阿笠「できたぞ新一!光彦君が透明人間になるスイッチじゃ!」 (55)

コナン「またかよ博士」

阿笠「一つ覚えで悪かったな」

阿笠「ともかく、これで姿が見えなくなることはもちろん、声も聞こえなくなる!」

阿笠「おまけにもう一度ボタンを押せば、新一にだけ姿が見えるんじゃ!」

コナン「おーっし!早速持って行くぜ!サンキュー、博士!」

阿笠「くれぐれも悪用するなよ~」

歩美「おはようコナン君!」

灰原「おはよ」

元太「ようコナン!今日の給食カレーだってな!たのしみだぜ」 

コナン「おはようお前ら!光彦は?」

元太「それがまだなんだよ。先行こうぜ。カレーカレー♪」

歩美「もう、元太くんったら」

光彦「おーい、おはようございまーす!」

コナン「」ぽちっ

歩美「ん?なんか今光彦君の声が聞こえたような…」

コナン「気のせいだろ、それより早く行こうぜ」

光彦「あれ?僕はここにいますよ!おーい!」

小林「円谷君」

光彦「はい」

小林「円谷君は欠席ね。天童さん…」

光彦「え!?ここにいるじゃないですか!先生!」

コナン「www」

コナン(スイッチ押して光彦の姿みてえけど、学校じゃ怪しまれるしな。我慢我慢)

光彦「何でですか?無視するなんてひどいですよね!元太君!」

元太「うー、ねみー」

光彦(プリントも飛ばされました。おかしいです、こんなこと。教師ぐるみのいじめ・・・?)

光彦(そう思った時、窓ガラスを見て違和感を覚えたんです)

光彦(続いて歩美ちゃんのバッグからこっそり鏡を抜きだして確認しました)

光彦(これは…間違いない)

光彦(とんでもない現象、どうやら透明人間になりました)

光彦(原因はなんでしょうか。ああでもないこうでもない・・・)

小林「一時間目は体育です」

コナン「おっしゃ、サッカーだ!」

歩美「哀ちゃん。一緒に更衣室行こう」

灰原「ええ」

光彦(まあ、しょうがない。せっかく透明人間になったんですから)

光彦(女子更衣室で歩美ちゃんと灰原さんの着替えを見て、ほかにもあんなことこんなことうへへ・・・)

光彦(ここが女子更衣室!半裸のJSの集団キターーーー!)

歩美「でも哀ちゃん、光彦君が休みでよかったね」

光彦(ん?)

灰原「ええ。あんなキモいソバカスがいるから、学校に行くのが苦痛だったのよww」

歩美「わかる!ずーっと休みだったらいいのにねww」

光彦「」

灰原「行きましょ」

ぞろぞろ・・・

光彦「」ぽつん

光彦「あああああああああああ灰原さんの服歩美ちゃんの服ううううううううすーはーすーはー!」シコシコ

光彦「・・・」

体育の授業中

元太「コナンパス!」

コナン「おっしゃ!いけー!」シュート!

光彦「」ポツン・・・

放課後

コナン「光彦のいないおかげで試合に勝てたぜ!」

灰原「円谷君のいないだけでこんなにさわやかとはね」

元太「光彦がいないとカレーもいつもの十倍おいしかったぜ!」

歩美「わたしも、光彦君大、大、大嫌い!」

光彦(なんで…僕は、少年探偵団の仲間じゃなかったんですか・・・?)

あはは・・・

光彦(何事もなかったかのように笑いあう仲間たち…

そこに僕がいないこと、誰も気づいちゃいないでしょう

いえ、そもそもいないほうが当たり前だったのかもしれませんね…)

歩美「明日も明後日も、ずーっと光彦君が休みだったらいいな!)

コナン「ああ。博士に感謝しねーと」

歩美「博士?」

コナン「ああ、なんでもねーよ!」

光彦(そうか!博士の発明のせいだったんですね!許せない!)

コナン「それじゃまたな」

灰原「またね」

歩美「バイバイコナン君!」

元太「うな重!」

てくてく

灰原「あ、あの工藤君」

コナン「どうした灰原」

灰原「いえ、なんでもないわ」

灰原(何考えてるのよ。彼には蘭さんが・・・)

コナン「蘭がな…」

コナン「最近新しい男ができたみたいなんだ」

灰原「え、誰なのそれは!」

コナン「服部だよ」

灰原「まさか、あの西の高校生探偵の?」

コナン「見たんだ。蘭が帰ってこないと思ったら、二人が仲睦まじくラブホに入るところを・・!」

灰原「工藤君・・・」

更衣室にいる時になんでボタン押さないんだよ

コナン「だが、そんなこと今の俺には関係ない。逆に好都合だ。和葉には悪いがな」

灰原「なんで?だって、あなたはずっと蘭さんのこと」

コナン「バーロ、今の俺はお前が好きなんだ」

灰原「工藤君…」

コナン「つきあってくれるか?」

灰原「ええ、私もあなたが好き…うれしい…」

ちゅっ


光彦(あああああああああああああああああああああああああああああ!)

コナン「最近新しい男ができたみたいなんだ」

コナン「え、誰なのそれは!」

コナン「服部だよ」

コナン「まさか、あの西の高校生探偵の?」

コナン「見たんだ。蘭が帰ってこないと思ったら、二人が仲睦まじくラブホに入るところを・・!」

コナン「工藤君・・・」

光彦(僕の灰原さんがコナンとキス!僕の灰原さんがああああああああああ!)

コナン(光彦のキチってる様子が見えないのに目に浮かぶようだなwww)

コナン(キチってる顔が見てえしそろそろ押すか)ぽちっ

光彦「kjdyhfごあhれgpくぇrkjg:あ」

コナン「思った通りの顔だぜwww」

光彦「ひどいですよコナン君!何の恨みがあって僕を透明人間にしたんですか!早く戻してください!」

光彦「僕がいないのをいいことにみんなで悪口言ってあまつさえぼくの灰原さんとびぃういぇrくぉいえるいおううぇいr」

コナン(僕の灰原さんってwww)

コナン「いやいやお前ww」

コナン「見えないくせして世迷言垂れても意味ないじゃんwww」

光彦「」

>>27「新一にだけ」見えるので意味ないのです


灰原「何虚空に向かってにやにや話しかけてるの。先行くわよ」

コナン「わかってるって。博士にかえさねーとな」

光彦「聞きたくなかった蔭口と、焼きついたキスシーン・・・」

光彦「もう頭が痛いです」

阿笠宅

阿笠「おお新一、どうじゃこのスイッチは」

コナン「効き目は抜群!光彦の見えない一日はすっげ楽しかったぜ!」

コナン「そして見えるようにしたときの光彦のあの顔www」

阿笠「楽しんでもらえたようでよかったわいww」

阿笠「実は次の発明もあるんじゃ」

コナン「本当か!?」

阿笠「このままじゃと光彦君がかわいそうじゃからな。光彦君が射精しつづけるスイッチじゃ!」

阿笠「精子は透明じゃないぞい!」

コナン「おお!これで光彦が無視されることはないわけだな」

灰原「ばかばかしい、私もうねる」

阿笠「わしも眠くなってきたわい。とうとう迎えが…」

コナン「!?おい博士!」

灰原「博士!?」

阿笠「心配するでない。寿命じゃ」

コナン「なんだって!?博士はまだ52歳・・・」

阿笠「毎回毎回、光彦君をいじめるための発明に心血を注いできたんじゃ」

阿笠「その分寿命が縮んで当然じゃ」

コナン「博士…そんなにも光彦のことを」

灰原「命さえ削って・・・うっ・・・」

阿笠「なくでない、哀君。わしは後悔しておらん。最後まで光彦君をいじめることができて、楽しかったぞい・・・げほっ」

灰原「博士しっかり!」

阿笠「新一…哀君と、光彦君のこと、頼んだぞ」がくっ

コナン「博士ええええええええええええええええええええええ!」

大往生を前にして、しゃがれた老夫は笑ってた。

光彦は窓を除いてコナンたちの様子を見ていた(声は聞こえてない)

光彦「博士…」

歩美『光彦君のこと大、大、大嫌い!』

光彦「大嫌い、嫌い、嫌いな僕を覚えてますか・・・?」とぼとぼ


コナン「博士が死んだのは光彦のせいだ。くそ、許せねえ!」

灰原「はい」

コナン「www」

ポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチ

光彦「あひゃ!」ドピュー!

歩美「わあ、きれーい!」

蘭「何かしらあれ。ミルクみたい」

園子「なんかイカ臭いけどね」

何もない空間から突如飛び出した光彦の精液・・・

夕日に照らされたそれは、とても不思議で幻想的な光景だった。

服部「イカ臭ささえなければやけどな」

交差点、人ごみの真ん中を急ぐサラリーマンが。

サラ「うひゃ!なんだこれ」

すれ違いざま、今、確かに僕をよけたんです!

今、僕はここに・・・!

どぴゅぴゅぴゅぴゅぴゅ・・・・


こうして光彦は、射精しつづけた。

終わり

初SSを読んでいただきありがとうございました。
何人か指摘してくれた方もいましたが、実はこれは「インビジブル」というボカロ曲を元にしたものでした。
あれはとてもいい曲なんですが、コナンマジキチSSを読みすぎたせいで、光彦の歌にしか聞こえなくなってしまいました。
妙に敬語チックなところが光彦。
いじめられっこな光彦。
声まで光彦。
光彦しか思い浮かばなくなり、あれを聞くたびに笑いがこみあげてくるのです。

kemuさん、ごめんなさい。
kemuさん、ごめんなさい。
これからの活動、頑張ってください。
kemuさんのファンの皆様も、ごめんなさい。

それにしてもVIPはボカロ嫌いだと思っていたので、これだけ知ってる人がいるとは思いませんでした。

需要があればもう一つおまけのSSを投下します。こっちも光彦いじめ。ただしホモグロ注意。

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom