カナ「チアキを殺そう」(124)

カナ「さすがの私も我慢の限界だよ」

カナ「よし、この包丁あたりが手頃かな」

カナ「おーい、チアキー」

チアキ「なんだー?」

カナ「ちょっとこっちに来てー」

チアキ「お前がこい、バカ野郎」

カナ「……」

カナ「まあいい」スタスタ

チアキ「で、なんだ?」

カナ「今からお前を殺そうと思う」

チアキ「え?」

カナ「この包丁でな」

チアキ「……」

チアキ「とうとう本格的におかしくなったか」

チアキ「元々おかしい奴だとは思っていたが……可哀そうに」

カナ「私は至って正常だ」

カナ「そして本気だよ」

チアキ「いいからその包丁をしまってこい」

カナ「ふん!」ヒュン

チアキ「!?」

チアキ「のわあああああ!?」バターン

カナ「チッ、避けられたか」

チアキ「お、お前今本当に……!」

カナ「言っただろう?私は本気だって」

チアキ「は?え?」

カナ「とう!」ヒュン

チアキ「うわああああ!」ドタドタ

カナ「逃げるなチアキ!」

チアキ「お、落ち着けカナ!」

カナ「私は常に落ち着いている」

ガチャ

ハルカ「ただいまー」

チアキ「!?」

チアキ「は、ハルカ姉さまー!」ドタドタ

カナ「まて!」ドタドタ

ハルカ「あら?」

チアキ「ハルカ姉さまー!」ガバッ

ハルカ「ちょ、どうしたのチアキ?」

チアキ「カナが!カナが!」

カナ「ハルカ!そこをどくんだ!」

ハルカ「どうしたのカナ、包丁なんか持って」

カナ「チアキを殺そうと思って」

ハルカ「え?」

チアキ「助けてくださいハルカ姉さま!」

チアキ「こいつ本当に……!」

ハルカ「どうして……」

カナ「え?」

ハルカ「どうしてカナはチアキを殺そうと思ったのかしら?」

                    _ /イ´.:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、\
                  /..././:.:...../.... /.   /   |:.:.:.ヽ\
         /⌒ヽ.     /.:.:.:/:/./:.:.:/.:., イ:.:/.:.:/.:....l. |  | l iヽ
         i′  |  /.:.:.イV.:.|:.:./.:./ !:.:|.:.:.:.:.:.:./:.イ:.:.:|.. | l |
         |    l   /:.:./.:|.:l.:.:.|.:.:|:./\|:/|:.:./:.:.ィ:/|:./:.:.|.:.l|.ト、
        |    | /.:.:/:.::;!:|.:.:.|:/j/,ニミ!ト Ⅵ:.// _.レ'}.:.:.l.:.:l.ハ!
            }     ∨.:./:.:::ハ|.:.:.|{ ヘ.ヒz:ツ   }/ブ三ミl' !:.:/:.:.リ:.:.l|
       ,.. ┴-- ._ ∨.:.::/  |:l:小          ヒz:リ }/:./:.:.:/|:.:.l|
      /       ヽV/  ハ|.:.トヽ    '     ´ノイ.:.:./|:|:.:.l|
     /      _   }ヽ._ ヽ:{,>、  `   一   //ノ:// /.l.:.:.l|
    {   ー‐ ¨ ̄   ̄`ヽ|\ヽーヽノ \       _. イ/ィ/´ i.::.l.:.:.l|     
    j            |j  ヽ.ヾ  \ `¨¨丁}}  ノ´   |.:.:.:.:.:l|
    /     _.. -――‐ヘヽ  l\ヾ  ヽ、  ,「\      i!.:.l:.:.:.l|
    ヽ             } }  l  ヽヾ ヘ`ヽrl  ハ       |.:.|.. .l|
    ヽ        .. -‐ ¨ ̄i′ !   ヽヾ ヘ ̄`|  /`ヽ.  i!.:.i:.:.:.:l|
     }     ´     ノ  /   ∧ i. ヘ  l/:::::::∧  |:.:.|.:.:.:.l|
      /ヽ.         /  /     ∧ l. |/::::::::/ /ヽ |.:.:l:.:.:.:.l|
    /..:.:.:.`:ーァ弋_ ̄  _/        i/:::::::/ /   ! !:.:i.:.:.:.:.l|
    /.:/:.:.:.::/:/    ̄「         /:::::::/ / V  l |.:.|:.:.:.:.:l|
   , ./:.:.:.:::j::/      V         /::::::/V/   | l.|:.:l.:.:.:.: l|
   !.i:.:.:.:::/|:i       V      ,イ:::::://ィ7イヽ.   |   i!.:.!.:.:.:|:j|
.   |.:|.:.:.:/ .|l         V     /:::::::/ //l lバヽヽ .′  V|:.:.:.|:リ
   j :l!:.:/  !       /}   /:::::::/  〈 {_| l! |{_j .〉i     }:.:.:l|/
  /:ハ:{  |     /::::ノ  /:::::::/    `Ti'| .|ト‐'/    ノ!:.:/|
  /´  l|       /::::::「 /:::::/     | ||  ||  {―__壬:l:./

カナ「……」

カナ「こいつは私をよくバカ野郎と言うだろう?」

カナ「それに耐えられなくなったんだ」

ハルカ「そう……」

カナ「ああ、そうだ」

ハルカ「本気なのね?」

カナ「本気だ」

ハルカ「なら……私は止めないわ」

チアキ「え?」

ハルカ「カナがそう決めたのなら、ちゃんと最後までやりきりなさい」

カナ「ああ!そのつもりだよ!」

チアキ「は?え?ん?」

ハルカ「じゃあ私は夕飯の準備をするわね」スタスタ

チアキ「ハ、ハルカ姉さま……?」

カナ「さあ、チアキ。そこを動くんじゃないぞ」

チアキ「や、やめろ……」

カナ「おりゃ!」ヒュン

チアキ「う、うわああああ!」ドタドタ

カナ「ちょこまかと!」

 ガチャ

トウマ「こんにちはー」

チアキ「ト、トウマ!」

狂気系か?人が死ぬ系は無しで
再々安価>>35

>>33がビルから飛び降りる

トウマ「お?なんかやってるのか?」

チアキ「た、助けてくれ!」

トウマ「え?」

チアキ「カナが!カナが私を殺そうとするんだ!」

トウマ「カナがチアキを殺そうとしてる?」

カナ「おー、トウマ来たのか」

トウマ「おうカナ」

チアキ「こっちに来るなあああ!」ビクビク

カナ「ごめんなー、今ちょっと取り込み中でさ」

トウマ「チアキを殺すってやつか?」

カナ「そうそう」

チアキ「お、お前たちなんでそんなに普通に話してるんだよ!?」

チアキ「おかしいだろ!」

チアキ「冗談にしては笑えないぞ!カナ!」

トウマ「んー……でもチアキがカナに殺されるのは仕方ないんじゃないか?」

チアキ「は?」

トウマ「なんかチアキはいつもカナをぞんざいに扱ってるし……」

チアキ「ト、トウマ……?」

トウマ「カナにはチアキを殺すだけの理由があるよ」

トウマ「おお!トウマもそう思うか!」

チアキ「う、うわあああああ!」ドタドタ

カナ「あ!また逃げた!」

チアキ「うわあああああ!」ガチャバタン

カナ「部屋に逃げ込まれた!」

 ガチャガチャ

カナ「くっ!内側から鍵を……!」

――チアキの部屋

チアキ「はあ……はあ……」

チアキ「なにが起こってるんだ……」

チアキ「みんな変だ……」

チアキ「カナもハルカ姉さまもトウマも……」

チアキ「……」

チアキ「なんでみんなあんな風になってしまったんだ……」

 アラ、イラッシャーイ
オジャマシマース

チアキ「また誰か来たのか……?」

チアキ「それより早くこの状況をどうにかしないと……」

 ドン!ドン!

チアキ「!?」

バン!ドン!ドカン!

チアキ「う、うわああああ!」

ドカーーーーン!

藤岡「やったよ!南!」

カナ「おお!でかしたぞ藤岡!」

チアキ「ふ、藤岡……お前どうして……」

藤岡「扉を破ってくれって言われたんだ!南の頼みは断れないよ!」

カナ「ついでにここで見張ってってくれ」

藤岡「うん!」

カナ「さ~て、もう逃げられないぞ」

チアキ「や、やめろ……」

カナ「最初は足かな?それとも腕もいいかな?」

チアキ「わ、悪かった!私が悪かったよ!」

チアキ「もうバカ野郎なんて言わないから……!」ジワッ

チアキ「だからもうこんなこと……」ポロポロ

カナ「もう遅い!」グサッ

チアキ「がっ!?」

カナ「苦しめ~苦しめ~」グリグリ

チアキ「がっ……!つふっ……!」ガクガク

カナ「あ~、すっきりした」

藤岡「南!ハルカさんが晩御飯できたって!」

カナ「おー、今行くよ」

チアキ「あっ……がっ……」ガクガク

カナ「まあこんだけやればほっといてもそのうち死ぬだろ」

カナ「じゃあなーチアキー」スタスタ

チアキ「あ……あ……」ピクピク

チアキ「な……んで……」

チアキ「どう……して……」ガクガク







チアキ「うわあああああ!?」ガバッ

チアキ「はあ……はあ……」

チアキ「夢……か……?」

チアキ「はあ……はあ……」

チアキ「そうか夢か……」

チアキ「カナがあんなに……」

チアキ「殺られる前に殺っておこう」ガタッ



                     おわり

/ /ヽ  |       :::::::::::::::::::::::/  / \ ∧/
 、 /  /,、 |       ::::::::::::::::::::/ __ |    | /   ___    _  __ _
 > \/ ゙´ i,      ..::::::::::::::::/  ''‐' ゙i;  ./  ┌┘└‐┐< ゙''"l| |/ >

 ‐フ _ ,-、 ゙i:     ...::::::::::::/   ,,-、 ゙'─|     フ 广| ┌'<,,''>「゙二゙了
 ‐' / i ヽ '__ |;    ...::::::::::/  __ ヽ !,. /|    .く_//"o .ヽ,冫>| .= |
 、 ゙、 | / ノ \  .:::::::::/   ゙‐',,-‐゙'´ く  |      ゙''‐-^ヽ'ヽ' l」゙アノ
 .\ ゙'´ ヽ/ ,-、 ゙i; .::::/ ,,,,,;;;-=ニ、'"、ァ  ,二|      />   l二二l
 ::゙i,\ レ _゙‐''´ ン‐'",,,;;;;-''''''く~´  ノ  / .::|     //   ゙--,  ノ
 :...゙i ゙!、 リ  ,イ´ ''",へ ,;ァ  \/  く  .::::|     \\   /  L,,,
 ゙、::゙l,. ゙!、  |    ヽ,,ノ ,-‐、  /フ \,;-‐|      ,,,,\>  ヽ/ヽ-┘
 . 1.::ヽ、ヽメ .i|   ,ヘ   <.,,,,,ノ  `"_,,,,,-==|    ┌┘└─┐┌──┐
  |.i..::;;i´\゙i込、,, ゙"  _,,,,,;;-==〒''O ノ  .|    フ 广| ┌‐'  ゙'フ ,-‐┘
  | ゙i ::| ヽ、゙'゙'l;、 ゙ヽ-‐'''"ヽ!,    `ヽ-‐'"   |    く_/ /"o .ヽ  ( (__
  | !;,:|  ゙'',;゙'''''''二 ,,;- ヾ-────┬==|     ,-゙‐-''^''   ゙‐--┘
  | |..i|   / ,,‐'",,,  ヾ==≡ニニ    \ .:::|    ,┘ヽ' ̄l
  ゙! ゙| i| /,;‐''"~               i| .::|    ゙フ /| |
  .! ゙!:}'" _.,,,,,       ,,,,,_     / .:::!、   ヽl |  | ‐フ
  ゙i, |:::゙i''=;,、;;;/   _,,,,;;-=、 ヾ,i   / ..::::::\.   └'  ゙'''"
  ゙!, ゙ヽ,゙i, '!ヽ_=─'''"    ,__)  /  ./ ..:::::::::::`>   _ _
   ゙i,. ヽ'i ゙i ::フ二ナ──'''",,,,i'  "  / ..::::::::∠-''フ. / // /
   .入 !i  |/二/''"''ヽ-‐'" / ,,   / ....::::::::::::::/ / // /
   / \ l| |‐、/       /  /  ./  ...:::::::::::/  /_//_/
  ./   ヽ| | |''      ,‐''i  "  ./  ..::::::::::::く  /フ /フ
 /     | .!, ゙ヽ--‐─‐'''"ノ    / ....::::::::::::/ \~  ~
       .l| .\__    ,/    / ....:::::::::/    \
       ゙|、-‐─ニ,'''"--=、  ノ ...:::;;;-''"  ,,,;;-=''" \
        !,     ゙ヽ、  ,,,/─'''",,,,;;-‐'''"_,,,,;;-'''"  \
        ゙ヽ、     ゙'''"_,,;-ニ二-─'''''" ,,,,-==''"   \/
          `゙'''-─‐'''"~゙'ヽ、    ,,,==二‐''"

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom