【咲-saki-安価】京太郎「ポケットモンスターK!」ユキ「その五」【R-18】 (1000)

○京太郎が主人公です。苦手な人は退避。
○荒しは無視でお願いします。
●ポケモンとクロスな為、ポケモンのキャラや原作ポケモンが出てきます。
○原作ポケモンが出ますが、捕まえられません。
●オリジナルキャラや他作品のキャラが出る事もあります(使える咲キャラ少ないので)
○スレに関する雑談は構いません。
◎たぶんR-18、念のため。
○このスレを立てる際に以下の作品を参考に致しました。
【咲-saki-】京太郎「目指せ、ポケモンマスター!」【安価】
上記のスレの設定や安価をマネ、もしくは改造しております。


以上を踏まえた点で読んでご理解した上でご参加下さい。


★目標:シナリオクリア+ポケモンリーグ制覇


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1460291572

前スレ

【咲-saki-】京太郎「ポケットモンスターK!」うた「その一」【安価】
【咲-saki-】京太郎「ポケットモンスターK!」うた「その一」【安価】 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1459248769/)
【咲-saki-】京太郎「ポケットモンスターK!」ひめこ「そん二」【安価】
【咲-saki-】京太郎「ポケットモンスターK!」ひめこ「そん二」【安価】 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1459433288/)
【咲-saki-安価】京太郎「ポケットモンスターK!」マホ「その三」【R-18】
【咲-saki-安価】京太郎「ポケットモンスターK!」マホ「その三」【R-18】 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1459720276/)
【咲-saki-安価】京太郎「ポケットモンスターK!」モモ「その四」【R-18】
【咲-saki-安価】京太郎「ポケットモンスターK!」モモ「その四」【R-18】 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1460025013/)

この世界の不思議な不思議な生き物 ポケットモンスター……縮めてポケモン


人と異なる生物で実に700類以上の存在が確認されている


彼等は時として、人と争い、崇められ、あるいはペットや人生のパートナーとして人と接してきた


故に、空に、海に、大地に、街に、この世界のありとあらゆる場所で目にすることができる


この物語は、一人の少年が生まれ育った街を出て旅をし、ポケモン達と触れ合いながら成長する物語である

【バトルについて】

うたはどうする?

1.たたかう
├1A:ひのこ(基本・ほのお/特殊/威力・40/命中・100)コンマ判定で0~10を出せば相手を『やけど』状態にする。
├1B:おどろかす(基本・ゴースト/物理/威力・30/命中・100)コンマ判定で0~30を出せば相手をひるませる。
├1C:ちいさくなる(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・―)自分の回避率を2段階上げる。
└1D:ほのおのうず(基本・ほのお/特殊/威力・35/命中・85)4~5ターンの間、毎ターン終了後最大HPの1/8のダメージを与え、
    その間相手は逃げられない。

2.アイテムを使う
└2A:モンスターボール×5

―.ポケモン交換

京太郎(さて、まずは何をするか。『ちいさくなる』で有利に進めるか、『ほのおのうず』で継続ダメージを狙うか)
京太郎(いや、シンプルに行けばいいか。ひのこだな)

↓2※ひのこを指示しましょう。『ひのこ』、または、『1A』と打ち込んでください。

バトルは上のとおりに指示を出すだけ!
相手に与えるダメージなどは、計算機で出しております。
命中率が100以下の物はコンマで判定します。
ゾロ目の場合は急所でゾロ目 優先です。

【経験値について】
経験値はポケモンを倒した時に、手持ちすべてのポケモンに入ります。
野生のポケモンの場合★×1で固定です。
【モブトレーナー戦の場合】
モブトレーナー戦だと上記に加え★が追加で+1入ります。よって★×2で固定です。

【ユニーク、イベント戦】
相手のポケモンLvが自分のポケモンのLv+3未満の場合★×1で固定です
相手のポケモンLvが自分のポケモンのLv+3以上の場合固定の★×1に加え3レベル毎にボーナスとして★が+1されます。
更にトレーナー戦だと★が追加で+1入ります。

例 ユニーク、トレーナー戦で、自分のポケモン Lv12が相手のポケモン Lv22を倒した場合

相手のポケモンのLv22ー自分のポケモンLv12であり、Lv3毎に★が+1されるので10/3で3(余りは切り捨て)

倒した時固定の★×1 + レベル差分のボーナス分★×3 + トレーナー戦★×1

合計★×5となります

【エロシーンについて】
なつき度を全部上げ、キャラ毎の条件をクリアすると見られます。

(例)
うた
愛情【硬い絆で結ばれている】条件1進化 条件2衣と一線を越えている 条件3ゲンシカイキをした

1キャラにつき、エロシーンは3種類です。


【街から街への移動について】

【目的地:コシガヤタウン(到着:残り二日)】 三番道路-三十四日目-
移動する場合、三回の安価を致します。(三回安価で一日を消費)
その結果によって様々なイベントが発生します。

安価
00~30:野生のポケモンが現れた【基本簡潔に処理】
31~60:トレーナーとバトル【名のついたトレーナー以外は簡潔処理】
61~90:何もなし
91~99:アイテムを拾う【再安価】
ゾロ目:美少女ポケモンが現れた【再安価】
77・99:???

↓1~3 

上記のスタイルで安価を取り、進んで行きます。

街との違いは、夜と朝のイベントが発生しません。
なのでなつき度が上昇しにくいです。

【街での行動】
~アチガタウン~ 三十三日目 昼
【行動回数:残り二回】【藍の球を追え! 1/3】

1.町を移動する
├1A:3番道路(中央方面)
└1B:船着場(リュウモンブチシティ方面)

2.施設を利用する
├2A:ポケモンセンター
├2B:フレンドリィショップ
├2C:依頼
├2D:ポフィン作り(一日一回)
└2E:温泉(夜限定)

3.探索
├3A:人の話を聞く
├3B:散歩(誰と歩くかも)
├3C:遺跡
└3D:ポケモンジム

4.修行
├4A:ポケモンのレベルを集中的に上げる(行動回数1消費)ポケモン二体選択、Lv1+コンマ分の経験値
├4B:ポケモンのレベルを全体的に上げる(行動回数1消費)全員にコンマ分の経験値
├4C:猛特訓(きずぐすり1個と行動を3消費する)全員にLv3UP+コンマ分の経験値
└4D:ポケモンを構う ※誰を構うかも

5.ポケモンを探す
├5A:3番道路
└5B:海

6.誰かに連絡
├6A:耕介博士
├6B:和
└6C:誠

7.安価
(無茶振りな安価は、最安価になります)

↓2

上記から選んで行動をします。
行動一回につき、行動回数を1消費します。
4Cの猛特訓だけ、行動回数を3消費します。

【現状手持ち】

1・うた ニックネーム:うたちゃん 呼び方:京太郎 ゴースト/ほのお
Lv25★☆☆☆☆ HP:67 攻:27 防:40 特攻:45 特防:40 素早:22
愛情【硬い絆で結ばれている】条件1進化 条件2衣と一線を越えている 条件3ゲンシカイキをした
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・かえんほうしゃ(基本・ほのお/特殊/威力・90/命中・100)【10%の確率で相手を『やけど』状態にする】
┃├2・あやしいひかり(基本・ゴースト/変化/威力・―/命中・―)【相手を1~4ターンの間『こんらん』状態にする】
┃├3・ちいさくなる(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・―)【自分の回避率を2段階上げる】
┃└4・ほのおのうず(基本・ほのお/特殊/威力・35/命中・85)【4~5ターンの間、毎ターン終了後最大HPの1/8のダメージを与え、その間相手は逃げられない】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2・ひめこ ニックネーム:ひめちゃん 呼び方:きょーたろー でんき/―
Lv25★☆☆☆☆ HP:72 攻:40 防:28 特攻:55 特防:50 素早:60
なつき度★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆(最大20/現在15)7/10
【覚えている技】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・ほっぺすりすり(基本・でんき/特殊/威力・20/命中・100)【100%の確率で相手を『まひ』状態にする】
┃├2・でんこうせっか(基本・ノーマル/物理/威力・40/命中・100)【必ず先制できる】
┃├3・アンコール(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・―)【3ターンの間、相手は最後に使用した技しか使えなくなる】
┃└4・かみなり(基本・でんき/特殊/威力・110/命中・70)【30%で相手を麻痺させる】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

3・まいる ニックネーム:まいちゃん 呼び方:主人さま(マスター) はがね/―
Lv25★☆☆☆☆ HP:72 攻:37 防:32 特攻:55 特防:50 素早:60
なつき度★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆(最大20/現在15)7/10
【覚えている技】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・アイアンテール(基本・はがね/物理/威力・100/命中・75)【30%の確率で相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる】
┃├2・スピードスター(基本・ノーマル/特殊/威力・60/命中・100)【相手全体を攻撃。自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する】
┃├3・てだすけ(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・―)【使用後、味方の技の威力を1.5倍にする。(優先度:+5)】
┃└4・かみなり(基本・でんき/特殊/威力・110/命中・70)【30%で相手を麻痺させる】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

4・まほ ニックネーム:マホ 呼び方:ごしゅじんさま あく/―
Lv25★☆☆☆☆ HP:62 攻:45 防:32 特攻:52 特防:28 素早:49
愛情【硬い絆で結ばれている】条件1進化 条件2スタイルチェンジをした 条件3ジム戦を2回体験
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・みだれひっかき(基本・ノーマル/物理/威力・18/命中・80)【1ターンに2~5回連続で攻撃する】
┃├2・にらみつける(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・100)【相手全体を攻撃。相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる】
┃├3・おいうち(基本・あく/物理/威力・40/命中・100)【相手がポケモンを交代する時に攻撃すると、交代前のポケモンに2倍のダメージを与える】
┃└4・うそなき(基本・あく/変化/威力・―/命中・100)【相手の『とくぼう』ランクを2段階下げる】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

5・もも ニックネーム:モモ 呼び方:パパ ゴースト/どく
Lv23★★☆☆☆ HP:67 攻:46 防:35 特攻:71 特防:46 素早:62
なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆(最大20/現在16)0/10
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・さいみんじゅつ(基本・エスパー/変化/威力・―/命中・60)【相手を2~4ターン(実質1~3ターン)の間『ねむり』状態にする】
┃├2・どくづき(基本・どく/物理/威力・80/命中・100)【30%の確率で相手を『どく』状態にする】
┃├3・のろい(基本・ゴースト/変化/威力・―/命中・60)【相手を『どく』状態にする】
┃└4・くろいまなざし(基本・ゴースト/変化/威力・―/命中・―)【相手を逃げたり、交代できなくする】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

6・ゆきこ ニックネーム:ユキ 呼び方:お兄さん ノーマル/―
Lv25★☆☆☆☆ HP:75 攻:45 防:54 特攻:39 特防:66 素早:65
なつき度★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆(最大20/現在14)0/10
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・はたく(基本・ノーマル/物理/威力・40/命中・100)
┃├2・みやぶる(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・100)
┃【使用後、相手の回避率に関係なく攻撃が当たる。相手が『ゴースト』タイプの時、『ノーマル』『かくとう』タイプの技が当たるようになる】
┃├3・こらえる(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・100)【必ず先制できる。そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る】
┃└4・つぶらなひとみ(基本・フェアリー/変化/威力・―/命中・100)【必ず先制できる。相手の『こうげき』ランクを1段階下げる】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

7・とき ニックネーム:トキ 呼び方:京ちゃん エスパー/フェアリー
Lv25★☆☆☆☆ HP:61 攻:27 防:33 特攻:45 特防:40 素早:37
なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆(最大20/現在19)4/10
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・ねんりき(基本・エスパー/特殊/威力・50/命中・100)【10%の確率で相手を1~4ターンの間『こんらん』状態にする】
┃├2・かげぶんしん(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・100)【自分の回避率を1段階上げる】
┃├3・テレポート(基本・エスパー/変化/威力・―/命中・100)【野生のポケモンとの戦闘を終了する】
┃└4・チャームボイス(基本・フェアリー/特殊/威力・40/命中・―)【相手全体を攻撃。自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
8・洋榎 ニックネーム:ヒロ 呼び方:ガ~ス~ どく/― 持ち物:きあいのたすき
Lv25★★★★★ HP:79 攻:62 防:42 特攻:55 特防:42 素早:49
なつき度★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆(最大20/現在13)4/10
【覚えている技】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・どくどくのキバ(基本・どく/物理/威力・50/命中・100)【50%の確率で相手を『もうどく』状態にする
┃├2・ベノムショック(基本・どく/特殊/威力・65/命中・100)【相手が『どく』状態の時、威力が2倍になる】
┃├3・へびにらみ(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・―)【相手を『まひ』状態にする。『でんき』タイプには無効】
┃└4・かみつく(基本・あく/物理/威力・60/命中・100)【30%の確率で相手をひるませる】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

9・ネリー ニックネーム:ネリー 呼び方:パピー フェアリー/―
Lv25★★★★★ HP:60 攻:22 防:45 特攻:32 特防:49 素早:19
なつき度★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆(最大20/現在9)6/10
【覚えている技】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・ゆびをふる(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・―)【ほぼすべての技の中からランダムで1つ使う】
┃├2・てんしのきっす(基本・ファアリー/変化/威力・―/命中・75)【相手を1~4ターンの間『こんらん』状態にする】
┃├3・あくび(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・―)【【次のターン終了時に相手を2~4ターン(実質1~3ターン)の間『ねむり』状態にする】
┃└4・しねんおずつき(基本・エスパー/物理/威力・80/命中・90)【20%の確率で相手をひるませる。】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

10・なるか ニックネーム:なるかさん 呼び方:京太郎君 くさ/こおり
Lv25★☆☆☆☆ HP:72 攻:43 防:37 特攻:43 特防:42 素早:32
なつき度★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆(最大20/現在8)6/10
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・れいとうパンチ(基本・こおり/物理/威力・75/命中・100)【10%の確率で相手を『こおり』状態にする】
┃├2・ふぶき(基本・こおり/特殊/威力・110/命中・70)【相手全体を攻撃。10%の確率で相手を『こおり』状態にする。天気が『あられ』の時は必ず命中する】
┃├3・はっぱカッター(基本・くさ/物理/威力・55/命中・95)【相手全体を攻撃。急所に当たりやすい】
┃└4・くさぶえ(基本・くさ/特殊/威力・―/命中・55)【相手を2~4ターン(実質1~3ターン)の間『ねむり』状態にする】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
11・豊音 ニックネーム:豊音さん 呼び方:京太郎君 あく/―
Lv40 HP:118 攻:97 防:80 特攻:125 特防:89 素早:117
愛情【硬い絆で結ばれている】条件1豊音を使えるようになる 条件2幻・伝説ポケモンのゲット 条件3ミヤモリタウンを訪れる
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ├1・ダークホール(基本・あく/変化/威力・―/命中・100)【相手全体を攻撃。相手を2~4ターン(実質1~3ターン)の間『ねむり』状態にする。】
┃ ├2・あくむ(基本・ゴースト/変化/威力・―/命中・100)
┃  【相手が『ねむり』状態の時、『あくむ』状態にする。『あくむ』状態になると、毎ターン、HPが最大HPの1/4ずつ減る。
┃  ただし『ねむり』状態から覚めると『あくむ』状態も解かれる】
┃ ├3・さいみんじゅつ(基本・エスパー/変化/威力・―/命中・100)【相手を2~4ターン(実質1~3ターン)の間『ねむり』状態にする】
┃ └4・だましうち(基本・あく/物理/威力・60/命中・100)【自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

テンプレは以上

文字化けしてるかもしらんが相性表

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃攻↓ / 防→ / ●弱(×2) △半(×0.5) ×無(×0)
┣━┳━┯━┯━┯━┯━┯━┳━┯━┯━┯━┯━┯━┳━┯━┯━┯━┯━┯━┳━┓
┃  ┃ ノ│炎│水│電│草│氷┃闘│毒│地│飛│超│虫┃岩│霊│竜│悪│鋼│妖┃  ┃
┣━╋━┿━┿━┿━┿━┿━╋━┿━┿━┿━┿━┿━╋━┿━┿━┿━┿━┿━╋━┫
┃ノ ┃  │  │  │  │  │  ┃  │  │  │  │  │  ┃△│×│  │  │△│  ┃ ノ┃
┠―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂─┨
┃炎┃  │△│△│  │●│●┃  │  │  │  │  │●┃△│  │△│  │●│  ┃炎┃
┠―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂─┨
┃水┃  │●│△│  │△│  ┃  │  │●│  │  │  ┃●│  │△│  │  │  ┃水┃
┠―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂─┨
┃電┃  │  │●│△│△│  ┃  │  │×│●│  │  ┃  │  │△│  │  │  ┃電┃
┠―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂─┨
┃草┃  │△│●│  │△│  ┃  │△│●│△│  │△┃●│  │△│  │△│  ┃草┃
┠―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂─┨
┃氷┃  │△│△│  │●│△┃  │  │●│●│  │  ┃  │  │●│  │△│  ┃氷┃
┣━╋━┿━┿━┿━┿━┿━╋━┿━┿━┿━┿━┿━╋━┿━┿━┿━┿━┿━╋━┫
┃闘┃●│  │  │  │  │●┃  │△│  │△│△│△┃●│×│  │●│●│△┃闘┃
┠―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂─┨
┃毒┃  │  │  │  │●│  ┃  │△│△│  │  │  ┃△│△│  │  │×│●┃毒┃
┠―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂─┨
┃地┃  │●│  │●│△│  ┃  │●│  │×│  │△┃●│  │  │  │●│  ┃地┃
┠―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂─┨
┃飛┃  │  │  │△│●│  ┃●│  │  │  │  │●┃△│  │  │  │△│  ┃飛┃
┠―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂─┨
┃超┃  │  │  │  │  │  ┃●│●│  │  │△│  ┃  │  │  │×│△│  ┃超┃
┠―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂─┨
┃虫┃  │△│  │  │●│  ┃△│△│  │△│●│  ┃  │△│  │●│△│△┃虫┃
┣━╋━┿━┿━┿━┿━┿━╋━┿━┿━┿━┿━┿━╋━┿━┿━┿━┿━┿━╋━┫
┃岩┃  │●│  │  │  │●┃△│  │△│●│  │●┃  │  │  │  │△│  ┃岩┃
┠―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂─┨
┃霊┃×│  │  │  │  │  ┃  │  │  │  │●│  ┃  │●│  │△│  │  ┃霊┃
┠―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂─┨
┃竜┃  │  │  │  │  │  ┃  │  │  │  │  │  ┃  │  │●│  │△│×┃竜┃
┠―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂─┨
┃悪┃  │  │  │  │  │  ┃△│  │  │  │●│  ┃  │●│  │△│  │△┃悪┃
┠―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂─┨
┃鋼┃  │△│△│△│  │●┃  │  │  │  │  │  ┃●│  │  │  │△│●┃鋼┃
┠―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂─┨
┃妖┃  │△│  │  │  │  ┃●│△│  │  │  │  ┃  │  │●│●│△│  ┃妖┃
┣━╋━┿━┿━┿━┿━┿━╋━┿━┿━┿━┿━┿━╋━┿━┿━┿━┿━┿━╋━┫
┃  ┃ ノ│炎│水│電│草│氷┃闘│毒│地│飛│超│虫┃岩│霊│竜│悪│鋼│妖┃  ┃
┗━┻━┷━┷━┷━┷━┷━┻━┷━┷━┷━┷━┷━┻━┷━┷━┷━┷━┷━┻━┛


タウンマップ:リツベ地方
三三三三三三三三三三三三三三三三│       ┌  ┐        ┌  ┐
三三三三三三三三三三三三三三三三│         Ⅹ           Ⅶ  
三三三三三三三三三三三三三三三三│       └  ┘        └  ┘

三三三三三三三三三三三三三三三三│          ┃            |
三三三三三三三三三三三三三三三三│ ┏  ┓    ┃  ┌─────┐ │    ┏  ┓
三三三三三三三三三三三三三三三三│   ⑪  ━━┻━    Ⅲ     ━~Ⅵ~  ⑨
 三三三三三三 Ⅱ 三三三三三三三│ ┗  ┛        └─────┘      ┗  ┛
 ┏  ┓    ┏  ┓三三三三三三 │                  ┃
   ①  三三 ④  三三三三三三 │                   ┃
 ┗  ┛   ┗  ┛三三三三三三 ┏  ┓              ┏  ┓  ┌  ┐    ┏  ┓
   ┃        ┃三三三三三三   ⑤    ━━━━━━━━ ⑫  ━ Ⅳ  ━━━ ⑥ Ⅷ
 ┏  ┓ Ⅰ ┏  ┓三三三三三三┗  ┛              ┗   ┛  └  ┘    ┗  ┛
   ②  ━━   ③  三三三三三三三│                 ┃
 ┗  ┛    ┗  ┛三三三三三三三三│               ┃
三三三三三三三三三三三三三三三三三│         ┏━━━━━━━┓

 三三三三三三三三三三三三三三三三│    ┏━━━     ⑦      ━━━┓
三三三三三三三三三三三三三三三三三│    ┃    ┗━━━━━━━┛      ┃
三三三三三三三三三三三三三三三三三│    ┃                     ┃

三三三三三三三三三三三三三三三三三│  ┏  ┓                    ┃
三三三三三三三三三三三三三三三三三│    ⑧                    ┌  ┐
 三三三三三三三三三三三三三三三三│   ┗  ┛                  │  │
三三三三三三三三三三三三三三三三三│    ┃                    │  │
           三三三三三三三三三三│   ┃                     │ Ⅴ│
三│─:波乗り 三三三三三三三三三三│    ┃                     │  │
━┃  :道     三三三三三三三三三 │  ┏  ┓                   │  │
~   :谷    三三三三三三三三三三       ⑩                    └─ ┘
                             ┗  ┛
                          
①:キヨスミタウン         Ⅰ:タカトオバラのもり

②:ツルガタウン           Ⅱ:ころもの屋敷
③:カゼコシタウン         Ⅲ:ウスザン

④:リュウモンブチシティ      Ⅳ:ダイサンゲンサバク
⑤:アチガタウン          
⑥:シライトダイシティ       Ⅵ:ケンタニ

⑦:センリヤマ&ヒメマツシティ 
⑧:エイスイタウン         
⑨:ミヤモリタウン         
⑩:シンドウジタウン

⑪:リンカイシティ
⑫:コシガヤタウン

【現在地:コシガヤタウン】


>>13
ありがとう、忘れてたわ

>>1000
成否判定を成功確定券を手に入れた!

                    _, ⌒\/ ̄ ̄ \

                ,    ̄ ̄ /     、     _\
             ´      /        \     `ヾ
            /         '     、 、 、     \
             /          |   {  :. | | ∨、\   \__
           ′        |    l|  } | |、 | |\ \ ̄ ̄´
           .        {   从 /-}/-Ⅵ {  ヽ |
          /       ,.-从   | }/ ィ≧、 {  \ }'
          /イ      { ⌒\ {   、 Vj ∨、  \
            八       、   \       ヽ  ̄
            Ⅵ        ,ー、         ,:'
            ヾ\    / ∧         -,
                  ヽ /{/     、       '
                _从/____ >  __ノ
              |///////////l :l//|

              |///////////|  //|
                /////////// ∧ :./|
          , <////////////////\l/、
        //////////////////////\l、

          //////////////////////////} }
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ユキ「お兄さん?」

京太郎「………」

  :/:)x八: . 圦__--  __   \);,  ヤi    、,㍉;.:.:.^ぃ  `~""  ´~^"^丶、__`つ
 /ii′   \ :/二ニ=‐-ミメ、 \  .り    /   \:.`:ヽ
 :八       :,′      `' 、  v/ |  / '    ` ;ヽ:.:.、
 .:.L≧=ー彡イ:          \ V | ' /      Vハ\
 i人   .:.:.i{ : : .             ヽ:|:.レ ,:′      }.i:ノ,   _
 / `':=ァ.:.:.:iヤ : : : . .       . : :i|少゙: : . .  . . : : 圦i:’  `
    ∧:.:i|込 : : : : : . . . . . . . : : : 八 : : : : : : : : : : : ,:仏ハ:i}  :i

    ∧(:.八i.:}i:,、: : : : : : : : : : : /: :,)iッ,___________,. イ 〕「i.:!リ  :i
   人乂ト、`r:リ{≧=‐----‐=彡  .:ノi:.:.:ノ八vノ:.i.リ アi.:.:,:′ ,:

.  ,:'^,.、xァう''i{圦: :^:、:ー:‐: '^ : : : : : : : たシ__彡シ __彡' '′ /
 / /  /´ : 八: :\: :\ : : : : : : : : : ; イ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【京太郎ビジョン】

ユキ「聞いてます?」
            _,...---、_,.、

           / : /: : / : : ヽー-、
            /. : :, !: iハ!/メ、.i | \
            イ : :{ ヽN  'i:!/!人iヽi
         _1: : :i(    _ 丶:\
        /   `Yリヽ   '、_)'´!`ー`
      /:::..     |  ,. _/
.      /.::、::    ト、ィ'
      / ::::::|::    !;-!
    /  ::::|::     ! ヽ、        ,:-‐クヽ
    /    ::!::..   ⊥__!_      /  ..:ノ)
   /     |::::..         ̄`''''''' ′..::::::::::ノ
.  /:     |::::.....      ..............:::_,:::-‐'′
 /::      `ー‐┬---r―'''''''"" ̄__
./__       /!   i      / iu-゙、
/----、\   ::::/ |::  ⊥ __,...-‐'.i...:ヒノ
 ̄ ̄`ー`ー`ー-、/ |::.         _,.-‐'"
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「この世の春がキターーーーー!!!!」

ユキ「………?」

京太郎「おめでとう!ユキ!そしてよく進化してくれた!」

ユキ「はぁ……喜んでもらえて嬉しいです」

京太郎(モモはパパって呼んでくるから、手を出せなかった!しかしだ……ユキなら問題ない!問題なし!)

ユキ「???」

京太郎「うっし! うっしゃー!」


暫くの間、京太郎は狂喜乱舞し、その後、ユキにはたき倒され正常に戻りました。

進化した為、技を少し変更

【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・おんがえし(基本・ノーマル/物理/威力・―/命中・100)【ポケモンがなついているほど威力が高くなる。最高102】
┃├2・とびげり(基本・かくとう/物理/威力・100/命中・95)【攻撃が外れると、自分の最大HPの半分のダメージを自分が受ける】
┃├3・こらえる(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・100)【必ず先制できる。そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る】
┃└4・つぶらなひとみ(基本・フェアリー/変化/威力・―/命中・100)【必ず先制できる。相手の『こうげき』ランクを1段階下げる】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

わざマシンで覚えられる技が かみなり ふぶき です。

技を変更しますか?

1:する
2:しない

↓1~3 一番多い選択肢

【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・おんがえし(基本・ノーマル/物理/威力・―/命中・100)【ポケモンがなついているほど威力が高くなる。最高102】
┃├2・とびげり(基本・かくとう/物理/威力・100/命中・95)【攻撃が外れると、自分の最大HPの半分のダメージを自分が受ける】
┃├3・こらえる(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・100)【必ず先制できる。そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る】
┃└4・つぶらなひとみ(基本・フェアリー/変化/威力・―/命中・100)【必ず先制できる。相手の『こうげき』ランクを1段階下げる】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   5・かみなり(基本・でんき/特殊/威力・110/命中・70)【30%で相手を麻痺させる】

ユキは かみなり を覚えたい

↓3 どれを忘れさせる?

【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・おんがえし(基本・ノーマル/物理/威力・―/命中・100)【ポケモンがなついているほど威力が高くなる。最高102】
┃├2・とびげり(基本・かくとう/物理/威力・100/命中・95)【攻撃が外れると、自分の最大HPの半分のダメージを自分が受ける】
┃├3・かみなり(基本・でんき/特殊/威力・110/命中・70)【30%で相手を麻痺させる】
┃└4・つぶらなひとみ(基本・フェアリー/変化/威力・―/命中・100)【必ず先制できる。相手の『こうげき』ランクを1段階下げる】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   5・ふぶき(基本・こおり/特殊/威力・110/命中・70)【相手全体を攻撃。10%の確率で相手を『こおり』状態にする。天気が『あられ』の時は必ず命中する】

ユキは ふぶき を覚えたい

↓3 どれを忘れさせる?

かみなり消して ふぶきでええの?

6・ゆきこ ニックネーム:ユキ 呼び方:お兄さん ノーマル/―
Lv25★☆☆☆☆ HP:75 攻:45 防:54 特攻:39 特防:66 素早:65
なつき度★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆(最大20/現在14)0/10
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・おんがえし(基本・ノーマル/物理/威力・―/命中・100)【ポケモンがなついているほど威力が高くなる。最高102】
┃├2・とびげり(基本・かくとう/物理/威力・100/命中・95)【攻撃が外れると、自分の最大HPの半分のダメージを自分が受ける】
┃├3・ふぶき(基本・こおり/特殊/威力・110/命中・70)【相手全体を攻撃。10%の確率で相手を『こおり』状態にする。天気が『あられ』の時は必ず命中する】
┃└4・つぶらなひとみ(基本・フェアリー/変化/威力・―/命中・100)【必ず先制できる。相手の『こうげき』ランクを1段階下げる】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

となりました。

【現在の状況】 三十六日

              _  , --、__        ┏─知り合い──────────―――――┓
             /.:.:.::.<´/三萬三\、     │リーフ   阿部                   │
              //.:.:.:.:.::.:.:.:,ニ(__)ニ.|     |耕介博士&慕                    |
           l  l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\___/|     |原村 和                       |
           |  |.:.:.::.:.:_,.  -―…‥‐- 、     │高久田 誠                      │
           |_レ<_______ \   ┗────────────────────┛
      ___, -‐:│ /ヘ ゙、,|≡≡ Y ≡NV ___ \  ┏─現在の所持金───┓┏─現在位置───―――――┓

     /:::::::::::::::::и{        丶  | ハ|   ̄   |             27050円||三番道路              |
    // ̄ ̄\::::::::::゙、ィ-ャ  r ----┐ ,ノ        ┗──────────┛┗─────────────┛
   //|::::::/::::::::::||::::::::::/\\_`ー-‐',...イ
  |/:::|::::/::::::::/::|| /「:ト、:::》   T ≫:::::::|       ┏所持品────────┓┏大切な物───────┓
  /:::::::::::::::::::::::::/ ゙̄、::| `ー-,ァ ケ/「|`ーi、       │モンスターボール ×2  ││わざマシンケース      │
 |:::::::::::::::::::::::::/     |;;|  o〈 // |;;|. / |       │きずぐすり     ×5  ││櫛               │
./:::::/ー-、:::/:::|    ||;;|   V   |;;|.  |       │どくけし       ×5  ││ウィングバッジ       │
|::::/::o:::/ヘ|::::::|    /:/   o   |::|  |       │まひなおし     ×4  ││レジェンドバッジ       │
|=|===彳 ||::::/    /:/       レ   |       │ねむけざまし    ×4  │┗───────────┛
|:::|::::::::::|:::イ、/    |´    o   ,イ   |       │オボンの実     ×4  │┏───────────┓
|:::゙、__;|:;/:::|     /       / |   |       │ふしぎなアメ    ×1  ││コンマズラシ券 ×1    │
|::::::::::::::::::::::/    /_      | |   |       │スーパーボール  ×4  ││成功判定確定券 ×1  │
!:::::::::::::::::::::|    /―┤  o ┌┤|   |      . │凄いポフィン    ×1  │┗───────────┛
`ー-、::::::::::|    /       /|   | |   |       ┗───────────┛
     ̄ ̄|o   |     / |     | |   |  .   .

┏手持ちのポケモン【Lv上限25】───────────────────────────────────────┓
│1・うた ニックネーム:うたちゃん 呼び方:京太郎 ゴースト/ほのお                                  │
│Lv25★☆☆☆☆ HP:67 攻:27 防:40 特攻:45 特防:40 素早:22       .                         │
│愛情【硬い絆で結ばれている】条件1進化 条件2衣と一線を越えている 条件3ゲンシカイキをした               │
│                                                                           │
│2・ひめこ ニックネーム:ひめちゃん 呼び方:きょーたろー でんき/―                                │

│Lv25★☆☆☆☆ HP:72 攻:40 防:28 特攻:55 特防:50 素早:60                                │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆(最大20/現在15)7/10                           │
│                                                                           │

│3・まいる ニックネーム:まいちゃん 呼び方:主人さま(マスター) はがね/―                            │
│Lv25★☆☆☆☆ HP:72 攻:37 防:32 特攻:55 特防:50 素早:60                                 │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆(最大20/現在15)7/10                           │

│                                                                            │
│4・まほ ニックネーム:マホ 呼び方:ごしゅじんさま あく/―                                        │
│Lv25★☆☆☆☆ HP:62 攻:45 防:32 特攻:52 特防:28 素早:49                                │

│愛情【硬い絆で結ばれている】条件1進化 条件2スタイルチェンジをした 条件3ジム戦を2回体験                  │
│                                                                            │
│5・もも ニックネーム:モモ 呼び方:パパ ゴースト/どく                                           │
│Lv23★★☆☆☆ HP:67 攻:46 防:35 特攻:71 特防:46 素早:62                                 │

│なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆(最大20/現在16)0/10                            │


│                                                  .                          │
│6・ゆきこ ニックネーム:ユキ 呼び方:お兄さん ノーマル/―                                        │
│Lv25★☆☆☆☆ HP:70 攻:40 防:34 特攻:34 特防:44 素早:55                                 │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆(最大20/現在14)0/10                             │
│                                                                            │
│7・とき ニックネーム:トキ 呼び方:京ちゃん エスパー/フェアリー                                    │
│Lv25★☆☆☆☆ HP:61 攻:27 防:33 特攻:45 特防:40 素早:37                                 │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆(最大20/現在19)4/10                           │

│                                                                            │
│8・洋榎 ニックネーム:ヒロ 呼び方:ガ~ス~ どく/― 持ち物:きあいのたすき                           │
│Lv25★★★★★ HP:79 攻:62 防:42 特攻:55 特防:42 素早:49                                  │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆(最大20/現在13)4/10                             │
│                                                                            │
│9・ネリー ニックネーム:ネリー 呼び方:パピー フェアリー/―                                      │
│Lv25★★★★★ HP:60 攻:22 防:45 特攻:32 特防:49 素早:19                                  │
│なつき度★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆(最大20/現在9)6/10                             │

│                                                                           │
│10・なるか ニックネーム:なるかさん 呼び方:京太郎君 くさ/こおり                                 │
│Lv25★☆☆☆☆ HP:72 攻:43 防:37 特攻:43 特防:42 素早:32                                │
│なつき度★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆(最大20/現在8)6/10                             │
│                                                                           │
│11・豊音 ニックネーム:豊音さん 呼び方:京太郎君 あく/―                                      │
│Lv40 HP:118 攻:97 防:80 特攻:125 特防:89 素早:117                                      │
│愛情【硬い絆で結ばれている】条件1豊音を使えるようになる 条件2幻・伝説ポケモンのゲット 条件3ミヤモリタウンを訪れる│
┗────────────────────────────────────────────────────┛

というところで今日はお終いです。
明日も同じ時間からやります。

技構成は、やっぱりこっちでやったほうがいいかね。
悩みどころです。

あと99引かんでよ……2%しかないのに


それじゃのー 感想やら質問あればどうぞ

オツありん

Q:淡のボールはプレミアボール可能?
A:捨てられてお終い

Q:のよりんのイベントは自動進行なのかな?
A:色んな所に行って条件が合えば、自動で進みます。

Q:ルギアはマルスケ?
A:どうしようね。あの子居れば、正直もう他の子要らんよね。考え中

Q:ウスザンの山頂まで何日掛かる? ロッククライム必須?
A:なみのり、たきのぼり、いわくだき、かいりき、そらをとぶ、フラッシュ 全部必須です。
  やり方(安価)次第では、全部なくても行けますけどね。
  大体、2~3日程度の日数です。

Q:胸で叩かれたんですね
A:某漫画のビックボイン思い出したわwww
  ユキが自分の胸を叩きながら、あの顔をするのか……

        )}    厂\ /{      \
       /   / /-_,,   _,,\     \
        人  ./ /エエ   エエ_i_\\_}
          ∨/ハ     {       | .} 八`
          / }乂!  ̄ ̄ ̄ ̄¨ .'ノ    \_
        / /  }.\\   // 、\     ヽ
   __/  ./  / / \  ̄ イ    \V⌒)   }
  / /   /{/⌒>   _,}  ̄ _! ⌒>   )!    ノ
.  { /  ./(  j厂⌒ ̄ム二二ニ}⌒ ̄ ̄ ¨ヽー彡′
.  V  ( _\| __   ̄` /⌒ ̄__    ∨.'
.  V/        `      ´    \  V   /
.  /                      ゚。 ゚。   .'
.  .'L                      ∧ | ./
  {:. `☆_     /{\          / .:i { ./
\|::.     ̄ ̄ ̄ .:::!:. `ー☆──=彡 .:::::} |/
.  、:::.       ..:::::::::.          .::::::/ ./
  .i\:::::::::::::::::::::::::::::::. 、:::.      ...::::::::::/ .∧

\ノ_ノ`<___ _.ノ::::\:::::::::::::::::::::::::::::/\}:::\_ノ


少し安価を変更します。

今まで、大部屋、個室を選んでもらっていましたが、今後は


【個室】

1:ポケモンと触れ合う(誰と触れ合うかも記載して下さい)
2:寝る
3:ふれあいルームへ行く
4:安価(具体的な内容も)

↓2 ※安価を取る場合は具体的な内容も書いてください。
    ポケモンと触れ合う際は、触れ合うポケモンの名前もお願いします。

上記のように致します。

常に個室で、トレーナーと触れ合う場合は【ふれあいルーム】を選んでください。

これで安価を一つだけ省略できると思います。



人いたらやんよ!

                            (  ヽ      ――――  ○  ――――
                    , ⌒ヽ    (     )          // | \  ┏──────┓
                   (    '   (       ヽ⌒ヽ 、   / / |    \│コシガヤタウン│
                   ゝ    `ヽ(              )        | (⌒ 、 ┗──────┛
                  (           、⌒         ヽ     (     ヽ
                 (    (⌒                  )   (
                           , ⌒ヽ                               _,,.,..,......
                          (    '                          .r‐'''"~   |.|
~|¨|¨"i |                      ゝ    `ヽ  ? ,. .r'"    '"''''''''''''''''''i――┐. .|      |.|
. ! .!  ! , 'ттттттr .h..,_u !!! |_|i` 、 (         -'"._,L ‐''"=='''T "T |_|     |.. ..| r.1.   .!.!
. ! ー!┌.――.―‐r.-   .|. i⌒j―~┤r- _ ュョ"'        レ"~ r.1 「~.|-.n-|「Γl | .|,.、     |  | |^| ,...、 |
_レさ/.| .(ェ)Aツ  | .|  .|,<ゝ'_イィ___.i⌒L  、.,.    (.ヲ,-、,.、 /¨)ノ.)-、ュ ! .|〈f ),ト、ノヽ,r>',.! .,f ζ.ヽト._,ィ.| ,、ヽ
.  ',i .| f i ヾ.ヘ、...| .|  .|l,.,_.|  __      |〉-.r '''''''ヽ='ィ `、ぅ`,'.} Y{ ''r'.Yヽiニ./'}f''{ }f,.)、><ニェェ f_,.-'-亠,、(ノ
┌─r''1.i__.| ノ}. | .|_,...._,Lヽ.,'´   ヽ‐_.i1_┘、_i二二っ_ヾi¨¨i },'/..l l.ヒi  .l'f、)ィ' i'"1 i l. i `i i.',ヽ~,.' .ィ     i.i-
|  |_,.|コっ,,1i_ | .| ̄ T,、mi      i_ ,.7A.fヽ_―――.< ~ヽi.゛1 l l ll,.、 i.iー'ヽニ、、i.l .l_.l lll.',ヽ'<_/j    トi′
⊥.⊥L.‐ ''" l | .|  /皿皿` ._,ィ(,,,,、)_., 、|ス.「「 ̄「 ̄|__}f"ヽ_ .i ^ト|イト、|./. <ノ、ツくヾ、.i i.ノリ "lヨ.ノ〈_   ,' .| ̄
- ._   _,..-'''ー-‐L」口 , -'"_フζ(`ー'―`-'"~| l  .|  .| |ニニコ¨  Ц~i ii.Tтl只´ l.l _〉J',l ll l ~ l 、 ̄.ト、|ニ
._ _,.`>´ | .}_t_   |,ィ'__`'_`´_`ー_―_''_'ト.ト_''_''"¨_┐ィ=.l     └`.}_ノ i.Y_ _j `i´.,' }i l'./|   l  l', .',
‐'"    | ._j    「 ̄|______________|┘<ヽl―.、.     Jl.l l. i. l"''~l  i`トi ト.、 i l ', .i---
      .|' ,..._,r''>-、   .| f.Y iY゙、ヽ〉V.>ヽi i ノ┌.────┐ ゙、        Lj、ノ └、_)    ` l l .i .l"""
      .レ rノヽr,><.ヽ,-゙、 、..|, 〉‐ンt ソヽr">、ノ7-Y7 ,.、  _.,.、  !""".|      しU          、_ .l ト┤
   /、,>`ト、ノ_, ノ、( ヽ_ヽ‐/j  n .|l ,.-L__l ,r-__,..、l',( __,< ),.>ク、-.、,..`、                 ~ `"´
  /,,r''ヽ-'ヽ{,r-_ノ.Y  |./,ィ<ヘ,イ< ゙、,' |ノf Y. Y.¨)'i-( ヽ>-<~ヽr-.<)、)`、
/,,.、 `>''"''"ヽ,r' .〉- l,.r=|.ノ  i i  i ', .ll .レ'-'i.i `‐'ィ|`rY 口 ',コ ト、´ ', } }`、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |

__________ |__________ |________ ト、
ー‐―――――――――――――――――――――――――――――┤
ー―――┬―――――‐ー┬―――――ー‐┬──────ー┬───┘

            ,.  ´ ̄ ̄ `  、__
          /   ,      / /⌒Y
         /    /    ,:       | ̄\
        .:'    '  /__/   ,      |   \__
       /    /  ///\/ /   .'   '    {` ̄
     /イ ,.. 、イ /}/⌒ヽ、/´   // /   、   、
       { { Ⅵ /   Vオ {从 /-}/-、  }  、 \
       | |  {/       ∨ィ=、}/  ,  |、 }  ̄
       / 乂   u      ::::::: Vソ' ,l ∧l |
        /イ , 八   ,...、    '   /ムイ,'∧ |
      /\ /  、 〈- 、\__     ム/ /   \
>----イ///\   .  `  ー '  イ/从
////////\///    、   .  ´
//////////\{    /`¨¨ 、

////////////>、  {、     〉
/////////////(_)}   ∨、_,イ/\
///////////////`¨¨¨|/\////\

//////_,. --- 、//|    |///\////>--、
/> ´   --、 ∨ム  //////////////}
     ´¨¨ヽ\〉 ∧///,イ/////////// |
        - \///{/イ//r- 、///////∧
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎「なんだこれ!?」


ポケモンセンターを出ると目の前の光景に驚きの声を上げた。

目の前には、人、人、人の群れ。

あちら此方には、露店が立ち並び、祭りのようだ。

遠くから大きな破裂音も聞こえるので本当にお祭りなのかも知れない。


京太郎「電話?」


唖然と立ち尽くしていると、ポケギアが鳴り響く。

見れば、誠からの連絡のようだ。


: : : : :/ : : : : : :| : : : :|.. : :. ゙、: . ゙、゙、. \
: : : : : |. : : : : :i |: : : :i:|. : : : ∧: :、.i. .i: : . ` 、
.: : : : : !: : : : : | |、: : :| | : : i | !: :|:| : |:、: : : : : : >
: : : : : :| : : |: i 「! ヽート!、: : リ  !: |ハ: ト : | ̄ ̄
.: : :,..-、|: : :i: :|: !゙、 _、!二゙、-| イ: リ ! |ヽ:|
: : / へ.゙、 :丶ヾヽ<´{::::i` ヽ! 1!|:/| :!ノ゙、リ

: :ヽ    \ : :!丶   ̄     Vイ:ハ |\:i
.: : 丶    \゙、        `> リ  `
ヽ: : :`┬ 、  ヾ          /
  i: ;ィノ    U     ,....-ィ /
,,:‐レリ    _       ̄ /
゛=!_    \ `ー-、_  _/
::::::゛== 、 \   / ̄ヽ、
::::::::::::::::::::::゛===-、    >
━━━━━━━━━━━━━━【通話中】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「もしもし?」

誠『よー! どうした? なんか覇気ないな』


電話に出れば、陽気な誠の声が聴こえてくる。

目の前の光景に呆気に取られていた為、些か気が無い返事を返してしまう。


京太郎「あー……コシガヤタウンに着いたんだけど」

誠『なるほどな、驚いたろ』

京太郎「驚いた、昨日の夜は気づかなかったけど……祭りでもやってるのか?」


何かを知っている風である誠に質問を投げかける。


誠『いやー……なんでもそこは何時もその状態らしい』

京太郎「毎日これか」

誠『そそ、リツベ地方の真ん中に位置してるだろ?』

京太郎「あぁ」

誠『どこの町に行くにも通るから、通行量が多いんだ』

京太郎「そっか……それで」


誠の答えで疑問が解けた。

つまりは、人が多く通るからこそ、お金が落ちるのだろう。


誠『何せ、ダイサンゲンサバクとウスザンへの休憩場所としても使われてるし、金は落ちる』

京太郎「それで行商人がってところか」

誠『そそ、【バザー】とか行くと楽しいぜ。【掘り出し物】があったりしてさ』

京太郎「へー……いいな」

誠『【コンテスト会場】もいいな』

    __,.ィ ̄ ̄`ヽ/ヽ__

      > ´ ̄  /   `   `、  、
、 -  ´    /   '     } ヽ ヽ\  \
 `  ̄ >'  /   ,: |    ∧/! |   } ヽ  ヽ
   /,ィ  / ' / /|   _/,.ム斗}-/  ハ   :.
  {/.'   ,| ,.|-}/-{ | / ,ィチ斧ミ }/ }  |    .
  /  イ/{ : ! ィ斧从}/   Vzソ ノ /イ ,:
<__  ´// 从{ Vソ /         / イ- 、  |
     {'{  { ,    '           /' ⌒ }  |
      从Ⅵ              /.: ノ  |
       叭   v_ ̄ヽ      ,rー'   从
         、           イj   / /
            :.          < |'  /}/
            、__   ´    } イ从/
               |        |/
              「 ̄|     「 ̄ ̄ ̄ ̄}
              |//l|     |//////// 、
        ,. <// ∧      |//////////> 、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【通話中】━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「コンテスト?」

誠『そそ、ポケモンの【魅力】を競い合う競技だ』

京太郎「……コンテスト」

誠『ブリーダー目指してるお前なら、ジム戦より興味が惹かれるかもな』

京太郎「……確かに」

誠『行ってみるといいぜ? 色んなパフォーマンスが見れて楽しかったし』

京太郎「分かった。ありがとう」

     _ / ,  / //|     , | ,:  |  V  :.
     ` ̄ /  ' | |∧ |  / },l --|   |   |
       /,イ  { |-- 从 / /,ィrtォ、 , |   |
       /  ∧ |,ィtォ、∨ '  Vり {,イ /-、  }
      / イ{从{ Vり }/       |イ l) } 从
      ̄    Vr:l    '           //
          l叭    _      r ' /

             、  `ー`    イ  {
             \      /  |∧」
                ` r‐ ´「 ̄ ̄ ̄}
              「 } |    |///// ∧
               |/|_,ノ   /////////≧=-
           _//∧   「/////////////////≧=- 、
       -=≦/////〈 ∧_///////////////////////∧

     /////////////V∧/////////////////////////∧

      ///////////////\{///////////////////////// ∧
     ,'/////////////////|o//////////////////////////{
     {/////////////////{/////////////////|//////////|
━━━━━━━━━━━━━━【通話中】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


誠『あとは……そうだ! バトルの件だけどさ。センリヤマ&ヒメマツシティでやろうぜ』

京太郎「何かあるのか?」

誠『ポケモンバトル大会が開かれるんだ』

京太郎「バトル……大会」

誠『ルーキークラスとかレベルによって参加出来るみたいだからさ、デュエルの約束もそれでやろうぜ』

京太郎「……分かった。そこでやるか」

誠『そうこなくちゃ! それじゃまたな!』


そう言うと、誠との電話が切れた。

【バザーが開かれてるようだ】
【コンテスト会場があるらしい】
【センリヤマ&ヒメマツシティで大会が開かれるらしい】
【誠とのデュエルの約束をした】

: : : : :/ : : : : : :| : : : :|.. : :. ゙、: . ゙、゙、. \
: : : : : |. : : : : :i |: : : :i:|. : : : ∧: :、.i. .i: : . ` 、
.: : : : : !: : : : : | |、: : :| | : : i | !: :|:| : |:、: : : : : : >
: : : : : :| : : |: i 「! ヽート!、: : リ  !: |ハ: ト : | ̄ ̄
.: : :,..-、|: : :i: :|: !゙、 _、!二゙、-| イ: リ ! |ヽ:|
: : / へ.゙、 :丶ヾヽ<´{::::i` ヽ! 1!|:/| :!ノ゙、リ

: :ヽ    \ : :!丶   ̄     Vイ:ハ |\:i
.: : 丶    \゙、        `> リ  `
ヽ: : :`┬ 、  ヾ          /
  i: ;ィノ    U     ,....-ィ /
,,:‐レリ    _       ̄ /
゛=!_    \ `ー-、_  _/
::::::゛== 、 \   / ̄ヽ、
::::::::::::::::::::::゛===-、    >
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「すっげー……人が多い、こりゃ荷物は置いてきた方がいいな」

~コシガヤタウン~ 三十六日目 朝
【行動回数:残り三回】
【イベント情報】
【藍の球を追え! 1/3】【星に願いを:ゴーシャスで特別な豪華なボール? 1/5】
【宇宙からの来訪者:誰かに付けられてる気がする…… 1/5】

1.町を移動する
├1A:4番道路(センヤマ・ヒメマツ方面)
├1B:3番道路(アチガ方面)
├1C:5番道路(ウスザン方面)
└1D:ダイサンゲンサバク

2.施設を利用する
├2A:ポケモンセンター
├2B:フレンドリィショップ
├2C:依頼
├2D:ポフィン作り(一日一回)
├2E:バザー
└2F:コンテスト会場

3.探索
├3A:人の話を聞く
└3B:散歩(誰と歩くかも)

4.修行
├4A:ポケモンのレベルを集中的に上げる(行動回数1消費)ポケモン二体選択、Lv1+コンマ分の経験値
├4B:ポケモンのレベルを全体的に上げる(行動回数1消費)全員にコンマ分の経験値
├4C:猛特訓(きずぐすり1個と行動を3消費する)全員にLv3UP+コンマ分の経験値
└4D:ポケモンを構う ※誰を構うかも

5.ポケモンを探す
├5A:3番道路
└5B:ダイサンゲンサバク

6.誰かに連絡
├6A:耕介博士
├6B:和
└6C:誠

7.安価
(無茶振りな安価は、最安価になります)

↓2

                ,. --- 、        ____
                  /,  ´ ̄ ̄` '⌒´     \
           、_/_/⌒ヽ , /            ヽ
            ,---、  / //    :       ヽ :.
           ,  / ̄-/ /' {   | |       | :
          / __   ̄,./ /-' l| l | |___ l |    |
            .:' /   ,イ _| | |ア__l { { | / }`| |    |
       /       ,:´ | { | l\{从 ∨ィ斧ミ、 |    |
    /\'´        /{  | 从{__,. \∨Vソ }イ ト、 ∧{
    ////\ r---  ´八 !∧  ̄   ,:  :.:.:  }/ノ/ リ
.   ///////\      \}∧         u 八/
  //////////〉        込、  __    ,.: /
  ///////// /          }>、   ` イ |从
 ,'//////// /   _      /--、l ` ̄ :,   |--、
.///////// /  イ/////\   {////}   /  「///|
'//////// /´// {////////ー '|////|   ,   |///l|
///////////// |l///////////ヽ// \    |////> 、
////////{/////{!/////////////////}--- /////////> 、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【バザー】
京太郎「多すぎて進めねぇ……」

うた「う~ん、すごいねぃ」

京太郎「のんびりとは見て回れないか」

うた「あれだね、欲しい物を決めといて探した方がいいねぃ」

京太郎「そうだな、絞るか」


【バザーについて】
バザーでは、様々な物が売られています。
最初に安価で欲しい物を選んでもらい、その後コンマで判定してあるかを判定します。
注意:イベントに必要な物も手に入りますが、高価になります。


↓1~3 欲しい物 安価

    __,.ィ ̄ ̄`ヽ/ヽ__

      > ´ ̄  /   `   `、  、
、 -  ´    /   '     } ヽ ヽ\  \
 `  ̄ >'  /   ,: |    ∧/! |   } ヽ  ヽ
   /,ィ  / ' / /|   _/,.ム斗}-/  ハ   :.
  {/.'   ,| ,.|-}/-{ | / ,ィチ斧ミ }/ }  |    .
  /  イ/{ : ! ィ斧从}/   Vzソ ノ /イ ,:
<__  ´// 从{ Vソ /         / イ- 、  |
     {'{  { ,    '           /' ⌒ }  |
      从Ⅵ              /.: ノ  |
       叭   v_ ̄ヽ      ,rー'   从
         、           イj   / /
            :.          < |'  /}/
            、__   ´    } イ从/
               |        |/
              「 ̄|     「 ̄ ̄ ̄ ̄}
              |//l|     |//////// 、
        ,. <// ∧      |//////////> 、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【バザー】
京太郎「欲しい物は、【豪華なボール】【ふうせん】【避妊用具】かな」

うた「……別に最後はなくてもよくね?」

京太郎「いや……まだ旅はしてたいし」

うた「にゃー……そもそも出来るか知らんけどな」

京太郎「念の為だ……念の」


豪華なボール 01~98:失敗 ゾロ目:あった!
ふうせん    01~50:成功 51~99:失敗 ゾロ目:飛んできた!
避妊用具    01~99:成功 

↓1

ちなみに、まだゴージャスボールと決まってません。
人に聞いてないですし、情報も集めてないです。
なのでこの判定になります。
情報を集めて、京太郎がボールの正体を理解しなければ、手に入りずらいです。

             ,  ̄    ̄  `ヽ

        _ ,:' ̄  ヽ          ヽ
       /         ヽ           ヽ
      /   /                    ヽ
     /    | |  ヽ                 \
    / /..   l |   ヽ   \        ィ      i
  _// /    ヽ   ヽ   \       トケ     |
   / ||   |    ヽ   ヽ   .\      トケ    ハ
   |  | | /-                 火     |
   | .  | /__―ヽ          ヘ ヽ   -    |ヽ
   i/.|  |   ハゥ//   .|  .|   |  .ヒ iリリノ ハ |  ヽ.  |
    i/ヽ| ` ̄ |/ \|\|リト ヘハヽ´カィィィハ/| / ヽ ヽ

      `   /                 >/ i i
        !  ヽ  -、             ひ/ i
        !.                   _ _ /|トニィ
       ':,                ___ |::::::::::|/\_ _ _
        _\_ __ 、      ,:'    `::::::://    |
      / ,/,:'     ` - ,/    /´//      \
   ___| _,; '              /.//   へ_―    |
  / __/ ,:'              /  /.  ./        l
. ;;;;;;/  ヽ‐;             ./    __/          .\
       |_ ;              /    ノ              \
      ヽ             /   /                .\
      /_ ヽ          |  /                   ヽ

       ヽハノ \_        .| /                       ヽ
 .     / ヽ‐ ´  |       |       ::::/           
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【露店】
「おぅ、らっしゃい」

京太郎「どもって……あれ?」

「あぁ……お前さんか」

京太郎「カゼコシタウン以来ですね」

「そうだな。元気そうでよかった」

京太郎「ありがとうございます。そちらも変わりない様で」

「はっはっは、そうだな。さて、話はこれぐらいで商売としますか、欲しい物はあるか?」

京太郎「えっと……ポケモンに持たせる【ふうせん】と……【ひ、避妊用具】を……」

「………」

京太郎「………」

「お盛んだな」

京太郎「く~……言い返せない!」

              _/: ; : . :. ,. ´      \
            ´ノ: . /: ./ ,'      ,. -  `ヽ
           ィ´: . /,∠ィ ,'     , '     ヽ i
   -‐7ーく ̄\_ノ . : . :! r: .レ: ./   /        } |
   :.:.:.:.:.:.:.:.ヽ  ヽ: . : . :.{ ` |ハ/: . . i   /|   ノ人
      :.:.:.:.:ヽ  ∨´ン^フ  {/j/|ハヘ `V    /
          :.:.::`,  l : . : {   u    ヾ〉丿  ノリ
         ';:.:.:.l  l                ´ハ/
          ';:.:.:.l  ヽ       r‐-── 、/
           !:.:. |  |-─、 (二二_`ヽ {
    、       !:.:.:.\_ノ    \{二 `ヾ、ヽ |
   ‐ヽ─-- 、 | ()ィ/:.      }`\\_`ー、ヽ
      ';.:.    l   〈:.      |  ヽ    |
      ';.:.   !  ノ   、   ノ|   {:.:.    !
  :.    ';:.:.  lc〈 .:;' ,':./  {     |:.:...   l
  :.:..   ヽ:. l/:.:.,'  !:´.::.... ノ´〕   ヽ:.:...   |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「一応、扱ってるけどな……」


1:ふうせん      5000円 (残り1)
2:避妊用具(ゴム) 2000円 (残り1)

【手持ち 27050円】

↓2 どれを買う?

避妊用具ってどんな効果があるんだ?

          //           \ヽ
        /イ ,       ヽ、   ,.\ ヾ;、
        / ., イ!          ヽ l,  ヽ、 、,ゝ
          | / ハ |         ヽ,ト┬r;.ミ、ヽ __
       ハ.| |=l,. l.     ,.  l ト-ゝノ 川ドー〈::::`ヽ
        lハ/|て! .l  i ,. |   ハ!  r '゙j;:リ.:.:.:.:.:!::.: : : .
           l j゙ヾヽ'从ハ./   .iノ/:::::::::::ノ:.:.: : : .
              ヽ,,、    ′     /./::::::::::/::.:.:. : : : .
              \       /,.:゙::::::/::::.:.:.:. : : : : .
               /スニヽ   / ./::::;ィ:'|:::::::::::.:.:.:. : : : . .
             </  ヽ--'ソ ./:://:::|::::::::::.:.:.:. : : : . .
                 \//:::/::::::!:::::::::::::.:.:.:. : : : .
                     /イ:::::/:::::::::|:::::::::::::::::.:.:.:. : : .
                  「::::::;':::::::::::|::::::::::::::::::::::.:.:.: : : .
                  ノ::::::;':::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「おぅ、毎度」

京太郎「ありがとうございます」

「俺は、よくここに居るから、何か必要な物があればまた来てくれ」

京太郎「はい!

【手持ち 27050円⇒22050円】
ふうせんを手に入れた!


1:うた   ほのお/ゴースト
2:ひめこ でんき
3:まいる はがね
4:マホ  あく
5:ユキ  ノーマル
6:トキ  フェアリー/エスパー
7:洋榎 どく 手持ち:きあいのたすき
8:ネリー フェアリー
9:なるか くさ/こおり


↓2 誰かに持たせますか? (保留もあり)

                    ____
                 . : ´: : : : : : : : : : :`: .

                /: : : : : : : : : : : : : : : : :\
                    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
                /:/: : : : : : : : : : : : : : :|: : : : : : ::.
                  /:/、: : : / : : : : |.:.: : : :.l: : :\: : : : >、
            __/:/ : \::/ : : : : /|.:.: : : :.l\: : :\/:、:\
         _____/: : : : :/:./: :/ |:|: : : : l  \: : l: : : \:.:\
      //    /: : : : :./:.//___,ノ|:|:: : :./\_|:.:∧: : : : \:.:\
.     〈八  /: : : : : :.∧:.{ァ斧==ミ|:|:.:/ァ==斧ミ/ ∧:: : : : ::\:/〉

      \ヽ/: : : : : : /、 ∨ 乂)炒'^ノ'   乂炒 |_/: :‘, : : : : :∨
          ∨:/: : : /:l : 个ヘ ´:/:/:/:/:/、/:/:/:` 从: :/:∧: : : : : :;
.        /:/: :/./\八:.:.| : : :.    /⌒=- 、_ .:: : :.:/:/ }:.|:.|: : /
.         l八:/l/  / ̄ \/〕iト ノ==--    \/}/ ,ノイノ}: /
            /      \ ∨==--       \\   .ノ '
             |         |└┬‐ 、‐、―‐    ∨!
             |      | |\/\__l\\     ||
               \    | |  \ |:i:| {\     ||
               __\_|_|     |:i:|,/|  \ 、 ト|
              ∨:::::::::\:::|     |:i:| |    \\ |
.                ∨ ̄ ̄ \   |:i:| |  \ \〉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ひめこ「~♪」

京太郎(ふうせんを気に入ってくれたみたいだ)

~コシガヤタウン~ 三十六日目 昼
【行動回数:残り二回】
【イベント情報】
【藍の球を追え! 1/3】【星に願いを:ゴーシャスで特別な豪華なボール? 1/5】
【宇宙からの来訪者:誰かに付けられてる気がする…… 1/5】

1.町を移動する
├1A:4番道路(センヤマ・ヒメマツ方面)
├1B:3番道路(アチガ方面)
├1C:5番道路(ウスザン方面)
└1D:ダイサンゲンサバク

2.施設を利用する
├2A:ポケモンセンター
├2B:フレンドリィショップ
├2C:依頼
├2D:ポフィン作り(一日一回)
├:バザー(一日一回)
└2F:コンテスト会場

3.探索
├3A:人の話を聞く
└3B:散歩(誰と歩くかも)

4.修行
├4A:ポケモンのレベルを集中的に上げる(行動回数1消費)ポケモン二体選択、Lv1+コンマ分の経験値
├4B:ポケモンのレベルを全体的に上げる(行動回数1消費)全員にコンマ分の経験値
├4C:猛特訓(きずぐすり1個と行動を3消費する)全員にLv3UP+コンマ分の経験値
└4D:ポケモンを構う ※誰を構うかも

5.ポケモンを探す
├5A:3番道路
└5B:ダイサンゲンサバク

6.誰かに連絡
├6A:耕介博士
├6B:和
└6C:誠

7.安価
(無茶振りな安価は、最安価になります)

↓2

    __,.ィ ̄ ̄`ヽ/ヽ__

      > ´ ̄  /   `   `、  、
、 -  ´    /   '     } ヽ ヽ\  \
 `  ̄ >'  /   ,: |    ∧/! |   } ヽ  ヽ
   /,ィ  / ' / /|   _/,.ム斗}-/  ハ   :.
  {/.'   ,| ,.|-}/-{ | / ,ィチ斧ミ }/ }  |    .
  /  イ/{ : ! ィ斧从}/   Vzソ ノ /イ ,:
<__  ´// 从{ Vソ /         / イ- 、  |
     {'{  { ,    '           /' ⌒ }  |
      从Ⅵ              /.: ノ  |
       叭   v_ ̄ヽ      ,rー'   从
         、           イj   / /
            :.          < |'  /}/
            、__   ´    } イ从/
               |        |/
              「 ̄|     「 ̄ ̄ ̄ ̄}
              |//l|     |//////// 、
        ,. <// ∧      |//////////> 、
━━━━━━━━━━━━━━━━【通話中】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「こんにちは、博士」

耕介『おぉ、丁度よかった!』

京太郎「へ?」

耕介『丁度連絡しようと思っててね』

京太郎「何か用事ですか?」

耕介『うん、美少女ポケモンが10人越えたからボーナスを振り込んで置いたよって話』

京太郎「ボーナス?」

耕介『京太郎君の知っている通り、君のポケモンの情報は自然と此方に届くようになっている』

京太郎「そうですね」

耕介『君が多くの子を捕まえてデータを大量に送ってくるせいで此方は嬉しい悲鳴だ』

京太郎「はぁ……」

耕介『それでボーナス』

京太郎「とはいっても……飯やら服の代金を出してもらってますけど」

耕介『それはそれ、これはこれ。まぁ……理由を付けるなら逃したくないのさ』

京太郎「逃したくない?」

耕介『他の研究者達がね。美少女ポケモンに関しては、今まで細々とやっていただけだからね』

耕介『君にへそを曲げられたくないのさ』

京太郎「あー……機嫌取ろうと?」

耕介『そーいうこと、後で返せ!とか言わないし、喜んでいいと思うよ』
【ボーナス 30000円獲得】
【手持ち 22050円⇒52050円】


京太郎「それで……聞きたいことがあるんですけど」

↓1~3

               __  /⌒ヽ
                 ⌒\ ∨   ヽ___
              _, ----`      ∨   `ヽ、
           /´               |     \
          / ____    /  l|     | :.     \
            ///    /   |     |l |  :       ヽ
              /  /   //  ,∧    / ,イ  l| :.  .  .
          / イ / // : l  |    ' / !  从 |  :   :.
         .'/  ' ' /-|-{ {  |  /}/  | / } }  |    .
         }'  / |Ⅵ { 从  '  ,     }/ /イ   }     .
           / イ | l{   { ∨/      '    }   ∧ :   :.
          ´  | {|从三三 /   三三三 /  /--、| ∧{
                {从 |     ,            ムイ r 、 }} /} \
               |                ノ ' }/イ/
                {               _,ノ
                   人       _,..::ァ       r }/
                     `     ゝ - '   イ   |/
                        `  ーr  ´  ___|_
                     ___|     |//////|
                   {|___ノ  __|[_]//∧_
                 /// |____|///////////> 、

                     ///// |   /////////////////> 、
               /////// { //////////////////////}
             //////////∨///////////////////////|

━━━━━━━━━━━━━━━━【通話中】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎【特別でゴージャスで豪華なボール】について何か知りません?」

耕介『ごー……? う~ん、色んなボールがあるけど……やっぱり【ゴージャスボール】かな」

京太郎「ゴージャスボール? そのまんまですね」

耕介『捕まえた子のなつき度を上あがりやすくなるボールだね』

京太郎「何処で売ってますかね?」

耕介『ショップとかでは売って無いと思うな、あれ非売品になったし』

京太郎「マジですか」

耕介『まじまじ、一部のコレクターとかが持ってるって話だけど……買うとしたら』

京太郎「買うとしたら?」

耕介『10万円は覚悟しといたほうがいいよ』

京太郎「     」

耕介『あとは……イベントの賞品として扱われたりするんじゃないかな』

京太郎「なるほど」

耕介『イベントがあったら、確認してみるといいよ』

京太郎「ありがとうございます!」

.            _,.. -- 、__, 、___
            .⌒>.::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ、
.        _,....::::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
           ̄7::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.
            /イ.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.{
          _/_:::::::::::::::::::::::::::::O:::::::::::::::::::|!
.         ̄´ {∧ . :::::O:::::::::::::::::::::::::::::::ト\
            {从.ハ::::::::::::::::::::::::::::::::ミ`
              ' ;.v   ァ::::::::::::マ_
               ヽ;:::::::::::::::::::::::::

                ,':::::::::::::::::::::::::::`:::::::::-、
               ,...:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           ,....::::'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i、
           .i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
          .ノ.::::::::::::::::::○::::::::::::::::::::::::::ィ-、::::::::::::.ヘ
          |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.  ヽ::::::::::::::::..
         ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    〉:::::::::::::::ヘ
━━━━━━━━━━━━━━━━【通話中】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎【あとは、理沙ってポケモン知りません?】

耕介『慕に聞いたことがあったような……』

京太郎「旅の途中で空から降ってきまして」

耕介『なにそれ、怖い』

京太郎「兎に角、意思疎通が難しい人でした」

耕介『う~ん、しのー!慕?……いないのか、今度聞いてみるよ』

京太郎「うっす、お願いします」


    __,.ィ ̄ ̄`ヽ/ヽ__

      > ´ ̄  /   `   `、  、
、 -  ´    /   '     } ヽ ヽ\  \
 `  ̄ >'  /   ,: |    ∧/! |   } ヽ  ヽ
   /,ィ  / ' / /|   _/,.ム斗}-/  ハ   :.
  {/.'   ,| ,.|-}/-{ | / ,ィチ斧ミ }/ }  |    .
  /  イ/{ : ! ィ斧从}/   Vzソ ノ /イ ,:
<__  ´// 从{ Vソ /         / イ- 、  |
     {'{  { ,    '           /' ⌒ }  |
      从Ⅵ              /.: ノ  |
       叭   v_ ̄ヽ      ,rー'   从
         、           イj   / /
            :.          < |'  /}/
            、__   ´    } イ从/
               |        |/
              「 ̄|     「 ̄ ̄ ̄ ̄}
              |//l|     |//////// 、
        ,. <// ∧      |//////////> 、
━━━━━━━━━━━━━━━━【通話中】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎【事情がありまして、ウスザンに登らないといけなくなりました。生態とか知りませんか?】

耕介『残念ながら山の生態は分からないな。何せポケモン研究家だしね』

京太郎「ですよねー」

耕介『こっちに聞くより、山に詳しい人か、山に住んでいたポケモンに聞いた方が早いよ』

京太郎「そうですね、そちらに当たってみます」

耕介『うん、それじゃ。仕事があるから、またね』

京太郎「ありがとうございました!」


耕介博士との連絡を終えた。


>>109
遅くなったけど……ネタ

     .:´:/:::::::::::::::::::::::::::、::::::::::\ ク
    /::::/::::::::/::::::::::::::::::ハ::::::::::::::. つ
    l::::::::::|::::{====ァ|::/  |::i::|::::::|l
    |::::::::::|::::|:/トl:/ |/  }人|::::::|ト、
    |l::::i::::|::├┬┬   ┌┬:|:::i::|⌒
    .八::|::(|::::|..└┘   └┘:|:::|ノ
    '  ヽ:::|::::| ""    ' "" ,ハ::|
     ┌‐)|::::|>  冖   イ:: |ノ
     L/八::ト、 ``ヽV⌒l_
      /::/´ } \{/⌒マ八
    /::〈 ⌒ヽ、  `\{、 \
  //:::::∧       ハ::\ )
  ⌒/:::::i  |__」    }::__;∨
   i|:::::::|  V⌒`_|_,,.x< 〉ワ、
  八 ::::|   |   >''"   У  }
     ::{   {        /─=イ
     ヽ  \__/ |:::/  |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

まいる「………」

ひめこ「えへへ、似合ってます!」

まいる「そ、そっか」ふうせん持ち中


~コシガヤタウン~ 三十六日目 夜
【行動回数:残り一回】
【イベント情報】
【藍の球を追え! 1/3】【星に願いを:ゴーシャスで特別な豪華なボール? 2/5】
【宇宙からの来訪者:誰かに付けられてる気がする…… 1/5】

1.町を移動する
├1A:4番道路(センヤマ・ヒメマツ方面)
├1B:3番道路(アチガ方面)
├1C:5番道路(ウスザン方面)
└1D:ダイサンゲンサバク

2.施設を利用する
├2A:ポケモンセンター
├2B:フレンドリィショップ
├2C:依頼
├2D:ポフィン作り(一日一回)
├:バザー(一日一回)
└2F:コンテスト会場

3.探索
├3A:人の話を聞く
└3B:散歩(誰と歩くかも)

4.修行
├4A:ポケモンのレベルを集中的に上げる(行動回数1消費)ポケモン二体選択、Lv1+コンマ分の経験値
├4B:ポケモンのレベルを全体的に上げる(行動回数1消費)全員にコンマ分の経験値
├:猛特訓(きずぐすり1個と行動を3消費する)全員にLv3UP+コンマ分の経験値
└4D:ポケモンを構う ※誰を構うかも

5.ポケモンを探す
├5A:3番道路
└5B:ダイサンゲンサバク

6.誰かに連絡
├6A:耕介博士
├6B:和
└6C:誠

7.安価
(無茶振りな安価は、最安価になります)

↓2

      (ヽ、00  ∩
    ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃

     ,, -‐- \   | |/⌒ヽ
    ( ⊂ニニ   / /⌒) )   (ヽ、00  ∩
     `ー――'′ し∪  (ノ  ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
/ ̄ー―‐ 、            ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ           ( ⊂ニニ   / /⌒) )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ         `ー――'′ し∪  (ノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::i   ., -―- 、   ___
:::::::::::::::::::___ノ、/〉'  /::::::::::::::::::て/::_:::ヽ
:::::::::::::::/ u  て;/7 /::::::::::::::::::;ァ、、:::「ェ ヽ::〉 __
::::::::::::/     /〈  i::::::::r、::/=ミ `く.u J/:::::::::\
:::::::::::j u   、 ´_}ヽ.|::::::iオ/u ニi < iヽァ/:::::r----J   .r:´二ニヽ
::::::::::i   (二7´_.L., 、ハ 〉  _ _マ/ン::::r ' ;tr /;j   i::/r-、r-|  r一ー、
::::::::::|、   .r ' c /、:.:.:ヽ ヽ  ー」: : : : ii ヽu.___、/  _ん' `´ム.'  |:::r―┤
:::::::::/ ̄ ´」ー/:.:.:.:.\:.:.\\__j: : : : : ヽ ヽフ`ヽ´  | | ヽ'ーン、 _/ハu.'_' |
i:i i:::i:iヽi ´ !':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.',:.:i: : : : : : : :「=| : : : |: !  7!`:´|<  7マ.ヽー'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                 r―==二 ̄`ヽ

                                  >‐-_'´ u V:::::|
          r―-―== 、               , ' r-- 、   }:::::|
          アー-'^⌒}:::::!                (  '    }  「r、:::|
         /    u  〉:::|                > i}  リ  |ヒ}}: |
         ヽ ==ヘ  /-、::!    _  __       / ー-u'   |ン::: |
 _ rァ__   / i   }} |ヒ}!::|   > ^´  ヽ    ∠__r=_`-イ丁ヽ.|ヽ:::::|
>::::^':::::::::'. /  =u彡  |ン::::|   イ/⌒く  |   、---ヾエヱ二」 ! \|r
そ:/ヽ:::::_::! `1工エエハ ./\:: 「`ヽ  .> i う ヒ}l    <r 、V^ー ´`ー '_| //
 ハ。=Y{.)|   _}-r‐://   ヽ\リ <_r-┬!ト、|_  ∠≦リ::}  , イ //.....
  <.`_^、/く:|  Lー-イ/  //:.:.:.\  f=' j | ヽー-<j /イ   \//..........
  〉-- / /\ (_,イ /:.:./:.: |`Y´|\イ-、 l |   /`ヽ#\  /...................
  ヽ__//   \    ( \:.:.:.| | |:.::__| | K´   l   \#Y=―- 、.........
\   }-― 、  \r──  `'┴┴r!(___  _ア´ ̄`ヽ{     }/.................ヽ....
:.:.:.\/    }    }`ー―― 、  、‐':.:.:.:.:.}   , <`ヽ '._/   /............................
:.:.:.:.:.:V  __/    :.Y´ ̄ ̄ ̄   >:.:/:./   /\   } } ◯./..◯...................../
:.:.:.:.:.:.:Vノ.   ̄`Y:.:.| ( ̄ ̄ ̄ ̄:.:/:.:/  .|:.:.:.:.> / /  .}............................/

:.:.:.:.:.:.:.:.', \. ヽ_人.人   ̄ ̄ ̄ ̄):.:(__,.ィ__j:.:/(__/  ,イ.............../....../
:.:.:.:.:.:.:.:.:.'. ヽ_VL イ:.:.:.:.: ̄「 ̄「 ̄:.:.:.ヽ:.:.:.:.:./  |:.\/ j--―..´........../
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V"´   ヽー--}ヽ \:.:.:.:.:.:.\/    j:.:.:.:\/........................./
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「うわっ!? なんだこれ!?」


コンテスト会場へと足を伸ばしてみると、人の群れがコンテスト会場の前を覆っていた。

あまりの多さに一番前まで行けそうに無い。


京太郎「すみません、何かあるんですか?」


しょうがないので近くの人に話を聞いて見た。


「あぁ……この町は初めてかい?」

京太郎「はい」

「コンテスト大会があった時は、優勝者や参加者が最後にパレードを行なうんだ」

京太郎「パレード」

「そそ、この人だかりは、皆それを見に来た人達だよ」

京太郎「派手っすね」

「いつもがお祭り騒ぎさ、君も気になる子と一緒に観たらどうだい?」

京太郎「……そうします」


【コンテスト会場 夜】
どうやら、夜はパレードが行なわれてるようだ。
好きなパートナーと一緒に見学をしよう。


↓2 誰と一緒に過ごす?

          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       ,.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::丶
.      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;  ' :::::::::::::::::::::::::.,
     , ::::::::::::::::::::::::::::::::::/ :::::::::::::::::::l   ’::::::::::::::::::::::: :.
     :::::::::::::::::::/l::::;::::::/::::::::::::;i::::::::::|   l::::}:::::l::::__ ∧
.     |\__/l/.: |:::l::::/i:/ ::::::::i|::::::::::{   lr:fL. 」,, __  ;
.      |   i //{:::l,|斗::爪l、 :::::∧::厂{ ‐-|:::|i:::::l::::::::\{
    |/l'/:八{,|八:l_l_^ \::{ \ ^,,_ l:::|i:::八::::::::::!

.    ,/:::::/{:{ ,抖r芥汽   \  ィfぅ芥xl、ハ/l:::::::::::::::::l
.    .:::::::::::::::{〃爪i:i:i:ハ        爪i:i:i:ハ }} !:::::::::::::::::|
     ; ::::::::::::::个 叉゚,_ ノ         又゚,_ ノ ' ;::::::::::::::::::|
.    l::::::::::::::::::ト  l|,.,.,.,.     ,   ,.,.,.,.,.,.l|  ハ ::::::::::::::::|
.     |:::::::::::::::::: ,  :|                 i| ; }:::::::::::::::::|
   | : ::::::::::::八 |     ャ…::::::┐    :| 厶ヘ :::::::::::::::|
    l ::::::::::::::;::::::个| .,    `   '′    /::::::::::::,:::::::::::::|
    ::::::::::::::/:::::::::|::|::::>         ,. r介i:l::::::::::::::':::::::::::!
.    l::::::::::::::::::::::::::;::|::::::八 ≧==≦   |l:j川::::::::::::::::::::::::::八
.    |::::l ::::::::::::::::::::;:{, イ  \,__   __/ \l_:::::::::::::i::::::::::::::::..
.   i|::::|:/:::::::::::::_;/....|    /⌒⌒ヘ    }..`ヽ:;::::l::::::::′::}::::.
.  八::仏::r....''.../..........|  ∧ ニニ∧   /'.........V^'トv:/:::::::ハ: }
 __,. ..'ヘ::::::l......./ ...........ト '′ 、ニ/  、//............:,...jノ/}:::::/^'jノ.,
/....|..........\{..../...............|    厂 {    /................′..{//.........../\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【モモと観る】

モモ「用事っすか!? 用事っすよね!」

京太郎「お、おぅ……いや、パレードを一緒に観ようとな」

モモ「ぱれーど?」

京太郎「あー……祭りとか祝い事の時に見物人に見せる為の行列?」

モモ「???」

京太郎「とにかく楽しいものだよ」

モモ「っす! なら一緒に観たいっす!」

京太郎「あぁ……それじゃ行くか」

モモ「はいっす!」


逸れぬようにモモの手を取り、買い食いをしたりしながら、一緒にパレードを楽しんだ。

モモのなつき度+9UP
なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆(最大20/現在16)0/10

なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆(最大20/現在16)9/10

                    /\-――‐- 、
              , --=7   丶      `ヽ
         /,             ヽ  ヽ
        ∠/       /      、 、  丶  i
        /       i     ! l.  l i.  i |
       /  ,/  ! !  l||   ! |、 ll !  |  ヽ、
      /_ -7 , | l ト、| |ヽ!  N , 斗 r  ,'_  ト--`
     ̄  //!  ! Nヽ!\|,//l/ l/! N ,ハ !|
       ´ / ,i丶 {=== l/ == =l/ ' ノ リ

        // l i `i           _/,、/

        ´   {ハ!ヽ{    ′      /!}/ ′
              丶  ー ―‐ '  / |′
               \    /  |

                __ i ー '     ! __
          , ィ'´:.:/-‐ ´}     /  `Y´:.:.\
      , -‐'' ´:.:./:.:.:./― - 、   ,/__ /:.:.:.:.:.:/`丶、
      ハ:.:.:.i:.,:.:,′:.:i     `    ̄    /:.:.:.:.:../:.:.:.:.:.:.:.丶、
    /:.:.:.i:.:.:|,':.:i:.:.:.:.:!   ヽ  /   /:.:.:.:.:.:/:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:,.ヽ

     !:.:.:.:.ヽ:.{:.:.l:.:.:.:.:l.     i     /:.:.:.:.:.:/:.:./:.:.:.:.:.:./:.:.:.i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【個室】

京太郎「ふぅ……本当にお祭りみたいだな」

1:ポケモンと触れ合う(誰と触れ合うかも記載して下さい)
2:寝る
3:ふれあいルームへ行く  A:少年 B:男の人 C:少女
4:安価(具体的な内容も)

↓2 ※安価を取る場合は具体的な内容も書いてください。
    ポケモンと触れ合う際は、触れ合うポケモンの名前もお願いします。
     ふれあいルームの場合は、A B C で誰に行くかもお願いします。

       /: : :______/ / : : : : : / /: /  |: : : : : :|ヽ: : : : :ヽ\
       /: ''7´: : ∧: : :/:/ : : : : : /  ∨ /   :|: : : : .:.: ||',: : : : :‘,\
      ,'/ /: : : : |: :\:||: : : :/   /Χ    : : : : / || ',: : : : : ‘,: :
    (:(  /: : : : : |: >┘|: : :.:/ _,,x====ミ \ ′ : //  :リ ': : : : : :.|ヽ |
     \/_: : : /: : _: :∧: : |⌒ん::::::l |    /: : /厶斗<| : : : | ト | |、
.      / ̄: : : / : / |: :|V\|  | {::::: リ  ,厶イ  宍ミ、  |: : : : :| |: |∧ヽ
     /: : : :.:.:八: 圦 |: :|:     乂_少'        ん::l|\./|: : : : :| |ノ  ': i
.    /: : : : : : : :.:\(ヽ|: :|   //////          | {:::リ  {/: : : :./l/    }ノ
   / : : : : : : : : : / \|: :|ヘ                 ヒ少 _/ : : :/ノ  _/
  /: : : : : : : : : :./ __.|: :「`,>、   l⌒    、   //// TTТヽ\
/: : : : : : : : : : :/    |: :|Y \ ., 乂    \      ||:|  ) )
: : : : : : : : : :.:〃     八::l |   \≧x._ ‐---‐'     ,.ィ: |:| /
: : : : : : : : :/{___      | |  /     \ニニ===ニ二    :|:|
: : : : : : / ̄          |  ′      ', ) /\´ ̄\:|:|
: : : : /_           ∨       ├{ { 、 }    /:/
: :/{    \         /|        | ノ }/  T   /|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【洋榎を構う】

洋榎「そこや! いけー!」

京太郎(TV見てるのか)

1:会話
2:安価

↓2

決まったところでご飯行ってきます。
20分ぐらい休憩で

                      . . : : : : : : : : : : : : : : : : : :`丶、
                     / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                   . : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.: : : : : : :\
                  / : : : :.:.:.:.:/.:.:.:/|.:.:. |.:.:.: .:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:. : :\ \

                  // :/ : :.:.:.:.:. ¬: ト|:.:./|:.:.:.: :.:.:.:|:∧_:.:.:.:.:.:. : :〈:ハ: :.
                  /: :人7 : :.:.:.:.:.:.:|:. | ノ |\ノ:.:.:.:.:.:.:ノ|/|∧:|:.:.:.:.:.:.:∨:./
                .: :/  |│ : :.:.:.: [斗予屶イ: :.:.∠斗屶ミ]:j:.:.:.:.:.:.|.:トく:\
             〈 : 〈    |人:.: :..:|:.゙厂ト{:::j│ |_/   ト{::j |刀:.:.:.:.:.:.|:.「 \:\
                \ \.  /.:>人[  ヒ..ン       ヒ.ソ 7:.:.:.:乂|/   〉.:.:〉
                 丶_\/:/(」:.:._>、::、::、    .   、::、 厶 イ\:\__/:./
                  〈:〈  /:| .:|               /|:.:.| ∧:.:.〉 /
                   :∨.:゙| .:トヘ.     ー' ー    厶|:.:.|⌒フ:.:/
                      ∨\| .:|.:.:.:\         .イ⌒]:.:.j∠ ´
                        /: :.:.:.| .:| .:.:.:.: 〕ト  ,,__.  ´    |:. |
                     /: :/ :. | .:|.:.厂'^ト _  |ー┐    :|:.リ
                 /: :/:.:.:.人_レ'゙      >匕人.    |/
                   /: :/⌒ ̄  \ ___,人___jハ \_
                     . : :/         >──=ァ}_}二\〉 ̄`丶
                 / /|/   ∧  {{  _//⌒\丶\ 、  }\
            / //.;/     ∧ 、_レ'´ノ⌒'く    \\}} ;  }
            / / /ノ       } Υ ,/ / /゙\    ト- '    ∧
         ,  /   /        ; │  ,/ / ノ│    | l  ∨  |
            {/    /        ∨ │       |    | |  ∨/∧
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ヒロとTVを観る】

京太郎「何の……って野球か」

洋榎「そそ! いけー!そこやー!」

京太郎「ふーん……どっちを応援してんだ?」

洋榎「そら、【エレブーズ】一択やろ」

京太郎「エレブーズ……ってことは黄色い方か」

洋榎「ガ~ス~は観んの?」

京太郎「あまり観なかったな」

洋榎「人生損しとるな」

京太郎「そこまでか」

洋榎「そこまでや! なおさら見んとな」

京太郎「だな、この機会に見るか」


……観戦中……


洋榎「     」

京太郎「あー……まぁ、負けることもあるだろ」

洋榎「くっ……ブーバーズめ! この借りは覚えとれよ!」

京太郎「ははは」

洋榎「で……どうやった?」

京太郎「そうだな……やっぱり、楽しいな」

洋榎「やろ!」

京太郎「ポケモンとは違う楽しさがあっていいな」

洋榎「言っとくけど、浮気は駄目やからな」

京太郎「しない、しない」


ヒロのなつき度+6UP
なつき度★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆(最大20/現在13)4/10

なつき度★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆(最大20/現在14)0/10

                                 |
                               \│/         (⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒)
                             ――○――         ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
                               /|\
                                 |         ⌒゚⌒
  ノ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒ヽ            ◇                  ⌒゚⌒
 (             )

  (             )       ◇
  ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒                     (⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒)
                  ◇                  ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
; ;ゞ ;" "ゞ ;; ; ;"/"                             ――○――
ゞ ; ;ヾ ;"/" ;ゞ                                 /|\
ヾノゝノゞ"ノゞ.               ~8                 │
彡ヾ` ゙ノヾ
ノゞ ノヾ     8~
l|ノゞ
il
,:|""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【朝イベント】
01~10:ネリー
11~20:ひめこ
21~30:まいる
31~40:マホ
41~50:ユキ
61~70:トキ
71~80:ヒロ
81~90:モモ
91~00:なるか

↓1で

                    /\-――‐- 、
              , --=7   丶      `ヽ
         /,             ヽ  ヽ
        ∠/       /      、 、  丶  i
        /       i     ! l.  l i.  i |
       /  ,/  ! !  l||   ! |、 ll !  |  ヽ、
      /_ -7 , | l ト、| |ヽ!  N , 斗 r  ,'_  ト--`
     ̄  //!  ! Nヽ!\|,//l/ l/! N ,ハ !|
       ´ / ,i丶 {=== l/ == =l/ ' ノ リ

        // l i `i           _/,、/

        ´   {ハ!ヽ{    ′   u  /!}/ ′
              丶  ー ―‐ '  / |′
               \    /  |

                __ i ー '     ! __
          , ィ'´:.:/-‐ ´}     /  `Y´:.:.\
      , -‐'' ´:.:./:.:.:./― - 、   ,/__ /:.:.:.:.:.:/`丶、
      ハ:.:.:.i:.,:.:,′:.:i     `    ̄    /:.:.:.:.:../:.:.:.:.:.:.:.丶、
    /:.:.:.i:.:.:|,':.:i:.:.:.:.:!   ヽ  /   /:.:.:.:.:.:/:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:,.ヽ

     !:.:.:.:.ヽ:.{:.:.l:.:.:.:.:l.     i     /:.:.:.:.:.:/:.:./:.:.:.:.:.:./:.:.:.i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【朝イベント:ヒロ】

洋榎「すや~……」

京太郎「結局夜通し、野球の面白さを教えられた」

洋榎「そこや~……いけー……」

京太郎「夢の中でも野球か、本当に好きなんだな」

洋榎「うう……」

京太郎「おはよう」

洋榎「……あれか、これは朝チュンって……」

京太郎「全然違うけどな! 色気のいの字も出てこない話だったな」

洋榎「あぁ……野球の話して……おはようさん」

京太郎「あぁ、おはよう、ヒロ」

ヒロのなつき度+3
なつき度★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆(最大20/現在14)1/10

なつき度★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆(最大20/現在14)4/10

                                      ,ィぃ
                     _, -――- ,_      ,ィマママム

                   ,  '": : : : : : : : : : : : : ` ,  ,イママママム
                   /.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :vママママママム
               ,: : : : : :/: : : :/: : : : : :ヽ: : : : /マママママママム

                  /: :/ : : //: : : :/: : : :ト、 : : 丶: :付寸ママママママム
              /: :/.: : :///| : : |: : : : |: :丶 : :ハ: :寸マママママメメ、
              |: :l : : _jレ代ト、: :ト、: : :.ト、 ,ハ: :ト、i: : 寸ママママママ
              |: :| : : |    ハ|∧  l ` 'l: :l: :l: : : 寸マママママ
             人∧,ハl         \l   l: :i: :| i : : :.寸ママママ
                l : : 刈,r==く      ,zx、ノノイ / : ::/`マママ
                | : : : :| l/l/  ,     ⌒ヽ.   レ⌒Y
                | : : : :|   ┌ ―┐  l/l/l ノんノ
                | : : ,仆、   マ. 丿     rく__/|
                l : : !i ト、「>rf^h_, ィ ノ|人|: :/
               /イ: :|寸〈V j i  |   i匕>、 レ′
               人| ,rく〉V l i  | ̄>′  \`
                    〉 i_〉⊥i, hく      ∧
                  ∧/ ,r一'   |rヘ、   /ヽ',
                  / r| 〈 / ̄ヽ  >く   l∧
                   / 〈 \レ': : : :/ `ヽノj_, /  !
                    /  | `ー\::/      ̄`ヽ ト一
                  V     ∧        `|
                 V     / \         |
                〉ー<     \    , イ
                /           >---く  |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

マホ「今日もお祭りですね!」

~コシガヤタウン~ 三十七日目 朝
【行動回数:残り三回】
【イベント情報】
【藍の球を追え! 1/3】【星に願いを:ゴーシャスボールを探せ 2/5】
【宇宙からの来訪者:誰かに付けられてる気がする…… 1/5】

1.町を移動する
├1A:4番道路(センヤマ・ヒメマツ方面)
├1B:3番道路(アチガ方面)
├1C:5番道路(ウスザン方面)
└1D:ダイサンゲンサバク

2.施設を利用する
├2A:ポケモンセンター
├2B:フレンドリィショップ
├2C:依頼
├2D:ポフィン作り(一日一回)
├2E:バザー(一日一回)
└2F:コンテスト会場

3.探索
├3A:人の話を聞く
└3B:散歩(誰と歩くかも)

4.修行
├4A:ポケモンのレベルを集中的に上げる(行動回数1消費)ポケモン二体選択、Lv1+コンマ分の経験値
├4B:ポケモンのレベルを全体的に上げる(行動回数1消費)全員にコンマ分の経験値
├4C:猛特訓(きずぐすり1個と行動を3消費する)全員にLv3UP+コンマ分の経験値
└4D:ポケモンを構う ※誰を構うかも

5.ポケモンを探す
├5A:3番道路
└5B:ダイサンゲンサバク

6.誰かに連絡
├6A:耕介博士
├6B:和
└6C:誠

7.安価
(無茶振りな安価は、最安価になります)

↓2

                      > 二三二ニ <
                   >/: : : : : : : : : : : : : : : : :`. . 、
                . . :´/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                /::/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
              /: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨
             r: : : /: : : : :/i: :/| /+ : : : : : : : |、:_}_!、 : : : : : : ∨
             i: :/! : : : :/ ̄/ / l: : : : : : : : | l/ } ∨ : : : : : : ∨
             l:::l l : : : / ≫=ミ ',: : : : : : : :≫=ミ : : : : : : : : ,
             ヾ:V: : : :/〃γ ⌒ヽ  、: : : : : :V´⌒ヽ l: : : : : : : :,

              ヽ/: : : !{{ {    }   \ : : :ハ.   }.l: : : : : : : :,
               '/: : : :从 ゝ - '   , ト .: :\ー '人: : : : : : : :,
             . /: : : : :/.! レ        ヾ!\: : :ヽ  ! : : N: : : : :,
             /: : : : : :! .!            ヽ: : ヾ/: : //: : : : : ∨

            ./ : : : : : :∧l     r―----― 、  ン : : 〃: : : : : : : ∨
            . /: : : : : : : : : :ゝ    、   __    ノ/: :ノ: : : : : : : : : : : : 、
           /: : : : : : : : : : : : : >  ,,  ̄    ̄ /::<: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :_l二  二__:!/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : /    V    \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
         : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ; イ  イ   ト   .!ト : : : : : : l: : : : : : : : : : : : 、: :\
      /: : : : : : : : : : /l: : : : : :>ニニ | ./::\_/::\ |ニ` < /|: : : : : : : : : : : : ヽ\::\

     // / : : : : : : / | : > ´ニ二ニ|/  {´::`}  ヽ| ニニニ` <: : : : : : : : : : : : :', ヽ: :\
   //  ./ : : : : : : /  ,'r二ニ二ニ二ニl_/::ll::\ / ニニニニニニハ: : : : : : : : : : : : .,  ヽ: ヽ
  // .  / : : : : : : :'  /二ニ二ニ二ニニ!::::::::ハ:::::/ ニニニニニニニ| : : : : i、 : : : : : : ,   ヽ:.ヽ
//    /: /i: : : : : | /二ニ二ニ二ニ二 !::ン l::/ニニニニニニニニ | : : : : |ヽ: : : : : : |    ヽ '
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【バザー】
豊音「えっ、こんなものも売ってるんだ!」

【バザーについて】
バザーでは、様々な物が売られています。
最初に安価で欲しい物を選んでもらい、その後コンマで判定してあるかを判定します。
注意:イベントに必要な物も手に入りますが、高価になります。


↓1~3 欲しい物 安価

    __,.ィ ̄ ̄`ヽ/ヽ__

      > ´ ̄  /   `   `、  、
、 -  ´    /   '     } ヽ ヽ\  \
 `  ̄ >'  /   ,: |    ∧/! |   } ヽ  ヽ
   /,ィ  / ' / /|   _/,.ム斗}-/  ハ   :.
  {/.'   ,| ,.|-}/-{ | / ,ィチ斧ミ }/ }  |    .
  /  イ/{ : ! ィ斧从}/   Vzソ ノ /イ ,:
<__  ´// 从{ Vソ /         / イ- 、  |
     {'{  { ,    '           /' ⌒ }  |
      从Ⅵ              /.: ノ  |
       叭   v_ ̄ヽ      ,rー'   从
         、           イj   / /
            :.          < |'  /}/
            、__   ´    } イ从/
               |        |/
              「 ̄|     「 ̄ ̄ ̄ ̄}
              |//l|     |//////// 、
        ,. <// ∧      |//////////> 、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【バザー】
京太郎「【光の石】と【明太子】と【ゴージャスボール】下さい」

               /                  .\
              /    -―              ハ
            /                       ハ
           ./    /           ヽ:::       ハ
           //  . /             ヽ:::  ヽ    .メ
            ´/ / /   ,、           ヽ:::. |.     l
            / /     ヘ              |   _ ト
           / ハ /  / ヘ              .|   |ヽ
          .'/| / .|  /  |  ヽ             |.  メ.ヘi
            |/ |  / ―-ヽ   .ヽ         /  ,i ソ | i
             |/ヘ./i 、___ヽ/ヽ  .ハ  . ハ i   /i/リ //
              |/|,i  ー‐‐.|  \| | / .レ /ヽ/|/ | ノ/i/`i
              ' |      |             | リ ./ ヽ
              メ     /             ハ:/  /
            _ / ヽ     ヽ  _ _    u    /:::/  /
         -―   //:/ヽ               /:::/.  リ
       /     //::/ iヽ             /:::/  リ  |
     /       |::/  .| ヽ  ⊂ニニ,,,⊃   /::::/   ノ /
    /.           |/   |  ヽ、    \\ ../:::::/   リ /
  /          |   .|   ト::`:::ー::::-:::::| 」:::::::/   /
                           ''''''

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「………」

光の石       01~50:ある 51~98:ない ゾロ目:大量にあるのでおすそ分け
明太子       00~99:ある ゾロ目:昨日の晩御飯でな
ゴージャスボール 01~40:ある 41~98:ない ゾロ目:実はな……

↓1

                      ,  ‐ へィ ‐ 、
                    /        てフ

                   /           .ハ、
                   /             ヽ,
                  ハ ,     /ヽ,.     ハ'
                  ./ , ‐i  ., / / ‐- 、     l  ;:::
                 / i ql ,、/||/uァi |/リ , / ノ  :::::::::::;
                 '/, iヽj |/    ̄  ' i.|メ /i  ;:::::::::::;
                / ハ ハ .l  ι       , |i/     :::::::::::::;
              / ヽ ハ.ハ::ト       ' ´/   .....::::::::::::::'''''
            /    ヽ ツ.ヽ ヽ,  ,ニニ、、 ;:::::;
          ./        .\ ヽ` _  / ヽ`,;;;;
          /      .ヽ     ヽ。/ / i i 、 '' \
.         /        |      テ  ィ l   / ハ
         /        .|      ゜リ //''     ハ
.        /        / .|      .。v         ィェ
        ゝ 、     |' . |      ,/      .  /  '、,
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「……明太子ならあるぞ」

京太郎(あるんだ)

【手持ち 52050円】

明太子:300円 (好きなポケモンに与えるとなつき度が上がる)

↓2 買う?買わない?

                     ____
               ,. ´ __    `¨¨ヽ

            ,   ̄`  /  ヽ       `ヽ
           /  _     ,:   ∨   、    :.
          / /,´      /    |    ヽ     .
       / //'  ' /  ' /   l| | :  :  ∨   :
       l// / , / ' l| | |     | | |  |   |   |
     _/ ィ / { l |__|_{ |∧   }/ ' / l  |   ∧
      ̄  {〃  Ⅵィ斧从 } /-}/-/、 , /-、 ∧}
          / ,  从 Vり ∨イ ,イ斧ミ、}/ /⌒ } | '
           / イ从 l ム        Vり ム'  ノ/}'
         ´    \∧  '        ,r ' /
               、  v   ァ    / 从/
                     \ `こ     イ  _|、
                  ` r  ´   //∧
                     /|     /////∧
                「  |   //////////> 、
              , </∧ /   {///////////////> 、
            , </////// ∨__∨//////////////////>、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         /   /       ヽ      ヽ     ヽ: . : l
         / / /    /     、      ヽ     l: . . |
        /イ   l   / |      、      l  | l   l: . .|
        | :. .:|   /  l       、      :l  l: :|\ハ: ハ
         レ|:  | /  ̄ |       !:.     l: : : ト| ー } |
          |: . l | ' ̄ヒぅ|   l    :.:..   l:  .:| /レ j: / {
         VヽN ` ー jハノ \|:  :.:.|:. l:.:.ハ:.:./レ ノ ノ /. :ト
              |     l     ヽ/ソトハレ  ン   ´ ノ〃 |
            l    l               fl : ..  |
             l   ヽ  _            l |ハ/|ノ_
             、                     | 7 |
              ヽ         _      /     /  l
          ,.. -─‐`‐-、ヽ二二二ノ    /    /
       __L´-、 ノ     `丶、    , '´     /
     /´  {_  .::}     . : . : . : .|_,.. - ´    /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「買います」

「なんだ、今日の夕飯か?」

京太郎「になるかも知れないですね」

??<ガタッ!

京太郎「うん?」

「どうかしたか?」

京太郎「いえ……なんでも」


【手持ち 52050円⇒51750円】

【明太子】を手に入れた。

                    r ⌒ヽ
                   (     )
                   乂  ノ
                    /
                 ̄ > 、
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /::::::ィ::::::::::::::::: ヽ::::::::::::::::::.

.        / . :/ |:::::::::::::::::::::|:::::|::::::::::::::.
        ′.::| |::::::: |\:::: |:::::|::::::::::::::::
        | ::::::ィ≧{\ト≦ミk|:::::|:::::::::::::: |
        {ヘ:::: j炒   ヒ炒 |:::::|ヽ:::::::::: |
  /⌒^ヽ  乂:::!  '     ! :::|/:::::::::::::|
. (   ー-  八  -(     :::: |::::::::::::::::|
   ーイ     |::个...   .. < !::::|::::::::::::::::|
          |::::| |:::::::: |   :::::|::::::::::::::::|
          |::::| |::::/j   !::::|\:::::::::::|
          |::::| |://{__/ :::::|/\:::: |
          |::::| / |o / |::::|   \|
.         八::{//l!/| /|: ノ /  ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「………」

~コシガヤタウン~ 三十七日目 昼
【行動回数:残り二回】
【イベント情報】
【藍の球を追え! 1/3】【星に願いを:ゴーシャスで特別な豪華なボール? 1/5】
【宇宙からの来訪者:誰かに付けられてる気がする…… 1/5】

1.町を移動する
├1A:4番道路(センヤマ・ヒメマツ方面)
├1B:3番道路(アチガ方面)
├1C:5番道路(ウスザン方面)
└1D:ダイサンゲンサバク

2.施設を利用する
├2A:ポケモンセンター
├2B:フレンドリィショップ
├2C:依頼
├2D:ポフィン作り(一日一回)
├:バザー(一日一回)
└2F:コンテスト会場

3.探索
├3A:人の話を聞く
└3B:散歩(誰と歩くかも)

4.修行
├4A:ポケモンのレベルを集中的に上げる(行動回数1消費)ポケモン二体選択、Lv1+コンマ分の経験値
├4B:ポケモンのレベルを全体的に上げる(行動回数1消費)全員にコンマ分の経験値
├:猛特訓(きずぐすり1個と行動を3消費する)全員にLv3UP+コンマ分の経験値
└4D:ポケモンを構う ※誰を構うかも

5.ポケモンを探す
├5A:3番道路
└5B:ダイサンゲンサバク

6.誰かに連絡
├6A:耕介博士
├6B:和
└6C:誠

7.安価
(無茶振りな安価は、最安価になります)

↓2

┏──────┓          乍======================夕      ___
│コンテスト会場│三三三ゝ      i三ニ三三三/ニ\三二三三i     /三三三三ヽ
┗──────┛/   ヽ三ヽ   i三ニ三三/ __ \二二三i      /三/   ヽ三ヽ
           /三/    丶三/___.i三三三/  lll   lll \三三i____/三/     ヽ三ヽ
         //三ゝ     ノ旦日/〒〒ゝ ニニニニニニニニ <〒〒ヽ日旦三ゝ    ノ三三ヽ
     _,-ニニニニニニイ l l .l ! l > lll lll lll lll lll <.! ..! ! l `iニニニニニニニ-、

    √.:.:.:.:.:ノ l i::l i::l i::l i::⊥.⊥.i .⊥ ! i ゝ三三三三三三 /  .! ⊥ i ⊥⊥;;l !;;! !;;! !;;i;;;<.:.:.:.:.: ̄弋
    卜、_ ヽ .! i::l i::l i::l i::└─┌─── ヽ三三三三三三/───┐─┘i;;l !;;! !;;! !;;i ヽ __人

            V_____ ∧:.:.:.i  lll lll  ≧ ≡≡≡≡ ≦  lll lll i ∧ _____ ∨
           i lll lll lll lll ∧.:.:.:ゝ=============< .∧ 丶 lll lll lll i
      ┌二二二二二 T ─ゝ三三三三三三三三三三三三三三三三< ─ T 二二二二二┐

      / ̄ ̄lll lll lll ̄i;:;:;:;:;:;:;i   ll ll lllllll ll   .i   ll lllllll ll ll   .i;:;:;:;:;:;i ̄ ̄lll lll lll ̄ヽ
     ./ニニニニニニニイ;:;:;:;:;:;i ̄/ \ ̄ ̄ ̄ ̄i ̄ ̄ ̄ ̄/ \ ̄i;:;:;:;:;:;i三三三三三三三ヽ
     / 三三三三三三三i;:;:;:;:;:;:./ ロ ロ \┬┬┬┬┬┬/  ロ ロ .\;:;:;:;:;:;i 三三三三三三三 ヽ
    / 三三三三三三三 i;:;:;;:/.・ ・ ・ ・ ・ ・ \ | │││/・ ・ ・ ・ ・ ・ \;:;:;;i三三三三三三三三ヽ

    /三三三三三三三三iニiー──────  !ニiニ! ー──────iニi 三三三三三三三三ヽ
    >ー───────.l:::::l ノ \ ノ ̄ ヽ´ ̄ .i  i .i ─< ヽ /  ヽ_ ソ:::::lー────────
   /___ソ__ /  ゝー― r l:::::l ヘ _ノ )ーそ ̄ .i  i .i >ーれ ヽ  ノ  l:::::l ノ  \ ノ ̄ ヽ  ソ__ ヽ
  / ゝ   ノ ー 人 __Y.l:::::l  i   Y   ζ ̄ .i  i .i  ゝ  )   > ん.l:::::l ヘ _ノ )ー そ ノ ー ヽ
  /   Y  ゝ  i r   / l:::::l三三三三三三三三三三三三三三三三三三l:::::l ___ソ__ /  ゝー― r ― ヽ
 ー───────<;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:>ー─────────

 /////////////////───────────────────────ヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽ
 ニニニニニニニニニ _______________________ ニニニニニニニニニニニ´
    iiiiii   iiiiii   iiiiiii  iiiiii   iiiiii  iiiiiii  iiiiii  iiiiii  iiiiiii  iiiiii   iiiiii  iiiiiii  iiiiii  iiiiiii  iiiiiii

     _ / ,  / //|     , | ,:  |  V  :.
     ` ̄ /  ' | |∧ |  / },l --|   |   |
       /,イ  { |-- 从 / /,ィrtォ、 , |   |
       /  ∧ |,ィtォ、∨ '  Vり {,イ /-、  }
      / イ{从{ Vり }/       |イ l) } 从
      ̄    Vr:l    '           //
          l叭    _      r ' /

             、  `ー`    イ  {
             \      /  |∧」
                ` r‐ ´「 ̄ ̄ ̄}
              「 } |    |///// ∧
               |/|_,ノ   /////////≧=-
           _//∧   「/////////////////≧=- 、
       -=≦/////〈 ∧_///////////////////////∧

     /////////////V∧/////////////////////////∧

      ///////////////\{///////////////////////// ∧
     ,'/////////////////|o//////////////////////////{
     {/////////////////{/////////////////|//////////|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【コンテスト会場】

京太郎「ここがそうなんだ」


和風チックな大きな建物を前に少しばかり気が引ける。

しかし、他の人も入っていっているので心を決め、中に入る。


                         /      |  \///∧ ヽ/    /へ\  \
          ________|        |   / \//,| 〈     〃 _」   l |   丶
    , <´////////////////// |        |、 /   ∨ハ ', ,、∧〈./    | |     ヽ
.  //////////////////////// |        |/\'、   V∧ Ⅵ( ;;;;/     | |  ∧  Ⅸ
///////////,  -‐     ̄ ̄ ̄|        |///,\   丶/\_|∧/     | |  / ∧ l !i
'//////////       /´ ̄ ̄}        |> 、/\    \/|//l     // <///> !|
////////     __/      ヽ〉      |    \/\_   ///|      //  ∨ / | |j
//// / , -―=ニ´-‐'´                  |\    丶//厂/i!//| \ー--=≦、 ∨  ,≧ ァ
'///  _/                         {  ヽl    |/,|//∧//V,1 \ i:::::::::\_/:  /
/ /´{               /__/        ',  |    |/,|///∧///!  〉 i::::::::::::::::::::i イ
  /   \         /           ヽ |   //ハ ///∧//|\/ へ:::::/^ヽ ヘl
. /     /  丶-------‐'´                \  ///∧ ///∧/l/∧ |     //
/     /       /      /             \'////∧ ///∧ \/V    /´
|   /       /   _/ -―              丶 '/  \ ///丶/ \__,/
|   /       /     _,                  `丶、 >'´ ̄
|  ,'       ;    /⌒\                     `'' ー-  _
|  /      ./_ ∠\   丶 _____ 二ニ=‐- 、               `ヽ
ヽ/       /_,./  ヽ.>―――<   ///// ―一> 、              /
 {      /  \   /∧        フ//// ̄ ̄    丶 _        _,/
 ヽ--‐='´       ヽ//  \       7//               ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【受付】

「ようこそ!! コンテスト会場へ! 少年、君はここが初めてだと判断する!!」

京太郎「はっ……? えっと、はい!」

「うむ、言い返事だ! 僭越ながら私がここの紹介をしてあげよう!」

京太郎「どうも……?」


中に入ると、なにやら怪しいコスプレをしてる人に捕まった。

警戒をしたもの、容姿が怪しいだけで無害そうに思えたので話を聞くことにした。

                /        /jノ
                   /          /´ ___
                    /         / 〃/!ー 、 `丶、
               /         /_厶/:::| ̄´  / /\
                /         /:/ /:: ‘、__,/ /   ヽ
-―…=ー 、         /           /::/ /::  \__/ lヽ _  |
: : : : : : : : : :丶、   /           /::/ <:::    〉   l::::::/ ,/
ー―- 、: : : : : : \ 〃        /l::/,  人_:...  / / ヘ|//
\: : : : : : : : : : : :/       ,   /:://    ̄`ヽ._  / 〃
  丶 : : : : : : : :/        /  /l:/´      /::;;;;;;;;\//
    丶----:/       /  ノ:〈:{        /:::::..,,,,,,,,,.`く_
        /      /    /:::::!:.、  _,∠`7/´ ̄ ̄
_____ /           /:::::::|::::{二ニニ:::≦´
: : : : : : : : :/           /:::::::∧:::ヽ 厂 ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄:              /:::::::/ |::テ’
       |            !:::::::/___「
       |             |:::::::::::::ハ
        :           レ1:::::/ |
      ,'             /::::/ , |
      /           /:::::/イ |
      /             l::::::::::/  |
    ./            |:::::;::/  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「コンテストとはっ!!ポケモンの”魅力“を競い、優勝を目指す競技だ!!」

京太郎「ふむ」

「コンテストに出ると様々な特典がつくのでお得だぞ!」

京太郎「といいますと?」



「例えばだ……ファンが付けば!」

・道具や木の実が集まる … 参加後に集まったファンに色々と貰える

「更に!!」

・ポケモンと仲良くなる

「まだまだー!!」

・優勝すれば景品をゲット!!

「マスタークラスを勝ち抜けば! 更なる特典が!」

京太郎「おぉ……」

   ゝ.////ヘ
   {.j l ∨//∧
   {l ト、∨//,'
  _ノ  ヘ ヾ/ヘ_
ヘ、ー-、   ヽ_ゝ7/77777777ヽ

//7ヽ `ー、_  `>、ZZZZ/''く'∧      ,ィ-‐-、
.`∨∧、   \    >、     `'ヘ    /j ∧ ヾヘ
  `∨,ヘ    \ /  `>く'ヘ `'ヘ. ト、/∥く  > !l.トィ_
    ` v`>ー-‐`7>.     `ー-ゞ ヽ`;,, ∨ .,;;;;;//
      `ー-‐ー'   ` <      l/ヾ〉;;;;><;;;〈/;7
                 ` <  {//fミヽ  ./y.7T‐- 、
                   `f l//7 ヾー-',(.{.///  ヽ _

                     { l/∧   | .f,  \' _ -―、`\             .//,
                     !゙ヘ//ヘ .! f´/´  ./:::,-`ヽ!            /∨
                     ヽ ∨∧| /'     /::/´    }           /∧'
                      〉 ゙ヘ7!' ./ !  ./::/  r 、 j           ////
                     「 |ーtY _ノ;;;;L_ j::::j   { ' ./        _,, -ヤ//
                      T`ー{l `.i;;;;r´ !:::::!   `ーヘ   , オ7,'7"´ ̄`ー'´
                    /    l!  V  |::::::| ,ィ   > ´///r ´
                   /     ヾr-   L-・7:/ //´///'y-ー-、__
                 /    `   `ー=<-ーv'////////j´`ー-‐ー´
                /       r‐ 、 ゝ-イ´,ヘ7//7>、//!
              /       /  (///}////Z//ノ////'ノ
             /       /    `ー'⌒777///////
            /      /      /777777Z///'/
          /     /         !//////////
         / {    _/          ト///////r'-'7
       /   ´ /            !///////j///Z-,
     /ヾ}_,-―-、/            L/////////,<

    / く´,-―≡7             {/////>'"´  ̄`
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「大会の種目は一つだけ 【総合】だ! >>1 が面倒なので他は省略だ!」

「総合には「ノーマル」「スーパー」「ハイパー」「マスター」の4段階のランクが存在する!!」

京太郎「なるほど」

「最初はノーマルしか受けれないからな! コツコツと努力するのだ!」

京太郎「はい!」


「コンテストの流れは、二種類! 【おひろめ】 と 【アピール】」

京太郎「おひろめ?」

「【おひろめ】はポケモンに【ポロック】を与え、コンディションを高めればいいぞ!」

京太郎「ポロック?」

「何だ、少年はそれも知らないのか」

京太郎「えぇ」

「きのみで作ったポケモン用のお菓子だな」

京太郎「ポフィンとは違うんですね」

「少し違うな、こっちは健康面で使う物だ」

京太郎「健康面」

「そうだ! 様々なきのみを合わせるのだ!」

京太郎「ふむふむ」

「きのみは、コンテスト会場で売ってるのでそこで買うと良し!」

                /        /jノ
                   /          /´ ___
                    /         / 〃/!ー 、 `丶、
               /         /_厶/:::| ̄´  / /\
                /         /:/ /:: ‘、__,/ /   ヽ
-―…=ー 、         /           /::/ /::  \__/ lヽ _  |
: : : : : : : : : :丶、   /           /::/ <:::    〉   l::::::/ ,/
ー―- 、: : : : : : \ 〃        /l::/,  人_:...  / / ヘ|//
\: : : : : : : : : : : :/       ,   /:://    ̄`ヽ._  / 〃
  丶 : : : : : : : :/        /  /l:/´      /::;;;;;;;;\//
    丶----:/       /  ノ:〈:{        /:::::..,,,,,,,,,.`く_
        /      /    /:::::!:.、  _,∠`7/´ ̄ ̄
_____ /           /:::::::|::::{二ニニ:::≦´
: : : : : : : : :/           /:::::::∧:::ヽ 厂 ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄:              /:::::::/ |::テ’
       |            !:::::::/___「
       |             |:::::::::::::ハ
        :           レ1:::::/ |
      ,'             /::::/ , |
      /           /:::::/イ |
      /             l::::::::::/  |
    ./            |:::::;::/   |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「実際は、ポロックを上げれば、5種類の項目が挙がるが、>>1が面倒なので他は省略だ!」

「あるのは【コンディション】のみ!!」

京太郎「コンディション?」

「うむ、ポロックを上げれば上げるほど上がる!最大で★5までだ!」

京太郎「ほー……」

「ポロックをあげ続け、★5を目指せ!」

                    /      |  \///∧ ヽ/    /へ\  \
          ________|        |   / \//,| 〈     〃 _」   l |   丶
    , <´////////////////// |        |、 /   ∨ハ ', ,、∧〈./    | |     ヽ
.  //////////////////////// |        |/\'、   V∧ Ⅵ( ;;;;/     | |  ∧  Ⅸ
///////////,  -‐     ̄ ̄ ̄|        |///,\   丶/\_|∧/     | |  / ∧ l !i
'//////////       /´ ̄ ̄}        |> 、/\    \/|//l     // <///> !|
////////     __/      ヽ〉      |    \/\_   ///|      //  ∨ / | |j
//// / , -―=ニ´-‐'´                  |\    丶//厂/i!//| \ー--=≦、 ∨  ,≧ ァ
'///  _/                         {  ヽl    |/,|//∧//V,1 \ i:::::::::\_/:  /
/ /´{               /__/        ',  |    |/,|///∧///!  〉 i::::::::::::::::::::i イ
  /   \         /           ヽ |   //ハ ///∧//|\/ へ:::::/^ヽ ヘl
. /     /  丶-------‐'´                \  ///∧ ///∧/l/∧ |     //
/     /       /      /             \'////∧ ///∧ \/V    /´
|   /       /   _/ -―              丶 '/  \ ///丶/ \__,/
|   /       /     _,                  `丶、 >'´ ̄
|  ,'       ;    /⌒\                     `'' ー-  _
|  /      ./_ ∠\   丶 _____ 二ニ=‐- 、               `ヽ
ヽ/       /_,./  ヽ.>―――<   ///// ―一> 、              /
 {      /  \   /∧        フ//// ̄ ̄    丶 _        _,/
 ヽ--‐='´       ヽ//  \       7//               ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「最後に【アピール】、これは到って簡単だ。コンマで☆を稼げ!!」

京太郎「………」

「強い技や派手な技を繰り出せば、コンマの範囲が緩くなる! コンディションも上げれば更にだ!」

(例)
【たいあたり】
01~50:☆
51~70:☆☆
71~90:☆☆☆
91~99:☆☆☆☆

【だいもんじ】
01~10:☆
11~20:☆☆
21~40:☆☆☆
41~99:☆☆☆☆

京太郎「ふむ」

「アピールは【三回まで】技の組み合わせとかでも結果は変わるぞ!」
(例)
【手助け⇒かみなり】◎

「【おひろめ】と【アピール】で稼いだ☆の数で優勝者が決まる!!」

「少年よ! マスタークラスを目指すのだ!!」

京太郎「はい!!」

                /        /jノ
                   /          /´ ___
                    /         / 〃/!ー 、 `丶、
               /         /_厶/:::| ̄´  / /\
                /         /:/ /:: ‘、__,/ /   ヽ
-―…=ー 、         /           /::/ /::  \__/ lヽ _  |
: : : : : : : : : :丶、   /           /::/ <:::    〉   l::::::/ ,/
ー―- 、: : : : : : \ 〃        /l::/,  人_:...  / / ヘ|//
\: : : : : : : : : : : :/       ,   /:://    ̄`ヽ._  / 〃
  丶 : : : : : : : :/        /  /l:/´      /::;;;;;;;;\//
    丶----:/       /  ノ:〈:{        /:::::..,,,,,,,,,.`く_
        /      /    /:::::!:.、  _,∠`7/´ ̄ ̄
_____ /           /:::::::|::::{二ニニ:::≦´
: : : : : : : : :/           /:::::::∧:::ヽ 厂 ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄:              /:::::::/ |::テ’
       |            !:::::::/___「
       |             |:::::::::::::ハ
        :           レ1:::::/ |
      ,'             /::::/ , |
      /           /:::::/イ |
      /             l::::::::::/  |
    ./            |:::::;::/   |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【コシガヤタウン・コンテスト会場】

「ところで少年よ、今日はどうする?」

1:コンテストの見学
2:コンテストに参加
3:きのみショップへ
4:ポロックを作る
5:安価

↓2

   ゝ.////ヘ
   {.j l ∨//∧
   {l ト、∨//,'
  _ノ  ヘ ヾ/ヘ_
ヘ、ー-、   ヽ_ゝ7/77777777ヽ

//7ヽ `ー、_  `>、ZZZZ/''く'∧      ,ィ-‐-、
.`∨∧、   \    >、     `'ヘ    /j ∧ ヾヘ
  `∨,ヘ    \ /  `>く'ヘ `'ヘ. ト、/∥く  > !l.トィ_
    ` v`>ー-‐`7>.     `ー-ゞ ヽ`;,, ∨ .,;;;;;//
      `ー-‐ー'   ` <      l/ヾ〉;;;;><;;;〈/;7
                 ` <  {//fミヽ  ./y.7T‐- 、
                   `f l//7 ヾー-',(.{.///  ヽ _

                     { l/∧   | .f,  \' _ -―、`\             .//,
                     !゙ヘ//ヘ .! f´/´  ./:::,-`ヽ!            /∨
                     ヽ ∨∧| /'     /::/´    }           /∧'
                      〉 ゙ヘ7!' ./ !  ./::/  r 、 j           ////
                     「 |ーtY _ノ;;;;L_ j::::j   { ' ./        _,, -ヤ//
                      T`ー{l `.i;;;;r´ !:::::!   `ーヘ   , オ7,'7"´ ̄`ー'´
                    /    l!  V  |::::::| ,ィ   > ´///r ´
                   /     ヾr-   L-・7:/ //´///'y-ー-、__
                 /    `   `ー=<-ーv'////////j´`ー-‐ー´
                /       r‐ 、 ゝ-イ´,ヘ7//7>、//!
              /       /  (///}////Z//ノ////'ノ
             /       /    `ー'⌒777///////
            /      /      /777777Z///'/
          /     /         !//////////
         / {    _/          ト///////r'-'7
       /   ´ /            !///////j///Z-,
     /ヾ}_,-―-、/            L/////////,<

    / く´,-―≡7             {/////>'"´  ̄`
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【きのみショップ】
「よ、ようこそ、きのみショップへ」

京太郎(この人が全部やってんのかよ!)

「ぜーは……さ、さぁ、選ぶがいい」

【手持ち 51750円】

1:クラボのみ 100円(まひ状態を治す)
2:カゴのみ  100円(ねむり状態を治す)
3:モモンのみ 100円(どく状態を治す)
4:チーゴのみ 100円(やけど状態を治す)
5:ナナシのみ 100円(こおり状態を治す)
6:オレンのみ 100円(HP10回復)


↓2 何を何個買う?

                         /      |  \///∧ ヽ/    /へ\  \
          ________|        |   / \//,| 〈     〃 _」   l |   丶
    , <´////////////////// |        |、 /   ∨ハ ', ,、∧〈./    | |     ヽ
.  //////////////////////// |        |/\'、   V∧ Ⅵ( ;;;;/     | |  ∧  Ⅸ
///////////,  -‐     ̄ ̄ ̄|        |///,\   丶/\_|∧/     | |  / ∧ l !i
'//////////       /´ ̄ ̄}        |> 、/\    \/|//l     // <///> !|
////////     __/      ヽ〉      |    \/\_   ///|      //  ∨ / | |j
//// / , -―=ニ´-‐'´                  |\    丶//厂/i!//| \ー--=≦、 ∨  ,≧ ァ
'///  _/                         {  ヽl    |/,|//∧//V,1 \ i:::::::::\_/:  /
/ /´{               /__/        ',  |    |/,|///∧///!  〉 i::::::::::::::::::::i イ
  /   \         /           ヽ |   //ハ ///∧//|\/ へ:::::/^ヽ ヘl
. /     /  丶-------‐'´                \  ///∧ ///∧/l/∧ |     //
/     /       /      /             \'////∧ ///∧ \/V    /´
|   /       /   _/ -―              丶 '/  \ ///丶/ \__,/
|   /       /     _,                  `丶、 >'´ ̄
|  ,'       ;    /⌒\                     `'' ー-  _
|  /      ./_ ∠\   丶 _____ 二ニ=‐- 、               `ヽ
ヽ/       /_,./  ヽ.>―――<   ///// ―一> 、              /
 {      /  \   /∧        フ//// ̄ ̄    丶 _        _,/
 ヽ--‐='´       ヽ//  \       7//         
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【きのみショップ】
京太郎「各種10個ずつ」

「毎度! きのみは【きのみケース】に入れておくぞ!」

【きのみケースを手に入れた!】
【手持ち 51750円⇒65750円】

【手持ちのきのみ】
クラボのみ ×10
カゴのみ  ×10
モモンのみ ×10
チーゴのみ ×10
ナナシのみ ×10
オレンのみ ×10
オレンのみ ×4

【コンテスト会場を後にした】

手持ちが増えちゃった……【手持ち51750円⇒45750円】っす

                        . . -――‐- . ..
                      ´: : : : : : : : : : : : : `: .、

                     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::\
                 /: : : : : : ::i: : : : : : : : :| : : : : : : : : : : : : :.
                   /: : : : : : : ::|: |: : : : : : ::|: : : : :|:: : : : : : : : :.
                 ′: : :|: : : : :|: |: : : : : : ::|: : : : :|: : :|: : : : : : :.
                    : : : :l: |::|: : :.:l从: : : : : : :ト、: : :.:|: : :|: :.:| : : : ::
                    : : : :l: |::|: : :.:|  \:: :、_:_|__\::」: : :|: :.:| : : : ::|
                    : : : :l: |:.|_:_;:イ     ̄ ̄__ _,)ハ: :.:|: :.:| : : : ::|
                    |::i : l: i∧: : :l___     斗斧i^狄 : |: :.:| : : : ::|
                    |::| : | : :∧:: :「苅     V以  }:ノ:.:.:.|: i:.: :.:|
                    |::| : |: : : :iハ::|i以       ,,,  j/: :.|: |:.: :.:|
                    |::| : |: : : :|.:l::| ,,  '       /: : : : |: |: ::从
                    l八 八: ::八人     v ´} / : : : : : 八|: : : : \__
                 \|\: ::\≧: .. .._ ー/: : : : : ::.イ: : |: : : : : :.:Χ⌒
                    |\: ::\: --:/:_: : -‐<※|: : :|: : : : :\: : \__
                     _   |/⌒>\/斤/...(※)......リ: : :ト、: : : : :i\ :「 ̄`
              /※)..||  /※|...(※/::|../※).....+...//:: : :八..\:.:.:.|  )'
             /※)...... ||三三三三三三三|...+.../... {: : :/......(※∨:|
             /※)..... (※||/..+......|※)l.|: : ∨※./...(※|: :/....+./.... Ν
           /※)..(※)..+ /リ.....(※ノ......从{\{...../...(※)....|:/...../... (※|
.          /※)..+.... (※//......... /......./.. ※)...../....... +(※|'... /.... (※)...|
         /+....(※).. +...〈/..(※)/...+./※)....+../※)..... +........./..※)... +.. |
       {※).......+......(※∨.......i..... /.+.....(※/+........(※)../...{...+.......(※)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
うた(つまみ食いしてもバレねーよな?)
~コシガヤタウン~ 三十七日目 夜
【行動回数:残り一回】
【イベント情報】
【藍の球を追え! 1/3】【星に願いを:ゴーシャスで特別な豪華なボール? 1/5】
【宇宙からの来訪者:誰かに付けられてる気がする…… 1/5】

1.町を移動する
├1A:4番道路(センヤマ・ヒメマツ方面)
├1B:3番道路(アチガ方面)
├1C:5番道路(ウスザン方面)
└1D:ダイサンゲンサバク

2.施設を利用する
├2A:ポケモンセンター
├2B:フレンドリィショップ
├2C:依頼
├2D:ポフィン作り(一日一回)
├:バザー(一日一回)
└2F:コンテスト会場(夜はパレード)

3.探索
├3A:人の話を聞く
└3B:散歩(誰と歩くかも)

4.修行
├4A:ポケモンのレベルを集中的に上げる(行動回数1消費)ポケモン二体選択、Lv1+コンマ分の経験値
├4B:ポケモンのレベルを全体的に上げる(行動回数1消費)全員にコンマ分の経験値
├:猛特訓(きずぐすり1個と行動を3消費する)全員にLv3UP+コンマ分の経験値
└4D:ポケモンを構う ※誰を構うかも

5.ポケモンを探す
├5A:3番道路
└5B:ダイサンゲンサバク

6.誰かに連絡
├6A:耕介博士
├6B:和
└6C:誠

7.安価
(無茶振りな安価は、最安価になります)

↓2

            -―====- 、
        /      __」_  \
         人 ..、 , へ、 !   /_________________
       l  /  \   Y⌒ヽx〈: ―――――――――――――――┐ |
       |/i /}  i    |  | ヽ                           | |
       l  {_ x'^ 一く __xノ   |                           | |
         Vヘ/ Yfi_!   fi_!Y  /                          | |
    x―‐{ヘ   り    り |厂:i                          | |
   //´ ̄ゝ._     ゝ  j | |                          | |
  / イ     」仝x  ⌒ /゙ | |       ,、 /)              | |
  |/|    /⌒ヽミi>r< `l | |     /ノ´∠._              | |
  ヽ. \__ /   ̄ ̄`¨ヽ!`!ー| |   /     ヽ〕                | |
   丶--|      人_} | |ノ| | /   , -ャ }ノ                   | |
      li   / /  /^¬<l」_l/    / └'   , ┐             | |
      |丶  { {   {             /――――/ 〔―――――――┘ |
  r―- 、ハ  `フフ^ ー'- .._     /、 ̄ ̄ ̄ ̄ノ /¨´厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |    \ヽ //      `7寸¨´   ヽ ̄ ̄ ̄   /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【人手足りません 期限:明日】
依頼者:ギンコ
ちょっとばっかし人手がいる
誰か手伝ってくれねーか?
※一日中働きます

依頼金:8000円+???

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ジョーイ「依頼はこのようになっています」

ジョーイ「どれをお受けしますか?」

1:人手足りません
2:受けない


↓2 複数可能 

                    /\-――‐- 、
              , --=7   丶      `ヽ
         /,             ヽ  ヽ
        ∠/       /      、 、  丶  i
        /       i     ! l.  l i.  i |
       /  ,/  ! !  l||   ! |、 ll !  |  ヽ、
      /_ -7 , | l ト、| |ヽ!  N , 斗 r  ,'_  ト--`
     ̄  //!  ! Nヽ!\|,//l/ l/! N ,ハ !|
       ´ / ,i丶 {=== l/ == =l/ ' ノ リ

        // l i `i           _/,、/

        ´   {ハ!ヽ{    ′   u  /!}/ ′
              丶  ー ―‐ '  / |′
               \    /  |

                __ i ー '     ! __
          , ィ'´:.:/-‐ ´}     /  `Y´:.:.\
      , -‐'' ´:.:./:.:.:./― - 、   ,/__ /:.:.:.:.:.:/`丶、
      ハ:.:.:.i:.,:.:,′:.:i     `    ̄    /:.:.:.:.:../:.:.:.:.:.:.:.丶、
    /:.:.:.i:.:.:|,':.:i:.:.:.:.:!   ヽ  /   /:.:.:.:.:.:/:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:,.ヽ

     !:.:.:.:.ヽ:.{:.:.l:.:.:.:.:l.     i     /:.:.:.:.:.:/:.:./:.:.:.:.:.:./:.:.:.i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【個室】
【人手がたりませんを受けた! 明日は働きづめだ】

京太郎「まともに働くの初めてかもしれない……緊張が!」

1:ポケモンと触れ合う(誰と触れ合うかも記載して下さい)
2:寝る
3:ふれあいルームへ行く  A:少年 B:男の人 C:少女
4:安価(具体的な内容も)

↓2 ※安価を取る場合は具体的な内容も書いてください。
    ポケモンと触れ合う際は、触れ合うポケモンの名前もお願いします。


↓2 だれと触れ合いますか?

                      -‐ ━━ ‐-
                  /  /. . . .    . . \
                   . ./: : : : :/ : : : : : : : : : . .
                / . : /. :./ : ∠|: : : :./: : : : : : : :.
                  / : : / : /l: :/  |: : :./ |: : : : |: : : :
              / : : / : /抖午ミ八_/ 八:.: : :.| :l: : :

                / : : /.:.:.:l/{ Jh^`  午ミX : | :|: : :
.               / .:/ l´l:.:| 乂_,ソ     { Jh^Y: :|: : :|
.              ⌒7 : :人l:.:|  〃   '  乂ソ '从:|: : :|
              / : : .:.:.:l从      -、      /): 八:.:.|
                / : :.:/ .:/ / \   `¨     人 /:. :∨
            / : :.:/ .:/ / : :ノえト .__....-=≦:.:.:/:.:.|: :|
              / : :.:/__厶斗 ´|  `L∧:.:_|:.:.:|/:.:.: | : :
          / .:/  | l......... |  /:i:i:i:l\\j:.:.:.: : : : : :

            / .:/    | l......... |/,\:i:iノ\〉.. `┬ 、: : : :.
          / .:/  \ ,| |..Χ..........’ 「i:i:, |........... ', 丶 : : :.
.        /.:/ :/ /⌒ 人[.......\.......∨:i:i:i:i|..............', ∧:. : :
     / /': /        /⌒\........... ∨:i:i:i|..............// {:. : :|
..   / / /: 〈  ___  /'    \.........∨:i:i|.........../ \ \:.|
.   / /   : : : `Y  ---、i       \.....∨:リ....../     ', ノ:.|
   l /   : :|: : :.|/ ............|         \..∨../     }」.:.:|
   |′  |: |: : :.|Lノ ̄ 人          \]/        人.:. |
   l    八从 : | |    |:.l〕iト  ___    [[      /lノ|:. 八
.          \ |    |:.|〈  `ー      '   、 Τ  | |:/
.             |    |:.|ノ__       ‘, Χ  |ノ'
.             |    |/--  `       ‘, _〕  |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ユキを構う】

ユキ「毎日が新鮮ですね」

京太郎「この町は、本当にな」

1:会話
2:安価

↓2

                      -‐ ━━ ‐-
                  /  /. . . .    . . \
                   . ./: : : : :/ : : : : : : : : : . .
                / . : /. :./ : ∠|: : : :./: : : : : : : :.
                  / : : / : /l: :/  |: : :./ |: : : : |: : : :
              / : : / : /抖午ミ八_/ 八:.: : :.| :l: : :

                / : : /.:.:.:l/{ Jh^`  午ミX : | :|: : :
.               / .:/ l´l:.:| 乂_,ソ     { Jh^Y: :|: : :|
.              ⌒7 : :人l:.:|  〃   '  乂ソ '从:|: : :|
              / : : .:.:.:l从      -、      /): 八:.:.|
                / : :.:/ .:/ / \   `¨     人 /:. :∨
            / : :.:/ .:/ / : :ノえト .__....-=≦:.:.:/:.:.|: :|
              / : :.:/__厶斗 ´|  `L∧:.:_|:.:.:|/:.:.: | : :
          / .:/  | l......... |  /:i:i:i:l\\j:.:.:.: : : : : :

            / .:/    | l......... |/,\:i:iノ\〉.. `┬ 、: : : :.
          / .:/  \ ,| |..Χ..........’ 「i:i:, |........... ', 丶 : : :.
.        /.:/ :/ /⌒ 人[.......\.......∨:i:i:i:i|..............', ∧:. : :
     / /': /        /⌒\........... ∨:i:i:i|..............// {:. : :|
..   / / /: 〈  ___  /'    \.........∨:i:i|.........../ \ \:.|
.   / /   : : : `Y  ---、i       \.....∨:リ....../     ', ノ:.|
   l /   : :|: : :.|/ ............|         \..∨../     }」.:.:|
   |′  |: |: : :.|Lノ ̄ 人          \]/        人.:. |
   l    八从 : | |    |:.l〕iト  ___    [[      /lノ|:. 八
.          \ |    |:.|〈  `ー      '   、 Τ  | |:/
.             |    |:.|ノ__       ‘, Χ  |ノ'
.             |    |/--  `       ‘, _〕  |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【会話】

京太郎「ユキはコンテストとかってどうだ?」

ユキ「コンテストですか……見た事ないので分かりかねます」

京太郎(そうだった、一度も見てないや)

ユキ「楽しそうな雰囲気でしたけど、どんな催しなんですかね」

京太郎「俺もよく知らない。今度見に行くか」

ユキ「はい、是非」


ユキと会話を楽しんだ

ユキのなつき度+3UP
なつき度★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆(最大20/現在14)1/10

なつき度★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆(最大20/現在14)4/10

                                 ___
                        _   - /`ヽ´-<⌒
                     ,  ´    /    、  ヽ
                 /        /  / | ヽ   \
                    '         |  /|_,/l_イ| \  \_
                      }        {  | }/__ 从 、 |` ̄ ̄
                   ,'           |  芯 {、 从}
                    /イ      {⌒Ⅵ    、\{
                    、ト     乂_      ノ `
                   }∧  /从    ー '
                     __/' '     _   /
                 , - ≧=- 、    ,.:'    ̄
              , ´ , ´: : : : : :ヽ  /  `ヽ、
            /   /: : : : : : : : :}:、_ r-/:/ ハ
              ,    l: : : : : : : : : :|、:`¨´:/ /: |
          /   Ⅵ: : : : : : : : |  ̄   : : : |
            /      } : : : : : : : : |   / : : : : |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【三十八日目 バザー 朝】

京太郎「眠い……眠いけど仕事だし、しょうがないか」


大きな欠伸をしながらも朝一でバザーへと足を運ぶ。

足を運べば、そこには、多くの人がおり、忙しそうに右往左往していた。


京太郎「朝日が昇ったばっかりだってのに……早いな」


店の準備をしている店主達を見て、驚きながらも尊敬の念を抱いた。

          ノ'l  , '    / .l   .i     i:       l  l
           l      ,  i   .i     i:       i: ヘ
           l      /ー‐-              l 、l
           /     ,'_ _ i              l l ,:l
            l  :  / !;:フ,ヽ:             /ヽl
            t/ lv' ー‐ ' '儿、lヽ !  ,从  .ハ ,'/ ) l、
              Vl       i: ソ .乂!ノ  v'ソ .V ,' /l
               l :      i:           ; ノ lヽ
           .    ヘ      _  _.         r'vV.l
                、              ,'   / へ、
                ∧              / . /  : l >‐ 、
            , 一< /   、 r ニニヽ     ,   /  : i     ー 、
         ,  <   /   \        /  ./    l        >、
      , '       /     >  __ イ   /     ∧         \
     /        /       l: : : : : : .      ,        ,
    ./        /    .    l: : : :       /        ',
    /        /        l: :       ./        ∧
   ./       /   ー‐ 、   l:        人          ヘ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「おっ……来たか」

京太郎「って……あれ? もしかして あなたが?」

ギンコ「そう言えば、自己紹介してなかったか、俺は【ギンコ】だ」

京太郎「京太郎です。よろしくお願いします」

ギンコ「今後ともな。それじゃ店番を頼む、ちっと知り合いに呼ばれてな」

京太郎「店番してればいいんですね?」

ギンコ「おぅ! 客が来たら商品渡して金を貰うだけでいい」

京太郎「了解です」

ギンコ「そうだ、お前さん何か【探し物】とかってあるか?」

京太郎「探し物?」

ギンコ「呼んだ知り合いが【物好き】でな。色んな物を集めてるんだ」

京太郎「へー」

ギンコ「何か有れば、聞いといてやるぞ」


↓2 安価

. /::::::::::::::::::::: : : : : : :            ヽ  \

/:::::::::::::/: : : : : : :     /          \  .ヽ
:::::::::::::/: : : :.      ./    /..          |   ヽ
:::::::::./:::/.: : :      /    /    /マ .    |  リ火
:::::::/:: /: : ::/     /    /    /  ト. ..   |   .l
:::::::|::./: :/. /,   /    /    /=ヽ    /  ,ハ
:::::::|/:: : :クl/.....|          /__  l     l
:::::::::.ヽ ヽ く ..| ./    ///トソ i  セァ/ ィ  , /
:::::::::::::ヽ  キノ |// l ./i/ |/ '   ―‐' i/ l/i/i/
ィ ノィ , /ヽ_: : : :|/: :              .リ
 . l/ i/ヽ . .|: : : : :               ⅰ
::::::::::::::::::ヽ....|: : : : : : : __        .__ ,,/_

::::::::::::::::::.::::ヽl: : : : : : i: : : :`'――ェ__ _,,,/ . `ヽ   , ―――:::
::::::::::::::::::.:::::::ヽ: : : : : : \_: : : : : ::          \// ̄ ̄'''''
::::::::::::::::::.::::::|: : : \: : : : :  ―: : : : : :.         \
:::::::::::::::::::::::::|: : : : : \_: : : : : : :  \,,.:.: : : :       \

::::::::::::::::::::::::.\\:_: : : : :_ィィ―_ _/\ィ: : : :        _ _ヽ
:::::::::::::::::::::::::::.::::::::::: ̄::::::::,:': : : : : : : : : \ヽ _       /: : :\
::::::::::::::::::::::::::::::::: : :: :::::::,:': : : : : : : : : : : : リ    .‐_/:;: : : : : : リ
:::::::::::::::::::::::::::: : :: :: .:::,:': : : : : : : : : : : : : ノ .   .|::::::::::::';,: :: : : : : : :ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,;': : : : : : : : : : : : : : : ヽ  . .|:::::::::::::::':, : : : : : : : ト
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎【ひかりのいし】をお願いできますか?」

ギンコ「ひかりのいしね。分かった。聞いといてやるよ」


そういって、ギンコさんは、手を挙げ去っていった。

                      ,.  ⌒ヽ、/⌒ 、-- 、

                     /_,..-         ヽ  `  、
                    __../´     /    ∨   \
                      ,/ `i      / ,'     :    、 ヽ
.        Y ヽ        //   i   ., / /|  |  :.  | | |    ∨
        |  ‘,  .._/  i   i   . | |..|...|  |   _} | | | |  | :
        i   ∨    ̄ ̄.|   .i .{ ´| |\.{  |: , ´//}∧ |  | |
        ‘,   ∨     .|   .i , rⅥィ笊 从 {∨ /ィ笊_ヽ}/、 | |
.        ∧  .‘,     .i   i . { 从 Vり \∨' Vり /' / ∧{
r <                  i   i.}从lム     ; \     ,ノ /  \
.', .\               _ .j   i  | ∧          ∧,イ
 ',   <    .∧         .i  Ⅵム  .-===-  ...イ //
.  ヽ    ` ─ .´ヽ        ∨  ヽl\       //イ
.     >                ‘ ,  |.≧` .ー . ´.≦|
     >  ´     /          ̄ ̄ ̄ ̄)三三└x
 > ´     _             __  ≦i.iミ&三三三ニ≧ -   _  、
(_  <   ∧           ィマY三三三三i.i三三三三三三三三三三.iニ',

           〕 ─  ´ ´/ィ三ミi i三三三‘,○三三三三三三三三三三.i三i
           i三.ミ x\ //三ニ/三三三三.i三三三三三三三三三三三i三.i
           i三三三≧彳三ニ././三三三三i三三三三三三三三三三三i三.i
           ∨三三三三三,///ニ,’三三三.i三三三三三三三三三三ニ.i三ミi

.            ∨三三三三/.//ニ/三三三三三三三三三三三三三三三三.∧
             ∨三三三ニノ/ニ/三三三三ニ.Yヽ三三三三三三三三三三三ミi
              マ三三三 /ミ/三三三三三ニ`´三三三三三三三三三三三ニi
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「それじゃ気合を入れてやるか!!」

うた「おー!」

豊音「わーわー! お店とかちょー楽しみだよー!」

ひめこ「こっち?」

まいる「こっちやね」

マホ「あわわわ、荷物が!?」

ユキ「これって何ですかね?」

トキ「開ければいいんやない?」

ヒロ「ゲホゲホ、埃がっ」

ネリー「ネリー寝てていい?」

なるか「これがそっちで……あぁ、商品を開けちゃ駄目!」

モモ「パパー! これ何処ッすか! あいたっ!?」

京太郎「……既に駄目かも知れない」

01~99:成功
ゾロ目:失敗

↓2

           ,  ⌒ ー   ̄ ̄  、
         /_,. -            \
        /´ /     /⌒\      ヽ
        , ´ ,         V     :.
       /  /  /  / /      | V : V |
     /-- ´' / /  / l|{     | l| | | {
        / イ  {  ':|_,斗| |  、_l__/_ィ  |l∧
         /  ,: ∧ | {∧{ {  、 /}/}/ } /∧|
       / イ / {∧{ 、__,.V {∨ 、_,/ イ}' `
       ̄´ V∨乂l      \    ムイ/
               从      '     八/
           -〈〈/\  v-っ  イ》く__
        /////∧\} > -- < |//}///> 、
       /////////\}     「/〈////////\
      /////////////|--、  r-|/ イ//////////\
    //////////////∧、__「//////////////// \
   {//{////////////〈 ∧    }///////////////////}
   |//|/////////////V/\ //////////////////'//|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【成功!!】

京太郎「ありがとうございました!」


最後の客を見送り、店じまいをする。

最初に何時までは開いてくれと連絡があったのでこれで終わりだ。

             ,  ̄    ̄  `ヽ

        _ ,:' ̄  ヽ          ヽ
       /         ヽ           ヽ
      /   /                    ヽ
     /    | |  ヽ                 \
    / /..   l |   ヽ   \        ィ      i
  _// /    ヽ   ヽ   \       トケ     |
   / ||   |    ヽ   ヽ   .\      トケ    ハ
   |  | | /-                 火     |
   | .  | /__―ヽ          ヘ ヽ   -    |ヽ
   i/.|  |   ハゥ//   .|  .|   |  .ヒ iリリノ ハ |  ヽ.  |
    i/ヽ| ` ̄ |/ \|\|リト ヘハヽ´カィィィハ/| / ヽ ヽ

      `   /                 >/ i i
        !  ヽ  -、             ひ/ i
        !.                   _ _ /|トニィ
       ':,                ___ |::::::::::|/\_ _ _
        _\_ __ 、      ,:'    `::::::://    |
      / ,/,:'     ` - ,/    /´//      \
   ___| _,; '              /.//   へ_―    |
  / __/ ,:'              /  /.  ./        l
. ;;;;;;/  ヽ‐;             ./    __/          .\
       |_ ;              /    ノ              \
      ヽ             /   /                .\
      /_ ヽ          |  /                   ヽ

       ヽハノ \_        .| /                       ヽ
 .     / ヽ‐ ´  |       |       ::::/            ヘ   . |
 .   /      .|      _ |     :::::/..      /       ヽ.    |
 .  /        ハ  _/ ̄ ヽ|     :::::/.      /          \_..|
  /           |/      ヽ  :::::/      /            7
  /          /         冫::::::/     ./               ヘ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ギンコ「へー……だいぶ稼いだな」

京太郎「お帰りなさい。ギンコさん」


特に失敗もなく、無事終わり、ほっとしているとギンコさんが帰ってきた。


ギンコ「んっ、後は俺はやる。今日はありがとよ」

京太郎「いえ、お仕事なので」

ギンコ「そうか、これが依頼金な」

京太郎「ありがとうございます!」


【所持金 45750円⇒53750円】

                _―メ __

               フ     ニ`;,
              / _ヘ       'ヽ
              リリ ,テ リィレヘ   ヘ
               l  ツ  ' ハメレヽ|
               ヘ __,  ,ゃ7
               ヽ     .リ__
               _ ` ' メヘ   iヘ  _
               l   ノ、 / /  /`\::\
             _ /クサ ,/    /::::/  \ \
             / /:/ Y      /::::/    ヘ:::::\
             | /::/ ノ。     |:::::|     .ハ:::::::.|
             リ::/        |::::|     ハ:::::::|
            |::/         |:::|  /   i:::::i

            |:i         /ヽi/     i::::i
            ク       /  `ヘ      |::i
            /       ノ    /: リ     .|ノ
           .リ      /    /: :./      |
           /          /: : :,ヽ     |

           リ          ´        .ハ
          /              ニ<ヘ   ハ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ギンコ「ほら、これ欲しかったんだろ?」

京太郎「わっとっと!?」


帰ろうとするとギンコさんに何かを投げ渡された。

投げ渡された物を見ると【ひかりのいし】であった。


京太郎「これって!?」

ギンコ「今後もご贔屓」


そう言って、背中を向け店じまいするギンコさんに感謝し頭を深く深く下げた。


【ひかりのいし】を手に入れた!
ギンコの友好度が上がった。
ギンコ ★☆☆☆☆

                    /\-――‐- 、
              , --=7   丶      `ヽ
         /,             ヽ  ヽ
        ∠/       /      、 、  丶  i
        /       i     ! l.  l i.  i |
       /  ,/  ! !  l||   ! |、 ll !  |  ヽ、
      /_ -7 , | l ト、| |ヽ!  N , 斗 r  ,'_  ト--`
     ̄  //!  ! Nヽ!\|,//l/ l/! N ,ハ !|
       ´ / ,i丶 {=== l/ == =l/ ' ノ リ

        // l i `i           _/,、/

        ´   {ハ!ヽ{    ′   u  /!}/ ′
              丶  ー ―‐ '  / |′
               \    /  |

                __ i ー '     ! __
          , ィ'´:.:/-‐ ´}     /  `Y´:.:.\
      , -‐'' ´:.:./:.:.:./― - 、   ,/__ /:.:.:.:.:.:/`丶、
      ハ:.:.:.i:.,:.:,′:.:i     `    ̄    /:.:.:.:.:../:.:.:.:.:.:.:.丶、
    /:.:.:.i:.:.:|,':.:i:.:.:.:.:!   ヽ  /   /:.:.:.:.:.:/:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:,.ヽ

     !:.:.:.:.ヽ:.{:.:.l:.:.:.:.:l.     i     /:.:.:.:.:.:/:.:./:.:.:.:.:.:./:.:.:.i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【個室】

京太郎「流石に疲れた……今日はもう寝よう」

三十八日目を終えた。

         /               \
         /   /     /        ヽ
      /   /       /            ,
.     /   /       /        ∧│ ',
       //       /        〉/ i Ⅳ
.      i.  ′      /        // -| l |   .
.      |  i |       /        //   |/ |   i
.     l Y^      .′         / i --ミ| ′ |
.    │人|i              / i | 斥㍉_ |i  |
.    八  |     ¦       ′| ん::f 7 |l /
.      ヽⅱl    |¦i      i  l 乂ソ /  .| ′
         从l    |│|       |  レ′ /|  j/
.           \  | Ⅳ.     |。   人|  /
         / く ヽ|/ 丶    | ,,.. <  |/
     >‐/.  \   /\  〔
   /  〈     丶 .′ヽ\│
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

なるか「今日もいい天気です!」

~コシガヤタウン~ 三十九日目 朝
【行動回数:残り三回】
【イベント情報】
【藍の球を追え! 1/3】【星に願いを:ゴーシャスボールを手に入れろ! 2/5】
【宇宙からの来訪者:誰かに付けられてる気がする…… 1/5】

1.町を移動する
├1A:4番道路(センヤマ・ヒメマツ方面)
├1B:3番道路(アチガ方面)
├1C:5番道路(ウスザン方面)
└1D:ダイサンゲンサバク

2.施設を利用する
├2A:ポケモンセンター
├2B:フレンドリィショップ
├2C:依頼
├2D:ポフィン作り(一日一回)
├2E:バザー(一日一回)
└2F:コンテスト会場

3.探索
├3A:人の話を聞く
└3B:散歩(誰と歩くかも)

4.修行
├4A:ポケモンのレベルを集中的に上げる(行動回数1消費)ポケモン二体選択、Lv1+コンマ分の経験値
├4B:ポケモンのレベルを全体的に上げる(行動回数1消費)全員にコンマ分の経験値
├4C:猛特訓(きずぐすり1個と行動を3消費する)全員にLv3UP+コンマ分の経験値
└4D:ポケモンを構う ※誰を構うかも

5.ポケモンを探す
├5A:3番道路
└5B:ダイサンゲンサバク

6.誰かに連絡
├6A:耕介博士
├6B:和
└6C:誠

7.安価
(無茶振りな安価は、最安価になります)

↓2

               __  /⌒ヽ
                 ⌒\ ∨   ヽ___
              _, ----`      ∨   `ヽ、
           /´               |     \
          / ____    /  l|     | :.     \
            ///    /   |     |l |  :       ヽ
              /  /   //  ,∧    / ,イ  l| :.  .  .
          / イ / // : l  |    ' / !  从 |  :   :.
         .'/  ' ' /-|-{ {  |  /}/  | / } }  |    .
         }'  / |Ⅵ { 从  '  ,     }/ /イ   }     .
           / イ | l{   { ∨/      '    }   ∧ :   :.
          ´  | {|从三三 /   三三三 /  /--、| ∧{
                {从 |     ,            ムイ r 、 }} /} \
               |                ノ ' }/イ/
                {               _,ノ
                   人       _,..::ァ       r }/
                     `     ゝ - '   イ   |/
                        `  ーr  ´  ___|_
                     ___|     |//////|
                   {|___ノ  __|[_]//∧_
                 /// |____|///////////> 、

                     ///// |   /////////////////> 、
               /////// { //////////////////////}
             //////////∨///////////////////////|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ポフィン作成】
京太郎「久々な気がする」

01~30:失敗
31~60:まぁまぁのポフィン(なつき度+3UP)
61~90:普通のポフィン(なつき度+5UP)
91~99:良い感じのポフィン(なつき度+8UP)
ゾロ目:凄いポフィン(なつき度+10UP)

↓1

             ___/ ̄ ̄\_
         ,  ´        <⌒
        ,:'            `ヽ、
       ,                \_
                      \ } ̄´
        '              ,  \
      / ,          |/} ∧ }`ー`

       {∧          「ノ|/}/イ
      '  、       | /`/ } '
         } ∧     /イ   /
         |' ,} \__/イ__ /
         //////////∧

        _,.{///////////|

     -=≦//////|////////≧=-- 、_
  r≦//////////////////////////////ヽ
  |//l///////////|///////////////////∧
  |/∧//////////l|///////////////|/////}
  |//∧/////////l|///////////////|/////|
  |///∧////////l|///////////////|/////|
  |//// }////////l!///////////////}/////}
          /              ニ<ヘ   ハ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【失敗】

京太郎「久々だしな。しょうがない」

トキ(おやつがー!?)


           「 ̄`ヽ-―‐---、__

           {:.. ,..-f( ))-、       ̄}
              广}___クーく.___{ ̄`ヽ ..:::/
          / ,..-‐r:r―┬r::r--、  }!V、_
          /7'..:::i::|^!...:::i:| |:ヒjハi::ヽ|! ヾヽ
           {ハ:::::::f':n:i、:::::{"{::n:ヾi:::.:|!  }!'^゙
           |丶弋ツ `゙ 弋;ツ}::::.|!  }!
            |:::|:i| "  '_   " .!::::.{! o|!、
             |、::|ハ:.,、  、ノ ,..ィ:ノ::リ;》=《i ゙、
         /.:ヽハ!:r‐` T"´  !イ':":.:.:.:.:\i!
       r:<>、.:.:.:.:.:.ト--、   ,..-/:.:.:,:イス) >_>、
      ζ√ーァ\:.:.:.ヽ     /:fィ_トrJ しイ.,>イ
        ∀  ! `Zf┬‐-≧ーイ:.:r'´       |_)i::}
      / .,.:彡ミy' /_,.-< ̄`ヽ::::..       !::、:::i!
      <  ̄  ノ''"   ...::::..... ::::::::.   ,.ィ:::::i!:::|
     ,.へ  / ........:::::::::::: ::::.   ::: ,:<_,.ノ::::::|:i::|
     `>'"           ::::: :::..:/  \:::::|::i:|
     ∠.._________;:.-'"´  __,.イ:::::|::::i!
       /  `ー┬‐;--------―irイヽ、|::::!:::i:|
       / 「 ̄ `ニY⌒r―''" ̄ ̄i .i! | i ヽ!::/::::|:|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ネリー「この町いいね! お金の匂いがする!」

~コシガヤタウン~ 三十九日目 昼
【行動回数:残り二回】
【イベント情報】
【藍の球を追え! 1/3】【星に願いを:ゴーシャスボールを手に入れろ! 2/5】
【宇宙からの来訪者:誰かに付けられてる気がする…… 1/5】

1.町を移動する
├1A:4番道路(センヤマ・ヒメマツ方面)
├1B:3番道路(アチガ方面)
├1C:5番道路(ウスザン方面)
└1D:ダイサンゲンサバク

2.施設を利用する
├2A:ポケモンセンター
├2B:フレンドリィショップ
├2C:依頼
├:ポフィン作り(一日一回)
├2E:バザー(一日一回)
└2F:コンテスト会場

3.探索
├3A:人の話を聞く
└3B:散歩(誰と歩くかも)

4.修行
├4A:ポケモンのレベルを集中的に上げる(行動回数1消費)ポケモン二体選択、Lv1+コンマ分の経験値
├4B:ポケモンのレベルを全体的に上げる(行動回数1消費)全員にコンマ分の経験値
├:猛特訓(きずぐすり1個と行動を3消費する)全員にLv3UP+コンマ分の経験値
└4D:ポケモンを構う ※誰を構うかも

5.ポケモンを探す
├5A:3番道路
└5B:ダイサンゲンサバク

6.誰かに連絡
├6A:耕介博士
├6B:和
└6C:誠

7.安価
(無茶振りな安価は、最安価になります)

↓2


                /        /jノ
                   /          /´ ___
                    /         / 〃/!ー 、 `丶、
               /         /_厶/:::| ̄´  / /\
                /         /:/ /:: ‘、__,/ /   ヽ
-―…=ー 、         /           /::/ /::  \__/ lヽ _  |
: : : : : : : : : :丶、   /           /::/ <:::    〉   l::::::/ ,/
ー―- 、: : : : : : \ 〃        /l::/,  人_:...  / / ヘ|//
\: : : : : : : : : : : :/       ,   /:://    ̄`ヽ._  / 〃
  丶 : : : : : : : :/        /  /l:/´      /::;;;;;;;;\//
    丶----:/       /  ノ:〈:{        /:::::..,,,,,,,,,.`く_
        /      /    /:::::!:.、  _,∠`7/´ ̄ ̄
_____ /           /:::::::|::::{二ニニ:::≦´
: : : : : : : : :/           /:::::::∧:::ヽ 厂 ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄:              /:::::::/ |::テ’
       |            !:::::::/___「
       |             |:::::::::::::ハ
        :           レ1:::::/ |
      ,'             /::::/ , |
      /           /:::::/イ |
      /             l::::::::::/  |
    ./            |:::::;::/   |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【コシガヤタウン・コンテスト会場】

「ところで少年よ、今日はどうする?」

1:コンテストの見学
2:コンテストに参加
3:きのみショップへ
4:ポロックを作る
5:安価

↓2


↓2 誰と見学をする?

             _____
          .. .:'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:^':...

.         ,. (,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        /ハノ_j;x=ミ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r=x?。
.        .:.:.:.:.:.(__少/:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:辷,,):i,
       ;.:.:.:./.:.:./.:.:.:゙/.:.:.:.:.:./|:.:.:.:.:.:.:.:i、\
       i.:.,:.:.:.:.:. ´:.:イ「ソ:/|.:.:.i  |:.:ハi:.:.i. vi .:`.
       l/;´.:.:.:゙.:./斗や「i|.:.:.|  い八:.i.:.: | .:.:.:,
      /,ノ:.:.ii:i.:.; .斗=ミ八 :.| x扞㍉:、i.:.|. :.:.:i

      ;'.:.:.:.ノ|:i.:〃 )しハ     )しハ 小:.:|i:i.:.i|
      i.:.:.:.:.:.i|: :i| 乂xツ     ゝツ i.|.:.:八ハリ
      {/:.:i八i:i込、 ''   `     人|:.:.:.:.:|
.       /.:.:.:.:.:. `|八介; .  ´゙  イ|.i.:.|/.:.:.i|
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:l彡iY^ニ≧tr<-=ミx:ー=ミj八
.     /.:x:ヤ''T:i^~ /∧ ニZj圦 'v 丶\: .  ⌒ヽ_
    / ノ′  | i   '/∧  厂`'ト. 〉  \\i.   i「¨:iトミ ____
    / i: .  i.| i    /∧ノ\,人´∧  `'心, 、リ :i|     ~"'丶、.,,__,. --ミ
  ( , i|: .  i:| i 辻j-.   'v八  `ヽ‘,    ヤ辷ンッェ]L,_            _,.二つ
  :/:)x八: . 圦__--  __   \);,  ヤi    、,㍉;.:.:.^ぃ  `~""  ´~^"^丶、__`つ
 /ii′   \ :/二ニ=‐-ミメ、 \  .り    /   \:.`:ヽ
 :八       :,′      `' 、  v/ |  / '    ` ;ヽ:.:.、
 .:.L≧=ー彡イ:          \ V | ' /      Vハ\
 i人   .:.:.i{ : : .             ヽ:|:.レ ,:′      }.i:ノ,   _
 / `':=ァ.:.:.:iヤ : : : . .       . : :i|少゙: : . .  . . : : 圦i:’  `
    ∧:.:i|込 : : : : : . . . . . . . : : : 八 : : : : : : : : : : : ,:仏ハ:i}  :i

    ∧(:.八i.:}i:,、: : : : : : : : : : : /: :,)iッ,___________,. イ 〕「i.:!リ  :i
   人乂ト、`r:リ{≧=‐----‐=彡  .:ノi:.:.:ノ八vノ:.i.リ アi.:.:,:′ ,:

.  ,:'^,.、xァう''i{圦: :^:、:ー:‐: '^ : : : : : : : たシ__彡シ __彡' '′ /
 / /  /´ : 八: :\: :\ : : : : : : : : : ; イ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ユキと見学】

ユキ「あっちが空いてます」

京太郎「おっ……ありがとう」


ユキに引っ張られ、席へと着く。

見渡せば、人、人、人、人で埋まり、隙間もなかった。


ユキ「……んー、一次審査は終わってますね」

京太郎「大会は朝からだっけか」

ユキ「そう書いてあります」


貰ったパンフレットを開きながら、のんびりと公演を待つ。


『お待たせしました。これより、総合コンテストノーマル大会 二次審査を開始致します』


京太郎「おっ……始まった」

ユキ「暗くなりましたね」


アナウンスと共に会場が真っ暗になっていく。

唯一光が点灯してるのは、ステージのみだ。


.    |\ }\
.    l   ヽ \
.    |

.    |        \
   {\|
.   \              ',    _{\ ___
     \           }  __\          `ヽ
    /             /  / 「\\___     }
.    {      ,.  -ァ<   { {_  \  __  }   ノ
.          /  /::::/>‐`ー┬    { {心`^'_{__
.      \/     {/ /::::: /∨   /´ ̄ ̄  く:::::::}
       /  lV{     |/∨     /    r‐ 、____ノ
.      _{  ト|:::|          _}\}     {  V
.     /    ',::::\__       \       {vl_}
     ′ \_>‐′「 ̄{    〈      ヽ二ア
.    |   |     |   | _}\__|     ∧/
      廴,__,_〉       ̄ | \::::::|/l∧/::::::|
                ,    ̄|    \ ̄|\
                ′   :|      ̄  ̄
                  \{>‐{>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ガーディ! 【ひのこ】から【ほのおのうず】、最後に【ほえる】!!」


京太郎「おぉ……」

ユキ「なるほど、最初小さい物から次は派手な技、最後はビシっと決めてますね」


二次審査では技を出してのアピール対決だ。

いかに うつしく、かっこよく、たくましく、かわいく、かしこいかを魅せる。

今もガーディが華麗にほのおタイプの技を繰り出し、ほえるで最後を決めた。

これに審査員も大きく頷き、満足げだ。


京太郎「レベル高いな」

ユキ「出るんです?」

京太郎「どうしような」


こうやって本物を見ると少しばかり萎縮してしまう。

こんな観客の中、あれだけの事をしなければいけないのだ。

正直、緊張でどうにかなりそうだ。

                                            ,rrテ≡=
                 ,r=ヽ、            r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、.(〃彡三ミ
.     ,r=ヽ、      j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;)./"~´   i
.    j。 。゙L゙i......r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・=  );;;;;;;;{ f:、 ‐-:、 (
.r-=、 l≦ ノ6)_`゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ tノ`ゾ`ー ゙iー'   ア::::::/.ノ゚ヲ ''・=
.`゙ゝヽ、`.rfニ、ヽ.  にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ  ヾ;;;/ .l (-、ヽ'"  ゙'
. にー `...l。 。 f9i ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐―イーlィー-、
.,.、 `~i t≦_ノゝ、..ヽ、__l::::ヽ`iー- '''"..゙,,....,,,,__. ,/   /       t_゙゙   _,,.. :: "
.ゝヽ、__l::::.`ブ´,,:: -- ::、 ::::,->ヽi''"´゙,r''"''''''ヽ:::`ヾ‐テ-/ i      `ユ゙"

.W..,,」:::::::゙,rニュf::r-‐t::::::::ヽ.ミ__ィ'{-...f´,,..、 r"::::::::::i. ,/`ヽl : :` : : ,.r‐(´::::〉   ,.ィ
.  ̄r=./,,, Y.. -‐ ヾ::::::::l / f´.ノ゙ f・=  7:::::::::::l゙''"  ,:イ`i : : ,f´:::,::ヽfト--テ:::::::
.   lミ、.゙ム゚゙゙' く、'゚`  ゙'"):::l.゙il  l..ヽ''    ゙'⌒リ:ノ  ,:rニテ三ミゝ、::::::ゝ!r7/ー一'
.   !   l=,,;;:. l=、  ..::" ,)ヽ、.  l j⌒    ト'"fノ ,r"彡彡三ミミ`ヽ、゙/://:::::::::::::
   l. /`ゝ-''^ヽ''"  ,/: : : :\..゙l...ヽ、: : : '" ノ^i,  ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ, ://:::::::::::::::
    /rf´ i′  ,f^ヽノ:,. - - 、 ヽ,,. -テ) ,/  `ヽ:,i ,,.,...、  ヾミく::::::l.゙/::::::::::::::::::
. r'": ゙'゙  l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: -  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ.゙::::::::::::::::::::
. ` ̄´... !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   / ,, 、   '"fっ)ノ::l..'::::::::::::::::::::::
      /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /       `i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
. _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : //'´ミ)ゝ^) 〃      i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
`_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ ト、つノ,ノ fノ       ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
-‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  i _,,.:イ  /      ,r''";;;;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
、..、く´_,,∠"ィ''"´ /    ,ヽ  ゙:、 /\、   /;;;;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
´  ,ヘr:、-、=---/    ,:イ ヽ  \  `ヽ〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
ーフ´ > ヽ`ー、/    /く _,,..ヽ   ヽ ,/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/ / ,,ゝヽ, )  ,./ ィ'"   ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ』

京太郎「なんだ!?」

ユキ「っ……!」


ぼーとしていると大きな歓声が巻き起こった。

余りに五月蝿く、ユキと共に耳を手で閉じる。


京太郎「一体……何なんだよ」

ユキ「っ……あ、あれのせいですね」

京太郎「あれ?」


ユキの示す方向見て……驚いた。

                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\==フl

             r-、_ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::\ |
            /   ゙、::::::, -―-、:::::/:::::/::::::|:::、::゙、:::、:::::::::::::゙!、
::ー -、         /   `Y >´   /::::/:::::/::;:::::::|::::|::::|:::::|:::::、:::゙、::!
、::\\       |   /ケヾ、    |:::/:::::/::/::::::::|:::::|::::|:::::|:::::|::::|ヾ|
:::\::\\二<三ミ、ー--'´/八    /:/:::::/::ィ:::::;::::|.|:::ハ:::|゙;;;|:::/|:::|::|
;\:::\:\;;;::::::::: (_゙、_ , ノ/   >、._/;|:|::::/::/ |::/|:;:ト|::/ |├,,|:/:::|::|:::|

-―、゙、:\::: ̄ ̄:`´//-‐-、 /)::::::::::::|::::|:::| .|:/´|/,,|/ |/什 \|/;/\

\___\;;:::::`ー--/:/`´`^ー/:::::::,--、|::::|:::|´ /5):|   ゛|   ゙、::::::::゙、
___.二..-‐::´/:::::::/:::::/ \:( ⌒ \|V  ` ー'"    `!    |::::::::::|
;;;;;::-‐ ´::::::;::::::'´:::::;/:::::;∠__`ヾ、___    """"    /    /:::/:::/
::::::::::::::::::::::::_,:::-‐;´,::-‐:´::::::::::::::::: ̄/  ` 、       ´/、  /::/::/
:::::::::_, -‐;;´-ァ ´ __ ̄ ̄`゛ー--、_,.イ、`ー-、__`__>- 、__ .ノ  .Y´:/::;:ノ
_, -‐´ ̄//-‐::´:::;; ̄二ニ-‐ ´ ゙、 ``ニァ--イイ ̄ |    | ̄ ̄

    /::::::;: -‐ ´     /      ト、 |`´ ̄イ>、_/  、  |
..  /:::::/         /         !  ゙、___,,イ  \_  |_,┤
 /:;::::/         |           /     \ |_ |
/://          |           / ..       \、_  |
レ'            |      ,  , /   \       〈!`l_
            (`(ー、_,、__,t、ィ|/ /       \     (`! |┼、.
    __,......----、___,」`ー-!_!_」__/ /         \   5//±_」゙、.

 __v'´ _, '彡三三彡イ__   .___|ι-、,-、r-、r-、r-、___,._゙、 (//≦、`ト、
イ/  ///, --、___  `ト ニ!ニ!ニ!ニ!〉_〉=========、h‐n|〉/´,.\)´ |

7  //´/ \   ̄`.|      |彳Y ̄!二!ー!┬!-ト、)__|ニtケト'´!`i   |‐-、
__// /   `ー―‐|      ト'`´ ̄   ト| ||ζ     | |  |. 〉   ト-、ζ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                         _ __
                         ̄ ̄ ̄    . ヽ _
         /   '"              ` 、 `
         /                    \ ^ヽ
         /                          \
       / /   /                          ヽ
        /   /    .: : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : . . .       }
    {i /    ′ ,′.: : : : : : : : ト、: : : : : : :|: : : : : |: :.、    ',
     ,′   l: : : :.! .: : : : : : !:.:. :.| !: : : : : :.|: : : : : |:.:.:.|: : :.   〈
      l    .: |: :. :.:| .: :. 斗匕 ̄ メ |: : : : :.:.ハ-┼- 、.:.:.|: : : :.   〉
      |   .:.:i!: : : :| /: :/: / l/   |: : : : :/ .l ∧:.:ハ ヽ!: : : : :   |
      |  .:.:.i|: :. :.:|: : : :/x = x.    |.:.: ハ/    j/ l: :|: : : : :
      |  .: :.:||: : : :|: : ,〃    ヾ  j/   〃 ̄`ヾ: ハ: : : : :: : .′!
      | .:.:.::.||: : : :|/ {{       }}        {{    jイ !: : : : : /
.     /| : : : ||: : : :|  ヾ _  '′       ヾ _ ノ .: : ://  /
    /: | : : : ||: : : :|   、 、  、  、  、  、 `¨¨¨´ ムイ´
   { │ : : : i:!: :. :.|    ` `  `  ` `  ` `   |: : | |
   ヽ. | : :. :.|:!: : : ト、          _, ~~ ┐       !: : ! !
    i! : : ::.|:|: : : |: :.>、     丶 __ ノ _ ィ ,′ ′\

    i! : : : | !: : :.: / __>   _ .. -  ´    /: :./: : :.  ヽ
    i| :. :.:.|: \: :、  \            .. - ‐  ムイ: : : : : i! !
.   /:| : : :.|.:.:./ \\  \__     ̄ ̄        ヽ: : : : ハ
    ′| :. :.:|: /  /`¨\        >'´        -‐∨.:/ !/
.  / .: | :.:.:.レ′ _{__ .〕、__ イ         /     V
 /  :.:| : : |  /|    / !\   . イ       /
. レヘ  : | .: :.:l  / \/i/|   ー '_|       /        |
    \:|.:.:.:.:| ./        |    /     、  ,′   \ |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

: : : : :/ : : : : : :| : : : :|.. : :. ゙、: . ゙、゙、. \
: : : : : |. : : : : :i |: : : :i:|. : : : ∧: :、.i. .i: : . ` 、
.: : : : : !: : : : : | |、: : :| | : : i | !: :|:| : |:、: : : : : : >
: : : : : :| : : |: i 「! ヽート!、: : リ  !: |ハ: ト : | ̄ ̄
.: : :,..-、|: : :i: :|: !゙、 _、!二゙、-| イ: リ ! |ヽ:|
: : / へ.゙、 :丶ヾヽ<´{::::i` ヽ! 1!|:/| :!ノ゙、リ

: :ヽ    \ : :!丶   ̄     Vイ:ハ |\:i
.: : 丶    \゙、        `> リ  `
ヽ: : :`┬ 、  ヾ          /
  i: ;ィノ    U     ,....-ィ /
,,:‐レリ    _       ̄ /
゛=!_    \ `ー-、_  _/
::::::゛== 、 \   / ̄ヽ、
::::::::::::::::::::::゛===-、    >
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「和?」


ステージ上に和が見知らぬ少女と立っていた。



 /|_________ _ _
〈  To BE CONTINUED…//// |
 \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~ ~  ̄

【現在の状況】 三十九日

              _  , --、__        ┏─知り合い──────────―――――┓
             /.:.:.::.<´/三萬三\、     │リーフ★   阿部★ ギンコ★          │
              //.:.:.:.:.::.:.:.:,ニ(__)ニ.|     |耕介博士&慕                    |
           l  l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\___/|     |原村 和                       |
           |  |.:.:.::.:.:_,.  -―…‥‐- 、     │高久田 誠                      │
           |_レ<_______ \   ┗────────────────────┛
      ___, -‐:│ /ヘ ゙、,|≡≡ Y ≡NV ___ \  ┏─現在の所持金───┓┏─現在位置───―――――┓

     /:::::::::::::::::и{        丶  | ハ|   ̄   |             53750円||コシガヤタウン          |
    // ̄ ̄\::::::::::゙、ィ-ャ  r ----┐ ,ノ        ┗──────────┛┗─────────────┛
   //|::::::/::::::::::||::::::::::/\\_`ー-‐',...イ
  |/:::|::::/::::::::/::|| /「:ト、:::》   T ≫:::::::|       ┏所持品────────┓┏大切な物───────┓
  /:::::::::::::::::::::::::/ ゙̄、::| `ー-,ァ ケ/「|`ーi、       │モンスターボール ×2  ││わざマシンケース      │
 |:::::::::::::::::::::::::/     |;;|  o〈 // |;;|. / |       │きずぐすり     ×5  ││櫛               │
./:::::/ー-、:::/:::|    ||;;|   V   |;;|.  |       │どくけし       ×5  ││バッジケース        │
|::::/::o:::/ヘ|::::::|    /:/   o   |::|  |       │まひなおし     ×4  ││きのみケース        │
|=|===彳 ||::::/    /:/       レ   |       │ねむけざまし    ×4  │┗───────────┛
|:::|::::::::::|:::イ、/    |´    o   ,イ   |       │オボンの実     ×4  │┏───────────┓
|:::゙、__;|:;/:::|     /       / |   |       │ふしぎなアメ    ×1  ││コンマズラシ券 ×1    │
|::::::::::::::::::::::/    /_      | |   |       │スーパーボール  ×4  ││成功判定確定券 ×1  │
!:::::::::::::::::::::|    /―┤  o ┌┤|   |      . │凄いポフィン    ×1  │┗───────────┛
`ー-、::::::::::|    /       /|   | |   |       │ひかりのいし   ×1  │
     ̄ ̄|o   |     / |     | |   |  .   . ┗───────────┛
┏手持ちのポケモン【Lv上限25】───────────────────────────────────────┓

│1・うた ニックネーム:うたちゃん 呼び方:京太郎 ゴースト/ほのお                                  │
│Lv25★☆☆☆☆ HP:67 攻:27 防:40 特攻:45 特防:40 素早:22       .                         │
│愛情【硬い絆で結ばれている】条件1進化 条件2衣と一線を越えている 条件3ゲンシカイキをした               │
│                                                                           │
│2・ひめこ ニックネーム:ひめちゃん 呼び方:きょーたろー でんき/― 持ち物:ふうせん                     │

│Lv25★☆☆☆☆ HP:72 攻:40 防:28 特攻:55 特防:50 素早:60                                │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆(最大20/現在15)9/10                           │
│                                                                           │

│3・まいる ニックネーム:まいちゃん 呼び方:主人さま(マスター) はがね/―                            │
│Lv25★☆☆☆☆ HP:72 攻:37 防:32 特攻:55 特防:50 素早:60                                 │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆(最大20/現在15)9./10                           │

│                                                                            │
│4・まほ ニックネーム:マホ 呼び方:ごしゅじんさま あく/―                                        │
│Lv25★☆☆☆☆ HP:62 攻:45 防:32 特攻:52 特防:28 素早:49                                │

│愛情【硬い絆で結ばれている】条件1進化 条件2スタイルチェンジをした 条件3ジム戦を2回体験                  │
│                                                                            │

│5・もも ニックネーム:モモ 呼び方:パパ ゴースト/どく                                           │
│Lv23★★☆☆☆ HP:67 攻:46 防:35 特攻:71 特防:46 素早:62                                 │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆(最大20/現在17)1/10                            │

│                                                  .                          │
│6・ゆきこ ニックネーム:ユキ 呼び方:お兄さん ノーマル/―                                        │
│Lv25★☆☆☆☆ HP:70 攻:40 防:34 特攻:34 特防:44 素早:55                                 │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆(最大20/現在14)2/10                             │
│                                                                            │
│7・とき ニックネーム:トキ 呼び方:京ちゃん エスパー/フェアリー                                    │
│Lv25★☆☆☆☆ HP:61 攻:27 防:33 特攻:45 特防:40 素早:37                                 │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆(最大20/現在19)6/10                           │

│                                                                            │
│8・洋榎 ニックネーム:ヒロ 呼び方:ガ~ス~ どく/― 持ち物:きあいのたすき                           │
│Lv25★★★★★ HP:79 攻:62 防:42 特攻:55 特防:42 素早:49                                  │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆(最大20/現在14)5/10                             │
│                                                                            │
│9・ネリー ニックネーム:ネリー 呼び方:パピー フェアリー/―                                      │
│Lv25★★★★★ HP:60 攻:22 防:45 特攻:32 特防:49 素早:19                                  │
│なつき度★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆(最大20/現在9)8/10                             │

│                                                                           │
│10・なるか ニックネーム:なるかさん 呼び方:京太郎君 くさ/こおり                                 │
│Lv25★☆☆☆☆ HP:72 攻:43 防:37 特攻:43 特防:42 素早:32                                │
│なつき度★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆(最大20/現在8)8/10                             │
│                                                                           │
│11・豊音 ニックネーム:豊音さん 呼び方:京太郎君 あく/―                                      │
│Lv40 HP:118 攻:97 防:80 特攻:125 特防:89 素早:117                                      │
│愛情【硬い絆で結ばれている】条件1豊音を使えるようになる 条件2幻・伝説ポケモンのゲット 条件3ミヤモリタウンを訪れる│
┗────────────────────────────────────────────────────┛

今日はここまでー!
明日は続きからやります!

ギンコさん出すぎやね。好きなんだ……。

感想やら質問あればどうぞー!

それでは

おつありん!

和に関しては、損得でなく、ライバルとのイベントってことで楽しんでほしいな……
後、イベントアイテムをライバルから貰える場合もあるので注意で!

Qユキのとびげりが観客へのアピール凄そう
Aパンチ……げふん、何でもないっす!

Q美少女ポケモン専用の技とかってあるんですか?
A特性のほうになります。後々絆を高めれば、専用に

ぼちぼちやっていきます。

じぇー

>>284
損得というか、イッチの和は原作テイストを上手く再現してるから……
原作清澄は京太郎への扱い的な意味でちょっとアレな印象がしちゃってね、ごめんよ

>>285
そうなんか
原作は……しゃーないね!

: : : : :/ : : : : : :| : : : :|.. : :. ゙、: . ゙、゙、. \
: : : : : |. : : : : :i |: : : :i:|. : : : ∧: :、.i. .i: : . ` 、
.: : : : : !: : : : : | |、: : :| | : : i | !: :|:| : |:、: : : : : : >
: : : : : :| : : |: i 「! ヽート!、: : リ  !: |ハ: ト : | ̄ ̄
.: : :,..-、|: : :i: :|: !゙、 _、!二゙、-| イ: リ ! |ヽ:|
: : / へ.゙、 :丶ヾヽ<´{::::i` ヽ! 1!|:/| :!ノ゙、リ

: :ヽ    \ : :!丶   ̄     Vイ:ハ |\:i
.: : 丶    \゙、        `> リ  `
ヽ: : :`┬ 、  ヾ          /
  i: ;ィノ    U     ,....-ィ /
,,:‐レリ    _       ̄ /
゛=!_    \ `ー-、_  _/
::::::゛== 、 \   / ̄ヽ、
::::::::::::::::::::::゛===-、    >
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ユキ「お知り合いで?」

京太郎「あぁ……同級生」


唖然とするもユキの言葉で、意識を取り戻す。

観客の沸く中、混乱した頭をで考えつつも、二人の演技を魅入る。

音楽に合わせ、和と少女がステップを踏んでいく。

そして、それに合わせるかのように技を指示し観客を更に沸かした。


京太郎(そういえば……)


そんな二人をボーと見ていれば、キヨスミタウンを出る時の事を思い出す。


和『私はコンテストとトレーナーの両方を極めます!!』


そう宣言していた筈だ。


京太郎(頑張ってるんだな)


舞台の上で、四苦八苦しながらアピールをしてる和に暖かな視線を送った。

               ____
         ,.' ´        `  、
      _,ィァ′        ヽ    \
       {少′  / ,i  l ト、  i   ,ィマ、
      Y /  /// | l| | ハ  辷='/|:..ヽ\
     イ ′ / | { | 从、|  } |彡' /|:.:i:.:.|,∧
.     { | l |ィ爪 {(リ八「了 メ、 彡个rイト、

      リ、_! l リィチfト   '行タト、彳,ィl |:.:| |:.:i
      l_,以 { ヒtリ    ヒztリ  |f リ| |:.:| |:.:|
      「 l 「ト'"   '     '""'  _,イ | |:.:| |:.:|
      } } ハ    tっ     ィ' ) ,j リ 刀 「
     / /,イ| |l>、    ,ィ |ノイイ / リ |
      / /リ |:! !仏ィ_〕¨     》,// / /| !
.    / / r廾 .|「{: |-、  __ / // ,ヘ〔 .j {
    〈 イ ∧V /:.:.: :|__´_./: :./ /:.:.:.:.>))
    } } /`Y'| {:.:.:.:.:.l    /: : 〈 〈:.:,イ´ /{,
    j/ }`ー冫j\:.:.:|  /: : : :___)ノ/i´r‐'='}
      ト ン′`ヾ >-r'< ̄ _彡冫=v'   人
.     }/:.:.   . :.:.[二]-:.―'´. : :.:.:.:.:V  / ∧
     i':.:.:.. . . .: : :∧Ⅵ:.:..  . . : :.:.:.:.:.:i // ,/ イ
     {  : : : : : : }:.:|:.i:{:.:.:.: : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:|r<´ _.!
    _八     j:.:.!:..:|..  : : : :     ノ{    {
   { i   ヽ、._  |:.:.:.:.:|::         ,イ ヾ、_  |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

和「お疲れ様でした」

                       ´ ̄ ̄ `   、 ‥
              .  /             \  .
               :  /  /             ヽ :
              . /  /|   | 、    !        :
            :  ′ 斗匕  :! ` ー-|  i     .
                i /===ヘ. |r==弋 乂爪   i :
           :  l Ⅳ/:::::::Ⅵ/:::::::`ーl | `   | :
              : | }込////ノ込////少リ   川
             | { 三 ̄    =ニ三 /  ./ リ
                 〉 廴_ -=====- /   /イ{_ :
          .  ∧  i 「:::::::::::::::::::::::/   ./:::::::::::| :
             :  /::::\ ヽ::ミ==彡:::/   /:::::::::::八 .
               ∧::::::::::ヽ Y:::::::::::::イ  /::::::::::::/::::へ :
             /ヽ:\__:::::::Ⅵ::::::::::::::| ./::::-=≦く::::::/:::::::〉 .
         /::::::::::\:/⌒ヽ/⌒ヽV::::_/::::::\{::::::/  :
          : |:::::::::::::::/    〃    ∨  /\::::::::::::\{  :
         L:::::::::::::{     {{      〉●}_  >=-:::::::}
        : 丁¨¨¨\   辷才  イ /       >::| .
         : |   / > ./   /\{   _  ∧:}| :
.         : 八  ∧__  >=く  _.ノ\/   / }:l|  :
.          〈   ∧ @ ) }   「@  / ̄ヽ /  l::l|  .
          j/ /  ` ̄  入     ̄ ̄ 〉  /  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ゆう「ごめんね?」

和「いえ、最初ですし、のんびりといきましょうか」

ゆう「うぅ……やっぱり、自分の技を使うと寒くて」

和「なんというか……体質とタイプが合ってないですよね」

ゆう「うん、もうちょっとあったかいタイプがよかった」

和「そのくせ、特性が……何と言いますか」

ゆう「私はあったかくて好きかな」


大会も終わり、出てくれたゆうさんへ感謝を込めて労わる。

     , ´   /  .' / .'  '        | l  | l |  |
   /    / '   |  | | l|  |    l | ,  } l |  |
 _/    イ /   l|  |_,∧_{  :.   ,-|-}-/、 ,  |  {   _   ___,-、 __
  ̄ ´   / /    {  |、{ l∧  {、   | }/イ/},イ /  l_、  { Y´ /  '   }- 、
      {〃   r∧ |ィ斧ミ从 、Ⅵ , イ斧ミ、 } /l|  l、r  ̄ {   {  |  / _ }、
      /    /{ 从{、 Vzリ  \Ⅵ/ Vzり /イ } / |   乂_人_/、_/   / \
       /   //从 l∧\       ,\        | /イ/   }==   ̄ ̄ ̄ ー く
     /  イ'  {/l∧ ∧      、        ,イ/j'  /             \
    ̄ ̄        ー∧         _,     从    ,                 \
               ヽ 、    ` ¨  ̄   ィ }/    /     / '
                 ∧ \       / |/>  ,      /
                  {(从_|     --  ´ 「/// |  {
                  |/ ̄}}          |////|_ |
            _,.:<|///||          l/////` |
     _,.. -=<///// \//}         ,r-/////// |
  <//////////////////∧-- 、    {///////l{

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎「居た居た、和……お疲れ」

和「京太郎君?」

ゆう「だれ?」

京太郎「京太郎と言います。和とは……同級生かな?」

和「そうですね……一応?」

ゆう「一応?」

京太郎「それで、ほい、これ」

和「これは?」

京太郎「差し入れ」

和「……ありがとうございます」


京太郎君から紙袋を貰う。

触ればほんのりと暖かく、開ければ、肉まんが入っていた。

なんと言うか、チョイスが男性ぽいなと少し笑った。


ゆう「わーわー! 貰っていい?」

和「はい」

ゆう「ありがとう、京太郎君」

京太郎「いえいえ、それで惜しかったな。2位か」

和「はむっ……んっ。初めてだったですし、十分ですかね」


うん、美味しい。

                      -‐ ━━ ‐-
                  /  /. . . .    . . \
                   . ./: : : : :/ : : : : : : : : : . .
                / . : /. :./ : ∠|: : : :./: : : : : : : :.
                  / : : / : /l: :/  |: : :./ |: : : : |: : : :
              / : : / : /抖午ミ八_/ 八:.: : :.| :l: : :

                / : : /.:.:.:l/{ Jh^`  午ミX : | :|: : :
.               / .:/ l´l:.:| 乂_,ソ     { Jh^Y: :|: : :|
.              ⌒7 : :人l:.:|  〃   '  乂ソ '从:|: : :|
              / : : .:.:.:l从      -、      /): 八:.:.|
                / : :.:/ .:/ / \   `¨     人 /:. :∨
            / : :.:/ .:/ / : :ノえト .__....-=≦:.:.:/:.:.|: :|
              / : :.:/__厶斗 ´|  `L∧:.:_|:.:.:|/:.:.: | : :
          / .:/  | l......... |  /:i:i:i:l\\j:.:.:.: : : : : :

            / .:/    | l......... |/,\:i:iノ\〉.. `┬ 、: : : :.
          / .:/  \ ,| |..Χ..........’ 「i:i:, |........... ', 丶 : : :.
.        /.:/ :/ /⌒ 人[.......\.......∨:i:i:i:i|..............', ∧:. : :
     / /': /        /⌒\........... ∨:i:i:i|..............// {:. : :|
..   / / /: 〈  ___  /'    \.........∨:i:i|.........../ \ \:.|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

和「それでその後ろの子は?」

京太郎「あぁ、ユキ! 俺の手持ちの子だ」

和「また、美少女ポケモンですか」

京太郎「……既に11人居る」

和「………」

ゆう「わぁ、よろしくね?」

ユキ「よろしくお願いします」


仲良くしだす、ゆうさんとユキさん。

無言でじと目で京太郎君を睨む私。

なんという対極の差だろうか、というかどれだけ増やせば気が済むのだろう。


京太郎「知らん、何故か出会うんだ」

和「一種の才能ですかね?」

京太郎「どうだろな……バトルでゲットしたこともないんだよな」

和「わーぉ」


なんというか、本当にトレーナーらしくない。

根っからのブリーダー向きなのだろう。


京太郎「あと、誠に出会ったぜ」

和「あぁ、無事でした?」


もう一人の腐れ縁の男性を思い出す。


京太郎「元気、元気」

和「相変わらず、頑丈ですね」

京太郎「だな」


お互いに共通の友人を思い出し、笑い合った。

彼とは、アチガタウンで一度会ったきりだ。

元気そうでよかった。


         ___ -= : : ̄ ̄ =- .    _
         /:::/  . : : :       \ /::::人
      r‐:::::ヘ/   : : : :      r─=ミ/::::〈
     ノー─/                  |:::::::::::::》-=ミ}___
    〉:::::/   /: :/ : : | . : :. : :|   i \::::::::::|\:::::::::::::>
     |::::/ . : : : :| : i: :| : : :| i : | : i :i  {::::::::ノj:::::\厂ヽ: : : : :ニ=-
     |_/  i: :|: : :| : i: i| : : :| i : | : i__i  i⌒´| |:::::::/\  \: : : : : : : : : :=-
.      |   i: :| :i ]「 :ト八: : :|:T:Τ八八 Y^i: ,| ⌒j゙\: :\  \=- : : : : : : :
    八  i: :| :iァテ外 \:| ァテ笊芥ハ:i ル' |: : 八: \: :\  \  =-
.   /::::::\{八从 V(ソ  \  V (ソ ム/  八: : . \ : : : : \ニ=- _
   '⌒¨¨|: : i :∧ ::::::  、   ::::::: /{ミx   \: : . \ : : : : : : : : : : .  ̄
.        |: : .i rj入   _ _     /  /ニニ=-  \: : . \ : : : : : : : : : : :
      |  i / :|ニニ>  __ ,.     :/ニニニニ=-. \: : . \: : \: : : : : :
        ,  i | :|ニニニニト、 ヽ _/二ニニニニニ\\: : . \: : \ : : :
.      /   ∧八二ニニニ|=‐----/ニニニニニニニ=-ヘ, \: : . \: : \
     /  / ∨ \ニニニ|    /ニニニニニニ=- /⌒i   \: : . \: : :
.    /   /   ∨\\,ニ|   /ニニニニ=-.:/ /    \  \: : : : : :
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

和「京太郎君は、これから?」

京太郎「さてな。和や誠みたいに明確な目標があるわけでもないし、のんびりさ」

和「ブリーダーになるって言ってましたよね。シライトダイには?」

京太郎「まだ、【ゴーグル】と【水タイプを使える子】がな」

和「それなら、これを」

京太郎「これって【ゴーグル】?」

和「はい」

京太郎「おー! いいのか?」

和「誠君の一件がありましたから、持ってなかったら渡そうかなって」

京太郎「ありがとう、助かるよ」

和「いえいえ、誠君にも渡せればいいんですけど……」

京太郎「あいつは、何処だろな……センリヤマ&ヒメマツシティに行くって行ってたけど」

和「なるほど」


誠君のことだ。

大会にでも出るのだろう。

何とも分かりやすい。


京太郎「と……それじゃ、俺はもう行くわ」

和「はい、また」

ゆう「またね?」

ユキ「はい」


ユキさんに服を引っ張られ、京太郎君は挨拶をして去っていく。

ユキさんがお腹を擦っていたので、お腹が空いたのだろう。


和「……ゆうさん、お腹空いてます?」

ゆう「ごめん、肉まんでお腹いっぱいに」

和「ですよねー……はぁ」


お腹いっぱいになってしまった、お腹を擦り、他の子達の食事をどうしようかと悩むのであった。

               __  /⌒ヽ
                 ⌒\ ∨   ヽ___
              _, ----`      ∨   `ヽ、
           /´               |     \
          / ____    /  l|     | :.     \
            ///    /   |     |l |  :       ヽ
              /  /   //  ,∧    / ,イ  l| :.  .  .
          / イ / // : l  |    ' / !  从 |  :   :.
         .'/  ' ' /-|-{ {  |  /}/  | / } }  |    .
         }'  / |Ⅵ { 从  '  ,     }/ /イ   }     .
           / イ | l{   { ∨/      '    }   ∧ :   :.
          ´  | {|从三三 /   三三三 /  /--、| ∧{
                {从 |     ,            ムイ r 、 }} /} \
               |                ノ ' }/イ/
                {               _,ノ
                   人       _,..::ァ       r }/
                     `     ゝ - '   イ   |/
                        `  ーr  ´  ___|_
                     ___|     |//////|
                   {|___ノ  __|[_]//∧_
                 /// |____|///////////> 、

                     ///// |   /////////////////> 、
               /////// { //////////////////////}
             //////////∨///////////////////////|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎「【ゴーグル】が手に入った! これで【水ポケモン】だけだな」

~コシガヤタウン~ 三十九日目 夜
【行動回数:残り一回】
【イベント情報】
【藍の球を追え! 1/3】【星に願いを:ゴーシャスで特別な豪華なボール? 1/5】
【宇宙からの来訪者:誰かに付けられてる気がする…… 1/5】

1.町を移動する
├1A:4番道路(センヤマ・ヒメマツ方面)
├1B:3番道路(アチガ方面)
├1C:5番道路(ウスザン方面)
└1D:ダイサンゲンサバク

2.施設を利用する
├2A:ポケモンセンター
├2B:フレンドリィショップ
├2C:依頼
├2D:ポフィン作り(一日一回)
├2E:バザー(一日一回)
└2F:コンテスト会場

3.探索
├3A:人の話を聞く
└3B:散歩(誰と歩くかも)

4.修行
├4A:ポケモンのレベルを集中的に上げる(行動回数1消費)ポケモン二体選択、Lv1+コンマ分の経験値
├4B:ポケモンのレベルを全体的に上げる(行動回数1消費)全員にコンマ分の経験値
├:猛特訓(きずぐすり1個と行動を3消費する)全員にLv3UP+コンマ分の経験値
└4D:ポケモンを構う ※誰を構うかも

5.ポケモンを探す
├5A:3番道路
└5B:ダイサンゲンサバク

6.誰かに連絡
├6A:耕介博士
├6B:和
└6C:誠

7.安価
(無茶振りな安価は、最安価になります)

↓2

                   ......:――――::.....

                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 /::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
                   /::::::::/:/::/::/}:i::i:::: i::i:::::::::::::::::::::::::::::.
                 .::i:|:i/i/i:/i:/ i:i::i:::: i::|:::::::::::::::::::::::::::::|
              l:::l:|:| 芹 ノ'  ノ'i::i:::/i::|:::::::::::::::::::::::::::::|
              i::从{ __}    芹ミ刈:::::::::::::::::::::::::::::|
               .::::::′V     __}しト!::::::::::::::::::::::::::::::|
              ':::::::| ′     Vi:ツ i:::::::::::::::::::::::::::i|:|
                 |:::::八 、_    ''|i   '::::/:: /::::::::::::i:i|:|
                 |::::::::::i\      |i /:::/:: /:::::::/:::i:i:|{{
                 |::::::::::|::::::`ー‐..、ノ' /:::/::::/::::: /:::: l:i:|ヾ
                 |::::::::八::::::i:::::i::::} 厶厶イ:::::::/:::/::川 }}
             八::::/  ヽ:从::!斗--=ミ.._j//::〃:/ iリノ'
                 ∨   / ̄: : : : :\ : : : 厶仏イ /
                /: : : : \: : : :.\: : : : : : \

               /: : : : : : : : :\: : : : : : : : : : : : !

                 /: : : : : : : : : : : :ヽ: : /: : : : : : : :{
              /: : : : : : : : : : :/ : : ∨: : : : : : 、:_ノ:、
               __/: : : : : : : : : : :/: : : : : i: : : : : : : : : :ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【モモを構う】

モモ「構ってくれるんっすか!?」

京太郎「おぅ!」


1:会話
2:髪を梳かす
3:パレードを見に行く
4:安価


↓2

          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       ,.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::丶
.      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;  ' :::::::::::::::::::::::::.,
     , ::::::::::::::::::::::::::::::::::/ :::::::::::::::::::l   ’::::::::::::::::::::::: :.
     :::::::::::::::::::/l::::;::::::/::::::::::::;i::::::::::|   l::::}:::::l::::__ ∧
.     |\__/l/.: |:::l::::/i:/ ::::::::i|::::::::::{   lr:fL. 」,, __  ;
.      |   i //{:::l,|斗::爪l、 :::::∧::厂{ ‐-|:::|i:::::l::::::::\{
    |/l'/:八{,|八:l_l_^ \::{ \ ^,,_ l:::|i:::八::::::::::!

.    ,/:::::/{:{ ,抖r芥汽   \  ィfぅ芥xl、ハ/l:::::::::::::::::l
.    .:::::::::::::::{〃爪i:i:i:ハ        爪i:i:i:ハ }} !:::::::::::::::::|
     ; ::::::::::::::个 叉゚,_ ノ         又゚,_ ノ ' ;::::::::::::::::::|
.    l::::::::::::::::::ト  l|,.,.,.,.     ,   ,.,.,.,.,.,.l|  ハ ::::::::::::::::|
.     |:::::::::::::::::: ,  :|                 i| ; }:::::::::::::::::|
   | : ::::::::::::八 |     ャ…::::::┐    :| 厶ヘ :::::::::::::::|
    l ::::::::::::::;::::::个| .,    `   '′    /::::::::::::,:::::::::::::|
    ::::::::::::::/:::::::::|::|::::>         ,. r介i:l::::::::::::::':::::::::::!
.    l::::::::::::::::::::::::::;::|::::::八 ≧==≦   |l:j川::::::::::::::::::::::::::八
.    |::::l ::::::::::::::::::::;:{, イ  \,__   __/ \l_:::::::::::::i::::::::::::::::..
.   i|::::|:/:::::::::::::_;/....|    /⌒⌒ヘ    }..`ヽ:;::::l::::::::′::}::::.
.  八::仏::r....''.../..........|  ∧ ニニ∧   /'.........V^'トv:/:::::::ハ: }
 __,. ..'ヘ::::::l......./ ...........ト '′ 、ニ/  、//............:,...jノ/}:::::/^'jノ.,
/....|..........\{..../...............|    厂 {    /................′..{//.........../\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【髪を梳かす】

モモ「優しくお願いするっす」

京太郎「分かった」


櫛を取り出し、モモの髪を引っかからせないように気を使い、梳かす。

モモの髪は手入れをしているせいか、さわり心地がよい。


京太郎「~♪」

モモ「楽しそうっすね」

京太郎「あぁ、こうしてると親子だなって感じがする」


モモの問いに答え、にこやかに笑う。

思えば、赤ん坊の頃から世話していたんだ。

なんだか、感傷深い……まだ二十日ぐらいしか経ってないけど。


モモ「むーっ」

京太郎「どうした?」

モモ「なんでもないっす」


そんな事を考えているとモモは不機嫌そうに頬を膨らました。

何だろうか、何かしただろうか。

思い出すも特に気に障るような事はしてないと思え、首を傾げた。


モモのなつき度+8UP
なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆(最大20/現在17)1/10

なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆(最大20/現在17)9/10

                    /\-――‐- 、
              , --=7   丶      `ヽ
         /,             ヽ  ヽ
        ∠/       /      、 、  丶  i
        /       i     ! l.  l i.  i |
       /  ,/  ! !  l||   ! |、 ll !  |  ヽ、
      /_ -7 , | l ト、| |ヽ!  N , 斗 r  ,'_  ト--`
     ̄  //!  ! Nヽ!\|,//l/ l/! N ,ハ !|
       ´ / ,i丶 {=== l/ == =l/ ' ノ リ

        // l i `i           _/,、/

        ´   {ハ!ヽ{    ′   u  /!}/ ′
              丶  ー ―‐ '  / |′
               \    /  |

                __ i ー '     ! __
          , ィ'´:.:/-‐ ´}     /  `Y´:.:.\
      , -‐'' ´:.:./:.:.:./― - 、   ,/__ /:.:.:.:.:.:/`丶、
      ハ:.:.:.i:.,:.:,′:.:i     `    ̄    /:.:.:.:.:../:.:.:.:.:.:.:.丶、
    /:.:.:.i:.:.:|,':.:i:.:.:.:.:!   ヽ  /   /:.:.:.:.:.:/:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:,.ヽ

     !:.:.:.:.ヽ:.{:.:.l:.:.:.:.:l.     i     /:.:.:.:.:.:/:.:./:.:.:.:.:.:./:.:.:.i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【個室】

京太郎「何かモモの気分を損ねた」


1:ポケモンと触れ合う(誰と触れ合うかも記載して下さい)
2:寝る
3:ふれあいルームへ行く  A:少年 B:男の人 C:少女
4:安価(具体的な内容も)

↓2 ※安価を取る場合は具体的な内容も書いてください。
    ポケモンと触れ合う際は、触れ合うポケモンの名前もお願いします。

     /    : .:/: . : . : . : . :│∨: . : . : ‘。: . : . : . ゚,     }
    :゚   : . : /: . : . : . : . : . |  Vト : . : . ‘。: . : . : . .゚,  __,ノ
    , {  |: . : 〃: . : . : . : . j.:.:゚  }:い: . : . :‘。: . : . : . :。: . ´ ̄{
    |{: . :.|: . :/{: . : . : . : . 〃 ' --|:|‐∨…{: . :。: . : . : .i.: .     ,
    | ゝ.__|: . :| |,.斗-: . : //:/   |:|  }: . 八: .:i: . : . : .|: . :    ′
    |/:. .|:.: .匕゚。: . : .//:/    jイ  |/  }ハ|: . : . : .|: . :.   :{
    | | : . ト : .| い: ./ /ィ゚     ,ィ==≠=ミ:、|: . : . : .|: . : .   八
    | l: . ∧ リ 斗-==ミ      {_)゚:i:i:i:i:i:| / . : . : . :.|ヽ: . :   :,
    |:乂\ハ /{_)゚:i:i:i:i:i|        ∨ゝイノ  .|: . : . : .| }: . :  i トヘ
    |:| : . :.ヽい ∨ゝイ ノ          `¨¨´   1..: . : . :| /..: . : | | }i
    |:|i : . : . ∧ `¨ ¨´         :':':':゚  |: . : . : .|′: . : .| | }|
    |:|{ : . : . : ∧゚:':':':   ′          }   |j: . : ..:, : .: . :. ..j│ }!
    |:|o : . : . : .∧                し :゚|: . : ./: .:|: . : /./ /
    |:| ゚: : . : . : .:∧      r‐ュ       イ j.: .: イ : /} : /jイ
    |:l ゚: : . : . : . : \            ´ / //∨イ//
    l{   V: . : . :.ト : . :> 。.. __  ィ  __,,,... -=ニニニニ=-
    乂   \ : ト::} 乂: . :.{\:::{∨  _}/ニニニニニニニニニニ\
          ヾ{ リ  `ー     /二ニニニニニニニニニニニニ\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【トキに膝枕をしてもらう】

トキ「普通、逆やろ」

京太郎「いや、合ってるだろ」


トキに膝枕されながら、見上げれば、困惑したトキの顔が見える。


トキ「あ~~っ、なんやろ、変な気分」

京太郎「ぷっ……なんだそれ」

トキ「いつもされる側やし、違和感が大きいわ」

京太郎「なら辞めとくか?」

トキ「……それはそれでややな」

京太郎「どっちだよ」

トキ「う~ん、このままで」

京太郎「そっか、なら堪能させてもらう」

トキ「10分で千円な!」

京太郎「金取るのかよ!?」

トキ「京ちゃん……現実って厳しいんよ」

京太郎「……」

トキ「あーあー、待ってーな! 頭起さんといて!?」

京太郎「まったく」

トキ「う゛ー、冗談やろ」

京太郎「知ってた」

トキ「……いじわる」


【暫くの間、トキと過ごした】
トキのなつき度+★1 UP
なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆(最大20/現在19)6/10

なつき度が愛情へと変わった
愛情【硬い絆で結ばれている】条件1 『娘さんを下さい』をクリア 条件2 竜華と一線を越えている 条件3 メガ進化した

ご飯行ってきます。
20分ぐらい休憩で

     /    : .:/: . : . : . : . :│∨: . : . : ‘。: . : . : . ゚,     }
    :゚   : . : /: . : . : . : . : . |  Vト : . : . ‘。: . : . : . .゚,  __,ノ
    , {  |: . : 〃: . : . : . : . j.:.:゚  }:い: . : . :‘。: . : . : . :。: . ´ ̄{
    |{: . :.|: . :/{: . : . : . : . 〃 ' --|:|‐∨…{: . :。: . : . : .i.: .     ,
    | ゝ.__|: . :| |,.斗-: . : //:/   |:|  }: . 八: .:i: . : . : .|: . :    ′
    |/:. .|:.: .匕゚。: . : .//:/    jイ  |/  }ハ|: . : . : .|: . :.   :{
    | | : . ト : .| い: ./ /ィ゚     ,ィ==≠=ミ:、|: . : . : .|: . : .   八
    | l: . ∧ リ 斗-==ミ      {_)゚:i:i:i:i:i:| / . : . : . :.|ヽ: . :   :,
    |:乂\ハ /{_)゚:i:i:i:i:i|        ∨ゝイノ  .|: . : . : .| }: . :  i トヘ
    |:| : . :.ヽい ∨ゝイ ノ          `¨¨´   1..: . : . :| /..: . : | | }i
    |:|i : . : . ∧ `¨ ¨´         :':':':゚  |: . : . : .|′: . : .| | }|
    |:|{ : . : . : ∧゚:':':':   ′          }   |j: . : ..:, : .: . :. ..j│ }!
    |:|o : . : . : .∧                し :゚|: . : ./: .:|: . : /./ /
    |:| ゚: : . : . : .:∧      r‐ュ       イ j.: .: イ : /} : /jイ
    |:l ゚: : . : . : . : \            ´ / //∨イ//
    l{   V: . : . :.ト : . :> 。.. __  ィ  __,,,... -=ニニニニ=-
    乂   \ : ト::} 乂: . :.{\:::{∨  _}/ニニニニニニニニニニ\
          ヾ{ リ  `ー     /二ニニニニニニニニニニニニ\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【愛情イベント:トキ】

京太郎「なにしてんの?」

トキ「あっ……起きた」


目を覚ませば、暗闇の中で服を脱がしているトキと視線があった。

見れば、ズボンを剥ぎ取られ、スッポンポンである。


京太郎「……あー、うん」

トキ「なんで生暖かい目?!」

京太郎「しょうがないよな。思春期か……しょうがない」

トキ「私、なんで慰められとるん?」


起き上がり、ポンポンと肩を叩き慰める。

自分にも合った物だ、興味を抱き本を集めて、親に見つかる。

あの時ほど、恥ずかしかった事は無い。

しかも、『親の分かってる』っていう視線が更にだ。



トキ「ちーがーくてー!」

京太郎「しーっ、夜中だ。大声を上げたら他の子が起きちまう」

トキ「誰のせいや、誰の」

京太郎「トキ?」

トキ「大本が自分なだけにツッコメない!?」

京太郎「あははは」

トキ「くーっ!」

京太郎「さてと……よいしょっと」

トキ「うわわわ」


少し笑った後、トキの腕を引っ張りその場で押し倒す。


京太郎「こういうことでいいんだろ?」

トキ「ぶーっ、分かってたんなら最初から……」

京太郎「しょうがないだろ」

トキ「いじわるや」

京太郎「そうかも」


そんな会話をした後、そのまま唇に口付けを落とし、始まった。


【トキと一線を越えました】

                        . . -――‐- . ..
                      ´: : : : : : : : : : : : : `: .、

                     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::\
                 /: : : : : : ::i: : : : : : : : :| : : : : : : : : : : : : :.
                   /: : : : : : : ::|: |: : : : : : ::|: : : : :|:: : : : : : : : :.
                 ′: : :|: : : : :|: |: : : : : : ::|: : : : :|: : :|: : : : : : :.
                    : : : :l: |::|: : :.:l从: : : : : : :ト、: : :.:|: : :|: :.:| : : : ::
                    : : : :l: |::|: : :.:|  \:: :、_:_|__\::」: : :|: :.:| : : : ::|
                    : : : :l: |:.|_:_;:イ     ̄ ̄__ _,)ハ: :.:|: :.:| : : : ::|
                    |::i : l: i∧: : :l___     斗斧i^狄 : |: :.:| : : : ::|
                    |::| : | : :∧:: :「苅     V以  }:ノ:.:.:.|: i:.: :.:|
                    |::| : |: : : :iハ::|i以       ,,,  j/: :.|: |:.: :.:|
                    |::| : |: : : :|.:l::| ,,  '       /: : : : |: |: ::从
                    l八 八: ::八人     v ´} / : : : : : 八|: : : : \__
                 \|\: ::\≧: .. .._ ー/: : : : : ::.イ: : |: : : : : :.:Χ⌒
                    |\: ::\: --:/:_: : -‐<※|: : :|: : : : :\: : \__
                     _   |/⌒>\/斤/...(※)......リ: : :ト、: : : : :i\ :「 ̄`
              /※)..||  /※|...(※/::|../※).....+...//:: : :八..\:.:.:.|  )'
             /※)...... ||三三三三三三三|...+.../... {: : :/......(※∨:|
             /※)..... (※||/..+......|※)l.|: : ∨※./...(※|: :/....+./.... Ν
           /※)..(※)..+ /リ.....(※ノ......从{\{...../...(※)....|:/...../... (※|
.          /※)..+.... (※//......... /......./.. ※)...../....... +(※|'... /.... (※)...|
         /+....(※).. +...〈/..(※)/...+./※)....+../※)..... +........./..※)... +.. |
       {※).......+......(※∨.......i..... /.+.....(※/+........(※)../...{...+.......(※).|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
うた「多くなってきたなー」

~コシガヤタウン~ 四十日目 朝
【行動回数:残り三回】
【イベント情報】
【藍の球を追え! 1/3】【星に願いを:ゴーシャスボールを手に入れろ! 2/5】
【宇宙からの来訪者:誰かに付けられてる気がする…… 1/5】

1.町を移動する
├1A:4番道路(センヤマ・ヒメマツ方面)
├1B:3番道路(アチガ方面)
├1C:5番道路(ウスザン方面)
└1D:ダイサンゲンサバク

2.施設を利用する
├2A:ポケモンセンター
├2B:フレンドリィショップ
├2C:依頼
├2D:ポフィン作り(一日一回)
├2E:バザー(一日一回)
└2F:コンテスト会場

3.探索
├3A:人の話を聞く
└3B:散歩(誰と歩くかも)

4.修行
├4A:ポケモンのレベルを集中的に上げる(行動回数1消費)ポケモン二体選択、Lv1+コンマ分の経験値
├4B:ポケモンのレベルを全体的に上げる(行動回数1消費)全員にコンマ分の経験値
├4C:猛特訓(きずぐすり1個と行動を3消費する)全員にLv3UP+コンマ分の経験値
└4D:ポケモンを構う ※誰を構うかも

5.ポケモンを探す
├5A:3番道路
└5B:ダイサンゲンサバク

6.誰かに連絡
├6A:耕介博士
├6B:和
└6C:誠

7.安価
(無茶振りな安価は、最安価になります)

↓2

来たか

好きな子っつってもみずタイプは一人はいないと白糸台いけないから講習も受けられないし、必須じゃね?

ゴー☆ジャスの進捗が1/5だったり2/5だったりしてますぜー

>>323
水タイプっぽい子で好きな子を選ぶんだ!(無茶振り
理由を付けられれば、なるほど! それじゃそれで行こう!ともなるかも知れん

>>326
直しておきました。
朝 昼 晩 で三つに分けて記録してて、直すの忘れてたみたい。

                        __
                   , ィニ'ニ´::::::::::::::::::::`:..、
                ., イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
               ,イ ':::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              /::::;'´::::::::::l:::::::::::ヽ::|:::::::::::::::::::::::::::::::∧
             //::::/:::::::/:::: ハ::::::::::::::';}:::::::::::l:::::::::::::::::::::∧
             l/:::::;:::::j:::l::::::! V:;:::::::::::|:::::::::::|::::::::::::::::::::::::l
             | !::::!l:::j:l::!';:ィ!'ニヘVヽ、:!:::::::::::!::::::::::::::::::::::::!

              V:!lハ:lヽリヽ'f"{r':テ  !:::::::::::!::l::::::::::|:::::::::|
              l:::j:::::`::ハ.   ゞ'′ j::::::::::::l::::V:::::::l:::::::::l
              l::j!::::::j::ノ   ::::!!::: l:::::::::l:jヽ:::V::::::l:::::::::!
              l:ハ:::::j:;:`イヽ  j!  j:::l:::::j:! .ト:::V:::::V:::::}
              j! !.イ,    X.、 ィ::j::::;':j ィニヽ::V:::V::lリ

          /, - - 、ヽ> 、   , ィl:ハ:リ:/j:;イリ.:.:.:_,,ニニヽ;;!V\
         /,:'::::::::::::::::ヽ  ._〕ノ- r '´∠/ノ  ノ ,' : : : ::: f'L{ r‐',- ヽ
        /r、 {:::: :: :::::::::::::}/ ノ ノ..:://  / :::: : : : : __!lヽ}-'、_{ -r :!
       i:| l ヾ,;-、;::::::::ノ- r '´/// /レ': : ::ヾ l l: : : : !l : :`ー、 _!l_ l

      ´l ニ、 } 〉./ヾ /::/: : /フー': : : : : : :: i l !: :.:.::..!l __::::_:l !l j
      /l/ 、{.ノノ l /: :::/: : : :/: : : _r‐、}ヽ __::! i f´く⌒!l / ヾ/ !

    / //  } ノ {: : :{::::::::::{::::::::::ヾ、  " ヽl:l /\,r=ュ'   > !
     く/.l  ノ く_/_ ハ;;;;;;l;;;;;;;;;l:::::::::::::/ノヽ、  j |:::((こ>L_ン=<´  !- 、
       ,へ   ~ヘ}-l-:::: :: :´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヾ:::::l / l! l! ___ _ヽ lヘ:. :.\

        /\ /::l::f:: : .        . :: :: :: :: ヘ::|/ l! l!  i i l l:::::', :. :.:}
       /:::::::::::/:::::::::l::|:: : .         . : . :: :: ::l::/! § §  l l l!:::::::', : /
      ./ :::::::::/ ::::::::,': :!:: :: :        .: . : . :: ::/:::|- ´ ̄ ̄" -、!、::::ヘ/
    / ::, -‐ ´: : : :::::,': : :|:: :: :: . :      . : . :: :: : {::::{ , -―‐ - 、 :}: :\::::\
  /: :/: : : : : : :::::::::::::::::::!:: :: :: : ____: . : . : . :: :: l:::::ヽ、____ ノ: : : : :`ー、::

  //: : : : : : ::_, -- 、::,ィ:::!´ ̄ ̄i::::::::::/⌒~ ̄フ ̄`ヘ: : :::.,:'、::::::::::: lV´ ̄,ヽ: : :
/: : : : : : : :::::::> '   ` L| __!__ヾ_ハ ヾ:: :: : :',: : ::`:、: : : : l ,、_ _,ノ: : : .
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【モモと散歩】

モモ「今度はあっちっす!」

京太郎「はいはい」


お祭り騒ぎな町の中をモモと一緒に楽しむ。

これだけの規模の騒ぎは今まで無かったためかモモも楽しそうだ。


モモ「今度は……パ――」

京太郎「うん?」

モモ「……パイナップルのアメ欲しいっす」

京太郎「これか、美味しそうだな。俺もこれで!」

モモ「う~ん……どうしようっす」

京太郎「何か言ったか?」

モモ「何も!」

京太郎「おぅ?」

モモのなつき度が+5UP
なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆(最大20/現在18)0/10

なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆(最大20/現在18)5/10

           「 ̄`ヽ-―‐---、__

   _ _            〃 /:/     / .: .: .: .: .: .: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
   {/〃7        {{ /:/   / /.: /.: .: .: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.′
  __)  人_         ∨/   イ  {/\\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:′
  `ー<::/ ⌒≫x、  }iレ'′.:\:〃.: .: /:У.:/j.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
      乂_     ≫'′: .: .: .: .:;/ .: //.: .: :/...|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}.:.:.:.:.:.:.:.:|
         >.: '′.: .: .: .: .: .:./{.:./ _\:{/......|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:.:.:|
       / .: .: .: .: /.: .: .: /⌒ Ⅳir庁冬、....|.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.八 .:.:.:.:.:.::|
      /.:.:./.: .:/.: .: .: /     } 乂ソ  ...|.:|.:./.:.:.:/.:/.:ハ :.:.:.:.:.:}
     ″:/⌒/.: .: イ:〃 、     八 ,,     ..{/|.:.:./|/γ⌒) :.:.:. ノ__
     {     /:/   }/   \     、  ′  ...,,j/........._,. くヒマく、 /
          {′   ′      ヽ /   _へ ` =ヽ....... イ´ 〉   \}.:∨
                      〉   /  介ー=:≦   /       、:.:〉
                       .′  ⌒〔 ⌒ハ   /       〉ーx
                   {    人  ≫|_,/        /
                   |     /::::::>'′        /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

まいる「こい!」

「残念! 四等だ」

~コシガヤタウン~ 四十日目 昼
【行動回数:残り二回】
【イベント情報】
【藍の球を追え! 1/3】【星に願いを:ゴーシャスボールを手に入れろ! 2/5】
【宇宙からの来訪者:誰かに付けられてる気がする…… 1/5】

1.町を移動する
├1A:4番道路(センヤマ・ヒメマツ方面)
├1B:3番道路(アチガ方面)
├1C:5番道路(ウスザン方面)
└1D:ダイサンゲンサバク

2.施設を利用する
├2A:ポケモンセンター
├2B:フレンドリィショップ
├2C:依頼
├2D:ポフィン作り(一日一回)
├2E:バザー(一日一回)
└2F:コンテスト会場

3.探索
├3A:人の話を聞く
└3B:散歩(誰と歩くかも)

4.修行
├4A:ポケモンのレベルを集中的に上げる(行動回数1消費)ポケモン二体選択、Lv1+コンマ分の経験値
├4B:ポケモンのレベルを全体的に上げる(行動回数1消費)全員にコンマ分の経験値
├:猛特訓(きずぐすり1個と行動を3消費する)全員にLv3UP+コンマ分の経験値
└4D:ポケモンを構う ※誰を構うかも

5.ポケモンを探す
├5A:3番道路
└5B:ダイサンゲンサバク

6.誰かに連絡
├6A:耕介博士
├6B:和
└6C:誠

7.安価
(無茶振りな安価は、最安価になります)

↓2

                ____  _
              /     ' Y  __>
             /           ゙、  \
               /        |    |     `,=-
           /   i _l,-|‐ | | -ト.|_|  ヾ、
             |/ __ ゙、 ハ,ハ|゙、 |/|ハ∧| / ゙、
      ___, -‐::´| /ヘ ゙、,|≡≡ Y ≡NV ___ ゙、

     /:::::::::::::::::и{        丶  | ハ|   ̄
    // ̄ ̄\::::::::::゙、ィ-ャ  r ----┐ ,ノ
   //|::::::/::::::::::||::::::::::/\\_`ー-‐',...イ
  |/:::|::::/::::::::/::|| /「:ト、:::》   T ≫:::::::|
  /:::::::::::::::::::::::::/ ゙̄、::| `ー-,ァ ケ/「|`ーi、
 |:::::::::::::::::::::::::/     |;;|  o〈 // |;;|. / |
./:::::/ー-、:::/:::|    ||;;|   V   |;;|.  |
|::::/::o:::/ヘ|::::::|    /:/   o   |::|  |
|=|===彳 ||::::/    /:/       レ   |
|:::|::::::::::|:::イ、/    |´    o   ,イ   |
|:::゙、__;|:;/:::|     /       / |   |
|::::::::::::::::::::::/    /_      | |   |
!:::::::::::::::::::::|    /―┤  o ┌┤|   |
`ー-、::::::::::|    /       /|  | |   |
     ̄ ̄|o   |     / |   | |   |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【センリヤマ&ヒメマツシティへ】

京太郎「いくか」

ギンコ「ちょっと待った」

京太郎「あれ? ギンコさん?」


ある程度用事も終わり、町を後にしようとすると声を掛けられた。


ギンコ「こいつ持って行け」

京太郎「……手紙?」


ギンコさんから受取ったのは、手紙だ。


ギンコ「ふぅ……エイスイタウンに俺の知り合いが居る」

京太郎「エイスイ……この間の店番の時のですか?」

ギンコ「そうだ。ポケモンが好きな奴でな、それに関する物を集める【好事家】だ」

京太郎「好事家」

ギンコ「何かしら役に立つだろう。紹介状を書いといたから行って見るといい」

京太郎「何から何までありがとうございます!」

ギンコ「おぅ、それじゃ達者でな」

京太郎「ギンコさんも!」

【エイスイタウンの好事家への紹介状を貰った】

       .;i;、;;:。;:';.    ┏──────┓

   ,.;i;';.,,;;、;、;;:。;:;:。;:`;,,  │ 四番道路  │
  ,.;;:。;:;;::、;;:、;;:。;:;:;;,.:i;,;,、┗──────┛
 ,.,;:;;`;;i`:;::i;,|i!。;、;;:。;::i;,|i!;:''   .

 `'::',:'':';:;.;;:、;;:;:;、;;:、;;i!;:''",,.,,.  ...... .......,. ,.......,..,........... ...
'::',:'`'::',:'':';:;..`'::',:'':';:;..:.,"'`::'::',:''  "'"' "'''.''' "'''.''" '::',:'':';:;..
 "''    ::':'::' " '''.''"'"  ''  '''.''' "'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''. ,.,;: .
'::',:'':';:;'"'"''::',: '"'"''::',:::'::',:'':'`::' ,:'':';:;..,"'`'      ,"`'::',:'':';:;..,"'':'   ;、;;:。、;;:。;:';..,..,
',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`                    '::',:'':':: ;;:。;:;;::。;:;:;;,.:i;,;,、
"'''.''' "'''.''"'"''::',:'':';:;..,"'`::'::',:' ':'`::'::',:'':  '`'"'"' "'' ''' "'''    .;;:。;:;;::、;;:、;;:。;:;:;;,;,;,、
"';:;..,__,:'':'`::'____''::',__:'':';:;..,__;.;___"'` __'`::'__':'::',:__ _:'':';:;.._ __`,:'__., ;:;;`;;i`:;::i;,|i!;:::。.;:.:;、;;:.:.:'
  ;;l, __ ̄/  l, ̄ ̄i;;.  ヽ_ l ̄ ヽ   ) ̄ ,i' ̄ ) ̄ /ヾ  ;;;`;;;`: ヽi!;:;ソ。;、;;:。;: ;:'
____l, ____i__...../_____l, ___,,i__...ヽ__,,,l, __ヽ____l, ____i__... ヽ_,,__,,i__..."'':;::i;:;;`yi!;;:。。;、;:: ;:'
/  ヽ  /  l,   i;  ヽ_ l,  ヽ   )  /.:.Y ヽ   /  /   /"''i;;;:。;:;;::、;;:、;;:。;
ヽ____Y, __、i__...__,/_____l, ___,,i__...ヽ__,,,l, __i____l____i__._,,,ヽ_,,,,i__..."''__,,,|il;:/;:;,-''"
  ;;l, __...../  l,   i;;.  ヽ_ l,   ヽ   ) ;;; i  ヽ  )  / ;;;/  く .:. ;|il;:|
____l, ____i__...../_____l, ___,,i__...ヽ__,,,l, __ヽ____l, ____i__...ヽ_,,,,i__...ヽ__,.,,ノ__/il;:ヽ
"''    ::':'::' " '''.''"'"  ''"'"' "'''.''' "'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''. ,.,;: . ::'`':/ハ:l.:.'i, '`'::: :'`'::
'::',                                    ;..`'::',:'':';:;..
           '"' "'`'::',:'':';:;          "'`'::',:'':';:;..,"'':';:;.`'::',:'':';:;...,..,
',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::              '::',:'':'::',:'':';:;..,"'`::'::',:'':'`::'::

     , ´   /  .' / .'  '        | l  | l |  |
   /    / '   |  | | l|  |    l | ,  } l |  |
 _/    イ /   l|  |_,∧_{  :.   ,-|-}-/、 ,  |  {   _   ___,-、 __
  ̄ ´   / /    {  |、{ l∧  {、   | }/イ/},イ /  l_、  { Y´ /  '   }- 、
      {〃   r∧ |ィ斧ミ从 、Ⅵ , イ斧ミ、 } /l|  l、r  ̄ {   {  |  / _ }、
      /    /{ 从{、 Vzリ  \Ⅵ/ Vzり /イ } / |   乂_人_/、_/   / \
       /   //从 l∧\       ,\        | /イ/   }==   ̄ ̄ ̄ ー く
     /  イ'  {/l∧ ∧      、        ,イ/j'  /             \
    ̄ ̄        ー∧         _,     从    ,                 \
               ヽ 、    ` ¨  ̄   ィ }/    /     / '
                 ∧ \       / |/>  ,      /
                  {(从_|     --  ´ 「/// |  {
                  |/ ̄}}          |////|_ |
            _,.:<|///||          l/////` |
     _,.. -=<///// \//}         ,r-/////// |
  <//////////////////∧-- 、    {///////l{

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「町もいいけど、やっぱり旅もいいな」

【目的地:センリヤマ&ヒメマツシティ(到着:残り三日)】
移動する場合、三回の安価を致します。(三回安価で一日を消費)
その結果によって様々なイベントが発生します。

安価
00~30:野生のポケモンが現れた【基本簡潔に処理】
31~60:トレーナーとバトル【名のついたトレーナー以外は簡潔処理】
61~90:何もなし
91~99:アイテムを拾う【再安価】
ゾロ目:美少女ポケモンが現れた【再安価】
77・99:???

【トキと一線を越えたため、制限1匹だけ解除しました】

↓1~3 美少女用コンマズラシ券×1

>>343
やったー! コンマズラシじゃー!

>>341
普通に引きやがってター! 消費できないんやけど!?

準備するから構えててな 下手にレスすると取れんよー!

【ゲット不可能】
※天照大神 永水女子 阿知賀 咲 和 優希 爽 プロ勢 未春 華菜 文堂 AAが無い子は選べません。(男性もなし)


↓4 誰が出てきた?

竜華

コンマずらし使ってゾロ目は好きなアイテムに出来んかな?

>>361
それでもいいけど……77・99とかで使った方がよーない?

     _ / ,  / //|     , | ,:  |  V  :.
     ` ̄ /  ' | |∧ |  / },l --|   |   |
       /,イ  { |-- 从 / /,ィrtォ、 , |   |
       /  ∧ |,ィtォ、∨ '  Vり {,イ /-、  }
      / イ{从{ Vり }/       |イ l) } 从
      ̄    Vr:l    '           //
          l叭    _      r ' /

             、  `ー`    イ  {
             \      /  |∧」
                ` r‐ ´「 ̄ ̄ ̄}
              「 } |    |///// ∧
               |/|_,ノ   /////////≧=-
           _//∧   「/////////////////≧=- 、
       -=≦/////〈 ∧_///////////////////////∧

     /////////////V∧/////////////////////////∧

      ///////////////\{///////////////////////// ∧
     ,'/////////////////|o//////////////////////////{
     {/////////////////{/////////////////|//////////|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「……なんだろうか」


道を歩いていると、何やら大きな音が聞こえてくる。

耳を澄まし、注意して聞くとポケモンに指示を出す声が聴こえてきた。

どうやら近くでポケモンバトルをしてるらしい。


京太郎「どうせなら、見学していくか」


あまりバトルをしないため、経験不足が目立つ。

ここで他人のバトルを見て参考にでもするかと思い足をそちらに向けた。

                     ____
               ,. ´ __    `¨¨ヽ

            ,   ̄`  /  ヽ       `ヽ
           /  _     ,:   ∨   、    :.
          / /,´      /    |    ヽ     .
       / //'  ' /  ' /   l| | :  :  ∨   :
       l// / , / ' l| | |     | | |  |   |   |
     _/ ィ / { l |__|_{ |∧   }/ ' / l  |   ∧
      ̄  {〃  Ⅵィ斧从 } /-}/-/、 , /-、 ∧}
          / ,  从 Vり ∨イ ,イ斧ミ、}/ /⌒ } | '
           / イ从 l ム        Vり ム'  ノ/}'
         ´    \∧  '        ,r ' /
               、  v   ァ    / 从/
                     \ `こ     イ  _|、
                  ` r  ´   //∧
                     /|     /////∧
                「  |   //////////> 、
              , </∧ /   {///////////////> 、
            , </////// ∨__∨//////////////////>、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「どれどれ」


草むらを掻き分け行くと、少し広がった所へと出る。

やはりと言うべきか、そこには複数の人とポケモンがおり、戦っていた。


京太郎「……あれ?」


しかし……そのバトルは少しばかり違っていた。


.          /                           ヽ
         /             ′              :.
.        /   ′i i i     i      i           :.
        ′   ′ i i ii  i  i i      i   i   i  :.
.        i    i   i i_」iLi _i  i i       i   i   i   :
.        i    i i i ´i i i i`  i i  ii i  _i_!_ ,′   i } i
        八 i ii i ii i { i !{  ii i  ii i  从  /`ヽ   i ′i
.           ヽ从小「八八八从__i从__ハノ__//ハ//   ノ ノ/ i |
.           ′|{   ___      x''丐ミメ、ヽィイl/   |
            ′   i ゞ=≠''      し':::::::::ハV/^   i  |
           ′   i :::.:.:.           r辷'゚シ′/     i  |
          ′    i       ,       ̄^` /     i |
          ′    人            :::.:.:  ///    i   |
       ,′  / / へ、    ‐ -         イ//    i  |
       ,′   / /  // ト .         .イ //      ii  |
       ,′    /  // /  }  ー   ´{ |//      jj   |
       ,′  / /  // /..斗ノ      ト .」.'/ / /        |
.     {{{ { i{  {>'" r{       ノ〉 `ヽ/ /        |
     r‐くく { i{  |     |ー-、     ,′  { {     //从ノ
    /`ヽ \ヽハ i |     |________,′   ヽヽ从///ヘ、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

マグマ団・1「いい加減に諦めろ!」

マグマ団・2「くそっ! こいつタフ過ぎるだろ!」

???「……」

京太郎(あれってマグマ団?)


赤い服で身を固めた連中が、一人の少女に対してポケモンをけし掛けていた。

       ,、 _, ィ
      ノr'´  ク  ,、 ,-─''ブ
      )   i" r'´ レ′ 仞
   r一'´__,rー宀'′'´   {′
 r‐リィ rF'/⌒〉       ム
 V・/ノj/ ・ / _   ' ̄ン′
  l'´  ヽ-'´ ´  `「` ̄´
 ヽ __,ィr-一' /

  ノ ヽ ヽ ハ   {
 `ー′ハ_ノ   ヽ_rー-、
   r‐/        rう  `丶、
  /´   __  r‐、   r ─、  ヽ、
 {    (  ) ` ´   `  ´ r─'′
  `ー─ 、    , -──-- -′
      `ー一´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

マグマ団・1「マグマッグ! ひのこ!」

「っ!【まもる】」

                                    /`!
                                   /:::::::/
                           ,  -‐‐-< ̄` 、:/
                       /  -‐- 、 ` 、::::::::\
                ,、    ,  ´ ̄ `丶::::::: ヽ  !:::::::::::::',へ
               /l!::',   / _ -, -‐! 丶;::::::丶j:::::::::::::::',::::::`ヽへ
              ,'llll!::::', /'´:::::/::::::::/、 .!::::::::::::::::::::::::::::/_:::::::::`} ト

              i !lll!:::::}-‐‐- 、::::::::::/::::::ヽj::::: ‐フ、_:::::::::ノ' λ_ノ ノ:::',

                 !',ll!:::/__   .iヾ、:::/:::::::::::::::  /    ̄    ゝ-' 、::::',
               '从/、:::ヽ   i::,','::!:::::::::::::::i /            {::::!:::::ノ'´
                 ! ゝ、` '     !i!::}:::::::::::::! /           ̄´
                 人:::::>、ij、 i i !'´!'::::::::::::! '
             ノ::::::\{ 、`ー ´  }:::::::::/
            r'´‐‐--、/`ヽ{、  くフ/:::::::/
            i_ _   i   ゝ─--..':::::::::!
                i/:::::: ̄!    /::::::::::::::: ノ
            r'{::::/::::: ノ    /::::::::::::, '
           ゝ-`ー'´  , - ' 、::/´
                /__  /

                 i/:::::: ̄!
               r'{::::/::::: ノ
                ゝ-`ー'´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マグマ団・2「デルビル! お前もだ!」

「【みずのはどう】」

マグマ団・2「だー!!埒があかねー!」

京太郎(すごいな)


二人のポケモンを軽くあしらっている。

最初は【まもる】で次の【ひのこ】を【みずのはどう】で打ち消している。

マグマ団の二人は、頭を抱え、イライラと地面を蹴っている。

それを見て、ポケモン達は困惑気味だ。


京太郎(タイミングや技の選択に迷いが無い)


マグマ団に比べ、美少女ポケモンと思われる少女は、落ち着き払っていた。


京太郎(これなら手を貸すまでもないかな)


力量が違う、誰がどう見ても結果は判りきっていた。

【みずのはどう】を使ってるところを見ると【みずタイプ】のポケモンなのだろう。

相性的にバッチシで勝負が見えた。

               __  /⌒ヽ
                 ⌒\ ∨   ヽ___
              _, ----`      ∨   `ヽ、
           /´               |     \
          / ____    /  l|     | :.     \
            ///    /   |     |l |  :       ヽ
              /  /   //  ,∧    / ,イ  l| :.  .  .
          / イ / // : l  |    ' / !  从 |  :   :.
         .'/  ' ' /-|-{ {  |  /}/  | / } }  |    .
         }'  / |Ⅵ { 从  '  ,     }/ /イ   }     .
           / イ | l{   { ∨/      '    }   ∧ :   :.
          ´  | {|从三三 /   三三三 /  /--、| ∧{
                {从 |     ,            ムイ r 、 }} /} \
               |            u   ノ ' }/イ/
                {               _,ノ
                   人       _,..::ァ       r }/
                     `     ゝ - '   イ   |/
                        `  ーr  ´  ___|_
                     ___|     |//////|
                   {|___ノ  __|[_]//∧_
                 /// |____|///////////> 、

                     ///// |   /////////////////> 、
               /////// { //////////////////////}
             //////////∨///////////////////////|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎「これなら……」

「み、みずのはどう」

少女から放たれた【みずのはどう】が相手に当たる。

【みずのはどう】はマグマッグにペシンと当たると、マグマッグの体の熱で蒸発してしまった。


京太郎&マグマ団・1&マグマ団・2((よわっ!?))


何とも弱々しい【みずのはどう】で相性的に有利の筈が、まったくもってダメージを与えていない。

長時間戦っていたのか、水が周りにないせいなのか、非常に弱々しかった。

       ,,、=-ー'''''"""'''''ー-x、,,
     、イ                "''''
 . /

/           ',     ヾ .  \
     /  /  i  i l  、   キ   '
. /  /   /  /i   | '   ',   ',
/  /   /i  ,' .|   l i.  ',   i
レ  ,'   ,' ,l  いi  l ト、,  l   l
  ..i .  i. l ,ノ.i....l、  l l "アーx、,'
  l  ,ムーア~、 ノ レ、 ',ノ  ノ   ノテ
  ,イ~  !  ',   ’   z=zxxュ _ て
   い  '        "~ zーx、”ミx、
シ、i              レ^汁i猿 ヾ,
  l   _xx=≠         rノ皿取. レ
.i i l 〃~           ー-⊂⌒)

l l l ~ ///  ’    /// i
l l .l                  . ; l
 | .l       r- - 、     . ノ

 |  iヽ、     'ー---’      イ
 |  |  為 、          ,イ~
 |  |   i ~>x __ x<~ |  i
 |  |   |  | |     ::::::::::::::::::|  l
 |  |   |/2ノ           |.へ.l
 |  -ー ̄ .|      、─--- ソ ヽ
~"      |      ’    /
         |_ ---- 、_./
        |        /

          |       /
        . |      /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「うぅ……」


それを見た少女は目に涙を浮かべ、あちら此方に助けの視線を送る。


「あっ……」

京太郎(目があったな)


暫く少女が辺りへと視線を向けていれば、此方へと気付く。





                ,. --- 、        ____
                  /,  ´ ̄ ̄` '⌒´     \
           、_/_/⌒ヽ , /            ヽ
            ,---、  / //    :       ヽ :.
           ,  / ̄-/ /' {   | |       | :
          / __   ̄,./ /-' l| l | |___ l |    |
            .:' /   ,イ _| | |ア__l { { | / }`| |    |
       /       ,:´ | { | l\{从 ∨ィ斧ミ、 |    |
    /\'´        /{  | 从{__,. \∨Vソ }イ ト、 ∧{
    ////\ r---  ´八 !∧  ̄   ,:  :.:.:  }/ノ/ リ
.   ///////\      \}∧         u 八/
  //////////〉        込、  __    ,.: /
  ///////// /          }>、   ` イ |从
 ,'//////// /   _      /--、l ` ̄ :,   |--、
.///////// /  イ/////\   {////}   /  「///|
'//////// /´// {////////ー '|////|   ,   |///l|
///////////// |l///////////ヽ// \    |////> 、
////////{/////{!/////////////////}--- /////////> 、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎(参ったな)


助けを求められてると分かっていても、非常に困った。

正直な話、自分にはこれを邪魔をする権利はない。

この子が、他のトレーナーのポケモンであれば、犯罪であるが、野生であったら犯罪ではない。

トレーナーが野生のポケモンを捕まえる事は普通なのだ。


京太郎(相手がマグマ団と考慮してもだ。シラを切られたらそれでお終い)


今の状況の打開に腕を組んで考える。

少女を助けることが出来ないかを考えていれば、マグマ団と思わしき二人は少女を追い詰める。


京太郎(のんびりとしている暇も無いと……取りあえず、出てって事情を聞くか)


これ以上は、少女も持ちそうに無い。

念の為、豊音さんのボールを手に握り、戦いの場へと身を投げ出した。

                      ,.  ⌒ヽ、/⌒ 、-- 、

                     /_,..-         ヽ  `  、
                    __../´     /    ∨   \
                      ,/ `i      / ,'     :    、 ヽ
.        Y ヽ        //   i   ., / /|  |  :.  | | |    ∨
        |  ‘,  .._/  i   i   . | |..|...|  |   _} | | | |  | :
        i   ∨    ̄ ̄.|   .i .{ ´| |\.{  |: , ´//}∧ |  | |
        ‘,   ∨     .|   .i , rⅥィ笊 从 {∨ /ィ笊_ヽ}/、 | |
.        ∧  .‘,     .i   i . { 从 Vり \∨' Vり /' / ∧{
r <                  i   i.}从lム     ; \     ,ノ /  \
.', .\               _ .j   i  | ∧          ∧,イ
 ',   <    .∧         .i  Ⅵム  .-===-  ...イ //
.  ヽ    ` ─ .´ヽ        ∨  ヽl\       //イ
.     >                ‘ ,  |.≧` .ー . ´.≦|
     >  ´     /          ̄ ̄ ̄ ̄)三三└x
 > ´     _             __  ≦i.iミ&三三三ニ≧ -   _  、
(_  <   ∧           ィマY三三三三i.i三三三三三三三三三三.iニ',

           〕 ─  ´ ´/ィ三ミi i三三三‘,○三三三三三三三三三三.i三i
           i三.ミ x\ //三ニ/三三三三.i三三三三三三三三三三三i三.i
           i三三三≧彳三ニ././三三三三i三三三三三三三三三三三i三.i
           ∨三三三三三,///ニ,’三三三.i三三三三三三三三三三ニ.i三ミi

.            ∨三三三三/.//ニ/三三三三三三三三三三三三三三三三.∧
             ∨三三三ニノ/ニ/三三三三ニ.Yヽ三三三三三三三三三三三ミi
              マ三三三 /ミ/三三三三三ニ`´三三三三三三三三三三三ニi
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「待った!」

マグマ団・1「何だ、お前?」

京太郎「通りすがりの旅の者です」

マグマ団・2「旅? トレーナーか……?」

京太郎「はい、戦闘音が聞こえ、やってきたらポケモンを使い少女を追い詰めていたのが見えたので、お邪魔させてもらってます」

マグマ団・1「ちっ……(面倒だな。傍目から見たら少女を襲ってるようにしかみえねーし)」

マグマ団・2(美少女ポケモンだと教えて、こいつが横取りってのもありえるか)


少女の前に躍り出て、嘘の証言をすれば、二人が悔しそうな表情を見せた。


京太郎(第一段階はクリア。次はどうやって諦めさせるか……いっそのことこっちを襲ってくれないかな)


お互いに観察し合い、どうやって相手を抜こうか考える。


京太郎(さて――どうしようかね)


↓1~5 状況を打破する方法、もしくは相手への投げかけ などあれば

                ,. --- 、        ____
                  /,  ´ ̄ ̄` '⌒´     \
           、_/_/⌒ヽ , /            ヽ
            ,---、  / //    :       ヽ :.
           ,  / ̄-/ /' {   | |       | :
          / __   ̄,./ /-' l| l | |___ l |    |
            .:' /   ,イ _| | |ア__l { { | / }`| |    |
       /       ,:´ | { | l\{从 ∨ィ斧ミ、 |    |
    /\'´        /{  | 从{__,. \∨Vソ }イ ト、 ∧{
    ////\ r---  ´八 !∧  ̄   ,:  :.:.:  }/ノ/ リ
.   ///////\      \}∧         u 八/
  //////////〉        込、  __    ,.: /
  ///////// /          }>、   ` イ |从
 ,'//////// /   _      /--、l ` ̄ :,   |--、
.///////// /  イ/////\   {////}   /  「///|
'//////// /´// {////////ー '|////|   ,   |///l|
///////////// |l///////////ヽ// \    |////> 、
////////{/////{!/////////////////}--- /////////> 、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎(取りあえず思いついたのは――)

【不意打ち豊音ダークホール&咏ちゃん出してほのおのうず】

【ジュンサーさんを呼んだ的なうそで逃げさせる】

【取りあえず美少女ポケモンを心配するようにこいつ等に背を向けて近づいてして、わざと隙見せて襲い掛からせる】

【俺は水ポケモンが必要なんDA☆】

【なんで女性を襲っているのか】



1・【不意打ち豊音ダークホール&咏ちゃん出してほのおのうず】

京太郎(最初のは最終手段かね)

京太郎(いきなりやったら悪いのはこっちになる。顔を見られてるし、他の町でジュンサーさんに報告されたら捕まるな)


自分がマグマ団だと気付いたのは、服装のお蔭だ。

こいつ等が、この後、何処かで普通の服に着替え、訴えれば普通にこっちが捕まる。


2・【俺は水ポケモンが必要なんDA☆】

京太郎(どう見ても、横取りです。犯罪です)


3・【なんで女性を襲っているのか】

京太郎(状況判断するのは大事だな。もしも間違ってたらこっちが悪いし)


4・【ジュンサーさんを呼んだ的なうそで逃げさせる】

京太郎(シチュエーション的にはありか、もう一工夫なにか欲しいな)


5・【取りあえず美少女ポケモンを心配するようにこいつ等に背を向けて近づいてして、わざと隙見せて襲い掛からせる】

京太郎(相手が短気であれば、これでいける。冷静な態度でこられたら終わりかね)


京太郎(以上の点を踏まえて――よし! これでいこう!)

                  ___,-、 _, ---- 、

               ,   ´     /  `  < ⌒\
               /        |    :.   `ヽ、
             /     / /   l|    V     `   、
              .'     / , { { | |     | 、   、_ \_
              |     | | | |∧| {   :  ハ  V  、\  ̄´
               | | {/--{ 从  | , |-|、 |  、 \`

            ' | ,..- | | | ,ィtォ=ミ∧ |,ィtォ、} / |l ハ\_、
          /イ{ { r 从 { Vソ   ∨' Vソ/イ |∧}
            ∨乂   \            |/ j' リ
            }∧ ー:.          `   ムl/
            /  、 八    _ _   人
               }イ/|\        /
              「<l|  `  .__/_
              |////>、     | 「/|
              -=≦、[二]//l}    |、}l∧_
         -=≦///////////\   |/////≧=-
     r-=≦//////////////////|___j\//////////≧=、
     |////\////////////////l}   |/////////////|//|
     l//////∨//////////////∧ /.イ////////////|//|
    {///////}////////////////∨'//////////////|//|

      |///////|///====//////l///////////////|//|
    {///////|/////////////////l///////////////|//|
      |///////|/////////////////l///////////////|//}
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎「すみません。【なんで少女を襲ってるんでしょうか】?」

マグマ団・1「っ……(仕方がない、本当の事を言うか)

マグマ団・1「そいつは美少女ポケモンなんだ」

京太郎「えっ……この子が?」


                           ̄
                  ´            \
             /
                /   '    i           i    ゚.
             ' ./   '   .|   i    :i   |
             i  '  i_ - ´ト   :| 、 ` | _ !    :i
             | |  :|     | \| \ :|ヽ. |  i  |
               , ヽ  ゚.,x≠ミ.  ` ,x≠ミ、!   |  |
             ゚.   \.{(:::::℃    (::::::℃.|  |  |
             |    |` っー'     ゙c っ'    |  |
             |    |.            c .|  |  |
             |    |`  .   r──, .  ´|  l  |
             |    |    ` ┬   ト、  .l  /  :|
             ヽ   :| .─ ¨/   / ` / ,  ./
                \ | ' |    l¨  ̄ /  .//.>、‐'
                /`  V   ゚.  ./   ´/
               i´ /  `< __゚. / __> ´    ∧
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「っ」


少しばかり大げさに驚き、後ろを振り返る。

見れば、少女は先ほどより泣きそうになっていた。


マグマ団・2「そうそう、俺等は野生のポケモンを捕まえるためにバトルをしていた。普通だろ?」

京太郎「そうですね」

マグマ団・1「なにせ貴重なポケモンに会えたんだ。興奮しちまってな。悪かったな……勘違いさせて」

京太郎「そうだったんですか……なら悪い事をしたかも知れません」

マグマ団・1「へ?」

京太郎「実は……【少女が襲われてると思って、ジュンサーさんに連絡をしてしまいまして】」

マグマ団・2「うげっ(まじかよ! 何て事をしやがる!?)


ポケギアを見せて、申し訳なさそうに頭を下げる。


京太郎「大丈夫です。俺も付き添って事情を話すので」

マグマ団・1「あーあー……そうだな!(服装で丸分かりです)」

マグマ団・2「そうしてくれると……助かる(結構暴れたしな、普通に捕まる!)」

             ___/ ̄ ̄\_
         ,  ´        <⌒
        ,:'            `ヽ、
       ,                \_
                      \ } ̄´
        '              ,  \
      / ,          |/} ∧ }`ー`

       {∧          「ノ|/}/イ
      '  、       | /`/ } '
         } ∧     /イ   /
         |' ,} \__/イ__ /
         //////////∧

        _,.{///////////|

     -=≦//////|////////≧=-- 、_
  r≦//////////////////////////////ヽ
  |//l///////////|///////////////////∧
  |/∧//////////l|///////////////|/////}
  |//∧/////////l|///////////////|/////|
  |///∧////////l|///////////////|/////|
  |//// }////////l!///////////////}/////}
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎(いい感じに焦ってるな、最後に……)

京太郎「それにしても美少女ポケモンですか、初めてみました」


そう言って、相手に後ろを見せた。


マグマ団・1(着替えてくるとはいえねーし……)

マグマ団・2(このままだと、美少女ポケモンをゲットする所か、俺等がゲットされる!?)

京太郎「やっぱり美少女ポケモンってだけに綺麗ですね」

           /: :   : :   : :l : : : : : : : :' ,: :' ,: :ハ
          ,.': :': :  /: : / /: :,.l: : ,、: :'v : : : :'v: :'v ハ
        ハ,': : : :./: : / .,': :/ |: :.|ハ: : l: :l: : : :'v: :', ハ

.          ;: :|: : : :,' : : ハ: :l: : | |: :.l ハ: : l: :l: :l: : }l: :|: :|
        |: :l: : : :|: : l l: :l: : | |: :.| |l: :l: :|: :l: : |l: :|: :|
        |: :|: :,: :|: : |:」斗:-代「 :リ }|: :| リ`7‐-リ_ |: :|
        |: :|: :l: :|: : |人ハ: :{ リノ  リノj/j从//j ,イ: :|
   ┼O  |: :|: :.: :|: : |   `^    ′ rテ守癶 ,小 |

   小   |: :|: :,: :|l,: : |,cうz==ミ      {トッリ ,ノハ:|: :|
.   ┌┐   l: :| リ: :小: :'v¨´.:.:.:..      `¨''と^):l |: :|
.   └┘   l 小|: :| |ハ: : Y:':':':':':    '  :':':':': ハl: |: :|
        l:| |:.|: :| |: :}: :lト、     cっ    , イ: :|: |: :|
        |:| | |: :| |l リ :リ > 、      ,.<「 l.: :|: |: :|
        l从小、{「「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |: :|
        乂゙\ハ|.|                 r―┴-、|
.      ,rr<   \j |.|                 ` ̄ア^ヽ\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「わ、私は……そんなには……」


マグマ団・12((邪魔な奴を排除して、ゲットして逃げる!!))

マグマ団・1「ひゃっはー!マグマッグ!【ひのこ】!!」

マグマ団・2「デルビル!【かみつく】!!」

「っ……後ろ!」

  /     . : : :/ :,イ . : : :/   ! !: : : : : : : : : :.| |: | : : : : .:ト、 . : : : :| : : .   | |
 ,′  . : : .: .: .:|: :| |: :. : /   | |: : : : : :. :. :. :.| |: ト、 .: .: .:| ヽ: : : :| : : : : . | |
 |  . .:.:|: : : : : :|: :トL_: :.|   | |: : : : : :. :. :. :.| |: | \: : |  :!: : : :| : : : : : |: .|

 |. :|. : : :|.: .: .:.イ:|: :| |:.:.:.`ト、   ! !: : : : : : : : : :.| |: | ,,斗匕´|.:,イ: :!: : .: .: .:|: .|
 |. :|.:. .:.i|.: .: .:.:| |: :| |: : :.:|   `トL______斗匕´   乂  |/ |: :| : : : : : |: .|
 |. :|: :|: i|.: .: :.小l:≧|zx; 」,__|           ___,,..ィzzz≦. :| : : : : : |: .|
 |. :|: :|: i|.: .: .:.{ヽj八| {:::::|/刀フTミ、        ,:怎テ乏///}} ア|: :! : : : : : |: .|
 |. :|: :|: i|: : : :.|ヽ   |: : : |cz:::ノノ/        八゚辷cz::ノノ / :jノ.: .: .: .: .:|: .|
 |. :|: :|: i|.: .:.:.i| '.  |: : : ト--゚'′          `ー--゚'′   |i : : : .: .: .:|: .|
 |/'|: :|: i|.:. .:.八 '. |: : : |/ ̄\/ ̄| ̄\/ ̄\       从: : : .: .: .:|: .|
 | |: :| 八.: .: .:.`ⅵ/ ̄ ゚..    ゚   :|   .'     /  ̄\  /. : : : : .: .: .:|: .|
 | |: :|: : ∧/ ̄¨’,     ゚.     ゚   |  .′   /     , ’¨ ̄\: : : : : ノ: .|
 { 人_|/ ̄ \    ’,.   ゚.   ゚  :|      /    , ’   / ̄\'´.:. :.|
   / \     \   ’,  ゚..   ゚  | .,′  ./   , ’   /     /\ : |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二>''"::::::::::::::::::::::::::::
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二>''":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二>''":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二>''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
二二二二二二二二二二二二二二二二二二>'''∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
二二二二二二二二二二二二二二二>''"~ ̄`≪ ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

二二二二二二二二二二二二>''" ⌒丶      `丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
二二二二二二二二二>'"〃   ___   ヾ       ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
二二二二二>''"゚~/    {{    {  }     }}       ∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
二二>''"゚~:::::::::::Χ        `~´   /        / ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\     \       /       ,.ィ  ' ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\    `¨¨¨¨´      __/癶、   ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         -‐  ̄~`''ー \  ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\                  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\                      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

マグマ団・1「なっ!?」

マグマ団・2「はぁ!?」

京太郎「うたちゃん、豊音さん、ナイス」


声が聴こえた瞬間、ボールを地面へと落す。

出てきたのは、うたちゃんと豊音さんだ。

うたちゃんが、【ひのこ】を受け止め。

豊音さんが【かみつく】を耐えた。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::/::::::|:::::::::::::|:::::::::::
:::::::::::::/ヽ/:::/!:::::::::::::!::::::::::|
:::::::/  /:::/、|:::::::::::::|:::::::::::
/l`丶 ,//,/ |:::::::::::::l:::::::::::!
 人 〃苅ミ !:::::::::::::!::::::::::|
´⌒ヽ V炒癶, |:::::::::::::|∨:::::|

           l∨::::::::トミ:::::::|
           | ∨::::::|/::::::リ
           ∨:::|:::::::/
            ,{.∧::|:::::/
          ノ::| }::|::/
   ⊂ ァ .. イ::::::|ノイl/
    ...:≦::::::|:::::::| ノ'
≧=≦:::/:::::::::|:::::::|

::::::::::::::/:::::::::八:::: !
:::::::::::/:::::::::/  )ハ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
豊音「ねぇ……今、京太郎君に攻撃しようとしたよね?」

マグマ団・1「なな! 二体も!?」

豊音「ポケモンで人を傷つける事は【犯罪】だよね」

マグマ団・2「もう一度だ!」

豊音「つまりは……【犯罪者】だよね?」

京太郎「はい」

豊音「そっか……なら遠慮は要らないかな」


【正当防衛成立 豊音の制限解除】

;;;;;;;;;;;;;; ; \                        !;;; ; !                        /
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; \                         |;; ; ,!                         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
''-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; \                    !;; │                       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /
  `'-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\,             ___      !; ; !                   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_/゛
     `'-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\       /゛;;;;;;;;;;;; `'-、  .|;;; l                  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;_/゛
       .`'-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-、   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ .|;; l''"丶-、            /;;;;;;;;;;;; ; ,/゛
          ゙''-、;;;;;;;;;;;;;; \. .!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,!゛;;;;l;;;;;;;;;;;;; ヽ         /;;;;;;;;;;;;; ,/゛
               `'-、;;;;;;;;;;; `'冫;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ; l       .,/;;;;;;;;;;;;,/゛
              `''-、;;;;;;;;;;`-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ; ‐     ./;;;;;;;;;;,/゛
               ,.、,,_  .`'-、;;;;; ; \;;;;;;;;;;;;;-'" .ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/     /;;;;;;;;,..‐" _.. -. ..,,
           /;;;;;;;;;;; `'、   ゙'-、;; ; `'│     .`''ー-,,r‐'"゙ ¬ /;;;;;;;;/   /;;;;;;;;;;;; ; `'、
             !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;    `'-、;;;; \.-'" ゙̄'''-./;;;;;;;;;; ; /;; _..イ゛    .l゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
          ..l;;;;;;;;;;;;;;; ; /       `'-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; / _/゛  ゝ    ゙!、;;;;;;;;;;;; ; ,i
           `- ..,,,,..-"    ._.ー¬- 、i,`'-、";;;;;;;;;;;;; /,/゛;;;;;;;;;;;;;; !     .`'ー.- -'"
                      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ヽ、;;;【;ダークホール】 ; ,,,.,;; ゛; ゛;;;;;;;;;;;"ニニニ, ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ; / ゙゙´;; ; ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; '! ゙̄'''''―- ....,,,,_、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ; ;′;;; ; /,i;; `''ー- .;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ヽ          ゙̄'''''―- ::::;;;;;;_、
                   \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i,゙;;;;;;;;;;; l; !,、.,,_;; ; |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ; >

                        ゙ツ,..-'./;;;;;;;;\; ; !亅;;;;;;;;;`'、.l、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
                    _./ ゙ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∨│;;;;;;;;;;;;;; ! \,、  _..-"
                    ,/゛ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!;; |;;;;;;;;;;;;; ; i゙     ̄
                  ,..‐″ / ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ; l゛; l゙_____-'"
               ,..‐″; ,/   \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ; !;; │
             _/゛;; ; ,/      `'-、_;;;;;;;;;;;,.. !;; │
          _/゛;;;;;;;;;/               ̄゛ │;; │  ~暫くお持ち下さい~
     ,..‐";;;;;;;;;;,/                /;;;; ; !

   _/゛;;;;;;;;;; /                   l;;; ; │
_/゛;;;;;;;;;;; ,/                    l;;;;;;;;;;;!
;;;;;;;;;;; ; /                         l゙;;;;;;;;;;l゙

           r'^'vη                           rv'^'η
          ∨/:\         __              /:\__/
.          \: : : :\     ...::´:::::::::::::::::::`:::.、       /:: :\/
               \: : :.∧   /::: :::/::イ::::::ト、:::::::::::.     /: : : ::/
                  ∨: : ∧ /::::: :-/-i:::::::| ∨:::::::∧  ./.: : : :/
               ∨: : ∧|:::::::// __∨:::| __∨:::::l::|/ : : : :/
                    ∨: : ∧:::/:x≠ミ \{≠ミ::::::l::|:.: : : :/
                  ∨: : ∧l::{ ''┌― \'' |::::::「 : : /
                 ∨.: : :.l込、 乂__ノ \:::: |: : /
                    ∨: : l::|: /}≧==≦∧|:::l:|:.:/
                /∨リリ:〈 ∧Y^Y /: :{|:::l:Χ

               /::::::/:/:./:/:∧}ハ{∧:/:.∨::::::\
              /::::::/::::/∨: :\∧ ∧:/: : :.}\:::::::\
.              /::::::/:::::::/:::::|: : : :.:\/:./: : : /::::: \:::::::\
             /:::::/::::://::::::::|: : : : : : ∨: : : イ::::::::::::::\:::::::::.
.            /:::::/:::::/::::::::::::/ノ: : : : : : : ∨: :.∧::::\:::::::::\:::: }
          /:::::::{::::/::::::::://: :、: : : : : :o:〉: /{::::\::::\:::::::::\}

            /::::::::::{:/::::::/:::/: : : : --: : : /: : : ';:::::::::\::::\:::::::::\
         {::::::::::::/:::/::::::/: 、: : :\: : :./: : : : :∨::::::::::}\::::::::::::::::::.

          {:::::::: //:::::::::/: : : : --: : -/: -: : : : :∨::: : |  \:::::::::::::::
          {::::::://:::::::::/\: : : : : : : ∧: : : : : : : :〉::: : |   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

豊音「まぁ……やり過ぎるとこっちが犯罪になっちゃうから、眠らせるだけだけどねー!」

うた「相変わらず、えげつないねぃ」

豊音「こういう技だもの」

マグマ団・1「ZZZzzzz」

マグマ団・2「う~……」


ポケモンと共に横たわり寝ているマグマ団のを一瞥し、ほっと一息を付く。


京太郎「だー! 疲れた! こいつ等相変わらず、碌な事をしねー!」


その場で倒れ込み、緊張の汗でべたっりだった手を伸ばす。

伸ばせば、汗が風に当たり、気持ちがよかった。


豊音「わわ……美人さんだ」

「えっと……その」

うた「こいつもこいつで相変わらずな運命力だな」

ネリー「呼んだ?」

うた「呼んでないから、戻れ」

ネリー「えぇー」


寝ていると傍でそんな会話が聞こえてくる。

それを耳にしつつ、これからどうしようかと悩んだ。

        /    :,'   / / /   /   /   l !  l    | ∧     ∧
        \__   / ─┐l lケ /─┐/>  l{ 勹|||ト l  __ |  :'   | ∧
       i   ,' し'レ  ┘ イ-'L三 _,':!    '!  :j リ L.l| |  ! ̄卞| | _ ',
       | イ        |iリ ∥   | | \ ||  ,':/!: ∥ `| -:ト !  |    !
       レ'    ,'     ∨-' 二三__三 ┘|_/リ l  /|-壬┼─| |` ト、   |
                 | 歹イ:::::::::::泝        ̄_ レ匕イ   リ/:,  :, / /Y
       /     |     | / /::::::::::::::_}          テ≧ミト `'レレ  // //,'
.      /   /  |     | 廴{:::::;ん          /::::::::::::抃  斤升 イ/ ,
      '              | 匕:壬:ソ        {イ:::::::ん リ ,'   フイj/
     ,   l  /|       |     ̄            ヒ 三:y'  /| /  イ
     ,    |  i |         ::::::::::::           ̄ `   .::|     ヘ
        i   .:!       }               '    ::::::::::: ,':::::|    ∧
    l l   | |  |         、         __           ∧::::i       ∧
.   i |   | |  |         | \           `        ィ::::|::::|        !
.    l l |   | |  |         |                <:::::/::|::::|      | |
     l |   | |  |       :;       >   _, ィ≦:::::::::::::/l ::|::::|      | |
   | l ヽ. | レ|      ∨          | ̄\::::::::::::/ ,'::/:::::    | |
   \><´  ||   | ヘ             !\  \_::/ / /::::/! |   | |
><::::::\.      ||、   !,'  \        |  i   ></ | j   /| /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「おぅ……冷たい」

「ごめんなさい、いやでした?」

京太郎「いや、いいけど」

豊音「行き成り膝枕!」

うた「うはーっ!やるねぃ!」


横たわっていると、頭を抱えられ、気持ちがいい物が当たる。

少しばかり驚くも、うたちゃんと豊音さんの言葉で何が起こってるかを知った。


豊音「口説くのかな?」

うた「じゃねーかな」

京太郎「えぇい、豊音さんは辺りの警戒! うたちゃんは本当にジュンサーさんへ連絡!」

うた「はいはい、ボチボチっとな」

豊音「は~い♪」


横で囃し立てる二人へと指示を出す。

そうすれば、騒がしい二人も納まった。

    __,.ィ ̄ ̄`ヽ/ヽ__

      > ´ ̄  /   `   `、  、
、 -  ´    /   '     } ヽ ヽ\  \
 `  ̄ >'  /   ,: |    ∧/! |   } ヽ  ヽ
   /,ィ  / ' / /|   _/,.ム斗}-/  ハ   :.
  {/.'   ,| ,.|-}/-{ | / ,ィチ斧ミ }/ }  |    .
  /  イ/{ : ! ィ斧从}/   Vzソ ノ /イ ,:
<__  ´// 从{ Vソ /         / イ- 、  |
     {'{  { ,    '           /' ⌒ }  |
      从Ⅵ              /.: ノ  |
       叭   v_ ̄ヽ      ,rー'   从
         、           イj   / /
            :.          < |'  /}/
            、__   ´    } イ从/
               |        |/
              「 ̄|     「 ̄ ̄ ̄ ̄}
              |//l|     |//////// 、
        ,. <// ∧      |//////////> 、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「それで……なんでこんな事に?」

「山奥の池で暮らしてたところ、見つかってしまって」

京太郎「そのまま追われてた?」

「はい」

京太郎「なんと言うか、災難だな」

「そうでもないです」

京太郎「そうなの?」

「はい、こうして【醜い】私でも助けてくれる人がいましたから」

京太郎「はは……照れるな……って醜い?」

「醜いですよね? 私」

京太郎(流れる金髪に綺麗な眼のオッドアイ、胸も大きく。優しげな性格……完璧じゃね?)


変な事を口走る少女に、微妙な表情となる。

あれか、ポケモンと人間では綺麗の基準が違うのだろうか?

           /: :   : :   : :l : : : : : : : :' ,: :' ,: :ハ
          ,.': :': :  /: : / /: :,.l: : ,、: :'v : : : :'v: :'v ハ
        ハ,': : : :./: : / .,': :/ |: :.|ハ: : l: :l: : : :'v: :', ハ

.          ;: :|: : : :,' : : ハ: :l: : | |: :.l ハ: : l: :l: :l: : }l: :|: :|
        |: :l: : : :|: : l l: :l: : | |: :.| |l: :l: :|: :l: : |l: :|: :|
        |: :|: :,: :|: : |:」斗:-代「 :リ }|: :| リ`7‐-リ_ |: :|
        |: :|: :l: :|: : |人ハ: :{ リノ  リノj/j从//j ,イ: :|
   ┼O  |: :|: :.: :|: : |   `^    ′ rテ守癶 ,小 |

   小   |: :|: :,: :|l,: : |,cうz==ミ      {トッリ ,ノハ:|: :|
.   ┌┐   l: :| リ: :小: :'v¨´.:.:.:..      `¨''と^):l |: :|
.   └┘   l 小|: :| |ハ: : Y:':':':':':    '  :':':':': ハl: |: :|
        l:| |:.|: :| |: :}: :lト、     cっ    , イ: :|: |: :|
        |:| | |: :| |l リ :リ > 、      ,.<「 l.: :|: |: :|
        l从小、{「「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |: :|
        乂゙\ハ|.|                 r―┴-、|
.      ,rr<   \j |.|                 ` ̄ア^ヽ\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「よく周りのポケモンから【恐れられて】、怖いって……」

京太郎「……んー、うたちゃん!」

うた「はいよ!」

京太郎「ポケモンだと基準が違うのか?」

うた「うんにゃ、そんなこと無いけど……この子はあれだ」

京太郎「あれ?」

うた「この子の目だな、問題は」

京太郎「えっと? 綺麗だよね」

「っ」


髪の毛のせいでよく見えなく、手を伸ばし、髪をたくし上げ瞳を見つめる。

ブラウンとブルーの綺麗なオッドアイだ。


うた「色が問題かね」

京太郎「色?」

うた「そそ、衣の件で昔の騒ぎは知ってるだろ?」

京太郎「あぁ……化身の二人が暴走したって奴か」

うた「その化身のシンボルの色が【青と赤】だ」

京太郎「っ! もしかして?」

うた「恐怖心ってのは世代を超えても残るもんだねぃ」

京太郎「………」

うた「ブルーで青、ブラウンの色も赤に近いからねぃ。そりゃ……【怖いわな】、【醜い】はな」


うたちゃんの言葉で何も言えなくなった。

.     /    .′′  !   i i   ! | ! | ! i i||!     |   i
      ′ ,′i |i |i  ! |  | l   ! | i | ! | ! | li   |   |
    | i i  | || !| _,|_jl   | |!  |f|丁lT¬ー-| i|   |   |
    | | |  | lj.イ「{|l ト、 { li、 l|リハノ}从 ,}|   |   ||
    | | |  | ヘハ八从| ヽリ ヽ|、{,.ィテ示云ミ、|   |   |.!
.     、l |\| ト、,ィf云示ヽ        うハ::::ri:} |    |  i  l !
.      ヽ{ヽ{ヽハ {{ ゙ぅi.,_ハ       ヾ=‐' !    |  |  |.|
        |i   ∧  ヽ-‐'              l !  || |  l |
        ||   j ∧       、             | !  !| |  | |
        ||   |′ ',              | |   l l  |  | |
        ||   |   人     ` ̄     / ||  ! !  !  ! |
        ||   | /  !>: ...__     _.. イ   ! |  ! |  !  ||
        ||   l /  |.: : : : : :丁:T ´      ||  ! |  !  ||
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「……そうですよね」

京太郎「あーあー……(何か慰めの言葉を!)」


  /     . : : :/ :,イ . : : :/   ! !: : : : : : : : : :.| |: | : : : : .:ト、 . : : : :| : : .   | |
 ,′  . : : .: .: .:|: :| |: :. : /   | |: : : : : :. :. :. :.| |: ト、 .: .: .:| ヽ: : : :| : : : : . | |
 |  . .:.:|: : : : : :|: :トL_: :.|   | |: : : : : :. :. :. :.| |: | \: : |  :!: : : :| : : : : : |: .|

 |. :|. : : :|.: .: .:.イ:|: :| |:.:.:.`ト、   ! !: : : : : : : : : :.| |: | ,,斗匕´|.:,イ: :!: : .: .: .:|: .|
 |. :|.:. .:.i|.: .: .:.:| |: :| |: : :.:|   `トL______斗匕´   乂  |/ |: :| : : : : : |: .|
 |. :|: :|: i|.: .: :.小l:≧|zx; 」,__|           ___,,..ィzzz≦. :| : : : : : |: .|
 |. :|: :|: i|.: .: .:.{ヽj八| {:::::|/刀フTミ、        ,:怎テ乏///}} ア|: :! : : : : : |: .|
 |. :|: :|: i|: : : :.|ヽ   |: : : |cz:::ノノ/        八゚辷cz::ノノ / :jノ.: .: .: .: .:|: .|
 |. :|: :|: i|.: .:.:.i| '.  |: : : ト--゚'′          `ー--゚'′   |i : : : .: .: .:|: .|
 |/'|: :|: i|.:. .:.八 '. |: : : |/ ̄\/ ̄| ̄\/ ̄\       从: : : .: .: .:|: .|
 | |: :| 八.: .: .:.`ⅵ/ ̄ ゚..    ゚   :|   .'     /  ̄\  /. : : : : .: .: .:|: .|
 | |: :|: : ∧/ ̄¨’,     ゚.     ゚   |  .′   /     , ’¨ ̄\: : : : : ノ: .|
 { 人_|/ ̄ \    ’,.   ゚.   ゚  :|      /    , ’   / ̄\'´.:. :.|
   / \     \   ’,  ゚..   ゚  | .,′  ./   , ’   /     /\ : |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

うた「……」

              .   -‐…‐-  .
              ´               `  、
       /                  \
       /      .. .. .. .. .. ..  .. .. ..      丶
          . .: .: .: .: .: .: .: \:. :. :. :. :. :. .   、

    /    . .:| .: .: .: .: .: ¦:. :. \:. :. \:. :.    `
       . . . .:.| .: .: .: .: .: | i :. , :. :. :. :. :. :. :.   ,
   ;   . . .: .: .:.|  .: .: .: 、_|__j_|ノ|ハ:. :. |i :. :.
   l i. ..: ..:|. .:.| i :. :. :. :. :..| i  | 人 ⅰ:. |i :. :. i |

   | | .: i.: |. .:.|八 :. :. :. :. ∨i,x圻幵竹,:. |i :. :. | |
   | | .: i.: |/l ∧ :. ___ノ 〃 トィ/f心| :. |i :. :. | |
   | | .: i.: | :. ァヒ扞ト′      _)ツ| :. |i :. :. | |

   | i .: .:i.:| 爪 トィ心       ,,,  | :. l/ :. :.. |:八
   | | .: i.: | :. |i'  )ツ           | ; ′:. :. | : :\ /㍊i
   | i ’.: ,.: | :. ||:、 ,,,   ′   ィ   / .: .: .:  ノ|: :/  ㍊i
   |/ V/, |i :. 〈癶     ーく  ノ / .: .: .:  /: : |/   ㍊i
        V 八:. :. V:.ゝ      / .: .: .:  ィ/: : :/    ァ㌻¨:\
       \:. \i:. \:. ≧=ー/ .: .: ≠≪'/: :/   ,ァ㌻¨。 ゚xヘ: \
        }≧=\------辷r< //。※゚l/  ァ㌻¨ ※/。※ハ: `

        /  ;冖冖冖冖/ i/ `X升ォt/ ァ㌻¨ 。※゚/。※゚。※゚| : |
       / / /。※゚.。※゚/: :{※゚/ ゚| | ァ㌻¨: :/。※゚〃※。※゚。※゚| : |
.    / イ/ /※|。/。※/ : : {/。※゚| |¨l : : : /※/゚/゚。※゚。※゚。※゚| ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
うた「よし、その子も連れて行こうぜ」

京太郎「うたちゃん?」

「え?」


暫くの無言の後、うたちゃんがそう言ってきた。


うた「どっちにしろ、ここで別れてもその子一人になるぜ?」

京太郎「………」

「え? でも……」

うた「どうせお前さんの事だ。どうにかしたいと思ってるだろ」

京太郎「確かに」

うた「なら、連れて行けよ。私達と一緒なら一人になることもないし。安全だろ」


                _, -─-、 -― ―ー 、

                 ,  '´                 ヽ、
            /                   \
           /  / /      .i  ヽ ヽ \.    ヽ
         / //  /   / /  ト |  i  ヽ  ヽ     ヘ
           / //   / i  / / / .ハ i  !  ||  ハ    ハ
.          / //  ./  i  / イ .ll  | | |  .|i  ||   ハ    ハ
       ,' , i l  | ! |  レ l|`ト!、_|__.|_|_ /リ イ|    ハ      i
       | | | |   N_,戈´!ヽ!V  ヒ! レレ'メノリ l.     i      |
.         ', ! i ヽ ヾ、ゝ弋      __    |    | i   |  _ --― 、
.         \!\\ゝ _, -      '´ ̄ `ミ、o. |    | i | ハ i   二⊃ ノ
   , -―     | !  io'⌒ ,    .:::::::::::::::    | |  i | i l ハ .ヘ
  ( ⊂二 ̄  |.'  / |:::::::                 | |  i | |  l ハ ヘ
.          /  / ,|   ___. -― 、         ! !   |.| |  l ハ  ヘ
          /  /  ノl   ヽ.:.:.:._:.:_:.}  ,-、   .l |  l | |i   i|  ハ 、ヘ
       //⌒Yヽ ヽ   V   .ノ  / ノ-、 l l  .l | | |  i|  ハ ヘヘ
      /, ィ‐ 、 | } ! \   ̄ ̄  /-く  V/l  ////|  i|  i ト、 ト、\
.     ,〃| ´, ィ‐-| | | ノ  i \    ,-' 、  \ ',/  //, --― 、i .| l } }  } }
.   // ,.| ´ __ト' ヽ'⌒ マ^`iニ,へ  \_ ` } /./     \!リ リ .ノノ
  /  l/ ! ´  , }  }    ./ ( _  \   / ノ/  _ ____    ヽ. /
.     !  ハ  イ-'、 ,ノ   /    !Y{`     ./ /./, '    `ヽ、  ヘ
       \    } /__/  /|     / ´/ /'  /      ヽ  .}
       /    ィ'/  |/   .{      /   i .| /        ヘ |
.      /    /    .!     /    |   レ'   __,____     ヘ.|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「でもでも! 私は醜いですし、弱いですから、迷惑に……」

京太郎「いや、別に俺はいいけど……あー違うな」

うた「にゃー……その言葉は違うな」

京太郎(俺が言うべきことは――)


↓1~3 口説け

俺は(君の綺麗な目が)好きだな。

    __,.ィ ̄ ̄`ヽ/ヽ__

      > ´ ̄  /   `   `、  、
、 -  ´    /   '     } ヽ ヽ\  \
 `  ̄ >'  /   ,: |    ∧/! |   } ヽ  ヽ
   /,ィ  / ' / /|   _/,.ム斗}-/  ハ   :.
  {/.'   ,| ,.|-}/-{ | / ,ィチ斧ミ }/ }  |    .
  /  イ/{ : ! ィ斧从}/   Vzソ ノ /イ ,:
<__  ´// 从{ Vソ /         / イ- 、  |
     {'{  { ,    '           /' ⌒ }  |
      从Ⅵ              /.: ノ  |
       叭   v_ ̄ヽ      ,rー'   从
         、           イj   / /
            :.          < |'  /}/
            、__   ´    } イ从/
               |        |/
              「 ̄|     「 ̄ ̄ ̄ ̄}
              |//l|     |//////// 、
        ,. <// ∧      |//////////> 、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「そうだ、名前を聞いてなかった。俺は京太郎、こっちは相棒のうたちゃん」

みほこ「み、みほこです」

京太郎「みほこ……なら――」

            _,,......-―-..... _
           ,.::'::::::::::::::::::::::::::::::`丶
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.

          ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
          ,'::::::::::::::::ii:::::ハ:::::::::i i_;;:::::::::::i
          ,':::::::::::::::::i.i::::|`i::'::::_「_,,」I;::::::::i
.        /::::::::__:::::汽テテ=  〒テ「.!::::::ハ
      /:,:ィ::に!:::::::i ト:り    乂リ .i::::::i !
     / ./:::::ゝ|:::::::l |::!".r―┐"",ノ:::::乂_

     {  ,/::::::::::::i:::::::ト,!:! ヽ. -' ,ィ彡イ:::::::::`ヽ
.     ! ./:::::::::::::::i::::N:r‐`≧‐≦;イ:::::::ト;::::ヾ、
       .{::ハ::::ハ:::i; ''´ :,,;'ニ:r''" : .ノ`ヾ;i ヽ:::::}、
       ル' .|/>ゞ: . :.(:::::::::ゝ : . : . : . :\,i::,' )
     / ̄ \: . : . : . : \三≧=-. : . : . :..V
.     iハ. : . : .\. : . :i´ ̄` <: . : . /: . : ..:i
.     || }: . : . : .:ト--ir-、: . : ..:\: /: . : . : .:\
.     l」 i. : . : . :i-‐‐|ニハ: . : . : .\__r‐-、: . :.i
      ハヘ: . : . : i:::::::::::`マヘ: . : . : ..:/: . : .ヽ: :i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

うた「みほこだけに、【見惚れた】とか言ったら、燃やすぜ?」

: : : : :/ : : : : : :| : : : :|.. : :. ゙、: . ゙、゙、. \
: : : : : |. : : : : :i |: : : :i:|. : : : ∧: :、.i. .i: : . ` 、
.: : : : : !: : : : : | |、: : :| | : : i | !: :|:| : |:、: : : : : : >
: : : : : :| : : |: i 「! ヽート!、: : リ  !: |ハ: ト : | ̄ ̄
.: : :,..-、|: : :i: :|: !゙、 _、!二゙、-| イ: リ ! |ヽ:|
: : / へ.゙、 :丶ヾヽ<´{::::i` ヽ! 1!|:/| :!ノ゙、リ

: :ヽ    \ : :!丶   ̄     Vイ:ハ |\:i
.: : 丶    \゙、        `> リ  `
ヽ: : :`┬ 、  ヾ          /
  i: ;ィノ    U     ,....-ィ /
,,:‐レリ    _       ̄ /
゛=!_    \ `ー-、_  _/
::::::゛== 、 \   / ̄ヽ、
::::::::::::::::::::::゛===-、    >
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「………」

.     /    .′′  !   i i   ! | ! | ! i i||!     |   i
      ′ ,′i |i |i  ! |  | l   ! | i | ! | ! | li   |   |
    | i i  | || !| _,|_jl   | |!  |f|丁lT¬ー-| i|   |   |
    | | |  | lj.イ「{|l ト、 { li、 l|リハノ}从 ,}|   |   ||
    | | |  | ヘハ八从| ヽリ ヽ|、{,.ィテ示云ミ、|   |   |.!
.     、l |\| ト、,ィf云示ヽ        うハ::::ri:} |    |  i  l !
.      ヽ{ヽ{ヽハ {{ ゙ぅi.,_ハ       ヾ=‐' !    |  |  |.|
        |i   ∧  ヽ-‐'              l !  || |  l |
        ||   j ∧       、             | !  !| |  | |
        ||   |′ ',              | |   l l  |  | |
        ||   |   人     ` ̄     / ||  ! !  !  ! |
        ||   | /  !>: ...__     _.. イ   ! |  ! |  !  ||
        ||   l /  |.: : : : : :丁:T ´      ||  ! |  !  ||
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みほこ「………」

   /  /     |  ハ       |  | i 、 ヽ  \     \_
.   i  /     |  | |       |  | |、 i  ゙、 、 \_     _>
   |  i   | i  |  | |       |  ハ ハ _i!_ i   \ ヽ` ̄ ̄
   |  |   |+--|、_|! |   | i! ,/.ィ'|"i´ ハ  | i  ヾ 、 ヽ
   |  |   |.|ヽ |、_|王!ー  |./i .;"´/=、!/ | ! |   \ 、i      人
.   !. r|   i.|、!,,ィ'":::._iミi!  |/ /彳:::: r:!ヽ,| ,イ | 、_   \      `Y´
.   | |^!.  N 《 _、o;;;;i_ 丶、/ / ┴゜‐'"´ !イ | λ i` ー--ヽ
    ! | i、i、 ゙、  ` ̄ ̄   メ(        /^|イ `、|   (危なかった!)
   ノi \ヾi:.、、         i!      i ノリ   `
    |  ヽ__i                 |イ|/
    ヽ i、  i u   ____....,     |/
      ヽ!、  i\   `ー-- ―'´  /、!
       i !i 、 \     ̄´  /!/       人
         |ハ,i、! 、 \      / ./.|       `Y´
         ト、! ゙、  `ー---'′ /|V
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎【せ、世界中の誰が何と言おうと、俺は君を綺麗だと思う。特にその瞳は俺にとっては宝石と見紛うほどに。それじゃダメか?】

              .  -‐…‐-  .
                ´          ` 、
.           /                  ヽ
.         / / 〃 ′ ! ¦ l i      ヽ ‘,
            ,′ i !  l ¦¦ l ! ¦i   ',
       |{ ,斗l‐l十 ¦¦ H‐l-! l、l  } |

        | .  _l」..l⊥ ⊥⊥ l L」_|¦j ,'   |
         |  Y        'h77k.Yv' /  |
          |   } ,ィ抖芋     v//,ハ} }イ i   |
          }  .{ ,, ,          , ,, '|l  |
            八             ハ | l  |
        / ,′ 丶.     ‘’      イ  | l i|
      ′ {    / | Tl    lT爪 |l i | l l |
.       {     { l,.斗}    lく l ,ソl l | l l|
          ‘, }ノ   {    }, \,ノ,ノノ , l |
       \  >'    |-―-/   `'く/ ノノ
        `7、      |   /   , ´/`Y
        /\丶    | /   ,  /{  ‘,
         ,ノ  /\丶  |/  , ' /   V  ‘,
.        /   {.   \丶|   /    }  ___ヽ
       〈⌒ ー-〉   \l'/     〈_,ノ  _}
       `7⌒7       `)        }--‐'|-‐'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

美穂子「………」

(なんかすまん。)

(ええんやで。俺の取った奴もアカンっぽいし。臭過ぎたか)

                ,. --- 、        ____
                  /,  ´ ̄ ̄` '⌒´     \
           、_/_/⌒ヽ , /            ヽ
            ,---、  / //    :       ヽ :.
           ,  / ̄-/ /' {   | |       | :
          / __   ̄,./ /-' l| l | |___ l |    |
            .:' /   ,イ _| | |ア__l { { | / }`| |    |
       /       ,:´ | { | l\{从 ∨ィ斧ミ、 |    |
    /\'´        /{  | 从{__,. \∨Vソ }イ ト、 ∧{
    ////\ r---  ´八 !∧  ̄   ,:  :.:.:  }/ノ/ リ
.   ///////\      \}∧         u 八/
  //////////〉        込、  __    ,.: /
  ///////// /          }>、   ` イ |从
 ,'//////// /   _      /--、l ` ̄ :,   |--、
.///////// /  イ/////\   {////}   /  「///|
'//////// /´// {////////ー '|////|   ,   |///l|
///////////// |l///////////ヽ// \    |////> 、
////////{/////{!/////////////////}--- /////////> 、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎「つまりは――【昔がどうとか関係ない、一緒に行こう】」

    , ´   /  .' / .'  '        | l  | l |  |
   /    / '   |  | | l|  |    l | ,  } l |  |
 _/    イ /   l|  |_,∧_{  :.   ,-|-}-/、 ,  |  {   _   ___,-、 __
  ̄ ´   / /    {  |、{ l∧  {、   | }/イ/},イ /  l_、  { Y´ /  '   }- 、
      {〃   r∧ |ィ斧ミ从 、Ⅵ , イ斧ミ、 } /l|  l、r  ̄ {   {  |  / _ }、
      /    /{ 从{、 Vzリ  \Ⅵ/ Vzり /イ } / |   乂_人_/、_/   / \
       /   //从 l∧\       ,\        | /イ/   }==   ̄ ̄ ̄ ー く
     /  イ'  {/l∧ ∧      、        ,イ/j'  /             \
    ̄ ̄        ー∧         _,     从    ,                 \
               ヽ 、    ` ¨  ̄   ィ }/    /     / '
                 ∧ \       / |/>  ,      /
                  {(从_|     --  ´ 「/// |  {
                  |/ ̄}}          |////|_ |
            _,.:<|///||          l/////` |
     _,.. -=<///// \//}         ,r-/////// |
  <//////////////////∧-- 、    {///////l{

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎【なにより、俺は(君の綺麗な目が)好きになりました!】


        /    :,'   / / /   /   /   l !  l    | ∧     ∧
        \__   / ─┐l lケ /─┐/>  l{ 勹|||ト l  __ |  :'   | ∧
       i   ,' し'レ  ┘ イ-'L三 _,':!    '!  :j リ L.l| |  ! ̄卞| | _ ',
       | イ        |iリ ∥   | | \ ||  ,':/!: ∥ `| -:ト !  |    !
       レ'    ,'     ∨-' 二三__三 ┘|_/リ l  /|-壬┼─| |` ト、   |
                 | 歹イ:::::::::::泝        ̄_ レ匕イ   リ/:,  :, / /Y
       /     |     | / /::::::::::::::_}          テ≧ミト `'レレ  // //,'
.      /   /  |     | 廴{:::::;ん          /::::::::::::抃  斤升 イ/ ,
      '              | 匕:壬:ソ        {イ:::::::ん リ ,'   フイj/
     ,   l  /|       |     ̄            ヒ 三:y'  /| /  イ
     ,    |  i |         ::::::::::::           ̄ `   .::|     ヘ
        i   .:!       }               '    ::::::::::: ,':::::|    ∧
    l l   | |  |         、         __           ∧::::i       ∧
.   i |   | |  |         | \           `        ィ::::|::::|        !
.    l l |   | |  |         |                <:::::/::|::::|      | |
     l |   | |  |       :;       >   _, ィ≦:::::::::::::/l ::|::::|      | |
   | l ヽ. | レ|      ∨          | ̄\::::::::::::/ ,'::/:::::    | |
   \><´  ||   | ヘ             !\  \_::/ / /::::/! |   | |
><::::::\.      ||、   !,'  \        |  i   ></ | j   /| /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みほこ「……はい!」

うた(まじで口説いた! しかも無自覚に! 後で言い触らそう)


みほこが仲間に加わった。

図鑑に登録されます。

>>423 >>424
いいじゃないか! 書いてて楽しかった!

.          /                           ヽ
         /             ′              :.
.        /   ′i i i     i      i           :.
        ′   ′ i i ii  i  i i      i   i   i  :.
.        i    i   i i_」iLi _i  i i       i   i   i   :
.        i    i i i ´i i i i`  i i  ii i  _i_!_ ,′   i } i
        八 i ii i ii i { i !{  ii i  ii i  从  /`ヽ   i ′i
.           ヽ从小「八八八从__i从__ハノ__//ハ//   ノ ノ/ i |
.           ′|{   ___      x''丐ミメ、ヽィイl/   |
            ′   i ゞ=≠''      し':::::::::ハV/^   i  |
           ′   i :::.:.:.           r辷'゚シ′/     i  |
          ′    i       ,       ̄^` /     i |
          ′    人            :::.:.:  ///    i   |
       ,′  / / へ、    ‐ -         イ//    i  |
       ,′   / /  // ト .         .イ //      ii  |
       ,′    /  // /  }  ー   ´{ |//      jj   |
       ,′  / /  // /..斗ノ      ト .」.'/ / /        |
.     {{{ { i{  {>'" r{       ノ〉 `ヽ/ /        |
     r‐くく { i{  |     |ー-、     ,′  { {     //从ノ
    /`ヽ \ヽハ i |     |________,′   ヽヽ从///ヘ、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みほこ「それで……私は何て呼べば?」

京太郎「そうだなー」

↓2 なつき度チェック 十の位=★ 一の位=0/10 補正★8 確定
↓1~4 みほこのニックネーム 京太郎への呼び方 気に入ったのをつけます。

ゾロ目は道具持ちやったね!

↓ 2 道具一つ選択!

たべのこし

あと >>446 すまん、すまん
色々と考えたら、ポケモンこっちかなっと……

.          /                           ヽ
         /             ′              :.
.        /   ′i i i     i      i           :.
        ′   ′ i i ii  i  i i      i   i   i  :.
.        i    i   i i_」iLi _i  i i       i   i   i   :
.        i    i i i ´i i i i`  i i  ii i  _i_!_ ,′   i } i
        八 i ii i ii i { i !{  ii i  ii i  从  /`ヽ   i ′i
.           ヽ从小「八八八从__i从__ハノ__//ハ//   ノ ノ/ i |
.           ′|{   ___      x''丐ミメ、ヽィイl/   |
            ′   i ゞ=≠''      し':::::::::ハV/^   i  |
           ′   i :::.:.:.           r辷'゚シ′/     i  |
          ′    i       ,       ̄^` /     i |
          ′    人            :::.:.:  ///    i   |
       ,′  / / へ、    ‐ -         イ//    i  |
       ,′   / /  // ト .         .イ //      ii  |
       ,′    /  // /  }  ー   ´{ |//      jj   |
       ,′  / /  // /..斗ノ      ト .」.'/ / /        |
.     {{{ { i{  {>'" r{       ノ〉 `ヽ/ /        |
     r‐くく { i{  |     |ー-、     ,′  { {     //从ノ
    /`ヽ \ヽハ i |     |________,′   ヽヽ从///ヘ、

No.349 みほこ ネーム:美穂子 呼ばれ方:京太郎さん 美少女ポケモン(分類:ヒンバス)

タイプ1/みず
タイプ2/―

おっとりな せいかく

ひとのせわが すきで よく かまっている

オッドアイは トラウマの ひとつで あまり はなしたがらない

なつき度★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆(最大20/現在11)0/10

みほこ
持ち物:たべのこし
【ステータス】
Lv25☆☆☆☆☆
HP:52
攻:20
防:19 
特攻:18
特防:40
素早:52

【覚えている技】
1・まもる(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・100)【必ず先制でき、そのターンの間、相手の技を受けない。連続で使うと失敗しやすくなる】
2・みずのはどう(基本・みず/特殊/威力・60/命中・100)【20%の確率で相手を1~4ターンの間『こんらん』状態にする】
3・さいみんじゅつ(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・60)【相手を2~4ターン(実質1~3ターン)の間『ねむり』状態にする】
4・たいあたり(基本・ノーマル/物理/威力・50/命中・100)

【特性】
特性:適応力
自分の『タイプ』と同じ『タイプ』の技のダメージが1.5倍ではなく2倍になる

進化:なつき★20

原作の目の事で【醜い】
覚醒すると強いで【ミロカロス】
更に適応力が凄いので てきおうりょくを持った ヒンバス です。

ママンボウと迷ったけど……こっちかなと

【現在の状況】 四十日

              _  , --、__        ┏─知り合い──────────―――――┓
             /.:.:.::.<´/三萬三\、     │リーフ★   阿部★ ギンコ★          │
              //.:.:.:.:.::.:.:.:,ニ(__)ニ.|     |耕介博士&慕                    |
           l  l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\___/|     |原村 和                       |
           |  |.:.:.::.:.:_,.  -―…‥‐- 、     │高久田 誠                      │
           |_レ<_______ \   ┗────────────────────┛
      ___, -‐:│ /ヘ ゙、,|≡≡ Y ≡NV ___ \  ┏─現在の所持金───┓┏─現在位置───―――――┓

     /:::::::::::::::::и{        丶  | ハ|   ̄   |             53750円||コシガヤタウン          |
    // ̄ ̄\::::::::::゙、ィ-ャ  r ----┐ ,ノ        ┗──────────┛┗─────────────┛
   //|::::::/::::::::::||::::::::::/\\_`ー-‐',...イ
  |/:::|::::/::::::::/::|| /「:ト、:::》   T ≫:::::::|       ┏所持品────────┓┏大切な物───────┓
  /:::::::::::::::::::::::::/ ゙̄、::| `ー-,ァ ケ/「|`ーi、       │モンスターボール ×1  ││わざマシンケース      │
 |:::::::::::::::::::::::::/     |;;|  o〈 // |;;|. / |       │きずぐすり     ×5  ││櫛               │
./:::::/ー-、:::/:::|    ||;;|   V   |;;|.  |       │どくけし       ×5  ││バッジケース        │
|::::/::o:::/ヘ|::::::|    /:/   o   |::|  |       │まひなおし     ×4  ││きのみケース        │
|=|===彳 ||::::/    /:/       レ   |       │ねむけざまし    ×4  │┗───────────┛
|:::|::::::::::|:::イ、/    |´    o   ,イ   |       │                │┏───────────┓
|::::::::::::::::::::::/    /_      | |   |       │スーパーボール  ×4  ││成功判定確定券 ×1  │
!:::::::::::::::::::::|    /―┤  o ┌┤|   |      . │凄いポフィン    ×1  │┗───────────┛
`ー-、::::::::::|    /       /|   | |   |       │ひかりのいし   ×1  │
     ̄ ̄|o   |     / |     | |   |  .   . ┗───────────┛
┏手持ちのポケモン【Lv上限25】───────────────────────────────────────┓

│1・うた ニックネーム:うたちゃん 呼び方:京太郎 ゴースト/ほのお                                  │
│Lv25★☆☆☆☆ HP:67 攻:27 防:40 特攻:45 特防:40 素早:22       .                         │
│愛情【硬い絆で結ばれている】条件1進化 条件2衣と一線を越えている 条件3ゲンシカイキをした               │
│                                                                           │
│2・ひめこ ニックネーム:ひめちゃん 呼び方:きょーたろー でんき/― 持ち物:ふうせん                     │

│Lv25★☆☆☆☆ HP:72 攻:40 防:28 特攻:55 特防:50 素早:60                                │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆(最大20/現在16)0/10                           │
│                                                                           │

│3・まいる ニックネーム:まいちゃん 呼び方:主人さま(マスター) はがね/―                            │
│Lv25★☆☆☆☆ HP:72 攻:37 防:32 特攻:55 特防:50 素早:60                                 │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆(最大20/現在16)0./10                           │

│                                                                            │
│4・まほ ニックネーム:マホ 呼び方:ごしゅじんさま あく/―                                        │
│Lv25★☆☆☆☆ HP:62 攻:45 防:32 特攻:52 特防:28 素早:49                                │

│愛情【硬い絆で結ばれている】条件1進化 条件2スタイルチェンジをした 条件3ジム戦を2回体験                  │
│                                                                            │
│5・もも ニックネーム:モモ 呼び方:パパ ゴースト/どく                                           │
│Lv23★★☆☆☆ HP:67 攻:46 防:35 特攻:71 特防:46 素早:62                                 │

│なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆(最大20/現在18)5/10                            │

│                                                  .                          │
│6・ゆきこ ニックネーム:ユキ 呼び方:お兄さん ノーマル/―                                        │
│Lv25★☆☆☆☆ HP:70 攻:40 防:34 特攻:34 特防:44 素早:55                                 │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆(最大20/現在14)3/10                             │
│                                                                            │
│7・とき ニックネーム:トキ 呼び方:京ちゃん エスパー/フェアリー                                    │
│Lv25★☆☆☆☆ HP:61 攻:27 防:33 特攻:45 特防:40 素早:37                                 │
│愛情【硬い絆で結ばれている】条件1 『娘さんを下さい』をクリア 条件2 竜華と一線を越えている 条件3 メガ進化する  │

│                                                                           │
│8・洋榎 ニックネーム:ヒロ 呼び方:ガ~ス~ どく/― 持ち物:きあいのたすき                           │
│Lv25★★★★★ HP:79 攻:62 防:42 特攻:55 特防:42 素早:49                                  │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆(最大20/現在14)6/10                             │
│                                                                            │
│9・ネリー ニックネーム:ネリー 呼び方:パピー フェアリー/―                                      │
│Lv25★★★★★ HP:60 攻:22 防:45 特攻:32 特防:49 素早:19                                  │
│なつき度★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆(最大20/現在9)9/10                             │

│                                                                           │
│10・なるか ニックネーム:なるかさん 呼び方:京太郎君 くさ/こおり                                 │
│Lv25★☆☆☆☆ HP:72 攻:43 防:37 特攻:43 特防:42 素早:32                                │
│なつき度★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆(最大20/現在8)9/10                             │
│                                                                           │
│11・みほこ ニックネーム:美穂子 呼び方:京太郎さん みず/― 持ち物:たべのこし                       │
│Lv25☆☆☆☆☆ HP:52 攻:20 防:19 特攻:18 特防:40 素早:52                                │
│なつき度★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆(最大20/現在11)0/10                             │
│                                                                           │
│12・豊音 ニックネーム:豊音さん 呼び方:京太郎君 あく/―                                      │
│Lv40 HP:118 攻:97 防:80 特攻:125 特防:89 素早:117                                      │
│愛情【硬い絆で結ばれている】条件1豊音を使えるようになる 条件2幻・伝説ポケモンのゲット 条件3ミヤモリタウンを訪れる│
┗────────────────────────────────────────────────────┛

今日はここまでー!

あれだね、誰かしら捕まえるとイベントが起こるっていう……。
この先、京太郎がバトルして捕まえる事はあるのだろうか。

明日は 18時~0時までやるっす!
ようやく休みだー!

サラダバー!

追記:ポケスペ読み直してて思った。 オダマキ・サファイアってあの髪型で博多弁って……

                       {` 、
                    }   \
                       V ´ ̄ヽ
     , -――-  ..,,_         {    }
     \       ', `  、    Y ⌒ヽ/
      丶       }    !\-―={   ノ
         >  ノ   ノ  )´ ̄`>< `丶
            />一ァ''´:.` ̄´:.:.:.:.:.:丶、\
              //   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ ,
          // 〃.:.:.:.:.{.:..:.:.::\.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ',

          |:.l /:.::.:.:.:.:.::ハ.:.:.:.、.\.:v、.:.:.:.:.:./ ',\
          l.:j/\::...:.:/ ヽ.:.:.:.:.:..:.:V>x.:.:\./', :;\

        //\   \/'" ̄`\:. │ f汽`Yiトヽ.:.:.:l!\:\
       / 〃.:..:.:. : \/    、 ヾ丿iし:| |.:.:.:.:ヽ;..:|   \:\
    // /.:.:.:.:.:.:.::../!  ,ィ≡ミ、    V:ノ /l/.:.:.:/^7  丿丿
    /:./ ./.:.:.:.:.:.:.:./∟  "         ,    !/∩/ / / //
    ヽ丶/.:.:.:.:.:.:.:.,'^ ーヘ、   、   ,    イ // / ///
      \{.:.:.:.:.:.:.::.{、_ / 丶、    ̄   /V:/′/,二L`¨フ}
      ノ.:.:.:.:.:.:.:.八 八_( _)`≧=ァーrく | {;'  Ll ィ |'´ /
    / ヘ.:.:.:、.:.:.:..:\⌒ \ \  { ハ ヽl |  / し' ノ/
         ーヽ _彡'   ヽ 丶`  ', ', 」    xく´
               |      l   l   ∧_((⊥ -‐ヘ,i|
             |   〈ノ   |´ ̄ト (@ 》ニニノ^
                 |    |   丶-'  ` T T¨´ ',
               |    |   │ Vヽ    人 ',    ',
                  _|     |   │∧│  〈 ハ ',    }
              / _|     |  │/\   }  \__,ノ
           / 〃/    j   \ -―くヽ
            /∨_/    厂 ̄/ , -―-、|ハ:て,,_
             {  ./    /   { { (⌒) ノ 〉::::: .)

姫子を好きになるのは、確定だったんだなーと思いました

乙~
衣ならバトルしそう(小並感)

おつありん

Qネリーを進化させたい!
Aなつき度14でトゲチック、ひかりのいしあるので、そこまで行けば!

Qご当地悪役は?
A居るけど、後でかね。

人いたらやっていきます

                      ,.  ⌒ヽ、/⌒ 、-- 、

                     /_,..-         ヽ  `  、
                    __../´     /    ∨   \
                      ,/ `i      / ,'     :    、 ヽ
.        Y ヽ        //   i   ., / /|  |  :.  | | |    ∨
        |  ‘,  .._/  i   i   . | |..|...|  |   _} | | | |  | :
        i   ∨    ̄ ̄.|   .i .{ ´| |\.{  |: , ´//}∧ |  | |
        ‘,   ∨     .|   .i , rⅥィ笊 从 {∨ /ィ笊_ヽ}/、 | |
.        ∧  .‘,     .i   i . { 从 Vり \∨' Vり /' / ∧{
r <                  i   i.}从lム     ; \     ,ノ /  \
.', .\               _ .j   i  | ∧          ∧,イ
 ',   <    .∧         .i  Ⅵム  .-===-  ...イ //
.  ヽ    ` ─ .´ヽ        ∨  ヽl\       //イ
.     >                ‘ ,  |.≧` .ー . ´.≦|
     >  ´     /          ̄ ̄ ̄ ̄)三三└x
 > ´     _             __  ≦i.iミ&三三三ニ≧ -   _  、
(_  <   ∧           ィマY三三三三i.i三三三三三三三三三三.iニ',

           〕 ─  ´ ´/ィ三ミi i三三三‘,○三三三三三三三三三三.i三i
           i三.ミ x\ //三ニ/三三三三.i三三三三三三三三三三三i三.i
           i三三三≧彳三ニ././三三三三i三三三三三三三三三三三i三.i
           ∨三三三三三,///ニ,’三三三.i三三三三三三三三三三ニ.i三ミi

.            ∨三三三三/.//ニ/三三三三三三三三三三三三三三三三.∧
             ∨三三三ニノ/ニ/三三三三ニ.Yヽ三三三三三三三三三三三ミi
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【トレーナー】×2
トレーナーとの勝負に勝利した。
経験値を★×4手に入れた。

夜になった……今日はここで野宿のようだ。
四十日目を終了します。

                        ....-――-....

                        ..:.:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::l:::::::::l:::.:.:.:.:.:.
                  /.:.:.:.:.::::::l:|:::::::::::::::::::::|::::::::|::::::.:.:.:.:l
                   '.:.:.::l:::::::;斗、::.:.::|::::::::::|::::::::|::::::.:.:.:.:l
                      i./|:::l::::/::人 ヽ:: |:::::::: |:::::: |::::::.:.:.:.:.l
                 |:| |::::::/ ィ芹ハ::|l:::::::::l:::::: |:::::::.:.:.:.:.l

                 |:| |:::/∧  Vソ |::l}::::::: |:::::::|:::::::::.:.:.:.乂 ____
                     ` 乂:::{:::)   .l::|:::::::::|:::::::′::::::::.:.:.:.:.:.:<⌒ヽ
                 _r'\\}\ /ヽ|::::::: ′:/:::::::::::::::\.:.:.:.:.:\

                r' \. ヽ ∨>`=彳::::/:::::イ::::::::::::::::::::::.>-=::::ヽ
               / ` 、 \ . }::/r―':::::ィ::: / |:ハ::::::::::::::::::::::::`ヽ`ヽ}
                」 ー- ≧ rヘj「}/f7⌒7:::::/ 八:.乂:::::::::::::::::::::ト::}  ′
              {二ニニ=- /ヾ{:::{ぃ〃./:./⌒ヽ.:.:.::{  ̄| ̄`ヾ{ ′
               ー‐――┴ /⌒>{{ //(_人,\人::/|
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`V イj{{/.:.:.:._彡.:.:.:.:.ヽ /::|
             〈 :::.:.:.:.::::.:.:辷八_ノ\厂彳 /.:.:-=≦⌒).:/:::::L_
           } ::::::::::::.:.:.::r' ヽ.Lノ:.\ | -=≦::.:::::.乂__{/ :f^Y:ハ

            { (⌒) ___:.:.::::〈  }{厂r' _):.:.:.:..:.::::/:::::::ノ l:::::}
             八 .:.Y∠二二二≧=-⌒マ (⌒)::::厂⌒/r'´ ̄::7::::/
━━━━━━━━━━━━【四十一日目】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【目的地:センリヤマ&ヒメマツシティ(到着:残り二日)】
移動する場合、三回の安価を致します。(三回安価で一日を消費)
その結果によって様々なイベントが発生します。

安価
00~30:野生のポケモンが現れた【基本簡潔に処理】
31~60:トレーナーとバトル【名のついたトレーナー以外は簡潔処理】
61~90:何もなし
91~99:アイテムを拾う【再安価】
ゾロ目:稀少なアイテムを拾った【再安価】
77・99:??? 

↓1~3 美少女用コンマズラシ券×1

                   ,.:′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
               /:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
             ′:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:、:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:ハ

              i:.:.:./:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.i| 、:.:.:.:.|: . . . i. . . . ::.:.:.:.:i
              |: : : :/: !:イ: : :i: :.:.:.:|:.:.:.i|  ',:.:.:.:}、::::::::i:::::::::::::::.:.:.:i
             |. .i:.:|:.: |'_i:.:.:.ハ:: : |i:.:.:|{ _.. 斗:.| |:::::::|:::::::::::::::::.:.:i

             i: i|:.:|:.: | _i:.|iヽ_,ヽ.:| 、:.{ヽ _.」:} リ:::/:::::::: |::::::.:.: i

                  |: !V|:/.|yt示:メ、 ヽ ヾ,イ.:.:..i:ト、レ:::::::::::::|::::::::: :i
                  |:.i:::::ハ{{.|i:r':. |       r':.:.:}:|:} i} |::::::::::::|::::::::::.:',
                  |:.i:::::::∧.仆.z:.i      .ゞ-.i:|  .|::::::::::::|:::::::::::. ',
                  |:.i.:.::::::::} |:!:.:.   ,    .:.:.:.|:|   .|::::::::::::|:::::::::::::. ',
                 ,':.:i::::::: ハ|:!             |:i  .|::::::::::::ト::::::::::::::. ',
         _     .i:.,イ::::::::: : |:!、   マ .フ   |:i ./.!::i::::::: |::::::::::::::::ハ
     / ヽ.´.7  |:i |:i::::::ト:: |:|::>..  ` ´    .|:i´ ..i:::|::::::::'::|:::::::::::}:::ハ
    / /   >、   |:i |:i|:::::| : |:|::::::::::::>tェ.<  |:i. ´.|:::|/::::'、:|:::::::::::iヽ::::i
   .{ ./ , -‐´ _}. .|:i_|:i|:--:.-.i|´ ̄:/:.:{ ヽ ,.-‐´|,'  .|:/:}:.:i: : }`: : ‐---`..._

    i    ´ ̄ } ∧:.:{: : : :.:.:.|: : :/: ./,イ:三:ヽ .|   ./: :|:/: : |: : : : : : : /: : :ヽ
━━━━━━━━━━━━【四十一日目】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トレーナー】×2
トレーナーとの勝負に勝利した。
経験値を★×4手に入れた。

夜になった……今日はここで野宿のようだ。
四十一日目を終了します。

モモのLvが上限に達した!

5・もも ニックネーム:モモ 呼び方:パパ ゴースト/どく
Lv25☆☆☆☆☆ HP:72 攻:49 防:37 特攻:77 特防:50 素早:67
なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆(最大20/現在18)6/10
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・さいみんじゅつ(基本・エスパー/変化/威力・―/命中・60)【相手を2~4ターン(実質1~3ターン)の間『ねむり』状態にする】
┃├2・どくづき(基本・どく/物理/威力・80/命中・100)【30%の確率で相手を『どく』状態にする】
┃├3・のろい(基本・ゴースト/変化/威力・―/命中・60)【相手を『どく』状態にする】
┃└4・シャドーパンチ(基本・ゴースト/物理/威力・60/命中・―)【自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

               ,. : :´          `: : 、
            ./                `ヽ
        ,.:                     :.
        ,.:゙ ,      |  |             ),
       ./ /         |  |             / ハ
      厶ニ| i     l   |  |
.     「 ̄ | l     ト,| |  |
.       i   | |   _,以 || 「二ニ=‐- ..,,_
     |   l,斗<  .| i |`||
      |  ∧ | j云ニL」ノ .|├=Y⌒ヽ
     .从  .从 jI八::rⅱ || ヾ   }
.      ヾ:、  ハ   ,)ヅ ||       ./
          `ト己   .:::::: ノイ    ,.イ     \
         | .ノ           :' 从       \  jI斗┐
         | ,心、             `ヽ   ___(   |
        ||| 心r_;          ,.厶=孑ヘ\ ├ヘ,_|
            || |!.心、  ,.。o心,  ´    _,,.⊥、L| |
         ! |[レ' `i´  rく    /     `ヽ|
            ! ;||     r 1 :|   /        ∨
.            ! 小|    ,ハ|| /           ∨
          ! |     _|///|/               ∨
           !|     /  / /              ___∨
            弋   厶イ/            /////∧
                / //             ////////∧
━━━━━━━━━━━━【四十二日目】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

まいる「順調やね」

【目的地:センリヤマ&ヒメマツシティ(到着:残り一日)】
移動する場合、三回の安価を致します。(三回安価で一日を消費)
その結果によって様々なイベントが発生します。

安価
00~30:野生のポケモンが現れた【基本簡潔に処理】
31~60:トレーナーとバトル【名のついたトレーナー以外は簡潔処理】
61~90:何もなし
91~99:アイテムを拾う【再安価】
ゾロ目:稀少なアイテムを拾った【再安価】
77・99:??? 

↓1~3 美少女用コンマズラシ券×1

美少女用だぞ

コンマズラシ券を使いますか?

1:する
2:しない


↓1~5 一番多いもの 【オススメ! 77・99で使用するのがいいと思います】

>>503
自分で書いたのに忘れてた!
安価なしで

ゾロ目:88 【稀少な道具】


↓3 好きな道具 (持ち物など道具)

    __,.ィ ̄ ̄`ヽ/ヽ__

      > ´ ̄  /   `   `、  、
、 -  ´    /   '     } ヽ ヽ\  \
 `  ̄ >'  /   ,: |    ∧/! |   } ヽ  ヽ
   /,ィ  / ' / /|   _/,.ム斗}-/  ハ   :.
  {/.'   ,| ,.|-}/-{ | / ,ィチ斧ミ }/ }  |    .
  /  イ/{ : ! ィ斧从}/   Vzソ ノ /イ ,:
<__  ´// 从{ Vソ /         / イ- 、  |
     {'{  { ,    '           /' ⌒ }  |
      从Ⅵ              /.: ノ  |
       叭   v_ ̄ヽ      ,rー'   从
         、           イj   / /
            :.          < |'  /}/
            、__   ´    } イ从/
               |        |/
              「 ̄|     「 ̄ ̄ ̄ ̄}
              |//l|     |//////// 、
━━━━━━━━━━━━【四十二日目】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「誰に持たせようか」

【こだわりスカーフ】を入手した!
効果:自分の「すばやさ」を1.5倍にするが、最初に出した技以外を出すことができなくなる


1・うた ヒトモシ
2・ひめちゃん プラスル 持ち物:ふうせん
3・まいちゃん マイナン
4・マホ ゾロア
5・モモ ゲンガー
6・ユキ ミミロップ
7・トキ キルリア
8・ヒロ ハブネーク 持ち物:きあいのたすき
9・ネリー トゲピー
10・なるか ユキカブリ
11・みほこ ヒンバス 持ち物:たべのこし


↓2 誰に持たせようか?

               __  /⌒ヽ
                 ⌒\ ∨   ヽ___
              _, ----`      ∨   `ヽ、
           /´               |     \
          / ____    /  l|     | :.     \
            ///    /   |     |l |  :       ヽ
              /  /   //  ,∧    / ,イ  l| :.  .  .
          / イ / // : l  |    ' / !  从 |  :   :.
         .'/  ' ' /-|-{ {  |  /}/  | / } }  |    .
         }'  / |Ⅵ { 从  '  ,     }/ /イ   }     .
           / イ | l{   { ∨/      '    }   ∧ :   :.
          ´  | {|从三三 /   三三三 /  /--、| ∧{
                {从 |     ,            ムイ r 、 }} /} \
               |                ノ ' }/イ/
                {           し   _,ノ
                   人       _,..::ァ       r }/
                     `     ゝ - '   イ   |/
                        `  ーr  ´  ___|_
                     ___|     |//////|
                   {|___ノ  __|[_]//∧_
                 /// |____|///////////> 、

                     ///// |   /////////////////> 、
               /////// { //////////////////////}
             //////////∨///////////////////////|

━━━━━━━━━━━━【イベント発生】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              \  ||
              ヽ ll〃

              ,.. -─゙"─- 、
             /        ヽ.
          /  r──r   ,.─、 jヽ、
          yヘぅ、 ゜ノ__j、 ゜_ハ l
           /  {/  ヽ 〃 ヽ. ,! l
         l   j        Y   l
          l   {        }  /
   t 、    l    ゝ、      ノ 〈

    ヽ.` '' ーj       ` ̄ ̄ ̄´ /l
     y^ヽム-ヘ、         lヽ'´ └-‐ァ
    弋      l        l     /
      ヽ     ノ ____ ゝ     /
      `ー─'´ ̄       ̄ `ー‐'

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  |  /
            -―┴く-―

          /       \
        /           ヽ
       .' , --、    _    l    _
       l l  。ノ   /  l    |\ / |
       ハ 二 -‐ 、 ヽ゚- '   /   \  l
       /|  ` '   ̄ヽ._/      |
       l /          /            '
        /         /           /
      |      /    /       /
      >  __/   ∠ __ -‐く
     /ヘ :.:.:.:.:.:.:.:ヽ-、/   └‐ 、/
      {   ̄ ̄ ̄   }
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                   ,   /
                     { /  /
                 乂{./
             ,  '"´ ̄” ̄` 丶、
              /              ヽ
           /              ',
         r ;'   _           }
         | l  /.  ) r-ヘ         '
         l/⌒',ー-- r-'   '、     /
            /   ヽ、_ ヽ    \  /\
       ./ ´     )ハ       ヽ     \
      ,  ´      /ー|      }       ヽ
     〃       〃  .八     /      ',
    {      //     ヽ--‐'´        ',
    ゝ __,,. '´  '                 }-―ァ
            |                    ノ   /
                ',                   / /
            ヽ、                /
             } \          _,. '´
                 └ ='≧=ー---r ''"´
               〉_    /
                 └ '´

: : : : :/ : : : : : :| : : : :|.. : :. ゙、: . ゙、゙、. \
: : : : : |. : : : : :i |: : : :i:|. : : : ∧: :、.i. .i: : . ` 、
.: : : : : !: : : : : | |、: : :| | : : i | !: :|:| : |:、: : : : : : >
: : : : : :| : : |: i 「! ヽート!、: : リ  !: |ハ: ト : | ̄ ̄
.: : :,..-、|: : :i: :|: !゙、 _、!二゙、-| イ: リ ! |ヽ:|
: : / へ.゙、 :丶ヾヽ<´{::::i` ヽ! 1!|:/| :!ノ゙、リ

: :ヽ    \ : :!丶   ̄     Vイ:ハ |\:i
.: : 丶    \゙、        `> リ  `
ヽ: : :`┬ 、  ヾ          /
  i: ;ィノ    U     ,....-ィ /
,,:‐レリ    _       ̄ /
゛=!_    \ `ー-、_  _/
::::::゛== 、 \   / ̄ヽ、
::::::::::::::::::::::゛===-、    >
━━━━━━━━━━━━【イベント発生】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「なんだこりゃ……」

ひめこ「いっぱい」

まいる「こいは……」


順調に進み、あと少しというところで異常な光景が目の前に広がった。

コダック、コダック、コダック……。

コダックの大軍が道を塞ぎ、くわくわと鳴いている。

        /..........................................\
       .'...../_........./.........ハ....................丶
      /...../\\/.....,.../ | |........lト、...、..:,

.     ///........../...../|./  И.......リ...∨==
     /.-/........./|..../,/'_`ヽ |....../ __:,.. ∧、
    //..../ ......./...|./''竹不、. |/ ´__ レ'...∧\
  .'./l..../......../=〔  乂:ソ     ア刃`l...........,\\
  (′ ../.......,イ     ´        Vソ '..............:, 、.:.
  \ .'......./人 __  ""      ' ` ,:....、...........:, )′
    :{.....................八:..u     -  "".:......ハ.....、 ..l
     \{\八ト、..l.〕:::.....      .イ...../ .|...ハ..}
          /ノ    >- <l.../}/ ..}/  }'
          /  `\   ト、  }'′
     -=≦ \     ,ヘ人∧
   /´⌒ヽ    \  /、   >,〉 ` 、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ひめこ「こいは……どうすっと?」

京太郎「依頼にもあったしな……退かさないと」

まいる「どうやっと?」

京太郎「………」


まいちゃんの言葉に黙り込む。

10匹や20匹までは、どうにかなる。

しかしだ、目の前のコダックは100匹以上が居る。


京太郎「さてはて……無理矢理しかないかな」

ひめこ「出番?」

京太郎「だな、みずタイプだし、かみなりで……いけるかな」

まいる「したら、反撃きそうやね」

京太郎「そうだよな……一撃で行かないと反撃が来るわな」


頭痛がして、頭が痛くなる。

先ほどより、コダックの声がぐわんぐわんと頭の中に響いた。


             ___/ ̄ ̄\_
         ,  ´        <⌒
        ,:'            `ヽ、
       ,                \_
                      \ } ̄´
        '              ,  \
      / ,          |/} ∧ }`ー`

       {∧          「ノ|/}/イ
      '  、       | /`/ } '
         } ∧     /イ   /
         |' ,} \__/イ__ /
         //////////∧

        _,.{///////////|

     -=≦//////|////////≧=-- 、_
  r≦//////////////////////////////ヽ
  |//l///////////|///////////////////∧
  |/∧//////////l|///////////////|/////}
  |//∧/////////l|///////////////|/////|
  |///∧////////l|///////////////|/////|
  |//// }////////l!///////////////}/////}
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「とりあえず……全員で攻撃してみるか」

ひめこ「んっ、駄目だったら撤退」


やってみなければ、分からないということで腰のボールに手を置いた。


「なら俺も手伝うぜ」

「それでは、私も」

京太郎「うん?」


全員を出そうとしていると、後ろから声が聴こえる。

                     -――――-   ..,,
               ´       \      ヽ 、
            /   ___> ´  ̄ ̄ `ヽ   )  \
           / ´ ̄  /   /     、 `ー’‐ 、 ‘,
            / /  彡:.:ヽ  /       \    Ⅵ}
            //  ./:.:./   ′         ヽ   / V
            /   /:.:.:.:./   ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ }   |  |
        /  /:.:.:.:.:.:./ -  、<T勿¨¨`:.:.:.:.:.:!  ノ_ :.
       ノ /:.:/⌒ヾ:/         ̄r'''''"   `  |,_ `〉
        \:.:.:.{ :.:.:.l               .:.:.:.:: |tツ`/
         ヾハ 、:.:{             .:.:.:.:.:.:.:... }   |
          ∨': `             ':.:.:.:.:.:.:.:.'  |

           Ⅵゝ┐      ----――‐- .,   .′

            Ⅴ: : !           __ ヽ  /
            |: : : \           :.:.:.:   /
            |: : |: : : \               /
            ′ !: : : : : :\              /
         __/: : : |: : : : : : : : > ., _      .′
         |///≧ュ..,,_: : : : : : : : : : : : : : :  ̄/ ̄
         |/////////≧ュ..,,_: : : : : : : : : : /
         |///////////////≧ュ...,,__ : : {___
     __,.|/////////////////////| : ///|

´ ̄ ̄` < ////////////////////////∨///|
: : : : : : : : : : :` <////////////////////|////!
: : : : : : : : : : : : : : : \` < ////////////|////!__
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            __  ‐ ''" ̄ ̄ `゙' ..、
.           | . / : : : : : : : : : : : : :.' ,
          ≠ / : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨゙\
          | _イ. /: : : :/ ハ: :、: 、: : 、: : r‐┴| く
         イ:/: /: /:/:Χ./ .}: 八:.|::!:.:.|: : !  :| .ノ
         {:::{: /:|/レ|ィ心≧ |/ .ィナ什ノ: : L...ノイ.、
.        //|',::::(,| .ヒ::リ゙. ′ 匕:::リレ∨: : |\冫

        //::ハ: : : : :', :::::::     `'-'゙ :: ハ:.: レイ
       / : ノ ∨: : : ヘ   __   :::::: ,≠ヽ',: : ::ト、
     ,./: : : :/._,.-∨: ::_丶  _ .  イ    ∨: :.!: \
.    , '>.-‐''二>''.´\ ,.二つ ̄ ̄ ̄二>.  ',: :',: : : :\
   く    く//__.ハ .i\.ヾ{_:_: : :_ : : :__ミ、__  マ: :ヾ、: : ::ゝ

.  ,' .\  .{|::|─、U (/゙ .二⊃|ヽ\  {:::::::|:|.、  マ:..'., ヽ: : : : :>ー - 、
     { .\_.>‐ "  ̄ ゙̄´!.: :: :.∨\\|:::::::|:}. ',.  ',: :..'.,   × : : : : : : : : :ヾ
     ∨: : ├──.!  /      マ::::::┐::://::k.}  マ: :...'.,       ̄ ヾ´
.     ∨: : \.  |.Y.        ヾ.__{_/彡Χ   ',: : : .'.,

.      マ: : : :ー┤| ,'         ∨゙|   \  ∨: : : :\
        \_ イ! | :          ∨、     \  ' ,: : : : .:\
            ∨.',          }::::ヽ      ∨ .\: : : : ヾ
.             ∨.' ,     / ,' ノ.::::::::.\   :ノ    \: : :::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

誠「よぉ」

和「追いつきました!」

京太郎「誠に和」

誠「久しぶりだな……三人で会うのは、キヨスミタウン以来か」

京太郎「そうだな」


気付けば、後ろに二人が立っていた。


京太郎「タイミングいいなー……図ってたとか?」

誠「……やー……そんな訳無いだろ」

和「私は今、追いついたのでないですね」


そう言って、二人は視線をあらぬ方向へと飛ばした。

多分、センリヤマ&ヒメマツシティに行きたいが、このコダックの群れをどうにかできなかったのだろう。

そこで人が集まるまで近くで待機と……。

               __  /⌒ヽ
                 ⌒\ ∨   ヽ___
              _, ----`      ∨   `ヽ、
           /´               |     \
          / ____    /  l|     | :.     \
            ///    /   |     |l |  :       ヽ
              /  /   //  ,∧    / ,イ  l| :.  .  .
          / イ / // : l  |    ' / !  从 |  :   :.
         .'/  ' ' /-|-{ {  |  /}/  | / } }  |    .
         }'  / |Ⅵ { 从  '  ,     }/ /イ   }     .
           / イ | l{   { ∨/      '    }   ∧ :   :.
          ´  | {|从三三 /   三三三 /  /--、| ∧{
                {从 |     ,            ムイ r 、 }} /} \
               |                ノ ' }/イ/
                {               _,ノ
                   人       _,..::ァ       r }/
                     `     ゝ - '   イ   |/
                        `  ーr  ´  ___|_
                     ___|     |//////|
                   {|___ノ  __|[_]//∧_
                 /// |____|///////////> 、

                     ///// |   /////////////////> 、
               /////// { //////////////////////}
             //////////∨///////////////////////|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎「苦労してんな」

誠「しょうがねーだろ、俺手持ちは3匹だし。水に有効な技を覚えてるのが1匹だけだ」

和「同じく、手持ち4人で……」

京太郎「なるほど」

誠「お前が異常なんだよ。お前が」

和「手持ち11人で全員美少女ポケモン」

京太郎「あー……二日前に一人増えたから、12人だな」


二人の言葉を訂正する。


              ヽ ./ ゝ  /    /"  ___ ____  _     `ヽ
              < ((-,,,, ,'乂 l|---- ヘ'  ̄  ̄ ̄ ''‐‐ 、.      \
               ィ'l7     l|     〈`‐- 、_ _、     ^''‐...    ゝ
             // 亅   ,.'. l|   ヽ l|   ,,フ''   ......,,_..,,,,__   ヽ

               /  /i   /   !|    r.l| _,-"        ゛''‐ ^゙'' 、丶ゝ
            i.   l !  //  リ    ノ.|  ``ゞ'二ニ‐ー----‐___,,,,,,.>
               .ゝ '.ヽ,ヽ____    / ヘ i  `ヽ_     ̄      -\
                 "冫冫ゝニニ==--. i    ゝ^_=‐‐--...._...-‐"  /
               /   '' :::::√ヒ::テ=‐` _    \ ̄ ...::::::::-‐''"´:::.. /
                _ /    `ヽ :::"゚"`/│ =-'''‐  ゞ _..- 、.ニニ==::/
           ,.'´:〈 _       !l Yー、      ゙-彡''.i│ィ./ヘ::/
           /;:;:;:;:/ .::′`      !│ ヘヽ、     l ゝ i | ヘ~ゝ;;;ヽ、
          /;:;:;:;;:/ ..::::冫`_ 、_       .〉 '、    ‐''''彡   ,.-'": l│'''' ‐- 、
         /:;:;:;:;:;/ .: ::::ゝ`ー-三ニヽ }i    ヘ、   /ー":.:.: / : : : / : : : : : : : ゙ ‐、
         !;:;:;:;:/ . : :::::::::::! ::ー- ヽ .il   '  ,ヽ  .::  ,../: : : : :./ : : : : : : : : : : : `:- _
       /: :!:;:;:;:l : : :::::::::::::l     ノ,i.|. ... ‐''"   _ ,_,,/ : : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : :
       ヽ'.、:;:;:l .: : :::::::::::::: ゙::::‐::"´::::し'ヘ:.:.:"__...‐''"/ : : : : : : : ./ : : : : : : : : : : : : : : : : :

       ',: : ;ゝ;:;:'、: :::::::::::::::::::::::o::\ /、 ^''‐、   ゝ: : : : : : : :/ .: : : : : : : : : : : : : : : : :/
      ‐|: ::::'、:;ヽ: ::::::::::::::::::::::::::::::::゙l \ │ヽ'''_ \: : : :/;:;/ : : : : : : : : : : : : : : : : /;:
      l: :ゝ: : ::::゙:. ;:;ヽ:::::::::C:::::::::::::::::::|;\_`' 、____.冫"' :l / |;:;:/ : : : : : : : : : : : : : : : : /:;:;:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
誠「お前は……本当に何なんだ」

京太郎「知らねーよ」

和「フェロモンか何か出てるんですかね?」

京太郎「どうなんだろな」

誠「くっそー! 俺にも出会いを!」

和「あるといいですね」

京太郎「あるといいな」

誠「くっ……余裕ぶりやがって……この気持ちはコダックにぶつけてやる!」

京太郎「気合十分で何よりだ」

和「シズ、アコ、クロ、ゆうさん!」


そんな暢気な会話をしつつ、手持ちのポケモンを全て、外へと出す。

      _lヽ、      ,-、ノ|_,-‐,
    ヽ、'ヽ`ヽ, lヽ、_ノ/,、-‐-、( ,-、

      l, l`ヽl、l ´ ノ/ `ヽ ノ'´ /            ,、
     _ヽ、ヽ〉'   l'_/ノ,´-‐ヽ、‐、ニヽ、     | l
   _,-‐ヽ二 ̄   , イ ,、 <  l´ ̄l´   _`ヽ、 /_|
 /     (_`l`  、''´,イ| /'l´   'ヽ┬、_  ( ヽ ,-l,/―、'l
/ヽ()  ,、-‐'´ヽ」、_,イ´ノ'ノ  `ー,/´  (_ゝ、 `'ヽノ`ー、|
''´`ヽ,,l'´     ヽ、_二iニ、__人_ _   /-ゝlフ´ヽ、 lノ
         ,-‐<) ノ⌒`ヽ、  ノ´,-`-、ヽ `ヽ   l /
        /   Y      ̄ l'/   ヽ,|  | /
        'l  /`ヽ、__   人    / ヽ ノ'´
       / ̄`ヽ,_ノ  `ー=ニ〉ヽ、_/  |-'
       `ー―'´        ヽ__l´´`ヽ,_ノ
                     `ー-┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 _∠フ-、_
                 `ー‐、`ー(_∧
.   _ r 、               (二′ ヽ 丶
   Lハ_l-r、      ,. - 、     ̄\  \
  (_)   У   _,. -r┤ / ̄ l-─-─| ヽ ヽ
  () ┬'´\/二  ハ | /,ィ'´ ><   ー l  ー }
    {       {`ー、/┴'´,ィ |  ─-、>-‐ '
     \ ,. - '´  T ー'´ ̄ /,′ ー- i
.      /   / { ヽ=='-'    ヽ \
     / 、__\_>-、 i  _   ,.-‐- 、 l
     ヽ        ) r'´ `ー' -一' Y
       `ー‐- 、_ノ‐┤      _ノ
           /   `ー-イ ̄ ̄丶
           {   \__/ーヽ、/  }
           \   {      }   /
          r‐一′ ヽ   /  .<__
          `ー─‐一'   `ヽ、__)__)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ,──
              / ̄    `i\
             /  .i;:;:;:;:i    i \
         ノヽ、 /   |;:;:;:;:|    |  ヽ
        ,|   i  __      |   |
       _/   |  /;;;::;:;;;::::\    |   |
     /__  .| |;:;:| | i |;:;:|   i   .|
     ,i  i;:;:;:i   i i;:ゝ__ノ;:;:/   |  /
    |  ´´´ _ヽ ゝ;:;:;:;:;:/    /  /
    _i___/ ̄|  ⊥   ;:;:   / /
   i´ i  i \ ./  i\´´´ /__/
   |  _ヽ-、 i   |_ゝ_/  ヽ
   ` ̄   `|  / ̄   \  |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       ___,,.... --、....--――--...._

     ...-/    __ ノ-、 _      `''ー 、
    |  '  ィ ̄ "´  /  ^''‐‐..,,     ^‐ 、
    | i'   l''´ _. ‐"        `゙ヽ、    ゝ
    i0 O  /''''''''‐‐....----ニ‐‐、_  ` ヽ、 │`ヽ
    /  ,/   >     i        `‐^''‐ヽ ¦  !
  _/  /   /│______,,ヽ           ゙V-‐1/
/:;:;:;ゝ    / ./゙ー-―=''゛ i             i
/.:\:;:;ヽ  _/`ー、ー''"   "          l  / |
.:.:.:.:.:.:.ヽ;:;ヽ /〃'l      ‐''マ¬‐-_..._  │ /   l
.:.:.:.:.:.:.:.:l:;:;:;:!、  <       ヾl,,フ‐-..`"ヽ ¦ノ _..,!
\:.:.:.:.:.:l;:;:;:;!゙ヽ-│      ゙''‐--,, `   ''´/ニヽ , '
/:.:.:.:.:.:l:;:;:;:|ヾ` 、 、              ン丿

.:.:.:.:.:.:.:.:l:;:;:;lヽ/ヽ               !  ¦
.:.:.:.:.:.:.:.:l:;:/. |       、          !  /
.:.:.:.:.:.:.:¦  !   \    `''‐-....,,_  --イ, '
.:.:.:.:.:.:./, ‐‐ '....,,    !\        フ /
.:.:.:.:.:/ │.:.:.:.:.:.:.:.:`''-..ュ \         /
.:.:.:./  !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`‐、 `ー-.. _ /ヽ

.:.:/┌.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ   ツ.:.:.:l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
誠「さてと……全力でやるぞ」

    __,.ィ ̄ ̄`ヽ/ヽ__

      > ´ ̄  /   `   `、  、
、 -  ´    /   '     } ヽ ヽ\  \
 `  ̄ >'  /   ,: |    ∧/! |   } ヽ  ヽ
   /,ィ  / ' / /|   _/,.ム斗}-/  ハ   :.
  {/.'   ,| ,.|-}/-{ | / ,ィチ斧ミ }/ }  |    .
  /  イ/{ : ! ィ斧从}/   Vzソ ノ /イ ,:
<__  ´// 从{ Vソ /         / イ- 、  |
     {'{  { ,    '           /' ⌒ }  |
      从Ⅵ          u   /.: ノ  |
       叭   v_ ̄ヽ      ,rー'   从
         、           イj   / /
            :.          < |'  /}/
            、__   ´    } イ从/
               |        |/
              「 ̄|     「 ̄ ̄ ̄ ̄}
              |//l|     |//////// 、
        ,. <// ∧      |//////////> 、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎(あれが、誠のメンバーか!)


ニドキングにカイリキー……そして町を出る際に見たココドラ。

この3体が、誠の手持ちのようだ。


京太郎(最終進化、多い! 交換や石での進化のせいか)

ココドラだけは、LvUPの進化のせいか元のままだ。



            __  ‐ ''" ̄ ̄ `゙' ..、
.           | . / : : : : : : : : : : : : :.' ,
          ≠ / : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨゙\
          | _イ. /: : : :/ ハ: :、: 、: : 、: : r‐┴| く
         イ:/: /: /:/:Χ./ .}: 八:.|::!:.:.|: : !  :| .ノ
         {:::{: /:|/レ|ィ心≧ |/ .ィナ什ノ: : L...ノイ.、
.        //|',::::(,| .ヒ::リ゙. ′ 匕:::リレ∨: : |\冫

        //::ハ: : : : :', :::::::     `'-'゙ :: ハ:.: レイ
       / : ノ ∨: : : ヘ   __   :::::: ,≠ヽ',: : ::ト、
     ,./: : : :/._,.-∨: ::_丶  _ .  イ    ∨: :.!: \
.    , '>.-‐''二>''.´\ ,.二つ ̄ ̄ ̄二>.  ',: :',: : : :\
   く    く//__.ハ .i\.ヾ{_:_: : :_ : : :__ミ、__  マ: :ヾ、: : ::ゝ

.  ,' .\  .{|::|─、U (/゙ .二⊃|ヽ\  {:::::::|:|.、  マ:..'., ヽ: : : : :>ー - 、
     { .\_.>‐ "  ̄ ゙̄´!.: :: :.∨\\|:::::::|:}. ',.  ',: :..'.,   × : : : : : : : : :ヾ
     ∨: : ├──.!  /      マ::::::┐::://::k.}  マ: :...'.,       ̄ ヾ´
.     ∨: : \.  |.Y.        ヾ.__{_/彡Χ   ',: : : .'.,

.      マ: : : :ー┤| ,'         ∨゙|   \  ∨: : : :\
        \_ イ! | :          ∨、     \  ' ,: : : : .:\
            ∨.',          }::::ヽ      ∨ .\: : : : ヾ
.             ∨.' ,     / ,' ノ.::::::::.\   :ノ    \: : :::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

和「さてと……やります」

   _
  { ヽ

.  八
    :. ’
     ヘ ::.
    r‐、ヘ. ヽ
  ,-マ ,廴__ \                        γ==‐
  入. \ーュ、 ̄`ヽ                  ム - : : `
  { \_ く.| ̄`  V                    ´: : : : : : : ` 、: \
.  `寸‐二八    ト、            /: : : :/: : : : : : : : : \: \
    \   ヽ   // 勹ュ          ′ : : /: : : : /: : : :,ィ: : : ヽ: :\
     ヽ__   // /./二\         /|: :\/:/: : :/ : : : / ハ: : : : :ヘ: : :` ー-_- __
       `寸ニ/ノ /二二ハ.     |λ:!: ,l:/: :\|: i: ;.イ / | : : : : : ヾー- 、: : : ` 、-- _‐-、
        守三ヲ二二二入      lハ:|:ハト、i: |_|ヽ: | |/ ||: :|:ト、:\  ` 、: : : ヽ  `ヾ、
         マ二二二二二ニヽュ_  V´.|:l ,ィ示心ト、ハ| -┼|: :|:| |トヽー-- \: : : \   `
.            `寺二二二二二ヘ\八 ハヘ. 弋_ツ   ヽン芯ムイ:./|: | j! ヾ.    \: : : \
.              `寸二二二二ヽニマ.迅ヘハ ""    .辷ツ/|_j厶レ'二≧、ヾ     ヽ: : : ハ
                   ` 二二二二{ニ.ハ、ヾ、| Y`ー、_ '  ∧:|二/ムァ‐ 、二ヽ\、    }: : : |
                   \二二ニ./ニヘヽ.|ト、`ー_'_ ィニ∧、〈 { / / /ヽニ{       ノ: : :/
                   \二/二二二リ「} ̄二ニ/ニ/ニ.ヾ、>ニュ{_ム}‐'    _/: : /
                   |_/二二二二 ||二二ニレニ.厶ィ´ }:|        ー―‐z/
                   |二二二二二ニ||二二ニ厂    リ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
            /: : : : : : : : :/ : : : : : : : : \: \: : : : ノ○ミ~ 、
           /: : l// : : : : l : : : : : : l: : : : :\: ヽ///l:ハ  \\

          /; : : l∥ : : : /l : : : : : l :l :\ : : :ヽ: :Y: :/:! : i   \\
        / ;: : : :l l: : : : j l: : : : : :l :l\ : :_ : Y :l:/: l : : !     ヽ:ヽ
         //  j: : : :l l : _l:l l l: : : : :l :l '"ヽ} ヽ : :l: :l : :l : :l l     Y: :、
      / /   {: : : :l {: : : :l:l ̄人: : : 乂l _,,x云从,l :l: :/ : :l: l      l:い
      / /     !: : :从ト{`x云zzミ \: : \ノ勹以刋)〉:l⌒Y: : : l       l:l :i
     , : l    人{ : l: lヽ〈( いj沁    ̄  乂;;;;シ |l  ハ :/} !  _  l l: l
     l : l    l: \l::{ハ 乂;;;;ソ           j: l/: :{ l: :l //  l: : l
     l : l    l: : : l: :ト∧      '     ::/::/:: 弋ー- 、:} }//   | : l
      ! : l     l: : : :l: :l : ∧ ::/::/::           /r-ヽ ∨|/l      l : : l
    |: :l    ;: : :_l: l: : : :::...     `:::::’   /: :/ノ、    /八     l: : : l
     l: : :l    /: / |l: l: : : : l 7ー- __   イ/r―つノ _/┐∧     l: : : l
     !: : l   /: /  l l: l : : : j /   弋  ̄  // /_  ̄ //// : ∧    l: : : :l
      j : :j  / /  l 八:l: : : //   /⌒ー「 /-―- ̄ζ///ヽ: : :∧   l: : : :l
    ;: : /  / :{   l  }: : :/r―<{:{   r-/  ∠ ̄ ̄///  Y : ∧  l : : : l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                                        __
                                      ´:::::::::::::::::::::`  、
                                  /:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::\

                                     /::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::、:::ヽヘ
                                 /::::::::::::::/::::::/:::::::::::::::::::::::|::::::ヘ:ヽ
                 ィ        ,.   -――-j::::/::::::/l::::::/:::::::::: /::|::::::::l::::_:λヽ:.
                {:(       /" ̄ ̄ ̄ ̄/::/::::::/::|:::::!__/;イ::/l:::斗!|:{ |:| l:「!i:}
                   \.、      /´      /::/:::::/彡|::´|::///ノ/:::ムリ.lλ|| |j |リ
                       ` `ー――- __ , イ/::/::::/:,. 、::l:::::l伝丁` ム '乏灯ハn /.ハ
                       `二ニ=‐-::::::::::::::::::::/:/:: {⌒゚l :::代ツ     ゞ' ハ::〈イ ヾ {
               , -‐:::二_____:::::::::__//::::::::人___l:::::|""    ` ".::l::::::ヽ_  У`ー-
. __       \、  // ̄  , ィ´:::::::::::::::::::::::::ア::://__  イ l:::::|  ( ̄ア  イ:::|:::::::|入 ̄       `ヽ
_ヽ\マ、      `ー//===テ´:::::::::::::::::::::,、::::>-‐´ ̄ ̄    八 l:::::ト` x _´ .イ .l::::|:::::ⅰ `ト         \
.\`   `>==イ`ー┴' ̄`´ ̄`ー….  ̄ - _  \     |     ヽlλ|/Yヽ_レ、 人/イ::ハ  `  、         }
.r- `  /ミ             ` ー _      - _ \  .|     ヾ「 ̄`r{:.:.:.:.{ { 彡イ::::::ヽ_  ヘ      __ノ
. `  ̄└- _                   ―       ` /        入:.:.:水\__ト |  ̄ ヽ:::::ヾ、  ̄ ̄ ̄ ̄¨¨ ̄
          アァ―ァ‐‐ァ‐-‐ァ…'ー―‐--   ____/        ー、:.`:./ λ:.:/ :.    }::::::|ヽ.
          //  {::::/_ イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::/ `ヽ、.      ヽ∧/  ´  |     l:j::::| リ
       `ー=ニ二二__::::::::::::イ:::::::::::::::/_r‐く    `       o      丿  ノイ:::ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                      / 〉/〉 へ
                        / //// / >_ _
                    / .//' ./ /// /             r――-  _ _ -―…‐-
                      /  ム'     //              r―… ̄             \
                        /       /                r三ニ                  ヽ
                     /      /        _  -――-  _ [_                    ,
                 /      / _ -――< ̄          {__/  _ -‐-
                    /      厶 : : : : : : : : : : : : `       __{三ィ _-<       ` 、      /
                |        /.: : : : : : : : : : : : : :\:\\ ̄ ̄ ./ー‐ ´/     _ -‐´` 、   /
                | ____/.:: : : : : : : : : : : : :.\、: :\ヽ、.:. /    厶 -‐  ̄            ` 、/
                |____i: : : : | : : : : : : : |;: : :.|Lミxヾ、.:.><   -‐ ¨                 /
                         l: : : : |: : :l : : ;ィ: |ト: : ハ|_}!ト: }\`}/                    /
                     八: l: :ハ.: :.l://|-jj }:/ ネ灯〈ィ、: く             _____/
                      、:'; : ハ: :ヽ/ ネィ    ゞ',, ;{ l ト、: :.   _ ―   ̄
                            ', '; : :ヘ: : :込_リ   `  ハヽ、ヽ マ ̄
                            ’:';: : :ヘ : ヽ''''  r ア /、「イ   Ⅵ
                            ハ: : マ\:.`マァ<ニユ込、` ノ'ヘ
                       ____/: : |ヘ:.`\ \:`|     } 入 ̄  `ー
                /二ニ=-: : : //. ヽ: : : ̄ア    {‐'   ト    \
                   /: : : : : : :/: :> 丁 ` ー-|     |   ハ:`ー--イ  \
                  ′ ̄ ̄{イ: :λ{ `| 、   ハ     {`ぐ、__}`、ゝ´ヽ   |
        _               八: { ヾ  ヽ.`ー才     .|: : }ヽ       ::._|、
     γ´  `、r‐、             ヽ、    `/ ノ      .|イ:j ::.      j   \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎(逆にこっちは全員美少女ポケモン。人の事いえねーけど……)


和の手持ちは変わらずだ。

/     ,     /   /   / /             |   |  :.   .   :.
    /     /   /    '    |   |     |   |  i|   |    .
  イ        '   /|    /|  l   |   |     |   |  l|   |    |
// /      |   | {   ' :.     |   |     }   |  l|   |   {
 ' 〃         |   |  | |   ト,  :     /| /| /|    '  ∧|
/ / .'   ,:  ' Ⅵ |_'. |  | |   | l   |     ' }/ }/ :  /  .イ `\
{/ /   / /  / {  |  Ⅵ≧!、,|   | 、 |   _/ム斗七    /:. / }'
 '   ,イ / | { 从 | イ  {::しメ∧   l  Ⅵ   イ {::し刈 `ヽ'  ' }/
'  / /イ Ⅵ :.  Ⅵ    Vzり \  、 }  /  Vzり   }/  /
/        | 从   |            \ ∨/        ,  /
       _∨∧ :.             ` \           ,:_ノ> 、_
 ,  <//////{/{{`∧         、              /  }}//////> 、
´//////////// l| ,∧             _    ∧  ||///////////>
/////////////从 {   、         _  ィ -vノ    ' } /'/////////////
/////////////{/∧   l\   ー=≦__ ,   ´   /' / イ∧/////////////
/////////////|//∧  :. \               / / /'////}/////////////
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「それじゃ、やるか!」


手持ちの子を全部外へと出し、気合を入れる。


誠「……おかしいな。俺の方が正常な筈なのに異色に見えるわ。カイリキー! 吹っ飛ばせ!」

和「確かに……特に京太郎君がおかしいですがっ! アコ! 【リーフブレード】!」

京太郎「うるせー!しょうがねーだろ! まいちゃん!【てだすけ】! ひめちゃん!! 【かみなり】!!」


無駄口を叩きながらも三人でコダックへと一斉攻撃を始める。


00~30:無駄でしたのー!
31~70:どうにか退けた!
71~99:余裕だったな!
ゾロ目:???

↓2

【余裕でした!】

というところでご飯言ってきます。

休憩で

          /   /     |   | |   | |  :       l :l   |  |   :|   | |
       / /    |    |__ | |   | |  |  :   l :l:  /|  |   :|   | |
.      ///     |    |\ |‐\八 |  |  |    |__,l /-|‐ :リ   リ  | |
     /  /   - 、     :|   x===ミx|‐-|  |:`ー /x===ミノ//  /  :∧{
       /   |  :.八   _/ {::{:::刈`|  |  l:  /´{::{:::刈\,_|  イ  /ー―‐ ..__
.      / / :|  ::|/ \{^ヽ 乂辷ツ八 |\| /' 乂辷ソ ノ^l/ } :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: `「⌒:.
.       //  /|  ::l、   :    ー‐   \{  | /  ー‐    j/ /}/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.
     / _,/:.:..|  ::| \ !           j/        ′/:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.
        / :.:.:.:.:{  ::|\ハ_,          ノ            ,___/{:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.∧
.    /:.:.:.:.:.:.:.::′ ::|:.:.|\圦                       / j/l/.:.:′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.∧
.   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′_,ノ⌒ヽ::|  、    、      _  -‐'     /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:/:.:.::/:.:
 /\:.:.:.:.:.:.:r‐ ' ´     ∨\/ ̄ )  ̄ ̄        /   /.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:/:.:.:./:.:.:
/:.:.:.:.:.:.\:.:.ノ  ----- 、  ∨/   / 、          /   ,/:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:/:.:/:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /        ‘,  ‘, ./、 \       /   /.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.://:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:/:.:.:.:.:.{   ---- 、   ‘,  } /:.:.:} ̄ \ ̄ ̄ ̄/ ̄ /:.{/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:-<⌒:.:.:.:.:
:.:./:.:.:.:.:./       ‘,  ‘,「l /⌒^\________/}/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´    \:.:.:.:.:
:/:.:.:.:.:.:.{: .    . :    ‘, 人U{:.:.:.:.:.:.:.|:\        /:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.―‐┐:/        \:.:
:.:.:.:.:.:.:.: }: : : :--:/\: . ノ:r/   / .: .:.:.:.:.|:.:.:.:\    ,/:.:.:. |:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「余裕だったな!」

誠「あぁ……流石にこの人数だと大丈夫か」

和「これでようやく、前に進めます」


手持ちの子を戻し、一息つくと喜ぶ。

見渡す限りのコダックはいなくなり、綺麗な道が開けていた。


京太郎「これで、街にいけるんだな」

誠「おうよ、どうせなら三人でいくか」

和「ですね。すぐそこですし」


久々に三人一緒に歩き、雑談を交わしていった。


【依頼を達成しました! センリヤマ&ヒメマツシティへと通行可能になった】

: : : : : :|  |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|                                   |: |: ̄ ̄ ̄ ̄: !:..:.|:
: : : : : :|  |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|          ┏────────────┓     |: |: : : : : : : : : :!:..:.|:
: : : : : :|  |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|___        │センリヤマ&ヒメマツシティ  │    |: |______|: : |:
: : : : : :|  |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|: : : |\      ┗────────────┛     |: |:l .| .| .| .| .| .|: : |:
: : : : : :|  |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|: : : |: : :\                                |: |:l/|/|/|/|/|/|: : |:
: : : : : :|―|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|: : : |: : : : :i                             |: |:l_.|_.|_.|_.|_.|_.|: : |:
: : : : : :|: : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|、_l!: : : : |                              |: l: : : : : : : : : :|: : |:
: : : : : :|ェェ|ニニニニニニニニニニニニ: : : : : :ニニ|: \i\r‐┴――――――――― ┐               |: |: ̄ ̄ ̄ ̄: !:..:.|:
: : : : : :|][|: : :r、r、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.|: : : :\l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.|               |: |: : : : : : : : : :!:..:.|:
: : : : : :|][|ニニ!、|()}ニニニニニニニニニ : :ニニニ:|: : : : : :|____________|、              |: |______|: : |:
: : : : : :|][|: : : : :` : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|:[l]:[l]:[l.|――――――――――― 、                 |: |:l .| .| .| .| .| .|: : |:
: : : : : :|: : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|: : : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|、\           |: |:l/|/|/|/|/|/|: : |:
: : : : : :|: : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|:[l]:[l]:[l.|: :[]: :[]: :[]: :[]: :[]: :[]: :[]: :[]: :|: : :i             .|: |:l_.|_.|_.|_.|_.|_.|: : |:
: : : : : :|ェェ|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|: : : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|: : :|.__            |: |: ̄ ̄ ̄ ̄: !:..:.|:
: : : : : :|: : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|:[l]:[l]:[l.|: :[]: :[]: :[]: :[]: :[]: :[]: :[]: :[]: :|「fr|: :i、         . |: |: : : : : : : : : :!:..:.|:
: : : : : :|]: |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|: : : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|: : :|: :|ム.       / |: |______|: : |:
: : : : : :|: : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|:[l]:[l]:[l.|: :[]: :[]: :[]: :[]: :[]: :[]: :[]: :[]: :|「fr|].:|fム.    // |: |:l .| .| .| .| .| .|: : |:
: : : : : :|]: |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|: : : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|: : :|: :|: :.|  //  ..|: |:l/|/|/|/|/|/|: : |:

: : : : : :|: : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|=-..:[l]:r|: :[]: :[]: :[]: :[]: :[]: :[]: :[]: :[]: :|「fr|].:|fr.l_//     .|: |:l_.|_.|_.|_.|_.|_.|: : |:
: : : : : :|]: |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|: エ:ェ≧:|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:「:|:|: : :|: :|: :.|:ト.         |: |: ̄ ̄ ̄ ̄: !:..:.|:
: : : : : :|: : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l : : : : 「||: :[]: :[]: :[]: :[]: :[]: :[]: :[]: [.! |:|「fr|://{:|         |: |: : : : : : : : : :!:..:.|:
: : : : : :|]: |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|: ェェ : |.||: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|_|:|_://: :|:T!        .|: |______|: : |:
: : : : : :| : :|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|――゙l_||―: : : ― : : :―‐‐ []―- -!_!T}/: :.l: :|:T!        .|: |:l .| .| .| .| .| .|: : |:
: : : : : :|]: |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|: : : :..:l_||:.:- : : ――: : :――‐i\┤|:K\!: :|: :!:‐!        .|: |:l/|/|/|/|/|/|: : |:
: : : : : :|: : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|」」「」゙l ||: :[]: :[]: :[]: :[]: :[]: :[]: :||:..|i|_j:|「fr|\!、:!__l         |: |:l_.|_.|_.|_.|_.|_.|: : |:
: : : : : :|: : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|: : :..「il ||: : : : : : : : : : : : : : : : :..||:..|l| |:|:`: |\:\:.」ェェ「ェェ]ェ. |: |: ̄ ̄ ̄ ̄: !:..:.|:

: : : : : :|: : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|」T_l|.ll ||: :[]: :[]: :[]: :[]: :[]: :[]: :\j | |:|「fr|: :.:i\T!T||T||TT|_..|: |: : : : : : : : : :!:..:.|:
: : : : : :|: : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|: : :.゙|.ll ||: : : : : : : : : : : : : : : : : : ::|| ! !:!: : :!: : ト:j:ヾ.T||T||TT|ェ.|: |______|: : |:
: : : : : :|: : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|」T_l|.ll ||: :[]: :[]: :[]: :[]: :[]: :[]: :[]:||[ ]!: : :!: : |: |‐:fT||T||TT|: :|: |:l .| .| .| .| .| .|: : |:
: : : : : :|: : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|: : :.゙|.ll ||: : : : : : : : : : : : : : : : : : ::||: | :|「fr|: :.:ト |: :fT||T||TT|: :|: |:l/|/|/|/|/|/|: : |:


            ,.  ´ ̄ ̄ `  、__
          /   ,      / /⌒Y
         /    /    ,:       | ̄\
        .:'    '  /__/   ,      |   \__
       /    /  ///\/ /   .'   '    {` ̄
     /イ ,.. 、イ /}/⌒ヽ、/´   // /   、   、
       { { Ⅵ /   Vオ {从 /-}/-、  }  、 \
       | |  {/       ∨ィ=、}/  ,  |、 }  ̄
       / 乂   u      ::::::: Vソ' ,l ∧l |
        /イ , 八   ,...、    '   /ムイ,'∧ |
      /\ /  、 〈- 、\__     ム/ /   \
>----イ///\   .  `  ー '  イ/从
////////\///    、   .  ´
//////////\{    /`¨¨ 、

////////////>、  {、     〉
/////////////(_)}   ∨、_,イ/\
///////////////`¨¨¨|/\////\

//////_,. --- 、//|    |///\////>--、
/> ´   --、 ∨ム  //////////////}
     ´¨¨ヽ\〉 ∧///,イ/////////// |
        - \///{/イ//r- 、///////∧
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「でけー!」

誠「はっはっは、驚いたろ」

和「これは……」


街に入り、大きなビルの大群に圧倒された。

リュウモンブチシティも大きかったが、あちらは高いビルなどがなく、観光地のような感じであった。

しかし、この街は違う、走る車にあちら此方へと歩く人の群れ、群れ、群れ……。

既に夕暮れだと言うのに、人がまったくもって絶えなかった。


京太郎「……ど、どこに行けば!?」

和「お、おちゅついて!?」

誠「や……お前等が落ち着けよ」


あまりの衝撃に混乱していると一人だけ冷静な誠に注意をされた。

                                                      ノ )¨¨:、-.、__

          --――――--                          ________j |ヽ  ;  i ヾ¨;_
        /        、      ヽ\                      i´!|        |三三「 } }  } } .}j
      / ̄ ̄`   .,_   \     }  }ヽ                     | i!|           l| |l  し! / ./イ |
.    /    _/   ̄ ̄`ヽ.,___ノ ノ '.                    | i!|        《___》  `¨`¨   .|
.     /      ヽ           `¨¨¨ l }                   | i!|                   |
   /       ̄/ ,:     ':,       jノ                        | i!|                   |
   /     '''フ /        !   /   |                        | i!|                   |
  ノ: : : : -==/ /  ̄ ̄`丶、|   /   .!                    | i!|                   |
  \: : :___: /   ¨¨弋ツ¨:.:.:.  /-―― 〉                   | i!|                   |
    ヽf  ヾ       '"    ト、¨艾`/                     | i!|                   |
    | :.:.:{            |   │                      | i!|                   |
    ヽ`′             |     ′                     | i!|                   |
     `ー!          ':.:.:/   /                         | i!|                   |
      │:、     ,,-――‐; /                      | i!|                   |
      │ \   ` ――‐‘ /                             | i!|                   |
      │ ':, 丶     ̄  /                          | i!|                   |
      │  ':,  ` .,___,ノ|                         v/三二二二二二二二二二二三/

      r┴――‐┐┌――‐┴┐         / ̄ ̄/¨¨¨ヽ―- 、___/: : : :/: : : : ::i : : : : : : : : :│
      |: \/////┬/////////|__,.. --― ': : : : : : /:.:.:.:.:.:/ : : /////: : : //: : : : : ::!: : : : : : : : : :|
    /|: : : \///|l|l|//////////////: : : : : : : : : : : /:.:.:.:.:.:/: : :////: : : /: :/: : : : : : :!: : : : : : : : : :|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
誠「まずはポケモンセンターだ。この通りを真っ直ぐに行けば大きな建物があるから」

京太郎「そ、そうなのか」

和「よく知ってますね」

誠「そりゃ2回目だしな。ここに来るの」

京太郎「そうなのか?」

誠「おぅ! バッジをゲットして直ぐに旅たったけどな」

       ./          .\

       /./ .. . . . . . . . . . 、. . . . `、
      ./:/: : :/: :,: : ::/ : :!: : :!: :! |:  `,
      ||::|: : ::|: :ハ::.,ィ: : /|: : :|: :|:.|: ::|:|:|
      ||::|: : ::|:|:| |/.|:_,ム !゙.:,〈_/:/!: ノ:|:|
      ||::|: : ::|十ナ丁/ .|:/|儿`゙ナ" :|:|
      ||::ヽ,: :{ {itツ ̄   {iィツ¨リ: : /ソ
     /:!: : :\! ー/////,//ー."ハ/

 .   /: :|: : : ::ト、  , 、__ _    ハ:!|
    / : : !: : : ::\ヽゝ-‐_-,.' ィ!リ:: !
 .  / : : /|: : : : | \ ' /!|\_|:. : |
  / _,,.-‐ヘ: : : ::|\ \`|:|   ! :  ト、
 ./       ヽ:: : !  \ `!.|.  |:. リ ヽ
 { ̄ ̄\   ∧ |   \|::|.  !: ./  /}
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       _  -―ーー -- 、
     /       `ヽ  `ヽ

    ノ -―=ニ ̄ -‐-     ヽ、
   ≧              \   >
   /         -- ニ _--ソ >
 < --一--     __ < .::::::::Y
   彳       `ヽ /-、`v".ノ__::::l
   ヽ           l   l ':::'::::::ヾl
    ヽl       〉、   ::oミミl
    , ヘ<l, -‐,-‐'"      ii.:::::::l
  /.:.:.:.:.:.:.:.::`ヽ、       ||  l
/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\_,,____∪_.ノ

.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ヽ   o
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i`,′    ゜
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i i    o
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:〃二ニヽ:.:!l
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
二二ニヽ<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
和「早いと嫌われますよ?」

誠「なんでそっちに行くんだよ! あぁ、もう! 俺は行くからな!」

京太郎「あれ? ポケモンセンターに行かないのか?」

誠「ゲームコーナーが俺を呼んでいる! サラダバー!」


そう言って、誠はランニングシューズで走り抜けていった。


京太郎「……げーむこーなー?」

和「なんでしょうね?」

京太郎「……まぁ、俺等は先に部屋を取るか」

和「そうですね」


お互いに頷き、旅の疲れを癒す為、ポケモンセンターへと向かった。




                   , ‐─-、                         , -─‐- ,
                      /.i   i ',     ┏────────┓   ,'.l i   .!∧
                  ,' .l    l i     │ポケモンセンター │  i l l    l. ',
                      1  i    l ト、    ┗────────┛ ,.イ l l    i   l
                     l   l    l l `' .、              ,.r ´!  l l    l   l
                     l  !.   i l i_ ! !                   ! !.._i l i    l  l
                     l  i    l l._ .i .!                   !. i. _.l l    i  l
                     l  l    l l i_ ! !                   ! ! _i l l    l  l
                     l  l    l l._ .i .!                   !. i. _.l l    l  l
                     l  l    l l._ .i .!.,             ,.!. i. _.l l    l  l
                     l  l    l l i_ ! ! ` ー ,.,     ,.,‐ ´ ! !.._i l l    l  l
                     l  l    l l._ .i .!._ .i .!_i  __   i_! i _.!. i _ l l    l  l
.   ○`Y´○            l  l    l l i_ ! ! l.,_.l   .!r'´! !`'r !  l._,.l ! !_i. l l    l  l            ○`Y´○
__ . ,  | |              l  l    l l._ .i .!._ .i .,r'=ニ二ニ=ヽ ! _.!. i  _l l    l  l               | |  , .__
l     ` l l' r 、         l  l    l l i_ ! !._ .i,.ィ ニ二三二ニ i.,i. _.! !._i l l    l  l          , r 'l l ´   .l
|┬┬┬.ll┬┬ ,,        l  l    l l._ .i .!|二二二二二二二二二|!. i. _l l    l  l        ,, ┬┬ll┬┬┬ |
|┬┬┬.ll..l .l_l_i__` ー─┬. l  l    l l._ .i .!|二二二二二二二二二|!. i. _l l   l  l .┬─ー ´__i_Ll. l..ll┬┬┬ |
|┬┬┬.ll.二_l_l_i_i !i riiiiiiiiii.r.,|  l.oTo.l l i_ ! !.─┬‐┬──┬‐┬─.! ! _i l l.oTo.l  .|,.r.iiiiiiiiiir i! i_i_LL二.ll.┬┬┬|

|┬┬┬.lllr =`'ーュ_ヾiiii〆i,.|  l  l .l l i_ !oTo.:..ll  .ll    .ll  .ll. ll..:.oTo! _i l  l. l  .l |.,iヘiiiiッ_ュー'´=rlll.┬┬┬|
!┴┴┴.ll ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐‐‐ェェェェェェェュl.,..l l i_ ! l:.:::.:.ll  .ll    .ll  .ll. ll.:::: :l ! _i l  l..,.lュェェェェェェェ‐‐‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ll.┴┴┴!
;:;:;:;:;:;:;:;:;:ll;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;..|r´ ̄.‐.‐.‐.l ‐ 二二二二二二二二 ‐..l.‐.‐.‐. ̄`r|..;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ll:;:;:;:;:;:;:;:;:;

;:;:;:;:;:;:;:;:;:ll________r‐i´ !  ̄  ̄  ̄ ̄  ̄ ̄      ̄ ̄  ̄ ̄  ̄  ̄ ! `i‐r________ll:;:;:;:;:;:;:;:;:;
. ̄ ̄ ̄.ll                 l  ̄  ̄  ̄ ̄  ̄ ̄        ̄ ̄  ̄ ̄  ̄  ̄.l               ll. ̄ ̄ ̄.


: : : : :/ : : : : : :| : : : :|.. : :. ゙、: . ゙、゙、. \
: : : : : |. : : : : :i |: : : :i:|. : : : ∧: :、.i. .i: : . ` 、
.: : : : : !: : : : : | |、: : :| | : : i | !: :|:| : |:、: : : : : : >
: : : : : :| : : |: i 「! ヽート!、: : リ  !: |ハ: ト : | ̄ ̄
.: : :,..-、|: : :i: :|: !゙、 _、!二゙、-| イ: リ ! |ヽ:|
: : / へ.゙、 :丶ヾヽ<´{::::i` ヽ! 1!|:/| :!ノ゙、リ

: :ヽ    \ : :!丶   ̄     Vイ:ハ |\:i
.: : 丶    \゙、        `> リ  `
ヽ: : :`┬ 、  ヾ          /
  i: ;ィノ    U     ,....-ィ /
,,:‐レリ    _       ̄ /
゛=!_    \ `ー-、_  _/
::::::゛== 、 \   / ̄ヽ、
::::::::::::::::::::::゛===-、    >
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

:::::::::/: : : : : :,: : : :ヽ/::::::::::::::\ /::::::::::|
:::/: : : : : :/: : : : : :}:::::::::::::::::::「.|::::::::::::::ト、
/: : ‐--: :/: : : : : : : :|::::::::::::: >!ノ_:::::::::::/ ',
: : : : : : ::,': : : : \: : :!::::::::_//|:\:::::::::::〉 : :',
: : : : : : :.:: : : : : : : : : 7 ̄::: :ィ .}::::::\/.   !
: : : : : :,': : : : :: : : : ∠ィ、:::::::::| :|:::::::::}/: // リ
: : : : :.:|: : : : : : : : : : : / \_| :|/^リ/// /
:.:: : : : |: : : : : : : : : : / : : : :| : : |:////
,: : : : :.',: : :,,,_: : : :〃 : : : : | : :! ̄ /

ト、 ̄´: ',:.: : : : : : : :/ : :/: : |  !   ;
: :\: : : ヽ: : : : : : /  :./: : :.|  |   /
: ||: :\: : : : : : : :/  : /: ::|: i|  | /
: ||: : : :\/\:/  : /: : /!: i|゙  |′
: ||: : : : .リ   /  : /: : //!:.:i|.  |
: ||: : : ::/__./  : /: : //=!:.:.|.  |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「ポケモンセンター……だよな?」

和「……たぶん」


誠の言うとおりに向かえば、一つの建物に辿り着く。

これまた大きな建物で正直入りづらい。


それでも中へと入れば、幾つ物受付の中をジョーイさん達が駆け回っていた。

大きなロビーにこれまた多い、トレーナーと思わしき人々。


京太郎「心挫けそう」

和「私達場違いですね」


なんだろうか、既に心が持たない。

これなら野宿の方がましなのではないだろうかとさえ、思ってしまう。

それでも何とか、ジョーイさんと話、部屋を借りると個室へと急ぐのであった。

【依頼達成:荷物をとどけてくれ・4 通れない!】
所持金53750円⇒63750円

四十二日目を終了します。

                 ____
                ´       `
            /  . . . : : : : : : : : : . .  \

              / /: :/: : : : : : : : : : :|\: : : : :ヽ
           /: :/: :/: : : : :/} : : : : : l  ゚。: : :..__i
             ′j/' : :_:_///: : : : /:/__}:il: : :\}
           |/: : |: :// /ィ: : /j/   j八: : l: :|
           |: : : : |灯¨苅 /イ   灯¨苅ミ |: /: : ,
           ': : : :.:ヘ 辷,ソ      辷,ソ jイ: : : ′
         /: : : :.ハ\:':':':   _'_   :':':':: /|: : : : :,

          {: : : : :| :.     /  ヽ     │: : : :ハ
         |: : : : :ゝ{    /    :,   /ノ: : : : |i:|
            八: : : : : \  j       ′ /: :/ : : : jリ
             リ\:{\ト:≧,′r==┐ }ィ: : /: : :/}/
        ___r===- ―‐ ´  |:.:.:.:.|ノ / ´/イイ
      /   /  {    __,|:.:.:.:.|{ヽ
     /ニニ/  │    | ,ノ |:.:.:.:.|\}ニ=-
    /イ ,. { {   |    |   .|:.:.:.:.|  |ニニニニ=-
  ,ノ...../   | l   {     |   .|:.:.:.:.|  |ニニニ=- イヽ
.  ∨ /     | ’:,  ‘,    }   .|:.:.:.:.| ̄` ー―‐ 、 |
   ∨    \ \ ゝ __ノ____,,.|:.:.:.:.|___     ,ノ   、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トキ「大人になって帰ってきた!」

~センリヤマ&ヒメマツシティ~ 四十三日目 朝
【行動回数:残り三回】
【イベント情報】
【藍の球を追え! 1/3】【星に願いを:ゴーシャスボールを手に入れろ! 2/5】
【宇宙からの来訪者:誰かに付けられてる気がする…… 1/5】

1.町を移動する
├1A:4番道路(コシガヤ方面)
├1B:6番道路(エイスイ方面)
└1C:ポケモンリーグ

2.施設を利用する
├2A:ポケモンセンター
├2B:ショッピングセンター
├2C:依頼
├2D:ポフィン作り(一日一回)
├2E:ポケモンジム
├2F:ゲームコーナー
└:大会会場(※ジムクリアで可能になります)

3.探索
├3A:人の話を聞く
└3B:散歩(誰と歩くかも)

4.修行
├4A:ポケモンのレベルを集中的に上げる(行動回数1消費)ポケモン二体選択、Lv1+コンマ分の経験値
├4B:ポケモンのレベルを全体的に上げる(行動回数1消費)全員にコンマ分の経験値
├4C:猛特訓(きずぐすり1個と行動を3消費する)全員にLv3UP+コンマ分の経験値
└4D:ポケモンを構う ※誰を構うかも

5.ポケモンを探す
└5A:4番道路


6.誰かに連絡
├6A:耕介博士
├6B:和
└6C:誠

7.安価
(無茶振りな安価は、最安価になります)

↓2

                                   __________。o<///>''"
                    r_r              .f竺竺竺竺竺竺竺竺><///>'",.ィ升:||i:
                   ,ィ癶__ヽ          ./ZZZ癶-_-_-_-_-_-_-`'弌>'"ィ升||i:i:i:||_||i:
                   ,ィ癶zzィ癶zァ     ....:::::::/|^^^T''㍉zzzァ:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:. |升i:i:||_|l||i:i:i:||i:i:i:
-‐- ,              _八___|ニニニニT  ..:::::::::::::::,.イzzzzzレイーf^'ミzzzzzzzzzz|i:i:||i:i||i:i:||i:i:i:||i:i:i:
: : : `ヽ、           T二二コニ/ZZZZZZZZZZZ|j'j'j'j'j'j'j'j'j'j'j'j゙|i:i:|────‐|i:i:||i:i||i:i:||i:i:斗t≦
: : : : : ``ー--  .,,   /-_-_-_|;;{-_-_-_-_/ ̄癶: j{_-_-_-_-_-_-_|゙゙゙j{_-_-_-_-_-_|。+--=≦--/‐‐
: : : : ,.-、: : : : : :_>‐/_-_-_-_|;;{;;;lZZZZZZZZZZj{-_-_-_-_-_-_-|;;;j{-_-_-_-_-_,j{ /‐‐/‐〈_(_/
-‐''""´:.:.:.:.``ー-‐''""´:.:.:.:./-_-_-_-_-{ /-_-_-_-_-_-_-_j{-_-_-_-_-_-_-:|;;彡ミミミミ:.:.:.:.:.:j{‐{_{  {   /
:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.; ノニニニニニ乂;';';';';';';;;;....../-_-_-_-_...::::::::;;;j{...:::::.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;:.;彡ミミミミ;';';';';'/‐/ /‐、 _/--
;';';';';';';';ノ三三rzz彡-‐-ミzzzュ;';';';';';';'/;';';';';';';',..-ァァ7フ癶;';';';';';';';';';';';';';';'彡ミミミミ;';';';';/‐{ ̄7ー〈 ̄
ZZZZZハ-_-,,-廾二二二|:|圦-=ニニハZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ7 ノ_ノ‐‐{ ̄丁 ̄ノ
|:|^^^^.|:|ZZZZZ|:l ̄ ̄~| |:|ZZZrrt゙^||:|^^^||^^^||^^..||^^^||^^||^^||^^||^^||^^||^^|7二〉_辷Y^ヽ ̄ ̄|

|:|   |:| .|i:i:i:i||:|:|    | |:|i:i:i:i:i|| || :||:|  ||   .||  ||   ||  ||  ||  ||  ||  ||  / / _ノ  ヽ'´ } ̄ ̄
|:|__(_)_|_(_):||:|:|    |_|:|i:i:i:i:i||ーr||ーr‐廴_||(_)zzzzz(_)__||_||_||_||_||__/~7⌒ヽ   `Y´\
,,-_-_-_,|:|二|:|:リ三三三三三三三≧=- 」__|ー|廴l|:|_____,|:|-_-_-_-_-_-_-_-_-_/ー{_/    }ー〈 ̄

-_-_-,,-|:|┬|:|/三三三三三三三三三三三ミ=s。l|:|_|:_|:|───────イ---=ニ二__ノ__ノ‐‐/
二二二|:|z彡ィ─────────────┴┴ ̄~_       ,: ,: ,: ,: ,: ,: ,: ,:,:;:;:;:;:;:;:;:;:;:三二ニ

     ̄ ::j{                          ``''=- ..,_     ,: ,: ,: ,: ,: ,: ,: ,: ;:;:;:;:;:;:;:;:
      :j{         ┏────────┓        ``''=-  ..,,_        ,: ,: ,: ,:
      ::i{          │  ポケモンジム  │              ``''=- .,_
     ::i{          ┗────────┛                  ``''=- .,_

                    _, ⌒\/ ̄ ̄ \

                ,    ̄ ̄ /     、     _\
             ´      /        \     `ヾ
            /         '     、 、 、     \
             /          |   {  :. | | ∨、\   \__
           ′        |    l|  } | |、 | |\ \ ̄ ̄´
           .        {   从 /-}/-Ⅵ {  ヽ |
          /       ,.-从   | }/ ィ≧、 {  \ }'
          /イ      { ⌒\ {   、 Vj ∨、  \
            八       、   \       ヽ  ̄
            Ⅵ        ,ー、         ,:'
            ヾ\    / ∧         -,
                  ヽ /{/     、       '
                _从/____ >  __ノ
              |///////////l :l//|

              |///////////|  //|
                /////////// ∧ :./|
          , <////////////////\l/、
        //////////////////////\l、

          //////////////////////////} }
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎「ここが……ジムか」

トキ「懐かしい我が家~♪」

ヒロ「おおぅ……変わらんなー」

京太郎「……なぁ……トキ」

トキ「なんやー?」


大きなお城みたいなジムを見ながら、隣に居るトキに話しかける。


京太郎「俺と会った時にどうやって今まで暮らしてたか聞いたよな」

トキ「聞かれたなー」

京太郎「その時、聞いたらさ……すっごい大変な暮らしだったよな?」

トキ「せやねー……オカンに拾われる前までの話やけどな!」

京太郎「ヒロもさ……カニが食べたくて海に行って流されたんだよな」

ヒロ「せやね」

京太郎「……お前等ってお姫様か何かじゃね?」

トキ「あ~……そうかもな?」

ヒロ「そういえば……そうやね」

京太郎(あれ……俺って大変な事しでかしてねぇ?!)

            ,.  ´ ̄ ̄ `  、__
          /   ,      / /⌒Y
         /    /    ,:       | ̄\
        .:'    '  /__/   ,      |   \__
       /    /  ///\/ /   .'   '    {` ̄
     /イ ,.. 、イ /}/⌒ヽ、/´   // /   、   、
       { { Ⅵ /   Vオ {从 /-}/-、  }  、 \
       | |  {/       ∨ィ=、}/  ,  |、 }  ̄
       / 乂   u      ::::::: Vソ' ,l ∧l |
        /イ , 八   ,...、    '   /ムイ,'∧ |
      /\ /  、 〈- 、\__     ム/ /   \
>----イ///\   .  `  ー '  イ/从
////////\///    、   .  ´
//////////\{    /`¨¨ 、

////////////>、  {、     〉
/////////////(_)}   ∨、_,イ/\
///////////////`¨¨¨|/\////\

//////_,. --- 、//|    |///\////>--、
/> ´   --、 ∨ム  //////////////}
     ´¨¨ヽ\〉 ∧///,イ/////////// |
        - \///{/イ//r- 、///////∧
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎「どうすんだよ! これ! 俺打ち首にならないよな!?」

トキ「流石にないやろ」

ヒロ「そそ、話せば分かるわ。流石に……「おねえちゃ~~ん!!」……おろ、絹や」


慌てていると遠くから、一人の少女が此方に走ってくる。

手を振っている姿を見ていると、何やらヒロの知り合いらしく、ヒロが手を振り返す。

        ./        --- 、         '.,
       ,'   ./  ./     \\  \      .',
       .l   /  /         ヽ.\  ヽ    !
       .!   ,: ./‐‐-.、       ...-‐!l‐\ ',    l
       l   .! ./    `       ´  リ   ', .',    .l
      ノ,!  !/,.-==ミ.、   ,ィ ===ミ、! l   l

      ,'/l  .,:'::f/{:::::::::::}ヽー ''./イ{:::::::::::}ヽ:Y   l
     .,'/ .l 八:{ヾ乂: ゚ ノ,ノ/⌒ヽヽ 乂: ゚: ノ .ノ:/   l
     ('  .l   ト.-=一 ''´  、 `ー == イ,'    l
       l   ト-,  '''           '''' /  ,'  .!
       l l  ハ      -‐ -     ,/  .,'   !
       l l    i>...        ,.ィ/   /!  .l
       l l   .j | ! ≧z...  ....ィ≦_|/ ,: / !  .l
   /   j j   .,' j l/`{_f´ ̄ ̄ /.,:' / l  .l
  {(   ./ ノ  /_,'/ .,.ィ:!_,.ィ!   /./ ./丶l、 .!     ト、
\ ヽ`ー':/   .// ./ 〉_::::ハ  /./  l / `ー- .、 ! !
、 `ー=イ   ,イ_,,..イ  /:::::::} .\{/!l  .V         V ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

絹「おねえちゃ~ん!!」

ヒロ「おー! 絹ー! 久々!」

京太郎「お姉ちゃん……ヒロの妹?」

トキ「血は繋がってないけどなー……野生の時にヒロが拾って一緒に過ごしてたんよ」

京太郎「なるほどな」

       /: : :______/ / : : : : : / /: /  |: : : : : :|ヽ: : : : :ヽ\
       /: ''7´: : ∧: : :/:/ : : : : : /  ∨ /   :|: : : : .:.: ||',: : : : :‘,\
      ,'/ /: : : : |: :\:||: : : :/   /Χ    : : : : / || ',: : : : : ‘,: :
    (:(  /: : : : : |: >┘|: : :.:/ _,,x====ミ \ ′ : //  :リ ': : : : : :.|ヽ |
     \/_: : : /: : _: :∧: : |⌒ん::::::l |    /: : /厶斗<| : : : | ト | |、
.      / ̄: : : / : / |: :|V\|  | {::::: リ  ,厶イ  宍ミ、  |: : : : :| |: |∧ヽ
     /: : : :.:.:八: 圦 |: :|:     乂_少'        ん::l|\./|: : : : :| |ノ  ': i
.    /: : : : : : : :.:\(ヽ|: :|   //////          | {:::リ  {/: : : :./l/    }ノ
   / : : : : : : : : : / \|: :|ヘ                 ヒ少 _/ : : :/ノ  _/
  /: : : : : : : : : :./ __.|: :「`,>、   l⌒    、   //// TTТヽ\
/: : : : : : : : : : :/    |: :|Y \ ., 乂    \      ||:|  ) )
: : : : : : : : : :.:〃     八::l |   \≧x._ ‐---‐'     ,.ィ: |:| /
: : : : : : : : :/{___      | |  /     \ニニ===ニ二    :|:|
: : : : : : / ̄          |  ′      ', ) /\´ ̄\:|:|
: : : : /_           ∨       ├{ { 、 }    /:/
: :/{    \         /|        | ノ }/  T   /|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ヒロ「おお!! 絹!!」

絹「お姉ちゃん!!」

京太郎「感動の再会か……」

トキ「あっ……京ちゃん、しゃがんで」

京太郎「へ?」


二人を見ていると、急にトキに腰を引っ張られ、強引にしゃがめられた。

              \\ \   ヘ     ',      i
           ,ィ      ' ,ヘ   ヽ  ヘ      ム      |
        /         ヘ,   マ  ',
       /          ぃ   マ  ,    キ
.     /            斗‐  V
    , '          ,.。≦´  }   ∨ キ    ,     :
.   /, '       ,.。if升三≧==--- 」__}
  //    ,.。ifン´圭圭ニニ===≪≪三三:ヽ

     ,.。ifン´彡'"::i i::    キ   }iii〉 `,;○;;Y   ,       ギンッ
   ,.ィ'´rイ{     .::i i::.     i}   ,'//   };;;;;;;;;i    ,     i!
   ィ㌢ キ,      ¨     4'   〃'   i!;○;;i!
  ,㌢   ’- 、      ノ  /    ム;;;;;;7

  ,㌻      ノュ,,_,, イ           ム;;;;;7    i      i!
  i{       `  ̄ ´          ム;;;;7            i!
  ミュ                      ム;;;7     ii      i|
  ヾミュ、                   ,.。斗;;;;;:/
   ` 、ミュs、  _ _,,  -‐=ニ壬三三彡{        ii      i|
     ` 、三三三三三≫-- ''"´  ハ i!

                        ハ i               |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ∨ニ弍ニ    ヽム い  /  - 、     ヽ} // イ  .,ィ==、

  ∨ニ㌦ニ-     ヾ、 ぃ  {/    \      {   ',   {{     , - - 、
  `ヾニニニヘ    ヽ  ヘ  {        \    ヘ   ヽ  `ー -/       \
    マニニヘ`   ヽヘ ヾ,ヽ      -‐ー‐-   ヽ   `  _ノイ   イ  ̄ヽ ',
     ∨ニニx、    マム ヘ \  /       \ `  _,, イ   /へヽ    '  ,
     ∨ニニニ    マム ㌦    {{   ィ ''' ‐- 、  ー-   /  ト、  〉、 __,}  }
      ヾニニニ    マム マニ-   ヾ {   ,ィ '"   ̄  > '" ⌒` ーヘ ¨ ` rへ,ノ リ
       \ニニ、    `ヾ マニム   ヾ  /      /  '' ̄     >=>"、,ノ `ヽ
         マニニ   ヽ }弍ニニ    .{ /{  イ/        >:::'"    `` ゝ-、‐'__)
          マニニ、   ヾ㌦ニニム    ヽ{ ヽ/ /   -->':::::::::::` ‐  ,_       \__,)、
           ',ヾニニ    ㌦マニニム    \ /   ,  '   > __     フ 、   \ー’
           ヽ\ニx    マニニニ-     , '  イ        ヽ.  ー '"   へ、  ヾー-、
             \ヾニ、   マニニニニム  / /           ノヘ    `` ァ_,,ノ へ   `  }
               マム、   Vニニニニ}\,            イ  :}    /、     ` __,ノ
                マム、  ∨ニニニリ  \       -- "   .人_,ィ'へ \
                 ヾム   ∨ニニノ    ヽ      r、 ,__, ィ    `マ´ ゞ⌒ヽ
                  ヾ㌦  ヾノ       <    /          ‘マ´ノ   }
                  ∧㌦   ',       マ_ヾ、           `ヽ __,ノ
                     ハ ㌦  ',       \``ーゝ、
                 /;;;;;;ヘ ヽ   ',        ヾ、;;;\
                /;;;;;/;;;;;;;ヘ  \ ヽ          マ;;;;;\
              ,,;;;;;;;;;;;/イヽ;;;;/ヽ    ヽ        };ヘ;;;;;;;;}

             , '---';;;;'  `´  ヘ  ヽ  ヽ       ハ;;;ヘ;;;ノ
             \;;;;;;;;;;{;;;;;'    \\  \ \    人;;;;;;;;ヘ
               ゝ;;;;;;;;;;{.       \\  \ \./;;;;};;;;;;;;;;;ヘ
              ’ 、;;;;;;;;;,          \\ー  - ";;;;;;;;;;;|;;;;;;:/
         ヽヽ     \;;;,       .\\\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;> ´

          \\     `,        \\\ー- ´

          ヽ \\     ,         i \\\
                    ,        ,  \\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

絹「死ね! 誘拐犯!」

京太郎「だーーーー!!??!?」


頭の上を凄い勢いで足が通り過ぎていく。

その威力は、すごく鋭く人の出せる物ではなかった。


ヒロ「ストップ!? ストップ!! 流石にガ~ス~が死ぬ!」

トキ「ドードー」


地面を転がり、距離を置けば、トキとヒロがどうにか抑えてくれる。

      /                  \
                       \

    /   /                \  ヘ
    ,'   ./     /´゙`\         ',
            /     \           }
    ,  ,'    , '           \          i
         ,             ' 、     }
   ! ,'  /`` ー‐丶    -- '"  ∨    !  |
   ! {  ,' __  __      _,,,   __V       |
   , ,」z=f"徒笈㍉、      ,。s===、ニミ、  ,'
   ,〈::{/卞 { .::ij:: } ヾxzzzイ/ { .::ij::. リ }:::} 7

   ', V', ,乂ッ,ノ  ノノー‐、ヘ 弋ュ,少 /::/     i|
   ハ ヾミュ___  彡"    ` ミx,__ _彡",' 7  ,'  i
       ',  ̄      ’     ̄    ハ7  ,'
     V .ハ                 从  .7!  ',
     V. 入   r ~ ~ ーvォ  //   仆、  V
     __,V   >  `  --  ' イ } /   7   >s。、
   ∨   V    Y´ >ォ __, イ   ハ           \
   , '    }   i!   {         / ',   {       i!  ヘ
  .〈     }   i}    ヽ     ノ  ヘ   i       ノ
  i}    ノ   7    /⌒ヽ_ イ \  ヘ  !    |      ヘ
  /_,,,/     ,'   /ミュ、   } 彡、 ヽ {    i/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

絹「がるるるるるるるる」

京太郎(あ……駄目だこれ)


絹と呼ばれた子を見て、どうしようもない事を悟る。

目が本気だこの子。


ヒロ「やー流石にな、死なれたら困るわ」

絹「……この人誘拐犯ちゃうん?」

ヒロ「ちゃうちゃう、こいつは――」



     _,.:.:.:.:.:. ̄ ̄:.:.:.:.:...
    /⌒.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`<⌒ヽ
  /.:.:.:.:.:.:._|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ',.:.:.:.

  .:.:.:.:.:.:.:./ |.:.::.:.:.:.:.:ト、.:.:.:.:.:.:.:.:ハ.:.:.:!
. |i.:.:.|::.:/_,人.:.:.:.:ト、|__\.:|.:.:.:.:..|.:.:.|

 八.:.:∨ _,, \_|  ,_  |:.:/:.:i|.:.:.|
   ∨|:|'´⌒     ⌒` レ'.:.:.:リ.:.:.|   ─    _   (⌒Y⌒)
   〈::从 "   ′__  "  ,|:.:/l/:.:.:.:   ̄ノ ̄   / \ \_/
   ヽ|:|    ‘   ′ ,.イ:|/:::::::.:.:.:|
     :|  ≧ァ- < ト、| |::::::::.:.:.:|
     _ --イ >‐<´  />- 、.:i|
    ./    レ ∨ `ー′   i:.:/
    /    /介\    /   |/
.   /   〉   ∨ |∨        |
  〈  /   / :|     |   ∧
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ヒロ「うちの初めての(トレーナー)人や」

絹「死ね!」

京太郎「NO!?」

トキ「あらら……」

「ちょ、ちょ、! 絹ちゃんストップや!ストップ! アカンって……挑戦者殺したら」

ヒロ「おぅ、恭子も居ったか」


蹴りを連続で放たれる中、一発が当たりそうになるも鼻先でどうにか止まった。

                /              \       ヽ  \
               ′         _         ヽ       :.  ヽ
              /         .,   ´ .|           ',     。__  i
                /        /          i    .       `ヽ
             /       ./      八  lヽ  ヽ   .     |
               '‐- _   /        \'  ` ‐-`Y l      l
                  〃   ' .            . ´  Y l
              '‐-  .|   ` 、      / _...、- ゚ |     ′
                |   .| .〃≧x、       〃/:::::ヽヾ .|.l
                |  八 {{ l::::::::::}`      ' {::::::::::} }} |'    ′
                |      弋:::::ノ      弋:::::ノ  /    /
               ゚。  .∧       ,          /    / !
                  , <\  ∧    ___   u       / ′
           .<_   \  \  (       ヽ  /   / /
        .< ‐::¨:::/  ̄`ヽ\   ≧o。 _   .。イ-、  / /
.        /   :::::::/       ヽ.', .>、   /  \ /       _  .   -‐
       /     ::::::l         \   /‐ <ヽ     ヽ-、   . ‐ ¨
        /     :::::               `<.    ',. \   _ ! <    ` .
      ′     ::::::ヽ           >._  .<              >.¨ ̄
      ゚ 。       :::::` 、          .<´          \ _      `>
       \      :/  <       ´                \ <
         ` ‐- -‐´|     ` <             ', _ 、     \ ` <
                  |       ` <           \ \.      \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

恭子「まったく……駄目やろ。話を聞く前に攻撃したら」

絹「うー……うー!」


もう一人の少女が、此方に手を向けていた。

何をしたかのか分からないが、その少女のお蔭か、絹と呼ばれてる子が静止している。


京太郎「次から次になんなんだ……」

トキ(相変わらず……すごいなー)

恭子「堪忍な、お客さん」

京太郎「いや……大丈夫、驚いただけだから」

恭子「……怒らんの?」

京太郎「事情はなんとなく分かるし」

恭子「ふ~ん……なるほどな」

ヒロ「そんで、オカンは?」

恭子「主将達を探し回ってます」

ヒロ「あー……」

トキ「やっばいな……げんこつかな」

恭子「そこら辺は無理ですね。 取りあえず、連絡はしときますから」

京太郎(どうにかなったのか?)

恭子「まぁ……まずは中へ、責任者呼んできますんで」


そういわれ、差し出された手を取り、立つと中へと招待された。

ちなみに絹って子は、ヒロに抱きついてこっちを威嚇したままだ。

マホはバトル参加でクリアです。

絹や恭子は、勝手には付いてきません。

但し仲間に出来ないわけでもなく、この先安価で取ったりすれば普通に仲間になります。

まぁ……例外も居るけど……

                ,. --- 、        ____
                  /,  ´ ̄ ̄` '⌒´     \
           、_/_/⌒ヽ , /            ヽ
            ,---、  / //    :       ヽ :.
           ,  / ̄-/ /' {   | |       | :
          / __   ̄,./ /-' l| l | |___ l |    |
            .:' /   ,イ _| | |ア__l { { | / }`| |    |
       /       ,:´ | { | l\{从 ∨ィ斧ミ、 |    |
    /\'´        /{  | 从{__,. \∨Vソ }イ ト、 ∧{
    ////\ r---  ´八 !∧  ̄   ,:  :.:.:  }/ノ/ リ
.   ///////\      \}∧         u 八/
  //////////〉        込、  __    ,.: /
  ///////// /          }>、   ` イ |从
 ,'//////// /   _      /--、l ` ̄ :,   |--、
.///////// /  イ/////\   {////}   /  「///|
'//////// /´// {////////ー '|////|   ,   |///l|
///////////// |l///////////ヽ// \    |////> 、
////////{/////{!/////////////////}--- /////////> 、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎「と言う……事情でして」

     , '"::::::::::::::: ̄`::: 、
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
  ./::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::ヘ
  ′:::::::::::i::::::::::::::!ハ::::::::::::∧

  i|:::::::::::::::|::::::::::::::!  ヤ::::::::::::∧
  |i:::::::::::::::|:::::::::::/   リ从:::::::::∧
  |::::::::::/´レ勹´    _`_キ:::::::::∧
  |:::::::::::!' ,r=‐     ⌒i|::::::::::::::\____
  |::::::::爪 ´,,       ″|::::::::::::::::::::ヽ、 `ヽ
  |::::::::::::::ゝ        .,ノ:::::::从:::::::::::::`ヽ、
  |::::::::::::::::::心 _/.)^._ イ´::::::::∧\::::::::::::::::}
..,ィ|i:::::::::::::::::::::::::/./:   |:::::::i::::::::::\ }::::::::ソ

{::::./::::::::::::::|::::::,'‐^ュ   `k |:::::::i::::::::\"´
ji:{::::广 ̄丁::j’  ´> ‐''ノ从::::::|-ミ::::::::}

  ji:ル   /::::人__,,斗宀'"  i \|ノ;:::/i
   |  彳"/::::::::/'     │  !"¨ ./
   |ゝ-弋./::::::::/__  __ _/i  / |!/|
   |:::::::::::/::::::::/:::::`´:::::::::::::|/  |::::::i|
   |:::::::::/::::::::/:::::::::::::::::::::::::|   |::::::i|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
郁乃「そりゃ……しゃーないわ」


通された客間で一人の女性と向き合う。

ここのジムリーダーの一人で責任者の【郁乃】さんだ。

その隣には、先ほどの子達が礼儀正しく座っている。


ヒロ「まぁ……そんなわけで、ガ~ス~は一応命の恩人でな?」

絹「む~……ごめんなさい」

京太郎「いや、大丈夫だったから」


事情を話せば、すんなりと納得してくれてた。

絹って子はそれでも、此方を睨んでくるが……。


京太郎(姉を取られて怒ってるって所かね)


彼女の心情を理解し、心の中でため息をついた。

 /::::/::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
/::::/::::/´:::::::::::/::::::::;;;::::::::;;;;zー-、::::::::::::::::ヘ
,::´:::::::/:::::::::::::, ':::::,z≠:;;z"´    ヘ、:::::ヘ::::::::i
_,,:::::/:::::::::::::/::::/_//- 、      i:|:::::::l::::::::l

〈:::/:::::::::::::/::::/ ´ '´    `ヽ      |},::::::l;i::::::|
ヾイ:::::::::::,イ::::/,z≠=x、ヽ、      ,リヘ:::l:l:::::::}
/ {:::::::::::,;':::,',,イ,イ丁ハ ヾ゙      ヾ、 i:;l::!:::::リ

i .|:::::::::::::::::i.l;{ {叮ィツ        -‐  `ヾリ::::::i
ヘl:::::::::::::::::l  ヾー'        ≦ミx、 /:;'::::::,'
::i|:::::::::::::::::l             ,イハリ !} /::,イ::::/
::イ::::::::::::,::::!             、.ト叨' ノ/::,;':::::, '
::i|:::::::::::::l!::|             ´ `" './::/:::/
/:|:::::::::::,!:::|   , -― - 、    /::/:/

:::i::::::::::;イ:::|ヽ.  !、   /     ,.:'::::/
;イ::::::::/:i::::l ゙:::ヽ、 ` "´  ,,..::≦:::::;'
シ::::::ツ`ン:/   ゙/::::,`:<";´::::::::::::::/
;;:/,〆ツヽ、/、イ::::::/;'::::::::,:::::::::/

z=≠''".   \.ヾ-''"::::::::::;ツ::::; '
`.、     /"|'´|:::::;;;;;;;/:::/
  ヽ  _ノ、 `i lニz=≠"´
   `"´ \ヘ,,ト、iヾ、
.        ,> ノ ! i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

恭子「それで……主将達はどうするんです?」

ヒロ「う~ん……」

トキ「私は京ちゃんに着いてくわ」


恭子さんにそう聞かれれば、ヒロは腕を組み悩み、トキは腕に抱きついてスリスリと頬を摺り寄せる。


郁乃「あらら……雅枝さんが怖くなるな~」

恭子「そんな暢気な……」

トキ「~♪」

ヒロ「う~ん……どうしような」

絹「お姉ちゃん! 行かんよね?」

京太郎(さてはて……どうしようかね)


少しばかり混沌しだし、頭をフル回転させる。


          /: : : : : : : : : : : : \
.       , ' : : : : : : : : : : : : : \ \

        //.: : :/:/: : : :.|, :ヽ: : : : ヽ: :
.     //' : : /:/|:.|: : : |‘,|`、: : : :',⊥_
.   ///: :.:.::/|_||l: : :|_l_lノ|',: : :.:.|__: : :`丶、

    (/|: l: : {八「TT、: ! |/__|ハ : : :|: | ̄¨''  :\
   //|: |: l∧'笊丐 \:、「苅「》: :人′     ノ: :〉
  ( <_.|八\ハ 乂:リ     ー┘l:イ>、:\ ___彡 ´
    ̄ ̄/:/| |',    '      | |: : 〉:/
       \、| 込、   ,、   . イ:| | _/',
         | |  `   .,_. イ|イハ| |: : : : ',
.           | |___/r}   ノ V:/: : : : : ',
        ∧| /  /ーn彡  /へ、: : : : :',
        | |  {_/\八    ノ   >、 : ',
        | | /⌒i|「\\/   / ヽ `、 ,
        / / ((__ノ八、_))    /   '¬: |
.       / ,  `7/  |「 ̄   l |     ∨
.       ヽi   /   {       l | l       \
          |             l V       〉
.       八              ∨`、   _,, ィ
         |            〉 `冖¨
          |             /     `、   `、
.        |             /      〉    〉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ヒロ「ガ~ス~……」

京太郎「なんだ?」


頭の中で整理しているとヒロに声をかけられる。

ヒロの顔を見れば、初めて見る真剣な表情をしていた。


ヒロ「何か……何か、一言くれへん?」

京太郎「……一言?」

ヒロ「そそ、それで決めるわ」

絹「お姉ちゃん!?」

郁乃「なるほどな」

恭子「………」

京太郎「分かった。なら――」


↓1~4 ヒロに言葉をかけよう

                  ___,-、 _, ---- 、

               ,   ´     /  `  < ⌒\
               /        |    :.   `ヽ、
             /     / /   l|    V     `   、
              .'     / , { { | |     | 、   、_ \_
              |     | | | |∧| {   :  ハ  V  、\  ̄´
               | | {/--{ 从  | , |-|、 |  、 \`

            ' | ,..- | | | ,ィtォ=ミ∧ |,ィtォ、} / |l ハ\_、
          /イ{ { r 从 { Vソ   ∨' Vソ/イ |∧}
            ∨乂   \            |/ j' リ
            }∧ ー:.          `   ムl/
            /  、 八    _ _   人
               }イ/|\        /
              「<l|  `  .__/_
              |////>、     | 「/|
              -=≦、[二]//l}    |、}l∧_
         -=≦///////////\   |/////≧=-
     r-=≦//////////////////|___j\//////////≧=、
     |////\////////////////l}   |/////////////|//|
     l//////∨//////////////∧ /.イ////////////|//|
    {///////}////////////////∨'//////////////|//|

      |///////|///====//////l///////////////|//|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎【好きにしろ】

. / /: :.,ィ: : : : : : : : : : : : : : : \i
/ / / i: : : : : : : : : :i: : : : : : : :.\
__i /  /: : : : : : : ;ィ: :}: : : : : : : : : : :.
 i 「`7 /!: : : :∠」_ ハ: i: : : : : : : : :i

=-x /// : :/   ! 「 卞}: : : : : : : : :}
::::i.   / / ==ェx、_ i/i: : : : : : : :/
:C        !::::::::::「ヾ' i: : : : :..:/
''′      |::::::::C  /イ: : :/
        ∨::::ソ i,厶イ\

          ̄`  .!: : / \\
             }: :.!   )::)
  /\        ノ|: .:| //
;,、  ̄ ̄   _,,   <  |: :.!//
    | ̄           !: :|/
    |∧           |: :|
ヽ_,/   ',__        |: :i
_/ ヘ    .i  \.    !:/
》ェ≪    |    \   /
.|| || 》__/     `ヽ

.|| |〃 ̄`ヾ      ハ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ヒロ「………」


                    _, ⌒\/ ̄ ̄ \

                ,    ̄ ̄ /     、     _\
             ´      /        \     `ヾ
            /         '     、 、 、     \
             /          |   {  :. | | ∨、\   \__
           ′        |    l|  } | |、 | |\ \ ̄ ̄´
           .        {   从 /-}/-Ⅵ {  ヽ |
          /       ,.-从   | }/ ィ≧、 {  \ }'
          /イ      { ⌒\ {   、 Vj ∨、  \
            八       、   \       ヽ  ̄
            Ⅵ        ,ー、         ,:'
            ヾ\    / ∧         -,
                  ヽ /{/     、       '
                _从/____ >  __ノ
              |///////////l :l//|

              |///////////|  //|
                /////////// ∧ :./|
          , <////////////////\l/、
        //////////////////////\l、

          //////////////////////////} }
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎「って言いたい所なんだけどな」

ヒロ「………」


          /   /     |   | |   | |  :       l :l   |  |   :|   | |
       / /    |    |__ | |   | |  |  :   l :l:  /|  |   :|   | |
.      ///     |    |\ |‐\八 |  |  |    |__,l /-|‐ :リ   リ  | |
     /  /   - 、     :|   x===ミx|‐-|  |:`ー /x===ミノ//  /  :∧{
       /   |  :.八   _/ {::{:::刈`|  |  l:  /´{::{:::刈\,_|  イ  /ー―‐ ..__
.      / / :|  ::|/ \{^ヽ 乂辷ツ八 |\| /' 乂辷ソ ノ^l/ } :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: `「⌒:.
.       //  /|  ::l、   :    ー‐   \{  | /  ー‐    j/ /}/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.
     / _,/:.:..|  ::| \ !           j/        ′/:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.
        / :.:.:.:.:{  ::|\ハ_,          ノ            ,___/{:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.∧
.    /:.:.:.:.:.:.:.::′ ::|:.:.|\圦                       / j/l/.:.:′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.∧
.   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′_,ノ⌒ヽ::|  、    、      _  -‐'     /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:/:.:.::/:.:
 /\:.:.:.:.:.:.:r‐ ' ´     ∨\/ ̄ )  ̄ ̄        /   /.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:/:.:.:./:.:.:
/:.:.:.:.:.:.\:.:.ノ  ----- 、  ∨/   / 、          /   ,/:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:/:.:/:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /        ‘,  ‘, ./、 \       /   /.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.://:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:/:.:.:.:.:.{   ---- 、   ‘,  } /:.:.:} ̄ \ ̄ ̄ ̄/ ̄ /:.{/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:-<⌒:.:.:.:.:
:.:./:.:.:.:.:./       ‘,  ‘,「l /⌒^\________/}/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´    \:.:.:.:.:
:/:.:.:.:.:.:.{: .    . :    ‘, 人U{:.:.:.:.:.:.:.|:\        /:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.―‐┐:/        \:.:
:.:.:.:.:.:.:.: }: : : :--:/\: . ノ:r/   / .: .:.:.:.:.|:.:.:.:\    ,/:.:.:. |:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎【ヒロは俺のなんで】

ヒロ「!」


ヒロを後ろから抱き寄せて、郁乃さん、恭子さん、絹さんに向かって言い切った。


郁乃「わーぉ、情熱的やね~」

恭子「………」

絹「っ~~~~!!」

ヒロ「変なところで大胆になるな、ガ~ス~は」

京太郎「はっはっは、一緒に居て楽しいしな! 俺は【お前が欲しい】!」

: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:\
: : : : \: : : : ; イ: : : : : : : : : .i:.: : : : ヾ\  つ
: : : : /\/ .,': : : : : : ハ: : :.}: : : : : :.i//
: :ハ;/   \//i : :/ !: :/i: : : : : : :i′

:/ 气テテZ=,  // -‐‐''" !: : : : : : :}
{.   l::::;;;::::i       テ=ェx_ /: : : : :.}:.;'
    乂::::ソ       |::;;;::「./: : : : :./i/
   xxxx      乂ソ厶イ:_;ィ′
:、            "" i : :ノ \\
 \   r‐ ― ァ  U 八i'  //

..r‐/≧:..._   ̄ __,  イ: :i  /
" \  /  ̄      !: :i
i   /‐'iハ       |:.;'
ハ__,/》《∧_}\.      |/
,/ /|| |ト、!  \

_/ .|| ||    i   }
   /ハ!  ,/  i
         { / .!
       i/  |\

          }      \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ヒロ「そこまで言われたら、着いていかんとな」

絹「    」

郁乃(決まりやね)

恭子「………」


腕の中でヒロが身じろぎ、上を向いて見つめてくる。

その視線に目を合わせ――


       /: : :______/ / : : : : : / /: /  |: : : : : :|ヽ: : : : :ヽ\
       /: ''7´: : ∧: : :/:/ : : : : : /  ∨ /   :|: : : : .:.: ||',: : : : :‘,\
      ,'/ /: : : : |: :\:||: : : :/   /Χ    : : : : / || ',: : : : : ‘,: :
    (:(  /: : : : : |: >┘|: : :.:/ _,,x====ミ \ ′ : //  :リ ': : : : : :.|ヽ |
     \/_: : : /: : _: :∧: : |⌒ん::::::l |    /: : /厶斗<| : : : | ト | |、
.      / ̄: : : / : / |: :|V\|  | {::::: リ  ,厶イ  宍ミ、  |: : : : :| |: |∧ヽ
     /: : : :.:.:八: 圦 |: :|:     乂_少'        ん::l|\./|: : : : :| |ノ  ': i
.    /: : : : : : : :.:\(ヽ|: :|   //////          | {:::リ  {/: : : :./l/    }ノ
   / : : : : : : : : : / \|: :|ヘ                 ヒ少 _/ : : :/ノ  _/
  /: : : : : : : : : :./ __.|: :「`,>、   l⌒    、   //// TTТヽ\
/: : : : : : : : : : :/    |: :|Y \ ., 乂    \      ||:|  ) )
: : : : : : : : : :.:〃     八::l |   \≧x._ ‐---‐'     ,.ィ: |:| /
: : : : : : : : :/{___      | |  /     \ニニ===ニ二    :|:|
: : : : : : / ̄          |  ′      ', ) /\´ ̄\:|:|
: : : : /_           ∨       ├{ { 、 }    /:/
: :/{    \         /|        | ノ }/  T   /|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎【今なら一日三食蟹に!】

ヒロ「乗った!!」



ヒロが着いてくる事になった!

ヒロのなつき度★1UP
なつき度★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆(最大20/現在14)9/10

なつき度★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆(最大20/現在15)9/10

       /        /へ   、         ヽ  ヘ
      ./      //    ` 、 \` 、      ヽ  ヘ
      ,      ./7 /        、\ \         ,
           ./ ソ          ヾ 、 \        ,
      {     ,  {.i           ヾ、  ヽ      |
      |       ii             ,〆  V   ',
          ,'   i!           ,ィ'  _,。ィ V   , |
      ,   L,,_  `         / ,,。if升‐≪''ミォ     |
       キ   {  ¨__‐- 、      ,。イ   ,ィ'ヽ  i} i;;i
         」>===ミx=ュ、_,,イ /  弋’ノ 〝 j;;}    |

       ', f;;;{ 《   ,⌒ヽ ヽ ,.-‐、、     _,,。彡'"}
       , ',;;',ヘ`   .乂’ノ 〃   ` ー= "     i    i|
        マ ヾ,、ヘ,__,, イ   ,           i!   i  i
        マ ` ハ ̄ ̄               /i!   .!  !
         ,   ハ                 / 7   !  !
         }    入         -      ./ ,      ',
               >     ‘ー ’  < |  {       ,       }
.ィ            }    |   >i - ´   .i 〉 i    ',  ヘ      ノ.}
{i    {    ハ    i     :|  /7 |     /ヘi!     ,   へ _/ .ノ
{ ',    iヽ __,ノ    ,     i  / ヘ i    /   ',             /
  ヽ _ヽ イ     ,     ノ ./    〉、  ,ハ    マ    ヘ       /}
',           /    //   /  ーォ  V   マ     ヽ     /
.ヽ          / > '" 7    /    i!  V   .マ      ー- '
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

絹「って! 認めんよ!?」

郁乃「私としてはええと思うんやけど……末原ちゃんはどう思う?」


                ,...-....=::..─...-....、
             ,..イ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ

               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /::::::::::::::::::::,,z "´i:::::::::::::::、:::::::::::::ヘ
        ,,イ:::::::::::::::::,:,/    l::ト、:::::、::::ヘ:::::::::::::i
       く:::::::::::::::::::::,/'      !;l \」`ヾ|::::::::::::::!
        ヽ、:::::::::::∥ `゙ ヽ、   ` , イ ´ !:::::::::::::l
        /:::::::::l ! ,,zxェ、       ,,ィzxェ、 .l:::::::::::::i
        ヽ、:::::::|!,イ'/⌒ヾ     ´/⌒ヾミヘ::::::::::::,'
          l:::::::|l" il  .}       {   il゙゙,i:::,イ::::/
             |::::::| ! `ー'   ,    `ー'' /::/ノ::/
          |:::::|`|              ,':::'y':;イ
             l::::l::::!、し            /:::::::/::i
           l:::l!::l::::iヽ、  ⊂ =っ ,, イ,':::::/:::::|
              l::li::!:::::l:::::;`,iー-...<::|、}/:::/::::::::!
           l::lヽ:::::!_:,:/ヾ、   _ノヘ{::::,':::::::ノ
        ,, -―ヾ、三;;ノ  /ヘ_X´   l::::!_:::/
       /      i    /ゝ-;zヘ   `┬'´` ヽ、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

恭子「ふへっ!? あ……ええと思います」

郁乃「熱でもあるん?」

恭子「やっ……なんでもないです」

                                         __

                                        ,/ : : :\
                                       __ /: : : : : : : :ヽ、
                             , . :'  ̄: : : : :  ̄ ` 丶、: : :| i

                           /: : : : : : : : : : : : : `ヽ、: :\: 〉:|

                            / ': : : : : : : : : : : : : : : `ヽ \-._\|
                           // : : : : : : : : lヽ、: ヽ、 : 、: ',ヽ:丶_: :゙>.、
                          /,'/::/ : : : !: : : : :.l  .X∧ヽ: :i: : ハi:゙', :l ;`iヽ、丶
                           / /::/: : :| i::!|: : : ', レ' ヽリ ∨!: :〉:.}`〉!丿:|  ヽ.:゙、
                        i /::/: : : :! l:.l iハ: : :'\ xヤ叭カ 〉:k┤:´:ヽ:/!.  〉.:〉
                         /:{::/l: :i : :.-什ー \:.〉  弋 _ソ /イ :Y´丶: !:/   /:/
                        /:/.!: i !: :i  i xヤ叭 `゙      ´ l :i.  ,!リ./  ./
                 _    /::/   ヽ:!ヽ:i',: :` 弋ソ          l :レ,'.;/   ´
                /´冫\/:/.     \'マヘヽ.   `   -       |:ト'.:〈
                _ ヘ、\゙/:/        ( :{: : !: 〉.   く     l    /|!{iヽ!
.           /´   〉 .! / /.i:!     _./ヽ: 、l: :!:ヽ、  ` - ′ /  }!ヽ  , -─ ‐ 、
         〈 ,弋!丶.v` / .!  _ -彡: : : : :`: ゙ -!: _: : ≧‐ _ .イ   /|! /./       \
             i.   ヽ   〉 ≦彡 :´: : : : : : : , :-!:{       / }- ´  .' /  ′         \
           ヽ   )イ/: : : : : : : : : : :/   l:.!      .//.マヽ   /    .l  !  l    \
           ヽ ′く: : : : / : : : :/     i:!   _ -/イ /  冫__./    .l i .!   !     \
                ',   ヽ:/; : : : : /     , -ヽ ´  ' _.十_' ´         i l!/     !
            ∧   V: :.;': : /     /  , '` /´.入. \          |、´.     |
.             /: :冫   ∨i: : :i     /   / /  ./ l.∧   !        ヽ、    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ヒロ「絹、悪いな。もう決めた」

絹「っ~~~~!! 認めんよ! 認めん! こうなったら!」

京太郎「へ?」

トキ(ヒートアップしとるな)

                 ``         , ィ'"
 |      i|             ``     ′
        i!                           _  -ー―
    ,.。s==ニニニ==s。、             _,.。s=ニ -―   ̄ ̄
 |  {::::::f´ ̄ ≫三ミxs。、 `ミュ、        ,.ィ',´イ´
    ∨。',=,イ/  イ圭芯`ミュ、 `ミュ、___//
    V。A {ヘ  ん三三ハ ``  }:::::::::::::::〈
 |!:   V::A ! ヽ V辷ひニり     //´ ̄`ヾヘ
     V::A ',    ゞ- ‐='"   //       ヾヘ
      ヾ:へ{_ _  -- 彡イ       へミュzzzzs。--  --
 |!    | | iー―     ̄                   ̄   ̄
      i| i. }             ,
      :| ', i
 |     ',  ゝ,
       ',  {
 |        ハ
          \         _ _

ノ      |!    i!\            `
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
絹「ポケモンバトルや」

京太郎「え?」

絹「お姉ちゃんのトレーナーなら、しっかりとお姉ちゃんを使いこなせるやろ」

京太郎「……なるほど」

絹「このジムに来たってことは挑戦者やし、丁度ええな」

京太郎「乗った」


絹さんの挑発に乗る。

もとより、すんなりと行くとは思ってもいなかったし、渡りに船だ。

ジムバッジも勝利もヒロも……全て貰っていこう。


絹「バトル形式は、タッグバトル。こっちは私と末原先輩で」

恭子(あっ……巻き込まれた)

絹「そっちはお姉ちゃんと……もう一人やね」

京太郎「分かった」

絹「流石にすぐにはと言わんよ、明日にはオカンも帰って来るし、明日決着つけようや」

京太郎「おぅ!」


お互いに睨み合い、火花を散らす。

今回の戦いは、今までのバトルより過激になりそうだ。

                ,. --- 、        ____
                  /,  ´ ̄ ̄` '⌒´     \
           、_/_/⌒ヽ , /            ヽ
            ,---、  / //    :       ヽ :.
           ,  / ̄-/ /' {   | |       | :
          / __   ̄,./ /-' l| l | |___ l |    |
            .:' /   ,イ _| | |ア__l { { | / }`| |    |
       /       ,:´ | { | l\{从 ∨ィ斧ミ、 |    |
    /\'´        /{  | 从{__,. \∨Vソ }イ ト、 ∧{
    ////\ r---  ´八 !∧  ̄   ,:  :.:.:  }/ノ/ リ
.   ///////\      \}∧         u 八/
  //////////〉        込、  __    ,.: /
  ///////// /          }>、   ` イ |从
 ,'//////// /   _      /--、l ` ̄ :,   |--、
.///////// /  イ/////\   {////}   /  「///|
'//////// /´// {////////ー '|////|   ,   |///l|
///////////// |l///////////ヽ// \    |////> 、
////////{/////{!/////////////////}--- /////////> 、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎「と言うわけになったけど……相手のタイプって分かるか?」


ジムを後にして、ポケモンセンターの個室へと戻る。

住んでいたトキとヒロに相手の情報を貰い、作戦を立てる事にしよう。


ヒロ「まずは……絹は【分類:カポエラー】やね」

トキ「こっちはヒロと相性ええけど……」

ヒロ「問題は……恭子や」

京太郎「あの子……?」

ヒロ「あいつはなー……強い【分類:ユンゲラー】やし」

京太郎「ヒロとは……」

ヒロ「相性最悪や」

京太郎(だー……迷うな、これは)


絹さんの攻撃は、ヒロには0.5倍。
ヒロの攻撃は、二人に等倍
恭子さんの攻撃は、ヒロに2倍。

京太郎(さてはて……どうしようか)

                    _, ⌒\/ ̄ ̄ \

                ,    ̄ ̄ /     、     _\
             ´      /        \     `ヾ
            /         '     、 、 、     \
             /          |   {  :. | | ∨、\   \__
           ′        |    l|  } | |、 | |\ \ ̄ ̄´
           .        {   从 /-}/-Ⅵ {  ヽ |
          /       ,.-从   | }/ ィ≧、 {  \ }'
          /イ      { ⌒\ {   、 Vj ∨、  \
            八       、   \       ヽ  ̄
            Ⅵ        ,ー、         ,:'
            ヾ\    / ∧         -,
                  ヽ /{/     、       '
                _从/____ >  __ノ
              |///////////l :l//|

              |///////////|  //|
                /////////// ∧ :./|
          , <////////////////\l/、
        //////////////////////\l、

          //////////////////////////} }
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎「取りあえず……街を歩いて考えるか」

~センリヤマ&ヒメマツシティ~ 四十三日目 昼
【行動回数:残り三回】
【イベント情報】
【藍の球を追え! 1/3】【星に願いを:ゴーシャスボールを手に入れろ! 2/5】
【宇宙からの来訪者:誰かに付けられてる気がする…… 1/5】

1.町を移動する
├1A:4番道路(コシガヤ方面)
├1B:6番道路(エイスイ方面)
└1C:ポケモンリーグ

2.施設を利用する
├2A:ポケモンセンター
├2B:ショッピングセンター
├2C:依頼
├2D:ポフィン作り(一日一回)
├:ポケモンジム
├2F:ゲームコーナー
└:大会会場(※ジムクリアで可能になります)


3.探索
├3A:人の話を聞く
└3B:散歩(誰と歩くかも)

4.修行
├4A:ポケモンのレベルを集中的に上げる(行動回数1消費)ポケモン二体選択、Lv1+コンマ分の経験値
├4B:ポケモンのレベルを全体的に上げる(行動回数1消費)全員にコンマ分の経験値
├:猛特訓(きずぐすり1個と行動を3消費する)全員にLv3UP+コンマ分の経験値
└4D:ポケモンを構う ※誰を構うかも

5.ポケモンを探す
└5A:4番道路


6.誰かに連絡
├6A:耕介博士
├6B:和
└6C:誠

7.安価
(無茶振りな安価は、最安価になります)

↓2

                                         __

                                        ,/ : : :\
                                       __ /: : : : : : : :ヽ、
                             , . :'  ̄: : : : :  ̄ ` 丶、: : :| i

                           /: : : : : : : : : : : : : `ヽ、: :\: 〉:|

                            / ': : : : : : : : : : : : : : : `ヽ \-._\|
                           // : : : : : : : : lヽ、: ヽ、 : 、: ',ヽ:丶_: :゙>.、
                          /,'/::/ : : : !: : : : :.l  .X∧ヽ: :i: : ハi:゙', :l ;`iヽ、丶
                           / /::/: : :| i::!|: : : ', レ' ヽリ ∨!: :〉:.}`〉!丿:|  ヽ.:゙、
                        i /::/: : : :! l:.l iハ: : :'\ xヤ叭カ 〉:k┤:´:ヽ:/!.  〉.:〉
                         /:{::/l: :i : :.-什ー \:.〉  弋 _ソ /イ :Y´丶: !:/   /:/
                        /:/.!: i !: :i  i xヤ叭 `゙      ´ l :i.  ,!リ./  ./
                 _    /::/   ヽ:!ヽ:i',: :` 弋ソ          l :レ,'.;/   ´
                /´冫\/:/.     \'マヘヽ.   `   -       |:ト'.:〈
                _ ヘ、\゙/:/        ( :{: : !: 〉.   く     l    /|!{iヽ!
.           /´   〉 .! / /.i:!     _./ヽ: 、l: :!:ヽ、  ` - ′ /  }!ヽ  , -─ ‐ 、
         〈 ,弋!丶.v` / .!  _ -彡: : : : :`: ゙ -!: _: : ≧‐ _ .イ   /|! /./       \
             i.   ヽ   〉 ≦彡 :´: : : : : : : , :-!:{       / }- ´  .' /  ′         \
           ヽ   )イ/: : : : : : : : : : :/   l:.!      .//.マヽ   /    .l  !  l    \
           ヽ ′く: : : : / : : : :/     i:!   _ -/イ /  冫__./    .l i .!   !     \
                ',   ヽ:/; : : : : /     , -ヽ ´  ' _.十_' ´         i l!/     !
            ∧   V: :.;': : /     /  , '` /´.入. \          |、´.     |
.             /: :冫   ∨i: : :i     /   / /  ./ l.∧   !        ヽ、    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ヒロに街を案内してもらう】

京太郎「よろしく」

ヒロ「うんじゃ、行こうや」


ヒロと手を繋ぎ、街を練り歩く。


【デパート】

ヒロ「あそこは一番大きなデパート」

京太郎「確かに……なんだこれ」

ヒロ「色んな物、売っとる」

京太郎「いろんな物?」

ヒロ「わざマシン、道具、ボール……飲み物も売っとるな」

京太郎「はいはい、買ってくか」

ヒロ「よっしゃ!サイコソーダーで!」

京太郎「はは」



【ポケモンジム】

ヒロ「ここは……」

京太郎「……今は近づかないでおこう」

ヒロ「せやね」


ジムの前を通り過ぎると奥から何か大きな音が聞こえてくる。

たまに木で出来た人形が空を飛んでいるのを見て、二人して歩き去った。


【ゲームコーナー】

ヒロ「ここは……遊び場やね」

京太郎「ここがゲームコーナーか」

ヒロ「遊ぶにはええんやない?」

京太郎「楽しそうだな!」

ヒロ「遊んでいくか!」

京太郎「おぅ!」


二人して、ゲームコーナーで遊んでいった。


京太郎「く~……負けた!」

ヒロ「はっはは、うちもや」


結局は負けて二人して苦笑する。


京太郎「そういえば……景品ってどんなのがあるんだろ」


9999枚 : ゴージャスボール


京太郎(あったーーー!!!!???)



【大会会場】

ヒロ「ここでは、月に一度大会やっとるな」

京太郎「へー……」

ヒロ「賞品も豪華やし、出ててもええんちゃう?」

京太郎「だな……あいつとの約束もあるしな」


ヒロと様々なものを見て回った。
ヒロのなつき度+8UP
なつき度★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆(最大20/現在15)9/10

なつき度★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆(最大20/現在16)7/10

         .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
       /:::::::::::::::::::::::::::::/::::::/ ::::::::::::::::::/::::::::::∧
.      /:::::::::::::::::::::::::::::/::::::/:::::::::::/::::::/::::::::::::⌒
     /:::::::::::::i::::::::|/ :──-::::::::::/:::::∧::::|:::::::::::::|

      .:::::::::::::::::l::::::::|:::/:/::/::::::://:::::/___Ⅵ:::::::::::::|
    ,′ ::/::::/| ::::::Ⅳ笊示ミ、 厶イ   i|:::::::::::::|

    :::::::/!:::八|::::::::| 乂:ソ      ァ==、 ,i|:::::::::::::|
   ,/::|:::/ |::::::::i|::::::::|          メソ' / |:::::::::::::|
    l/ l|::::::::i|::::::::|    ''     , `¨ /::::|::::::::::::i|
     '  八::::/i|::::::::ト、    _   '' /:::::i|:::::i|::::リ
       ∨从:::::::| \      , イ.!:::/i|::::/!::/
         _.ノマ'\:|     ーr: ≦/:::/|:/ |::/ |/
   _,.‐=ニニニニニ\    ∧\::// _ノ'′ノ'
 ∠ニニニニニニニニニ\   { ∨ニ=‐- .,_
./   `\ニニニニニニニニ丶 ‐=- Ⅴニニニニ7 、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トキ「センリヤマチーム居らんかったな……何処へいったんやろ」

~センリヤマ&ヒメマツシティ~ 四十三日目 夜
【行動回数:残り一回】
【イベント情報】
【藍の球を追え! 1/3】【星に願いを:ゴーシャスボールを手に入れろ! 2/5】
【宇宙からの来訪者:誰かに付けられてる気がする…… 1/5】

1.町を移動する
├1A:4番道路(コシガヤ方面)
├1B:6番道路(エイスイ方面)
└1C:ポケモンリーグ

2.施設を利用する
├2A:ポケモンセンター
├2B:デパート
├2C:依頼
├2D:ポフィン作り(一日一回)
├:ポケモンジム
├2F:ゲームコーナー
└:大会会場(※ジムクリアで可能になります)


3.探索
├3A:人の話を聞く
└3B:散歩(誰と歩くかも)

4.修行
├4A:ポケモンのレベルを集中的に上げる(行動回数1消費)ポケモン二体選択、Lv1+コンマ分の経験値
├4B:ポケモンのレベルを全体的に上げる(行動回数1消費)全員にコンマ分の経験値
├:猛特訓(きずぐすり1個と行動を3消費する)全員にLv3UP+コンマ分の経験値
└4D:ポケモンを構う ※誰を構うかも

5.ポケモンを探す
└5A:4番道路


6.誰かに連絡
├6A:耕介博士
├6B:和
└6C:誠

7.安価
(無茶振りな安価は、最安価になります)

↓2

               __  /⌒ヽ
                 ⌒\ ∨   ヽ___
              _, ----`      ∨   `ヽ、
           /´               |     \
          / ____    /  l|     | :.     \
            ///    /   |     |l |  :       ヽ
              /  /   //  ,∧    / ,イ  l| :.  .  .
          / イ / // : l  |    ' / !  从 |  :   :.
         .'/  ' ' /-|-{ {  |  /}/  | / } }  |    .
         }'  / |Ⅵ { 从  '  ,     }/ /イ   }     .
           / イ | l{   { ∨/      '    }   ∧ :   :.
          ´  | {|从三三 /   三三三 /  /--、| ∧{
                {从 |     ,            ムイ r 、 }} /} \
               |                ノ ' }/イ/
                {               _,ノ
                   人       _,..::ァ       r }/
                     `     ゝ - '   イ   |/
                        `  ーr  ´  ___|_
                     ___|     |//////|
                   {|___ノ  __|[_]//∧_
                 /// |____|///////////> 、

                     ///// |   /////////////////> 、
               /////// { //////////////////////}
             //////////∨///////////////////////|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ポフィン作成】
京太郎「皆と仲良くなっておこう」

01~30:失敗
31~60:まぁまぁのポフィン(なつき度+3UP)
61~90:普通のポフィン(なつき度+5UP)
91~99:良い感じのポフィン(なつき度+8UP)
ゾロ目:凄いポフィン(なつき度+10UP)

↓1

               __
             ...-...::::::::::::::::......、
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ

          ...:::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::',
      .  /::::::::::::::/ :::::::::::|ヽ:::::::::::::::::::::,
        '::::::斗‐/- |::::::::::',―ト:::::::::::::::}
       {:::::::::::::/  ,::::::::::::', l:::::::::::::::::!

        !:::::::::=== ヽ::::::::::,==::::::::::::!
        l::::::,'       \::::::'., l::::::::::::::!
      .  l:::从     l´ ̄ }\:::ヽ、:::::::::|
          !::::::::>-....ゝ -'_   ヽ;ヽ::!:::::!
       /:::::::::_:_:_:_/´ 爪 〉:::ヽ:::)):l:::::::',

        /:::::::::/::..::/:::! V.イ丶::::!〃:|::::::::∨
      ./::/::,'::,,::〈::::::!〃ヾ|:::::〉:::!::::::!:::::::::::∨
      /:/:::::::,:::{:::::::〉:::!   l:::〈:::::!::::::l::::::::::::::ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【普通のポフィン】
豊音「いっただきま~す!」


みんなのなつき度+5UP

┏手持ちのポケモン【Lv上限25】───────────────────────────────────────┓
│                                                                           │
│2・ひめこ ニックネーム:ひめちゃん 呼び方:きょーたろー でんき/― 持ち物:ふうせん                     │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆(最大20/現在16)8/10                           │
│                                                                           │
│3・まいる ニックネーム:まいちゃん 呼び方:主人さま(マスター) はがね/―                            │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆(最大20/現在16)8/10                           │

│                                                                            │
│5・もも ニックネーム:モモ 呼び方:パパ ゴースト/どく                                           │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆(最大20/現在19)3/10                            │

│                                                  .                          │
│6・ゆきこ ニックネーム:ユキ 呼び方:お兄さん ノーマル/―                                        │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆(最大20/現在15)1/10                             │
│                                                                           │
│8・洋榎 ニックネーム:ヒロ 呼び方:ガ~ス~ どく/― 持ち物:きあいのたすき                           │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆(最大20/現在17)2/10                             │
│                                                                            │
│9・ネリー ニックネーム:ネリー 呼び方:パピー フェアリー/― 持ち物:こだわりスカーフ                      ││
│なつき度★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆(最大20/現在10)7/10                             │

│                                                                           │
│10・なるか ニックネーム:なるかさん 呼び方:京太郎君 くさ/こおり                                 │
│なつき度★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆(最大20/現在9)7/10                             │
│                                                                           │
│11・みほこ ニックネーム:美穂子 呼び方:京太郎さん みず/― 持ち物:たべのこし                       │
│なつき度★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆(最大20/現在11)8/10                             │
┗────────────────────────────────────────────────────┛

                    /\-――‐- 、
              , --=7   丶      `ヽ
         /,             ヽ  ヽ
        ∠/       /      、 、  丶  i
        /       i     ! l.  l i.  i |
       /  ,/  ! !  l||   ! |、 ll !  |  ヽ、
      /_ -7 , | l ト、| |ヽ!  N , 斗 r  ,'_  ト--`
     ̄  //!  ! Nヽ!\|,//l/ l/! N ,ハ !|
       ´ / ,i丶 {=== l/ == =l/ ' ノ リ

        // l i `i           _/,、/

        ´   {ハ!ヽ{    ′   u  /!}/ ′
              丶  ー ―‐ '  / |′
               \    /  |

                __ i ー '     ! __
          , ィ'´:.:/-‐ ´}     /  `Y´:.:.\
      , -‐'' ´:.:./:.:.:./― - 、   ,/__ /:.:.:.:.:.:/`丶、
      ハ:.:.:.i:.,:.:,′:.:i     `    ̄    /:.:.:.:.:../:.:.:.:.:.:.:.丶、
    /:.:.:.i:.:.:|,':.:i:.:.:.:.:!   ヽ  /   /:.:.:.:.:.:/:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:,.ヽ

     !:.:.:.:.ヽ:.{:.:.l:.:.:.:.:l.     i     /:.:.:.:.:.:/:.:./:.:.:.:.:.:./:.:.:.i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【個室】

京太郎「明日は……バトルか緊張がっ!?」


1:ポケモンと触れ合う(誰と触れ合うかも記載して下さい)
2:寝る
3:ふれあいルームへ行く  A:少年 B:男の人 C:少女
4:安価(具体的な内容も)

↓2 ※安価を取る場合は具体的な内容も書いてください。
    ポケモンと触れ合う際は、触れ合うポケモンの名前もお願いします。

           「 ̄`ヽ-―‐---、__

           {:.. ,..-f( ))-、       ̄}
              广}___クーく.___{ ̄`ヽ ..:::/
          / ,..-‐r:r―┬r::r--、  }!V、_
          /7'..:::i::|^!...:::i:| |:ヒjハi::ヽ|! ヾヽ
           {ハ:::::::f':n:i、:::::{"{::n:ヾi:::.:|!  }!'^゙
           |丶弋ツ `゙ 弋;ツ}::::.|!  }!
            |:::|:i| "  '_   " .!::::.{! o|!、
             |、::|ハ:.,、  、ノ ,..ィ:ノ::リ;》=《i ゙、
         /.:ヽハ!:r‐` T"´  !イ':":.:.:.:.:\i!
       r:<>、.:.:.:.:.:.ト--、   ,..-/:.:.:,:イス) >_>、
      ζ√ーァ\:.:.:.ヽ     /:fィ_トrJ しイ.,>イ
        ∀  ! `Zf┬‐-≧ーイ:.:r'´       |_)i::}
      / .,.:彡ミy' /_,.-< ̄`ヽ::::..       !::、:::i!
      <  ̄  ノ''"   ...::::..... ::::::::.   ,.ィ:::::i!:::|
     ,.へ  / ........:::::::::::: ::::.   ::: ,:<_,.ノ::::::|:i::|
     `>'"           ::::: :::..:/  \:::::|::i:|
     ∠.._________;:.-'"´  __,.イ:::::|::::i!
       /  `ー┬‐;--------―irイヽ、|::::!:::i:|
       / 「 ̄ `ニY⌒r―''" ̄ ̄i .i! | i ヽ!::/::::|:|
     /  L...イ:.:./i T|`iー―--┘ i||  {/::::::ハ!
      / __/:.:// | |:.:.i____ i! ゙、  }::::::/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ネリーを構う】
ネリー「パピー! ゲームコーナーいこう!」

京太郎「換金できないぞ?」

ネリー「なんだ」

1:会話
2:安価

↓2

1となった所で今日の安価 はお終いになります。

あとは、ネリーの会話 ヒロとユキコの★15イベ 書いて 現状のPTの技構成を出しときます。

明日の18時から、ジム戦を開始するので!

ちょっとマック行ってくる……ポテト食いたい。



太るぞ

久しぶりにOK!を聞いて思ったんだが、サトシには自慢の技のからげんきとむこうみずがあるが、京太郎には何か自慢の技はないのかな?

           「 ̄`ヽ-―‐---、__

           {:.. ,..-f( ))-、       ̄}
              广}___クーく.___{ ̄`ヽ ..:::/
          / ,..-‐r:r―┬r::r--、  }!V、_
          /7'..:::i::|^!...:::i:| |:ヒjハi::ヽ|! ヾヽ
           {ハ:::::::f':n:i、:::::{"{::n:ヾi:::.:|!  }!'^゙
           |丶弋ツ `゙ 弋;ツ}::::.|!  }!
            |:::|:i| "  '_   " .!::::.{! o|!、
             |、::|ハ:.,、  、ノ ,..ィ:ノ::リ;》=《i ゙、
         /.:ヽハ!:r‐` T"´  !イ':":.:.:.:.:\i!
       r:<>、.:.:.:.:.:.ト--、   ,..-/:.:.:,:イス) >_>、
      ζ√ーァ\:.:.:.ヽ     /:fィ_トrJ しイ.,>イ
        ∀  ! `Zf┬‐-≧ーイ:.:r'´       |_)i::}
      / .,.:彡ミy' /_,.-< ̄`ヽ::::..       !::、:::i!
      <  ̄  ノ''"   ...::::..... ::::::::.   ,.ィ:::::i!:::|
     ,.へ  / ........:::::::::::: ::::.   ::: ,:<_,.ノ::::::|:i::|
     `>'"           ::::: :::..:/  \:::::|::i:|
     ∠.._________;:.-'"´  __,.イ:::::|::::i!
       /  `ー┬‐;--------―irイヽ、|::::!:::i:|
       / 「 ̄ `ニY⌒r―''" ̄ ̄i .i! | i ヽ!::/::::|:|
     /  L...イ:.:./i T|`iー―--┘ i||  {/::::::ハ!
      / __/:.:// | |:.:.i____ i! ゙、  }::::::/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ネリーと会話】

京太郎「ネリーはさ、楽しい?」

ネリー「何のこと?」

京太郎「この旅」

ネリー「うん? 楽しいよ?」

京太郎「そっか」

ネリー「なに、心配になったの」

京太郎「連れまわしてばかりだからな」

ネリー「なるほど、ネリーは特に問題ないかな」

京太郎「不満もなし?」

ネリー「特には、あっ……」

京太郎「あ?」

ネリー「ゲームコーナー!」

京太郎「別にいいけど……あそこは」

ネリー「メダルゲームやってみたい」

京太郎「あの……100円で10枚ぐらいの?」

ネリー「そそ、あれ楽しそう!」

京太郎「なるほど……なら今度一緒にやるか」

ネリー「おー!」

ネリーのなつき度+3UP
なつき度★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆(最大20/現在10)7/10

なつき度★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆(最大20/現在11)0/10

  :/:)x八: . 圦__--  __   \);,  ヤi    、,㍉;.:.:.^ぃ  `~""  ´~^"^丶、__`つ
 /ii′   \ :/二ニ=‐-ミメ、 \  .り    /   \:.`:ヽ
 :八       :,′      `' 、  v/ |  / '    ` ;ヽ:.:.、
 .:.L≧=ー彡イ:          \ V | ' /      Vハ\
 i人   .:.:.i{ : : .             ヽ:|:.レ ,:′      }.i:ノ,   _
 / `':=ァ.:.:.:iヤ : : : . .       . : :i|少゙: : . .  . . : : 圦i:’  `
    ∧:.:i|込 : : : : : . . . . . . . : : : 八 : : : : : : : : : : : ,:仏ハ:i}  :i

    ∧(:.八i.:}i:,、: : : : : : : : : : : /: :,)iッ,___________,. イ 〕「i.:!リ  :i
   人乂ト、`r:リ{≧=‐----‐=彡  .:ノi:.:.:ノ八vノ:.i.リ アi.:.:,:′ ,:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【由暉子 ★15イベント】

京太郎「………」

ユキ「……今日も視線はここですか」

京太郎「あぁ……いや、ごめん」


ユキと話していると自然と胸へと行ってしまう。

慌てて戻すも、罰悪く、明後日の方向に視線を飛ばした。


ユキ「………」

京太郎「本当、ごめん」


少しの無言の後、もう一度謝る。


ユキ「よいしょっと」

京太郎「うん?」


頭を上げれば、手をユキに取られ、何やら柔らかい物を触る。

その柔らかい癖になりそうな感覚に何度か揉んで見る。


ユキ「んっ……」

京太郎「ってあれ?! これってユキの胸!?」


慌てて身を起してみれば、胸に手が置かれていた。


ユキ「触りたいんですよね?」

京太郎「えっと……はい」

ユキ「なら、どうぞ」

京太郎「……ごくりっ」


その後、暫くの間堪能した。

【ユキに大胆なスキンシップが可能になった】

: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:\
: : : : \: : : : ; イ: : : : : : : : : .i:.: : : : ヾ\  つ
: : : : /\/ .,': : : : : : ハ: : :.}: : : : : :.i//
: :ハ;/   \//i : :/ !: :/i: : : : : : :i′

:/ 气テテZ=,  // -‐‐''" !: : : : : : :}
{.   l::::;;;::::i       テ=ェx_ /: : : : :.}:.;'
    乂::::ソ       |::;;;::「./: : : : :./i/
   xxxx      乂ソ厶イ:_;ィ′
:、            "" i : :ノ \\
 \   r‐ ― ァ  U 八i'  //

..r‐/≧:..._   ̄ __,  イ: :i  /
" \  /  ̄      !: :i
i   /‐'iハ       |:.;'
ハ__,/》《∧_}\.      |/
,/ /|| |ト、!  \

_/ .|| ||    i   }
   /ハ!  ,/  i
         { / .!
       i/  |\

          }      \
         /       /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ヒロ ★15イベント】

ヒロ「いけー!そこやー!」

京太郎「……どういうこと?」


明日の試合のため、ヒロの様子をと思ったのだが、何故かこのようになっている。

ヒロを後ろから抱きしめた状態でTVを観戦しているのだ。


ヒロ「ほらほら、ガ~ス~も応援!」

京太郎「あぁ……いや、うん」


何か言おうとするも、ヒロにせがまれ、TVへと集中することにした。


ヒロ「打った! 走れ、走れ!」

京太郎(……動かないで!? 柔らかいが当たるから!)


抱きしめる形状、膝の上に座らせているのだが、良い匂いはするわ。

柔らかい物があるわで非常に集中しづらい。


京太郎「……隣で見てちゃ駄目?」

ヒロ「ううん? なんでや?」

京太郎「あー…いや、なんでもない(言ったら絶対からかわれる!)」

ヒロ「変なやっちゃなー!」

京太郎(変なのは無防備なヒロです!)


結局、試合が終わるまでモンモンと過ごす事になった。


【ヒロに大胆なスキンシップが可能になった】

【現在の状況】 四十三日

              _  , --、__        ┏─知り合い──────────―――――┓
             /.:.:.::.<´/三萬三\、     │リーフ★   阿部★ ギンコ★          │
              //.:.:.:.:.::.:.:.:,ニ(__)ニ.|     |耕介博士&慕                    |
           l  l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\___/|     |原村 和                       |
           |  |.:.:.::.:.:_,.  -―…‥‐- 、     │高久田 誠                      │
           |_レ<_______ \   ┗────────────────────┛
      ___, -‐:│ /ヘ ゙、,|≡≡ Y ≡NV ___ \  ┏─現在の所持金───┓┏─現在位置───―――――┓

     /:::::::::::::::::и{        丶  | ハ|   ̄   |             63750円||センリヤマ&ヒメマツシティ   |
    // ̄ ̄\::::::::::゙、ィ-ャ  r ----┐ ,ノ        ┗──────────┛┗─────────────┛
   //|::::::/::::::::::||::::::::::/\\_`ー-‐',...イ
  |/:::|::::/::::::::/::|| /「:ト、:::》   T ≫:::::::|       ┏所持品────────┓┏大切な物───────┓
  /:::::::::::::::::::::::::/ ゙̄、::| `ー-,ァ ケ/「|`ーi、       │モンスターボール ×1  ││わざマシンケース      │
 |:::::::::::::::::::::::::/     |;;|  o〈 // |;;|. / |       │きずぐすり     ×5  ││櫛               │
./:::::/ー-、:::/:::|    ||;;|   V   |;;|.  |       │どくけし       ×5  ││バッジケース        │
|::::/::o:::/ヘ|::::::|    /:/   o   |::|  |       │まひなおし     ×4  ││きのみケース        │
|=|===彳 ||::::/    /:/       レ   |       │ねむけざまし    ×4  │┗───────────┛
|:::|::::::::::|:::イ、/    |´    o   ,イ   |       │スーパーボール  ×4  │┏───────────┓
|::::::::::::::::::::::/    /_      | |   |       │凄いポフィン    ×1   ││成功判定確定券 ×1  │
!:::::::::::::::::::::|    /―┤  o ┌┤|   |      . │ひかりのいし   ×1   │┗───────────┛
`ー-、::::::::::|    /       /|   | |   |       ┗───────────┛
     ̄ ̄|o   |     / |     | |   |  .   . 
┏手持ちのポケモン【Lv上限25】───────────────────────────────────────┓

│1・うた ニックネーム:うたちゃん 呼び方:京太郎 ゴースト/ほのお                                  │
│Lv25★★★★★ HP:67 攻:27 防:40 特攻:45 特防:40 素早:22       .                         │
│愛情【硬い絆で結ばれている】条件1進化 条件2衣と一線を越えている 条件3ゲンシカイキをした               │
│                                                                           │
│2・ひめこ ニックネーム:ひめちゃん 呼び方:きょーたろー でんき/― 持ち物:ふうせん                     │

│Lv25★★★★★ HP:72 攻:40 防:28 特攻:55 特防:50 素早:60                                │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆(最大20/現在16)8/10                           │
│                                                                           │

│3・まいる ニックネーム:まいちゃん 呼び方:主人さま(マスター) はがね/―                            │
│Lv25★★★★★ HP:72 攻:37 防:32 特攻:55 特防:50 素早:60                                 │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆(最大20/現在16)8/10                           │

│                                                                            │
│4・まほ ニックネーム:マホ 呼び方:ごしゅじんさま あく/―                                        │
│Lv25★★★★★ HP:62 攻:45 防:32 特攻:52 特防:28 素早:49                                │

│愛情【硬い絆で結ばれている】条件1進化 条件2スタイルチェンジをした 条件3ジム戦を2回体験                  │
│                                                                            │
│5・もも ニックネーム:モモ 呼び方:パパ ゴースト/どく                                           │
│Lv25☆☆☆☆☆ HP:72 攻:49 防:37 特攻:77 特防:50 素早:67                                 │

│なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆(最大20/現在19)3/10                            │

│6・ゆきこ ニックネーム:ユキ 呼び方:お兄さん ノーマル/―                                        │
│Lv25★★★★★ HP:70 攻:40 防:34 特攻:34 特防:44 素早:55                                 │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆(最大20/現在15)1/10                             │
│                                                                            │
│7・とき ニックネーム:トキ 呼び方:京ちゃん エスパー/フェアリー                                    │
│Lv25★★★★★ HP:61 攻:27 防:33 特攻:45 特防:40 素早:37                                 │
│愛情【硬い絆で結ばれている】条件1 『娘さんを下さい』をクリア 条件2 竜華と一線を越えている 条件3 メガ進化する  │

│                                                                           │
│8・洋榎 ニックネーム:ヒロ 呼び方:ガ~ス~ どく/― 持ち物:きあいのたすき                           │
│Lv25★★★★★ HP:79 攻:62 防:42 特攻:55 特防:42 素早:49                                  │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆(最大20/現在17)2/10                             │
│                                                                            │
│9・ネリー ニックネーム:ネリー 呼び方:パピー フェアリー/― 持ち物:こだわりスカーフ                      │
│Lv25★★★★★ HP:60 攻:22 防:45 特攻:32 特防:49 素早:19                                  │
│なつき度★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆(最大20/現在11)0/10                             │

│                                                                           │
│10・なるか ニックネーム:なるかさん 呼び方:京太郎君 くさ/こおり                                 │
│Lv25★★★★★ HP:72 攻:43 防:37 特攻:43 特防:42 素早:32                                │
│なつき度★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆(最大20/現在9)7/10                             │
│                                                                           │
│11・みほこ ニックネーム:美穂子 呼び方:京太郎さん みず/― 持ち物:たべのこし                       │
│Lv25★★★★☆ HP:52 攻:20 防:19 特攻:18 特防:40 素早:52                                │
│なつき度★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆(最大20/現在11)8/10                             │
│                                                                           │
│12・豊音 ニックネーム:豊音さん 呼び方:京太郎君 あく/―                                      │
│Lv40 HP:118 攻:97 防:80 特攻:125 特防:89 素早:117                                      │
│愛情【硬い絆で結ばれている】条件1豊音を使えるようになる 条件2幻・伝説ポケモンのゲット 条件3ミヤモリタウンを訪れる│
┗────────────────────────────────────────────────────┛

【現状手持ち技構成】

1・うた ニックネーム:うたちゃん 呼び方:京太郎 ゴースト/ほのお
Lv25★★★★★ HP:67 攻:27 防:40 特攻:45 特防:40 素早:22
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・かえんほうしゃ(基本・ほのお/特殊/威力・90/命中・100)【10%の確率で相手を『やけど』状態にする】
┃├2・あやしいひかり(基本・ゴースト/変化/威力・―/命中・―)【相手を1~4ターンの間『こんらん』状態にする】
┃├3・ちいさくなる(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・―)【自分の回避率を2段階上げる】
┃└4・ほのおのうず(基本・ほのお/特殊/威力・35/命中・85)【4~5ターンの間、毎ターン終了後最大HPの1/8のダメージを与え、その間相手は逃げられない】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2・ひめこ ニックネーム:ひめちゃん 呼び方:きょーたろー でんき/― 持ち物:ふうせん
Lv25★★★★★ HP:72 攻:40 防:28 特攻:55 特防:50 素早:60
【覚えている技】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・ほっぺすりすり(基本・でんき/特殊/威力・20/命中・100)【100%の確率で相手を『まひ』状態にする】
┃├2・でんこうせっか(基本・ノーマル/物理/威力・40/命中・100)【必ず先制できる】
┃├3・アンコール(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・―)【3ターンの間、相手は最後に使用した技しか使えなくなる】
┃└4・かみなり(基本・でんき/特殊/威力・110/命中・70)【30%で相手を麻痺させる】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

3・まいる ニックネーム:まいちゃん 呼び方:主人さま(マスター) はがね/―
Lv25★★★★★ HP:72 攻:37 防:32 特攻:55 特防:50 素早:60
【覚えている技】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・アイアンテール(基本・はがね/物理/威力・100/命中・75)【30%の確率で相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる】
┃├2・スピードスター(基本・ノーマル/特殊/威力・60/命中・100)【相手全体を攻撃。自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する】
┃├3・てだすけ(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・―)【使用後、味方の技の威力を1.5倍にする。(優先度:+5)】
┃└4・かみなり(基本・でんき/特殊/威力・110/命中・70)【30%で相手を麻痺させる】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

4・まほ ニックネーム:マホ 呼び方:ごしゅじんさま あく/―
Lv25★★★★★ HP:62 攻:45 防:32 特攻:52 特防:28 素早:49
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・みだれひっかき(基本・ノーマル/物理/威力・18/命中・80)【1ターンに2~5回連続で攻撃する】
┃├2・だましうち(基本・あく/物理/威力・60/命中・100)【自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する】
┃├3・おいうち(基本・あく/物理/威力・40/命中・100)【相手がポケモンを交代する時に攻撃すると、交代前のポケモンに2倍のダメージを与える】
┃└4・うそなき(基本・あく/変化/威力・―/命中・100)【相手の『とくぼう』ランクを2段階下げる】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

5・もも ニックネーム:モモ 呼び方:パパ ゴースト/どく
Lv25☆☆☆☆☆ HP:72 攻:49 防:37 特攻:77 特防:50 素早:67
なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆(最大20/現在18)6/10
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・さいみんじゅつ(基本・エスパー/変化/威力・―/命中・60)【相手を2~4ターン(実質1~3ターン)の間『ねむり』状態にする】
┃├2・どくづき(基本・どく/物理/威力・80/命中・100)【30%の確率で相手を『どく』状態にする】
┃├3・のろい(基本・ゴースト/変化/威力・―/命中・60)【相手を『どく』状態にする】
┃└4・シャドーパンチ(基本・ゴースト/物理/威力・60/命中・―)【自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

6・ゆきこ ニックネーム:ユキ 呼び方:お兄さん ノーマル/―
Lv25★★★★★ HP:75 攻:45 防:54 特攻:39 特防:66 素早:65
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・おんがえし(基本・ノーマル/物理/威力・―/命中・100)【ポケモンがなついているほど威力が高くなる。最高102】
┃├2・とびげり(基本・かくとう/物理/威力・100/命中・95)【攻撃が外れると、自分の最大HPの半分のダメージを自分が受ける】
┃├3・ふぶき(基本・こおり/特殊/威力・110/命中・70)【相手全体を攻撃。10%の確率で相手を『こおり』状態にする。天気が『あられ』の時は必ず命中する】
┃└4・つぶらなひとみ(基本・フェアリー/変化/威力・―/命中・100)【必ず先制できる。相手の『こうげき』ランクを1段階下げる】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

7・とき ニックネーム:トキ 呼び方:京ちゃん エスパー/フェアリー
Lv25★★★★★ HP:61 攻:27 防:33 特攻:45 特防:40 素早:37
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・ねんりき(基本・エスパー/特殊/威力・50/命中・100)【10%の確率で相手を1~4ターンの間『こんらん』状態にする】
┃├2・かげぶんしん(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・100)【自分の回避率を1段階上げる】
┃├3・いやしのはどう(基本・エスパー/変化/威力・―/命中・100)【相手は最大HPの1/2回復するる】
┃└4・チャームボイス(基本・フェアリー/特殊/威力・40/命中・―)【相手全体を攻撃。自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
8・洋榎 ニックネーム:ヒロ 呼び方:ガ~ス~ どく/― 持ち物:きあいのたすき
Lv25★★★★★ HP:79 攻:62 防:42 特攻:55 特防:42 素早:49
【覚えている技】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・どくどくのキバ(基本・どく/物理/威力・50/命中・100)【50%の確率で相手を『もうどく』状態にする
┃├2・ベノムショック(基本・どく/特殊/威力・65/命中・100)【相手が『どく』状態の時、威力が2倍になる】
┃├3・へびにらみ(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・―)【相手を『まひ』状態にする。『でんき』タイプには無効】
┃└4・かみつく(基本・あく/物理/威力・60/命中・100)【30%の確率で相手をひるませる】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
9・ネリー ニックネーム:ネリー 呼び方:パピー フェアリー/― 持ち物:こだわりスカーフ
Lv25★★★★★ HP:60 攻:22 防:45 特攻:32 特防:49 素早:19
【覚えている技】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・ゆびをふる(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・―)【ほぼすべての技の中からランダムで1つ使う】
┃├2・てんしのきっす(基本・ファアリー/変化/威力・―/命中・75)【相手を1~4ターンの間『こんらん』状態にする】
┃├3・あくび(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・―)【【次のターン終了時に相手を2~4ターン(実質1~3ターン)の間『ねむり』状態にする】
┃└4・しねんのずつき(基本・エスパー/物理/威力・80/命中・90)【20%の確率で相手をひるませる。】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
10・なるか ニックネーム:なるかさん 呼び方:京太郎君 くさ/こおり
Lv25★★★★★ HP:72 攻:43 防:37 特攻:43 特防:42 素早:32
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・れいとうパンチ(基本・こおり/物理/威力・75/命中・100)【10%の確率で相手を『こおり』状態にする】
┃├2・ふぶき(基本・こおり/特殊/威力・110/命中・70)【相手全体を攻撃。10%の確率で相手を『こおり』状態にする。天気が『あられ』の時は必ず命中する】
┃├3・はっぱカッター(基本・くさ/物理/威力・55/命中・95)【相手全体を攻撃。急所に当たりやすい】
┃└4・くさぶえ(基本・くさ/特殊/威力・―/命中・55)【相手を2~4ターン(実質1~3ターン)の間『ねむり』状態にする】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
11・みほこ ニックネーム:美穂子 呼び方:京太郎さん みず/― 持ち物:たべのこし
Lv25★★★★★ HP:72 攻:43 防:37 特攻:43 特防:42 素早:32
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃1・まもる(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・100)【必ず先制でき、そのターンの間、相手の技を受けない。連続で使うと失敗しやすくなる】
┃2・みずのはどう(基本・みず/特殊/威力・60/命中・100)【20%の確率で相手を1~4ターンの間『こんらん』状態にする】
┃3・さいみんじゅつ(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・60)【相手を2~4ターン(実質1~3ターン)の間『ねむり』状態にする】
┃4・たいあたり(基本・ノーマル/物理/威力・50/命中・100)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
12・豊音 ニックネーム:豊音さん 呼び方:京太郎君 あく/―
Lv40 HP:118 攻:97 防:80 特攻:125 特防:89 素早:117
愛情【硬い絆で結ばれている】条件1豊音を使えるようになる 条件2幻・伝説ポケモンのゲット 条件3ミヤモリタウンを訪れる
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ├1・ダークホール(基本・あく/変化/威力・―/命中・100)【相手全体を攻撃。相手を2~4ターン(実質1~3ターン)の間『ねむり』状態にする。】
┃ ├2・あくむ(基本・ゴースト/変化/威力・―/命中・100)
┃  【相手が『ねむり』状態の時、『あくむ』状態にする。『あくむ』状態になると、毎ターン、HPが最大HPの1/4ずつ減る。
┃  ただし『ねむり』状態から覚めると『あくむ』状態も解かれる】
┃ ├3・さいみんじゅつ(基本・エスパー/変化/威力・―/命中・100)【相手を2~4ターン(実質1~3ターン)の間『ねむり』状態にする】
┃ └4・だましうち(基本・あく/物理/威力・60/命中・100)【自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

>>641-643
しっかりとランニングしとるから問題なし!
体重は平均やからね

>>649
メロメロやろな!

今日はこれまで
それは感想やら質問あれば 

それでは明日!

ジム戦用にちょっと計算してみたけど洋榎にスカーフ持たせてかみつくで同レベル性格補正なしなら高翌乱数で先手で恭子倒せるみたいだから狙ってみるのもアリかも?

末原さんかなしばり持ってそうなのが怖いんだよな

タイプ的にはトキかうたたんだけど、耐えれるのか微妙なんだよな

>>671-674
Lvは……3つ目のジムなんで、二つ目のジムがあれなだけっす。

>>675
ソンナコトナイヨー

>>676
オボンのみを持たせれば、ある程度はいけるかと……うたちゃんは、ゴースト技ないけど

末原さんがユンゲラーなのは意外だった
ノーマルタイプのなんかだと予想してたんだけ盛大に外れたわ

敗北したらどうなるの

めのまえがまっしろになる

おつありん!

>>678
オカルトへの分析能力=頭いい
鳴き多用の速攻戦術=種族、素早さ高い
ゲームでオカルトもち=エスパー

=フーディン っすね

あれだけボコボコにやられても普通に立ち上がりますし、その怯まない精神力で特性せいしんりょく持ち なども挙げられます。

>>679 >>680っすね


人いたらやっていきます!

     , ´   /  .' / .'  '        | l  | l |  |
   /    / '   |  | | l|  |    l | ,  } l |  |
 _/    イ /   l|  |_,∧_{  :.   ,-|-}-/、 ,  |  {   _   ___,-、 __
  ̄ ´   / /    {  |、{ l∧  {、   | }/イ/},イ /  l_、  { Y´ /  '   }- 、
      {〃   r∧ |ィ斧ミ从 、Ⅵ , イ斧ミ、 } /l|  l、r  ̄ {   {  |  / _ }、
      /    /{ 从{、 Vzリ  \Ⅵ/ Vzり /イ } / |   乂_人_/、_/   / \
       /   //从 l∧\       ,\        | /イ/   }==   ̄ ̄ ̄ ー く
     /  イ'  {/l∧ ∧      、        ,イ/j'  /             \
    ̄ ̄        ー∧         _,     从    ,                 \
               ヽ 、    ` ¨  ̄   ィ }/    /     / '
                 ∧ \       / |/>  ,      /
                  {(从_|     --  ´ 「/// |  {
                  |/ ̄}}          |////|_ |
            _,.:<|///||          l/////` |
     _,.. -=<///// \//}         ,r-/////// |
  <//////////////////∧-- 、    {///////l{

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎「おはようございます」

トキ「そんなん言わずにガラっと行けばええんよ」

ヒロ「せやせや、こう……ガラっと!」


朝食も終え、準備を整えるとジムへとやってくる。

呼び鈴やそう言ったのが無い為、しょうがなく大きな声を出したのだが……。

トキとヒロが大きな扉をぐぐっと押して、入った。


京太郎「開くもんだな」

トキ「軽い軽い♪」

ヒロ「はっはっは、住み慣れとるしな!」

???「ほぅ……住み慣れた家に一度も連絡しなかったくせにな~?」

トキ「お邪魔しました」

ヒロ「絹には旅立ったとお伝え下さい」


中に入って、鬼を見た瞬間、回れ右で帰ろうとする二人。

そんな二人の逃亡むなしく、最速で伸びてきた手が二人の服を掴み、中へと引き釣りこんでいった。

                         __/::::::/::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                        /.::::::::/::::::/::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
                     / /:::::/::::::/:::::/}/:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                  / /:::::/::::::::/:::::/ /:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::.
                    / /:::::/::::::::/::/ /::://:::::::::::::::::::::::/::::::::/|::::::::::::|::::::::::::::::::::::.
                / /:::::/::::::::/:7´~~//-/:::::::::::::::::://::: / !::::::::::::!:::::: l::::::::::::::.
                 ∨::::::l::::::::/l/  /´___/:::::::::::::::/、,/::/   !::::::::::::!:::::: l :::::::::::: |
                 /::::::/|l::::/xァ≠=-ミ l::::::/:::/__彡:へ   |::::::::::|::::::::|:::::::::::::::|
                   / ::::::i:八/{ /三三 ハ|::://  ̄ ̄、   \ 从:::::::l:|::::::::|:::::::::::::::|
.              . --./::::::::::l::::::′rうく三/   }/´    ____     // ::::::::l:|::::::::|:::::::::::::::|
          /: : :/:::::::::::::l::::′    `う         ⌒7三≧x // /:::::::从:::::/:::::::::::::::;
         /: : :/::::::::::::::::l::′///         /三三三ハ/::::/::::::)イ:::::::::::::::::;
       /: :.:/::::/::::::::::::::′       /      てうぅ三ジ 厶イ::::::/::::::::::::::::::::::
.       /: : :.:/::::/:::/:::::::::::::{  し               `う゚ ´  /::/::::::::::::::::::::::::::{
      /: : :.:/:::/:/:::/:.|::::::::::::::                    ///  /イ::::::::::l::::::::::::::l:::::::.
.     /: : : : |::/:/:::/: :.|:::::::/::::::::.、     乂_)             /::::::::::::l::::::::::::::l:::::::::.
    /: : : : : l/: l:::/ : : |l:::∧::::::::::::.、               U  /:::l:::::::: :l::::::::::::::l::::::l::::.

.   /: : : : : : : : :l/: : : :八{: ∧::::::::|:::\                   /:::: l::::::::: l:::::::::l::::|\{\{
..  /----=ニ二.:: : : : : : : : : : :\从::::::::l≧=--------‐┬=≦>-/::::::: l::::::::: l:::::::::l::::|: : ニ=-

  二/ /二二二二二ニ===ニ二ニ==\/           /::::::::::::::::/:::::: : :l::::::::: l:::::::::|)ノ: : : : : : :\
/ニ/ /二二二二二二二ニ二二二二′           /:::::::::::::: /::::::::::::::l::::::::: l:::::::/: : : : : : :/ ̄|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トキ「アカン、こら……アカン!」

ヒロ「オカン! 待って、うち等捕まってたし!」

雅枝「事情は聞いとるし、連絡ぐらい入れられたやろ」

トキ&ヒロ「「確かに!」」

京太郎(おおぅ、この人がゴーリキーを投げ飛ばすほどの人か)


中から、髪を伸ばし眼鏡をかけた女性が二人を正座させ立っていた。

トキやヒロと違い大人って感じの人で、大変美しい。


雅枝「まったく」

トキ「あれ? ゲンコツこんの?」

雅枝「これから、ジム戦やろ。流石に体力を減らすようなマネはせんって」

ヒロ(儲け!)

雅枝「終わったら説教やけどな!」

ヒロ「損!」

京太郎「すいません」

雅枝「あぁ……悪かったな。私は【雅枝】このジムのジムリーダーにして、この子等の親代わりや」

京太郎「キヨスミタウンの京太郎と申します」


此方に視線を向けられたので自己紹介して頭を下げる。


雅枝「事情は聞いとる。この二人をありがとな」

京太郎「いえ……捕まえてしまってますし」

雅枝「そりゃ、しゃーないわ。野生やし、こっちも捕まえてなかったしな」

京太郎「……あの、なんで野生のままで?」


疑問に思った事を聴いてみることにした。

そもそもだ、最初から捕まえておけば、この様に俺に捕まる事も無かった筈だ。


雅枝「子をボールに収める親が何処に居る」

                    _, ⌒\/ ̄ ̄ \

                ,    ̄ ̄ /     、     _\
             ´      /        \     `ヾ
            /         '     、 、 、     \
             /          |   {  :. | | ∨、\   \__
           ′        |    l|  } | |、 | |\ \ ̄ ̄´
           .        {   从 /-}/-Ⅵ {  ヽ |
          /       ,.-从   | }/ ィ≧、 {  \ }'
          /イ      { ⌒\ {   、 Vj ∨、  \
            八       、   \       ヽ  ̄
            Ⅵ        ,ー、         ,:'
            ヾ\    / ∧         -,
                  ヽ /{/     、       '
                _从/____ >  __ノ
              |///////////l :l//|

              |///////////|  //|
                /////////// ∧ :./|
          , <////////////////\l/、
        //////////////////////\l、

          //////////////////////////} }
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「……(本当に子供なんだな)」


雅枝さんの言葉を聞いて、そんな感想を抱く。

故にこれを言わないといけない。


京太郎「なるほど……理解できました」

雅枝「まぁ……ここに居ればと甘い考えやったけどな」


そう言って、二人をギロンと睨めば、二人は明後日の方向を向いた。


雅枝「それで、話は聞いとるけど……私に何か言う事は?」

京太郎「……【娘さん達を俺に下さい】」


そう言って、もう一度丁寧に頭を下げた。

謝る……? 何を謝るというのだ。

返す? それが正しいのかも知れない。

しかしだ……俺はまだ、この二人と一緒に居たい。

ヒロの気持ちを聞いた、トキの気持ちを知っている、だからこそ頭を下げた。


雅枝「………」

京太郎「………」


暫しの間、無言となり、胸がばくばくと動悸を繰り返す。

それでも根気よく待てば……。


雅枝「はぁ……相変わらず運はええな」

トキ「せやろ!」

ヒロ「人生なんとかなるもんや!」


雅枝さんが二人へと話しかけた。


雅枝「頭上げてええよ」

京太郎「はい」

雅枝「まぁ……好きなだけ持って行き」

トキ「私等の身柄かるっ!?」

ヒロ「うわ~……ないわ。そりゃ、ないわ」

雅枝「なら、縛り付ける」

トキ&ヒロ「「すいませんでした!!」」


二人がひそひそと話していれば、そんな事を言われ、二人して頭を下げた。

なんと言うか……これがこの家の日常なのだろう。


雅枝「ということでや、私は納得しとる。けどな……」

京太郎「彼女ですね」

雅枝「そそ、納得してない子も居る訳で……そこは自分で頑張りや」

京太郎「そのつもりです」


雅枝さんの言葉に頷き、場所を移動する。

握り締めていた掌を開けば、汗が流れた。

               イ        \         ヘ
           ,  ´            マ      ハ
          /                 マ
         ,                         '
       ,                      ',
      /^ ‐-  .,_                 V     }
     ,       ``ヽ              V     i
    .7                           V
 r====zzュ。、              '´ ̄ ̄`゙ ‐-}   φ

 |87´フニミュ。、`ミュ.,、                 イ

 {;;;ハ´   仍 .::. 心、 `ミュ,、      _,,。zzz。,,_    ,'}   ,
 {;;;{ ヽ  ら ij  リ ヽ ヽニニニ彡",ィ====ュ、、”゙‐-z、
 ',;;;',    乂  ノ   彡==、', ´ ん .::.  7 ヾ 7 }。}  '
  `iー- __ ¨´ ,z彳´     ヘ',  r’ ij  /  ノ,' ム7
  .ハ      ̄          ヘ, ゝ.ュ_,ノ   .ハ ム7  7
  .ハ                ` =zzュ。,,__,,ィ彡"

                ’          ̄ハ     7
    ,                      ハ
    ハ                    人    7
     ハ\     ´   ヽ         <{      7
     .}  \             <  ,'     7
     i}    `  _    <  /   /
     i!         ,'       /   /     {
     ト、,         / ヽ    ,   ,'      ,
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

絹「来よったな」

京太郎「えぇ……勿論!」


移動すれば、道場のようなところでやはり、待ち構えていた。


恭子「はぁ……やるか」

郁乃「ふぁいと~」

恭子「代行が指示を出すんですからね?」

郁乃「え~……面倒」

恭子「この人は……っ!」

京太郎(この人もジムリーダーなんだよな?)


のんびりしている人を見て、疑問が沸いてきた。


絹「あっちはええよ。ジム戦は、【ダブルバトルでお姉ちゃんはメンバー入り】」

京太郎「はい」

絹「こっちは、私と末原先輩の二人や」


絹さんの言葉に頷き、ヒロを前に立たせる。

そしてもう一人を選択する。

>>13
相性表

>>663-664
技構成 タイプ


京太郎(相手はかくとう/エスパー……ヒロはどくだから……エスパータイプに相性が悪い)

京太郎(かくとう半減のエスパー等倍でかくとうに有利なトキか)

京太郎(かくとう無効でエスパーに強いゴーストタイプか、但しモモはどくを持ってるからエスパー技を喰らえば2倍のダメージ)

京太郎(うたちゃんは、等倍だけど……ゴースト技を持っていない。これを考えるに……)

【オススメ】トキ モモ うたちゃん

京太郎(オススメはの3人かな……さてと俺がだす子は――)


↓ 先に2票獲得した子 この三人以外でも可能

            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...
      ,:':::::::::::::;::::::::;;;;;;;;;::;;;;;;;;;;;;;;;;;;::i!::::::::::::::::::::::::..
      /─,'─┼─;;;;;;;;,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ハ--::::::::::::::::::::::.
     ,' ....,' ::::;;;;!;;;;;;;;;;;;イ;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;,' ゙、;;;;;;:::....`ー‐゙.
     l::::::|:::::;;;-!─‐ァ<!;イ;;;;;;;;;;;イレー─、-|、:!;;:::::..... !
     |:::;;l::::;;;;;,'|;;;/_|l |;;;;;;;//'__ 、|;;;|;;;;::::::::::|
     |::从|;;;;;;|チテ:≠ト7;/  チテ≠zx;;;;|;;;;;;::::::::l

     ∧;;リ、!;-〈 t゚:::ij:c|´     |゚::ij::c}〉 〉ハ;;;;;;;;::::::!
     /:::;;;;;;;;;;Nト.` ゞー‐'      ゞ--'' 1:ハ.|;;;;;;;;;:::::|
    ,':::;;;;;;;;;;l;;;;{ハ 〃     '     〃 /) l!;;;;;;;;;;;:::l
   ,':::;;;;;;;;;∧;;ト、!                /='';;|;;;|;;;|;;;l::l
   !:::;;;;;;;;,';;;;|;;!;;;ヽ      -     ,.イ ;;;;;;;|;;;|;;;|;;;;!::!
   |!:l;;;;;;;l!;;.r!;|;;;;;;;;;;≫、.      ....ィ;;;;_;;:;;;;;;;;|;;;|,;;|;;λl
   ヾト、;;;|!;|. ト!;;l;;;;l;;;;{ |;;!}.  ー ´|、;;;;!;;j ∨;;;;;;!;/ j|;;,' |'
     \!;;! !tLヾレ! !;;;{      }::ヽ、:' .,';;;;;;;;;' /;/ /
      ≦|r┴=r‐-} ゙.:!      !:::::::,' .{ーr‐< /-、
.      , '´ j ,'´,r‐チ  l:.,r''⌒ヽj:::::::,' ヽ、`ヽ `<. ヽ
    / / /_,'/ヽ..__  !:、   ,'::::::/ __,..-.\_\ヽ. l
    ,' / r'─rァ ヽ_    ト、、  /:::::/   / ̄}`Tニl、 |
    |/ ゙ーニT、.__ __   ト、ゝ/:=ク、     f`デ゙゙ ヽ
   / ,.ィ゙,-、\\   ̄  \ホ/ ヽ  `>',ィニヽ  ゙、
    |//  \\!ヽ     \    ,イ//`ヽ. \ !
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「トキ……お願いできる?」

トキ「モチのロンや!」


トキを選択した。


絹「園城寺先輩か」

恭子(まぁ……打倒やね)

トキ(まぁ……気楽に行けばええよね)

雅枝「あっ……そうだ。負けたらトキも戻りやから」

トキ「ちょっ!?」

京太郎「!?」


トキが気楽に前に出ると雅枝さんがニヤリと笑って言った。


トキ「ちょちょちょ! なんでや!?」

雅枝「ヒロだけ戻るのは不公平やろ。同じ家族なんやし」

トキ「正論! でもややー!」

京太郎(あぁ……是が非でも勝たないと!)


一層身を引き締めた。

     /    : .:/: . : . : . : . :│∨: . : . : ‘。: . : . : . ゚,     }
    :゚   : . : /: . : . : . : . : . |  Vト : . : . ‘。: . : . : . .゚,  __,ノ
    , {  |: . : 〃: . : . : . : . j.:.:゚  }:い: . : . :‘。: . : . : . :。: . ´ ̄{
    |{: . :.|: . :/{: . : . : . : . 〃 ' --|:|‐∨…{: . :。: . : . : .i.: .     ,
    | ゝ.__|: . :| |,.斗-: . : //:/   |:|  }: . 八: .:i: . : . : .|: . :    ′
    |/:. .|:.: .匕゚。: . : .//:/    jイ  |/  }ハ|: . : . : .|: . :.   :{
    | | : . ト : .| い: ./ /ィ゚     ,ィ==≠=ミ:、|: . : . : .|: . : .   八
    | l: . ∧ リ 斗-==ミ      {_)゚:i:i:i:i:i:| / . : . : . :.|ヽ: . :   :,
    |:乂\ハ /{_)゚:i:i:i:i:i|        ∨ゝイノ  .|: . : . : .| }: . :  i トヘ
    |:| : . :.ヽい ∨ゝイ ノ          `¨¨´   1..: . : . :| /..: . : | | }i
    |:|i : . : . ∧ `¨ ¨´         :':':':゚  |: . : . : .|′: . : .| | }|
    |:|{ : . : . : ∧゚:':':':   ′          }   |j: . : ..:, : .: . :. ..j│ }!
    |:|o : . : . : .∧                し :゚|: . : ./: .:|: . : /./ /
    |:| ゚: : . : . : .:∧      r‐ュ       イ j.: .: イ : /} : /jイ
    |:l ゚: : . : . : . : \            ´ / //∨イ//
    l{   V: . : . :.ト : . :> 。.. __  ィ  __,,,... -=ニニニニ=-
    乂   \ : ト::} 乂: . :.{\:::{∨  _}/ニニニニニニニニニニ\
          ヾ{ リ  `ー     /二ニニニニニニニニニニニニ\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トキ(戻る? まじで? 京ちゃんと離れるんはやや……しゃーない)

京太郎(真面目に行かないと……や、真面目だったけど。やべぇ……緊張が!)

トキ(京ちゃん! 京ちゃん!)

京太郎「トキ?」

ヒロ「うん? トキ何か言ったんか?」

トキ「ううん? なんも! (テレパシーや! 口は開かんで!)」

京太郎(そんな特技が……)


トキの特技に驚くも冷静を装い、口を閉じる。


トキ(家族は大事やけど、戻りたくない! だから私の【本当の特性】教えとくわ)

京太郎(本当の特性?)

トキ(そそ、昔から持っとったけど、これを知ってるのは、オカンとりゅーかだけ。それほどに危ないんよ)

京太郎(……分かった。教えてくれ、トキ)


トキの真剣な声に重々しく頷き、先を待つ。


トキ(私は、昔から未来が視えた)

京太郎(みらい?)

トキ(うん、未来と言っても少し先だけやけど……【相手の行動】ぐらいなら視れる)

京太郎(!! それって!)

トキ(今回はダブルバトルやし、一人だけ……一人だけ、私が場に居る間は、次の行動を教えたるわ)

京太郎「頼む、トキ」

トキ「ふふ……お任せや♪」

ヒロ「???」


トキのなつき度=愛情 ○
イベント【娘を下さい】を受けている ○

トキの特性が変化します。

┏【特性:みらいよち】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃トキが場に出ている間、相手の次の行動が判る。ダブルバトルの場合は一人のみ有効┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

ごめんなさい、ご飯行ってきます。
20分ぐらい休憩で

再開します!

今度から相手のHPも数字化いたします!

上のHPバーは……飾りで!

BGM-ジムリーダー戦 『オメガルビー・アルファサファイア』https://www.youtube.com/watch?v=fAjOYVE21hQ
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―  ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_――
             ,  --   ,
           ,          、 ` 、
         /     ,,,,     \

         ,      /    `  、  ' , ヘ
        ハ    ./          \    ハ
           /        ,. ィ'"ヽ  ',
        i   ,' ` ー-    ´_,,。xzzzx,_ } :}
        ' _,」ィ=' ”`  ー '´彳,ィ'ヾ㍉}8}  i
         ,{8{',     };r-、、 弋’ソ 个}  !             センリヤマ&ヒメマツジム
        ,ヘヘ}__,,, 彡"   ``-==彡" ,
         , `ハ ̄ ´    '        ! ,' |                        絹
        .ハ ヘハ            // /!

          , 公    '´  `    イ/ / :|
            ,  ヘ }> , __  <',_ ./ ,'  i!   、
          ,  ',   -',  _,, イY   {  ,  ノ}
           .}   } /  ヽ'´V   {    .ハ_,/ ノ  ,イ
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―

                                                                             _,. .-‐-、
                                                      _                    /: : : : : : :ヽ
                                                  ,. :''"´: : : : :`ヽ、          /: : : :_; : : :-:‐:-. . . ._

                                                 /: : : : : : : : : : : : : : : : :‐-. . . .-‐ ''ン; : ''": : : : : : : : : : : : : :`:ヽ
                                               /: : :_; : : -‐-x: : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                                              /: :, '"´ , : ''"´: : : : : : : : : : : : : : : :./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::.
                                            . //  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                                             {.i  /: : : : : : : : : :_:_: : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\

                                            . |j /: : : : : : : ; ''"´   ̄  ー-‐‐7: : : : : : : /l: : : : : : : :iハ: :ヽ`/: : i : : : : : : :}`ヽ
                                                {: : : : : ./           //: : : : : : : / .l: : : : : : : :i .i: i/ i: : : :}: : : : : : : i : : : . 、
          京太郎 手持ち                            i: : : :/            /:.:/: : : : : ∧7‐-=ミ:ハ : : : :.!/  j: :ハ∧.: : : : :ト,:i  ̄ `ヾ;,.
                    ヒロ                         i: : :/             /:.:/{:.i: : : :.i:i リ   i:./ _\: : :i =ニテオ=z≦!: : : : :} '!    /: :}
                                               ヾ: :i           /:./   i:ハ: : : |:| _,z=オ芹「  \:!  i:::;;;しイ j: : :./:V   /:/
                                                 \__,        'イ     lj ヾ: :i:| '"i::::;;;しイ.      弋::::::ソ ,厶イ:.:ハ :i   /
                                                          `ヾ=---' //\!ト、 弋_::_;ソ         ̄  i |: !: i i }/
                                                                 // |: :i ∧         '_         i |: : .i i:.!
                                                               {:.i  .|: :!: :∧      / `ヽ    イ l: : :i //
                                                               ヾ\ |:.:i.:/  ` .     i__,ノ  / iリ |: ://
                                                                       i:.:i/     ≧-  _  イ  ,/ i:/
                                                                    i:.|      八|      ,ハ__   /
                                                                   ';.! _,, -‐f´  \  /  i ` ‐-  _
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―  ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_――


                     __
                  '"      `  、

               '"             `\
            /              、    \
          ../    .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:   \    \
        -'"   . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:ヽ    \

      ./- "´..:::::::::::::::::::::::::::::::::/\::::::::::\ ヽ::::::::::: ヽ    ~  、
     ./´" /::::::::::::::::::::::::::::::::::/   \::` :::::ヽ :::::::::::::::::::、   ヽ ヽ
     "   l:::::/{::::::::::::::://       \ .l`、i:::::::::::::::::::: :ヽ、 、  ヽ
        {::/ ./:::::::.メ、∠、    _ -‐  ̄ l::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`ヽ .、
        l' / ::::::ヽ,、一、     ─‐‐ヽ、 {::::::::::::::::::::::::::::::::::::: } ヽ }
         / ./:::::::i ( {:。:.     i::。::ヽ/ `l 、ヽ::::::::::::::::::::::::::::: }
        ./ /:::::::::::::l ゝ-'     ゝ ''    ′ .ヽ:::::::::::::}ヽ、 1 }
        {./ :::::::::::::.l              ′  /:::::::::::::::: i } }/
        l{.{:::::、::::i{:::::l   `         、_/:::::::::λ }
          〈::l{ .{ lλ:ヽ    t ュ     /lλi '"}/ .}/
          V N 〈{.\.:::ゝ _  _  <  {"`'  "
            ヽ `  `' ` ` "_.}     ゝ‐"ヽ、__ -' ' " ` ヽ、
               -‐ _ - '"./      〉      〃/ー _  \
              { {{    ../    ./     /' /        ヽ
              .{ .{{    ./-ー '"/     /' /'~ 'ヽ
               l {{   / ''" /     /' / /   ヽ
               l.{{   /   /     /-'"{  /     \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トキのみらいよち 次の相手の行動が判る


トキ(視させてもらうわ……未来を!)

1:絹
2:恭子

↓2 どちらの行動を視る?

            /  ┐.| /J
.           / \_ l」」/ニ⊃
        /   /
.     /   /          \ーr--  .,_
.     /   , ′      -=ニニニ二::::| {__: : : : `ヽ
  /   ,ノ       ,,-‐ぅ:::::::::::::::ゝ.{:::: : : : : : : \

  ゝ ー‐{       /ィ ̄ ̄::::::::::::::::::::::::::::::. : : : : : :゚。

.   \   \      / ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. : : : : : i
     \   ヽ「Υヽ ´¨アァ::::ハ:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::....... |
.        \  | .′ \ イ:::::{  :::∠::::::::::::::ii:::::::::::::---|
     /i:ヽ| ヽ,ノ/     }≧=:::ヽ  :::::::::::::\||/:::::::/:/::{
――――――――――――――――‐, <>――――――――――――――――――

   /:i:i:i:/:i:i}/    /   |ニニニ|   }  `    /::::::/:::八{
.  /:i:i:i:/:::i:i`¨¨ヽ  /    マニニト 、_}ニハ¬f千:ィ/::: : /
 /:i:i:i:/::::::i:i:i:i:i:i:i:}        マニ|  /ニニム´ ̄ ノ-j)/
≧==------/>―  ., r<¨¨ヾj/ニニニニン
              > :.:.:.}不¨¨¨¨ア |

                  /   > / .|
               /        > ハ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トキ「視えた!!」


恭子の次の行動は【サイドチェンジ】です。

【サイドチェンジ】
必ず先制できる。自分と味方1体の位置を交代できる

京太郎(つまりは……絹さんに攻撃したら、全て恭子さんへの攻撃に!)

京太郎(恭子さんに攻撃したら、絹さんを攻撃したことに……面倒臭い技使うな!!)




 _  ___絹 ♀ : L 25
 |::::| |:HP:::|lllllllllllllllllllllllllllllllllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄67/67 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,
 _  ___恭子 ♀ : L 25
 |::::| |:HP:::|lllllllllllllllllllllllllllllllllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄62/62 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,

                    \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
                     )                  >
                    <     勝   負!     >
                     <                 (
                     /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^  

        ヒロ ♀ Lv25

   |:HP:::|lllllllllllllllllllllllllllllllllll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
          79/79      |::::|

,,;;≦|★★★★★_______「::/
        トキ ♀ Lv25

   |:HP:::|lllllllllllllllllllllllllllllllllll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
          61/61      |::::|

,,;;≦|★★★★★_______「::/

ヒロとトキはどうする?

1:ヒロ
【覚えている技】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1A・どくどくのキバ(基本・どく/物理/威力・50/命中・100)【50%の確率で相手を『もうどく』状態にする
┃├1B・ベノムショック(基本・どく/特殊/威力・65/命中・100)【相手が『どく』状態の時、威力が2倍になる】
┃├1C・へびにらみ(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・―)【相手を『まひ』状態にする。『でんき』タイプには無効】
┃└1D・かみつく(基本・あく/物理/威力・60/命中・100)【30%の確率で相手をひるませる】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2:トキ
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├2A・ねんりき(基本・エスパー/特殊/威力・50/命中・100)【10%の確率で相手を1~4ターンの間『こんらん』状態にする】
┃├2B・かげぶんしん(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・100)【自分の回避率を1段階上げる】
┃├2C・いやしのはどう(基本・エスパー/変化/威力・―/命中・100)【相手は最大HPの1/2回復するる】
┃└2D・チャームボイス(基本・フェアリー/特殊/威力・40/命中・―)【相手全体を攻撃。自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

3.アイテムを使う
├3A:きずぐすり×5
├3B:どくけし×5
├3C:まひなおし×4
└3D:ねむけざまし×4

↓1 絹 命中率 ゾロ目急所
↓2 ヒロ 誰に攻撃するかも
↓3 恭子 命中率 ゾロ目急所
↓5 トキ 誰に攻撃するかも

                /              \       ヽ  \
               ′         _         ヽ       :.  ヽ
              /         .,   ´ .|           ',     。__  i
                /        /          i    .       `ヽ
             /       ./      八  lヽ  ヽ   .     |
               '‐- _   /        \'  ` ‐-`Y l      l
                  〃   ' .            . ´  Y l
              '‐-  .|   ` 、      / _...、- ゚ |     ′
                |   .| .〃≧x、       〃/:::::ヽヾ .|.l
                |  八 {{ l::::::::::}`      ' {::::::::::} }} |'    ′
                |      弋:::::ノ      弋:::::ノ  /    /
               ゚。  .∧       ,          /    / !
                  , <\  ∧    ___           / ′
           .<_   \  \  (       ヽ  /   / /
        .< ‐::¨:::/  ̄`ヽ\   ≧o。 _   .。イ-、  / /
.        /   :::::::/       ヽ.', .>、   /  \ /       _  .   -‐
       /     ::::::l         \   /‐ <ヽ     ヽ-、   . ‐ ¨
        /     :::::               `<.    ',. \   _ ! <    ` .
      ′     ::::::ヽ           >._  .<              >.¨ ̄
      ゚ 。       :::::` 、          .<´          \ _      `>
       \      :/  <       ´                \ <
         ` ‐- -‐´|     ` <             ', _ 、     \ ` <
                  |       ` <           \ \.      \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【恭子のサイドチェンジ!! 二人の位置が入れ替わる!】

恭子(うちが居るし、相手は速攻な筈! ならうちに【かみつく】 絹ちゃんに【ねんりき】!!)



               _/: : : : : : : : : : : : : : : : : : `丶、: : : : : `丶、

            ,. : : ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : : \
           / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : :
           /: : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : :
.         , : ://.: : : : :/ / : : : : : : : : : : : : : | : : : : : : : : : : \: :\: :
        // ': : : : : : :/ /|: : : : : : : : : : : : : :∧ : _|: : : : : : : ‘,ヽ: :|: :
.       | |: / : : : : : : /ト:,| |.:| : : : : : : : : /|厶イ´∧ : : : : : : : ', } ノ\
      八∨: : : : : : :.:| ∨\|\: : : :.:.//   |:/ ‘,: : : : : |.:|ノ___:
      /| /|: :∧: :/|_,,x=== \/     =====x,__|: : : : :.∧|: / \
.      /:.:八l:<  > |⌒゙|/ l/|         |/ l//l⌒|: : :./\|/,,_
     { く ̄ ∧ ∨:(\、 |/ l/|         |/ l//| ,厶:イ\: : :ヽ  ̄ノ
.     \_>|: :/'TT:/  .乂_ソ          乂__ン / : :|  ,): /
         ,>ヽ|:.:〈      ┬ ^ー‐<      ,厶=ニ ̄⌒
       /     |: : l\       、__ノ_,. -‐ ´    \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「ヒロ!! 絹さんに【へびにらみ】!!」

恭子「ちょっ!?(長期狙いかい!!)」


【恭子はまひ状態になった!】


 ∨ニ弍ニ    ヽム い  /  - 、     ヽ} // イ  .,ィ==、

  ∨ニ㌦ニ-     ヾ、 ぃ  {/    \      {   ',   {{     , - - 、
  `ヾニニニヘ    ヽ  ヘ  {        \    ヘ   ヽ  `ー -/       \
    マニニヘ`   ヽヘ ヾ,ヽ      -‐ー‐-   ヽ   `  _ノイ   イ  ̄ヽ ',
     ∨ニニx、    マム ヘ \  /       \ `  _,, イ   /へヽ    '  ,
     ∨ニニニ    マム ㌦    {{   ィ ''' ‐- 、  ー-   /  ト、  〉、 __,}  }
      ヾニニニ    マム マニ-   ヾ {   ,ィ '"   ̄  > '" ⌒` ーヘ ¨ ` rへ,ノ リ
       \ニニ、    `ヾ マニム   ヾ  /      /  '' ̄     >=>"、,ノ `ヽ
         マニニ   ヽ }弍ニニ    .{ /{  イ/        >:::'"    `` ゝ-、‐'__)
          マニニ、   ヾ㌦ニニム    ヽ{ ヽ/ /   -->':::::::::::` ‐  ,_       \__,)、
           ',ヾニニ    ㌦マニニム    \ /   ,  '   > __     フ 、   \ー’
           ヽ\ニx    マニニニ-     , '  イ        ヽ.  ー '"   へ、  ヾー-、
             \ヾニ、   マニニニニム  / /           ノヘ    `` ァ_,,ノ へ   `  }
               マム、   Vニニニニ}\,            イ  :}    /、     ` __,ノ
                マム、  ∨ニニニリ  \       -- "   .人_,ィ'へ \
                 ヾム   ∨ニニノ    ヽ      r、 ,__, ィ    `マ´ ゞ⌒ヽ
                  ヾ㌦  ヾノ       <    /          ‘マ´ノ   }
                  ∧㌦   ',       マ_ヾ、           `ヽ __,ノ
                     ハ ㌦  ',       \``ーゝ、
                 /;;;;;;ヘ ヽ   ',        ヾ、;;;\
                /;;;;;/;;;;;;;ヘ  \ ヽ          マ;;;;;\
              ,,;;;;;;;;;;;/イヽ;;;;/ヽ    ヽ        };ヘ;;;;;;;;}

             , '---';;;;'  `´  ヘ  ヽ  ヽ       ハ;;;ヘ;;;ノ
             \;;;;;;;;;;{;;;;;'    \\  \ \    人;;;;;;;;ヘ
               ゝ;;;;;;;;;;{.       \\  \ \./;;;;};;;;;;;;;;;ヘ
              ’ 、;;;;;;;;;,          \\ー  - ";;;;;;;;;;;|;;;;;;:/
         ヽヽ     \;;;,       .\\\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;> ´

          \\     `,        \\\ー- ´

          ヽ \\     ,         i \\\
                    ,        ,  \\
                              ,      .\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

絹(うちのタイプじゃ、二人に大した攻撃を与えられへん! なら捨て身や!!)

【絹のインファイト! トキにダメージ! 絹は、『ぼうぎょ』『とくぼう』ランクが1段階ずつ下がる】

トキ「っ!!!」

京太郎「トキ!!」


絹の気合の篭った蹴りをトキは、判って居たかのように片腕を出し、もう片方の腕で支え受けきる。

しかしだ、それだけでは威力は落ちない。

トキは、横へと吹っ飛び地面を転がった。


トキ「ゲホっ……威力高過ぎるわ……でもな、ダメージは食らってもらう!」

恭子(読まれてた!)

絹「っ!!」


【トキのねんりき! 絹には効果が抜群だ!!】



 _  ___絹 ♀ : L 25
 |::::| |:HP:::|lllllllllllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄29/67 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,
 _  ___恭子 ♀ : L 25 まひ
 |::::| |:HP:::|lllllllllllllllllllllllllllllllllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄62/62 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,

                    \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
                     )                  >
                    <     勝   負!     >
                     <                 (
                     /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^  

        ヒロ ♀ Lv25

   |:HP:::|lllllllllllllllllllllllllllllllllll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
          79/79      |::::|

,,;;≦|★★★★★_______「::/
        トキ ♀ Lv25

   |:HP:::|llllllllllll         「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
          25/61      |::::|

,,;;≦|★★★★★_______「::/

                     __
                  '"      `  、

               '"             `\
            /              、    \
          ../    .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:   \    \
        -'"   . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:ヽ    \

      ./- "´..:::::::::::::::::::::::::::::::::/\::::::::::\ ヽ::::::::::: ヽ    ~  、
     ./´" /::::::::::::::::::::::::::::::::::/   \::` :::::ヽ :::::::::::::::::::、   ヽ ヽ
     "   l:::::/{::::::::::::::://       \ .l`、i:::::::::::::::::::: :ヽ、 、  ヽ
        {::/ ./:::::::.メ、∠、    _ -‐  ̄ l::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`ヽ .、
        l' / ::::::ヽ,、一、     ─‐‐ヽ、 {::::::::::::::::::::::::::::::::::::: } ヽ }
         / ./:::::::i ( {:。:.     i::。::ヽ/ `l 、ヽ::::::::::::::::::::::::::::: }
        ./ /:::::::::::::l ゝ-'     ゝ ''    ′ .ヽ:::::::::::::}ヽ、 1 }
        {./ :::::::::::::.l              ′  /:::::::::::::::: i } }/
        l{.{:::::、::::i{:::::l   `         、_/:::::::::λ }
          〈::l{ .{ lλ:ヽ    t ュ     /lλi '"}/ .}/
          V N 〈{.\.:::ゝ _  _  <  {"`'  "
            ヽ `  `' ` ` "_.}     ゝ‐"ヽ、__ -' ' " ` ヽ、
               -‐ _ - '"./      〉      〃/ー _  \
              { {{    ../    ./     /' /        ヽ
              .{ .{{    ./-ー '"/     /' /'~ 'ヽ
               l {{   / ''" /     /' / /   ヽ
               l.{{   /   /     /-'"{  /     \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トキのみらいよち 次の相手の行動が判る


トキ(視させてもらうわ……未来を!)

1:絹
2:恭子

↓2 どちらの行動を視る?

これってサイドチェンジの効果の範疇なのかな?

>>732
次 恭子がサイドチェンジを使わない限りは、絹に攻撃なら絹で 恭子に攻撃なら恭子で
サイドチェンジ使われたら、逆になります。

オボンの実は持たせなかったんか

>>733
いや、この予知についてっす
恭子予知がサイドチェンジで絹の行動を予知、とかになっちゃうのかしら、と

>>735

描写忘れてたんよ!
持たせてたって事でいいかね?

>>736
それはないっすね
恭子なら恭子 絹なら絹です。

それならどのみち絹の行動読めちゃった時点でどちらかがサイドチェンジ使うことが分かるんだけどな
そもそも1回目を見るに

>>741
うん?
一回目
恭子は、サイドチェンジを使う!

二回目
絹はインファイトを使う!

って描写するだけだし、恭子がサイドチェンジ使うか分からなくない?

ってあぁ……そういことか みらいよちで 絹を選択して 恭子がサイドチェンジを使用したらって話か

未来予知は、サイドチェンジに左右されませんって話たかったんよ。

恭子を選んだら、何があっても恭子の未来しか見えません。

            ,.  ´ ̄ ̄ `  、__
          /   ,      / /⌒Y
         /    /    ,:       | ̄\
        .:'    '  /__/   ,      |   \__
       /    /  ///\/ /   .'   '    {` ̄
     /イ ,.. 、イ /}/⌒ヽ、/´   // /   、   、
       { { Ⅵ /   Vオ {从 /-}/-、  }  、 \
       | |  {/       ∨ィ=、}/  ,  |、 }  ̄
       / 乂   u      ::::::: Vソ' ,l ∧l |
        /イ , 八   ,...、    '   /ムイ,'∧ |
      /\ /  、 〈- 、\__     ム/ /   \
>----イ///\   .  `  ー '  イ/从
////////\///    、   .  ´
//////////\{    /`¨¨ 、

////////////>、  {、     〉
/////////////(_)}   ∨、_,イ/\
///////////////`¨¨¨|/\////\

//////_,. --- 、//|    |///\////>--、
/> ´   --、 ∨ム  //////////////}
     ´¨¨ヽ\〉 ∧///,イ/////////// |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
トキ「ふふ……終わったな」

京太郎「ちょっ!! トキ! トキ! オボンのみ!! 渡したろ!」

            _____
          ,. :.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\

.        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.\
       /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.      /:.:/:.:.:.:.:/|:.:./:.:.:.:.:.: /  .:.: : :.|.:.:.:.:.:.:.:.:.
      ′:.:.:.i:.:/斗ァl:.:.:.:.:/ト、__i:.:|__亅:.:.:.:.:.:.:.i
    i:.:.:l:.:.:Ⅳ/ / :|:.:/ ノ  レ'|/}/:.:.:|:.:.:.:|

    l:.:.八├┬─┬     ┬─┬┤:.:.:|:.:.:.:|
    |:.:.:.:.:.:| 乂::::ノ     乂::::ノ リ: : :|:.:.:.:|
    |:.:.:.:.:.:                   |:.:.:.:|} : |
    |:.:.:.:八                 |:.:.:.:|:.:.:.:|
    |:.:.:.:.:.:.:ヽ.     r‐、       イ:.:.:.:|:.:.:.:|
.    八:.:.:.|:.|:.:|:.:i>ー┬─┬セ爪./}:.:.://Y
       \|人乂|\|/, -‐'  }/厶ィ'"
         r‐'厂{/    -─\
         / {/  /     ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トキ「そーいや……あったな、そんなもん」

京太郎「うぉい!?」

【トキは、オボンのみを使用した】

        トキ ♀ Lv25

   |:HP:::|llllllllllll         「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
          25/61      |::::|

,,;;≦|★★★★★_______「::/


        トキ ♀ Lv25

   |:HP:::|lllllllllllllllllllll      「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
          40/61      |::::|

,,;;≦|★★★★★_______「::/

                   _人_/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 Y/ :::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::\:::::::::::::::::::::.   キリッ
                 /:::/::::::::::::::::::::::::::::/ ヽ:::\ :::|:::::::::::::::::::::.

                 :::/::::::| ::::| :|::::::::::/|   \__ヽ|::::::::::::::::::::::
                 |::i| ::|:::|`ト|/| ::::/|斗テ气宀〉>|::::::::::::::::::::::|
                 |::i| ::|斗テ气{/   辷_ソ / |::::::::::::::::::::::|
                 |:: V从 辷ソ          |::::::::::::::::::::::|
                 |:::::iハ           i::i::i:: |:::::i::::::::::::::::|
                 |:::::i:::| i::i::i   /\        :|::::ii::::::::::::::::|
                 |:::::i从     \/        .ィ|::::ii::::::::::::::::|
                 |:::::ii::个           ,イ<:|::::ii :::::::::i:::,゙
                 ∨八 |\:::\>‐r‐ ´ /   |/入::::::/|/
                    \ :::\ >'´   |¨¨¨7      |/\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トキ「ついでに言えば、次の行動はこうやね」

恭子の次の行動は【サイケこうせん】です。

【サイケこうせん】対象⇒ヒロ

京太郎「ついでにすんな!?」

>>743
それ>>736に対するレス
この条件では指定した相手の行動が読めなかったということはどちらか一方が交代技を使ったということになる
交代技が読めなかった場合は実質双方の技を暴露させることになる

>>748
サイドチェンジに作用されないので
未来が視えないってことは描写しないつもりっすけど……それでも分かる?

【1:絹を選択】

            /  ┐.| /J
.           / \_ l」」/ニ⊃
        /   /
.     /   /          \ーr--  .,_
.     /   , ′      -=ニニニ二::::| {__: : : : `ヽ
  /   ,ノ       ,,-‐ぅ:::::::::::::::ゝ.{:::: : : : : : : \

  ゝ ー‐{       /ィ ̄ ̄::::::::::::::::::::::::::::::. : : : : : :゚。

.   \   \      / ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. : : : : : i
     \   ヽ「Υヽ ´¨アァ::::ハ:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::....... |
.        \  | .′ \ イ:::::{  :::∠::::::::::::::ii:::::::::::::---|
     /i:ヽ| ヽ,ノ/     }≧=:::ヽ  :::::::::::::\||/:::::::/:/::{
――――――――――――――――‐, <>――――――――――――――――――

   /:i:i:i:/:i:i}/    /   |ニニニ|   }  `    /::::::/:::八{
.  /:i:i:i:/:::i:i`¨¨ヽ  /    マニニト 、_}ニハ¬f千:ィ/::: : /
 /:i:i:i:/::::::i:i:i:i:i:i:i:}        マニ|  /ニニム´ ̄ ノ-j)/
≧==------/>―  ., r<¨¨ヾj/ニニニニン
              > :.:.:.}不¨¨¨¨ア |

                  /   > / .|
               /        > ハ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トキ「視えた!!」


絹の次の行動は【けたぐり】です。

【けたぐり】対象⇒ヒロ


てな感じでやってくけど……これで恭子がサイドチェンジしようするか分かりますかね?

ちなみに この場面で恭子は普通にサイドチェンジを使用します。

>>753
俺に対するレスだったようだから、絹予知でサイドチェンジで対象入れ替えられたらサイドチェンジ使ったのは分かる、ってことかと
結果としては予知に対してすり替えは効かないから問題ないはず?

選んだの2じゃね

>>754
あぁ……なるほど 自分への質問かと思ってました。
此方の勘違いっすね。ごめんなさい。

>>756
上の 絹の奴は(例)っす。
恭子は、ヒロにサイケこうせん しようします。

 _  ___絹 ♀ : L 25
 |::::| |:HP:::|lllllllllllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄29/67 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,
 _  ___恭子 ♀ : L 25 まひ
 |::::| |:HP:::|lllllllllllllllllllllllllllllllllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄62/62 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,

                    \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
                     )                  >
                    <     勝   負!     >
                     <                 (
                     /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^  

        ヒロ ♀ Lv25

   |:HP:::|lllllllllllllllllllllllllllllllllll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
          79/79      |::::|

,,;;≦|★★★★★_______「::/
        トキ ♀ Lv25

   |:HP:::|lllllllllllllllllllll      「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
          40/61      |::::|

,,;;≦|★★★★★_______「::/

ヒロとトキはどうする?

1:ヒロ
【覚えている技】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1A・どくどくのキバ(基本・どく/物理/威力・50/命中・100)【50%の確率で相手を『もうどく』状態にする
┃├1B・ベノムショック(基本・どく/特殊/威力・65/命中・100)【相手が『どく』状態の時、威力が2倍になる】
┃├1C・へびにらみ(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・―)【相手を『まひ』状態にする。『でんき』タイプには無効】
┃└1D・かみつく(基本・あく/物理/威力・60/命中・100)【30%の確率で相手をひるませる】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2:トキ
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├2A・ねんりき(基本・エスパー/特殊/威力・50/命中・100)【10%の確率で相手を1~4ターンの間『こんらん』状態にする】
┃├2B・かげぶんしん(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・100)【自分の回避率を1段階上げる】
┃├2C・いやしのはどう(基本・エスパー/変化/威力・―/命中・100)【相手は最大HPの1/2回復するる】
┃└2D・チャームボイス(基本・フェアリー/特殊/威力・40/命中・―)【相手全体を攻撃。自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

3.アイテムを使う
├3A:きずぐすり×5
├3B:どくけし×5
├3C:まひなおし×4
└3D:ねむけざまし×4

↓1 絹 命中率 ゾロ目急所 
↓2 ヒロ 誰に攻撃するかも
↓3 恭子 命中率 ゾロ目急所 01~30で麻痺
↓4 トキ 誰に攻撃するかも

攻撃順は ヒロ⇒絹⇒トキ⇒恭子 になります。

えっと…… 恭子がヒロにサイケこうせん 打つ状態で

ヒロ⇒絹 かみつく
トキ⇒恭子 ねんりき

で間違いないっすか? 逆じゃないっすよね?

みんなサイドチェンジ講座で混乱してそうなきがする

絹に念力したかったんだけど普通に絹指定でよかったんか

>>767
たぶん……そうですかね。

1ターン目
【サイドチェンジを使用した場合】
トキ⇒絹にねんりき
ヒロ⇒恭子にかみつく

トキ⇒恭子にねんりき
ヒロ⇒絹にかみつく 

サイドチェンジの効果でになる。

2ターン目
【サイドチェンジを使用しなかった場合】
トキ⇒絹にねんりき ○
ヒロ⇒恭子にかみつく ○

トキ⇒恭子にねんりき⇒絹にならず ×
ヒロ⇒絹にかみつく⇒恭子にならず ×

みたいな状況です。

>>772さんの勘違いってことで
ヒロ⇒絹 かみつく
トキ⇒絹 ねんりき

ですね。 うん、サイドチェンジなんて面倒なもん使わん方がよかったね。

       /: : :______/ / : : : : : / /: /  |: : : : : :|ヽ: : : : :ヽ\
       /: ''7´: : ∧: : :/:/ : : : : : /  ∨ /   :|: : : : .:.: ||',: : : : :‘,\
      ,'/ /: : : : |: :\:||: : : :/   /Χ    : : : : / || ',: : : : : ‘,: :
    (:(  /: : : : : |: >┘|: : :.:/ _,,x====ミ \ ′ : //  :リ ': : : : : :.|ヽ |
     \/_: : : /: : _: :∧: : |⌒ん::::::l |    /: : /厶斗<| : : : | ト | |、
.      / ̄: : : / : / |: :|V\|  | {::::: リ  ,厶イ  宍ミ、  |: : : : :| |: |∧ヽ
     /: : : :.:.:八: 圦 |: :|:     乂_少'        ん::l|\./|: : : : :| |ノ  ': i
.    /: : : : : : : :.:\(ヽ|: :|   //////          | {:::リ  {/: : : :./l/    }ノ
   / : : : : : : : : : / \|: :|ヘ                 ヒ少 _/ : : :/ノ  _/
  /: : : : : : : : : :./ __.|: :「`,>、   l⌒    、   //// TTТヽ\
/: : : : : : : : : : :/    |: :|Y \ ., 乂    \      ||:|  ) )
: : : : : : : : : :.:〃     八::l |   \≧x._ ‐---‐'     ,.ィ: |:| /
: : : : : : : : :/{___      | |  /     \ニニ===ニ二    :|:|
: : : : : : / ̄          |  ′      ', ) /\´ ̄\:|:|
: : : : /_           ∨       ├{ { 、 }    /:/
: :/{    \         /|        | ノ }/  T   /|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ヒロ「悪いな、絹! うちは世界を見た! 見てしもうた!」

絹「……お姉ちゃん」

ヒロ「引き篭もってるばかりじゃ、分からんこともいっぱいある! だからうちは――」

絹「くっ!」


【ヒロのかみつく! 絹には効果いまひとつのようだ】

               イ        \         ヘ
           ,  ´            マ      ハ
          /                 マ
         ,                         '
       ,                      ',
      /^ ‐-  .,_                 V     }
     ,       ``ヽ              V     i
    .7                           V
 r====zzュ。、              '´ ̄ ̄`゙ ‐-}   φ

 |87´フニミュ。、`ミュ.,、                 イ

 {;;;ハ´   仍 .::. 心、 `ミュ,、      _,,。zzz。,,_    ,'}   ,
 {;;;{ ヽ  ら ij  リ ヽ ヽニニニ彡",ィ====ュ、、”゙‐-z、
 ',;;;',    乂  ノ   彡==、', ´ ん .::.  7 ヾ 7 }。}  '
  `iー- __ ¨´ ,z彳´     ヘ',  r’ ij  /  ノ,' ム7
  .ハ      ̄          ヘ, ゝ.ュ_,ノ   .ハ ム7  7
  .ハ                ` =zzュ。,,__,,ィ彡"

                ’          ̄ハ     7
    ,                      ハ
    ハ                    人    7
     ハ\     ´   ヽ         <{      7
     .}  \             <  ,'     7
     i}    `  _    <  /   /
     i!         ,'       /   /     {
     ト、,         / ヽ    ,   ,'      ,
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

絹(何時までも、おんぶに抱っこじゃアカン。そんな事わかっとるよ……でもな!)

絹「認められん!! ずっと一緒やったんやから!」


【絹のインファイト! トキにダメージ!】


絹「っ! 園城寺先輩!」

トキ「げほっ……悪いけどな、負けれんのや」


絹がかみついてきた、ヒロを投げ飛ばし、蹴り込もうとするもトキが間合いに入り受けた。


トキ「悪いけど……寝ててな」

絹「くっ……駄目やったか」

【トキのねんりき! 絹には効果が抜群だ! 絹は倒れた!!】

 _  ___絹 ♀ : L 25
 |::::| |:HP:::|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄0/67 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,
        トキ ♀ Lv25

   |:HP:::|llllllll           「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
          18/61      |::::|

,,;;≦|★★★★★_______「::/


                ,...-....=::..─...-....、
             ,..イ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ

               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /::::::::::::::::::::,,z "´i:::::::::::::::、:::::::::::::ヘ
        ,,イ:::::::::::::::::,:,/    l::ト、:::::、::::ヘ:::::::::::::i
       く:::::::::::::::::::::,/'      !;l \」`ヾ|::::::::::::::!
        ヽ、:::::::::::∥ `゙ ヽ、   ` , イ ´ !:::::::::::::l
        /:::::::::l ! ,,zxェ、       ,,ィzxェ、 .l:::::::::::::i
        ヽ、:::::::|!,イ'/⌒ヾ     ´/⌒ヾミヘ::::::::::::,'
          l:::::::|l" il  .}       {   il゙゙,i:::,イ::::/
             |::::::| ! `ー'   ,    `ー'' /::/ノ::/
          |:::::|`|              ,':::'y':;イ
             l::::l::::!、し            /:::::::/::i
           l:::l!::l::::iヽ、  ⊂ =っ ,, イ,':::::/:::::|
              l::li::!:::::l:::::;`,iー-...<::|、}/:::/::::::::!
           l::lヽ:::::!_:,:/ヾ、   _ノヘ{::::,':::::::ノ
        ,, -―ヾ、三;;ノ  /ヘ_X´   l::::!_:::/
       /      i    /ゝ-;zヘ   `┬'´` ヽ、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

恭子「トキ無茶しすぎやろ。あれに飛び込むなんて!」

トキ「こうでもせんと……やられるしな」

恭子「……度胸は凄いし、気持ちも分かる……でもな!」


そう言って、恭子は構えた。

.       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ : \
      /: : :/: : : : : : :_: : : : : : : \: : : : :ハ: : : ヾ
.     /: : :/: : :/: / |: : : : : : : : : ヽ : : : : r- 、|

     /: : :.:′ //  八: : : : : \: : |: : : : : |
     >: | : /      \{\: : :.ヽ:|: : : : : |
      ⌒: :.:′ \      / ̄V: : : : : :i
       |: :.| _ \ u /rチ斥、V: : : : ::

       i: Λl{ i≧ミ、   " l//}l }〉|: : : :/
       |: :ハ 弋rり    弋rり .: : :./
       |{ヽ: ::.     ,     ,: : : /:}

      /\|: :八u   r―― 、 /: :.:/:/
    ≦_  \: : >  ー  -イ:7:/: /:/
  / |:::::::/  ̄ ̄ \: :}  \ /:{:.{_/:/   ______
. /  |::::::|       \_/`7\ ーイ > ´

/   ∧::::\        \   > ´         〔 ̄ ̄
、    \::::\        >        \__   \
. \    | ̄ \    /         {    \\  \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【恭子のサイケこうせん! ヒロには効果は抜群だ!】

恭子「うちだって、ジムの看板背負ってる! 皆が居ない間、守ってたんや! やらせない」

ヒロ「うぐっ……はは、それでええ。手加減なんかされてもツマらんわ」


トキはインファイトを受けた状態で、動けず、恭子から放たれた光線がヒロを貫いた。


ヒロ「っ……こっからが正念場や」


二人はよろよろと立ち上がり、無傷の相手を見据える。

恭子は未だに、ダメージがないままだ。


 _  ___恭子 ♀ : L 25
 |::::| |:HP:::|lllllllllllllllllllllllllllllllllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄62/62 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,

                    \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
                     )                  >
                    <     勝   負!     >
                     <                 (
                     /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^  

        ヒロ ♀ Lv25

   |:HP:::|lll            「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           3/79       |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/

        トキ ♀ Lv25

   |:HP:::|llllllll           「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
          18/61      |::::|

,,;;≦|★★★★★_______「::/


            /  ┐.| /J
.           / \_ l」」/ニ⊃
        /   /
.     /   /          \ーr--  .,_
.     /   , ′      -=ニニニ二::::| {__: : : : `ヽ
  /   ,ノ       ,,-‐ぅ:::::::::::::::ゝ.{:::: : : : : : : \

  ゝ ー‐{       /ィ ̄ ̄::::::::::::::::::::::::::::::. : : : : : :゚。

.   \   \      / ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. : : : : : i
     \   ヽ「Υヽ ´¨アァ::::ハ:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::....... |
.        \  | .′ \ イ:::::{  :::∠::::::::::::::ii:::::::::::::---|
     /i:ヽ| ヽ,ノ/     }≧=:::ヽ  :::::::::::::\||/:::::::/:/::{
――――――――――――――――‐, <>――――――――――――――――――

   /:i:i:i:/:i:i}/    /   |ニニニ|   }  `    /::::::/:::八{
.  /:i:i:i:/:::i:i`¨¨ヽ  /    マニニト 、_}ニハ¬f千:ィ/::: : /
 /:i:i:i:/::::::i:i:i:i:i:i:i:}        マニ|  /ニニム´ ̄ ノ-j)/
≧==------/>―  ., r<¨¨ヾj/ニニニニン
              > :.:.:.}不¨¨¨¨ア |

                  /   > / .|
               /        > ハ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トキ「視えた!!」


恭子の次の行動は【サイケこうせん】です。

【サイケこうせん】対象⇒ヒロ



 _  ___恭子 ♀ : L 25
 |::::| |:HP:::|lllllllllllllllllllllllllllllllllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄62/62 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,

                    \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
                     )                  >
                    <     勝   負!     >
                     <                 (
                     /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^  

        ヒロ ♀ Lv25

   |:HP:::|lll            「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           3/79       |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/

        トキ ♀ Lv25

   |:HP:::|llllllll           「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
          18/61      |::::|

,,;;≦|★★★★★_______「::/

ヒロとトキはどうする?

1:ヒロ
【覚えている技】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1A・どくどくのキバ(基本・どく/物理/威力・50/命中・100)【50%の確率で相手を『もうどく』状態にする
┃├1B・ベノムショック(基本・どく/特殊/威力・65/命中・100)【相手が『どく』状態の時、威力が2倍になる】
┃├1C・へびにらみ(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・―)【相手を『まひ』状態にする。『でんき』タイプには無効】
┃└1D・かみつく(基本・あく/物理/威力・60/命中・100)【30%の確率で相手をひるませる】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2:トキ
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├2A・ねんりき(基本・エスパー/特殊/威力・50/命中・100)【10%の確率で相手を1~4ターンの間『こんらん』状態にする】
┃├2B・かげぶんしん(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・100)【自分の回避率を1段階上げる】
┃├2C・いやしのはどう(基本・エスパー/変化/威力・―/命中・100)【相手は最大HPの1/2回復するる】
┃└2D・チャームボイス(基本・フェアリー/特殊/威力・40/命中・―)【相手全体を攻撃。自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

3.アイテムを使う
├3A:きずぐすり×5
├3B:どくけし×5
├3C:まひなおし×4
└3D:ねむけざまし×4

京太郎(がんばれ! あと一息!!)

京太郎(エスパーに有利なのは【あく】ヒロのかみつきが決まれば……!)

↓2 ヒロ 
↓3 恭子 命中率 ゾロ目急所 01~30で麻痺
↓4 トキ 

          /: : : : : : : : : : : : \
.       , ' : : : : : : : : : : : : : \ \

        //.: : :/:/: : : :.|, :ヽ: : : : ヽ: :
.     //' : : /:/|:.|: : : |‘,|`、: : : :',⊥_
.   ///: :.:.::/|_||l: : :|_l_lノ|',: : :.:.|__: : :`丶、

    (/|: l: : {八「TT、: ! |/__|ハ : : :|: | ̄¨''  :\
   //|: |: l∧'笊丐 \:、「苅「》: :人′     ノ: :〉
  ( <_.|八\ハ 乂:リ     ー┘l:イ>、:\ ___彡 ´
    ̄ ̄/:/| |',    '      | |: : 〉:/
       \、| 込、   ,、   . イ:| | _/',
         | |  `   .,_. イ|イハ| |: : : : ',
.           | |___/r}   ノ V:/: : : : : ',
        ∧| /  /ーn彡  /へ、: : : : :',
        | |  {_/\八    ノ   >、 : ',
        | | /⌒i|「\\/   / ヽ `、 ,
        / / ((__ノ八、_))    /   '¬: |
.       / ,  `7/  |「 ̄   l |     ∨
.       ヽi   /   {       l | l       \
          |             l V       〉
.       八              ∨`、   _,, ィ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ヒロ「……」

トキ「どないした?」

ヒロ「いや……うちはここまでや」

トキ「……そっか、そか」

ヒロ「後は頼んだわ!」

トキ「サポートは任された!」

恭子(くるっ!)


そんな会話をした瞬間、ヒロが駆け抜ける。


恭子「近づかせん!!」

ヒロ「無理矢理でも近づくわ!!」


恭子が、近づかせまいとサイコこうせんを何度もヒロへと打ち込む。

それをヒロは、ヘビのように滑り込みかわしながら走った。

恭子「そこや!」

ヒロ「くっ……しうもうた!」


だが、距離もあり、一発目が足元へと命中し動きが鈍った。


トキ「させへんよ! 行って!」

ヒロ「おおきに!」

恭子「くっ!(いやしのはどう! 回復技ありですか!)


トキのいやしのはどうにより、動く事が可能となり、恭子へと肉薄する。

そして――

                 /: : : : : : : /:_ノi: : : : : ;\: : : : \:\
                 /: : : : : : : : ://  i: : : : : l.: :ヽ: : : : :i : :|
               /: : : : : : : : ://    ヽ、: : : マ、:`、: : : :i : :!
            /: : : : : : : : ://        \゙ヘ_少、:〉: : :i : :|
                `丶、: : : : : /‐‐-- u    ‐´    ヤ:!: : i : :|
                   / : : : : !  __丶_    ´γー寸 ! : :| : :|
                  ヽ、: : : | /γ-ミ      イ   !冫: : ! : :|
                   | : : :!. i l  |     弋_ノ 〉: : :! : :|
                    ! : : ト、弋.ノ          i: : :/ : : |
                      !.: : i.:ヽ      ′    U |: ':/ : : : |
                      !: : : : 〉     __    , '!: : !.: : : : |
                       ! i : : : l:≧..-. . 二 / | i:.!: ! : : : : |
                   i ヤ: : :.!: : |!匕_|  _ - ´|!: :! : : : : i
                    ヽヽ_〉-/  〉_〈     仆:ヽ: : :/
                     _>-γ′  /  マ   冫-- ′`ヽ、
                    ./   l   ハ._/\_/          \
                   /./    `フヤ'´/| `丶          ,'    ヽ
                   / !     /  /.! |!   `、       /   〉 `、
                  ,'. l .!     \_/ .| |丶_冫     .〈    /   \
               /  ヽ.!          !  i         |  ./       \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



ヒロ「駄目……やったか」

恭子「お疲れさんです。主将」


恭子にかみつくも恭子が耐え、ヒロが倒れた。

【ヒロのかみつく!恭子に効果は抜群だ!】

 _  ___恭子 ♀ : L 25
 |::::| |:HP:::|l
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄5/62 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,

【トキのいやしのはどう! ヒロの体力が半分回復した!】

        ヒロ ♀ Lv25

   |:HP:::|llllllllllllllllll      「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           42/79      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/


【恭子のサイケこうせん! ヒロに効果は抜群だ! ヒロは倒れた!】

        ヒロ ♀ Lv25

   |:HP:::|             「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           0/79      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/


 _  ___恭子 ♀ : L 25
 |::::| |:HP:::|l|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄5/62 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,

                    \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
                     )                  >
                    <     勝   負!     >
                     <                 (
                     /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^  

  
        トキ ♀ Lv25

   |:HP:::|llllllll           「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
          18/61      |::::|

,,;;≦|★★★★★_______「::/

                       ___

               /    . . . . . . .  .    ` 、
                .: : : : : : : : : : : : :. :.: :. :.i: : : : . .
               /.:.:/ : : : : : : : : : : : : :. :.:.ト、: : : : : : : .
             ′/: : : : : :. :.:ハ : : : : : : :.:| ヽ: : : : : : :.i
                |: :′.: : : :// !: : : : : ハ:.:l   V: : : : : :l
.              l: |: : : : :´ ̄ ̄│:. :./ j/ ̄ ̄`. :i.:.:. :.:l
             l:.:|: : :| .ィfテ示メ、/   ,行示ミx.V: : : : l
               l: :|: : 代 V/:/リ      V/:/ソ }} !: :. :.:.:l
.              l: : \:ヘ  `¨´    ,   `¨´   ムイ: : : l
             l: : : : ハ `  ""    - 、   ""  ′.:.:. :.l
               l: : : : !∧     /            ′:!: :. :.:l
           l: : :. :.lゝ.:.      ′    ',    .′: |: : : :.:.
             {从:.:.:.i!: : : >   /  ._   l   イ: :. : |:.:.ハハノ
               \:\ト、:. :.:〕 ,イ::::::::::v l<:.ノイ: :.ハ/
                > ‐‐ '´   |.:  ::| /    .j/
              ¨> ´ i         |::  ::|{`ヽ
.         /‐x/        v ー-|::  ::ト`ヽ \
     _/ /^Y ′ `l       |::  ::|  |: : : : \
.   l/  />.| l   l      !   _|::  ::|  | : : : : : : >、
    .′ /   | |    l      k'′ |::  ::|_| : : : :.//.\
      .′    |      、    lノ.  |::  ::|  ` ── く
   ∨     丶 丶  丶 __ノ   |::  ::l、        .イ /∧
    l        ー--┬r'  x. ─|::  ::|ヽ` ─ < .レ
    丶           //イ   /: :. :.:.l:: ○ :|人/\: : : :.\    \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【トキのみらいよち】

トキ「……未来を視んでも分かる。リーチや!」


恭子の行動は、サイケこうせんです。




 _  ___恭子 ♀ : L 25
 |::::| |:HP:::|l|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄5/62 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,

                    \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
                     )                  >
                    <     勝   負!     >
                     <                 (
                     /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^  

  
        トキ ♀ Lv25

   |:HP:::|llllllll           「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
          18/61      |::::|

,,;;≦|★★★★★_______「::/
トキはどうする?

2:トキ
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├2A・ねんりき(基本・エスパー/特殊/威力・50/命中・100)【10%の確率で相手を1~4ターンの間『こんらん』状態にする】
┃├2B・かげぶんしん(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・100)【自分の回避率を1段階上げる】
┃├2C・いやしのはどう(基本・エスパー/変化/威力・―/命中・100)【相手は最大HPの1/2回復するる】
┃└2D・チャームボイス(基本・フェアリー/特殊/威力・40/命中・―)【相手全体を攻撃。自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

3.アイテムを使う
├3A:きずぐすり×5
├3B:どくけし×5
├3C:まひなおし×4
└3D:ねむけざまし×4

京太郎「……はぁ、ここまで来たな」

トキ「うん、ヒロは凄いな」

京太郎「そういうトキこそ、インファイト二回も……」

トキ「まぁ……女の子にも意地があるんよ」

↓2 トキ
↓3 恭子 命中率 ゾロ目急所 01~30で麻痺

            /  ┐.| /J
.           / \_ l」」/ニ⊃
        /   /
.     /   /          \ーr--  .,_
.     /   , ′      -=ニニニ二::::| {__: : : : `ヽ
  /   ,ノ       ,,-‐ぅ:::::::::::::::ゝ.{:::: : : : : : : \

  ゝ ー‐{       /ィ ̄ ̄::::::::::::::::::::::::::::::. : : : : : :゚。

.   \   \      / ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. : : : : : i
     \   ヽ「Υヽ ´¨アァ::::ハ:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::....... |
.        \  | .′ \ イ:::::{  :::∠::::::::::::::ii:::::::::::::---|
     /i:ヽ| ヽ,ノ/     }≧=:::ヽ  :::::::::::::\||/:::::::/:/::{
――――――――――――――――‐, <>――――――――――――――――――

   /:i:i:i:/:i:i}/    /   |ニニニ|   }  `    /::::::/:::八{
.  /:i:i:i:/:::i:i`¨¨ヽ  /    マニニト 、_}ニハ¬f千:ィ/::: : /
 /:i:i:i:/::::::i:i:i:i:i:i:i:}        マニ|  /ニニム´ ̄ ノ-j)/
≧==------/>―  ., r<¨¨ヾj/ニニニニン
              > :.:.:.}不¨¨¨¨ア |

                  /   > / .|
               /        > ハ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【トキのチャームボイス!】

トキ「これで――」


トキが息を吸い込む。


恭子「くるっ! でもかわせば……あっ」


恭子は避けようとするも体が動かない。

       /: : :______/ / : : : : : / /: /  |: : : : : :|ヽ: : : : :ヽ\
       /: ''7´: : ∧: : :/:/ : : : : : /  ∨ /   :|: : : : .:.: ||',: : : : :‘,\
      ,'/ /: : : : |: :\:||: : : :/   /Χ    : : : : / || ',: : : : : ‘,: :
    (:(  /: : : : : |: >┘|: : :.:/ _,,x====ミ \ ′ : //  :リ ': : : : : :.|ヽ |
     \/_: : : /: : _: :∧: : |⌒ん::::::l |    /: : /厶斗<| : : : | ト | |、
.      / ̄: : : / : / |: :|V\|  | {::::: リ  ,厶イ  宍ミ、  |: : : : :| |: |∧ヽ
     /: : : :.:.:八: 圦 |: :|:     乂_少'        ん::l|\./|: : : : :| |ノ  ': i
.    /: : : : : : : :.:\(ヽ|: :|   //////          | {:::リ  {/: : : :./l/    }ノ
   / : : : : : : : : : / \|: :|ヘ                 ヒ少 _/ : : :/ノ  _/
  /: : : : : : : : : :./ __.|: :「`,>、   l⌒    、   //// TTТヽ\
/: : : : : : : : : : :/    |: :|Y \ ., 乂    \      ||:|  ) )
: : : : : : : : : :.:〃     八::l |   \≧x._ ‐---‐'     ,.ィ: |:| /
: : : : : : : : :/{___      | |  /     \ニニ===ニ二    :|:|
: : : : : : / ̄          |  ′      ', ) /\´ ̄\:|:|
: : : : /_           ∨       ├{ { 、 }    /:/
: :/{    \         /|        | ノ }/  T   /|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

: : : : : : : : : : : : :/:/{/ -‐‐--..,,__   __,      }八: : : : : : :}    ―
: : : :i |: : : : : : : :レ′        ¨¨    ∪     Ⅵ: : : : :!    ―   メゲるわ…
: : : :i |:. : : : : : i'    _,.. -=ミ、ヽ       'ー--、!: : : :八   ―
: : : :i |: : : : : : :|  ァ'   γ⌒.、             .': : : : : :\   //||||||||
: : : : :|: : : : : : :i 《.   f:::::::::: }       x-=ミ、 /: : : : : : : : >
:. : :. :.|: : : i: : :i{  ヾ   {::::::::::: !       f:: ヽ }i: : : : :/: :>
:. : :. :.|: : : i: : 八     乂 ::: ノ         | ::: } i;: : : /´¨
:.:.: : :.:|: : : i: : : : \          u    |::   / : : /
:.:.: : :.:|: : : i: : : : : : .ヽ             、 乂  ,: : : /
: : : : :.|: : : i: : : : / : }:}  ∪                 }: : /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

恭子(最後の最後で主将(麻痺)ですか!!)


京太郎「いけ!! トキ! 【チャームボイス】!!!」

トキ『終わりやぁぁーーーー!!!!!!』


トキの張り上げた声が、衝撃となり、恭子を襲った。

            ,  -────- 、
           /
     ∠ 二/                \

      /  /  /                  \
   /  ./  /                   ヽ
  /   /  /       /-‐ '  ̄ l          ヽ
∠ -‐//   /        /       |ハ    、
   厶/ ,.- /       / ─‐-       |! |   |   |
    l f /      /レ′       `     V .|ト    |   |
    | | !    /                   レ }  イl   |
    | ゞi|    /                 \!ノノ/   /
    人. l    /∠≠ミ、、              V/   /
   /   ゞ|   /  、、、  ヾ         ヽ  /   /   /
  /     |  !/                    /   /   /
. /    / /∧           '   ヾミ、  //  /   /  ご  あ
/    / // ヽ   (`   、   、、、 リ //  /   /   ざ  り
l     / //   \  丶 ノ      /   /     l   い  が
|ゝ_.ノ // ̄ ‐-  \      _ ノ     /    |   ま  と
ゝ ≦_ノノ       iヽ /二_ ̄ ̄   /    /   <     し  う
   ̄ ̄        /  Y r. |     /    /     |   た
 ヽ \     ノ\  ノ.| |ヽ  ノ    /         |   !
  i    ̄ ̄  \∨ ハ l  ̄   /           |
  |     /ニニ末ニヽゝ三三/          ヽ
  i/    〃   ノ癶ト ヽ\   \           \
\ }    {L /イ/ i ト  }}    }ヽ           \

  〉     ̄  //  || =     ノ  !
  {         〃    !!     〈  ! !
  ヽ                 i / ゝ

   〉                     |/  ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
恭子(参った……本当に……)


恭子は、上を向くも直ぐに真っ直ぐ前を向いて……。


恭子「ありがとうございました!」


笑った。

 _  ___恭子 ♀ : L 25
 |::::| |:HP:::|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄0/62 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,

【恭子にダメージ! 恭子は倒れた!】

京太郎は勝利した!

ギリギリやったね。
途中少しグダって申し訳ない。

そして……なんだろうか、このドラマチックな勝ち方は、一ターン目に麻痺は正解でしたね!

: : : : :/ : : : : : :| : : : :|.. : :. ゙、: . ゙、゙、. \
: : : : : |. : : : : :i |: : : :i:|. : : : ∧: :、.i. .i: : . ` 、
.: : : : : !: : : : : | |、: : :| | : : i | !: :|:| : |:、: : : : : : >
: : : : : :| : : |: i 「! ヽート!、: : リ  !: |ハ: ト : | ̄ ̄
.: : :,..-、|: : :i: :|: !゙、 _、!二゙、-| イ: リ ! |ヽ:|
: : / へ.゙、 :丶ヾヽ<´{::::i` ヽ! 1!|:/| :!ノ゙、リ

: :ヽ    \ : :!丶   ̄     Vイ:ハ |\:i
.: : 丶    \゙、        `> リ  `
ヽ: : :`┬ 、  ヾ          /
  i: ;ィノ    U     ,....-ィ /
,,:‐レリ    _       ̄ /
゛=!_    \ `ー-、_  _/
::::::゛== 、 \   / ̄ヽ、
::::::::::::::::::::::゛===-、    >
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「………」


最後に恭子が倒れ、誰もが体を止める。

誰も発せず、誰も動かず、息さえ止めて見守った。


トキ「はぁ……ぶいやねん!」

京太郎「っしゃーーーー!!!!」


トキが振り向き、Vサインを送れば、自然と叫び声を挙げていた。

大きな声で天井へと叫び、ガッツポーズをする。

何だろうか、この達成感は……。

カゼコシジムでもアチガジムでも感じれなかった、この達成感は。


ヒロ「あたた……あーっ、勝った?」

トキ「はふぅ……お蔭さんで」

ヒロ「役に立ったか」

トキ「うん、おおきに」

ヒロ「そっか、そか。お疲れさん」


京太郎の叫びにヒロが目を覚まし、近くに居たトキへと声をかける。

トキも限界とばかりに座り込み、お互いに拳をあわせた。

        ./        --- 、         '.,
       ,'   ./  ./     \\  \      .',
       .l   /  /         ヽ.\  ヽ    !
       .!   ,: ./‐‐-.、       ...-‐!l‐\ ',    l
       l   .! ./    `       ´  リ   ', .',    .l
      ノ,!  !/,.-==ミ.、   ,ィ ===ミ、! l   l

      ,'/l  .,:'::f/{:::::::::::}ヽー ''./イ{:::::::::::}ヽ:Y   l
     .,'/ .l 八:{ヾ乂: ゚ ノ,ノ/⌒ヽヽ 乂: ゚: ノ .ノ:/   l
     ('  .l   ト.-=一 ''´  、 `ー == イ,'    l
       l   ト-,  '''           '''' /  ,'  .!
       l l  ハ      -‐ -     ,/  .,'   !
       l l    i>...        ,.ィ/   /!  .l
       l l   .j | ! ≧z...  ....ィ≦_|/ ,: / !  .l
   /   j j   .,' j l/`{_f´ ̄ ̄ /.,:' / l  .l
  {(   ./ ノ  /_,'/ .,.ィ:!_,.ィ!   /./ ./丶l、 .!     ト、
\ ヽ`ー':/   .// ./ 〉_::::ハ  /./  l / `ー- .、 ! !
、 `ー=イ   ,イ_,,..イ  /:::::::} .\{/!l  .V         V ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


恭子「はぁ……」

郁乃「負けてしもうたね~」

恭子「あと少しやったんですけど、ごめんなさい」

郁乃「別にええんよ~」

雅枝「これで満足した?」

絹「……うん。はぁ……ええな、羨ましいな」

雅枝「そのうち、絹にも見つかるって」

絹「そうやろか?」

雅枝「そそ、恭子にも絹にもな」

恭子「うちもですか」

雅枝「あいつら見て、羨ましそうにしてたやろ」

恭子「う゛」


図星を疲れたのか、恭子は呻く。

その後は、お互いに笑い合い、あたふたとする京太郎達を優しく見守った。




            ,.  ´ ̄ ̄ `  、__
          /   ,      / /⌒Y
         /    /    ,:       | ̄\
        .:'    '  /__/   ,      |   \__
       /    /  ///\/ /   .'   '    {` ̄
     /イ ,.. 、イ /}/⌒ヽ、/´   // /   、   、
       { { Ⅵ /   Vオ {从 /-}/-、  }  、 \
       | |  {/       ∨ィ=、}/  ,  |、 }  ̄
       / 乂   u      ::::::: Vソ' ,l ∧l |
        /イ , 八   ,...、    '   /ムイ,'∧ |
      /\ /  、 〈- 、\__     ム/ /   \
>----イ///\   .  `  ー '  イ/从
////////\///    、   .  ´
//////////\{    /`¨¨ 、

////////////>、  {、     〉
/////////////(_)}   ∨、_,イ/\
///////////////`¨¨¨|/\////\

//////_,. --- 、//|    |///\////>--、
/> ´   --、 ∨ム  //////////////}
     ´¨¨ヽ\〉 ∧///,イ/////////// |
        - \///{/イ//r- 、///////∧
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎「って喜んでる場合じゃないわ! ヒロ! トキ! 大丈夫か」

トキ「今日はもう動きたくないわ」

ヒロ「ははは、うちも流石に」


立ち上がらない二人を見れば一目瞭然だ。


京太郎「取りあえず……ボールに!」

トキ「あーい、お疲れさんでした」

ヒロ「後でカニな!」


ぶれない二人をボールに戻し、ポケモンセンターへと走る。


雅枝「ちょい、待ち」

京太郎「うぉう!?」


とするも、リュックサックを捕まえれ、足が空中へと空振った。


京太郎「えっと?」

雅枝「ポケモンの回復機材なら家にある、そっち使った方が早い」

京太郎「使わせて下さい」

雅枝「はいはい、頼んだ」


直ぐに理解し頭を下げれば苦笑された。

そして、審判をしてくれていた、人にボールを渡すとほっと一息ついた。

                    _, ⌒\/ ̄ ̄ \

                ,    ̄ ̄ /     、     _\
             ´      /        \     `ヾ
            /         '     、 、 、     \
             /          |   {  :. | | ∨、\   \__
           ′        |    l|  } | |、 | |\ \ ̄ ̄´
           .        {   从 /-}/-Ⅵ {  ヽ |
          /       ,.-从   | }/ ィ≧、 {  \ }'
          /イ      { ⌒\ {   、 Vj ∨、  \
            八       、   \       ヽ  ̄
            Ⅵ        ,ー、         ,:'
            ヾ\    / ∧         -,
                  ヽ /{/     、       '
                _从/____ >  __ノ
              |///////////l :l//|

              |///////////|  //|
                /////////// ∧ :./|
          , <////////////////\l/、
        //////////////////////\l、

          //////////////////////////} }

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
雅枝「ほれ、これが【ダブルバッジ】や後賞金」

京太郎「これが……」


三つ目のバッジを差し出され、丁寧に受取る。

これでバッジは三個目となり、なんだか感傷深かった。


雅枝「まぁ……まだ、半分以上あるけどな!」

京太郎「こういった、戦いがあと半分」

雅枝「こっから厳しくなんで、キバれ」

京太郎「っ! はい!」


肩をバンっと叩かれ、痛みが走るもしっかりと答えた。

: : : : :/ : : : : : :| : : : :|.. : :. ゙、: . ゙、゙、. \
: : : : : |. : : : : :i |: : : :i:|. : : : ∧: :、.i. .i: : . ` 、
.: : : : : !: : : : : | |、: : :| | : : i | !: :|:| : |:、: : : : : : >
: : : : : :| : : |: i 「! ヽート!、: : リ  !: |ハ: ト : | ̄ ̄
.: : :,..-、|: : :i: :|: !゙、 _、!二゙、-| イ: リ ! |ヽ:|
: : / へ.゙、 :丶ヾヽ<´{::::i` ヽ! 1!|:/| :!ノ゙、リ

: :ヽ    \ : :!丶   ̄     Vイ:ハ |\:i
.: : 丶    \゙、        `> リ  `
ヽ: : :`┬ 、  ヾ          /
  i: ;ィノ    U     ,....-ィ /
,,:‐レリ    _       ̄ /
゛=!_    \ `ー-、_  _/
::::::゛== 、 \   / ̄ヽ、
::::::::::::::::::::::゛===-、    >
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      ,'    7             /       \    ヘ
        ,    ,         /             \   ,
          {       / /              V
      i     ,      7 ./              V  }
                , /             ,ィ }!  !
      キ     ',     {!7            /  ,j!
      ,         i{,'` ー- --     ´ ,ィ≦=ォ !
           ,     i!_ _ _      ,ィf升:} i }}
                  Lイ〒芸芯㍉.、 _,.イ { ::.リ l リ |
       }    ',    {;;{、 { .:::. リ  〉ニニ〈  ゝ' j,〃
       ,        ヘ;', .乂ュ,ノ  〃´  ` =="!  i
            ハ   iヾ= zzz 彡"   '     .川 ,
       i     ハ   !              ノ        ヽ
                   ',>、       -‐   イ    { ,イ    },
   ,イ   }      }   ハ  >        イ  ヘ   i!ノ .}    .ハ
  ,' {    ハ        !   }、     f ー ≦_',  ',   :|  ノ   ノ }
  .{ i  .ノ      ノ   i! `  、   {  \  ヘ  ',  ゞ´   ,ノ  ,
ヽ-', ヘ-'           ,'     >‐ハ  .\ ヘ   ヽ    ̄
\ ヘ   \ _ ,/.     /     /  } ヽ  ヘ  \  `      ノ
   ヽ          /、     /  ヽ ii!` ー’   `  _  ,/
     `  __  ,  イ   \  / ヾミュ、 ii!            \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「あっ……」

絹「………」


肩の痛みを手で押さえていると、絹が丁度よく通っていく。

何か話そうとするも声が出ず、どうしようかと迷っていると


絹「……お姉ちゃんのこと頼んだわ」

京太郎「!!……任された!!」

絹「……」


そういわれ、大きな声で胸を張り返事をした。

絹はそれに振り返らず、手を挙げ答え、フラフラと廊下へと去っていった。

 /::::/::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
/::::/::::/´:::::::::::/::::::::;;;::::::::;;;;zー-、::::::::::::::::ヘ
,::´:::::::/:::::::::::::, ':::::,z≠:;;z"´    ヘ、:::::ヘ::::::::i
_,,:::::/:::::::::::::/::::/_//- 、      i:|:::::::l::::::::l

〈:::/:::::::::::::/::::/ ´ '´    `ヽ      |},::::::l;i::::::|
ヾイ:::::::::::,イ::::/,z≠=x、ヽ、      ,リヘ:::l:l:::::::}
/ {:::::::::::,;':::,',,イ,イ丁ハ ヾ゙      ヾ、 i:;l::!:::::リ

i .|:::::::::::::::::i.l;{ {叮ィツ        -‐  `ヾリ::::::i
ヘl:::::::::::::::::l  ヾー'        ≦ミx、 /:;'::::::,'
::i|:::::::::::::::::l             ,イハリ !} /::,イ::::/
::イ::::::::::::,::::!             、.ト叨' ノ/::,;':::::, '
::i|:::::::::::::l!::|             ´ `" './::/:::/
/:|:::::::::::,!:::|   , -― - 、    /::/:/

:::i::::::::::;イ:::|ヽ.  !、   /     ,.:'::::/
;イ::::::::/:i::::l ゙:::ヽ、 ` "´  ,,..::≦:::::;'
シ::::::ツ`ン:/   ゙/::::,`:<";´::::::::::::::/
;;:/,〆ツヽ、/、イ::::::/;'::::::::,:::::::::/

z=≠''".   \.ヾ-''"::::::::::;ツ::::; '
`.、     /"|'´|:::::;;;;;;;/:::/
  ヽ  _ノ、 `i lニz=≠"´
   `"´ \ヘ,,ト、iヾ、
.        ,> ノ ! i
 ,    ,〆 ,i,\ /

./    // ,イ,'iヘ、ヘ
/    i {_ノ/| ||.ヾツ
     "''´ i| |! |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

恭子「お疲れさん」

京太郎「お疲れ様でした」


絹を見送れば、今度は恭子だ。

近くに来て、そう返された。


恭子「なぁ……最初のサイドチェンジってバレてたん?」

京太郎「……はい、トキが教えてくれました」

恭子「トキが……? う~ん、あいつには教えてないんやけどな」


素直に答えれば、恭子は首を傾げ不思議そうにしている。


恭子「……トレーナーと居ると強くなるんかな」

京太郎「はい?」

恭子「なんも……バトル楽しかったわ! 機会あればまたしような」

京太郎「ははは……(今回みたいなギリギリは勘弁!)」


恭子の言葉に口を引き攣らせ答えた。


恭子「ほなな」

京太郎「はい、ありがとうございました!」


手を振って、絹同様に去っていく恭子にも頭を下げた。

                ,. --- 、        ____
                  /,  ´ ̄ ̄` '⌒´     \
           、_/_/⌒ヽ , /            ヽ
            ,---、  / //    :       ヽ :.
           ,  / ̄-/ /' {   | |       | :
          / __   ̄,./ /-' l| l | |___ l |    |
            .:' /   ,イ _| | |ア__l { { | / }`| |    |
       /       ,:´ | { | l\{从 ∨ィ斧ミ、 |    |
    /\'´        /{  | 从{__,. \∨Vソ }イ ト、 ∧{
    ////\ r---  ´八 !∧  ̄   ,:  :.:.:  }/ノ/ リ
.   ///////\      \}∧         u 八/
  //////////〉        込、  __    ,.: /
  ///////// /          }>、   ` イ |从
 ,'//////// /   _      /--、l ` ̄ :,   |--、
.///////// /  イ/////\   {////}   /  「///|
'//////// /´// {////////ー '|////|   ,   |///l|
///////////// |l///////////ヽ// \    |////> 、
////////{/////{!/////////////////}--- /////////> 、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
雅枝「騒がしくてすまんな~」

京太郎「いえ、トキとヒロで慣れてます」

雅枝「そっか……そうだ。ダブルバッジの説明やけど、これで上限がLv30まで開放や」

京太郎(ようやくか)

雅枝「それと【秘伝マシンフラッシュ】も使えるようになる」

京太郎(これで秘伝マシンを手に入れれば、ウスザンにも行けるな)

雅枝「それで、勝利者には、健闘を祈ってわざマシンを渡してるんやけど……」

京太郎「やけど?」

雅枝「特別かわざマシン……どっちがええ?」

京太郎「はえ?」


不思議な選択を迫られた。

さて、どう答えよう。

1:わざマシンで
2:特別で


↓1~5 一番多い選択肢

   /  /     |  ハ       |  | i 、 ヽ  \     \_
.   i  /     |  | |       |  | |、 i  ゙、 、 \_     _>
   |  i   | i  |  | |       |  ハ ハ _i!_ i   \ ヽ` ̄ ̄
   |  |   |+--|、_|! |   | i! ,/.ィ'|"i´ ハ  | i  ヾ 、 ヽ
   |  |   |.|ヽ |、_|王!ー  |./i .;"´/=、!/ | ! |   \ 、i      人
.   !. r|   i.|、!,,ィ'":::._iミi!  |/ /彳:::: r:!ヽ,| ,イ | 、_   \      `Y´
.   | |^!.  N 《 _、o;;;;i_ 丶、/ / ┴゜‐'"´ !イ | λ i` ー--ヽ
    ! | i、i、 ゙、  ` ̄ ̄   メ(        /^|イ `、|
   ノi \ヾi:.、、         i!      i ノリ   `
    |  ヽ__i                 |イ|/
    ヽ i、  i    ____....,     |/
      ヽ!、  i\   `ー-- ―'´  /、!
       i !i 、 \     ̄´  /!/       人
         |ハ,i、! 、 \      / ./.|       `Y´
         ト、! ゙、  `ー---'′ /|V
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【特別】

京太郎「もちろん! 特別で!」

雅枝「遠慮とかないんやね」

京太郎「貰えるもんは貰います」


雅枝の言葉にキッパリと答える。


雅枝「分かった。まぁ……時間がかかるし、少し待つ事になるけどな」

京太郎「うん……?」

雅枝「こっちの話。それと今日は泊まっていけ」

京太郎「ども」


結局何のことか判らず仕舞いで終わった。

その日は、トキとヒロのこともあったので、トキ達の実家で休む事となった。


四十四日目を終了します。

ポケモンは★4を入手した!
所持金8000円を入手した!
所持金63750円⇒71750円


1・うた ニックネーム:うたちゃん 呼び方:京太郎 ゴースト/ほのお
Lv26★★★★☆ HP:70 攻:28 防:41 特攻:46 特防:41 素早:23
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・かえんほうしゃ(基本・ほのお/特殊/威力・90/命中・100)【10%の確率で相手を『やけど』状態にする】
┃├2・あやしいひかり(基本・ゴースト/変化/威力・―/命中・―)【相手を1~4ターンの間『こんらん』状態にする】
┃├3・ちいさくなる(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・―)【自分の回避率を2段階上げる】
┃└4・ほのおのうず(基本・ほのお/特殊/威力・35/命中・85)【4~5ターンの間、毎ターン終了後最大HPの1/8のダメージを与え、その間相手は逃げられない】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
2・ひめこ ニックネーム:ひめちゃん 呼び方:きょーたろー でんき/― 持ち物:ふうせん
Lv26★★★★☆ HP:75 攻:42 防:29 特攻:57 特防:52 素早:62
【覚えている技】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・ほっぺすりすり(基本・でんき/特殊/威力・20/命中・100)【100%の確率で相手を『まひ』状態にする】
┃├2・でんこうせっか(基本・ノーマル/物理/威力・40/命中・100)【必ず先制できる】
┃├3・アンコール(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・―)【3ターンの間、相手は最後に使用した技しか使えなくなる】
┃└4・かみなり(基本・でんき/特殊/威力・110/命中・70)【30%で相手を麻痺させる】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
3・まいる ニックネーム:まいちゃん 呼び方:主人さま(マスター) はがね/―
Lv26★★★★☆ HP:75 攻:40 防:39 特攻:55 特防:57 素早:62
【覚えている技】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・アイアンテール(基本・はがね/物理/威力・100/命中・75)【30%の確率で相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる】
┃├2・スピードスター(基本・ノーマル/特殊/威力・60/命中・100)【相手全体を攻撃。自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する】
┃├3・てだすけ(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・―)【使用後、味方の技の威力を1.5倍にする。(優先度:+5)】
┃└4・かみなり(基本・でんき/特殊/威力・110/命中・70)【30%で相手を麻痺させる】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
4・まほ ニックネーム:マホ 呼び方:ごしゅじんさま あく/―
Lv26★★★★☆ HP:64 攻:46 防:33 特攻:54 特防:29 素早:50
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・みだれひっかき(基本・ノーマル/物理/威力・18/命中・80)【1ターンに2~5回連続で攻撃する】
┃├2・だましうち(基本・あく/物理/威力・60/命中・100)【自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する】
┃├3・おいうち(基本・あく/物理/威力・40/命中・100)【相手がポケモンを交代する時に攻撃すると、交代前のポケモンに2倍のダメージを与える】
┃└4・うそなき(基本・あく/変化/威力・―/命中・100)【相手の『とくぼう』ランクを2段階下げる】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
5・もも ニックネーム:モモ 呼び方:パパ ゴースト/どく
Lv25★★★★☆ HP:72 攻:49 防:37 特攻:77 特防:50 素早:67
なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆(最大20/現在18)6/10
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・さいみんじゅつ(基本・エスパー/変化/威力・―/命中・60)【相手を2~4ターン(実質1~3ターン)の間『ねむり』状態にする】
┃├2・どくづき(基本・どく/物理/威力・80/命中・100)【30%の確率で相手を『どく』状態にする】
┃├3・のろい(基本・ゴースト/変化/威力・―/命中・60)【相手を『どく』状態にする】
┃└4・シャドーパンチ(基本・ゴースト/物理/威力・60/命中・―)【自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
6・ゆきこ ニックネーム:ユキ 呼び方:お兄さん ノーマル/―
Lv26★★★★☆ HP:77 攻:45 防:56 特攻:41 特防:68 素早:67
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・おんがえし(基本・ノーマル/物理/威力・―/命中・100)【ポケモンがなついているほど威力が高くなる。最高102】
┃├2・とびげり(基本・かくとう/物理/威力・100/命中・95)【攻撃が外れると、自分の最大HPの半分のダメージを自分が受ける】
┃├3・ふぶき(基本・こおり/特殊/威力・110/命中・70)【相手全体を攻撃。10%の確率で相手を『こおり』状態にする。天気が『あられ』の時は必ず命中する】
┃└4・バトンタッチ(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・100)【他の味方のポケモンと交代し、かかっていた補助効果を引き継ぐ】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

7・とき ニックネーム:トキ 呼び方:京ちゃん エスパー/フェアリー
Lv26★★★★☆ HP:63 攻:27 防:34 特攻:46 特防:41 素早:39
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・ねんりき(基本・エスパー/特殊/威力・50/命中・100)【10%の確率で相手を1~4ターンの間『こんらん』状態にする】
┃├2・かげぶんしん(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・100)【自分の回