ルパン「五ェ門を轢き殺しちまったぜ!」次元「埋めるぞ」 (8)

不二子「私は、出ないわよ」

夜の砂浜

ルパン「ここに埋めるか」

次元「ロマンチックな場所じゃねぇか」

ルパン「ははは、だろ?」

数分後、墓穴が出来た。

次元「……ここがこいつの墓場になるのか」

五ェ門「」

ルパン「……」

次元「……」

ルパン「……次元は、そっちを持て。俺は、こっちを持つ」

次元「……分かった」

二人は、五ェ門の死体を墓穴に放り込んだ。

ルパン「あばよ、五ェ門」

次元「うっ……」

ルパン「次元、どうした?泣いてるのか?」

次元「これを見ろ……」

次元は、ズボンから勃起したちんちんを出した。

ルパン「次元……」

次元「この場所があまりにもロマンチック過ぎて……勃っちまった」

ルパン「……ヤるか?」

次元「……今夜は、月が綺麗だな」

0.3秒後

ルパン「そっちも早撃ちかよ!」

次元「とうとう俺も潮時かもしれねぇな……」

五ェ門「」


あとがき
書き溜めたSSの中にあった未完成SSを無理矢理終わらせました。話が思い付かなかったので。

https://i.imgur.com/9yXqHhW.jpg

SSの感想・SSと関係ない書き込み・意味不明な書き込みは無視します。
※感想は最後まで読んでから書いて下さい。

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom