アニ「ウィーッス」クリスタ「どうしたの!?」(32)

クリスタ「大丈夫?、調子悪いの?」

アニ「ンチーッス」

クリスタ「………何?」

アニ「ベルらぃ?!!」

クリスタ(何言ってるのか全然わかんない…)

アニ「?…」

クリスタ「ベル………トルト?」

アニ「イーッシュ!!」b グ

クリスタ「???…………ベルトルト?」

アニ「ソーッス。ベルドゥ?」

クリスタ(理解が出来ない...)

アニ「………アリャッシター…………」スタスタ

クリスタ(あっ………行っちゃった.....)

アニ(何で............)

アニ(ベルトルト何処にいるか聞いたのに答えてくれなかった......)

アニ(ちゃんと聞けたはずなのに......)ハァ

アニ(ん......あそこにいるのはサシャ?)ジー

アニ(サシャだ!......サシャにも聞いてみよう!)ステステ

アニ「ンチャー!サシャチーッス」ステステ

サシャ「うん?......あっ、アニ!どうしたんですか?」

アニ「ベルドゥーッスカ?」

サシャ「へ?何ですか???」

アニ「ベ、べルシュナイ?」

サシャ「パンですか?あげませんよ!」スタタッ

アニ「あっ」スタン

アニ「............また行っちゃった......何で......」シュン.....

マルコ「あれ?アニ?どうしたのこんなとこで縮こまって......」

アニ「イッミマkmup.ドヤンgtv.....」スタッ

アニ「ウ、ウウイッス」カァ-ッ

マルコ「?.....お腹痛いの?」

アニ「イッ、チャゥース...」

マルコ「チャウ?」

アニ「ンソーッス!アリャーッ!!」

マルコ「う、うん.........大丈夫そうだね......じゃ僕部屋に帰るから」スタスタ

アニ「あっ!マッ、べ、ベルシュラッ!!?」ワタワタ

マルコ「ん?ベルシュール?」

アニ「ベルドゥ、ゴッス...カ?オネガシャース、マルッ!」

マルコ(ベルどごうすか?お願い?.........どういうこと?)

マルコ「ベルがどうかしたの?......って言うかベルって何?」

アニ「.........」ジワッ

マルコ「えっ?」

アニ「いい......」スタタタタタタッ ポロポロ

マルコ「ええ!?何で急に!ちょっと!!」スタタタッ

アニ(何でだろう......話が通じないよ......)グスッ

アニ(やっぱり人前で話すと緊張して訳わかんない事言ってるのかな.....恥ずかしい.......)

アニ(思い出してみたらやっぱり皆何言ってるの?みたいな顔してるし.....)ハァ

???「ウホ?ウホホ!!」

アニ「ウェッ!」クルリッ

アニ「ラ!ライッナ!!シャース」

ライナー「ウホッ、ウホホホホ!」

アニ「ライナー!!チョッティオウ!!」

ライナー「ウホ?」

アニ「ミンッシャースッヨ!ンシャ!スッ!ンデアイッ......?スヨッ......」ガク

ライナー「ウホゥ......ウホホ!ウホッホホ!!ホ!ウホホウホホウホ!!」

アニ(やっぱりライナーだと普通に喋れるのに.........何でだろうね、あっ)

アニ「ベルシュ?ライッ!」

ライナー「ウホホ!ウキャア!!」ユビサシ

アニ「!アリャーッ!!!」スタスタ

ライナー「かまへん!かまへん!」

────────

ベルトルト「......」
アニ(いた!)

アニ「ベルッ!」スタタッタタタタッ

ベルトルト「えっ?.........アニ!」

アニ「ベルッサィ!!」スタスタ

ベルトルト「もしかして僕の事探してた?」

アニ「ソーッス!サガシャースヨッ!」

ベルトルト「ゴメンね~僕此処で蟻みてたんだよ」

アニ「ヘーソーッスカ!」

アニ「....ベル!アルミッカ!オラーイ!!」

ベルトルト「え?アルミンが呼んでる?」

アニ「ソーッスヨ!」

ベルトルト「そっか!伝えてくれてありがとね!じゃあ行ってくるね!」スタスタ

アニ「ンデナイナイッス!」

ベルトルト「あっそうだ、アニも一緒に行こうよ!」

アニ「ン?.........オッ、イーッスヨ」スタスタスタスタ

ベルトルト「よし、じゃあ行こうか!」

アニ「ウィーッス」

ベルトルト「ところでアルミンは何で僕を呼んでるの?」

アニ「.........?」

ベルトルト「わかんないのか」

アニ「ソウッス」

ベルトルト「まぁ行ってみたら分かるか!」

────

───────

ベルトルト「アルミン発見!......」

アニ「アルミッ!!ベルッ!グゥ!」bグッ

アルミン「あっ!ベルトルト連れて来てくれたんだ!ありがと!」

アニ「ンデナイナイッシュヨ!」

ベルトルト「アルミン、何で僕を呼んだの?」 

アルミン「ちょっと聞きたい事があってね......」

アルミン「君はライナーと何時も一緒にいるよね?」

ベルトルト「え?......うん...そうだけど?」

アルミン「じゃあライナーが何言ってるか分かる?」

ベルトルト「え?........(何で僕に聞くんだ.....僕もよく分かんないのに....)」

アニ「アルミッ!!ベルッ!ライッナ、ベシャンケーッスヨ!!」

アルミン「........アニ...」

アルミン「ついでにアニもよく分かんない時があるんだけどさ....君は分かるの?」ボソボソ

ベルトルト「あ、当り前じゃないか!!僕を何だと思ってるんだよ!」

アニ「?.....ベルッ?...ドゥーッカ?ンニッケースカ?」

アルミン「じゃあ今何て言ったか分かるの?....正直僕はあんまり....」

ベルトルト「ふふっ...分かんないのかい!....しょうがない、教えてあげるよ!」

ベルトルト「ベルトルトは、私の彼氏だよって言ってるんd アニ「ナイ!」シュッ

ドゴッ

アルミン(うわ...脛に蹴りが....痛そうだよ......)

ベルトルト「うあぁあああぁあああああ!!!!」ジタジタジタジタ

アニ「ベルッ!!!ナイッシュヨ!!サー!」スタスタ

アルミン「......うーん...」

ベルトルト「うぁぁ.....待っでよ、アニ....」

アニ「ウン?」

ベルトルト「今更だけどハッキリ言う。僕は君が何を言ってるのかはよく分からない。」

アニ「ヘッ?.....ベル..?...ホンッカ?」ジー

ベルトルト「......黙っててゴメン.....殆ど分からなかったんだ....でも!!」

ベルトルト「君の口の動き!手振り、目の視線、耳やほっぺの赤み、声の高低・トーンや癖!」

ベルトルト「それに表情が違ったり、姿勢とかも違うのが分かってきて、色々研究したんだ。」

ベルトルト「.@.後は勘と聞いてきた言葉の中でパターンが同じようなものがあって、それでまあまあ脳内変換できるように....」

ベルトルト「....要するに今までの経験で何を言いたいのかは大体分かるようになったんだよ!(何言ってるかは不明だけど..)」


アニ(ベルトルト.....流石に引く.......今まで何言ってるのか分かってるのかと思ってたし考えもしなかったよ.......)

アルミン(ベルトルトもそんな感じなんだ……確かに分かりづらいけど…パターンあるからまだ良いよね…)

アニ「ベル……アシャーホンッテワン?」

ベルトルト「……うん…本当だよ………」

アニ「…………」ハァ…

アニ「ヤッ、ベシャーライッナンイナ…」

アルミン「……アニはライナーが何言ってるか分かるの?」

アニ「ソーッスヨ、ライッナベシャトットナン、シュヨ」

アルミン「へぇー………」

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom