妹「お兄ちゃん一日だけ彼氏のふりしてくれない?」 (39)

兄「彼氏のふり?」

妹「何か付き合っててしつこい奴がいてさ、彼氏がいるって言ったんだけど信じないんだよね」

兄「大変だな」

妹「お兄ちゃんなら身長高いしかっこいいから、相手に見せつけたらすぐあきらめると思うの」

兄「そう言う事なら手伝ってやらんでもないぞ、どうすればいいんだ?」

妹「今度の日曜日デートしてくれるだけでいいから」

兄「いいよ、可愛い妹のためだひと肌ぬぐか」

日曜日

兄「おまたせ」

妹「おそーい」

美少年「…」

兄「…あいつがストーカー?」

美少年「…あの」

妹「早くこっちにきて」

美少年「うん…」

兄「え?」

妹「この子と一日デートして欲しいの」

兄「え、デートってお前とじゃないの?」

妹「なんで私がお兄ちゃんとデートしなきゃいけないのよ、ほらちゃんと彼氏っぽくふるまってね」

兄「え??」

美少年「あの…今日は一日よろしくお願いします」

妹「美少年くん、彼氏がいるじゃなくて彼女がいるって言えばよかったのにね」

兄「…」

美少年「手をつないでもいいですか?」

兄「うっうんいいよ」

美少年「すみません、男と手をつなぐのいやですよね」

兄「そうじゃないよ、ちょっとびっくりしただけだよ」

美少年「本当ですか?」

兄「うん、それに君可愛いし」

美少年「可愛いだなんて…」ドキドキ

兄「うっうん…」ドキドキ

兄「ストーカーは今来てるの?」

美少年「わかりません、見てるかもしれませんからもっとくっついていいですか?」

兄「う…うん」

美少年「あっ…いました」

兄「え?」

美少年「抱きしめてください、はやく!」

兄「うん!」

ギュッ

美少年「嬉しい…」

兄「え?」

美少年「何でもないです、まだ見てると思いますからしばらくこうしておきましょう」

兄「うん…」

兄「…もういいかな?」

美少年「もう少し…」

兄「ああ…」

美少年「…ありがとうございます、もういいです」

兄「そうか」

美少年「クレープ食べません?」

兄「クレープ?」

美少年「あそこのお店のクレープおいしいんですよ」

兄「じゃあ行こうか」

美少年「はい」

夕方

美少年「今日はありがとうございました」

兄「いいよ、これで相手もあきらめてくれたかな」

美少年「それはわかりません」

兄「そうだな」

美少年「あっ…いる」

兄「え?」

美少年「まだ諦めきれてないみたい…ねぇキスしません?」

兄「キス?」

美少年「キスするところを見せたら、相手はあきらめると思うんです」

兄「そうだけど…」

美少年「お願いします!」

兄「…わかった、いいよ」

美少年「はい!」

兄「ただいま」

妹「お帰り、どうだった?」

兄「うん、たぶんもう大丈夫だと思う」

妹「へぇ、ストーカーの前でキスでもしたの?」

兄「なっ!!」

妹「冗談よ冗談、キスまではするわけないよね」

兄「…そっそれより、あの子のストーカーってどんな奴なんだ?」

妹「知らない」

兄「知らない?」

妹「見たことないもん、私知らない」

兄「そうなのか」

妹「うん、美少年くんがそう言ってるからいるんでしょ」

兄「そう・・・か」

翌日

美少年「昨日はごめんね、お兄さん貸してくれって頼んで」

妹「別にいいよ、美少年君困ってたし」

美少年「そのことなんだけど」

妹「どうしたの?」

美少年「あのストーカーがまだ僕をつけまわしてるんだよね、だから今度の日曜日もお兄さん借りてもいい?」

妹「うんいいよ、美少年くんも大変だね」

美少年「ごめんね、お兄さんの方には僕から連絡しておくから」

妹「連絡先交換したの?」

美少年「うん」

エルフはいなかった

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2016年11月06日 (日) 08:37:12   ID: PzWxMbx4

天才

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom