まどか「マミさんの物真似やりまーすwww」(214)

まどか「ティロ・フィナーレ!」

さやか「wwwwwww」

杏子「ブフォッwwwwちょwwやめろよwww」

ほむら「素敵よまどか」

マミ「……」

さやか「いやぁwwまどか、アンタ最高だわwww芸人になれるんじゃない?ww」

まどか「ティヒヒwwwそうかな?」

さやか「ほんと最高だわwwwwwもっと見せてよww」

まどか「ウェヒヒwwwじゃあもうちょっとだけww」

杏子「……お前らほどほどにしとけよ」

マミ「……」

まどか「もう何も怖くない(裏声)」

杏子「ブフッww」

さやか「ウワアアァァマミッタアァァァ!!!!」

杏子「ケプフォwwwwwwwww」

ほむら「マドカアアァァァ!!」

マミ「……」

まどか「頭の中がティロティロよ」

さやか「頭ねえええええ!!」

杏子「wwwwwwww」

ほむら「まどかまどかまどか」

マミ「私…そんなこと言ってない……」

まどか「ケーキうめぇwwwww」

さやか「wwwwww」

杏子「wwwwwww」

ほむら「まどか」

マミ「……」

さやか「最高だわwwwwもっとやってよwwww」

まどか「ウェヒヒwww次はどうしよっかなwwww」

杏子「ちょ、マジでやめろって」

まどか「愛と勇気だけが友達よ(キリッ」

杏子「グブァwwwwwwwww」

ほむら「かわいいわまどか」

マミ「もう…いや……」

まどか「え?今何か言いましたか?」

さやか「……」

マミ「もう…やめて……ひどいわ鹿目さん」

まどか「え?」

マミ「お願い……」

まどか「……」

さやか「……チッ」

さやか「あーあ、萎えたわ~」

マミ「み、美樹さん……」

さやか「なんなのマジで?みんなで楽しくやってんのにさ」
マミ「ご、ごめんなさい……でも私、本当に嫌で……」

さやか「うざっ……まあ良いや。今日は私帰るわ」

マミ「ま、待って美樹さん」

さやか「もう良いですから」

まどか「……私も帰るね」

マミ「鹿目さん……!」

まどか「マミさんがこんな空気読めないとは思いませんでした」

マミ「ごめんなさい……ごめんなさい鹿目さん」

まどか「いやもう本当に良いんで」

ほむら「まどかが帰るなら私も帰るわ」

マミ「……」

マミ「……」

杏子「お、おいマミ」

マミ「……」

杏子「あっと……ごめんな私…その、笑っちゃって…」

マミ「……」グスッ

杏子「……」

マミ「うっ……うっ……」グス

杏子「い、いやーこのケーキ美味いなー」

マミ「フフッ……」

杏子「あ…マ、マミ」

マミ「それも私の物真似ってわけ?」

杏子「……!ち、違う!今のはそんなつもりじゃ……」

マミ「……帰ってくれるかしら」

杏子「マミ……」

マミ「帰って!」

杏子「……ごめんな、マミ」

マミ「……」

杏子「じゃあ、帰るから……」

マミ「……」

マミ「私は結局一人……」

マミ「誰にも理解されない……誰も信じない、孤高の騎士……」

マミ「フフッ…もう何も怖くない」

さやか「なんかさー最近全然魔女出ないよね」

まどか「うん…見つけても、私達が行く前に倒されちゃってるし……」

さやか「まあ良いやww平和ってことだしねwwww」

まどか「ウェヒヒwwwそうだねwwww」

まどか「そういえばさやかちゃん知ってる?」

さやか「ん?」

まどか「ウェヒッwwwデブさん、最近学校来てないらしいよwwww」

さやか「ちょwwwマジでかwwwww」

まどか「ウェヒヒwwwデブで空気の読めないぼっちな上に不登校ってwwwwもう最悪だよねww」

さやか「言えてるわwwwww」

まどか「ん?あそこに居るのって……」

杏子「……」

さやか「あれ、杏子じゃん。久しぶり」

まどか「どうしたの?」

杏子「ああ……ちょっとな」

まどか「?」

杏子「……あのさ」

杏子「今からみんなで、マミんとこ行かないか?」

まどか「え?デブさんの所?」

さやか「ちょwwまどかwww」

杏子「デ……なんだと?」

まどか「ウェヒヒwwいや気にしないでwww」

さやか「www」

杏子「……まあ良いや」

杏子「あのさ、私達…この前マミに悪いことしちゃっただろ」

杏子「だからさ…今から謝りに行かないか?」

まどか「んー……どうしよっかなー」

さやか「良いんじゃない?行こうよwwww」

まどか「ウェヒヒwwwそうだねwwww」

杏子「そっか、来てくれるか」

さやか「そういえばさっきから気になってたんだけど」

杏子「あん?」

さやか「杏子が持ってるその袋、何?」

杏子「ああ、これか」

杏子「ケーキだよ。安物だけどな」

さやか「へーwwケーキねwww」

ピンポーン

ガチャ

マミ「……何かしら」

杏子「あ、マミ、今日は、えっと……」

さやか「あれwwwマミさん痩せました?」

まどか「ウェヒヒwwwほんとだwwww」

杏子「お、おい!」

マミ「……」

さやか「でも安心してください!」

さやか「杏子が買ってきたケーキがあるんで、これで元のふくよかな体型に戻れますよwwww」

杏子「な、何言ってんだよ!違うんだマミ!私はそんなつもりじゃ……」

マミ「……話はそれだけ?」

さやか「あ?」

杏子「マミ……この前のことごめんな」

マミ「……」

杏子「本当にひどいことしたと思ってるんだ」

マミ「……」

杏子「頼む、許してくれ……」

マミ「……」

杏子「また一緒に……お茶飲みながら話してさ…一緒に……なあ、マミ……」

マミ「……」

マミ「私はもう、誰とも笑わないわ」

バタン

杏子「マミ!」

さやか「ちょwww何今のwwww」

杏子「……」

さやか「ワケ分かんないわーwwwもう帰ろwwww」

まどか「話はそれだけ?(キリッ」

さやか「wwwwwwww」

まどか「私はもう、誰とも笑わないわ(暗黒微笑)」

さやか「wwwwwwwwwwwwwwwwww」

杏子「マミ……」

QB「……」

まどか「あ、キュウべぇ!」

QB「マミの所に行ってきたんだね」

さやか「デブさんマジでうざかったよwww」

QB「ハァ……」

まどか「どうしたのキュウべぇ?」

QB「君達はとんでもないものをつくり出してくれたよ」

まどか「……?」

杏子「……」

さやか「何の話?」

QB「マミのことだよ」

まどか「デブさんがどうかしたの?」

QB「今のマミは、魔女なんかよりよっぽど性質が悪いってことだよ」

杏子「……どういうことだ」

QB「僕は、マミが君達に傷つけられた時、彼女のソウルジェムは染まりきる、そう思っていた」

さやか「ソウルジェムが染まりきるって……なに、何の話?」

QB「マミは絶望を受け入れてしまった」

QB「マミはもう、魔女化することはないだろう。絶望を受け入れた彼女は、決して変わることなく、無尽蔵の魔力を振るい続ける」

さやか「なんなの?魔女化って何?それよりも、マミさんが何だって?」

QB「ふぅ……気にしないでくれ。君達には分からない話さ」

QB「ただ愚痴が言いたかっただけさ。おかしな話だ、この僕がね」

まどか「キュウべぇ何の話をしてるの……?全然分からないよ!」

QB「……まあ良いだろう。どのみち、マミの気分ひとつでこの星は終わるわけだしね」

マミ「センソ・ディ・ソリトゥーディネ」

魔女「ギャアアアアアアア」

マミ「……今日のも大したことなかったわね」

マミ「……そこに居るんでしょう」

ほむら「……」

ほむら「もうやめなさい」

マミ「……なぜ?魔女を倒すのが、魔法少女の仕事でしょう」

ほむら「……見てられないからよ」

マミ「……」

ほむら「私は、まどかを救うためだけに同じ時間を繰り返してきた。けれど……」

ほむら「私のっ…私の中には、あなたと過ごした記憶もあるのよ!」

ほむら「私は……」

マミ「……ごちゃごちゃうるさいわね」

まどか「そんな……魔法少女が、魔女になるなんて……」

さやか「ずっと……騙してたってわけ?」

QB「騙してただなんて、心外だな。 ……なんて、こんなやり取りにもう意味はないね」

さやか「アンタねぇっ!」

杏子「……」

杏子「……今まで騙してたのは気にいらねぇ」

まどか「杏子ちゃん……?」

杏子「でもな、一番気に入らないのは、マミをまるで化け物みたいに扱ってやがることだ!」

杏子「この星が終わるだとか抜かしてやがったがな、マミがそんなことする筈ねぇだろ!」

QB「それはどうかな?」

杏子「テメェ!」

QB「暁美ほむらが殺された」

杏子「……は?」

まどか「ほむらちゃんが……?」

QB「マミが殺したのさ」

QB「ソウルジェムもろとも、跡形もなく消し飛ばされた」

まどか「そんな……嘘……」

杏子「ふざけんな……なんだよそりゃ……」

QB「僕のことが信じられないかい?でも、紛れもない事実さ」

さやか「何よ…何言ってんのよ」

まどか「嘘……嘘……」

QB「……」

QB「……ひとつだけ、マミを止める方法がある」

杏子「本当か……?」

QB「確実な方法じゃない。ほんのわずかな希望さ」

杏子「何でも良い!教えろ!」

QB「そのためには、君の協力が必要だ」

まどか「え……私……?」

QB「暁美ほむらは死んだ」

QB「けれど、彼女の想いはまだ生きている」

QB「彼女が守ろうとした君は生きている」

QB「暁美ほむらが歩んできた時間は、君の力になるだろう」

QB「だから、まどか」

QB「僕と契約して、魔法少女になってよ」

まどか「私、が……?」

さやか「アンタいい加減にしなさいよ!」

QB「それしか方法はない。今のマミを止められるとしたら、まどかだけだ」

杏子「止めるってのは……」

QB「……」

杏子「マミを、殺すってことか」

QB「……ああ」

杏子「そうか」

まどか「私が……」

QB「選ぶのは君だよ、まどか」

QB「僕は、強制はしない」

まどか「私は……」

まどか「私、嫌だよ」

まどか「魔法少女が魔女になるって聞いて、それで魔法少女になろうなんて思えない」

QB「……」

まどか「……でも」

まどか「ほむらちゃんが死んじゃったのは、私がマミさんを傷つけたからなんだよね?」

まどか「私のせいでマミさんは変わっちゃったんだよね?」

まどか「私のせいでほむらちゃんは死んじゃったんだよね?」

さやか「……」

まどか「だったら、私がやらなくちゃ駄目だよね」

QB「ありがとう、まどか」

QB「魔法少女になるかわりに、僕は君の願いをひとつ叶えてあげられる」

まどか「私、何もいらない」

まどか「マミさんを止められるだけの力さえあれば」

QB「そうかい」

パアアア

QB「さあ、受け取ってまどか。それが君のソウルジェムだ」

まどか「うん」

QB「さあ、行こうか。マミの所へ」

まどか「うん」

QB「さやか、杏子、君達はここに残った方がいい。巻き込まれればただでは済まないからね」

杏子「……そういう訳にはいかねーよ」

杏子「マミを変えちまったのは私のせいでもあるんだ。だから、何も出来ないとしても見届けなきゃならない」

QB「……そうかい。さやか、君は?」

さやか「私は……」

QB「……気にすることはないよ。君はここで待っていてくれ」

まどか「……」

マミ「嫌な顔」

マミ「せっかくの紅茶が台無しだわ」

まどか「マミさん、あなたを止めに来ました」

マミ「ああ、魔法少女になったのね。キュウべぇ、あなたの差し金?」

QB「マミ……」

マミ「まあ良いわ。あなたと、それから佐倉さん。あなたは後」

杏子「……」

マミ「まずはあなたに消えてもらうわ、鹿目さん」

まどか「……!」

まどか「あああああぁあぁぁぁ!!」

マミ「ふふっ」



杏子「互角か……!」

QB「嫌、まどかが圧されてるよ」

杏子「くそっ……」

まどか「私、マミさんにいっぱいひどいことした!悪口を言った!陰口だってたたいた!けど!だけどっ!」

マミ「……」

まどか「あぁあっ……ぐっ……だけど、マミさんのことが大好きだった!今だって……!」

マミ「都合の良いことをベラベラと!」

マミ「どの口が、言うのかしらっ!」

まどか「ぁ…ぐ……」

マミ「私の心には、もう誰の声も届かない」

杏子「畜生……!圧倒的じゃねえか!」

QB「……予想通り、と言ったところかな」

杏子「あ……?なんだと?」

QB「まどかの力を以てしても、マミにかなわないのはわかっていたよ」

杏子「どういうことだテメェ!」

QB「まどかは、マミを止めるためだけに魔法少女になった。そのための力こそが彼女の願いだった」

QB「だから、マミを止めることが出来ないと理解したその時、まどかは……」

まどか「あアああああぁあぁアああぁぁあアァあああ」

マミ「これは……」

まどか「あアああぁアあああぁ」

さやか「駄目!まどか!!」

まどか「さやか……ちゃん……?どうしてここに……」

マミ「一番見たくない顔が来たわね……」

さやか「私……私は……」

さやか「ごめんなさい、マミさん!ごめんなさい!」

さやか「お願いだから、もうやめてください!お願いします!マミさんっ!」

マミ「うるさい」

さやか「あれ……?」

さやか「私の手は?足は?体は?あれ?あれ?あれ?あれ?あれ?」

マミ「さよなら、美樹さん」

さやか「ぁがっ」

まどか「さやかちゃん!嫌!嫌!嫌ああああああああ!!」

まどか「あああああああああああああああああああ!!!!」

まどか「あああああああああああああああああああああああああああ」

QB「さあ、魔女化が始まったよ」

杏子「キュウべぇテメェ!初めからこのつもりだったのか……!」

QB「当たり前だろう?インキュベーダーとしての僕の役割は、魔法少女から魔女に変わる、そのエネルギーを回収することなのだから」

杏子「キュウべぇ……!」

魔女「……」

マミ「醜い姿ね、鹿目さん」

魔女「……」

マミ「ねぇ、鹿目さん。あなたは私のことを好きを言ったわね」

魔女「……」

マミ「白状するわ。私ね、そう言ってもらえて嬉しかった」

魔女「……ア……あ」

マミ「私、あなたのことを信じたかった」

魔女「あああああああああああ」

マミ「さよなら」

登場人物にまったく感情移入できない
>>1は何がしたいの?笑わせたいの?

QB「全て終わったね」

QB「まどかも杏子もさやかも、マミも死んだ」

QB「この星はかろうじて生き延びたけれど、もう回収するほどのエネルギーは残っていないだろう」

QB「ああ、そういえばまだ君が残っていたね」

QB「暁美ほむら」

ほむら「……」

なんなんこれ
某歌詞サイト並のひどさだなwこれギャグでやってるだろwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

QB「そんなボロボロの身体でよくここまで来たものだ」

ほむら「……私が知っているインキュベーダーは、その正体が知られた時、いつもこんなことを言っていたわ」

ほむら「嘘はついていない、と」

QB「……」

ほむら「だけどあなたは、嘘をついた」

ほむら「私が死んだと嘘を言ってまどかを騙し、結果魔女になったまどかは巴マミと相打ちになった」

>ほむら「……私が知っているインキュベーダーは、その正体が知られた時、いつもこんなことを言っていたわ」

>ほむら「嘘はついていない、と」

>QB「……」

>ほむら「だけどあなたは、嘘をついた」




いや、知らんよ

>ほむら「……私が知っているインキュベーダーは、その正体が知られた時、いつもこんなことを言っていたわ」

>ほむら「嘘はついていない、と」

>QB「……」

>ほむら「だけどあなたは、嘘をついた」




>いや、知らんよ



いや知っとけよ

ほむら「ねぇ、キュウべぇ」

ほむら「あなたは、感情を持たない筈のあなたは」

ほむら「そうまでして巴マミを止めたかったのね」

ほむら「壊れていく巴マミを、救いたかったのね」


QB「君は何を言っているんだい?訳がわからないよ」

>QB「君は何を言っているんだい?訳がわからないよ」




おい作者
言われてるぞ

ほむら「……今ここにいるあなたとだったら」

ほむら「もしかしたら、分かり合えたかもしれない」

QB「それは意味のない仮定だよ」

QB「だって、君は行くんだろう?また、まどかを救うために」

ほむら「ええ、そうね」

ほむら「これは、意味のない仮定。意味のない物語」

ほむら「さよなら、キュウべぇ」



終わり

賛否両論激しいだろうが
俺は面白かった

またなんか書けよ

最初から最後まで読者を置き去りにした話でしたね
マジで何がしたかったの?

ギャグにしようとしたけどオチが思いつかないからシリアスに方向転換したんだよ言わせんな恥ずかしい

QBが途中から本性を露わにしたのはマミが死んだからっていう説思い出したわ

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom