まどか「え・・・ほむらちゃんってきのこ派なの・・・?」(73)

ほむら「そ、そうね。私はたけのこの里よりきのこの山が好きだけど・・・」

まどか「・・・」

まどか「・・・そ、そうなんだぁ・・・」

ほむら「(え・・・?何この反応・・・?)」

さやか「おーっす、まどか」

まどか「あ、さやかちゃん、おはよう」

ほむら「おはよう、美樹さやか」

さやか「転校生は早いねー、相変わらず・・・」

ほむら「・・・この際、あなたにも聞いておきましょうか」

さやか「ん?」

ほむら「あなた、きのこの山とたけのこの里と、どっちが好き?」

さやか「珍しいじゃん、あんたがそんなこと聞いてくるの」

ほむら「・・・どうなの?」

さやか「いやぁ、そりゃもちろんたけのこでしょ!」

ほむら「えっ?」

さやか「え?」

ほむら「・・・」

さやか「だってきのことたけのこでしょ?何かもう比べる価値もないって言うか・・・
     まどかもたけのこ派だよね?」

まどか「あ、そ、そうだったかな・・・アハハ・・・」

さやか「?」

さやか「それで?そういう転校生はどっちなのさ?」

ほむら「・・・あ・・・」

さやか「ん?」

ほむら「私は、その・・・きのこ派だけど・・・」

さやか「はぁ!?」

ほむら「ひっ」

さやか「あぁ、ゴメンゴメン・・・転校生、そうだったんだ・・・ふぅん・・・」

ほむら「な、何・・・」

さやか「きのこ厨の人はちょっと・・・ねぇ・・・?」

SYK「お前私らがきのこたけのこの話してるとこチラチラ見てただろ」
QB「いや、見てないですよ」
SYK「嘘つけ絶対見てたゾ~」
MDK「あとさ、QBさ、魔法少女になるリスクを言わなかったよな?」
QB「何で言う必要があるんですか」
HMR「知りたきゃ教えてやるよ(震え声)」

ほむら「ちょ・・・どういう意味かしら」

さやか「だってねぇ?きのこでしょ?何がいいのか本気でわからないんだよねー・・・
     何かやってることもポッキーの劣化っていうか・・・」

さやか「たまにチョコ取れてるし、ベタベタするし・・・」

ほむら「・・・っ・・・もういい、あなたに聞いた私が愚かだったわ」

さやか「はぁ・・・」

ほむら「まどか・・・は、たけのこ派だったわね、そういえば・・・」

まどか「ご、ごめんねほむらちゃん・・・いくらほむらちゃんのためでも・・・
     これだけは譲れないって言うか、その・・・ごめんね・・・」

ほむら「(まどか・・・)」

~~~

ほむら「やっぱりきのこが美味しいわね」ポリポリ

QB「やぁ、暁美ほむら」

ほむら「人の家まで上がりこんでくるなんて、失礼じゃないかしらこの淫獣は」

QB「今日は一段と口が悪いね」

ほむら「ちょっと機嫌が悪いの。後にして頂戴」

QB「・・・あ!何を食べてるのさ!ずるいよ!僕にも分けてよ!」

ほむら「・・・あなた、食事が必要なの?」

QB「趣向品として、インキュベーターの活動にも息抜きが必要なんだよ」

ほむら「(・・・この際QBでも、きのこの美味しさを知ってもらうチャンスかもしれないわね)」

ほむら「いいわ。少しだけよ」

QB「わぁい!ありがとうほむら!」モグモグ

ほむら「・・・・」

QB「・・・うん、美味しいよ!」

ほむら「え・・・そ、そうかしら?」デレデレ

QB「うん、この味・・・チョコレートと言うんだっけ?僕の好みだよ。ただ・・・」

ほむら「・・・?」

QB「この前鹿目まどかの家で食べた、たけのこの里という名称の菓子の方が好きかな
   ・・・・あれ?どうしたのほむら、銃なんて出し・・・」


パァン・・・

ほむら「(まさかあのゴミ虫すらたけのこ派だったなんて・・・)」

ほむら「(・・・これで可能性があるのは巴マミと佐倉杏子くらい・・・)」

ほむら「(・・・次は巴マミにアプローチを試みましょう)」

ほむら「(・・・私・・・一体何をしてるのかしら)」

~~~

ほむら「巴マミ」

マミ「あら?珍しいわね。暁美さんから私のところに来るなんて・・・」

ほむら「ちょっと付き合ってもらえるかしら」

マミ「(なんだか嫌な予感がするわね)」

マミ「・・・え?」

ほむら「何度も言わせないで頂戴」

ほむら「たk・・・きのこの山とたけのこの里、どちらが好きかを聞いているの」

マミ「(わざわざ言い直してまできのこを先に出す辺り展開が読めるわね)」

マミ「(どうしたものかしら・・・わざわざ呼び出して確認するあたり、それなりに過激なタイプよね)」

マミ「(ヘタにたけのこが好きなんていったらどうなるか・・・)」

マミ「(・・・そもそも私、一番好きなのはアルフォートなのだけど)」

ほむら「・・・何を難しい顔をしているのかしら?」

マミ「は、はいっ?な、何ですか!?」

ほむら「・・・」

マミ「(・・・そうよ、素直にそれを伝えればいいじゃない!)」

マミ「私、お茶菓子ならアルフォートが好きなの
   きのことたけのこはあまり食べていないからよくわからないわ、ごめんなさい」

マミ「(・・・うん、完璧)」

ほむら「・・・」

ほむら「・・・」

ほむら「・・・そう、わかったわ」

マミ「(あ、助かりそう・・・)」

ほむら「・・・」ガサガサ

マミ「・・・?」

ほむら「なら、今ここでジャッジして頂戴。きのことたけのこを一箱ずつ用意しておいたわ」

マミ「」

マミ「・・・」モグモグ

マミ「・・・(もう食べられない・・・でも、あと少し・・・)」モグモグ

マミ「・・・ごちそうさまでした」ゲーフ

ほむら「・・・それで?」

マミ「え?」

ほむら「どっち?」

マミ「(まずい・・・普通にたけのこの方がおいしいわね・・・)」

ほむら「巴マミ?」

マミ「そ、その・・・」

マミ「(・・・もう、素直に伝えるしか・・・)」

マミ「そ、そうね・・・私はたけのこの方が好き、よ・・・?」

ほむら「・・・」

マミ「・・・」

ほむら「・・・」

マミ「・・・?」

ほむら「・・・」

マミ「あ、暁美さん?」

ほむら「泣いてない」

マミ「え?」

ほむら「わ、わざわざ呼び出してすまなかったわね、マミ」グスッ

マミ「(あぁ・・・)」

~~~

ほむら「・・・美味しい・・・」モグモグ

QB「やぁほむら!今日は何を食べ・・・あぁ、きのこか・・・」

ほむら「うるさいわね。鉛が食べたいならそう言いなさい」ガチャッ

QB「いちいち拳銃をこっちに向けないでよ!こわいよ!」

ほむら「・・・」

QB「・・・あぁ、そういえば巴マミに話を聞いたよ。彼女もたけのこ派だってね」

ほむら「・・・」

QB「(涙目で黙々ときのこの山食ってるほむらテラシュール)」

ほむら「うるさいわね、私にはまd」

QB「これで君以外の魔法少女が、すべてたけのこ派と確定してしまったね」

ほむら「・・・」

ほむら「・・・え・・・?今、なんて・・・?」

QB「だから、君以外の魔法少女はすべてきのこよりたけのこが・・・」

ほむら「嘘よ!」

QB「うわぁ!?」

ほむら「まだ、まだ私には佐倉杏子という希望が・・・」

QB「佐倉杏子はたけのこ派だよ?君は知っていると思ってたんだけどなぁ」

ほむら「」

ほむら「私が明日、直接聞いてくるわ・・・それまで信用しない」

QB「君も強情だなぁ」

ほむら「・・・」

QB「・・・ところで、やっぱりきのこの山、一口もらっていい?」

ほむら「たけのこ派に食べさせるきのこなんてないわ!帰りなさい!」パァン!

QB「おっと!君も過激だね。僕はまどかの勧誘に戻るよ」

ほむら「(もう阻止する気も起きない。あれだけ釘刺してるしまどかは大丈夫でしょう・・・)」

~~~

杏子「なんだい?話って」

ほむら「・・・」スッ

杏子「おっ!たけのこの里じゃねーか。くれんのか?」

ほむら「(絶望感パネェ)」

杏子「・・・なんだよ?」

ほむら「・・・あなた、きのこの山を食べたことはある?」

杏子「? きのこ? なんだそりゃ?」

ほむら「!(もしかしたら食べたことがないんじゃないかという希望がつながったわ・・・!)」

ほむら「こっちも美味しいわよ。いかがかしら?」スッ

杏子「よくわかんねーけど、くれるんだったら貰うぜ!」

杏子「いただきます」モグモグ

ほむら「・・・ゴクリ」

杏子「おっ、普通にうめーじゃねぇか、コレ!」モグモグ

ほむら「ホント?」

杏子「ああ!これ一箱貰っていいのか?」

ほむら「え、ええ」

杏子「♪~」モグモグ

ほむら「(至福の傍観っ・・・!)」

杏子「ご馳走さん、美味かったぜ、これ!」

ほむら「そ、そう?」ニヤニヤ

杏子「うわっ、気持ち悪っ」

ほむら「(・・・聞かなきゃいけないわよね、一応・・・)」

ほむら「それで・・・?たけのことどっちが美味しかったかしら・・・?」

杏子「ん?」

ほむら「きのことたけのことどっちが好みかを聞いているの」

杏子「えぇ、難しいなぁ・・・」

杏子「答えないとダメか?」

ほむら「ダメよ」

杏子「・・・んー・・・」

ほむら「・・・」ドキドキ

杏子「それならやっぱりたけのk」

ほむら「・・・っ!」ドカッ

杏子「ぐえっ!?」

ほむら「返せ!私のきのこ返せ!出せ!出して返せバカ!」ドカドカ

杏子「(割と本気で痛い)」

~~~

杏子「・・・なるほどな、そんなことが・・・」

ほむら「ごめんなさい・・・つい・・・熱くなって・・・」

杏子「なぁ、ほむら」

ほむら「・・・?」

杏子「・・・お前、一体何と戦ってんだ?」

ほむら「・・・え?」

杏子「お前はきのこが好き、あたしはたけのこが好きでいいんじゃねーのか?
    一体何がしたいのさ?」

ほむら「・・・そ、それは・・・」

ほむら「・・・」

杏子「まぁいいや、きのこ美味かったぜ、ご馳走さん」

ほむら「あっ・・・ま、待って!」

杏子「あたしも空き缶拾いで忙しいんでね」スタスタ

ほむら「・・・」

ほむら「・・・帰ろう・・・」

ほむら「・・・」

ほむら「(そこのコンビニできのこ買っていこう)」

ほむら「・・・」ガラッ

まどか「あ、おはよう、ほむらちゃん!」

ほむら「おはよう、まどか」

まどか「・・・」

ほむら「(そうよ・・・戦う必要なんて無かったんだわ)」

ほむら「(私・・・一人で熱くなって・・・バカみたい・・・)」

ほむら「・・・」

まどか「(・・・)」

まどか「(・・・どうしよう・・・たけのこの里持ってきたんだけど、ほむらちゃんの前だと出しにくいなぁ・・・)」

ほむら「・・・(今日の授業も無事終わったわね・・・ん?)」

QB「・・・ハッハッ」

ほむら「その顔は何かしら?何もあげないわよ」

QB「えぇー?いつものあれ頂戴よ。空腹で活動に集中できないよ」

ほむら「(食事って不要なんじゃなかったかしら)」

ほむら「・・・しょうがないわね・・・」スッ
つ【きのこの山】

QB「わぁい!」

オチとか展開とか何も考えてなかった
俺はどうすればいい

ちなみに俺はたけのこ派です
まどかキャラだとさやかちゃんが好きです
何で突発でこんなスレ立てちゃったんだろうか

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom