明日香「十代ってデュエルにしか興味ないのかしら」(127)

明日香「そりゃデュエルは大事よ。大事だけど恋愛の方がもっと大事じゃない。」

明日香「そうよ。恋愛の方が大事よ。でも、十代はそういうの興味なさそうだし・・・」

明日香「仕方ないわね。私が教えてあげるしかないわね。」

明日香「十代~~。」


十代「でさ~。」

レイ「ははは。そうなんですか。」

明日香「じゅっ、十代・・・?」

十代「あ、明日香。どうした?」

明日香「あ、その。」

レイ「天上院先輩、どうかしたんですか?」

明日香「い、いや、別に。」

十代「そっか。でさ~」

レイ「もう、十代様ったら。」

ははは



明日香「な、何よあれ。」

明日香「まったく十代ったら。レイちゃんはまだ中学生よ。中学生に手を出すなんて。」

明日香「そうよ。これは犯罪よ。ロ、ロリコンとか言うやつよ。」

明日香「こ、これは注意しないとダメなんだから。」

明日香「十」


翔「兄貴って最近いつもレイちゃんと一緒にいますね~~。」

剣山「もしかして付き合ってるザウルス?」

十代「まあな。」

明日香「」

翔「ええ~~。レイちゃんは中学生っすよ~~。ダメですよ兄貴~~。」

剣山「ほ、ほんとかザウルス?」

十代「ああ。なんつーかレイって守ってあげたくなるんだよな。ちっこくて可愛いくて。」

レイ「じゅっ、十代様ったら///」

翔「でも、明日香さんはいいんですか?」

明日香「!」

十代「?なんで明日香が出てくるんだ?」

翔「なんでって・・・。明日香さん、兄貴のこと好きだから。」

剣山「そうザウルス。天上院先輩はいいザウルス?」

十代「な~に言ってんだよ翔。明日香が俺のこと好きなわけないだろ。あいつ、いつも小言しか言ってこないぞ。」

翔「それは明日香さんが素直じゃないだけっす。僕らから見たら確実に好きにしか見えないっす。」

十代「そうなのか?でも、仮に明日香が俺のことが好きだとしても俺はレイのことが好きだから関係ないよ。」


明日香「・・・」ズキッ

レイ「じゅっ、十代様。は、恥ずかしい・・・」

十代「恥ずかしがるなよ。ったく可愛いんだから。」

剣山「もったいないザウルス。天上院先輩は学校のアイドルザウルスよ。こんなチャンスないザウルス。」

翔「そうっすよ。明日香さんほど完璧な女性はいないっす。考え直してみてはどうっすか?」


明日香「・・・」ドキドキ


レイ「・・・」



十代「翔、剣山・・・。 もう一回言ってみろ。」

翔「え?」

剣山「ザウルス?」

十代「もう1回言ってみろ!!!」

翔「あ、兄貴。」

剣山「ザウルス。」

十代「考え直せだ?ふざけんな!!!」


翔「あ、兄貴。僕は兄貴のことを思って。」

十代「俺のことを思ってだぁ?俺はレイが好きなんだよ。いくらお前らでも次そんなこと言ったら許さないからな。」

剣山「す、すみませんザウルス。」

十代「ザウルスじゃねぇんだよ!!!」

剣山「す、すみません。」

十代「レイはデュエルバカの俺なんかを好きだって言ってくれた子だ。俺はレイを大事にしたい。」

レイ「じゅっ、十代様~~。」ぐすっ

十代「レイを傷つけるやつは絶対に許さない。・・・例えお前らだとしてもだ。」

翔「兄貴・・・」

剣山「兄貴・・・」

十代「レイ、ゴメンな。嫌な思いさせて。行こうか。」

レイ「・・・うん!」ニコッ



明日香「・・・」

明日香「・・・私って最低だわ。」

明日香「翔君や剣山君が考え直せって言った時、私、期待してた。」

明日香「十代がレイちゃんと別れることを。」

明日香「・・・」


明日香「十代にもっと素直になれば良かった。」

明日香「私だって十代のこと大好きなのに・・・。」

明日香「・・・十代。」

万丈目「あ、て、天上院君じゃないか~~。」

明日香「ま、万丈目君。」

万丈目「い、いや~~奇遇だな~~。これも何かの縁だね。ぼ、僕とランチでもどうだい?」

明日香「ごめんなさい万丈目君。今、そんな気分じゃないの。」

万丈目「じゃ、じゃあ、ディナーはどうだい?食堂に新しいメニューが出来たんだって。」

明日香「ごめんなさい・・・」

万丈目「て、天上院君・・・。」



イエロー「もう。1回断られたらしつこく誘わないの。」

万丈目「う、うるさい。」

ごめん。用事が・・・
2時間ぐらい待ってて

十代「やっぱりさ~」

レイ「そうですね~」

三沢「お、十代。聞いたぞ。その子と付き合ってるんだってな。」

十代「まあな。」

三沢「お前、こういう子がタイプなのか?俺に言わせると胸がないってだけでマイナスだ。
   それだけで20点はマイナスだぞ。それに身長も低い。スラッと長い脚もないからマイナス20点。
   まあ顔は悪くないからプラスマイナス0ってことで。
   あと色気がない。これは致命的だ。これはマイナス50点。一番大事なところだからな。
   黒髪ロングってところはプラスしてやろう。プラス20点ってところか。
   100点換算だと30点しかない子と付き合うのか、十代?」

十代「・・・アクア・ドルフィン。」

ドルフィン「ハッ。」

十代「エコーロケーション!!」

三沢「ぐわああああああああああああああ!!」




十代「やっぱりHEROってカッコいいよな。」

レイ「う、うん・・・。」
   

明日香「はぁ・・・」

明日香「(何でもっと早く自分の気持ちに気付けなかったんだろう。)」



ブルー女子1「そう言えば聞いた?十代君、レイちゃんと付き合ってるんだって。」

ブルー女子2「うそーーっ。誰に聞いたの?」

ブルー女子1「ザウルス君が言ってたよ。」

ブルー女子3「私、ちょっと残念だな~。」

ブルー女子2「私も。十代君ってカッコいいから私も狙ってたのに~~。」

ブルー女子1「わかる。デュエルでいつも不利な時に奇跡のドローで勝っちゃうのよね~~。」

ブルー女子3「いつもはバカっぽいけど、デュエルの時は別人ってところがカッコいいのよね~~。」

ブルー女子2「うんうん。」



明日香「(知らなかった・・・。十代ってモテるんだ。)」

明日香「(私だけじゃなかったんだ、十代のことが好きな子って。)」

明日香「(それなのに、心のどこかで十代はモテないからって安心して、いつも一歩踏み出せなかった。)」

明日香「(だから、レイちゃんに先を越されて・・・)」

明日香「はぁ・・・。屋上にでも行こう。」

とぼとぼ

明日香「はぁ・・・」

明日香「十代のくせに・・・。」

明日香「この私が好きだっていうのに・・・。」

明日香「本当バカなやつ。」

明日香「・・・バカなやつ。」じわっ



「でさ~。」


明日香「!! 誰か来た。こんな顔見せられない。隠れよう。」
ササッ

ガチャ

十代「ふ~~。良い風だな、レイ。」

レイ「そうだね、十代様。」


明日香「(じゅっ、十代!!)」

レイ「十代様。はい。」

十代「いつも悪いな。」
カパッ

十代「お~~、エビフライだ~~。」

レイ「十代様、エビフライをすごくおいしそうに食べるからまた入れたんだ。」

十代「ありがとな。いただきま~す。」
パクッ

十代「うめーー。やっぱレイの作ったのは最高だ。」
ガッガッ

レイ「良かった~~。喜んでくれるとすごい嬉しいよ。」

はははははは



明日香「・・・」ぐすっ

十代「ふうっ。ごちそう様。」

レイ「うん。明日は何がいい?」

十代「ハンバーグがいい!」

レイ「ぷっ。十代様、子供みたい。」

十代「だって好きなんだから仕方ないだろ。」

レイ「じゃあ、明日はハンバーグ作ってくるね。」

十代「よっしゃあ!」

レイ「そんなに喜ばなくても」クスッ




明日香「(私だって十代のためならお弁当作るのに。)」

明日香「(・・・何だって作るのに。)」じわっ

十代「そろそろデザートでも食べようかな~~。」

レイ「ご、ごめん。今日はデザート持ってきてないよ。」

十代「俺のデザートって言ったらレイしかいないよ。」
だきっ

レイ「だ、誰か見てたら・・・」

十代「誰もいないよ。」
チュッ

レイ「んっ、んんっ、あ、はぁ。」



明日香「!!」

レイ「じゅっ、十代・・様・・、んっ。」

十代「~~~あ~~可愛いな。」

だきっ


十代「レイ、入れてもいい?」

レイ「・・・うん。」

明日香「(う、嘘でしょ・・。や、やめて・・。)」



十代「いくよ。」



明日香「(やめてぇ!!)」


レイ「あっ、あん。ああん。」

十代「うっ。気持ち良い。」
パンパン

レイ「うっ、うん。はっ、はぁん。ああんっ。」
パンパン

十代「レイ、好きだよ。」
ちゅっ

レイ「わ、私も・・じゅっ・・だい・・様が・・大好・・き・・」
ちゅっ

レイ「十代様・・あんっ・・好き・・世界で・・いち・・ばん・・ああんっ。」



明日香「ううっ。」

十代「レイ、そろそろ。」

レイ「出して・・はっ・・良いよ・・私の・・中・・にっ・・」

十代「で、でも、今日は生だし・・。」

レイ「いいよ・・十代様なら・・十代様の・・子供なら・・生めるよ・・」

十代「レイ・・。で、出る!!」
どぴゅっ

レイ「ああんっ。」


明日香「うう。ううう。」オエッ

明日香「は、はぁ。」ふらっ
がさっ


レイ「十代様。今、物音がしませんでしたか?」

十代「気のせいだって。誰もいないだろ。」

レイ「そうですよね。気にしすぎですね。」


十代「次、何の授業だっけ?」

レイ「次はプロデュエリスト城ノ内さんのデッキ構築講座ですよ。」

十代「マジで?早く行こうぜ。」

レイ「はいっ。」

タタタッ



明日香「はぁ・・はぁ・・。」

明日香「(ダメだわ。立ってられない。)」
どさっ

明日香「(十代・・・。十代・・・。)」ぐすっ

ごめん。
もう寝るわ。
明日の夜頃また来ます。

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2015年02月23日 (月) 13:25:36   ID: 8_MVB5b_

ワロタw明日香最後まで不遇すぎるだろwww

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom