上条「あたっ!?」絹旗「ッ!」 (92)

上条「いってー……」

絹旗「……」

上条「こら、曲がり角から急に飛び出してきたら危ないだろ」

絹旗「……」ジー

上条「……?」

上条(なんだ? やたら見つめてくるけど……)

絹旗「超見ましたね」

上条「は?」

絹旗「私の下着」

上条「はい????」

絹旗「見ましたね、はい超確定です。殺ス」

上条「はいいいいいい!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1364533833

上条「見てねえよ!? っていうか今のタイミングで見れるわけが……」

絹旗「見れるという言葉を使うということは、貴方の頭の中に超よこしまな考えがあるってことです。よって死刑」

上条(よく分からないけど、すごい暴力女だ……!)

上条「お、俺急いでるんだ、んじゃ!」

絹旗「超逃がしません」グシャ

上条「」

上条「コ、コンクリートが避けた」

絹旗「許しません。逃がしませんし、謝罪では超足りません。今日の私は気が立っているんです」

上条(やばい、こいつマトモな人間じゃないぞ……)

上条「えーっと……、き、君はあれだ、えっと、まずは落ち着いて話そう。いいか。
   俺たちは街角でたまたまぶつかっただけの仲だ」

絹旗「そうですが?」

上条「そんでもって俺は今殺されようとしている」

絹旗「超そうですねえ」

上条「理不尽じゃないか? な、名前も知らない他人を君はいきなり殺そうとしているわけで……」

絹旗「いいえ全く」

上条(アカン)

上条(どうしよう、話し合いが成立するような相手じゃなさそうだ)

上条(こういうときはどうすれば……まずは時間を稼ぐのが一番か?)

上条「な、名前なんていうんだ? 俺は上条当麻」

絹旗「名乗って何の意味があるんですか」

上条「いや、ほら……礼儀っていうかさ……袖振り合うもうんたらっていうか……」

絹旗「超時間稼ぎですか? いいでしょう。少しの間だけ貴方の遺言に付き合ってあげます。私は絹旗という者です」

上条「きぬはた……、あんまり耳慣れない名字だな。高校生か?」

絹旗「貴方には超関係ありませんね」

上条(待て待て待て待て何かがオカシイ。俺なんでいきなり女の子に絡まれてんの? 何がいけなかったの? なんでこの子はこんなに怒ってるの??)

絹旗「他に超質問はありますか? なければ刑を執行致します」

上条「ちょいまった!! ぐぬぬぬ、どうしたらいいんだ、こういうときは……」

上条「えーっときぬはた? はなんでそんなに気が立っていたんだ? なにか嫌なことでもあったのか?」

絹旗「別に。貴方には超関係ありません」

上条(本格的にやばいぞ。誰か助けてくれーーーーーーッ!)

一方「何してンだオマエ」

上条「あっ」

絹旗「あっ」

一方「……ちっ」

上条「おおおおおおおおおおおお前いいところに!」

絹旗「一方……通行……」

一方「……めンどくさそうだな。ンじゃな」

上条「まっ! ちょ! ちょっと待ってくれ!」

一方「あァ?」

上条「あれだ、言いがかりなんだ! 俺は今すごく困っている!」

一方「だからどォした」

上条「第三者による身の潔白の証明を要求する!!」

絹旗「超無駄です、今殺します」

上条「いやああああああああああああああああ!?」

一方「……」

一方「……とりあえず状況を説明しろ」

上条「街角でぶつかっただけなんだよ! そしたらこの子……絹旗がブチギレて絡んで殺されそうなんだよ!」

絹旗「……」

一方「なンかあったのか」

絹旗「……別に」

一方「……はァ。よくわかンねェが殺す必要ねェだろ。何やってンだオマエ」

絹旗「第一位には超関係ないです」

一方「関係ねェで終わっていいのはオマエの中だけだろ。他人巻き込ンでる時点でそンなセリフは使えねェよ」

上条「そうだ、何かあったらすぐに相談、世は助け合いだぞ、絹旗」

絹旗「………」

絹旗「……ないんです」

上条「ん? 何がないって?」

絹旗「住むところがないんです」

上条「えっ」

一方「……」

絹旗「私はとある組織に所属していたんですが、最近そこのお仕事がなくなっちゃったんです」

上条「要は失業したってこと?」

絹旗「有り体にいえば超それです。当然お金もなくなるし、住むところも……」

一方「あり得ねェだろ。オマエの生い立ちなら多少は知っている。研究費が統括理事会から支給されているはずだ」

上条(えっ……なんだよ、また話がでかく……)

絹旗「……もう、研究費が支給されることはありません」

一方「何?」

絹旗「私の能力の研究はもう超終わったんです。空間ベクトルに関する調査は打ち切られています。今の私はしぼりかすです」

一方「……」

上条「……」

絹旗「超失礼しました。上条当麻、ホントは殺すつもりなんかなかったんです。ちょっと気が立っていて誰かに構ってほしかっただけです。
じゃあ、私はこれで……」


一方「(おい)」

上条「(うわっ、な、なんだよ急に肩つかんで)」

一方「(オマエあいつの面倒みてやれ)」

上条「(な!?)」

一方「(アイツは俺の能力の下位互換みたいなもンだ)」

上条「(だ、だから?)」

一方「(まァ言い方が難しいが、その)」

上条「(?)」

一方「(い、妹みたいなもンだ)」

上条(なぜ照れる)



上条「(だったらお前んとこで面倒みてやればいいじゃないか!)」

一方「(うちは住民過多だ。あと同居人が役人だからアイツを表沙汰にすると面倒なことになる。オマエンとこはあの暴食シスターだけだろ)」

上条「(んなこといったってうちは一人養うだけでも精一杯なんだぞ!?)」

一方「(金は俺がなンとかしてやる。寝床だけでも貸してやれ。ヒーローだろオマエ)」

上条「(む、むちゃくちゃだ……)」

絹旗「あの……」

上条「!」

一方「よかったな、コイツがしばらくかくまってやるそォだ」

絹旗「えっ……」

上条「お、おい」



絹旗「上条当麻……本当に超いいんですか?」

上条「うぐ」

上条(上目遣い……)

上条「……いいけど、うちは同居人がいるぞ」

絹旗「私は超気にしませんけど」

上条「いや、っていうかそれ以前に、俺と一つ屋根の下で寝ることになるんだぞ、その、見知ったばかりのだな」

絹旗「特に気にしません」

上条「ぐぬ」

上条(はぁ〜〜、この子よっぽど困ってたんだな……もううちに来ること前提みたいになってるし……)

上条「念のために確認するけど、他に本当に行くアテはないんだな? なんていうか、友達とかさ」

絹旗「………それは」

上条「ん? あるのか?」

絹旗「……いいえ、ありません。本当、です」

上条「んー……」














上条「(ちょっとまてよ一方通行。そもそもうちに来る必要あるのか?)」

一方「(何で)」

上条「(だってお前金出してやるなら住むとことってやればいいじゃん)」

一方「(オマエ何もわかってねェな)」

上条「(え?)」

一方「(住むとこと寝るとこがありゃそれでいいってそンな単純な話じゃねェンだよ。この平和ボケ)」

上条「……」

上条「わかった、絹旗。とりあえずうちに来るといい。歓迎するよ」

絹旗「あ、ありがとうございます」

上条(あ)

上条(今ちょっと笑った)

一方「ンじゃな。俺は帰る」

上条「なんかお前って丸くなったよな」

一方「あァ?」

上条「なんでもない。またな」

一方「ふン」

上条「ふう」

絹旗「あの」

上条「ん? どうしたんだ。何か質問?」

絹旗「………」

上条「?」

絹旗「……後でいいか」

上条「え?」

絹旗「超なんでもないです。それより上条当麻、急いでたんじゃないんですか?」

上条「あっ!?」

上条「しまったーーーー!! 今日は特売の日でタマゴが半額セール!! ち、ちくしょうもうこんな時間か!!!」

絹旗「スーパーに行くんですか?」

上条「うう……今から行っても間に合わないかもしれないけど……」

絹旗「なら私も超同行します。色々と調達したいものもありますし」

上条「ん? ……ああ」

上条(女の子だしな……まあいろいろと……)

上条「とりあえずスーパーに行って、帰るか」

絹旗「はい」

上条「(やれやれ……春だってのに今年も騒がしくなりそうだな……)」








上条「ふう。だいぶ時間かかっちゃったな」

絹旗「タマゴ、超売り切れてました」

上条「はは、仕方ないさ」

絹旗「すみません、超私のせいです」

上条「そんなこと気遣わなくたっていいよ、今更」

上条(ううん、この子根は素直なんだな。ちょっとぶっきらぼうだけど)

絹旗「私の顔に何かついてます?」

上条「あ!? いや、別に、えっと……」

絹旗「?」

上条「とっ、とにかく家に入ろう。ここがうちのマンションだ」

絹旗「結構いいところですね」

上条「そうか? まあ家賃とかは親が払ってくれてるし……あ」

絹旗「超どうかしたんですか?」

上条(やばい)



上条(すっかり忘れてた! インデックスにプリン買ってきてあげるって約束してたんだった!)

上条(いかん、このままだと噛み付かれる……)

絹旗「どうかしたんですか? えっと……超鍵なくしたとか」

上条「ん!? い、いやそうじゃない、プリンをだな……」

絹旗「プリン?」

上条(どうしよう、スーパーはもう閉まってるし……あそこのじゃないとうるさいんだよなインデックス……)

絹旗「超よくわかりませんね。部屋どこですか?」

上条「ん? ああ、そこの二番目の……」

絹旗「ここですか?」

上条「うん、そこそこ」

絹旗「ふんッ!」

グシャアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!

上条「」

絹旗「あれ? 鍵かかってなかったみたいですね」

上条「」

絹旗「超派手にやっちゃいました。てへ。でも上条当麻、これで鍵はもう心配しなくて大丈夫です」

上条「う、うちのドアが……」

舞夏「なんだー? すごい音がしたぞー?」

絹旗「ッ!」ササッ

舞夏「おおっー? ドアがふっとんでるなー!」

上条「き、絹旗さん……俺の後ろに隠れて人見知りを発揮しているところ悪いんだけど……」

絹旗「はい」

上条「君の能力って何?」

絹旗「窒素装甲です。窒素ぱんちとかします。えっと……超武闘派です」

上条「それで何でドアを壊したのかな? うん?」

絹旗「えっ。だって超鍵なくしたんじゃないんですか?」

上条「うんうんそうかもしれないけどそうだったら鍵屋さん呼べばいいよね壊さなくていいよね僕お金ないんだよね」

絹旗「あっ! それも超そうですね。絹旗超うっかりしてました。てへ」

上条「ううッ、舞夏、ドアって修理するのにいくらぐらいかかるんだ?」

舞夏「うーんそうだなー、これくらいだと7〜8万はするんじゃないかー?」

上条(一方通行になんとかしてもらおう……)

舞夏「それよりそれよりー」

上条(ああ……ほんとのほんとに不幸だ……さっきまでは普通の子だと思ってたのにやっぱりこの子変だ……)

舞夏「そのボブカットの女は誰だー? 彼女かー?」

絹旗「!」

上条「ん? ……ああ、こいつか。こいつの名前は絹旗。ちょっとわけあってしばらくうちでかくまうことになったんだ」

舞夏「かくまうー? あやしいなー?」

上条「別に悪いことをしてるわけじゃない。い、今はちょっと勢いでこういうことをしちまったけど根は(多分)いいやつなんだ」

上条「絹旗、こいつは土御門舞夏。お隣さんだ」

絹旗「………」ペコリ

舞夏「……ほほーう? やるなー上条当麻ー?」

上条「な、なにがだよ……」

禁書「そ、そろそろ誰か私の心配をしてくれてもいい頃だと思うんだよ……」

上条「どわーーーーーーーーーーーインデックスーーーーーーーーーーーー!!!!!」

禁書「物音がしたからドアあけようとしたらいきなりふっとんだんだよ……もうなにがなんだかわからないんだよ……」

上条「だ、大丈夫か!? 怪我とかしてないか!?」

禁書「ちょっと腰を打っただけなんだよ……でもそれ以上に精神的ショックのほうがひどいんだよ……」

上条「すまんインデックス! あとプリン忘れた!」

禁書「どさくさにまぎれてそういうミスは報告してほしくなかったんだよぉぅ……」シクシク

絹旗「………」ジーーーー

上条「い、インデックス、それで今日はちょっとニュースがあってだな」

禁書「この後に及んで何だっていうの? 私もう疲れたんだよ……ん? とうま、その娘は誰?」

上条「き、絹旗だ」

禁書「きぬはた?」

上条「わけあってしばらくうちで一緒に暮らすことになった。新しい仲間だぞう」

禁書「ふーん……」

絹旗「……超よろしくお願いします」ペコリ

禁書「……とうま、また女の子つれてきたんだね」

絹旗「また?」

上条「だーーー! うるさい! と、とにかく収拾つかないから一回中で話すぞ、中で!」

上条「ーーーーーってわけだ」

禁書「まったくとうまはお人好しなんだから。ちょっとそういうとこ心配かも」

上条「これから三人で暮らすわけだから、仲良く頼む」

禁書「きぬはたは名前何ていうの? 私はインデックス。Index-Librorum-Prohibitorumだよ」

絹旗「最愛です」

禁書「さいあい? 珍しい名前かも。どんな字を書くの?」

絹旗「最も愛する……えっと英語の意味だと……dearestです」

禁書「かわいい名前なんだよ!」

絹旗「……」モジモジ

上条(絹旗って友達少ないのかな)

上条(なんだか人見知りっぽいし……天涯孤独だったのか……かわいそうに……)

上条「あー、コホン。絹旗」

絹旗「は、はい」

上条「正直俺はお前の素性とか知らないし、性格とかもあんまりまだわからん」

絹旗「はい」

上条「それについさっき道で知り合ったわけだから、お前も俺のこと知らないし」

絹旗「……」コクリコクリ

上条「それにインデックスはすぐ噛み付いてくるしめちゃめちゃ食べるし最初は抵抗があるかもしれん」

禁書「む。その言い方はどうかと思うんだよ」

上条「けどな、ここで暮らす以上俺たちは家族みたいなもんだ。変に気を遣わなくていいんだぞ。まあ、最初っからフランクにってのも難しいかもしれないけど、
   ほら、もうちょっとリラックスしてだな」

絹旗「はい」

上条「んーーーー、要するに元気出せってことだ。うん。お金とか住むところはそのうちアテが見つかるって」

絹旗「……はい……」

上条(ううん、やっぱり最初だし緊張がほぐれてないな)








上条「よし、腹も減っただろうしそろそろ飯にしよう」

禁書「わーい! ごっはん! ごっはん!」

絹旗「私も超お腹減りました」

上条「まあできあがるまで時間がかかるから、絹旗はインデックスとテレビでも見ててくれ」

絹旗「え」

禁書「さいあいは好きなテレビ番組とかあるのー? 私はね」

絹旗「ちょ、ちょっと待ってください」

上条「ん? どうした」

絹旗「ご飯って……上条当麻がつくってるんですか? インデックスちゃんじゃなくて?」

上条「おう、そうだぞ。インデックスは料理はあんまりしないな」

禁書「とうまのご飯おいしいんだよー!」

絹旗「で、ではこの娘は超何をしてこの家に貢献を……」

上条「え? コウケン? どういうことだ?」

絹旗「い、いえ……」



絹旗(私は何か勘違いしていたんでしょうか)

絹旗(普通居候をするからには何かしらの対価を払うのが一般的であるハズ)

絹旗(そうまでしてこの娘をかくまう理由っていったい……)

絹旗(ま、まさか)

上条「インデックスー、今夜はタマゴ料理ができなくなったから、ハンバーグとかそういうのでいいよな?」

禁書「なんでもいいんだよー! とにかくお腹がすいたんだよー!」

絹旗「そういうこと……ですか。超わかりました。なるほど」

禁書「どうしたの? 難しい顔をして」

絹旗「いえ、私にできる任務を超模索していたところです」

禁書「ニンム?」

絹旗「悪い人じゃなさそうですし……こういうのは超一般的に最初はあれだけどっていいますし」ブツブツ

上条「よーし、できたぞー絹旗、インデックスー」

禁書「わあーおいしそうなんだよー!」

絹旗「あ、私が運ぶの超手伝います」

上条「あ、いいよいいよ。座っててくれたらいいから」

絹旗「上条当麻は料理の勉強か何かを超していたんですか?」

上条「え? してないよそんなの。こういうのはやってるうちに身に付いてくもんだし」

絹旗「……」

上条「よーし食べようぜー」





上条「……」

禁書「うわあこのお肉すごくおいしいんだよ」バクバクバク

上条「こらインデックス、今日は絹旗もいるから全部食べちゃだめだぞ」

禁書「そんなことわかってるもん。さいあい、おいしい?」

絹旗「ええ」

上条「……」パクパク

絹旗「……」パクパク

上条(か、会話がない……)

上条(なんだろう、絹旗って本当に一人ぼっちだったのか?)

上条(容姿からして友達多そうなのに)

上条「絹旗、つかぬことを聞いてもいいか」

絹旗「はい?」




上条「えっと……答えづらかったらいいんだけど、絹旗って学生? だよな」

絹旗「まあ、超一応」

上条「学校行ってないのか」

絹旗「仕事をしているときはあんまり顔を出していなかったですね、超忙しかったですし」

上条「その仕事って……まあ、どんな感じの仕事だったんだ?」

絹旗「それは……あんまりしゃべりたくないです」

上条「そ、そっか」

上条(こう、距離感がいまいちつかめないっていうか)

上条(なんだろう? 元からこういう子ってかんじじゃないんだよななんとなく)

上条(まずは絹旗に前向きになってもらわないと)

上条(そうだ)

上条「明日休みだし、知り合い紹介するよ」

絹旗「知り合い?」

上条「うん。インデックスも話し相手にはなると思うけど、ほら、やっぱり同年代の友達とか欲しいだろ?」

絹旗「……超気を遣わせてしまいましたか」

上条「あ!? い、いやそうじゃなくて……、ほら、俺こう見えても割と顔は広い方なんだ。知り合いとか結構すごいんだぜ。
   さっきの第一位もそうだけど、常盤台のレベル5とか知り合いなんだ。御坂美琴って知ってるか?」

絹旗「ッ!」

上条「え」















上条「ど、どうした。もしかして面識あるのか?」

絹旗「面識は超ありません。いいです、私は……」

上条「???」

絹旗「ごちそうさまでした」スタスタスタ

禁書「(ねえ、とうま)」

上条「(ど、どうした)」

禁書「(あんまり一度に色々聞いてもかわいそうなんだよ。まだ慣れてないんだろうし)」

上条「(うーん、だって心配じゃないか、元気ないと放っておけないだろ)」

禁書「(それはそうだけど、私みたいにフランクなヒトばっかりじゃないんだよ。少しずつ聞いていけばいいんだよ)」

上条「(それもそうか……)」

とりあえずここまで。

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年03月16日 (日) 02:43:17   ID: 4X8-QSA4

早く続きがみたいんだよ!

2 :  SS好きの774さん   2014年04月08日 (火) 20:48:32   ID: a5PkHhyP

早く、書いて欲しいのよな。

3 :  SS好きの774さん   2014年05月16日 (金) 10:41:42   ID: TIvLMJIG

絹旗アンチの荒らし以外の理由で失踪するとは…

4 :  SS好きの774さん   2014年05月18日 (日) 10:36:14   ID: Po8OixMd

なンなンですかァ?

5 :  SS好きの774さん   2014年05月19日 (月) 23:31:48   ID: 30sB7yDt

ふざけてンじゃねェぞォ!三下ァ!

6 :  SS好きの774さん   2014年07月24日 (木) 06:15:31   ID: On5n659B

は?





は?

7 :  SS好きの774さん   2014年08月02日 (土) 13:18:57   ID: 3YWtwAaX

ssを放置する三下が多くて悲しい

8 :  SS好きの774さん   2014年08月10日 (日) 22:35:26   ID: 6hRC6Hrt

早く、書けks

9 :  SS好きの774さん   2014年08月30日 (土) 21:23:16   ID: yLwJQEvX

ワロタwww

10 :  SS好きの774さん   2014年11月01日 (土) 09:42:28   ID: OKN0IQe9

なんで完結タグが付いてるんだ?意味不明すぎる…

11 :  SS好きの774さん   2015年02月19日 (木) 01:43:25   ID: CF4jeJLv

期待!

12 :  SS好きの774さん   2015年04月27日 (月) 21:46:01   ID: s50OtKvn

SS書いたことないのに言うのもなんだけどモチベーション低いwwww

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom