エミ「アイチィ!朝よ!」アイチ「むにゃむにゃ櫂くぅん・・・」(130)

エミ「ちょ・・・ちょっとアイチィ!?」

アイチ「櫂くぅんもう離さないよぉ・・・」ぎゅううっ

エミ「な・・・何やってるのよ/// アイチィ・・・」ぎゅううっ

アイチ「あれー・・・櫂くん・・・ちょっと柔らかくなったー?むにゃむにゃ」

エミ「だ・・・だめっ・・・アイチっ・・・やめてっ///」

アイチ「ん・・・あれ・・・?えっエミ!?」がばっ

エミ「・・・」

アイチ「ご・・・ごめん!寝ぼけてたんだ!!」

エミ「アイチの・・・」

エミ「アイチのバカぁ!!」

カムイ「そんな事したんですか!?お兄さん!?」

アイチ「う・・・うん・・・結局エミは昨日から口を聞いてくれないんだ・・・」

カムイ「当たり前ですよ!櫂と間違えてそんな事したら!!」

アイチ「そうだね・・・やっぱりボク、もう一度謝ってくるよ!」

カムイ「頑張ってください!お兄さん!」

エミの部屋の前

アイチ「え・・・エミ・・・居るかい?」

エミ「・・・・・・何?」

アイチ「昨日はごめん・・・ボク、夢を見てたんだ・・・」

アイチ「櫂くんとイチャイチャする夢」

エミ「・・・」

アイチ「エミを傷つけるつもりじゃ無かったんだ!現実の櫂くんはボクに素っ気ないし・・・夢の中じゃ無いとイチャイチャ出来ないから・・・」

エミ「・・・そんなに櫂くんがいいの・・・?」

アイチ「え?うん!」

アイチ「櫂くんは凄いんだ!ファイトでは絶対に勝つし厨二病だし・・・!昔は優しかったし・・・」

エミ「ねぇ・・・アイチ・・・」

アイチ「ん?」

エミ「私じゃ・・・だめかな・・・?」

アイチ「え?」

エミ「私に・・・櫂くんの代わり・・・出来ないかなっ!?」

アイチ「え!?ど・・・どうしたの!?エミっ」

エミ「私となら夢の中じゃなくてもイチャイチャ出来るよ!?」

エミ「ヴァンガードファイトだってミサキさん以外に負けた事無いし!!」

アイチ「な・・・なにいってるんだよ!エミっ」

エミ「アイチ・・・私ね・・・アイチにイタズラされたのをミサキさんに相談したの・・・」

アイチ「ええっ!?」

ミサキ「そんな事があったんだ・・・」

エミ「私・・・どうしたらいいか分からないよ・・・」

エミ「あのとき・・・怖かったけど・・・それと一緒にアイチにときめいちゃったからっ・・・!」

ミサキ「そう・・・なら分かってるんじゃない?」

エミ「え・・・」

店長「今度はエミちゃんがアイチくんを押し倒せば良いんですよ!」

ミサキ「シンさんは黙って!このドクズ!!」

店長「はい・・・」

アイチ「・・・本当に、エミはボクなんかでいいのかい?」

エミ「・・・」コクッ

アイチ「それに・・・ボクたち兄妹だし・・・」

エミ「・・・そんなの・・・関係無い・・・」

アイチ「・・・エミ・・・」

<ヴァンガァァァァターマシイノオク

アイチ「ごめん、電話だ!え~っと・・・カムイくんから?」

エミ「・・・」

アイチ「もしもし」

カムイ「お兄さん!エミさんとは仲直り出来ましたか!?」

アイチ「え・・・ぁ、う・・・うん・・・」

エミ「・・・」

カムイ「それは良かったです!お兄さん!流石は俺の女神のお兄さんです!」

アイチ「あ・・・あはははは・・・」

カムイ「これからも俺とエミさんの仲を取り持ってくださいね!!」

アイチ「う・・・うん!頑張ろうね・・・」

カムイ「それじゃあまた会いましょう!お兄さん!ばいばーい!!」ツーッツーッツーッ・・・

エミ「・・・」

アイチ「・・・」

アイチ「ね、ねぇエミ。カムイくんじゃだめかな・・・?」

エミ「アイチの・・・」

エミ「アイチのバカぁ!!」

三和「そりゃお前が悪いわ、アイチ」

アイチ「そうですよね・・・でもボクはカムイくんも応援してあげたいし・・・」

アイチ「それに、ボクにはやっぱり・・・櫂くんがいるし・・・」

三和「ま、カムイにはもう許嫁が居るしな」

ミサキ「あんたはエミちゃんのこと、好きじゃないの?」

アイチ「それは好きですけど・・・やっぱり兄妹ですし・・・」

ミサキ「そうやって理由を付けてエミちゃんを傷つけるんだ?」

アイチ「傷つけるってそういうわけじゃ・・・」

ミサキ「あんたが手を出したんでしょ!責任取りな!!」

アイチ「!」びくっ!

ミサキ(アイチ×櫂もいいけどこのままじゃ実現するのは当分先・・・・・・)

ミサキ(でもエミ×アイチなら気が弱いアイチなら叱り続ければきっと折れて)

ミサキ(そしてかわいいもの同士がイチャイチャする・・・)

ミサキ(最高ね)ドバーッ

アイチ「ボクは・・・ボクは・・・どうすれば・・・」

アイチ「こうなったら・・・カードの声を頼りにするしか無い!!」

カムイ「いやー!エミさんとお兄さんの仲が戻って良かった!」

森川「ふん、おいクソガキ!やっぱりお前はガキだな!」

カムイ「んだと!マケミ!」

森川「やんのかクソガキ!」

三和「まーた始まったー」

アイチ「・・・カムイくん・・・ちょっといいですか?」

>>36
抜けてた
カムイ「いやー!エミさんとお兄さんの仲が戻って良かった!」

森川「ふん、おいクソガキ!やっぱりお前はガキだな!」

カムイ「んだと!マケミ!」

森川「コーリンちゃんの方がよっっぽどかわいいぜ!コーリンちゃーん!!」

カムイ「ぷぷっ、そんなババアのどこが良いってんだよ」

森川「ああ!?やんのかクソガキ!」

カムイ「おう!やったろーじゃねーか!」

三和「まーた始まったー」

アイチ「・・・カムイくん・・・ちょっといいですか?」

カムイ「?アイチお兄さん・・・?」

アイチ「カムイくん・・・ボクからひとつお願いがあります・・・」

アイチ「エミから手を引いてくれませんか?」ニコッ

カムイ「え!?お・・・お兄さん何言って・・・」

森川「おっ!流石は我が舎弟!やっぱコーリンちゃんだよな!」

三和「なんかアイチの口調変じゃねえか?」

アイチ「ふふふ、そうですよね。分かってます。そう簡単にカムイくんも手を引けませんよね・・・」

アイチ「ではこうしましょう。ボクとヴァンガードファイトをして負けた方が勝った方の言う事を聞く・・・」

カムイ「わけ分かりませんよ!お兄さん!!」

アイチ「ああ、そういえば実力的にカムイくんはQ4で最弱でしたね」

アイチ「この条件では少々カムイくんが不利でしょう・・・ではボクは・・・」

アイチ「このギャラティン以外のカードでは攻めないようにします」ニコッ

森川「おいおいアイチ!?何言ってんだよ!そこはグレード3だろ!!」

井崎「いや、そういうことじゃねーだろ・・・」

三和「一体どうしちまったんだ・・・アイチのやつ・・・」

カムイ「・・・お兄さん・・・そんな風にオレをみてたんですか・・・」

アイチ「ん?」

カムイ「カードは最弱で妹にまとわりつくお邪魔虫・・・そんな風に見てたんですか!!」

アイチ「うーん、まぁ。だいたいそんな感じですね」ニコッ

カムイ「・・・!!」

カムイ「いいでしょう!やります!お兄さん!」

アイチ「先行はボクが貰いますね。」

アイチ「ギャラティンをコール!」

ギャラティン「ハァッ(沈黙)!!」

三和「早速宣言通りギャラティンを出しやがったな」

アイチ「ターンエンドです。」ニコッ






カムイ「うわああああああっ」

アイチ「ふふ、ボクの勝ちですね。」

井崎「信じられねえ・・・アイチのやつ。ギャラティンだけであのカムイに勝った!?」

三和「なんて引きだよ!?」

アイチ「最初に言った通り、エミからは手を引いて貰いますね。」

カムイ「・・・」

カムイ「く・・・くそーっ!!!」

いきなりG2コールした点は触れてはいけないのだろうか

>>48
ルールわかんない

アイチ「うっ・・・」ヨロッ

ぱふん

ミサキ「大丈夫!?」むぎゅっ

アイチ「だ・・・大丈夫です・・・ミサキさん・・・」ぱふぱふ

ミサキ「そう・・・なんかあんた、変じゃない?」

アイチ「そんな事ありませんよ。ボクは至って普通です」ぱふぱふ

アイチ「ミサキさんも櫂くんくらいの実力ならないと、足でまといになりますから頑張ってくださいね」ぱふぱふ

ミサキ「・・・」

エミ「アイチの・・・バカ・・・ぐすん」

櫂「?・・・お前は・・・アイチの妹・・・?」

エミ「え・・・ここ平日の昼間の公園なのにひとりで何してるんですか・・・櫂さん・・・」

櫂「・・・昼寝だ」

エミ「そうですか」

櫂「・・・お待ちは、何故泣いている・・・?」

エミ「・・・それは・・・」

アイチ「言う必要は無いですよ。エミ。」

エミ「あ、アイチ!?」

櫂「・・・こいつ・・・」

アイチ「櫂くんと一緒だなんてびっくりしましたちょうどボクも櫂くんに用があったんです」

エミ(アイチの口調が・・・?)

櫂「用とは何だ」

アイチ「ボクとヴァンガードファイトをして欲しいんです」ニコッ

櫂「ふん、自分の力で戦わないような奴が俺に勝負を挑むとは」

アイチ「櫂くん。それは間違ってますよ。ボクはみんなと一緒に戦っています。」

アイチ「まあ今それはどうでもいい事です。櫂くん。この勝負、賭けをしませんか?」

櫂「賭けだと?」

アイチ「そうです。ボクが勝ったら櫂くん。君はボクの物になってもらいます。」

アイチ「ボクが負けたら貴方の言う事は全部聞きますよ・・・」

アイチ「まあボクはこのギャラティンでとどめを指す未来が見えているんですが」

櫂「アイチ・・・やはり貴様ヴァンガードのせいでPSYクオリアを・・・」

エミ「PSYクオリアって何?」

櫂「ヴァンガードをし過ぎるとああなる心の病・・・それがPSYクオリアだ!」

エミ「そんな病気が!?」

アイチ「病気ではありませんこれは・・・」

エミ「もしもし?おかーさん?アイチが変!」

アイチ「え?ちょっとエミ?何母さんに電話を・・・」

エミ「こうしてアイチはおかーさんにデッキを取り上げられて正常な中学生に戻りました!
やっぱりカードのやり過ぎはだめだねっ!

アイチ「・・・あ、どうも、レンさん」

レン「お互い・・・病院では大変でしたね」

アイチ「そうですね・・・やっぱカードやり過ぎると変になりますよね」

レン「ええ、ゲーム屋やカードショップの隅っこでカードをやってる連中なんて元々まともな人は居ませんからね(笑)」

アイチ「確かにそうですね(笑)早々に辞めれて良かったです!」

レン「そういえば櫂もそんな人でしたね」

アイチ「最近目が覚めましたよ。全く、ボクには普通に慕ってくれる妹が居るのになんでカードおたくの中二病を追いかけて居たんでしょうか」

レン「まあ若気の至りってやつですよきっと、妹さん。大切にしてあげてください」


アイチ「はい!」

アイチ「じゃあ行こうか、エミ」

エミ「うん!アイチィ」

アイチ「でもエミ、本当にボクなんかで良かったんだよね」

エミ「な・・・何回言わせるのよ///私はアイチィみたいな頼りないけど優しい・・・そんなお兄ちゃんがいいの!」

アイチ「ふふっかわいいなぁエミは」

エミ「そうやってからかわないでよっ///」

ミサキ「・・・カードキャピタルに姿を現さなくなったのは痛いけど・・・」

ミサキ「美しいわね兄妹愛・・・!」

店長「ミサキー!ボクたちも従兄妹同士ですし美しい兄妹愛を・・・」

ミサキ「あんたは兄妹愛より罵られた方が嬉しいんでしょ?」げしっ

店長「仰る通りです」

おわりでいいかな

http://s3.gazo.cc/up/s3_1346.jpg

>>72
エミちゃんの同人誌ってなんでこんなにレイプものばっかりなんだよちくしょう!
アイチやミサキさんとラブラブしてるのかけよくそ!
ZIPでください

>>73
2段目
http://d-ko.1000.tv/taa04/taa04.html

2Pさん戦うの?

>>75
ありがたや

>>77
漫画の2Pさん頑張ってるよ
ブラブレを持って挑んできたマケミちゃんをカイの代わりに叩きのめすし、
シーンは省略されたけどアイチにも勝ってるよ

>>79
アイチどんだけ弱いんだよwwww

アニメの黒化アイチはエミちゃんに負けて兄としてのプライドを失いつつ正気に戻って欲しいわ

アイチ強いのかアニメと性格一緒?
でもたしか漫画版はエミちゃん出ないんだよね

アニメ版櫂くんも昼寝ばっかしてないで構ってやればいいのに

>>75で胸糞悪くなった

カムイ「くそっ・・・お兄さんめ・・・」

カムイ「俺の女神を奪いやがって!!」

三和「まーまー、あれはアイチが病気だったからで」

カムイ「それでもお兄さんはエミさんとイチャイチャしてるなんて許せねえ!」

森川「見苦しいぞクソガキ!エミちゃんはお前みたいなクソガキよりも貧弱なアイチの方が好みなんだよ!」

カムイ「くっ・・・言い返せない・・・」

井崎「もうナギサちゃんとでも付き合えば?」

カムイ「な・・・ナギサだけは嫌だ!!」

三和「お、あそこで歩いてんのエミちゃんじゃねーか?」

カムイ「エミさん!?」

井崎「どこ?」

森川「居た!居た!あれ?でもひとりじゃねーか?」

カムイ「よし!ここは俺様が少し尾行してみるぜ!」

三和「おいおい」

森川「だけどこんな夕方に少女がひとり・・・事件の香りがするぜぇ」

ミサキ「・・・」

森川「おうねーちゃん!ちょっくら尾行してくるぜ!」

ミサキ「ストーカーみたいね」ボソ

カムイ「ち・・・違います!俺は!俺はーっ!」

森川「なんとでも言え!この名探偵森川様が~」

三和「あーあー分かった分かった!」

井崎「はやくしないとみうしなうぞ?」

森川カムイ「それくらいわかってるっつーの!!」

カムイ「・・・」コソコソ

森川「やっぱり怪しいぜ。女の子が夕方にひとりで公園までやってくるなんてよぉ」コソコソ

井崎「しーっ」

三和「つーかここは確か人通りも少ない公園だから不審者も多発してるっていうとこだしな」

カムイ「誰かやってきた!!」

井崎「おっさんみたいだな・・・」

おじさん「フヒヒッ!またボクとファイトしたいんだねぇ・・・」

エミ「き・・・昨日は負けましたけど・・・次は・・・私が勝ちます!」

おじさん「フヒヒッ!健気だねぇ~」

カムイ「あの野郎・・・エミさんに酷いことするつもりだな!!」

森川「あの発言と息遣いは確実に性犯罪者のそれだな!」

三和「どうする?相手は丸腰だけどよ?」

井崎「うーん」



おじさん「フヒヒッ!昨日はパンツを見せて貰っただけだけど、今日はもっとペナルティをかすからねぇエミちゃん!」

エミ「・・・」

おじさん「エミちゃんの色々なところ・・・触らせてもらうよぉ・・・」

エミ「良いから早くやりましょ?」

おじさん「フヒヒッ!」

カムイ「いいか!せーのでいくぞお前ら!」

森川「俺に指図するな!」

三和「おい、ちょっと待てよ!」

三和「なんかエミちゃん・・・違うくねー?」



エミ「どうしました?もうターンエンドですか?」

おじさん(ば・・・馬鹿な・・・ボクはリストバンドにカードを仕込んだり色々してるのに・・・)

おじさん(すべて読まれている!?)

エミ「じゃあ私のターン!ドロー!」

エミ「場のモンスターをシンクロして、氷結界の龍!トリシューラをシンクロ召喚!」

おじさん「罠発動!」

エミ「実はトラップスタンを発動していたの」ニコッ

おじさん「ぐわあああおじさんの手札墓地フィールドのカードがあああああぶひいいいいいいい」

カムイ「な・・・なんだあのカード・・・」

三和「ヴァンガードじゃねえよな・・・」

井崎「しかも普通に勝ってるじゃんエミちゃん」

森川「いやまて!あのおじさんのことだ!きっと今から犯罪行為をするはずだ!」



おじさん「ふひひ・・・負けたよ・・・おじさんの負け・・・」

エミ「ありがとうございました!」

おじさん「いや、こんな気持ち悪いおじさんと勝負する為にこんな公園まで来てくれるエミちゃんの方が凄い感謝だよ」

おじさん「そしてノコノコひとりでここにやってきた無防備さにもねぇ!!」ばっ

森川「いまだ!」

「だあっ!!」

おじさん「ふひ!?」

森川「捕まえたぜ!このっ!」

カムイ「おとなしくしやがれ!」

三和「っと・・・すぐ捕まったな」

井崎「だな」

エミ「みなさん?」

カムイ「エミさん!助けに来ましたよ!」

ピロリロリン♪
「はーい、ばっちり撮れましたね」

おじさん「ふ・・・ふひ・・・?」

アイチ「あーあ、おじさんこんな映像取られちゃったらもう世間に顔向けできませんね?」

おじさん「な・・・な・・・カメラ・・・!?」

アイチ「そういうことです。人様の妹のパンツみたり襲ったりする不審者。僕はそういうの許せないです」ニコッ

井崎「あ・・・アイチ・・・?」
三和「再発してんじゃねーか!」

アイチ「お久しぶりです。三和くんたち、それに」

アイチ「まだエミを付け狙ってたんですか。カムイくん」

カムイ「・・・」ぎりっ

おじさん「一体・・・おじさんをどうするつもりふひ・・・っ」

アイチ「やだなぁ、おじさん・・・」

アイチ「これをネタにして貴方から色々搾り取るだけですよ」

アイチ「資産をね」

カムイ「おい!お兄さん!いや!先導アイチ!!」

アイチ「?」

カムイ「勝負しやがれ!」

アイチ「・・・どうして今更君と勝負なんかしないといけないのかな?」

カムイ「うるせえ!だいたいこれはやり過ぎだ!!」

カムイ「こんな奴から搾り取る時点で間違ってるんだよ!」


眠い後は任せた

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom