モノクマ「この中に超高校級の犯され役がいます!」 (23)

霧切「…………」

石丸「おかっ…………!?が、学園長ともあろう者がなんてことを言うんだ!このことは教育委員会に報告させてもらう!」

舞園「そ、そもそも教育委員会が機能しているんでしょうか………」

葉隠「つーか犯され役って才能でもなんでもねーって。どんな分野の一流なんだべ」

朝日奈「ちょっとやめなよ!その………そ、そういうの………ってことは、あの、女の子なんだよ!?かわいそうじゃん!」

腐川「そ、そんなこと言ってアンタがその人物なんじゃないの……」

朝日奈「なッ………!ちょっと!言っていいことと悪いことがあるよ!」

山田「いくらボクでもリアルの強姦はちょっと………」モミモミ

十神「ふん、くだらん。誰が犯されようと知ったことじゃない」シュッシュッ

苗木(んっ…………!声っ、出したらバレっ…………!)

モノクマ「まあまあ、静粛に!これは別に動機作りとかそんなんじゃないんだよ!ただみんなに報告すべきかなって思い立っただけ!」

十神「フン、悪意しか感じ取れんがな」クニクニ

苗木「んんっ………」

苗木(ガマン………しなきゃ…………)

モノクマ「要するにあれだよ!健全な学園生活のために定期的に発散しなきゃだよねって話!どうにかその人を見付け出して頼み込んでみたら?犯され役って結構流されやすい人が多いみたいだから!うぷぷ!」

石丸「健全じゃなぁい!まっっっったく健全じゃない!みんな!耳を塞ぐんだ!」

桑田「そう騒ぐなって。どうせモノクマが適当こいて困らせようって考えてるだけだろ」

不二咲「あぅ…………」

大和田「あー、不二咲。おめーは兄弟の言う通り耳ふさいどけ」

不二咲「うん…………」フサギッ

苗木(はやく…………はやく終わってくれっ………!声がっ…………)

モノクマ「皆さん、ここで静かにしてください!」

不二咲「何?モノクマは何て言ったのぉ………」

大和田「…………」(口チャックのジェスチャー)

不二咲「…………!」クチチャック

大和田(犯され役って不二咲だったりしねーかな…………)

十神「なんだいきなり。クラッカーでも鳴らしておどかすつもりか?」シコシコシコシコ

苗木(~~~~~~~~ッ!)

モノクマ「まあまあ深いことは考えずに!ボクがいいって言うまで喋っちゃダメだよ!」

腐川「何なのよ…………」

…………………………………
苗木(こんな静かだとっ、尚更声がっ…………!)

十神「…………」シコシコシコシコシコシコシコシコ

苗木(声出したらっ、声、出したらっ…………!)

苗木(~~~~~~~~ッ!)ドピュッ

モノクマ「はい、しゅーりょー!もう喋っていいよ!」

大神「…………なんだったのだ」

葉隠「なんか、妙に短かったべ…………」

苗木「っ…………はあ、はあ………」

苗木(ボク、こんなところで………イッたのか………?)

不二咲「………!………!」モゴモゴ

大和田「ああ、もう喋っていいぞ。耳も………多分塞がなくていい」ヒョイ

不二咲「ぷはあっ!ふう、ふう、すぅー、はぁー」

大和田「」ムラッ

苗木「はーっ…………はーっ…………」

朝日奈「…………苗木大丈夫?息荒いよ?」

葉隠「わかったべ。苗木っちあれだな?鼻息出来ないタイプだべ?だから口閉じてた間息苦しくて呼吸荒いんだべ」

苗木「アハハ………実はそうでさ」

朝日奈「おぉー!葉隠が珍しく冴えてるね!…………あ、占い使ったんだよね」

葉隠「いや使ってねーべ!いちいちこんなことに使わねーって!」

霧切「モノクマ。結局なんだったの?」

モノクマ「あ、気にしなくていーよ。ただのフェイントだから」

桑田「は?意味わかんねー」

十神「コイツの行動に合理性を求めること事態が非合理的と言うようなものだ」ユビペロォ

腐川「ひいいいいっ!白夜様の色気がああああ!びゃ、白夜様!もう一回!もう一回だけやってください!」

葉隠「うるせえって!」

苗木(十神クン、ボクのを舐めて………)

モノクマ「ま、動機作りも終わったところでボクは帰るよ!ラーメン食べよっと!」

大和田「オイゴラァー!やっぱり動機作りじゃねぇか!」

山田「…………セレス殿?あの、先ほどから喋ってませんがどうかなされましたかな?」

セレス「ち、ちがいますっ!私、そんな犯され役なんかではありませんわ!山田君!信じてください!そんな、そんな破廉恥なっ」

山田「ブヒィィィィィィィ!」

葉隠「山田っちが失神したべ!」

大神「我が保健室に連れていく。他の者は先に戻れ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その後、ボクたちはそれぞれ自由行動に入った。
ボクは真っ先に、自分の部屋でシャワーを浴びた。十神クンに弄ばれたボクのそれを、洗った。
あんなこと最初から無かったと自分に言い聞かせるように。

シャワーから上がっても、ボクの気持ちは晴れなかった。気が付けば涙を流していた。
自分が性欲をぶつける対象として見られているのがこの上なく辛かった。
十神クンが怖い。
会いたくない。
触れられたくない。
声を聞きたくない。
目線を合わせたくない。

何書いてたんだ俺。落としてくれ

この後葉隠に慰められて気を許した苗木が葉隠の部屋で男子全員にレイプされるだけだよ。誰か書けよ

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2013年10月13日 (日) 23:49:05   ID: 1wEpxgzs

まぁーたホモスレか(歓喜)

2 :  アギゴギッチ   2016年08月18日 (木) 16:11:08   ID: 4rqxqRXA

はよ!続きはよ!

3 :  アギゴギッチ   2016年08月18日 (木) 16:15:46   ID: 4rqxqRXA

って、完結かよ!

続きそうな感じだったじゃん!?

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom