男「付き合ってください!」 後輩「嫌ですけど」 (42)


男「一目惚れなんだ!」

後輩「見た目しか見てないんですよね? なおさら嫌です」

男「と、友達からで」

後輩「妥協する程度の想いだったんですね。なら告白しなきゃいいのに」

男「やっぱり付き合」

後輩「やっぱり? 私の意見に左右されるほど、先輩の意志は弱いんですか」

男「……出直してくる」

後輩「女々しくて、キモいのでやめてください」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1381398067


男「おっす」

後輩「待ち伏せですか。恋心をこじらせましたか」

男「だって、後輩は校内じゃ話しかけても、無視するじゃないか」

後輩「一つ上の知り合いでもない異性が話しかけてきたら、普通は無視をしますよね?」

男「そ、それはそうだが……」

後輩「待ち伏せ」

男「え」

後輩「キモいのでやめてください」



男「やあやあ」

後輩「待ち伏せはやめろ、と言ったはずなんですが」

男「事前に言っておいただろ」

後輩「教室の前で叫んでた人がいましたね。そうえば、先輩によく似ていた気がします」

男「よく見てるじゃないか」

後輩「異常者がいたら、視線を向けるのが健常者ですよ」

男「酷い言いぐさだ……」

後輩「あれ、やめてくださいね。キモい上に迷惑ですから」



男「付き合ってくれ!」

後輩「なぜですか」

男「お、聞いてくれるのか。後輩と三度話して分かったが、君の性格は君の見た目の可愛さを、ふいにするほどのものではないと判断して」

後輩「いえ、するな、と言った告白をまたしてきた理由のことです」

男「意外と話してくれるから、イケるかなって」

後輩「都合の良い解釈はやめてくれませんか。自意識過剰でキモいです」

男「……出直すよ」

後輩「いい加減にしてほしいです」



男「今日は理由を聞きにきた」

後輩「なんのですか」

男「俺の告白を受けてくれない理由だ」

後輩「キモいから」

男「さ、最初は嫌なだけだったはずだ! 嫌だった理由を教えてくれ」

後輩「……私、頭が悪い人は嫌いなんですよ」

男「え」

後輩「うちの学校、学年ごとに順位が張り出されますよね?」

男「お、おう。五十位以上だけだけど」

後輩「それに先輩の名前が載ってるの、見たことないです」

男「……で、出直してくる」

後輩「出直せますかね」



男「友、勉強を教えてくれ」

友「えぇ、どんな風の吹き回しだよ」

男「後輩と付き合うためなんだよ。力を貸してくれよ!」

友「後輩……ああ、あの性格が悪いので有名な」

男「馬鹿! 可愛くて有名なんだ」

友「変なのに入れ込んだなぁ」

男「見た目が良い女の子に魅かれるのは、当然だ」

友「限度があると思うけどな」



「やあ」

後輩「またき――ん」

友「後輩さんだよね。初めまして、僕は」

後輩「初めまして。では、急ぎますので」

友「え、え、ちょっと……行っちゃった。男、よく話しかけれてるなぁ」



友「昨日、後輩さんと会ったんだけど」

男「てめえ、俺の恋路を邪魔するつもりか!」

友「いやいや、ありゃ邪魔できないよ。話しかけても、会話をしてくれないんだもの」

男「そうか、それはよかった……。友、もう後輩に話しかけるなよな。お前は頭がいいから、なんかの間違いでカップルになるかもしれん」

友「僕は付き合う人を、顔だけで選んだりしないよ」

男「理解できない考えだな」

友「お互い様だよ」



男「次のテスト、楽しみにしていると良い!」

後輩「……久々に現れたかと思ったら、なんですか急に」

男「ともかくだ、次のテストが終われば、俺は後輩にまた告白しにくるからな!」

後輩「やめてください。迷惑です」

男「するって言ってるだろ!」

後輩「だから、やめてと言ってます」


男「な、なぜだ……」

友「総合六十二位。まあ、突然の勉強じゃ、こんなもんだよね」

男「おい、てめえ、上がったけどこれじゃダメなんだよ!」

友「僕に言われてもなぁ。実際に上がってるわけだし、文句を言われても」

男「あ、うん、すまん。ありがとな」

友「いいよ、いいよ。僕も若干上がったし」

男「ちなみに、何位だ?」

友「三十二位」

男「[ピーーー]」

友「理不尽だなぁ」


後輩「……今日も、こない」

後輩「諦めたのかな。……当然か。いつもそうだったし」

後輩「帰ろ」



男「おい、おい、これで合ってるか」

友「合ってるよ。というか、もう一人でやってなよ。僕は疲れたよ」

男「冷たいことを言うなよ。温かいものを奢ってやるから」

友「もう夏前だよ。ほしいわけないだろ」


 
後輩「……なんですか。道を塞がないでください」

男「期末の結果、見てくれただろ!」

後輩「あー、そうですね。見ましたよ」

男「四十二位だ。どうだ、文句はないだろ。馬鹿じゃないだろ!?」

後輩「そうですね。見直しましたよ、先輩」

男「なら」

後輩「でも、私は普段、二十位前後の成績なんですよ」

男「え」

後輩「あと、頭が良いだけで、貧相な体つきの人も嫌なんですよね」

男「は」

後輩「私に執着し過ぎるの、キモいですよ。それでは」




友「まだ諦めてないの」

男「もちろんだ。俺には後輩以外にはいない!」

友「よくやるもんだよ」

男「あと、今日からトレーニングも始めるから、お前と遊ぶ時間もなくなるから」

友「……ふーん」

男「俺はやるぜ、友!」

友「もうやり切ってるきもするけどね」



友「後輩さん」

後輩「はい? どこかでお会いしましたか」

友「男の友達だよ。ちょっと聞きたいんだけど」

後輩「……なんですか」

友「ちょっと、やり過ぎじゃないかな。男の気持ちは真剣だって、分かってるはずだよね?」

後輩「なんのことですか」

友「君みたいに可愛い子は、たぶん異性の嫌な部分ばかりを見てきたはずだ」

後輩「……だから?」

友「男はそうじゃないよ。長い付き合いだから、僕だって知ってる」

後輩「そうですか。情報提供、ありがとうございます。それでは」

友「……なんだかなぁ」



男「走る、俺は今日、風になる!」

男「……知り合いに見つかると、なんか恥ずかしいな」

男「よし、帽子とサングラスをつけていこう。これで誰にも俺だと分からないはずだ!」

男「行くぜ!」

タッタッタッタッタ




後輩「ん、あれは……」



友「なあ、夏休みの話なんだけど」

男「悪いが、予定は埋まってる」

友「なんとなく分かるけど、言ってみてくれない?」

男「トレーニングと勉強だ! 筋肉をつけ、後輩の順位を抜く!」

友「……まあ、いいけど。時々構ってくれよな」



後輩「夏休み、か」

後輩「……べつに、会うような関係じゃないし」

後輩「いつも通り、いつも通り」



男「時はきた!」

友「男、なんかガッチリしたね」

男「自重、有酸素、プロテイン……やれることは全てやった」

友「結局、夏休みは一度も遊ばなかったな」

男「それはすまないと思ってる。また遊ぼうぜ!」

友「確かにいつでも遊べるけどよぉ」

男「ともかく、肉体改造と勉強はやり果たした……」

男「この夏休み明けテストが勝負のときだ!」

友「男、別人みたいだなぁ」



後輩「――先輩、ですか」

男「ああ、久しぶりだな。テストの結果、知ってるよな」

後輩「ええ、一応。一桁順位とは、驚きましたよ」

男「そして……この体を見よ!」バサッ

後輩「え、わ、わ、なにを急に!?」

男「この体を貧相とは言わせないぜ! 腹筋割れてるぞ、バッキバキだぞ!」

後輩「分かりました。分かったので服を着てください!」

男「ちぇ、なんだよ」モゾモゾ

後輩「……正直、感心しました。ここまでしてくる人は、初めてでしたから」

男「ん、なんの話? それより告白したいんだけど」

後輩「そりよりって……まあ、したければすれば良いんじゃないですか」

男「よしきた! 後輩、俺と付き合ってくれ!」

後輩「嫌です」

男「え」



友「男が三年生になったら、か」

男「とうとう時間だけだ。いやぁ、ここまで長かった!」

友「時間だけって、明らかにはぐらかされるじゃない」

男「なにを言ってる。後輩みたいな可愛い子が、嘘を吐くわけないだろ」

友「盲目を過ぎて盲信してるね」

男「目が良くなきゃ、後輩を見れないからな! ほら、あそこによく見え――」

友「あれ、後輩さんの隣にいるの、同学年のイケメンだね」

男「……帰る」

友「え、久々の遊びなのに?」

男「察してくれ」

友「ちょ、ちょっと!?」



男(そうだ、体や頭ならなんとかなる)

男(けど、顔は無理だ。俺が面食いだから、よくわかる)

男(そうか……後輩は俺の顔も好みじゃなかったのか)

男(これはさすがに、諦めるしかないか)

男「ちきしょう……!」



友「後輩さん」

後輩「友さん、でしたね。なにか用ですか」

友「男のことなんだけどさ、本当に三年生になったら、あいつと付き合うの?」

後輩「……それは」

友「もしその気がないなら、もう振ってやってほしい」

後輩「え、そ、そんなことは」

友「イケメンと君が歩いているのを見てから、男が意気消沈気味なんだよ」

後輩「イケメン……? 誰ですか、それ」

友「え」



友「いやぁ、もう三年生だね」

男「……そうだな」

友「えっと、後輩さんは?」

男「……はっはっは、何度も言ってるだろ? 諦めたよ」

友「嘘吐かないでよ。もう何ヶ月その状態なんだよ」

男「しつこいぞ。諦めたんだ」

友「それにしちゃ、体も頭もなまらないね?」

男「……し、習慣だ」

友「はぁ」



後輩「友さん」

友「うわっ! 後輩さん」

後輩「なんですか、その反応。人を化け物かなにかみたいに」

友「いや、だって後輩さんに話しけられるとは、ついぞ思わず」

後輩「私をなんだと思ってるんですか。……先輩のことなんですけど」

友「男の?」

後輩「はい。あの、えっと、あの人は……まだ、私を好きですか」

友「あー……うん、好きだろうね」

後輩「そ、そうですか。ふぅん」

友「でも、諦めたって言ってるよ」

後輩「はぁ!?」



後輩「な、なぜですか。もしかして、私に愛想を」

友「違う、違う。男はなんか勘違いをしてるっていうか」

後輩「……もしかして、前の友さんのお話に出た、イケメンとかいう」

友「まあ、おおむねそんな感じ」

後輩「そうですか」

友「ああ、僕は勘違いを解く気はないよ。男を助けることはするけど、後輩さんを助ける気はないし」

後輩「私を……」

友「うん。だって、男は告白する気がないみたいだし、僕は君が嫌いだもの」

後輩「当然、ですね」

友「親友にあれだけ無茶させればね、そりゃ嫌いだよ。……まあ、後輩さんが何かするなら、邪魔はしないさ」

後輩「――今、先輩はどこに?」

友「先に帰るって言ってたから、家に向かってると思うよ。この道をまっすぐだね」

後輩「ありがとうございます!」

友「……言わなきゃ良かったかな」



男(告白、か。……やっぱり整形は無理かな)

男「はぁ」

後輩「先輩!」

男「ぎゃ!」

後輩「なんですか、先輩までそんな反応で」

男「いやいや、いきなり大声出されたら驚くわ」

男「……ん、なんで後輩がここに?」

後輩「私は」

「告白されにきました」



男「告白、ん、あー、それはな」

後輩「なんですか、早くしてください。するなと言っても、あれだけしてきたじゃないですか」

男「悪いけど、俺はイケメンには勝てないよ。体も頭も、努力はするけど顔を変えるのは、な」

男「情けない話だけど、俺は君のためなら何でもできるわけじゃない」

男「面食いだからこそ、自分の見た目に、人一倍愛着があるんだ。……別にナルシストじゃないぞ?」

後輩「さっきから顔顔と、なんの話ですか」

男「え、でも」



後輩「先輩は私の性格や過去など、どうでも良いキモい面食いでしょうけど、私は違うんですよ」

後輩「私と付き合うために、無茶苦茶を叶えるために努力して、その姿を何度も見せてきて」

後輩「好きにさせるだけして、勝手に身を引くような人とは、違うんです」

後輩「好きなんですよ。高飛車で、男性不信で、口の悪い、自分勝手な私に、あそこまで努力できる先輩が」

後輩「顔なんて関係なく、好きになったんです!」

後輩「……だから、告白してください。もう、先輩は三年生でしょう」



男「――そうだな。約束だもんな」

後輩「はい。言ってしまったものは、仕方ないんです」

男「後輩、一目惚れだ。君の顔が好きだ」

男「そして、毒舌で尊大で自分勝手なお前が好きだ」

男「俺と付き合ってくれ!」







「嫌ですけど」

「――私も先輩が好きです。渋々ですが、お受けします」

                               



                                終わり






初めてのオリジナルでした

読んでくれてあざました。

蛇足ですが、イケメンは後輩に付きまとっていただけで、後輩はイケメンを気にも留めてません


このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2016年10月30日 (日) 01:08:20   ID: ckC55ter

あ^~ノンケになるんじゃ~

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom