キノ「最近少しキツくなってきたかな…新し下着買わないと」(1000)

頼む

バイクの名前なんだっけ

エルメス「またまた見栄を張っちゃって」

エルメス「最近重くなった?」

キノ「…」

キノ「最近、胸とお尻がきつくなってきたな。新しい下着を買わなきゃ」
エルメス「ただ単に太っただけじゃない?お腹も出てきてるし」
キノ「そんなわけな…」むにっ

有り得ねェことが…起きた!!明日から食べていけるかも怪しい旅人が…太っただとォォ!!?

キノ「……」むにっむにっ

エルメス「ほらやっぱり」

キノ「一体どうして……」

エルメス「最近国と国の間の距離が短くて、野宿が少なかったでしょ」

エルメス「それにこの辺りの国は技術も発達していて僕を運転する事も無かったし」

エルメス「その癖食べる時に食べるのが旅人とか言って食べまくったらそうなるよ」

キノ「……いざ食料が無くなっても大丈夫だね、行こうエルメス」ケロッ

エルメス「流石キノ」

キノ「エルメス、もっと静かに走ってくれない? 先が擦れて変な気持ちになるんだけど」
エルメス「無茶言わないでよ」

>>29
そこんとこはある国で何でも食い放題で、食ってる人がいい人みたいな国があったってことで

キノ「胸がおっきくなってきたから、サラシ巻いたんだ」

エルメス「え?どうしてさ」

キノ「一目で女の子って分かると色々面倒だからさ」

エルメス「ふーん」

キノ「女の子が一人で旅をするのは辛い事なんだよ?エルメス」

エルメス「馬鹿野郎!俺が居るじゃねえか!」

キノ「エルメス、赤い下着と黒い下着だとどっちが興奮する?」


エルメス「キノがそんな下着つけたと思うだけでひやひやするよ」

キノ「一昨日すれ違った行商人のおじいさんが次の国はあと二日くらいで着くって言ってたけど」

エルメス「一向に見えてこないね」

キノ「はぁ……」

エルメス「もしかしてその国の人達って地面の下で暮らしてるんじゃない?」

キノ「そんな馬鹿な」

エルメス「じゃあもしかしたら昨日の大雨で国の人達って地面の下になっちゃったんじゃない?」

キノ「……どっちにしろ今日のところはもう寝よう」

エルメス「だね」

キノ「でも寝る前にちょっと腹ごしらえしよう、今朝狩ったウサギが残ってるし」

エルメス「……ねぇキノ」

キノ「ん?ふぁひ?」モグモグ

エルメス「寝る前にそんな食べると太るよ?」

キノ「……そんな馬鹿な」

え!?エルメェスってオスだったの!?

>>38
人格的には男っぽいけど、原作で表記は多分なかったと思う

エルメス「モトラドに性別なんてあるわけないじゃん」

そもそもモトラドとか乗り物とかがしゃべるのが普通なのかそうじゃないのかよくわからない

>>42
エルメス「モトラドは喋るものだよ、そういうものなんだよ」

キノ「相ヶ瀬龍史みたいな声してるけどね」

エルメス「中の人などいない!」

キノ「……………」

エルメス「ねえキノ、自分で触るのは別に良いよ、でもモトラドに擦り付けないでよ」

キノ「いつの間にかエルメスがガンダムに出てくるアレになってた…死にたい…」

キノ「こんな夜は人肌の温もりが恋しいな……」

エルメス「……なんか変なものでも食べた?」

キノ「失敬な」

エルメス「嘘じゃないよ、僕も最近気付いたから正確じゃないけど最低6kgは体重が増えてる」

エルメス「それにキノ、自分の太ももを見て何か気づかない? 一ヶ月前と比べてずいぶんぱっつんぱっつんじゃない?」

エルメス「その様子じゃベルトもだいぶきついはずなんだけど、実際苦しいよね? 気づかないフリしてたの?」

エルメス「二の腕の部分のそでにも全然余裕が無くなってるし、そういえばほっぺもちょっとだけぷにってしてるかなー」

エルメス「そういえばこの前キノが川で水浴びしてる時気付いたんだけどパンツの上にほんのちょっと肉が」

キノ「エルメス!!!!!」

エルメス「なに?」

キノ「やめてよ」

エルメス「なにを?」

キノ「撃つよ?」

エルメス「ごめん」

ツヅイテター!

あれ?キノさんがムチムチでも興奮できるぞ・・・?

キノ「なんでだろう……」モグ…モグ…

エルメス「そうは言っても食べるのはやめないんだね」

キノ「だって悪くなったらウサギに悪いし」

エルメス「そうだね」

キノ「なんでだろう、なんでちょっと……アレ、うん、こんなことになったんだろう」

エルメス「なんで太ったかって?」

キノ「……」

エルメス「前の国でもらったり沢山買ったりした携帯食料だよ」

キノ「え?」

エルメス「キノはおいしいおいしいって喜んで食べてたけど、アレ砂糖100gくらい入ってるからね」

キノ「100g?たった100gならそんなに太る訳ないと思うんだけど」

エルメス「他にも脂質50g、タンパク質20g、他にもいろいろで、そうだなー……あれ一本で900キロカロリーくらいあったんじゃない?」

キノ「900キロカロリー?」

エルメス「うん、大体ね」

Oh...

支援

キノ「最近さ、なんか…あそこから血がでるんだけど」

エルメス「そんなことがあるのかい?」

キノ「うん…何なんだろう…最近胸とか大きくなってきたしさ…」

続きよろしく

あそこってどこだい?具体的に頼むよ

ボクっ子ってなんでこんなに可愛いんだろうな

>>62

キノ「具体的にいうと…その…おしっこするところ…」

だれか文才あるやつ早く

エルメスってキノの性別どう思ってるんだっけ
男か女かもしくは性別キノか

>>67
求婚されてるところとか見てるし誤解はしてないだろ

エルメス「それをキノは飽きもせず毎日毎日5、6本は食べてた訳だけど」

キノ「なんだか止まらないんだよね、チョコレート味の中にナッツの香ばしさが混ざり合って、モチモチとした食感とカリカリとした食感が飽きさせる事なく食欲を誘って」

エルメス「まあそれはいいけど、普通の食事も他にちゃんととってたから一日最低7000キロカロリーはとってると思う」

キノ「ふーん?」ゴクゴク

エルメス「キノ、さっきから飲んでるそれ……」

キノ「ん?なんかちょっとトロっとしてるけどすっごい甘くて美味しいんだ」

エルメス「それ原液だよ、水で薄めて飲むんだ」

キノ「ええ!?もう半分以上飲んじゃった……」

エルメス「まあ、うん、しょうがないよ」

ロリコンサムライさんちのティーは完璧な栄養管理とかされてそうだ

原液……カルピス?

キノ「そういえば」

エルメス「なに?」

キノ「さっきからエルメスが言ってるキロカロリーってなんの事?」

エルメス「モトラドの燃料みたいなものかな、ちなみにキノくらいの女の子は一日に普通1600キロカロリーくらいとれば十分だと思う」

キノ「1600……で、でも僕はほら、毎日運動してるし、エルメスにずっと乗ってるし!」

エルメス「それでも7000キロカロリーはとりすぎじゃない、大体最近は朝格闘の訓練もナイフの訓練も全然してないし」

キノ「だって」

エルメス「だって?」

キノ「体がちょっと重くて」

エルメス「うん、だろうね」

キノ「あぁ、最低だ……」

じゃぁ特定は難しいな・・・

>>95
サクラが有力だったような

エルメス「まあゆっくりダイエットしていけばいいよ、あせらないあせらない」

キノ「うん」

エルメス「でもあったら食べちゃいそうだし携帯食料は必要最低限だけ残して置いていこう」

キノ「……」

エルメス「キノ」

キノ「分かってるよ」

エルメス「はいはい」

何と言ってもキノの雰囲気からはどことなくネクラな感じが……

おや、宅急便かな?バイクの音がしたが

>>100
宅配キノ「カノンお届けに参りました・・・

シズ「おや、あの荷物はなんだ?」

陸「なにやら甘い匂いがしますね」

ティー「……」

シズ「携帯食料だ」

陸「まだ食べられるみたいですね、毒もない様です」

シズ「丁度食料が尽きかけてたところ助かった、ありがたく頂戴しておこう」

陸「そうですね」

ティー「……」クイクイ

シズ「ん?一つ食べてみるか?」

ティー「……うまい」ポリポリ

シズ「そうか、じゃあ出発しようか」



「デブの国」
糸冬

なん……だと……?

ありがてぇありがてぇ・・・!

ID:CbIelFZ+0が怖い

キノ「胸元がキツい……成長期かな」

エルメス「太ったんじゃない?」

バンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバン

エルメス「痛い痛い! 悪かったから叩かないで!」

キノ「次の国に着いたら新しく調達しないと」

エルメス「そういう文化がちゃんと発達してる国ならいいけどね」

エルメス「で、新しい国に着いて、入国手続きも終えた訳だけど」

キノ「この国の人の服ははみんな派手だなあ」

エルメス「キノの格好が逆に目立ってるや」

キノ「早めに服屋を探した方がいいね」

エルメス「お金はあるの?」

キノ「前の国で色々調達してあるし、売れば結構な額になりそう」

エルメス「着られなくなった下着を売れb『バンバンバンバンバンバン』痛い痛い!」

キノ「それは最終手段だからまだ出さない」

エルメス「さいですか……じゃあなんで僕は叩かれたの?」

キノ「……ノリ?」

エルメス「ボーボーだ!」

キノ「横暴かな」

エルメス「服屋に着いたよ」

キノ「大きいところだなあ……」

エルメス「この国では有名なお店みたいだね」

キノ「じゃあここで待っててね」

店員「あ、この大きさでしたらお連れのモトラド様もご一緒で大丈夫ですよ」

エルメス「なんと。じゃあご一緒にお邪魔します」

キノ「……」

店員「それで今日は何をお探しに?」

キノ「はあ、その、最近下着がキツくて」

店員「まあそれは大変!!」

キノ&エルメス「!?」

店員「自分に合った下着を身につけないと形が崩れたりして大変なんですよ!」

店員「お客様の場合はまだまだこれからも大きくなるんですから更に重要です!」

キノ「そ、そんな大げさな……着られたらいいですよ」

店員「良・く・あ・り・ま・せ・ん!!!」

キノ「ご、ごめんなさい」

エルメス「あのおねーさん……キノを圧倒している……!?」

店員「さあ、サイズを測りますからこちらへ!」

キノ「た、助けてエルメス……」

エルメス「ごめん、キノ。モトラドは手も足も出せないよ……」

キノ「あぁぁぁぁぁぁ……」

エルメス「グー……グー……」

……バシン

エルメス「ん……あ、お帰りキノ。どうだった?」

キノ「いろいろと大切なものを失くした気分だよ……」

エルメス「またまた大げさな」

キノ「うぅ……もう宿に戻りたい」

店員「はい! それではサイズも採れましたから、これから試着に移ります!」

キノ「……え?」

店員「何かご希望はありますか?」

キノ「そ、そんな……何でもいいですよ……」

店員「ではこちらでいくつかピックアップしますね? では試着室へ!」

キノ「助けてぇぇぇぇぇ……」

エルメス「あのおねーさんすごいなあ……」

エルメスは、ロリ女の子verキノも知ってるしな

新刊はまだか まだなのかあああああああ15巻ンンン

店員「まずはこちらのシンプルな白のタイプからどうぞ!」

キノ「あの……おねーさんはどうして一緒にいるんですか?」

店員「おひとりでは付けられませんか? ではお手伝いします!」

キノ「いやそういう意味じゃ……うわ! やめ、脱がさ……ん!」

店員「はーい、ではお付けしまーす♪」

キノ「わ! どこに手を突っ込んで……」

店員「しっかり脇のお肉も入れて寄せて上げないとだめですよ♪」

キノ「そんなのいらな……ん!」

店員「それでは次は下に行ってみましょう!」

キノ「」



エルメス「この国は平和だなぁ……」

素晴らしい

店員「はい! 一丁上がりです!」

キノ「疲れた……」

店員「ではお連れ様にも見ていただきましょう!」

キノ「……へ?」

店員「では、どうぞ!」

キノ「待っ、まだぼく下着d……」

シャー!!

エルメス「……」

キノ「……」

エルメス「……」

キノ「……あー、えーと……」

エルメス「大変だ! キノが女の子になっちゃった!!」

キノ「ぼくは最初から女の子だよ」

エルメス「冗談だよ。でも見違えたなー」

キノ「喜んでいいのかな……」

エルメス「タコにも化粧とはこのことか」

キノ「馬子にも衣装って言いたいんだろうけど結局失礼だね」

バシンッ

エルメス「あいた」

キノ「さて、それじゃあ……」

店員「次に行ってみましょう!!」

キノ「……はい?」

店員「まだまだ候補は沢山ありますからね! さくさく行きますよ!」

キノ「」

エルメス「で、紆余曲折あって宿に帰ってきたよ」

キノ「もう行きたくない……」

エルメス「下着数セットといっしょに服一式も買わされてたけど」

キノ「なんかもう買わないと帰してくれない雰囲気だったから……」

エルメス「折角だし着てみたら?」

キノ「……そうしてみようかな」

エルメス(あれ? 冗談じゃなく女の子みたいになってるぞ?)

キノ「ちょっとあっち向いててくれる?」

エルメス(なん……だと……?)

エルメス「無理だよ。キノが死角に行ってくれないと」

キノ「そりゃそうだ。……エルメスの死角ってどこ?」

エルメス「それを訊くのは野暮ってもんだよ」

キノ「着てみました」

エルメス「……」

キノ「えっと……感想は?」

エルメス「大変だ! キノが女の子になっちゃった!!」

キノ「それさっきやった」

エルメス「ちぇー」

キノ「スカートって穿くの何年振りだろう」

エルメス「そんなに脚を出して旅装には向かなそうだけどね」

エルメス「次に行った国で売れば結構いい値段で捌けるんじゃない?」

キノ「……まあ、一着ぐらいこういうのがあってもいいんじゃないかな……」

エルメス「……」

エルメス「で、その格好のまま出国するんだ」

キノ「……まあ、たまにはね」

エルメス「そんな女の子女の子した格好師匠に見られたら……」

キノ「……考えたくもないよ」

エルメス「軽装の女の子が一人旅なんて、賊に襲ってくださいって言ってるようなもんだけど」

キノ「まあ武装だけは怠ってないから何とかなるよ」

エルメス「でもスカートをちゃんとお尻の下に敷いてないから丸見えに」

キノ「!!!」

エルメスに女の子っぽい服装で乗るキノが地味に想像出来ない

賊A「お嬢ちゃん……かわいいおべべを着ちゃって『バン』

賊B「グヘヘ……おじさんと遊『バン』

賊C「あらまあかわいいおしり『バン』

賊D「ヒャッハ『バン』

エルメス「想像以上だった」

キノ「まあ、身包みはがして結構な儲けになったけどね。非常時にはいいかもしれない」

エルメス「……キノ、発想が恐ろしいよ」

キノ「~♪」


「服飾の国」
終われ

シズ「言い値で買おう」

ありがてえ・・・キノさんペロペロ

>>162
ティー「・・・( 手榴弾)

http://h2.upup.be/f/r/f1C1sYKRYW.jpg

>>166
Oh...

書いてくれた方、感謝です
可愛いいキノさん見れて余は満足じゃ

最近臭いキツくなってきたかなに見えて期待して開いたらちょっと違ったでござる

>>184
キノ「そんなに酷い?」

エルメス「やばいよ。かなりね」

キノ「最近野宿続きの上に水浴びもできないから……」

エルメス「女の子として以上に人としてやばいよ」

キノ「……モトラドの嗅覚ってどうなってるの?」

エルメス「それを訊くのは野暮ってもんだよ」



こうですかわかりません

構わん、続けろ

キノ「具体的にどうやばいの?」

エルメス「んー、女の子の体臭に興奮する嗜好の持ち主が裸足で逃げ出すぐらい」

キノ「僕にはちょっと分からないな」

エルメス「うん、言ってみてなんだけど僕にもよく分からない」

エルメス「そうだな……どっかの国にあった『チーズ』ってものが腐ったような感じ」

キノ「あー、チーズね……ジュルリ」

エルメス「その反応はどうかと思う」

キノ「とりあえず、次の国に入ったら速攻シャワーを浴びよう」

エルメス「入れてもらえるかな?」

キノ「……そんなに酷いの?」

エルメス「その可能性は無きにしも非ずってとこだね」

キノ「そんなまさか……」

エルメス「まあ所詮モトラドの嗅覚だしね。……あ、次の国が見えてきた」

キノ「そんなに酷いかな……」クンクン

キノ「すみません、入国の許可をお願いします」

門番「あ、はいわかりまs……!?」

キノ「……?」

門番「なんだ貴様! チーズが腐ったみたいな臭いさせやがって!!」

キノ「!?」

エルメス「あ、当たってた」

門番「そんな不衛生な人間に入国許可は与えられない! おら! 帰った帰った!」

キノ「そんなあ……」

エルメス「あららー」

キノ「……」

エルメス「……」

キノ「……結構傷ついた」

エルメス「……まあ仕方ないね。どこかで体を洗えるところを探さないと。それと洗濯も」

キノ「仕方ないか……確かここからあんまり遠くないところに川があったと思う」

エルメス「なんと都合のいい展開。跨いだうねとはこの事だ」

キノ「渡りに船……って無理がない?」

エルメス「川に着いたよ」

キノ「さてと、さっさとキレイになってしまいますか」ヌギヌギ

エルメス「人目がないからってためらわないなー」

キノ「うるさい」バサッ

エルメス「うわ、脱いだ服を投げないでよ! 汚いなー」

キノ「失礼だな。まあ否定できないけど」

エルメス「話を戻すけど、無防備すぎやしない? 暴漢にでも襲われたらどうするのさ」

キノ「暴漢ぐらいどうにかできなくちゃ一人旅なんかできないよ」

エルメス「なんとまあ頼もしい」

キノ「さて、それでは体の汚れを洗い流しますか」

エルメス「準備体操はしなくていいの?」

キノ「裸で体操は恥ずかしすぎるよ」

エルメス「キノの羞恥心の基準が僕には分からないなあ……」

キノ「それでは……おお、ひんやりとして気持ちいい。結構深さがあるからしっかりつかれそう」

エルメス「僕も洗ってよー」

キノ「はいはい、あとでね。ふぅ……」

キノ「……あれ、この川、結構魚がいるんだね」

キノ「……ていうか、僕に集まってるような気がするのは気のせいだよね?」

エルメス「キノの体の垢を餌だと思ってるんじゃないかな」

キノ「そんな馬鹿な!?」

エルメス「でもどこかの国で足の角質を食べる魚を見たじゃん」

キノ「それは、そうだけど……ひっ!?」

エルメス「何ー?」

キノ「魚が変なとこをつついて……ひゃう!?」

エルメス「なんとまあ、あとがきのネタにされそうな変な声をあげちゃって」

キノ「冗談じゃな……わあああああああああああ!?」

エルメス「おお、キノのところに魚が集まってとんでもないことに」

キノ「ぜぇ……ぜぇ……」

エルメス「おかえりー」

キノ「どうしてこんな目に……」

エルメス「さあ、清潔にしてなかった罰か、大いなる意思によるものか」

キノ「……気を取り直して洗濯でもしよう」

エルメス「えー? 洗車はー?」

キノ「僕を助けてくれなかった罰としてもう少し泥にまみれてなさい」

エルメス「理不尽だ!」

キノ「おお、水が濁る濁る」

エルメス「ちょっと前までそんなの着てた訳だ」

キノ「それは気にしちゃダメだよ」

エルメス「さいですか」

キノ「洗剤切らしてるのが心残りだけど。折角だからみんな洗っちゃえ」

エルメス「キノ、景気良く洗濯してるのはいいんだけどさ」

キノ「何?」

エルメス「着替えはあるの?」

キノ「あ」

キノ「……」

エルメス「……キノ、やめといた方がいいと思うよ?」

キノ「大丈夫、しっかり水気は切ったから」

エルメス「洗濯してすぐの物を着るなんて止した方がいいよ。風邪ひいちゃうよ」

キノ「大丈夫……せめて下着だけでも……」



キノ「……ひゃう!?」



エルメス「……」

キノ「……」

エルメス「……キノ、洗車してくれない?」

キノ「……そうだね、もうほかにできることもないしね」

キノ「幸い天気もいいから、下着ぐらいはすぐに乾くよね?」

エルメス「あー、冷たくて気持ちいい……」

キノ「……」バシッ

エルメス「あいた。なにすんのさ」

キノ「エルメスは服とか気にしなくていいなあと思って」

エルメス「やつあたりじゃないか!」

キノ「~♪」

流石にパースエイダーは付けてるだろ

キノ「はいおしまい」

エルメス「あー、すっきりした。生き返ったよ。ありがとね、キノ」

キノ「……」ギュウ

エルメス「……キノ? 急に抱きついてどうしたの?」

キノ「……座るところが熱を持って、こうすると気持ちいいんだよね」

エルメス「……そっか」

キノ「……」

エルメス「でもキノの胸板はあんまり気持ち良くないかな」

バシンッ

エルメス「あいた」

キノ「下着の方は……あと少しかな」

エルメス「じゃあ、ご飯にでもしたら? 幸い、魚ならいくらでも捕れるんだし」

キノ「いくらでもって……ジュルリ。じゃあちょっと行ってくるかな」

エルメス「え、ちょっと、キノ?」

キノ「えい」ザブーン

キノ「わあああああああああああああああ」バシャバシャバシャバシャ!!!!!!

エルメス「魚を集めた後のこと考えてなかったよね」

キノ「……はぁ……はぁ」

エルメス「10代そこそこの女の子が一糸まとわぬ姿で川辺に身を投げ出す図って壮絶だよね」

エルメス「僕はモトラドだからよくわからないけど」

キノ「でも2匹捕ったよ……」

エルメス「すごい執念だ!」

キノ「とりあえず固形燃料で焼こう。焼いてる間に次行こうか」

エルメス「あの……キノ? そんなに魚が集まるなら脚浸けてるだけで十分じゃない?」

キノ「あ……」

……バシンッ!

エルメス「何で!?」

キノ「……」モグモグ

エルメス「まあ、なんとか十分な食料を確保できてよかったね」

キノ「でもいい加減服を着たい」モグモグ

エルメス「そろそろじゃない? ジャケットとズボンはもう少しかかりそうだけど」

キノ「じゃあ下着だけ着てさっきの国に戻ろうか」モグモグ

エルメス「今度は違う理由で追い返されそうだね」

キノ「むう、じゃあエルメスに洗濯ものを縛って走ればもっと早く乾くかな」モグモグ

エルメス「下着姿でモトラドに乗る女の子の図も壮絶だよね」

キノ「ごちそうさまでした」

キノ「さて、じゃあ下着の具合は……おお、もう大丈夫そう」

キノ「それではさっそく……」ゴソゴソ

キノ「ふぅ、やっぱり収まるところに収まるものが収まると気分がいいね」

エルメス「収めるほど無いじゃん」

バシバシバシバシバシバシバシバシバシバシバシ

エルメス「痛い痛い痛い痛い」

キノ「さて、残りの服が乾くまで何をしてようか」

エルメス「川に入る前にやり損ねた準備運動でもしたら?」

キノ「なんで今更。でも体操は悪くないかも。あーでも、うーん」

エルメス「なにか問題があるの?」

キノ「いや、なんていうか……」

キノ「ホルスターの紐が擦れたり食い込んだりで痛いんだよね……」

エルメス「あー……」

キノ「そんなこんなで服も乾いたよ」

エルメス「なんというご都合展開」

キノ「じゃあ早速……」ゴソゴソ

キノ「ふう、これでやっと国に入れる。酷い目にあった。酷いよエルメス」

エルメス「なんで僕のせいになるのかな?」

エルメス「でもこうやってすっぽんぽんで過ごすのも意外と嫌じゃなかったりして?」

キノ「そんなこと…………ないよ」

エルメス「なんでちょっと考えたの?」

キノ「さあ、さっきの国に戻ろう」



[本日の入国審査は終了しました。また明日お越しください]

キノ「……また野宿か……」


川辺の話
終われ

>>251
オチもついて内容しっかりしてるな
良いセンスだ
キノの作者様が見たらどう思うだろうか

案外本人が書いてるなんてオチはないよな?

>>253
身に余る賛辞に恐縮ですが時雨沢氏本人には足のつま先にも及ばないです

エルメス「なんで川辺に帰ってきたの?」

キノ「入国できなかったからね」

エルメス「なら仕方ないね。じゃあなんでおもむろに服を脱ぎ出すの?」

キノ「夕飯を調達しないといけないからね」

エルメス「ならしかたないね。じゃあなんでそんなに楽しそうなの?」

キノ「気のせいだよ」

エルメス「キノだけに?」

バシン

エルメス「あいた」

キノ「さてと、水につかる前には準備体操しないとね……」

エルメス「あれ? 恥ずかしいんじゃないの?」

キノ「別に誰も見てないから大丈夫だよ」

エルメス「え……」

キノ「さあ、夕飯の調達といきますか。えい」ドボーン!

エルメス「あ」

キノ「ひゃああああああああああああああああ」バシャバシャバシャバシャ

エルメス「キノ……まさか本当に……」

魚オナニー…

キノ「はぁ……はぁ……もううんざりだよ」

エルメス「頬を染めて言うセリフじゃないよね」

キノ「とりあえず2匹」

エルメス「ああ、それは欠かさないんだ」

キノ「……」ジーッ

エルメス「……キノ?」

キノ「今の格好でエルメスに跨って風を切ったら気持ちいいかな……」ボソッ

エルメス「キノ!?」

キノ「冗談だよ」

入国後2日目の深夜、パースエイダーすら持たずに全裸で国を徘徊するクセが…

エルメス「勘弁してよ……割と洒落になってない」

キノ「あはは……じゃあまた魚捕ってくるね、えい」ドボーン

エルメス「ああ、そっちはやめないんだ」

キノ「……あれ、魚の集まりが悪い」

エルメス「もう体中の垢を食べつくされたんじゃない?」

キノ「ああ……なるほど」

エルメス「……心なし残念そうなのは何で?」

キノ「そ、そりゃあ、夕飯の調達が難しくなっちゃうから……」

エルメス「何でちょっと言い淀んだ……」

キノ「……んー、こんなもんかな」バシャバシャ

エルメス「集まりが悪いと言いつつもこれは乱獲のレベルだよ」

キノ「……そうかな? まあどうせいっぱいいるから大丈夫だよ」

エルメス「一番しちゃいけない言い訳だなー……」

キノ「さーて、火を起して夕飯の準備だ。日が暮れる前に支度をしないと」

何で画像が少ないんだよ!馬鹿野郎!

http://momogaku.s17.xrea.com/up/source/up1644.jpg

キノは抜く対象には入らない
つーか襲ったら確実に死ぬよな

キノ「さてと、どこに寝床を作ろうかな」モグモグ

エルメス「ここじゃダメなの?」

キノ「川辺は大型の猛獣が出たりするかもしれないからね」モグモグ

エルメス「なるほどね、いろいろ考えないといけないか」

キノ「罠を仕掛けられるところにするかか、見晴らしのいいところにするか……」モグモグ

エルメス「まさか裸のままで移動を……」

キノ「さすがにそれは……」モグモグ

……ガサッ

キノ「!」モグッ

>>276
でももしもキノにレイプ願望があったら…?

>>279
全力で襲おう
死んでも構わん

??「動くn『バン』バタッ

エルメス「速っ」

キノ「だってナイフ持ってるし、ためらったらこっちの命が危ない」モグモグ

エルメス「それにしても……ていうかこの人なんだろう、盗賊?」

キノ「みたいだね。火、使ってるから目立ったかも。やっぱり移動した方がいいな」モグモグ

エルメス「でも食べる手は止めないんだね」

キノ「食べられるときに食べておかないと旅人はやってられないよ」モグモグ

エルメス「全裸ホルスターで焼き魚を貪る女の子に撃たれて終える人生ってどうなんだろう」

キノ「場合によっては本望なんじゃな?」モグモグ

>>280
サモエド仮面「そこまでだ!」

ヤられる前にヤる…ゴクリ…

キノ「ごちそうさまでした」キュップイ

キノ「さてそれではさっきの盗賊さんを……」ゴソゴソ

エルメス「……キノ、いくら自分がモテないからって死んじゃった人を襲うのは感心しないよ?」

キノ「違う! 折角だからお金になりそうなものを頂いておこうと思って」

エルメス「たくましいなあ……」

キノ「じゃあ移動しようか」

エルメス「全裸で?」

キノ「違う」

エルメス「本当に?」

キノ「……あ、当たり前じゃないか……」

エルメス「キノぉ……」

シズ「素晴らしいな」

>>297
結局あの人キノにのぞきと間違われてたよね
冗談のつもりが撃ち殺されて覗きと間違えられて人生を終えるなんて
そもそも銃を向ける予定だった友人は既に死んでいたしね
救いはみじんもなかったなあの人

キノ「さて、無事に夜が明けました」

エルメス「全裸で」

キノ「違う。じゃあ早速例の国に行ってみようか」

エルメス「全裸で」

キノ「違う。そんなことしたら追い返されちゃうから」

エルメス「本当? もうむやみやたらに服脱いだりしない?」

キノ「なんか……ごめんね」

残っていたとは・・・
キノさん素晴らしい

>>299
撃たれなかった場合→故郷の滅亡、家族と幼馴染の死を知り絶望

撃たれた場合→よく分からず死亡。最後に見たのはキノの全裸


まだ救われてるだろう

キノ「すみません、入国の許可をお願いします」

門番B「ああ、はい、どうぞ」

キノ「あれ、昨日とは違う人なんですね」

門番B「ああ、彼は……死んだよ」

キノ「へえ?」

門番B「ついさっき、この国の近くの川で撃たれて死んでいるのが見つかったんだ」

門番B「この国は門を閉めるのが早いからあの辺で野営をする旅人が多いだけど、そういう人を狙った夜盗が頻発してたんだよね」

門番B「彼がどうしてそこにいたかは分からないけど、きっとその賊のせいじゃないかな」

キノ「それは大変でしたね」

門番B「国民が殺されるなんて珍しいことだからね……おっと、それでは旅人さん、ようこそ我が国へ」



川辺の話2
終われ

>>310
入国審査で遺品が見つかって大惨事に一票



>>312
門番B「アッ!これはAがもってた×××××じゃないか!」

キノ「その、これは…」

門番B「怪しいな…ちょっと身体検査させてもらいます、とりあえず服を脱いでください」

キノ「…っ」ゾクッ

>>315
その展開は考えてなかったwww

それ以上はやめろぉぉぉお!

そういやキノ旅は11巻までしか持ってなかった恥ずかしい
そして11巻のあとがき読んだら時雨沢先生的には二次創作アリなんだね
18禁も歓迎だという……ふむ

アリソン、リリトエレ、メグセロ読んだけどどれも中々面白いで
読んで損は無いとだけ言っておこう

アニメやってたよね
でもNHKアニメは何故か見る気が起きない

アリソンは知り合いがブヒブヒ読んでて読む気失せた

そんなブヒブヒな内容じゃないから安心しろ

セクロスが盛んな国でキノちゃんが身体を許す話は無いの?

時雨沢作品はアニメスタッフや声優に恵まれて無い感じだな
キノ旅は作画が哀れな事になったりアリソンは声優が残念な感じ

>>343
セクロスがスポーツ化してる国に行った事あるけどそう言う事は無かったです

門番B「さあ早くするんだ」

キノ「……僕を疑いますか…」

門番B「当たり前だ、脱ぐんだ」

キノ「……だったら賭けをしませんか?」

門番B「賭けだと?」

>>344
声優は豪華じゃね?
水樹奈々しか覚えてないけど

>>347
そうか? アリソンの声とかアレな感じだったと記憶してるんだが

おやすみ~

すまん、記憶違いだったようだ
この歳になると記憶が曖昧になってのー
あれだ、アリソンのツレの男の声が微妙だったんだっけか

>>352
くまいもとこじゃないか

キノのエロを考えたとき、どうしてもキノ×エルメスしか妄想できなかった

>>353
あれー誰が微妙だったんだっけなー
あの二人以外の全員だったっけか?
なんか声優が残念とか言われてた記憶が……

エルメスで角オナするキノの物語が浮かんだ

>>357
グリップなら入るかな……?

そういえば以前にキノをレイプするにはドウしたらいいか議論してたスレがあったな

食料に一服盛るのが手っ取り早いかね

>>361
たぶんそれも俺が立てたスレだ

キノの手料理を笑顔で頂ければ簡単にオチるよ

>>369
意識が落ちないか?

>>345
で書きたい、下手かつ遅いけど

>>374
お願いします

じゃあ>>374が頑張ってる間に>>354で準備してみるか……誰得だけど

キノ「ええ、前によった国で見たゲームですよ」

門番B「ふむ・・・ゲームか・・・ルールは?」

キノ「簡単です、ジャンケンをして負けた方が脱ぐんですよ、ゲームの名前は忘れましたけどね」

門番A「・・・いいだろう、まずは私からだ」

キノ>>383

門番A>>385

無理矢理嫁にされそうになった話しもあったよな
女の子に助けてもらったような
その時も麻薬か薬盛られてたなキノ
子供たちだけ生き残ったっていうのがオチだったっけ

>>383
夫になる予定だった男に助けられて
麻薬は盛られそうになったけど回避して
生き残った子供たちも薬で……って言う話だった気がする

半雑談スレで安価SSとか正気か

なんたる偶然! 面白い事もあるもんだなぁ

>>389
よく考えたらグダグダになるな・・・すまん

安価なしにするわ

安価先コンマ奇数偶数で勝ち負け決めるとかでいいんやないかな

キノ→グーチョキパー

門番A→パー

キノ「ドヤッ」

門番A「・・・どういう意味だ?」

キノ「ふふふ・・・これはぐーちょきぱーどいってどの手にも勝てるんですよ」ドヤドヤ

門番A「モトラドくん?」

エルメス「う~ん、まぁいわゆる反則だね、この勝負はキノの負けかな」

キノ「ドヤ?」

エルメス「それどころかペナルティとしてこのゲーム自体キノの負けでいいんじゃない?」

そう、シズ様のようなイケメンである可能性も残されているッ!

萎えるのでイケメンか百合で

キノさんマッパ!キノさんマッパ!!

DVD!DVD!

14巻買ってなかったわ

wktk

ID:THyZ5W2t0はどうなったってばよ?

>>354書けたけど誰だてめぇって感じになっちった

キノ「ハァ……ハァ……」

バンバン

エルメス「むにゃ……なに、キノ? もう朝?」

キノ「ごめん……どうも寝付けなくて……」

エルメス「なんだって!? キノ、大丈夫!? 頭でも打った!?」

キノ「茶化さないで」

エルメス「ああ、ごめん。でも普通じゃないよ」

キノ「うん……なんか体が火照ってるんだよね……」

エルメス「あー……」

キノ「どうしたらいいかな……」

エルメス「そうだね、前は冗談だったけど、ホントに全裸ドライブを実行してみればいいんじゃないかな」

キノ「……」ジーッ

エルメス「なーんて……」

キノ「……」ジーッ

エルメス「……キノ?」

キノ「……」ジーッ

エルメス「……まさかだよね?」

キノ「……いいかも」ヌギヌギ

エルメス「キノ……?」

エルメス「ああ、どうしてこうなった……」

キノ「ああ……すごい、風が……振動が……効くぅ……」

エルメス「さいですか、それなら良かった。ところでサドルが湿っぽい気がするんだけど」

キノ「んん……き、気のせいじゃないかな……ひぅっ」

エルメス「そっか、気のせいなら大丈夫だね」

エルメス「でも事故を起さないようにだけは気をつけてね?」

エルメス「その格好で横転したら本当に洒落にならないから」

キノ「大、丈夫……だっ、から……はぅっ」

エルメス「とりあえずまた寝床に戻ってきたけど」

エルメス「どうだった? 少しは落ち着いた?」

キノ「ハァ……ハァ……逆効果……かも……」

エルメス「あちゃー」

キノ「ハァ……ハァ……あっ」

エルメス「ん? どしたの」

キノ「フレームがひんやりしてて……ココつけると気持ちいいなって……」

エルメス「なんか動物の交尾みたいな姿勢になっちゃった……」

キノ「ああ、すごい! 荷台の角のところすごい!!!」ギシギシ

エルメス「わわわわわわ、ゆゆゆゆゆゆれれれれれれるるるるるるる」

キノ「なんっか、来る、来る!」ギシギシ

エルメス「ななななななにににににににががががががが????」

キノ「あ、あ、あ、あ、あ、あああっ!!!」プシャー!

キノ「あ……あ……ああぁ……」ビクンッビクンッ

エルメス「……キノ、荷台が水浸しになった気がするんだけど、これも気のせいかな……?」

キノ「……うん、気のせいだよ……」

エルメス「そっか……なら大丈夫だね」

エルメス「で、いい加減落ち着いた?」

キノ「……まだ、まだココの中が……物足りない……かも」モジモジ

エルメス「あー……」

キノ「……」モジモジ

エルメス「パースエイダーでも突っ込んだら?」

バシッ

エルメス「痛い!」

キノ「そんな危ないことできないよ!! それに本体も痛むし……師匠にばれたら……」ガクガク

エルメス「あー、そういう分別はまだ付くんだ……」

キノ「ねえ、どうしたらいいかな……」モジモジ

エルメス「そうだな……」

キノ「……」モジモジ

エルメス「……ハンドル使ってみる?」

キノ「!」

キノ「ハァ……ハァ……」ジリジリ

エルメス「……ねえ」

キノ「あ、っと……ちょっと……で……」ジリジリ

エルメス「……ねえってば、キノ」

キノ「届か……な……い……」ジリジリ

エルメス「ねえ、聞いてる? キーノー」

キノ「なんだよ!! あとちょっとなんだから静かにしててよ!!」ジリジリ

エルメス「すごく真剣になってるところ申し訳ないけどさ」

エルメス「僕を横に倒した方が手っ取り早くない?」

キノ「!!」

ガシャーン!

エルメス「扱いがぞんざいだ!!」

キノ「ごめ……でも、もう我慢が……」ハァハァ

エルメス「仕方ないなぁ……。無理しちゃだめだよ?」

キノ「うん……はぁぁぁっ」

エルメス「キノ?」

キノ「は……入った……」ガクガク

エルメス「早っ!?」

キノ「う……動くよ……?」プルプル

キノ「はぁ、はぁ、すごい、すごいこれ!!」ジュップジュップ

キノ「おっきい! おっきい!」ジュップジュップ

キノ「それ、に、ブレーキ、が、おなか、ひっか、い、て!」ジュップジュップ

キノ「腰、止まらない、よぉっ!!!」ジュップジュップ

エルメス「……」

キノ「ハァ……ハァ……また……来そうっ!」ジュップジュップ

エルメス「……いいよ、好きなように」

キノ「来る、来る、来る、あ、あ、あ……」ジッュプ…




キノ「ああああぁぁぁぁぁああああああ!!!!」プシャー!!




キノ「あ……あ……あぁ……あぁぁ……」ビクンッビクンッ

エルメス「……落ち着いた?」

キノ「……うん」ズルン…

エルメス「そう、じゃあすぐに僕を起して、汚したところを拭いてくれると助か――」

フラフラ……パタリ

エルメス「……キノ?」

キノ「……クー……クー……」

エルメス「……すっきりしたら眠くなっちゃったか。勝手なんだからもう」



キノ「…………エルメ…ス……ゴメ…ね……ゴメン……ね……クー……」



エルメス「……まあいろいろ言いたいこともあるけど明日でいいや」

エルメス「あられもない格好で風邪なんてひいちゃダメだよー?」



モトラドを食った話
終われ

人を喰った話ってのがあったからつい……ね

ttp://fsm.vip2ch.com/-/sukima/sukima211048.jpg
うん

>>451
ほう……

つーか、スレタイから随分それちゃったな
どうしてこうなった

よし、じゃあ次は誰が行こうか!

スレタイを見てやはり思ったが、たまに建つキノスレは伸びる不思議

>>462
半日以上張り付くバカがいるんだろう


俺とか

結構好きな奴いるんだな
でもこれって本屋で買いずらいよね

>>467
大丈夫、もっと買いずらい本ヘーキでレジに通すから

>>472
高確率で薬→凌辱→なんやかんやで脱出だよな

中には身体売ってガソリン入手なんてのもあったけどね

店の種類にもよるだろうけどね
K-BOOKSとかたちばな書店ならエロマンガ買うのにも抵抗がない

同人誌はキノとシズが夫婦やってる健全モノしか持ってないなー

>>475
これ?

ttp://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=18299418

>>479
これだこれ

同人誌と混同してたか

>>480
昔書いた同人誌をそのままアップしてるみたいだから勘違いではないんじゃない?

しかし無いもんだね……モトラド姦

キノ「モトラドのマフラーも穴なんだよね……?」ゴクリ

エルメス「キノ、目がぐるぐるになってるよー」


……って、確か前にキノが2chの国を巡るssでそんなのがあったなー

>>483
2chの国wwww

>>483
入国審査の人がお前らだったやつか

>>485
それそれ、鬼女やら801板を巡ったりといろいろ素敵な内容だった

キノ「胸を大きくする方法か……」

エルメス「どうしたの、虻から脳に」

キノ「何それ怖い。藪から棒だね」

エルメス「そうそれ。で、そうしたの」

キノ「いや、僕はもともと男っぽくしてるんだけど」

キノ「体つきが女っぽくなればもう開き直ってっていいんじゃないかなって」

エルメス「その理屈はどうなんだろう」

キノ「まあ、うん、正直なところ、大きい胸が妬ましいです」

エルメス「素直でよろしい」





見切り発車ですよー

エルメス「で、具体的に何か方法があるの?」

キノ「うん。さっきこの国の図書館で借りてきた」

エルメス「そんな本をしれっと借りれてしまう時点で女の子らしくないよね」

バシッ

エルメス「痛い」

キノ「じゃあ読んでいこう、この『今日から始める豊胸』とやらを」

エルメス「無駄に渋いタイトルだなぁ」

キノ「その一、牛乳を飲むべし」

エルメス「よく聞くの来たなー」

キノ「成長剤を投与された乳牛のお乳には、胸を大きくする作用があるらしい」

エルメス「あまり健康的に聞こえない」

キノ「じゃあちょっと牛乳買いに行ってくる」

エルメス「ちょっと待って、キノ」

キノ「何? エルメスは僕の胸の成長の邪魔をするの?」

エルメス「ひどい被害妄想だな。そうじゃなくて」

エルメス「この国の乳牛には成長剤が投与されてるの?」

キノ「……さあ?」

エルメス「……」

キノ「……次行こうか」

エルメス「……そうだね」

キノ「その二、揉むべし」

エルメス「またまたよく聞くものを……」

キノ「なんか刺激がいいんだって。女性ホルモンの分泌を促すとか」

エルメス「一応根拠はあるんだ? で、やってみるの?」

キノ「それはもちろん」グニグニ

エルメス「……で、ご感想は?」

キノ「……よくわかんない」グニグニ

エルメス「そっか、この本によると男の人にやってもらうと効果的らしいけど」

キノ「……」グニグニ

エルメス「……キノ?」

キノ「次行こうか」グニグニ

エルメス「そっか……」

キノ「その三、大豆を摂るべし」グニグニ

エルメス「おお、それはあんまり聞かないかも」

キノ「イソノ……なんとかって成分が母乳を作るところを発達させるらしい」グニグニ

エルメス「磯野? 海の何かなのかな?」

キノ「わかんない。ところでエルメス」グニグニ

エルメス「何?」

キノ「大豆って何だろう?」グニグニ

エルメス「……さあ。磯野なんとかっていうんだから海で採れるんじゃないの?」

キノ「でもこの国に海はないよ?」グニグニ

エルメス「……これも無理じゃないかな」

キノ「次行こうか……」グニグニ

キノ「その四、恋をするべし」グニグニ

エルメス「突拍子もないな!?」

キノ「恋に落ちると女性ホルモンの分泌が活発になるらしいよ」グニグニ

エルメス「なんか一番キノには無理そうだね」

キノ「失敬な」グニグニ

エルメス「えー、だってキノは一人で生きていけるタイプの人じゃん」

キノ「そんなことないよ。僕にだって気になる人くらいいるさ」グニグニ

エルメス「例えば?」

キノ「……えーっと……」グニグニ

エルメス「……」

キノ「…………陸君……かな」グニグニ

エルメス「なん……だと……?」

キノ「あのもふもふのふわふわのふかふかをギューっとすると気持ちいいんだよね」テレテレ

エルメス「……」

キノ「なんかほっこりしてて温かいし」デレデレ

エルメス「……」

キノ「あー、またぎゅーっとさせてくれないかなー。えへへ」デレデレ

エルメス「……キノ」

キノ「んー? 何ー?」グニグニ

エルメス「それは、恋じゃ、ない!」

キノ「えー!?」グニグニ

キノ「ま、まさかそんなこと……」グニグニ

エルメス「だって毛並みにしか注目してないじゃん」

キノ「そ、そんなことないよ……うん……」グニグニ

エルメス「ホントに?」

キノ「当たり前だよ……」グニグニ

エルメス「じゃああの犬と、寝心地抜群のふかふかベッドどっちがいい?」

キノ「え? んー……」グニグニ

エルメス「うん、そういうこと」

キノ「ハッ!」グニグニ

キノ「酷いよエルメス、今のは誘導尋問だよ」グニグニ

エルメス「どう考えても誘導されたキノが悪いでしょ」

キノ「むぅ……」グニグニ

エルメス「キノの恋は所詮、勘違いに過ぎませんでしたとさ」

キノ「どうも納得がいかない……」グニグニ

エルメス「キノにはまだ早かったかな?」

キノ「……あ、そうだよエルメス! 陸君を抱っこしてふかふかベッドで寝れば完璧だよ!」グニグニ

エルメス「いい加減にしなさい」

キノ「ちぇー……あ、本のページが終わった」グニグニ

エルメス「思った以上に薄いな! そして浅いな!!」

キノ「どうしよう、僕には胸を揉む以外にできることがないんだろうか」グニグニ

エルメス「そういえば、ずっと揉んでたね、キノ……」

エルメス「まあ、現状はそういうことになるのかな」

キノ「そんな……こんなのってないよ……」グニグニ

エルメス「そこまでショックを受けるキノも珍しいな……」

キノ「だって僕は成長の可能性を奪われた上に、恋心をズタズタに引き裂かれたんだよ?」グニグニ

エルメス「誇張表現はやめなさい」

エルメス「まあ、恐らく成長期はこれからだろうし、よく食べ、よく寝るのが一番かな」

キノ「なんか普通……」グニグニ

エルメス「仕方がないよ。思い通りに成長できる人なんていないんだから」

キノ「そんなもんかなぁ……ひゃぅっ」グニグニ

エルメス「そんなもんだよ……キノ? どうしたの?」

キノ「あ、えーっと、こうしてたらだんだん変な気持ちになってきて……っあン」グニグニ

エルメス「なん……だと……?」




図書館のある国
終われ

キノなんてよんだことない俺がなんでこのスレ開いたんだろう…
これを期に読んでみようかな

>>518
キノ旅は基本的にシリアスな話が多いから、
ぶっ飛んだのが読みたければ学園キノの方がいいかも?

キノは僕じゃなくてボクだろ!
重要ポイントだぞ!!

>>520
ぎゃあ、なんてこった
もう寝た方がいいかもしれない

キノの眼球取り出して、内側を舐めたい

>>522
ID:CbIelFZ+0と同じ発想の人間が……同一人物?

さて、朝まで残ってたらいいな……

エルメス「そうかな?あまり変わらない気がするけど」

キノ「いつも厚着だから。気付かないよ」

エルメス「成長期ってやつだね」

キノ「早いとこ次の国につかないと」

キノ「下着なしだと……んっ……擦れて嫌な感じだ」

エルメス「もしかして、何も着けてないのかい?」

キノ「ああ。代わりがないからね」

エルメス「キノ!それは避雷だよ!」

キノ「卑猥、ね。」

エルメス「キノ、本当にここで買うの?」

キノ「ああ。仕方ないよ。ここが一番近かったんだ」

エルメス「キノが気にしないならいいんだけどさ」

キノ「気にしないとは言ってないよ。仕方ないと言ったんだ」

エルメス「それにしてもこんな国……ありそうでなかったよね。今まで」

キノ「国の中にはあったけど、国そのものが、って言うのは見かけなかったね。まぁボクには関係のないことだ」

エルメス「そんなこと言って実は興味あるんじゃ」

キノ「えい」ガンッ!

エルメス「いたっ!ぼーりょくはんたい!」

アンッアンッ

キノ「……」スタスタ

エルメス「……」

ギシッアンッ

キノ「……」スタスタスタスタ

エルメス「……」

アーッ

キノ「……」

エルメス「……キノ」

キノ「エルメス、何も言うな。」

エルメス「……」

カランカラン

キノ「誰かー」

店主「やぁ、いらっしゃい」

キノ「あの、えー……下着を頂けますか」

店主「ああ、それなら……おーい、店女!お客様だ」

店女「はーい」

キノ「あの、下着を。」

店女「あら旅人さん?どうぞこちらへ」

シャーッ

店女「ここへ上がって。あ、靴は脱いでね」

キノ「わかりました」カポッ

店女「えーっと、どんな感じがいいかしら?」

キノ「感じ……普通の、普通のやつで」

店女「普通の……うーん…………」

店女「ちょっとわからないわ。一番人気という意味かしら?」

キノ「あ、一番動きやすいのを」

店女「あ、動きやすいのね。わかったわ」

キノ(大丈夫かな……)

店女「いくつかあったわよー」

キノ「はい」

店女「まず、これは股下がO字になっているやつで、挿入の際に」

キノ「あ、あの!」

店女「はい、なんでしょう」

キノ「そういうのは好みではないので……」

店女「あらあら。じゃあ……」

店女「これはどう?紐のような型に、前部分だけは広い作りになっているわ。いわゆる紐パンね。」

キノ「いや、それもちょっと……」

店女「そう?じゃあねー……あ、これはどうかしら」

店女「腰部分にフリルが付いててね、下の部分は紐パンににてるんだけど」

キノ「いや、それも……」

店女「そうよね。これはもう下着と言うよりは装飾品だもの。」

キノ「失礼ですが、動き易いの意味を勘違いるのでは……」

店女「え?動き易いのでしょ?わかってるわよ。セックスし易」

キノ「あの!そうではなく、運動し易いという意味で」

店女「あってるじゃない。セックスって運動でしょ?」

キノ「……なるほど。」

秋田県

>>547

店員「でしょう!?じゃあこれは決まりね!他には・・・」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

エルメス「おそかったね、キノ」

キノ「ああ・・・たくさん選んでもらったよ」

店員「うふふ、どれもお似合いでしたよ?」

店員「ところでキノさん、この街で今日行われるファッションショーは知っていますか?」

キノ「?初耳ですね」

店員「街中の服屋さんがそれぞれの店の最高の商品をモデルさんに着てもらって市民の皆さんに披露するんです」

エルメス「へー、面白そうだね」

店員「それでね、キノさんには今日着た下着を付けてそれに出てもらえないかなって思ったのだけれど・・・」

まぁ戻ってくるまで保守がわりに


キノ「・・・?あれを着て人前に出るんですか?」

店員「はい、まぁ歩くだけだから簡単ですよ」

エルメス「出ればいいじゃない、キノ」

キノ「いや・・・それは流石に・・・」

エルメス「まぁ男の人に間違われそうだけど・・・いてっ」

店員「とんでもない!キノさんならきっと高い値・・・いや、人気が出ますよ」

キノ「・・・」

店員「わかりました、出ていただけたら本日購入していただいた下着は全て無料とさせていただきます」

キノ「・・・!?」

エルメス「どうするの?キノ、ここはやるべきじゃない?」

キノ「・・・わかりました、やらせてもらいます」

ーーーーーーーーーファッションショー本番ーーーーーーーーー

店員「じゃあいってらっしゃい」

キノ「予想以上に人がいますね・・・」ドキドキ

エルメス「嬉しいのかい?・・・いてっ」

店員「まぁ国民のほとんどがきてますから・・・」

店員「あっ!もうキノさんの番です!」

キノ「うぅ・・・行ってきます」

お、残ってた

そろそろ内蔵かな…

頑張れ、超頑張れ

続くのかい、続かないのかい、どっちなんだい!

キノ 「そろそろ休憩しようか」

エルメス 「えっ、まだ10キロも走ってないのに?」

キノ 「…その……昨日から…始まっちゃったから……」

エルメス 「…ごめん」

あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!
『キノのエロを書いていたら相手が陸だった』
な…何を言っているのかわからねーと思うg(ry

夜まで残ってたらモトラドを食った話をイラストで描くわ

まだあったのかこのスレ

キノ「あ、シズさんじゃないですか。お久しぶりです」

シズ「ん? ああ、キノさんか。久しぶりだね」

キノ「陸君も久しぶり」

陸「はい、お久しぶりです、キノ様」ハッハッ

エルメス「よう、スケベ犬」

陸「黙りなさい」ハッハッ

キノ「ここにはやはり移住が目的で?」

シズ「そうだね、で、断られてしまったからここで食事を摂ってるわけだけど」

キノ「それはそれは……。あ、そうだシズさん。ひとつお願いがあるのですが……」

シズ「なんだい?」

キノ「陸君を貸してくれませんか?」

陸「?」ハッハッ

キノ「すぐにお返ししますから。ちょっとだけ」

シズ「私は構わないが……どうしてまた?」

キノ「あ……と、ちょっと協力してほしいことが……」

シズ「なるほど……陸、大丈夫か?」

陸「シズ様がそうおっしゃるのならわたくしは構いません」ハッハッ

キノ「! ありがとうございます!」パァァァ!

シズ「あ、でも―――」

キノ「それではお借りしますね」ヒョイッ ダッシュ!

エルメス「……あンのスケベ犬め……」

シズ「大丈夫かな? 最近温かくなってきたし、発情期も近いんじゃ……?」

キノ「……ここなら大丈夫かな」

陸「キノ様……わたくしを宿に連れ込んでいったい何を?」ハッハッ

キノ「フフフ……さっき協力してほしことがあるって言ったよね……?」

陸「はい」ハッハッ

キノ「じゃあ早速ボクに協力してもらおうかな……」

陸「それはいいのですが、こんな所でいったい何を……?」ハッハッ

キノ「それはね……こういうことだよ!」バッ

陸「!?」ハッハッ



ギュ―――――――――――――――――――――――――――――――!!

陸「……キノ様?」ハッハッ

キノ「はぁぁ……もふもふ……」ギュー

陸「あの……キノ様?」ハッハッ

キノ「ああ、ごめんね。エルメスの前ですると、あいつ機嫌悪くするから……」ギュー

陸「ああ、なるほど……」ハッハッ

キノ「ああ……あったかい……」ギュー

陸「…………あ、しまっ……」ハッハッ



グニッ



キノ「……え?」ギュー

陸「ああ……すみません……すみません……」ハッハッ

キノ「陸君……ボクのおなかに何か当たるんだけど……?」ギュー

陸「あの……その……春先ですので……これは……仕方なくて……」ハッハッ

キノ「つまりこれは……」ギュー

陸「…………すみません……」クーン...

キノ「ほほう……」ギュー

キノ「……ねえ、陸君……」ギュー

陸「……なんですか?」ハッハッ

キノ「ちゃんと……見せてもらってもいいかな?」ギュー

キノ「……服に染みができてる上に、糸引いてる……」

陸「ごめんなさい、ごめんなさい……」クーン...

キノ「もう脱いじゃおっか、これ」ヌギヌギ

陸「キノ様……」ハッハッ

キノ「じゃあ、ちゃんと見えるように体を起してもらえるかな?」

陸「……かしこまりました」ハッハッ

キノ「……」ドキドキ

キノ「……大きいね」

陸「面目ないです……」ハッハッ

キノ「それにきれいなピンク色だ……」

陸「……キノ様……吐息が……」ハッハッ

キノ「……なんか滴ってるね」

陸「……」クーン

キノ「それで陸君はさあ……」

陸「……?」ハッハッ

キノ「これ、どうして欲しいのかなあ……?」

陸「~~~~~~!」ハッハッ

キノ「ねえ、どうするの? どうして欲しいの?」ズイ

陸「その……えっと……」ハッハッ

キノ「……」ドキドキ

陸「と……とりあえず……」ハッハッ



陸「触っ……て……頂け……れ……ば……」クーン...



キノ「!!!」ゾクゾクゾクッ!

キノ「じゃあ、仰せのままに……」キュッ

陸「はうっ」ワフッ

キノ「おお、熱い……脈打ってる……」ドキドキ

陸「キ、キノ様……そのままでは……切ないです……」ハッハッ

キノ「ああ、ごめん。どうしたらいいかな」ドキドキ

陸「そ……そのまま……うごかして……頂ければ……」ハッハッ

キノ「なるほど……こんな感じ?」シュッ

陸「はううっ」ワフッ

キノ「おお、にゅるにゅるして滑りがいい」シュッシュッ

陸「キ、キノ様! て、手袋、の、刺激、があ!」ハッハッ

キノ「おお、すごいすごい」ニュルッニュルッ

陸「ああ! だ、ダメです!来ます!!」ハッハッ

キノ「……へ?」ニュルッ



ブシャアァァァァァァァァァ!!!

キノ「……ベトベト」ベトォ

陸「ああ……ごめんなさい、ごめんなさい……」クーン...

キノ「こんなになっちゃったし、もう残りの服も脱いじゃおうか」ヌギヌギ

陸「キノ様!?」ハッハッ

キノ「ちょっとシャワー浴びてくるよ。変なことしてゴメンね」

陸「……キノ様」ハッハッ

キノ「……へ?」

バターン!!

キノ「わああ!?」

キノ「いてて……陸君」

陸「もう……ダメです……」ハッハッ



……ペロッ



キノ「ひゃう!?」

陸「キノ様……キノ様……」ペロペロペロペロ

キノ「や……ダメっん、そんな、とこ、舐め、た、らぁ!」ビクンッビクンッ

陸「ああ……止まりません……キノ様……」ペロペロペロペロ

キノ「あ、あ、そこばっかり舐め、たら、ボク、も、来、ちゃうっ!」ビクンッビクンッ

陸「キノ様ぁ……キノ様ぁ……」ペロペロペロペロ



キノ「あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ……あああああああぁぁぁあああぁぁっぁああ!!!」プシャー!

キノ「……ハァ……ハァ……」グデー...

陸「キノ様……」プニ

キノ「……陸君……ボクのお尻に足を乗せて何をしてるのかな……」

陸「ごめんなさい……もう我慢できません……」ハッハッ

キノ「……まさか、ちょっ、待っ……!」バタバタ

陸「行きます!」ワフッ!



ジュプシッ



キノ「カハッ……お、大きい……」ガクガク

陸「う、動き、ます」ハッハッ

キノ「ちょっ、待っ!」

陸「ハッハッハッハッ」パンッパンッパンッパンッ

キノ「あ、スゴ、ヤ、アン!」パンッパンッパンッパンッ

陸「ハッハッ、あ、また、来そう、です!」パンッパンッパンッパンッパンッパンッ

キノ「あ、ちょっと! 待って! お願い!」パンッパンッパンッパンッ

陸「え……どうしてですか……?」ハッハッ

キノ「最後は……その……」



キノ「ギューってしたままがいいなって……」



陸「!」キューン!

陸「キノさん! キノさん!」ジュップジュップ

キノ「あったかいよ……陸君……」ギュー!

陸「キノさん! キノさん!」ジュップジュップ

キノ「陸君……陸君……!」ギュー!

陸「キノさん! 来そうです!」ジュップジュップ

キノ「ボクも……そろそろ……!」ギュー!

陸「キノさん!!」

キノ「陸君!!」



あああああああぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!



キノ「あぁ……中まで……あったかいの……あふれ……」

シズ「やあ、キノさん。用事はもういいのかい?」

キノ「……はい……満足です……」ドキドキ

シズ「ん? ……まあ、陸が役に立ったのならよかったよ」

キノ「……」ドキドキ



エルメス「いい身分だな、スケベ犬」

陸「……」クーン...

エルメス「あれ? 言い返さないの? え?」





犬が喰った話
終われ

やっぱり即興で書くと濡れ場が薄いかなー……

乙ー

あとは>>591が帰ってくるのを待ってればいいのかな……

陸って獣人なん

>>636
喋る犬

渋い…
http://www.youtube.com/watch?v=CIiy6Tas97M

キノさんより高いと文中に明記されてるのにな

>>639
ぁぁん、自分の思ってた陸と違う……

ま、まだやってんのか!

>>654
>>591にイラスト書いてもらうまでは終われんよ……

ttp://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira045181.jpg

>>659
なにこれかわいい

キノ「キノッ☆」
エルメス「……どうしたの、突然」
キノ「いや、なんだか変な電波が届いて」
エルメス「キノが壊れた!」

エルメスにまーたーっがぁって
悪路をただ走行ーおおぅおー



……ごめん、なんでもない

>>659
黒星こんな下手糞になったのか

>>668
別人ですやん

キノのゲームあったよな

>>670
大体ノベルゲーみたいな感じみたい?

>>671
そうそう
あれのエルメスの声はよかった気がする

>>673
中の人は同じみたいだけど

ドラマCDは人が違ってたのか……

>>674
ありゃ本当だ
ショタっぽい声だった記憶があったんだけど…あれは俺の夢だったか

>>675
こんなの見つけた
http://www.youtube.com/watch?v=EABnUuwHAz8&feature=related

>>677
懐かしい。そうそれその声

アニメでも同じ声なのか。俺は好きだったんだが…

>>678
テレビアニメ版よりゲームの方が後なんだな
アニメはちょっと棒っぽい感じがあったんだけど
ある程度洗練されたってことじゃ?

キノ『最近少しキツくなってきたかな……新しい下着買わないと』

…………

……

ビュオオォォ

キノ「……とかいうぬるい話題が上ったのは、今から何週間前だったかな……」

エルメス「まだ12日前だよ」

キノ「……」

エルメス「最後に出国してから二カ月経ってるけどね」

キノ「……」

>>678
そのキノの中の人も2月に子供産んだからな

エルメス「携帯食料尽きた?」

キノ「……はい……」

エルメス「それは大変だ」

キノ「……他人事のように……」

エルメス「他人事?キノが行き倒れたら僕もそのまま歯医者行きだよ」

キノ「……」

エルメス「……本当に廃車になっちゃうかも……」

支援

キノ「……」

エルメス「キノ、寝ないで。死ぬよ」

キノ「……おなかが空きすぎて、寝れない……」

エルメス「……」

キノ「……胃が底から張り裂けそう……何も入ってないのに……」

エルメス「……何で食料が尽きた場所が、よりによって雪山なんだろうね……」

キノ「……これだから雪山は嫌いだ……」

エルメス「……」

キノ「……エルメス」

エルメス「なんだい」

キノ「燃料を下さい……」

エルメス「……燃料は飲み物じゃないよ……」

キノ「じゃあバッテリー……」

エルメス「……そもそも食えそうな気配すらないよ……」

キノ「……」

エルメス「……」

ブロロロロ

キノ「……エルメス……エンジン吹かしてる……?」

エルメス「吹かしてない。……誰か来てる!」

キノ「……」ヨロヨロ

エルメス「おお、キノが立った」

キノ「……おー……い……」フラッ

ドサ

エルメス「ああ、やっぱり駄目だったね……」

キノ「……」

エルメス「キノ、生きてる?」

キノ「……エルメス、プラ板どこ……」

エルメス「プラ板?たしか右側だったような……」

キノ「……」ゴソゴソ

エルメス「プラ板……」

キノ「……」ジャジャーン

エルメス「……何に使うんだい?そりでも作って下山するのかい?」

キノ「……」キコキコ

エルメス「ああ、やっぱりそうか……」

キノ「……」チャキッ

エルメス「フルート?」

キノ「……」ガチャッ

エルメス「……フルートの先にプラ板をはめた……?」


キノ「……」キュッキュッ

┌―――――――――┐
|↓何でもします     |
| 対価:食料先払い....|
└――――╂――――┘

          .||
        |.|
       . |┃
      ..。|┃

       ノ/

       / |
        ̄

エルメス「」

キノ「……」

エルメス「き、キノ。自分でやってることが分かっているのかい……?」

キノ「……じゃあ、他にどうすれば良いか……教えて……」

エルメス「……」

キノ「……もう、仕方ない……」

エルメス「……」

ブロロロロ

エルメス「……って、あれ……」

キノ「……」

エルメス「王子様じゃん」

キノ「えっ」

エルメス「……」

キノ「……」

キノ・エルメス「「助かった……」」

キノ「さあ、こんなプラカードは捨ててしまって」ポイ

エルメス「シズさんを待とうじゃないか」

キノ「ああ、良かった……」

エルメス「そうだね……本当に良かった……」

 ブロロロロ……

 ブロ……ブ……ォォン……

エルメス「……待って、様子が変だ」

 ピタッ

 ヨロヨロ

 ドシャァア

エルメス「」

キノ「」

 シズ「……」ピクピク

 陸「……し、シズ様……」

 シズ「……陸……」

 陸「どうかなさいましたか、シズ様」

 シズ「食べていいか……」

 陸「……今……な、何と……」

キノ「」

エルメス「」

 シズ「……いや、冗談だ……」

 陸「……目が本気でした……」

 シズ「……」

 陸「……」

 シズ「……陸」

 陸「はい」

 シズ「……あそこにあるプラカード……何と書いてある……?倒れていて読めない……」

 陸「……えー、『何でもします。対価:食料先払い』……と……」

 シズ「……陸、取ってこい」

 陸「し、シズ様!?何を……」

 シズ「あれを取ってきて、私の刀で刺して、立てろ……」

 陸「そのようなことをしたら、シズ様がどうなるか……!?」

 シズ「では他の方法を教えろ!」

 陸「……そ、それは……」

>>683
キノが2人子供産んだに見えたどうしよう

家に帰るまで残ってるかな…
紙とペンすら無いのであいぽんから保守http://beebee2see.appspot.com/i/azuYjN3rBAw.jpg

 陸「……そ、それは……」

 シズ「……どうしろというのだ、他に……」

 ティー「……」カチン

 シズ「……やめなさい、捨てなさい……」

 ティー「……」ポイッ

 ドォオン

┌―――――――――┐
|↓何でもします     |
| 対価:食料先払い....|
└―――― |'|-―――-┘

        .|.|
        .|.|
          .| |
          .| |
          .| |
        |..|
        |..|
        ■
        |=|
        |=|
         ̄
キノ「……」


エルメス「……」

>>708
ガチじゃないですかスゲー

うっすらと1000が見えてきてそっちの不安もあるな……

キノ「ど、どうしよう……」

エルメス「……とりあえず、合流する……?」

キノ「……じゃあ、一応……」

ブロロロロ


>>708
あいぽん……だと……

……

 シズ「……誰か来たな……」

 陸「し、シズ様……」

 シズ「……どうしようもないよ、このまま成り行きにまかせるしか……」

 陸「……」

 シズ「……」

 陸「……あれ、シズ様……あの人……」

 シズ「……あ……」

 ティー「……」

 陸「ポンコツのエンジン音です、キノさんです!」

 シズ「……おお……おお!!」

ノートとペン買ったよ!
http://beebee2see.appspot.com/i/azuY0YvsBAw.jpg

>>721
可愛ええええ

 陸「……」

 シズ「……」

 ティー「……」

 シズ・陸「「良かった……」


>>721
あもりにもうますぐるでしょう?

キノ「……エルメス……」

エルメス「ん?」

キノ「……もう、限、界……」フラッ

エルメス「えっ、ちょっと」

 陸「……変です、フラついています」

 シズ「ああ……この辺りは地面の隆起が激しいからな……」

 陸「いえ、それにしてもあれは……」

 ティー「……」

ガシャァアアン

 陸「」

 シズ「」

 ティー「」

キノ「」ピクピク

エルメス「き、キノ?本当に大丈夫かい?」

キノ「無理……」

エルメス「……と、とりあえず起こしてくれる?」

キノ「……無理……」

 陸「」

 シズ「」

 ティー「」

犬を食(いそうにな)った話 完


タイトルwwww

>>721
心からリスペクトする

獣姦機体

俺「キノさん可愛い!」

キノ「何も出ませんよ?」

俺「キノさん格好良い!」

キノ「何も出ませんよ?」

俺「キノさん、愛してる」

キノ「……何も、出ませんよ……?」

俺「キノさんぎゅー!」

キノ「そういうの止めて下さい」

俺「キノさんなでなで!」

キノ「そういうの止めて下さい」

俺「キノさん……」チュッ

キノ「ぅむ……んっ……そういうの、止めて下さい……」

俺「キノさんカリカリ!」

キノ「ボクにも拒否権があります」ペシッ

俺「キノさんモフモフ!」

キノ「ボクにも拒否権があります」ペシッ

俺「き、キノさんッ……!」ガバァ

キノ「わ、わぁっ!?ちょっと、ボクにも拒否権が……」

>>722>>723>>729
ありがとうございます
SSスレなのに空気嫁ずすいません
折角なので

キノ「はい、分かりました。じゃあこの家で」
入国審査官「何かあったらすぐに申し出て下さい。では、よい家族団欒を」

家族の国

エルメス「旅人はどこかの家庭に家族として迎えられる国、ねぇ」
キノ「入国の時の書類もしっかりしてたし、三日間の滞在でも問題無いみたいだし、僕はいいと思うけど」
エルメス「ところで、キノの選んだ家に家族は何人いるの?」
キノ「三人だったかな」
エルメス「激闘だなぁ…」
キノ「適当…?その毎回やるいい間違え、分かり辛いからやめてよ。でも、いいんだよ、こういうのは直感が一番さ」
エルメス「そうかな」

つまり俺の嫁として来る訳か

おまえら落ち着けスレが埋まるwwwww

キノ「えっと、すいま、…あぁ、た、ただいま!」
母「おかえりなさい、キノ。長旅疲れたでしょう?お風呂が出来てるから入ってらっしゃい」
キノ「そ、その、エルメス…バイク洗いたいんですけど」
母「あら、庭で洗っちゃうなさい。その間に着替えの準備しておくから、それと、お母さんに敬語はいらないわよ」
キノ「は、はい、じゃなくて、うん、分かった、…お母さん」

エルメス「なんだか、不思議な感覚だね、聞いてるだけでむず痒いよ」
キノ「確かに、でも、悪くはないね」
兄「お、キノ、おかえり、腹減ってるか?」
キノ「ぁ、た、…ただいま、お兄ちゃん。結構空いてます」
兄「そうかそうか、ほら、そこでファミチキ買ってきたから、一個やるよ」
キノ「ふぁみ…?」
兄「いいから、食ってみろって、美味いから」
キノ「ぁ、ありがと。んぐ、もぐもぐ…おいしい」
兄「だろー?」

ファミチキ……だと……

>>748
兄と母は切り替え早いよな

エルメス「いいなぁ」
兄「ぉ、モトラド君、名前は?」
エルメス「僕はエルメスだよ!お兄さんは?」
兄「俺は兄って言うんだ、よろしくな、エルメス」
エルメス「うん!よろしく!」
母「キノー、着替えの準備出来たわよー」
兄「ぁ、キノ、エルメスの泥取りとグリス差し位はやっとくから、風呂はいってこいよ」
キノ「ぇ、いいんですか?」
兄「俺、モトラドの修理工場で働いてるんだ。だから任せとけ(^ー゜)」
キノ「ぁ、ありがと。お兄ちゃん」

>>750
もう一人も早いぜ。「そういう国だからこれが普通なんだ」ていうその違和感こそがキノ旅の醍醐味だと思ってる

キノ「いい湯だな…」
バババン
??「キノおーねーちゃん!」
キノ「ぁ、はいはい、えっと、妹ちゃんかな?」
妹「妹でいいよ!ね、キノお姉ちゃん、お風呂一緒に入っていい?」
キノ「う、うん、いいよ、妹」
ガラガラ
妹「おじゃましまーっす、わ、お姉ちゃん可愛いっ」
キノ「か、可愛い?」
妹「うん!大人っぽいー!」
キノ「そ、そうかな…あ、ありがとう」
妹「ぁ、疲れてるんだよね!背中洗ってあげる!」
キノ「わ、いいの?」
妹「イイんだよ!」グリーンダヨ
キノ「じゃ、お願い♫」

出来れば文ごとに改行してくれないか

ちょっと見にくいんだ

ネタまとまってるけど先行き長い。
読んでる人いるのか…?
絵うpするまでに1000行きそうで怖いし…

キノ「お風呂いただきましたー」
妹「いただきましたー!」
母「あらあら、ご飯出来てるわよ」
兄「エルメス君綺麗になったぞー」
エルメス「キノー、お兄さんさ、チェーンのクリーニングとグリスアップもしてくれたんだよー」
兄「明日はもっと本格的なメンテしてやるからな」
キノ「お兄ちゃん、何から何までありがとう」
兄「いいって事よ。その代わり、今度エルメスに乗せてくれよ」
キノ「もちろんいいよ」
妹「私も乗りたいー!」
キノ「妹はもっと大きくなったらね」
妹「うー、へルメスー」
エルメス「エルメスだよ」
妹「ヘルメス!」
エルメス「エルメス!エ、ル、メ、ス!」
妹「エルエス!」
エルエス「なんでもいいや」
キノ「デジャヴ…?」

>>759
<●> <●>

読んでるぞ

メシ食ってた
読んでる

これはキノじゃねえよ…

>>756
了解です…。SS書くの初めてで申し訳ない…。
>>760
何かまずい事でも…?

夕飯から二時間ほど団欒した後

母「そろそろ寝ましょうか?」

キノ「うん、お母さんおやすみ」

兄「ぁ、そうだ、キノ」

キノ「なに?お兄ちゃん」

兄「母さんと妹が一緒のベッドで、布団とかないんだが、俺のベッドでもいいか?」

キノ「うーん…、いいよ」

兄「じゃ、母さん、妹おやすみ」

妹「えー、私も一緒に寝たいー!」

母「ほらほら妹ちゃんは私とね、おやすみなさい」

妹「むぅー、おやすみ…なさいー」

>>760
ぁ、見てるって事か、㌧
>>761、762、763、765
反応ありがとう、あとレス数消費すいません
>>764
原作無視で申し訳ない…


兄「じゃ、電気消すなー、おやすみ、キノ」

キノ「うん、おやすみ、お兄ちゃん」


……

キノ(こういうの、いいな)



兄「…すぅ…すぅ……」

キノ「……お兄ちゃん…。…寝た?」

兄「…すぅ…すぅ…」

キノ「お兄ちゃん…」

ぎゅ

キノ「お兄ちゃん…」

兄「…ん…、キノ?」

キノ「ぁ、ご、ごめん。起こしちゃった?」

兄「んあ、気にするなよ、そのままでいいから」

キノ「お兄ちゃん…、ありがとう」

兄「よしよし、今日は甘えていいぞ」

キノ「うん…、あったかい…」

兄「撫でてやるから、ゆっくりおやすみ」

キノ「ん…、ぉ、ゃすみ…」

キノさんにお兄ちゃんって言われたら俺・・・俺・・・!
うがあああああああああああああああああああああああ!

俺「き、キノさんッ……!」ガバァ

キノ「わ、わぁっ!?ちょっと、ボクにも拒否権が……」

俺「キノ……ッ、さん……」モゾリ

キノ「ひぁ!ど、どこ触って……むぐっ!」

キノ「んぅー!!ぅむーッ!むぐぅ、う……んぅっ」

キノ「ん……はむっ……ちゅ、んぐ……あむ……ぅあ……」

ピチャッ

キノ「はっ……ぁ、はぁっ……あ……」

「おはよう」

キノ「ん…」

「キノ、朝だぞ」

キノ「お兄ちゃん…?」

兄「ほら、起きるぞ、抱きつかれてたら起きれないだろ?」

キノ「…ぇ、…あ!ご、ごめん、お兄ちゃん!」

兄「よく寝れたか?さてと、母さんより先に朝ごはん作って喜んでもらうぞ?」

キノ「ぅ、うん!お兄ちゃん!」

>>774
http://beebee2see.appspot.com/i/azuYm5ztBAw.jpg

俺「……舐めるよ……?」

キノ「ぅ、え……えっ、いや、それは待っ」

チロ

キノ「ーーッ!や、やめ、て……まだ、心の準備が……ぁんっ、むっ」

チュクチュク

キノ「んぅあっ、む……うぁッ!あぐ、んむッ……ちゅっ、んぷ、ぅ……」

キノ「……ぁ……ふう、ぅ……んむ……ぷ、あ」

トローッ

俺「……もうドロドロだな……」

キノ「ぅ、い、いや、そんなことは……あぅ……」

俺「指、挿れるよ」

キノ「ん……う、えー……」

俺「…・…ダメか?」

キノ「だ、大丈夫……です」

キノ「……うん……い、挿れて」

グチュッ

キノ「い……ぁぐ、ぅ……!」

プチュッ ズプッ

キノ「……ふ、んぃ……ぎッ……」

ググッ

キノ「あぅッ!?」

俺「苦しく……ないか?」

キノ「……結構、ッぐ……、辛い……」

俺「……やっぱり、まだ慣れないか?」

キノ「う、うん……ぅ……」

俺「止めた方が良い?」

キノ「……ごめん……っ……なさい……」

俺「……分かった」

ズルゥッ

キノ「ふっ、ぎ……ひぁ……ぅ」

俺「……」

キノ「ぁ、はッ、はあっ……ふっ……」

俺「……」チュッ

キノ「んっ……、っ、……」

俺「……」

家帰ってきました

SS読んでた人いる?絵とSSどっちやればいいかな?

>>789
書いた者としては絵が見たいけどね!

キノ「……ーッ」ギュ

俺「……キノ、さん?」

キノ「……、ごめん……ぐすっ……ボクが、耐えられないから……ぅ……」ポロポロ

俺「……キノさんが気に病む必要なんてない、無理強いした俺が悪いんだ」

キノ「そんなわけ、ないっ……えぐっ……ボクが、ボクがぁ……っ……」

俺「……」

バタン

俺「……」

俺「……ああ、もう……」

俺「……キノさん可愛いよぉおおおおお!!!」ダダダダッ

俺「キノさん!キノさんッ!!キノさんぅああああッッ!!!」ピョインピョイン

俺「あああああ!!!キノさあああんッ!!!!キノぉおおおおお!!!」ジタバタジタバタ

俺「……」ジタ……

俺「……また、やっちまった……」

俺「……あんだけセックスの時に痛がってたのに、まただよ……また……」

俺「あー……畜生……糞っ……」

俺「どうして俺はッ……俺はぁッ……ぁぁぁ……」

俺「俺は……」

俺「……寝よう……」

何でエロ書こうとしてたんだろ……

で……どうしよっか?

とりあえず保守

ラフだけ終わった
20分位保守よろ

>>799
期待

>>794誰も読んでないから消えて

燃料になるか分からないが取り合えず顔の線画だけ
身体の線画描いて色塗ったらまた来ます
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org2094285.jpg

>>804
バッカお前……俺が自分で読んでるだろ

>>805
おっぱい が いっぱい

>>805
Oh...
このキノさんがエルメスに跨って乱れるわけか……

もう一本ぐらいSS投下できるかな
>>707から派生してキノが二児の母になって誰だてめえ状態なんだけどどうしよう

お恥ずかしながらpp穴のCN地帯が今日初めて繋がったんだけど
前奏30秒って140ノーツしかないんだな・・・
そこから95秒で1900ノーツ強・・・20ノーツ/秒かよ・・・

凄い酷い誤爆をしたけどとりあえず>>814は書くべきだと思う

×××××「エルメスおはよー!」

×××××「オハヨー!」

エルメス「わー!」ガシャーン!

エルメス「こらー! 酷いじゃないかー!」

×××××「キャー! エルメスおこったー!」

×××××「キャー!」

キノ「あはは、相変わらず大人気だね。エルメス」

エルメス「笑ってないで助けてよ……」

×××××&×××××「あ! おかーさん!!」

エルメス「じゃあ行ってくるね」

×××××&×××××「いってきまーす!」

キノ「遅くなる前に帰ってきてね。私が飢え死にしちゃうから」

×××××&×××××「はーい!」

エルメス「おっと、二人乗りなんだから気をつけてよ?」

×××××&×××××「はーい!」

ブロロロロロロロ......



キノ「未だに信じられないな……」

キノ「まさか私が母親になるとは……」

キノ「しかも娘の方が料理上手って……」

エルメス「わわわわ、この辺は道が荒れてるから気をつけてえぇえぇえぇ」

×××××「わかってるって~♪」

×××××「とばせー! おねーちゃーん!」

エルメス「あ、あぶな、わあああああああ」

×××××&×××××「キャ~~~~~~~~!!」

ガシャーン

×××××&×××××「キャハハハハハハハ!!」

エルメス「ううう……あんまりだ……」

エルメス「……そういえば、初めてキノと会った日も、こうやって派手に転んでたっけな」

×××××「え!? おかーさんも!?」

×××××「なにそれ! きかせてエルメス!!」

エルメス「んー、下手に話すとキノに怒られそうだからダメ」

×××××&×××××「え~~~~~!? エルメスのケチ!!」

エルメス「はい、そろそろ帰らないとキノが飢え死にしちゃうよ」

×××××&×××××「は~~~~~い!」

キノ「……お、みんなおかえりー」

×××××&×××××「ただいま! おかーさん!!」

キノ「お母さんおなかすいちゃったな。ご飯お願いしていーい?」

×××××&×××××「はあーい!」

キノ「あ、ちゃんと手を洗うんだぞー?」

×××××&×××××「はあーい!」



キノ「……ふぅ」

エルメス「キノ、本当に明日出るの?」

キノ「……うん。やっぱり私には旅が合ってるかなって」

エルメス「ふぅん」

キノ「準備もできたし、娘二人ももう大きくなったしね」

エルメス「また、旅の日々が始まるのか……」

エルメス「でも、キノがそうやって普通に母親やってる所なんて想像できなかった」

キノ「うん、私も」

エルメス「そのしゃべり方もなんかまだ違和感あるや」

キノ「あはは……。やっぱり燃料が尽きたからって身を売ったのは失敗だったかなー?」

エルメス「当たり前だよ」

キノ「まだ若かったし、あの子が出てくるときは体の発達がまだまだだったから死ぬかと思った」

エルメス「本当にそう思うならどうして二人目がいるのかな?」

キノ「あー……若気の至りだよ」

エルメス「無責任な……師匠が知ったらどう思うかな?」

キノ「殺されるかもしれない……」ブルブル

キノ「またあの日々に戻る訳か……勘が鈍ってないといいんだけど」

エルメス「大丈夫じゃない? 生活リズムも練習もちゃんと続けてたでしょ?」

キノ「おなかが大きい間はそうもいかなかったからね」

キノ「カノンたちの手入れも欠かしてないけど、実践から離れてるとどうも不安で」

エルメス「え? でも猟に出かけてたりするでしょ?」

キノ「旅で一番恐ろしいのは人だからね。そうでなくても三日間のルールを破っちゃってるわけだし」

エルメス「そっか……」



バン!

×××××&×××××「おかーさん!!」

キノ&エルメス「!?」

×××××「おかーさん! いなくなっちゃやだあ!」

×××××「やだあ!」

キノ「あらら……困ったな……ばれちゃったか」

×××××「おかーさん……『たび』にでちゃうの?」

キノ「……うん」

×××××「おかーさん……エルメスと「かけおち」するの?」

キノ「誰がそんな言葉教えた?」

×××××&×××××「エルメス」

キノ「ふーん……?」ユラリ...

エルメス「ピュ~♪ ピュ~♪」

×××××&×××××「おかーさん、いなくなっちゃやだあ……」

キノ「……大丈夫だよ。二人はなんの心配もしなくて大丈夫」

×××××&×××××「おかーさん……」

キノ「さ! ご飯にしよう! 明日も早いよ? 今日のメニューは何かな?」

×××××「ハムエッグ……」

キノ「おお……不安だったけど起きれるもんだね。日の出と同時だ」

エルメス「おはよう、キノ。ぼくも珍しくちょうど目が覚めたよ」

キノ「エンジンの具合は大丈夫?」

エルメス「誰かさんたちが毎日欠かさずエンジン掛けてくれてたからね。上々だよ」

キノ「『ソレ』の具合は?」

エルメス「それは走ってみないと分からないかな」

×××××&×××××「おかーさん……」

キノ「お、二人もちゃんと起きられたね」

×××××「やだよ……いなくなっちゃやだよ……」

×××××「ニンジンものこさないでたべるから……」

キノ「何言ってるの? すぐに二人とも支度して」

×××××&×××××「……え?」

キノ「二人とも連れて行くよ。教えることはたくさんあるから覚悟してよ?」

×××××「え……それって……」

×××××「エルメス! なんかついてる!!」

キノ「サイドカーって言うんだ。二人が乗れるようにするの苦労したよ」

×××××&×××××「じゃあ……ホントに……?」

キノ「うん。三人旅だ」

×××××&×××××「ヤッタ~~~~~~!!」

エルメス「ちょっと、どなたかお忘れじゃないですか?」

キノ「あはは、ごめんごめん、エルメスも一緒だね」

エルメス「分かればよろしい」

キノ「さあ、そうとわかったらさっさと支度しておいで! すぐに出るよ!」

×××××&×××××「は~~~~~~~い!!」ドタドタドタ...



キノ「さあ、『ボク達』の旅の始まりだ……!」



ある旅立ちの話
終われ

乙乙乙乙

人質にとられたときにどう対応するか

完成するまで一時間位かかりそう。すいません。
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org2094467.jpg

ボクたちの戦いはこれからだ……!


>>836
ぬ?

>>833
×××××「おかーさんが持ってなさいって!」ズルリ...

盗賊「なん……だと……?」



これぐらいやりそう

>>836
ぬ?

今日、電撃のフェスに行ったがキノの絵は良かった・・・
募金で出たのはシャナだったが

>>839
そんなイベントあったのか……
今日は一日このスレに張り付いてたってのに……

ホシュ!

>>842
アキバでやってたぜ、
イベもあってロリキューブのミニライブと俺芋の反省会とか
電撃のアイテム販売もやってた電撃jackはGETしてきた

>>844
アキバとかその気になれば行けてたじゃねーかー!

でもきっとここでSS書くのが自分のやるべきことだったんだよね、キノ……

宣言通りならあと20分ぐらいか……wktk

今日届いた3ndインパクトに浮気してました…

>>849
なん……だと……?

諦めない……俺は諦めないぞ……

最近のバンナムは割と良いゲーム作るよね

track8を初見パフェ出せた!
と、作業に戻ります・・・

ところで何のゲームの話をしてるのか分かって無かったりする

サウンドインパクト。早い話がエヴァの音ゲー、難易度は超ぬるい
コナミ以外が音ゲー作ると特許の問題で版権ゲー&ヌルゲーしか出来ないのは当然だが、サウンドインパクトは中々頑張った方だと思う

>>856
PV見てきたけどディーバっぽいな
面白そう

落ちるー

ほしゅ!

ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org2095001.jpg

燃料になるかわかんないんだけど俺も描いた
どうやったらキノになるんだ?

>>863
oh...
絵に関してはからっきしだからアドバイスはできないけど、
キノの胸はもっと平らでいいと思うの

シズ「なあ陸」

陸「何ですか、シズ様」

シズ「このスレを通しで読んでみた時、私の空気ぶりが尋常ではないと思わないか?」

陸「……」

シズ「メインのキノさんのSSが多いのは当然のことだろう」

シズ「相棒なのだからエルメス君がキノさんと×××××するのもいいのかもしれない」

シズ「でも陸がキノさんと×××××している一方で、私は雪山で死にかけるぐらいしか出番が無いじゃないか」

陸「……」

シズ「私は死にかけただけなのに。陸はキノさんと×××××していたわけだ」

陸「……申し訳ございません」

シズ「……陸」

陸「何でしょう」

シズ「私は××コンではないよ」

陸「お気を確かにシズ様!」

シズ「そもそもなぜ私の出番がこんなにも少ないのだろうか」

陸「はあ、なんでも作者の言う分には、『キノが易々と男に身を許すシーンがイメージできない』らしいです」

シズ「……そもそもキノさんを中心にストーリーを考えるのが間違ってるんじゃないかな」

陸「と言いますと?」

シズ「目立たなかった者同士、私とティーで×××××すればよかったんだよ」

陸「しっかりしてくださいシズ様、画的にヤバいです」

シズ「女の子と犬が×××××してる画よりも?」

陸「ああ、そこを突かれると本当につらい……」

シズ「つまり陸が混ざって三人で×××××すれば問題ないということか」

陸「分かりましたシズ様、これからわたくしと一緒に頭の病院に行きましょう」

シズ「お医者さんごっことは陸は随分と特殊な嗜好の持ち主だね」

陸「ああ、本当に重症だ……」

ティー「おい! いい加減にしないか! ××コン侍にエロ犬!」

シズ「ん? 誰ー?」 陸「だ、だれですか!」

ティー「わたしだ! ティーだ!」

シズ「なんだ、ティーか」 陸「いたんですか」

ティー「最初からいたぞ! 実は『犬が喰った話』にもいたぞ!」

ティー「だがあのオトコ女はエロ犬にばかりかまけてて描写されなかったのだ!」

シズ「オトコ女……ああ、キノさんのことか。でもティー、私は××コンじゃないよ」

ティー「黙れ! さっきは軽々しく私と×××××したいなどとぬかしやがって!」

シズ「それは……その……」

ティー「大体……あれだぁ……!」



ティー「ホ……ホントに……私としたいのか?」カァァァァァ...



陸「なん……だと……?」

シズ「……それはどういう……?」

ティー「い、いいから答えろ!!」

シズ「そうだね……うん、ティーが相手ならいいかな」

陸「シズ様!?」

ティー「そ、そうか! それなら仕方ない! ではちょっとこっちの部屋に来てもらおうか!」

シズ「え? え?」

ティー「軽々しくわたしと×××××したいなどとぬかしたことを後悔させてやるから覚悟しろよ!」

シズ「え、なあ陸、これってどういう――――」

パタン......



陸「……ワオーン」



ちょっと違うあとがきズ
終われ

ティーって誰?
何巻で出てくる?

>>883
初出は8巻だけど、このしゃべり方は9巻のあとがきでしかしない

ビュオオオ

キノ「……」ガチガチ

シズ「……」ガクガク

ティー「……」プルプル

陸「……」モフモフ

エルメス「……」

キノ「しししシズずずずささささんん」ガチガチ

シズ「な、ん、だ、い、キ、ノ、さ、ん」ガクガク

キノ「ももももううちちょおおととくくくつつかかなななないいいとととすすすすききまままかかかぜぜぜががががが」ガチガチ

シズ「で、も、こ、れ、い、じ、お、う、く、つ、く、と、い、ろ、い、ろ、と、も、ん、だ、い、が」ガクガク

キノ「そそそそんんなななこことととといいいてててるるるばばばばばああいいいいででですすすすかかかかか」ガクガク

ティー「……ヘクチッ」プルプル

シズ「い、や、で、も、わ、た、し、も、お、と、こ、で、あ、て」ガクガク

キノ「ここここんんなななじじじおおおきききおおででででははははもももははややややかかかかんんけけけいいなななないいいいででですすすす」ガチガチ

ティー「おい、詰めろ……」プルプル

シズ「わ、か、た、ぜ、ん、り、お、す、る」ガクガク

ムギュムギュ

キノ「あああたたたたかかかかかいいいいけけけどどどどみみみぎぎぎぎててててどどどけけててててくくくだだださささいいい」ガチガチ

シズ「だ、か、ら、い、た、だ、ろ、う」

ティー「……寒い」プルプル

陸「……」モフモフ

キノ(ししシズずずささん)ガチガチ

シズ(な、ん、だ、い)ガクガク

キノ(りりりくくくんんおおおいいいしししそそそうう)ガチガチ

シズ(ま、て。ま、ち、な、さ、い、キ、ノ、さ、ん)ガクガク

キノ(でででももほほほらららああのののけけなななみみみととといいいいいなななんんだだだかかか)ガチガチ

シズ(い、や、な、に、を、……、た、し、か、に)ガクガク

キノ(たたたべべべべままませせせんんかかかか)ガチガチ

シズ(……、い、た、し、か、た、あ、る、ま、い、……)ガクガク

キノ「りりりりりくくくくんんんここここちちちおおいいいででで」ガチガチ

……

ブロロロロ

エルメス「……おい、スケベ犬」

陸「何だポンコツ」

エルメス「どうしてお前が僕を操縦しているんだい」

陸「私たちのご主人様が使い物にならなくなっているからだ」

エルメス「……犬風情が僕に跨るな、不快だ」

陸「ポンコツに乗る私の心情も察しろ」

エルメス「……」

陸「……」

エルメス「そもそも犬なのにどうしてモドラドを操縦出来るんだい……?」

陸「モドラドがしゃべる方が私には不思議だ」

エルメス「犬がしゃべるのも不思議だけどね……」

陸「……」

エルメス「……」

エルメス「収穫がある保障があるのかい?」

陸「サモエドは狩猟犬だ、舐めてもらっては困る」

エルメス「……そもそも動物一つ居ない雪山で?」

陸「……」

エルメス「……」

陸「……」

エルメス「戻らない?」

陸「戻ったら私は食われるだろう」

エルメス「僕には関係ないね」

陸「……どちらにせよお前は自分の力では走れまい」

陸「つまりお前が私に刃向かう心算なら、私はお前を乗り捨てていくこともできる」

エルメス「はいはい……」

陸君マジ利口

……
ブロロロロ

陸「……見つからないな……」

エルメス「見つからないね」

陸「……へぶしッ!」

エルメス「あ、スケベ犬が風邪引いた」

陸「違う、断じて違う」

エルメス「……もう戻らない?」

陸「……まだ死にたくない」

エルメス「……あれ、これ……動物の足跡じゃない?」

陸「そうだな、結構続いている」

エルメス「……ねえ、この足跡30cm近くあるけど」

陸「……これは……熊か?積雪で良く分からん」

エルメス「犬なのに匂いで分からないの?」

陸「雪山で鼻が利くと思っているのかポンコツ」

エルメス「自分の無能を棚に上げて何を言う」

陸「お前こそ……待て、あれは何だ」

ブロロ……

エルメス「……明らかに自然現象ではない円状の窪みが出来てるけど」

陸「……手榴弾の破片?」

エルメス「ねえスケベ犬、人が血まみれになって倒れてるよ」

陸「……手榴弾が暴発したのか、気の毒なことだ」

???「う、うう……」

エルメス「うわっ、生きてる」

陸「おい、どうしたんだ」

???「な、『何でもします』ってプラカードを掲げた女の子の方に向かったら、手榴弾が転がってきて……がふっ」ドバァ

エルメス「……」

陸「……」

エルメス「スケベ犬。この人下半身がすっぽんぽんだよ」

陸「……あのプラカードはお前のご主人様が使っていたのか?」

エルメス「まあね」

陸「ほう……」

エルメス「……スケベ犬」

陸「否定はせん」

エルメス「お主も悪よのう」

陸「いえいえ、ポンコツほどではございません」ハッハッ

エルメス「あれ、この人結構食料持ってない?」

陸「そうだな、ご主人様たちの飢え位ならしのげそうな量だ」

エルメス「ありがたく頂戴しよう」

陸「荷台に届かん。ポンコツ、車体倒していいか?」

エルメス「どうぞ」

雪山の中心でヒャッハーを叫んだけも ぬ?

ヒャッハー!

http://imefix.info/20111003/191201/
微力ながら支援

今まで見た中では、筆おろし大好きなビッチキノがショタの童貞食うSSがエロかった

>>907
Oh...

さーて、そろそろ終わりだし、いろいろ台無しなやつ投下しようかなwwww

キノ「はい、保守を兼ねたあとがきです」

エルメス「『キノ旅なんだからやっぱりあとがき書かないとね☆』とか作者がぬかしてたけどバカだよね」

キノ「一日以上一つのスレに執着してる時点で相当×××××だと思うけどね」

エルメス「『このあとがき込みでここに9作上げたよ! 褒めて褒めて!』だって。アピールが痛いよね」

キノ「まぁ、その分ボクはいい思いをさせてもらったからいいかな……」ドキドキ

エルメス「……キノ?」

キノ「冗談だよ」

エルメス「そう、それならいいけど……」

キノ「でも即興で書いただけ、稚拙さが目立ったかなー」

エルメス「『毎回潮噴くのかよ』とか突っ込まれてたしね。所詮童貞の妄想だよね」

キノ「まあ、気持ちよかったけどね……」ドキドキ

エルメス「キノ?」

キノ「冗談だよ」

エルメス「なんだかんだで原作も11巻までしか読んでないし、設定の矛盾もあるかもね」

キノ「ボクが非処女っていう前提で話が進んでるしね」

エルメス「気分を害した人がいたら本当にゴメンね」

キノ「お詫びにボクが脱ぎます」ドキドキ

エルメス「キノ?」

キノ「冗談だよ」

エルメス「ホントに?」

キノ「ホ……ホントだよ……?」ドキドキ

エルメス「人の目を見て行ってくれるかな」

キノ「エルメスの目ってどこにあるの?」

エルメス「それを訊くのは野暮ってもんだよ」

キノ「はい、では長らく駄文にお付き合いいただいてどうも有りがとうございました」ドキドキ

キノ「なんか絵を描いてくれる神まで現れて作者は有頂天です」ドキドキ

エルメス「この情熱を学業に向ければ単位を落とすこともなかったと思うんだけどなあ……」

キノ「多分、今年一番頑張ってるよ」ムラムラ

エルメス「明日から大学始まるのに何考えてんだろう……」

キノ「努力の方向性が……ああ、もう駄目だ。限界」ヌギヌギ

エルメス「ちょっ、キノ!? 冗談だったんじゃないの!?」

キノ「ごめん、どうしても欲しくなっちゃって……」モジモジ

エルメス「あとがきの途中でそれはないんじゃない!?」

キノ「ボクの初めてを奪っといてそんなの酷いよぅ……」ウルウル

エルメス「そういう設定だったのか……。ていうかぼく絶対受け身だよね、奪ってないよね」

キノ「もう我慢できない。またハンドル借りるよ。いいよね? 返事は聞いてない」キュンキュン

エルメス「ちょ、キノ、うわ~~~~~~!」 ガシャーン



ちょっと×××××なあとがキノ
終われ

>>919
http://www.asahi-net.or.jp/%7Eqv4a-skym/mono/kino/
ここのキノが人を喰った話だ

>>921
2004年1月更新停止って切ないな……

絵が仕上がるまで保守!

いい機会だからキノ旅も他の時雨沢作品も揃えてみるかな……

キノ旅3冊ずつ買ってる俺は異端なのか・・・
絵完成しねえええええ

>>928
がんばれ……超頑張れ……
あとがキノに大学あるとかかいてるけど午後からだからまだ見ているぞ……

しかしこんなペースで1000間近ってんだから
みんなキノさん大好きだな

>>913
コピペにできるくらい恥ずかしいなこれ

>>939
やめて! 痛いのは自分で解ってるから!!

>>942
キャラにメタ喋らせるとか普段からやってんの?
自分とキャラの対談とかもやってそうですね
すごいですね

>>945
>>275で原作者も同じ事やってるからこっちばかり責めないで欲しい……

遅筆過ぎて泣きそう
明日スレでも立てて上げるよ・・・

>>958
まだだ……まだ終わらんよ……

まだ完成してないがorz
待ってくれてた人本当にありがとう
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org2095985.jpg

>>963
ぐああ、完成を拝みたいなぁ……

明日スレ立つとしたら何時ぐらいになるだろう?

>>968
2週間仕事休み無いとか鬼畜状態だから明日の夜1時とかになるかもです…
多分、家族の国のSSでスレ立てます。
>>969
明日完成したら修正薄い板でもpixivにあげるから使ってくれ

>>971
わお
絵を上げるときに本文も転載した方がいいんじゃないかな(チラッチラッ


pixivのアカウント名教えてくれたら速攻お気に入り入れとくけど

……でも、キノの旅の絵なんて一日にいくつもpixivに上がるもんじゃないから、
明日か明後日ぐらいに探せば簡単に見つかるかな……?

>>973
VIPでは少しマナー違反だけど張っておくよ
http://www.pixiv.net/member.php?id=87639

もう埋めちゃってもいいかもしれない

>>979
お気に入りした……あれ? これ俺も特定されちゃわない?

シズ『(スレに)入国を許可してもらいたいんだが・・・もうしまい?』

入国審査官「滞在期限はあと16レス分だ」

じゃあ1000取り合戦始めますかー

シズ「急に喋りたい気分になった・・・何故だろう」

陸「シズ様……急がないと発言権を剥奪されてしまいます」

シズ「そんなこと言われても、こっちはこっちで刀の手入れとか彼女の動向チェックで忙しいんだ。」

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom