勇次郎「刃牙ッ!貴様その年齢にもなってホモセックスした事がないだと!?」 (96)

範馬勇次郎「刃牙ッ!貴様その年齢にもなってホモセックスもした事がないだとッ!?」ビキビキィ!

ぐにゃぁ・・・

刃牙「ええっと、何て言ったのかな、親父?」

刃牙「よく聞こえなかったんだけど・・・?」

勇次郎「黙れ刃牙ッッ!!」

勇次郎「ホモセックスも知らぬ小僧が親に口ごたえするんじゃないわッッ!!」

刃牙「ホモセックス・・・」

刃牙「どうやら聞き間違えじゃないらしいな・・・!」ゴクリ

ぐにゃぁ

勇次郎「格闘とは、性行為以上のコミュニケーションだ」

勇次郎「それ即ち、格闘士(グラップラー)たるものホモセックスの一つも心得ていて当然という事ッ!」

刃牙「なるほど・・・」

刃牙「理解ったような、理解らないような・・・」

刃牙「でもさ、親父」

刃牙「そのホモセックス、誰が教えてくれるんだよ?」

勇次郎「知れたこと」

勇次郎「この俺自らが、今からこの場で教授してやるまでの事ッッ!」

刃牙「~~~~ッッ!!」

烈「もう終わりかな?バキくん」

バキ「まだまだイけるぜ!」バキバキ

烈「範馬刃牙復活ッッ///」

勇次郎「さあ!パンツを脱ぐがいい刃牙ッッ!!」バッ

勇次郎「それともパパに脱がせてもらいたいか?」ニヤニヤ

刃牙(本気かよ親父ッ!?)

刃牙(親子でホモセックスだと!?)

刃牙(そんなの、普通の親子ではあり得ない事・・・ッ!)

刃牙(だけど、これ・・・)

勇次郎「どうした刃牙?いつもの威勢はどうした?」ギンギン

ギンギンッッ!!

刃牙「本気じゃん!親子ッ!」

刃牙「本気じゃん!親父ッ!!」むくむくっ

ギンッッ!!

勇次郎「さあ刃牙よ!まずは貴様が攻めてみせろ!!」

刃牙「ああ、いいぜ親父ッ!」ギンギン

刃牙「父親相手だからって、俺が加減するなんて思ってないよな?」

勇次郎「無論ッ!!」にやぁ

勇次郎「お前こそ、この俺が優しくホモセックスを教えてやる」

勇次郎「などと誤解してはおるまいな?」

くぽぁ・・・!

勇次郎「さぁ、来い息子(ばき)よ・・・ッッ!」

刃牙(親父のケツの穴・・・初めて見る!)

刃牙(なんて柔らかそうなんだ・・・ッ!)

勇次郎「さあ来い刃牙ッッ!!」

勇次郎「この範馬勇次郎のアナルに、前戯など不要だッッ!!」

くぽぁ

勇次郎「全力でかかってくるがいいッッ!!」

くぽぉ!!

刃牙「親父・・・」ゴクリ

刃牙「本気じゃんッッ!!」ゾワッ

刃牙「なら、俺だって・・・ッ!」

むくむくっ

むくむくむくむくっ


ギィンッ!!

勇次郎「見事だ刃牙よ・・・ッ!」

刃牙「挿入れるぜ、親父ッ!」

勇次郎「来い刃牙よ!!父親のアナルを堪能せいッッ!!」

刃牙「おおおおおッッ!!!」


ずぶりぃ!!

刃牙「な・・・ッ!?」ビクンッ

刃牙(なん・・・って!!)

刃牙「なんて柔らかいんだッッ!!親父のケツ!!!」

ずっぽしぃ!!

刃牙「これって、まさかッ!?」

刃牙「『消力』!?」

ズポズポ

勇次郎「気付いたか刃牙よ?」

刃牙「なんだ!?この異次元の柔らかさッ、気持ち良さ・・・ッ!!」


ずぼずぼずぼずぼ


刃牙「~~~~ッッ!!」


ずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼ

刃牙(これがッ!消力の本当の使い方ッッ!!)

刃牙(もう・・・射精てしまいそうだ・・・ッッ!!)

びゅっ


勇次郎「まだまだここからだぞ刃牙ッッ!!」クワッ

刃牙「!!?」

ぎゅむんッッ!!

刃牙「これはッッ!?」

刃牙「このッッ!俺が射精そうになったこの瞬間の締め付ける力ッッ!」

びゅっびゅっびゅうーー!!

刃牙(まさか・・・ッ!)

勇次郎「その通りだ刃牙よ・・・ッ!」にやぁ

びゅっびゅっびゅっ!!

刃牙「これはッ!攻めの消力ッッ!!!」

びゅびゅーー!!

男「私がかつてあの技の使い手とホモセックスしたのは、一度だけ・・・」

男「そして、それが私の人間相手とした最後のホモセックスでした」

男「ええ、そうです」

男「その技でイカされて依頼、ただの人間相手では勃起出来なくなりましてね」ニッ

男「あの技は私が知る限り、究極のホモセックステクニックですよ」

男「だって、あんなに魅力的なアナルで誘い受けておいてですよ?」

男「それが?こっちが射精する気配を見せた途端」

男「・・・喰らいついてくるんですよ」

男「もう、アナル全体が私の陰茎を包み込みながら、強烈に締め付けてくるんです」

男「受けから一転して、攻めに裏返る」

男「もうあの技で陰茎を締め付けられたら最後ですね」

男「全部搾り取られるまで、アナルが陰茎を解放さない!」

刃牙「うぉおおおぉおおッッ!!?」

どっぴゅどぴゅびゅびゅっどぴゅう!!!

勇次郎「クハハハッ!!どうした刃牙よ!?」

刃牙(なんだよッ!このアナルッ!?)

勇次郎「どうした刃牙?父のアナルがそれほど気持ち良かったか?」ニヤニヤ

刃牙(気持ち・・・良過ぎだろッッ!!)

どびゅびゅびゅびゅ!

刃牙「お、親父ぃ///」びゅびゅっ

勇次郎「堕ちたか・・・」

勇次郎「・・・この腑抜けがッッ!!!」

グワッッ!!!

刃牙「~~~~ッッッ!!!」ビクンッ

勇次郎「何故貴様はそこで身をゆだねる!?」

勇次郎「何故貴様はそこで快楽に溺れるのだッ!?」

勇次郎「立て直すのだ・・・ッ!」

勇次郎「そこから更に、攻めに転じるのだ息子(ばき)ッッ!!!」

刃牙「親父ッ!!」

むくっ

刃牙「そうだ・・・!」

むくむくっ

刃牙「親父、俺が間違ってたよ・・・ッ!」

むくむくむくむくっ

刃牙「ホモセックスとは、究極のコミュニケーション」

ギンッ

刃牙「俺だけが気持ち良くなっててはダメなんだ」

ギンギンッ

刃牙「親父、だから、俺、今から・・・」

ギィンッ!!

刃牙「アンタをイカせるぜッッ!!」

ずぼぉ!!

勇次郎「そうだッ!それでいい刃牙ッッ!!」

刃牙「う、おおおおおおおおおおお!!!!」

ずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼ

勇次郎「うッ!?ぬうッッ!!」がくんっ

刃牙「俺がッ!今まで学んできた事すべて!!」

ずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼ

刃牙「俺がッ!今まで闘ってきたことすべてッッ!!」

ずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼ

勇次郎「ぐあッ!?///」

刃牙「アンタの中に、すべて射精すぜッ!!」

刃牙「父さんッッッ!!!」


ずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼ
ずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼずぼ!!


勇次郎「ぬほおおおおおおおおおおおおッッ!!!!///」

どっっぴゅぁあああッッ!!

バキHOMO
お終い

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom