シンジ「アスカじゃなくて真希波と暮らすことになった」 (48)

マリ「ワンコ君、よろしくねー」

シンジ「う、うん」

マリ「♪」フルルン

シンジ「……ゴクッ」

マリ「ふぅ。なんとか一通り片づいたね。手伝ってくれてありがと」

シンジ「荷物少なかったから、あんまりすることなかったけど。はいお茶」

マリ「お、ども。いいねー、気が利くねーワンコ君は。いいお嫁さんになれるよ」

シンジ「お嫁って」

マリ「いただきます……んく、んく」

シンジ「あ……あのさ、真希波。一緒に暮らすにあたって、一つお願いがあるんだけど」

マリ「ん?なに?」

シンジ「アスカの時も言ったんだけど、聞いてもらえなくて……」

マリ「だからなにってば」

シンジ「アスカって、いつもタンクトップとかホットパンツだったんだ。家では」

マリ「私もそんなもんだよ」

シンジ「できたらやめてくれないかな、そういうの。ちゃんとした格好してて欲しいんだ」

マリ「え、なんで。窮屈じゃん」

シンジ「だって……一応ほら、僕もいるんだから」

マリ「別に気にしないけど」

シンジ「……」

マリ「ああ、そっか。ワンコ君のほうが気になっちゃうわけか。女体が」

シンジ「にょた…っ ///」

マリ「見たいのに見ちゃいけないモノが家にあっちゃ落ち着かないよね、そりゃ」

シンジ「いや、その」

マリ「よし! 分かった。エロい目で好きなだけ見ても怒んないって約束するよ。それで解決」

シンジ「じゃなくて、ラフすぎない服着てってば!」

マリ「なんなら触ってもいいよ」

シンジ「ブッ」

マリ「自分で言うのもなんだけど、発育いいしさ……よく視線集めてんだよね、このおっぱい……」

シンジ「か、か、からかわないでよ」

マリ「からかってるけど、見て触っていいってのはマジだよ。ワンコ君」

シンジ「……ゴクッ」

マリ「姫の頃から生殺しじゃ、色々溜まってるんじゃないの」スッ

シンジ「真希な、み……」

マリ「私がたくさん発散させてあげるにゃ。これからは」

シンジ「ぼ……っ、僕、お風呂の用意があるから!」

ドタタ

マリ「ありゃ逃げられた」

マリ「しっかし可愛いなあワンコ君は」

マリ「姫には悪いけど、先に味見させてもらっちゃおーかにゃ……」



コンコン

シンジ「?……はい」

『もう寝てる?』

シンジ「真希波? 布団には入ってるけど。なに?」

『せっかくだし、一緒に寝よーよ』

シンジ「!?」

ガラガラ

マリ「失礼しますっと」

シンジ「ちょ、ちょっと……ダメだって。せっかくってのも意味分かんないし」

マリ「せっかくの同居じゃん。仲を深めようぜってこと」

シンジ「だからって布団に来ることないだろ!?」

マリ「姫も一回だけ並んで寝たって聞いたよ」

シンジ「それは……、ぁっ」

バッ

マリ「ん? どしたの」

シンジ(ま、真希波がしゃがんで覗きこむから……谷間、お、思いきり見ちゃった……! ///)

マリ「おーい。ワンコ君」

シンジ「……」

マリ「ワンコ君ってば。こっち向いてよ」

シンジ「……アスカの時も、背中合わせにしてたんだ」

マリ「ふーん、そっか。じゃあこのまま寝るとしますか」

シンジ「うん」

マリ「……よいしょっと」

シンジ「……おやすみ。真希―――っ!?」

ぎゅ

シンジ「え」

むにゅぅぅ

シンジ「!!???!」

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2015年08月18日 (火) 00:31:03   ID: yABTGJFF

何勝手に終わってんだよ
いいとこだろーが

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom