ほむら「・・・・・・まどかっ!?まどかなの!?」(73)

魔獣「グォオオオオオオオオ!」バシュゥゥゥゥゥン


マミ「今日も無事に魔獣退治完了ね!」

さやか「はっはっは!我がチームに敵なしだな!」

杏子「ったく、いつも足を引っ張るお前が何を言うか」

さやか「なっ!?今日はちゃーんと活躍したでしょー!?」

ほむら(だいぶこの弓の扱いにも慣れてきたわ)

ほむら(数少ないまどかとの繋がりだもの・・・大事にしないと)

……………ホムラチャン!……………

ほむら「・・・!?」

杏子「どうしたほむら?」

ほむら「今・・・まどかの声がした」

さやか「まどかって・・・前に話してくれた?」

……ホムラチャン!……

ほむら「まどかっ!?」ダッ

さやか「ちょっ!?どこいくのー!?」

マミ「みんなで追いかけましょう!」

ほむら「はぁ・・・はぁ・・・」

…ホムラチャン!……ホムラチャン!…

ほむら(声が近い・・・ここにいるのね!」

???「ホムラチャン!」

ほむら「マドカァー!・・・・・え?」

まどか?「ウェヒヒ」

ほむら(こっ・・・このアザラシは何!?)

ほむら(よく見たらリボンが付いてるし・・・しかもこの髪型・・・)

ほむら「あなた・・・・・・まどかっ!?まどかなの!?」

まどか?「ホムラチャン!ウェヒヒ!」

ほむら「まどか・・・会いたかったわ・・・」

まどか?「ウェヒヒ」

ほむら「まさかこれしか喋れないのかしら?」

さやか「あっ、いたいた・・・って、なにそれ?」

まどか?「サヤカチャン!」

さやか「えっ!?なんで私の名前知ってるの!?」

マミ「あら、可愛いアザラシね」

まどか?「マミサン!」

マミ「しかも喋れるなんて、すごいじゃない!」

杏子「いや、もっといろいろ言うことあるだろ?」

まどか?「キョウコチャン!」

ほむら(結構喋れるみたいね)

ほむら「これは・・・多分、まどかの生まれ変わりなのよ」

まどか?「ウェヒヒ」

さやか「生まれ変わり、ねえ・・・」

杏子「正直、お前の話なんて信じてなかったけど」

杏子「本当だったんだな」

ほむら「やっと信じてくれたのね」

杏子「こんな不思議生物が自然発生することの方が信じられねえからな」

マミ「それで、この子どうするの?」

ほむら「もちろん、私が保護するわ」

ほむら「まどかは、私が守るって約束したんだもの」

マミ「じゃあ、この子に名前を考えてあげましょうよ!」

ほむら「え?まどかでいいじゃない」

マミ「生まれ変わったんだから、新しい名前を与えてあげなきゃダメよ!」

さやか「私も賛成ー!」

まどか?「ウェヒヒ!ウェヒヒ!」

杏子「はら、こいつも喜んでるみたいだぞ?」

ほむら「名前ねえ・・・」

さやか「ねえ、この子ってアザラシだよね?」

ほむら「まあ、少なくとも見た目はそうじゃないかしら」

さやか「そして、アザラシっていったらゴマちゃんじゃない?」

ほむら「そうかしら?」

さやか「だから、あわせてごまどかっていうのはどう!?」

ほむら「そんないい加減な決め方でまどかが満足すると・・・」

まどか?「ウェヒヒ!サヤカチャン!」

杏子「結構喜んでるみたいだぞ?」

マミ「じゃあ、ごまどかで決定ね!」

ごまどか「ウェヒヒ」

ほむら「え?もう決まりなの?流石にもっとじっくり練った方が・・・」

さやか「まあまあ、こういうのは直感も大事だよ、ほむら」

さやか「いっつも難しく考えすぎなんだよ、ほむらは」

ほむら「うーん、そういうもんかしら?」

マミ「そういうものよ」

ほむホーム

ほむら「さて、まどかにもご飯が必要よね」

ごまどか「ウェヒヒ」

ほむら「とりあえず人間と同じものでも食べさせてみましょうか」

ほむら「ほーら、オムライスよー」

ごまどか「ホムラチャン!」ムシャムシャ

ほむら「よし、大丈夫みたいね」

ほむら(今まで冷凍食品やらなんやらで済ましてきたけど)

ほむら(この子にもこんなのをあげてちゃ可哀想ね)

ほむら「これからはもっと自炊しようかしら」

ごまどか「ウェヒヒ」

QB「やあほむら、グリーフシードの処理にきたよ」

ごまどか「キュウベエ!」

QB「ほむら、この不思議生物はなんだい?」

ほむら「あなたに言われたくはないわね・・・」

QB「なぜか僕が見えてるみたいだし、名前まで知ってるし・・・」

QB「おまけに、人間ですらないのにすさまじい因果を持っているようだ」

QB「いったい何者なんだい?」

ごまどか「ウェヒヒ」

ほむら「この子はね、まどかの生まれ変わりなのよ」

QB「まったく、またその話かい?そろそろ聞き飽きたよ」

ほむら「別に信じてもらおうなんて思ってないわ」

ほむら「でも、その子は間違いなくまどかの生まれ変わり」

ごまどか「ウェヒヒ」

QB「有史以前から人類を見つめてきた僕らだけど、こんなことは初めてだよ」

ほむら「さて、まどかもお風呂に入れてあげないといけないわね」

ごまどか「ウェヒヒ!ウェヒヒ!」

ほむら「ついでに私も済ませてしまいましょう」

ごまどか「ウェヒ!?」

ほむら(ハッ!これって・・・夢にまで見た、まどかとお風呂!?)

ほむら(そう考えたら急に恥ずかしくなってきたわ)

ほむら「いやいや、何も恥ずかしいことなんてないわ」

ほむら「無心で入ってしまいましょう」

ごまどかとはいえ果たしてアザラシをお湯に入れて大丈夫なのかどうか

ごまどか「ウェヒヒー」ゴシゴシ

ほむら(ふふっ、とっても気持ちよさそう)

ごまどか「ウェヒー」ザバー

ほむら「さて、私も体を洗わないと」

ごまどか「ホムラチャン!」フワー

ほむら「えっ!?まどかの体が浮いて・・・」

ごまどか「ウェヒヒ」ゴシゴシ

ほむら「!?!?!?(まどかが、自分の体で洗ってくれてる!?)」

ほむら(ああ、気持ちいい・・・ここは天国なの?)

>>33
まど神様の加護でどうにかしてるってことで

ごまどか「ウェヒヒ!ホムラチャン!」ザバー

ほむら「あっ、もう終わり?」

ほむら(ん?今どうやって桶を動かしたの?)

ほむら「まあ、細かいことは気にしないわ」

ほむら「さあ、一緒につかりましょう、まどか」

ごまどか「ウェヒヒ」

ごまどか「ウェヒ・・・」フワァー

ほむら(可愛い欠伸・・・もう眠いのかな)

ほむら「よし、今日はもう寝ましょうか」

ごまどか「ウェヒー」

ほむら「おやすみ、まどか・・・」

次の日の朝

ほむら「さて、大きな問題が発生したわね」

ほむら「学校に行ってる間、この子をどうしようかしら?」

ごまどか「ウェヒヒ」カキカキ

ほむら「ん?まどかがなにか書いてるわ」

ほむら「『私は大丈夫だから、ほむらちゃんは安心して学校行ってきて』・・・」

ほむら「本当に大丈夫かしら・・・」

ごまどか「ウェヒヒ」カキカキ

ほむら「『心配しすぎだよー、私だって子供じゃないよー』・・・」

ほむら「じゃあ、行ってくるわね」

ほむら「絶対家でおとなしくしてるのよ?」

ごまどか「ウェヒ!」

ほむら「行ってきます」ガチャ バタン

放課後

ほむら(まずい)

ほむら(まどかのお昼ごはん、何も作ってないわ!!)

ほむら「どうしてこんなことにも気付いてあげられなかったの!?」

ほむら「急いで戻らないと・・・っ!」ダッ

ほむホーム

ほむら「まどかっ!大丈夫!?」

ごまどか「ウェヒ?」

ほむら「ソファーに寝っ転がってテレビ見てる!?めちゃくちゃくつろいでる!?」

ほむら「そうだ、お昼ごはんはどうしたの?」

ごまどか「ウェヒヒ」カキカキ

ほむら「『自分で作って食べちゃった』・・・」

ほむら「あなた、予想以上になんでもできるわね・・・」

ごまどか「ウェヒヒ」

数日後

マミ「今日は随分瘴気が濃いわ・・・」

さやか「うわあ、魔獣がうじゃうじゃいるよ」

杏子「まずい!こっから東の方にも魔獣が出たみたいだ!」

マミ「よし、二手に分かれましょう!」

マミ「この前話した通り、私と美樹さん、佐倉さんと暁美さんに分かれるわよ」

杏子「OKマミ!こっちは任せておけ!」

マミ「行きましょう美樹さん!」

さやか「はいっ!」

杏子「・・・ところで、なんでそいつまで連れてきたんだ?」

ほむら「・・・この子がどうしても行きたいって言うから」

ごまどか「ウェヒヒ」ピョンピョン

杏子「面倒が起りそうな予感がするぜ・・・」

ほむら「私達が速攻で片づければ問題ないわ」

杏子「言うじゃねーか、期待してるぜ!」

ほむら「くっ、予想以上の数ね」バシュン!バシュン!

杏子「倒しても倒してもキリがないぜっ!」ズバン!

杏子「っ!?危ないほむら!!」ドゴォン!



ほむら「ふう、盾が無ければ即死だったわ」

杏子「ったく、冷や冷やさせやがって」

ほむら「さあ、もう残り少ないわ、そろそろ終わらせ・・・!?」

ほむら(まずいっ!?魔獣がまどかを狙ってる!!)

ほむら「それだけは・・・許さないっ!!」ダンッ!

杏子「あっ!馬鹿野郎!」ズガァァン!

ほむら「がはっ・・・!」

杏子「だからあいつは連れてくんなって言ったのに!」ズバッ!ズバッ

杏子「お前で最後だっ!」ズドォ! バシュゥゥゥゥゥン

杏子「おい、大丈夫か?」

ほむら「大丈夫よ・・・これぐらい・・・」

ごまどか「ホムラチャン!」ピカー

杏子「なっ!?傷がみるみる治ってく!」

ほむら「ありがとう、まどか」

杏子「いったい何者なんだこいつは・・・」

ごまどか「あっ、やっと喋れるようになった!」

ほむ杏「!?」

ごまどか「えへへ・・・ごめんねほむらちゃん、私のせいで怪我させちゃって」

ほむら「何言ってるの、あなたのせいじゃないわ」

ほむら「ところで・・・どうしてその姿なの?」

ごまどか「本当は人間の姿で顕現するはずだったんだけどね・・・」

ごまどか「ちょっとでいろいろあって、この姿になっちゃって」

ごまどか「でも、久々にほむらちゃんたちと一緒にいれて、楽しかったよ!」

ごまどか「でも、そろそろ時間切れなの」パァー

ほむら「えっ、時間切れって・・・」

ごまどか「そろそろ業務に戻らないと、他のみんなに怒られちゃうから」

ほむら「そんなっ!?やっといっしょになれたのに!」

ごまどか「大丈夫、これからもちょくちょく遊びに来るから!」

マミ「佐倉さん、暁美さん、そっちも無事終わったみたいね」

マミ「って、あれ?ごまどかちゃんが光ってるわ」

ごまどか「さやかちゃん、マミさん、杏子ちゃん!次はみんなとも遊べると、それはとっても嬉しいなって」

パアアアァァァァァァ

「消えたっ!?」

あれからも、ちょくちょくまどかは遊びに来ています

いつまどかが来てもいいように、料理の練習も始めました

つぎに来た時は、みんなでパーティーでもやってあげようと考えています



・・・また、体流してもらいたいなあ


おわり

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom