎「大丈夫大丈夫」ナデナデ




京太郎「」カガミ

京太郎「ほら、おんぶしてやるから」

穏乃「う、うん」ゴシゴシ



〜〜〜しばらく後




穏乃「あ、雨!」ユビサシ

京太郎「げ!まじか...」


京太郎「(穏乃に風邪をひかすわけにもいけないし......どこか雨宿りできそうな...)」キョロキョロ



京太郎「お、あんなところに山小屋が」

穏乃「ひみつきちみたーい!」





京太郎「ほら、風邪ひいたらいけないからしっかりふかないと...」フキフキ

穏乃「くすぐったーい!」キャッキャッ




───10分後───



ザーザー




穏乃「うぅ...」ブルブル


京太郎「(マズイな.....雨のせいで気温が低くなっている......)」


京太郎「(しかも雨に濡れたこともあり、穏乃の体温がかなり下がっているな...)」ウムム




京太郎「穏乃、ほらこれ羽織っとけ」スッ


穏乃「え...でもこれ京太郎の...」

京太郎「いいからいいから」





京太郎「(これでなんとか......早く雨がやんでくれたらな...)」

穏乃「......だめ!京太郎もさむいでしょ!」グワッ

穏乃「ほら!これきて!」

京太郎「いや、俺が着たら穏乃が寒......」


穏乃「それでねー!私はココ!」スポッ


穏乃on京太郎胡座


穏乃「こうすればいっしょにあったかいよ!!」ニパー

京太郎「そ、そうだなー...」アハハ


京太郎「(望達が居なくて良かったぁぁああ!!)」ドキドキ



穏乃「きょうたろー!もっとひっついてよー!」ムー

京太郎「こ、こうか?」ダキッ

穏乃「ん......えへへ///」ニコニコ


京太郎「(はい天使ー、家(ry)」





穏乃「(雨って山にのぼりにくいからあんまりすきじゃなかったけど...)」


穏乃「雨もあんがいわるくないかも!」ウェヒヒ



【飢えた京太郎】



京太郎「......最近子供たちにあえてない......」グスン


京太郎「(何故だ!!俺はいつも通り近所の小学生の通学路をパトロールしているのに...)」


京太郎「(どうして......どうして会えないんだよぉぉおお!!)」ブワッ




>>1「(悔しいでしょうね)」フフフ

京太郎「(>>1テメェ!!)」

____________________


晴絵「あれ?京太郎じゃん」

望「どうかしたの?」


京太郎「晴絵...望......」フラァ


晴絵「ちょ!大丈夫!?」アセアセ

望「凄く体調悪そうだよ!」アセアセ



京太郎「(駄目だ......もう我慢できん......)」フラフラ




京太郎「よしよ〜し!!もーっと自分に頼ってイイのよ!!」ナデナデナデナデ


晴絵「ふぁっ!?///」カァー

望「ふきゅ!?///」カァー



京太郎「(無言のナデナデ)」ナデナデナデナデ


晴絵・望「「///」」プシュー




京太郎「(まだだ...まだ満たされぬ......)」ウゴゴゴゴ

____________________


はやり「あ、京太郎くんだ☆」


京太郎「」クルッ


はやり「こんなところでぐ......ってどうしたの!?凄く具合悪そうだよ!?」アセアセ



京太郎「は、はやりさん...」フラフラ


京太郎「よしよしよし!!はやりちゃんはいい子だねー」ナデナデナデナデ


はやり「はやっ!?///はややややっ!?///」カァー


京太郎「(無言のナデナデ)」ナデナデナデナデ

はやり「はややはやはや///」プシュー




京太郎「(.......こんなんじゃ......こんなんじゃ満足出来ねぇぜ......)」

____________________



理沙「京太郎!」プンスコ

理沙「大丈夫!?」ブンブン



京太郎「理沙さん......えいっ!」ダキッ


理沙「な、何ごと!?///」カァー



京太郎「理沙さんのほっぺたつんつん!!」ツンツン

京太郎「理沙さんかわいいかわいい!!」ナデナデナデナデ


理沙「!?///」ボンッ



京太郎「(やっぱり理沙さんを......最高やな!!)」ニコニコ



理沙「(こ、これはまさか私の1人勝ちが来た!?///)」プンスコ

____________________


晴絵「.........理沙さんを助けないと!(使命感)」グッ

望「(絶対に自分に来なくなったからだね.........マアワタシモオモシロクナイシ......)」フフフ


はやり「でも方法があるの?」




晴絵「私にいい考えがある!」

はやり「それフラグにしか聞こえないよ!?」アワアワ

____________________


晴絵「というわけで連れて来ました」


灼「ど、どうも...」

灼「(や、やっと出番...)」ウルウル


望「なるほど...これなr「あらたぁぁあああ!!!」......」


京太郎「会いたかった!!会いたかったんだよぉぉおおお!!」ダキッ

灼「い、いきなりなんて///」プシュー

京太郎「ウワァァァン!!」スリスリ

灼「あっ///......き、京ちゃん///...」カァー



晴絵「オラァ!」ドゴッ

京太郎「ヒデブッ!」バキッ

望「さすがにこれは見逃せないね」ニッコリ

京太郎「あわ!?アワワワ!?」アワアワ

灼「///」モジモジ



〜〜〜しばらくお待ちください



京太郎「」チーン




はやり「これはひどい...」


理沙「(...........私こんな扱い!?)」ガーン



すみません、今日はここまでになります.....


あ、明日からは本編進めていきますのよー(今日は小ネタだけで力尽きたなんて言えない...)



あと、かなり待たせてしまっていたのですが、反応してくれる人が結構居てくれて凄く嬉しかったです!ありがとうございます!!
(これからも頑張っていきますよー)



次は一応明日になります。

ではまた明日〜



すびばぜん゛!!じごとの関係で今日は更新できそうにありません.....


アラチャーにネクタイしめてほしい.....あといってらっしゃいって言ってほし.....


あと、小ネタや質問等々も募集しておきますね〜


.
明日は頑張ります!!


ではまた明日〜


京太郎「最近仕事忙しすぎんよ〜」

                ,. --- 、        ____
                  /,  ´ ̄ ̄` '⌒´     \
           、_/_/⌒ヽ , /            ヽ
            ,---、  / //    :       ヽ :.
           ,  / ̄-/ /' {   | |       | :
          / __   ̄,./ /-' l| l | |___ l |    |
            .:' /   ,イ _| | |ア__l { { | / }`| |    |
       /       ,:´ | { | l\{从 ∨ィ斧ミ、 |    |
    /\'´        /{  | 从{__,. \∨Vソ }イ ト、 ∧{
    ////\ r---  ´八 !∧  ̄   ,:  :.:.:  }/ノ/ リ
.   ///////\      \}∧         u 八/
  //////////〉        込、  __    ,.: /
  ///////// /          }>、   ` イ |从
 ,'//////// /   _      /--、l ` ̄ :,   |--、
.///////// /  イ/////\   {////}   /  「///|
'//////// /´// {////////ー '|////|   ,   |///l|
///////////// |l///////////ヽ// \    |////> 、
////////{/////{!/////////////////}--- /////////> 、


了解~
仕事ないと生きていけないからね

ジューンブライドについて盛り上がるハルちゃんたちと、はるか彼方で悪寒を感じるすこやん


>>68 社会人は辛いですよね.....
ここのすこやんまだ18歳なのにww



すみません.....昨日更新できませんでした.....


これも全部仕事って奴のせいなのさ!!


はぁ...アラチャーにボウリングを手取り足取り教えてほし.....



今日は更新します!!!しかもひっさびさの本編ですのよー!!


40分ぐらいから投下していきますーぅ



ではしばしのお待ちを〜

____________________
________________





憧「わーい!うみだー!!」キャッキャッ

穏乃「泳ぐぞー!」キャッキャッ



京太郎「あんまり遠くに行っちゃだめだぞー」

憧・穏乃「「はーい!」」


和「ふ、2人とも待って下さーい!」ヒィヒィ






京太郎「(突然ですが、俺達は今海に来ています)」




なんでも......



望『私達麻雀ばっかりで夏休み遊んでないよ...』


『じゃあ皆で海に行こう!』


みんな『『『その意見のった!!』』』




......という経緯により、海に来ることになったのだ




玄「おおーっ!おもちがいっぱいですのだ!!」グヘヘ

宥「さ、寒い...」ブルブル

灼「えぇ...(困惑)」




晴絵「海なんて久しぶりだわー」


京太郎「先輩たち来れないなんて残念だな」ニガワライ

望「仕方ないよ...」






『うぅ...受験生はキツイなぁ...』グデー

『私が提案したのにぃ...』ピクピク

『2人とも全然進んでないじゃん!!』









京太郎「まあ気にしても仕方ない」ウンウン


京太郎「とりあえず遊ぶか!」

2人「「そうだね!」」




京太郎「さて、灼たちと砂で城でも作るか...」
2人「「」」ズコー



晴絵「せっかく海に来たのに泳がないの!?」


京太郎「いやー、みんなのことちゃんと見てないといけないしさ」

京太郎「いいから2人は遊んでこいって」ニコッ




望「うぅ...せっかくかわいい水着選んだのに...」ボソッ

晴絵「望......ドンマイ...」ポンポン





京太郎「あ、そういえば」クルッ


京太郎「2人とも水着似合ってるな、凄く綺麗だな」ニカッ



望「ふきゅ!?///」カァー

晴絵「(ふ、不意打ちは卑怯でしょ!///)」カァー



望「ふきゅ!///ふきゅきゅ〜〜///」ダッシュ

晴絵「あ!望待ってー!」






京太郎「そんなに遊びたかったのかな...?」

____________________



灼「京ちゃん出来た!」



京太郎「おお、凄く大きいのができたな!」


和「が、頑張りました」

宥「砂の上あったか〜い」ポカポカ


京太郎「みんなよく頑張ったな」





京太郎「.....あれ?そういや玄はどこいった?」

3人「「「.....」」」

3人「「「あそこ(です)...」」」ユビサシ





玄「お姉さん達!すばらしいおもちをお持ちですのだ!!」ワキワキ

「なんと面妖な...」

玄「ちょっとだけ!さきっちょだけ!お願いしますのだ!」ハァハァ

「うがー!この子怖いぞー」ブルブル




京太郎「(お前はどこぞの師匠かよ!!)」ビシッ



京太郎「す、すいません!ほら、玄行くぞ!!」ガシッ

玄「ああー、おもちがぁ...」ズルズル

____________________


灼「うきわ...楽ちん......」プカプカ


灼「(京ちゃんがあぶないって言ってたけど...)」チラッ



和「は、はなさないでくださいね!」バタバタ

京太郎「離さないから心配すんなって」ハハハ

京太郎「ほら、しっかり足をバタバタさせて」

和「は、はい!」バタバタ



灼「(ちょっとぐらい遠くにってもいいよね...?うきわだし...)」パタパタ


シュゥウウウウ


灼「(あれ?へんな音する......)」キョロキョロ


灼「(!?う、うきわのくうきが!)」シュルシュル

あ、足とどかな.....



灼「(き、京...ちゃん...)」コポポポ


____________________




灼『ん......ここどこ...?』


あれ......私は京ちゃんたちと海にいたはず......


?『か......して......め......』


誰かの声が聞こえる...


?『すがき......ろを......えし......だ...め...』


.........うーん...よく聞こえな......


灼『.......あれは......私?...』





灼??『スガキョウタロウを返してはダメ...』



え......すがきょうたろう?......




.........もしかして京ちゃんのことなの...?



灼『でも京ちゃんは宮本京太郎だったはず...』


.........いったいどういうことなんだろ......



灼『あの......スガってだれ...?』



灼??『それ......は.........hxdv&・k』



んん......よく聞こえ......な......


灼??『......』スゥー


____________________



あら............し......ろ!!


灼「(......ん....なんだろ......)」


あら...お...し......しろ!!


灼「(......よんでるの...?)」



灼!!しっかりしろ!!!






灼「!!!」ハッ

灼「京...ちゃん......?」キョロキョロ

灼「ここ...は.....」


京太郎「よ、良かったぁあああ!」ダキッ

灼「!?///な、なに!?///」カァー



晴絵「よ、良かった!目が覚めたんだね...」ホッ

望「無事で良かった...」グスン


憧・穏乃・和「灼おねーちゃ゛ん゛!!」ビェーン

玄「灼ちゃん...良かったのですだ!」ウルウル

宥「よしよし」ナデナデ




そうか......私は海でおぼれちゃったんだ......




灼「ごめんなさい.....みんなにじんぱいかげちゃっで」グスッグスッ



京太郎「灼は悪くないって」ナデナデ


京太郎「ごめんな...俺がちゃんと見てなきゃいけなかったのに...」



京ちゃんすごくしんぱいしてくれたんだ..........私のせいなのに......



京太郎「とにかく無事で良かった...」ダキッ

灼「あ///」カァー



.........すごくあったか......しあわせ......


====
===
==



灼??『ソノシアワセヲテバナシタクハナイダロウ?......』




灼「(!?い、いまなにか声が......)」ブルブル






京太郎「大丈夫か灼?」

灼「ん...大丈夫」




帰り道


ガタンゴトン

憧・穏乃・和「スピー......」スヤスヤ


玄「灼ちゃんずるいよぉ...」

灼「ま、まだちょっとこわいから///...」テレテレ


灼on京太郎の膝


宥「あったかそう...」ジーッ

京太郎「また今度してあげるからさ」ニガワライ


晴絵「グガー...」スヤスヤ

望「(う、羨ましいとは言えない///...)」カァー



.........でもあの声......



灼「(.........それにあの人...わたしにそっくりだった....)」



..................いったいだれ......?



はい、今日はここまでになります。


やべーよ...全然進まねぇ.....


そろそろ本当にクライマックスなので頑張ってやっていきますよー!


次は一応明日になります


ではまた明日〜


灼「やっぱり私がメイン...はっきりわかんだね」
            -──
         ィi〔:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〕iト.

.         /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\
.      /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
      ′i:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i|i:i:i:i:i:i:i:i「 、
     l:i:i:i:i|i:i:i:|i|i:i|i:i:i:i:i|i|i:i:i:i:i:|i:iハi:i:i:i:iヾ|   \
     /i:i:i:i:|i:i:i:|卅トi、i从|i:i:i:i:i:|厶斗:i:i:i:}i:i|
    .':i/i:i:i:|i:i:i:|/八i:イ  |i:i:i:i:iハ  |i:i:i:/i∧
    |/:i:i:i;ハi:i扞矛忰   ̄仍矛扞彳i:i:i ト

    |i:i:i: {  |i:i 匁z攵     攵z匁|i:iハi:i:i:i:| }
    |i:i:i:i:i\|i:i| ww    '   ww从| |i:i:i:i|
    |i:i:i:i:i:i从:iト     -─     イi:i:i| |i:i刈
    |ドヘlV}i:iVi:i:℡ュ.     イi」i:|i川,ムイ_′
        ¨¨¨¨/\     {/〕ト. rイ::::ィ¨/〉
           ´{   ¨スl ハ | /:::::ヽニ7′
.      /    、  /ヽ∨:.lУ':::::::::::il::V
      /        ∨\广:.:./\::::::::ノ:/|、
      .′         V¨/\:::ヾ彡' │\
      |     \     }/  }:/ │   l\
.     /ト     l}   /   /’  |   / /
    / __   \|  /   .イ、   |‐   /、
    {/   「 ̄\__|イ   /:.:.:.:\  | ==

乙~
あらたそよりも、何故か乙女している望さんが印象に残る


>>81 灼「なんっ.....だとっ...!?」アセアセ
望さんかわいいから誰かメインで書いてくれないですかね(チラチラ


はい、今日は更新していきますよー(何気に連続は久しぶりなきがする...)


今日は小ネタを消費しますのでそのつもりで...


あと、小ネタに出てくる清澄は本編とは全く関係ありません!例え後に出てきてもそれは全くの別人なのでそこはよろしくお願いします!!


では、半ぐらいからはじめていきますねー

しばしお待ちを〜


【清澄vs阿知賀】


清澄高校



アー、ノドチャン!ヒドイジェ~

ユーキ、チャントシュウチュウシテクダサイ

ノドカチャンハキビシイネ...アハハ...

ヒサ、オチャガハイッタゾ

アラ、マコアリガト


京太郎(清)「(あー、暇だな〜)」

京太郎(清)「(なんか面白いことないかな...)」ハァ


ピカーン!!


京太郎(清)「な、何の光だ!?」アワアワ



京太郎(阿)「......」シュゥウウウウ


京太郎(阿)「あれ?ここ何処だ?」

京太郎(阿)「俺は灼たちと遊んでたはずなんだが...」


京太郎(清)「は?」ポカーン

京太郎(阿)「え?」ポカーン


W京太郎「「俺が目の前に居る!?(驚愕)」」





優希「き、京太郎が2人いるじぇ!」

和「そ、そんなオカルトありえません!!」


咲「京ちゃん兄弟いたっけ?」クビカシゲー

京太郎(清)「いや、いねーよ!?」アワアワ




京太郎「(.....あれもしかして和...?)」ウーン



京太郎(阿)「(てかマジでここ何処だ?......?)」キョロキョロ

____________________


〜〜〜しばらく後


まこ「まあ、とりあえずお茶出しちゃる」つお茶


京太郎(阿)「あ、どうもありがとうございます」ペコリ






咲「......なんかこっちの京ちゃん礼儀正しいね」


京太郎(清)「それ俺は正しくないってこと!?」

咲「」メソラシー



京太郎「さ〜〜き〜〜〜!」グイグイ

咲「いひゃい、いひゃひよきょうひゃん!」




京太郎(阿)「(コイツらなにイチャついてんの?(威圧))」イライラ

____________________




京太郎(阿)「いやー、それにしても」キョロキョロ

京太郎(阿)「周りがみんな美人で羨ましいなお前!」グイグイ

京太郎(清)「そ、そうだな...(雑用ばっかりだけど......)」ニガワライ




京太郎(阿)「特にそこのお嬢さんなんか、凄くかわいいし!」

優希「じぇっ!?///わ、私!?」カァー





久「なんっ......だとっ!?」

4人「「「京太郎(くん)(京ちゃん)がおもちがない人を選んだ!?(驚愕)」」」




京太郎(阿)「はい?......」クビカシゲー

優希「///」プシュー





京太郎(清)「いや、1番かわいいのは和だって!」

咲「.....」



京太郎(清)「なんでこんなやつ」

優希「こんなやつとはなんだ!この犬!!」ガブッ

京太郎(清)「ギャーー!!」


京太郎(阿)「(何あれ....犬呼ばれ&噛まれるとか羨まし過ぎるんですけど!!)」


____________________


久「(いいこと思い着いたわ)」ニヤニヤ

久「ちょっとみんな見てくれる?」



久「ここに全国大会出場校の写真があるんだけども」ヒラヒラ


久「そこのW京太郎くんにはこの中から好みの子を言ってもらうわ!」


W京太郎「「Wつけるのやめて!!」」



まこ「またおんしは変なことを...」ハァ

優希「き、気になるじぇ!」

咲「面白そうですね」

和「私は咲さんのが知りたいです!」ハァハァ





京太郎(阿)「(え....和ってそっち側だったの!?)」


京太郎(阿)「......これからどんな目で和のことを見ればいいんだろう...」ボソッ

____________________



久「じゃあまずは......ココよ!」


まこ「ここは......永水じゃの」


W京太郎「「そりゃもちろん」」


京太郎(阿)「薄墨さんですね!」
京太郎(清)「岩戸さんですね!」



京太郎(阿)「は?はっちゃんに決まってるだろ!!あの無邪気な可愛さがわかんねーのか!!」

京太郎(清)「いや、霞さんだろ!!あのおもちの素晴らしさが分からんのか!!」



京太郎(清)「だいたいあの服なんだよ!!完全に痴女じゃねーか!!」

京太郎(阿)「お前こそ胸で選んでんじゃねーか!!」







久「これは......見事に分かれてるわね...」

まこ「あれ?これうちの京太郎の方がマシとちゃうか?」

和「......確かに普通の男子高校生ですよね...」

____________________


久「じゃあ次は宮守女子ね」


京太郎(阿)「鹿倉さんです!」
京太郎(清)「小瀬川さんです!」




京太郎(阿)「胡桃さんに充電してほしい!」

京太郎(清)「シロさんを養いたい!」



清澄s「「「......」」」アタマカカエ




W京太郎「「ぐぬぬぬ.....」」

____________________


久「姫松」

京太郎(阿)「愛宕さん(姉)!」
京太郎(清)「愛宕さん(妹)!」


久「臨海」

京太郎(阿)「ネリー!」
京太郎(清)「ハオ!」

久「千里山」

京太郎(阿)「怜さん!」
京太郎(清)「竜華さん!」


久「阿知g...」

京太郎(阿)「阿知賀はみんな大天使......イイね?」ゴゴゴゴゴゴ


京太郎(清)「アッハイ」

____________________



久「......じゃあ次は...「やめましょう」......」


京太郎(阿)「もう...やめませんか?......」


京太郎(清)「そうだな...俺もそう思う.」



京太郎(阿)「(咲-Saki-に出てくる)皆凄くかわいいんですよ......それに人それぞれ好みがあります.........それでいいじゃないですか」

京太郎(清)「」ウンウン



京太郎(阿)「ましてや人の好き嫌いにケチをつける......これは絶対にしてはいけない事だと思うんです...」


京太郎(阿)「1番かわいい子.........なんて話題は不毛な争いしか生まないんです...」グッ







久「......そうね...もうやめましょうか」

まこ「それがええ」ウンウン


3人「「(......さっきまでのバトルは何だった(の)(んだじぇ)(ですかね)...)」」




京太郎(阿)「お前のおもちに対する熱い情熱...しっかりと受け取ったぜ!」グッ


京太郎(清)「お前の小さいものを愛するその心...見事だったぜ!」グッ


W京太郎「「俺達は仲間だ!」」ガシッ



咲「(ふぉおおおおおお!!まさかの京太郎×京太郎が来るぅうう!?!?)」ハァハァハァハァ



第3部 カンっ!!






優希「(あれ...最終的にうちの京太郎がロリコンになる流れじゃないのか!?)」ガーン

優希「だじぇ...」ガックシ



はい、短いですが今日はここまでになります。


結構グダグダになってますね...申し訳ない.....


やっぱり他人の好きなものにケチをつけるのは1番しちゃいけないことだと思いますね(ウンウン)


一応次は明日になります



のどっちの小ネタの件なんですが...本来は中2で転校らしくて...

今の年齢層でやるのか、本来通りにやるのかどっちがいいですかね?

意見等々を書いてくれると嬉しいです。


あと、ジューンブライドについての話題下さい!オナシャス!


ではまた明日〜


乙~
好きなものができる前に刷り込めばいいんだじぇ

>>のどっち
みんなの前では理性的に振る舞うも、感情が爆発しちゃう中二の思い出

>>ジューンブライド
日本では、梅雨時期の式場の戦略
ローマ神話の結婚をつかさどる女神の月
欧州では6月は気候が良い、農家の繁忙期が終わった


>>96 なるほど、のどっちは中2でいきましょうかね

.......高校生がこんなこと知ってますかね...(震え声)
(なんか高校生がやりそうなジューンブライドの話題とかありませんかね.....)チラチラ




昨日は最近で1番仕事がヤバかったです...(なので更新出来ませんでした...すみません...)


今日も頭痛が酷いのでお休みさせていただきます.....よろしくお願いします。


明日は続きを書いていきますのでよろしくお願いしますーぅ

後はいつも通りなので(ry



ではまた明日〜

了解~
>>ジューンブライド
6月に結婚すると幸せになれるらしい
結婚式は和洋どっちがいいか
アラフォーになって未婚実家暮らしってきついよね


>>100 なるほど...情報ありがとうございます!
みんなアラフォーに厳しいww


イッチ「今日は更新するぞー」→友「飯食うついでに遊ぶぞ」イッチ「お、おう(明日仕事やけどしゃーない...)」


てなわけでいま外に出ていまして今日は更新出来そうにありません.....すみません.....

俺...家帰ったらアラチャーがお出迎えしてくれるんだ...(白目)


いつも通り(ry


ではまた明日〜

了解~
俺ん家帰ったらアラフォーがお出迎えしてくれる?

(出番の薄い)あらたそがハルちゃんの制服を借りて制服姿をお披露目するも、色々丈が合わずずり落ちる



2日も更新出来なくてすみませんでしたぁぁああ!!orz

あははははは...お仕事たのしぃー!!(白目)

こんな私を叱って下さい!アラチャー!!


>>102 すこやんとかなら一向に構わんけどね!!
裸ワイシャツの原理かな?(すっとぼけ)



今日は更新しますよ〜

でも凄く少ないと思います.....(あと遅いのか勘弁してつかーさい...)


では、ちょっと後ぐらいに更新し始めますーぅ


しばしお待ちを〜

待ってます~
>>103
玄関前で、体育座りで涙目で待ってる理沙さんとか可愛いと思います

____________________
________________


最近、晴絵の様子がおかしい.........


晴絵「くっ...」ブルブル



.........以前は虎のようだった晴絵も......今は人間に怯えるネコのように見える...



望「(私が知る晴絵は......ううん......京太郎が来てから変わったよね.........私もだけど...アハハ...)」ニガワライ



本当にに色々なことがあったよね......

あの晩成を倒して全国出場......そしてそこでも順調に勝っていった......





............そして...







健夜『ツモ...』ゴゴゴゴゴゴ








晴絵「(.......あの準決勝...)」




私も......私もトラウマを克服させてあげたい.........あの晴絵がトラウマになるくらいだもん.......きっと凄く怖かったんだ......





.........でも



晴絵「うぅ...も、もう無理...」ハナシ

晴絵「き、京太郎いる?」ブルブル





.........最近の晴絵は京太郎くんに凄く甘えてるように見えるんだ...



それが悪いとは思わない......けど流石に......



京太郎「晴絵、大丈夫か?」

晴絵「うん...」



多分...羨ましいって気持ちもあると思うの......けど...けど!やっぱり晴絵のことが私は心配だよ!



望「(だって私は.........私は!晴絵が1番の友達だと思っているから!)」ギュッ






私達は手助けすることしか出来ない......けど、晴絵が本当に変わろうとしない限りは何も変化しないよ...

.........私達だけ頑張ってもだめなんだ...



.........人間変わることなんて色々ある......それを否定するなんてしちゃいけない事だと思う...


前の晴絵の方が良かったなんて私は言わないよ......うん、言わない



でも......でも!


望「(晴絵の......晴絵の芯の部分まで変わっちゃダメだよ!)」



だから.....だから私は.......


____________________


望「晴絵......ちょっといい...?」


晴絵「どうしたの望?」




望「ちょっと来てくれる?」

晴絵「?...うん」






京太郎「(...?)」コソコソ

____________________
________________

望「最近、晴絵は少し京太郎くんに頼り過ぎだと思うの...」

晴絵「......そんなこと...ない」


望「無理やり治そうなんて思ってない......けど...けど!」


望「いくら私達が手伝っても...そんなんじゃ...そんなんじゃ克服できないよ!!」


望「だから晴e「望は...」...え...?」


晴絵「望はあの怖さを知らないからそんなこと言えるんだよ!!」

望「...」





晴絵「凄く怖い...怖いんだよ......」ブルブル



望「それは分かって...「分かってない!!」...」



晴絵「わからないよ...私の気持ちなんて...」



晴絵「どんなに頑張っても打ち砕かれた私の気持ちなんて!!」



望「...」



晴絵「望は........望は私が京太郎を独り占めしてるから怒ってるんでしょ!」


望「!?違うよ!!」



晴絵「絶対そうだ!私のことが羨ましかったんでしょ!」

晴絵「望も京太郎のことが好きだ.k..」

パーン



晴絵「の.....ぞみ...?」ヒリヒリ



望「晴絵のバカ!!....グスッ...晴絵のことが...晴絵のことが心配だから!!!」



望「言ってる...ヒック...のに......」ポロポロ




晴絵「あ......のぞ「もう知らない!!」...」


望「もう晴絵のことなんて知らない!!」ボロボロ


望「もうい゛い゛!!!」タッタッタ



晴絵「.........望...」


【次回予告】





望「アハハ!最初からこうすれば良かったんだよ!」ウフフ

晴絵「望.....やめ...て.....」ブルブル


京太郎「望!!やめるんだ!!」



そして選択の時


京太郎「俺は...俺はどうすれば...」


次回、晴絵死す!

デュエルスタンバイ!!


↑完全に嘘です。許して下さいなんでも島村卯月!!


>>104 あぁ^~のよりんかわいすぎるんじゃぁ^~
いや、マジで可愛すぎる(真顔)



すみません...明日は私用がありまして更新出来ません.....本当に申し訳ない...


なので次の更新は明後日になります!



では、また明後日に〜

乙~
>>こうすれば良かった
すこやん召喚?

30分更新なかったから寝落ちしてたと思ってたとか言えない


>>114 すこやんもかわいい!!
すまぬ.....その時は半分寝落ちしてた...



明後日更新とかいってもうこんな日になってしまいました.....本当にすみませぬ.....


あぁ...癒しが...癒しを下さい.....(白目)
(電車通勤辛いよぉ...アラチャー...)


今日は更新しますのでよろしくお願いします。


多分22時ごろからはじめますよー


では後ほど〜

後ほど~
ぶっちゃけこのスレじゃ、明後日=三日後って認識です


>>116 本当にすみません...できるだけ早く更新出来るように頑張ります!!
>>1「来いよ上司!!仕事なんて捨ててかかって来い!!!」



はい、では今から更新していきますねー


今日もすろうりぃでいきますので許して下さいおなしゃす!


ではいきますーぅ

了解~
アラフォー「じゃあ、代わりにサビ残頑張って」

____________________


望「グスッ...ヒック...」ポロポロ



憧「おねーちゃん...ないてるの?」


望「!?」ゴシゴシ

望「な、泣いてなんかないよ!」


憧「ほんと?」

望「うん......」



憧「でも、おねーちゃんいまにもなきそう...」オロオロ


望「...ううん ...大丈夫だから.....」フルフル


憧「うぅーー...そうだ!こういうときは......」パタパタ




憧「いたいのいたいのとんでけー!」ナデナデ


望「え...?」キョトン


憧「おにーちゃんがね、あこがないちゃったときによくしてくれるんだよー」ニコニコ





京太郎『望...』

京太郎『ずっとそばにいるからさ』ナデナデ

京太郎『望もみんなのこと頼んだぞ』ニコニコ






望「あ...」ボロボロ



私......なにやってんだろう......

京太郎くんにもみんなのこと頼まれたはずなのに......







望「(............結局、羨ましいって気持ちが大きかったのかもしれない......)」


晴絵のことが心配なのは本当だった!!...だったけど......



...........心のどこかでは.....京太郎くんが近くにいてくれる晴絵に嫉妬してたんだ...



晴絵だって...凄く苦しいはずなのに......





望「私.....晴絵に酷いことしちゃった......」ポロポロ















私.....最低だ.......

















憧「おねーちゃん晴絵おねーちゃんとけんかしたの?」

望「うん...」グシグシ




憧「じゃあなかなおりしなきゃ!」




憧「あこもしずのとけんかしたことがあって」


憧「そしたらおにーちゃんがね、『けんかしたらちゃんとごめんなさいいわないと』って!」



憧「あこねー!ちゃんとごめんなさいいったからしずのとなかなおりできたんだよー!」フンス


望「...憧は偉いね」ナデナデ

憧「エヘヘ///」テレテレ



私も......私達も仲直りできるかな...




謝っても許してくれないかもしれない.........でもちゃんと謝らないと!



望「(晴絵とこのままなんて絶対嫌だもん!)」




だって晴絵は......




『私にとって大切な友達だから!!』




____________________





晴絵「...」トボトボ




晴絵「(望...最後泣いてたんだよね......)」




.........確かに最近の私は甘えていたのかも...



で、でも...私だって頑張ってるんだよ...


まだまだ麻雀を打ちたいし......露子さんとの約束だって...






晴絵「...」


灼「あ...ハルちゃん」パタパタ


晴絵「灼......今帰り?」

灼「ん...」



灼「......?ハルちゃんどうかした?」

灼「全然げんきな...」



晴絵「うん......望と喧嘩しちゃってね...」

灼「そうなんだ...」



晴絵「(小学生相手になに言ってんだろうね...私は)」ニガワライ





灼「わたしも...」

灼「朝、京ちゃんとけんかしちゃった...」ズーン


晴絵「京太郎が灼と喧嘩なんて珍しいね」

灼「ん...」





灼『京ちゃん...おみそしるにナス入ってる......』

灼『私ナスきらい...』


京太郎『嫌いでもちゃんと食べないと』

京太郎『ちゃんと栄養を考えて入れてるんだから』クドクド


灼『む......』ヨケヨケ

京太郎『こら!よけたらダメだろ!』


灼『私苦手って知ってるのに...』プクー


京太郎『だからこそ克服しないとだろ?』

京太郎『ほら、ちゃんと食べないと...』



灼『いらな!京ちゃんなんて嫌い!!』フンッ


京太郎『』ガーン






灼「......って言っちゃった...」ウルウル


晴絵「あらら...(今日、京太郎が元気無かったのはそのせいか...)」ニガワライ





京太郎「」ヘックシュン






晴絵「でもそれは灼が悪いよ」

晴絵「京太郎は灼の為を思って言ってたんだから」

灼「うぅ...そうかも...」


晴絵「ちゃんと帰ったら京太郎...に......」




晴絵「(あれ......じゃあ私はどうなんだろう......)」






望だって私の為に言ってくれたんだよね......


.........そうだよ!...なのに...なのに私は......






晴絵『羨ましかったんでしょ!』






晴絵「(私は......私はあんなことを!...)」




.........望怒ってるよね......私あんな酷いこと言っちゃったんだもん...


晴絵「(ぶたれて当然なことしちゃったんだ......)」





灼「...ハルちゃん?」

晴絵「...!うんうん、ちゃんと謝らないとね!」


灼「......ん!私かえったらごめんなさいする!」


晴絵「うん、それがいいよ」




灼「ハルちゃんもいっしょにごめんなさいする!」


晴絵「え...?」キョトン


灼「望さんとなかなおりできるとおも...」



晴絵「......でも...多分許してくれないから...」














それだけの事を私は言ってしまったから......















灼「たいじょうぶ...京ちゃん言ってた」


灼「『ごめんなさいして握手すれば仲直りできる』って」


晴絵「.........そう......かな...」



望は......許してくれるかな.........




晴絵「(ううん......許す許さない関係なく、私は...私は望に謝らないといけないんだ!!)」グッ




晴絵「(.........小学生に教わるなんてね......情けないなーもう!)」パンッ


よし、今から謝りに行こう!それがいい!!




だって望は......




『大切な私の友達だもんね!!』




>>118 >>1「うわぁああああああ!!!」
.......実際返事するしかないというね...(絶望)


はい、今日はここまでー



コイツ(自分)いつも同じようなこと書いてんな...
(イッチには文章力が皆無なのでお許し下さい.....)


灼「メインヒロインってなんだ?(哲学)」






次は一応明日ですよー


ではまた明日〜



灼「出来るだけ毎日出来るように頑張る...!」

                    /i:i:i:i:i:i:i:i;|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽi:i:i:i:i:i:i:iヽ
                /i:i:i:i:i:i:i:i/:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:V:i:i:i:i:i:i:i:゚,
                 .′i:i:i:i:i:i/ |i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:゚,i:i:i:i:i;ハ
              〃:i:i:i:i:i:|i:|  |i:i:i:i:i:i:i:i:iト:ト:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:/_::i|
                |i:i:i:i:|i:i:Ⅳ\|i:i|i:i:i:i:i:i:|__|l/i:i:i:i:i:i:|i:i:i:i:i:i:i:i:i|
                |i:i:i:ハi:|{  乂l\i:i:i:il |l ヾ|i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:i:i:i|
                   V/i:i:i从芹芯ト   ̄イ芋茅 |i:i:i:i:iト:i:i:i:i:i:i:i:i|
               |i:i:i:i:i:i:ハ V)ツ      V)_ツ 1:i:i:i:i| }:i:i:i:i:i:i:i|
               |i:i:i:i:i:i:i:i|, , , 、   , , ,  |i:i:i:i:i|イ:i:i:i:i:i:i:i|

               |i:i:i:i:i:i:八            ,|i:i:i:i:i|i:i:i:i:||:i:i:i|
              /> ∨i:i:i:/:i:i:\   ¬   .イ:|i:i:i:i:从:i:i:||i/i/
      . -‐== ミ//    ¨¨¨¨¨¨¨父ト. __.  ´ 刈i:i:i/¨¨¨¨ ¨¨
    「:::::::⌒ヽヽ.У             __/│ _/ ヾ
    |/:::::::::::厂 ′         -‐=≦ /   ∧ハ     〕iト.
    |/::::::::::{  /      /      |  .イ { !    /     、
    ト:---::::::「      _,//      j/|:l__//ハ   /     ハ
    |::::::::::::::::|    f/     |     {:.:.:.:7’  \/        :.
    |::::::::::: イ    /     │    |:.¨7         |      |




乙~
メインヒロインって重要な役割持ってるロリのことでしょ?
なお、結ばれるとは言ってない


>>134 間違ってはないですね(白目)
灼「む、結ばれるし...(震え声)」



すみません...今日もまだ帰れてないので更新出来ません.....


アラチャーをモフモフしたい...したいんだよぉぉおおお!!(泣)


いつも通り(ry


明日は多分できる...はず.....



ではまた明日〜





了解~
思春期のあらたそを抱きしめて、後頭部に顔をうずくめる


>>136 あぁ^~たまらねぇぜ^~
.......こんなこと出来たら疲れなんて消し飛ぶんですけどねぇ.....


お仕事なんかに負けない!!


お仕事には勝てなかったよ...(白目)


なので今日も更新できません...すみません...(パソコンカタカタ


明日...明日こそは!(希望的観測)


ではまた明日...(ゲッソリ)


あ、いつも通りのもお願いします。

別にそんなに急がなくてもいいのよ。自分のペースで頑張ってくれれば。


>>138 みんな優しくて嬉しい///...(ポッ///)




すみません.....返事がこんなに遅くなってしまいました.....

なお、今日も.....(白目)


(朝、電車2時間以上遅れるとかふざけんな!!おかげで今日帰れないかもしれねーじゃねえか!!)


というわけでして...今日も更新出来ません.....すみません(涙目)


明日は出来るかな〜アハハ.....出来たらしますね.....


では一応また明日ですー

了解~
体調に気をつけて
イッチに抱きアラチャーがいたらいいのに

了解です、身体にお気を付けて
変更出来なくても毎回連絡してくれるんで安心して待ってられます


>>141 なにそれほしい
誰か作ってくれないかなー(チラチラ)

>>142 遅くなると思いますが絶対に完結させますので安心して待ってて下さい!



皆さん心配してくださってありがとうございます!(イッチ感激)


昨日はご察し下さい...(白目)
(結局帰れなかったよ.....トホホ...)


今日は更新しますよーー!頑張ります!!

ではまたいつも通りぐらいの時間に〜

ではでは〜

待ってます~
>>143「鷺森灼柄 ぷにぷにうで枕」ってのがあるらしいですよ

いつも通りの時間=次の日ですね
待ってます~


>>144 マジでありました!教えて下さりありがとうございます!
ただ、贅沢を言うと大きいが欲しいですね...

>>145 すみません...ずっと寝てました.....(さすがに最近寝落ちし過ぎですね.....気を付けないと...)
本当に申し訳ない...(寝落ちの人とか二つ名がついてしまいそう(震え声))



本当にすみません.....休みの日はつい寝てしまうんですよね.....(ベットの上で作業するもんじゃないですね.....)


さすがに申し訳ないので、書き溜めしてた分の小ネタを1つだけ投下しときます。



【抱き枕アラチャー】


京太郎(22)「......お仕事辛いよぉ...」ゲッソリ

京太郎「...ただいまー」ガチャ


灼(14)「おかえりなさい」


京太郎「...」グッタリ

灼「......京ちゃん?」


京太郎「灼ぁぁああ!!」ダキツキ

灼「!?///」カァー

灼「(こ、これあすなろ抱き///...)」キュゥ


京太郎「仕事疲れたよぉおお!!」

京太郎「灼ニウムを補給しないと!」クンクンスーハースーハー

灼「あっ///...そこだめっ///...」ビクンビクン


京太郎「モフモフ!モフモフ!!」ナデナデ


灼「京ちゃんいい加減に///...」


京太郎「んー...」ウズクメー

京太郎「灼の髪っていい匂いするな...」ミミモトササヤキ


灼「!?///」ボンッ

灼「キュー///...」バタン



京太郎「き、気絶しちゃった...」アワアワ

公子「なにしてるんだいあんた達は...」ハァ



寝落ちには皆さんも本当にお気をつけ下さい...(イッチはよく電車で寝落ちして地獄を見ます(白目))

イッチも気を付けます.....(ペコペコ




明日(と言うか今日です)は更新出来ると思いますので本編を進めていきますねー
(時間は結構遅くなると思います)



ではまた明日(今日)〜

来てた乙~
睡眠はちゃんととったほうが良いですよ


>>149 ありがとうございます、気をつけますね!
皆さんも体調にはお気をつけて!



今日は更新していくぜい!イェイ!!


文章の量は少ないです.....ごめんだよー



ちょっと電波悪いので遅くなるかもしれませんのでご了承ください。


ではいきます〜







更新乙。最近暑くなってきたから体調には気をつけて。

____________________
________________



望「」オロオロ


望「」チラッ


望「もう遅い...かな......」



望「...やっぱり晴絵に謝りに...「その必要はないよ!」...!?」


望「は、晴絵!?」

晴絵「はぁ...はぁ...」グッタリ


望「だ、大丈夫?」

晴絵「だっ、だいじょーぶ...」フラフラ



晴絵「(ぶ、文化部にはキツイ...)」ゼェハァゼェハァ






晴絵「ん!」バシッ



晴絵「望!伝えたいことがあるんだ!」

望「わ、私も!」




晴絵「望の気持ち考えずあんなこと言ってゴメン!!」

望「晴絵の気持ちも考えないであんなこと言っちゃってごめん!!」





晴絵「私、望の気持ちを知った上であんなこと!」

望「ううん...私だってちょっとは羨ましい気持ちもあったもん...」




望「私だって晴絵のこと全然分かってなかったの...」

望「わかったようなフリしてただけ...グスッ...もん...」ポロポロ



晴絵「そんなことない!望は私のことずっと見ててくれた!!」

晴絵「悪いのは私だよ!」

望「いや私!」


晴絵「私!」
望「私だもん!」





晴絵・望「「......プッ」」
晴絵・望「「あははははは!」」ハラカカエ


晴絵「なんか馬鹿みたいだね、私たち」ニガワライ
望「ほんとだよ」ニガワライ



晴絵「もういいや!全部京太郎が悪い!!」

望「そうだね」ウンウン


京太郎(ファッ!?)





晴絵「ま、まぁ私のために凄く頑張ってくれたし///...」ゴニョゴニョ

望「き、京太郎くんのおかげで仲直りできたし///」ボソボソ



晴絵・望「「(今回は許してあげる!(よう!))」」ニッコリ




京太郎(THE 理不尽!)シクシク


____________________


次の日



晴絵「...」オソルオソル

望「」ドキドキ


晴絵「っ!...」ツカミ

晴絵「も、持てるよ!麻雀牌が!!」


晴絵「ま、まだちょっと怖い...「やっ!」...けど...」


望「やったー!!」ダキッ


望「良かったねはるえ゛え゛!」ウェーン


晴絵「ちょ!女の子がしちゃダメな顔してるよ!?」アセアセ



望「だっでぇ゛だって゛え゛!」エグエグ

晴絵「もう...泣きすぎだよ...」ホロリ




BGM:初代ポケモンの次回予告のイメージ



こうして少女達は見事トラウマを克服し...更に強固な物にした友情を信じ、未来へ進むのであった...




京太郎「つ づ く」





望「なんかポケモンの最後みたいになってる!?」


晴絵「次回もポケモンゲットじゃぞぉ〜」

望「そこ乗っちゃうんだ!?」





?(いい加減まともに終わりなさいよ!だじぇ...)

乙~
あれ?イッチからロリの気配がしないな


はい、少ないですが今日はここまでです!


今回は女同士の友情ということでいかがだったでしょうか!
(アカン...これ完全に望さんがヒロインやんけ.....(白目))アワアワ

アラチャーは悪くないんですぅ゛!!僕が悪いんですぅ゛!!!



じじじ次回は灼たちの運動会をお送りする予定なので楽しみに!!
(そ、そこでメインヒロインするから...(震え声))



一応次は明日ですーぅ


ではまた明日〜


>>152 心配してくれるの?///...ポッ///...


>>159 なん...だとっ...!?(前の文を見直し)
........最近疲れてるからかも...(白目)

>>1はホモ


>>162 ファッ!? イッチはただのロリコンやでぇ...(困惑)
(でも男の娘は大好きSA★)



皆さん昨日は更新出来ずにすみません...

なお、今日も.....(白目)


あ、皆さん教えて貰ったアラチャーの腕枕買いましたー
(すっげぇ小さいけどいいですねこれ)


いつも通りのやつ募集しておきますねー(カタカタ)


明日は出来る!...はず.....です.....多分.....(白目)


ではまた明日〜(カタカタ)




了解~
>>163買ったんですか!イッチはあらコンですね(断定)

あらたそが京太郎が作ったあらたぬいぐるみを見つけ、ぬいぐるみに嫉妬する

リアル優先で良いんよ~


>>164 アラコンとか嬉しすぎんよ〜
京ちゃんぬいぐるみまで作れるのか...(驚愕)
(抱き枕も作ってくれよ〜頼むよ〜)



たくさん乙ありがとうございます〜


昨日も反応出来なくてすみません.....

今日もすみません...疲れたので寝かして下さい...(白目)

(なんで私のとこに他の人の仕事まわしてくるんですかねぇ.....やめたくなりますよ〜)


明日はするよ!!絶対するから!!!
(小学校の運動会とか大イベントやけんね!!!)


いつもの(ry


ではまた明日!!




了解~ 疲れを癒して下さい
>>167ぬいぐるみ
ところどころ綿が出てたり、不格好だったりしても愛情が込められていると理解でき、その時間を自分と過ごしてほしかったって嫉妬

父兄参加の二人三脚でゴール後、転んで膝を擦りむいたあらたそを姫抱きで介護テントまで運ぶ京太郎


>>170 ありがとうございます!
貴方が天才ですか!?(素晴らしいネタありがとうございます!いただきます!)


遅くなってしまい申し訳ないです...

今から始めて行きますよー!!


運動会!運動会!!

(あんまり進まないと思うのでごめんだよー...)


あと寝落ちしたらマジですみません...


あとみたい競技があれば是非是非言ってくださいねー!(イイヤツがあれば採用しようと思います)


では始めて行きますーぅ

____________________
________________



ボンッ ボンッ


「では、〇〇小学校の運動会の開催を宣言します」


ワーワー

京太郎「(突然ですが私京太郎は、小学校の運動会に来ています)」

京太郎「(もちろん灼たちを応援するためにですが......)」



京太郎「待ってましたー!!」ドンドンパフパフー

公子「あんまりはしゃぐんじゃないよ、京太郎」

京太郎「...キヲツケマス...」



晴絵「(あ...これ全然持たないやつだ...)」






望「でも凄くいい場所だね、ここ」キョロキョロ

晴絵「確かに一番前だし......しかもここゴール前だよね?」

京太郎「もちろんだとも!」



京太郎「そりゃ朝3時から来てるからな」フフン


晴絵・望「」ズコー

公子「...まあ私としては嬉しくはあるけどねぇ...」



晴絵「なんでそんな早くに...」


京太郎「バカヤロー!!お前は子供の為に運動会で場所を取る親の気持ちがなにひとつ分かってないな!!!」


京太郎「運動会の...特に小学校の場所取りはだな...カクカクシカジカ」クドクド


晴絵「(うげぇ...めんどくさいスイッチ入った...)」チラッ

望「」メソラシ

晴絵「(逃げやがったコイツ!)」


____________________




周りのお父さん1「(くっ...まさか京太郎くんに負けるとは...)」

周りのお父さん2「(娘に絶対一番前取るって豪語したのに...)」シクシク

周りのお父さん3「(やはりSP達にもっと早く来させるべきだったか...)」グヌヌ




京太郎「あ、良かったらこのお菓子どうぞ」ニコニコ

お母さん達「「「あら、ありがとう」」」ニコニコ


京太郎「千枝ちゃんのお父さん、ありすちゃんのお父さん、桃華ちゃんのお父さん、今日はみんなの応援頑張りましょうね!」


晴絵「(なんでみんな知ってるんですかねぇ...)」アレェ?



周りのお父さん達「「「(京太郎くん...)」」」ジーン



周りのお父さん達「「「もちろんだとも!」」」カメラカマエ

京太郎「スッ...」カメラカマエ


お父さん・京太郎「「「最高の一枚を撮るぞー!!!」」」


お母さん達「「「あらあら...」」」ニガワライ

晴絵・望「(......他人の振りしようかな...)」


京憬れ「さぁさぁレジェンゴ夢物語だよ」

周りのお父さん達「「「(京太郎くん...)」」」ジーン

分裂の橘純一さんだ


作画崩壊が何本の紋じゃい


____________________




「最初は生徒達による徒競走です」

「さあみんなはどんな走りを見せてくれるのでしょうか!楽しみですね!」




京太郎「よし来た!」スチャッ


晴絵「あれ?どっか行くの?」

京太郎「そりゃみんなの写真を取るために決まってるだろ!」


望「ズーム出来るんじゃ...」
京太郎「画質が悪くなるから却下で」
望「...」

京太郎「(10年前だからな...画質が悪いんだよ...)」グヌヌ




京太郎「じゃ!行ってくるから」タッタッタ

晴絵・望「「イッテラッシャーイ」」


____________________



京太郎「玄ー!頑張れー!!」パシャパシヤ


京太郎「宥!ゆっくりでいいんからな!ゆっくりゆっくり!!」パシャパシヤ


京太郎「うぉぉおおお!!灼ぁぁぁああ!!」パシャパシヤパシャパシヤ



先生「すみませんがうるさいので静かにして貰えますか?」ゴゴゴゴ

京太郎「すみませんでしたー!」ドゲザ




____________________


灼「京ちゃん来てくれたんだ...」


京太郎「そりゃみんな出るからな、当たり前だろ」ニコッ

灼「///」テレテレ



晴絵「(めちゃくちゃうるさくて怒られてたけどね...)」




宥「体操服寒い...」ブルブル

玄「頑張ったのですだ!」


京太郎「みんな頑張ってたぞ!」ニコニコ



「.....えー次は借り物競争です。 出場する選手は.......」



灼「あ、私達が出るやつだ...」

宥「あったかーいのがいいなぁ...」ブルブル

玄「おもちのお姉さんを引いてみせるのですだ!」グヘヘ



京太郎「お、おお......みんな頑張れよ」


3人「「「うん(...)!」」」



____________________



?「フッフッフ...一つだけ【好きな人】と書いた封筒を紛れ込ませてやったわ!!」

?「これを取った人間は凄く困るに決まっているわ!!」

?「アーッハッハッ...!げほっげほっ!!」


____________________


____________________


宥「ふぅ...ふぅ...」ノロノロ


宥「な、なんだろ...」ペラッ

【たよりになるひと】


宥「たよりに...?」

宥「あっ!」ピコーン


宥「」テクテク



京太郎「...?宥がこっち来てる?」


宥「お、お兄ちゃん!一緒に来て!」

京太郎「?...ああ、いいよ」

宥「ありがとう」ニコニコ


ゴーーール!






玄「ほっほっ...」タッタッタ

玄「(さあくるのですだ!おもちよ!!)」ペラッ

【かっこいい人】

玄「(かっこ......いい...人///)」プシュー

玄「///」テクテク



京太郎「あれ?玄もこっち来てる?」


玄「お、お兄ちゃん///」

玄「い、一緒に来て欲しいのですだ///」カァー

京太郎「玄もか?別にいいけど...」


玄「あ、ありがとうですのだ///」


ゴーーール!


____________________



灼「...」スタスタスタ

灼「...」ペラッ


【好きな人】

灼「!?///」カァー


灼「///」キョロキョロ

灼「ん...///」ダッシュ



京太郎「な、なんだ!?灼が猛ダッシュでこっち来るぞ!?」



灼「き、京ちゃん!///」カァー

灼「い、い、いっしょにきてほしい///」

京太郎「あ、灼もか?」

灼「だめ?」ウワメヅカイ

京太郎「もちろんいいにきまってるだろ!」

京太郎「(反則ゥ!それ反則だから!!)」

京太郎「じゃあ行こうk...」ギュッ

灼「手、繋いで行こ///」カァー

京太郎「ももももちろんですとも!!///」アワアワ



京太郎「(うぉぉおおお!!キタコレ!!!!)」

灼「///」テレテレ



ゴーーール!



眠いので今日はここまでにしたいと思います



借り物競争を書いてみたのですがいかがだったでしょうか?

(マーチングバンドと二人三脚は続きのに書きますねー)


最近は自治会ごとに場所が決まってますからね...場所を取るということをあまりしなくなってしまったんでしょうか?(イッチの地元は自治会ごとに変わったんですよね...)


運動会ネタがある人は是非どうぞ!(でも全部は出来ないかも...)


次は一応明日になります


ではまた明日〜


乙~

(安全配慮の為、)旗をとるタイプの棒倒しで、
棒に抱きつき登るあらたそと、それを連写する京太郎

世弥奈

灼「その2だとおも...」 JITUHA100億歳自演エンブレムコケシ

安価】京太郎「俺にもオカルトが?」小蒔「はいっ」【その2 - VIP Service

阿知賀編は猿の妄言妄想ンゴ

猿は死んだ矢

最大のネタバレ白糸台一軍最強【100年分】で三連覇嘘隠蔽で16回猿燃えるって

京太郎「未だ心配少佐かぁ」

小蒔「決め手は曙ちゃん嫌朧ちゃんの多分強いです」

ANNKA↓1でSSS様ブタイヲ倒す先ずは今回神隠し大陸ひそかに闘う編

HIROSEワールドアップエクシーズ次元ペンデュラムと魔法のエクシーズ


>>186 安全配慮の為なら仕方ないな!(すっとぼけ)


3日ほど更新出来なくてすみません!!

実は色々と親戚内でありまして...(あとは仕事です(白目))


今日も出来そうにないです...申し訳ない...


もうそろそろ終わるはずなんですけどね.....(予定ではとっくに終わらしてました(白目))

まあ頑張っていきますのよー


一応次は明日になりますー

ではまた明日〜

了解~
>>終わるはずなんですけどね
2周目ですねお願いいたします!



本当にすみませんでしたぁぁああ!!il||li _| ̄|○ il||l


もう色々なことがあって全く更新出来ませんでした...


かなりの時間、お待たせしてしまい本当にすみません.....


明日から復活する予定ですので待ってて下さい!!(明日はマジでやるからな!見とけよ見とけよ〜)


>>194 2週目やったら多分これとほぼ同じになると思うのですだ...
終わったら他の立てますのでそっちはよろしくお願いします。
(多分前言ってたやつ.....でもモバマスでも建ててみたい...(小声))


明日はいつも通り10時ぐらいから始めて行きますーぅ


ではでは〜

了解~
リアル優先で良いんよ~


>>197 本当にありがとうだよー






はい、やっと続きを書いていきますのよー


書き溜めもないので(する時間もなかった...)かなりスロウリィになりますが、許してください!


久々に書くので文章が変になるかもしれないのでそこもよろしくお願いします!


では始めていきます。

____________________
________________



『.........はい!素晴らしい活躍でしたね!』

『ここからは1時間ほどお昼休憩になりまーす!!』

『しっかりお弁当を食べて午後の分に備えてくださいねー!』

(公子さんは仕事の都合で家に帰りました)


京太郎「もうお昼か...2人はどうする?」


晴絵「あー、私はのz...「あ、あー!(棒)」...」


望「そ、そういえばお弁当忘れてきちゃったなー(棒)」チラチラ

京太郎「?」キョトン


晴絵「あれ!?手料理を食べてほしいから作ってくるって昨日言ってたんじゃなかったの!?」ヒソヒソ

晴絵「(私、望の分貰おうと思って何も用意してないんだけど...)」アセアセ



望「.....だって...私よりも京太郎くんのほうが料理上手だし......それなら京太郎君の手料理を食べたいかなーって」テヘッ

晴絵「なぜそこで逆方向に行ったし...」





京太郎「あれ?もしかして2人ともお昼ないのか?」

望「そ、そうなんだよー、ね!晴絵!」

晴絵「ソウダネ」



京太郎「しょうがないなぁ...」ゴソゴソ

京太郎「(まあみんなの分はちゃんと用意してたんだけどね!)」ドヤァ


京太郎「でもタダとは言えないなー」フフフ

晴絵「えー、金取るのー?」

京太郎「ノンノン、違う違う」フルフル




望「(こ、これはまさか///...身体を要求されるパターンじゃ///)」カァー


望「......ええ!?///そ、そんなところだめ...だよぉ///...えへへ///(妄想中)」ポワポワ



晴絵「(......望も京太郎に似てきたね...)」シミジミ



京太郎「まあそれはおいおいと言うことで...」


オーイ!

憧「おにーちゃん!おべんとうつくってくれたってほんと!?」キラキラ

京太郎「おう!あったかいお茶もあるぞ!」

宥「やったぁ」ポワポワ

京太郎「(公子さんに変な目で見られたけどな!)」(現在9月)



玄「///」ポー

灼「///」テレテレ


京太郎「えと......2人とも大丈夫か?」


2人「「うん///...」」ポー

京太郎「そ、そうか...」



穏乃「おなかすいたよー...」グゥゥ

和「しずの!ぎょうぎわるいですよ!」グゥゥ

和「!?///」カァー


京太郎「和もお腹空いてたみたいだな」

和「こ、これはちがいます!///」カァー


京太郎「まあまあ...ほら、和も一緒に弁当食べよう」ニコニコ

和「......は、はい///」プシュー



____________________

昼食後





灼・玄・宥・和「「「//////」」」プシュー

憧・穏乃「「えへへ///...」」テレテレ



京太郎「ふぅ...」ツヤツヤ





晴絵「(うーん...字面だけ見るとヤバイわコレ...)」メメタァ

望「(何があったかを知りたい人は前スレの>>341 からを見ればいいと思うよ!)」(露骨なステマ)


??「(内容も同じくやばいんだよなぁ...だじぇ...)」

____________________


ピンポーン



『次は全校生徒による......です!』

『この競技では女子の生徒たちが吹奏楽の演奏に合わせて応援をしまーす』



京太郎「(......来たか!)」


『どんな応援を見せてくれるのか!!楽しみですねー!』


京太郎「(さて...)」カチャカチャ



玄「あ、次はおうえんだね」

宥「あの服あったかくない...」ブルブル


灼「(......めんどさ「灼!写真いっぱい撮るからなー」...がんばらないと///...)」


____________________



〜〜♪〜〜〜♪


灼「〜♪」クルクル


京太郎「(うぉぉおおお!!灼かわいいぃいい!!)」パシャパシャ




チアコスの何がいいってね......やっぱりあのノースリーブがたまんないよね!



みんな(ロリ達)の健康的な脇が見れるだなんて!!こんな素晴らしいことがあっていいのか!?



汗が少しだけ流れてるのもいいよね...(恍惚)




玄「〜♪〜♪〜〜♪」ジャンプ




あとあのスカートのしたに見える健康的な太もも......すばらですね!!


いくら下に履いてるからって無防備すぎだろ.......最高です!!!




京太郎「(......タイツ好きだけどナマ足もいいなぁ...(恍惚))」ウットリ





宥「〜〜〜〜〜♪〜♪」



あとね!何よりね!!かわいんだよ!!!何あれ天使なの!?!?女神なの!?!?どっちでもいいわ!!!!(唐突)



ポンポンふりふりしてる姿とかさ!!バトンくるくる回してる酢がとかさ!!!もう一種の凶器だよ!!なに!?俺を萌え死にさせたいの!?!?!?

酢がバトンくるくる回してたらそりゃ萌え死にするわ







......ゴホン...


まあとりあえず一つだけ言えることはだ...





京太郎「子供たちのチアガール姿って素晴らしいよね!!!」パシャパシャパシャパシャ


京太郎「こんな素晴らしい姿は俺が責任もって後s...」トントン


京太郎「...」クルッ


いつぞやの警官「やあ」ニッコリ



____________________

【弁明タイム】


京太郎「アイエエ!?警官!?警官ナンデ!?」


警官「不審な高校生ぐらいのヤツがいると聞いてね.....まさかとは思ったが...」ハァ



京太郎「あ、あなたも分かるはずだ!!あの素晴らしさを!!」



警官「.....確かに...チアコスの子供たちは素晴らしい...」


警官「他の子より少し発達のいい子があの薄い上着で胸が強調されるのも素晴らしいしジャンプなんかしたときにたまにみえるおへそもいいしなにより多くの子がポニーテールにしてうなじがチラリと見える感じなんかもう最高だよね」


京太郎「」ウンウン


京太郎「じゃあ僕はこのへんで...「待て」...ヒィッ」ガシッ


警官「だからといってお前を開放するとでも?」ニッコリ


京太郎「すみませんでしたぁぁああ!!」ドゲザ



はい、ちょっと少ないですが今日はここまでです。


久しぶりに書いてたらやっぱり難しいですね...なんかヤバイ文章書いてしまったかも.....



お弁当の下りのを見たい人はぜひ>>341をどうぞ(ただし自己責任でお願いします)


あと穏乃と和のを書けていないので、もし「欲しい!」という人がいれば言ってくださいのよー(多分どっかで書きます)



一応次は明日です。


ではまた明日〜

乙~
前スレ灼めて見て
大勢のいる中「...あれ絶対入ってるよね...」状態で望さんにも、あーんさせたと妄想した

ノ「(穏和)欲しい!」


>>207 一瞬意味が分からなかったけどわかった瞬間吹き出してしまったww


ポンポンふりふりしてる姿とかさ!!バトンくるくる回してる酢がとかさ!!!もう一種の凶器だよ!!なに!?俺を萌え死にさせたいの!?!?!?



↓正しくは


ポンポンふりふりしてる姿とかさ!!バトンくるくる回してる姿とかさ!!!もう一種の凶器だよ!!なに!?俺を萌え死にさせたいの!?!?!?


こうです


本当に申し訳ないですw



皆さんお久しぶりです...(震え声)


一週間以上も待たせてしまい申し訳ありません!!




忙しかったのもありますが.....最近全然話が思いつかなくて.....


モバマスの方に浮気してたのもあります(アリスカワイイヨアリス)




なんとか目処がついたので、予定としては明日から再開していく予定です!(雨で電車が止まったらアウトです.....マジでやめてくれよ!?)




てなわけで明日にまた会いましょう!!(来れなかったら多分電車止まってます(白目))


ではでは~






電車止まりはしなかったんですが...遅れてもダメなんだよなだぁ...(白目)



すみません!!明日からに延長をお願いします!!


本当にごめんなさい!(ペコペコ)



灼!灼!灼!灼ぁぁあああうわぁああああああああああああああああああああああん!!!
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!あらたあらたあらたぁあうぁわぁああああ!!!
あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
んはぁっ!鷺森灼たんの黒色のこけしみたいな髪をクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!
間違えた!モフモフしたいお!モフモフ!モフモフ!髪髪モフモフ!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!!
阿知賀編14話のあらたんかっこよかったよぅ!!あぁぁああ…あああ…あっあぁああああ!!ふぁぁあああんんっ!!
シノハユ6巻も発売されて良かったねあらたそ!あぁあああああ!かわいい!アラちゃー!かわいい!あっああぁああ!
咲日和5巻も発売されて嬉し…いやぁああああああ!!!にゃああああああああん!!ぎゃああああああああ!!
ぐあああああああああああ!!!漫画なんて現実じゃない!!!!あ…ゲームもアニメもよく考えたら…
あ ら ち ゃ ー は 現実 じ ゃ な い?にゃあああああああああああああん!!うぁああああああああああ!!
そんなぁああああああ!!いやぁぁぁあああああああああ!!はぁああああああん!!ハルちゃんぁああああ!!
この!ちきしょー!やめてやる!!麻雀なんかやめ…て…え!?見…てる?咲-Saki-阿知賀1巻の裏表紙のアラちゃーが僕を見てる?
咲-Saki-阿知賀編2巻の裏表紙のアラちゃーが僕を見てるぞ!あらたそが僕を見てるぞ!腕枕のあらたそが僕を見てるぞ!!
アニメのあらちゃーが僕に話しかけてるぞ!!!よかった…世の中まだまだ捨てたモンじゃないんだねっ!
いやっほぉおおおおおおお!!!僕にはあらたそがいる!!やったよクロちゃー!!ひとりでできるもん!!!
あ、ゲームのあらたぁぁあああああああああああああん!!いやぁあああああああああああああああ!!!!
あっあんああっああんあぁあ望さぁぁあん!!あ、憧ー!!宥ぅぅうううう!!!穏乃ォぉおおおお!!
ううっうぅうう!!俺の想いよ灼に届け!!阿知賀の灼へ届け!


昨日更新出来なくてすみません!!


今日も疲れているのですみませんが休ませてください.....(疲れてとんでもない文書いてしまったかも...)


明日頑張るのでよろしくお願いします!


ではまた明日~

219の文章書く気力はあるんだなww



>>221-222 こ、コピペしただけだから...(震え声)



はい、ようやく始めていきますのよーー



今日で一応運動会編終わらして最終章に入る予定です(あくまで予定です!)



本当に長い間待たせてすみません!!


今後も忙しい時は来られない時もあると思いますが、今後ともお付き合いよろしくお願いします!!


では、始めていきます!!


____________________


【棒倒し】



灼「んっしょ...ん...」ヨジヨジ


京太郎「すばらぁ!すばら!」パシャパシャパシャパシャ



警官「」ニッコリ


京太郎「アディオス!」ピュー

警官「逃がさん!」ダッシュ

____________________



【大玉転がし】


玄「ヒィヒィ...これおもいよぉ」ゴロゴロ

灼「玄...がんばる!...」ゴロゴロ


京太郎「頑張れー!もうちょっとで1位だぞー!」パシャパシャ




警官「...」ハァ


晴絵「あれ?追いかけなくていいんですか?」

警官「いやぁ、流石に疲れちゃってね...」ポリポリ


警官「それにほら」ユビサシ




望「京太郎くん...また他の人に迷惑かけてるの...?」ウフフ

京太郎「ちょ!?望さん...なにを?」アセアセ

望「またお仕置きが必要みたいだね」ニッコリ

京太郎「あ...あ......あ.........」


アッーーーー!!!



警官「あの子に任せた方がいいと思って...」トオイメ

晴絵「あはは...」ニガワライ



書いてる途中で気づいたけど...二人三脚ちょっとやばいなこれ...


180cmぐらい&推定115cmってこれ走れんのか...(震え声)


まあ、そのまま書いていきますけどツッコまないで!!


あとここからは微シリアスになっていきますので少しだけご注意を


____________________




「さて!いよいよラストの競技がやってきました!!」


「最後の競技は父兄参加型の二人三脚です!!」

「その他誰でも参加OKです!」

「お父さんや家族と是非1位目指して頑張ってください!!」





灼「」キョロキョロ

灼「(おばあちゃん...は......いないよね...)」



............ボウリング場のおしごともあるし...しかたないよね...



灼「(そういえば幼稚園の時も......)」





友『お父さん!お母さん!来てくれてありがとー!!』ニパー


友父『当たり前だろ、お前の発表会だもんな』ナデナデ

友母『まぁ...お父さんったら』ウフフ


灼『...』


ほかの人のお父さんお母さんはきてくれるのに......わたしにはきてくれなかった...


べつに......べつにさびしくなんてな.........っておもってたのに...


やっぱり......すこしさびし......





はっ!ウトウトしてた.....


すみません、再開します!!

ちょっと携帯から書き込んでたんですけど...なんか書き込めなくなってしまいました(アセアセ)

パソコンからにするのでちょっと待ってて下さい!!





灼「(でも......わたしが一年生になって...はじめてのうんどうかい......)」


.........いっしょに...いっしょにでたかったな...



?『そう...だよね......』


?『やっぱり......』

?『...やっぱり...独りぼっちは寂し......』


ん......さびし......


?『なら...しなきゃいけないことは分かるはず』フフフ



......あ.............た!


灼『......ん...分かった...』コク


あ.........ら...た!


灼『...私は...あの人を....「灼!!」..』



京太郎「灼!こんな所にいたのか」ゼェハァゼェハァ

...............え.......あれ.....?




京太郎「どこ行ってたんだよ、探したぞ」ポンポン

京太郎「なんかぼーっとしてたけど大丈夫か?」


灼「だ、だいじょうぶ...」コクコク


......さっきまでのは......まえにも......



京太郎「ほら、次二人三脚だろ?」

京太郎「早くいくぞ」ギュッ


灼「!?///で、でも...おばあちゃんかえっちゃったし...」アセアセ


京太郎「何言ってんだよ、俺が居るだろ?」キョトン

灼「で、でもっ. ...かぞくのひとって...」

京太郎「俺と灼はもう家族みたいなもんだろ」ニカッ



京太郎「そ、それとも俺と走るのは嫌か...?」アセアセ



............やっぱり...京ちゃんといるとさびしくない......



灼「そんなことな!早くいこ!」ギュッ

京太郎「お、おう...(よ、良かったぁ...)」






____________________



「はい、次の人ー、これで結んでくださいね」



京太郎「ありがとうございます」ペコリ




京太郎「ほら、結ぶぞ?」ギュッギュッ

灼「ん...」




「じゃあ皆さん、位置についてくださーい」


京太郎「灼、頑張ろうな!」

灼「ん!」


「よーーーーーーーーーい」
「ドン!」パンッ



京太郎・灼「「!!」」ダッ





京太郎「(よしよし...灼にペースを合わせて...っと)」


京太郎「(うん...いい感じだ!)」


「おおーっと!赤い鉢巻のお...親子?.........えーっと...お兄さんでしょうか?速いです!」

「息もピッタリ!!素晴らしいコンビネーションです!!」




灼「(...頑張る!)」ハッハッ



「赤チーム速い!!これはもう決まったかぁあああ!!」



灼「......っつ!」ツマズキ


灼「!?」バタン

京太郎「灼!」


「おおっと!!ここで転んでしまった赤チーム!!大丈夫でしょうか!?!?」


京太郎「灼!大丈夫か!?」

灼「ん......いっ!...」ズキッ

京太郎「怪我してるじゃないか!」

灼「だいじょうぶ......だから...」


京太郎「駄目だ」キッパリ


京太郎「ちょっと我慢してくれよ」ヨイショット

灼「!?///(こ、これっておひめさまだっこ///)」カァー



____________________________





玄・宥・望「「「ムッ...」」」グヌヌ


憧・穏乃「「私もお兄ちゃんに抱っこして欲しい!!」」


晴絵・和「「い、いいなぁ...///」」ボソボソ



____________________________



「なんと!!お兄さんによるお姫様抱っこだぁあ!!こ、これは羨まs...じゃなくて感動のシーンです!!」

「そしてそのままゴーーーール!!」



「はぁ...私もあんな彼氏欲しいなぁ...」ボソボソ






京太郎「な、なんか目立っちゃったな...」ポリポリ

灼「///」コクコク



____________________




「これで〇〇小学校運動会は無事終了です!!」

「皆さん気を付けてお帰りください!!」


ツカレタネー

ジャアカエルカー



灼「」キョロキョロ

灼「あれ...?京ちゃん?」イナイ


むぅ...いっしょにかえろうとおもったのに...



?『い.......っし.....よ.....』


灼「...?」



?『返し.....は.......メ...』




灼「...?(なんだろ.........なぜか京ちゃんをさがせって...だれかがいってる...そんなきがする...)」



.........でも...


灼「(......どうして...どうしてあのこえは京ちゃんをつかまえときたいんだろ...)」


............まるで...京ちゃんが何処かへ行っちゃうような......そんな......そんな感じ......




灼「(そんな訳ないよね......だって...だって)」





灼・?「「(京ちゃん(須賀くん)は私とずっと一緒に居てくれるから.....)」」ウフフフ


















...............ね.....?.......京ちゃん.......





____________________





京太郎「」スタスタ

京太郎「......ここか」キョロキョロ

京太郎「(うーん...なんか小学生っぽい字で書かれた手紙を渡されたから来たけど...)」

京太郎「(...危険だったかな......)」ブルブル


?「あ、いましたよひめさま!」ヒソヒソ

?「よ、よくぞきてくれましゅた!」


京太郎「(あ、噛んだ)」カワイイ


?「ひは、ひははんひゃいまひた...」ヒリヒリ

?「こまきちゃんだいじょうぶ?」ヨシヨシ

?「ひめさまだいじょうぶですか?」

?「いはいへふ...」グスン


?「...」ポリポリ

?「はるるもいつまでたべてるんですかー!」



京太郎「( あぁ^~可愛いなぁ~(恍惚))」ウットリ



京太郎「...えーっとお嬢さん達は迷子なのかな?」


?「ま、まいごじゃありません!」

小蒔「わ、わたしはこまきっていいます!」

霞「わたしはかすみともうします」ペコリ

巴「ともえです」ペコリ

春「...はる」ポリポリ

初美「はつみですよー」



京太郎「へぇー、小蒔ちゃんに霞ちゃん、巴ちゃん、春ちゃんに初美ちゃんかー、お母さんたちはどうしたのかなー?」ニコニコ



小蒔「だからまいごじゃないんです!」ウルウル


霞「ひめさま、はやくほんだいにはいりましょう」

小蒔「うぅ...わかりました」スゥー

スゥー




小蒔「ふぅ...ようやく妾の出番か」


京太郎「あれ?小蒔ちゃん...なんか感じ変わった?」


小蒔「身体は小蒔だが...私は一応違う人物だ」

京太郎「(名探偵コ〇ンかな...?)」



小蒔「まあ、お前達の言葉で言うところの神だな」ゴゴゴゴゴ


京太郎「か、か、神様!?」ビクッ


京太郎「(え!?神様ってあのヘスティ〇様みたいな人のことだっけ!?(錯乱))」アワアワ


京太郎「そ、それは失礼しましたー!」ハハー


初美「あれー?冗談だと思わないんですかー?」

京太郎「ま、まあね...」


京太郎「(だって小鍛治プロみたいなオーラまとってるし......只者じゃないのは確かだ...)」ブルブル


小蒔「まあ、そう身構えるでない」ハッハッハ



小蒔「...では本題に入らせてもらうぞ」

小蒔「お前はこの世界にとってイレギュラーな存在だ、自分でも分かっているだろう?」


京太郎「......まあ一応は...」

京太郎「一応タイムスリップ的な事をしてきた身ですし」ニガワライ


小蒔「ふむ......」


小蒔「しかし、お主のいうタイムスリップという言い方に関しては少々語弊があるな」


京太郎「へ...?」





小蒔「正しくは全く別の世界に...所謂パラレルワールドというやつじゃな」


小蒔「お主が元いた世界とは全く違う世界に......さらにオマケにタイムスリップも......」


小蒔「.........とこんな感じかの」カッカッカ


京太郎「え...?............」フリーズ







京太郎「エエェェェェエエエエ!!!!!!(驚愕)」





さあ、衝撃的な事が分かったところで今日はここまでです!


途中半分寝落ちしてすみません!!


今日は頑張った!!頑張ったよね!?もう.....ゴールしてもいいよ...ね...?(嘘です...ガンバリマス)


アラチャーをいっぱい書けたので満足です!(ヤンデレっぽいアラチャー最高!最高じゃない?)


とりあえず、次の更新は明日の予定ですよー



ではまた明日~


(あ、穏乃と和の食事シーンは今度どっかでやります!)


#246 学ランアラチャー想像したらすばらぁ...(恍惚)
サラシとか巻くんですよね!ね!!



>>1「突然ですが歌います!>>1でWorked Romance!!」



スキスキスキ仕事が好き!だって運命感じたんだもの!(白目)
ドキドキドキ胸が鳴るの!(上司の反応に)
この思い(上司への不満)絶対伝えられない!(白目)


ワークワークワークワク! 仕事をしてる!

ワークワークワークワク! 仕事が好き!(白目)




すみません...なんかテンションおかしいですね.....


というわけで察しがつく人もいるとは思いますが、今日は更新出来ません...すみません.....


.
明日は出来るかな~(白目)



ではまた~


了解~
>>サラシ
当然ですよ?京太郎が翌週着るので、洗われずに渡されます


>>248 ふぉお!いいですねぇ(ゲス顔)


>>250 ふぇぇ...僕はホモじゃないよぉ...




また時間が空いてしまいました...すみません...(白目)


毎日更新してる人って本当にすごいなぁ...って思います(マジで尊敬します)

あ、明日にはちゃんと更新しますのでよろしくお願いします!!


ではまた明日~




灼「久しぶりの登場!」

                    /i:i:i:i:i:i:i:i;|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽi:i:i:i:i:i:i:iヽ
                /i:i:i:i:i:i:i:i/:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:V:i:i:i:i:i:i:i:゚,
                 .′i:i:i:i:i:i/ |i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:゚,i:i:i:i:i;ハ
              〃:i:i:i:i:i:|i:|  |i:i:i:i:i:i:i:i:iト:ト:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:/_::i|
                |i:i:i:i:|i:i:Ⅳ\|i:i|i:i:i:i:i:i:|__|l/i:i:i:i:i:i:|i:i:i:i:i:i:i:i:i|
                |i:i:i:ハi:|{  乂l\i:i:i:il |l ヾ|i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:i:i:i|
                   V/i:i:i从芹芯ト   ̄イ芋茅 |i:i:i:i:iト:i:i:i:i:i:i:i:i|
               |i:i:i:i:i:i:ハ V)ツ      V)_ツ 1:i:i:i:i| }:i:i:i:i:i:i:i|
               |i:i:i:i:i:i:i:i|, , , 、   , , ,  |i:i:i:i:i|イ:i:i:i:i:i:i:i|

               |i:i:i:i:i:i:八            ,|i:i:i:i:i|i:i:i:i:||:i:i:i|
              /> ∨i:i:i:/:i:i:\   ¬   .イ:|i:i:i:i:从:i:i:||i/i/
      . -‐== ミ//    ¨¨¨¨¨¨¨父ト. __.  ´ 刈i:i:i/¨¨¨¨ ¨¨
    「:::::::⌒ヽヽ.У             __/│ _/ ヾ
    |/:::::::::::厂 ′         -‐=≦ /   ∧ハ     〕iト.
    |/::::::::::{  /      /      |  .イ { !    /     、
    ト:---::::::「      _,//      j/|:l__//ハ   /     ハ
    |::::::::::::::::|    f/     |     {:.:.:.:7’  \/        :.
    |::::::::::: イ    /     │    |:.¨7         |     



待ってます~
>>灼「久しぶりの登場!」
なお、次はロリ小蒔のターン

>>250
誰に言ってるんだ(呆れ)


>>251 あ、アラチャーの出番の方が多いし...(震え声)

>>252 マジすんませんでした!!
わ、私のケツをどうぞ...(震え声)




土曜日なのに残業させるのやめちくり~


すみませんが、明日でお願いします(白目)

il||li _| ̄|○ il||l


>>253
ホモだな(確定)

報告乙~
>>253
灼「おとこのひとが好きなの?」

イッチは甲子園スレ見てるかい?
メインヒロインがあらたそ~


>>254 ホモちゃうから!!男の娘好きなのは認めるけど!!ホモではないから!!!


>>255 それは違うよ!!あらちゃーが1番好きだよ!!


>>256 お昼休みに見てきたよー!あらちゃードラマチックすぎて笑ったw
やっぱりあらちゃーが1番ってはっきりわかんだね(ウンウン)





しばらく更新出来なくて本当にすみませんでした!!

明日からになりますが、再開していこうと思いますのですみませんがよろしくお願いします!!


あと、何か小ネタのアイデアがあればどんどん言ってください!!(出来るだけやりますのよー)



ではまた明日~



待ってます~

付き合ってキスをするタイミングで夢から覚めるあらたそと、その日の京太郎とのドキドキお店番(灼サイド)

要約すると>>1は灼を男の娘にして愛でてるって事か…


>>258 なんという可愛さ!!これはメインヒロインですわぁ...(恍惚)


>>259 なんでそうなるんやww
私は女の子の方が好きです!!(半ギレ)





皆さんお待たせしました、再開していきますよー


今日は七夕の小ネタ等々をやると思うので、多分本編は進まないと思います.....すみません.....


いつも通り、ゆっくり更新でいきます!(寝落ちしたらまじでごめんなさい...)


では、11時くらいから始めていきます!







【七夕】



京太郎「......なあ穏乃...本当にこっちなのか?」ゼェゼェ

穏乃「うん!たぶん!」ニパー

京太郎「多分って......お前なぁ...」ハァ



穏乃「でもたけなんかとってどうするの?」キョトン

京太郎「今日は七夕だろ?」

穏乃「...!そういえばそうだった!」ガーン

京太郎「今気づいたんかい!」ビシッ

穏乃「えへへー」ニコニコ



───10分後───

京太郎「や、やっと見つけた...」ハァハァ



京太郎「これを......こうしてと......」ギコギコ

穏乃「おおー!」

竹<ラメェェエエエエエエ!!!



京太郎「...よし、じゃあ帰るぞー」カツギ

穏乃「おー!」


____________________





京太郎「......やっと着いた...」ヒィヒィ


穏乃「きょーたろーたいりょくないなー」ブーブー


京太郎「......穏乃は竹にしがみついてただろ!」ウガー


穏乃「!!ばれたー!」ニゲロー

京太郎「あ、ちゃんと灼達と遊んでろよー」

ハーイ!!


京太郎「....さて、準備するか...」ゴソゴソ





ギャーー!!日付変わってしまったぁああ!!


ほんとすみません!!ウトウトしてました(白目)

____________________


京太郎「ふぃー......」

京太郎「(こんなもんかな...)」


望「あ、京太郎くん」パタパタ

晴絵「準備終わった?」

京太郎「ああ、丁度終わったよ」


京太郎「さてと......おーい!みんなーー!!」

子供たち「「「わーーー!!」」」ドタバタ



京太郎「じゃあここに短冊をひとり一枚用意してるから」

京太郎「自分の願い事を書いてこの笹につるしていくんだぞー」

京太郎「分かったかー?」

子供たち「「「はーーい!!」」」キャッキャッ




公子「悪いねぇ京太郎、わざわざ竹を取ってきて貰って」


京太郎「全然いいですよ、どうせ暇でしたし」アハハ

公子「そう言って貰えると助かるねぇ」ニコニコ

____________________



京太郎「(......皆が何を書いたのか気になる...)」ウズウズ


京太郎「(ちょっとぐらい聞いてもいいよな?)」


京太郎「くろー、なんて書いたんだ?」

玄「あ、お兄ちゃん!えっとねー」

玄<おおきいおもちの本をください!


京太郎「......うん...叶うといいな...」

玄「うん!」ニコニコ



京太郎「宥はどうだ?」

京太郎「(まあだいたい予想はつくが...)」

宥「うん...えっとね...」

宥<あったかくなりますように


京太郎「(いま夏なんだけどなぁ...)」

京太郎「」ギュッ

宥「あ///...」カァー

みんな「「「!?」」」


京太郎「これであったかくなったか?」ダキシメ

宥「うん///」アッタカーイ





玄「お、おねーちゃんずるい!!」


京太郎「じゃあ玄も...ほら」ギュッ

玄「はわわわ///」カァー

京太郎「 ( あぁ^~心癒されりゅう~)」デレデレ


望「」ニコニコ

京太郎「」テバナシ


京太郎「さーて次は和!和はなんて書いたんだーー!!」アセアセ

和「あ///...えっとその///...」モジモジ

和<まーじゃんがうまくなりたい


京太郎「お、やっと元ネタ通りになってきたぞ」メメタァ

京太郎「うん、和なら絶対なれるさ!俺が保証するよ!」

和「あ、ありがとうございます!///」カァー

和「えと///...その///......で、出来ればお兄さんみたいになりたいです!///」カァー


京太郎「(和...)」ジーン

京太郎「ああ、和なら俺以上の選手になれるさ!」ナデナデ

和「は、はい///...」テレテレ




京太郎「しっずのー!はなーんてかいたー?♪」

穏乃「これ!」

穏乃<やまにのぼるくつがほしい

京太郎「(......玄といい、クリスマスと勘違いしてないか...?)」


京太郎「あれ?でも穏乃もう持ってたよな?」


穏乃「あれこわれちゃった...」ズーン

京太郎「......新しいの買ってあげるから元気だせって」ポンポン

穏乃「やったー!!きょーたろーだいすき!!」ダキッ

京太郎「全く...現金なやつだなー(ふぉおおおおおお!!!)」プルプル

玄「お、お兄ちゃんくr「却下」...」

玄「え...でm「却下」......はい...」ズーン




京太郎「憧はなんて書いた?」

憧「えーっとねー、これー!」

憧<これからもみんななかよし!


京太郎「.....グスッ...」ポロポロ

晴絵「(ガチで泣いてる!?)」




京太郎「憧......憧は本当にいい子だな!」ナデナデ

憧「やったー!ほめられた!」ニコニコ

京太郎「よしよし」ワシャワシャ

憧「くすぐったいよー///えへへ///」ニパー

京太郎「(は、破壊力がぁああああああ!!)」キュンキュン




京太郎「グフッ......は、晴絵はなんて書いたん....だ?」

晴絵「え?あ、あはは!!///ま、麻雀が上手くなりますうにぅて書いたに決まってるじゃん!」アセアセ

晴絵「(き、京太郎になでなでし、し、しし、してほしいなんて.........言えない......)」ズーン




京太郎「お、おう......望はなんて?」


望「ふ、ふきゅ!?///」ヒラヒラ

憧「あ、おねーちゃんおとしたよ!」

憧「あこがひろってあげる!」ヒロイー

望<き、京太郎くんとけけけ結婚///


憧「えっとねー、き?...くんとけ......なんてよむんだろう...」ムー

京太郎「ちょっと貸してみ」

憧「うん!h「だ、ダメーー!!」」

望「これはふきゅ!///ふきゅきゅ!///ふきゅ///なんだからー!!///」カァー


京太郎「(まるで意味がわからんぞ!?)」




京太郎「(そういえば灼は...いた)」

京太郎「灼ー」

灼「あ、京ちゃん....」

京太郎「灼はなんて書いたんだ?」

灼「あ、えと///...ん///」ピラッ

灼<京ちゃんたちがたいかいでかてますように!


灼「がんばってほしいから///...その///...」カァー

京太郎「(はぁぁああああ!!!可愛すぎんだろぉぉおおお!!!ああああああああああああああああああああああああああああああ!!!)」ゴロゴロ

京太郎「灼......ありがとな、すっごく嬉しいよ!」ナデナデ

灼「///」テレテレ


京太郎「頑張るからな、応援頼むぞ?」ニコッ

灼「う、うん!///」パァー

____________________________



灼「ところで、京ちゃんはなんて書いたの...?」

京太郎「お、俺はほら!世界平和?みたいな!!」アセアセ


京太郎「あ、そろそろ七夕用のゼリーがカタマッタカナ~、ミニイカナイトナー」ヒラヒラ


晴絵「ん、なになに」ヒロイー

晴絵「『カワイイ女の子の小学生になりたい』...って...ハア!?」


京太郎「!?!?!?じ、冗談に決まってるだろー!!アハハハ!!」アワアワ


晴絵・望「......」サメタメー

憧「おにいちゃんは女の子になりたかったの?」

灼「京ちゃんがどうきゅうせい....いいかも///...」ボソッ


京太郎「違うから!!お願いだからそんな純粋な目で俺を見ないでくれーー!!!」


京太郎「(トホホ...七夕はもうこりごりだよ......)」


お わ り




はい、今日はここまでです!


もう(文章が)めちゃくちゃだよぉ...

やっぱり継続して書いてないとダメですね.....



ちなみに最後の京太郎の願いは私自身が学校の時に書いたことがあるものです(ああーー!!ちょっと引かないでくださいお願いします!!!)


いや.....ほらね.....小さい時に戻りたくなることってあるじゃないですか?.....でもどうせならカワイイ女の子でやり直したいって普通思うでしょ!!ね!!


そういうわけなのでどうか引かないでください.....お願いします.....



一応次は明日になりますよー!!


ではまたーー!!


_|\○_(初手土下座!!)



こんなに遅くなって本当にすみません..

実は救急車で運ばれたりと色々とありまして..

(尿路結石ってあんなに痛いんですね..初めて知りました)


そんな感じでドタバタしてたらこんなに遅く..(白目)



今日は更新しますよー!
(やっと本編が進めれる..)


いつも通りの時間でやりますのでそのつもりで..


では後ほど~



すみません!!急に用事が入ったので明後日に更新します!!
(明日は無理そうなのですみません..)


本当すみません!!よろしくお願いします!!(ペコペコ)





皆様お久しぶりでございます!!!

不肖ながらこの>>1 帰ってきました!!


長らくお待たせして本当にすみません.....仕事のことや体調のこと..色々ありました....

あと色々コメント本当にありがとうございます!!


もう元気になったので再開していきます!!

明日から再開していきますので今後ともこのスレとあらちゃーをよろしくお願いいたします!!


ではまた明日~





灼「お待たせして本当に申し訳な....」

灼「これからも頑張る」フンス

                  -‐===   ミ
                 /i:i:i:i:i:i:i:i:}:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
              /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ
                /L:i:i:i:i:i:i:i:i:i||、|i:i:i:i:i|i|i:i:i:i:i:i:i:ハ
               ムイi:i|i:i:i:|i:iⅥ |i:i:i:i:i|廾i:i:i:i:-=|
            .:i:i:i:i:i:|i:i: 芹示ト   ィ≠ミヾi:i:i:i:|
             |i:i:i:i:i:イi:i:i| V)ソ     V)ソ /Vi:i:|
             |i:i:i:i:{ |i:i:i:|""     、 ""':i:i|i:i:i|
             |i:i:i:i:i:i|i:i:i:|     _    从:i|i:i:i|
             |i:i:i:i:i:i|i:i:父ト.   ` イi:i:i:i:|i:i:i|
              ¨¨¨ ¨ 广\   r=彡i:i:i:i:i:i/|i刈
            _ _... イ   ハハV¨ド.¨
             /       \_/、l/ノ::/ヽハ
          ′           ̄|:::::::::::::::::::}\
                   V    _/::::にフ:::::/  ゚,
            |       |    /::::\::::::::/  |
            l/7¨¨\___l  /\:::::::::: イ   |   、
          .乂     |.ノ/     >=彡:|    :|r~‐メ
             |     /     /  |:.:. |    :|   |/

おかえり



>>283-284 ありがとうございます。とっても嬉しいのよー///


あと本当にすみません!!仕事の関係で今日更新出来そうにないです....待っていてくれた人たちに本当に申しわけないです....
(うち真面目な社会人やから....お兄さん許してぇ....)


なんか小ネタのリクエストがありましたらバンバン書いてください!!お願いします!!(溜まってるのも頑張って書きます....)


明日は行けると思います!

ではまた明日~




京太郎「投稿者のクズかこのやろう......」

: : : : :/ : : : : : :| : : : :|.. : :. ゙、: . ゙、゙、. \
: : : : : |. : : : : :i |: : : :i:|. : : : ∧: :、.i. .i: : . ` 、
.: : : : : !: : : : : | |、: : :| | : : i | !: :|:| : |:、: : : : : : >
: : : : : :| : : |: i 「! ヽート!、: : リ  !: |ハ: ト : | ̄ ̄
.: : :,..-、|: : :i: :|: !゙、 _、!二゙、-| イ: リ ! |ヽ:|
: : / へ.゙、 :丶ヾヽ<´{::::i` ヽ! 1!|:/| :!ノ゙、リ

: :ヽ    \ : :!丶   ̄     Vイ:ハ |\:i
.: : 丶    \゙、        `> リ  `
ヽ: : :`┬ 、  ヾ          /
  i: ;ィノ    U     ,....-ィ /
,,:‐レリ    _       ̄ /
゛=!_    \ `ー-、_  _/
::::::゛== 、 \   / ̄ヽ、
::::::::::::::::::::::゛===-、    >


>>1「許して下さい!なんでもしますから!」ペコペコ

了解~
ん? じゃあ、いろんなところに行ってばかりの京太郎に、一緒にいてほしいあらたそが膝の上に乗って説教


>>286 了解なのよー(ヤキモチやくあらたそかわいすぎんよ~)





すみません....仕事が終わっていまやっと帰ってこれました....


しばらくなんやかんやするので1時くらいから更新しますのでよろしくお願いします(あと、書き溜め全くしてないのですごく遅いです......すみません....)


では後ほど~

前スレからみて追い付いたら始まる直前とは!
全裸で待ってます!


>>288 ありがとうございます!でもパンツは履いててくださいなのよーw


では始めていきますよー(どこまでいったか覚えてなかったなんて言えない....)


........寝落ちしたらごめんなさい“〇| ̄|_


____________________



京太郎「えーっと...つまり...」ポリポリ


小蒔「?」

この可愛い小蒔ちゃん?によると俺はどうやら別世界の人間らしい




京太郎「要はドラえ〇んとシュ〇インズ・ゲー〇を混ぜたみたいな?」

初美「??...なにをいってるのかわからないのですよー」クビカシゲ


そういや10年前だとまだシュ〇ゲはやってないんだっけか......



ドラえもんは....ギリギリのぶ代世代だっけ....?




寝落ちかな?乙です


>>291-293 すみません....寝落ちしてしまいました....
(暖かい言葉ありがとうなのよー ニヤニヤしてしまうのですよー///)



昨日は寝落ちしてしまい、本当にごめんなさい....



なお、今日は(も)多分更新できません...

理由は大雨による影響で電車がヤバく帰れそうにないからです(白目)
(昔は台風の時は喜んだんですけどねぇ......シャカイジンッテコワイ....)


......でも台風まだ来てないのになぜこんな大雨が....(絶望)


私と同じ仲間の人は頑張りましょう!!(中四国の人ならわかるはず....)


明日は更新していくのでよろしくお願いします!!

ではまた明日~





また長い間待たせてしまって申し訳ありません!!

仕事が今落ち着いているので、再開していこうと思います。


明日からになるのでしばしお待ちを



ではまた明日~



イッチ起きて顔面蒼白の巻...


ほ、本当にすみません!!

昨日は帰宅してご飯も食べずに寝てしまうというミス....


多くの人に期待して貰っていたのに本当に申し訳ないです....


今日は更新するのですみませんがよろしくお願いします!!





灼「ちょっと自覚が足りんのとちゃう?」

                     /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
                  /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ
              /i:i:i:i|i:i:i|i:i:i:i:i:i:i:i:i:| V:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ

               |i|:i:i:i|i:i:i|i:i:i:i:i:i:i:i:i:|  ゚;i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:
                乂i:i:i|¬トi:i:i:i:i:i:i:i:|斗匕:i:i:i:i:iト:i:i:i|
              イi:i:i: 斤芝ト   ィ芝苅|i:i:i:i:i| }i:i:|
             //i:i:i:i:ハ Vツ     ∨ツ 八:i:i:i|イi:i:|
            〃:i:i:i:i/i小    `      /i:i:i:i:i:从刈
            ,ハ{:i:i:∧i:i:込、  r    厶イ/i:i/ ji|
             从i{!ヾi:i:i:i≧=-  イ{ |i:i/、¨¨
                 __ 二イ/ |  /∨ /〕iト.
               /     |/¨}ノ\  /      、
    r‐f:::::`:::..、   _/       |V:.:.:l:/ ∨       ∧
   /:l::::|:::l::::::::ハ /    |     廴:.:_7
  ,ハ¨「¨|::::Vノ  }ド¨⌒ヽ │     /:.:.:.:|      |/
  {:::ヽヽ):::::( イ/  \ /l  |      .:.:.:.:.:|      |
    ̄ ゝ.「 ̄\    ノ┴イ|    |:.:.:.:.:.|      |    イ

>>1「すみません!許して下さい何でもはしません!!」






すみません、お待たせしましたー!


あと30分ほどしたら投下していきますよー


寝落ちしたらマジですみません....


ではしばしお待ちを~


>>1「コソコソ...」

>>1「┏○┓」ペコリ


全然更新出来なくて本当にすみません!!

ようやく帰って来れました!

皆さんには本当に心配かけました...本当に申し訳ない“〇| ̄|_



なお、今日と明日は更新できない模様...(白目)


土曜日から再開していこうと思います!!

また頑張っていきますので、よろしければご覧下さい!!

ではまた土曜日に!!






灼「本当に申し訳な.....」ペコリ

灼「また1から頑張る!」フンス

                  -‐===   ミ
                 /i:i:i:i:i:i:i:i:}:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
              /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ
                /L:i:i:i:i:i:i:i:i:i||、|i:i:i:i:i|i|i:i:i:i:i:i:i:ハ
               ムイi:i|i:i:i:|i:iⅥ |i:i:i:i:i|廾i:i:i:i:-=|
            .:i:i:i:i:i:|i:i: 芹示ト   ィ≠ミヾi:i:i:i:|
             |i:i:i:i:i:イi:i:i| V)ソ     V)ソ /Vi:i:|
             |i:i:i:i:{ |i:i:i:|""     、 ""':i:i|i:i:i|
             |i:i:i:i:i:i|i:i:i:|     _    从:i|i:i:i|
             |i:i:i:i:i:i|i:i:父ト.   ` イi:i:i:i:|i:i:i|
              ¨¨¨ ¨ 广\   r=彡i:i:i:i:i:i/|i刈
            _ _... イ   ハハV¨ド.¨
             /       \_/、l/ノ::/ヽハ
          ′           ̄|:::::::::::::::::::}\
                   V    _/::::にフ:::::/  ゚,
            |       |    /::::\::::::::/  |
            l/7¨¨\___l  /\:::::::::: イ   |   、
          .乂     |.ノ/     >=彡:|    :|r~‐メ
             |     /     /  |:.:. |    :|   |/






世間ではポケモンサンムーンが発売されましたね!僕も欲しいんですよね...(リーリエちゃんprpr)


期待コメありがとうなのですよー


というわけでひっさしぶりに更新していきます!

本当にお待たせして申し訳ない...

なお、本当に久しぶり故、色々とこのイッチ忘れております.....色々とおかしいとこあったら教えて下さい!!(ぶ、文章の質は見逃してほしいのよー...)

いつも通り筆は遅いけど許してね...



というわけで、始めていきます!!



【注】このスレの京太郎はロリコンです









京太郎「(......ってそんなこと考えてる場合じゃないな...)」






そうか......ここは......



京太郎「......俺が元いた世界とは違うのか......」

小蒔「......うむ、そうじゃの」






京太郎「(なるほどな......どうりで昔の〝俺〟がいなかったわけだ...)」



違う世界ならば俺が居なくても別におかしくはないよな...







京太郎「(となると......この子達の目的は......)」



小蒔「......まあ、薄々感づいているとは思うが...」



小蒔「お主がこの世界に留まっておるの色々とまずくての」

小蒔「元のせk「嫌です!!」...はぁ!?」



京太郎「だって.......だって帰っちゃったらこの世界の灼たちに会えなくなるんだろ!?そんなの嫌だ!!」


京太郎「こんな素晴らしい(ロリ達で)世界から帰るなんて...そんなこと出来るわけがないっ......(ガチ泣き)」


小蒔「えぇ...(呆れ)」



ふぇぇ...小さい小蒔ちゃん(中身は違うけど)が蔑むような目で見てりゅよぉ...


京太郎「(凄く......凄く興奮する!!)」ハァハァ


初美「こ、こわいのですよー」ブルッ




おっといかんいかん...


京太郎「(顔整え中)」グシグシ

京太郎「というわけで、諦めてくれないかな?」ニコッ

小蒔「...」


京太郎「じゃy「グスッ...」...ひょ?」



小蒔「グスッ...ヒック...」ポロポロ


京太郎「!?」グフッ


小蒔「お願いっ...京太郎お兄ちゃん...」

小蒔「元の世界に...グスッ...帰ってほしいの...」ウワメヅカイ

京太郎「ぐはぁ!!(な、なんて破壊力だ......)」ボタボタ








京太郎「か、か.........え...」




........................あれ?


京太郎「......って中身は神様だから違うんだよな!?」イカンイカン


小蒔「...」チッ

京太郎「ちょっと舌打ちしちゃいましたよ、この神様!!」








小蒔「...まぁ冗談はさておき」チラッ

京太郎「?」


小蒔「色々とまずいのは本当での......例えばじゃ、赤土晴絵がおるじゃろ?」

京太郎「(晴絵?)」


小蒔「あやつは本来とらうま...というやつが続いておる状態のはずなんじゃ」

小蒔「お主のお陰...と言えば聞こえはいいのじゃがな、断然解消されておるのじゃよ」


京太郎「...」


小蒔「本来起こるはずが無いことが起こればのう......お主もわかるじゃろ?」


京太郎「未来を変えてしまう...ですよね?」

小蒔「その通りじゃ」





小蒔「他にもあるが.........まぁそんな感じじゃ」


小蒔「それにな......お主がこっちに来た後の元の世界の状況を教えておこう」

京太郎「え?そんな事分かるんですか!?」



春「みこにかかればよゆー」ピース

京太郎「巫女ってすごい!」

京太郎「(巫女モノはいいぞ)」





アカン.....神様の喋り方がワカメにしか見えなくなってきた.....

仕方ないのでこのままいきます...(白目)





小蒔「説明するとな、お主は現在入院中じゃ」

小蒔「意識不明の状態でな」

京太郎「...」


小蒔「まあ簡単に言うとデジモンでデータ喰われたみたいな感じじゃの」ケラケラ

京太郎「ざっくりしすぎだろ!?てかデジモン知ってる人にしか分からないだろ!!」




京太郎「(ってつっこんでる場合じゃない!!)」


京太郎「ってことは俺、四ヶ月も眠ってるってことなのか!?」アセアセ



小蒔「いや、4日だ」

京太郎「」ズコー


なんというご都合主義っ......仕方ないっ......仕方ないよねっ......



初美「いや!?4日もねむっているのはやばいとおもうのですよー!」

京太郎「......確かにそうだな」ナデナデ

初美「な、なぜなでるのですかー!///」カァー






oh(´・ω・`).....話が思いつかない...orz


すみません...もうちょい待って下さい(白目)



すみません...やっぱり思いつかなかったので明日書こうと思いますm(_ _)m


アドバイスありがとうございます(*´∀`*)


ではまた明日~




ちょっと今日も無理そうです...すみません.....


明日は多分出来ると思うので頑張るのよー


それではまた明日~



お待たせしました~やっと帰ってこれました(白目)


1時ぐらいから始めていきますのでしばしお待ちを~

ではでは~



すみません...眠気がやばいので今日はもう寝ます...(明日も仕事なのでお兄さんゆるしてぇ…)


ではまた明日~



カプテテフちゃんprpr


すみません、また少し待っててくださいなのよー

1時ぐらいから始めていきますのよー

しばし待たれよ!




すみません!!遅くなりました!


いまから始めていきますのよー

なおむっちゃ眠いです...寝落ちしたらゆるしてぇ…

今日はいつも以上にスロウリィでいきますのよー


では始めていきますぅ~





京太郎「!!そういえばみんなは!.........みんなはどうなってますか...?」



たしか........もうすぐ全国大会だったはず....!




京太郎「............ちゃんと...練習出来ていますか...?」


小蒔「......一応はしておる......しておるのがのぉ...」




小蒔「明らかに集中出来ておらんな」

京太郎「っ!?」


小蒔「特に.......鷺森灼....じゃの」

小蒔「あやつは明らかに同様しておるな.........練習に身が全く入っておらん」



京太郎「(そ、そんな...)」



.....まだ大丈夫かな.....(小声)


い、いけたーー!!(安堵)

本当すみません!!またこんなに間を開けてしまって.....“〇| ̄|_

年末はヤバかった.....アハハハハ.....(白目)


一応明日から復活する予定です!!待っててくれた人本当にありがとうございます!!


.......もう一年経ったのか.....早く終わらせないと.......


ではまた明日~



すみません...急用が入りまして...(泣)

明日には更新します!!“〇| ̄|_



うわぁぁあああ!!ごめんなさいぃぃいい!!今日も更新出来ません!!!(焼き土下座)orz

長らく待っていただいてるのに本当に申し訳ありません!!!

あんのクソ上司ぃぃいい!!仕事全部押し付けやがってぇえええええ!!!


明日か明後日には更新しますので、本当にすみませんが宜しくお願いします....(明日には更新したい.....来なかったら察して...(白目))


チラッ

よかったまだ行けた!(2回目)


本当にすみません...全然更新出来なかったです...

まだ少しの間忙しいので、もう少ししたら始めていきたいと思います。



期待だけさせておいて本当に申し訳ないです...


なんとか頑張って終わらせます!!



このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2016年08月30日 (火) 15:04:45   ID: Y1q-kVj6

すばら

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom