【安価コンマ】女探偵は華麗に事件を解決する (391)

女探偵が様々な事件に挑みながら事件を解決していくスレです。
安価やコンマで進めていきます。

注意点
※めちゃくちゃなキャラ設定禁止
※グロやスカは禁止
※ロリは範囲外なので小学生以下のキャラは禁止
※安価連取は無効、コンマ連取は有効
※判定競合した場合はゾロ目優先

スレも立ったのでお久しぶりの方もいるかもしれませんが始めていきます

以下説明をしていきます

【説明】
女探偵を安価やコンマで動かして進めていきます。
探偵としての職業についていてもいいですし、学生の探偵もありです。
事件を解決していくと評価があがるので☆10個になればグッドエンドです。

逆にエッチなことをされて堕ちていくとバッドエンドになります。
自ら身体を使った手段を取っても問題ないです。

特に特殊能力があるわけではないので戦闘などは基本ないと考えてください。
相手についても一般的な人間を想定しております。

いろいろと説明不足なところはあるかもしれませんが、緩く進めていこうと思いますのでよろしくお願いします。

キャラシートを出してキャラを安価で決めていきますが、その前に質問あればお願いします。
ちなみにキャラシートは以下を想定

【名前】
【年齢】
【所属】※学生だったり探偵事務所ならどんな事務所か
【容姿】
【性格】
【男性経験】
【その他】

まだ募集してないです
質問等はとりあえず大丈夫ですかね?

特に問題なければ
22時30分まで募集します
その後>>1のレスのコンマに一番近いものを採用で

4年くらい前の人か?
期待

【名前】夢乃 沙織(ゆめの さおり)
【年齢】20
【所属】大学生兼、年上の幼馴染(男)が個人で開いている探偵事務所でアルバイトしてる。
【容姿】身長158cm。黒い長い髪を二つ括りにしている。童顔だがスタイルはかなり良い。
【性格】冷静でやや毒舌気味、滅多なことでは動じない。冷淡のように見えて、その実かなり優しく世話焼きで、かつ正義感の強い一面を持っている。
【男性経験】先述の幼馴染と結構頻繁に。それ以外の人とは経験一切なし。
【その他】小さい頃から知的好奇心が強く、好んで勉強を続けていたため博識。
負けん気が強く、幼少期に男子に張り合うために剣道を始め、現在有段者。
探偵事務所を開いている幼馴染とは恋人関係で、かなりべた惚れしてる。
アルバイトというが、実質押しかけ妻状態。
貞操観念が強く、恋人以外の男性に接触を許す気は現状一切ない。

【名前】革嶋 エンラ(かわしま えんら)
【年齢】25
【所属】個人経営の探偵事務所
【容姿】ジーパン、革ジャケ。ややぼさついた黒髪ロング。目つきが悪く、いつも仏頂面で煙草を咥えている
【性格】男勝りで暴力的で非常にガサツ。重度のヘビースモーカー
【男性経験】人並みにはある。非処女
【その他】おそろしくズボラで生活能力はほぼ皆無
下着が嫌いで、革ジャンとジーンズの下は素肌。革ジャンの前を開けている事も多い。ジーンズの前すらろくに閉めず陰毛が覗いている
漢字で書くと名前は「焔羅」。本人はこの字を嫌いカタカナで通している

【名前】朝倉 夏海(あさくら なつみ)
【年齢】16
【所属】高1
【容姿】黒のボブカット。黒セーラーの制服でスカート短め。私服はキャミにホットパンツと露出の多い物を選ぶ。胸こそ控えめだが綺麗な肌の美少女。
【性格】無口でクール。極度のブラコン。大人や悪人をやや甘く見ている。
【男性経験】なし。ファーストキスは寝ている兄でこっそり。兄と結ばれない貞操や自分の体には何の価値もないので好きにしていい。
【その他】歳の離れた警官の兄に憧れ、恵まれた才能から、色々あって探偵のような事をしている。最初は純粋に兄を手助けしたくてだったが、兄の結婚を機に、「にいさまのおよめさん」になれないならと危険に身を晒すようになっている

天然要塞でも作るべ
【名前】 天宮 美岬(あまみや みさき)
【年齢】 23
【所属】一人で個人経営している探偵事務所(自宅の隣にプレハブ事務所として建てている)
【容姿】 高身長でプラチナブロンドのボブヘア、サイズの合うブラがない程の爆乳以外は相当引き締まっているグラマラスボディのぽわぽわしたほんわか顔立ち
陰毛は生まれてこの方未処理
【性格】 ど天然で好奇心旺盛で胸の事もあり、上半身に関しては羞恥心なしで男のように上半身裸でも恥ずかしくない
【男性経験】 無しではあるが、性欲が強いオナニー、アナニー、チクニーといった自慰行為は一通り行なっている
【その他】 探偵事務所「AMA」の所長で舞い込む仕事は基本断らない
今迄は不倫調査などの民事的な仕事を主にしてきたのでそろそろ刑事事件的な仕事が舞い込まないか期待している
無駄に金運が半端なく学生時代にバイトで貯めた金を競馬や投資にぶっ込んだ結果大成功を収め莫大な資金が手に入ったので、若くして個人の家や事務所を持つ
自衛のために格闘技の心得もある

では判定します
このレスのコンマに一番近いもので

>>17
こちらが一番近いかな?
採用で

一応兄についても簡単に

【名前】朝倉
【年齢】
【容姿】
【性格】
【その他】

安価下

夏海「行ってきます」

陽介「夏海、あんまり遅くならないようにな」

夏海「……わかってる」

夏海は兄に素っ気なく返事をすると家を出て学校へと向かう

夏海(あんまり家にいたくない……、一人暮らししたいんだけど……)

夏海はため息をつき電車へと乗り込む


最初の事件の難易度
コンマ下
偶数だと☆1の簡単な事件
奇数だと☆2の難しい事件
ゾロ目だと☆3

夏海が教室に着くとクラスメイトが恐る恐る夏海に近付いてくる

夏海「……なに?」

「え、えっと、朝倉さんって、確かお兄さんが警察の人だったよね?」

夏海「そうだけど」

「ちょっと相談したいことが実はあって」

夏海(どうせ大した内容じゃないでしょ)

クラスメイトからの相談内容
※最初の事件
安価下1~3で後で判定
事件名を簡単に描いてもらえればOK

痴漢捜査

判定します

>>30
こちらを採用で

夏海「痴漢……?」

夏海は相手の言葉にため息をつく

夏海「そんなの捕まえればいいだけじゃないの?」

「む、無理だよ、怖いし……」

夏海(くだらない……、痴漢くらいで警察や兄様の手を煩わせる必要なんてない)

夏海「いいよ、それなら私がなんとかしてあげる」

「え!?朝倉さんが?」

夏海「詳しく教えて」

痴漢の詳細

【名前】
【容姿】
【手口】
【特記事項】

安価下1~3で後で判定

【名前】佐川鉄男
【容姿】どこにでもいそうなおじさん
【手口】パンツを切って脱がし、盗撮して逆らえないようにする
【特記事項】繰り返し同じ相手を狙う

>>38

出なそうなので判定します

>>40になるので
>>38でいきます

夏海「なるほど、毎朝電車で」

「う、うん……、他にも被害に遭ってる子がいて」

夏海「わかった、私が捕まえる」

「でも、危ないよ……」

夏海「たかが痴漢でしょ?触らせて腕を掴めばそれで終わり」

夏海は淡々と相手に言うと痴漢が現れる時間や車両を詳しく聞く

コンマ下
1~20 駅で観察して怪しい男を見つける
21~50 クラスメイトに聞いた車両に乗り込む
51~80 スカートをより短くして狙われやすくする
81~00 改札からすでに狙われる

翌朝

夏海は普段から短い制服のスカートをより短くして液を歩く

何人かは夏海の下半身をジロジロと見ているようだ

夏海(さてと、この時間の電車)

夏海(上手く来てくれればわいいけど)

夏海はホームで電車を待って乗り込む

コンマ下
一桁が4だとあっさり手を出してくる
その他偶数だと夏海の足元に鞄で隠したカメラを置かれる
奇数だと関係ない痴漢が夏海を触る

電車に乗り込みながら夏海は周囲を警戒する

夏海(……なんか、全員性犯罪者に見える)

夏海は周りの男達をチラチラ見ながら警戒している

そんな夏海に狙いをつけた佐川は夏海の足元に鞄をこっそりと忍ばせる

コンマ下
偶数だと夏海がカメラに気付く
奇数だと気付かずに真下から盗撮される

ゾロ目なのでボーナス

夏海は足元の鞄になど気にせずに周囲をキョロキョロと見ている

夏海(来ないじゃん……)

夏海が拍子抜けしていると佐川は夏海の背後に張り付いて行動を開始する

コンマ下
一桁が4だと夏海に触れた瞬間に腕を掴まれる
その他偶数だと夏海が少し泳がせる
奇数だと夏海が構えている間に下着を切られる
ゾロ目だと電車が止まりしばらく動かない

夏海(来た……)

夏海は背後の気配に気付き、自分に伸びてくる手が太ももに触れる

夏海(気持ち悪い触り方……、でもまだ泳がさないと……)

夏海は太ももを触ることには目を瞑り佐川を泳がせる

佐川(……抵抗しないな……?まあそれならそれで……)


コンマ下
一桁が4だと佐川が油断して尻を触ったところを捕まえられる
その他偶数だと佐川が警戒してなかなか触らない
奇数だと佐川が夏海の下着に手をかける
ゾロ目だと夏海の下着をあっさり取られる

夏海(……来ない)

佐川は夏海の太ももを軽く触れるように撫でるも警戒してその先には進もうとしない

夏海(今捕まえても混んでて当たっただけって言われる……、変態なんだから早く触ればいいのに……)

夏海は背後にいる相手に苛立っている

コンマ下
一桁が4だと佐川が尻を撫でた瞬間に捕まえる
その他偶数だと佐川が手を動かしてきたので様子を見る
奇数だとわざとスカートを捲ったり誘う動きをする
ゾロ目だと太ももを撫でられすぎて変な気持ちに

夏海がもどかしくしていると佐川は手を徐々に上へと動かしていく

夏海(……釣れた)

手はスカートの上から夏海の尻を撫で回し始める

夏海(これでスカートの繊維もついたし、証拠も問題ない……)

コンマ下
偶数だと佐川の手を掴む
奇数だと佐川が夏海の下着を引っ張りハサミで切る

夏海が様子を見ていると佐川の手がスカートの中へと侵入する

夏海(もうこれで確定、あんたの人生これで終わり……え?)

夏海が捕まえようとすると佐川は下着の端を引っ張り袖からハサミを取り出して切り始める

夏海「っ……!?」

夏海(な、何してんの……?ちょっと……)

突然のことに夏海が混乱していると佐川は夏海の下着を切ってしまう

コンマ下
一桁が4だと夏海が佐川を取り押さえる
その他偶数だと夏海が下着を押さえてる間に触られる
奇数だと下着を取られてノーパン姿を盗撮
ゾロ目だとその状態で車内が混み合い身動きが取れなくなる

夏海(嘘でしょ、下着が……っ)

夏海は慌てて下着が落ちないようにスカートの上から押さえる

夏海(落ちる……)

夏海の手が塞がっていることを確認すると佐川は夏海のスカートの中に手を入れて尻を直接撫でていく

夏海「っ……///」

時折指に力を入れて感触を堪能している

コンマ下
偶数だと下着が落ちるの覚悟で捕まえる
奇数だと好き放題に触られ続ける
ゾロ目だとアナルをグリグリと責められる

夏海「っ、この痴漢っ」

夏海はスカートを押さえるのをやめて佐川の手首を掴む

夏海「この人、痴漢です」

佐川「っ、ち、違う、触ってない!」

佐川は慌てるも周りの視線は冷ややかだ

夏海「次で降りて」


コンマ下
偶数だと周りも一緒に手伝う
奇数だと捕まるも夏海のノーパン姿の盗撮映像が出回る
ゾロ目だと佐川が逃げる

特殊能力なしってどこまで大丈夫なんだろう
体を改造した触手人間とか催眠術師とかセーフだったり?

>>73
前者は流石になし
後者はいけます

夏海と佐川は次の駅で降りていく

夏海「これで社会的に終わり、残念でした」

佐川「っ、くそ……」

佐川は空いている手で鞄に仕込んだカメラを抜き取ると夏海の顔をしっかりと映す

夏海「……何してんの?」

佐川「……は、はは、お前も終わりだ……」

佐川は何やら操作をするとそのまま大人しく駅員に引き渡される

夏海(やっぱり大したことない)

評価☆

次の事件難易度
コンマ下
偶数だと☆1
奇数だと☆2
ゾロ目だと☆3

次の事件名
安価下1~3で後で判定
※事件的に難易度高そうな場合はこちらで手直しする場合あり

コンビニ連続万引き事件

悪いマッサージ店

判定します

>>81
本来こちらなんですが、連取かな?

>>80
次点のこちらでいきます

万引き犯でも黒幕的なものでも
【名前】
【容姿】
【手口】
【特記事項】

安価下1~3で後で判定

【名前】 鳥谷直也
【容姿】 中学生ツーブロ男
【手口】 コンビニでお菓子をメインに盗んでいる。
【特記事項】 ヤンキーに憧れて悪いことしてるアピールのために行っている。

星1だしこんなもん?

【名前】二鳥 要(にとり かなめ)
【容姿】
肩のあたりで切り揃えた黒髪。可愛い系の顔立ちで、いじめたくなる小動物的な雰囲気。身長150cm程度と小柄だが豊かな胸や安産型の尻などエロい体つき。セーラー服。
【手口】
いじめっ子が店員からの視線をふさぎ小さい物を服の下に隠して万引きしている。
【特記事項】
いじめられっ子の女子中学生。いじめっ子から万引きしないとOBの不良達にレイプさせると脅されている。

犯人に女の子はダメかな、ダメなら安価下。

>>93
これだと単なる実行犯な気もしますが

出なそうなので判定します

コンマ下
偶数>>90
奇数>>93

>>93
こちらを採用で

夏海「万引き?」

夏海は夕飯を食べながら兄の言葉に食いつき聞き返す

陽介「そうなんだよ、最近多いって店長がぼやいててさ」

夏海「確かに立地悪いから危なそう」

陽介「なんとかしたいけど防犯カメラ見ても犯人がわからないらしくてなー」

夏海「ふーん……」

夏海は兄の話を聞き何やら思案する

夏海(防犯カメラでもダメってことは相当慣れてるか、協力者がいるか……)


コンマ下
偶数だと店の近くで様子を見る
奇数だと店長に話を聞く

翌日の放課後

夏海は昨日話に出ていたコンビニの近くで店の様子を見ている

夏海(大して大きい店でもないけど、家から近いコンビニが潰れると不便)

万引き犯を見つけようと怪しまれない位置で監視する


コンマ下
偶数だと要がイジメ相手とコンビニへ向かうの見る
奇数だと挙動不審な相手がいるので近付いて監視する

夏海(……怪しい……、あれかな)

夏海は挙動不審な男が店に入っていくのを見ると後を追いかけて店へと入っていく

夏海(……盗む瞬間をしっかり抑えないと)

夏海はスマホのカメラをこっそりと男に向けながら様子を窺う

コンマ下
一桁が4だとその近くに怯えたような要を見つける
その他偶数だとすぐに勘違いと気付く
奇数だと後から店に来たイジメ相手が夏海の行動を気にする

夏海(さて何を……、ん?)

夏海が男の様子を見ていると成人向け雑誌の近くで周りを気にしつつ物色している

夏海(……くだらない……)

夏海は単に挙動不審に雑誌を選んでいるだけと気付き監視を止める

コンマ下
偶数だと要とイジメグループが店内に入るのが目に入る
奇数だと要のみを気にして監視する

夏海(あの子……、ちょっと気になる)

夏海は店に入った要を見ると商品を選ぶフリをしながら要を監視する

夏海(あの制服、中学か)

夏海は後から入ってきているイジメグループに気付いていない

コンマ下
一桁が4だと夏海の視界を邪魔するように壁を作られ気付く
その他偶数だと要がなかなか実行出来ずに困り出す
奇数だと要が取ろうとした瞬間に夏海が止める

要は小さな化粧品類の近くで周囲を何度も確認している

夏海(取ろうとしてる?でも、なんだかそれだけじゃないような……)

夏海は要の様子が気になり店内全体を見渡す

コンマ下
偶数だとイジメグループに気付き証拠だけ撮って泳がす
奇数だとイジメグループに気付くも要を捕まえてしまう
ゾロ目だとイジメグループが夏海に気付いてどこかへ連絡

夏海(……なるほどね、仲間がいるわけか)

夏海はイジメグループを単なる仲間と思い警戒しつつも要にスマホを向ける

要がさっと化粧品を取り店を出ようとすると夏海は要に声をかける

夏海「それ、お金払ってないよね」

要「え……っ、あ、あの……えっと……」

要が怯えていると後ろからイジメグループが声をかける

「ちょっとちょっと、言いがかりやめてよ」

「そうそう、勘違いじゃないの?」

コンマ下
偶数だと夏海が一旦引いてこっそり尾行する
奇数だと証拠を見せて追い詰める

夏海「証拠はある、あなたたちも仲間なら同罪」

夏海はスマホの動画を見せつける

要「あ……あ……」

「うわ、めんどくさー……」

夏海(さっさと諦めて警察でも呼んで終わりに……)

コンマ下
偶数だとイジメグループが要とは関係ないと言って逃げる
奇数だとイジメグループ呼んだOBの不良が到着

不良「いたいた、なんだよ、急に呼びやがって」

「あ、来た来た、ごめんなさーい、なんかね、この人が万引きしたって言いがかりつけてきて」

高校生らしき男が現れるとイジメグループは猫撫で声で助けを求め始める

夏海「言いがかりじゃない、証拠もある」     

不良「証拠って?」

夏海「スマホで撮影してある、完全に証拠だけど」

コンマ下
一桁が4だと店長が出てくる
その他偶数だと盗んだものなんてないと要の服の中に手を入れる
奇数だと不良が夏海と話をしようと店の裏へ連れて行く

ゾロ目ボーナス

不良「あー、わかったわかった、ちょっと明るくてよく見えねーからさ、こっち来てよ」

不良は夏海を誘うように店の裏へと歩いていく

夏海「ここでも見てると思うけど?」

夏海は文句を言いながらも不良についていく

コンマ下
一桁が4だと店長が助けに来る
その他偶数だと不良が夏海を力で押さえ込む
奇数だと仲間がいて夏海を後ろから捕まえる
ゾロ目だと拉致される

夏海「ちょっとどこまで……っ!離して!」

夏海が店の裏まで来ると不良は夏海の腕を掴みあげる

不良「ったく、余計なことすんなよな」
 
夏海「っ、これ以上したら立派な犯罪だけど」

不良「バレなきゃ犯罪じゃないっての、ったく動画まで撮りやがって……」

夏海「私は万引き犯を捕まえたいだけ、邪魔しないで」

不良「邪魔って言われてもなー、可愛い後輩に頼まれたわけだし」

コンマ下
一桁が4だと店長が助けに入る
その他偶数だと不良が夏海の身体に触る
奇数だと不良が夏海と交渉
ゾロ目だと夏海のスマホを奪い取り連れて行く

不良「まあ、俺もさ、別にどうなろうと構わねーんだけど」

不良はそう言いながら夏海の胸を触り始める

夏海「っ、ちょっと……」

不良「こっちの方が美味しいだろ?」

不良は夏海の後ろに回ると両手で胸を触っていく

不良「あんまりデカくねーな」

夏海「うるさい……」

コンマ下
偶数だと店長がやってきて不良が逃げる
奇数だと満足したら終わりにしてと夏海が言う
ゾロ目だと不良が仲間を呼ぶ

夏海「……わかった、満足したらそれでいいってこと?」

不良「ん?まあそうだな」

夏海「じゃあ満足したら終わりにして、それで私は証拠を出して捕まえる、あなたに損はないでしょ」

不良「あー……?つまり好きにしていいってことだな?」

夏海「満足するまで我慢してあげる」

不良は夏海の言葉にニヤつく
   

コンマ下
一桁が4だと店長が助けに来て不良逃げる
その他偶数だと胸を直接触るも夏海は動揺せず
奇数だとスカート中に手を入れて下着越しに触る
ゾロ目だと本気キス責め

不良「じゃあ、遠慮なく」

不良は夏海のスカートの中に手を入れる

夏海「……最低」

不良「気持ち良くしてやるからよ」

不良はニヤつきながら夏海の下着越しに割れ目をなぞり始める

夏海「……」

夏海は顔をそらしてじっと我慢する

コンマ下
偶数だと大して感じることなく終了
奇数だと表情に出さないが下着がどんどん濡れてくる

夏海「……」

夏海は表情に出すことなく不良の手を受け入れる

不良「少しは声くらい出せよ」

夏海「別に……気持ち良くない」

不良の責めにも夏海は気にすることなく時間が過ぎていく

不良「あー、もういいわ、……やっぱやるならあっちだな」

不良は要をチラッと見つつ夏海に興味を失い離れていく

夏海「……さてと」

夏海は不良が離れると店長に動画を見せて要とイジメグループは警察に指導を受ける

要「……」

要は怯えたように夏海を見ていたが夏海は気にすることなく店長から謝礼を受け取り帰宅する


評価☆☆

次の事件の難易度
コンマ下
偶数☆1
奇数☆2
ゾロ目☆3

☆2
次の事件名
安価下1~3で後で判定

同じ学校の生徒らしき少女が出ているアダルト動画が出回っている

判定します

>>149
こちら採用で

主犯を作成します
【名前】
【容姿】
【手口】
【特記事項】

安価下1~3で後で判定

【名前】松島 悟
【容姿】眼鏡をかけた肥満体
【手口】盗撮で弱みを握りつつ自前のテクで堕とした女とハメ撮りしたりエロコス動画を撮ったりす
【特記事項】
写真部部長の男子生徒。童貞丸出しな見た目に反してテクニックには自信があり絶倫。数多くの女子を堕としている。
学校の至るところにカメラをしかけて写真や動画を撮り、常に女子を手込めにしようと企んでいる。

判定します

>>153
こちらで

夏海はいくつかの事件を解決し、校内でも噂になり始める

「朝倉さん、すごいね、噂になってるよ」

夏海「他に話題がないからじゃない?」

夏海は周囲の評価を気にしている様子はない

夏海「でもこれを機に大きな事件の依頼が来るといいけど」

「そんな大きな事件なんて……あ、そういえば……」

夏海「何かあるの?」

「えーと、あまり大きな声では言えないけど、隣のクラスの子のそっくりの、え、エッチな動画がネットで売られてるって……」

夏海「彼氏と撮影でもして流されたんじゃない?」

「彼氏さんにはそれがわかったら喧嘩になって別れたって、本人は知らないの一点張りみたいで……」

夏海「無理矢理撮影された可能性があるってこと?」

「う、うん……、もしかしたら、だけど……」

夏海(調べてみるか……)

コンマ下
一桁が4だと更衣室のカメラに気付く
その他偶数だと動画の本人に話を聞く
奇数だと松島が夏海に狙いをつける
ゾロ目だと松島はすでに夏海のノーパン動画を入手済み

夏海「……」

夏海は何気なく体育の準備のために更衣室へと向かう

夏海「……ん?これは……」

夏海が更衣室内の小型カメラに気付いて手に取る

夏海(カメラ……?)

夏海は何かを察してカメラを持ちながら考える

コンマ下
偶数だとカメラを回収に来るのを逆にカメラを仕掛けて待つ
奇数だとカメラを持って写真部に聞きに行く

夏海(これは遠隔式じゃない……、それなら……)

夏海はカメラを元の位置に戻すと別のカメラを仕掛けて犯人が回収に来るのを待つことにする

夏海(放課後に来ればいいけど)


コンマ下
偶数だと松島が回収に来るのが映り取り押さえる
奇数だとカメラが上手く作動せず回収に行く
ゾロ目だとすべての動きがバレていて夏海に近付く

放課後、夏海は教室でスマホから先程仕掛けたカメラの映像を確認する

夏海(そろそろ回収しに来てもいいはず……)

スマホを確認している夏海を教室の外で松島がこっそりと見ている

松島(残念でした……、全部バレてるよ、夏海ちゃん……)

松島「はあはあ……」

コンマ下
一桁が4だと迂闊に松島が声をかけてしまい怪しまれる
その他偶数だと妙なカメラを見つけたと夏海を誘い出す
奇数だと夏海のノーパン動画を見せて部室について来させる

松島「あ、あれ、誰もいないか……」

松島はわざとらしく教室に入りキョロキョロと周りを見る

夏海「……」

夏海はそんな松島を興味なさそうに見ている

松島「な、なあ、理科室ってさっき使ってたのはここのクラス?」

夏海「……そうですが」 

松島「変な小さなカメラがあったんだけど、な、何か知ってる?」

夏海「……カメラ?」

松島「そ、そう、盗撮用みたいな……」

夏海(他にもカメラが……こっちは回収に来ない……)

夏海「場所を教えてもらえます?」

松島「こ、こっちだよ」

夏海は松島の後を追い理科室へ向かう


コンマ下
一桁が4だと松島が疑われる
その他偶数だとカメラを探させながら夏海のパンチラ映像を撮影
奇数だと夏海の鞄にこっそりカメラを仕掛ける

理科室へと入ると松島はカメラの位置を指差す

松島「そ、そこの机の下だね」

夏海は松島に言われた通りの場所を探す

夏海(あった……、でもさっきこんなものなかった気が……、こんなに簡単に見つかるものを仕掛ける……?)

夏海は松島の方をチラッと見る

夏海(いかにもやりそうな感じ……)

コンマ下
偶数だと松島を問い詰める
奇数だと証拠がないので一度離れる
ゾロ目だと問い詰めようとしたらノーパン動画を見せられる

夏海「これ、あなたは触ってないの?」

松島「え?ま、まあそうだね……」

夏海「それなら、これにあなたの指紋がついてたらおかしいってことね」

夏海はカメラを見せつけながら松島に言う

松島「な、何を……」

夏海「あなたでしょ?これを仕掛けたのは」    

松島「ち、違うよ、そんな……」

夏海「最近噂の動画もあなたの仕業、盗撮で捕まえて家にデータでも残ってたら、一発アウトよね?」

松島「い、言いがかりだ……!」


コンマ下
偶数だと松島が自白してデータを全て消すからと許しを乞う
奇数だと松島がなんとか言い逃れをする
ゾロ目だと最後の手段のノーパン動画

夏海「まあ調べればわかることね」

夏海がカメラを持って出ていこうとすると松島が土下座をする

松島「ま、ま、待って、悪かった、データは消すから警察だけは……」

夏海「データを消すのは当たり前」  

松島「お、お願いだから、警察だけは……」


コンマ下
偶数だと無慈悲に突き出す
奇数だと松島の弱みを握り今後利用することに


夏海「確かに警察沙汰になったら終わりね」

松島「そ、そうなんだよ、た、頼むから……」

夏海は松島に近付き土下座する松島を見下ろす

夏海「あなたのどうでもいい人生に興味ないから」

夏海は部屋を出ると警察に通報する


後日、松島の部屋からは大量の動画が見つかり逮捕されたという

評価☆☆☆☆

次の事件の難易度
コンマ下
一桁が4☆1
その他は☆2
ゾロ目は☆3

☆2
次の事件名と主犯
【名前】
【容姿】
【手口】
【特記事項】

安価下1~3で後で判定

犯人も一緒に考えてもらった方が効率いいのでお願いします

コスプレイヤーハメ撮り事件
【名前】 亀来栄太 (かめらいえいた)
【容姿】 オタクを装ってる若干イケメンのヤリチンカメコ
【手口】 某イベントでコスプレイヤーをアフターに誘い、巧みに誘導してパコる
【特記事項】 アフターでコスプレイヤーをホテルに誘い、お酒を飲ませたりポージングの指示で巧みにセックスする流れを作る。
その際ハメ撮りをして脅す材料にしているが、それを抜きにしても、カメコとセックスの腕は確かなようで、何人ものコスプレイヤーとセフレの関係を築いている。

とりあえず判定します

>>196でいきます

夏海(高校生が事件を解決……)

夏海の活躍は地方紙にも取り上げられ始めており、次第に有名になっていく

夏海(流石に未成年だから写真とか名前が出てないのは助かるけど)

夏海はスマホの画面を切り替える

夏海(でも、簡単な事件ばっかりで、こんなので有名になっても仕方ない……)

夏海が退屈そうにしているとまたクラスメイトが話を持ってくる

夏海「コスプレ撮影?」

「うん、コスプレイヤーの子が被害にあってるとか……」

夏海「……それ、結局自分の意思でホテル行ってセックスしてるんだから別に犯罪じゃないんじゃないの?」

「で、でも、辛そうに毎回呼び出されるみたいで……」

夏海「だからって、別に何かする必要あるの?」

「う、うーん……、有名なレイヤーの人も被害にあってるって噂もあるから……」

夏海(有名なレイヤー……、犯人を捕まえたら芋づる式にそのレイヤーの情報も出てきて話題にはなるか……)

夏海「……わかった、やってみるけど相手の特徴とかないと難しいんだけど」

コンマ下
偶数だと相手の名前を教えてもらう
奇数だとなんとなくの特徴だけ教えてもらう

「名前はわかるよ、栄太って人」

夏海「下の名前だけ?」

「下の名前で呼んでたのを聞いただけみたいだから……」

夏海「ますます合意ありきでやってる気がするけど……、わかったよ」

夏海は早速コスプレイベントがないか調べてみる

コンマ下
一桁が4だとコスプレイベントへ私服で向かう
その他偶数だと有名ゲームの貧乳キャラのコスプレで向かう
奇数だとブカブカの巨乳キャラのコスプレを借りる

夏海「イベントに潜入してみたいんだけど、コスプレ衣装とかって誰かに借りられないかな」

「あ、それなら友達のお姉さんがレイヤーさんだよ!」

夏海はクラスメイトに連れられて衣装を借りに行く


夏海「こ、これ?」

夏海は明らかにサイズの合ってない衣装を渡される

「身長は問題ないと思うけど、んー、貧乳キャラって私やらないから……」

夏海「……もういい、これで」

コンマ下
偶数だとしっかりニップレスをする
奇数だと対策せずに向かう

コスプレイベント当日

夏海は衣装に更衣室で着替えている

夏海(やっぱり胸の隙間が……、ま、いっか……)

ウィッグもつけて着替えを終えると撮影スペース内で場所を探す

夏海(結構人がいる……、上手く釣れればいいけど)

夏海がウロウロと歩いているとすでに初心者の動きの夏海を数人のオタクが狙うように見ている

コンマ下
一桁が4だと周りの目がかなりある場所へ
その他偶数だと中心からは少し離れた場所へ
奇数だと会場の端っこしか空いてない

夏海は会場の端の人気がない場所に来てしまう

夏海(ここしか空いてない……、ちょっとこういうイベント舐めてたかも)

仕方なく荷物を置いて撮影の準備を始めていく

コンマ下
一桁が4だといきなり亀来が釣れる
その他偶数だと夏海を追いかけてきたオタクが撮影を依頼
奇数だと夏海を狙ってた数人が夏海を囲む

「撮影いいですか」

夏海「あ、はい」

夏海が準備を終えるとすぐに一人の男に声をかけられる

夏海(早い……、流石にいきなり本命じゃないだろうけど)

「ポーズお願いしまーす」

夏海「……はい」

夏海は事前に聞いていたポーズを取り撮影に臨む

男は夏海の拙いポーズは気にせずにスカートの下や上からのアングルを撮ろうとしている

コンマ下
偶数だと上手く隠しながら撮影
奇数だと乳首をチラチラと撮られて拡散される

夏海(……コスプレ撮影って何が楽しいんだろ)

夏海はポーズを取りながら夢中で写真を撮っている男を不思議そうに見る

夏海(どうせ、エッチな写真撮る目的なんだろうけど……)

夏海は上手く隠しながらポーズを取っていて男はもどかしそうにして撮影を終える

コンマ下
一桁が4だと隣で亀来がレイヤーを誘っている
その他偶数だと亀来を含めた何人かが撮影に
奇数だと夏海の身体狙いの男達が撮影に

ゾロ目ボーナス

「すみません、次いいですか?」

撮影を終えると数人の男達が夏海の元へとやってくる

夏海「はい、えっと、全員……?」

「あ、囲んで撮影していいですか?」

「一人一人だと時間かかるし」

夏海「それは、別に大丈夫ですよ」

夏海は男達に囲まれて撮影に入る

コンマ下
一桁が4だと運営に注意を受ける
その他偶数だとローアングルや乳首チラなど撮られまくる
奇数だと男達がポーズ指導と言って触ってくる
ゾロ目だとこの中に亀来がいると思いあえて過激な撮影も無抵抗

夏海「じゃあこんな感じで」 

夏海が先程のようにポーズを撮りながら周囲の男たちの声に合わせて向きを変えていく

「んー、なんか違うなー」

「もっと屈んでもらわないと」 

夏海「……こう、ですか?」

夏海が前屈みになると乳首が映るように何枚も写真を撮られる

「そうそう、こんな感じで」

「あ、足も……」

男達は夏海に触りながらポーズ指導をしていく


コンマ下
一桁が4だと運営に注意を受ける
その他偶数だと夏海が男達に文句を言う
奇数だと黙って受け入れ完全な痴漢を行為を受ける
ゾロ目だと敏感な箇所を念入り責められて濡れてしまう

夏海(あんまり抵抗して騒ぎになるとまずいかな……)

夏海は触られたことに嫌悪感を感じるも我慢して抵抗せずにいる

「いいね、そうそう」

男達は写真を撮る体裁を取りつつ後ろの男は夏海の尻を撫で続ける

夏海「……これで……いいの?」

夏海が両手を上にあげるポーズを取ると男達は夏海の胸を完全に触りながら撮影している

夏海(……最低)


コンマ下
一桁が4だと運営に注意を受ける
その他偶数だと亀来が参加
奇数だと乳首を執拗に責められて声が出てしまう
ゾロ目だとローアングル撮影をしている者が夏海が濡れているのに気付いてしまう

コンマ

「いいね、そのままそのまま」

夏海「このまま……」

男達は写真はそこそこに夏海の無防備な腋を舐めるように見ながらすっかり位置のバレてる乳首に触れる

「君、コスプレ始めたばかりでしょ」

「僕らが教えてあげるよ、いろいろ」

夏海(気持ち悪い……)

夏海は我慢しながら男達の責めに耐えている

夏海「……っ、ぁ……///あ、いえ、今のは……」

男達は明らかに夏海が声を漏らしたことに興奮すると夏海の乳首を摘んでいく

夏海「っ、あ、あの……っ、ん……///」

夏海(流石にそんなにされると……)

コンマ下
一桁が4だと運営に注意を受ける
その他偶数だと亀来が参加して他のオタク達が名前を言う
奇数だと夏海がなんともないフリをするも下が濡れてしまっているのがバレる

「どうしたの?声出てるよ?」

「気持ちいい?」

男達は夏海の乳首を弄りながら小声で夏海に聞いてくる

夏海「……別に……なんとも……っ、あの撮影まだするんですか……」

夏海は表情を変えずに返答するも夏海の乳首はすでに衣装からはみ出て直接弄られている

夏海(もういい加減に……本当にこの中にいるの?)

夏海は声をなんとか我慢していると尻を撫でていた男が手を前に伸ばしてくる

夏海「ん、ひゃっ……、くっ……、ち、ちょっと……」

「染み出来てるくらい濡れてんじゃん」

男の指は愛液で変色した衣装の部分をグリグリと触り始める

コンマ下
一桁が4だと運営に注意を受ける
その他偶数だと愛撫されてる中で亀来が参加
奇数だと夏海が触ってもいいから亀来のことを教えてと言う

夏海「っ、ちょっと……ん……っ」

男達は周りに見えないように囲みながら夏海のスカート中に手を入れていく

「本当だ、びしょ濡れじゃん」

「顔はクールなのにね」

夏海「あ、あの、撮影は……、ん……っ///」

複数の指で敏感な箇所をグリグリと触られて夏海は次第に顔を赤くしていく

亀来「何してんの、俺も呼んでよ」

「あ、亀来君」

夏海(仲間……?)

コンマ下
偶数だと周りが亀来の下の名前を呼ぶ
奇数だと夏海が亀来のことを知らないかと聞いてしまう

夏海「ん……っ」

「この子、初心者みたいだから色々教えてあげようかなって」

夏海「ぁ……」

亀来「じゃあ僕も参加しようかな」

夏海「ま、待って、あの、栄太って人、あなたたちのお友達でいない?」

夏海は慌てて男達に唯一知っている情報を聞く

「え、栄太って……」

亀来「待った、知ってたらどうするの?」

夏海「どこにいるかとか、教えてほしい……」

コンマ下
一桁が4だと周りの男がうっかり教えてしまう
その他偶数だと教える代わりに好きに触らせる
奇数だと上手く教えるフリをして大きめのビジネスホテルへ誘う

亀来「んー、そうだな……」

夏海「知ってるの?っ、ん……」

夏海が聞いている間も男達は愛撫を繰り返して声が漏れる

亀来「ちょっと問題があるやつで、あんまりこういうところでは……」

夏海(やっぱり色々ある相手か……)

亀来「撮影用にビジホの部屋撮ってるからさ、そこで撮影しながら教えてあげようか」

コンマ下
一桁が4だと夏海が警戒
その他偶数だと情報が欲しいのでついて行く
奇数だと無警戒でついて行き亀来に酒を飲まされる

夏海は何も警戒することなく亀来の提案に同意すると撮影を止める

周りの男達は不満そうだが亀来が上手く言いくるめて納得させる



夏海が着替えを終えると亀来に合流する

亀来「あれ?高校生?」

夏海「……はい」

亀来「そっか……、それじゃ行こうか」 

夏海(この人、結構慣れてるな……、誤魔化してるけど顔がいいし)


夏海と亀来がホテルへ着くと夏海をソファに座らせる

夏海「すごい広い……」

亀来「撮影するから、これくらいはね」

自然に亀来は夏海に飲み物を出してやると夏海は疑うことなく飲んでいく

コンマ下
一桁が4だとまったく酔わない
その他偶数だと気持ち良くフワフワに
奇数だと立てなくなるほど酔ってしまう

夏海「……ん、それで栄太って人の話は……」

亀来「撮影しながら話すよ、着替えてきて」

夏海「……わかりました」

夏海が着替えを済ますとすでに顔を赤くし身体の熱さを感じる

夏海(あれ……なんだろ、なんかボーッと……)

亀来「じゃあ撮影するよ」

夏海「は、はい……///」

亀来はカメラを構えながら話を始める

亀来「あんまりいい噂を聞かないからさ、僕らも困ってるんだよ、仲間だと思われてさ」

夏海「……なるほど」

亀来の行動募集
下1~3で後で判定

判定します

亀来「それよりさ、そのコス、自分で買ったの?」

夏海「これは、借り物で……」

亀来「通りで合ってないわけだ、気付いてる?胸見えちゃってるよ?」

夏海「っ……、わかってます……」

亀来「これ着てみなよ、ちゃんとサイズも合うからさ」

亀来は夏海に用意していた衣装を見せる

夏海「え、でも……」

亀来「いいから、ほら」

コンマ下
一桁が4だと夏海がそれより亀来のことを聞く
その他偶数だと夏海が少し動くと見えてしまうようなコスに着替える
奇数だとほぼ裸のようなコスに着替える

夏海「あ、あの着替えたんですが……///」

夏海が着替え終わると胸は確かにサイズが合うが、ほぼ裸のような格好で出てくる

亀来「いいね、やっぱり似合うよ」

夏海「これ、さっきより恥ずかしい……」

亀来「いいから、ほら、撮影するよ」

亀来は強引に撮影に入る

コンマ下
一桁が4だと夏海が撮影の前に亀来のことを聞く
その他偶数だとベッドで横になりながら気持ち良く撮影
奇数だと足をM字にして接写撮影する
ゾロ目だと亀来が横になる夏海に跨り撮影

亀来「横になってみようか」

夏海「……」

夏海は黙って横になりカメラに目線をやる

亀来「よし、いいね、可愛いよ」

亀来は夏海を褒めながらシャッターを切っていく

コンマ下
偶数だと亀来を本当に知っているか疑う
奇数だといつの間にか身体を愛撫され受け入れながら撮影

夏海「あの……」

亀来「そのまま、そう……いいよ」

夏海は酒の効果もあり質問出来ずに撮影を続けていく

亀来「そう、こっち見て」

夏海「……はい……///」

亀来は自然に夏海の脚を触り徐々に手を足の付け根へと持っていく

亀来「ちょっと見えちゃってるね」

コスから少しはみ出てしまっている夏海の陰毛を撫でていく

夏海「……っ、こんな衣装着ると思わなかったから……ん……っ」

亀来の手が夏海の割れ目を撫でて行く

コンマ下
一桁が4だと夏海が亀来を疑う
その他偶数だと夏海が徐々に感じてしまう
奇数だと夏海に淫語を言わせながら愛撫
ゾロ目だと夏海と亀来がキスしてしまう

夏海「あ、の……っ、ん……///」

亀来は自然にコスをずらして夏海の秘部を直接指でなぞる

夏海「っ、……ぁ♡」

夏海(この人の触り方が……、なんでこんな気持ちよく)

亀来「気持ちいい?」

夏海「……はい……」

亀来「マンコ気持ちいいって言ってごらん」

夏海「……ま、マンコ……気持ちいい……んっ、ぁ♡」

亀来が夏海の中に指を入れていく

亀来「ほら、マンコ気持ちいいね、こんなに濡らして敏感マンコだね」

夏海「ぁ、っ、敏感マンコ気持ちいいっ……♡マンコいいっ♡」

夏海は言わされながら亀来の手により完全に感じてしまう

亀来の行動募集
安価下1~3で後で判定

判定します

続きは明日で

夏海(私、何してんの、こんな……、でも何も考えられない……)

夏海は抵抗しようとするも亀来の手で喘ぎ続けてしまう

夏海「っ、ぁ♡……んん……っ♡」

亀来「音聞こえる?エッチだね」

亀来はわざと音を立てるように夏海の膣内を掻き回す

夏海「ぁ♡や、やめ……ぁ♡」

亀来「イク時はちゃんとマンコイクって言うんだよ?」

夏海「や、嫌……ぁ♡んんんんっ♡」


コンマ下
一桁が4だと夏海が亀来と気付いて抵抗
その他偶数だと耐えようとするもイカされる
奇数だと何度も簡単に絶頂
ゾロ目だと雑魚マンコにされる

夏海「嫌っ、待って……ぁ♡ぁ♡」

亀来「ほら、こうしたらいいでしょ?」

亀来は指を曲げて夏海の弱い部分を探り当てる

夏海「っ、はぁ♡んんんんっ♡」

夏海は腰をあげて身体をそらすように感じてしまう

夏海「ぁ♡イ……っ♡」

亀来「ほら、撮ってあげるよ、イケ、マンコイケ」 

夏海「あっ♡イクっ♡マンコイクっ♡マンコイクっ♡イ……く……♡」

亀来の指の動きに合わせて夏海は絶頂してしまう

夏海「はあはあ……♡ああっ♡待ってっ♡もうマンコ無理っ♡マンコ気持ちいいっ♡」

亀来「ほら、何度もイケって」

夏海「ああっ♡イクっ♡イクっ♡マンコイクぅ……っ♡」


コンマ下
一桁が4だと夏海が抵抗し始める
その他偶数だと亀来となんとなく気付くも抵抗出来ずにいる
奇数だと潮まで吹かされてトロトロに

亀来「ほら、まだまだ休んじゃダメだよ」

夏海「嫌っ……あっ♡あっ♡」

夏海(多分、こいつが例の栄太だ……、っ、違ってもこんなの犯罪……っ)

夏海は亀来を睨みつけるもすぐに指で気持ち良くさせられてしまう

夏海「っ、マンコそんなしちゃ……っ♡あっ♡あっ♡」


コンマ下
偶数だと少し休ませてもらう
奇数だととりあえず潮吹きさせて夏海をクタクタに

夏海「す、少し休ませて……っ……///」

夏海は亀来にしがみついて懇願する

亀来「ん?仕方ないな、ちょっと疲れちゃったかな?」

亀来は夏海にすでに抵抗する気がないと思い手を離してベッドから降りる


コンマ下
一桁が4だと亀来がトイレに行った隙に証拠を集める
その他偶数だと亀来の荷物を漁って本名を確かめる
奇数だと休憩中に酒を追加で飲まされる

ゾロ目ボーナス

夏海「はぁはぁ……///」

夏海(なんとか休憩中に隙を……)

夏海は身体を起こして服を直していく

亀来「はい、さっきより甘いジュースだよ」

夏海「……どうも」

夏海は亀来から酒を受け取って飲んでしまう

コンマ下
一桁が4だと特に追加効果なし
その他偶数だと酔っ払ってしまい抵抗力なくなる
奇数だと酔っ払って亀来に甘えてしまう

夏海「ん……」

夏海(なんとか隙を……)

夏海は渡された酒を飲み干し動こうとするもふらついてしまいベッドに横になってしまう

夏海「あ、あれ……?」

夏海(クラクラする……なんか気持ちいい……)

夏海は頭も回らなくなりクルクル回る天井を見つめている

亀来「さてと、続きしようか」


亀来の行動募集
安価下1~3で後で判定

なんかやたらコンマ偏りましたが判定します

亀来「さてと、そろそろいただこうかな」

亀来は固定カメラと手持ちのカメラを用意すると荷物から小道具を用意する

夏海「んー……」

意識が朦朧としている夏海の腕を掴むと手枷をつけてベッドに縛り付けていく

コンマ下
偶数だと少し緩め
奇数だと鍵付きの枷をつける

亀来は夏海の手足を結びつけると大きく広げた脚を撫でていき秘部へと指を動かす

夏海「んん……///」

亀来は夏海のコスに手をかけると秘部が露出するようにずらしていく

夏海「ぁ……」

亀来は手持ちのカメラで夏海の秘部を広げながらしっかりと撮影していく

亀来「それじゃ、いただきますか」

亀来は自身のモノを露出させて夏海の秘部にあてがう

コンマ下
偶数だとゴムあり
奇数だと生ハメ

夏海「え……、あ、あの、待って……」

夏海はようやく自分が何をされるか理解すると腰を動かして逃げようとする

亀来「それじゃ……JKマンコもらうかなっ」

亀来は夏海の腰を掴み動かないようにするとそのまま腰を沈めて挿入していく

夏海「っ、か……痛……っ、く……」

夏海は痛みで歯を食いしばり悶えている

亀来「あれ?初めて?処女喪失撮影とか、ついてんなー」

亀来は満足そうに結合部から流れる血を撮影している

コンマ下
一桁が4だと夏海が暴れて抵抗
その他偶数だと酔ってることもあり抵抗出来ずにされるがまま
奇数だと亀来のテクニックにすぐに喘がされる
ゾロ目だと雑魚マンコ化

夏海「や、っ、ぁ……、んんんぅ♡」

亀来「あれ?もう感じちゃってる?」

夏海「し、知らな……ああっ♡なに、これ……ぁ♡ぁ♡」

亀来のゆっくりとした腰の動きに夏海は耐え切れずに声を上げてしまう

亀来「まだ全然だよ?こんなんされたらどうすんの?」

亀来はそう言うと腰の動きを速めて肉のぶつかる音が響く

夏海「ひぅ♡お゛っ♡ダメっ、んんぅ♡イクっ♡マンコイクっ♡」

亀来「早すぎでしょ、おらっ!」

夏海「んぉ♡お、っ♡」

夏海は亀来が腰を突き上げると思わず舌を出して反応してしまう

亀来「あ、ひっ……♡」

コンマ下
偶数だと何度もイカされ中に出されてしまう
奇数だと屈服してアヘ顔ピース撮影

夏海「やぅ♡おっ♡おっ♡」

亀来「いいねー、初めてでこんな喘ぐなんて、相当の雑魚マンコだ」

夏海「違……、んぉぉ♡ぁ♡お゛っ♡すごっ♡マンコ、イ、ク……♡」

夏海が口答えすると亀来はすぐに角度をつけて夏海を突いて簡単に絶頂させる

亀来「楽しみだね、これから何回イクかな?」



一時間後

夏海「イクぅ♡雑魚マンコイクぅ♡」

亀来「ほら、もっとやらしく言わないと」

夏海「チンポでアクメするっ♡マンコ雑魚だからっ♡アクメしちゃうっ♡んぉっ、お゛っ♡やべっ……♡んおおおおっ♡」
  
亀来「ほら、出すよ、中には出すよ」

夏海「えっ、中ダメっ♡ダメダメっ♡んんんぉっ♡イクぅぅぅ♡」

亀来は夏海に深く腰を落とし膣内に大量に精液を吐き出す



三時間後 

夏海「死んじゃうっ♡もう死んじゃうぅ♡」

亀来「ほら、まだまだっ」

いつの間にか枷が外されて夏海は亀来に抱きつきながらひたすら喘ぎ続けている


コンマ下
一桁が4だとホテルを出る際に証拠を盗む
その他偶数だともう探りを入れないように念を押してホテルを出る
奇数だと夏海の動画をこっそり売り、脅迫もしておく

夏海「はひぃ……♡はー……♡はー……♡」

朝になり夏海は脚を広げ秘部から大量の精液を垂らしながらビクビクと痙攣している

亀来「はー、出した出した」

亀来はソファに座り撮影した映像を確認している

亀来「映像は撮ってあるから、もう探り入れようなんてしちゃダメだよ?」

夏海「は、はい……」

亀来「それじゃ、金は払ってあるからさ、掃除来る前には部屋出なよ」

亀来は夏海を放置してさっさと部屋を出て行ってしまう

夏海(……最低だ、こんなの……)


雌堕ち
コンマ下
偶数だと☆2
奇数だと☆4

評価
☆☆☆☆
雌落ち
☆☆☆☆

次の事件の難易度
コンマ下
一桁が4だと☆1
その他偶数だと☆2
奇数だと☆3

☆2
次の事件名と主犯
【名前】
【容姿】
【手口】
【特記事項】

安価下1~3で後で判定

判定します

翌日

陽介「昨日は連絡なしに友達の家に泊まるなんて、心配しただろ」

夏海「……ごめんなさい」

夕飯を食べながら陽介は夏海を叱る

夏海(気が付いたらスマホにすごい件数の連絡が来てた……)

夏海(何があったかなんて言えないから上手く誤魔化したけど……)

陽介「最近、物騒なんだから気をつけてくれよ?」

夏海「物騒?何かあったの?」

陽介「あ、いや……」

陽介は口が滑ったことを後悔する

陽介「最近、この辺りで婦女暴行の報告が増えてるんだよ」

夏海「強姦ってこと?」

陽介「っ、ま、まあ、そう、だな」

夏海「犯人は?目星とかついてるの?」

陽介「何もなし、被害者は覚えないし、その前後に男の姿を見た記憶がないとさ」

夏海「ふーん……」

夏海(この事件、私が解決したら……兄様のためになる……)


コンマ下
偶数だと話に聞いた現場付近を張り込む
奇数だと大神に先に目をつけられる

数日後 夕方

夏海(聞いた話だとこの辺りに住んでる人が直近の被害者……)

夏海は夕方の人通りの少ない道をゆっくりと歩く

夏海(……確かに襲いやすいと言えば襲いやすいけど)

夏海は周囲を見渡して警戒しつつ歩いている

コンマ下
一桁が4だと大神が女性の跡をつけるのを目撃
その他偶数だと女装した大神を目撃
奇数だと大神に見つかってしまう

夏海(ん……?)

夏海は角を曲がろうとすると女装した大神とその前を歩く女性を見つける

夏海(なんだろう、あの人……、違和感が……)

夏海は大神の姿を角に隠れながらじっと観察する


コンマ下
一桁が4だと大神が目の前の女性を襲う
その他偶数だと大神が女装だと気付く
奇数だと大神が夏海に気付く

夏海(気になる……)

夏海が隠れながら大神を見ていると大神も視線に気付く

大神(……なんだ?見られてる……?)

大神(ちっ、面倒くさい……)

コンマ下
一桁が4だと大神が確認しようと戻るも夏海が上手く隠れる
偶数だと大神が夏海を撒こうとする
奇数だと夏海にターゲットを変える

大神は視線を軽く動かして夏海を確認する

大神(JKか、……あっちの方が美味そうかな)

大神は目の前の女性から夏海へとターゲットを変える

大神(さて、上手くやらないと)


コンマ下
一桁が4だと夏海が警戒しつつ距離を取る
その他偶数だと大神が女性から離れたので監視をやめる
奇数だと大神がしゃがみ込むので夏海が近付く

夏海(……反対側に曲がった?)

夏海(……気のせいか)

夏海は大神の監視をやめて犯人探しを再開する

夏海が来た道を戻るのを確認すると大神は夏海の跡をつける

コンマ下
偶数だと大神の気配に気付く
奇数だと大神に後ろから襲われる
ゾロ目だと薬で眠らされる

夏海(流石に一日目で見つけるのは無理か)

夏海(今日はそろそろ諦めて帰ろうかな)

夏海が諦めようと家の方向へと歩き出す

夏海(あんまり心配させると本当に怒られそうだし)

夏海(私のこと見てくれるのは嬉しいけど)

夏海「っ!?んんん………!?」

夏海が考え事をしながら歩いていると後ろから布で鼻と口を押さえつけられる

夏海(なにこれ……、女……?)

夏海は薬で意識がなくなる瞬間、女装した大神の姿を目にする

大神は意識を失った夏海を車に乗せると家へと運び出す


大神の行動募集
安価下1~3で後で判定

判定します

夏海「んん……」

夏海は大神に家の中に運び込まれる

大神「っしょ、っと、さてと……JKは久々だな……」

大神は夏海のスカートを捲りながらニヤニヤと笑っている

部屋の棚から大神は薬品を取り出すとハンカチに染み込ませて夏海に嗅がせていく

コンマ下
一桁4だと耐性がついてしまう
その他偶数だと上手く嗅がせることが出来てない
奇数だとしばらく何をしても起きない

大神は適当に夏海にハンカチを近づけるとそのままハンカチを捨てて夏海の下着に手をかける

大神「さてと、JKマンコを……」

下着はスルスルと脱がされて夏海は秘部が露わになる

大神「犯してやるからなぁ……」

大神は眠る夏海の顔を舐めながら服を脱ぎモノを割れ目に押し当てていく

コンマ下
一桁が4だと夏海が起きて抵抗
その他偶数だと目を覚ますも挿入される
奇数だと眠ったまま挿入

大神「っ、お、きつ……」

眠ったままの夏海の秘部に大神のモノがズブズブと挿入されていく

夏海「んん……ぅ」

夏海は眠ったまま気持ちよさそうな声を漏らしている

大神「処女じゃないのか、まあいいけどさ」

奥まで深く挿入すると大神は眠る夏海にキスをする


コンマ下
一桁が4だと目を覚まして暴れる
その他偶数だと目を覚ますも雑魚マンコなので喘いでしまう
奇数だと眠りながらびしょ濡れになりそのまま中出し

夏海「……ん……ん……///」

大神「あー、気持ちいいー」

大神は夏海の身体を労わる様子もなく好き勝手に腰を振っていく

夏海「……んん……///」

夏海は眠ったまま気持ち良さそうに声を漏らしている

大神「一発目の濃いのは、子宮に注いでやるからな」

腰の動きを早め部屋に肉がぶつかる音が響く

大神「誰だかわからない男の精子で孕めよ?」

夏海「……ん……ん……///」

大神は乱暴に腰を振って夏海の子宮にモノを当てるように深く挿入すると腰を掴んで固定し精液を吐き出す

大神「うぉ、出る……ふー……ふー……」

コンマ下
一桁が4だと夏海が目を覚ます
その他偶数だと意識が朦朧としている
奇数だと眠ったままなのでアナルもいただく

夏海「ん……んぅ……?」

夏海(あ、あれ、私何して……)

夏海は意識を取り戻すも薬の影響で意識が朦朧としている

大神(ん?起きたか?まあ、ここまでくればなんでもいいけど)

大神は夏海の様子に気付くも気にせずに行動に移す

コンマ下
一桁が4だとアナルを犯そうとして痛みで夏海が暴れる
その他偶数だとモノを咥えさせる
奇数だとそのまま腰を動かして夏海をアヘらせる

夏海「んん……んっ、んぅぅ……」

意識が朦朧としている夏海の口に大神はモノを無理矢理咥えさせる

夏海「ぅう……、んぐ……ん……」

夏海の頬が内側から太いモノに押されて膨らんでいる

大神「ほら、ちゃんと咥えろ」

大神は夏海の頭を押さえつけて喉奥へと沈めていく

夏海「んん……ぅ……ぉ……」

コンマ下
偶数だと苦しくなり夏海が暴れる
奇数だとオナホのように使われる
ゾロ目だと夏海が臭いで興奮

夏海「んんぅ、んぐ……ぐ……」

夏海は大神にモノを咥えされたまま頭を動かされる

夏海(なんか苦しい……)

夏海「ん……ぐ……ぅ……」

夏海「ぉぇ……ぇ……ん……んぅ……」

夏海はえずきながらモノを咥える穴のように口を使われていく

大神「っ、でる……」

コンマ下
偶数だとむせて完全に目を覚ます
奇数だと無理矢理精液を飲まされる

夏海「んんんぅ……!んぐぅ」

大神は夏海の頭を押さえたまま口の中に射精する

夏海「ぅ、ぐ……ぶ……、っ、ごく……っ……」

夏海は本能のまま口の中に出された精液を吐き出しそうになりながら飲んでいく

夏海「んぶ……っ……、ごく……ごく……///」

夏海「っ、ぁ……はぁはぁ……///」

夏海からモノを引き抜くと夏海の口から飲みきれなかった精液が垂れていく

大神の行動募集
安価下1~3で後で判定

判定します

夏海(何これ……?私、何を……、頭回らない……)

呆然としている夏海をよそに興奮した大神は再びモノを夏海の秘部にあてがう

大神「いいのかな?抵抗しなくて……おらっ!」

夏海「んぉっ、おおおっ♡」

大神は一気にモノで奥を貫くと夏海は思わず声を上げてしまう

夏海「んぉっ♡お゛っ♡」

大神「随分感じやすいマンコしてるな?」

夏海「はあはあ♡あ、ひ……♡」

大神「壊してあげようか」

大神は夏海の腰を掴むと夏海の奥へと打ち付けるように腰を動かす

コンマ下
一桁が4だと夏海が暴れる
その他偶数だと夏海が抵抗しようとするもアヘってしまう
奇数だとだらしなく喘ぎ堕ちてしまう

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom