エレン「ミカサが気持ち悪い」(158)

エレン「今朝から様子が変なんだよ…喋り方とか仕草とか…」

ライナー「…」

エレン「だから助けてくれ!アルミンでも手に負えないんだ!」

ライナー「いや…何で俺に頼むんだ…?」

エレン「ライナーが頼りになるからだよ!お願いだ!」ガバッ

ライナー「土下座までするなよ…わかったから…」

エレン「本当か!?じゃあ

ミカサ「あ!エレ~ン」タッタッタッ

エレン「ひいっ!?来た!!」ビクッ

ライナー「(何が変なんだ…?)」

ミカサ「もぉ~、ミカりんずっと探してたんだゾ!」プリプリ

ライナー「」

ミカサ「エレン!もうすぐ訓練始まるから行こっ!」グイッ

エレン「うわぁ!」ドテーン

ミカサ「!?ごっ…ごめんねエレン!ミカりん反省っ☆」コツンッ

エレン「おえっ…」

ライナー「」

ミカサ「ライナー、何か用?」ゴゴゴゴゴ

ライナー「えっ!?いや…あの…」

ライナー「(俺に対してはいつもの態度なのか…)」

エレン「なぁミカサ…」

ミカサ「ど…どしたのエレン?」

エレン「お願いだからやめてくれよ…」

ミカサ「え?んーと、どぉ言うこと?」

エレン「だからその喋り方だよ!!」

ミカサ「ミカりんはいつもと一緒だよ?」

エレン「全然違うだろ!!」

ミカサ「エレンが怖いよぉ…ミカりん泣いちゃう…」グスッ

エレン「おえぇぇぇぇぇ!!!」ダダダダ

ミカサ「あ!待って!」ダダダダ

対人格闘術

ミカサ「え~、エレン、アニと組んじゃうの?」

エレン「俺はいつもアニと組んでるんだよ!」

ミカサ「ミカりん寂しい…」シュン

アニ「(なんだこいつ…)」

エレン「ほら、わかったらあっち行けよ!」

ミカサ「…」

ミカサ「わかった…ミカりん、ライナーと組む…」

ライナー「!?」

その夜

ミカサ「ユミル、どういうこと…」

ユミル「おっかしーなーww成功すると思ったんだがなwww」

ミカサ「ぶりっ子は男にモテると言うからエレンに試したのに…」

ユミル「仕方ねえww次は魔女っ子で行ってみろww」

ミカサ「魔女っ子?」

ユミル「あぁww私が教えてやるからよく聞いてろよww」

ユミル「次は大成功間違い無しだww」

ミカサ「わかった…」

翌日

食堂

ザワザワ

エレン「今日もミカサはあの状態のままだと思うか…?」

アルミン「知らないよそんなの…」

ミカサ「おっはよ~!2人とも!!」

エレアル「!?」

アルミン「(なんだ…超硬質ブレードなんか持って…)」

ミカサ「魔女っ子ミカりん参上っ☆」

エレン「」

アルミン「は?」

ミカサ「あれれ~?2人共元気がないぞ~?」

エレン「」

アルミン「」

ミカサ「そんな時には!魔女っ子ミカりんが元気になるおまじないをかけて あ・げ・る☆」

エレン「」

アルミン「」

ミカサ「ちちんぷいぷい エレンとアミるん、元気にな~れっ☆」シャキン

エレン「」

アルミン「」

ジャン「あぁ…俺のミカサが…」

ベルトルト「エレンが好き過ぎておかしくなったんだね…」

ライナー「(やっぱあんな奴の相手したくないな…)」

ユミル「ふひっwwwwwうひひwwwww」

クリスタ「ユミル、ミカサに何かしたの?」

ユミル「何もしてねーぞwwwwwぶっwwww」

クリスタ「(絶対何かしてる…)」

アルミン「…」

エレン「」

ミカサ「ミカりんのおまじないが効いてない!?」

ミカサ「よぉ~し、もう一度…」

アルミン「いや…元気になったからもうやめて…」

ミカサ「ほんと?よかったぁ~」

アルミン「ミカサ…今度は

ミカサ「え?ミカサ?」

アルミン「は?」

ミカサ「私はミカサじゃない!私は魔女っ子ミカりん☆」

アルミン「…」

ミカサ「アミるん、私の事はミカりんって呼んでね!」

アルミン「(アミるんって何だよ…)」

ミカサ「えっと…私、ミカりんはシガンシナ星からやってきた」

アルミン「(語り出した…)」

ミカサ「それで…もちろん!理由は一つ!ここに………あ…」

ミカサ「もちろん!ここに来た理由は一つ!」

アルミン「何で言い直したの!?」

ユミル「(台本を読み間違えたな)」

ミカサ「私には使命がある!その使命とは!」

ミカサ「私がこの残酷な世界で地面に這いつくばって死ぬまで、エレンを救い続けること!」

アルミン「言い方がエグい」

ミカサ「と、言うことだから、何か困った事があったら私に相談してね!エレン!」

エレン「」

アルミン「(エレン…頑張ってね…)」

兵法講義中

キース「…であるからしてペラペラ」

エレン「」

アルミン『エレン…目を覚まして…今日はキース教官が講義担当なんだよ…』

ミカサ『こんな講義聞くまでも無し!魔女っ子ミカりんに分からない事などないのだっ☆』キラッ

アルミン『エレン!!』ユサユサ

エレン「ううっ…」ガクガク

エレン「な!?なんだよアルミン!?」バッ

アルミン「あ」

キース「おいそこ!!うるさいぞ!!」

エレン「し…しまった!?」

キース「イェーガー訓練兵!何を騒いでいる!!」ツカツカ

ミカサ「!?エレンのピンチ!!」

キース「貴様…講義中に騒ぐ必要でもあったのか?」ザッ

エレン「いえ…その…」

アルミン「あの…エレンは具合がわr

ミカサ「出たな~、ハゲ怪獣シャーディスめ!」

キース「は?」

アルミン「」

エレン「」

ミカサ「巨人とリヴァイは許さない!魔女っ子ミカりん参上っ☆」

アルミン「(ミカサ終わった…)」

モブ共「」

ユミル「…zzz」

キース「…」

ミカサ「行っくぞ~、大魔法!人肉千枚おろし!」シャキン

アルミン「なんだよそれ!?」

エレン「」

キース「……面白い」フッ

アルミン「えぇ!?」

ガキィン!!!!!!

カラン カラン

ミカサ「そっ…そんな…ブレードが…」

キース「なかなかいい動きだ…だが、私に挑むにはまだ早い…」シャキン

アルミン「(教官もブレードを…)」

カンカンカンカン

キース「講義は終わりだ、面白いモノを見せてもらったぞ…」

ミカサ「くっ!」ガクッ

キース「礼として2人とも罰は無しにしてやろう…さぁ、次の訓練の準備に取りかかれ」ツカツカ

ミカサ「えっ!?」パアァァァ

アルミン「(罰無しでいいのかよ…)」

ユミル「んっ……講義終わったのか……」ウトウト

エレン「」

モブ共「」

その夜

ミカサ「またダメだった…なぜなの…」

ユミル「おっかしーな~wwwwww」

ミカサ「ユミル、私は貴方を信じていいのだろうか」

ユミル「おう!私を信じろよ!絶対にエレンを振り向かせてやっから!」

ミカサ「…」

ミカサ「わかった…信じよう…」

ユミル「おうwwwそれで次はだなwww」

ユミル「次はだな…」

ユミル「(やべぇ…考えてなかった…)」

ミカサ「次はなに?」ジー

ユミル「(どうしよう…)」キョロキョロ

アニ「…zzz」

ユミル「…」

ユミル「アニっ子だ!!」

ミカサ「アニっ子?」

ユミル「そうだ!アニっ子って言うのはな…」

ミカサ「うん…」

アニ「ねぇ…」

ユミル「!?」ビクッ

アニ「アニっ子って何よ…」ゴゴゴ

ユミル「アニ!?嫌、それはだな…」

ユミル「(チッ…本人の前で…)」

ミカサ「ユミル、アニっ子とは何か早く教えて」

ユミル「…」

ユミル「まぁいっか」

ユミル「アニっ子ってのはなー」

ユミル「アニみたいな性格の子って意味だよ」

ミカサ「え?」

アニ「殺す」ゴゴゴゴ

ユミル「おい!落ち着け!」

ミカサ「冗談はやめて、私はアニの真似などしたくない」

アニ「私もあんたになんか真似されたくないよ」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ…

ユミル「…」

ユミル「(…そうだ)」

ユミル「(面白いこと考えたww)」

ユミル「なぁ、ミカサ」

ミカサ「なに…」

ユミル「明日も魔女っ子で行けよww」

ミカサ「え?」

ミカサ「しかし…魔女っ子ではエレンの気は惹けなかった…」

ユミル「そんな事ねーぞww」

ユミル「エレンの奴、めちゃくちゃ可愛いって言ってたぞww」

ミカサ「本当!?」バッ

ユミル「ああwww本当だともwwww」

ユミル「それにエレンはなwwww」

ユミル「今度から対人格闘術はミカサと組みたいって言ってたぞwww」

アニ「」ピクッ

ミカサ「つまり魔女っ子は大成功って事!?」

ユミル「あぁwwwその通りだwww」

ユミル「魔女っ子だから成功出来たんだwww」

ユミル「魔女っ子だから成功出来たんだよwww」チラッ

アニ「くっ…」

ミカサ「ユミル、感謝する!明日も魔女っ子で更にエレンの気を惹いてみる!」

ユミル「あぁww頑張れよwww」

ミカサ「じゃあ皆!オヤスミカりん☆」キラッ

ユミル「おやすみーwwじゃあ私も寝るかww」

アニ「ま…待ちなよ…」ギュッ

ユミル「なんだよwww」

ユミル「(本当、チョロいなこいつwww)」

アニ「その魔女っ子についておs

ユミル「しょーがねーなーwwww 」

翌日

食堂

ザワザワ

エレン「今日はどうなんだろうな…」

アルミン「どうなんだろうね…」

ミカサ「おっはよ~!」タッタッタッ

アルミン「変わってなかった…」

エレン「俺の知ってるミカサはどこに行ったんだよ…」

モブ共「(またかよ…)」

ミカサ「魔女っ子ミカりんさんじょ…

???「待ちなさい!!」

ミカサ「!?」

エレン「!?」

アルミン「!?」

ザッ…ザッ…ザッ…

エレン「お…お前は…」

ザッ…ザッ…ザッ…

アルミン「なぜ…君が…」

ザッ…ザッ…ザッ…

ミカサ「…」

モブ共「」

ザッ

アニ「おっはよ~☆」キラッ

ミカサ「アニ…」

アニ「ミカりん、魔女っ子はあなただけじゃないのよ!」

ミカサ「どういうこと…?」ゴゴゴゴ

ミカサ「(はっ…キャラを崩してはいけない…)」

ミカサ「なんですって!?貴方は一体何者なの!?」

アニ「ふふふ…」

アニ「父とライナーは許さない!」

ライナー「!?」

アニ「魔女っ子アニるん参上っ☆」キラッ

ミカサ「アニ…るん……?」

エレン「もう嫌だ…」グスッ

アルミン「着いて行けない」

ユミル「イヒッwwwイヒヒwwww」バタバタ

クリスタ「」

ミカサ「アニるん!貴方の目的は何なの!?」

アニ「決まってるじゃない!」

アニ「エレンをお守りする事が私の目的!」

ミカサ「!?」

エレン「」

アルミン「うわぁ!?エレンがまた気絶した!!」

ミカサ「貴方も…エレンを守る事が目的だったの…?」

アニ「もちろん!」

ミカサ「…」

ミカサ「いや…」

ミカサ「その必要はない!」

ミカサ「エレンにはミカりんが居れば充分なの!」

アニ「それを決めるのはミカりんじゃない!」

ギャーギャー
ワーワー

アルミン「エレン!エレン!」ユサユサ

エレン「」ガクガク

ミカサ「仕方ない…こうなったら…」

アニ「エレンに直接聞くしかないようね…」

ミカサ「エレン!貴方はミカりんとアニるん、どっちが必要なの?」

アルミン「エレンは気絶してるよ!」

エレン「」

ミカサ「…」

アニ「…」

ミカサ「こうなったら…今日の訓練でより多くエレンをサポート出来た方の勝ちとしましょう…」

アニ「面白いじゃない…絶対に負けないわよ…」

ゴゴゴゴゴゴ…

ジャン「…」

ジャン「なぁ、マルコ」

マルコ「どうしたの?」

ジャン「やっぱり魔女っ子も悪くねぇかもな…」

マルコ「…」

マルコ「そうだね」

アルミン「エレン!やっと目を覚ました!」

エレン「うぅ…」

兵法講義

ミカサ「(早く…エレンの隣に座らないと…)」ダダダダ

アニ「(そうはさせない…エレンの隣はアニるんが座る…)」ダダダダ

???「あの!アニるんさん!」

アニ「えっ?」クルッ

サシャ「私、アニるんさんのファンなんです!サインください!」スッ

コニー「俺もライナーの代わりにサイン貰いに来たぜ、蹴られるのが怖いからって」

ベルトルト「僕にもサインをお願いします!どうか!」

アニ「あの…今急いでるかr

ミカサ「(残念だったわねアニるん☆)」キラッ

アニ「(もう席を取られてる!?)」

サシャ「あの~、ダメでしょうか?」

コニー「頼むよ、実は俺もファンだったりするんだから」

ベルトルト「お願いします!お願いします!」

アニ「…」

アニ「もぉ~、しょうがないなぁ☆」

アニ「(案外、悪くないかも!)」

ミカサ「いいエレン?私達魔女の住む魔界ではサタンという悪魔がが魔界を牛耳っていて、その配下には残忍な番犬ケルベロスや山羊の頭を持つバフォメットが…

エレン「何言ってるのかわからん」

>>91

× サタンという悪魔がが

○ サタンという悪魔が

対人格闘術

アニ「(次こそ…エレンを誘わないと…)」ダダダダ

ミカサ「(させない…アニるんの好きには…)」ダダダダ

???「あの!すいません!」

ミカサ「えっ?」クルッ

ジャン「ミカりんファンです!サインください!」

マルコ「僕もファンなんです!握手もお願いしたいんですが!」

クリスタ「私もファンです!ミカりん大好きです!」

キース「私もファンになりました!サインを戴きたい!」

ミカサ「いや…でもミカりんは…」オドオド

アニ「(ドンマイミカりん☆)」キラッ

ミカサ「(もうエレンと組まれてる!?)」

ジャン「ミカりんさん!どうかサインをお願いします!」

マルコ「握手がダメならハグでもいいですから!」

クリスタ「お願いします!サインください!」

キース「サインくれないなら開拓地送り」

ミカサ「…」

ミカサ「オッケー!ミカりんのサインあげちゃうよっ☆」キラッ

ミカサ「(この胸の高鳴りは何?…)」ドキドキ

アニ「エレン、今日は大魔法!サマーソルトキックを教えてあげる!」

エレン「勘弁してくれ…」

立体起動術訓練

ミカサ「エレン!ガスを吹かしすぎ!すぐ切れちゃうよ!」ゴオォォォ

アニ「エレン!こっちの模型はまだ誰も狙ってないよ!」ゴオォォォ

エレン「うるせえ!邪魔だお前ら!」ゴオォォォ

キース「(魔女っ子ミカりん…最強のヒロイン、趣味はエレン、チャームポイントは腹筋)」

キース「(魔女っ子アニるん…おっぱい、趣味はおっぱい、チャームポイントはおっぱい)」フヒヒ

ミカサ「(くっ…アニるんもしつこい…)」ゴオォォォ

アニ「(さすがミカりん…油断は出来ない…)」ゴオォォォ

エレン「つーか、何でお前ら股に箒挟んでるんだよ!」ゴオォォォ

夕方

女子寮の裏

ミカサ「…」グッタリ

アニ「…」グッタリ

ミカサ「今日はいい勝負をさせてもらった…」

アニ「どうやら引き分けのようだね…」

ミカサ「…」

ミカサ『楽しかった…』ボソッ

アニ「え?」

ミカサ「何も…」

アニ「(今…楽しかったって…)」

ミカアニ「…」

ドドドドドド

アニ「え?」

ミカサ「何の音?」

ドドドドドド

ライナー「おい!見つけたぞ!」ザザッ

ベルトルト「まだミカりんのサインを貰ってないぞ!」ドドドド

ジャン「アニるんのサインもくれ!」ドドドド

マルコ「どっちも好きだあああぁぁぁぁ!!」ドドドド

サシャ「ミカりんさん!抱きしめてください!」ドドドド

クリスタ「アニるんマジ天使」ドドドド

ミカサ「これは一体…」

アニ「他にも数十人の人が…」

オイ!オスナヨ!!
オマエコソジャマダ!!
ミカリンサインクダサイ!
アニルン!サインクレ!

ミカサ「…」

アニ「…」

ミカサ「…」チラッ

アニ「…」チラッ

ミカアニ「…」

ミカサ「…ふふっ」

アニ「…」クスッ

ミカサ「アニ…私は間違っていた…」

アニ「…」

ミカサ「お互い、守りたい相手が同じならば…」

ミカサ「2人で一緒に守ればいい…」

アニ「そうだね…」

アニ「争いは憎しみしか生まない…」

ミカサ「そしてもう一つ、新たな目的が出来た…」

アニ「なに?」

ミカサ「それは…」

ミカサ「これからはエレンの為だけでなく、ファンの人の為にもずっと魔女っ子ミカりんで居ること」

その夜

ユミル「お前ら本気で言ってんのか?」

ミカサ「私は本気、もう決心したから」

アニ「私も考えを変えるつもりはないよ」

ユミル「(こいつがファンの為にも魔女っ子を演じ続けるとはな…)」

ユミル「(エレンの事しか脳にない変態だと思ってたんだがな…)」

ミカサ「それに、私が魔女っ子の状態ならばエレンも喜んでくれてるから」

ユミル「(それは嘘だよww)」

ユミル「(よしww面白そうだし協力してやるかww)」

ユミル「おいお前らww魔女っ子よりもお前らに打って付けのキャラがあるんだよww」

ユミル「これを演じる事が出来ればなwww」

ユミル「更にエレンにもファンにも愛されること間違いなしだwwww」

ミカサ「本当!?」ズイッ

アニ「早く教えなよ!」ズイッ

ユミル「ああwwそれはだなwww」

ユミル「『エレキュア』って言うんだがww」

翌日

食堂

ミカサ「エップル、大人しくして…」

アニ「エップルが居ないと変身出来ないのよ…」

エレン「エップルって何だよ!離せ!」ジタバタ

アルミン「」

ユミル「(おいおいwwもう変身する気かよww)」

ミカサ「さぁ、お尻を出しなさい、この手作りカードを…」

アニ「お尻の割れ目にスラッシュしないといけないからね…」

エレン「嫌だ!助けてくれ!!」ジタバタ

ミカサ「よいしょ」

ズルッ

エレン「あ」

ミカサ「今よ!」

シュッ!

エレン「あ"っ…」ビクッ

シュッ!

エレン「い"でっ!」ビクッ

ミカアニ「「デュアル・オーロラ・ウェイブ!」」

シーン…

ユミル「(いいぞww次のセリフだww)」

ミカサ「駆逐の使者、キュアブラック!」バッ

アニ「駆逐の使者、キュアホワイト!」バッ

ミカアニ「2人はエレキュア!」シャキーン

アニ「闇の力の下僕共よ!」

ミカサ「とっとと土に還りなさい!」

ユミル「(あーあ…また間違えた…)」

シーン…

アルミン「」

ジャン「…」

ジャン「……か…」

ジャン「かっこいい!!」ガタッ

アルミン「は?」

マルコ「かっこいいし可愛い!最高じゃないか!」ガタッ

ライナー「惚れたぜ!エレキュア!」ガタッ

ベルトルト「エレキュア最高だ!」ガタッ

ウオオオォォォ!!!!
エレキュアサイコウダ!!!!!
サインクレ!!!

ギャーギャー

アルミン「…」

アルミン「…ごめんねエレン」

アルミン「僕も目覚めちゃった」

アルミン「うおおおぉぉぉぉ!!エレキュア最高!!」ガタン

ワーワー

エレン「」チーン

2年後

トロスト区

ワイワイ
ザワザワ

ジャン「そろそろ帰って来るぞ!」

マルコ「はぁ…僕も見たかったな…『壁外エレキュアショー』」

ジャン「無理だろ、壁外での劇は巨人限定だからな」

マルコ「巨人が羨ましい!早く『壁内エレキュアショー』が見たい!」

アルミン「2人共!門が開くよ!エレキュアが帰って来たんだ!」

ギギギギギ…

キャアアァァァァァ!!!!!
エレキュアー!!!
コッチムイテー!!!!

エレン「相変わらずうるさいエポ」

ミカサ「馬が驚くから騒がないで欲しいな」

アニ「プロデューサー!お疲れ様でした!」

ユミル「お疲れww今日も素晴らしい演技だったよww」

リヴァイ「チッ…うるせぇな…」

ユミル「リヴァイ兵長、今日も用心棒ご苦労様でした」

リヴァイ「今回も奇行種が二体、舞台を荒らし始めるから大変だった…」


アルミン「エレキュア!あれやってー!!」

ライナー「やってくれー!!」

ベルトルト「僕も見たいー!!」

エレン「まただエポ…」

ミカサ「プロデューサー、ファンからまた…」

ユミル「いいじゃんwwwやってやれよwww」

ミカサ「はい!分かりました!」スタッ

アニ「よいしょ!」スタッ

ミカアニ「「デュアル・オーロラ・ウェイブ!」」

ウオオオォォォォォ!!!!!!

ミカサ「駆逐の使者、キュアブラック!」バッ

アニ「駆逐の使者、キュアホワイト!」バッ

ミカアニ「2人はエレキュア!」シャキーン

終わり

終わりです
プリキュア知らないから、アニメ見て調べた
前作 破服色の破気

乙でした

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom