アニ「どんな拷問でも覚悟は出来ている」 (84)

アルミン「ふーん、そうなんだ」ジョキン

アニ「あっがっ…!!!!」

アルミン「どうしたんだいアニ?ちょっと親指を切り落としただけじゃないか」

アニ「ぐっ、あんたとは思えない鬼畜っぷりだね」シュウウウ…

アルミン「まあすぐに修復できるしいいじゃない」

アニ「それでも痛みはあるんだよ、あんたらと一緒でね」

アルミン「君が僕達と一緒?」ドゴォッ

アニ「ぐふっ、おえええっ」ビチャビチャ

アルミン「付け上がるなよゴミ」

アニ「ははっ、あんたの口からそんな言葉が出るとはね」

アルミン「僕は怒ってるんだよ。わかってる?」

アルミン「うーん、どこまでやって大丈夫なのかなー」ザグッ

アニ「ぐっ…」

アルミン「痛そうだねえ」ザグッ

アニ「がっ…」

アルミン「何本まで耐えられるかな?」

アニ「ははっ、耐えられなくなったらあたしは死ぬわけだけど、それでもいいのかい?」

アルミン「あー、そりゃまずいなぁ」

アニ「だろう?」

アルミン「うん、やることを変えよう」ズポッ

アニ「ぐっ…」

アルミン「じゃ、今から足の指先から1cmずつ切断していきまーす」

アニ「えっ…?」

アルミン「どうしたのアニ?」

アニ「いや、あんた…それはさすがにやり過ぎじゃないか…?」

アルミン「ははっ、あんだけ人を殺した君からやり過ぎなんて言葉が出るとはおかしいなぁ」

アニ「…(そうだ、巨人になれば…)」

アルミン「じゃ、いきまーす」ザグンッ

アニ「ぎっ…(こいつを殺す…こいつを殺す…)」

アニ「きょ、巨人になれない…」

アルミン「え?」

アニ「あっ、いや…」

アルミン「罰ゲーム♪」

アニ「え?」

アルミン「巨人化して逃げようとしたゲス女には高速輪切りモード!」

アニ「え?え?」

アルミン「うおおおお!」ザグザグザグザグンッ

アニ「あああああああああっ!!!!!」

――――――

アニ「やめてええええええええええええ!!」ガバァッ

ミカサ「アニ、どうしたの、顔色が優れない」

アニ「え?あ?ゆ、夢…?」

ミカサ「何か悪い夢を見ていた?」

アニ「あ、ああ…」

ミカサ「アニが大声を上げるなんて珍しい、余程のこと、よければ話して」

アニ「いや、いいんだ…」ガクガク

―――食堂

ミカサ「おはようエレン」

エレン「おう、あれ?珍しいな、アニと一緒か」

ミカサ「うん」

アルミン「おはようミカサ、それにアニ」

アニ「ひっ…!!」

アルミン「?」

アニ「近寄るな!!」ドゴォッ

アルミン「ごふっ…」

エレン「てめぇ!いきなり何しやがる!!」

アニ「ひ、ひぃ…いやだ…」

アルミン「ごほっごほっ…」

エレン「おいアルミン、大丈夫か!!」

アルミン「う、うん…僕何かしたっけ…」

アニ「あっ…」

アニ「アル…ミン…?」

アルミン「…うん」

アニ「ごめん、あたし…」

アルミン「大丈夫だよアニ、気にしないで、いてて…」

アニ「ごめん…なさい…」

―――その夜

アニ「はぁ…はぁ…」

ミカサ「…(またうなされてる…)」

―――アニの夢

アルミン「あははははは!!今朝はよくも僕を蹴ってくれたね、お仕置きだよ!!」

アニ「こ、今度は何をするつもりさ…」

アルミン「じゃじゃーん!ムチでーす!」バチィンッ

アニ「がっ…」

アルミン「ほらほら!」バチンバチィンッ!!!

アニ「ははっ、昨日より…全然っ、くっ、辛くないね…」

アルミン「そうかそうか!皮膚が裂けてきたよアニ!!」バチンバチバチィンッ!!

アニ「はっ…はっ…」

アルミン「もうそろそろいいかなー」

アニ「なにがさ…」

アルミン「じゃじゃーん!塩でーす!」

アニ「…え?」

アルミン「これを君の傷口に塗りこむ!!」ズリッズリッ

アニ「あっ…ああああっ…ああああああがああああああああ!!!!」

アルミン「うひょー、まるで踊ってるみたい、超面白いなぁこれ!」

アニ「っぐううううううあああああああああ」

アルミン「そうだ、お腹すかないアニ?」

アニ「別に、っぐうう…そんな…はぁ…あっぐ…」

アルミン「塩食べなよ、ほら口開けて」グイッ

アニ「あがっ…」

アルミン「ほーら、外からも内からも塩まみれだね」ザーーーーーーーーッ

アニ「ゴヴォオオオエエエエエエエッ!!!!!」

アルミン「あはははははっ、変な声出してる!!」

アルミン「さて、塩漬けにしたところで焼こうかな」

アニ「は…?オヴォエッ…や、焼ぐっで…ゴボォッ」

アルミン「アニの丸焼き一丁!!」カンカンッ♪

ハンジ「巨大オーブンの準備整ったよー!」ワクワク

アニ「よーし、せーので持ち上げてオーブンに投入だぁー!」

アニ「ちょ、待って、洒落にならない!!」

アルミン「いっ」

ハンジ「せー」

アルミン「のー」

アルミン/ハンジ「せっ!!!」ポーイッ

ヴォオオオオオオオ

アニ「あああああああああああああああっ!!!!!」

アニ「熱い!!!!熱い!!!!お願いします!!!許して!!!!ああああああ!!!」

?「アニ!!アニ!!」

アニ「お願いします!!!!ごめんなさい!!ごめんなさい!!」

?「アニ!!起きて!!アニ!!」

アニ「ごめんなさあああいいいいい!!」ガバァッ

ミカサ「アニ…大丈夫?」

アニ「あ…れ…ミカサ…」

ごめんなさい>>25の最後はアニじゃなくてアルミンです。ごめんなさい

アニ「はぁ…はぁ…」

ミカサ「大丈夫?2日連続…」

アニ「あ、ああ…心配…かけたね」

ミカサ「変な夢を見たの?怖い夢?」

アニ「まあ…そんなところだよ」

ミカサ「話して、話せば少しは楽になるかもしれない」

アニ「ミカサ、あたしは大丈夫だから、早く自分のとこに戻って寝な」

ミカサ「…わかった」

アニ「ミカサ」

ミカサ「なに?」

アニ「ありがとう」

ミカサ「気にしなくていい、エレンも昔は悪夢にうなされていたことがあった」

アニ「あはは、そうなんだ」

――翌朝、食堂

エレン「おはよー、あれ、今日もアニと一緒なのか」

ミカサ「うん、おはようエレン」

エレン「お前らそんなに仲良しだったか?」

アニ「あたしらの勝手だろ」

ミカサ「エレンにそういう言い方は良くない」

アニ「…」

アルミン「あ、おはようエレン!ミカサ!それにアニも!」

エレン「おせーぞ、何してたんだよ」

アニ「…」ガタガタ

ミカサ「…?(アルミンを見てから急に怯えだした?)」

ミカサ「…(昨日のことと言い、もしかしてアニの夢にはアルミンが関係してる?)」

サシャ「あれ、ミカサはパン食べないんですか?じゃあ」

ミカサ「…!」バゴォンガッシャアアンッ

ガチャッ

キース「なんだ今の音は!!」

ミカサ「サシャが放屁し、その風圧により食器が吹き飛んだ音です」

キース「貴様大概にしとけ!!」

サシャ「…何で」

ミカサ「アニ、食欲ない?」

アニ「いや、大丈夫、食べるよ」

サシャ「あ!ミカサ、アニのパンを狙っているんですね!ならば私も」

ミカサ「…」ギロッ

サシャ「冗談ですよ…あはは…」

――その日の夜、アニの夢

アルミン「おはようアニ~昨日は邪魔が入ったねぇ」

アニ「はは、残念だったね」

アルミン「でも傷も治ってるしまた色々と楽しいことが出来そうだね!」

アルミン「あ、そうだ、その前にアニに見せたいものがあるんだ♪」

アニ「なにさ…」

アルミン「じゃーん!」ドサッゴロゴロゴロ

ミカサ「…」

アニ「ミ…カサ…?」

アルミン「邪魔をした愚か者には生首になって頂きました!イェーイ!!」

アニ「お、幼馴染なんだろう…?あんた何考えて…!!」

アルミン「うるさーい」ザグッ

アニ「あっぐっ…」

アルミン「うるさいうるさいうるさい!!」ズバッザグッザシュッ!

アニ「がぁっ…」

アルミン「今日はひたすら切り続けてやるよ!あはははっ!」ズバァッザグッズバズババァッ

アニ「あぐああああっ!!」

アルミン「というのもつまらないなー」

アルミン「そうだ、腕を切り落としてみよう!」ズバッボトッ

アニ「ああああっ!!!」

アルミン「ひゅうー、切れ味いいねー」

アルミン「どれ、もう片方も」ズバッ ボトッ

アニ「があああっ…あっ…あああ!!」

アルミン「おっ、こんなところにスプーンがある!!」

アニ「なんだい、スープでも飲むのかい」

アルミン「いいや、違うよ」

アルミン「君の目玉を抉る!!」ズグゥッ

アニ「あぁっ、ああああっ、がああああ!やめろおおおお!!!あああああ!!!!」

アルミン「うおおおおらぁあぁぁっ」ズポォォッ

アニ「あっ…あっ…」

アルミン「綺麗な目玉だねぇー、へぇー」

アニ「あっ…返し…て…私の目…」

アルミン「頂きます!!」

アニ「え?」

アルミン「ぱくっ!」ゴクッ

アルミン「アニの目玉丸呑み!うひょーー!!」

アニ「あああああああ!!!あああああああ!!」

アルミン「おいしゅう、おいしゅうございましたぁっ!!」

?「アニ!アニ!」

アニ「ああっ…あぁ…返して…お願い…目…」

?「アニ!大丈夫ですか!!アニ!!」

アニ「はっ…」

サシャ「良かった、起きましたね」

アニ「サ、サシャ?」

サシャ「はい、アニがうなされているようだったのでつい…ごめんなさい、邪魔でしたね」

アニ「いや、そんなことないよ…。ミカサは寝てるのかい?」

サシャ「はい、ぐっすりですよ」

アニ「そうか…」

サシャ「それにしても大丈夫ですか?」

サシャ「返してとか言ってましたけど、まさかパンを取られたんですか!?」

アニ「あはは、そういうわけじゃないよ」

サシャ「とりあえず大丈夫そうですね、明日も早いですし私は戻りますね」

アニ「ああ、ありがとう」

サシャ「じゃ、おやすみなさい」

アニ「ああ」

アニ「…(3日連続か…)」

――翌朝

ミカサ「アニ、ちょっとあとで話がある」

アニ「なんだい?夢のことなら話さないよ」

ミカサ「わかっている」

アニ「じゃあ他のことかい?」

ミカサ「いや、夢のこと」

アニ「おかしなこと言うね」

ミカサ「とりあえず、あとで」

アニ「…わかったよ」

―――休憩中

アニ「で、話ってなんだい?」

ミカサ「あなたは夢の中でアルミンに拷問をされていた」

アニ「なっ…」

ミカサ「違う?」

アニ「…それは」

ミカサ「私はアニの夢の中で生首になっていた」

アニ「えっ!?」

ミカサ「生首になった私は拷問されるアニをずっと見ていたの」

アニ「な、なんであんたがそんな…」

ミカサ「わからない」

アニ「二人して同じ夢を見てるとか、そういうことを言いたいのかい?」

ミカサ「うん、不思議だけれども…」

ミカサ「実は、アニがサシャに起こされた時、同時に私も目覚めたらしい」

アニ「それって…」

ミカサ「うん」

アニ「でも、そんなことが…」

ミカサ「だから、夢の中のアルミンを殺せばなんとかなるかもしれない」

コニー「…!?(アルミンを殺す!?)」

コニー「お、おいお前らなんて話をして…アルミンを殺すなんてそんな…」

ミカサ「バカは黙ってて」ドゴォッ

コニー「うっ…」

ミカサ「でもアニの夢の中で既に私は生首になっていた、これでは自慢の格闘技も出来ない」

アニ「…そうだね」

ミカサ「アルミンは言っていた、邪魔者にはこうなってもらった、と」

アニ「そうか!!」

ミカサ「そう、次に夢に入れるのはサシャのはず」

アニ「でも、どうすれば…」

ミカサ「アニが強く念じる、サシャは五体満足で夢に降臨した最強の兵士」

アニ「…ゴクリ」

ミカサ「とりあえず今夜、がんばろう」

アニ「うん、やってみるよ」

その夜、私は夢を見ました。
アルミンが執拗に私を殺そうとするのです。

アルミン「待ってよサシャー!その首と身体を分離させるだけだからさあああ!!」

サシャ「ふざけないでくださいよおおお!!!それはパン100個もらったって聞くことは出来ません!!」

アルミン「あ!パンだ!!」

サシャ「えっ!?」

アルミン「ははは!引っかかったねぇ!」ドゴォッ

アルミン「げふっ!!」

パン「貴様ぁっ!」

サシャ「え?」

パン「私をだしにサシャを誘き出すとはなんたるクズ!」

サシャ「あ、あなたは…何ですか?」

パン「ナンではない、パンだ!確かにナンも原材料似ているが」

サシャ「そういう意味ちゃうわ!!」

パン「さあ、君は助けなければいけない人がいる!」

サシャ「え?」

パン「向こうの部屋にいる!早く行くんだ!俺がアルミンを押さえつけている間に!!」

サシャ「は、はい!!」ダッダッダッ

アルミン「どけぇっ!」ズバッザグッザシュッ!

パン「サシャ…あとは…頼ん…だ」

サシャ「パァン!!」

アルミン「つーかまーえた」ザグゥンッ

サシャ「がっ…はっ…」

サシャ「まだ、まだまだぁ!!」

アルミン「なに!?」

サシャ「私にはどうやら助けなければならない人がいるみたいなんです!」ゲシッ

アルミン「がっ!」

サシャ「うおおおおお!!」ガチャッ

アニ「…サシャ」

ミカサの生首「…コヒュー」

サシャ「こ、これは一体…ミカサ…ああ…なんてことでしょう!!」

サシャ「アニ!大丈夫ですか!今外して上げますからね!」ガチャガチャッ

アニ「っふぅ、サシャ、助かったよ」

ミカサの生首「…コホォー」

サシャ「ミカサは生きてるんでしょうか?」

アニ「一応持って行こう、でもこれだけで終わるとは思えない」

サシャ「というと?」

アニ「アルミンを殺さなければならない」

サシャ「2人は逃げてください!」

アニ「何言ってんだい?」

サシャ「捕まってた人に首だけの人、これじゃ足手まといですよ」

アニ「言うじゃないか、仕方ないね。足止めだけでも頼むよ!」

サシャ「ところでアニ」

アニ「え?」

サシャ「別にやつを『殺して』しまっても構わんのだろう?」

アニ「出来るならね」

サシャ「わかりました」フゥー

アルミン「ははは!追い詰めたよ!」

アルミン「あれ?誰もいない!?それにあの2人は…まさか!」

サシャ「一足遅かったですねぇ」

アルミン「ど、どこだ!?どこへ隠れた!?」

―身体はパンで出来ている。

アルミン「な、なんだ!?」

―血潮はイースト菌、心は小麦粉

アルミン「…一体これは」

―幾多の食事を超えて完食
―ただ一度のお残しもなく
―ただ一度の味付けもなし
―作り手はここに独り
―パンの丘で生地を捏ねる
―ならば我が生涯に米は不要ず
―この体は


―無限のパンで出来ていた…。

飽きたのか?

>>71
真面目に書いてたのにそういうこと言うなら書かんわ

はい、もう寝ます

―幾多の食事を超えて完食
―ただ一度のお残しもなく
―ただ一度の味付けもなし
―作り手はここに独り
―パンの丘で生地を捏ねる
―ならば我が生涯に米は不要ず
―この体は


―無限のパンで出来ていた…。

これどこが真面目なんww

>>76
アンリミテッドブレイドワークスも知らないのか今のゆとりは…こっちが恥ずかしいわ

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2013年11月12日 (火) 23:48:53   ID: qRQpR2GB

無限のパンでできていたwwwww

2 :  SS好きの774さん   2013年11月12日 (火) 23:48:53   ID: qRQpR2GB

無限のパンでできていたwwwww

3 :  SS好きの774さん   2013年12月18日 (水) 01:59:38   ID: fTpA9-Zv

パァンいけめんすぎるw

4 :  SS好きの774さん   2014年04月26日 (土) 19:43:10   ID: ejEDwn8B

なんか続き気になるわww

5 :  SS好きの774さん   2014年04月29日 (火) 17:32:46   ID: kWIMIjOq

糞スレ

6 :  SS好きの774さん   2014年05月11日 (日) 01:46:42   ID: vdpDnBkq

結構面白かったのに作者様だったから糞

7 :  SS好きの774さん   2014年09月23日 (火) 00:12:46   ID: BtXDSNCy

この程度で書くの止めるなんて
残念、です。

8 :  SS好きの774さん   2014年12月29日 (月) 04:51:40   ID: W5zaQG09

Fate知らないとかw

9 :  SS好きの774さん   2015年01月03日 (土) 19:21:50   ID: 5yauVPSL

続き気になる

10 :  SS好きの774さん   2015年01月13日 (火) 20:57:59   ID: wk8QmEQs

アニ「ぐるじい」

11 :  SS好きの774さん   2015年12月27日 (日) 02:49:40   ID: ZLSt-_Nx

剣ならともかくパァンでは真面目にはならんだろ……

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom