監督役「名も無き聖杯戦争を運営する」 その3 (1000)

              ,r,===-、
     _       //    `ヾ;
   ./ ._`>、-r=- 、__l.l,r-、   リ

   /   _(_)-'、/  /ミ=-=へ`ヽ、
   i _,(_)-'ヽ/  /    `ヾ、 .',
   V(_)-' i ,'  ,'        `ヽ,
   |,イ. l .ヽl  .l             l
   _.Y、 ヽ、l  .l/l/l/l/l/l/l/l/l/l/}        よくあるFateの安価スレ。
 /:::::::ト、ヽ,.l  .| ーr-、_   t-イ.リ|
 ヽ:::::::::Y⌒'.j  .| .|::::l   l::::::| l l        聖杯戦争の監督役をやります。
  ヽ;:::::j .、j l .iリ. ',_ノ   ヽノ )l

   `ーイ`ー,l .l           , イ/        今回は他のスレと設定を共有したお祭り企画のはずでした。
     |:::::::'イ`フー-ryry-イ ./リ
     ` ̄´ ./::〈::::)-、,r|::Y|

         .フ::::::f::::l全l:::l:|
          ,r/:::::::::Vノ-、r',:`ヽ、
      ./:/==--}l| _,イヽ;::::\
    /;;;;;;;´;`;^;^;^;l|´゛| | |:::::::::>,

    /ノVVVV,f-/VvVvl,イVVVVV`
         .し'      'J

前スレ
監督役「名も無き聖杯戦争を運営する」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1379252600/)
監督役「名も無き聖杯戦争を運営する」 その2 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1380386553/)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1381508454


建て乙!

前スレ>>1000
Yu-zyoのカードくるか

前スレ>>1000
その手があったか!
確かにチーム・サティスファクションも三人居るし丁度いいな

                 ___...、
                 _,/:.:.:.:.:.:.:.ヽー‐ュ
               ,.イ:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.L.__   僕のターン、ドロー。メインまで。
              j:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
              /:.:.:.:/:.: /:.:.:.:.: /Vヘ:.:.:l.:.:.:ハ レインボー・フィッシュを攻撃表示。
          イ:.:.:.:.:.:.:.〈:.:.:./:./ `"´}:.:〉:.:.:.:ヘ

          く:.:.:.:./:./ノ):ハ:.)  /:.;ハ:.:.:.:トゝ さらに僕はヘルモスの爪を発動!
           ):.イ:.〈ハリ≧、(   ,)斗ト:.γ
          ノハ/こハ)込) )   込)ヽハリ  場のモンスター1体を装備魔法化する!
               ∨(       、  /
              |ゝト  、___´  /
            ノ从 ヽ      /      僕が対象に選ぶのは 下三
              __|  >  イ        1.ガンテツ 2.レインボー・フィッシュ
               _r┘:.:. ̄ ̄`|||´|
       _.,..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ー:.:-.:.:.:.|||:イ¨:...、 _
   ,. <´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}}}.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.ー...、 _

   /.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:l:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.,
. /.:.:.:.:.:.:.:.: ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:l:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.: i
. ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨ / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:l:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.;.:.:.:.l
.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:l:l:.:.:.:.:r――ュ !/.:.:.:.:.l
;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:l:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|':.:.:.:.:.:.l

/何故fateスレでオリカの効果に悩むのか……

トリ忘れてた。

ksk

2

2.レインボー・フィッシュ

     /::ノ ::::::: /::/:::::::: /_l ::::::廴     /::彡´ ヽ:::::::: }:::::::::::{、::::::: (
     `¨/ ::::::::::::::/ :::::: 〈   `ヽ;::: /    ヽ::: 〉_ ,,_  人::::::::::::ヽ::::::::::: 〉   レインボー・フィッシュはタイドオーバーの残した滝を昇り
.      /::::::::: / :::::ヽ、_::::ヽ -- l::/`.     ´〉/  _  ̄` `ヽ:::::: /:::: /    
     `ヽ,::::::::::::::: 〈  }:ソzZ:≧{’_      /´ zZ三≧x   /:::: /:::::::{     新たな竜として天に上る……!
       Ⅴ:::::::::::::::ヽ/《 ⊃:i:::/ `     ´ ⊃:i:::/  》 ./ハ::/ヽル′
.         }ハ:::rヽ:::: /  ` `¨¨´.     /l    `¨¨´  ´   .// l
.          j ヘl {:∨: : .       / :|           /′ |       ヘルモスの爪により、レインボー・フィッシュを装備魔法化!
            | ヘ:{ : : :       ヽ::::l           / / /
.          ヘ  `: : :  r-____ __ _ ノ,     /  ./
           ヽ  ',: :   l` v ー… - ― v /     /  /
            ハ、_、: . ヽ、___ _ ,彡 ’   /イ¨´

               }::.. : .     ー―      /::::}

                       l`l
                       | |
                       | |
                       | |
                       | |
                       | |         天潮環 アーク・ブレイドを、ガチガチガンテツに装備!
                       |::|
                  ___|:::|_        ガチガチガンテツを攻撃表示に変更!

                    i/ヘ/////////≧、
                  ,x≦//////////////≧、
           _.,r≦////∨//////////////∧  (ガチガチガンテツ:500→800)

              (///∨////////////////////∧、
           ヽ-─、/////-/// ̄`ヽ、//////ヘ___

                    |////!//!´!::::::::|:::::::|¨ヽ////////
               ////ヘ!//! | :::::::|:::::::|  .∨、///∧__     バトル! ガチガチガンテツでダイレクトアタック!
             //!///∧/|〉|:::::::::|:::::::|   !/!ヽ/////ヘ、
            ´  ∨//!//! | ::::::::|:::::::|   |/| |///////∧   ミスターT(7400→6600)
                 ヽ/ソ.!/! |::::::::::|:::::::|.   ,!/| |////////∧
                      ¨ !/!.| :::::::::|:::::: |. ///! !////!`l////!
                      /;/ | ::::::::::|::::::::| //!/!〉!//// |///∧  僕はこれでターンエンド!
                  |/! .|  ̄ ̄|  ̄ | ' !/| |///リ  !////∧
                  !/ .|    .|   | ///.|////  |//////〉
                   |    |.  .|./// ////.  |/////リ

                     |.     |.   |// ////l.   |/////リ  オレイカルコス探索組の帰還判定
                       |      |   |/ ////リ    !/////|  1~4:来るよ
                   |..    |.    | /////|   |/////   5~9:来ないよ
                      |       |    |/////|.   |///∧  
                      /     |    ∨///!|  /////ノ  
                 /.       |     .∨//リ // ̄ ̄     直後コンマ
                   /        |      ∨/ /′        闇の共鳴-1 帰還中-1 裏面世界(コンマ一桁目と二桁目を比較し、小さい方のコンマを用いる)

ksk

oh

闇の壁を突き破って、三人の男が戻ってくる。
僕と相手の周りをぐるぐる回りながら、男たちは声を重ねながら話しだした。


       , --- 、_    , --- 、_  , --- 、_  
      /ミミミヾヾヽ、_ ミミミヾヾヽ、_ ミヾヾヽ、_     よよよくやった私しし
   ∠ヾヾヾヾヾヾjj┴彡ニヾヾヾヾjj┴彡ニヾヾjj┴彡ニヽ

  / , -ー‐'"´´´    ヾ.三ヽ‐'"´   ヾ.三ヽ   ヾ.三ヽ  こここれよりオレイカルコスの力をわたそううう
  ,' /            ヾ三ヽ     ヾ三ヽ   ヾ三ヽ
  j |             / }ミ i     ./ }ミ i  .../ }ミ  受け取れ。
  | |              / /ミ  !      / /ミ  !   / /ミ 
  } | r、          l ゙iミ __」    l ゙iミ __」  l ゙iミ     受け取れ。
  |]ムヽ、_    __∠二、__,ィ|/ ィ }__∠二、__,ィ|/ ィ }二、__,ィ|

  |    ̄`ミl==r'´     / |lぅ lj'     / |lぅ lj..  / |l         受け取れ。
  「!ヽ、_____j ヽ、_  -'  レ'r'/、_  -'  レ'r'/  -'  
   `!     j  ヽ        j_ノ..ヽ     .. j_ノ    .. j
   ',    ヽァ_ '┘     ,i.ァ_ '┘     .,i      .,i      『オレイカルコスの結界!!!』
    ヽ  ___'...__   i   ハ_...__   i.   ハ_   i.   ハ.. 
     ヽ ゙二二 `  ,' //八二.`  .,' // 八 .,' // 八,'
      ヽ        /'´   / ヽ   /'´   / ヽ/'´   / ヽ'´
      |ヽ、__, '´ /   /   \'´ /   /   \   /   \ 


三人の男が青い宝石を手渡せば、相手のデッキが光り輝く。

                            /ミミミヾヾヽ、_
                         ∠ヾヾヾヾヾヾjj┴彡ニヽ

                        / , -ー‐'"´´´    ヾ.三ヽ   ご苦労、私。
                        ,' /            ヾ三ヽ
                        j |             / }ミ i  では私のターン、ドロー。
                        | |              / /ミ  !
                        } | r、          l ゙iミ __」  スタンバイ、メイン。
                        |]ムヽ、_    __∠二、__,ィ|/ ィ }

                        |    ̄`ミl==r'´     / |lぅ lj  私は手札より……
                        「!ヽ、_____j ヽ、_  -'  レ'r'/
                        `!     j  ヽ        j_ノ    フィールド魔法、オレイカルコスの結界を発動!
              ,.-、             ',    ヽァ_ '┘     ,i
     ,.-、.,_      /  l!            ヽ  ___'...__   i   ハ
     /  ヾ`'''‐-、. ゙、  .l!          ヽ ゙二二 `  ,' // 八
     ヽ、   \ノ_,.,ヽ.l   ヽ          ヽ      /'´  / ヽ
   _,,,..r‐゙ヽ、  ヽ‐'゙ /`  ゙、             |ヽ、__, '´ /,. ''゙:::;:-'" フ\
-‐'''"_,,.、-‐'''"\.__ノ  l.     ゙,           |  ,、 ''"‐''"´,.-''"   /   〉
‐'''"´   ヽ、.   ゙ヽ、  '、    ノ          >:::::::::::;::-'''゙    /   /::::
       〈`ヽ、.   `ヽ.  、/           /"゙、r''"     ./   /:::::::
      /! _ ``''‐、._,ノ-、.l         _,.z'゙/,.., ´     /   /:::::::::

問題ない。オレイカルコスは負けフラグだ

           , --- 、_
          /ミミミヾヾヽ、_      
       ∠ヾヾヾヾヾヾjj┴彡ニヽ

      / , -ー‐'"´´´    ヾ.三ヽ   魔法カード、悪夢再び。     
      ,' /            ヾ三ヽ
      j |             / }ミ i  墓地より暗躍のドルイド・ドリュースとアンブラル・アンフォームを選択して手札に加える。
      | |              / /ミ  !
      } | r、          l ゙iミ __」  パチパチ パチパチパチパチ パチッパチッパチッ
      |]ムヽ、_    __∠二、__,ィ|/ ィ }                                              パチパチ

      |    ̄`ミl==r'´     / |lぅ lj 私は……    パチパチ パチパチ パチパチ
      「!ヽ、_____j ヽ、_  -'  レ'r'/                                       パチ
       `!     j  ヽ        j_ノ  パチ
       ',    ヽァ_ '┘     ,i                           パチパチ                              パチパチ
        ヽ  ___'...__   i   ハ   
         ヽ ゙二二 `  ,' / λ   テキスト確認します。その装備魔法見せてください。   パチパチ
         入        /  / |ヽパチ
      _,./|   ヽ、__, '.. ‐''´   ./  \、    パチ
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=< ̄     /    | `'''‐- 、.._   ……1ターンに1度、相手の効果・攻撃宣言にチェーンして装備モンスターと装備魔法を除外。
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _      パチ
      _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i   フィールドのカード1枚にレインボーカウンターを乗せ、そのカードは効果の発動・攻撃宣言が不能。
.     |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」パチ                                                       パチ
      l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.| i´|.ー‐' | / |    |. !   l  レインボーカウンターの乗ったカードを手札に戻し、フィールドに帰還する……か。     パチパチ
.     l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;                                             パチ
     l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //  なかなか強力な効果だが、この状況で恐れることはないな。          パチパチ
       l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.!│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7
        l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7   パチパチ
.      l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/   私は暗躍のドルイド・ドリュースを召喚し、墓地のアンブラル・グールを蘇生。
.       l |:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   /ヽ::: `:::    ::::  ....::..../

       , --- 、_
      /ミミミヾヾヽ、_
   ∠ヾヾヾヾヾヾjj┴彡ニヽ    チェーンは無いか。そうだろうな。

  / , -ー‐'"´´´    ヾ.三ヽ
  ,' /            ヾ三ヽ  そのカードは、効果の発動に反応し、以降の効果発動を封じるのみ。
  j |             / }ミ i
  | |              / /ミ  ! 複数のカードを並べてのコンボは止められるが、1枚1枚で攻めていく
  } | r、          l ゙iミ __」
  |]ムヽ、_    __∠二、__,ィ|/ ィ } 私のようなデッキに対してそう強力な効果ではない。

  |    ̄`ミl==r'´     / |lぅ lj
  「!ヽ、_____j ヽ、_  -'  レ'r'/  私は2体のモンスターでオーバーレイ・ユニットを構築。 
   `!     j  ヽ        j_ノ
   ',    ヽァ_ '┘     ,i
    ヽ  ___'...__   i   ハ__
     ヽ ゙二二 `  ,' // 八    直後コンマ
      ヽ        /'´   / ヽ   1~3:ホープ
      |ヽ、__, '´ /   /   \  4~6:パール
                       7~9:エメラル

ほい

       , --- 、_
      /ミミミヾヾヽ、_
   ∠ヾヾヾヾヾヾjj┴彡ニヽ   私はダイガスタ・エメラルをエクシーズ召喚。

  / , -ー‐'"´´´    ヾ.三ヽ
  ,' /            ヾ三ヽ バトルだ。ダイガスタ・エメラルで
  j |             / }ミ i
  | |              / /ミ  ! ガチガチガンテツを攻撃。
  } | r、          l ゙iミ __」 
  |]ムヽ、_    __∠二、__,ィ|/ ィ } 
  |    ̄`ミl==r'´     / |lぅ lj
  「!ヽ、_____j ヽ、_  -'  レ'r'/
   `!     j  ヽ        j_ノ
   ',    ヽァ_ '┘     ,i
    ヽ  ___'...__   i   ハ__
     ヽ ゙二二 `  ,' // 八
      ヽ        /'´   / ヽ
      |ヽ、__, '´ /   /   \


::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: {三三三三l :::∧::::::::::::: ∧:::::::::::〉   (勝った……)
:::::::/ ::::::::: | :::::::::: / ::::::::::::i::::::::::::/ 三三三 ノ::::::: 〉::::::::::::::::::〉::::::/
: : ::::::::::::::: | ::::::: /::::::::::::::: |:::::::::〈 三三三 /::::::: 人::::::::::::/:::::::/
:::::::::::::::::: .ノ:::::: /::::: ノ::::::::::i :::::::::::>三 三ヽ::::〈 ヘ::::::::/:::::::::人    僕はアーク・ブレイドの効果を発動。
:::::::::::::::: / ::::: / ::: / :::::::::人::::::::〈三三三三,|::::::〉―ヽ::{:::::: <:::::::ヽ
:::::::::::::::/ :::::::/::::: ノ -= - - `_:::ヽ三´`三´}:::/-=- }::Ⅴ:::: 〉\:}  エメラルにカウンターを乗せ、

::::/´ ヽ、 ノ:::::::〈´ ヽ::::}   ヽ::/      レ≦Zz、 :::/:::::::/  /′
::::l 「 \}::ヽ::::::::: 〉 ,.≦三Zz、 }’      ´¨っ:::「 》 |:::::/     今後の攻撃宣言と効果発動を封じる。
::::|丨   `ヽ{ヽ::/ ヘ `つ:::/`     -=- `三´  lハ/
. \ \ ヽ  }7   ゛`三彡´     -=三=-     .   
 }ハ::\ ー  )三=-             〉    /
.  }/ ヽ¨´}:lム,三=-            /     イ         これでガチガチガンテツはフィールドから消えた。 
       八:::| ヘ三=-    { rz 、__ ,    ,  ’
.        Ⅵ  \三=-  ` ー… ´   /            だがエメラルの攻撃は止まらない!
      「´ヘ    ≧ュ.、    -=-   /
.       |: : : \     ≧ュ.、    ィヘ
.       |: : : : ::`≧ュ __ _ _ー._Lノl\            僕は護封剣の騎士の効果を発動!
    /  ̄l 、: : : : : : : : : : : : :|:::l:::| ̄     |  `ー
斗七´.   \: : : : : : : : : : : : :|:::l:::|       l             相手の直接攻撃時、このカードを特殊召喚し
         `ミ、...: : : : : : :|:::l:::|     ノ
           `ミ 、 : : : |:::l:::|   /               攻撃モンスターが攻撃力2400以下なら破壊する。
              ` : : :}:::}:::}彡´                 
                                       エメラルの攻撃力は2300。破壊する!


/ホープだったらワカメ死んでた。
/ミスターTにホープは合わないから、と思って補正つけなくて良かった……

/あ、間違えた。カウンターはオレイカルコスの結界に乗せないと剣帰還できなくなってしまう。

         ,.-=== 、__
       ∠ミミヾj┴彡ゝ
      ,/ ,-ー'"   ヾヨ、  くっ……。

      |/        /7ミ!
      }|r、       l ゙iミ」  私はこれでターンエンド。  
      |]ム    _∠ニ,_ィト}
      ト、 ̄ ミl=r"  _/ |hj
      `!  ̄ j ,」 ̄  jr'

       丶 ,_`;..__  i ハ_
        ヽ ゙ー‐ ` ; /"八
         lヽ,_, /// \

ワカメドロー
1~3:今欲しいのはこれじゃない
4~6:このまま押し切る!
7~9:これで終わりだ!

直後コンマ
精霊の加護+5 むしろ何引いても勝てそう+5 闇の波動-6 オレイカルコスの結界-3
裏面世界(コンマ一桁目と二桁目を比較し、小さい方のコンマを用いる)

ほい

我々の勝利だ…!

素晴らしい!

や、やっと終わったか……

やったか!?

              ,. -‐ 、.  /  ̄`~`''‐ 、
                /     `'           `'‐、
           /                   `‐、
           /                           \
        , '                          \
         /     !                       \
      /  l   !                 |          i  貴様、俺をデッキに入れておきながら
.     / ,' │ l                     l  !    |   │
     / /./ | │     l          、   | | |  ,' | .l  !  罠カードがほとんど入っていないではないか。
.    / / /l ! :l  |  |  |           \   !|l | /  | |   ! 
    / / ./ ! | l  l  |  | ヽ. ヽ\ \ ヽ. ヽ. |│/ヽ| ! l !  なんとも愚かしいデッキ構築。これでは俺まで低く見られる。
   `'''‐'、| l ヽ. ヽ.ヽ.  !   l\\`‐、ヽ、\ヽ.| レ'/ヽヽl ! !
.       `‐、| 、ト、__\:、 ヽ. l  トーz、-‐ラ''フヽ!|!/_,ゝヽ }. |│  
         \ヽl\`ー'ヽ、\ヽ ∨ー`‐←'  ||!-、-、 /! |│   俺をデッキに入れたのだから、貴様は勝たねばならん。
             ヽト. ´ ̄ジヽN` -ゝ        |!  リ /|.| | |
             !   \          _iー< | |.| | |       
           |\.   \    r‐==''''ヲ     |    ̄`~` ''''‐'- 、  
         |   `'' ー-ヽ、   V r'-‐:/    .|          |  そこで、俺の力を活かせるカードを用意してやった。
            |      :::::`‐、 `ー- '   ./|     , -.、    |
         |         :::::`‐、    /  .|   { {lll}}   f{!  身の程に合わぬ幸せ、感謝して頭をたれるがいい。可燃ゴミ。
      _,,. 、-‐''|        :::::::::`エ´-─ー|   `'ー'    ゞ'´
        ヽ`''ー-       :::::::::: |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         /

                   __
                 /:::::::::::ヽ   僕のターン、ドロー。ふ、ふふふ……。
            ___ノ;;;::::::::::::::::::ヽ
                |:::::::::::::/;;;:::::::::::::::ヽ::::::\_  スタンバイ、メイン。
           ト|::::|:::::::;;;;;;:::::::::ヽ:::::ヽ::::::::::ヽ、
           |:|:::j:::::::|ヾY''´):::::)::::::::):::::ハ::j  僕はレジェンド・オブ・ハートを発動。このカードは、オレイカルコスの結界が存在する時

              j:|:::{:::::::ヽ  (::::(::(ヾ::从ミ:::ヽ
           |:{:::::ヽ::::人  )イィt7ハノ/^i:::ヾ  フィールドの戦士族モンスター1体を墓地に送り、ライフを1000払って発動する。
              `ト(::::::j:::汽ソ ゝ'  ¨    /::/
             (''ソヽ`¨ ,        ハ;) 
                     ',.   r-ヲ   / .l)   自分の場に、ヘルモス・クリティウス・ティマイオスを特殊召喚する!
                  丶、  ̄ /  |、  
                    |`==.´-一゙゙:.:t_
        _____,,-一'.:.:.:.:.:|:l:|:.:.:.r.yヽ:.:.:`ー───、
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:l:|:./ / /ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
      /.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|f Y / / ,ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|

      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|
      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)     j.:.:.:.:.:..::..:.:.:.:.:.:.:.:.|

                  __
                /:.:.:.'⌒ヽ

               /.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:\     ふん。
              〃:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:\
               //:〃:i:.:.、:.:.:\ヽ:.:.:.∨   オレイカルコスの結界などで
                \〈l:.:.l:.:、:ヽ:.ト、ヘ:}_:.:.′
                 `{Vヒセト、.:.fセテ/}/    我が栄光のロードを閉ざすことはできん。
                   _ `ヘ   iヽ /<:|
              |>-{:ト、 ‐ /| ̄`ヽ

              |   ト= 二==|  {_)|       -=─
      「>‐ 、__,f=┴ r|:::::::::___::|____L_  <     /
      ∨ O    |i /||:::::::∧ l<           ィチ /
      人        ∨:::: |l:::::/:::|i C    O ,イ≧=‐<   x=ァ    X=フ
 { ̄ヽ  <::::∨ O    :il:::::::::|i_/::::::|i         /:::::::::::: _ノ  //   / /
  `ヽ、\ >∨   Oil::::::::_><:::::::|iO     O /:::::::::::::::: フ//   / /
    \\}:::∧ 0  i|:::::::|///|::::|i      /::::::::>二ヽ/   / /
  {ヽ  \{|ニハ     il:::::::|///|::://      ヌ::::/  ,イ ̄\_ / /      / \
  ヽ ヽ /_::::::::::i  ol!:::::::|///|://O    //  \/::::::/ ̄ヽ_/      .//  \
    \∨/ニ 、|   ji:::::::::: ̄:::/′      /      \/ r─‐ヘ        //      \   クリティウス(2800)
     /::::: ̄ヽ_|   〃:::::::::::::::〃      ′      ∨/:__:::::ヽ    //____∧}
     /::::::::::::::::イ 0/ :::::::::::::::: |iO     ,        ...<У>ヽ ̄ヽ,  //      / ,
     _L::::‐彡//  /::::::::::::::::::::::|i      |  ,.イ   Y  |_/ 7/Y ヘハ //____/  ′
   /::::::::::::::://  /:::___:::::::::|i  /ヘ ,|_/ /     | У厶仆‐く::::/__∨/       / ∨
    l::::::::::::: // 0/ ̄| |<-、| ̄|i  , - 、   /.    //////ニ!::::::トー/____/ ∨
  / ̄ `ヽ,/  /_ .!   (__,|_|i//   `<.     }≧ z 升|__|::::::∨       / ∨

            ,r 、
        /   \
.        /      \
.       , /       \
       f}Y        /
      ,' /        /             、      _,.、. -、
, _     ,' /         /            ト、.ヽ` ‐-‐' ´   ` ミ、    俺、参上!
ヽ、丶 / /        /             | `ヽ       `ヽ 乂
  ヽ Y /   ,.-、   ,/             |. |  `、 、-、 _`二≧` ミヽ、_
   ! / /__,/  ,i、  ,/             / | |l ト、`ヾィ叨ヘ! ,〉`-、ヾ´ 俺達が特殊召喚に成功したとき!
.  ∨ ,/   / .i ,/              ヽ. |! .liミ戈j→ヽ i´ム、\`ゝ
.  / r'  _,.-´   _レ.i,/               ヽハ、l!ヽヘ、-=' / |'|::∨`ゝ
.  \!  !  -‐ '´   ,∨               ハ‐-..`_!;| `iイ ト.」'|:::::∨`
    \ヽ 〈 〈 `Y-ノ_             r、/::::l::::::、‐┴!-i┴-∨ ̄¨┴‐-...,ri
     \       'ヽA`丶、         ,/::::\::l:::::::ヽ/´ -‐'´∨:::::::::::::::::::::/!
      \     }/:::::::::::`丶、  _,...-:'´:::::::::::::::::}::::::::|      /:::::::::::::::::::::/:|7   ヘルモス(2800)
        {ヽ.   /:::::::::::::::::::::::::`´::::::::::::::::::::::::;‐ヘ!::::::::|       /:::::::::::::::::::∠-<_
          ! \._/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;‐'´  ∨:::::!     ,/:::::::::::::::::/:::::::Y   r、rヘ、
        ∨ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;‐'´     |::::::| ,.二_¨/:::::::::::::::::∧:::::::::::|  ,!、j'‐ 〉

         ´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ¨´  ┌..、   j>:|´   〈::::::::::::::::/  V:::::::::〉.-{、{   〉
                           |:::::::`:‐/::::::」    ∨::::::::::/   V::::/:::::f{ {、._ /
                    ,.-'´ ̄ ¨ ─┴─,=イ‐7 ̄  _    ∨:、 ̄ヌ    V::::::::::!、-/
              ,.-'´           / /7,. ‐ '´      V:::\ ̄、:―.Y::==--`
              ∠´---―‐- 、 _  ,/´}/ Y         <:::::::::\:::::`丶:、_/´
                      ` '   '    |  /    ,. - |::::::::::::::\::::::::::::::;>
                            | ∠ -‐ ´   !:::::::::::::::::::;>::::://
                              /     、 ___ !:::::::::::://:::/、/
                           ,.「`丶、._____|:::::;⊿ ∨/
                        ,.-'´:::::::\:::::::{::::::::::;.-:´|/::::!> .´

                       ,.-'´:::::::::::::::::::::\_|≦´::::::::::::::::::::::!
                    ,.-'´::::::::::::::::::::::::::::;.-'´  ̄';::::::::::::::::::::::::|

          / :..:::::::::::::::::::::::.. ハ              |       ̄ ─  __
`..丶 、     / .::::::::::::::::::::::::::::::.. ハ              |               ̄ ─  __
:::::::::::::::`.丶、/ .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ハ              |                      ̄l
::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::x::::::::::::::::::::::::::..ハ.           |                        l   オレイカルコスの結界を
:::::::::::::::::::::::::::::::/ ∨ ヽ∧:::::::::::::::::::. ー─────‐!                    l
:::::::::::::::::::::::::::::/  /  /  i::::::::::::::::::;;:::::::::::::::::::::::::::::::::: !                     l    耐性を無視して破壊する!
::::::::::::___|〃/〃/ / !::::::;イ//_,ィ:::::::::::::::::::::  /!                      l
:::::::::/   r──' _/,〃ト.|/ /_/ 〃/::::::::::::::::::  ,.' !                       l
::::::/    j | ̄ ̄___|``''ー;  ,ス_   ` 、:::::::. /  :|                       l
::::/   イ川 |lll / >、.     / ,人_  ̄`i V:: /   :!                   l  ティマイオス(2800)
:/ ,/::::|  |  |/ん i`i、  /イrイ ハ   ,  Y´     |                   l
 .:':::::::::::|  |  || ヒソ !   |fチハ!/::ハ   ',  ',`丶、.  |                    l
'>  ::::::|  |  |ー‐--    !`ー j{::::::ハ   ',  i::::  ,.>:!                      l
`丶、::::::|  |  ├‐ァ     ゝ ̄ ,!::::::::ハ  ム !‐''´  │                      l
   `i´|  |  |》/ /ニ7  / _,.- '"', i ',│     :!               _     !
.    | ヘ ハ.  ! ト、 `ー' ,.∠:: ==≧   ', ! Ⅴ    │            /f  ∨  l
─一 "`ti i、i  !_|-f=チ´   /》 /    Ⅴ       :|              / 、.   j   !
  `丶、 ∨ ヽ ゝ ̄ アz― '》∠___          |              i  `   ∨ !
   ̄ ̄ ̄`、.    /_>、     ∠           r───x───‐┬{       ',┘
          `丶、 i/////∧  / ハ        /      \      |  、.      ∨
        ____,>=、///∧. /  ハ.      ,. 、 /          \.  /   i       ∨
           /     ̄ ̄ ̄ ア万万アア´  `丶、ヽ        ヽ'´ ` ー‐|       ∨
 、       /        ////// i       `丶、       i      !       ∨
 ̄\                  //////    |          ',      |   /         V
ヽ   \            //////   ,イ \         ',      |  /           i
 `、.  \           //////    i !   ` t、      ',    _! /           |
  `、    \        i/////i     i !  `ー'´ `、     Y     }               /

オレイコルカスは確か破壊されたら負ける効果があったはず……

     /::ノ ::::::: /::/:::::::: /_l ::::::廴     /::彡´ ヽ:::::::: }:::::::::::{、::::::: (
     `¨/ ::::::::::::::/ :::::: 〈   `ヽ;::: /    ヽ::: 〉_ ,,_  人::::::::::::ヽ::::::::::: 〉
.      /::::::::: / :::::ヽ、_::::ヽ -- l::/`.     ´〉/  _  ̄` `ヽ:::::: /:::: /
     `ヽ,::::::::::::::: 〈  }:ソzZ:≧{’_      /´ zZ三≧x   /:::: /:::::::{    バトルフェイズ!
       Ⅴ:::::::::::::::ヽ/《 ⊃:i:::/ `     ´ ⊃:i:::/  》 ./ハ::/ヽル′
.         }ハ:::rヽ:::: /  ` `¨¨´.     /l    `¨¨´  ´   .// l     三体で攻撃すれば、7200ダメージ。
.          j ヘl {:∨: : .       / :|           /′ |
            | ヘ:{ : : :       ヽ::::l           / / /
.          ヘ  `: : :  r-____ __ _ ノ,     /  ./       これで終わりだァ!
           ヽ  ',: :   l` v ー… - ― v /     /  /
            ハ、_、: . ヽ、___ _ ,彡 ’   /イ¨´

               }::.. : .     ー―      /::::}

       , --- 、_
      /ミミミヾヾヽ、_
   ∠ヾヾヾヾヾヾjj┴彡ニヽ

  / , -ー‐'"´´´    ヾ.三ヽ
  ,' /            ヾ三ヽ
  j |             / }ミ i    待て。
  | |              / /ミ  !
  } | r、          l ゙iミ __」   お前は知りたいとは思わないか。 
  |]ムヽ、_    __∠二、__,ィ|/ ィ }  
  |    ̄`ミl==r'´     / |lぅ lj
  「!ヽ、_____j ヽ、_  -'  レ'r'/    お前の出生の秘密。
   `!     j  ヽ        j_ノ
   ',    ヽァ_ '┘     ,i      何故お前が、死線の蒼としての力も
    ヽ  ___'...__   i   ハ__
     ヽ ゙二二 `  ,' // 八    そして聖杯の器としての力も発揮できないのか……!
      ヽ        /'´   / ヽ
      |ヽ、__, '´ /   /   \


どうしようか 下三

1.しねぇ! 2.気になる……! 3.そのほかなんでも

1

1

知るかぁぁああ!! そんな事よりも、お前を倒して食糧を奪い取る!

僕は僕だ!
貴様は消えろ!

オレイカルコスの結界
フィールド魔法
このカードは無効にならず、破壊および除外することもできない。
自分フィールド上のモンスターは攻撃力が500ポイントアップする。
自分は魔法・罠ゾーンに後衛モンスターを置くことができる。
自分フィールド上に前衛モンスターが存在する限り、後衛モンスターを攻撃することはできない。
この結界の中でデュエルに敗北したデュエリストは勝者に魂を奪われる。

原作のオレイカルコスって確かこんなだったはず。
フィールド離れて負けになるのは蛇神ゲーの方。

舞が発動した結界が外部からのパンチで壊れても舞死ななかった。

           /: : :/ : : : : : : : :/´_`ヘ|: : : :/}: : :/  1≧- ― -l: Ⅳヘ.     }: : : l: : : :{    | : : : : : : : : : : : : : :
            l: : ∧: : : : : : /, '゜  ヽ.|: : :/ .l: :./   {´       ヘ: }ヽヘ,  /: : :/{: :/.     .l: : : : : : : : : : : : : :
           Ⅵ{ l: : : : Ⅳ ./_ }´ /.l: :/  l: /   . ∧      }'  i1ヘ {: : : {/:/     / : : : : : : : : : : : : : :
            `ヘ Ⅵ: : ::{ _   -/ }/   _}/    }\   o    }'∧\_/Ⅳ    _ノ: : : : : : : : : : : : : : : :
.               Ⅵ: :ヘ ゚. ̄,  /  _三      .ミ`¨ -= - ´  〈: :∧:{    .}: : : : : : : : : : : : : : : : : :
               /:/: : :∧ l  }    _三        -=≦三彡´  }/ }'    _ノ : : : : : : : , : : : : : : : : : :
             -_彡’: : : : : { `ヽ´     _三: :                /      ,}ハ: : : : : /: : : : : : : : : : :}
              /: /: : : : :.人 _l    _=三: : :     _,-             ≧=- 、,}: : : : : : : : : : : : : : : :.∨
.             l: /: : : : : :///   _=三::: : : :  ./ \_          .1{    ー=ヽ彡´ .}: : : : /: : : : : : :∧
              Ⅵ: : : :/  /{.   U三::: : : : :  .l\__   \       丶 j;{∧。     i!   ,': : : _: : : : : : ∧{
             _Ⅵ:/     .∧   _三ニ::: : : : : . |   `ヽ 、\        寸、   _7 /: : : :{/: : : : Ⅳ `
 \_        /  }/      .//∧   三::: : : :   l.    < \ \       寸≧- /: : ∧: : : : : : :/
.   \  ̄\/   三\      //∧  三: : : :    Ⅵ    ヘ \ \_,,        .'}: : : ∨: : : , ' ´
       /         、.     //∧  三: : :.     Ⅵ     l  ∧/´        . ' \: : : : Ⅳ
        、         \    /// 、 三      `寸 、.  l,  ´         人   }: : :∧{
        \           、   ///∧ ニ           寸_/       u  <     ヘ〔
          、           \.  ///∧=                 .  ゚          `
          \              、///// 、            .  ´
            、            \///// \    .  ´}'
              、           ,\//   ー ´
               \.          /:::::::≧- 、       しねぇ! 三体のモンスターでダイレクトアタック!
               \      /:::::::::/ /
.                  \.  /::::::::/ ./

       , --- 、_
      /ミミミヾヾヽ、_
   ∠ヾヾヾヾヾヾjj┴彡ニヽ

  / , -ー‐'"´´´    ヾ.三ヽ
  ,' /            ヾ三ヽ
  j |             / }ミ i   別の闇に依ることで
  | |              / /ミ  !
  } | r、          l ゙iミ __」   私の精神干渉を無効化したのか……!? 
  |]ムヽ、_    __∠二、__,ィ|/ ィ }  
  |    ̄`ミl==r'´     / |lぅ lj
  「!ヽ、_____j ヽ、_  -'  レ'r'/   これが、混沌の使者……!
   `!     j  ヽ        j_ノ
   ',    ヽァ_ '┘     ,i
    ヽ  ___'...__   i   ハ__    う、ぐわああああああッ
     ヽ ゙二二 `  ,' // 八
      ヽ        /'´   / ヽ
      |ヽ、__, '´ /   /   \

直後コンマ
1~3:ミスターTのカードはミスターTが死んだら消えるよ
4~6:ワカメは混沌の力でミスターTから食料になるカードを奪うよ
7~9:ワカメは混沌の力でミスターTのカードをまとめて奪うよ

ナムサン!

闇から生まれたカードじゃ腹壊すかもしれんし(震え声)

なんだこの食運のなさは

::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: {三三三三l :::∧::::::::::::: ∧:::::::::::〉
:::::::/ ::::::::: | :::::::::: / ::::::::::::i::::::::::::/ 三三三 ノ::::::: 〉::::::::::::::::::〉::::::/
: : ::::::::::::::: | ::::::: /::::::::::::::: |:::::::::〈 三三三 /::::::: 人::::::::::::/:::::::/  お、おい。食糧は置いてけよ。
:::::::::::::::::: .ノ:::::: /::::: ノ::::::::::i :::::::::::>三 三ヽ::::〈 ヘ::::::::/:::::::::人
:::::::::::::::: / ::::: / ::: / :::::::::人::::::::〈三三三三,|::::::〉―ヽ::{:::::: <:::::::ヽ 待て、なんだよ急に消えるなよ。
:::::::::::::::/ :::::::/::::: ノ -= - - `_:::ヽ三´`三´}:::/-=- }::Ⅴ:::: 〉\:}

::::/´ ヽ、 ノ:::::::〈´ ヽ::::}   ヽ::/      レ≦Zz、 :::/:::::::/  /′
::::l 「 \}::ヽ::::::::: 〉 ,.≦三Zz、 }’      ´¨っ:::「 》 |:::::/  
::::|丨   `ヽ{ヽ::/ ヘ `つ:::/`     -=- `三´  lハ/
. \ \ ヽ  }7   ゛`三彡´     -=三=-     .     ああ、そうか、そのカードの山が戦利品……あっ。
 }ハ::\ ー  )三=-             〉    /
.  }/ ヽ¨´}:lム,三=-            /     イ
       八:::| ヘ三=-    { rz 、__ ,    ,  ’
.        Ⅵ  \三=-  ` ー… ´   /
      「´ヘ    ≧ュ.、    -=-   /
.       |: : : \     ≧ュ.、    ィヘ
.       |: : : : ::`≧ュ __ _ _ー._Lノl\
    /  ̄l 、: : : : : : : : : : : : :|:::l:::| ̄     |  `ー
斗七´.   \: : : : : : : : : : : : :|:::l:::|       l
         `ミ、...: : : : : : :|:::l:::|     ノ
           `ミ 、 : : : |:::l:::|   /
              ` : : :}:::}:::}彡´


男は黒い霧に姿を変えたかと思うと、霧が集まって真っ黒いカードに変わっていく。
だがワカメがそのカードに手を伸ばすと、全てのカードが闇の中に消えてしまう。

あっ(察し)

                      _二__   __   直接争っては不利か。では我々は人間界でオレイカルコスの力を使い
                  ,-‐ー''"´、:::::::,-'"´:::::::::`‐、  闇の拡大によって力を蓄えていくとしよう……。
       ,、-‐ー-''"´`‐、   /::-‐ー、:::::ヽ/:::::::::::::::::::::::::::ヽ      ,、-‐ー‐- 、
    ,、-'´::::::::ミ/:::::::::::::::::>'´:::::::::::::::\:/⌒``‐:::::::::::::::::::::',   ,.-'´:::::::::::::::::::::::``‐、   さらばだ、混沌の担い手よ。
  //,-''"´``:::::::::::::::::::/:::::::::::::ヽ::::::::ミ,-''"´`` ‐、:::::::::::::::::', /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ

 /:::/::/::::/::::ミ/:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ヽヽ::i::::,-''"´ヽ:::ヽ:::::ミ::::::l/;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',  そして、いずれまた闇の中で会おう。
./::::l::::(:::::l,-''"ヽ、::::::::::::::l::::::::,-‐ー-、::::::,-‐ー、;;;;;;;;ミ',:::::ヽ:三≡l;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l

l:::::::l:/l"ヽ:\.__  ``‐-、::l::::/     `'       :l::::::l::::::::::::l;;;;;:;:;:;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
!:::::::l l  `‐、三三二=-ヽl::l              l::ノ:::::::::,-、;;;;;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:;:l
l::::::::l l    `‐-``>._  l:|              ヽ:::::::/ ヘ.',;;;;:;:;:::::::::::::ヽ:::::::::::::::_,、-_:l
.',:::::::ヽ_ヽ、   ,、-'´;;;;;;;ヽ'´:l           _   ヽ::l くヽ l;;:;:::::-''二ニ=-、::::::i,-''";;;;;',:l
 ',:::::ヽヽ;;;;)-(;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ __l     ::   ,、-''";;;;;;;;;ヽ  レ l ノ l;;:::::::`(;;;;;;;;;;;;;;;ノ-ー、;;;;;;;;;;;;ノ
  `‐、._;;;;‐、_ ヽ、___,、'´  ヽ;;;;;;;``‐-i-ー(;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ       ノ;;;;;;:;:;::::ヽ、;;;;;;ノ::::::::::`‐- '´:l
    ',     丶      `‐、;;;;;;;ノ  ヽ、;;;;;;,、-'´     7l;;;;;;:;:;:;:;::::::::::::(_::::::::::::::)::::::;:;l
    ヽ  ` '"       ,',       、        l /;;;;',;;;;;:;:;:;:;:;:::::::::::::``‐''´::::::::;:;l
     \ -=ニ=ー    / ',   (   _ヽ       //;;;;;;;;;ヽ;;;:;:;:;:;:::::::-=ニ三ニ=-:::/
       \` "´   /   ',             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;:;:;:;:;::::::::::::::;;;;;;::::::::/、
        丶.__,、-'´    ,、-.', -ニ=二ニ=ー   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/\:;:;::::::::::::::::::::::::/;;;;;\
         l      /,-''"´ヽ ` ニニ '´   /;;;;;;;;;;;;;;;;;,、-'´;;;;;;;;;;ヽ‐、._;;;;;;;;;;;;ノ;;;;;;;;;;;;;;ヽ
           l    //    .ノ',      /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;ノ;;;;;;;;l;;;;ヽ;;;;;;;
         l  //  ,、-‐'´;;;;;; `‐--ー '´/;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ ゝ;;;;;;l;;;;;;ヽ;;;

         ノ!-'´;/   ``];;;;;;;;;;;;/l    /;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l  lヽ;;;;l;;;;;;;;;;;;
        /;;;;;;;;;;;l     /;;;;;;/;;;;;;;;;l   /;;;;;;;;;;/;;;;;,、-''"´ ̄ ̄``‐、;;;;;;;;;;;;;;l--l;;;ヽ;l;;;;;;;;;;
       /;;;;;;;;;;;;;/   /;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;`‐'/;;;;;;;;;/;;;;;,-'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;l ヽ;;;;;;l;;;;;;;;;
      /;;;;;;;;;;;;;;;/  ,-';;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;/;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;l  ',;;;;;;l;;;;;;;;
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;/  l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;/;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',;;;;;;;;;l  ヽ;;;l;;;;;;;;

男たちが闇の中に溶け込んでいく。黒い服、サングラス、髪。
体の黒い部分が闇に混じって境界が分からなくなり、気付くとそこには誰もいなくなっている。

一人ずつ闇の中に消えて行き、最後の一人が消えた途端に周囲を覆っていた闇が消えた。

戦いが終わったのに安心して肩をなでおろした途端、男が背後から襲い掛かってくる。

                            /ミミミヾヾヽ、_
                         ∠ヾヾヾヾヾヾjj┴彡ニヽ

                        / , -ー‐'"´´´    ヾ.三ヽ
                        ,' /            ヾ三ヽ
                        j |             / }ミ i
                        | |              / /ミ  !
                        } | r、          l ゙iミ __」  油断したな?
                        |]ムヽ、_    __∠二、__,ィ|/ ィ }

                        |    ̄`ミl==r'´     / |lぅ lj
                        「!ヽ、_____j ヽ、_  -'  レ'r'/
                        `!     j  ヽ        j_ノ
              ,.-、             ',    ヽァ_ '┘     ,i
     ,.-、.,_      /  l!            ヽ  ___'...__   i   ハ
     /  ヾ`'''‐-、. ゙、  .l!          ヽ ゙二二 `  ,' // 八
     ヽ、   \ノ_,.,ヽ.l   ヽ          ヽ      /'´  / ヽ
   _,,,..r‐゙ヽ、  ヽ‐'゙ /`  ゙、             |ヽ、__, '´ /,. ''゙:::;:-'" フ\
-‐'''"_,,.、-‐'''"\.__ノ  l.     ゙,           |  ,、 ''"‐''"´,.-''"   /   〉
‐'''"´   ヽ、.   ゙ヽ、  '、    ノ          >:::::::::::;::-'''゙    /   /::::
       〈`ヽ、.   `ヽ.  、/           /"゙、r''"     ./   /:::::::
      /! _ ``''‐、._,ノ-、.l         _,.z'゙/,.., ´     /   /:::::::::

                       _   ,r '´ ,ィ:::7 /
           ,.イ¨i   .ム_,r=-‐_'ノ ,r',イ_/::::::/ /
          / .i i  r'´ ´ ,r'ラ //::::::::::::::/ /    そうはさせないよ!
         ,ィ'TjTi__/  _j      ///:::::::::::::,ィ/ィ/
      /_, ヽ/ノ / ̄7`ヽ_,ィヘ {:::::::::>'´ / /  ̄ ‐ --  _

      /ヽしフX/r' /rっ/ヽヘ_」 ヘ{}:_// ./___ ̄、ヽ、::::¬‐- ,r‐
   //‐‐‐/、/‐} `ー/ ∧}ヘ }ニ} 「´ノ´ ./  ______ ヘ-、ヽ:r'´/

    i i   irヘニi- }_//ノ フ /、_}7≧} .ナニヘヽ マ:::`ヽヽくゝ、く
    i i   iiノ.{ ヽ}_{三ノ ノ`Y ;乂ソ ;乂ソ i ./:::::/フヽ、 ``
   i i ̄ i i 乂ヽ_ _ ィ‐'ヽ,Y /__,r'  i__   / 〃´`i‐-.....__ヽ- _
   i i  i i   7-----' ヘ、ハ  `__  ` ̄´ し} /:::>‐'´-‐‐'´
   i i ̄ i i   {        >、 `゙´    __、_r‐' <´
   i i  i i    \        > 、_ ,ィ} .} ` <´¨
   i i ̄ i i     .\          `i‐〈   /
   ヽ\ i i       \         ヘ i ̄`ヽ
     \i_|         }`ヽ、      ヘi   ヘ
                i i//7-、     i    }
                i i////i`ヽ    i   _}
               i ;'//// i  ヘ   _」‐'´/

                 i i/////j    ̄     /
               i i/////i'        i

だが男が拳を振るおうとしたときには、既にティマイオスが現れて盾を構えていた。
男は首を左右に振りながら苦笑し、また消えていった……。

【三日目・午後 終了】

これで帰れるか…?

日が暮れてきた。今から海に入ると、迷ってしまうかもしれない。

夕陽が雲を染め上げる。風が雲を細く薄く伸ばしていき、薄紅の帯が空に伸びていく。
闇の尖兵と戦ったあとだというのに、レミューリアの夕暮れは今日も変わらない。

それどころか、オレイカルコスの力が持ち出され、抱えていた闇が無くなったこの都は
昨日より綺麗になっているようにも思える。



                     /::\,,__
                 ┌ーヽi::::::::::::::::::ヽ ̄`',
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',    ……。
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
               ノ::/::/:/:::!:::::∧∧:::::::::::::::::i、:::\

               / /:/::/::::i:::::/   }:::):::ヘ::::ヘ::ヾヽ
               { {:く;;{:::∧:(   (:::(ヽ:::::):::ヾ::} }
                ヘ::)::)ノ¬))   ):)フ::ハ::::):/
                 {ヘ!:(丁;;jゝ   ´「;;;j厂レ!iヘ    【三日目・夜 自由行動】
                   {∧   ̄       ̄  / ソ
                 ゝヘ      '       /ノ     なにをしようか 下三
                   リヘ  ´  ̄`  /!!′
                   \|\ __ / |/!      1.伝説の竜と話す 2.カエルと話す 3.シーラカンスと話す

                   ┌‐┴─rr─‐‐┴!      4.食糧探索 5.カード探索 6.ほかなんでも
         ___ _____r=┤: : : : : |||: : : : : ├、,,

        /: : : :: : : : : : : : : : : : : : : : 〃/: : : : : : : : :`:ー:-:.:.、,,,__
        /: : : : :: : : : : : : : : : : : : : : :i ! |: : : : : : : : : : : : : : : : :: : :`ヽ
        /: : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : i ! i: : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : ',
        /: : : : : : ;;: : : : : : : : : : : : : : i | i: : : :r=====ュ: : : :;;: : : : : : i
       /: : : : :;: : ;;: : : : : : : : : : : : : : i | i: : : : : : : : : : : : : : : ;; : : : : : : i
      /: : : : : ;: : :;; : : : : : : : : : : : : : i l l: : : : : : : : : : : : : : : ;;: : : : : : : |

4

食糧探索

4

                   __
                 /:::::::::::ヽ
            ___ノ;;;::::::::::::::::::ヽ
                |:::::::::::::/;;;:::::::::::::::ヽ::::::\_    なんとしても見つけ出すんだ……!
           ト|::::|:::::::;;;;;;:::::::::ヽ:::::ヽ::::::::::ヽ、
           |:|:::j:::::::|ヾY''´):::::)::::::::):::::ハ::j   食料を……!

              j:|:::{:::::::ヽ  (::::(::(ヾ::从ミ:::ヽ
           |:{:::::ヽ::::人  )イィt7ハノ/^i:::ヾ
              `ト(::::::j:::汽ソ ゝ'  ¨    /::/
             (''ソヽ`¨ ,        ハ;)
                     ',.   r-ヲ   / .l)
                  丶、  ̄ /  |、
                    |`==.´-一゙゙:.:t_
        _____,,-一'.:.:.:.:.:|:l:|:.:.:.r.yヽ:.:.:`ー───、  直後コンマ
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:l:|:./ / /ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ   1~4:頑張って! 僕達も応援するよ!
      /.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|f Y / / ,ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|   5~6:見苦しいにも程がある。俺の前でみじめな発言をするな。

      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|    7~9:何言ってるんだ! 早く帰ってダークネスの使徒と戦わなきゃ!
      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)     j.:.:.:.:.:..::..:.:.:.:.:.:.:.:.|

ほい

ほい

これは低くて正解か

あれだけ頑張って戦利品無しかよちくしょおおおお
オレイカルコスも簡単に奪取されたし戦略的にも敗北じゃん

      .,_         /  !:::::::ヘ ∨ ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
.      ヽ`  、    i  iヘ!::::::::::ヘ. /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
.         ヘ  、` 、.! i!:::::iヘ:::::::::`::::::::::::::/ !::::::/l::::::::::::::::::::::::::::::/  ./
          ヘ ヾ:..、 i.、! ヾi  ヾ::::::::::::::/   .!/  .!::::::::::::::::::::::::::/  ./
         ヘ  ヾ::::'! .!  i.  !ヾ、::::::/      !    l:::::::::::::::::::::::/.   ' ´  頑張って!
.          ヘ  ヘ:::! l.  !  .!  iヘ::! .!     i    l::::::::::::::::::::/-‐ /_,..
           ヘ_ヘ!/ /r‐ ´  l.、l:!/i.     !   .!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        ,. '´-‐ ´,..ィ ヽ r‐ '  ̄ ̄ !   .i    !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::   僕達も応援するよ!
    -=ニ ´__i´ ,. '´   _∧.!   ,. -‐i    l、  ヾ::::::::::::::::::::::::::::::;:.
        '.  i    ,イ ヽ ヾ、   ,. ⌒i    ヽ    ヾ:::::::::::::::::::/ ,.
         ',. i    l !γハ    /γ´:::\     \   ` ー- く.,_ ¨ヽ
         ', '.   !l. {::! l!    i {::r'¨ヘ:::iヽ、     ヽ、_____
          ', !  lム乂ソ!    ! !:弋ノ:::;!  ` 、   `ヾ、:::::::::::::::;:.  そうだなあ。お城や神殿、居住区あたりなら
           ∨  .,! ゝ-ノ     ゝ=- ' ,!_    i::>‐ ...,_  ヾ、_,.. -
            i   /   〈      ー ´     /' / 〉 ノ/::`> 、ヽ、 食料が保存されてるんじゃないかな?
             ! ./.! 、                   r'  ,..ィ_´-――-`- 、
.            l. / l. ヽ、 マ ア       ,. イ>‐「、
          l/ヘ !.   \       ,. < .,.イ:::::::::}::ヘ          あとは、郊外のカード製造器で
            '..l    rヘ:≧= <´  _,. イ:::::::::::::/:::::::ヘ
             l!   l::::ヘ:くУ=::rァ:::::::::::::::::::;:イ::::::::::::ヘ         食べられるカードを作ってみるのもいいと思うよ。
                 !     !:::::/{{}}!`¨ヽi::::::::;: イ::::::::::::::::::::::ヘ
                      〉:::\{{}}:!/!ヾ<;::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
                 ヾ:::i::::{{}}::r:'´::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ       どれも、まだ残っているか分からないけどね。
                      i::!::::{{}}::ヾ:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ

            _____
        /:::::::::::::::::::::::::::ゝ、
     ......::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ::ヽ    同情するなら、食べ物をくれ。
    〈:::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::ヽ::::::::::::::ミヽ

      >;;:::::::::::::::ヽ:::::ヾ::::::|ミ::::::::::::::::::::ヽ、
    .〈:::::|:::::::f:::::::::;;''')::::人::ハミ:::::::::::::::::从
     i:::|::::::::トミ''   〈::::{ /}::L ミ::y-ミ::ヽ
     |::|::::::::::::::ヽ   ):)fイ:丁 ソr}k ):| )
     |::|::::::::::Y}::|__  ~  ¨´     Y/:::l        どこを探そうか?  下三
     { ヾ:::::::::t k夕         r':::::jゝ
         ̄ゝ(ヘ  <   _     ヾリ   1.広く浅く二回目 2.城二回目 3.神殿下二回目 4.海溝ビル群三回目
       (    ヽ  ´     /   ヽ
               > 、___/---──ゝ.  5.羽ばたき飛行機械 6.レミューリア郊外 7.遠洋 8.他どこでも
             z-≠─- 、   ヽ へ─--ヘ
          |      \    `    ゝ、

          |        \         \
          |         \         \
          |                     \
          |           イ          }

          f\   ノ       ヘ          }   今日はここまで。
          {  \イィ´ ̄      ヘ         }   ツンデレ海馬の非常食授与すらもらえないのか……。

6

7

遠洋で何を探すんだ……

レインボーフィッシュとかって食べれないの?

ジェノサイドキングサーモンは無いのか!

シンジはシーラカンスにまたがり、海の果てへの旅に出た。

日は落ちて周囲は闇に包まれる。これでは陸地を見つけることも難しいかもしれない。

         r::::::::::::::::::彡´:::::::::::::::::::ゝr-ー- - 、
          l:::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::)    どこか遠くへ行こう。
      __ノ:::::::::::::::::\:::::::::::::::\:::::::::::::::\:::::::〈
     r´::::::::::ゞ::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::\::::::::::::::::ゝ、`ヽ、  飲み水があって、ご飯があって、
     ',::::::::ゞ、:::ヽ::::::::::::::::::\:::::::::::::::\::::::::::::::::}:::::::::ヾ
     r::l:::::::ヽ人 (::::::::ハ、::::::人::::::::::::::):::::::::::::::):::::::::::::)  それから、それから
    (:::j:::::::::l   `ヽ:(  ノ.ヽ::) `ヽ:::::ハ::::::::,___、::::::::::/:l
    .):i:::::::/     ):)´-ー´、  .ソ {::::/ rk.ヽ::::::/::::l  パンとかジュースとかコンビニとかもある
    ノ:ノ:::::::lー - 、:::::::::::{ 0   }    .ン rlk 〉:/:::::::l
   {::::l::::::::::l斗ー.:::::::::::::::ミニ 彡       .Yノ /リ::::::::::l  そんな場所を探すんだ……。  
   `ゝト(:::::l::{ 0 }:::::::::::::::::::::::::    U      ./:::::::::::::::l
     (::::::::/:::ミ 彡   ,::   __        γ´Y:h:::::::::l
     ゞツ  l  __,,,,,--=''-‐''''ゝ        /  {:l ゝ:::ソ、
         ':, \''(′  _,,-)       ,:'      li : :\. _     __
          ゝ、`ー===-‐''′    /     /.: : : : :/: : :>-ー・´: : : : :   
            ' .、        /    /: : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :,:    1~3:駄目だ、陸地がない

               >、 _  ._/    / : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : :/::    4~6:見えたぞ、陸地だ!
             /: : : : : : : : : : \__./.: : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : :/: : :    7~9:これはいったい……?
           /: : : : : : : : : : : : : : : :ll: : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : :/: : : ::

          /: : : : : : : : : : : : : :≪≫ll: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :/: : : : :    直後コンマ
                                                  飢え-1 夜-2

ほい

(アカン)

また沈むのか……

     ,  -ー〃- 彡-ソヽ
    ん ゚ )) XXX    3  駄目だシンジ、陸地がない……!
    ` ー-爪;;_ヲ z-~`_ノ

     __,l'''''‐-.,_ ___
 _,,r‐'''´:.:.:';.:.:.:.:.:.:`'´:.:. ̄''ヽ、
 `i,;,;.:':.:.:.:.:,:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:く    くそっ、お前もっと静かに泳げ。
 ,/',;,;,;,;',;/.:.;.':.l:ヾ,r''7:.:.;.:.:.:.:,;,;`、
ム7:,/:.:.:,iヾ,;,<´`''''7:,;.:.i;,:.:.:,;,;,;,;,`  揺れて酔うんだよ!
 く;レ!;r',r-ゝV_  _!.:i;.:.iヾ,;.:,;,;r'´
.r'´、ト! ' ,f。 ,!   レ'--'、i'i,;,i,;,ヽ
.i  ! ヽ`ー'    f。 ,! ,! レ';,r''''’
. `ーl        `ー'っ ,!''<   そもそも近くに陸地がないなら先にいえよ。

   `、  `ー‐‐‐‐ 、   /  ,ノ
     `i、  ̄''‐---' _,,./--'’   なんで誰も言ってくれないんだよ!?
     `Y`ー--‐‐i7’
    i´ ̄ ̄ll ̄''‐┐
    ''''''''''''''''‐‐-- !


直後コンマ
1~3:シンジは疲れすぎて倒れた
4~6:バブルマンと遭遇
7~9:イケメンなシンジは潮の流れなどから周囲の地形を推理
飢え-1

ほい

イケメンな慎二だと……こいつ偽物じゃ?

やった!
さすがワカメ、漂うのは御家芸だな!

                       __ ゞ,.....、_
                      /::::::^:::::::::::::::::::::ミ、  この海域の潮流の流れはシミュレーション済み。
                    r´:::::::::i:::::::::::ヘ:::::::ゝ::::ゝ

                    ノ:/::::i::::r.ハ、::::):::ヘ::::i:::::l 今日の風と合わせて考えれば
                     /:/::::::h::)  }::::(:::::::)::l::::::l
                   {::l::::::::ノ)ノ   ゞミハ::::;;;;;::.l 周囲の地形はある程度予測可能……!
                   ヘソ(.丁;;jゝ   .「;;;jノ{yソソ
                       弋i. ̄      ̄ iノ  
                      ハ   ___'__,   .仆 、__
                        >\ _  ̄´ /}: : : : : :`ヽ、
                      /: : : :ゝ::≧≦il::ノ : : : : : : : :ハ
                       /: : : : : : : : : : : :lil: : : : : : : : : : : :.ヘ
                      /: : : : : : : : : : : : : ::lil: : : : : : : : :i: : :: : ヘ
                 ゞ: : : : : : : : : : : : : :.lil: : : :伝彡::l: : : : : : ヘ、

                 {: : ミ、: : : : : : : : : : :..lil: : : : : : : :ト: : : : : : : :>、_              ___
                /: : : : : : : : : : : : : : : : :lil: : : : : : :/ \: : : : : : : :: : >、_        .{ r´⊃
   {ヽ,  r 、        ./: : : : : : i: : : : : : : : : : : lil: : : : : : l    <: : : : : : : : : : : : : :≧ュ__/ {/ ⊃
  .く/ノ / /          /: : : : : : :ハ: : : : : : : : : : :.lil: : : : : : l       ><: : : : : : : : : : ::{{::::l  彡./
   くゝ/ /≧ュー--z_.ノ: : : : : : ./ .l: : : : : : : : : : :.lil: : : : : : }           ><: : : : : : :{{::.:l___ノ
    >、_ノ } .}: : : : : : : : : : ::./  { : : : : : : : : : : lil: : : : : : ヘ           ><、ノノ:ノ/
     \_/ノノ: : : : : : : : : : :/  /: : : : : : : : : : :..lil.: : : : : : :.ヘ                    ̄´゛
        ̄`・ー- - - - --´ ./: : : : : : : : : : : :.:lil: : : : : : : : ヘ

                     /: : : : : : : : : : : : :,'lil',: : : : : : : : ヘ    ワカメは……   下三
                  /: : : : : : : : : : : : : :lil;;lil: : : : : : : : :ノ
                  く: : : : : : : : : : : : : :.lil;;;;lil: : : : : : : :/    1.まだ見ぬ新天地を目指した
                  7\: : : : : : : : : : ::lil;;;;;;lil: : : : ::/:ハ

                  /: : : Tーz___lil;;;;;;;;lilーT´: : : :.ハ   2.神殿に戻った
                  /: : : /: : : : : : : ::/ ̄`ヽ: : : : :l: : : : : :ハ
                                           3.潜った

                                           4.他、自由

シーラカンス! ひでん技のダイビングを使え!

3

さて、戻っても明日はおそらく飢えでほとんど動けない!
どうしよう

: ::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|.ヽ:::::/∧:::::::Ⅴ:::::::〈:::::::::::\
::::::::::::::::/::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::lミム///∧:::::::ヽ::::::∧:::::::::::::{
:::::::::::/::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|fヽ,レ ″ |:::::::::::l::::::::∧:::::::::::ヽ
:::::::/:::::::::::l::::::::::::::ト::::::::::::::|::::::::|i       l:::::::::∧::::::::∧::::::::/{    帰ろう、シーラカンス。
.:::/:::::::::::::::}:::::::::::::l::|::::::::::::l:::::::∧    ノ::::::::::/:::::::::/::/::::/
::::::::::::::::::::ノ:::::::::::/::.l::::::::::/|:::::::::::ヽ   `ヽ::::/:::::::::/::::/:::::::::{
::::::::::::::::::/:::::::::./::::ノ.:::::::/::l:::::::::/     }::::〉´ ̄`::::{:∧::〈     あの暖かな寝床へ……。

:::::::_:::::l:::::::::/::{〈:::::::::/― - 〈      孑/≧z,  〉/:::::〉:::〉
::::/_弋:::::{:::{::::|¨\ ≧ ヒミ 、丶     /| ̄l / /:::::::::/::::}  
. l |  .ヽ::::ヽヽ,{ ィ匕「.  ̄l ` }′     つ_ノ  |:{人〈::::/    そして明日から頑張ろうぜ。
.人 、   \{ヽ } ヽ、 つ ノ        `¨¨´  l/  ヽ}ヘ    
ヽ、\ヽ、 〈 }′  `¨¨´        し        ´
  \::::ヽ、_ 人              /    /
   〉/`ヽヒl: :ム、       ___ ′  /

   { ハ   }八: : ム      ヽ、   ノ   ′
   `   ´狂. : : : 〉.、     ` ̄ ´ /
       | ム、  : : : `≧ュ、     /l
      l   `t ュ _: : : : : : `≧ - .イl,ム_
    ≦´        ̄ `l:::l:::「 ̄ ̄  .|   ̄
  孑´   |          |:::l:::|      l  /
´       ヽ _         |:::l:::|     //
          ゛'' ..,     |:::l:::|  孑
             ゛'' ..,}::l:::ト 、_

             ̄`¨≦}::l::}≧¨´ ̄
                     |:::l:::|´

     ,  -ー〃- 彡-ソヽ
    ん ゚ )) XXX    3  私はいつも冷たい水の中で眠っているのだが……。
    ` ー-爪;;_ヲ z-~`_ノ   お前は一体何をしにここまで出てきたんだ。

                   __
                 /:::::::::::ヽ
            ___ノ;;;::::::::::::::::::ヽ     夜の闇、冷える身体。
                |:::::::::::::/;;;:::::::::::::::ヽ::::::\_
           ト|::::|:::::::;;;;;;:::::::::ヽ:::::ヽ::::::::::ヽ、  もし戻ることができなければ死んでしまうかもしれない。
           |:|:::j:::::::|ヾY''´):::::)::::::::):::::ハ::j

              j:|:::{:::::::ヽ  (::::(::(ヾ::从ミ:::ヽ
           |:{:::::ヽ::::人  )イィt7ハノ/^i:::ヾ
              `ト(::::::j:::汽ソ ゝ'  ¨    /::/  この危機感が僕の力を引き出すんだ。
             (''ソヽ`¨ ,        ハ;)
                     ',.   r-ヲ   / .l)   ほら、周囲の地形予測とかもできたし。
                  丶、  ̄ /  |、
                    |`==.´-一゙゙:.:t_ 別に血迷って失敗したわけじゃないんだからな!
        _____,,-一'.:.:.:.:.:|:l:|:.:.:.r.yヽ:.:.:`ー───、
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:l:|:./ / /ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
      /.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|f Y / / ,ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|

      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|
      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)     j.:.:.:.:.:..::..:.:.:.:.:.:.:.:.|

【精霊界・忘却の都 三日目終了】

飢餓度判定 (現在:23 合計値が15を超えると体調が悪くなり、30で本格的に体力が奪われ、50を超えると死にます)

直後コンマ一桁
水さえ無い+5 闇との戦い+2

ほい

一か八か潜って調べたほうがよかったんじゃ…
何のために遠出したのか…

そろそろ食わんとマジで死ぬ

[ピーーー]ば戻れるって甘く見てるのかもな

飢餓度+9 = 32

              ,r,===-、
     _       //    `ヾ;
   ./ ._`>、-r=- 、__l.l,r-、   リ  食糧探しは

   /   _(_)-'、/  /ミ=-=へ`ヽ、
   i _,(_)-'ヽ/  /    `ヾ、 .',   デュエルより遥かにコンマ緩かった気がするのだが
   V(_)-' i ,'  ,'        `ヽ,
   |,イ. l .ヽl  .l             l  何故ワカメは何も食べられないのか……。
   _.Y、 ヽ、l  .l/l/l/l/l/l/l/l/l/l/}
 /:::::::ト、ヽ,.l  .| ーr-、_   t-イ.リ|
 ヽ:::::::::Y⌒'.j  .| .|::::l   l::::::| l l
  ヽ;:::::j .、j l .iリ. ',_ノ   ヽノ )l  では人間界の方のイベント判定

   `ーイ`ー,l .l           , イ/
     |:::::::'イ`フー-ryry-イ ./リ   1~3:特に何事も無いよ
     ` ̄´ ./::〈::::)-、,r|::Y|      4~6:てぃひひひひ!

         .フ::::::f::::l全l:::l:|      7~9:だぁーくねぇーす!
          ,r/:::::::::Vノ-、r',:`ヽ、
      ./:/==--}l| _,イヽ;::::\    直後コンマ
    /;;;;;;;´;`;^;^;^;l|´゛| | |:::::::::>,

    /ノVVVV,f-/VvVvl,イVVVVV`
         .し'      'J

oh

ksk

ほい

ぜろーん

特殊キター

これ聖杯戦争だよなww

           , --- 、_
          /ミミミヾヾヽ、_        誓いは既に。
       ∠ヾヾヾヾヾヾjj┴彡ニヽ

      / , -ー‐'"´´´    ヾ.三ヽ
      ,' /            ヾ三ヽ    我は常夜総ての善に依る者
      j |             / }ミ i
      | |              / /ミ  !
      } | r、          l ゙iミ __」   我は常夜総ての悪を生む者。
      |]ムヽ、_    __∠二、__,ィ|/ ィ }

      |    ̄`ミl==r'´     / |lぅ lj
      「!ヽ、_____j ヽ、_  -'  レ'r'/    汝三大の言霊を纏う七天
       `!     j  ヽ        j_ノ
       ',    ヽァ_ '┘     ,i
        ヽ  ___'...__   i   ハ      宿紙の底より来たれ、天秤の砕き手よ
         ヽ ゙二二 `  ,' / λ
         入        /  / |ヽ   
      _,./|   ヽ、__, '.. ‐''´   ./  \、
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=< ̄     /    | `'''‐- 、.._
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _
      _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i
.     |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」
      l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.| i´|.ー‐' | / |    |. !   l
.     l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
     l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
       l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.!│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7
        l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
.      l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
.       l |:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   /ヽ::: `:::    ::::  ....::..../


                                少‐: :'': : .、     う、ア……や……なんで
                               /: : r ''´: : : ::ヽ/)
              .   _       _,, __ _=∠ミ;-<: : : : : :ゝ:/ .f‐--ッ  私は……ちゃんと……
               / .`i _,,.-‐''¨´ ∠らヾ,,、 ム=>: : : :ー:{  |`''f,゙
             ,.└‐-≠、          ゞy ' ⌒ ヽ: : : : ゝ、ノ: : :゙i,     あなたの……
          ,,.'´,,,,,,,     ー- 、       f    丿ッ、::/ |: : : :ト、!

        /゙゙゙゙゙゙゙´ ∥   , _     ` >'^ヘ____ゝ--イ ,/へ'  ,!: ::| ::|  ぁ……だめ……私……
       /     /ム==''¨ベ.、    └-ッ'/  ./   └゙へ   ン: : ∧::|
      f  /  , ,        ヾ,、   r'゙,xヘ_マ_'\ /// ,vi´ /i: : / ヾ   ぁ――あ――
     f´ゝ、_i   i i      , /  >ミ彡^)   _≫>v'゙ .'´<_ //ヘ/////
     ゝ~ヒ_`''_++=  ,,___ノ_/__      Fu´-i>゙h{_ っ'´///////
          ̄'-=,,r‐rー' ,,,/  s-っ_∫Ψヽ-゙ ∫ ノ'´/////
               ゝ┘`¨¨ (_i `''=ミx、 ̄ ゙''´
                     `''<//.)'

       .l;;i′      /     .!圭/ .イ、圭圭圭/ |圭/       ィ幺才     ,イ゙ .,〃      ィ幺才
       .|/       ノ      .l圭!  l圭圭圭ゝ !Ⅳ           ,,ilr'"     ,i'./        ,ィ幺才 .,.
       :l゙                 | !  /圭圭Ⅳ  /Ⅳ         '″      .,l./        ,,ノ才  ィ幺圭
              _,,          !゙.,,.,i圭圭Ⅳ  .iУ                             ,i'㌢ rィ幺圭圭
   .i}′        / Ⅳ .,      /圭圭Ⅳ   .l″            ,ν         /Ⅳ_ィ幺圭圭圭圭
   `           i"Ⅳ /      /圭圭Ⅳ                il l′         ィ幺圭圭圭圭圭才㌢
           lⅣ  ."、    /圭圭Ⅳ             _    ,,i!!″     . ィ幺圭圭圭才㌢ー'″
          /./    l「    ../圭圭Ⅳ             ,,il″   .´      ィ幺圭圭圭才'"
     .,i''l   .,〃    .〃 /  ./圭圭Ⅳ     .,.     _ /″           ィ幺圭圭圭才 ´        _ン'
    ,lⅣ  〃   .,〃 ./  ,/圭圭/     ./     ,r'./     .,    ィ幺圭圭圭才゛        . _,,-へ.iii
   .〃   ./l   、〃 ,ir /圭圭/    .,〃    .,ノン′  .,,ir'"  ィ幺圭圭Ⅳ'″      ィ幺圭圭㌢''圭圭
   〃  .,ノ~;/  .,/./ .,ノ/ /圭圭Ⅳ .,.. |″    ,i'ン"   ,ii'" .,..-'イ圭圭Ⅳ゛   ___i才"       `'''″
  .il″ /圭Ⅳ ,ィ彰i彡'゙i/'"圭圭圭込才Ⅳ    ,-/'" ,.. ;;/!"._.刈圭圭圭Ⅳ_..-、.,才㌢'"゛
. ,i|′ ,/圭圭レ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭|  ,il!ン''/...-彡 '',゙..ィ幺圭圭圭,ィ幺圭才"'"

// 幺圭圭レ゙圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭Ⅳ. |/‐才ンィ幺゙‐'゙圭圭圭圭才゙‐'''^゙゙''″         _..i
/幺;圭圭〃圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭込ィ幺,iテア´圭圭圭圭圭圭才"      _,,,...i;;;;iv=ゞ´

圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才  __..;;メ`-ー'"゛            _,,..ィ幺圭圭圭圭λ
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭i彡ィ幺圭才               ィ幺圭圭圭圭圭圭圭圭
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才'´             _..- _ィ刈圭圭Ⅳ   .゙'''゙゙゙´ ,,-''"
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才″_____.圭圭彡''彡丞'"゛        ‐‐‐'"

圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才_,,ィ幺圭圭圭圭才 ゙゙゙̄‐'"゛
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才'"
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才㌢ ̄,,

圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才 '" ̄゛ . _..yrー''“''''"    . _,,.. -;;ニニコニ;;r‐
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭_.-‐'' 二ニ  ―ニニ`-'”'"゛     .,_iiir=`-''''"

HFみたいに新アーチャーになったりするの?

                               .,,-‐''"゙゙゙"''ー,,、
                              /       `ヽ

                             丿            ゙l,
                             l゙              |
                             ゙l           ,l゙
             ;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  ヽ         ,i:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;´

              :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
           四日目・朝

起床判定
1~3:ごめん無理
4~6:体調悪いけど起きる 次の起床判定に-2
7~9:しっかり起き上がった

直後コンマ
戦いの疲れ-1 昨日の目覚め-2 飢餓-3 精霊界+2

ほい

(アカン)

           r..イ.:.:.:.:.:.:.:.:;.:.:.;.:.:.、:.:.ヽ.\
         ′/.:.:.i:....:.:./`"'i:.:...ヽ:.:.:.::`:.\
        ノノ.:.:.ノ!:.:.ノ   乂:.:.:.`ヽ:.:.:.}:〈    なんだかとっても眠いんだ……。
       /(:.:./ (:フ ̄`   ´ ̄了`_:.(:.:.\
      ´ム:.:.廴 {: ̄:}      {: ̄:} Yノ::::...:)  今日は午後まで休ませてよ。
        W´|  ゙ー ′     ゙ー ′ |`;ヽ(
         八_|_            _|_八{`  
           ト、 ¨¨ ー―一 ¨¨  ノ!
          ヽ\ _          _/ ノ
           >,二二二二´ィ<

          /: i: : : : :`゙f|l!´: : : : :i :\     【午前中の自由行動が潰れました。さらに午後の自由行動にマイナス補正。】
          /、: : :|: : : : : : ||l!: iニニコ:!: : :/ヽ
       {\゙_/|: : : : : : ||l!: : : : : :ト、_,''/}

         ̄  ‘,: : : : :||l!: : : : : ,'    ̄
            マ‐- __M__ : -イ
                ‘,: : :| .|: : : :/

     ,  -ー〃- 彡-ソヽ
    ん ゚ )) XXX    3  ふむ。確かに昨日は強烈なフィールを受けていたしな。 休んでおけ。
    ` ー-爪;;_ヲ z-~`_ノ

流石にくたくただな
固定値がやばすぎる

::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: {三三三三l :::∧::::::::::::: ∧:::::::::::〉
:::::::/ ::::::::: | :::::::::: / ::::::::::::i::::::::::::/ 三三三 ノ::::::: 〉::::::::::::::::::〉::::::/
: : ::::::::::::::: | ::::::: /::::::::::::::: |:::::::::〈 三三三 /::::::: 人::::::::::::/:::::::/
:::::::::::::::::: .ノ:::::: /::::: ノ::::::::::i :::::::::::>三 三ヽ::::〈 ヘ::::::::/:::::::::人    お腹がすきすぎて逆に食欲無くなってきた。
:::::::::::::::: / ::::: / ::: / :::::::::人::::::::〈三三三三,|::::::〉―ヽ::{:::::: <:::::::ヽ
:::::::::::::::/ :::::::/::::: ノ -= - - `_:::ヽ三´`三´}:::/-=- }::Ⅴ:::: 〉\:}  口の中が乾きすぎて、唾を飲むのも痛い。

::::/´ ヽ、 ノ:::::::〈´ ヽ::::}   ヽ::/      レ≦Zz、 :::/:::::::/  /′
::::l 「 \}::ヽ::::::::: 〉 ,.≦三Zz、 }’      ´¨っ:::「 》 |:::::/     もう何も食べる気がしない。
::::|丨   `ヽ{ヽ::/ ヘ `つ:::/`     -=- `三´  lハ/
. \ \ ヽ  }7   ゛`三彡´     -=三=-     .
 }ハ::\ ー  )三=-             〉    /
.  }/ ヽ¨´}:lム,三=-            /     イ         早く水を飲まないと、僕もうダメかもしれない。
       八:::| ヘ三=-    { rz 、__ ,    ,  ’
.        Ⅵ  \三=-  ` ー… ´   /
      「´ヘ    ≧ュ.、    -=-   /
.       |: : : \     ≧ュ.、    ィヘ             【四日目・午後 自由行動】
.       |: : : : ::`≧ュ __ _ _ー._Lノl\
    /  ̄l 、: : : : : : : : : : : : :|:::l:::| ̄     |  `ー         なにをしようか 下三
斗七´.   \: : : : : : : : : : : : :|:::l:::|       l
         `ミ、...: : : : : : :|:::l:::|     ノ
           `ミ 、 : : : |:::l:::|   /
              ` : : :}:::}:::}彡´/


/そろそろ令呪使ってカード作って帰ることも視野に入れた方がいいかもしれん

食糧探索

食料探索だオラァ!

食糧探索

食料だ、食料を探す

           r..イ.:.:.:.:.:.:.:.:;.:.:.;.:.:.、:.:.ヽ.\
         ′/.:.:.i:....:.:./`"'i:.:...ヽ:.:.:.::`:.\    なんだか体が軽いんだ。
        ノノ.:.:.ノ!:.:.ノ   乂:.:.:.`ヽ:.:.:.}:〈
       /(:.:./ (:フ ̄`   ´ ̄了`_:.(:.:.\  調子が良いとかそういう話じゃなくて
      ´ム:.:.廴 {: ̄:}      {: ̄:} Yノ::::...:)
        W´|  ゙ー ′     ゙ー ′ |`;ヽ(  贅肉も筋肉もガリガリ落ちてる。
         八_|_            _|_八{`
           ト、 ¨¨ ー―一 ¨¨  ノ!     
          ヽ\ _          _/ ノ
           >,二二二二´ィ<

          /: i: : : : :`゙f|l!´: : : : :i :\
          /、: : :|: : : : : : ||l!: iニニコ:!: : :/ヽ    どこを探そうか 下三
       {\゙_/|: : : : : : ||l!: : : : : :ト、_,''/}

         ̄  ‘,: : : : :||l!: : : : : ,'    ̄  1.広く浅く二回目 2.城二回目 3.神殿下二回目 4.海溝ビル群三回目
            マ‐- __M__ : -イ
                ‘,: : :| .|: : : :/       5.羽ばたき飛行機械 6.レミューリア郊外 7.遠洋二回目 8.他どこでも

4だああああ

4

     __,l'''''‐-.,_ ___       【ビル群で食糧探し】
 _,,r‐'''´:.:.:';.:.:.:.:.:.:`'´:.:. ̄''ヽ、
 `i,;,;.:':.:.:.:.:,:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:く     水圧で全身押しつぶされる感じとか
 ,/',;,;,;,;',;/.:.;.':.l:ヾ,r''7:.:.;.:.:.:.:,;,;`、
ム7:,/:.:.:,iヾ,;,<´`''''7:,;.:.i;,:.:.:,;,;,;,;,`   息苦しさで手足の感覚で遠のいていく感じとか
 く;レ!;r',r-ゝV_  _!.:i;.:.iヾ,;.:,;,;r'´
.r'´、ト! ' ,f。 ,!   レ'--'、i'i,;,i,;,ヽ   これちょっと気持ちいいかもしれない。
.i  ! ヽ`ー'    f。 ,! ,! レ';,r''''’
. `ーl        `ー'っ ,!''<

   `、  `ー‐‐‐‐ 、   /  ,ノ
     `i、  ̄''‐---' _,,./--'’
     `Y`ー--‐‐i7’
    i´ ̄ ̄ll ̄''‐┐
    ''''''''''''''''‐‐-- !

直後コンマ
1~3:やっぱり何もないよ
4~6:食糧あったよ
7~9:カードあったよ、食糧になるカードもあったよ

飢餓-3 不調-2 精霊サポート+1

ほい

ダメだこりゃ

これはヒドイ

::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: {三三三三l :::∧::::::::::::: ∧:::::::::::〉
:::::::/ ::::::::: | :::::::::: / ::::::::::::i::::::::::::/ 三三三 ノ::::::: 〉::::::::::::::::::〉::::::/
: : ::::::::::::::: | ::::::: /::::::::::::::: |:::::::::〈 三三三 /::::::: 人::::::::::::/:::::::/     即身仏に……
:::::::::::::::::: .ノ:::::: /::::: ノ::::::::::i :::::::::::>三 三ヽ::::〈 ヘ::::::::/:::::::::人
:::::::::::::::: / ::::: / ::: / :::::::::人::::::::〈三三三三,|::::::〉―ヽ::{:::::: <:::::::ヽ   なれそうなんだ……。
:::::::::::::::/ :::::::/::::: ノ -= - - `_:::ヽ三´`三´}:::/-=- }::Ⅴ:::: 〉\:}

::::/´ ヽ、 ノ:::::::〈´ ヽ::::}   ヽ::/      レ≦Zz、 :::/:::::::/  /′
::::l 「 \}::ヽ::::::::: 〉 ,.≦三Zz、 }’      ´¨っ:::「 》 |:::::/
::::|丨   `ヽ{ヽ::/ ヘ `つ:::/`     -=- `三´  lハ/
. \ \ ヽ  }7   ゛`三彡´     -=三=-     .         【探索失敗】
 }ハ::\ ー  )三=-             〉    /
.  }/ ヽ¨´}:lム,三=-            /     イ
       八:::| ヘ三=-    { rz 、__ ,    ,  ’          
.        Ⅵ  \三=-  ` ー… ´   /
      「´ヘ    ≧ュ.、    -=-   /
.       |: : : \     ≧ュ.、    ィヘ
.       |: : : : ::`≧ュ __ _ _ー._Lノl\          【四日目・午後 終了】
    /  ̄l 、: : : : : : : : : : : : :|:::l:::| ̄     |  `ー
斗七´.   \: : : : : : : : : : : : :|:::l:::|       l
         `ミ、...: : : : : : :|:::l:::|     ノ
           `ミ 、 : : : |:::l:::|   /
              ` : : :}:::}:::}彡´


/.再探索補正を忘れていたけど、それを入れても失敗していた……。

                       ,、ヘ、   ,,,、-ーー、
                   __/::::::::::::ヽ、/::::::::::::::::ヘ___
                  「:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::::`i、

                   }::::::::::「:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:::::',:ヘ
                   /:::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:::::',::!
                  /::::::::::/::::::::::::::;ヘ:::::::::,、::::::::::::::::::::',:::ヘヽ      【四日目・夜 自由行動】
                 ノ:::::::::::ノ:::/::/:::::!ヾヽ:/ヘ::::ヽ::::::::::::::}:::::ヽ
                /;:/:::::/::::ノ:::i::::::::ミミ∨彡;)::::::〉:::::::::::::::::::::ヘ    なにをしようか 下三
                {; l:::::(::::::ノ:::::::);::::ノ    /:::::/::::::::)::::)::::::ト;:}
                { !::::::)::))::/ )::)    ヽ;:)ヘ:く::::(::::::::ハ!
                 ヾ=/7::!\ (::/      /://ノノ)::):::/
                  /ゝ((ヾミ三ミゝ′ ヾ((彡三ミ∠ノニヽ
                     ∨ヘ  / /``       i i   /ノノ
                   ∨ヘ 〈 ノ    、,,     し  / ノ
                    ` ):.、   Fニ二二j    /ソ
                     リヾト、 |::::::::::::::::::!  /り
                      _ヾlヽ L二ニニ┘/iソノ
            ____ ,,,、r、/<!  > __ <  :!フヽー、,,,____
        /::::`´::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::`ー -、,,,,-ー::´::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::`´::ヽ

         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::|;;|;;|::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::,':::::::::::',
       /:::::::::::::::';::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|;;|;;|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,':::::::::::::::',
       /:::::::::::::::::::';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::ー:|;;|;;|:ー::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,':::::::::::::::::::',

竜と会話

脱出に挑戦

竜に食糧くれと頼む

         r::::::::::::::::::彡´:::::::::::::::::::ゝr-ー- - 、
          l:::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::)
      __ノ:::::::::::::::::\:::::::::::::::\:::::::::::::::\:::::::〈      もうだめだ……
     r´::::::::::ゞ::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::\::::::::::::::::ゝ、`ヽ、
     ',::::::::ゞ、:::ヽ::::::::::::::::::\:::::::::::::::\::::::::::::::::}:::::::::ヾ    みず……みず……
     r::l:::::::ヽ人 (::::::::ハ、::::::人::::::::::::::):::::::::::::::):::::::::::::)
    (:::j:::::::::l   `ヽ:(  ノ.ヽ::) `ヽ:::::ハ::::::::,___、::::::::::/:l
    .):i:::::::/     ):)´-ー´、  .ソ {::::/ rk.ヽ::::::/::::  みず……みず……   
    ノ:ノ:::::::lー - 、:::::::::::{ 0   }    .ン rlk 〉:/:::::::l
   {::::l::::::::::l斗ー.:::::::::::::::ミニ 彡       .Yノ /リ::::::::::l
   `ゝト(:::::l::{ 0 }:::::::::::::::::::::::::    U      ./:::::::::::::::l   みみずみずみずみみずくみー
     (::::::::/:::ミ 彡   ,::   __        γ´Y:h:::::::::l
     ゞツ  l  __,,,,,--=''-‐''''ゝ        /  {:l ゝ:::ソ、
         ':, \''(′  _,,-)       ,:'      li : :\. _     __
          ゝ、`ー===-‐''′    /     /.: : : : :/: : :>-ー・´: : : : :

            ' .、        /    /: : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :,:

               >、 _  ._/    / : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : :/::   誰に食糧をねだろうか  下三
             /: : : : : : : : : : \__./.: : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : :/: : :
           /: : : : : : : : : : : : : : : :ll: : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : :/: : : ::  1.ティマイオス 2.クリティウス 3.ヘルモス 4.他

          /: : : : : : : : : : : : : :≪≫ll: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :/: : : : :

海馬

社長お願いします

連続だった
下お願いします

海馬で

\: : : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : \ : : : : : : : }:、 : : ,、: : /
 ,ヘ: : : : : : : : : : : : :!: : : : :∧: : : : : : \: : : : : :|: |/,} !:∧   ほう。俺に食糧をタダで差し出せ、というのか?
 !/\: : : : : : : : : : :|: : : : {: : \: : : : : : : : : : : :}: !/ |  |
. { \∧: :_:_:_:_:_:_: : {: : : : :\: : i: : : :_:_:_:_:_:_:_:/ /}/ / |  厚かましい奴だ。

 \ - 、{\ 弋_>、: : : : : : : :|>弋_ラ / }:/7 /   !
   \___|\ ̄ ̄ ̄ `< : : : { ̄ ̄ ̄ ̄  /__,イ    |   
    | ∧         |\!/       /: : :/      |   だが俺を選んだことだけは褒めてやろう。
    }: :∧         {:! /       /: : :/     |   
    ∨: :}\       '           /: : :/      ,    デュエリストはあらゆる状況に備えなければならない。
    /\'///\   ー―‐'}    /!|/!/      |   
    /  ////∧ 、   ̄ ̄   ////! /      /    当然、エクストラデュエルに有用なマジックカード非常食も
    /  ///////\\       //////}       /
.  /  {///////////,ー―‐'////////     /       俺は複数枚を所持している……。
  /   |///////////////////////{   /

               どうしようか 下三
               
               1.土下座 2.カードあげるから非常食ください 3.デュエルで勝ったら非常食ください 4.ほかなんでも

3

2

1

3

ワカメェ…

                       ,、ヘ、   ,,,、-ーー、
                   __/::::::::::::ヽ、/::::::::::::::::ヘ___
                  「:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::::`i、

                   }::::::::::「:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:::::',:ヘ
                   /:::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:::::',::!      今の僕に差し出せるものは何もない
                  /::::::::::/::::::::::::::;ヘ:::::::::,、::::::::::::::::::::',:::ヘヽ
                 ノ:::::::::::ノ:::/::/:::::!ヾヽ:/ヘ::::ヽ::::::::::::::}:::::ヽ     だから、この通りだ!
                /;:/:::::/::::ノ:::i::::::::ミミ∨彡;)::::::〉:::::::::::::::::::::ヘ
                {; l:::::(::::::ノ:::::::);::::ノ    /:::::/::::::::)::::)::::::ト;:}
                { !::::::)::))::/ )::)    ヽ;:)ヘ:く::::(::::::::ハ!    頼む、僕に水と食べ物をくれ……!
                 ヾ=/7::!\ (::/      /://ノノ)::):::/
                  /ゝ((ヾミ三ミゝ′ ヾ((彡三ミ∠ノニヽ
                     ∨ヘ  / /``       i i   /ノノ           1~3:駄目だ
                   ∨ヘ 〈 ノ    、,,     し  / ノ             4~6:ならば凡骨とデュエルしろ!
                    ` ):.、   Fニ二二j    /ソ              7~9:ふん。よかろう
                     リヾト、 |::::::::::::::::::!  /り
                      _ヾlヽ L二ニニ┘/iソノ               直後コンマ
            ____ ,,,、r、/<!  > __ <  :!フヽー、,,,____      土下座+2
        /::::`´::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::`ー -、,,,,-ー::´::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::`´::ヽ  
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::|;;|;;|::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::,':::::::::::',
       /:::::::::::::::';::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|;;|;;|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,':::::::::::::::',
       /:::::::::::::::::::';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::ー:|;;|;;|:ー::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,':::::::::::::::::::',

こい

流石社長
マジ救いの神だわ

よっしゃあああああああああ!!

    V: : : : : :| : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : ./: : : : : : : : : : : : : : : : : :

.     V: : : : :| : : : : : : : : /: : : : : : : : : :/ : : : : : : : : : : /: : : : : : : :
      V: : : :| : : : : : : : /: : : : : : : : :/ : : : : : : : : : : : / : : : : :/: : :   ふん。
.      V /´V: : : : : /: : : : : : : /.: : : : : : : : : : : : ./ : : : : :/ : : : :

       V /ヽV: : : \ ̄ ̄ ̄ 卞h 、 _: : : : : : : : :./: : : : : / : : : : :  よかろう。

        | { .ト V: :/ \    {::::::し':::次: : : : : :./ : : : : :/ : : : ./
        {  { r''.V{   \  弋:::::.::::ノ Ⅵ: : :./ : : : :/ : : /     それほどの飢えに苦しみながらも
        ヽ  ヽ _!      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .}: : :./ : : / : : /     
.          \  ー、           /: : :/} :/ ̄ ̄        最後までカードを手放そうとしない意地。
              \ ヽ ',         /_彡' ノイ. |:::
                \_.j                |::::..          海の藻屑と消えようとも、デュエリストとして
  _______V: : :.ヘ                   |::::
  |           V: : : ヘ                |::           プライドだけは決して捨てないという覚悟を見た。
  |           V: : : :.ヘ        、 __ __

  |            V: : : : . \          __
  |            V: : : : :| \                     もしカードを売ろうと考えるようなら見殺しにしようと思っていたが
  |             V: : : :.|   \
  |             V: : : |    \                  その土下座に免じて力を貸してやろう。

直後コンマ
1~3:1枚
4~6:3枚&コスト
7~9:10枚&コスト

ほい

非常食!

        /: : : : : / : : : : : \: : : \: : : : :\

          /: : : : : / : : : :, : : : : \: : : \: : : : :\
       /: : : : : : : : : : :/: : : : : : : \: : : \: : : : :>   3枚の非常食。
        /: : : : : : : : : /: : : : : : : : : : :} : : : : \/
     /: : : : : : : : : /::/: : : : : : : : : : /: : : : : : /     そしてそのコストとなるマジック・トラップだ。

     〈: : : : : : : : : /_/:_:_:_:_: : : : : : /_:_:_: : : :/_
      \: r 、: : :∧ 弋ノ ヽ}: : : :>'弋ノ∧: :/三     これで12食……1日3食で4日は持つ。
       レ/ヽ∨   ̄ ̄ /: :/〉  ̄   !/三三
        |{  >' |       {/ '       }三三三}   節約していけば、少なくとも一週間は飢えで体力を落とさずに行動できよう。
        >'   |        ー‐ァ     /三三>'{
        /     ! \         ∠二>'   |   
     〈       |  \       イ: :i        !   それまでに元の世界へ戻る方法を探すのだな。
      |    {-} !    > 7--_'_|:_/       |
     {|       |  /  ////////}       |   __
      |       ! /  /////////,L ____ 」>´: //    ……どうした、早く礼の言葉を述べんか。
      |____/   //////////∧:_: : : : : : : : : : ://:ヽー‐ 、
    /       {-} {////////////>、\: : : : : : ://ー'    >



     /::ノ ::::::: /::/:::::::: /_l ::::::廴     /::彡´ ヽ:::::::: }:::::::::::{、::::::: (
     `¨/ ::::::::::::::/ :::::: 〈   `ヽ;::: /    ヽ::: 〉_ ,,_  人::::::::::::ヽ::::::::::: 〉   ありがてぇ……!
.      /::::::::: / :::::ヽ、_::::ヽ -- l::/`.     ´〉/  _  ̄` `ヽ:::::: /:::: /
     `ヽ,::::::::::::::: 〈  }:ソzZ:≧{’_      /´ zZ三≧x   /:::: /:::::::{     地獄に仏……救いの糸……!
       Ⅴ:::::::::::::::ヽ/《 ⊃:i:::/ `     ´ ⊃:i:::/  》 ./ハ::/ヽル′
.         }ハ:::rヽ:::: /  ` `¨¨´.     /l    `¨¨´  ´   .// l
.          j ヘl {:∨: : .       / :|           /′ |      決して無駄にはしない。生き延びる……っ!
            | ヘ:{ : : :       ヽ::::l           / / /
.          ヘ  `: : :  r-____ __ _ ノ,     /  ./       ありがとう……! ありがとうクリティウス!
           ヽ  ',: :   l` v ー… - ― v /     /  /
            ハ、_、: . ヽ、___ _ ,彡 ’   /イ¨´         
               }::.. : .     ー―      /::::}




食事を行った場合
直後コンマ一桁分、飢餓度が回復。
さらに一食食べた日は飢餓度判定に-2&一部マイナス補正消失
二食食べた日は飢餓度判定に-5、三食食べた日は飢餓度判定を行いません。

早速食べますか? 下三
1.一食食べる 2.二食分まとめて食べる 3.この食べ物を海に撒いたら、どこか遠くから魚や鳥がやってきたりしないだろうか? 4.ほかなんでも

2

食べる

     /::ノ ::::::: /::/:::::::: /_l ::::::廴     /::彡´ ヽ:::::::: }:::::::::::{、::::::: (
     `¨/ ::::::::::::::/ :::::: 〈   `ヽ;::: /    ヽ::: 〉_ ,,_  人::::::::::::ヽ::::::::::: 〉
.      /::::::::: / :::::ヽ、_::::ヽ -- l::/`.     ´〉/  _  ̄` `ヽ:::::: /:::: /   ヒャァ! 食事だあ!
     `ヽ,::::::::::::::: 〈  }:ソzZ:≧{’_      /´ zZ三≧x   /:::: /:::::::{
       Ⅴ:::::::::::::::ヽ/《 ⊃:i:::/ `     ´ ⊃:i:::/  》 ./ハ::/ヽル′   乾パンと水だけだけど
.         }ハ:::rヽ:::: /  ` `¨¨´.     /l    `¨¨´  ´   .// l
.          j ヘl {:∨: : .       / :|           /′ |      この水がめちゃくちゃ美味い!
            | ヘ:{ : : :       ヽ::::l           / / /
.          ヘ  `: : :  r-____ __ _ ノ,     /  ./       生き返るぜ!    【残り11食】
           ヽ  ',: :   l` v ー… - ― v /     /  /
            ハ、_、: . ヽ、___ _ ,彡 ’   /イ¨´         【四日目・夜 終了】

               }::.. : .     ー―      /::::}

直後コンマで飢餓度回復
久々すぎて喉や腹が痛い-2

さらに下二コンマで飢餓度判定
食事-2

ほい

ほい

クソッタレ!

飢餓度-3+0 = 29 (一部判定にマイナス)

 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ::.:.:.::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::.:.:.:.:.:.:.
 :...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:..:...:...:...:..:..:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...

 . .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .          . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
 . . . . . . . . . . .                      . . . . . . . . . . .

                         / ̄ ̄\
                       /       ヽ      ああ、空がきれいだ……。
 ____________|_____|____________

          --_─ - ─_-_─ - ─ - ─_-_─ - _--
            -  ̄─_─ ̄─ ---- = ─- ̄-
              ─ ̄ ---- ─---- ̄--
            -  ̄─_─ ̄─ ---- = ─- ̄-
              ─ ̄ ---- ─---- ̄--

  ....:.:....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:....:.:...:.:.:.:.:.::.:.....
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...............
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...........
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::......
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


三日目・朝 起床判定
1~3:ごめん無理
4~6:体調悪いけど起きる 次の起床判定に-2 朝食を食べる暇が無い
7~9:しっかり起き上がった

直後コンマ
飢え-1  精霊界+2

今日はここまで。

ほい

食物探索に一日を費やす聖杯戦争…か

>>148

これ4日目じゃなかったか

あ、日付間違えてる。 >>144で精霊界五日目です。
リヴァイエールでも持っていればこんなことには……。


まさかのMr.T聖杯戦争参加でやっと田舎に関われそうだ
奴に感謝しなければ

真アーチャー いったい誰が召喚されるんだ

魔法なら、DDR。罠なら、亜空間転送装置。
モンスターなら、TGアクセルシンクロ。サイキック。とかを入手すればいいんかな。

クリアマインドの境地を手に入れれば脱出でにるな(デュエリスト脳)

マドカ→アルティメットマドカ→アルティメット→ブルーアイズアルティメットドラゴン
やったね社長!

ブルーアイズ・アルティメット・城の内くん!!!

まどっちから魔獣アーチャーが生まれてしまう アカン

おおお・・・

Wiki編集が上手くいかないと適当に投げてたのをどなたか編集してくれてる・・・

ありがとうございます!

聖杯戦争→遊戯王→ワカメ少年漂流記

                 ___...、         【起床成功】
                 _,/:.:.:.:.:.:.:.ヽー‐ュ
               ,.イ:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.L.__
              j:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!     このちょっと空腹が辛い感じ
              /:.:.:.:/:.: /:.:.:.:.: /Vヘ:.:.:l.:.:.:ハ
          イ:.:.:.:.:.:.:.〈:.:.:./:./ `"´}:.:〉:.:.:.:ヘ    意外と朝起きるきっかけに良いかもしれない。   
          く:.:.:.:./:./ノ):ハ:.)  /:.;ハ:.:.:.:トゝ
           ):.イ:.〈ハリ≧、(   ,)斗ト:.γ
          ノハ/こハ)込) )   込)ヽハリ
               ∨(       、  /
              |ゝト  、___´  /
            ノ从 ヽ      /
              __|  >  イ 
               _r┘:.:. ̄ ̄`|||´|
       _.,..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ー:.:-.:.:.:.|||:イ¨:...、 _
   ,. <´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}}}.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.ー...、 _       下三 朝食を食べますか?

   /.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:l:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.,      1.食べる 2.食べない 3.その他(乾パンでジェンガしてみる、など)
. /.:.:.:.:.:.:.:.: ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:l:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.: i
. ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨ / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:l:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.;.:.:.:.l
.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:l:l:.:.:.:.:r――ュ !/.:.:.:.:.l
;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:l:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|':.:.:.:.:.:.l

1

1

かんぱんでテトリス

食べ物で遊ぶなw

食べ物で遊んでたらもったいないお化け(ダークネス)が来ますよ!

           l;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:、;:;:;:;:;:;八
       _斗;:_ ;:;:;:;:!;:;:;:/;:;:;::;:;:;:;:寸;:;:;:;:;:;ム      良くわかんない奴のために

       〈;::;:;l;:;};:;:;:;:;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;∧;:;:;:;:;:\;:;:;:;:;:;`丶
.        Ⅵ|;:;l;:;:;:;:;:;lヘ;:;:|/∧;:;:;∧;:;:;:/;:;:;\;:;:;:;:;:;:;ヽ   こんなとこまで来て汗水流し
       |;:l;:/,;:;:;:|;:;|ミヽl/″〉;:;:;:;〉;/;:;:;:;:;:/;:;:;:;;:;:;:;:l

       l;:;//;:;:; |;:;l    /;:;:;:;/:人 .〈/;:;:;:;:;:;:;:;:;{   乾パンと水だけの食事をとる……。

         斤;{;:;:;:;:;|;:;≧、  \;:;N 孑 ´ 〉;:〉八ル八
.         | .|今、寸;:、};:;〉    `}〉≦z_ {リ }ハ 〉ヽ `
      人,l;:;:;:;};::l l >孑'  `フ  ヒ;:シ  ″ 〉 ./
        `¨了/} 「 ヘ;ソ      `¨´    ト ./    僕ってホント最高の善人だよね。
          {、ヘル、`¨´  j    _    l;:八
              ム    、 -  ノ    イノ     飢餓度回復値 下一 コンマ一桁
              人   >- ´  / .l _                   
                 今ュ、   /  ,ア |
                 | >> _ 七 ´  l 、
                 _/l     |::l::|  孑  ヽーz ュ _
   > - ――――≦´   ` <  |::l::|   /_  / ノ   ,ヘ- ュ ____
. /- 、                -ニ三 彡´孑 ,}/ / ./ /、     l ヽ   【五日目・午前 自由行動】
/   \                 |::l::|/ /  / /. / ./      / .|    なにをしようか 下三
|     \        l         l::l/ /   ヒ´ /  /      /  l
l.       \  l   |         |/ ´      /  //      /.   |

ほい

えい

0こいや

食糧及びカード探し

帰還の方法を探す

この世界から帰る手段を考える

               /;:;:;:;:;:;:;:;:;≧≦;:;:;:;:;:;:;:;}    飢餓度-9 =20 (一部の判定にマイナス)
              {;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/ヽ;:;:,ヘ;:;:;:;:;:;:;入_
.               ノ;:;:;:;{;:;:;{;:;:{ヘ};:{;:{ヘ};:;:;:;:;:};:;:;:;:}
             ,;:;:;:;:;:;:};:;:;};:;:}    .};:;:〉;:{;:;:{;:;{   水って素晴らしい……。そう思わないか? シーラカンス。
            .〈;:/}ヘ;:{;:;;∧;:;.、  _,};∧;{;:;:;{;:;:}
             {' {;:ヽ;{ ⌒ヽ`}Y  }' ⌒};ヘ;:;〉小  ああ、早く日本に戻りたい。好きなだけ水が飲めるあの国に……。
.               l⌒ fモ_ラ`}'   fモ_ラ }'l;:/
.               人 l      l       , .}'
                  丶   、  _,  .,_ ノ
.                 }ヘl 、  ̄   ,イヘ{      どこを探そうか 下三
                 _| \ __./ |_

                      |ニニニ| | |:::::::::|      1.広く浅く二回目 2.城二回目 3.神殿下二回目 4.海溝ビル群四回目
              _  Y´ニニニ| | |::::::::::>...._
       _................:<ニニニ\ニ:///ニニニ>::::>.... 5.羽ばたき飛行機械 6.レミューリア郊外 7.遠洋二回目 8.他どこでも
     Y´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::<ニニ{ { {ニ>/::::::::::::::::::::::::::>,......
     {:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} } }:/::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::`:v

6

: ::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|.ヽ:::::/∧:::::::Ⅴ:::::::〈:::::::::::\
::::::::::::::::/::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::lミム///∧:::::::ヽ::::::∧:::::::::::::{
:::::::::::/::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|fヽ,レ ″ |:::::::::::l::::::::∧:::::::::::ヽ
:::::::/:::::::::::l::::::::::::::ト::::::::::::::|::::::::|i       l:::::::::∧::::::::∧::::::::/{   というわけで深海に沈む謎の機械のもとへ
.:::/:::::::::::::::}:::::::::::::l::|::::::::::::l:::::::∧    ノ::::::::::/:::::::::/::/::::/
::::::::::::::::::::ノ:::::::::::/::.l::::::::::/|:::::::::::ヽ   `ヽ::::/:::::::::/::::/:::::::::{    やってきたのだ。    
::::::::::::::::::/:::::::::./::::ノ.:::::::/::l:::::::::/     }::::〉´ ̄`::::{:∧::〈

:::::::_:::::l:::::::::/::{〈:::::::::/― - 〈      孑/≧z,  〉/:::::〉:::〉
::::/_弋:::::{:::{::::|¨\ ≧ ヒミ 、丶     /| ̄l / /:::::::::/::::}   見た目的に、飛行機の作成途中っぽいよね。
. l |  .ヽ::::ヽヽ,{ ィ匕「.  ̄l ` }′     つ_ノ  |:{人〈::::/
.人 、   \{ヽ } ヽ、 つ ノ        `¨¨´  l/  ヽ}ヘ   羽根の部分が動かせるように作ってあるところとか
ヽ、\ヽ、 〈 }′  `¨¨´        し        ´
  \::::ヽ、_ 人              /    /         いかにも失敗作的って感じだ。
   〉/`ヽヒl: :ム、       ___ ′  /

   { ハ   }八: : ム      ヽ、   ノ   ′
   `   ´狂. : : : 〉.、     ` ̄ ´ /
       | ム、  : : : `≧ュ、     /l              こんなものをたくさん作って、なに考えて……。
      l   `t ュ _: : : : : : `≧ - .イl,ム_
    ≦´        ̄ `l:::l:::「 ̄ ̄  .|   ̄
  孑´   |          |:::l:::|      l  /
´       ヽ _         |:::l:::|     //
          ゛'' ..,     |:::l:::|  孑
             ゛'' ..,}::l:::ト 、_

             ̄`¨≦}::l::}≧¨´ ̄
                     |:::l:::|´


    ,イ _lVi__, i
   .//'\>_゚vw>\    いや、それ普通に空飛んでたぞ。俺も昔は世話になったぜ。
  /⌒Y´゙/ i⌒〉Y⌒ヽ

.  ____ノ(,,j. {,)      建物が高くなって、住民が中央部に集まって来てから、馬が使い辛くてな。

   \_ゝ )ノ)
      ヽm'ヽm      それでこの飛行機が作られた。これで屋上から屋上へ移動してたんだぜ?

直後コンマ
1~3:何もないよ
4~6:食糧あったよ
7~9:良いカードあったよ

精霊ナビ+1 フライングデュエル跡(補正後コンマが6なら+1) 保存施設無し(補正後コンマが4~5なら-2)

ほい

小舟のような形の本体から、左右に棒が四本飛び出ている。

その棒と棒の間を、化学繊維らしき布地が繋ぎ、羽を作っている。
棒から伸びる細い骨にも布地が付き、ちょうど鳥の翼のようになっていた。
軸棒にも関節機構が組み込まれており、なかなか細かい動きができそうだ。

本体から足が伸び、尻尾にはエンジンの噴出孔のようなものがついている。

ここに沈んでいるものは、どれも傷ついており、羽根が欠けていたり足が折れていたりするが
これがかなりレベルの高いゴーレムであることは良く分かる。


      ,イ  _lVi__, i
    .//'\ >_゚vw>ヽ   おっ、ここらへんの奴は形が綺麗に残ってるぜ。
   /⌒(ミニ´/⌒lニミ}ヽ

    ____ノ l  l      中に何か残ってるんじゃないか?
    \_ヽ.`)ノ
  三   ,,ハrm        ほら、精霊の力も感じるしさ。


                   __ 
                 /:::::::::::ヽ
            ___ノ;;;::::::::::::::::::ヽ    ……おい、操作盤的なものが何にもなくて
                |:::::::::::::/;;;:::::::::::::::ヽ::::::\_
           ト|::::|:::::::;;;;;;:::::::::ヽ:::::ヽ::::::::::ヽ、 代わりにどう見てもデュエルディスクにしか見えないものがついてるが
           |:|:::j:::::::|ヾY''´):::::)::::::::):::::ハ::j

              j:|:::{:::::::ヽ  (::::(::(ヾ::从ミ:::ヽ これなんなんだよ……。
           |:{:::::ヽ::::人  )イィt7ハノ/^i:::ヾ
              `ト(::::::j:::汽ソ ゝ'  ¨    /::/
             (''ソヽ`¨ ,        ハ;)  
                     ',.   r-ヲ   / .l)
                  丶、  ̄ /  |、   あ、デッキ残ってる。しかも何か魔力的なものでデッキゾーンが守られてる。
                    |`==.´-一゙゙:.:t_
        _____,,-一'.:.:.:.:.:|:l:|:.:.:.r.yヽ:.:.:`ー───、  でも流石に、どのカードも破れてたり崩れてたり濡れてたり……
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:l:|:./ / /ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
      /.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|f Y / / ,ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|

      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|   いや、これは!
      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)     j.:.:.:.:.:..::..:.:.:.:.:.:.:.:.|


入手カード候補を下1~下5
その後、一枚ずつコンマ判定を行い、7~9が出たカードのみ入手できます。

カオスソルジャー開闢の使者

異次元への案内人

F・G・D

ミラーフォース

異次元からの帰還
切実に

異次元からの侵略者

              ,r,===-、
     _       //    `ヾ;
   ./ ._`>、-r=- 、__l.l,r-、   リ  では下1~下5でコンマ判定。

   /   _(_)-'、/  /ミ=-=へ`ヽ、
   i _,(_)-'ヽ/  /    `ヾ、 .',   それぞれ>>182-186に対応する。
   V(_)-' i ,'  ,'        `ヽ,
   |,イ. l .ヽl  .l             l  あとここで特殊判定がでてもどうしようもないので
   _.Y、 ヽ、l  .l/l/l/l/l/l/l/l/l/l/}
 /:::::::ト、ヽ,.l  .| ーr-、_   t-イ.リ|   やっぱり二桁で判定。70~99で入手成功とする。
 ヽ:::::::::Y⌒'.j  .| .|::::l   l::::::| l l
  ヽ;:::::j .、j l .iリ. ',_ノ   ヽノ )l   
   `ーイ`ー,l .l           , イ/
     |:::::::'イ`フー-ryry-イ ./リ   次元融合やリバースディメンション、リヴァイエールなんかで埋まるかと思ったが

     ` ̄´ ./::〈::::)-、,r|::Y|

         .フ::::::f::::l全l:::l:|      意外に汎用カードが多いな。
          ,r/:::::::::Vノ-、r',:`ヽ、
      ./:/==--}l| _,イヽ;::::\   これはあれか。デュエリスト以外もまた読んでくれているのか。
    /;;;;;;;´;`;^;^;^;l|´゛| | |:::::::::>,

    /ノVVVV,f-/VvVvl,イVVVVV` うむ。ありがたい。デュエル時空がすまん。
         .し'      'J
                        では気合入れて異次元からの帰還を当てよ!

ズアッ

とう

ほい

/ふぇぇ日本語が怪しい なぜこんなに書き間違えるのか
/そういえば開闢はすでにセイバーさんがあっさり作ってた

最後だ!

>>193
セイバーは常闇の方ですよ

あ、あの……
>>193カウントしますか?
下なら成功してて……

開闢は精霊が宿った奴っていうのは?

>>196
安価は絶対。
あきらメロン

ぎゃー。一番大切なところを自分で取ってしまった。ここは下一にしておこう。

                   __
                 /:::::::::::ヽ
            ___ノ;;;::::::::::::::::::ヽ
                |:::::::::::::/;;;:::::::::::::::ヽ::::::\_
           ト|::::|:::::::;;;;;;:::::::::ヽ:::::ヽ::::::::::ヽ、    開闢の二枚目と……
           |:|:::j:::::::|ヾY''´):::::)::::::::):::::ハ::j

              j:|:::{:::::::ヽ  (::::(::(ヾ::从ミ:::ヽ   おっ! 異次元からの帰還!
           |:{:::::ヽ::::人  )イィt7ハノ/^i:::ヾ
              `ト(::::::j:::汽ソ ゝ'  ¨    /::/   これで帰れるぜ!
             (''ソヽ`¨ ,        ハ;)
                     ',.   r-ヲ   / .l)
                  丶、  ̄ /  |、
                    |`==.´-一゙゙:.:t_
        _____,,-一'.:.:.:.:.:|:l:|:.:.:.r.yヽ:.:.:`ー───、
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:l:|:./ / /ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
      /.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|f Y / / ,ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|   【五日目・午前 終了】

      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|
      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)     j.:.:.:.:.:..::..:.:.:.:.:.:.:.:.|   昼ご飯を食べますか? 下三
                                    1.食べる 2.食べない 3.その他

1

1

食料を天に捧げて神を呼ぶ

乾パンでドミノ

帰れる目処が立ったぜ
乾パンでパーティだ

またぶっ飛んだのをwwwwww

マジで呼べたらどうするつもりだww

あれ?これ逆に帰れなくなるパターンじゃね?

ダークネス来たらどうすんだテメェ!

     __,l'''''‐-.,_ ___
 _,,r‐'''´:.:.:';.:.:.:.:.:.:`'´:.:. ̄''ヽ、
 `i,;,;.:':.:.:.:.:,:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:く
 ,/',;,;,;,;',;/.:.;.':.l:ヾ,r''7:.:.;.:.:.:.:,;,;`、   うおおおっ!
ム7:,/:.:.:,iヾ,;,<´`''''7:,;.:.i;,:.:.:,;,;,;,;,`
 く;レ!;r',r-ゝV_  _!.:i;.:.iヾ,;.:,;,;r'´  この乾パンを捧げる!
.r'´、ト! ' ,f。 ,!   レ'--'、i'i,;,i,;,ヽ
.i  ! ヽ`ー'    f。 ,! ,! レ';,r''''’  今こそ現われよ! 神!
. `ーl        `ー'っ ,!''<

   `、  `ー‐‐‐‐ 、   /  ,ノ
     `i、  ̄''‐---' _,,./--'’
     `Y`ー--‐‐i7’
    i´ ̄ ̄ll ̄''‐┐
    ''''''''''''''''‐‐-- !

     ,  -ー〃- 彡-ソヽ
    ん ゚ )) XXX    3 ……。
    ` ー-爪;;_ヲ z-~`_ノ

直後コンマ
1~6:何も起こるわけなかった。
7~9: ゴゴゴゴゴゴ……

世界を繋ぐ者+1

こい

てい

来いよ!

これで良いんだよ、これで
遊戯王界の神は見かけ倒しが多いが洒落にならん奴も居るんだから

     ,  -ー〃- 彡-ソヽ
    ん ゚ )) XXX    3  ……。
    ` ー-爪;;_ヲ z-~`_ノ

                   __
                 /:::::::::::ヽ
            ___ノ;;;::::::::::::::::::ヽ
                |:::::::::::::/;;;:::::::::::::::ヽ::::::\_
           ト|::::|:::::::;;;;;;:::::::::ヽ:::::ヽ::::::::::ヽ、   そんな目で見るなよ……。
           |:|:::j:::::::|ヾY''´):::::)::::::::):::::ハ::j

              j:|:::{:::::::ヽ  (::::(::(ヾ::从ミ:::ヽ
           |:{:::::ヽ::::人  )イィt7ハノ/^i:::ヾ
              `ト(::::::j:::汽ソ ゝ'  ¨    /::/
             (''ソヽ`¨ ,        ハ;)
                     ',.   r-ヲ   / .l)        【五日目・午後 自由行動】
                  丶、  ̄ /  |、
                    |`==.´-一゙゙:.:t_       なにをしようか 下三
        _____,,-一'.:.:.:.:.:|:l:|:.:.:.r.yヽ:.:.:`ー───、
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:l:|:./ / /ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
      /.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|f Y / / ,ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|

      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|
      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)     j.:.:.:.:.:..::..:.:.:.:.:.:.:.:.|

/実はゴーストリックデッキの時にあっさり開闢を……

ksk

おい、デュエルしろよ。
と叫ぶ

ならカイビャクの使者の実体化を試みる

じゃあ混沌龍を呼ぼうか

お前ら帰る気さらさらないなww

         r::::::::::::::::::彡´:::::::::::::::::::ゝr-ー- - 、
          l:::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::)   今思ったんだけど、デュエルの力ってやばくね。
      __ノ:::::::::::::::::\:::::::::::::::\:::::::::::::::\:::::::〈   
     r´::::::::::ゞ::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::\::::::::::::::::ゝ、`ヽ、ちょっと待って。僕精霊を使役してるんだよね。
     ',::::::::ゞ、:::ヽ::::::::::::::::::\:::::::::::::::\::::::::::::::::}:::::::::ヾ
     r::l:::::::ヽ人 (::::::::ハ、::::::人::::::::::::::):::::::::::::::):::::::::::::) しかもデュエルディスク持ってた時は
    (:::j:::::::::l   `ヽ:(  ノ.ヽ::) `ヽ:::::ハ::::::::,___、::::::::::/:l
    .):i:::::::/     ):)´-ー´、  .ソ {::::/ rk.ヽ::::::/::::l シーラカンスを実体化させてカエルの攻撃止めてたりしたよね。
    ノ:ノ:::::::lー - 、:::::::::::{ 0   }    .ン rlk 〉:/:::::::l
   {::::l::::::::::l斗ー.:::::::::::::::ミニ 彡       .Yノ /リ::::::::::l
   `ゝト(:::::l::{ 0 }:::::::::::::::::::::::::    U      ./:::::::::::::::l  ……。
     (::::::::/:::ミ 彡   ,::   __        γ´Y:h:::::::::l
     ゞツ  l  __,,,,,--=''-‐''''ゝ        /  {:l ゝ:::ソ、
         ':, \''(′  _,,-)       ,:'      li : :\. _     __
          ゝ、`ー===-‐''′    /     /.: : : : :/: : :>-ー・´: : : : :   どうしようか 下三

            ' .、        /    /: : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :,:    1.飛行機械から決闘盤的なものを剥ぎ取る

               >、 _  ._/    / : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : :/::    2.飛行機械の決闘盤に開闢を叩きつける
             /: : : : : : : : : : \__./.: : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : :/: : :    3.その場でカードを高く掲げる
           /: : : : : : : : : : : : : : : :ll: : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : :/: : : ::   4.その他

          /: : : : : : : : : : : : : :≪≫ll: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :/: : : : :

>>220
帰れる目処が立ったからこそダークネスに対抗するために強化していかないと

だってここで力をつけなければ真のデュエリストとして聖杯を手に入れられないからな。

黄金の鉄の塊でできたナイトを精霊にすれば便利だろ色々と

3

3

::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: {三三三三l :::∧::::::::::::: ∧:::::::::::〉
:::::::/ ::::::::: | :::::::::: / ::::::::::::i::::::::::::/ 三三三 ノ::::::: 〉::::::::::::::::::〉::::::/
: : ::::::::::::::: | ::::::: /::::::::::::::: |:::::::::〈 三三三 /::::::: 人::::::::::::/:::::::/
:::::::::::::::::: .ノ:::::: /::::: ノ::::::::::i :::::::::::>三 三ヽ::::〈 ヘ::::::::/:::::::::人
:::::::::::::::: / ::::: / ::: / :::::::::人::::::::〈三三三三,|::::::〉―ヽ::{:::::: <:::::::ヽ
:::::::::::::::/ :::::::/::::: ノ -= - - `_:::ヽ三´`三´}:::/-=- }::Ⅴ:::: 〉\:}

::::/´ ヽ、 ノ:::::::〈´ ヽ::::}   ヽ::/      レ≦Zz、 :::/:::::::/  /′
::::l 「 \}::ヽ::::::::: 〉 ,.≦三Zz、 }’      ´¨っ:::「 》 |:::::/
::::|丨   `ヽ{ヽ::/ ヘ `つ:::/`     -=- `三´  lハ/
. \ \ ヽ  }7   ゛`三彡´     -=三=-     .
 }ハ::\ ー  )三=-             〉    /
.  }/ ヽ¨´}:lム,三=-            /     イ
       八:::| ヘ三=-    { rz 、__ ,    ,  ’    うおおおおッ!
.        Ⅵ  \三=-  ` ー… ´   /
      「´ヘ    ≧ュ.、    -=-   /      僕はカオスソルジャーを召喚!
.       |: : : \     ≧ュ.、    ィヘ
.       |: : : : ::`≧ュ __ _ _ー._Lノl\    
    /  ̄l 、: : : : : : : : : : : : :|:::l:::| ̄     |  `ー  どっちを使おうか 下三
斗七´.   \: : : : : : : : : : : : :|:::l:::|       l      1.セイバーの開闢
         `ミ、...: : : : : : :|:::l:::|     ノ       2.拾った開闢
           `ミ 、 : : : |:::l:::|   /
              ` : : :}:::}:::}彡´          令呪使用や回路解放を行う場合は下三で宣言

1

2 令呪使用およびカエルとシーラカンスの力を借りる

二枚の開闢を掲げ令呪を切る

現実でも時間経ってるみたいだけどセイバーとか何してんだろうな
そういえば令呪切ればこっちにセイバー呼べたのかな?

                       __ ゞ,.....、_
                      /::::::^:::::::::::::::::::::ミ、   ひとつの魂は光を誘い、ひとつの魂は闇を導く!
                    r´:::::::::i:::::::::::ヘ:::::::ゝ::::ゝ

                    ノ:/::::i::::r.ハ、::::):::ヘ::::i:::::l やがて光と闇の魂はカオスのフィールドを創り出す……!
                     /:/::::::h::)  }::::(:::::::)::l::::::l
                   {::l::::::::ノ)ノ   ゞミハ::::;;;;;::.l 
                   ヘソ(.丁;;jゝ   .「;;;jノ{yソソ
                       弋i. ̄      ̄ iノ
                      ハ   ___'__,   .仆 、__
                        >\ _  ̄´ /}: : : : : :`ヽ、
                      /: : : :ゝ::≧≦il::ノ : : : : : : : :ハ
                       /: : : : : : : : : : : :lil: : : : : : : : : : : :.ヘ
                      /: : : : : : : : : : : : : ::lil: : : : : : : : :i: : :: : ヘ
                 ゞ: : : : : : : : : : : : : :.lil: : : :伝彡::l: : : : : : ヘ、

                 {: : ミ、: : : : : : : : : : :..lil: : : : : : : :ト: : : : : : : :>、_              ___
                /: : : : : : : : : : : : : : : : :lil: : : : : : :/ \: : : : : : : :: : >、_        .{ r´⊃
   {ヽ,  r 、        ./: : : : : : i: : : : : : : : : : : lil: : : : : : l    <: : : : : : : : : : : : : :≧ュ__/ {/ ⊃
  .く/ノ / /          /: : : : : : :ハ: : : : : : : : : : :.lil: : : : : : l       ><: : : : : : : : : : ::{{::::l  彡./
   くゝ/ /≧ュー--z_.ノ: : : : : : ./ .l: : : : : : : : : : :.lil: : : : : : }           ><: : : : : : :{{::.:l___ノ
    >、_ノ } .}: : : : : : : : : : ::./  { : : : : : : : : : : lil: : : : : : ヘ           ><、ノノ:ノ/
     \_/ノノ: : : : : : : : : : :/  /: : : : : : : : : : :..lil.: : : : : : :.ヘ                    ̄´゛
        ̄`・ー- - - - --´ ./: : : : : : : : : : : :.:lil: : : : : : : : ヘ

                     /: : : : : : : : : : : : :,'lil',: : : : : : : : ヘ    
                  /: : : : : : : : : : : : : :lil;;lil: : : : : : : : :ノ
                  く: : : : : : : : : : : : : :.lil;;;;lil: : : : : : : :/
                  7\: : : : : : : : : : ::lil;;;;;;lil: : : : ::/:ハ

                  /: : : Tーz___lil;;;;;;;;lilーT´: : : :.ハ
                  /: : : /: : : : : : : ::/ ̄`ヽ: : : : :l: : : : : :ハ





シーラカンス助力判定 直後コンマ
1~3:落ち着けシンジ! 落ち着けぇえええ! →カエル助力判定でコンマが3なら+1
4~6:いいよ →召喚判定に+3
7~9:これが私の力! →召喚判定に+6

カエル助力判定 下三コンマ
1~3:くくく、魔力を使い切ったな……?
4~6:だめだよ
7~9:いいよ →召喚判定に+3

開闢召喚判定 下五コンマ
1~9:無理
10~15:何の用だ……
16~19:状況は分かっている。我が力をもて、ダークネスを止めるのだ
20~:貴様が我がマスターか?
令呪+3

こい

ほらよ

シタァ

こい

てい

更にシタァ

カエルのゼロはどうなんだ……
+3扱いなら一応は呼べるが……

カエルがまた裏切ろうとしてると思ったら本気出してたww

                        _,rァ7ファ

                    r'7l  /ij彡彡〈
                    /jilil| ,イ⌒>、/_/_
                  r、    ├、rレ'㌻㍍ミ〉-、リ
             ///ヽ   r!:t/℡ミニヲ/rッ,ィ
             ji/ /,rヘ_rイキノtvl!ャミ、/y,イ-!
             |lj///ノヒ「Fト|イvナtイ,//-/   待てシンジ!
            _ノ┬ヒ´トlLキ〈ト|t、トレ'ヒ´::/ニ!
          _,イ⊥王ミlミトトi」ナトLト'´:,r_-‐'´    ここで令呪を使うなど

         ,イキナト|、レヘトvklノy,1レz、`く入
 lヽ、    /℡]Eナキトlレtvl、トFヽZ㍗:><三!     正気の沙汰ではないぞ!

 iミミミ-_、  ノキEk1+tノl」_トトレlvキXyシ::::/ ヽミl‐ァ
  トミミ⊥_フ‐-‐- 、rz7´  \>トFtキ'::,rァァ7彡/ノ
  `ヽミ7 ,r _   `ー、   i Vyトvィ匕丁)//     せめてダークネス戦までとっておくべきだ!
    rl/ l   ) r=、  ヽ、 l !トレk{」斗‐'´
   ノ′,`.、___ゞ='  /!  リ-,ツi/
   r-<ー_=、_,`_ー、 |/  l℡レ'′           というか一度も聖杯戦争のために令呪使ってないが
   ヽー-=ニ=-、)_人ノヽ /Hキ>、
    \`ヽl⌒ヽー、ー'´rノ_レト、キtlトミ!           セイバー怒るんじゃないか……?
     `ー┴‐-===‐'´  |liト-イミ|

                   lli|l i!ミミ|
                 ヽiミミ、
                   \!


    __,,.-、__     知りたい。一度封印され、開放された
   i´      ̄`''ー‐-.、,,

   ヽ、rテ`         `''くヽ. 開闢の使者が何を考えているのか。
    ヽヽ (:)           ヾ.ヽ、
     `ヽ.            ヽ. ヽ、 奴なら我々の目的の善悪を教えてくれる……!

      、___ ! `i、::.       _    ヽ、ノ
    う、_` ノ `>-‐'''´ ̄   ̄`'' ,/
      `''´ ( _,,, -―- 、,,/     ゆけシンジ! 全ての力をもて、「」の使いを呼び出すのだ!
         ヽゞ、___,  ヽ
        づ---‐―――'''´

     /::ノ ::::::: /::/:::::::: /_l ::::::廴     /::彡´ ヽ:::::::: }:::::::::::{、::::::: (
     `¨/ ::::::::::::::/ :::::: 〈   `ヽ;::: /    ヽ::: 〉_ ,,_  人::::::::::::ヽ::::::::::: 〉
.      /::::::::: / :::::ヽ、_::::ヽ -- l::/`.     ´〉/  _  ̄` `ヽ:::::: /:::: /
     `ヽ,::::::::::::::: 〈  }:ソzZ:≧{’_      /´ zZ三≧x   /:::: /:::::::{    いくぜカエル!
       Ⅴ:::::::::::::::ヽ/《 ⊃:i:::/ `     ´ ⊃:i:::/  》 ./ハ::/ヽル′
.         }ハ:::rヽ:::: /  ` `¨¨´.     /l    `¨¨´  ´   .// l     魔力全開、令呪を持って限界を超える!
.          j ヘl {:∨: : .       / :|           /′ |
            | ヘ:{ : : :       ヽ::::l           / / /      開闢の扉よ、開け――ッ!
.          ヘ  `: : :  r-____ __ _ ノ,     /  ./
           ヽ  ',: :   l` v ー… - ― v /     /  /
            ハ、_、: . ヽ、___ _ ,彡 ’   /イ¨´

               }::.. : .     ー―      /::::}

あれ? カオス・ソルジャーのAAが無い……

流石常識魚シーラカンスさんだ
令呪使用咎めてくれたのあなただけだよww

ここは謙虚な騎士ブロントさんを代理に使うべきそうするべき


                   .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....
                 . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
               ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
            .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.

            .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..         .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
          , .;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
    ,. ; ,+X'∴゙.':;:;::;:;:.:.:.:... .                . ..:.:.:.:;:;:;:;:.x ;、 、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        我が名を呼びし者よ、我に何を望む……?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ` ' ∵',"+',x' ;,'∵,'∴,'+,ヽ;'∴,'+,ヽ;','+';,'∵,'∴, ∵ "

            .:;:;:;:;:;:;:.`^ ゙..゙  ^ ".:.: ^ ".:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
               ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
                 . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
                   .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....

どう答えようか 下三



あとカオス・ソルジャーの代理AA募集 どうしよう代理

俺に力を寄越せ!
これは懇願でもお願いでもない!
命令だ!!

令呪復活とか無理?

デュエリストの僕として僕の剣となり盾となってほしい

闇と光を同時に持つ剣士ならブロントさんしかいない、ちびAAも決めAAもあるし


安価は ダークネスに対抗するために力を貸してほしい、そしてカエルの質問に答えてやってほしい

あれ?ワカメがかっこいい?

脱出しろよ

開闢さんAA候補 

                              /`ヽ

                         Λ          ////ハ             ___
                        l,Λ      ////Λ/ヽ       ,イ´/////,\
                        l/,Λ   ,...__,イ//// / / 〉,    ////////////ヽ
                     V//\,,/ノ´ゞV//、/》',ィ l/|   ////////////////〉
                      ∨,// } ,' くノ. ;ヽノレ、{/,/ /////////////////,/
                       ∨/{》、Y/ , ',イィノフ/ノ/ /////////////////,/
                        ,ゝヽ、、ヽ!,'、イノ,,.'"フ´ //.////////////////,/  
           ,....___         `Zゝゝ7''´;´, /,ゞ"´/ //ィ´  `ヽ/////////    【1.黄金騎士・牙狼(牙狼)】
.            r' イr-、ヽ`Y二ヽ,     `ゞ、ヽイ´,,ノ、〉/   ./´      ハ/イ/////    
        r―‐'―''ヽゝ{___,ゞl `l ̄>ー―--、`ヾィ´/  ./、____/ ∨,/,/
        レ'´`ヽ∠イ、.`ヽ / ,/  r、    /‐フ´ィ   / 、/,∨   /.  x<〉/
.               \ 、,ゞ'`、-、ノ/ ノゝ{´7`ヽ;'⌒ヽイ ,Λ/,∨x< x<   {/
                  \ヽ y丶`ヽゝ-'ヽ/イヘ { ノ ノ  {////}   /   __〉
                  \\πヽ.   l lレム, `‐フ  i  l::〉/,{,_/  x<   /\
                        \\κ丶. Vイノ /  /ヽ V///!x<      /  .〉
                        \\У \`‐'  / 「 ハ、/}/Λ_____/_/
                        \.\ 彡,ヽー' / /r‐<´        /
                             \.\_ξ_\'__/ィ´`ヽ>r 、     / |
                           _,...\ \  \`ヽ><>、 Λ,´ヽく__l
                  ____ム'ミハミ,\ \   \ハ__r'´   ヽΛ    /
              _    __,r<>〉`ヽ/ゞ、rノミノ, \ ' ,  \      〉 ゝ,  /
          ,ィ´}} ̄ ̄ 7フヽ`ヽ  \ヽ、r'"´`ヽ > . `  ヽ    ヽ/ /ハ
      ,.ィr'"´  / .,. -'}`´    〉、ハ\ >ヽヽ、__/ハ,. > .  ', /77><ハノ〈
    / {l   ノ/  ハ   / `ヽ ヽ ハ、/、  } }   }_ >'i"i´ \/ 人ハ
   /〉   Y'"´フ´     },...,r'‐‐、   ト--、ヽ/__/!, / /'"´ \ヽヽヽ、__ノΛ\〉,
.   / /  /,/ヽ}  >'"´フ   ハ ,イ   iヽ,rr〉,}/ /ヽ、   `"''‐-..、-‐′∨/Λ
  ヽノ'"´ /   '/  /     /´ヽ´   // ノ `´/   >、       \  ∨/Λ

黄金セイントとか?アナザー・ディメンジョン!

                         __,,,,..--..,,,,,,
                      __  ,..ィ`''ー     `ヽ.
                       ヽ ミ\/ .:/          \
                        ヽヾ〉\/ ∥   ,,., , ,   ヽ
                       入ヾ《| .l | l  \ |ハ::.  ,  :::l
                       //::\.l ノ.| | /,`oミ、 l::::∥,:::::::|
                       ∥::/ l l|ハ l.   ヾ.l/__/::::::::l
                    ,f―-くr.   |ヽ ヽ      lfミ7"、:jl/
         __......_,...----トコ―-ミ`-、  ヽ. --、 r- ゝ"'''‐、_
        ィ'"´‐-、.  ヽ、))``ヽミヽ、`ヽ ヽ、  `、  ーン''´ ̄""""
    /::::::::::,..ィ==ヽ,  `ヽ   `ヽ、ヽ、 `、 ヾ、/^`-´【2.ブロントさん(黄金の鉄の塊にして最高の騎士、またの名をヴァナディールのイチローとも言われる謙虚なナイト)】
   /:::::::,.ィ"´ ̄`ヽ、`ヽ   ヽ、,ー-ヽヽ ヽ 、、`ヽ y''   
    l::::::/ __      ヽヽ   ヽ-ソ''__ヽ ヽl `〉/ヽ ̄`ヽ
    |:::/ /         ヽヽ   ヽ((‐)ヾ ヽトーヽjー 、   ヽ
    \/,..ィ'''"`ヽ、  ...... l、|  o ヽ、=ノ) ) ヽ::::::::::::::::::::ヽ  ヽ
    /',,.ィ''1   |  \ `トヽ  ヽ`""" _ ヽ:::::::::::::::::::::ヽ ヾ .、
    ノ'´  :::ヽ::..... ヽ   l ,人ヽミ、 \  `´  ヽ:::::::::::::::::::::ヽ l  `ー、
  /     ::`ー-- ゝ_  /  ``ー-ミ=┤_,...ィ´:::::::::::::::::::::::ヽ l|、 ゝ、_,,ヽ
  ヽ       :::::::::::::__/ヽl__......    | `ヽn_n::_:::::::::::::::::/)/l:::::l|l. (i`"ヽヽ ヽ
  ヽ     :::::::::::::::/: /:/:::::::     l    l:::::'‐‐、_、_/`、_:/''l、ヽ ヾミ==/,l. |
    ヽ   ./"" ̄´ //::::::::::    l    l:::.  :: ::. :::::::::_〉_ヽ__   'ン
    〉__/         lヽ :::::::::      l    l:::::..   :::,ィ"、_ヽ__ヽ_ヽ―''ヽ
    レ'' l r'''''>===_l,,,ヽ...--....._   l    l::::::: __  ィ' 〉'''l ヽ. ヽ :::ヽ:,r-!、_
   /   /:.〉/r'":,.ィ'"´ r.......--''`"'''-!-........ゝ-'r''ァィ'レ |. |  |.  |:::::. ヽ:::  `l
   ヽ  /:::::| l.ハ、 lト-"__""ー―――‐"""".-く l、_| l___| | |  _l  |:::::::. ヽ‐、yヽ
   | /::::::ヽヽ -rヽ、l::::\    ,,...--―ヽ、 |l:: l.|::::::ヽ‐‐'':::::::::::ヽ :::::::::::|、ヽ|ト.`ァr_、

   |./::::: ::::::ゝ._:ヽ-、ヽ  ヽ ,ィ'"  ,,.....---!. l.l ヽl、   ̄´.ィ,,,\::ヽ ::::/:/ l.ト、ー-f、_ヽ
   /  :::....::::::::::::`:l::::ヽ ヽ_ "  ,,..ィ"  ,....--ァ=-_〉-ト---イ"-l"__r:/`l:`‐l,l  :∥,,,``ーヽ、l`ヽ
   ゝ、      :::::ヽ::::ヽ、 、  , ,.ィ,,,,..----┬┬――┬--┤ ::|、r1l:::::ヽ.イ/ l::::ヽ     `-〈
    ``ー―-----‐'" `ーyィ'''""|  |::::::::::::| .|::::::::::::::| .トr-| ::|:r‐'ヾーィ' l.l ヾ::ヽ--ァ‐フ/
                 |"`ヽ_l......!:----!‐┤―― ! ‐ー┤ ::| __|  `ヽ ヽ ヾ-ィ'",,ィ/
                 r''''" ̄::   ::〉::::  ヽ`ヽ.     |: ::::| ヽヽ  ヽ:::::ヽ-‐'"´,l"
                 /:::::::::::     l    .ハヽ:ヽ.    |:: ::::| .ヽヽ   ` ̄ ̄ ̄´
                /         |    |:|/:ヽ:、ゝ、__|:: :::|  .ヽ::l:、
               /           |    K ):,ィー--、..\_::ヽ  .| ヽ ,,
               /            l    ,.ィ'".-―‐ァ-、::::"lr''"""ー´l、
               /         /|   ,ィ'r‐''" ̄ ̄ヽ:::ヽヽ_,...-::::::::::ト|ヽ
               /         /::|  '‐-''::::::::::::::  :::| ):::::ヽ´:r"ヽ、::ヽ l

「もうついたのか!」「はやい!」「きた!盾きた!」「メイン盾きた!」「これで勝つる!」

これは光と闇が合わさって最強に見えるブロントさん一択ですわ

牙狼さんも嫌いじゃないけど、獣戦士っぽいんだよな

牙狼は闇の中にいる光ってだけだからブロントさんで

ブロントさんの人気に嫉妬

この流れなら開闢のAAがブロントさんになるのは確定的に明らか

                      .,、
                     / ム

                    ./  .ム
                    /   ム
                   .|     ム
                _----ト、    |_    【3.アキレス(ダンボール戦記)】
                〈  .   i!   | 7
                マ---、  i!   .i! |!
                    マ  i!   i! i!
                   ィ マ  |   |! .|
                _ -   ! |  |   | ト、_
               l  ∨ .ト、| ∨__/ ! .! ト、
               ∨-.∨ ト、ト、    / |_|!     __
     _ ---- _      ∨__∨ .|∧  / /  〉  _ -<:.:.:.iト 、
  イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:...ト、.〈.\  マ.ム .|\\|_/,イ./7/=イ___:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.ト、

   ∨ト、::.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.\ \ マム Y ヽノY./イ//| .|  7._/:.:.:.:.:.:.:.:.:./
   ∨ \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、:.\ゝ\_i. ヽ____イ/=/  | .!二ヘ二二二ト、/l
   7ト、  \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、|ト\\≧--≦-- |i ! .|/7//  , -、リ、/
   .|  ト、  \_イ二二ト-!:.\\ゝ / ̄\ Lノ_7/i!| |  {  }イ
   .|    ト、 イ  _ ム7--ムト、\\  / /:.:.|〈/ムマ   ̄ノ
    \    |  /  } |7  ∧\:\ 二 /:.:.:/∧イ≧‐〈
     \_  〉、  ー‐ //    \\:.:.:.:.:.:.:.:.:/  ∧   .∧
     / =-= ≧7-イ/〈      .\\_____/    〉   .∧--、
    /      イ:::::人/ >ト _   .マ:.:.:.:./   イ ト、_____ノハ  ヽ
イ≧イ/i    /:::::::::::::::::≧----=__ト --〉:.:.:/!__イ マ / \////ノ  |

 \\/≧-//:::::::::::::::::::::::::::∨三三二=マ:.:./三/::| \\   ̄ ̄ /ム
   >ー‐‐‐、:::::::::::::::::::::::::::::::\三三三.ヽ/三/:::::!   \≧===イ   \

本当に開闢を謙虚なナイトにしていいのか……!?
ぐぬぬ、騎士甲冑つけててAA豊富な奴なかなかいない……

かまわん やれ

謙虚で光と闇が合わさり最強に見えるメイン盾のブロントさんが良いと思いますでFA!

不意だま=二回攻撃
生半可なナイトでは真似できないホーリー=除外効果
光と闇が合わさり最強に見える=光と闇の双属性イメージ
来た!盾翌来た!メイン盾翌来た!これでかつる!=割と簡単な特殊召喚効果

おいィ?ブロントさん=開闢であることは確定的にあきらかなんだが?
攻撃翌力3000でフィールドを蹂躙しちゃうとかすごいなーあこがれちゃうなー

ブロント語で煽るのやめいw

その開闢カッコいいですね

それほどでもない(謙虚)

それほどでもにぃ

ブロントさんはあもりにもゆうみえすぐるから安価のさーばんtにもなりがちだが生半可な作者ではかききることができぬえ
人気が高いのはあまりにも当たり前だろう

              ,r,===-、
     _       //    `ヾ;  なぜそんなにブロントさん推しなのだ
   ./ ._`>、-r=- 、__l.l,r-、   リ

   /   _(_)-'、/  /ミ=-=へ`ヽ、   余はブロント語で話す開闢も
   i _,(_)-'ヽ/  /    `ヾ、 .',
   V(_)-' i ,'  ,'        `ヽ,   偉そうに古めかしい言葉で話すブロントさんも
   |,イ. l .ヽl  .l             l
   _.Y、 ヽ、l  .l/l/l/l/l/l/l/l/l/l/}  いまいち何か違うと思うのだが……。
 /:::::::ト、ヽ,.l  .| ーr-、_   t-イ.リ|
 ヽ:::::::::Y⌒'.j  .| .|::::l   l::::::| l l
  ヽ;:::::j .、j l .iリ. ',_ノ   ヽノ )l   しかし騎士キャラのAA全然見つからないな

   `ーイ`ー,l .l           , イ/
     |:::::::'イ`フー-ryry-イ ./リ    甲冑で顔が隠れてる感じの騎士AAまとまったの無いものか
     ` ̄´ ./::〈::::)-、,r|::Y|

         .フ::::::f::::l全l:::l:|
          ,r/:::::::::Vノ-、r',:`ヽ、
      ./:/==--}l| _,イヽ;::::\    仕方ないのでここから投票 先に三票入ったので決定
    /;;;;;;;´;`;^;^;^;l|´゛| | |:::::::::>,   1.牙狼 2.ブロントさん 3.アキレス 4.他なんでも

    /ノVVVV,f-/VvVvl,イVVVVV`
         .し'      'J        ただブロントさんよりしっくり来るのが見つかったら後から変わるかも

開闢がブロント語で喋ってもいい。自由とはそういうものだ
というわけで2

2

ブロント語でしゃべる開闢じゃなくて開闢=ブロントなのは確定的明らか

ブロントさん

2

満場一致の即決じゃねぇかwwwwwwwwww

だってブロントさんなら盾になってほしいの一言でついてきてくれそうだし……

::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l\∨//∧::::∧:::::::::::::::∧::::::::∧
::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: {      l :::∧::::::::::::: ∧:::::::::::〉

:::::::/ ::::::::: | :::::::::: / ::::::::::::i::::::::::::/      ノ::::::: 〉::::::::::::::::::〉::::::/   
: : ::::::::::::::: | ::::::: /::::::::::::::: |:::::::::〈      /::::::: 人::::::::::::/:::::::/
:::::::::::::::::: .ノ:::::: /::::: ノ::::::::::i :::::::::::>    ヽ::::〈  _::::::::/:::::::::人
:::::::::::::::: / ::::: / ::: / :::::::::人::::::::〈      ,|::::::〉´ ヽ;: {:::::: <:::::::ヽ  
:::::::::::::::/ :::::::/::::: ノ -= - -  _:::ヽ      ´}:::/.┬ 、}::Ⅴ::::: 〉\:}  僕の剣となり盾となってほしい……!
::::/´ ヽ、 ノ:::::::〈´ ヽ>-...ハ´ヽ::/     レ:::::::l / :::/:::::::/  /′
::::l 「 \}::ヽ::::::::: 〉 ,./ |:::::::::::i  }’     `っ_/ ′.|::::::/  ヽ

::::|丨   `ヽ{ヽ::/ ヘ `つ:::/             `¨´  lハ/      
. \ \ ヽ  }7   ゛ `¨¨´        ヽ      .         頼む、カオス・ソルジャー!
 }ハ::\ ー  )                〉    /
.  }/ ヽ¨´}:lム,                   ィ

       八:::| ヘ         _ -   ノ   , ’
.        Ⅵ  \      `ー… ´  /
      「´ヘ    ≧ュ.、        ./
.       |  \     ≧ュ.、    ィヘ
.       |    `≧ュ __ _ _ー._Lノl\
    /  ̄l 、         |:::l:::| ̄     |  `ー
斗七´.   \.            |:::l:::|       l
         `ミ、      |:::l:::|     ノ
           `ミ 、 .   |:::l:::|   /
              `.   }:::}:::}彡´
                ー-〉::〉::〉-=-
                 |:::l:::|

甲冑でってのがなければ悩んだかもしれない

この開闢は忍者デッキ嫌いそうだな

        / ,イ ハ /! ハ i!  ∧    .∧   !    .マ  }
       ./, イ7.7 ! ,'.i!\マ!', ハ マ   .,',、ヘ   |、  i!  マ  !
  `ヾ=- 、,/' _マ 7 !., .irミ 、\ ! ヘマ  ハi! ',ヘ  !マr |  マ |   ほう盾役が必要なのか。

     ` <  `/  i!i! .ヽ、弋ラrイ. マ...._,, r ≦´__! マ .i!  }、 i!
        ` <  .i!     ´  } マ i! ゝ弋ラ 'ラ .マ! ,'./ ハ!   現在失われし財産である盾の英雄
           .', i!       .リ  .マ!   `  ´ /}! ,' / i!
           マ i!      /          /、! ,r=、     俺以外にその任が務まる者はいないからな
            .マ!ヘ     ヾ、,,        ./二! /≧ > 、
            マヘ} 、   、._        , イ  !,' V ̄ '''''' =`-
             ,rf.i! ヘ     ` -=  ., イ 7 i!./!'            ,、
             トミ=-、 ヘ     , イ /  7 i!/ i!          , イ  .ヽ、
           __ i!::::::≧ヾ `、=-≦---- =≦ }/          , イ    _,, ヽ
直後コンマ

1~3:やだよ
4~8:いいよ
9:きた! メイン盾きた! 契約をここに!

グラットンすごいですね

こんなのりの軽い開闢ってのも解るけど原作からして開闢といえば我様だからなぁ

セイバーからソルジャーへ変更のお知らせ

>>281
お前がNo.1だ!

マジか

>>281
それほどでもある(やっぱり謙虚)

                    /      /     ./.  / \
               /      /   /  /   /   \     俺がPTに入ったからには
               //       ./   / ,.イ  ,   /    \ 
                //     /  /i   | /  /.  ∧  ',   全ての攻撃を受け止めて勝利に導いてやろう。   
              ,/     /  > |、/Ⅵ   //  _,. ∧
                ,        / .Ⅳ\ ! /./, <  ∧
            ー== ‐ -   .| /. ー-一´ Ⅳ|/.ー= ',  /___  この身、この盾、お前の戦う戦場に。
             > 、 ー=  |/.          ヽ  : ./ > '´
               |   >- ,.イ.           ´  ' /´     契約をここに――!
               | ./|   /!::レ:\.    r ==フ ,イ/
               |/ .| ,イ::|   :::::丶   `ー一 / |!___      
                   |/|.|/|.   ::::::::>     , '  ヽ.`、     __
        - ― - 、    Ⅵ≧ェzzz- 、..,__` T____   } .∧_,,.. <  ヽ
      /        >.、r ┴<三ミ三三三三|i三i|.   } ./   \.  /
     / -―===‐ - \_____ ` . ー‐┐|!,.イヽ、._/ /  ○ \ ̄|
    /            >\_∧  | □  | |i! lコ洲|!. /.       \ト、__
 /      -===      /  ヽ \    | |l! ,.ィ≦|i|/           |   入

     __,l'''''‐-.,_ ___
 _,,r‐'''´:.:.:';.:.:.:.:.:.:`'´:.:. ̄''ヽ、
 `i,;,;.:':.:.:.:.:,:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:く
 ,/',;,;,;,;',;/.:.;.':.l:ヾ,r''7:.:.;.:.:.:.:,;,;`、
ム7:,/:.:.:,iヾ,;,<´`''''7:,;.:.i;,:.:.:,;,;,;,;,`   えっ!?
 く;レ!;r',r-ゝV_  _!.:i;.:.iヾ,;.:,;,;r'´
.r'´、ト! ' ,f。 ,!   レ'--'、i'i,;,i,;,ヽ
.i  ! ヽ`ー'    f。 ,! ,! レ';,r''''’
. `ーl        `ー'っ ,!''<

   `、  `ー‐‐‐‐ 、   /  ,ノ
     `i、  ̄''‐---' _,,./--'’
     `Y`ー--‐‐i7’
    i´ ̄ ̄ll ̄''‐┐
    ''''''''''''''''‐‐-- !


   l    l      .l     .l   .l   .l    l   |   !   .|   ,!   |     .l゙     ./    ./
..   l,    .l     │    .!  │  │   .l   !   .|   .l   ,!   l     .l゙     ./    /
、   . l    l      !     l   .!   !   .!  ,!  │   .!   !   l     /     /    /
ヽ    .l.   ..l     .l     |  │   l   .!  |   .!   l..... / ̄ ~/....   /     /    /    ,>
. ゙l,    .l    .l     .!    .l   !   !   .,!  !   l   ,!....../   /___゙!     ./    /    ,/
  ゙l,   ..l,    l     l    .l   !   !   .|  |   l...../ ̄ ̄          /.      /   ./    /
.  ヽ   .l,    l     .l    .!  .!   .|   .,!  .|   !.゙/__   __     /.     /   ./   ./
   ヽ   . l.   .l.     l    l  .!   .|   .|  .,!  .!  │./   / /   /     /   /   ./
ヽ   l    l.   .l     |    l  .!   .!  │ :!  .!   |./   / /   /゙l゙    /   ./   /    ..
. ヽ   l    l   .l,    .!    .l  l   .}  .|  :!  l.   /   / /   / /    /   ./    /   /
  ヽ   l   .l    !    . !    .!  !  │  !  |  l.... /   / /   / l゙    l   ./   ./    /
   ヽ   .l   . l   .l    l.    l  !  │  .} :!  !..../μM/ /   / _ _ _... /   /   /  ./
.   ヽ  ..l,   ヽ   l    !    !  .l..........!  .! : l゙  .|.-....,!   |/μM/ / // // / /   ./   /  /
.    ヽ  .l,   .l  ,., !    .l´´― l  .l‘゙゙゛ l  .厂]  .!`´ ,!   ! ''┤  /M//M// /. /   ./   /  /
ヽ    ヽ  ...l   .l,゙ -‐' l    ∟.._,.|  .!."." l  テ‐}  |.‐゙"l   l゙‐ /   /  .゛.../ /..゙/-..,、/  ./  /   .,.
 ヽ    .゙ッ.lニ. l   .l. ii..│   |.lyi │ }ニir !  .'l!リ  .!ニニ|   l: -.!   ilvニ;;..゙/M/ iニ=../   ,i′ /   ./
  ヽ    . l´'' l  ..l / . l   .l''"´ .! .| -‐l  lヤ} .|、' ┤  .l゙ .l   il \ .゙/   ./._..;;〃  ./ ゙' /   ./
.   Λ    ヽ ...l,  .l /..l   .l,,..,ニた l ..、. |  .∟|  |...".l   !.コ7   .i" ゙'ッ,./   .i{, ゙く./  ./ .ヽ/  ./
.   ! ヽ   .ヽl゙ . l   ll .{、.l   l/゙ー ! .!.ノソ|  .| ! .|  'l   !.、.l   l゛  /   / ! ./  ./  ./   l゙
   l  .|ュ   ゙!l、 ゙゙、  .'ヒ、.゙!iリ、  l.lii、、l. |.'" l  .| イ .l'/^l  .|.'‐l   !._..;;//   / ./ /  ,i′ /   ./
    \. `!.   ゙.l'-..l、 .l,`'ー⊥  .l,,. >| .!‐.i、|  ,!..| .l.ニi|  .!勹   ,llr''彡′ ./‐゙,,./  /  ./   /
     `'-、,    ヽ ヽ  .lー- l   リ「、_:.l |  . |  | :! l.│  ,!.│  i!",゙,../   /'" /  /_..-'^_ /
.        `''ー ..,_.ゝ ..|, . l.`゙''''.l  .|'‐; "} .l.....、.! .|│ l´...!  l ,゙l   ,!´.''''/  ./ .,,,/ ._,゙ .'''´
            `"ヾ- ...゙‐'‐ λ  l _、.l !゙゙ゞ.| .| | l;;iネ  ! .l゙  / : -/ ._,....ニ.‐‐'"´

                    ` ." '"丶~!-ゞ゙´゙". ニゝ:!`゙! .--´゙! ‥‘ " ゙゛

                   ナイトのサーヴァントと契約しました。

直後コンマ
偶数:令呪獲得 奇数:何も

いよ

新クラス:壁

ほい

駄目だったー!

                 _

            -‐            >       もっとも最優のクラスであるガーディアンや
            /               > 、
        /              <::...  ::.. \  二番目に最優のセイバーになれないわけではないが
        '     l      卞、    `;:::::. :.ゝ、 \,_
        /     ハ     ト、\\  ∨: :.  ̄ .\_  -― フ  ナイトはクラスを選ばないからな
     ,..::.       !:.i       | \\>´、   _,.ィ.<   /
.     , .:.: /l     ,:::ト.、       _У-‐- 、∨ ∧/-,  ./
      i.!:∨:.:i    ,. ' ∨  V|/,イ__i__i_ノ }  | //  
     !|. :. :.:.|.  ∧ .i  ∨ .′          |,イ ! ./\
     !:.;.. ハ ,ィ==、レf气V\       / .|ハ.У|:.∨\,_

     l.:.::,イ    ', ./ .{./   ヽ          j |  !:. .\
     Ⅳ::.|、.    ,`¨´      <     /   ,!  i:.:.:\\
      /.\! i∧\ '.,         ,.  '´     , ', !:.: .: .\ゝ
           |!∧'.,\>、     /       ,   |j V_ :.: :\
      ,.ィ´  ∧i∨| .>.、            ,   ∨   /‐- ゞ、
     / _, -ー=.ヾl  l .> ,ィ´\      /:.   / / \\
    ./,/´      ', / ,ィ<    ∧` ー.´::..   / ,.イ  ̄ `\ゞ、
    ´         },ィ≦王王王≧ `ヽ:::::::::.. .: , / |:.:.:.:.::.:フ7
           /三三三三三三三l|!:..:.:.:.:. ,:. i/.  !:.:.:.:.:{三|!


    __,,.-、__      開闢様、開闢様、一つお聞きしてもよろしいでしょうか
   i´      ̄`''ー‐-.、,,

   ヽ、rテ`         `''くヽ.
    ヽヽ (:)           ヾ.ヽ、
     `ヽ.            ヽ. ヽ、

      、___ ! `i、::.       _    ヽ、ノ
    う、_` ノ `>-‐'''´ ̄   ̄`'' ,/
      `''´ ( _,,, -―- 、,,/
         ヽゞ、___,  ヽ
        づ---‐―――'''´

最強のサーヴァントのナイトが居るんだから令呪なんて必要にい(やせ我慢)

令呪なしってことは野良鯖扱いなのか

       .   ̄ ̄   、
     /          : :\
    〃     /ハ   : : : :ヽ   おう何でも聞いていいぞ。
     /  .: :   |ミュヾ |ハ : : ハ
  < ̄ ̄Ⅵ:.  |`”'' " く : リノ‐ァ 
     `:ー- Ⅵ:. 人    ノ/彡''
     ヾ : : }ヾ:. ミ   --:´
      |:.:./  ` >‐:--'_
      _j-─── - -==={{, - ─   、__
      }/´ ̄ ̄`ヾー--= }}, -=ミ、 \: : : : .
    /´ ̄. . . .   \ー〃: : : : : : .\ \: : :
  . : : : : : : : : : : : : : : . \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \ ): :

〃      ̄`ヾ: : : : : : ノ `ー=::::::::::::::::::::〃\


              __,、
      /●ヽ ̄ ̄  (●   抑止に封印されていた間

      /    ・ ・   l
   _/    /´ ̄`\ ヽ   開闢様は辛かったですか? 外に出たいと思いましたか?
 γ´ /    ---------ー-〉
 /  l  /          /ヽ
 ゝ  \ ヽ        /  l
 (__,) ヽ__).,____,メ(_____/

禁止になったカードが何を思うか……
確かに気になる。ダークダイブボンバーやインゼクター・子征竜……

トリシュ「よんだか?」

そういえばトリシュも仮出所したな、腹黒ブリュは獄中だけど
あとインゼクターはまだ制限だった

                              ,、-‐ "  ̄ '‐- 、

                             ,、 "´          ` 、    俺は最強の精霊だったから
                         ,、 ´                     `、
                       . "                       `、 あらゆるPTに呼ばれ、どんな奴とも共に戦ったことがナイトの誇りだった。
                      ´"/                    ',

                       /                       i
                     ,. _ '/ /  /l/i    ,              i 誰もそばにいられない終焉の奴とはちがう意味で孤高の騎士だったが
                       ヽ`ヽi /i゙i/、 ',l,  /i /ヽ i、 、         i
                      ヾ、l il:"i"ャメ、', /ノ:i/,,、-',i‐、l   ,     i そのときの俺のナイトとして不完全なことは気付いていた。
                          ll, . 'i: :ゝ":':',`: : : :ゞ_ヌツン:ii  /ヽヽi‐‐゙‐--,
                          i i i. '; : : : : :i: : : : : : : : : :'/ /: : :`、: -ヾ´ ウィッチ、マキュラ、サイエンティスト。
                         ゙ ゙ヾ: : : :./: : : : : : : : : :/, -‐ ''".l"ヽ `
                           ゙;.: : : : :` : : : : : :.:.///._   i  `   俺に会いたくも会えない精霊達の声名。
                       _,,,、、 〃`、.:"::`:ヽ: : : /: : /: l 〉   i
                 ,ゝヘ、-‐''<  ̄ /、 i、:ヽ: : : :_ .<: : ;,、‐"l/   ベ     
       ,、       /  〃 / /斧/、,`仆、,:`::_;二=‐" / l\',ヾ、
      /:::::::`:.i _,, </ 〃/  ./ /俐ゝ> 、∨liゞ-、--‐‐<   :::::::ト斧ム_ 、
      〈:::::l丶:::l´ ,,:::/ ∥ i  ii  i俐}:::::::::::  `ヽゞ‐ヾ        :::::寸彡=‐-‐==丶‐-、
       N:::N:::ゝ,.    ソ´ヘ、.ll l俐ミi::::::::    〃          -/  <  ,,=‐"´    ヘ    謙虚なナイトは戦場で十二分に十分働いていたので
       ヾ:::::::::::::i. >、´ァ ゛ゝ\ j洲斧〟:::::::::::〃 ....::::::::::     〆;:::;∠   /         へ、
       ∧ ::::::::∨ 、黄金鉄ili ヾ俐洲斧、::::::〃:::::::::::::........==ュョチ/ /"::::.../         '''';;;;::`ヽ、抑止に従って恵まれない精霊に会いにいくことにした。

      ./ ∧ :::::::∨ ヾl  ャツヾ∠洲洲洲斧斧=ュ;;;;;:::;;;ョッノ洲洲叨/   ':〃               '''';;;;::i
     .〃ヾ''∧ ::::::∨ミ、 ><´  ` <昨洲洲洲斧斧斧斧中=-""   .:∥                   '';li
    /:::::::::;/∧ :::::∨;.`‐´   : : : ::::::::::::::::::::::. ̄""""鬥=彳´ ̄,,, ̄::::::∥                 : : : :ヽ  それだけだ。
   /:::::::::/lll〉 〉 ::::∨俐、     : : : :::::::::::::::::::::::.......  ...:::::::::. `゙ :::::::::∥          ...::_==、,: : : : : ::::ヽ
  i  ,> ´/i' .ハ :::::∨俐i、      : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.  `:::∥       >.:" ̄   `ヽ、: : :::::∨
  .j〆_ <  }l ∧∧ ::::∨洲ム       : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.   :∥     >:::::'''    _. === ミへ::::∨
 /lヽ     ./∧llll∧ ::::∨ l寸、           : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ∥    /:::'''   _> "二==、.ヽ 〉,>、∨
 lll:::::i    ./ l:∧、lヽ :::::∨/.lヾュ        : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::∥:l   /''" '':...../ <ィ俐洲斧ュ|l l:::::::::゙|l
 .lll::::l   ./   ヾ  ll∧ :::::∨\ ヾュ、        : : : : :::::::::::::::::::::::::::∥:::∨/  ._  /./イ| o: : : : >寸l \:: : ||
 ヾュ/  /  o 〉  l ∧ ::::∨ \ヾュ        : : : :::::::::::::::::::::〃 : ::::〉\   ¨ /∥洲|| ヽ、: : : : : : : : ヽヘ、ll|




      /⌒ヽー、,__ _    ……。なら、あなたがいなくなった今、それこそ禁止された精霊は……。
    /             ` ヽ、
   ( ^ ⌒ヽ             `ヽ
    ヽ_`´ \              `ヽ、
      ヽ_                   )
       `__ヽ              ,-ー ヽ

    ">,、 _ヽ \        /  ,-  ⌒`,
    " ̄ cノ  ) )  ヽ      / /     ノ
          >   ノ     l、    / ノ

時代が追いつけば出所できる奴もいるんだよね

追いついてはいけない気がするんだが
これ以上の高速環境になったら正直遊戯王やめると思う

だけど……どうやっても戻れない奴も居る……
マキュラにウィッチ、ヤタガラスに終焉……

 .  、  .|     lヽ  ヽヽ  ヽ ヽ   ヽ      ト ハ
   l  ,i!      l ヽ  ヽ ヽ、'., ヽ  ヽ     .|ヽ.l
   l.  ハ   ヽ  l  `ヽ ヽ ヽヘ__ハ  ヽ   i .i .l ヽ
   i! .l ヽ i!  ヽ l   ヽ,l>イヽ ハ   .ハ   | N  _ --'''フ
   .| .l l .l ハ   i! ハ__>/: l: :__,.z、l.   ハ--―'':¨_,.-ィ.:/
 ∧.l‐ヘ=--ハァ\ .lヽ ', ==''''弋::::::::ハ   ハrフ: :/: : :/

 ___|」二ニ=i: :ヽ.ヽ、|: :`ゝz、.,___,.>'': : ::l',   ハ' : : : :/
   | 弋_:シ: : : l: : : : : : : : : : : : : : : : :l  .j ハ.: :/
 ゝー-=-‐'': : : : : :l : : : : : : : : : : : : : : ::j   i! .| ハ ,>   お前に禁止化の何が分かる。
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : //i  ハ.| i! l ,ァ
 トj: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /,イ /  .トハ/
 .∧: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : // i j   |       ナイトは強すぎる敵仕様。
  .ハ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::/: :ィ' /   |
 .  ハ: : : : : : : : :───: : : : : : : :/j /   j       圧倒的な力でプレイヤーの逆転の希望となり
 .   l`>、: : : : : : : : : : : : : : : :/| ./ i .∧ l
 、 ヽ  ヽ  `.ハzr 、: : : : : : : :/::::::|/ /l ./ |/        その一方で見るのはプレイヤーの絶望。
 . ヽハ\ハヽ.l ヽj:::::::::::`:::::::::´:::::::::_ノ )>.レ'

   `     >二ー-::::_:::,r‐≧''   l.           
        l>--==-  `´/ /    _ノ.∨         勝利の歓声を浴びながらも、俺達に残ったのは冷たい責任感。


    __,,.-、__
   i´      ̄`''ー‐-.、,,   なら、抑止は恨んでいないと、言うのですか!?

   ヽ、rテ`         `''くヽ.   
    ヽヽ (:)           ヾ.ヽ、  封じられる前の方が辛かったとおっしゃるのですか!?
     `ヽ.            ヽ. ヽ、

      、___ ! `i、::.       _    ヽ、ノ
    う、_` ノ `>-‐'''´ ̄   ̄`'' ,/
      `''´ ( _,,, -―- 、,,/
         ヽゞ、___,  ヽ
        づ---‐―――'''´

>>303

多分DDBも………

.:.:.   i      :::::.       :::::..                    ∧
:.:..:..  !        _:::..    i:.:.:.:...       |       ∧     ∧
:.:..:..   l.      ハ::::.     !:::.:.:.:..      |        ∧      .∧
:.:.:.:.. !.!      ':::|::::.    l:.:.:.:.:.:..    |::.        ∧     ∧
:.:.:.:.:.. |.!     ,:::::!:.:...   ∨:.:.:.:.:....    |:::.     .:::..  }  ト、  ∧
:.:.:.:.:.. |i    ' .,::::::|:.:.:.     '∨::::.:.::..    |::::.      i::::.:|..    .::',  ∧
:.:.:.:..:. |!     ,' ;::::::|:.:.:. :.   ′∨:.:.:.:.:.   |:::::.    ;!:.:.:|::::/  .::::}   .ヘ.
:.:.:.:..:.. !   ./ ,::::::::|:.:.:.:.:.  ':.:.:.:.∨:.::::    |::::::.    .:::|:.:.:|::/   .::::ト、   ハ
:.:.:.:.::.:. .::. / /:::::::::|:.:.:.:.:.. / .:.:.:.:.∨:.:.:::.   |::::: ::.  ..:::':::.:レ´   :::::! .\ ,.イ
:.:.:.:.:.:.:..::.:;イ /:::::::::::|:.:.:.:.. /  :.:.:.:.:∨:.:.::..  |::::: ::.  .::::,'::::.:::.:;  - <  ´ ./
∨..:.:.:.:.:./ l / ::::::::::::i:.:.::.:.,.    :.:.:.∨_;:.:-‐,'´:: ::::. :::::イ,.. <    _,ィ  /
::∨:.:.:.:/ j/::::::::::::::::|:.:.:∠ - - ‐.:.:.:∨:.:.:.:,_,.,::: ::::: ;:,' |    ,. <  }  /
::::∨:./ _,,,..  -‐ ヤ テ-- ‐ 一  ィフ.´ ̄::::,:::::::;.:;  !  ,∠ヽ     /
::::::.Ⅴ〃`.< ,ィ≦ 弋 .モナ /    /   :::::::}:::::; ;   !/   }  /  /
:::::::::::::::::::::::::::` <   `¨¨´    >.'    .:::::,: ::::/  |:.    / /  /
:.:.:.:i` :::::::::::::::::  ` ¨ ¨¨¨¨ ¨ ´       .::::;::. ','   .l::.  //. , ′
.:.:.:.|   ` ´                .:::::;::      ;:. /  ./
:.:.::.|                       .::::,::.    ,::::.   ,イ   おまえらがが考えたことは分からないでも無いが世界は無罪。
:.:.:::|                    .::::;::..     , `ヽ/ l   
.:.:.:.|                     .:::;::.      /  |    普段は温厚で優しい世界も相当の苦渋の選択に迫られる時はある。
.:.:..:|                    ::::;:::..  i  .レ´    !
.::::::|                     .::;:::.   .l  '::      |
:::::::| /::::::.                .:;':::.   l  ::       l   また活躍できるのは嬉しいが、それを喜べるのは世界が俺に追いついたから。
:.:.:::レ::::::.                 /;!:::    ! ,':::.i    .l
                       /!::|:::   | ::::::l  ト、. ∧  自慢じゃないが俺は出所組の中では一番の良バランスと言われている。
                   ,.イ l:::|::.   |. '::::::|   | \∧
                      ,. .: :| |:::|:::.  ,イ ':::::::!  !   \\
-   -――‐- .、       /:/:::::! !:::l::::..  '.|/::i::::,  .l     .\\
                   /::::/::. !、::::l:::::. ,' i!::::|:::,   i      \
....._____          ./:::::::/::.  | |::::l::::.. /::::!::::!:::.   |
::::::::::::::. ´        /::::::::::/::::.  l/|::::l:::::/}::::::::::|::;    l       この話はこれでひとまず終焉。
:::::::::::       / ::::::::::::/:::: ,イ !::::|::/ ,.::::::::::レ     !

今日はここまで。

まさか開闢がブロントさんになってサーヴァント:ナイトになるなんて思わなかったな

         ゝ≦⌒ヽ
       / /  , -、.},- 、
       レ′ //i∨/∧ `<ー- -、

        .>ー―- ー-\、 \ノノ ∧
       ./          ヽ  ' ,/ }   どうしてこうなった……
      / Y      ,    ∨∧ ソ
      レi .{  ノiナナ∨ヽナナヽ|! .∨∧ ',   
       Vヽ 1. ○  ○  i∨i   ! .}ヽ
.         / .|           / 'ソ  /./  \  遊里の未練が残った魂を吸い寄せて
        | .人   ̄   /    /ノ __>´
       /Vヽ ≧ァzァ=≦/   /、}ノ      千里眼スキルで読心まで可能になったアーチャーとか
      /____.父,∠二二ヽ父ヾ ー`

        〈{::.(__8.__):::::::}〉        三画強化に回されてさらに三画持ってるランサーとか
.        /::::/}::}X{:::::::{∧:::::\
                             強敵になるはずだったのだが……。

そういえば開闢の使者ブロントさんはどのくらい強いの?

馬鹿お前ブロントさんが英霊ごときにおくれをとるわけないだろ

だが謙虚でモテる

シンジ×ダルクが見たい(迫真)

遊里は夢のフラグが潰された感がww
それだけ敵がチートされてたらこちらが鯖2体でも問題ないな
Mr.Tが出落ちでオレイカルコス強化真アーチャーが大暴走でもおk

ついでに遊里も真アーチャーに搭載していいよ
完璧なラスボスだな

もう帰ろうよぅ・・・

異次元からの帰還が正常に作動できれば良いが、失敗して不発したり0出して別世界行ったら笑える

ブロントさんのステータスは一の位が9で終わりそうだ

ブロントさんと真アーチャーのデータが決まらない どちらも宝具で悩み中
一度は多重次元屈折攻撃にしてみたものの、アサ次郎のスキルと同じ宝具とかいまいち地味になってしまうし……
アーチャーの方はどこがアーチャーなのかさっぱり分からないし

型月の弓兵なんてそんなもん

ここは 生半可なナイトには真似できないホーリー(除外効果)を宝具にしてはどうだろうか
アーチャーは飛び道具もってりゃアーチャーってのが型月だから大丈夫

カオスソルジャーなんだから究極竜にライドとか


昼食を終えたあとのティータイム。
カリムが緑茶を啜り、セイバーがペットボトル入りの炭酸飲料を飲んでいる。

緑茶は、セイバーのためにと思って買ってきたのだが、
セイバーは現代的なものの方に興味を示し、現在はジュネスのペットボトル飲料制覇を目指していた。
全50種以上存在するペットボトル飲料のうち、既に半数以上は飲み終えている。

そんなに飲んでお腹を壊さないのかと心配になるが、サーヴァントなので問題無いようだ。

            __

        ,  r、´__ `¨  、
      / /」  ヽ―- ミミx ヽ\
     / イ´ ,. |       `ヾ. ハ ヽ     ところでセイバーさん。

    ./  / ハ.! | | |  |  !  ', ',
    /  i  iヾー! ! i! l!  .ト、 l.|   | |
   i   ! ,L==∀∨!斗=|‐トi!   | |     下三
   |   Y´|ィチミ Ⅵ '仔ぅミx!   .! |     1.生前はどんな暮らしをしていたんですか?
   | .'   Ⅵ.マ__リ  ヾ b__ンイ!  リ  !     2.私にもデュエル、始められるかな?
   | ト,    ハゝ   、       l  .′ |     3.そろそろ他陣営のことも考えないといけないと思いません?
    .Ⅶハ  圦    _ _,   .イ  ハ  .!     4.他なんでも
    ヾ| ',.  |.:.:.> .    .イ:Y  ./.:.:\∧
     .}〈|  |.:./.:.:r!≧=≦-'1|  .ハ.:.r‐‐' ハ
     ./ !  l/_.:.人__Y__ . -‐i!  L_V_,、 _!
    /.ィ |  l  _ /_    | /  /.::::::`:.、
  /.::::.V / 〔_イ:只ト、__:〕  | { ,.イ::::::――‐`>―_ァ
 /.:::::::::::/ /  ./:/ヘ|ヘ     ! l::::::!::::::::::::::::// ̄:::}


鯖データ未完成なので、閑話休題カリムさん

2

なんで燕切ろうと思ったんですか?

3

なにこの圧倒的なデュエル指向wwwwwwww

      ./  /.:.> ´ |      ` <.:ヽ   ヽ
     //  / ´  ∧!         `ヾ    ',
     //  !  ,ィ /^^|     |  |     ',    ',
      | |  l ./ | !  ! i    ハ  | .i!    |     !  私にもデュエル
      | |  | | rf´ ̄l`i!  l 「 丁iト 、  !!   ! !
      ! |  | 'l´ ,ィ≠ヤ{ \ !  アミトx.  ||  リ |  始められるでしょうか?
    l l  l  |.《 ら::::::}   ヾ. ら:::::} 》. リ //! /
    ! ハ ハ i {  マzン      マzン / / // l/
    !/ .ハ. ハ`ゝ         i     /ァ' .,ィ' /'
    .′/,.:1 ハ、       、__ _,     /  / !
   ,' /.:.:.|   ハ\         ,.イ  /  !
  ./<__/:.:|   ∧| `  、    ,ィ.:/  /.:\|
  /   \.:.|   ∧_   ` ー ´ト, /  {.:`r ´!
../     `|     ハ `ー、 r― '/    |/  |

    /:::::::::::::::::/::::::::/:::::::::|::::::::::::::::::::::::',::::::::',
.   //::::/::::::::/::::::::/:::::::::::l 、:ヽ::::::ヘ:::::::::,::::::::i   まあ、魔術回路とデッキさえあれば
.   /i:::/::::::::::i:::::::/ i::::::::::! ヽ:ヽ :::ヘ:::::::,:::::::|
  / .|/l:::::|:::::|::::/ ヽ ヽ::::::|   ∠\:i::::::i:::::::,  一応やるだけなら誰でもできると思うけど
     ヘ:::|:::::|:/イ::::: ヾ ヾ:|  f::::::ノ ヾ::/! .V
      ヾヾト Vーソ i    廴ーソ/|:´::| i
.         |:ハ ` ̄´  ,    ̄´ l::::::|ノ|  それって教会的にどうなんだ?
.         |::::i               !:::::,:::::!
.         |:::::ヽ     ´  `    イ::::::i::::::l  聖堂教会じゃ異教の魔術はご法度だろ?
          /::::::| >       イ l/::::::,':::::::l
           ヘ::::!   i ‐ ´   l |::::/:::::::::l
            ヾ ∠`l       ! /::::::::::::l
            ∠ニ|   _    /ニニ≧ 、:|
      x<ニニニニニ|∠ ニニ ヽ /ニニニニニニ≧x __
   ,<ヽニニニニニニニ|ニニニニニニ/ニニニニニニニ∠二二 、

  ,仁 二ヽニニニニニニ|ニニニニニ/ニニニニニニ ∠二二二ハ
  ,仁 i二二ヽニニニニ.ヘ ニニニ./ニニニニニニ∠二二二 /二',
. ,仁二ゝ ´二 ヽ ニニニヘ ニニ/ニニニニ> ´二二ヽ二/ 二ム
,仁二∠二二二ヽニニニ 、ニ/ニニ> ´二二二二ハ/二二二

            __

        ,  r、´__ `¨  、      だからこそ、私みたいな仕事をしてると
      / /」  ヽ―- ミミx ヽ\
     / イ´ ,. |       `ヾ. ハ ヽ   魔術知識は自分で集めていかないといけないんです。   
    ./  / ハ.! | | |  |  !  ', ',
    /  i  iヾー! ! i! l!  .ト、 l.|   | |  
   i   ! ,L==∀∨!斗=|‐トi!   | |   貴重な魔術ですし、この機会にご指導いただけたら、と……。
   |   Y´|ィチミ Ⅵ '仔ぅミx!   .! |
   | .'   Ⅵ.マ__リ  ヾ b__ンイ!  リ  !
   | ト,    ハゝ   、       l  .′ |  それに、不動遊星さんとの再戦の際も、私は一応審判役になりますから
    .Ⅶハ  圦    _ _,   .イ  ハ  .!
    ヾ| ',.  |.:.:.> .    .イ:Y  ./.:.:\∧  一通りのルールは分かっておかないといけません。
     .}〈|  |.:./.:.:r!≧=≦-'1|  .ハ.:.r‐‐' ハ
     ./ !  l/_.:.人__Y__ . -‐i!  L_V_,、 _!
    /.ィ |  l  _ /_    | /  /.::::::`:.、
  /.::::.V / 〔_イ:只ト、__:〕  | { ,.イ::::::――‐`>―_ァ
 /.:::::::::::/ /  ./:/ヘ|ヘ     ! l::::::!::::::::::::::::// ̄:::}

直後コンマ
1~3:遊星に聞きな
4~6:だったらアタシに任せておきな!
7~9:こんなこともあろうかと

惜しいな

初心者向けデュエル講座?

        / i::::::::\  i l
 _     /::::ヘヘ:::::::::::ヽ / /           なんだお仕事か。
    "  <::::::,>..::: ̄:::::...<  _  ──
   ヽ   /::/:::::/::::、:::::::::::::ヽ       i   じゃあ素人のアタシが適当なこと言っちゃ悪いし

    ヘ  ,':::::/:::!:/ ヽ |:::/::__::::::ヽ/    /
.  /==ヘ i:::/ |::::l'ー‐ .!/ r=ァ::イハ      /   遊星にでも頼んできな。
 / ,仁ニヘ.Vヽi::::!    ' ゞ':::/─    /
V ,仁ニニニヘヾ:',:::i   r ァ  イ !==、 ` /
l ,仁ニニニニi∧≧:ト   ` ´  イ:::|ニニヽ '     アタシはちょっと伝え聞いたイメージと
,仁二二二 | ∧ニヘ ` ‐<ニヽ ::!ニニニム

 <ニニニニニニ∧ニヽ≦≧ニム:|ニニニノ      遊星から聞いた簡単な説明しか知らないからさ。     
   ヽニニニ/ニニへニニヽニiニ イ 'ニニ/
    ヽ_/ニニニニニ===ヘ;;;;;;/≧=ニ'::::ヽ      
      ,仁ニニニニニニニニヘ;;;ヘニニニヽ:::::ヽ      しっかりルールを学びたいってんなら、アタシに頼むのはお門違いだよ。
      iニニニニニニニニニニヘ;;;ヘニニニニヘ::::::ヽ
     Vニニニニニニニニニニニi;;;;ハニニニニ',:::::::::ヽ  
      ヾニニニニニニニニニニ !;;;;;iニニニニ,'、::::::::::::ヽ  
       VヽニニニニニニニニV/ニニニ イ ヽ::::::::::::ヽ それにこう見えても、鉄の選定とか、鍔の地透しとか、アタシは昼間も働いてるんだよ。

        ',ニニ========仁ニi ´     ヽ ::::::::ヘ
        /ニニニニニニニニニニニニゝ       }:::::::::::i
         <ニ=‐ ´ ̄ ̄ ̄i ̄` ヽ      /::::::::::::|
        `i _  -‐====‐- i.     /:::::::::::::/
        /ニニ/ニニ|ニニ|ニニ|ニニヘ   ./:::::::::::::/

    \"~""'''::..‐- ...,,__ _/::::, -'_/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     \:::::::::::::\ 、:::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::/
      \:::::::::::::` ==ニ二_,イ::::::::::::::::::::;::'::::::::::::::::;::::::::::::::/ヽ   そうか。デュエルを学びたいのか。

        ゝ::::::::::::::::::::::::::;::/:::::::::::::::::/::::::;:::::::::::/::::::::::::/:::::::\
  __,..- .:''":::::::::::::::::::::::://::::::::::::::::::::/::/イ/:::::::/::::::::::::/:::::::::::::/  なら初心者向けデッキを貸してやろう。

  ` ― 、:::`..====ニ二 .イ:::::::::::::::::::::;イィzxイ/´}:::::::/ィ':::::::::::::;:′
       ` 、:::::::::::::::::::::;:'::::::::;イ::}イ/ヘ弋シ }ヽ /:::/rハ:::::::::::/
.        `>::::::::::/::::::/ 〉、{       ̄ ´ // ヾzツ}::::/ヽ
        /::::::::::::;:'::::/、ヾヘ `             / 7.イ::::::::::::ヘ 
       "''''- :::::/::/:::::::ゝー ヘ、             ' { !゙、:::::::::::::',
          `/イ:::::::::::::::::::{> 一、     ‐ 一   У \:::::::::|    直後コンマ
            />':´  ̄ : : : : : : l        ̄   /    \::::l   1~5:では講義を始める。
.            /: : : : : : :/⌒ヽ: : ,:' \      /l.       ヾ{   6~9:そのデッキと持ってジャックにデュエルを申し込むんだ。
           `} : : : : : :{{   }}:./   ` 、 /\:{__,,. -‐'''7
   ___      ヽ; : : : : ヾ __.ノ:イ      {´: : : ;ィ==.、 : : /
/´    ヽ ̄~ヾー' : : 、: _:_ : : : : { `、   .イ : : : :{{  }} : /
      ..:.:\: : :ヘ : : : : :_,; :-':'":ヘ  ヽ /ヘ: : : :ゞ='' :/
    ....:.:.:.:.:.:.:}}: : : : : : /: : : : : : : :ヘー - ..._ .ゝ : : : : : イ

.........:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/': : : : : : :\: : : : : : : : :ヽ::::::::::::::::`ヾ: :_:_/ー 、 __
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/': : : : : : : : : :`: :、 : : : : : : ヽ::::::::::::::::::::\: : : : : : :\:ヾ ̄:.` 、
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ : : : : : : : : : : : : : :` : 、: : : : :}:::::::::::::::::::::::ヘ : : : : : /: : \::.. ヽ

/ところでこのスレに職業デュエリストはどのくらいいるんだろう。みんな基本的なルールくらいは分かってるんだろうか?

ほぴ

元キンならなんら問題ないな

かなり前にゲームでちょいやったぐらい

アニメみてるぐらい

デュエル動画を見てるぐらい

環境に置いていかれる位

     マ 、   、  ,i|!
  、.   マ::\ .}ヘ .7i::!  ,  ,r/     そのデッキをもって
   ヾミ 、 ヘ:::::` }:::V |::}r'彡'r7
     \`ヽヘ:::::ヘ{ |:::/ i"::/r 、      君はジャックにデュエルを申し込むんだ。      
     _ \::::::ヘ:::::ハ N }:,}rヘ::::\
     `<=ヘ、{:ヘ::::i!_, r彡イ`::::::=ヘ、   今俺が持っているデッキは初心者の相手には向かないし

    、,,_ .......ヘ:_,>='"___,, /,r{イ::/::/
      ` < ̄{::、_::::リ" ̄ {ン:/イ   鬼柳は情報収集で外に出ているからな。
       _,r≦,r::i:::,、}ヘ、 、'".{'"

        /,r<7/ニリ三≧゙ r"      { i
       '_,.. r y'三三三.(,,,ノr<     =、マヘ
      ./ ノ三三三三ニrハ 、  ヘ    マ=' ハ   ついて来い。
      }='ニ}三三三三//、ヘ、  ノ.}    }-` }
      r'ニママ、_____ ,、.//:::/>ミニヘ   ノ  .リ   この時間なら、ジャックは屋上にいるはずだ。
      }三ヘマヘ________//ヘ、{三彡' }r、r'">、}
      i!三 ミ、------イ三三`r、ヒイヘニr, ゝ./
     .i!.三ニ/ヘ三三三三三ニ} ヘ三ニヘ`vr'

     .i!三 /  \三三三三ニ|'"ンヘr/'"フ
     i!三 }   <三三三三ニ/    `'"
      i!三,r`≦三三三三三//ニ>
     、 7三三三三三三ニ i!i!r/ }

      {三三三三三三三 //ニ`}
 r-='"三、ニ三三三三三三'/三三i!
../' ̄  マ三三三ニ>'>イ三三 }
      ヘ三三 / ,r<三三三ニ リ

      /三三三三/ア三三三ニ/
     /三三三三/ /三三三ニ/

               ____

          ,   ´          `  、
        /    ,....-―.;、――-..、    ` 、
       //  ,ィ´.:.:.:.:.:._/ ヽ_.:.:.:.:.:.:.>.、    \
      ./ /   /.:> ¨´ i    ` <.:.:.:.:ヽ.    \    いきなり実戦、ですか……?
     / /   /´   ,  l        ` <ヽ    ヽ
     .' |   !  ./ ,ム | |   .'  !    ヾ     ハ   一応基本的なルールは分かっているつもりですが
    .′.|   |  l ハヘ、||   |  |     i      ',
    i  .|   |   ! .!`^^^! |   i!  i! ',    |   .i ',  i 私にできるでしょうか?
    |  .!   l  ハ |    ! i!   |i  ', ',   l   | |  |
    |  .|   |_⊥斗==!ハ'  .!ヾ.、_ト、 ',   !   | |  !
    |  !    ! |.z≠=ミi! ∨  ! ヽ≧トi、_ .!    ! i! !
    |  |   | 〈!イ:::::::::リ {  ∨ l  7: ̄ヾv', |`    ! ./! リ  それに、私みたいな初心者では
    |  ',   l | .込z/    Ⅵ {っ::::ソ.》 リ   .l / l./

    |  ハ   ト、ゝ       ヾ ゞ= '’'/,/    // /'    相手の人に迷惑ではないでしょうか?
   ./|  /ハ   ', ヾ      ,!     /〃   /イ /
   /  .//:l     ト、       __       ,イ/   ./ !
  ./ ./.:.:.:.:.l   ハ \   ‘ ’   ...イ:У   /  !
 /  ゝ、.:.:.:/.:l   .ハf、!`    . イ.:.:.:.:.:.:l   .∧  l
./   / 厂{.:.:.:l     i! `ー、 `´ _」1.:.:.:.:.:l    !イ   l
   ./ /  .L/」    |ー-、 ` V   .!` <!   l ハ   ハ

身内デュエルする程度

インゼクターに蹂躙されて引退した程度

GBでゲームやってた程度

  <: : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : : : : :.\.:.`.‐-. 、_/:.:.:.:.:.:/
   \: : : : : : : \:.:.:.:.: :\:.: : : : : : : : :.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/-――――――ァ

    /:ヽ : : :丶、: :\:.:.:.:.__\.:.:.:.:.:.: : : : : :\ __:/: :_: : : :__,ィ'/  大丈夫だ。
   /: : : ヽ: : :.:.:.:.:._: \ィぅへ\`‐┬-:.:.:.:.: :\--―――――_,´-‐'´
  〈: : : : i: :.\.::.:.:.:{ ,イ ̄{-ィ::ソ ヽ、 |:「二`‐:,_\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:<___   デュエルには一部難しい処理があるが
  ヽ: : ::ヽ、:.ト\:.:|  ヽz‐イ|{フ    リ b }/ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:./
    \: :.:ト弋タノヾ    「「  __ イ_.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:/     ルールを良く知った者がそばにいるなら
     }\|ヽ \     ヾヽ「     ̄ ‐- 、:.:.:.\.:.:.:\

     /: :.:.∧      _,  `.|i   〃ニニ 、  ヽ、:\-―`        プレイすること自体は難しくない。
.    /: :.:/  ヽ   ‐'´,    ||  //   i: :ヽi    `i
   /:.:/    \       ||  { {ヽ-': : : }}三==-ト      
.  //       \      /||  ヾ、: :: : :〃  ̄ ̄|ノ       じゃあレジャーシートとプレイマットを取ってくるから
        , -‐ィ'´  ̄ ̄ ̄`ヽ|| _` ニニ〃     |      
      /:   }  . : : : : : : : : \ ヽ \ -――、」        その間にデッキを見ておくといい。
     /  `ー'´ . : : : : : : : : : : :. } i  { i  ‐=<ヵ     
     / . . . . . .. : : : : : : : : : : : : //   ヽ\  ` 、 \

          , -‐    ̄ ̄  ‐-
         /   ____   ` 、
        / /  /´.:.:._/`ヽ_.:.`ヽ  \
       ./ /  /´ ̄,、 {      `ヽ!   ヽ
      .' .'  !  ,ムヽ」         ',    ',      あ、はい。分かりました。
      |  |  ! ハ{   ||  ト. !| !   ! .!  !
      |  |  T T ー--.tト、 |斗i‐ト、‐.!  ! | l     これは……こあきめいる?
      |  .!  .| ャrチ丐`  !|仟丐ミ,x!  l ハ}
      |  ハ  .! | 込リ   }' 込リ }'  }/       コアキメイルの鋼核、というのがキーカードなのでしょうか?
      |  ハ  ト{       ,    l   ハ
      | / .ハ ハ、    - -   ,_!  l !
      | / //!  i`ト、     ,.イ.:.l  | .l
      | /.:.:.:l  ハ.r 、` ー 升.:.:!.::!  ト、 .!
      .,| ヽ.:.:.:.:|  i!、 ` V´_,ト、.:ヽ!  レ' l
     /.|_ ⊥ -.|  |  `  !   ` |  |_  ハ
    x.<     |  |ニニ,只、ニニ!|  | >、ハ
   /三三ヽ.   !  !  //  i:i    ∨ | /三ム
  ./三三三.\ .|  |  i:i, ィトi:i    ∨ V三三.ム
 ../三三三三ニiヽ|  | ,i:i'三||i:iヽ   ∨ ∨三三ハ

. /三三三三三.|ニ|  |/ `'三.||「三\_/∨ ∨三三ハ

今家でタッグフォース3発掘した

しょ、初心者にコアキメイルですか遊星さん

確かにTF6で初期デッキの一つだったけどさww

初心者にコアキメイル渡すなバカwwwwww

初心者には今は懐かし【スタンダード】でいいでしょ。

自分は宝玉獣で炎王ラヴァルとか魔轟神とか代行天と戦ってるだけです。

初心者でもヴェノムやアルカナフォースのようなピーキーデッキを使うのはよくあること
余りカードを貰うなら尚更だ!

というわけでジュネス屋上にやってきたのだ。

コインと飛ばしてお菓子を落とすゲームや、コインを入れると変形するロボやらが並ぶ中
その男は回るカップ遊具の中で悠々とコーヒーを飲んでいた。


ニ\

ハ三\         \
 マ三ニヽ、    ,r7  ヘ\    今日こそ働いてもらうぞ! ジャック!
i! マ三三 >、イニ/==''''ヘ、 \

.i! ヘ三三三,r7三三三三>\

=ミ 、  `</r= ̄`<三三三 >ミ 、 /|   お前のせいで俺達の残業時間は
  ヾ 、 , イ三三ニ /ニ `三三三三N/ i! 
、,,_   y'三三ニ/ニ,r 7ニ,r三ニi三ヽNV.i!   増え続けているんだ!
__ /三三, イ'/ゝy/}三三 i!三三ニヘ

フ'三>イ //ヘ 弋リ {リ三>イi .}三三 冫
彡≦ヘ、{ |/  _,, . ̄/,>' ({リイ i!ニ,r7'"

-、::::::::::,r-、 ̄ /,r イ_   ./コ |/イ=<_
ミ、三 /  } }::::/  /'""ミ7 i!リ|'三> '"    鬼柳の健康のためにも、お前に働いてもらう!
、 ヘミ {、 リリ:/  i!"ヘ::::::/ , <::|`'"
リ .} ヘr彡イ::|\ ヾニンイ、r=r,"''=-,

 ノ /ニ`ヽニ}、 > 、/ /_,彡,r=ヾ、
イ  /三三三ヘ`==7三三,r´,,,,,,
..i! {三三-='''" 7, イ {ニ三ラ /、
. i! i!三 '"三 7/rイ ./ニ/rイリ /
 i! i!三三三| i   |ニ//三リイ

                       ト、   i    i ト─- 、/  ヘ
                         } \ 人   | |    ヽ  .ヘ
                        |  |  ヽ   !      ヽ  | ,ィ
                      ト、.!   |     i           .レ / 俺とてお前たちのことは考えている。
                      | ヾ                    | i
                      r┤              i   リ |  コーヒーの質も2ランクは落とした。何が不満なのだ。
                   /:ト、|      i |         | |  イ .!
    ト、               /::::::ヘ  〉 ',    .| |   |      .| |  | リ  
    マ \        _ イ::::::::::::::::〉'rヘ ', r 、\. .ト ',    | |  .レ'
    マ  \ T 7 ̄ ̄     .|::::::::::::::::i ヽゝ! !/ 、,,_`ヾヘ ヾi  ./_/レ'フ   そもそも、これはデュエルで決まったこと。
    r 〉、_ノ人/_ ィ ア  ̄.リ::::::::::::::::|i Xト、.ヘ ヘ 弋>、 ! ./cォァ |

    ト─イ /ヘ   | |_ /::::::::::::::::::|ヘ A|i| ヽヘ  ̄ ̄ ̄ |/ ̄∠/:\  俺に負けた遊星に、そんなことを言う権利は無い。
    }─ イ   ヘ | |. ./:::::::::::::::::::::| .ヘ .|i|  `        ゝ / ::::::::: \
    |   |    ヘ, ̄{/:::::::::::::::::::::::::!  ヘ \    , ‐-、   イ!ヽ::::::::::::::::::::\
    |   |       ヽ/:::::::::>-‐-、:::|   .ゝ‐.\ ヽ_// |i -≧:::_,, -─''´
    .〉、/       /: ィ´  |   ヾ| < 二・二>、__/ ___!!_  /
    〈        // | ○..|  ィ´|  > ,,ィ''"´_ ̄___ノ /    あと一ヶ月と11日、きっちり有給で休ませてもらう!
    .i       |    |  ,,ィ ´::::::::::| //─、  ヽ、   i    ./
     i       |    | ヽ、::::::::::::::!/イ っ /    .ヽ/  _/
     .i       |   .| ○_!-‐''~/ っ    /   \./  /
     .|i   /r‐''´ `ヽ ̄ ̄   〈   > ´  r、  / /
    〈 |  / 7   _/         i.Y´__ ィ´ `‐‐"  〉
    ト、.! /∠r‐''´ |        ゝ=ィ  //ト、_,, --''´|
    | . |    マ ゚ ヘ    > ''´  / ./   マ   。 .゚..〉
   イ、 !    ヾ  。`> ''i´    l っ 〉〉   マ ゚_,,>ヘ
  f´  ヽ ヽ、_ >‐''´  リ       7‐'´7    マ    ヘ

どうやって勝ったんだ元キング

ニートェ…

手札事故、よくある事です

.~   /  ...::::::::::::::::::::::::::/  .......::::::::/:::::::::             ,.イ
-=,7  ...:::::::::::::::::::::::::::, イ.....:::::_, -_=',~':::::              /
-'  ..::::::::::::::::_,-=7~,~'..::::i- 、,~-='~      _, -='~    ./ `、  ああ。確かに俺は負けた。
...::::::::::_, -叭| i:::/='-='~ |~ 升区`、~`=-,- '~::::     /./   `、
::::::::::(  、 !`i'.i:/       !.乂弋_`>i、  ,!:::::::    , イ::: /      `、俺が文句を言うことはできない。
:::::::::::`、 .`、 `i/      `- 、''''~ /゙゙ ./::::    _,i'~::::: ,!:::     _, `
:::::::::::::::`, ` 、    _      `` ! ,.イ   _,<,_ ,!: _,-'::::::  , -'
:::::::::::::::/`、_, !-='~/           / _, イ/ζi~>'、イ::::::::  , イ   だが……俺以外なら別だ。
 -=_''~~     /        =' ~    ヾ、-_',イ':::   / i
-==-、`、    /              _ 〆,ii_'~,,,、-='~  .i
.::   :i .i.   ∧       _, -.、    '~-什''7  `、::::::   i    お前には、このカリム・グラシアとデュエルを行ってもらう。
:::.......:::!. !  ./ `、       <~~` i 、>   ∥ , '   .ハ::::   ,!
:::::::::::,! !  /   `、.     `=,, イ   ∥'~      i::::  ∥    シングルのシッティングデュエル。審判は俺が行う!
::::::,.イ/  /i     `、    ~  _,_-='~_________________i::  ∥
-'~,.イ  / .i      `、   , -='   _,,       /i:: ∥    お前が勝てばさらに一ヶ月の休暇、負ければ休暇没収、いいな!?
~~   /  !      , イ>='~::::::....., イ~`i `i   ./  i:; ∥
:   ./   i    =' /::::::::::::::::i'::::::::: ,! !  /   !::∥

                 ト v′           | ヽ
                  l / 、 l  | | 、  } ,l    }イ   そんな小娘が相手とは、舐められたものだな。
             ヽ 、l |  人ト、 」 |  } イ 人   / ′
               〕   '―_≧、ヽ|/f rゥヒ'7} / /    そいつはついこの前までデュエルの存在すら知らなかった素人ではないか。
                 \ {弋 fr弐  .: ´ ̄´ _ノ / /フ
                    `廴廴 _,   '     ´ ̄}{〕〉     ふん。俺のコーヒー値下げに感じ入って休暇を増やしてやりたいのなら
                    | ハ≦   r ===┐   .' lイ
                  ヽ爿、   ∨r―v′ /'l !{_      始めからそういえばいいものを!
                      l ! l\   `二´   /{/|_!ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
         ______l_L| }\      / '/l |Vハ         |
   ,  ´  ̄           l l l小   `ー‐‐ ' ∥ l | Vハ        |
 /                l !  }――――∥ l l Vハ     ,≦'
ニニ二二二ニミ 、       !i   }_____∥  l | | |  //
          \\     ||  _」 }}   ∥   l l | | //ー- 、_
               \ヽ   || r'´  ∥   ム二二!.! 、'  /―-  、_    ̄`7´ ̄
         ,.  - ´ ̄ > > ||/  〃   /    |i 〉〉' |        `7 7′

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             /            \
         /   ,、::/`ー、::.\  ヽ    あの、これは、どういう……
         / / /┴| ,   `ミ、::.,   i    
         | iハ!_l/ ∨|lトk∨i |、 i   私、そんな……
         |ハi|l l●  ヾ. ● i/ iノ │   
            |l⊃ 、_,、_, ⊂⊃!:.:.:> !  
          i ./⌒l、 __, イ.! !ー 、ハ

.           l/ ―./ 只≧ .i !;;;;;;;;;〉ハ
             |;;;;;;;;;l /ハヽ/! !;;;;;;;}  ヽ

  <: : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : : : : :.\.:.`.‐-. 、_/:.:.:.:.:.:/
   \: : : : : : : \:.:.:.:.: :\:.: : : : : : : : :.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/-――――――ァ

    /:ヽ : : :丶、: :\:.:.:.:.__\.:.:.:.:.:.: : : : : :\ __:/: :_: : : :__,ィ'/
   /: : : ヽ: : :.:.:.:.:._: \ィぅへ\`‐┬-:.:.:.:.: :\--―――――_,´-‐'´
  〈: : : : i: :.\.::.:.:.:{ ,イ ̄{-ィ::ソ ヽ、 |:「二`‐:,_\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:<___  そう気負わなくてもいい。
  ヽ: : ::ヽ、:.ト\:.:|  ヽz‐イ|{フ    リ b }/ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:./
    \: :.:ト弋タノヾ    「「  __ イ_.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:/
     }\|ヽ \     ヾヽ「     ̄ ‐- 、:.:.:.\.:.:.:\

     /: :.:.∧      _,  `.|i   〃ニニ 、  ヽ、:\-―`    いまさらジャックの休暇が伸びたところで
.    /: :.:/  ヽ   ‐'´,    ||  //   i: :ヽi    `i
   /:.:/    \       ||  { {ヽ-': : : }}三==-ト       大した問題は無い。
.  //       \      /||  ヾ、: :: : :〃  ̄ ̄|ノ
        , -‐ィ'´  ̄ ̄ ̄`ヽ|| _` ニニ〃     |       デュエル商業化が始まればあいつは自然と混じってくるし
      /:   }  . : : : : : : : : \ ヽ \ -――、」
     /  `ー'´ . : : : : : : : : : : :. } i  { i  ‐=<ヵ     始まらなければ……おそらく一か月半後には店を畳んでいるだろう。

     / . . . . . .. : : : : : : : : : : : : //   ヽ\  ` 、 \

コアキメイルって闇光メタがあるよね・・・

さりげなくメタデッキを渡す遊星セコい

                 _  -――――-  _
              ,  ´            ` 、
              /   /___.....-――-....._     \
            /   /´_.:>ァ´`ヽ―<.:`x.       \
          /    /´ ∧/    ヽ  `ヾ   ヽ   ヽ   せ、責任重大じゃないですか!
            /     '  /ム!      |   ハ   ',   i
         / /     !  /  | i!      .ト, i!  !   |   |   なんで私にこんなことを。
        i ,イ    .|  |  | ハ    _|」 ハ |  |   |
        |./ |     |  |/´「|∧    | |`ト!、l   .!    |   ひどいです遊星さん。
        || .!  .  |/|  .N  \  ! }/ | |`ヽ !    |
        {' .∨ |  ∧ .x≠≠ミ   .ヽ x≠≠ミ   ..!   l
           ∨iト.   .弋うソ     弋うソ ″ ...!   |
            Ⅵハ   トゝ.,,,,,      ,,,,, .l   !´ア  !
            |ヾ ト, .ハ\    !     ,.イ  /.:./  |
           ,.⊥.⊥| ハ__≧i ..´`⌒  .イト.:!  !´ ̄ ̄`ヽ
          /:::::::::::::::|  }、. !\`¨´  ,.!ノ||  |:::::::::::::::::::ハ

         ./::::::::::::::::::! ,リ ヾヽ `i f ´  .ノ!  !::::::::::::::::::::::i

     ヘ       ヽ  ヽ   /   i ',         / /
   ヾ、 ゝ ',    /ヽ  \ {       ',   /  /  / /
     \ \ヘ ‐-{`丶、ゝ、  ヘ _',    / _/ /   / /
      \ f ヘ ヘ气=ミ、 ヽ ヽ∨  /¨∠_/ }   /∠ ァ
         `| ム ヘゝ弋trツ`トヾ! ∨ /弋trツ フ´/ /  /
         \弋ヽ、 ヽ ̄ ̄      ∨  ̄ ̄ / / i/    ふん。遊星は、俺に休暇をあげたいだけだ。
          \ ' ,フヾ、      i     // /

           | |¨|:|           }     ̄/|:|‐'       この戦いで負けるのは恥ではない。安心しろ、女。
    /卞、. ̄ ̄ | | .|:|、       /     / i!:|
    /   \   i | .|:| ヽ   、___   /| |:|` ‐- 、
  ./    ヘ /.i | .i:|  \   ─   /| A .|:|    \   さて……先攻後攻の選択権はお前にやろう。
  /      ヘ  // |:|_   \    / |、',. W |:| ‐-、
 /       ヘ     |i! ''‐-  ` ‐‐ ´ 斗´)ヽi. |i!   \    ちょっとしたハンデというやつだ。

どっちをとろうか 下三
1.先攻 2.後攻 3.そんなハンデいりません 4.もっとハンデください

4は負けフラグかな?
1で

コントロールデッキは先攻しかないな

先攻で

           _ -‐  ̄ ̄  ‐- _

         ,  ´  __,.、――-....... _  `  、
       / ,...:.:´_/  \‐-  _.:.:.:>.、   \    では先攻を頂いてもよろしいでしょうか?
      / />´ |        ` <.:ヽ   ',ヽ
     ./  '´   ,.、 |             `i   ', ',   
    /   '   ムヽ|    ', { ヽ      !   i i
   ./   .′ .i 「^^`! |   l ',  ヽ  ',  |   | |  ありがとうございます。
   ′   |  ハ|___!_ i!   ! |___ト、. ', !    ! |
   .′′ .| ,.イ'´! ̄ ∨i∨  ト´ヽ ̄「¨i`ト.!   .l  !  
  .′′  .!´ |,z≠。iミヽ! ∨ .| zr=。ミ、Ⅵ/`  ハ |
  | | .|  ∧ <ハ::::::::::}  ` ∨} .{::::::::::ハ>i!   ハ. !  では、えーと、互いのデッキをカットするんですよね。
  | | .|   ヽ | 辷_ン    }'  .辷_ソ /!   ハ  .!
  | i! |    ハヾ            /'.!    ハ  !  はい。よろしくお願いします。
  .! ハ i!    圦        '       ,/    ハ.  |
  .ヘ从!∨  ハ.:\    `  ´    /!   ハ    !
    ∧∨  ハ.:.:.:>i、      ィ.:.:.:.:l   .∧   !
    /  ∧   ハ.:.:.:i<! `  ー ´ !>i.:.:l   ハ.:.:\  |!
   ′/.:.|   i.:.:人 `ーi r‐ ´ _人/   l.:.:.ヽイ  |l
   ′ `ーi|   「  `ー  V  ‐'´  |   |.:/ !  ∧
  /   _,.-!   .|        |       |   |` ー 、!  ∧

                 ト v′           | ヽ     ふん。カード捌きは悪くないな。
                  l / 、 l  | | 、  } ,l    }イ  
             ヽ 、l |  人ト、 」 |  } イ 人   / ′  だがフィールがこもっていないぞ!
               〕   '―_≧、ヽ|/f rゥヒ'7} / /
                 \ {弋 fr弐  .: ´ ̄´ _ノ / /フ
                    `廴廴 _,   '     ´ ̄}{〕〉
                    | ハ≦   r ===┐   .' lイ
                  ヽ爿、   ∨r―v′ /'l !{_
                      l ! l\   `二´   /{/|_!ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
         ______l_L| }\      / '/l |Vハ         |
   ,  ´  ̄           l l l小   `ー‐‐ ' ∥ l | Vハ        |
 /                l !  }――――∥ l l Vハ     ,≦'
ニニ二二二ニミ 、       !i   }_____∥  l | | |  //
          \\     ||  _」 }}   ∥   l l | | //ー- 、_
               \ヽ   || r'´  ∥   ム二二!.! 、'  /―-  、_    ̄`7´ ̄
         ,.  - ´ ̄ > > ||/  〃   /    |i 〉〉' |        `7 7′

カリムさん初手
1~3:事故った
4~6:普通
7~9:悪くない

直後コンマ
占術+1

ほい

コアキメイルは事故ると巻き返しが難しいからな
良い感じだぜ

コアキメイル・ドラコさんが闇光メタってたな。ビートルさん?イマイチだった気しかしませんね。

            __

        ,  r、´__ `¨  、
      / /」  ヽ―- ミミx ヽ\   私のターン、ドローフェイズ、カードを一枚ドローしてスタンバイ。
     / イ´ ,. |       `ヾ. ハ ヽ

    ./  / ハ.! | | |  |  !  ', ',  メインフェイズに入って……。
    /  i  iヾー! ,! i!、l!  .ト、 l.|   | |
   i   ! ,L==ィ/∨!.ト=|‐トi!   | |  えーと、このカードはいったい何の意味が……。
   |   Y´|ィチミ Ⅵ '仔ぅミx!   .! |
   | .'   Ⅵ.マ__リ  ヾ b__ンイ!  リ  !  (序盤ですし、コスト付きの大型を使う場面じゃないですよね……)
   | ト,    ハゝ   、       l  .′ |
    .Ⅶハ  圦        .イ  ハ  .!  (とりあえずここは攻撃力の高いモンスターを出しておきましょう)
    ヾ| ',.  |.:.:.> . ´ ` イ:Y  ./.:.:\∧
     .}〈|  |.:./.:.:r!≧=≦-'1|  .ハ.:.r‐‐' ハ
     ./ !  l/_.:.人__Y__ . -‐i!  L_V_,、 _!  私は手札からコアキメイル・ドラゴを召喚し、魔法・罠カードを二枚セット。
    /.ィ |  l  _ /_    | /  /.::::::`:.、
  /.::::.V / 〔_イ:只ト、__:〕  | { ,.イ::::::――‐`>―_ァ エンドフェイズ、手札の厳征竜レドックスを公開します。ターンエンド。
 /.:::::::::::/ /  ./:/ヘ|ヘ     ! l::::::!::::::::::::::::// ̄:::}

コアキメイル・ドラゴ
星4/風属性/ドラゴン族/攻1900/守1600
このカードのコントローラーは自分のエンドフェイズ毎に、
手札から「コアキメイルの鋼核」1枚を墓地へ送るか、
手札のドラゴン族モンスター1体を相手に見せる。
または、どちらも行わずにこのカードを破壊する。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
お互いのプレイヤーは光属性及び闇属性モンスターを特殊召喚できない。

容赦なくメタったwwwwww

そしてハンドに何気無くエグいカードがw

カリムさんには嘘が通じないからはったり上等なデュエル世界だとどうなるか

       |  Y  l      ! l Y |
      、_l  ′       i  ′ !  遊星……はかったな!?
       ヽ  、    !      , /7
        ]  l  l__/ ! l_/ /  /  そんなに俺に負けたのが悔しかったか!
       _」  ト、 〈、 l {亅人 /7

        \ 〈 <・」 ./,L・>//i/  
         ヾ心  ̄``i´ ´ ̄/!タ′
      , ---爿、   r-、   /!ト- 、--- .、
     /  /i_{} ト、  ̄ /!{}i   \  \
    / _/ / ノハ.!_ ` - ´ .人ハ「\  \  \

                           .ハ
                       _       ∥!
                   ,   ,.-‐::::::>::〉_,.. .∥::!
                /i, /:::::::::::::::::::::∠´/ l::::l  ,
                  ∥:::::::::::::::::::r-::::、</ .::::: ∥   お前が教えてくれたんだ。
                 ∥-=':::::::::::::::::::::::::::ヽ/:::/-∥!
                ∥/´:::::!:::::::::::ト、::::::::::::\/-‐' ::l   デュエルは単純な力比べでは決まらない。
             〈_/::/::::ハ:::::iー-ィゝ、,::ト、::ヽ、ー':/
             /::/i::/-.ハ:、! l弋ソ i!  }ヽ、<   互いのデッキの読み合い、サイドデッキの構築
               /::∧::ハ心r、`´¨r-ァ i! /:::::::\
           // !:{  ヽ   ll   r'::::::::::::\   戦いは、先攻後攻が決まる前から始まっていると!
            ./    i'.ヽ、  -  ヽ、!`'ー-.,_::<``ヽ
                    //ヽ、  /.l /ニヽ l ̄
              ト、   .>    |.{i:.:.:i} .!、
                  ', `r-、 ハ   | `ー´ γ´ ̄`ヽ
                 ', {i:.:.i} ハ  /ヽ、  iヽ、:.:.:.:.:.:.
               ,....,_ ', `¨/ー-'´:i     `ヽ、、:.:.:.:
           /:.:.:.∥`` ∥::::::::::::l    /:/::/`ヽ、_ー

            /:.:.:.∥   ∥::::::::::::::l   /:/::/i

痛カッコイイ二つ名がつく
バリアンの面白き盾とかそんな感じで

シングルにサイド関係ねーだろ

          ヽ  :::::::::::::::::::::::!       .: l         /!  !
         ト Y ..:::::::::::::::::!::::i     ...::: l          i {

         ', ヽ! ::::::::::::::/l::::|     :::|::: l    ..:::::::   |    i  だがこの程度ではキングは動揺などしない!
          ヽ   :::::::::/ ∠l:::| \ _ =.|:: l   /::::::::::   | .i  リ
           }   :::::::l 〈_l:::|   フト ヽi: l.  /:::::::::    | .i /  まったく問題な……ぐっ! なんだこの痛みは!
          ノ    :::::', ', i!::::ヽ l | ` ヽi!  /:::::::::::::  リ i/
    _ -‐ ´ /  .:::::::::', ヽ|ヽ::  | ヽ(・ )| /ヽ:::::::::  / /ヽ
      ̄  フ |  .::::::/::《>.、 i l\ ヘ  `‐- _i/  |::::  ∠.i /  i  う、ぐ……ぐ……。シッティングでこの力!
      <, ̄`‐- 、::::::/´Yir7  ! l  マ ヘ      l: /‐'/レヾ. /
      ノ     `‐- 、|ii|、  lil  ヽ_!        レ'! ̄i    i/   貴様、いったい俺に何を……!
   _r ´_        `・、ヽ  |i|           l ノヽ、  !
   r ´  `‐- _      `-、 |i|         - ┘  ヾ_>、
 ヽ |        `‐ 、     `‐-、  ∠二フ/        ヾ、- 
   `|           `‐ 、      `‐- _ /_ -‐ ´ ̄ ̄`  ─ァ
    .|              `>、                 / ´

            __

        ,  r、´__ `¨  、
      / /」  ヽ―- ミミx ヽ\    嘘ををやめてください。
     / イ´ ,. |       `ヾ. ハ ヽ

    ./  / ハ.! | | |  |  !  ', ',   その痛みは私の固有スキル、真実の魔眼によるものです。
    /  i  iヾー! ,! i!、l!  .ト、 l.|   | |
   i   ! ,L==ィ/∨!.ト=|‐トi!   | |  私の前で嘘を吐くと心臓が痛む、という効果です。
   |   Y´|ィチミ Ⅵ '仔ぅミx!   .! |
   | .'   Ⅵ.マ__リ  ヾ b__ンイ!  リ  !
   | ト,    ハゝ   、       l  .′ |  本当のことを言えばすぐに痛みは引きますから。
    .Ⅶハ  圦        .イ  ハ  .!
    ヾ| ',.  |.:.:.> . ´ ` イ:Y  ./.:.:\∧
     .}〈|  |.:./.:.:r!≧=≦-'1|  .ハ.:.r‐‐' ハ
     ./ !  l/_.:.人__Y__ . -‐i!  L_V_,、 _!
    /.ィ |  l  _ /_    | /  /.::::::`:.、
  /.::::.V / 〔_イ:只ト、__:〕  | { ,.イ::::::――‐`>―_ァ
 /.:::::::::::/ /  ./:/ヘ|ヘ     ! l::::::!::::::::::::::::// ̄:::}

うわぁwww

ダウト>まったく問題ない
めっちゃ焦ってますね

キングのデッキは闇属性がほとんど
しかも単独で1900を突破できるカードが少ないんだ……

び、ビッグピースゴーレム

          ヽ  :::::::::::::::::::::::!       .: l         /!  !
         ト Y ..:::::::::::::::::!::::i     ...::: l          i {   キングは嘘を吐かない!

         ', ヽ! ::::::::::::::/l::::|     :::|::: l    ..:::::::   |    i
          ヽ   :::::::::/ ∠l:::| \ _ =.|:: l   /::::::::::   | .i  リ  ぐ……ぅあ……程度の痛み……!
           }   :::::::l 〈_l:::|   フト ヽi: l.  /:::::::::    | .i /
          ノ    :::::', ', i!::::ヽ l | ` ヽi!  /:::::::::::::  リ i/
    _ -‐ ´ /  .:::::::::', ヽ|ヽ::  | ヽ(・ )| /ヽ:::::::::  / /ヽ   俺のターン! 
      ̄  フ |  .::::::/::《>.、 i l\ ヘ  `‐- _i/  |::::  ∠.i /  i
      <, ̄`‐- 、::::::/´Yir7  ! l  マ ヘ      l: /‐'/レヾ. /   俺は魔界発現世行きデスガイドを召喚。
      ノ     `‐- 、|ii|、  lil  ヽ_!        レ'! ̄i    i/
   _r ´_        `・、ヽ  |i|           l ノヽ、  !    効果でデッキからクロック・リゾネーターを特殊召喚。
   r ´  `‐- _      `-、 |i|         - ┘  ヾ_>、
 ヽ |        `‐ 、     `‐-、  ∠二フ/        ヾ、-   二体のモンスターでオーバーレイ・ネットワークを構築。
   `|           `‐ 、      `‐- _ /_ -‐ ´ ̄ ̄`  ─ァ
    .|              `>、                 / ´   発条機雷ゼンマイン!


. <::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
  \:::::::::::::::::A:::Y>、::::::::::::::::=―    ゼンマインは破壊に耐性をもっているが
   \ヾN:::| Tjト、又\ヽ≫=―

     }'jツヾ! |Iノノ_   ヽ|/>-    召喚を無効にする効果に対しては耐えられない。
    /   \rj| ´    | ζ) }
   く      {{        _/    召喚に成功するまで、ゼンマインはフィールドに存在していないからだ。
.   `ぇ_ _  ヾ、     }
      こ:::.  ヾ、    _ノ_
   《 ̄ ゚̄\   y-=三二


        ,   ´  ̄ ̄ニ/^ヾ.、
     , ´   /,..<.:.:/    ヾ 、      
    / /   ./´/ ̄         \
   ./  '    i/ ト、ム     ',      ヽ     ライフを2000払い、神の警告を発動します。  
   '   |    l   .l┴"^i |   .!  |  i   ',
   |   |    !  ハ!   .lハ   .ト, ト, ',  i i    これでいいんですよね。
   |   |    ! l 斗===ト.',  fヘ´「', |  ト、|
   |  /!   | i! i!,zェェャ  ',  |仟ミ,.ハ }  l }
   |  / |   .l Kィ::::爿   ', /以 !|,}ハ l
   |  マ !   .ト l `マム'’     }'   .! ! }/      
   |   `!   l!ヾ          ヽ  ハl /'
   |  _...-l   ハ、        _,   ,イ .!|         カリム(8000→6000)
  r<.:.:.:.:.l   ハ` _    ゝ' ./  |.!
  |:/.:.:.:.:.:!   ハ`ー`≧ュ ィ.`|   !|

 /.:.:._> ´l    ハ、    | ノ\!   i!
_,!<´    l    ハ `  ̄ {   !   「ヽ‐-、

発条機雷ゼンマイン
エクシーズ・効果モンスター
ランク3/炎属性/機械族/攻1500/守2100
レベル3モンスター×2
フィールド上のこのカードが破壊される場合、
代わりにこのカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事ができる。
この効果を適用したターンのエンドフェイズ時に1度、
フィールド上のカード1枚を選択して破壊する。

神の警告
カウンター罠
2000ライフポイントを払って発動できる。
モンスターを特殊召喚する効果を含む効果モンスターの効果・魔法・罠カードの発動、
モンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚のどれか1つを無効にし破壊する。

なんてことだ!召喚する前の謎空間で破壊されてはどうしようもない!

①絶対王者は突如反撃のタクティクスを思いつく
②精霊が来て新しいカードをくれる
③何もできない、現実は非常である

            __

        ,  r、´__ `¨  、
      / /」  ヽ―- ミミx ヽ\
     / イ´ ,. |       `ヾ. ハ ヽ

    ./  / ハ.! | | |  |  !  ', ',   えと、そのデスガイドとクロック・リゾネーターの効果も
    /  i  iヾー! ! i! l!  .ト、 l.|   | |
   i   ! ,L==∀∨!斗=|‐トi!   | |  読ませてもらっていいですか? 
   |   Y´|ィチミ Ⅵ '仔ぅミx!   .! |
   | .'   Ⅵ.マ__リ  ヾ b__ンイ!  リ  !
   | ト,    ハゝ   、       l  .′ |
    .Ⅶハ  圦    _ _,   .イ  ハ  .!
    ヾ| ',.  |.:.:.> .    .イ:Y  ./.:.:\∧
     .}〈|  |.:./.:.:r!≧=≦-'1|  .ハ.:.r‐‐' ハ
     ./ !  l/_.:.人__Y__ . -‐i!  L_V_,、 _!
    /.ィ |  l  _ /_    | /  /.::::::`:.、
  /.::::.V / 〔_イ:只ト、__:〕  | { ,.イ::::::――‐`>―_ァ
 /.:::::::::::/ /  ./:/ヘ|ヘ     ! l::::::!::::::::::::::::// ̄:::}


                ,         /|
               /.|        / |
              .ノ |       / /|

             / / ';     / /. |
           / / .:|:..:;:;:;:;:;:;/ /   ';
        ,,  / / ./"    /  /   >:;,.. .,.:;:;:イ     くっ……!
        ヽ' ./  レ       " /   /  v  /|

         | / /         ノ       |  ノ.|     好きなだけ読むがいい!
        ノλ ノ         /       |  / レ:"/
        /  |           /       | ノ .| /    キングは弱者の頼みを無碍にはしない!
       ノ  ヘ  ノ       ノ         // | /
      ノ  l    /       '   |       / | /
      ゝ  |   /          | ,.    ,   レ'/   俺はカードを二枚伏せ、ターンエンド!

      丶  |   |       l    ノノ    /   / ノ
       ゝ丶   |      ..,|  / ゝ.,. / / ∧ / /
        |\\ ヽ|    / | ノ/   ~  / / V /
        l.  ( \|ゝ   /  ノ/ _".....イ |  ノ/ソ )
        ヽ  'ヽ_`:,::,:'、 /  イ.i´_`ー' /ノ / )” ノ|
         \ ゝ ̄  Y     ̄ ̄ ノ/ |~|ヒニイ/
          ゝ\   |       /  .| | <  |_
         __||丶 /          | |イ |  |-- ニ ゝ
       / ̄ ̄||~ \ ̄ __      |_|く ゝ |    ゝ \
      ∠___||_..::\       ......イ.|_\ |__/  /ゝ
    /\.   ...||    ヽ    イ  // /   ~  /  //
  /.   .\_.......||      丶-イ >  //      /  //

魔界発現世行きデスガイド
星3/闇属性/悪魔族/攻1000/守 600
このカードが召喚に成功した時、
手札・デッキからレベル3の悪魔族モンスター1体を特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、シンクロ素材にもできない。

クロック・リゾネーター
星3/地属性/悪魔族/攻1200/守 600 チューナー
このカードがフィールド上に表側守備表示で存在する限り、
このカードは1ターンに1度だけ戦闘またはカードの効果では破壊されない。

/テキスト提示いる? いらない?

欲しい

初心者の為にも居るんじゃないかな

負担じゃなければ
今まで解らなかったら自分でググってたので

            __

        ,  r、´__ `¨  、
      / /」  ヽ―- ミミx ヽ\   私のターン、ドロー。スタンバイフェイズは何もできませんので、メインフェイズに。
     / イ´ ,. |       `ヾ. ハ ヽ

    ./  / ハ.! | | |  |  !  ', ',  えーと、オーバー・コアリミットを発動。コアキメイル・ドラゴの攻撃力を500ポイントアップ。
    /  i  iヾー! ,! i!、l!  .ト、 l.|   | |
   i   ! ,L==ィ/∨!.ト=|‐トi!   | | 
   |   Y´|ィチミ Ⅵ '仔ぅミx!   .! |  (召喚できるモンスターが無いから、このカードで何か手札に加えないと……何を選べばいいのでしょう)
   | .'   Ⅵ.マ__リ  ヾ b__ンイ!  リ  !
   | ト,    ハゝ   、       l  .′ |  炎舞-「天機」を発動。
    .Ⅶハ  圦        .イ  ハ  .!
    ヾ| ',.  |.:.:.> . ´ ` イ:Y  ./.:.:\∧ (コアリミットに合わせてコアキメイルを加えたいですが、維持コストがありません……)
     .}〈|  |.:./.:.:r!≧=≦-'1|  .ハ.:.r‐‐' ハ
     ./ !  l/_.:.人__Y__ . -‐i!  L_V_,、 _!
    /.ィ |  l  _ /_    | /  /.::::::`:.、
  /.::::.V / 〔_イ:只ト、__:〕  | { ,.イ::::::――‐`>―_ァ
 /.:::::::::::/ /  ./:/ヘ|ヘ     ! l::::::!::::::::::::::::// ̄:::}

オーバー・コアリミット
永続魔法
このカードがフィールド上に存在する限り、
自分フィールド上に表側表示で存在する「コアキメイル」と名のついた
全てのモンスターの攻撃力は500ポイントアップする。
また、1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に手札から
「コアキメイルの鋼核」1枚を捨てる事で、自分フィールド上に表側表示で存在する
「コアキメイル」と名のついた全てのモンスターの攻撃力は、
エンドフェイズ時まで1000ポイントアップする。

炎舞-「天機」 (正しい表記は玉編に幾 異種依存文字)
永続魔法
このカードの発動時に、
デッキからレベル4以下の獣戦士族モンスター1体を手札に加える事ができる。
また、このカードがフィールド上に存在する限り、
自分フィールド上の獣戦士族モンスターの攻撃力は100ポイントアップする。
「炎舞-「天キ」」は1ターンに1枚しか発動できない。

征竜だけじゃなくて獣戦士も入ってるのか・・・

     ヘ       ヽ  ヽ   /   i ',         / /
   ヾ、 ゝ ',    /ヽ  \ {       ',   /  /  / /
     \ \ヘ ‐-{`丶、ゝ、  ヘ _',    / _/ /   / /   そのカード、前のターンから手札に持っていたカードのはずだ。
      \ f ヘ ヘ气=ミ、 ヽ ヽ∨  /¨∠_/ }   /∠ ァ
         `| ム ヘゝ弋trツ`トヾ! ∨ /弋trツ フ´/ /  /    なのに、前のターンでそれを使おうとはせず
         \弋ヽ、 ヽ ̄ ̄      ∨  ̄ ̄ / / i/
          \ ' ,フヾ、      i     // /        お前はドラゴを召喚してレドックスを公開した。

           | |¨|:|           }     ̄/|:|‐'
    /卞、. ̄ ̄ | | .|:|、       /     / i!:|         間違ったプレイングではない。だが警告があるなら
    /   \   i | .|:| ヽ   、___   /| |:|` ‐- 、
  ./    ヘ /.i | .i:|  \   ─   /| A .|:|    \   ユウシをサーチして炎星デッキを装う手も十分ありえたはず。
  /      ヘ  // |:|_   \    / |、',. W |:| ‐-、
 /       ヘ     |i! ''‐-  ` ‐‐ ´ 斗´)ヽi. |i!   \    貴様、始めから遊星を結託して俺を封殺するつもりだったわけか?

       r 、-=ニニ._ ―- 、
     , ,.|  ` ̄ ̄`¨.i  \ \   そんなことはありません!
   / 〃!   ヽ ヽ  !   ヽ ヽ
  /  /',ム!  ト、,><「 !    |  ',  私だって突然賭けだなんて言われて困ってるんです
 ./ / LL.._ヾ. ヘ '仔テミx |   .!   ',
 | |  | |オテi \ヘ.マ_:リ ’}|   ト.   ', これはただ何を手札に加えればいいか分からなかったからで……。
 | |  ヘ代:リ  ヾ     !    !ノ    !
 | i!  ハ  '__       |   .|    l
 .! ハ   ハ  ∨ `ヽ    |   l:`>、  !  では暗炎星-ユウシを手札に加え、ユウシを召喚します。
 .{' ∨  ゝ. `ー '   .,|  .l.:.:.:.:.:.:.\l
    .∨  | >.、 _  ´ 」  li.:.:.:.:.:.:.:.:ハ  
      |   |<.:.:.:.:.fーr ´ !  |'^ <_/ ∧
      |   | >'´ト }_ -|  .|    ` >―..、
      |   |'´  ,⊥、   ∨∧   /::::::::::::::::`:..、
   ,.ィ:!  ./ /,r介.、.:`.:>∨∧ /:::::::::::::::::::::::::::::.\_
  /::::/ ./  ` /介!:iヽ:/  \ ∨:::::::::::::::::::::::::::/ ̄,ri'
 ./::::::i ∧   ,イ:/|||::i.:iヽ   ∧ヾi:::::/:::::::::::://´:::::リ
r〈::::::::l イ:::ハ/〈/::|||::::i_〉::::\/::::| l::::/___//:::::::::::/




暗炎星-ユウシ
星4/炎属性/獣戦士族/攻1600/守1200
1ターンに1度、このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
デッキから「炎舞」と名のついた魔法カード1枚を選んで自分フィールド上にセットできる。
また、1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在する
「炎舞」と名のついた魔法・罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
フィールド上のモンスター1体を選択して破壊する。

欲しい
今やってるのタッグフォース3だし………

剣闘獣デッキでくるくるするのが楽しい
今のところ最強だし

                 ト v′           | ヽ
                  l / 、 l  | | 、  } ,l    }イ
             ヽ 、l |  人ト、 」 |  } イ 人   / ′
               〕   '―_≧、ヽ|/f rゥヒ'7} / /   そうか。だが2ターン目以降はドローカードの位置を隠した方が良い。
                 \ {弋 fr弐  .: ´ ̄´ _ノ / /フ
                    `廴廴 _,   '     ´ ̄}{〕〉    奈落の落としを発動。ユウシを破壊して除外する。
                    | ハ≦   r ===┐   .' lイ
                  ヽ爿、   ∨r―v′ /'l !{_
                      l ! l\   `二´   /{/|_!ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
         ______l_L| }\      / '/l |Vハ         |  どれ、これがキングの手札パチパチだ!
   ,  ´  ̄           l l l小   `ー‐‐ ' ∥ l | Vハ        |
 /                l !  }――――∥ l l Vハ     ,≦'   パチパチパチパチパチパチッ! バッ!
ニニ二二二ニミ 、       !i   }_____∥  l | | |  //
          \\     ||  _」 }}   ∥   l l | | //ー- 、_
               \ヽ   || r'´  ∥   ム二二!.! 、'  /―-  、_    ̄`7´ ̄
         ,.  - ´ ̄ > > ||/  〃   /    |i 〉〉' |        `7 7′

               __
           ,   ´     `  、
         / / ,.r.:.´.:. ̄,ヘ`.:..、 ` 、

        /  /  />‐,、¨./  ヘ¨ ‐ミヽ. \    えっと、ではセットしていたサイクロンで
        .'  .′ i  i トヾレ!     `ヾ  ヽ
       .'  .!  |  ハ|   ! .i  | | |  ',   ',  ユウシを守りますね
       |   |  | t.十--.t-|' 、|_|_.ハ i !  !
       |   l  .l ャrテ丐ミヽi リァュx`ト i!!  |
       |   」  .! |込_リ  ∨ん:リ,> /||  | !
       |  { .!  ト、{      , `ー' l/ ,リ| i!|
       |  _ 〕  !     _    }  | | リ||
       / /.:.:.:|  ト、     ` ´  .イ  !ル' }
      ./<.:.:.:.:.:.:.|  | ` 、     イ !   !
     /  \.:.:.:.:!  ト __ ` -r<.:.:〉 |  !
     /    >‐|  |   Y´¨ト、/ .!  .|
   ,∠..-‐<   .!  l` ー.{‐ ´ `ー、.|  !
  /:::::::::::::::ハ:ヽ  l   !≦ ̄〔〕 ̄≧x l  ト、
. /::::::::::::::::::::::ハ::::∨  />イ´i ヾヽ:__〉 ハ .{:::ヽ



.~   /  ...::::::::::::::::::::::::::/  .......::::::::/:::::::::             ,.イ
-=,7  ...:::::::::::::::::::::::::::, イ.....:::::_, -_=',~':::::              /
-'  ..::::::::::::::::_,-=7~,~'..::::i- 、,~-='~      _, -='~    ./ `、    既に発動された罠カードを破壊しても
...::::::::::_, -叭| i:::/='-='~ |~ 升区`、~`=-,- '~::::     /./   `、
::::::::::(  、 !`i'.i:/       !.乂弋_`>i、  ,!:::::::    , イ::: /      `、 その効果は無効にならない。
:::::::::::`、 .`、 `i/      `- 、''''~ /゙゙ ./::::    _,i'~::::: ,!:::     _, `
:::::::::::::::`, ` 、    _      `` ! ,.イ   _,<,_ ,!: _,-'::::::  , -'    そうだな。拳銃の例えが分かりやすいだろう。
:::::::::::::::/`、_, !-='~/           / _, イ/ζi~>'、イ::::::::  , イ
 -=_''~~     /        =' ~    ヾ、-_',イ':::   / i      魔法・罠カードは拳銃だ。効果発動によって発砲する。
-==-、`、    /              _ 〆,ii_'~,,,、-='~  .i
.::   :i .i.   ∧       _, -.、    '~-什''7  `、::::::   i      そのあとで拳銃そのものを壊しても、銃弾の防御にはならない。
:::.......:::!. !  ./ `、       <~~` i 、>   ∥ , '   .ハ::::   ,!
:::::::::::,! !  /   `、.     `=,, イ   ∥'~      i::::  ∥      
::::::,.イ/  /i     `、    ~  _,_-='~_________________i::  ∥     この場合は、ジャックのエンドフェイズでサイクロンを使うべきだったな。
-'~,.イ  / .i      `、   , -='   _,,       /i:: ∥
~~   /  !      , イ>='~::::::....., イ~`i `i   ./  i:; ∥       速攻魔法と罠カードは、伏せたターンには発動できない。伏せたターンのうちなら効果を使わせずに破壊できる。
:   ./   i    =' /::::::::::::::::i'::::::::: ,! !  /   !::∥


奈落の落とし穴
通常罠
相手が攻撃力1500以上のモンスターを
召喚・反転召喚・特殊召喚した時に発動できる。
その攻撃力1500以上のモンスターを破壊しゲームから除外する。

サイクロン
速攻魔法
フィールド上の魔法・罠カード1枚を選択して破壊する。

プレイングミスか!初心者にはありがちなパターンだ!

発動と効果は別もので奈落は発動の時点で除外してるみたいな感じだっけか

小学生の頃全く同じ勘違いしてたわw

                ,         /|
               /.|        / |
              .ノ |       / /|

             / / ';     / /. |         どうやら本当に初心者のようだな。
           / / .:|:..:;:;:;:;:;:;/ /   ';
        ,,  / / ./"    /  /   >:;,.. .,.:;:;:イ   そんなことも見抜けんとは不覚……。
        ヽ' ./  レ       " /   /  v  /|

         | / /         ノ       |  ノ.|   
        ノλ ノ         /       |  / レ:"/
        /  |           /       | ノ .| / サイクロンの対象選択が曖昧だった。
       ノ  ヘ  ノ       ノ         // | /
      ノ  l    /       '   |       / | /  こちらのセットカードの方を破壊しても構わない。
      ゝ  |   /          | ,.    ,   レ'/

      丶  |   |       l    ノノ    /   / ノ
       ゝ丶   |      ..,|  / ゝ.,. / / ∧ / /
        |\\ ヽ|    / | ノ/   ~  / / V /
        l.  ( \|ゝ   /  ノ/ _".....イ |  ノ/ソ )
        ヽ  'ヽ_`:,::,:'、 /  イ.i´_`ー' /ノ / )” ノ|
         \ ゝ ̄  Y     ̄ ̄ ノ/ |~|ヒニイ/
          ゝ\   |       /  .| | <  |_
         __||丶 /          | |イ |  |-- ニ ゝ
       / ̄ ̄||~ \ ̄ __      |_|く ゝ |    ゝ \
      ∠___||_..::\       ......イ.|_\ |__/  /ゝ
    /\.   ...||    ヽ    イ  // /   ~  /  //
  /.   .\_.......||      丶-イ >  //      /  //

           _ -‐  ̄ ̄  ‐- _

         ,  ´  __,.、――-....... _  `  、
       / ,...:.:´_/  \‐-  _.:.:.:>.、   \      ありがとうございます。
      / />´ |        ` <.:ヽ   ',ヽ
     ./  '´   ,.、 |             `i   ', ',     ではこちらをサイクロンで破壊しますね。
    /   '   ムヽ|    ', { ヽ      !   i i
   ./   .′ .i 「^^`! |   l ',  ヽ  ',  |   | |
   ′   |  ハ|___!_ i!   ! |___ト、. ', !    ! |    デモンズ・チェーン……テキスト読ませてもらいます。
   .′′ .| ,.イ'´! ̄ ∨i∨  ト´ヽ ̄「¨i`ト.!   .l  !
  .′′  .!´ |,z≠。iミヽ! ∨ .| zr=。ミ、Ⅵ/`  ハ |    あっ、これが残ってたらコアキメイル・ドラゴが無力化されてたんですね。
  | | .|  ∧ <ハ::::::::::}  ` ∨} .{::::::::::ハ>i!   ハ. !     
  | | .|   ヽ | 辷_ン    }'  .辷_ソ /!   ハ  .!
  | i! |    ハヾ            /'.!    ハ  !
  .! ハ i!    圦        '       ,/    ハ.  |
  .ヘ从!∨  ハ.:\    `  ´    /!   ハ    !
    ∧∨  ハ.:.:.:>i、      ィ.:.:.:.:l   .∧   !
    /  ∧   ハ.:.:.:i<! `  ー ´ !>i.:.:l   ハ.:.:\  |!
   ′/.:.|   i.:.:人 `ーi r‐ ´ _人/   l.:.:.ヽイ  |l
   ′ `ーi|   「  `ー  V  ‐'´  |   |.:/ !  ∧
  /   _,.-!   .|        |       |   |` ー 、!  ∧

デモンズ・チェーン
永続罠
フィールド上の効果モンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターは攻撃できず、効果は無効化される。
選択したモンスターが破壊された時、このカードを破壊する。

さすがキングだ!

               -――- _
          ,  ´,...-―――-..、`  、
         / /斗^ヽ ̄ ̄` <ヽ.ヽ\
        /  /´  {    \   `i ヽハ
       ./  .'  ム!   ヽ  ヽ   ! ハ ハ   バトルフェイズ、コアキメイル・ドラゴで直接攻撃。
      /   !   ハ! l !   ハ | .! ハ |  | .!
      .'   | ァ‐t=zLト.  ,ム斗A.┼ !  ! |   オーバー・コアリミットで攻撃力が上がり、攻撃力2400です。
      | !  ! ,rィチ示ヘ∨ | '仔ぅミ! .l  l .!
      | !|  ヘ.`ト 込リ ヾ∨! 込リ. イ,/  ! .!  ジャック(8000→5600)
      ', |!i.   `ト.ゝ    i ヾ   /'/   ! |
      Ⅶ∨  ト..    -_-    /!   ハ !
       Ⅶ∨  ハ:.\      /Y  ./ ! |  
       ハ .∧ } !.:.r≧ _ ≦ト;.:.:!  ハ .! |    エンドフェイズ、レドックスを再公開……で大丈夫ですよね?
      ./ .<.:.:.∨ |_人. `Y´  人.′ |.:.:>| ハ
     /  _ム/  !  `ー|―'´  |   |⊥_!' ハ   同じカードを二回見せても平気……そうですか。よかった。
    ./,ィ≦ム/  /  r.:≦只:.≧x. |   V三≧x
   ∠三三7  /  `イ/ |ヽトー'  !.   ∨三ニム  ではターンエンドです。  
  ,.仁三三7  ./   〈./ィ介}:〉   ∨   V三三ム
 ,:仁三三.7  .∧   ∠ニ|||ム   ∧    Ⅷ三ニム
ャ====7  ムニム ∠三=|||三ム ,:仁ム   }====ァ
 マ三三ニ.{  {三三Y三三ニ|||三三`三三ム  |三三三ア

カリム
手札2(レドックス)
フィールド:コアキメイル・ドラゴ オーバー・コアリミット 炎舞-「天機」

ジャック
手札3
フィールド:無し


巌征竜-レドックス
星7/地属性/ドラゴン族/攻1600/守3000
自分の手札・墓地からこのカード以外のドラゴン族
または地属性のモンスターを合計2体除外して発動できる。
このカードを手札・墓地から特殊召喚する。
特殊召喚したこのカードは相手のエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
また、このカードと地属性モンスター1体を手札から墓地へ捨てる事で、
自分の墓地のモンスター1体を選択して特殊召喚する。
このカードが除外された場合、
デッキからドラゴン族・地属性モンスター1体を手札に加える事ができる。
「巌征竜-レドックス」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

カリムさんかわいい
ワカメー、早く戻って来ーい

                           ,, ィ

                     _/ / _ .x‐/ !     俺のターン! パチパチ
                  ト、/ x‐ ''´/ /   リヽ-‐'フ
                  ノ /           ヘ /  この程度の窮地、容易く覆してみせるわ!
                 /   / /          レ フ
            __    ', | .〈 〈  r‐/ /`ヽ     !  ドロー!  パチパチパチ
        斗 ''´  ',   ', `スr\ / ィ赱フ´ / ∧ レイ

     r ''´ -────、  /.〈弋赱ゝ    ̄ / /ゝ∨´
     〈     ───┴ 、ヽ_\ <      ≦‐‐'!;!フ.ノ   俺はマジックカード、簡易融合を発動。
     }       ___ /  ヘ ̄ r─ 、    L!A
     |/ヽ         ヽ‐- A  ', r-‐〉   ィ|| _ ,,.-‐-...、   ライフを1000払い、黒き人食い鮫を特殊召喚。
    イ   ヘ         /-‐'´ヘ `─'   / i!_:::::::::::::::::::::::::>:.、
    i ○  ヘ    、人. /-....、 i!_ゝ、__ /‐- ,_i!_ ̄ ̄  >::::::::::::::>.、   ジャック(5600→4600)
    |      ヘ    {-‐" 、:::::::ヘ i!_・_・_・_i!_!    /::::::::::::::_::: -─-≧
    (:}      .〉   { T T ヘ::::ヘiト、 _    _i!.i!}   /::::::::::/     ィ   さらに手札からダーク・リゾネーターを通常召喚。
   /  ○   /    .j |  i!─-ゝ-i!、\`ヽ ´ j i! } /::::::∠ 、 __//
   rゝ     /   /',', ゛‐イ ,x<::::ヽ:ヘ. \ ',  リ !  ̄ ./ `>< \
  ./       `⌒7   ',', <:::::::::::::::::`ヾヘ ゝ<´  }  />:.、 | ヽ/ 〉
 /          /  //  | `ヽ::::::::::::::ヾ{{‐v‐}} / /:::::::::::::_:>  ヽ
./          /  //   i .|   マ:::::::::::::',ム   / /:::::::::/  |   ム

簡易融合(インスタントフュージョン)
通常魔法
1000ライフポイントを払って発動できる。
レベル5以下の融合モンスター1体を
融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、
エンドフェイズ時に破壊される。
「簡易融合」は1ターンに1枚しか発動できない。

黒き人食い鮫
融合モンスター 効果無し
星5/水属性/魚族/攻2100/守1300
「シーカーメン」+「キラー・ブロッブ」+「海原の女戦士」

ダーク・リゾネーター
効果モンスター チューナー
星3/闇属性/悪魔族/攻1300/守 300
このカードは1ターンに1度だけ、戦闘では破壊されない。

ヘイワダナーと思ったがこの状況も0判定の産物だったことを思い出した

     ヘ       ヽ  ヽ   /   i ',         / /
   ヾ、 ゝ ',    /ヽ  \ {       ',   /  /  / /  俺はレベル3のダーク・リゾネーターで
     \ \ヘ ‐-{`丶、ゝ、  ヘ _',    / _/ /   / /
      \ f ヘ ヘ气=ミ、 ヽ ヽ∨  /¨∠_/ }   /∠ ァ  レベル5の黒き人食い鮫をチューニング。
         `| ム ヘゝ弋trツ`トヾ! ∨ /弋trツ フ´/ /  /
         \弋ヽ、 ヽ ̄ ̄      ∨  ̄ ̄ / / i/    王者の決断、今赤く滾る炎を宿す、真紅の刃となる
          \ ' ,フヾ、      i     // /

           | |¨|:|           }     ̄/|:|‐'        熱き波濤を超え、現れよ!
    /卞、. ̄ ̄ | | .|:|、       /     / i!:|
    /   \   i | .|:| ヽ   、___   /| |:|` ‐- 、     シンクロ召喚。炎の鬼神。クリムゾン・ブレーダー!
  ./    ヘ /.i | .i:|  \   ─   /| A .|:|    \
  /      ヘ  // |:|_   \    / |、',. W |:| ‐-、
 /       ヘ     |i! ''‐-  ` ‐‐ ´ 斗´)ヽi. |i!   \

            __

        ,  r、´__ `¨  、
      / /」  ヽ―- ミミx ヽ\
     / イ´ ,. |       `ヾ. ハ ヽ    攻撃力2800……!

    ./  / ハ.! | | |  |  !  ', ',
    /  i  iヾー! ,! i!、l!  .ト、 l.|   | |   しかも次のターンにレドックスの召喚まで止める効果。
   i   ! ,L==ィ/∨!.ト=|‐トi!   | |
   |   Y´|ィチミ Ⅵ '仔ぅミx!   .! |     
   | .'   Ⅵ.マ__リ  ヾ b__ンイ!  リ  !   (もしかして、コアキメイル・ドラゴによる召喚制限は、もう効いてない……?)
   | ト,    ハゝ   、       l  .′ |
    .Ⅶハ  圦        .イ  ハ  .!  
    ヾ| ',.  |.:.:.> . ´ ` イ:Y  ./.:.:\∧
     .}〈|  |.:./.:.:r!≧=≦-'1|  .ハ.:.r‐‐' ハ
     ./ !  l/_.:.人__Y__ . -‐i!  L_V_,、 _!
    /.ィ |  l  _ /_    | /  /.::::::`:.、
  /.::::.V / 〔_イ:只ト、__:〕  | { ,.イ::::::――‐`>―_ァ
 /.:::::::::::/ /  ./:/ヘ|ヘ     ! l::::::!::::::::::::::::// ̄:::}

クリムゾン・ブレーダー
シンクロ・効果モンスター
星8/炎属性/戦士族/攻2800/守2600
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、
次の相手ターン、相手はレベル5以上のモンスターを召喚・特殊召喚する事ができない。

ほう・・・8シンクロか。何がでてくるかな?

  <: : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : : : : :.\.:.`.‐-. 、_/:.:.:.:.:.:/
   \: : : : : : : \:.:.:.:.: :\:.: : : : : : : : :.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/-――――――ァ

    /:ヽ : : :丶、: :\:.:.:.:.__\.:.:.:.:.:.: : : : : :\ __:/: :_: : : :__,ィ'/   この状況、できれば
   /: : : ヽ: : :.:.:.:.:._: \ィぅへ\`‐┬-:.:.:.:.: :\--―――――_,´-‐'´
  〈: : : : i: :.\.::.:.:.:{ ,イ ̄{-ィ::ソ ヽ、 |:「二`‐:,_\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:<___    メンタルスフィアや
  ヽ: : ::ヽ、:.ト\:.:|  ヽz‐イ|{フ    リ b }/ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:./
    \: :.:ト弋タノヾ    「「  __ イ_.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:/       レッド・デーモンを呼びたいかったはず。
     }\|ヽ \     ヾヽ「     ̄ ‐- 、:.:.:.\.:.:.:\

     /: :.:.∧      _,  `.|i   〃ニニ 、  ヽ、:\-―`
.    /: :.:/  ヽ   ‐'´,    ||  //   i: :ヽi    `i
   /:.:/    \       ||  { {ヽ-': : : }}三==-ト            コアキメイル・ドラゴはここまで良く機能した。
.  //       \      /||  ヾ、: :: : :〃  ̄ ̄|ノ
        , -‐ィ'´  ̄ ̄ ̄`ヽ|| _` ニニ〃     | 
      /:   }  . : : : : : : : : \ ヽ \ -――、」
     /  `ー'´ . : : : : : : : : : : :. } i  { i  ‐=<ヵ

     / . . . . . .. : : : : : : : : : : : : //   ヽ\  ` 、 \

          |  Y  l      ! l Y |
         、_l  ′       i  ′ !     いくらメタカードを用意されようと
          ヽ  、    !      , /7
           ]  l  l__/ ! l_/ /  /     キングのデッキはあらゆる状況に適応できる!
          _」  ト、 〈、 l {亅人 /7

           \ 〈弋t_从 ./,ィ_力//i/     クリムゾン・ブレーダーで、コアキメイル・ドラゴを攻撃! 
            ヾ心   ``i´ ´  /!タ′
         , ---爿、    '    /!ト- 、--- .、  カリム(6000→5600)
        /  /i_{} ト、´ ̄`/!{}i   \  \
       / _/ / ノハ.!_ ` - ´ .人ハ「\  \  \ 俺はこれでターンエンド!

カリムさんのドロー
1~3:このカードではどうにも
4~6:分かりません……
7~9:これなら!

今日はここまで。

ほい

a

あ、書き忘れたけど直後の>>407
ジャック涙目 安定感のある炎征コアキなんてなかなか組めないのに


よくあるFateの安価スレとはなんだったのか

聖杯戦争ではよくあること

ワカメと違ってカリムさんは運命力持ってるな
良いデュエリストになれる

ワカメのデュエルいつもグダるからな
ここらでスカッと勝ちたい所

遊戯王知らんのだがパチパチって何だぜ
知らんのになんか読んじゃうんだぜ

現実世界に置いてはデュエル中手持ち無沙汰なときにする手遊び
マナーがなってない輩がよくやる

遊戯王世界においての意味は上の方に説明がある

どのタイミングでドローしたカードか、手札が相手に判らないようにシャッフルしてるんだよ。
で、相手に見破れないように高速で入れ替えるんで、カード同士が当たってパチパチと音が鳴る。

それがうっとおしいんだよな
スリーブ何重にもしてるから尚更音がデカい

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:ナイト
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┓
  【真名】:カオス・ソルジャー       【レベル】:40      【属性】:混沌・中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋力】:A(50)   【耐久】:A(50)   【敏捷】:A(50)   【魔力】:A(50)   【幸運】:A(50)  【宝具】:A(50)
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【特徴】:英霊
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
                          __

                      / __  ヽ
.      _            //Y )(ィ:.ヽ  ≧-  _、
    〈==〉         //:⌒Yノシ7≦)>   /: :/
.      YYl!         /./)(ノ: : : : -=彡(: : :/ ./: :/
.       '//,        //(シ: : : : : : : r=:≧ィ/ ./: :/
       '//,    、  _ //〃: : : : : : :_彡≦r: :/ ./: :/
   ハ   _'//,.、 -= 〉7 フ Yヲ: : : : : :ィ): y9/__.ノ: :ハ 下段ガードを固めた俺に隙はなかった
   Y≦≠三=ィ―.{.〈ノ__.ノ/〃6:)Y:/:./ィ⌒/ハ{  }
   ヾ{.´ V//,{、 _ハミハ:込=ミ:=:彡  ´ ゝ-.|{ ==v从ヾ===ヽ
      /////ヲ 、「 l!    ̄ ̄   . :.:r≦,斗从ゝ=人.|: : _/
.       ヽ///.{  }||.!ニニニヽ /: :ィ.、癶zソ. }ハ VV ≦{\    
.       '//.{ { g )YハY:\/:ヾ': : : : :_:ハ .} } }:. VミY

       ////ヽ辷=={≦二.≧=- =彳r}--{、|_{r'r'_:}rV }

         ヽ//,{ .辷___} |   | |}=ニニ.|. }.   { Y。 ̄ 。Y
         '//:,   ̄ {. Y=Y__ハ \¨ゝ Y二彡{ 。____彡!、
           }// 、   {ゞ=イ { \ } }__{ ==イ}.}\ヽ}Y彡、
         ヽ///   .}  .} | ゞ/=.|. }   } { ゞ、.ノ  |
.            '//,   _|_____| { Vニ=-、}   } {、 /=|   .|
           '//,  / ⌒>。ヾ≪ニ刄厂 ̄ミ、V=彡__/
          {//,}f--==-イ7_シ  r≪___彡Yリ

              `¨´ `¨¨¨¨´    ゝ====-  ´
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【クラススキル】
  ◆守護騎士:C
   このサーヴァントは、相手ターンに1度だけ、戦闘及び効果で破壊されない。

  ◆騎乗:B+
   1ターンに1度、手札またはフィールド上の乗り物・動物を選択し、装備カード扱いで1体のみ装備する。
   このサーヴァントの攻撃力・守備力は、この効果で装備したカードの攻撃力・守備力分アップし、
   このサーヴァントは装備カードの効果を得る。このカードが破壊される場合、
   代わりにこの効果で装備したカードを破壊することができる。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【保有スキル】
  ◆原初の種:C
  1トーナメント中に1度、ゲーム外から自分のカード2枚を選択して手札に加えることができる。

  ◆両儀の易:B
  このサーヴァントはルール上、闇属性としても光属性としても扱われる。
  1ターンに1度、魔力を払い以下の効果から1つを選択して発動できる。
  ●相手の宝具以外のステータス1種類を選択し、その値を1ランク下げる。
  ●このターン、このサーヴァントの筋力・敏捷は2倍となる。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【宝具】
  ◆『時空突刃・開闢双破斬』
  ランク:A 種別:対人宝具 レンジ:1~99 最大捕捉:1人

  このサーヴァントが戦闘を行う攻撃宣言時に魔力を払って発動できる。
  相手フィールド上に存在するカード1枚を選択し、そのカードを破壊して除外する。
  この宝具の発動に対して、相手は他の効果を発動できない。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

精霊界でもっとも有名な戦士の一人。セイバー、ライダー、キャスター、アサシン、バーサーカーなど多くのクラスに適性を持つが
今回は他の鯖と被るとややこしいとの理由から謙虚にもエクストラクラスをこしらえて登場。

                ,.-==.、
                / '´ ̄`,ヽヽ.__,、
              /, ′  /,べv',へ\
                //    /イ´" ̄ ̄゛ヾヽ   ふむ。こんなところか。
            //   ,ィ'´           ゙:、
           i ,′  ,:'    .       ゙:、  カリムさんとパスを繋いだ意味がようやく出てきたな。
           l,′  i i .i: i. i、 i、 i  i: i!:i i i
           ′   i .|:iハトiメi、|ヽ:|、i、|ィlォリ|;: | いかに聖杯用ホムンクルスと言えど、最優のセイバーと
                  ヘ、トィ≠=、` ``'ィ≠ミメリ: |
               |:ベ弋:リ     乂:リ/,':: !  最強のナイトを同時に使役すれば無理が出てくる。
              /|:i::::ハ "  '   "ノ、!:: .ト、
              \l !::i!/>,. ^  .ィ:::`メ.: ノ‐'´だがカリムさんがいれば魔力的にはぎりぎりなんとかなるだろう。 
              ,ゝメ、ヾ:、_メ、::i.!i::::i、!:ノ_ノ=.、
           ,ィ,'イ::`ヽ:i:i:/イ`ヾ、|./ ヘ.;::i:i:i:i:iヾ:.、

         ,ィ,'イ.::::::::::::::::::、/;'       ヽ!:::::::::::::::::.`ヾ.、
        〈〈::::::::::::::::::::::::::/´_ `ヽ , '´_ ヽ:::::::::::::::::::::::::>> ただ、ナイトはマスターの属性が陰陽のどちらかに偏ってると弱体化するので
        ヾ.>:::::::::::::::::::,''´   .`ヽO'´  ``ヽ:::::::::::::::::</
         /.::::::::::;ゝ‐{    ‐=O=‐    }_;ィ::::::::::::::\  もともとイリヤ・玖渚・ワカメと混ざってる中にカリムさん分を足したことで
      __/.::::::::/   ゝ. __ .,.ィO、. __,.ノ  ``\:::::::::.\__
     ノ.:::::::、:/      ヘ《OlニXニlO》/      \_;:::::::::ヘ_ 根源接続スキルの出力は落ちているが。
     ゝ、:::::::::::`ヽ、      〉《O!ニXニlO》〈      ,. '´.:::::::::::::ノ
      `丶、::::::::::ヽ、,、_/.::《OlニXニlO》::.\,.、_,.ィ:'´.::::::::::;ゝ'´

       ,,-'、`>‐-:::::::::::::::`i::〃/   ヘ:ヾ.:::::/.::::::::、::::;ゝ'´》ノ《,ィ
      √メ゙/'.::::::::::::::::::::/.::〉::::::\ /.:ヘヾ〈::::::::::::::`ー::、ll√ノ_),、
     <`ヽメヾ.、/.::::::_ノ.::〈\:::::::.`´.:::::::/〈`ヽ::::__::::::::入ー=、メ  あとアーチャーがいまだにまとまらない。とくに宝具。

     厶入ヾノ〈::::::::/л!_i/\:::::::::/\メ==='イ¬i=='イ `¨メフ 
     /.::::ノノレメー=='イハテ/'´  ト、;.イ  ノ"メハ〈ーryヾ≠'ヘ='/  ミスターTとは相性抜群だと思うが、アーチャー適性はかなり無理矢理。
   /.:::::::::´¨7/´〉メr'Y´ゝ     i'´`i    ノY´イ√iry´)゙ー'ヾ\ 

ブロントさんはやはり格が違った!

わかりやすい能力説明だな

イスカンダルジャンプの分かりやすい説明

乗り物になる剣を作らなきゃ!

     ,〈{                 ,  ´ ̄ ̄ ̄ ̄` 、
    ./ ヽ             /  _.-/`ヽ―-....._  \   私のターン。ドロー!
    /    〉             /  /´ム !   }――-ミl  ! ヽ 
   ./   /               //  | トー| i!  ト、  ヽ | |  i
  〈   /               /イ  _,L⊥ !{∨|t‐、―ト |、 !  |
   .∨ ./               〃 |  ハ lrっミ Ⅵ,/アミx}| l=、 !             |`ー―--‐ ''7
  「「!_∨               {' ./!  { ト! 心  ヾ .込ハ',! ! リ !            |       /''7
  |/,イ                / |  ハ.{   、     /'/ l./ !         |       / /
  | | l_/〉              / l /  人   ___  ,/ /  .!           |      //
  | i´_/           /// / /r‐‐\ ` ´ .イ/ /―.、 |            |      //
  |/\        _. </ / / /_ }` ̄.:.` r≦-/ /`ー‐{. !          |     //
. <:::::::::::::ヽィ_ニニ´> ´ / /⌒´:/ ̄ ̄´ {i/_/ /\__/ !          └―--―'/
  \:::::::/ヘ , <  > ´{ /:::://r‐_ニアハ/ /  /::::::::\ !       /`i   / 〉~
   \/:::::::\ >´   /i/:/:::/ ,イ〃||/ /  ..ィ::::::::::::::::::::`ヽ、       ! |/ 〉/ 〉〉
     \:::::::::::\_∠.<:/::::::::::^´:〃:::/ /、..イ::::::{、:::::::::::;ィ≠´:}'    ./ / 〃 //

     /\:::::::::::ヾ::::::::::::::{::::::::::::::::〃::://::::::::::::::::::}ヾニ≠´::::::::/   _/ / / / /
    /-―/\:::::::::::::> ´i\__:::|||::/':::::::::::::::::::::/\_:::::::::::∧  .ハ:/     _/
   /'´  ./ ./`ー'´,イ  /  |:::::::::|||:::\__...イ  / i!\::::::∧ i!:::\__...<::リ
       {./  / / ! /  <`ー≠ヾ.、::::::::::::::ィ≠>'/ / ! ハ::::::∧ハl:::::::::::::::::/
       !'   { ./  l {   `T´: : : : `=≠:´:/´././ l / ∨:::/::::廴__/
            V   ヽ!  r〈__: : :: : : : : : : : イ/'´   //   ∨::::::: ̄/
                    /o>'⊥`ーr 、_r‐ ´ ̄`i   //    `ー-‐'´
              / /イ: : : : ̄: ̄:L゚ -‐ ´∧ /'

             <_/:::::/: : : : : : : : : :廴o   ∧
            /:::::::::::::/: : : : : : : : : : :|:::::\  ∧
           /::::::::::::::::/:|: : : : : : : : : :/|:::::::::::\  〉
           /:::::::::::::::::::/: i!: : : : : : : : :/: |:::::::::::::::::`ーヘ
         /::::::::::::::::::::::/: : i!: : : : : : : :/: : |:::::::::::::::::::::::::∧

乗り物になる剣?キーブレードか?

               __
           ,   ´     `  、
         / / ,.r.:.´.:. ̄,ヘ`.:..、 ` 、   暗炎星-ユウシを召喚。

        /  /  />‐,、¨./  ヘ¨ ‐ミヽ. \
        .'  .′ i  i トヾレ!     `ヾ  ヽ 1ターンに1度、フィールドの炎舞を墓地に送ることで
       .'  .!  |  ハ|   ! .i  | | |  ',   ',
       |   |  | t.十--.t-|' 、|_|_.ハ i !  ! 相手のモンスター1体を破壊します。
       |   l  .l ャrテ丐ミヽi リァュx`ト i!!  |
       |   」  .! |込_リ  ∨ん:リ,> /||  | ! 炎舞-「天機」を墓地に送り、クリムゾン・ブレーダーを破壊!
       |  { .!  ト、{      , `ー' l/ ,リ| i!|
       |  _ 〕  !     _    }  | | リ||
       / /.:.:.:|  ト、     ` ´  .イ  !ル' }  さらにバトルフェイズ、ユウシで直接攻撃。
      ./<.:.:.:.:.:.:.|  | ` 、     イ !   !
     /  \.:.:.:.:!  ト __ ` -r<.:.:〉 |  !     ジャック(4600→2000)
     /    >‐|  |   Y´¨ト、/ .!  .|
   ,∠..-‐<   .!  l` ー.{‐ ´ `ー、.|  !    このモンスターが相手にダメージを与えた時、効果発動。
  /:::::::::::::::ハ:ヽ  l   !≦ ̄〔〕 ̄≧x l  ト、
. /::::::::::::::::::::::ハ::::∨  />イ´i ヾヽ:__〉 ハ .{:::ヽ   デッキから新たな炎舞をフィールドにセットします。


.~   /  ...::::::::::::::::::::::::::/  .......::::::::/:::::::::             ,.イ
-=,7  ...:::::::::::::::::::::::::::, イ.....:::::_, -_=',~':::::              /
-'  ..::::::::::::::::_,-=7~,~'..::::i- 、,~-='~      _, -='~    ./ `、    そう、コアキメイルでメタり
...::::::::::_, -叭| i:::/='-='~ |~ 升区`、~`=-,- '~::::     /./   `、
::::::::::(  、 !`i'.i:/       !.乂弋_`>i、  ,!:::::::    , イ::: /      `、 炎星で削り、征竜でアドバンテージを確実に稼ぐ。
:::::::::::`、 .`、 `i/      `- 、''''~ /゙゙ ./::::    _,i'~::::: ,!:::     _, `
:::::::::::::::`, ` 、    _      `` ! ,.イ   _,<,_ ,!: _,-'::::::  , -'
:::::::::::::::/`、_, !-='~/           / _, イ/ζi~>'、イ::::::::  , イ     それがそのデッキの使い方。
 -=_''~~     /        =' ~    ヾ、-_',イ':::   / i
-==-、`、    /              _ 〆,ii_'~,,,、-='~  .i      
.::   :i .i.   ∧       _, -.、    '~-什''7  `、::::::   i
:::.......:::!. !  ./ `、       <~~` i 、>   ∥ , '   .ハ::::   ,!     (あのデッキに入った炎舞は天機3枚のみ。問題は天機で何を引くか。)
:::::::::::,! !  /   `、.     `=,, イ   ∥'~      i::::  ∥
::::::,.イ/  /i     `、    ~  _,_-='~_________________i::  ∥     (俺なら次のドローに賭けつつ、カグツチに繋ぎうるウルナイトか)
-'~,.イ  / .i      `、   , -='   _,,       /i:: ∥
~~   /  !      , イ>='~::::::....., イ~`i `i   ./  i:; ∥       (あるいは三枚目のユウシをサーチするが……)
:   ./   i    =' /::::::::::::::::i'::::::::: ,! !  /   !::∥

暗炎星-ユウシ
星4/炎属性/獣戦士族/攻1600/守1200
1ターンに1度、このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
デッキから「炎舞」と名のついた魔法カード1枚を選んで自分フィールド上にセットできる。
また、1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在する
「炎舞」と名のついた魔法・罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
フィールド上のモンスター1体を選択して破壊する。

ユウシ単純に強いんだよな。安いし。入手もたやすいし。

           -‐   ̄ ̄` 、
       ,  ´          ` 、     炎舞-「天機」をセットし、メインフェイズ2で発動。
     ./  _...-―――-...._     \
    ./  /´.:.__/\__.:.:.:.:.\  ヽ  ヽ   私がデッキから手札に加えるのは……  下三
   /  /´   /  ヽ   ` <!   i
  ./  /  ト、.{          l!   !  !
  //  i 、ムミ.| |      \ ヽ|   |  |  1.コアキメイル・ウルナイト
 .i i! | ! |!`ヽ!.ト,   i!ゝ<´ヽ. |    |  |
  !ハ ! | i!.  N∧   |\ト 、. Y    !  !  2.コアキメイル・クルセイダー
  | ! | i! ハ ヾ=  \ }=≠ ヽ|    ハ  |
  | Ⅵ从 圦   /  }/     .!   /.:.\   3.暗炎星-ユウシ
    ヾハヘ{ \   _ _    ,./   /.:.:.:.:.:.:>
      ハ  |.:.ヽ.   _.. </   /.:.:.:.:./!   4.勇炎星-エンショウ
     / |  !.:; イ.:`´r!v―/   ∧.:.:./ ∧
    ./ .!  .L ⊥=-‐! }  i   |.:.ヽ/   ∧
    / ..ィハ .|       /  .|   |` <   ∧
   /:::::/ .} ./  <只、> !   !  /`::..、 ハ
 /::::::::/  /!   〈/介L> |   | ./:::::::::::::::\.|
/::::::::::::/  /::|  /:://ハ  !   !/::::::::::::::::::::::ハ

コアキメイル・ウルナイト
星4/地属性/獣戦士族/攻2000/守1500
このカードのコントローラーは自分のエンドフェイズ毎に
手札から「コアキメイルの鋼核」1枚を墓地へ送るか、
手札の獣戦士族モンスター1体を相手に見せる。
または、どちらも行わずこのカードを破壊する。
1ターンに1度、手札の「コアキメイルの鋼核」1枚を相手に見せる事で、
デッキから「コアキメイル・ウルナイト」以外のレベル4以下の
「コアキメイル」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。

コアキメイル・クルセイダー
星4/地属性/獣戦士族/攻1900/守1300
このカードのコントローラーは自分のエンドフェイズ毎に、
手札から「コアキメイルの鋼核」1枚を墓地へ送るか、
手札の獣戦士族モンスター1体を相手に見せる。
または、どちらも行わずにこのカードを破壊する。
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、
自分の墓地の「コアキメイル」と名のついたカード1枚を選択して手札に加える事ができる。

勇炎星-エンショウ
星4/炎属性/獣戦士族/攻1600/守1000
1ターンに1度、このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、
デッキから「炎舞」と名のついた魔法カード1枚を選んで自分フィールド上にセットできる。
また、1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在する
「炎舞」と名のついた魔法・罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
フィールド上の魔法・罠カード1枚を選択して破壊する。

ksk

ユウシ

               -――- _
          ,  ´,...-―――-..、`  、
         / /斗^ヽ ̄ ̄` <ヽ.ヽ\
        /  /´  {    \   `i ヽハ    私は暗炎星-ユウシを選択して手札に加えます。
       ./  .'  ム!   ヽ  ヽ   ! ハ ハ
      /   !   ハ! l !   ハ | .! ハ |  | .!  私はこれでターンエンド。
      .'   | ァ‐t=zLト.  ,ム斗A.┼ !  ! |
      | !  ! ,rィチ示ヘ∨ | '仔ぅミ! .l  l .!
      | !|  ヘ.`ト 込リ ヾ∨! 込リ. イ,/  ! .!
      ', |!i.   `ト.ゝ    i ヾ   /'/   ! |
      Ⅶ∨  ト..    -_-    /!   ハ !
       Ⅶ∨  ハ:.\      /Y  ./ ! |
       ハ .∧ } !.:.r≧ _ ≦ト;.:.:!  ハ .! |       ジャック:手札2 ライフ2000
      ./ .<.:.:.∨ |_人. `Y´  人.′ |.:.:>| ハ       フィールド:無し
     /  _ム/  !  `ー|―'´  |   |⊥_!' ハ
    ./,ィ≦ム/  /  r.:≦只:.≧x. |   V三≧x       カリム:手札3 ライフ5600    
   ∠三三7  /  `イ/ |ヽトー'  !.   ∨三ニム     フィールド:ユウシ、コアリミット、天機
  ,.仁三三7  ./   〈./ィ介}:〉   ∨   V三三ム     
 ,:仁三三.7  .∧   ∠ニ|||ム   ∧    Ⅷ三ニム
ャ====7  ムニム ∠三=|||三ム ,:仁ム   }====ァ
 マ三三ニ.{  {三三Y三三ニ|||三三`三三ム  |三三三ア

/ジャックのライフ計算ミスってた。正しくは3000。
                           ,, ィ

                     _/ / _ .x‐/ !     キングは負けん! うぐぐ……。
                  ト、/ x‐ ''´/ /   リヽ-‐'フ
                  ノ /           ヘ /  俺のターン、ドロー! 
                 /   / /          レ フ
            __    ', | .〈 〈  r‐/ /`ヽ     ! 手札からバイス・ドラゴンを特殊召喚。
        斗 ''´  ',   ', `スr\ / ィ赱フ´ / ∧ レイ

     r ''´ -────、  /.〈弋赱ゝ    ̄ / /ゝ∨´さらにライフを2000払い、ガーベージ・ロードを特殊召喚。
     〈     ───┴ 、ヽ_\ <      ≦‐‐'!;!フ.ノ
     }       ___ /  ヘ ̄ r─ 、    L!A   二体のモンスターでオーバーレイ・ネットワークを構築。
     |/ヽ         ヽ‐- A  ', r-‐〉   ィ|| _ ,,.-‐-...、
    イ   ヘ         /-‐'´ヘ `─'   / i!_:::::::::::::::::::::::::>:.、  
    i ○  ヘ    、人. /-....、 i!_ゝ、__ /‐- ,_i!_ ̄ ̄  >::::::::::::::>.、   黒き二重のヴェールより
    |      ヘ    {-‐" 、:::::::ヘ i!_・_・_・_i!_!    /::::::::::::::_::: -─-≧
    (:}      .〉   { T T ヘ::::ヘiト、 _    _i!.i!}   /::::::::::/     ィ   夜の担い手、忍び寄る!
   /  ○   /    .j |  i!─-ゝ-i!、\`ヽ ´ j i! } /::::::∠ 、 __//
   rゝ     /   /',', ゛‐イ ,x<::::ヽ:ヘ. \ ',  リ !  ̄ ./ `>< \    
  ./       `⌒7   ',', <:::::::::::::::::`ヾヘ ゝ<´  }  />:.、 | ヽ/ 〉    終焉の守護者アドレウス!   
 /          /  //  | `ヽ::::::::::::::ヾ{{‐v‐}} / /:::::::::::::_:>  ヽ
./          /  //   i .|   マ:::::::::::::',ム   / /:::::::::/  |   ム    ジャック(3000→1000)


バイス・ドラゴン
効果モンスター
星5/闇属性/ドラゴン族/攻2000/守2400
相手フィールド上にモンスターが存在し、
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したこのカードの元々の攻撃力・守備力は半分になる。

ガーベージ・ロード
効果モンスター
星5/闇属性/悪魔族/攻 0/守2400
このカードは2000ライフポイントを払い、手札から特殊召喚できる。
このカードをエクシーズ素材とする場合、
闇属性モンスターのエクシーズ召喚にしか使用できない。

終焉の守護者アドレウス
エクシーズ・効果モンスター
ランク5/闇属性/悪魔族/攻2600/守1700
レベル5モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、
相手フィールド上に表側表示で存在するカード1枚を選択して発動できる。
選択したカードを破壊する。

                 ト v′           | ヽ
                  l / 、 l  | | 、  } ,l    }イ   アドレウスの効果発動!
             ヽ 、l |  人ト、 」 |  } イ 人   / ′
               〕   '―_≧、ヽ|/f rゥヒ'7} / /    オーバーレイ・ユニットを1つ取り除き
                 \ {弋 fr弐  .: ´ ̄´ _ノ / /フ
                    `廴廴 _,   '     ´ ̄}{〕〉    炎舞-「天機」を破壊する!
                    | ハ≦   r ===┐   .' lイ
                  ヽ爿、   ∨r―v′ /'l !{_
                      l ! l\   `二´   /{/|_!ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ  さらにアドレウスでユウシを攻撃!
         ______l_L| }\      / '/l |Vハ         |
   ,  ´  ̄           l l l小   `ー‐‐ ' ∥ l | Vハ        |  カリム(5600→4600)
 /                l !  }――――∥ l l Vハ     ,≦'
ニニ二二二ニミ 、       !i   }_____∥  l | | |  //    
          \\     ||  _」 }}   ∥   l l | | //ー- 、_
               \ヽ   || r'´  ∥   ム二二!.! 、'  /―-  、_    ̄`7´ ̄
         ,.  - ´ ̄ > > ||/  〃   /    |i 〉〉' |        `7 7′

          ヽ  :::::::::::::::::::::::!       .: l         /!  !
         ト Y ..:::::::::::::::::!::::i     ...::: l          i {   メインフェイズに移り、カードをセット。

         ', ヽ! ::::::::::::::/l::::|     :::|::: l    ..:::::::   |    i
          ヽ   :::::::::/ ∠l:::| \ _ =.|:: l   /::::::::::   | .i  リ  このカードでお前の動きを止めて
           }   :::::::l 〈_l:::|   フト ヽi: l.  /:::::::::    | .i /
          ノ    :::::', ', i!::::ヽ l | ` ヽi!  /:::::::::::::  リ i/    このまま勝ち……ぐっ……ぅ。
    _ -‐ ´ /  .:::::::::', ヽ|ヽ::  | ヽ(・ )| /ヽ:::::::::  / /ヽ
      ̄  フ |  .::::::/::《>.、 i l\ ヘ  `‐- _i/  |::::  ∠.i /  i
      <, ̄`‐- 、::::::/´Yir7  ! l  マ ヘ      l: /‐'/レヾ. /   俺はこれでターンエンド!
      ノ     `‐- 、|ii|、  lil  ヽ_!        レ'! ̄i    i/
   _r ´_        `・、ヽ  |i|           l ノヽ、  !
   r ´  `‐- _      `-、 |i|         - ┘  ヾ_>、
 ヽ |        `‐ 、     `‐-、  ∠二フ/        ヾ、-
   `|           `‐ 、      `‐- _ /_ -‐ ´ ̄ ̄`  ─ァ
    .|              `>、                 / ´

カリムさんのドロー&プレイング判定

1~3:このカードではどうにも
4~6:分かりません……
7~9:これなら!

直後コンマ

ほい

ほい

すまんかった

            __

        ,  r、´__ `¨  、
      / /」  ヽ―- ミミx ヽ\  私のターン、ドロー。
     / イ´ ,. |       `ヾ. ハ ヽ

    ./  / ハ.! | | |  |  !  ', ',  (……。手札は四枚。レドックス、精神操作、ユウシ、奈落の落とし穴)
    /  i  iヾー! ! i! l!  .ト、 l.|   | |
   i   ! `ト==ト、|∨!斗=|七i!´  .| | (レドックスのコストになるのは墓地のドラゴのみ。1枚では効果は使えない)
   |   ヘ |{   ∨ Ⅵ ∨ | ! !   .! |
   | .'   Ⅵミ=气 ヾ. ミ=彡l  ,リ  ! (精神操作は、はっきり言って何に使えばいいのやらさっぱり分からないカード……)
   | ト,    ハゝ   、       l  .′ |
    .Ⅶハ  圦    _ _   ,.イ  ハ  .! (天機が破壊されたことでユウシは効果が使えなくなり)
    ヾ| ',.  |.:.:.> .    .イ:Y  ./.:.:\∧
     .}〈|  |.:./.:.:r!≧=≦-'1|  .ハ.:.r‐‐' ハ (奈落の落とし穴は今からでは遅い……)
     ./ !  l/_.:.人__Y__ . -‐i!  L_V_,、 _!
    /.ィ |  l  _ /_    | /  /.::::::`:.、    モンスターをセット、カードを1枚伏せて、ターンエンドです……。
  /.::::.V / 〔_イ:只ト、__:〕  | { ,.イ::::::――‐`>―_ァ
 /.:::::::::::/ /  ./:/ヘ|ヘ     ! l::::::!::::::::::::::::// ̄:::}

    \"~""'''::..‐- ...,,__ _/::::, -'_/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     \:::::::::::::\ 、:::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::/
      \:::::::::::::` ==ニ二_,イ::::::::::::::::::::;::'::::::::::::::::;::::::::::::::/ヽ    逆転の手段は、既にその手の中にある。

        ゝ::::::::::::::::::::::::::;::/:::::::::::::::::/::::::;:::::::::::/::::::::::::/:::::::\
  __,..- .:''":::::::::::::::::::::::://::::::::::::::::::::/::/イ/:::::::/::::::::::::/:::::::::::::/  あとはそこに気付けるかどうかだ。

  ` ― 、:::`..====ニ二 .イ:::::::::::::::::::::;イィzxイ/´}:::::::/ィ':::::::::::::;:′
       ` 、:::::::::::::::::::::;:'::::::::;イ::}イ/ヘ弋シ }ヽ /:::/rハ:::::::::::/   
.        `>::::::::::/::::::/ 〉、{       ̄ ´ // ヾzツ}::::/ヽ
        /::::::::::::;:'::::/、ヾヘ `             / 7.イ::::::::::::ヘ 落ち着いて、デッキの内容を思い出すんだ。
       "''''- :::::/::/:::::::ゝー ヘ、             ' { !゙、:::::::::::::',
          `/イ:::::::::::::::::::{> 一、     ‐ 一   У \:::::::::| その手でカードを繋ぎ合わせ
            />':´  ̄ : : : : : : l        ̄   /    \::::l
.            /: : : : : : :/⌒ヽ: : ,:' \      /l.       ヾ{ 光差す道を見つけ出すんだ。
           `} : : : : : :{{   }}:./   ` 、 /\:{__,,. -‐'''7
   ___      ヽ; : : : : ヾ __.ノ:イ      {´: : : ;ィ==.、 : : /    
/´    ヽ ̄~ヾー' : : 、: _:_ : : : : { `、   .イ : : : :{{  }} : /   
      ..:.:\: : :ヘ : : : : :_,; :-':'":ヘ  ヽ /ヘ: : : :ゞ='' :/      そう、デュエリストの役割とは、絆を繋ぐこと――!
    ....:.:.:.:.:.:.:}}: : : : : : /: : : : : : : :ヘー - ..._ .ゝ : : : : : イ

.........:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/': : : : : : :\: : : : : : : : :ヽ::::::::::::::::`ヾ: :_:_/ー 、 __
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/': : : : : : : : : :`: :、 : : : : : : ヽ::::::::::::::::::::\: : : : : : :\:ヾ ̄:.` 、
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ : : : : : : : : : : : : : :` : 、: : : : :}:::::::::::::::::::::::ヘ : : : : : /: : \::.. ヽ

精神操作
通常魔法
相手フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。
このターンのエンドフェイズ時まで、選択したモンスターのコントロールを得る。
この効果でコントロールを得たモンスターは攻撃宣言できず、リリースする事もできない。

          |  Y  l      ! l Y |
         、_l  ′       i  ′ !   また手札シャッフルを怠ったな。
          ヽ  、    !      , /7
           ]  l  l__/ ! l_/ /  /   そのセットモンスターはユウシ。
          _」  ト、 〈、 l {亅人 /7

           \ 〈弋t_从 ./,ィ_力//i/   時間稼ぎのカードだ。恐るるに足りん。
            ヾ心  ̄``i´ ´ ̄/!タ′
         , ---爿、    '    /!ト- 、--- .、
        /  /i_{} ト、´ ̄`/!{}i   \  \  俺のターン、ドロー。
       / _/ / ノハ.!_ ` - ´ .人ハ「\  \  \

     ヘ       ヽ  ヽ   /   i ',         / /
   ヾ、 ゝ ',    /ヽ  \ {       ',   /  /  / /  だが、ユウシを壁にしたこと自体は
     \ \ヘ ‐-{`丶、ゝ、  ヘ _',    / _/ /   / /
      \ f ヘ ヘ气=ミ、 ヽ ヽ∨  /¨∠_/ }   /∠ ァ 正解だったかもしれんな。
         `| ム ヘゝ弋trツ`トヾ! ∨ /弋trツ フ´/ /  /
         \弋ヽ、 ヽ ̄ ̄      ∨  ̄ ̄ / / i/
          \ ' ,フヾ、      i     // /      俺は手札より、クレーンクレーンを召喚。

           | |¨|:|           }     ̄/|:|‐'
    /卞、. ̄ ̄ | | .|:|、       /     / i!:|        墓地のクロック・リゾネーターを蘇生する。
    /   \   i | .|:| ヽ   、___   /| |:|` ‐- 、
  ./    ヘ /.i | .i:|  \   ─   /| A .|:|    \   
  /      ヘ  // |:|_   \    / |、',. W |:| ‐-、      俺はクレーンクレーンを、クロック・リゾネーターでチューニング!
 /       ヘ     |i! ''‐-  ` ‐‐ ´ 斗´)ヽi. |i!   \

            __

        ,  r、´__ `¨  、
      / /」  ヽ―- ミミx ヽ\
     / イ´ ,. |       `ヾ. ハ ヽ

    ./  / ハ.! | | |  |  !  ', ',   (大丈夫。奈落の落とし穴で出てきたモンスターを倒せば)
    /  i  iヾー! ,! i!、l!  .ト、 l.|   | |
   i   ! ,L==ィ/∨!.ト=|‐トi!   | |  (あとはアドレウスの攻撃はユウシに向かい、私のライフは減らない)
   |   Y´|ィチミ Ⅵ '仔ぅミx!   .! |
   | .'   Ⅵ.マ__リ  ヾ b__ンイ!  リ  !  (次のターンで逆転のカードが引ければ……)
   | ト,    ハゝ   、       l  .′ |
    .Ⅶハ  圦        .イ  ハ  .!
    ヾ| ',.  |.:.:.> . ´ ` イ:Y  ./.:.:\∧
     .}〈|  |.:./.:.:r!≧=≦-'1|  .ハ.:.r‐‐' ハ
     ./ !  l/_.:.人__Y__ . -‐i!  L_V_,、 _!
    /.ィ |  l  _ /_    | /  /.::::::`:.、
  /.::::.V / 〔_イ:只ト、__:〕  | { ,.イ::::::――‐`>―_ァ
 /.:::::::::::/ /  ./:/ヘ|ヘ     ! l::::::!::::::::::::::::// ̄:::}


クレーンクレーン
効果モンスター
星3/地属性/鳥獣族/攻 300/守 900
このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地のレベル3モンスター1体を選択して特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
「クレーンクレーン」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

クロック・リゾネーター
星3/地属性/悪魔族/攻1200/守 600 チューナー
このカードがフィールド上に表側守備表示で存在する限り、
このカードは1ターンに1度だけ戦闘またはカードの効果では破壊されない。

ヴァルカンさんか・・・?

                 ト v′           | ヽ
                  l / 、 l  | | 、  } ,l    }イ   大地の血脈集う場所。眠れる竜よ、起き上がれ!
             ヽ 、l |  人ト、 」 |  } イ 人   / ′
               〕   '―_≧、ヽ|/f rゥヒ'7} / /    咆哮せよ、シンクロ召喚。ナチュル・パルキオン!
                 \ {弋 fr弐  .: ´ ̄´ _ノ / /フ
                    `廴廴 _,   '     ´ ̄}{〕〉
                    | ハ≦   r ===┐   .' lイ
                  ヽ爿、   ∨r―v′ /'l !{_
                      l ! l\   `二´   /{/|_!ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
         ______l_L| }\      / '/l |Vハ         |
   ,  ´  ̄           l l l小   `ー‐‐ ' ∥ l | Vハ        |
 /                l !  }――――∥ l l Vハ     ,≦'
ニニ二二二ニミ 、       !i   }_____∥  l | | |  //
          \\     ||  _」 }}   ∥   l l | | //ー- 、_
               \ヽ   || r'´  ∥   ム二二!.! 、'  /―-  、_    ̄`7´ ̄
         ,.  - ´ ̄ > > ||/  〃   /    |i 〉〉' |        `7 7′

            __

        ,  r、´__ `¨  、
      / /」  ヽ―- ミミx ヽ\
     / イ´ ,. |       `ヾ. ハ ヽ

    ./  / ハ.! | | |  |  !  ', ',
    /  i  iヾー! ! i! l!  .ト、 l.|   | |   奈落の落とし穴、発動です!
   i   ! ,L==∀∨!斗=|‐トi!   | |
   |   Y´|{     Ⅵ ∨ | ! !   .! |    攻撃力1500以上のモンスターが召喚された時
   | .'   Ⅵ.,ィ=ミ ヾ ≠=ミ.l  ,リ  !
   | ト,    ハゝ   、       l  .′ |   そのモンスターを破壊して除外です!
    .Ⅶハ  圦   r― ,   .イ  ハ  !
    ヾ| ',.  |.:.:.> . ` ´ .イ/  ./.:.:\∧
     .}〈|  |.:./.:.:r!≧=≦-'1|  .ハ.:.r‐‐' ハ
     ./ !  l/_.:.人__Y__ . -‐i!  L_V_,、 _!
    /.ィ |  l  _ /_    | /  /.::::::`:.、
  /.::::.V / 〔_イ:只ト、__:〕  | { ,.イ::::::――‐`>―_ァ
 /.:::::::::::/ /  ./:/ヘ|ヘ     ! l::::::!::::::::::::::::// ̄:::}

  ヘ ヘ       ヘ /                i      i.  Y ./ /
   ヘ ~`=-、_    /       ,       |.  i  ハ.ハ ノ, ' /
    > 、   フ'    ..::   /::   /     i   i  ハ V __,/
~~~~~    `=/    .:::::   / !::   /::.    /:.  /::.  / ハ
、        /   ...:_,:::: , <_/:, ='~゙、:::.   /ヽ::./-、: /::.. ` 、_
 ` 、____./   _, iイ`>-='   ' ~~~~` .i:::  /~~i/ /::/:::::::::. `=='   いや、ナチュル・パルキオンは……
   / _, -,==== `、、`' .`=、_____ノ / /_____ノ/`=--='`=、 \

 , '=' ~  / .::::::::::::,>、_`    ̄ ̄  ' .i   ̄r'i!'./
  _, -='.....:::::::_, イ.::::::::i.、        i  ∥ ./ ハ

.='~------- ' ./ .::::::::, i .ヘ        '  ∥,イ、  ヘ 
       /..::::::/i:i  ` 、   r_=,.  /i  `=、 ヘ
      /-= ' ~ / .i  i   ` 、    /` 、ヘ     `
             i  .i.    `=='/
         , -==,.'  ハ      ./-- 、
、_  _,,.. -===、'~  <'    ヘ      i `=、 ~`=- 、___
、 ヽ ヽ ヽ .ハ   ` 、    `    |  ,!     i  `i~~~`=-、__

おおう・・・

精神操作でアドレウス奪えばどうとでもなるんだよな
問題はそれに気がつくかだ

                           ,, ィ

                     _/ / _ .x‐/ !
                  ト、/ x‐ ''´/ /   リヽ-‐'フ   ナチュル・パルキオンは
                  ノ /           ヘ /
                 /   / /          レ フ   墓地のカードを二枚除外することで
            __    ', | .〈 〈  r‐/ /`ヽ     !
        斗 ''´  ',   ', `スr\ / ィ赱フ´ / ∧ レイ  罠カードの発動を無効にし、破壊する!

     r ''´ -────、  /.〈弋赱ゝ    ̄ / /ゝ∨´
     〈     ───┴ 、ヽ_\ <      ≦‐‐'!;!フ.ノ   
     }       ___ /  ヘ ̄ r─ 、    L!A
     |/ヽ         ヽ‐- A  ', r-‐〉   ィ|| _ ,,.-‐-...、   俺は墓地の簡易融合とデモンズ・チェーンを除外し、効果発動!
    イ   ヘ         /-‐'´ヘ `─'   / i!_:::::::::::::::::::::::::>:.、
    i ○  ヘ    、人. /-....、 i!_ゝ、__ /‐- ,_i!_ ̄ ̄  >::::::::::::::>.、  奈落の落とし穴を破壊する!
    |      ヘ    {-‐" 、:::::::ヘ i!_・_・_・_i!_!    /::::::::::::::_::: -─-≧
    (:}      .〉   { T T ヘ::::ヘiト、 _    _i!.i!}   /::::::::::/     ィ
   /  ○   /    .j |  i!─-ゝ-i!、\`ヽ ´ j i! } /::::::∠ 、 __//
   rゝ     /   /',', ゛‐イ ,x<::::ヽ:ヘ. \ ',  リ !  ̄ ./ `>< \
  ./       `⌒7   ',', <:::::::::::::::::`ヾヘ ゝ<´  }  />:.、 | ヽ/ 〉
 /          /  //  | `ヽ::::::::::::::ヾ{{‐v‐}} / /:::::::::::::_:>  ヽ
./          /  //   i .|   マ:::::::::::::',ム   / /:::::::::/  |   ム


            __

        ,  r、´__ `¨  、
      / /」  ヽ―- ミミx ヽ\   待ってください。
     / イ´ ,. |       `ヾ. ハ ヽ

    ./  / ハ.! | | |  |  !  ', ',  発動後のカードを破壊しても、効果は止まらないはずです。
    /  i  iヾー! ! i! l!  .ト、 l.|   | |
   i   ! `ト==ト、|∨!斗=|七i!´  .| |  
   |   ヘ |ィチミ. Ⅵ '仔ぅミx!   .! |  それに、モンスターは召喚された時点ではまだフィールドにいないのでは?
   | .'   Ⅵ.マ__リ  ヾ b__ンイ!  リ  !
   | ト,    ハゝ   、       l  .′ |
    .Ⅶハ  圦   r―.、  .イ  ハ  .!
    ヾ| ',.  |.:.:.> . `ー'´ .イ/  /.:.:\∧
     .}〈|  |.:./.:.:r!≧=≦-'1|  .ハ.:.r‐‐' ハ
     ./ !  l/_.:.人__Y__ . -‐i!  L_V_,、 _!
    /.ィ |  l  _ /_    | /  /.::::::`:.、
  /.::::.V / 〔_イ:只ト、__:〕  | { ,.イ::::::――‐`>―_ァ
 /.:::::::::::/ /  ./:/ヘ|ヘ     ! l::::::!::::::::::::::::// ̄:::}


.~   /  ...::::::::::::::::::::::::::/  .......::::::::/:::::::::             ,.イ
-=,7  ...:::::::::::::::::::::::::::, イ.....:::::_, -_=',~':::::              /   確かにカードを破壊しただけでは効果は止められない。
-'  ..::::::::::::::::_,-=7~,~'..::::i- 、,~-='~      _, -='~    ./ `、
...::::::::::_, -叭| i:::/='-='~ |~ 升区`、~`=-,- '~::::     /./   `、 だが発動を無効にした場合は、その効果も無効になる。
::::::::::(  、 !`i'.i:/       !.乂弋_`>i、  ,!:::::::    , イ::: /      `、
:::::::::::`、 .`、 `i/      `- 、''''~ /゙゙ ./::::    _,i'~::::: ,!:::     _, `拳銃の例えでいえば、発動を無効にするということは
:::::::::::::::`, ` 、    _      `` ! ,.イ   _,<,_ ,!: _,-'::::::  , -'
:::::::::::::::/`、_, !-='~/           / _, イ/ζi~>'、イ::::::::  , イ    そもそも相手に発砲させない、ということになる。
 -=_''~~     /        =' ~    ヾ、-_',イ':::   / i
-==-、`、    /              _ 〆,ii_'~,,,、-='~  .i
.::   :i .i.   ∧       _, -.、    '~-什''7  `、::::::   i   そして、確かにモンスターは召喚が成功するまでフィールドに存在しないが
:::.......:::!. !  ./ `、       <~~` i 、>   ∥ , '   .ハ::::   ,!
:::::::::::,! !  /   `、.     `=,, イ   ∥'~      i::::  ∥   奈落の落とし穴は召喚が成功した後で発動するカード。
::::::,.イ/  /i     `、    ~  _,_-='~_________________i::  ∥
-'~,.イ  / .i      `、   , -='   _,,       /i:: ∥   召喚自体を無効にする神の警告とは違い、奈落の落とし穴の発動タイミングでは
~~   /  !      , イ>='~::::::....., イ~`i `i   ./  i:; ∥
:   ./   i    =' /::::::::::::::::i'::::::::: ,! !  /   !::∥    パルキオンは既にフィールドに存在している。

ナチュル・パルキオン
シンクロ・効果モンスター
星6/地属性/ドラゴン族/攻2500/守1800
地属性チューナー+チューナー以外の地属性モンスター1体以上
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分の墓地のカード2枚をゲームから除外する事で、
罠カードの発動を無効にし破壊する。

奈落の落とし穴
通常罠
相手が攻撃力1500以上のモンスターを
召喚・反転召喚・特殊召喚した時に発動できる。
その攻撃力1500以上のモンスターを破壊しゲームから除外する。

拳銃のたとえは判り易いな。

                 ト v′           | ヽ
                  l / 、 l  | | 、  } ,l    }イ  そういうことだ。言っただろう、手札シャッフルを忘れるなと。
             ヽ 、l |  人ト、 」 |  } イ 人   / ′
               〕   '―_≧、ヽ|/f rゥヒ'7} / /   そのカードは前のターンのドローで手札に入ったカード。
                 \ {弋 fr弐  .: ´ ̄´ _ノ / /フ
                    `廴廴 _,   '     ´ ̄}{〕〉    これまで手札に残っていたカードを伏せたのなら
                    | ハ≦   r ===┐   .' lイ
                  ヽ爿、   ∨r―v′ /'l !{_     ブラフと判断してフレムベル・ウルキサスを呼んだかもしれん。
                      l ! l\   `二´   /{/|_!ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
         ______l_L| }\      / '/l |Vハ         | 
   ,  ´  ̄           l l l小   `ー‐‐ ' ∥ l | Vハ        |  だが、新しく手札に入り、悩まずに伏せられたカードなら
 /                l !  }――――∥ l l Vハ     ,≦'
ニニ二二二ニミ 、       !i   }_____∥  l | | |  //    俺も警戒してパルキオンを呼ぶ。
          \\     ||  _」 }}   ∥   l l | | //ー- 、_
               \ヽ   || r'´  ∥   ム二二!.! 、'  /―-  、_    ̄`7´ ̄
         ,.  - ´ ̄ > > ||/  〃   /    |i 〉〉' |        `7 7′手札シャッフルをしないことで、お前は大きく情報アドを失っているのだ。

            __

        ,  r、´__ `¨  、
      / /」  ヽ―- ミミx ヽ\
     / イ´ ,. |       `ヾ. ハ ヽ   手札しゃっふる……。

    ./  / ハ.! | | |  |  !  ', ',
    /  i  iヾー! ! i! l!  .ト、 l.|   | |   ペラ……ペラ
   i   ! `ト==ト、|∨!斗=|七i!´  .| |
   |   ヘ |{   ∨ Ⅵ ∨ | ! !   .! |
   | .'   Ⅵミ=气 ヾ. ミ=彡l  ,リ  !   うまく、できません…・・・。
   | ト,    ハゝ   、       l  .′ |
    .Ⅶハ  圦    _ _   ,.イ  ハ  .!
    ヾ| ',.  |.:.:.> .    .イ:Y  ./.:.:\∧
     .}〈|  |.:./.:.:r!≧=≦-'1|  .ハ.:.r‐‐' ハ
     ./ !  l/_.:.人__Y__ . -‐i!  L_V_,、 _!
    /.ィ |  l  _ /_    | /  /.::::::`:.、
  /.::::.V / 〔_イ:只ト、__:〕  | { ,.イ::::::――‐`>―_ァ
 /.:::::::::::/ /  ./:/ヘ|ヘ     ! l::::::!::::::::::::::::// ̄:::}

                 ト v′           | ヽ
                  l / 、 l  | | 、  } ,l    }イ  バトルフェイズ!
             ヽ 、l |  人ト、 」 |  } イ 人   / ′
               〕   '―_≧、ヽ|/f rゥヒ'7} / /   アドレウスでセットモンスター、ユウシを攻撃。
                 \ {弋 fr弐  .: ´ ̄´ _ノ / /フ
                    `廴廴 _,   '     ´ ̄}{〕〉   さらにパルキオンでダイレクトアタック!
                    | ハ≦   r ===┐   .' lイ
                  ヽ爿、   ∨r―v′ /'l !{_
                      l ! l\   `二´   /{/|_!ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ   ユウシを伏せていなければこれで終わっていたな。
         ______l_L| }\      / '/l |Vハ         |
   ,  ´  ̄           l l l小   `ー‐‐ ' ∥ l | Vハ        |  メインフェイズ2、アドレウスでオーバー・コアリミットを破壊。
 /                l !  }――――∥ l l Vハ     ,≦'
ニニ二二二ニミ 、       !i   }_____∥  l | | |  //    ターンエンドだ!
          \\     ||  _」 }}   ∥   l l | | //ー- 、_
               \ヽ   || r'´  ∥   ム二二!.! 、'  /―-  、_    ̄`7´ ̄
         ,.  - ´ ̄ > > ||/  〃   /    |i 〉〉' |        `7 7′

カリムさんのドロー&プレイング判定

1~3:このカードではどうにも
4~6:分かりません……
7~9:これなら!

ほい

はぁ……

すまぬ・・・

カリム(4600→2000)

            __

        ,  r、´__ `¨  、
      / /」  ヽ―- ミミx ヽ\  私のターン、ドロー。
     / イ´ ,. |       `ヾ. ハ ヽ

    ./  / ハ.! | | |  |  !  ', ',   ペラ……ペラ……。
    /  i  iヾー! ! i! l!  .ト、 l.|   | |
   i   ! `ト==ト、|∨!斗=|七i!´  .| |  (アドレウスにエクシーズ素材が残っていれば、精神操作で奪って効果を使うことで)
   |   ヘ |{   ∨ Ⅵ ∨ | ! !   .! |  
   | .'   Ⅵミ=气 ヾ. ミ=彡l  ,リ  !  (パルキオンを破壊できたのですが、アドレウスは2回の効果を使ってしまいました)
   | ト,    ハゝ   、       l  .′ |
    .Ⅶハ  圦    _ _   ,.イ  ハ  .!
    ヾ| ',.  |.:.:.> .    .イ:Y  ./.:.:\∧  私はモンスターをセット。カードを1枚伏せて、ターンエンドです。
     .}〈|  |.:./.:.:r!≧=≦-'1|  .ハ.:.r‐‐' ハ
     ./ !  l/_.:.人__Y__ . -‐i!  L_V_,、 _! 
    /.ィ |  l  _ /_    | /  /.::::::`:.、
  /.::::.V / 〔_イ:只ト、__:〕  | { ,.イ::::::――‐`>―_ァ
 /.:::::::::::/ /  ./:/ヘ|ヘ     ! l::::::!::::::::::::::::// ̄:::}

                           ,, ィ

                     _/ / _ .x‐/ !
                  ト、/ x‐ ''´/ /   リヽ-‐'フ  俺のターン、ドロー!
                  ノ /           ヘ /
                 /   / /          レ フ  俺は終焉の守護者アドレウスで
            __    ', | .〈 〈  r‐/ /`ヽ     !
        斗 ''´  ',   ', `スr\ / ィ赱フ´ / ∧ レイ オーバーレイ・ネットワークを再構築!

     r ''´ -────、  /.〈弋赱ゝ    ̄ / /ゝ∨´
     〈     ───┴ 、ヽ_\ <      ≦‐‐'!;!フ.ノ   迅雷の騎士ガイアドラグーン!
     }       ___ /  ヘ ̄ r─ 、    L!A
     |/ヽ         ヽ‐- A  ', r-‐〉   ィ|| _ ,,.-‐-...、  このモンスターは、守備モンスターに大して貫通攻撃が可能だ。
    イ   ヘ         /-‐'´ヘ `─'   / i!_:::::::::::::::::::::::::>:.、
    i ○  ヘ    、人. /-....、 i!_ゝ、__ /‐- ,_i!_ ̄ ̄  >::::::::::::::>.、  バトル。ガイアドラグーンで守備モンスターを攻撃!
    |      ヘ    {-‐" 、:::::::ヘ i!_・_・_・_i!_!    /::::::::::::::_::: -─-≧
    (:}      .〉   { T T ヘ::::ヘiト、 _    _i!.i!}   /::::::::::/     ィ  
   /  ○   /    .j |  i!─-ゝ-i!、\`ヽ ´ j i! } /::::::∠ 、 __//
   rゝ     /   /',', ゛‐イ ,x<::::ヽ:ヘ. \ ',  リ !  ̄ ./ `>< \    セットモンスターはエフェクト・ヴェーラーか。
  ./       `⌒7   ',', <:::::::::::::::::`ヾヘ ゝ<´  }  />:.、 | ヽ/ 〉
 /          /  //  | `ヽ::::::::::::::ヾ{{‐v‐}} / /:::::::::::::_:>  ヽ    では貫通ダメージ、2600を受けてもらう! これで終わりだ!
./          /  //   i .|   マ:::::::::::::',ム   / /:::::::::/  |   ム
                                             螺旋嵐閃撃! カリム(2000→0)

 
迅雷の騎士ガイアドラグーン
エクシーズ・効果モンスター
ランク7/風属性/ドラゴン族/攻2600/守2100
レベル7モンスター×2
このカードは自分フィールド上のランク5・6のエクシーズモンスターの上に
このカードを重ねてエクシーズ召喚する事もできる。
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、
その守備力を攻撃力が超えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。

エフェクト・ヴェーラー
効果モンスター チューナー
星1/光属性/魔法使い族/攻 0/守 0
このカードを手札から墓地へ送り、
相手フィールド上の効果モンスター1体を選択して発動できる。
選択した相手モンスターの効果をエンドフェイズ時まで無効にする。
この効果は相手のメインフェイズ時にのみ発動できる。

OH...

さすが元キング

    \"~""'''::..‐- ...,,__ _/::::, -'_/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     \:::::::::::::\ 、:::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::/   デュエルが終わった後だから言わせてもらうが
      \:::::::::::::` ==ニ二_,イ::::::::::::::::::::;::'::::::::::::::::;::::::::::::::/ヽ

        ゝ::::::::::::::::::::::::::;::/:::::::::::::::::/::::::;:::::::::::/::::::::::::/:::::::\ 精神操作を使っていれば、まだこの勝負は分からなかった。
  __,..- .:''":::::::::::::::::::::::://::::::::::::::::::::/::/イ/:::::::/::::::::::::/:::::::::::::/

  ` ― 、:::`..====ニ二 .イ:::::::::::::::::::::;イィzxイ/´}:::::::/ィ':::::::::::::;:′
       ` 、:::::::::::::::::::::;:'::::::::;イ::}イ/ヘ弋シ }ヽ /:::/rハ:::::::::::/
.        `>::::::::::/::::::/ 〉、{       ̄ ´ // ヾzツ}::::/ヽ アドレウスが召喚された返しのターンで
        /::::::::::::;:'::::/、ヾヘ `             / 7.イ::::::::::::ヘ
       "''''- :::::/::/:::::::ゝー ヘ、             ' { !゙、:::::::::::::', 精神操作でアドレウスを奪い、ユウシを召喚して攻撃
          `/イ:::::::::::::::::::{> 一、     ‐ 一   У \:::::::::|
            />':´  ̄ : : : : : : l        ̄   /    \::::l これが通ればジャックのライフは0だ。
.            /: : : : : : :/⌒ヽ: : ,:' \      /l.       ヾ{
           `} : : : : : :{{   }}:./   ` 、 /\:{__,,. -‐'''7
   ___      ヽ; : : : : ヾ __.ノ:イ      {´: : : ;ィ==.、 : : /
/´    ヽ ̄~ヾー' : : 、: _:_ : : : : { `、   .イ : : : :{{  }} : /
      ..:.:\: : :ヘ : : : : :_,; :-':'":ヘ  ヽ /ヘ: : : :ゞ='' :/
    ....:.:.:.:.:.:.:}}: : : : : : /: : : : : : : :ヘー - ..._ .ゝ : : : : : イ

.........:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/': : : : : : :\: : : : : : : : :ヽ::::::::::::::::`ヾ: :_:_/ー 、 __
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/': : : : : : : : : :`: :、 : : : : : : ヽ::::::::::::::::::::\: : : : : : :\:ヾ ̄:.` 、
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ : : : : : : : : : : : : : :` : 、: : : : :}:::::::::::::::::::::::ヘ : : : : : /: : \::.. ヽ

     ヘ       ヽ  ヽ   /   i ',         / /
   ヾ、 ゝ ',    /ヽ  \ {       ',   /  /  / /  だとしても俺の勝利は揺るがん。
     \ \ヘ ‐-{`丶、ゝ、  ヘ _',    / _/ /   / /   
      \ f ヘ ヘ气=ミ、 ヽ ヽ∨  /¨∠_/ }   /∠ ァ
         `| ム ヘゝ弋trツ`トヾ! ∨ /弋trツ フ´/ /  /   俺のセットカードは激流葬、ユウシを召喚した時点でこれを発動し
         \弋ヽ、 ヽ ̄ ̄      ∨  ̄ ̄ / / i/
          \ ' ,フヾ、      i     // /       フィールドは一掃される。そして同様にパルキオンが召喚される。

           | |¨|:|           }     ̄/|:|‐'
    /卞、. ̄ ̄ | | .|:|、       /     / i!:|         最後に引いたカードが死者蘇生であったことを踏まえれば、やはり俺の勝利は明らかだ
    /   \   i | .|:| ヽ   、___   /| |:|` ‐- 、
  ./    ヘ /.i | .i:|  \   ─   /| A .|:|    \
  /      ヘ  // |:|_   \    / |、',. W |:| ‐-、       前のターンでパルキオンを奪ってヴェーラーとシンクロしたとしても、やはり結末は同じ……。
 /       ヘ     |i! ''‐-  ` ‐‐ ´ 斗´)ヽi. |i!   \

つまり、精神操作で奪ったアドレウスの素材を取り除いて激流葬を潰してからユウシを召喚すれば・・・?

  <: : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : : : : :.\.:.`.‐-. 、_/:.:.:.:.:.:/
   \: : : : : : : \:.:.:.:.: :\:.: : : : : : : : :.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/-――――――ァ

    /:ヽ : : :丶、: :\:.:.:.:.__\.:.:.:.:.:.: : : : : :\ __:/: :_: : : :__,ィ'/
   /: : : ヽ: : :.:.:.:.:._: \ィぅへ\`‐┬-:.:.:.:.: :\--―――――_,´-‐'´   激流葬か……。
  〈: : : : i: :.\.::.:.:.:{ ,イ ̄{-ィ::ソ ヽ、 |:「二`‐:,_\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:<___
  ヽ: : ::ヽ、:.ト\:.:|  ヽz‐イ|{フ    リ b }/ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:./    いや、適切なプレイングを取っていれば
    \: :.:ト弋タノヾ    「「  __ イ_.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:/
     }\|ヽ \     ヾヽ「     ̄ ‐- 、:.:.:.\.:.:.:\         やはりカリムは勝利できたな。

     /: :.:.∧      _,  `.|i   〃ニニ 、  ヽ、:\-―`
.    /: :.:/  ヽ   ‐'´,    ||  //   i: :ヽi    `i
   /:.:/    \       ||  { {ヽ-': : : }}三==-ト
.  //       \      /||  ヾ、: :: : :〃  ̄ ̄|ノ           だが初めて触ったデッキでこの健闘、十分だ。
        , -‐ィ'´  ̄ ̄ ̄`ヽ|| _` ニニ〃     |
      /:   }  . : : : : : : : : \ ヽ \ -――、」            ありがとうカリム。またデュエルがやりたくなったら、ここに来てくれ。
     /  `ー'´ . : : : : : : : : : : :. } i  { i  ‐=<ヵ

     / . . . . . .. : : : : : : : : : : : : //   ヽ\  ` 、 \          ジャックも快く再戦を引き受けてくれるはずだ。

     __    |\ ゝ- ‐‐ -< ヽ
       ヽ`ゝへ. ヘ ヘ     ヽ i//
      _|.} /   ` i i     /  i
    `ヽ \          ',     |
     _}       i    ∧    〉    キングはチャレンジャーから逃げ出すことなど、決してしない!
      ヽ      >、 |  /  〉  ./
      ヽ {ヽ {_ヽヽ   ./-, /      いついかなる時の挑戦でも受けて立とう。      
       i ヽ,∧'弋り `\/vリ} }

.      __/ } `||\    } //      
    / ヽ{/i/  ||      ┘/||――― 、
    i   `ー 、||\ ー ‐ /ー||――ッ   ――ッ  今度はしっかりとルールとカードを覚えてから来るのだな。
    l.      ∧||  ヽ ._/.  !!  /, ――― ´
.  /.|    /__|||三三三).、 ||//         
///   /∧゙ || ─┐.  \||フ、  ̄ ̄ ̄|\
. \/  /∨/∧ リノ∧\   /リ.|  ー‐、.  |\
  /_/、. ∨//  ∧ `-'   |     >. |      
  ´   \ ∨\   ∧       }   /'| |      では、俺は日課のショートツーリングに出る。
、     /  ∨/\  ∧.    /   /!//! !
〉\__/__.  ∨//'\ \   / /  |//| /
/       i, 、. ∨/ ∧` ーゝ// ,  ´ ̄ ̄ ̄ヽ    再戦を楽しみにしている。さらばだっ!
      //.>、}'///}===|/         |二
       〉´// \'/,}>, ///\     _|_
\     \/ /⌒ ∨///// /.     /////∧
  \     `/     ∨>,<|   /ヽ//////|
    \ . /       ∨//∧ /    777777
      \           }////     //////
        \          / ̄___//////
          \      /  ̄||   |//| ̄ ̄ ̄ ̄

今日はここまで。明日は精霊界のワカメから。

お疲れ様でした!

乙!



なるほどな


ワカメー、早く帰ってこないとジュネスが潰れてしまうぞ
ジュネスを救えるのはお前だけだ

アドレウスの破壊効果は表側のカードにしか使えない。
初心者向け詰めデュエル。こういうのを楽しいと感じてくれると、余も嬉しい。

遊星やワカメみたいな物凄いコンボも遊戯王だけど、こういう1枚1枚を競い合う戦いも遊戯王。
惜しむらくはコアキメイルと征竜と獣戦士のシナジーが今一見せられなかったこと。

激流葬
通常罠
モンスターが召喚・反転召喚・特殊召喚された時に発動できる。
フィールド上のモンスターを全て破壊する。

ナイトが普通にチートだしセイバーは最優だしで戦力が凄いことになってるな
三竜も居るし次回はどうなることやら、乙

そういえば三竜は現実世界の通常戦闘でも力を貸してくれるのだろうか
真アーチャーの元ネタを知らないけど、トンデモサーヴァントなのは確定だから少しは力を貸してほしいな

ワカメの戦力も充実したけど令呪切れたしセイバー・ナイト・三竜の全力展開はキツそうだな

                   __
                 /:::::::::::ヽ
            ___ノ;;;::::::::::::::::::ヽ      セイバーとかやっぱ雑魚だったわ。

                |:::::::::::::/;;;:::::::::::::::ヽ::::::\_
           ト|::::|:::::::;;;;;;:::::::::ヽ:::::ヽ::::::::::ヽ、   ナイト最強。負ける気しないわー。  
           |:|:::j:::::::|ヾY''´):::::)::::::::):::::ハ::j

              j:|:::{:::::::ヽ  (::::(::(ヾ::从ミ:::ヽ
           |:{:::::ヽ::::人  )イィt7ハノ/^i:::ヾ   オレイカルコスでもダークネスもかかってこいよ。
              `ト(::::::j:::汽ソ ゝ'  ¨    /::/
             (''ソヽ`¨ ,        ハ;)
                     ',.   r-ヲ   / .l)        【精霊界・忘却の都  五日目・夜 自由行動】
                  丶、  ̄ /  |、
                    |`==.´-一゙゙:.:t_       なにをしようか 下三
        _____,,-一'.:.:.:.:.:|:l:|:.:.:.r.yヽ:.:.:`ー───、
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:l:|:./ / /ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
      /.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|f Y / / ,ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|

      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|
      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)     j.:.:.:.:.:..::..:.:.:.:.:.:.:.:.|

異次元からの帰還

異次元からの帰還

カオスエンペラーを読んでみる

        r:::::、  _
     r:::::::::::ミ´::::::::::ヽ     開闢であれだぜ?
      {:::::::::ミ::::::::ヾ:::::::::ヽ
     ノ:::::::Yヘ::::、::::j:::::::::::::)   じゃあ終焉なら……。
   (:ハ:::::( j:::::}::::}:::::::::::::ゝ

    〈::ィ::,ィ ヾNゝミ::::::::::从
     ネjfヲ  ( fヲYハ ^〉/
     ヽ r        <__
       \マユ / ./:::ゝー、_
      /.:.:.:ゝヘ__/::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ、

      |.:.:.:.:.:.:|l|.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
      |.:.:f.:.:.:゙{l{;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
      |.:.:ヘ.:.:.:.゙ミx:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)    シャイニングドローした混沌帝龍のカードは残ってるの?
      |.:.:.:.|.:.:.:.:|l|.:.:=====:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j、        1~9:ないよ

      |.:.:.:.|.:.:.:.:|l|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ー-、:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ        10~:ないこともないよ
      |.:.:.:.|.:.:.:.:|l|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:\       
      |:.:.:.:|.:.:.:.:|l|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\     直後コンマ

      |:.:.:.:|.:.:.:.:|l|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:イ ヽ..:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ    混沌の使者+1
      |:.:.:.:|.:.:.:.:|l|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノl ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
      |.:.:.:.|.:.:.:.:|l|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  辷ニー-::.:.:.:.:>
      |:.:.:ノ.:.:.:.:ff.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{   ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:/

ほい

                     /::\,,__
                 ┌ーヽi::::::::::::::::::ヽ ̄`',
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
               ノ::/::/:/:::!:::::∧∧:::::::::::::::::i、:::\   まあ、あれは一時的に作っただけだもんな。

               / /:/::/::::i:::::/   }:::):::ヘ::::ヘ::ヾヽ
               { {:く;;{:::∧:(   (:::(ヽ:::::):::ヾ::} }  残ってなくても仕方ないか。
                ヘ::)::)ノ¬))   ):)フ::ハ::::):/
                 {ヘ!:(丁;;jゝ   ´「;;;j厂レ!iヘ
                   {∧   ̄       ̄  / ソ
                 ゝヘ      '       /ノ
                   リヘ  ´  ̄`  /!!′           どうしようか 下三
                   \|\ __ / |/!            1.天に祈りをささげてみる

                   ┌‐┴─rr─‐‐┴!            2.もう一度死ぬ気で混沌帝龍をシャイニングドローしよう
         ___ _____r=┤: : : : : |||: : : : : ├、,,          3.ほかなんでも

        /: : : :: : : : : : : : : : : : : : : : 〃/: : : : : : : : :`:ー:-:.:.、,,,__
        /: : : : :: : : : : : : : : : : : : : : :i ! |: : : : : : : : : : : : : : : : :: : :`ヽ
        /: : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : i ! i: : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : ',
        /: : : : : : ;;: : : : : : : : : : : : : : i | i: : : :r=====ュ: : : :;;: : : : : : i
       /: : : : :;: : ;;: : : : : : : : : : : : : : i | i: : : : : : : : : : : : : : : ;; : : : : : : i
      /: : : : : ;: : :;; : : : : : : : : : : : : : i l l: : : : : : : : : : : : : : : ;;: : : : : : : |

1

     __,l'''''‐-.,_ ___
 _,,r‐'''´:.:.:';.:.:.:.:.:.:`'´:.:. ̄''ヽ、
 `i,;,;.:':.:.:.:.:,:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:く
 ,/',;,;,;,;',;/.:.;.':.l:ヾ,r''7:.:.;.:.:.:.:,;,;`、   光と闇消え去りし時
ム7:,/:.:.:,iヾ,;,<´`''''7:,;.:.i;,:.:.:,;,;,;,;,`
 く;レ!;r',r-ゝV_  _!.:i;.:.iヾ,;.:,;,;r'´ 「」の扉が開かれる――。

.r'´、ト! ' ,f。 ,!   レ'--'、i'i,;,i,;,ヽ 
.i  ! ヽ`ー'    f。 ,! ,! レ';,r''''’ ここに世界の果てを示せ!
. `ーl        `ー'っ ,!''<

   `、  `ー‐‐‐‐ 、   /  ,ノ  混沌帝龍-終焉の使者!
     `i、  ̄''‐---' _,,./--'’
     `Y`ー--‐‐i7’
    i´ ̄ ̄ll ̄''‐┐
    ''''''''''''''''‐‐-- !

直後コンマ
1~8:無理だよ
9~12:少しの間だけ話せるよ
ブロントさん+3 混沌の担い手+1 カードなし-8(ただしこれによって0以下になることはない)

せい

いあ

補正マイナス4じゃないですかー

【わかめ は じゅもん を となえた
 しかし なにも おこらなかった】

     ,  -ー〃- 彡-ソヽ
    ん ゚ )) XXX    3  ……。
    ` ー-爪;;_ヲ z-~`_ノ


                     /::\,,__
                 ┌ーヽi::::::::::::::::::ヽ ̄`',
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
               ノ::/::/:/:::!:::::∧∧:::::::::::::::::i、:::\

               / /:/::/::::i:::::/   }:::):::ヘ::::ヘ::ヾヽ      ……。
               { {:く;;{:::∧:(   (:::(ヽ:::::):::ヾ::} }
                ヘ::)::)ノ¬))   ):)フ::ハ::::):/
                 {ヘ!:(丁;;jゝ   ´「;;;j厂レ!iヘ
                   {∧   ̄       ̄  / ソ
                 ゝヘ      '       /ノ
                   リヘ  ´  ̄`  /!!′
                   \|\ __ / |/!           夕食を食べますか? 下三

                   ┌‐┴─rr─‐‐┴!           1.食べる 2.食べない 3.ナイトさんと食べる 4.その他
         ___ _____r=┤: : : : : |||: : : : : ├、,,

        /: : : :: : : : : : : : : : : : : : : : 〃/: : : : : : : : :`:ー:-:.:.、,,,__
        /: : : : :: : : : : : : : : : : : : : : :i ! |: : : : : : : : : : : : : : : : :: : :`ヽ
        /: : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : i ! i: : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : ',
        /: : : : : : ;;: : : : : : : : : : : : : : i | i: : : :r=====ュ: : : :;;: : : : : : i
       /: : : : :;: : ;;: : : : : : : : : : : : : : i | i: : : : : : : : : : : : : : : ;; : : : : : : i
      /: : : : : ;: : :;; : : : : : : : : : : : : : i l l: : : : : : : : : : : : : : : ;;: : : : : : : |

3

3

4ナイトさんとシーラカンスと食べる

                 ___...、
                 _,/:.:.:.:.:.:.:.ヽー‐ュ
               ,.イ:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.L.__
              j:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!    あの、非常食食べますか?
              /:.:.:.:/:.: /:.:.:.:.: /Vヘ:.:.:l.:.:.:ハ
          イ:.:.:.:.:.:.:.〈:.:.:./:./ `"´}:.:〉:.:.:.:ヘ   帰る手段も見つかったし

          く:.:.:.:./:./ノ):ハ:.)  /:.;ハ:.:.:.:トゝ
           ):.イ:.〈ハリ≧、(   ,)斗ト:.γ  一食分食べちゃっていいですよ。
          ノハ/こハ)込) )   込)ヽハリ
               ∨(       、  /
              |ゝト  、___´  /
            ノ从 ヽ      /
              __|  >  イ
               _r┘:.:. ̄ ̄`|||´|
       _.,..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ー:.:-.:.:.:.|||:イ¨:...、 _
   ,. <´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}}}.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.ー...、 _

   /.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:l:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.,
. /.:.:.:.:.:.:.:.: ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:l:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.: i
. ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨ / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:l:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.;.:.:.:.l
.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:l:l:.:.:.:.:r――ュ !/.:.:.:.:.l
;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:l:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|':.:.:.:.:.:.l

             /                  \
.              ∠  /         ヽ      ∧
           /              \   ∧   ん。ああ。半分でいいぞ。
             //     i!        .ト、 |!    ∧
           ,イ       ∧ト、     }! | 刈    ∧ ……そうじゃなくて、乾パン一枚の半分。それと水一口な。
              |! /.   メ-‐示―、 l il_斗――-,イ  ∧
             Ⅵ   ∧ .,ィTTx、 ヾシ.,ィTTx、 .メ/ /  
              ! ∨  .∧.`¨¨¨´    .`¨¨¨´,イ/ /- __
         _,. -イ Ⅵ\トゝ     |_     //___, ニ=-
          .`ー== 、 ト                 ,イ|
               | \          ,イ | |    俺はサーヴァントだから、お前の魔力だけでいいんだ。
               Ⅳ .\  -―‐- / l人|
                  ∨ .|.\  _ ./   lミx、   この乾パンは、マスターの飢えに共感するために食べる。
               ,イⅥ       _,..ィ≦|}

                 }―――‐┬――――<il}   
                ,ィ=≦三三三三|三三三彡´  !ミx、 __
     __,.ィ≦Ⅳ洲≧ェzzzzzzzz|zzzzzzェ≦≧州洲ミ/ ./ ̄>、         ……硬いな。……固い。

     |    `ヽ Ⅶ州洲洲洲洲洲州洲洲州洲州洲Ⅳ /   / ̄ ̄\
  ,ィ≦´    \ ∨i洲洲州洲孑≦示≧ミ州洲州洲,.イ            \
./r=ヽ         Ⅵ |洲州洲州洲州州州洲洲洲洲/ .|/  / _.ノ   / \
_,./   へ ー-=、 。`マ 洲洲洲洲州州州洲洲州/ ./      ノ 廴 /  ,ィi!|liト、

飢餓度回復値 下一 コンマ一桁
半分でいい-1

そい

謙虚だな……

飢餓度-9 =17 (一部の判定にマイナス)

        / ,イ ハ /! ハ i!  ∧    .∧   !    .マ  }
       ./, イ7.7 ! ,'.i!\マ!', ハ マ   .,',、ヘ   |、  i!  マ  !   こう硬いと、黙々と味わって食べるのもなんだな。
  `ヾ=- 、,/' _マ 7 !., .irミ 、\ ! ヘマ  ハi! ',ヘ  !マr |  マ |

     ` <  `/  i!i! .ヽ、弋ラrイ. マ...._,, r ≦´__! マ .i!  }、 i!  この食事時を意味ある時にするためのものは――話題。
        ` <  .i!     ´  } マ i! ゝ弋ラ 'ラ .マ! ,'./ ハ!
           .', i!       .リ  .マ!   `  ´ /}! ,' / i!   何か話題を挙げろ、マスター。俺が適度に相槌を打ってやろう。
           マ i!      /          /、! ,r=、
            .マ!ヘ     ヾ、,,        ./二! /≧ > 、
            マヘ} 、   、._        , イ  !,' V ̄ '''''' =`-  
             ,rf.i! ヘ     ` -=  ., イ 7 i!./!'            ,、        何を話そうか 下三
             トミ=-、 ヘ     , イ /  7 i!/ i!          , イ  .ヽ、
           __ i!::::::≧ヾ `、=-≦---- =≦ }/          , イ    _,, ヽ

何で終焉は僕をココに飛ばしたのか?

ワカメの霊子ハッキング技術について話してみる

デュエルの商業化

                     /::\,,__
                 ┌ーヽi::::::::::::::::::ヽ ̄`',
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',    (そっちは一枚だから食べ終わってるんだろうけど)
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
               ノ::/::/:/:::!:::::∧∧:::::::::::::::::i、:::\ (こっちは乾パンまだまだ残っててるわけで)

               / /:/::/::::i:::::/   }:::):::ヘ::::ヘ::ヾヽ
               { {:く;;{:::∧:(   (:::(ヽ:::::):::ヾ::} } (これは食べながら話してもいいのだろうか……?)
                ヘ::)::)ノ¬))   ):)フ::ハ::::):/
                 {ヘ!:(丁;;jゝ   ´「;;;j厂レ!iヘ   
                   {∧   ̄       ̄  / ソ
                 ゝヘ      '       /ノ    話題……そうですねー……。
                   リヘ  ´  ̄`  /!!′
                   \|\ __ / |/!

                   ┌‐┴─rr─‐‐┴!
         ___ _____r=┤: : : : : |||: : : : : ├、,,

        /: : : :: : : : : : : : : : : : : : : : 〃/: : : : : : : : :`:ー:-:.:.、,,,__
        /: : : : :: : : : : : : : : : : : : : : :i ! |: : : : : : : : : : : : : : : : :: : :`ヽ
        /: : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : i ! i: : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : ',
        /: : : : : : ;;: : : : : : : : : : : : : : i | i: : : :r=====ュ: : : :;;: : : : : : i
       /: : : : :;: : ;;: : : : : : : : : : : : : : i | i: : : : : : : : : : : : : : : ;; : : : : : : i
      /: : : : : ;: : :;; : : : : : : : : : : : : : i l l: : : : : : : : : : : : : : : ;;: : : : : : : |

                 ___...、
                 _,/:.:.:.:.:.:.:.ヽー‐ュ
               ,.イ:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.L.__
              j:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
              /:.:.:.:/:.: /:.:.:.:.: /Vヘ:.:.:l.:.:.:ハ    デュエルを商業化しようと思うんですけど、どうですか!?
          イ:.:.:.:.:.:.:.〈:.:.:./:./ `"´}:.:〉:.:.:.:ヘ

          く:.:.:.:./:./ノ):ハ:.)  /:.;ハ:.:.:.:トゝ
           ):.イ:.〈ハリ≧、(   ,)斗ト:.γ
          ノハ/こハ)込) )   込)ヽハリ
               ∨(       、  /
              |ゝト  、___´  /
            ノ从 ヽ      /
              __|  >  イ

       .   ̄ ̄   、
     /          : :\
    〃     /ハ   : : : :ヽ    ほう。続きを話せ。
     /  .: :   |ミュヾ |ハ : : ハ
  < ̄ ̄Ⅵ:.  |`”'' " く : リノ‐ァ

     `:ー- Ⅵ:. 人    ノ/彡''
     ヾ : : }ヾ:. ミ   --:´
      |:.:./  ` >‐:--'_
      _j-─── - -==={{, - ─   、__
      }/´ ̄ ̄`ヾー--= }}, -=ミ、 \: : : : .
    /´ ̄. . . .   \ー〃: : : : : : .\ \: : :
  . : : : : : : : : : : : : : : . \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \ ): :

〃      ̄`ヾ: : : : : : ノ `ー=::::::::::::::::::::〃\

                     /::\,,__
                 ┌ーヽi::::::::::::::::::ヽ ̄`',
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',    えっ。はい。
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
               ノ::/::/:/:::!:::::∧∧:::::::::::::::::i、:::\  実は僕がバイトしてる……ようなしてないようなお店が

               / /:/::/::::i:::::/   }:::):::ヘ::::ヘ::ヾヽ
               { {:く;;{:::∧:(   (:::(ヽ:::::):::ヾ::} } 今潰れかかってて、一発逆転の企画が欲しいんですよ。
                ヘ::)::)ノ¬))   ):)フ::ハ::::):/
                 {ヘ!:(丁;;jゝ   ´「;;;j厂レ!iヘ  資本金の方はまだ余裕があるんですけど
                   {∧   ̄       ̄  / ソ
                 ゝヘ      '       /ノ   かくかくしかじかで人口が減りまくってて
                   リヘ  ´  ̄`  /!!′
                   \|\ __ / |/!    このままだとどうしようもないんですよねー。  
                   ┌‐┴─rr─‐‐┴!
         ___ _____r=┤: : : : : |||: : : : : ├、,,

        /: : : :: : : : : : : : : : : : : : : : 〃/: : : : : : : : :`:ー:-:.:.、,,,__
        /: : : : :: : : : : : : : : : : : : : : :i ! |: : : : : : : : : : : : : : : : :: : :`ヽ
        /: : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : i ! i: : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : ',
        /: : : : : : ;;: : : : : : : : : : : : : : i | i: : : :r=====ュ: : : :;;: : : : : : i
       /: : : : :;: : ;;: : : : : : : : : : : : : : i | i: : : : : : : : : : : : : : : ;; : : : : : : i
      /: : : : : ;: : :;; : : : : : : : : : : : : : i l l: : : : : : : : : : : : : : : ;;: : : : : : : |

       .   ̄ ̄   、
     /          : :\
    〃     /ハ   : : : :ヽ
     /  .: :   |ミュヾ |ハ : : ハ   そうか。それは大変だな。
  < ̄ ̄Ⅵ:.  |`”'' " く : リノ‐ァ

     `:ー- Ⅵ:. 人    ノ/彡''
     ヾ : : }ヾ:. ミ   --:´
      |:.:./  ` >‐:--'_
      _j-─── - -==={{, - ─   、__
      }/´ ̄ ̄`ヾー--= }}, -=ミ、 \: : : : .
    /´ ̄. . . .   \ー〃: : : : : : .\ \: : :
  . : : : : : : : : : : : : : : . \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \ ): :

〃      ̄`ヾ: : : : : : ノ `ー=::::::::::::::::::::〃\

ワカメが思わず敬語で話しちゃうとは流石ナイト
すごいなーあこがれちゃうなー

                     /::\,,__
                 ┌ーヽi::::::::::::::::::ヽ ̄`',    (なんだこの反応の無さ……怖い)
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',    だから、デュエルをカードゲームとして売り出して
               ノ::/::/:/:::!:::::∧∧:::::::::::::::::i、:::\

               / /:/::/::::i:::::/   }:::):::ヘ::::ヘ::ヾヽ 一発当ててやろうと思ってるんですよ。
               { {:く;;{:::∧:(   (:::(ヽ:::::):::ヾ::} }
                ヘ::)::)ノ¬))   ):)フ::ハ::::):/  
                 {ヘ!:(丁;;jゝ   ´「;;;j厂レ!iヘ  デュエルって結構ゲームとして良くできてますし
                   {∧   ̄       ̄  / ソ
                 ゝヘ      '       /ノ   分かりやすくて奥が深いので、営業戦略さえ
                   リヘ  ´  ̄`  /!!′
                   \|\ __ / |/!    間違えなければ、絶対ヒットすると思うんですよね。  
                   ┌‐┴─rr─‐‐┴!
         ___ _____r=┤: : : : : |||: : : : : ├、,,

        /: : : :: : : : : : : : : : : : : : : : 〃/: : : : : : : : :`:ー:-:.:.、,,,__     どう思います?
        /: : : : :: : : : : : : : : : : : : : : :i ! |: : : : : : : : : : : : : : : : :: : :`ヽ
        /: : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : i ! i: : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : ',
        /: : : : : : ;;: : : : : : : : : : : : : : i | i: : : :r=====ュ: : : :;;: : : : : : i
       /: : : : :;: : ;;: : : : : : : : : : : : : : i | i: : : : : : : : : : : : : : : ;; : : : : : : i
      /: : : : : ;: : :;; : : : : : : : : : : : : : i l l: : : : : : : : : : : : : : : ;;: : : : : : : |


/ /   /     /        ヽ \
 //   | /    レ'  ∧│  j    ヘ
 l l    |'  /| ./l. // Ⅵ  ハ.     ',  9点。100点満点でな。
、       l/ 」/,_| //   ∨/ ', }  Ⅳ
、\|    l |  '  レ^'ニ=-  リ-‐=}/  .|
 \| l.   l l  丈''代ぅハ   {弌ッラ|  | |   そんなプレゼンで企業を救えると思ってるのか?
ヽ___| l.   l |            :    |. ∧jア
ヽ___レl.   l |             :..   |ムイ
/  ∧   !        ´ ´  ,'│     甘いぞマスター! まず声に張りが足りない!
.   / ∧ ! !       ___  / |
  / / ハ l |、     (__/  / l !     もっと話す内容を頭の中で整理して
  / / ヾ{ 丶、    ー   ,イ .N
イ.{  /|x、      丶、    仆ヘリ       事前に練習し、いつでも完璧に話せるようにしなくてはならない。
:い.从ミx≧=- __   `ーr1∨
二ヘ::::::::::::¨:::‐=ニ_≧=-、,ィ'ヽ         
.二二> 。:::::::::::::::::::≧x. | rf]> 。       よし、今日はお前のプレゼンの練習に付き合ってやろう。

.二二二二> 。::::::::::::::::| | |:::|二二≧r 。._
                          まずは伝えたい事に優先順位をつけることからだな。

超ノリノリときたか

今日は、営業講座か。さすが歴戦のナイト。コンマイにどれだけアッピルしたんだ。

あれおかしいな、これ聖杯戦争だったんじゃ・・・

     __,l'''''‐-.,_ ___
 _,,r‐'''´:.:.:';.:.:.:.:.:.:`'´:.:. ̄''ヽ、
 `i,;,;.:':.:.:.:.:,:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:く    えっ。
 ,/',;,;,;,;',;/.:.;.':.l:ヾ,r''7:.:.;.:.:.:.:,;,;`、
ム7:,/:.:.:,iヾ,;,<´`''''7:,;.:.i;,:.:.:,;,;,;,;,`  これプレゼンを求められてたんですか!?
 く;レ!;r',r-ゝV_  _!.:i;.:.iヾ,;.:,;,;r'´
.r'´、ト! ' ,f。 ,!   レ'--'、i'i,;,i,;,ヽ
.i  ! ヽ`ー'    f。 ,! ,! レ';,r''''’
. `ーl        `ー'っ ,!''<

   `、  `ー‐‐‐‐ 、   /  ,ノ
     `i、  ̄''‐---' _,,./--'’
     `Y`ー--‐‐i7’
    i´ ̄ ̄ll ̄''‐┐
    ''''''''''''''''‐‐-- !

           /                     \

           /                           \
            ,'                             ハ
                     i     \  ヽ.            '    感想を求められたので
         /  <  ̄ `. > 、 .|  i.     \ N从、 i         '
       /   \ `マ.>. >.|  |. /    Ⅳ` ‐-リ、    / ' .i    何かタメになることをいってやろうと   
      ∠ イ      \ \  |  |Ⅳ    | ゚マラ7. Ⅵ  / / |
        /.       \ \.,|  |/   .ト、!  `¨   |,ィ赱 .从    俺なりに考えた結果だ。
         /           \ |.      Ⅳ          l  .|
      /      / .     `|!    .ト、 |               ∨ゞ
      / イ      i .∧ ∧. !!   |. ヾ          ィ´
      ´ ./ .,イ ∠=- |/ j/ ∧ |.∨  .|       , - ―- ,        だが今の話にまとまりとインパクトが足りないのは確かなる事実。
      ./// ,イ   ,.イ  / ヾ. ∨ .|            /
     / / ,  ! レヘ Ⅳ    ∨ .!\            /         どうやらこの世界から脱出するのに精一杯で
           //| ./Ⅵ/        ', .|:::::::>        ,′
          /  レ /> 、      ゞ::::::::::::::::≧ ー 一           デュエル商業化の方はついさっきまで忘れていたようだな。
        ____/:.:.:.:..  > 、::::::::::::::::::::::/

      ,ィ≦洲州>.....、:.:.:.:.:.:.:.:.:.. >  ,__∧
     {洲洲州洲州≧ェz`、 <:.:.:.:.:.:.>:.┐ へ

     从洲州洲州洲洲洲ミ≧ェ、>ー-:::/ ,  `ミム、            それでは元の世界に戻っても、ダークネスとの戦いに
   ,ィ彡 ´   ̄ ̄ ` ミ洲州洲洲>.、/  | ,イ洲ミi}ミx.、
  /      __        `ヾ洲洲洲州>.、 !,イ州洲州心、i!        全力を注ぐことはできないだろう。やはり企画の練り込みは必要。
  -ー <      > 、     `ヾ洲州州州ミ>、洲洲洲州.|i
              \    Ⅵ洲洲州洲ミ>、洲州州.l.!_        さあ、始めよう。ちゃんと終わるまで付き合ってやるから安心していいぞ。

   > ―― 、.__      \   Ⅶ洲州洲州洲.\洲洲.|.l∧
 > ´      /          \  Ⅷ洲洲州洲州洲洲洲!.| ∧


     __,l'''''‐-.,_ ___
 _,,r‐'''´:.:.:';.:.:.:.:.:.:`'´:.:. ̄''ヽ、
 `i,;,;.:':.:.:.:.:,:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:く   (プレゼンの練習から企画の練り込みに、目標が変わっている)
 ,/',;,;,;,;',;/.:.;.':.l:ヾ,r''7:.:.;.:.:.:.:,;,;`、
ム7:,/:.:.:,iヾ,;,<´`''''7:,;.:.i;,:.:.:,;,;,;,;,` (こ、これはひょっとして眠れないんじゃ……)
 く;レ!;r',r-ゝV_  _!.:i;.:.iヾ,;.:,;,;r'´
.r'´、ト! ' ,f。 ,!   レ'--'、i'i,;,i,;,ヽ
.i  ! ヽ`ー'    f。 ,! ,! レ';,r''''’
. `ーl        `ー'っ ,!''<

   `、  `ー‐‐‐‐ 、   /  ,ノ
     `i、  ̄''‐---' _,,./--'’
     `Y`ー--‐‐i7’
    i´ ̄ ̄ll ̄''‐┐
    ''''''''''''''''‐‐-- !

【五日目・終了】

飢餓度判定
直後コンマ
二食-5

企画判定
下二コンマ
1~3:徹夜した挙句未完成だよ
4~6:終わったけど眠くて仕方ないよ
7~9:ナイトさんも絶賛だよ

そい

えい

飢餓度+0 =17

            ,,,ィ=´三`‐=-、_
       /´   '"´ ̄ ̄.〉-コ、
.        /ヽ          ヽ〈:lヽヽ      質問いいですかぁああああ!? 
.        l.  ヽ          ヽヽ:ヽヽ_
       l.  ヽ        :::::ヽ::l、 、 ヽ  デュエルモンスターズが弊社のイメージを損ねる可能性がある場合
       l l   l        .::::::l::l:::ヽヽ. l
        l.  l      ...::::::://:::::ヽヽヽl 事前に発売されるカードや、メディアミックスを検閲して内容の改定を求めることは可能でしょうかぁあああ!?
       ,l   ヽ   ...:::::::::: /:/:::::::::::l:::ヽ:l、         _
        ヽ、  ヽ  ::::::: /:/:::::::::::::::lヽーヽ__   __  <´   `"ヽ、
         >、__,,,.ィ:´イ:::::::::::::::::::::l、,f-、.\=ニ二ヽ‐ヽ     ::::::\
        /‐'"´ `ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.ヽ:::::::::::::::〉:::l      ..:::::::/             ,, ―‐ 、_
      f´      ,,:: -ヽ,,,,,__:::_,,::::/:´ ̄::::::::::::::`ヽ::::ヽ::l     ..::::::::/       r、    ,,ィ'"       `ヽ、_
      l、   ,.-'"´   :::::::: ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     ::::::/´      _l、ヽ‐'´,r         :::......:::ヽ
      /:l、 l´         :::: \\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ,. _-ヽ、       ,,.-l lヽヾ,,,,,,=‐"´         :::::ヽ
    ,. ィ:':::l:l ヽ           ::::   \\::::::::::::::::::::l::::::::l´,.-,,ィ=-‐/::-:ヽ、、-―=''''"´''  ll.rヽヽ/          :.       ヽ
  ./r'´::::,,.-':ヽlヽ           :::::`ヽ 、__:::::: l、:::::`'´:f´  _ヽ__ヽ、l--:'"-'"´ /:| rF/      ::::: / :: ::::  .      ヽ
  ll':::::r'"----ヽヽ              ィ'ィ'" ̄ヽ、:::::ヽ:l:´::::lr'' ̄  :::  `ヽ、_,,::::/彡:':l レ´ ...../:  / /l . :::: :::::::.. : .     lヽ、
  r''"´   :::::ヽ:::::::\           /.//`ヽ::::::::l:ヽ::::〉,,,ィ´     :::    /ヽrlf"_,'',//ヽ´ ,r/.l::: /、ヘ l./ ィ:::::::::::: ::::..........  l
. ヽ      ::::,.==-ゝ==、__    /.//   ::::::::::l:〉r´::l      .:::::.   /l:、ヽヽフ/l./ ///´ l'l .//oヽl"l/l::::::::::::::l:::::::::....:: :l
. ハ    ,.‐'"´     ::::::::::l:ヽ、 . l l::l      /./::::::/     .::   / . lヽ、ヽヽ l' ::/ ´.  l l/ l、  l||l' .l/,,/:::::/:,::l:::::::l、: l:l
..f/:::ヽ  f´          ::`ヽ.、ヽヽ、、__ ///:::::/    ..:::   /|.   l)ヽヽl:l:l  , l      '   `''´ヽ /' // /:/ :l:l::N ヽll
.l.l:::rヲ:\ ヽ           ::::::,. -ニ=ヽニ=´/::::/    .::::::  / :l .l   l'' 〈ハヽl:ヘ'. l rfフ=、     /_//イ/:/ l::l:l ,、l !
..ll:ヽl:::::::::\ヽ          ::: /::::: ̄`ヽヽ:::l:::/  ..:::::::: /:l  :l .l.   r::l); l;ヽヽl、. l. ll' `l、l、.     /'゚'く‐/、/l ./:l,、::/ヽ、
,,,>''''"""l:::::"ヽ             /::   :::::::::::ヽ:ll::l  .:::::::::::r´:::/:::::/ l   lr-'':/l l r(l>l ヽ.、,l ヽ,、-、 /,,` ̄ :人`:/::/l /
、   ,,. - ' "" ̄`ヽ- _       l::     ::::::::l:l:l''l  :::::::::/:::::/:::::/ /    人,ヽ) l l /'、\`ー,'-―‐ヽ// /lーl/' '/'
.ヽ/           ヽ、二__、.  l::  .......::::::::://ハ  ::::/:::/´ ::/ /    /く==、'll l/彡-‐'`´     '´ /´   ´   ´
 ヽ、          ....` ..:::`ヽ、ヽ、 ::::::::::://::/`ーフ´::::l':: ,,ィ, '     /(r `''=':|:::.|-‐f、フ,


                             .. ..: ,,.::..,.,,::,;;::,::,,;;,::;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                  .. ., ..  ..:.  ... ,.. .. . ..,...::,,::.:;:;;:..:;:.;:;;:,.,,,:;;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                        ..    .:..::..,....::.,.;:;..,:.:;;:,,.;.;::;:;;:;;:,;,,;:;:;;;;;;;;;;;;;;,;,;;;;;;;;
                               ..;.: ..,,:;:.,,;:;.:;.;.:;::,.:;:;.:;:;:;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                     .. .,..::,:,:,,;:;::,,:;.:,,;:;:.:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                      .,.,,....::;:;;.,:;:;;.,::;;:;;;;;;;;;;;;;
                                        ..,,.::.:;:;;:.:;,;;:;;;;;;;;;;;;;;

                                         ..  ,,..  .,...,,,..,,::.:;:.:,
                                                 .. .. .,,.. ..;:..
                                                 ..  :;;  :;
                                                     .. ..:

ナイトの妥協を許さない企画作りは夜を徹して続き、気付けば日が昇っていた。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..   ::::::::::::::::::::::::::::::::::);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ⌒ヽ;;;;;ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ:....    :.:.:::.:::.:::.::.::(;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,:.:-‐:::':::::::::::::....       :::.:::.::.::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r‐、;;;;;;;;;;;;;;):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.(   ::::::::::::::::::::::::::....      :::::::::`'''‐‐--''''つ;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ:. ̄´:.:.:.(;;;;;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.)    :::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:....      ::::.:::.:::.::(´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/⌒''''´: :.:.:.:.   :.:.:.`'''''´ :.:.:.:.r'⌒ー-:.':..     :.:.:.:.:.::::::::::::::::::::....         :::::::ヽ、;;;;;;:::::-‐
.  : : : :.:.:.:.   :.:.:.      :ノ.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:..      ::::::::::::::::::::::::::::::::....        :::.:::.::.:::.:::.:::.
 . .  : : :,:,:.   :,:,:.       :..:.:.:.:.:.:.. :.:.:::::::::..      ::::::::::::::::::::::::::::::::::....           ::.::.::.:(
 : . : : : : :.:.   :.:.:.       :.:.:.::::::::.. :::::::::::::..       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::....            :.
: . . : : : : : :.   :.:.:.       ::::::::::::::.. :::::::::::::..       :.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::....
.  : . : : : : : :.   :.:.:.         :.:.:.:.:.:..:.. :.:.:.:.:.:.::..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....
    . : : : : : :.   :.:.:.         : : : : :::.. :::: : : : :..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::....
 .   . . : : :.   :.:.:.                           : : : : : : : : : : : : : : .
  :  . : : :                                    : . : : : : : : : : .
                                             .  :  . . .

【六日目・朝】

起床&企画作成判定
1~3:ワカメは倒れた
4~6:ワカメはナイトの合格判定を勝ち取って倒れた
7~9:ワカメは企画を完成させつつ午前から行動可能

直後コンマ

こい

ほい

シンジーーーーーー!!

                 _

            -‐            >          よし、合格だ!
            /               > 、
        /              <::...  ::.. \     よく頑張ったな、マスター!
        '     l      卞、    `;:::::. :.ゝ、 \,_
        /     ハ     ト、\\  ∨: :.  ̄ .\_  -― フ
     ,..::.       !:.i       | \\>´、   _,.ィ.<   /
.     , .:.: /l     ,:::ト.、       _У-‐- 、∨ ∧/-,  ./
      i.!:∨:.:i    ,. ' ∨  V|/,イ__i__i_ノ }  | //
     !|. :. :.:.|.  ∧ .i  ∨ .′          |,イ ! ./\  これで大ヒット間違いなしだ!
     !:.;.. ハ ,ィ==、レf气V\       / .|ハ.У|:.∨\,_

     l.:.::,イ    ', ./ .{./   ヽ          j |  !:. .\
     Ⅳ::.|、.    ,`¨´      <     /   ,!  i:.:.:\\
      /.\! i∧\ '.,         ,.  '´     , ', !:.: .: .\ゝ
           |!∧'.,\>、     /       ,   |j V_ :.: :\
      ,.ィ´  ∧i∨| .>.、            ,   ∨   /‐- ゞ、
     / _, -ー=.ヾl  l .> ,ィ´\      /:.   / / \\
    ./,/´      ', / ,ィ<    ∧` ー.´::..   / ,.イ  ̄ `\ゞ、
    ´         },ィ≦王王王≧ `ヽ:::::::::.. .: , / |:.:.:.:.::.:フ7
           /三三三三三三三l|!:..:.:.:.:. ,:. i/.  !:.:.:.:.:{三|!

.      ∧::::::::::::::::::::::::::::::::l :::::::::: |::::∧::: ////|:::::::::::: l ::: |:.
       Ⅵ ::::::::::::::::::::::::/ :::::::::::::: |∧` ∨///∧:::::::::: |::::::l:::::::::::: |:::::::::::::::{
        Ⅶ ::::::::::::: / :::::::::::::i:::::::::|´: : :`´ : : : :..|::::::::::ノ ::: | :::::::::: l ::::::::::::∧
.         |:::/ :::::::: / :/:::::::: /| ::::: |: : : : :    .: :l::::::: l :::::: | ::::::::::::| ::::::::::::::: 〉
      / ::::::::::::::::: /:::::::: /. | ::::: l: :      /:::::::ソ:::::::::{、 ::::::: l ::::::::::::::/

     /::ノ ::::::: /::/:::::::: / ヽl ::::::廴     /::彡´ ヽ:::::::: }:::::::::::{、::::::: (
     `¨/ ::::::::::::::/ :::::: 〈   `ヽ;::: /    ヽ::: 〉_ ,,... -‐ 人::::::::::::ヽ::::::::::: 〉
.      /::::::::: / :::::ヽ、_::::ヽ - 、 l::/`.     ´〉/ - __/   `ヽ:::::: /:::: /
     `ヽ,::::::::::::::: 〈  }:ソ-=z___{´      /′,イ´ ̄¨`ミ、  /:::: /:::::::{
       Ⅴ:::::::::::::::ヽ//¨ ̄ ̄`゛        ″      ¨  /ハ::/ヽル′
.         }ハ:::rヽ:::: /¨         /l            //  l
.          j ヘl {:∨: : .       / :|            /′ |
            | ヘ:{ : : :       ヽ::::l           / / /
.          ヘ  `: : :   .r-     `     、      /  ./    ははっ。僕は……天才だから……な。
           ヽ  ',: :     丶f==========ソ     /  /
            ハ、_、: .     ` ̄ ̄ ̄ ̄´      /イ¨´      バタッ
               }::.. : .              /::::}
               lハ:: l` 、            < l::::/
              _lハ|::::::>. 、       <    |/
             「ー.. |::_:::::::≧ 、 ≦.       l― - 、
.               |: : : : ̄|::::l>..― - ― ――.┴ ´  |
.               |: : : : : :|::::|::::::|                |
            , <´ノ: : : : : :|::::|::::::|               l
          : : : :{:. :. :. :. :.|::::|::::::|               廴
              : : : `ー -=-.|::::|::::::|      _  -=   ´  /L
            `ミ、   〈:::〈::::〈_ -=  ´  _   -=-  _/
           .: : : .     /:::/::::/ _  -= ´ -=-  _-=´
              `ミ、./:::/:::/   /
                   |::::l:::「   ′

             /                  \
.              ∠  /         ヽ      ∧
           /              \   ∧   そんなに眠かったなら、そう言えばいいものを。
             //     i!        .ト、 |!    ∧
           ,イ       ∧ト、     }! | 刈    ∧
              |! /.   メ-‐示―、 l il_斗――-,イ  ∧
             Ⅵ   ∧ .,ィTTx、 ヾシ.,ィTTx、 .メ/ /
              ! ∨  .∧.`¨¨¨´    .`¨¨¨´,イ/ /- __
         _,. -イ Ⅵ\トゝ     |_     //___, ニ=-
          .`ー== 、 ト                 ,イ|
               | \          ,イ | |      直後コンマ
               Ⅳ .\  -―‐- / l人|      1~3:このまま寝かせておいてやろう
                  ∨ .|.\  _ ./   lミx、      4~6:早速人間界に戻ってデュエル商業化を進めよう
               ,イⅥ       _,..ィ≦|}       7~9:一度しか使えない原初の種スキルで身体を治してやろう
                 }―――‐┬――――<il}
                ,ィ=≦三三三三|三三三彡´  !ミx、 __
     __,.ィ≦Ⅳ洲≧ェzzzzzzzz|zzzzzzェ≦≧州洲ミ/ ./ ̄>、

     |    `ヽ Ⅶ州洲洲洲洲洲州洲洲州洲州洲Ⅳ /   / ̄ ̄\
  ,ィ≦´    \ ∨i洲洲州洲孑≦示≧ミ州洲州洲,.イ            \
./r=ヽ         Ⅵ |洲州洲州洲州州州洲洲洲洲/ .|/  / _.ノ   / \
_,./   へ ー-=、 。`マ 洲洲洲洲州州州洲洲州/ ./      ノ 廴 /  ,ィi!|liト、

今日はここまで

たあ

ほい

なにやろうとしてんだよブロントさんw

身体を治すってまさか虚弱体質まで治るんじゃ

              ,r,===-、
     _       //    `ヾ;
   ./ ._`>、-r=- 、__l.l,r-、   リ

   /   _(_)-'、/  /ミ=-=へ`ヽ、
   i _,(_)-'ヽ/  /    `ヾ、 .',   まったく、いつになったらワカメの魂は
   V(_)-' i ,'  ,'        `ヽ,
   |,イ. l .ヽl  .l             l  雛見沢に帰ってくるのだ?
   _.Y、 ヽ、l  .l/l/l/l/l/l/l/l/l/l/}
 /:::::::ト、ヽ,.l  .| ーr-、_   t-イ.リ|  
 ヽ:::::::::Y⌒'.j  .| .|::::l   l::::::| l l
  ヽ;:::::j .、j l .iリ. ',_ノ   ヽノ )l

   `ーイ`ー,l .l           , イ/
     |:::::::'イ`フー-ryry-イ ./リ    【人間界・雛見沢 六日目・夜】
     ` ̄´ ./::〈::::)-、,r|::Y|       1~3:何も無いよ

         .フ::::::f::::l全l:::l:|       4~6:いくぞキャスター
          ,r/:::::::::Vノ-、r',:`ヽ、     7~9:やれ、アーチャー
      ./:/==--}l| _,イヽ;::::\    直後コンマ
    /;;;;;;;´;`;^;^;^;l|´゛| | |:::::::::>,

    /ノVVVV,f-/VvVvl,イVVVVV`
         .し'      'J

開幕0とは

                      _二__   __
                  ,-‐ー''"´、:::::::,-'"´:::::::::`‐、
                  /::-‐ー、:::::ヽ/:::::::::::::::::::::::::::ヽ     初めまして、カリムくん。
                >'´:::::::::::::::\:/⌒``‐:::::::::::::::::::::',
               /:::::::::::::ヽ::::::::ミ,-''"´`` ‐、:::::::::::::::::',    私がアーチャーのマスターだ。ミスターTと呼んでくれたまえ。
              /:::::::::::::::::::ヽヽ::i::::,-''"´ヽ:::ヽ:::::ミ::::::l

              l::::::::,-‐ー-、::::::,-‐ー、;;;;;;;;ミ',:::::ヽ:三≡l
              l::::/     `'       :l::::::l::::::::::::l
              l::l              l::ノ:::::::::,-、   今日はセイバー陣営と交渉をしたいと思って来た。

               l:|              ヽ:::::::/ ヘ.',
               ´:l           _   ヽ::l くヽ l
               __l     ::   ,、-''";;;;;;;;;ヽ  レ l ノ l  現在、ライダーとキャスターの同盟が成立し
                ヽ;;;;;;;``‐-i-ー(;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ       ノ 
                 `‐、;;;;;;;ノ  ヽ、;;;;;;,、-'´     7l   さらにランサーは、マスターから三画分の戦闘力強化を受けた上で
                  ',       、        l /;;;;',  
                  ',   (   _ヽ      //;;;;;;;;;ヽ そのマスターを殺害し、三画の令呪を残した新たなマスターと契約している。
                   ',             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
                    .', -ニ=二ニ=ー   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/\
                   ヽ ` ニニ '´   /;;;;;;;;;;;;;;;;;,、-'´;;;;;;;;;;ヽ  そこで、これらの敵に対抗するため、アーチャーとセイバーの同盟を提案したい。
                      .ノ',      /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                ,、-‐'´;;;;;; `‐--ー '´/;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ



               -――- _
          ,  ´,...-―――-..、`  、
         / /斗^ヽ ̄ ̄` <ヽ.ヽ\      (魔眼は発動してない。嘘は言ってないということ)
        /  /´  {    \   `i ヽハ
       ./  .'  ム!   ヽ  ヽ   ! ハ ハ     (それに、ライダーとキャスターの同盟は私達も見ている)
      /   !   ハ! l !   ハ | .! ハ |  | .!
      .'   | ァ‐t=zLト.  ,ム斗A.┼ !  ! |    (ライダー、キャスター共に手強い相手になる)
      | !  ! ,rィチ示ヘ∨ | '仔ぅミ! .l  l .!
      | !|  ヘ.`ト 込リ ヾ∨! 込リ. イ,/  ! .!
      ', |!i.   `ト.ゝ    i ヾ   /'/   ! |    (はっきりいって、このタイミングでの同盟の提案はありがたい……!)
      Ⅶ∨  ト..    -_-    /!   ハ !
       Ⅶ∨  ハ:.\      /Y  ./ ! |
       ハ .∧ } !.:.r≧ _ ≦ト;.:.:!  ハ .! |
      ./ .<.:.:.∨ |_人. `Y´  人.′ |.:.:>| ハ
     /  _ム/  !  `ー|―'´  |   |⊥_!' ハ
    ./,ィ≦ム/  /  r.:≦只:.≧x. |   V三≧x
   ∠三三7  /  `イ/ |ヽトー'  !.   ∨三ニム
  ,.仁三三7  ./   〈./ィ介}:〉   ∨   V三三ム
 ,:仁三三.7  .∧   ∠ニ|||ム   ∧    Ⅷ三ニム
ャ====7  ムニム ∠三=|||三ム ,:仁ム   }====ァ
 マ三三ニ.{  {三三Y三三ニ|||三三`三三ム  |三三三ア

ワカメー!はやくしろー!間に合わなくなっても知らんぞー!

           , --- 、_
          /ミミミヾヾヽ、_
       ∠ヾヾヾヾヾヾjj┴彡ニヽ

      / , -ー‐'"´´´    ヾ.三ヽ 
      ,' /            ヾ三ヽ
      j |             / }ミ i 君達はこれまで聖杯戦争に積極的に関わってこなかった。
      | |              / /ミ  !
      } | r、          l ゙iミ __」 こういった戦略を選ぶことが有効な陣営は限られる。
      |]ムヽ、_    __∠二、__,ィ|/ ィ }

      |    ̄`ミl==r'´     / |lぅ lj 強力なサーヴァントを引き、終盤まで情報を隠せさえすれば
      「!ヽ、_____j ヽ、_  -'  レ'r'/
       `!     j  ヽ        j_ノ   基本スペックで相手を打倒できる場合。
       ',    ヽァ_ '┘     ,i
        ヽ  ___'...__   i   ハ    そしてもう一つは、時間を置くことで強くなるタイプのサーヴァント
         ヽ ゙二二 `  ,' / λ
         入        /  / |ヽ  陣地作成や道具作成、あるいは自作型宝具をもった陣営だ。
      _,./|   ヽ、__, '.. ‐''´   ./  \、
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=< ̄     /    | `'''‐- 、.._
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _        
      _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i
.     |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」  前者の場合、共闘で情報を得るメリットは大きい。 
      l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.| i´|.ー‐' | / |    |. !   l
.     l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;  後者の場合、他陣営と牽制し合って戦いが膠着することが怖い。
     l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
       l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.!│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7
        l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7   そこで、以下のような同盟を提案する。
.      l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
.       l |:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   /ヽ::: `:::    ::::  ....::..../

         ___,,_,_,,._...、 、、、、、、  --- ―――┐             ・アーチャーとセイバーによる同盟を締結する。
        .|                         | :. ::.
      .|  ____                     |         ::.   ・アーチャー、セイバーを除く全騎の脱落をもって同盟を終了、翌日からこの契約は破棄される。
     ::  |            __,,_,_,,._..、、、、   |   :.
    :  :. |  '''' ""゙ ´´ ̄ ̄                 |     ::.::.      ・同盟相手から要請があった場合、可能な限り戦闘に協力する。
     :: : : |                __,,_,_,,._..、、、   | :.::.
       .::.: |   '''' ""゙ ´´ ̄ ̄               .|´`""''' ―- 、     ・同盟の成立中、アーチャー、セイバーによる魂喰らいを禁止する。
       :. ::..|                _,,_,_,, _、、、 |     _,. -''´ヽ
       .: : |   '''''_""゙_´´ _ ̄_ _,._,.,, 、,、、 -z- =-'、,. -''´:::::::::::::::::::\
   :     ゙、"``""´´ ̄ ̄    ̄__,,_,_,,._..、、、、  ゙、:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   ::       ゙、  '''' ""゙ ´´ ̄ ̄              ゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
   ::      ゙、   __,,_,, _、、、、  ----- ―――   ゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

 ::..    .      ゙、              __,,_,_,、、、、  ゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            ゙、   '''' ""゙´´ ̄ ̄                ゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::        ゙、    __,,_,, _、、、、  ---- ――― .  ゙、:::::::::::::::::::::::::::::::_,. -

     ::    .   ゙、          _,,._,,. 、、、、、、 --――''`::::::::::::::::::_,. -''´
            ::::   `'''' ""、´´:: ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,. -''´

契約書を持って押しかけてくるのは詐欺師か何かだと疑ってかかる俺がいる

          , -‐    ̄ ̄  ‐-
         /   ____   ` 、
        / /  /´.:.:._/`ヽ_.:.`ヽ  \    アーチャー陣営が魂喰らいを行っていたことは知っています。
       ./ /  /´ ̄,、 {      `ヽ!   ヽ
      .' .'  !  ,ムヽ」         ',    ',   ここに魂喰らいの禁止が明記されていますが
      |  |  ! ハ{   ||  ト. !| !   ! .!  !
      |  |  T T ー--.tト、 |斗i‐ト、‐.!  ! | l  これは、被害を増やしたくなければ契約を結べ、という
      |  .!  .| ャrチ丐`  !|仟丐ミ,x!  l ハ}
      |  ハ  .! | 込リ   }' 込リ }'  }/    一種の脅迫であると受け取ってもよろしいですか?
      |  ハ  ト{       ,    l   ハ
      | / .ハ ハ、    - -   ,_!  l !
      | / //!  i`ト、     ,.イ.:.l  | .l
      | /.:.:.:l  ハ.r 、` ー 升.:.:!.::!  ト、 .!
      .,| ヽ.:.:.:.:|  i!、 ` V´_,ト、.:ヽ!  レ' l
     /.|_ ⊥ -.|  |  `  !   ` |  |_  ハ
    x.<     |  |ニニ,只、ニニ!|  | >、ハ
   /三三ヽ.   !  !  //  i:i    ∨ | /三ム
  ./三三三.\ .|  |  i:i, ィトi:i    ∨ V三三.ム
 ../三三三三ニiヽ|  | ,i:i'三||i:iヽ   ∨ ∨三三ハ

. /三三三三三.|ニ|  |/ `'三.||「三\_/∨ ∨三三ハ

         ,.-=== 、__
       ∠ミミヾj┴彡ゝ
      ,/ ,-ー'"   ヾヨ、

      |/        /7ミ!   君を脅迫する意味か……。
      }|r、       l ゙iミ」
      |]ム    _∠ニ,_ィト}   たしかに、その部分は意図して書いている。
      ト、 ̄ ミl=r"  _/ |hj  
      `!  ̄ j ,」 ̄  jr'   
       丶 ,_`;..__  i ハ_    アーチャーは他者の力を奪う能力を持ったサーヴァントだが
        ヽ ゙ー‐ ` ; /"八
         lヽ,_, /// \  君との同盟中は、魂喰らいを行わないことを約束しよう。

             ___

         , ‐r‐、___  `  、
       ./,ィチ |  ` ̄` `ミ、 ヽ \    では最後に
      ./ /' ,、 .!       ', ',   ', ヽ
      / / /┴! |  ',  ', |  i  ',  ',
     /  ! i   l i!  ト_.斗A‐‐|  |  i  あなたはこの契約書に
     i .' | 丁,ニニN∨ !ィチ:ト,} !  .!  !

     | | ハ |代刈  ∨| 込リ '}/!   !  |
     |.i!  ヾ ゞ’  ヾ   /'.!  .l   |  何らかの罠を仕掛けていますか?
     |ハ   ',   '      .!  .!   |
       l   ゝ.   ´  ̄   /!  「ヽ. ',
       .l   | .>...   / |.:.!  !.:.:.:ヽハ
       l   .|〈.:.:.:.⊥ニ´ - ┴|  |.:.:/!∧
       ハ  | >_」  |      !  ├'-.⊥∧   
      / }  /_´,...r‐ト.、._   |  .| x≦>ュ、
     x≦/ /〈.:.:ィ:冂:ト、.:.:>  !  |'三/三三ニ`ヽ 
   ,∠三/ /  ,.///イ:.ト,    .V  lニム三三三三ム
  ,.'三ニ./,イ ,∠//// |.:|_ム   .∧ .lマ三三三三ニニニヽ

 /三三//ニ'´三〈///ニ|:」三ム /三ム |'三三>´ x≦三ア'
. マミ<:〃三三三={ {三三三三`'三三} !ニニx≦´三三.7
 マ:≧ |{三三三三.i i三三三三三三=! |、三三三三三ン
  マ三.| マ三三三=| |三三三三三三;リ |=ト、三三三匕,{
  }三.}ハ マ三三三| |三三三三ニー=彡';リ〉 マ三三三:{∧
  |三三≧zT三三| |三三三三三三>'イ  Ⅶ三三ニハ∧

       , --- 、_
      /ミミミヾヾヽ、_
   ∠ヾヾヾヾヾヾjj┴彡ニヽ

  / , -ー‐'"´´´    ヾ.三ヽ   愚問だな。
  ,' /            ヾ三ヽ
  j |             / }ミ i  契約の際、自らの優位を確保しようとするのは
  | |              / /ミ  !
  } | r、          l ゙iミ __」 当然のことだろう。 
  |]ムヽ、_    __∠二、__,ィ|/ ィ } 
  |    ̄`ミl==r'´     / |lぅ lj
  「!ヽ、_____j ヽ、_  -'  レ'r'/
   `!     j  ヽ        j_ノ
   ',    ヽァ_ '┘     ,i
    ヽ  ___'...__   i   ハ__
     ヽ ゙二二 `  ,' // 八
      ヽ        /'´   / ヽ
      |ヽ、__, '´ /   /   \

カリムさん判定
1~3:契約を結びましょう
4~6:もう一つだけ、よろしいでしょうか?
7~9:お引き取りください

直後コンマ

ほい

そい

          , -‐    ̄ ̄  ‐-
         /   ____   ` 、    (契約書に不備は見受けられない)
        / /  /´.:.:._/`ヽ_.:.`ヽ  \
       ./ /  /´ ̄,、 {      `ヽ!   ヽ (この書き方、対等なものに思える)
      .' .'  !  ,ムヽ」         ',    ',
      |  |  ! ハ{   ||  ト. !| !   ! .!  !
      |  |  T T ー--.tト、 |斗i‐ト、‐.!  ! | l
      |  .!  .| ャrチ丐`  !|仟丐ミ,x!  l ハ} (今一番怖いのは、この同盟を断ったあと)
      |  ハ  .! | 込リ   }' 込リ }'  }/
      |  ハ  ト{       ,    l   ハ   (玖渚さんの意識が戻る前に、アーチャーの襲撃を受けること)
      | / .ハ ハ、    - -   ,_!  l !
      | / //!  i`ト、     ,.イ.:.l  | .l
      | /.:.:.:l  ハ.r 、` ー 升.:.:!.::!  ト、 .!  (受けるべき理由はあっても、断る理由はとくに見当たらない)
      .,| ヽ.:.:.:.:|  i!、 ` V´_,ト、.:ヽ!  レ' l
     /.|_ ⊥ -.|  |  `  !   ` |  |_  ハ 
    x.<     |  |ニニ,只、ニニ!|  | >、ハ (けどひっかかるのは、この相手がほとんど全てを一般論として話していること)
   /三三ヽ.   !  !  //  i:i    ∨ | /三ム 
  ./三三三.\ .|  |  i:i, ィトi:i    ∨ V三三.ム(まるで私の真実の魔眼の存在を知っているよう……)
 ../三三三三ニiヽ|  | ,i:i'三||i:iヽ   ∨ ∨三三ハ

. /三三三三三.|ニ|  |/ `'三.||「三\_/∨ ∨三三ハ


最後に1つだけミスターTに質問ができます。

なにを聞こうか 下三

貴方は私かその関係者を知ってますか

526

遊戯王ってご存知ですか?

アーチャーを見ずに決めるのは難しい。契約する前にセイバーとアーチャーの顔合わせを要求する。

一つ訂正してくだい、マスターとサーヴァントだけでなくそれ以外の協力者含めると
サーヴァント以外の駒含む、陣営での同盟でお願いします

うまい質問だな。絡めていけば、わかるんじゃね

            __

        ,  r、´__ `¨  、
      / /」  ヽ―- ミミx ヽ\
     / イ´ ,. |       `ヾ. ハ ヽ   遊戯王ってご存知ですか?

    ./  / ハ.! | | |  |  !  ', ',
    /  i  iヾー! ! i! l!  .ト、 l.|   | |
   i   ! ,L==∀∨!斗=|‐トi!   | |
   |   Y´|{     Ⅵ ∨ | ! !   .! |
   | .'   Ⅵ.,ィ=ミ ヾ ≠=ミ.l  ,リ  !
   | ト,    ハゝ   、       l  .′ |
    .Ⅶハ  圦   r― ,   .イ  ハ  !
    ヾ| ',.  |.:.:.> . ` ´ .イ/  ./.:.:\∧
     .}〈|  |.:./.:.:r!≧=≦-'1|  .ハ.:.r‐‐' ハ
     ./ !  l/_.:.人__Y__ . -‐i!  L_V_,、 _!
    /.ィ |  l  _ /_    | /  /.::::::`:.、
  /.::::.V / 〔_イ:只ト、__:〕  | { ,.イ::::::――‐`>―_ァ
 /.:::::::::::/ /  ./:/ヘ|ヘ     ! l::::::!::::::::::::::::// ̄:::}

       , --- 、_
      /ミミミヾヾヽ、_
   ∠ヾヾヾヾヾヾjj┴彡ニヽ

  / , -ー‐'"´´´    ヾ.三ヽ
  ,' /            ヾ三ヽ
  j |             / }ミ i  千年の遺産を紐解き
  | |              / /ミ  !
  } | r、          l ゙iミ __」  闇の力を手にした少年 
  |]ムヽ、_    __∠二、__,ィ|/ ィ } 
  |    ̄`ミl==r'´     / |lぅ lj  人は彼を、遊戯王と呼んだ……。
  「!ヽ、_____j ヽ、_  -'  レ'r'/
   `!     j  ヽ        j_ノ
   ',    ヽァ_ '┘     ,i
    ヽ  ___'...__   i   ハ__
     ヽ ゙二二 `  ,' // 八
      ヽ        /'´   / ヽ
      |ヽ、__, '´ /   /   \

            __

        ,  r、´__ `¨  、
      / /」  ヽ―- ミミx ヽ\
     / イ´ ,. |       `ヾ. ハ ヽ

    ./  / ハ.! | | |  |  !  ', ',   あ、そういう話があったんですか。詳しくお聞きしてもよろしいですか?
    /  i  iヾー! ,! i!、l!  .ト、 l.|   | |
   i   ! ,L==ィ/∨!.ト=|‐トi!   | |  
   |   Y´|ィチミ Ⅵ '仔ぅミx!   .! |
   | .'   Ⅵ.マ__リ  ヾ b__ンイ!  リ  !  (『遊戯王』は玖渚さんがデュエルを商業化する際の商品名の案)
   | ト,    ハゝ   、       l  .′ |
    .Ⅶハ  圦        .イ  ハ  .!  (ですが、そちらではない意味を即答したということは……いや、まだ分からない)
    ヾ| ',.  |.:.:.> . ´ ` イ:Y  ./.:.:\∧
     .}〈|  |.:./.:.:r!≧=≦-'1|  .ハ.:.r‐‐' ハ
     ./ !  l/_.:.人__Y__ . -‐i!  L_V_,、 _!  
    /.ィ |  l  _ /_    | /  /.::::::`:.、
  /.::::.V / 〔_イ:只ト、__:〕  | { ,.イ::::::――‐`>―_ァ
 /.:::::::::::/ /  ./:/ヘ|ヘ     ! l::::::!::::::::::::::::// ̄:::}

あっ、遊戯王じゃなくてデュエルにするべきだったか
まぁ企画段階の商品名を知ってる時点で色々ダウトだが……

                      _二__   __
                  ,-‐ー''"´、:::::::,-'"´:::::::::`‐、
                  /::-‐ー、:::::ヽ/:::::::::::::::::::::::::::ヽ
                >'´:::::::::::::::\:/⌒``‐:::::::::::::::::::::',    彼の者が手にしていた力の名は千年アイテム。
               /:::::::::::::ヽ::::::::ミ,-''"´`` ‐、:::::::::::::::::', 
              /:::::::::::::::::::ヽヽ::i::::,-''"´ヽ:::ヽ:::::ミ::::::l   精霊を宿しし九十九の魂を生贄とし

              l::::::::,-‐ー-、::::::,-‐ー、;;;;;;;;ミ',:::::ヽ:三≡l
              l::::/     `'       :l::::::l::::::::::::l  七つの黄金に霊を操る力を宿す。その本質は冥府との契約を行う礼装。
              l::l              l::ノ:::::::::,-、

               l:|              ヽ:::::::/ ヘ.',  七つの力、契約、異界への扉。ある意味で聖杯戦争の雛型とも言える。
               ´:l           _   ヽ::l くヽ l
               __l     ::   ,、-''";;;;;;;;;ヽ  レ l ノ l 
                ヽ;;;;;;;``‐-i-ー(;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ       ノ
                 `‐、;;;;;;;ノ  ヽ、;;;;;;,、-'´     7l  これで満足かね?
                  ',       、        l /;;;;',
                  ',   (   _ヽ      //;;;;;;;;;ヽ
                   ',             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
                    .', -ニ=二ニ=ー   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/\
                   ヽ ` ニニ '´   /;;;;;;;;;;;;;;;;;,、-'´;;;;;;;;;;ヽ
                      .ノ',      /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                ,、-‐'´;;;;;; `‐--ー '´/;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ


遊戯王の話題から脱線しない範囲でまだ聞きたいことがあれば 下三

あなたはその知識をどこから手に入れたのですか?

企画段階の状況なのに『遊戯王』を知っている理由を聞く

貴方はこっち側の人間ですか?

遊星さんに問い合わせたい。遊戯王に関しては彼の方が詳しいはずだ

           -‐   ̄ ̄` 、
       ,  ´          ` 、
     ./  _...-―――-...._     \
    ./  /´.:.__/\__.:.:.:.:.\  ヽ  ヽ
   /  /´   /  ヽ   ` <!   i
  ./  /  ト、.{          l!   !  !   では……あなたはこちら側の人間ですか?
  //  i 、ムミ.| |      \ ヽ|   |  |
 .i i! | ! |!`ヽ!.ト,   i!ゝ<´ヽ. |    |  |
  !ハ ! | i!.  N∧   |\ト 、. Y    !  !
  | ! | i! ハ ヾ=  \ }=≠ ヽ|    ハ  |
  | Ⅵ从 圦   /  }/     .!   /.:.\
    ヾハヘ{ \   _ _    ,./   /.:.:.:.:.:.:>
      ハ  |.:.ヽ.   _.. </   /.:.:.:.:./!
     / |  !.:; イ.:`´r!v―/   ∧.:.:./ ∧
    ./ .!  .L ⊥=-‐! }  i   |.:.ヽ/   ∧
    / ..ィハ .|       /  .|   |` <   ∧
   /:::::/ .} ./  <只、> !   !  /`::..、 ハ
 /::::::::/  /!   〈/介L> |   | ./:::::::::::::::\.|
/::::::::::::/  /::|  /:://ハ  !   !/::::::::::::::::::::::ハ

         ,.-=== 、__
       ∠ミミヾj┴彡ゝ
      ,/ ,-ー'"   ヾヨ、   解釈の難しい質問だな。

      |/        /7ミ!
      }|r、       l ゙iミ」   あえて答えるなら、
      |]ム    _∠ニ,_ィト}
      ト、 ̄ ミl=r"  _/ |hj   私は君を含めた人類の味方であり  
      `!  ̄ j ,」 ̄  jr'

       丶 ,_`;..__  i ハ_    そして人類の救済を望んでいる。
        ヽ ゙ー‐ ` ; /"八
         lヽ,_, /// \

カマかけてみたけどそう簡単に引っ掛からないか
魔眼もあるし誘導できると思ったが

                  __
           ,  ´  ___ `   、
          /  ,r<r 、__.:.:.>..、 ` 、
        .' ,  / ´,、|  `  ` <ヽ  ヽ
       .′/  ' /.ム.」   | l .l  `|  ', ',    分かりました。
       | .'  .| ハ|   !  .! ! ! ', |   | i',
       | |  |,rf「 ̄.{iト ト,'TT ‐ト |   | lハ   お引き受けしましょう。
       | |  |,≠F丐ヾ∨! 仔ミx.| l  ! .| |

       | .!  !i{`込リ  ヾ .込リ 1l  l l ! !

       | ハ  ハ`       i   ./イ  l |,イ/
       |  !  ト,    ー ‐   /i  /ル/'
       |  |  |´`i 、    ,.イ`:!  /'' |     セイバー、構いませんね?
      ./| /:!  !.:rL_ ` ー ´ト;.:.:.:l  i!、 !
      ./  \|  |-!  `ヽ/´ |_:.:!  |'  |
     / __,r―|  | `ー  | - ' `!  L._ ハ
    ,∠三ハ .!  !  ,..-‐ロ‐-.、  l  ∨≧x
   /三三三∨  / <_: ィ.:八.:ト、_>. ∨ ∨三ヽ
  ./三三三=/  /    //,介i:.i.   ∨ ∨三ハ
  /三三三ニ/  ∧   .〈/´ |||:ヽ〉   ∧.  Ⅶ三ム
.〈` <三三ニ{  i{ニ.\,∠三=|||三ニヽ∠ニ}  }三ニム〉
.∧`≧=―‐| i!|三三三三ニ|||三三三三|リ }ニ.-=ア

{  \三三三| |i{三三三ニヲ|||マ三三ニ./イ ハニ;イi


        / i::::::::\  i l
 _     /::::ヘヘ:::::::::::ヽ / /         なんか不気味な奴だけど
    "  <::::::,>..::: ̄:::::...<  _  ──
   ヽ   /::/:::::/::::、:::::::::::::ヽ       i 人は見かけによらないしな。

    ヘ  ,':::::/:::!:/ ヽ |:::/::__::::::ヽ/    /
.  /==ヘ i:::/ |::::l'ー‐ .!/ r=ァ::イハ      /
 / ,仁ニヘ.Vヽi::::!    ' ゞ':::/─    /
V ,仁ニニニヘヾ:',:::i   r ァ  イ !==、 ` /   アンタがいいって言うんならそれでいいよ。
l ,仁ニニニニi∧≧:ト   ` ´  イ:::|ニニヽ '
,仁二二二 | ∧ニヘ ` ‐<ニヽ ::!ニニニム    好きにしな。どうせ最後はアーチャーとも戦うんだ。

 <ニニニニニニ∧ニヽ≦≧ニム:|ニニニノ
   ヽニニニ/ニニへニニヽニiニ イ 'ニニ/      アタシにとっては順番の問題でしかないね。
    ヽ_/ニニニニニ===ヘ;;;;;;/≧=ニ'::::ヽ

      ,仁ニニニニニニニニヘ;;;ヘニニニヽ:::::ヽ
      iニニニニニニニニニニヘ;;;ヘニニニニヘ::::::ヽ
     Vニニニニニニニニニニニi;;;;ハニニニニ',:::::::::ヽ

      ヾニニニニニニニニニニ !;;;;;iニニニニ,'、::::::::::::ヽ
       VヽニニニニニニニニV/ニニニ イ ヽ::::::::::::ヽ

        ',ニニ========仁ニi ´     ヽ ::::::::ヘ
        /ニニニニニニニニニニニニゝ       }:::::::::::i
         <ニ=‐ ´ ̄ ̄ ̄i ̄` ヽ      /::::::::::::|
        `i _  -‐====‐- i.     /:::::::::::::/
        /ニニ/ニニ|ニニ|ニニ|ニニヘ   ./:::::::::::::/

           , --- 、_
          /ミミミヾヾヽ、_
       ∠ヾヾヾヾヾヾjj┴彡ニヽ

      / , -ー‐'"´´´    ヾ.三ヽ   では、契約を。
      ,' /            ヾ三ヽ
      j |             / }ミ i
      | |              / /ミ  !  スクロールは既にこちらで用意してある。
      } | r、          l ゙iミ __」
      |]ムヽ、_    __∠二、__,ィ|/ ィ }  異論が無ければ、これを使わせてもらおう。

      |    ̄`ミl==r'´     / |lぅ lj
      「!ヽ、_____j ヽ、_  -'  レ'r'/
       `!     j  ヽ        j_ノ
       ',    ヽァ_ '┘     ,i
        ヽ  ___'...__   i   ハ
         ヽ ゙二二 `  ,' / λ
         入        /  / |ヽ
      _,./|   ヽ、__, '.. ‐''´   ./  \、
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=< ̄     /    | `'''‐- 、.._
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _
      _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i
.     |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」
      l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.| i´|.ー‐' | / |    |. !   l
.     l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
     l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
       l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.!│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7
        l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
.      l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
.       l |:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   /ヽ::: `:::    ::::  ....::..../

【人間界・六日目 終了】

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ::.:.:.::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::.:.:.:.:.:.:.
 :...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:..:...:...:...:..:..:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...

 . .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .          . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
 . . . . . . . . . . .                      . . . . . . . . . . .

                         / ̄ ̄\
                       /       ヽ  
 ____________|_____|____________

          --_─ - ─_-_─ - ─ - ─_-_─ - _--
            -  ̄─_─ ̄─ ---- = ─- ̄-
              ─ ̄ ---- ─---- ̄--
            -  ̄─_─ ̄─ ---- = ─- ̄-
              ─ ̄ ---- ─---- ̄--

  ....:.:....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:....:.:...:.:.:.:.:.::.:.....
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...............
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...........
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::......
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【精霊界 七日目・朝】

起床判定
1~3:ごめん無理
4~6:体調悪いけど起きる 次の起床判定に-2
7~9:しっかり起き上がった

直後コンマ
飢え-1 疲労-1 精霊界+2 ナイト目覚まし(補正込みで3なら+1)

てい

今日こそ帰りたいな

【起床成功】ただし無理して起きたので次の起床判定に-2、朝食を食べられません。

           r..イ.:.:.:.:.:.:.:.:;.:.:.;.:.:.、:.:.ヽ.\
         ′/.:.:.i:....:.:./`"'i:.:...ヽ:.:.:.::`:.\   柱の間から注ぐ光が
        ノノ.:.:.ノ!:.:.ノ   乂:.:.:.`ヽ:.:.:.}:〈
       /(:.:./ (:フ ̄`   ´ ̄了`_:.(:.:.\ 少しだけ僕を勇気づけてくれる……。
      ´ム:.:.廴 {: ̄:}      {: ̄:} Yノ::::...:)
        W´|  ゙ー ′     ゙ー ′ |`;ヽ(
         八_|_            _|_八{`
           ト、 ¨¨ ー―一 ¨¨  ノ!
          ヽ\ _          _/ ノ
           >,二二二二´ィ<

          /: i: : : : :`゙f|l!´: : : : :i :\
          /、: : :|: : : : : : ||l!: iニニコ:!: : :/ヽ  【七日目・午前 自由行動】
       {\゙_/|: : : : : : ||l!: : : : : :ト、_,''/}

         ̄  ‘,: : : : :||l!: : : : : ,'    ̄   何をしようか 下三
            マ‐- __M__ : -イ
                ‘,: : :| .|: : : :/

帰る

帰宅、無理なら精霊探し

少年(羽蛾)にデッキを見せてとせがまれ
渋々見せてあげたがエグゾディアよろしく異次元からの帰還を海に放りこまれる

精霊界の力を利用して、シャイニング・ドローを編み出す

帰宅

おいなんだその意味不明な上にデメリットしかない安価はww

色々指定しすぎだろw
流石に安価下…だよな?

              ,r,===-、
     _       //    `ヾ;
   ./ ._`>、-r=- 、__l.l,r-、   リ  最近無茶振りが加速してきてないか?

   /   _(_)-'、/  /ミ=-=へ`ヽ、
   i _,(_)-'ヽ/  /    `ヾ、 .',   この世界に羽蛾が紛れ込む要因なんてあるのだろうか。
   V(_)-' i ,'  ,'        `ヽ,
   |,イ. l .ヽl  .l             l  別に無茶なのは構わんが、ありえんのは困るぞ。
   _.Y、 ヽ、l  .l/l/l/l/l/l/l/l/l/l/}
 /:::::::ト、ヽ,.l  .| ーr-、_   t-イ.リ|
 ヽ:::::::::Y⌒'.j  .| .|::::l   l::::::| l l
  ヽ;:::::j .、j l .iリ. ',_ノ   ヽノ )l

   `ーイ`ー,l .l           , イ/
     |:::::::'イ`フー-ryry-イ ./リ   
     ` ̄´ ./::〈::::)-、,r|::Y|

         .フ::::::f::::l全l:::l:|       羽蛾なんているの?
          ,r/:::::::::Vノ-、r',:`ヽ、     1~8:いないよ
      ./:/==--}l| _,イヽ;::::\      9:羽蛾はいないけどバブルマン・ネオならいるよ
    /;;;;;;;´;`;^;^;^;l|´゛| | |:::::::::>,     0いないわけでもないよ:

    /ノVVVV,f-/VvVvl,イVVVVV`   直後コンマ
         .し'      'J

流石にやりすぎたか
ごめんなさい

/ /   /     /        ヽ \
 //   | /    レ'  ∧│  j    ヘ   ……という話があった。
 l l    |'  /| ./l. // Ⅵ  ハ.     ',
、       l/ 」/,_| //   ∨/ ', }  Ⅳ  この話から分かる教訓は
、\|    l |  '  レ^'ニ=-  リ-‐=}/  .|
 \| l.   l l  丈''代ぅハ   {弌ッラ|  | |   他人を信用過ぎてはならないということ
ヽ___| l.   l |            :    |. ∧jア
ヽ___レl.   l |             :..   |ムイ   そして俺のように人望があったなら、
/  ∧   !        ´ ´  ,'│
.   / ∧ ! !       ___  / |     きっと残りの三枚も誰かが拾ってくれただろうということだ。
  / / ハ l |、     (__/  / l !
  / / ヾ{ 丶、    ー   ,イ .N
イ.{  /|x、      丶、    仆ヘリ
:い.从ミx≧=- __   `ーr1∨         
二ヘ::::::::::::¨:::‐=ニ_≧=-、,ィ'ヽ          分かったか?

.二二> 。:::::::::::::::::::≧x. | rf]> 。
.二二二二> 。::::::::::::::::| | |:::|二二≧r 。._

           l;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:、;:;:;:;:;:;八
       _斗;:_ ;:;:;:;:!;:;:;:/;:;:;::;:;:;:;:寸;:;:;:;:;:;ム     
       〈;::;:;l;:;};:;:;:;:;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;∧;:;:;:;:;:\;:;:;:;:;:;`丶
.        Ⅵ|;:;l;:;:;:;:;:;lヘ;:;:|/∧;:;:;∧;:;:;:/;:;:;\;:;:;:;:;:;:;ヽ   はい! 僕も一杯人助けをして
       |;:l;:/,;:;:;:|;:;|ミヽl/″〉;:;:;:;〉;/;:;:;:;:;:/;:;:;:;;:;:;:;:l

       l;:;//;:;:; |;:;l    /;:;:;:;/:人 .〈/;:;:;:;:;:;:;:;:;{   僕のために海に飛び込んでくれるような

         斤;{;:;:;:;:;|;:;≧、  \;:;N 孑 ´ 〉;:〉八ル八
.         | .|今、寸;:、};:;〉    `}〉≦z_ {リ }ハ 〉ヽ ` 都合の良い友人をいっぱい作りたいです!
      人,l;:;:;:;};::l l >孑'  `フ  ヒ;:シ  ″ 〉 ./
        `¨了/} 「 ヘ;ソ      `¨´    ト ./
          {、ヘル、`¨´  j    _    l;:八
              ム    、 -  ノ    イノ
              人   >- ´  / .l _

                 今ュ、   /  ,ア |
                 | >> _ 七 ´  l 、
                 _/l     |::l::|  孑  ヽーz ュ _
   > - ――――≦´   ` <  |::l::|   /_  / ノ   ,ヘ- ュ ____
. /- 、                -ニ三 彡´孑 ,}/ / ./ /、     l ヽ 【七日目・午前 終了】
/   \                 |::l::|/ /  / /. / ./      / .|
|     \        l         l::l/ /   ヒ´ /  /      /  l
l.       \  l   |         |/ ´      /  //      /.   |

カリムさんが代理とはいえマスターじゃない奴とギアス結んでも意味ない気がするがどういう意図だろうか
最悪違反で死んでもワカメは魔翌力がちょっと不足して困るだけだぞ

           r..イ.:.:.:.:.:.:.:.:;.:.:.;.:.:.、:.:.ヽ.\
         ′/.:.:.i:....:.:./`"'i:.:...ヽ:.:.:.::`:.\   ナイトさんの話はタメになるなあ。
        ノノ.:.:.ノ!:.:.ノ   乂:.:.:.`ヽ:.:.:.}:〈
       /(:.:./ (:フ ̄`   ´ ̄了`_:.(:.:.\
      ´ム:.:.廴 {: ̄:}      {: ̄:} Yノ::::...:)
        W´|  ゙ー ′     ゙ー ′ |`;ヽ(
         八_|_            _|_八{`
           ト、 ¨¨ ー―一 ¨¨  ノ!    昼食を食べますか? 下三
          ヽ\ _          _/ ノ    1.食べる 2.食べない 3.その他(食事関連)
           >,二二二二´ィ<

          /: i: : : : :`゙f|l!´: : : : :i :\
          /、: : :|: : : : : : ||l!: iニニコ:!: : :/ヽ
       {\゙_/|: : : : : : ||l!: : : : : :ト、_,''/}

         ̄  ‘,: : : : :||l!: : : : : ,'    ̄
            マ‐- __M__ : -イ
                ‘,: : :| .|: : : :/

この虫野郎!

1

                 ___...、
                 _,/:.:.:.:.:.:.:.ヽー‐ュ
               ,.イ:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.L.__
              j:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!   ナイトさんは……あ、いりませんか。謙虚ですね。
              /:.:.:.:/:.: /:.:.:.:.: /Vヘ:.:.:l.:.:.:ハ
          イ:.:.:.:.:.:.:.〈:.:.:./:./ `"´}:.:〉:.:.:.:ヘ

          く:.:.:.:./:./ノ):ハ:.)  /:.;ハ:.:.:.:トゝ
           ):.イ:.〈ハリ≧、(   ,)斗ト:.γ 飢餓度回復 直後コンマ一桁
          ノハ/こハ)込) )   込)ヽハリ
               ∨(       、  /
              |ゝト  、___´  /
            ノ从 ヽ      /
              __|  >  イ       【七日目・午後 自由行動】
               _r┘:.:. ̄ ̄`|||´|       なにをしようか 下三
       _.,..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ー:.:-.:.:.:.|||:イ¨:...、 _
   ,. <´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}}}.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.ー...、 _

   /.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:l:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.,
. /.:.:.:.:.:.:.:.: ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:l:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.: i
. ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨ / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:l:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.;.:.:.:.l
.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:l:l:.:.:.:.:r――ュ !/.:.:.:.:.l
;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:l:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|':.:.:.:.:.:.l

えい

帰還

異次元の帰還を使う

カード生成

                   __
                 /:::::::::::ヽ
            ___ノ;;;::::::::::::::::::ヽ      トラップカード、異次元からの帰還。
                |:::::::::::::/;;;:::::::::::::::ヽ::::::\_
           ト|::::|:::::::;;;;;;:::::::::ヽ:::::ヽ::::::::::ヽ、
           |:|:::j:::::::|ヾY''´):::::)::::::::):::::ハ::j   このカードを使い、僕は雛見沢に帰る!

              j:|:::{:::::::ヽ  (::::(::(ヾ::从ミ:::ヽ
           |:{:::::ヽ::::人  )イィt7ハノ/^i:::ヾ
              `ト(::::::j:::汽ソ ゝ'  ¨    /::/   クリティウス! お前罠カードを強化できるんだよな!
             (''ソヽ`¨ ,        ハ;)
                     ',.   r-ヲ   / .l)    頼む、僕に力を貸してくれ!
                  丶、  ̄ /  |、
                    |`==.´-一゙゙:.:t_
        _____,,-一'.:.:.:.:.:|:l:|:.:.:.r.yヽ:.:.:`ー───、 
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:l:|:./ / /ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ   
      /.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|f Y / / ,ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|

      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|
      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)     j.:.:.:.:.:..::..:.:.:.:.:.:.:.:.|

        /: : : : : / : : : : : \: : : \: : : : :\

          /: : : : : / : : : :, : : : : \: : : \: : : : :\
       /: : : : : : : : : : :/: : : : : : : \: : : \: : : : :>   ふん。ダークネスとの戦いならば仕方あるまい。
        /: : : : : : : : : /: : : : : : : : : : :} : : : : \/
     /: : : : : : : : : /::/: : : : : : : : : : /: : : : : : /

     〈: : : : : : : : : /_/:_:_:_:_: : : : : : /_:_:_: : : :/_     本来なら身に過ぎた光栄。
      \: r 、: : :∧ 弋ノ ヽ}: : : :>'弋ノ∧: :/三
       レ/ヽ∨   ̄ ̄ /: :/〉  ̄   !/三三    貴様の感謝などでは到底埋め合わせることのできん貸しだ。    
        |{  >' |       {/ '       }三三三}
        >'   |        ー‐ァ     /三三>'{
        /     ! \         ∠二>'   |   ゆえに言葉は不要。ただ勝利のみを俺に捧げよ。
     〈       |  \       イ: :i        !
      |    {-} !    > 7--_'_|:_/       |   青き目は勝利を呼ぶ。貴様も青眼の端くれとして、努力するのだな。
     {|       |  /  ////////}       |   __
      |       ! /  /////////,L ____ 」>´: //
      |____/   //////////∧:_: : : : : : : : : : ://:ヽー‐ 、
    /       {-} {////////////>、\: : : : : : ://ー'    >

帰還
1~3:失敗した上にカードも無くなったよ
4~6:失敗したよ
7~9:なんとか異次元への扉が開いたよ
10~:問題無く全員連れて帰還できるよ

直後コンマ
ナイト+3 クリティウス+3

はい

15ときた

       時空突刃――       ,、-‐ "  ̄ '‐- 、.       |                                     /        ¨ ‐- __
                      ,、 "´          ` 、   |                                  /              /
                  ,、 ´                     `、. .|               進化せよ           /              /
                . "                       `、 |                               /              /
               ´"/                    ',.|      ,. <´ト、ヘ     赤き札よ!         /              /
                /                       i|.   /      ヽ \                     /      _      /
              ,. _ '/ /  /l/i    ,              i|..  || /      ヽ                  /.    ,r´ |    ,/
                ヽ`ヽi /i゙i/、 ',l,  /i /ヽ i、 、         i|.   ||,ハ| //  ノ  ヽヽ                /    /f ,!    /
               ヾ、l il:"i"ャメ、', /ノ:i/,,、-',i‐、l   ,     i.|   ||ヽレ伐テリ/,/ /,.r`,               /     /   }    /
                   ll, . 'i: :ゝ":':',`: : : :ゞ_ヌツン:ii  /ヽヽi‐‐.|...._,」'‐'´ ̄i' '-イ"レ' ´ ,/|              /.    /  ,!     /
                   i i i. '; : : : : :i: : : : : : : : : :'/ /: : :`、: -. |..|n () () | ‐,∠-‐ ´_ |              /.    ,!   ,!    /
                  ゙ ゙ヾ: : : :./: : : : : : : : : :/, -‐ ''".l"ヽ.|..|`,.-―ァ'てj_,r'´:' ̄:::::: ̄7            └-- ._,!    l    /
                    ゙;.: : : : :` : : : : : :.:.///._   i  `|,.!'   <二ニ'ニ'‐、:::::::::::::::/}                 |   ├ ┬ -'
                _,,,、、 〃`、.:"::`:ヽ: : : /: : /: l 〉   i.... |     ,.. ‐'‐'‐-ミミlニ=、!'                 |   |.  {
          ,ゝヘ、-‐''<  ̄ /、 i、:ヽ: : : :_ .<: : ;,、‐"l/   ベ.. .|     ` ¨{ {¨:::7>:> lニ=、      r'´ ̄ `丶     |.    |  |_
...      /  〃 / /斧/、,`仆、,:`::_;二=‐" / l\',ヾ、  |..      Oヽヽ{{f r':::::::::::::`:--┐  `丶 、   i    r'    |.   トヽ
::`:.i _,, </ 〃/  ./ /俐ゝ> 、∨liゞ-、--‐‐<   :::::::ト斧ム.|          >{{:::::::::::::::::::::::;.-` 、    }  ト-、/      |.  ! l ヽ
. :::l´ ,,:::/ ∥ i  ii  i俐}:::::::::::  `ヽゞ‐ヾ        :::::寸彡|....        / ∧:::::::::::::;r'´ ,.ィつ>、 _ |   〉/'  ヽ / }  | l ヽ
N:::ゝ,.    ソ´ヘ、.ll l俐ミi::::::::    〃          -/  ..| \      /   ∧:::::::::f  ,.' ,.' ´   ,.〈   !            _} |  ヽ
:::::::::::i. >、´ァ ゛ゝ\ j洲斧〟:::::::::::〃 ....::::::::::     〆;:::;∠ ...|.   \.    /     Y_::::{  f0f    ,r' ,〉           /   ,〉  j
. ::::::::∨ 、黄金鉄ili ヾ俐洲斧、::::::〃:::::::::::::........==ュョチ/ /"::::... |     ∨          |`t\{ |    {Of \               ,.-'´
... :::::::∨ ヾl  ャツヾ∠洲洲洲斧斧=ュ;;;;;:::;;;ョッノ洲洲叨/   ':〃.| ...、     ∨ ,/     ´|-、`0廴   ! |   {、          /
'∧ ::::::∨ミ、 ><´  ` <昨洲洲洲斧斧斧斧中=-""   .:∥...|....  ` ‐-、「`´  ,.- '´-' /   ̄ ¨\`‐、|(∧  `、        _,.‐´
/∧ :::::∨;.`‐´   : : : ::::::::::::::::::::::. ̄""""鬥=彳´ ̄,,, ̄::::::∥  |.   \_ `-‐ ' ´- '´ / /  ヽ   ヽ `丶≧、\_   _,. メ'
ll〉 〉 ::::∨俐、     : : : :::::::::::::::::::::::.......  ...:::::::::. `゙ :::::::::∥  |    / //  /  /     ,イ丶、  、    ` ‐-ニニ‐'´
i' .ハ :::::∨俐i、      : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.  `:::∥   |   / /      ,.- '´   /:::i´   ` 、l
.l ∧∧ ::::∨洲ム       : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.   :∥   |   ,/   _,.- '´    /:::::::::|

                |
             }i{
             j∧

             //∧
             ////∧
.            //////∧
           ////////∧     これが、世界の穴……。
             //////////∧
.           ////////////∧
         //////////////∧
.        ////////////////∧
       //////////////////∧

       ム///////////////////ハ
      ,'/////////////////////}
      }/////////////////////!}
      |/////////////////////i|
      {/////////////////////i|

.       ',////////////////////,'
       ∨//////////////////
.        ∨////////////////
         ∨//////////////
           \////////////
           \/////////
            ∨/////'

                 ∨///
                ∨/
              }!{

                 |

       .   ̄ ̄   、
     /          : :\    そう珍しいものでもないだろ。
    〃     /ハ   : : : :ヽ
     /  .: :   |ミュヾ |ハ : : ハ  剣技を極めれば誰だって次元くらい切れる。
  < ̄ ̄Ⅵ:.  |`”'' " く : リノ‐ァ

     `:ー- Ⅵ:. 人    ノ/彡''  ほら、閉じる前に入れ。
     ヾ : : }ヾ:. ミ   --:´
      |:.:./  ` >‐:--'_
      _j-─── - -==={{, - ─   、__
      }/´ ̄ ̄`ヾー--= }}, -=ミ、 \: : : : .
    /´ ̄. . . .   \ー〃: : : : : : .\ \: : :
  . : : : : : : : : : : : : : : . \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \ ): :

〃      ̄`ヾ: : : : : : ノ `ー=::::::::::::::::::::〃\

KENGIって凄いなー(呆然)

                             .. ..: ,,.::..,.,,::,;;::,::,,;;,::;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                  .. ., ..  ..:.  ... ,.. .. . ..,...::,,::.:;:;;:..:;:.;:;;:,.,,,:;;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                        ..    .:..::..,....::.,.;:;..,:.:;;:,,.;.;::;:;;:;;:,;,,;:;:;;;;;;;;;;;;;;,;,;;;;;;;;
                               ..;.: ..,,:;:.,,;:;.:;.;.:;::,.:;:;.:;:;:;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                     .. .,..::,:,:,,;:;::,,:;.:,,;:;:.:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                      .,.,,....::;:;;.,:;:;;.,::;;:;;;;;;;;;;;;;
                                        ..,,.::.:;:;;:.:;,;;:;;;;;;;;;;;;;;

                                         ..  ,,..  .,...,,,..,,::.:;:.:,
                                                 .. .. .,,.. ..;:..
                                                 ..  :;;  :;
                                                     .. ..:

 【人間界・雛見沢 七日目・朝】

.  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::i
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::|
./::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::|::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::|:::|
,::::/::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::ト、::::::ト、:::::|::::::::::::::::::|:::|   おっ、目が覚めたかマスター。
::/|:::::::::::::::::::/:/ ',:ト::::::::::::::| ヽ::! ヽ::ト:::::::::l::::::,'::::|

' |:::::|:::::|::::/l/ ‐ `ヽ::|:::::::| ‐ヾ  ヾヘ:::::::|へ:::::::|  
. |:::/|::::|::::i ィ =ヽ  ヾ\:|  f斤廴ヽi:::::::|ノ リ::::::|
. |/ |::∧:ト 、ん廴i       iん心/ |::::::| /:::::::::| 実はお前が意識不明な間にかくかくしかじかでな。
    |/ ト∧弋少       込少  .|::::::|':::::::::::::|
      |:::∧     '        ,'::::::|:::::::::::::::|  アーチャーのやつと同盟を結ぶことになったんだ。
      |:::::∧    、──ァ    イ:::::::/::::::::::::::::|
      |::::::::| ヽ    ー   / |::::/::::::::::::::::::::|
      l::::::::|    , _  <     !/::::::::::::::::::::::::|
.      ヘ:::::|   < .i        /ニ>、::::::::::::::::|
       ヾ∠ニニ  }       /ニニニニニニ> 、:|
    x<ニニニニニ∠三三>、 /ニニニニニニニニニニニ≧x 、

x<ニニニニニニニニニ|三三三三ニ/ニニニニニニニニニニニニニ//∧
/∧ニニニニニニニニニ|三三三三/ニニニニニニニニニニニニニ////∧

     __,l'''''‐-.,_ ___
 _,,r‐'''´:.:.:';.:.:.:.:.:.:`'´:.:. ̄''ヽ、
 `i,;,;.:':.:.:.:.:,:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:く    はぁ? 何お前僕が居ない間に
 ,/',;,;,;,;',;/.:.;.':.l:ヾ,r''7:.:.;.:.:.:.:,;,;`、
ム7:,/:.:.:,iヾ,;,<´`''''7:,;.:.i;,:.:.:,;,;,;,;,`  勝手なことしてくれちゃってるの?
 く;レ!;r',r-ゝV_  _!.:i;.:.iヾ,;.:,;,;r'´
.r'´、ト! ' ,f。 ,!   レ'--'、i'i,;,i,;,ヽ
.i  ! ヽ`ー'    f。 ,! ,! レ';,r''''’
. `ーl        `ー'っ ,!''<

   `、  `ー‐‐‐‐ 、   /  ,ノ
     `i、  ̄''‐---' _,,./--'’
     `Y`ー--‐‐i7’
    i´ ̄ ̄ll ̄''‐┐
    ''''''''''''''''‐‐-- !


今日はここまでー。ようやく帰ってきた……!



相手に情報量で完全に負けてるな


聖霊界1周間の旅だったけど聖杯戦争的には1日しか経ってないんだなww
ミスターTが途中参戦の癖になんで状況把握が完璧なのか

雛見沢よ、私は帰ってきた……!

今日はお休みになります たぶん再開は月曜から

りよーかい

はいよ

.   /: : : : : : :/: : : |: : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : ::.
  /: : : : /: ::': l: : : l::::l: : : : : : : : 、: : : :、: : : : : : : :i   やっこさん妙に情報通だったからさ
. .:: ::/: : :i: : :!::l',: :/ !:::l: : : : : ::i: : :'ヽ: : ヘ: : : : |: : :l
 i: :/: ::/::!: : |::l V  l: :i: : : : : ::'ヘ::::', ヽ: :ヘ: : : |: : :!    多分マスターがぶっ倒れたのも知ってるぜ。
 |:/i: :/: :ヘ: ::!:L二ニ ヽ:\: : :: ::. ヽ::',ニ二. V: ::!: ::,
.. / .!/ i: : :ヘ: ! ', 示廴 ヘ \: : ヘ イん:廴 /i: : l i/    もしかするとカリムが代理マスターでしかないのも分かってたのかもな。

    |ヘ: : :ヽ V込ソ    ヽ ::ヘV込ソ/ .: : l/i
      ヽ: >          ,   ヾ     イ: ::l: : l
       l: : :.                  /: ::l: : : l    契約書も、甲陣営乙陣営みたいな書き方はしないで
       |: : :.i       -  --    .: : : :l:: :: ::l
       |∧::| ヽ          イ:/: :l:l: : :: ::l    全部セイバー・アーチャー表記。契約のときもアタシの合意を確認してきたし。

         / ヘ::!ニニi>      イニ./: ::∧: : : : :l
      <ニニヘニニ!ハ   "   i | /: ∠ニニ=- ::l   
 -=ニニニニニニニニニニ! i        |.:∠ニニニニニニニニ=-  普通にセイバー陣営・アーチャー陣営って書いてたなら、代理マスターのカリムでは
ヽニニニニニニニニニニニ∧≦二二≧ ∠ニニニニニニニニニニニニ>

                                 この契約は成立させられなかったかもね。


         r::::::::::::::::::彡´:::::::::::::::::::ゝr-ー- - 、
          l:::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::)      僕、そのミスターTに喧嘩売られたばっかりなんだけど
      __ノ:::::::::::::::::\:::::::::::::::\:::::::::::::::\:::::::〈
     r´::::::::::ゞ::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::\::::::::::::::::ゝ、`ヽ、    絶対なんか企んでやがるぞ……。
     ',::::::::ゞ、:::ヽ::::::::::::::::::\:::::::::::::::\::::::::::::::::}:::::::::ヾ
     r::l:::::::ヽ人 (::::::::ハ、::::::人::::::::::::::):::::::::::::::):::::::::::::)  
    (:::j:::::::::l   `ヽ:(  ノ.ヽ::) `ヽ:::::ハ::::::::,___、::::::::::/:l
    .):i:::::::/     ):)´-ー´、  .ソ {::::/ rk.ヽ::::::/::::l くそっ、カリムの馬鹿……!
    ノ:ノ:::::::lー - 、:::::::::::{ 0   }    .ン rlk 〉:/:::::::l
   {::::l::::::::::l斗ー.:::::::::::::::ミニ 彡       .Yノ /リ::::::::::l
   `ゝト(:::::l::{ 0 }:::::::::::::::::::::::::    U      ./:::::::::::::::l
     (::::::::/:::ミ 彡   ,::   __        γ´Y:h:::::::::l
     ゞツ  l  __,,,,,--=''-‐''''ゝ        /  {:l ゝ:::ソ、
         ':, \''(′  _,,-)       ,:'      li : :\. _     __
          ゝ、`ー===-‐''′    /     /.: : : : :/: : :>-ー・´: : : : :

            ' .、        /    /: : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :,:

               >、 _  ._/    / : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : :/::
             /: : : : : : : : : : \__./.: : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : :/: : :
           /: : : : : : : : : : : : : : : :ll: : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : :/: : : ::

          /: : : : : : : : : : : : : :≪≫ll: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :/: : : : :

            _____
        /:::::::::::::::::::::::::::ゝ、       やっぱ時代はナイトだわ。
     ......::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ::ヽ
    〈:::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::ヽ::::::::::::::ミヽ    いいし。別にセイバーがはめられたとしても

      >;;:::::::::::::::ヽ:::::ヾ::::::|ミ::::::::::::::::::::ヽ、
    .〈:::::|:::::::f:::::::::;;''')::::人::ハミ:::::::::::::::::从  僕にはナイトがいるんだからな!
     i:::|::::::::トミ''   〈::::{ /}::L ミ::y-ミ::ヽ
     |::|::::::::::::::ヽ   ):)fイ:丁 ソr}k ):| )
     |::|::::::::::Y}::|__  ~  ¨´     Y/:::l
     { ヾ:::::::::t k夕         r':::::jゝ
         ̄ゝ(ヘ  <   _     ヾリ
       (    ヽ  ´     /   ヽ
               > 、___/---──ゝ.
             z-≠─- 、   ヽ へ─--ヘ    【七日目・午前 自由行動】
          |      \    `    ゝ、

          |        \         \ なにをしようか 下三
          |         \         \
          |                     \
          |           イ          }

          f\   ノ       ヘ          }
          {  \イィ´ ̄      ヘ         }

剣を作る

ナイトさんを紹介

遊星に今まで起こったことを報告と再戦の申し込み

ミスターTとの戦いに備えてセイバー用のデッキを作る

というわけでジュネスにやってきたのだ。

                     /::\,,__
                 ┌ーヽi::::::::::::::::::ヽ ̄`',
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',    今日は出迎え無しかよ?
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
               ノ::/::/:/:::!:::::∧∧:::::::::::::::::i、:::\ 完璧な営業戦略、カード販売の順序や宣伝方法

               / /:/::/::::i:::::/   }:::):::ヘ::::ヘ::ヾヽ
               { {:く;;{:::∧:(   (:::(ヽ:::::):::ヾ::} }ステマにメディアミックスまで企画練って来たってのに。
                ヘ::)::)ノ¬))   ):)フ::ハ::::):/
                 {ヘ!:(丁;;jゝ   ´「;;;j厂レ!iヘ
                   {∧   ̄       ̄  / ソ
                 ゝヘ      '       /ノ
                   リヘ  ´  ̄`  /!!′
                   \|\ __ / |/!

                   ┌‐┴─rr─‐‐┴!
         ___ _____r=┤: : : : : |||: : : : : ├、,,

        /: : : :: : : : : : : : : : : : : : : : 〃/: : : : : : : : :`:ー:-:.:.、,,,__
        /: : : : :: : : : : : : : : : : : : : : :i ! |: : : : : : : : : : : : : : : : :: : :`ヽ
        /: : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : i ! i: : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : ',
        /: : : : : : ;;: : : : : : : : : : : : : : i | i: : : :r=====ュ: : : :;;: : : : : : i
       /: : : : :;: : ;;: : : : : : : : : : : : : : i | i: : : : : : : : : : : : : : : ;; : : : : : : i
      /: : : : : ;: : :;; : : : : : : : : : : : : : i l l: : : : : : : : : : : : : : : ;;: : : : : : : |

                      ,}{
                 .l ||                   /l
                    / ! !!   r.. 、/レ‐‐ 、     ,::! !
                ト、 〈 | l ∨ ̄ . :.:.:.:...........\  / :| l
                l、、ヽ'、! '、.:.\. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: !V. :.:} l    すまない。ジャックを働かせるのに失敗して
              V ヘ. '、V V}/{_ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: LV´/,.ィ/

                ∨、 `ヽ`V.:.:.:.:|.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:V/´://   少々焦っていた。シフト組みがきつくてな……。
             、_>.:>´..:.:ノ:ノ!:.:.:./.:.:.|:.:.:|:.ヽ.:.{ー'/

                   ヽ/__rへ「Tr 尤ィ:.:.:/」:.:.A:.:.!:.:.く
               ~^ フ.:ヽ | ` '‐┘}/仏}_∥}八:.:.';フ
                 ノ「 .二. ┐    , fr ´/.:r‐ ´\|
                  l'::{^l:| ト、   rェ 》_'「≧、_      だが俺は経営者である以前にデュエリスト。
                    __ア ー' _l ` 、_ ィ´ー'/^|:! /
             / ̄「}/   _ ノ:ハ   /{ ̄`二:ノ/       再戦なら喜んで受けよう。
.           /   // ハ    \ヽ `マ_三≦ミ、≦‐r 、
         l  ノ∧\\    \ヽ!::::::::::ヽ/ /´ }∧ ヽ
           〉彡'  \ ヽヽ___..」::l:::::::::::::::}/  /∧'、 }
            { 〈_     \―――.'レ ニ ミ.}二二' ハV
          ム__〉  ノ   ̄ ̄ l:|:7 ̄ヽ∥――y' _〕
        //     }       l:l::l   .';    .' 〈_}     再戦の提案 下三
         /,'     ハ´       l:l>\_}:l     {   '.    1.早速今ファイティングデュエル 2.明日シッティングデュエル
      ∥      .' }         l:l :::::::r‐|:l    /     ,    3.明後日神経衰弱デュエル 4.ほかなんでも
     r∥    /  {        l:l:::::::::l r!:!  ∧    |
     /}}' ヽ_ 〈   ヽ        l:l::::::::::! 'l:|  /  }     '、
      V,′/ ̄ 〈    〉       l:l::::::::::::`l:l  {  '   / ̄',
     L|       '    〉   r = ┤::::::::::::l:l_{   '、     '、

1

1

1

                 ___...、
                 _,/:.:.:.:.:.:.:.ヽー‐ュ
               ,.イ:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.L.__
              j:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
              /:.:.:.:/:.: /:.:.:.:.: /Vヘ:.:.:l.:.:.:ハ   早速今からファイティングデュエルやろうぜ
          イ:.:.:.:.:.:.:.〈:.:.:./:./ `"´}:.:〉:.:.:.:ヘ

          く:.:.:.:./:./ノ):ハ:.)  /:.;ハ:.:.:.:トゝ  早く決着をつけてデュエル商業化進めたいんだ。
           ):.イ:.〈ハリ≧、(   ,)斗ト:.γ
          ノハ/こハ)込) )   込)ヽハリ
               ∨(       、  /
              |ゝト  、___´  /
            ノ从 ヽ      /
              __|  >  イ
               _r┘:.:. ̄ ̄`|||´|
       _.,..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ー:.:-.:.:.:.|||:イ¨:...、 _
   ,. <´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}}}.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.ー...、 _

   /.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:l:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.,
. /.:.:.:.:.:.:.:.: ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:l:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.: i
. ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨ / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:l:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.;.:.:.:.l
.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:l:l:.:.:.:.:r――ュ !/.:.:.:.:.l
;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:l:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|':.:.:.:.:.:.l

     マ 、   、  ,i|!
  、.   マ::\ .}ヘ .7i::!  ,  ,r/
   ヾミ 、 ヘ:::::` }:::V |::}r'彡'r7
     \`ヽヘ:::::ヘ{ |:::/ i"::/r 、
     _ \::::::ヘ:::::ハ N }:,}rヘ::::\    ……良い顔をするようになったな。
     `<=ヘ、{:ヘ::::i!_, r彡イ`::::::=ヘ、

    、,,_ .......ヘ:_,>='"___,, /,r{イ::/::/
      ` < ̄{::、_::::リ" ̄ {ン:/イ  分かった。屋上でやろう。魔術の隠蔽なら大丈夫だ。
       _,r≦,r::i:::,、}ヘ、 、'".{'"

        /,r<7/ニリ三≧゙ r"      { i  この建物はデュエル用に簡易的な結界が張ってある。
       '_,.. r y'三三三.(,,,ノr<     =、マヘ
      ./ ノ三三三三ニrハ 、  ヘ    マ=' ハ
      }='ニ}三三三三//、ヘ、  ノ.}    }-` }
      r'ニママ、_____ ,、.//:::/>ミニヘ   ノ  .リ
      }三ヘマヘ________//ヘ、{三彡' }r、r'">、}  審判はジャックでいいな。
      i!三 ミ、------イ三三`r、ヒイヘニr, ゝ./
     .i!.三ニ/ヘ三三三三三ニ} ヘ三ニヘ`vr'

     .i!三 /  \三三三三ニ|'"ンヘr/'"フ
     i!三 }   <三三三三ニ/    `'"
      i!三,r`≦三三三三三//ニ>
     、 7三三三三三三ニ i!i!r/ }

      {三三三三三三三 //ニ`}
 r-='"三、ニ三三三三三三'/三三i!
../' ̄  マ三三三ニ>'>イ三三 }
      ヘ三三 / ,r<三三三ニ リ

      /三三三三/ア三三三ニ/
     /三三三三/ /三三三ニ/

そういうと遊星はデュエルディスクを手に取って、デッキを交換してから部屋を出た。

                     /::\,,__
                 ┌ーヽi::::::::::::::::::ヽ ̄`',
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',    (ファイティングでは、ソリティアデッキは簡単には回しきれない)
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
               ノ::/::/:/:::!:::::∧∧:::::::::::::::::i、:::\ (途中で物理的に邪魔されて、中途半端な場で相手にターンを回す危険が高い)

               / /:/::/::::i:::::/   }:::):::ヘ::::ヘ::ヾヽ
               { {:く;;{:::∧:(   (:::(ヽ:::::):::ヾ::} }(遊星のデッキが相手なら、クェーサー召喚までに止めることさえできれば勝ったも同然……)
                ヘ::)::)ノ¬))   ):)フ::ハ::::):/
                 {ヘ!:(丁;;jゝ   ´「;;;j厂レ!iヘ
                   {∧   ̄       ̄  / ソ
                 ゝヘ      '       /ノ   って……あれ、デッキ変えるの?
                   リヘ  ´  ̄`  /!!′
                   \|\ __ / |/!

                   ┌‐┴─rr─‐‐┴!
         ___ _____r=┤: : : : : |||: : : : : ├、,,

        /: : : :: : : : : : : : : : : : : : : : 〃/: : : : : : : : :`:ー:-:.:.、,,,__
        /: : : : :: : : : : : : : : : : : : : : :i ! |: : : : : : : : : : : : : : : : :: : :`ヽ
        /: : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : i ! i: : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : ',
        /: : : : : : ;;: : : : : : : : : : : : : : i | i: : : :r=====ュ: : : :;;: : : : : : i
       /: : : : :;: : ;;: : : : : : : : : : : : : : i | i: : : : : : : : : : : : : : : ;; : : : : : : i
      /: : : : : ;: : :;; : : : : : : : : : : : : : i l l: : : : : : : : : : : : : : : ;;: : : : : : : |

    \"~""'''::..‐- ...,,__ _/::::, -'_/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     \:::::::::::::\ 、:::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::/
      \:::::::::::::` ==ニ二_,イ::::::::::::::::::::;::'::::::::::::::::;::::::::::::::/ヽ   複数のデッキを用意するのは何もおかしなことではない。

        ゝ::::::::::::::::::::::::::;::/:::::::::::::::::/::::::;:::::::::::/::::::::::::/:::::::\
  __,..- .:''":::::::::::::::::::::::://::::::::::::::::::::/::/イ/:::::::/::::::::::::/:::::::::::::/

  ` ― 、:::`..====ニ二 .イ:::::::::::::::::::::;イィzxイ/´}:::::::/ィ':::::::::::::;:′スタンディングデュエルとファイティングデュエルでは、求められる戦術が異なる。
       ` 、:::::::::::::::::::::;:'::::::::;イ::}イ/ヘ弋シ }ヽ /:::/rハ:::::::::::/
.        `>::::::::::/::::::/ 〉、{       ̄ ´ // ヾzツ}::::/ヽ
        /::::::::::::;:'::::/、ヾヘ `             / 7.イ::::::::::::ヘ ファイティング用のデッキを用意しておくのは当然だろう。
       "''''- :::::/::/:::::::ゝー ヘ、             ' { !゙、:::::::::::::',
          `/イ:::::::::::::::::::{> 一、     ‐ 一   У \:::::::::|
            />':´  ̄ : : : : : : l        ̄   /    \::::l この前使ったデッキも元はファイティング用ではあるが
.            /: : : : : : :/⌒ヽ: : ,:' \      /l.       ヾ{
           `} : : : : : :{{   }}:./   ` 、 /\:{__,,. -‐'''7    あれはサーヴァント相手の集団戦で、仲間に盾になってもらうことを前提にしたもの。
   ___      ヽ; : : : : ヾ __.ノ:イ      {´: : : ;ィ==.、 : : /
/´    ヽ ̄~ヾー' : : 、: _:_ : : : : { `、   .イ : : : :{{  }} : /    チームプレイにおけるメイン火力として作ったデッキだったからな。
      ..:.:\: : :ヘ : : : : :_,; :-':'":ヘ  ヽ /ヘ: : : :ゞ='' :/
    ....:.:.:.:.:.:.:}}: : : : : : /: : : : : : : :ヘー - ..._ .ゝ : : : : : イ

.........:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/': : : : : : :\: : : : : : : : :ヽ::::::::::::::::`ヾ: :_:_/ー 、 __
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/': : : : : : : : : :`: :、 : : : : : : ヽ::::::::::::::::::::\: : : : : : :\:ヾ ̄:.` 、
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ : : : : : : : : : : : : : :` : 、: : : : :}:::::::::::::::::::::::ヘ : : : : : /: : \::.. ヽ

      ────────────────────────────────────
     _____________________________________

        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
                       ||
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ||
                        |   ||
                        |   ||
           、、         |   ||
        ┼┐─          |   ||      ,}{
               ̄| 、、       |   ||    .l ||                   /l
                  ┘    |   ||    / ! !!   r.. 、/レ‐‐ 、     ,::! !
                    /  |   || ト、 〈 | l ∨ ̄ . :.:.:.:...........\  / :| l
                  /    |   || l、、ヽ'、! '、.:.\. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: !V. :.:} l
                      /|   || V ヘ. '、V V}/{_ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: LV´/,.ィ/
                        |   || ∨、 `ヽ`V.:.:.:.:|.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:V/´://
                      /|   ||_>.:>´..:.:ノ:ノ!:.:.:./.:.:.|:.:.:|:.ヽ.:.{ー'/
                    //|   || ヽ/__rへ「Tr 尤ィ:.:.:/」:.:.A:.:.!:.:.く
                ////|   ||  ~^ フ.:ヽ | ` '‐┘}/仏}_∥}八:.:.';フ
      _________|   ||   ノ「 .二. ┐    , fr ´/.:r‐ ´\|
                   r──    .l'::{^l:| ト、   rェ 》_'「≧、_    ジャック、審判をやってくれ。
                   {二二 ヽ .__ア ー' _l ` 、_ ィ´ー'/^|:! /
                    {二二  ヘ}/   _ ノ:ハ   /{ ̄`二:ノ/     それと、もしもシンジが落ちた場合の救助も頼む
                     匸二.._  'ハ    \ヽ `マ_三≦ミ、≦‐r 、
                       ||- \\    \ヽ!::::::::::ヽ/ /´ }∧ ヽ
                       ||´ \ ヽヽ___..」::l:::::::::::::::}/  /∧'、 }

                ,         /|
               /.|        / |
              .ノ |       / /|

             / / ';     / /. |
           / / .:|:..:;:;:;:;:;:;/ /   ';
        ,,  / / ./"    /  /   >:;,.. .,.:;:;:イ
        ヽ' ./  レ       " /   /  v  /|

         | / /         ノ       |  ノ.|
        ノλ ノ         /       |  / レ:"/   玖渚シンジ……か。
        /  |           /       | ノ .| /
       ノ  ヘ  ノ       ノ         // | /
      ノ  l    /       '   |       / | /     俺は、まだお前をサティスファクションに入るに足る決闘者とは認めていない。     
      ゝ  |   /          | ,.    ,   レ'/

      丶  |   |       l    ノノ    /   / ノ
       ゝ丶   |      ..,|  / ゝ.,. / / ∧ / /     力はあるが、それを使いこなせていないのは明らかだ。
        |\\ ヽ|    / | ノ/   ~  / / V /
        l.  ( \|ゝ   /  ノ/ _".....イ |  ノ/ソ )
        ヽ  'ヽ_`:,::,:'、 /  イ.i´_`ー' /ノ / )” ノ|       
         \ ゝ ̄  Y     ̄ ̄ ノ/ |~|ヒニイ/
          ゝ\   |       /  .| | <  |_
         __||丶 /          | |イ |  |-- ニ ゝ
       / ̄ ̄||~ \ ̄ __      |_|く ゝ |    ゝ \
      ∠___||_..::\       ......イ.|_\ |__/  /ゝ
    /\.   ...||    ヽ    イ  // /   ~  /  //
  /.   .\_.......||      丶-イ >  //      /  //

     __    |\ ゝ- ‐‐ -< ヽ
       ヽ`ゝへ. ヘ ヘ     ヽ i//
      _|.} /   ` i i     /  i     審判役は引きうけよう。
    `ヽ \          ',     |
     _}       i    ∧    〉    万一のときの救命も保証してやる。
      ヽ      >、 |  /  〉  ./
      ヽ {ヽ {_ヽヽ   ./-, /
       i ヽ,∧'弋り `\/vリ} }      だがこの戦いで無様に死にかけ、俺の手を煩わせるようなら

.      __/ } `||\    } //
    / ヽ{/i/  ||      ┘/||――― 、 俺は、お前のサティスファクション入団の取り消しをかけて
    i   `ー 、||\ ー ‐ /ー||――ッ   ――ッ
    l.      ∧||  ヽ ._/.  !!  /, ――― ´ デュエルを申し込む。
.  /.|    /__|||三三三).、 ||//
///   /∧゙ || ─┐.  \||フ、  ̄ ̄ ̄|\
. \/  /∨/∧ リノ∧\   /リ.|  ー‐、.  |\
  /_/、. ∨//  ∧ `-'   |     >. |
  ´   \ ∨\   ∧       }   /'| |   言いたいことはそれだけだ。
、     /  ∨/\  ∧.    /   /!//! !
〉\__/__.  ∨//'\ \   / /  |//| /   なに、勝てばいいのだ。何の問題もあるまい?
/       i, 、. ∨/ ∧` ーゝ// ,  ´ ̄ ̄ ̄ヽ
      //.>、}'///}===|/         |二
       〉´// \'/,}>, ///\     _|_
\     \/ /⌒ ∨///// /.     /////∧
  \     `/     ∨>,<|   /ヽ//////|
    \ . /       ∨//∧ /    777777
      \           }////     //////
        \          / ̄___//////
          \      /  ̄||   |//| ̄ ̄ ̄ ̄

                   __
                 /:::::::::::ヽ
            ___ノ;;;::::::::::::::::::ヽ     確かに何の問題も無いな。

                |:::::::::::::/;;;:::::::::::::::ヽ::::::\_
           ト|::::|:::::::;;;;;;:::::::::ヽ:::::ヽ::::::::::ヽ、  
           |:|:::j:::::::|ヾY''´):::::)::::::::):::::ハ::j

              j:|:::{:::::::ヽ  (::::(::(ヾ::从ミ:::ヽ  ……いくぜみんな!
           |:{:::::ヽ::::人  )イィt7ハノ/^i:::ヾ
              `ト(::::::j:::汽ソ ゝ'  ¨    /::/  ファイティングデュエル!
             (''ソヽ`¨ ,        ハ;)
                     ',.   r-ヲ   / .l)
                  丶、  ̄ /  |、
                    |`==.´-一゙゙:.:t_
        _____,,-一'.:.:.:.:.:|:l:|:.:.:.r.yヽ:.:.:`ー───、
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:l:|:./ / /ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
      /.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|f Y / / ,ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|

      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|
      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)     j.:.:.:.:.:..::..:.:.:.:.:.:.:.:.|

シーラカンス助力判定 直後コンマ
1~3:最近ちょっと疲れてて
4~6:頑張れシンジ! →先攻判定に+2 カエル助力判定で+1
7~9:勝つぞ、シンジ! →先攻判定に+5 カエル助力判定で+1

カエル助力判定 下二コンマ
1~3:(隙を見て今度こそ……!)
4~6:勝手にやってろ
7~9:開闢の望む未来……! →先攻判定に+3

三竜助力判定 下三コンマ
1~3:ダークネス関係無いし
4~6:命だけは保証しよう
7~9:我らが力は無限の可能性……! →先攻判定に+3

ナイト助力判定 下四コンマ
1~7:決闘に鯖が手出しとか駄目だろ
8~9:これで勝つる! →ドロー&先攻判定に+1

えいや

てい

ほい

そこそこか?

     ,  -ー〃- 彡-ソヽ
    ん ゚ )) XXX    3  頑張れシンジ! 私も力を貸そう!
    ` ー-爪;;_ヲ z-~`_ノ

           | :::::::::::::_:::::::::::::::::::::::;ハ. l::::│
       _ -‐┘ ::::!`ヽ:! ヽ ::::::::::l∨   l l::: l____,
  _ -‐  ̄.......::::::::::::ト:!  |  \:::::! |∧  l l___/
  、  :::::::::::::::::::::::::::|│  |   トミ、|.└┴i l___二二二>
.   \   ::::::::::::::::::::! |  |   ├‐┴‐┐ l___......-ァ--- _`丶、
     \  ::::::::/ /  /  ノ二‐-  ! ん、 !ハ:: /       ̄
      > ../  /  /  / ___ヽ   レに::} !lノ/
.    , '´....::/   /  /   / ん::ハl    l`-' ,!ハ   僕たちの力は無限の可能性
  <  .:::::::/   ィ'.l  l.  l マZシl    ̄  }
      ̄ / , >、ヘ ヘ  l ___メ    ノ   /   何が起こるかは分からないけど
.       /,.<_ :::::`ヘ ヘ  l.       rァ ,イ、ヽ
     /',..- '´  ̄,二ヘ ヘ ト _     ,イ ll !  だからこそ、どんな時だって、どんなカードだって

    k'´⌒丶 ,._'´⌒ヽヘ N├┬─┬-'^ヽ! ll |

.     〉__r'´  ヽ.  ヾ、| ヘl>.!___ハキ  ,> ll ! 君の勝利の懸け橋になりうるんだ。 
    │ ,┴'´ \. \  \ ヘ」_   }}  イl ll.!
    │ !⌒ヽ   \. ヽ.  ヽ  /〇|l /.!l ll !

先攻判定に+5

.~   /  ...::::::::::::::::::::::::::/  .......::::::::/:::::::::             ,.イ
-=,7  ...:::::::::::::::::::::::::::, イ.....:::::_, -_=',~':::::              /
-'  ..::::::::::::::::_,-=7~,~'..::::i- 、,~-='~      _, -='~    ./ `、    サティスファクション!!!
...::::::::::_, -叭| i:::/='-='~ |~ 升区`、~`=-,- '~::::     /./   `、
::::::::::(  、 !`i'.i:/       !.乂弋_`>i、  ,!:::::::    , イ::: /      `、 先攻判定
:::::::::::`、 .`、 `i/      `- 、''''~ /゙゙ ./::::    _,i'~::::: ,!:::     _, `
:::::::::::::::`, ` 、    _      `` ! ,.イ   _,<,_ ,!: _,-'::::::  , -'   下一・一桁(ワカメ)
:::::::::::::::/`、_, !-='~/           / _, イ/ζi~>'、イ::::::::  , イ    精霊の絆+5 回路解放+2 霊子反応機構+2
 -=_''~~     /        =' ~    ヾ、-_',イ':::   / i     
-==-、`、    /              _ 〆,ii_'~,,,、-='~  .i     下二・一桁(遊星)
.::   :i .i.   ∧       _, -.、    '~-什''7  `、::::::   iオーバートップクリアマインド+5 赤き竜+1 絆+1 熟練の決闘者+3
:::.......:::!. !  ./ `、       <~~` i 、>   ∥ , '   .ハ::::   ,!逆鎖の理(補正抜きの値が偶数なら、ワカメのコンマ一桁をプラス)
:::::::::::,! !  /   `、.     `=,, イ   ∥'~      i::::  ∥
::::::,.イ/  /i     `、    ~  _,_-='~_________________i::  ∥
-'~,.イ  / .i      `、   , -='   _,,       /i:: ∥
~~   /  !      , イ>='~::::::....., イ~`i `i   ./  i:; ∥
:   ./   i    =' /::::::::::::::::i'::::::::: ,! !  /   !::∥

また試合終わったらぶっ倒れないだろうなww

精霊の力。デッキが光り輝き、カード自体が引かれることを望んでいるように振る舞う。
自らの体に刻み込んだルーチンが作動し、光の速度での反応が体を動かす。
理想的な初動だった。五枚を引き抜く所作はどこまでも早く、洗練された技術特有の美を備えていた。

それは人間の限界地点に限りなく近い。
だが、目の前にいる相手は、すでに限界を越えた境地にいるのだ。

  ∨ヘ::l r': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::..  : : : : : : : : : : : : .::::::::::::::::::::::/

‐-..,_∨ヘ! l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::. : : : : : : : : . :::::::::::::::::::...  : : : : : : : : : . . ::\/
: : : : ::∨', l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .::::::::. : : : : : . :::::::::::::::::::::::::::::::::::.....  : : : : : .\   俺の先攻。ドロー。
\: : : ::∨': : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::... : : : : : . -、::;;,_::::::::::\T:::r-- -、:::::::::::::::::::::::::::::..... \

∨\: : :∨',!: : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::\彳!``ー-ニ=-/ヽ、 .}::::::::::::::::::. : ̄: : :ー- .\

 \ ヽ、_:V.l: : : : :. : : : : ::::. : : : : :::::::T  ̄ >、‐-ニ=-      i! }-'  /::::::::::l ̄ ̄ ̄   ―-  '.,
   ヽ、 ヽ!: . : : :. : : .:∧::::. : : :::::::l  /弋ノu:ソ/      ノフ /::::::::::::!           l
 -=≦`ヽ、l: : . : : :::.  :::r-、ヽ、... ::::::l/ .} _,,..¨¨-i rァ     __./::::::::::::::!           l
    `ヽ、!: : .:::. :::::::.::::!`ィu:ソ>:::::::::',  '´   l r'       ハ:::::::::::::::::::::            l
      /: : .:::::::.:::l-l::::lヽ、_¨- '` \::::',      .l l  __ _ 」ハ-― -l            l
.     /: : .::::::/',:::! l::::∧     / \,      i ト、 ',:.:.:.:.:.:.:_,.-―-...、:.:.!              !
    /: : .:::/  ',:l/::::::::∧   く   \    `ヽ、、!:.:.:.:/:::/;:;:;: ̄ヽ、:l     r-、     !
.   /: :::/    /::::::/__ハ   `             .l:.:.:.l::::l;:;:;: : .  .Ⅵ     l:.:.:.:.}      !
   /: /     ハ ̄ ̄:.:.:.:.:.:` ,、    ' ̄     /.l:.:.:l::::l;:;:;:;:;:;:;: : : :l!    ,′:.:.:!     .l
.  //        `,:.:.:.:.:.∥: ::::::ハ`:.:.、      ./  l:.:.:l::::l;:;:;:;:;:: : ;:;: l    ,':.:.:.:.:.;    .l
./            ヽ:.:.:{:{ : :::::::::ハ:.:.:.:.ヽ、  /    ,i:.:.:ゝヽ:;:;:;:;:;:;/ー―-∥:.:.:.:.,′.,___ l
              ヽ:.:ヽ:、: ::::::::::}:.:.:.:.:.:.::',"     / l:.:.:.:`ー--‐¨:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.,:.:l__

               ヽ:.:.ゝ、ニ=-':.:.:.:.:.:.:_,.ヽ、  ./  i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:/:.:.:.:.:./:.:.:./::::-、_,.-'´:::::;.- ー
          __    ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  l 〉    rニ=!--:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:/:.:.:.:.:∥:.:./:_;::::::/:::::::::::/ . : : : :
      ,.-‐.'´. ,. -'´:::::::::ヽ、>:.:.:.:.:.:.:.:.:/.   ′    l:.:.:.:.:`' 7:::::7:.:.:/:.:/:.:.:.:.:.∥/:.:.:.:.:.:)::::::::∥ . : : : : : :
    /. : : : : /:/:/ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、___    __l:.:.:.:.:.:.:/::::::/:.:.:/:.:.:.:':.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./-、::::::{ . : : : : : : :

相手に遅延魔術をつかえないものか

ドローと同時に距離を取る。ファイティングの1ターン目としてはそう不自然な行動では無いが
先日あれだけの一人回しを見せつけられた後では、ぶん回しの兆候の可能性が怖い。

そう思って距離をつめた瞬間、遊星が軽く笑った。

カードプレイを行わず、リアルファイトに全てを注いだ待ちの一手。
遊星に向かって踏み込んでいくシンジに対して、半身の構えで待ち受ける。

動きの始めはエルボーアタックのようだが、遊星が行おうとしているのは肘ではなく決闘盤での攻撃。
シンジの踏み込みに合わせて前に出つつ、決闘盤を振りかぶる!


.~   /  ...::::::::::::::::::::::::::/  .......::::::::/:::::::::             ,.イ
-=,7  ...:::::::::::::::::::::::::::, イ.....:::::_, -_=',~':::::              /
-'  ..::::::::::::::::_,-=7~,~'..::::i- 、,~-='~      _, -='~    ./ `、   前回の戦いにとらわれ過ぎだ!
...::::::::::_, -叭| i:::/='-='~ |~ 升区`、~`=-,- '~::::     /./   `、
::::::::::(  、 !`i'.i:/       !.乂弋_`>i、  ,!:::::::    , イ::: /      `、
:::::::::::`、 .`、 `i/      `- 、''''~ /゙゙ ./::::    _,i'~::::: ,!:::     _, `
:::::::::::::::`, ` 、    _      `` ! ,.イ   _,<,_ ,!: _,-'::::::  , -'
:::::::::::::::/`、_, !-='~/           / _, イ/ζi~>'、イ::::::::  , イ   
 -=_''~~     /        =' ~    ヾ、-_',イ':::   / i    俺の戦法は、先攻ぶん回しだけではない!
-==-、`、    /              _ 〆,ii_'~,,,、-='~  .i
.::   :i .i.   ∧       _, -.、    '~-什''7  `、::::::   i
:::.......:::!. !  ./ `、       <~~` i 、>   ∥ , '   .ハ::::   ,!
:::::::::::,! !  /   `、.     `=,, イ   ∥'~      i::::  ∥    直後コンマ
::::::,.イ/  /i     `、    ~  _,_-='~_________________i::  ∥   1~2:虚弱なワカメにファイティングは無理があった
-'~,.イ  / .i      `、   , -='   _,,       /i:: ∥     3~6:ワカメはふんばった
~~   /  !      , イ>='~::::::....., イ~`i `i   ./  i:; ∥     7~9:ワカメは回避した
:   ./   i    =' /::::::::::::::::i'::::::::: ,! !  /   !::∥

ほい

     __,l'''''‐-.,_ ___
 _,,r‐'''´:.:.:';.:.:.:.:.:.:`'´:.:. ̄''ヽ、
 `i,;,;.:':.:.:.:.:,:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:く
 ,/',;,;,;,;',;/.:.;.':.l:ヾ,r''7:.:.;.:.:.:.:,;,;`、   うげぐッ!
ム7:,/:.:.:,iヾ,;,<´`''''7:,;.:.i;,:.:.:,;,;,;,;,`
 く;レ!;r',r-ゝV_  _!.:i;.:.iヾ,;.:,;,;r'´
.r'´、ト! ' ,f。 ,!   レ'--'、i'i,;,i,;,ヽ
.i  ! ヽ`ー'    f。 ,! ,! レ';,r''''’
. `ーl        `ー'っ ,!''<

   `、  `ー‐‐‐‐ 、   /  ,ノ
     `i、  ̄''‐---' _,,./--'’
     `Y`ー--‐‐i7’
    i´ ̄ ̄ll ̄''‐┐
    ''''''''''''''''‐‐-- !

もはや回避は間に合わない。誘い込みからの決闘盤での殴打はクリティカル。
シンジは吹っ飛ばれ、やわな内臓が悲鳴をあげる。

それは通常なら、受身を取るどころか、その場で失神してもおかしくないほどのダメージだった。


                           .ハ
                       _       ∥!
                   ,   ,.-‐::::::>::〉_,.. .∥::!
                /i, /:::::::::::::::::::::∠´/ l::::l  ,     手ごたえはあったが、一撃では決まらないか。
                  ∥:::::::::::::::::::r-::::、</ .::::: ∥
                 ∥-=':::::::::::::::::::::::::::ヽ/:::/-∥!
                ∥/´:::::!:::::::::::ト、::::::::::::\/-‐' ::l      俺はモンスターをセット。カードを2枚伏せてターンエンド。
             〈_/::/::::ハ:::::iー-ィゝ、,::ト、::ヽ、ー':/
             /::/i::/-.ハ:、! l弋ソ i!  }ヽ、<
               /::∧::ハ心r、`´¨r-ァ i! /:::::::\
           // !:{  ヽ   ll   r'::::::::::::\
            ./    i'.ヽ、  -  ヽ、!`'ー-.,_::<``ヽ
                    //ヽ、  /.l /ニヽ l ̄
              ト、   .>    |.{i:.:.:i} .!、
                  ', `r-、 ハ   | `ー´ γ´ ̄`ヽ
                 ', {i:.:.i} ハ  /ヽ、  iヽ、:.:.:.:.:.:.
               ,....,_ ', `¨/ー-'´:i     `ヽ、、:.:.:.:
           /:.:.:.∥`` ∥::::::::::::l    /:/::/`ヽ、_ー

            /:.:.:.∥   ∥::::::::::::::l   /:/::/i

遅延魔術。痛覚の伝達を遅らせ、痛みを分割して経験することで耐えきった。
自販機に叩きつけられながらも、シンジは立ち上がり、構える。

興奮物質の効き目を遅延。効果が表れないために脳内麻薬の過剰分泌が始まる。
術式制御ルーチンを再構築。アドレナリン以下七種の順次開放タスクを設定。

――半自動術式による交感神経の長期過剰加速を実行する。


一歩間違えれば廃人化する瀬戸際。吐き気を堪えながらデッキに手を伸ばした。

直後コンマ
1~3:やっぱり遊星には勝てなかったよ
4~7:全力を振り絞ったけど着実に追い詰められていくよ
8~9:シンジは意外に善戦するよ

今日はここまで。

デュエルとはいったい

乙!

やっぱ遊星つええ

ミスターTでさえあれだけ強かったもんな

本来貴方はデュエルに関しては瞬殺されてもおかしくないんだがな

どうしてこうなった

遊星相手に良く喰らいついてるよワカメは
しかも使用デッキがワンショットのシーラカンスだし

自分のターンに入ろうとしたところに、遊星が駆けてくる。

引き抜いたカードでそのままカウンターするをことを考えるが、却下。
そんな単純な手でどうにかできる相手ではない。筋力耐久敏捷、デッキ構築センスもプレイング経験も、全て遊星が上。
身体能力で戦おうとするのは下策。遊星に勝つためには、シンジの利点である魔力量・思考速度・精霊の加護を活かす必要がある。

落ち着いて横っ飛び。合わせて遊星が動きを変える。シンジの足が地に着いた時には目の前に遊星がいる。
遊星の手札にフィールが集まっていく。刃物と化したカードが襲い掛かる。シンジは着地から流れるように身を屈めて回避。同時にターンに入る。

ドローはカードにフィールを集める最上の瞬間。特にファイティングデュエルでは、ドロー法を工夫することで何倍にも何十倍にもフィールを高められる。
だが遊星の下段に切りかからんとするシンジのドローは、素早いバックステップを前に空を切る。

                       ,、ヘ、   ,,,、-ーー、
                   __/::::::::::::ヽ、/::::::::::::::::ヘ___
                  「:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::::`i、

                   }::::::::::「:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:::::',:ヘ    うおおおッ! 僕のターン!
                   /:::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:::::',::!
                  /::::::::::/::::::::::::::;ヘ:::::::::,、::::::::::::::::::::',:::ヘヽ
                 ノ:::::::::::ノ:::/::/:::::!ヾヽ:/ヘ::::ヽ::::::::::::::}:::::ヽ (死皇帝の陵墓、トラゴエディア、レインボー・フィッシュ、鬼ガエル、D.Dクロウ)
                /;:/:::::/::::ノ:::i::::::::ミミ∨彡;)::::::〉:::::::::::::::::::::ヘ (この手札では展開は無理……耐えるしかない)
                {; l:::::(::::::ノ:::::::);::::ノ    /:::::/::::::::)::::)::::::ト;:}
                { !::::::)::))::/ )::)    ヽ;:)ヘ:く::::(::::::::ハ! ドローッ!
                 ヾ=/7::!\ (::/      /://ノノ)::):::/
                  /ゝ((ヾミ三ミゝ′ ヾ((彡三ミ∠ノニヽ (封印の黄金櫃……これでシーラカンスを除外すれば2ターン後には動けるが……)
                     ∨ヘ  / /``       i i   /ノノ
                   ∨ヘ 〈 ノ    、,,     し  / ノ
                    ` ):.、   Fニ二二j    /ソ
                     リヾト、 |::::::::::::::::::!  /り
                      _ヾlヽ L二ニニ┘/iソノ
            ____ ,,,、r、/<!  > __ <  :!フヽー、,,,____
        /::::`´::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::`ー -、,,,,-ー::´::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::`´::ヽ

         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::|;;|;;|::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::,':::::::::::',
       /:::::::::::::::';::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|;;|;;|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,':::::::::::::::',
       /:::::::::::::::::::';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::ー:|;;|;;|:ー::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,':::::::::::::::::::',


死皇帝の陵墓
フィールド魔法
お互いのプレイヤーは、アドバンス召喚に必要なモンスターの数×1000ライフポイントを払う事で、
リリースなしでそのモンスターを通常召喚できる。

トラゴエディア
効果モンスター
星10/闇属性/悪魔族/攻 ?/守 ?
自分が戦闘ダメージを受けた時、このカードを手札から特殊召喚する事ができる。
このカードの攻撃力・守備力は自分の手札の枚数×600ポイントアップする。
1ターンに1度、手札のモンスター1体を墓地へ送る事で、
そのモンスターと同じレベルの相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択してコントロールを得る。
また、1ターンに1度、自分の墓地に存在するモンスター1体を選択し、
このカードのレベルをエンドフェイズ時まで、選択したモンスターと同じレベルにする事ができる。

レインボー・フィッシュ
通常モンスター
星4/水属性/魚族/攻1800/守 800
世にも珍しい七色の魚。捕まえるのはかなり難しい。

鬼ガエル
効果モンスター
星2/水属性/水族/攻1000/守 500
このカードは手札からこのカード以外の水属性モンスター1体を捨てて、手札から特殊召喚できる。
このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、
自分のデッキ・フィールド上から水族・水属性・レベル2以下のモンスター1体を選んで墓地へ送る事ができる。
また、1ターンに1度、自分フィールド上のモンスター1体を手札に戻す事で、このターン通常召喚に加えて1度だけ、
自分は「鬼ガエル」以外の「ガエル」と名のついたモンスター1体を召喚できる。

D.D.クロウ
効果モンスター
星1/闇属性/鳥獣族/攻 100/守 100
このカードを手札から墓地へ捨てて発動できる。相手の墓地のカード1枚を選択し、ゲームから除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

封印の黄金櫃
通常魔法
自分のデッキからカードを1枚選択し、ゲームから除外する。
発動後2回目の自分のスタンバイフェイズ時にそのカードを手札に加える。

魔術で後回しにした痛みが順次シンジに帰ってくる。遅延度合の変化をつけることで、痛みを分割してはいるが
それでも1つ1つの痛みで頭が白くなる。いっそまとめて経験すれば、許容量を超えた痛みで楽になれるだろうが、それは敗北を意味する。
もっと細かく分割すれば痛みも和らぐだろうが、それでは交感神経の加速度が落ちる。
それに、この痛みを消化しきる前に次撃を受ければ今度こそ気絶するしかない。

限界ぎりぎりの痛みを堪えながら、シンジは思考を奔らせる。

                     /::\,,__
                 ┌ーヽi::::::::::::::::::ヽ ̄`',
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',      (基礎力で負けている以上、真っ当な戦い方では勝ち目は無い)
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',   
               ノ::/::/:/:::!:::::∧∧:::::::::::::::::i、:::\   (考えるんだ。遊星の攻撃を喰らった瞬間、僕は遊星の手札を垣間見ている)

               / /:/::/::::i:::::/   }:::):::ヘ::::ヘ::ヾヽ
               { {:く;;{:::∧:(   (:::(ヽ:::::):::ヾ::} }  (壮絶な痛みで意識が飛びかかった上に、術式構築で忙しかったが)
                ヘ::)::)ノ¬))   ):)フ::ハ::::):/
                 {ヘ!:(丁;;jゝ   ´「;;;j厂レ!iヘ    (それでも僕は見ている……!)
                   {∧   ̄       ̄  / ソ
                 ゝヘ      '       /ノ
                   リヘ  ´  ̄`  /!!′
                   \|\ __ / |/!      (そう、あの見慣れたカードはサイクロンだった)

                   ┌‐┴─rr─‐‐┴!
         ___ _____r=┤: : : : : |||: : : : : ├、,,    (あれだけは確信が持てる。そしてサイクロンが伏せられている以上、シーラカンスをサーチしても……)

        /: : : :: : : : : : : : : : : : : : : : 〃/: : : : : : : : :`:ー:-:.:.、,,,__
        /: : : : :: : : : : : : : : : : : : : : :i ! |: : : : : : : : : : : : : : : : :: : :`ヽ
        /: : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : i ! i: : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : ',
        /: : : : : : ;;: : : : : : : : : : : : : : i | i: : : :r=====ュ: : : :;;: : : : : : i
       /: : : : :;: : ;;: : : : : : : : : : : : : : i | i: : : : : : : : : : : : : : : ;; : : : : : : i
      /: : : : : ;: : :;; : : : : : : : : : : : : : i l l: : : : : : : : : : : : : : : ;;: : : : : : : |

     /::ノ ::::::: /::/:::::::: /_l ::::::廴     /::彡´ ヽ:::::::: }:::::::::::{、::::::: (
     `¨/ ::::::::::::::/ :::::: 〈   `ヽ;::: /    ヽ::: 〉_ ,,_  人::::::::::::ヽ::::::::::: 〉
.      /::::::::: / :::::ヽ、_::::ヽ -- l::/`.     ´〉/  _  ̄` `ヽ:::::: /:::: /
     `ヽ,::::::::::::::: 〈  }:ソzZ:≧{’_      /´ zZ三≧x   /:::: /:::::::{
       Ⅴ:::::::::::::::ヽ/《 ⊃:i:::/ `     ´ ⊃:i:::/  》 ./ハ::/ヽル′   僕はフィールド魔法、死皇帝の陵墓を発動!
.         }ハ:::rヽ:::: /  ` `¨¨´.     /l    `¨¨´  ´   .// l
.          j ヘl {:∨: : .       / :|           /′ |
            | ヘ:{ : : :       ヽ::::l           / / /      
.          ヘ  `: : :  r-____ __ _ ノ,     /  ./
           ヽ  ',: :   l` v ー… - ― v /     /  /       
            ハ、_、: . ヽ、___ _ ,彡 ’   /イ¨´

               }::.. : .     ー―      /::::}

踏み込みと同時に決闘盤を振りかぶる。流石は歴戦の決闘者、遊星の立ち位置は、シンジの一歩で届く間合いからちょうどカード一枚分離れている。
だがカード一枚分の距離というのが命取り。フィールド魔法ゾーンは決闘盤の端から展開される。
つまり、フィールド魔法の発動宣言時のみ、シンジの攻撃の射程はちょうどカード一枚分伸びる。

.~   /  ...::::::::::::::::::::::::::/  .......::::::::/:::::::::             ,.イ
-=,7  ...:::::::::::::::::::::::::::, イ.....:::::_, -_=',~':::::              /
-'  ..::::::::::::::::_,-=7~,~'..::::i- 、,~-='~      _, -='~    ./ `、
...::::::::::_, -叭| i:::/='-='~ |~ 升区`、~`=-,- '~::::     /./   `、
::::::::::(  、 !`i'.i:/       !.乂弋_`>i、  ,!:::::::    , イ::: /      `、
:::::::::::`、 .`、 `i/      `- 、''''~ /゙゙ ./::::    _,i'~::::: ,!:::     _, `
:::::::::::::::`, ` 、    _      `` ! ,.イ   _,<,_ ,!: _,-'::::::  , -'    良い戦術だ。
:::::::::::::::/`、_, !-='~/           / _, イ/ζi~>'、イ::::::::  , イ
 -=_''~~     /        =' ~    ヾ、-_',イ':::   / i      だがそれは、もっと俺を追い詰めてから使うべきだった。
-==-、`、    /              _ 〆,ii_'~,,,、-='~  .i
.::   :i .i.   ∧       _, -.、    '~-什''7  `、::::::   i
:::.......:::!. !  ./ `、       <~~` i 、>   ∥ , '   .ハ::::   ,!
:::::::::::,! !  /   `、.     `=,, イ   ∥'~      i::::  ∥
::::::,.イ/  /i     `、    ~  _,_-='~_________________i::  ∥
-'~,.イ  / .i      `、   , -='   _,,       /i:: ∥
~~   /  !      , イ>='~::::::....., イ~`i `i   ./  i:; ∥
:   ./   i    =' /::::::::::::::::i'::::::::: ,! !  /   !::∥

その戦術は、有効ではあっても斬新性はない。決闘界では既に使い古された手。当然遊星も予想している。
シンジの決闘盤は下から払い上げられた。決闘盤の衝突が火花を散らす。

シンジはその衝撃に乗る形でジャンプ。遊星の上を取りながら、フィールド魔法ゾーンに死皇帝の陵墓をプレイ。

               /;:;:;:;:;:;:;:;:;≧≦;:;:;:;:;:;:;:;}
              {;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/ヽ;:;:,ヘ;:;:;:;:;:;:;入_
.               ノ;:;:;:;{;:;:;{;:;:{ヘ};:{;:{ヘ};:;:;:;:;:};:;:;:;:}   僕はライフを2000払い、死皇帝の陵墓の効果を発動!
             ,;:;:;:;:;:;:};:;:;};:;:}    .};:;:〉;:{;:;:{;:;{
            .〈;:/}ヘ;:{;:;;∧;:;.、  _,};∧;{;:;:;{;:;:}   最上級モンスターを、生け贄無しで召喚するッ!
             {' {;:ヽ;{ ⌒ヽ`}Y  }' ⌒};ヘ;:;〉小
.               l⌒ fモ_ラ`}'   fモ_ラ }'l;:/
.               人 l      l       , .}'   シンジ(8000→6000)
                  丶   、  _,  .,_ ノ 
.                 }ヘl 、  ̄   ,イヘ{
                 _| \ __./ |_

                      |ニニニ| | |:::::::::|
              _  Y´ニニニ| | |::::::::::>...._
       _................:<ニニニ\ニ:///ニニニ>::::>....
     Y´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::<ニニ{ { {ニ>/::::::::::::::::::::::::::>,......
     {:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} } }:/::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::`:v

相手の攻撃を凌ぎ、上空を取っての効果発動。まず確実に通る場面。

だが遊星に対しては確実とは言えない。このタイミングで使ったのは左手の決闘盤だけ。
効果発動宣言に対してサイクロンを発動する余裕は、ある。

シンジを打ち上げた決闘盤を、そのまま頭上まで持って行く。
伸ばした右手と決闘盤で頭上を守る構えを取りつつ、サイクロンが発動された。

    `ヾ、'=--.、_  /. {:::::::/:::::,.i:::、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!` 、::::`i::::::::',. ',    _,,. イ/
     `ミ 、::::::::::::`'., ',::::::i:::/i ',ミ、i 、:::::::::::::::::::::::::::::::::, イ,,!. ',',::::|:::::,イ /''''''""::::, /

       `、\:::::::::::', ',:::i:/, v:,:::::`'::`ヽ::::::,:::::::::::::=''"::::::::::N,'::::|:,イ , '::::::::::::::, /
          `、\::::::::', ',:|.//:::::::::/:i:::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::' ,.イ, ':::::::_,,,..イ/
         ` 、`=-、', y':::::::::::::,':::::::i::::::、:::::::::i::::::',::::::::',:::::::::::ヽ=''"_,,,... -<     速攻魔法、サイクロンッ!

 ______________,,,,....イ`=-./::::::::::::, i::::::,r',:::::,、:::::::::i、:::::',=、:::',、::::::::::::',:::::::::::::::::::`=-、__
 `=- 、 _::::::::::::::::::::, イ:::::::::::::::,<`i, rラ≧,'、. ',:::::,' _,>r、r=i 、i'`,:::::::::::`ヽ、::::::::::::::::_,,..`=- 死皇帝の陵墓を破壊する!
      "`=ラ':::::::::::::_,. 、イ&', ' 、`=_イ_,i,` ',::i i,,`=-イ,/`,', '`、:::::::::::::`<'''"

      , イ:::::_,,.. -='`7'''`、 6 ',  "       , '   " r' " ,'ノ'/::`、-、::::::::::` 、
    , イ -=''" _,,..-=':::::::::_, > -',        |    i!  ,i- イ:、:::::::::` 、 "''=-、::` 、
   ''"    -"----r <"/:::::::::,` 、    ____    ',.,.イ::::::::::',`=-- ,,、::`=-
             ', ., イ::, イ-,'::::|`.、  {r==,}   , イ i::::::i 、::::',''"、  ,'
                 ','-'i|  `, ,'::, '',  ` 、 .`"" , イ  ,' `、i ,'> 、', i.i ,'
                ', ',.',   ,'イ r '、,,,___.` --'  __...'-、-` ,'  ` !.,'
    _____   `、 -、   ', ハ 、 ,!,' i    """r,"""::::::::: i''''i   , /,'
.., イ    _,.イ'''>=`、 、` .',,. イ-= ,'     :::::i0!::::::::::::::: i 、 ' 、,,.イ ,'    ___
'    , イ::::, イ::::, イ `.、 、 ',    ,':::::::::.....  :::::i':::::::::::::::....:::::r 、 ` ,'-=='''"" ∠r 、--==-- 、

           l;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:、;:;:;:;:;:;八
       _斗;:_ ;:;:;:;:!;:;:;:/;:;:;::;:;:;:;:寸;:;:;:;:;:;ム

       〈;::;:;l;:;};:;:;:;:;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;∧;:;:;:;:;:\;:;:;:;:;:;`丶    けどこの距離だ。当然風圧は弱くなる。
.        Ⅵ|;:;l;:;:;:;:;:;lヘ;:;:|/∧;:;:;∧;:;:;:/;:;:;\;:;:;:;:;:;:;ヽ
       |;:l;:/,;:;:;:|;:;|ミヽl/″〉;:;:;:;〉;/;:;:;:;:;:/;:;:;:;;:;:;:;:l   そうしなきゃ、サイクロンのエフェクトにお前も?み込まれちゃうからな。

       l;:;//;:;:; |;:;l    /;:;:;:;/:人 .〈/;:;:;:;:;:;:;:;:;{

         斤;{;:;:;:;:;|;:;≧、  \;:;N 孑 ´ 〉;:〉八ル八
.         | .|今、寸;:、};:;〉    `}〉≦z_ {リ }ハ 〉ヽ `
      人,l;:;:;:;};::l l >孑'  `フ  ヒ;:シ  ″ 〉 ./   そしてそれを予想していれば……!
        `¨了/} 「 ヘ;ソ      `¨´    ト ./
          {、ヘル、`¨´  j    _    l;:八
              ム    、 -  ノ    イノ
              人   >- ´  / .l _

                 今ュ、   /  ,ア |
                 | >> _ 七 ´  l 、
                 _/l     |::l::|  孑  ヽーz ュ _
   > - ――――≦´   ` <  |::l::|   /_  / ノ   ,ヘ- ュ ____
. /- 、                -ニ三 彡´孑 ,}/ / ./ /、     l ヽ
/   \                 |::l::|/ /  / /. / ./      / .|
|     \        l         l::l/ /   ヒ´ /  /      /  l
l.       \  l   |         |/ ´      /  //      /.   |

サイクロンの発動まで予想通り。シンジは手札のトラゴエディアを持ってすらいない。
始めから無効にされることを信じて、決闘盤を持ち上げ、そしてサイクロンの発動宣言に合わせて振り下ろす。


風が逆巻く。肌が冷たい。髪が荒れる。眼を開けていられない。
しかし強くなっていく風にひるむことなく、シンジは決闘盤に全体重を預ける。
上空からの落下、重力の力を借りた一撃なら、あるいはシンジの膂力でも遊星に有効打を与えられる可能性もある。
カードの発動と同時に頭上をガードしてくる遊星は流石だが、それでもカードゾーンを砕ければ形勢は逆転する。

サイクロンによって死皇帝の陵墓が破壊されれば、フィールド魔法ゾーンが再度開く。
決闘盤の射程がカード一枚分伸びる。その有効性は、遊星も先ほど言った通り……!

これがファイティングデュエルか・・・

フィールド魔法分のリーチってwwwwww

  : : : : : : : :ハ:::::::::.. : : : ヽ::::::::::::::.. : : : :ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::.....  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,.
  :.. : : : : : : :ヘ:::::::::::... : : :`t 、::::::::::::... : : :ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....   : : : : : : : : : : : : :...:::::::::;._・'"´_
  :::. : : : : : : :/` 、::::::::.. : :ハ,/丶、::::::::.... : `:t-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::......................:::::::::;. ・'"´::::;. ・ "´

  ::::. : : : : : /    ` 、::::...: ', _,. =::卞、::::::::... :\/ ̄`マ‐-..、_::::::::::::::::::::::::::::::;. ・'"´::::;. ・'"´
  :::::. : : : :./       ィヘ:::..'、 ::::::::j  /`丶、:::.. \  ∨:::::::::::` ̄ ̄ ̄ ̄´:::::::;.  '´
  ::::::::. : :./     ,ィ'´   ! ` 、'、::::リ i    //`丶、\ マ―‐-  __:::::::::::;.  '´
  ::::::::::. Y   ,.イゞ:ゝ、..ノ.....::::::::>イ、,i_   〃___ノ ` メ、':.、      ̄´
  、::::::::::::, ,.ィ'´ |  ` <::::::::>'  /   / )、 //: : : :ヽ
   `、::::::::::.,    ノ______/┌‐ァ '/ ノ//:::. : : : : : ヽ
      、::::::::.、/        __l|  ・´ /r‐'´ ,/:::::::::::::::..: : : : : ヽ    ――――ッ!!!!!!
     ヽ::、:::.、         |「    /  /-、_:::::::::::::::::::::.... : : : \
     i ヽ\:.、        ||     ,'ー::'::::::..: : :`t-、_::::::::::::::::::::::::::::.`: .、
.    ノl     \.        ||    ,':::::::::::::::::::..: : :ハ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``丶
    ヽ!              |l.   /::::::i::::::::::::::::::.: : ハ.    __
                   ヾ/::::::::::::ト、:::::::::::::::::. : ;ム=ニ二/
    _ _          /::::::::::::::::::| ` 、::_,.=ニ二二二/
  ´ __  `         ,.ィ'´:::::::j:::::::::::::::|=ニ二ニィチハニ二i
              ,. '´ |::::::::::ハ:::::::::::::::Vニ二/⌒Vハ_二|
          ,. '   /  |:::::::/ニム::::::::::::::VニV    Vハ.二|
         , '    /  :|::::/ニニム:::::::::::::Vニi    i川.ニ|


それはシンジが取りうる中で、確かに最善の戦術であり、最強の一撃だっただろう。
だからこの結果は、運が悪かったのではなく、ただただ遊星が圧倒的に強過ぎただけのこと。

そう。ダメージを受けずに済む程度の風、というのが意味する範囲が、遊星とシンジで違い過ぎた。

至近距離でのサイクロンの発動、風が暴れ回る。同じ状況に合って、遊星の服が裂け、シンジの肌が裂ける。
吹っ飛ばされたのは、追撃を受けずに済む意味で幸運だったのだろう。
威力を抑えていただけあって、サイクロンから受けたダメージは先ほどの打撃に比べれば遥かに少ない。

既に大量のノルアドレナリンで末梢血管の収縮が始まっている。表皮を裂かれたことによる出血量は少ない。
血液の抗凝固作用を遅延することで、傷の塞がる速度を加速。痛覚の分割ルーチンを流用すれば、肉体的なダメージはほとんど無視できる。

問題はそんなことより、全身全霊を尽くした奇襲がまったく通用しなかったことだ。


         r::::::::::::::::::彡´:::::::::::::::::::ゝr-ー- - 、
          l:::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::)
      __ノ:::::::::::::::::\:::::::::::::::\:::::::::::::::\:::::::〈      これが、不動遊星……!
     r´::::::::::ゞ::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::\::::::::::::::::ゝ、`ヽ、
     ',::::::::ゞ、:::ヽ::::::::::::::::::\:::::::::::::::\::::::::::::::::}:::::::::ヾ
     r::l:::::::ヽ人 (::::::::ハ、::::::人::::::::::::::):::::::::::::::):::::::::::::)
    (:::j:::::::::l   `ヽ:(  ノ.ヽ::) `ヽ:::::ハ::::::::,___、::::::::::/:l
    .):i:::::::/     ):)´-ー´、  .ソ {::::/ rk.ヽ::::::/::::l ターンエンドッ!
    ノ:ノ:::::::lー - 、:::::::::::{ 0   }    .ン rlk 〉:/:::::::l
   {::::l::::::::::l斗ー.:::::::::::::::ミニ 彡       .Yノ /リ::::::::::l
   `ゝト(:::::l::{ 0 }:::::::::::::::::::::::::    U      ./:::::::::::::::l
     (::::::::/:::ミ 彡   ,::   __        γ´Y:h:::::::::l
     ゞツ  l  __,,,,,--=''-‐''''ゝ        /  {:l ゝ:::ソ、
         ':, \''(′  _,,-)       ,:'      li : :\. _     __
          ゝ、`ー===-‐''′    /     /.: : : : :/: : :>-ー・´: : : : :

            ' .、        /    /: : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :,:

               >、 _  ._/    / : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : :/::
             /: : : : : : : : : : \__./.: : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : :/: : :
           /: : : : : : : : : : : : : : : :ll: : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : :/: : : ::

          /: : : : : : : : : : : : : :≪≫ll: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :/: : : : :

距離が離れているうちにターンを終了する。

遊星のドローフェイズにカウンターを決めることがほとんど不可能だと分かっている以上
シンジは一定の距離を取った上でエンドを迎えることを強要されているに等しい。

                 |i\ //:::{  _ z 、 _   /::||

   r== 、      r==、|l:::::ヽ {:::::i/ィ::::::::::::::⌒ヽ /::::||
   |   ヽ,       |    i-ヽヽ::ヽV/へヽ:::::::::::::::::::::V::::::i |   _
   ',    ',、     |    l|:::::::>/::::::, -:::::::::::::::::`=イ:://ー '´::/
   ヘ   ヘ     |    |> '´:::::::::/:/:|:::::i:::::::ト、::i::/∠::::::〃    エンドフェイズ、トラップカードオープン。
    ヽ   ヽ、   }    {_:::-イ/:イtォト|:::ハ::ト::|::\:<-‐<
     \    ',   |    |∠::, ィ'´| `"´ヽ!,イtォハ::::::\::::::::::::::::::>  ギアギアギア!
       \   \ |     ト、|(:)〉 ト、 _'  〈{/ノ:\::::\ ̄ ̄
        ヽ   ヽ|    ヽ ヽ   |. \_ ,, イ:ト、::ハ::|`‐-`
       / ヽ     \   |、 ー=ァ   /、:|ヽ::|
     /   ノ          \__//ヽ {  ヽ ニニ7‐-、      デッキからギアギアーノとギアギアーノ Mk-IIIを特殊召喚し
    /   /  /  ̄    /   `--‐――、}//\ ヽ
-‐'´    , '            /          ノ|   / /ヽ、     さらに二体のレベルを4に変更する。
    , '/             _ィー┬ 、_,/ニ|  / // ヽ

-ー' ´/   ,へ  _, -‐^`    /   | 〃    |ニニ/ /i /\
  /   /  \      , -'´     |〃     |ニニ/ | ヽ/\
/   /     \ー--‐'´       |       |    |\   \

しかしエンドフェイズの優先権放棄に対しての、罠カードの発動。
走りながらの効果処理で、自分のターンに入る前に着実に距離を詰めてくる。

右手でデッキを開き、絶妙な力加減で目当てのカードだけを落とす。
走りの加速でカードに対して決闘盤の相対速度を上げる。腕を振って走っているのに、完璧なタイミングで決闘盤とカードが出会う。

決闘盤のモンスターゾーンに二枚のカードが上手くはまっていくさまは、下手な魔術より遥かに神秘的。



ギアギアギア
通常罠
デッキから「ギアギアーノ」と名のついたモンスター2体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターのレベルは1つ上がる。
「ギアギアギア」は1ターンに1枚しか発動できない。

ギアギアーノ
効果モンスター
星3/地属性/機械族/攻 500/守1000
このカードをリリースし、自分の墓地に存在するレベル4の機械族モンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターを墓地から特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

ギアギアーノ Mk-III
効果モンスター
星3/地属性/機械族/攻1000/守1000
このカードが「ギアギア」と名のついたカードの効果によって特殊召喚に成功し