アニ「ここは?」アルミン「地下牢とだけ言っておこう」 (290)

下着姿に剥かれ手と足に錠が嵌められたアニ。滑車で垂らされた鎖で手首から釣られ、バンザイする格好。両足がそろいまっすぐおりている。足を床に着けることができない

アルミン「状況はわかる?アニ……」

アニ「……ああ、わかるよ。あれから何日経った?あたしが…ああなってから」

アルミン「答えると思う?…残念だけどこの部屋では質問は僕がする。君はそれに答えるだけ。わかる?」

アニ「はいはい、尋問役はあんたってこと……根性あるとは言ったし頭もいいと思うけど、こういう役に向いてるとは思えないね」

アルミン「ああ、質問に答えないこともできるよ。でもその時は…ここの流儀で対応させてもらうだけ」

アニ「…勝手にすればいい。そりゃあたしだって痛いのは怖いさ。…泣いちゃうかもね。でも怖いのはそっちも同じだろう?あたしが巨人になるんじゃないかとビクビクして…」

アルミン「ああ、それなら大丈夫。ここ地下30mだし。ここで巨人化して生き埋めになる?尋問する方も巻き込めるしお得だね」

アルミン「でもこの部屋には僕とアニだけ。だから巨人化しても僕しか殺せない。通路の先にハンジさんも待機してるけどね…僕に全て任せてくれたんだ。異例のことだよ?」

アニ「そんなのどうだっていい。そんなことより…か弱い乙女を下着姿で吊るすなんて変態以外の何者でもないね。あんたがそういうやつだったとは…ショックだよ」

アルミン「ねぇ、アニ…余裕ぶった軽口はいいんだけどさ…立場、わかってるかな?わからないならわかればいいんだけど…いろんな方法で」(ボォォォ)

アニ「…!」

アルミン「バーナーだよ?…まずはこれ以降の人生で絶対焼き肉が食べられなくなりそうなのからいこうか…」

アニ「アルミン…!?(……本気…?)」

アルミン「立体機動装置に使われてるガスって可燃性なんだよ。まあ、知ってるか。装置の排気での引火事故は全くないって言っていいけどね」

アルミン「でも混合比を調整してやることで、こうしてガスバーナーにもなるわけ、いい?」カチッ、ボオオォォォォ

アニ「……そ、そんなのをか弱い乙女に見せてどうしようっての…興味あるわけ…」

アルミン「まず足の指から行こうか」ボォォォォ

アニ「…(ビクッ)……ッッ!!!ぐ……~~~~~~~~っっっ!!!!」ジュウウウウ…ジャララ…ジャラ

アルミン「やだなぁ、アニ。聡明な君なら一目見ただけでこうするってわかるよね?……それにしても」

アルミン「すっごく熱くて痛いはずなのに声も体の反応もそれだけなんてすごい、流石だね。震えて鎖を鳴らしてる…けど身を捩って逃げようとしないのもいじらしいなぁ」

アニ「………い、ック…一応…っ!戦士なん……っくう…(あ…ああ、もう指が……体の一部じゃなくて別のもののよう…っあつい!!)ボォ…ボボボ

アルミン「まあいきなり町娘みたいにピャーピャー泣かれても興ざめだからね。でもきっと君から乙女な反応引き出して見せるよ」

アニ「………あ、あんたの、っう、お、乙女の取り扱いには……ッ!!…ぜ、絶句するね………!!うぐ!?」ボォォォォ

アルミン「アニはかわいいなぁ……ふぅ。大体炭化したかな?ところで、そんなに喋れるほど余裕あるんだ」

アニ「ふう…………っっ…そうだね、こんなものはなんとも…う…………っっ(肉が焼けた匂いが立ち上ってくる…羊肉でも焼いてるような…ウプ)」

アニ「う………っぷ(吐くな、吐くな!さすがにこいつらの前で弱みを見せるわけには…ッ!)」

アルミン「しかし、この足で僕にローキックかましてたんだよね…訓練の時の話。僕も意地っていうかやせ我慢っていうか…腿が腫れ上がるまで耐えてさ」

アルミン「根性あるって思ってもらえたの、あれが最初かな?ね、そうだろアニ?」

アニ「ぐっ…あ…っ!ぐ…あたしの見込み違いだったよ、とんだね…ここまでゲスい根性…ばあッ!?(ブチ…ビチチ)(足の指を…ちぎられてる…ッ!?)」

アルミン「ねえアニ…そうじゃないだろう?君、何か勘違いしてないかい?もし君が最終的に情報提供に協力せずに安楽死を拒否して処刑台へ登ったとしよう」

アルミン「そこでそんな加害者意識を欠如した状態でいられたら同席する遺族はどう思う?改めたほうがいいよ?」メチチ!

アニ「ぐ…ゆううう…っは!…ああ!…はぁ、はぁ、そっ…そりゃあ…あんたたちには悪いと…思ってるさ…でも…責任なんて、と…とれっこない…ッ!」

アルミン「じゃあどうするの?ところで…はむ(クチャ、ゴリゴリ)…君の指、美味しいよ?焦げてるけど。ほら、食べさせてあげる」ブチっ、グッ

アニ「ぶ…ム…げはっ!ごホッ!ゲッ…っぺ…うう」

アルミン「何吐き出してるの?君たちのせいで土地が減って肉なんて生涯食べられない人もいるんだよ?なのに君のその態度は何?」

アニ「ふぅ…ふぅ…赦されたいとは思わない…弁明の余地もない…謝罪は幾らでもする…いよいよとなったら死の罰も受け入る…でも」

アニ「…いや、どうしたいんだろうね、あたしは…よくわからないよ…」

アルミン「ああ…まだまだ認識がおかしいようだね?アニ…君はどうしたいかなんて考えていい立場じゃないんだよ?」

アルミン「っま、これはお試しさ…焼いてる時はいいけど炭化したらあまり痛くない、体の一部を失う精神的ダメも再生があるから意味ない。君たち向けの拷問じゃなさそうだ」

アニ「…だったら、どうするんだい(ピシャ――ン!!)うグッ!……っく…ムチか……そんなもので(バシーーン!!)くッ!」

アルミン「ふっふっふ…これもお試し。僕がただのムチ打ちをすると思う?…ああ、打ったあとが斜めにミミズ腫れになって浮き出てきたよ、きれいだなぁ」

アルミン「それにしても…下着、邪魔だね」ビリ…ビリ…

アニ「!………ック」

アルミン「ふふ…やっぱり恥ずかしいんだね。わあ…キレイだねアニって。真っ白な体…控えめな胸、うっすら腹筋の浮き出たお腹、そしておへその下の金毛の…」ツゥ…

アニ「女の体に気安く触るな…ッ!」

アルミン「…アニって普段は怒る時もわりかしクールだよね。声荒げたりなんかしない。生まれて初めて男に愛撫されて動揺した?」

アニ「……………あんたがこういう男だってわかってたら訓練で骨でも折ってあげたんだけどね」

アルミン「まあいいじゃない。君はもう僕が自由にしていいペットみたいなものさ。隅々まで把握しておきたいんだ」

アニ(コイツ、本当にあのアルミン…?ストへス区で追い詰められた時は驚いた…けれど…こんなことができるなんて…)

アルミン「…それにしても綺麗だ。特に脇なんかいいねぇ…男に見られるのは初めてじゃない?ちゃんと剃ってるんだ…へぇ」

アニ(カァ…)(何であたしは…今さら恥ずかしがって…全くなんだって言うんだ…こんな時に羞恥を感じるなんて…相手がアルミンだから?)

アルミン「あは!顔が赤くなったよ!?…やっぱり女の子だなぁ…アニは。…臭いも嗅いでみよ…ス~…ああ、アニの臭い…こんななんだ」

アニ「……ホント変態だね。とことんね(なんでこんな情けない気持ちにならなきゃいけないんだ…)」

アルミン「ところで腋、なめていい?」

アニ「…はぁ?…まったく。あんたこれ楽しんでない?尋問もろくにしない…気持ち悪いフェティシズムを露わに好きほうだ(ボォォォ)ああっ!?がああ!??」ジャララ!ジャラ!

アルミン「ああ、ごめん…舐めるって…炎を使ってだよ?僕みたいな童貞がシラフでいきなり腋なめれるわけないじゃないか」ボォォォ

アルミン「ふふ…さっきみたいに我慢して身じろぎ一つしなかったのが嘘みたいにうねって跳ねて鎖をじゃらじゃら言わせてるね。とっても扇情的だよ…」ボボボボ…

アニ「ック!?…あああ!うっうっう!!っきゃあ!」ジャララ!ジュウウウウ

アルミン「あはは、きゃあ!だって。やっぱりところどころ女の子らしい所あるよね、アニって…やっぱり僕らに見せてたクールなアニは仮面かな?かな?」ボオオオォォォ

アニ「ぐうううう…っく!!あ…があ…が、は~~~~ッッ!!ぐ、ゆううう…ッ!!!」ジャララ、ジャララ

アルミン「うーむ脇が敏感だ。指焼いた時より遠火だし舐めるように当てたり当てなかったりを繰り返してるのに反応が全然違う。こんなに体をグネグネさせて…誘ってるみたい」

アニ「う…うるさい…このゲス(ボボォォォ)んんんんン~~~~!!!」

アルミン「女の子らしくない言葉遣いには念入り直火焼きでお仕置きで~~~す」ジュウウウウウウ

アニ「ぐがあああああっ!!!…んぐぅ~~~~~~~~~~~~~~~ッ!?…ああッッ!!」ジャララ、バタバタ…

アニ「(ボボボぉ…)ぐううううう…うっぐ…あああ…っっっ!!んはぁ………はぁ…はぁ…はぁ…」ダラダラ

アルミン「ふう、ずっとバーナーいじってると暑いねぇ…あ、アニはそれ以上暑いか。汗だくだよ?つらくない?」

アルミン「やめてもいいんだよ。アニが話すべきことを話してくれるなら、すぐにやめよう。そして尊厳を最大限尊重して楽に…」

アニ「はぁ…はあ…だれが…屈服…するかっ!」

アルミン「ふぅーん。それよりアニ、脇の下の皮膚が真っ赤だよ?黒焦げにしなかったのは何でかわかる?」

アニ「はぁ…あんたのゲスな考えが想像できるわけないじゃないか…本当にゲスだよあんたは」

アルミン「ふぅーん。じゃあ調査兵団のみんなをあんなふうに殺した君はなんなんだい?ストヘス区の市民もたくさん犠牲に…」

アニ「…はぁ……はぁ………」

アルミン「ああ、アニ…僕は君を救いたいんだよ?こんなことになった以上君を待つのは死だけだ。喋れば安楽死だけど…喋らなければ…」

アニ「………………………喋らなければ何だっていうんだい」

アルミン「罪を自覚しないと大変なことになるってことさ。しおらしくした方がいい」

アニ「......………………………今更赦されるわけないじゃないか」

アルミン「開き直りみたいな態度をやめろっての(ボボボオオオオ)ハイ、全身を赤くしまーす、腹から?♪」

アニ「ぐうううううっくっ!!あああ…っ!」ジャラ、ジャララ

アルミン「どんどん身をくねらせて。とってもセクシーだから…」

アルミン「アハハ…ほぼ全身浅層第二度火傷…いっちばんひりひりするやつだよ?これからどうすると思う?」

アニ「ハァ、ハァ、ハァ…(う…皮膚の感覚がおかしい…う…胸も、足も、全部痛々しい赤色…白い肌は密かに自慢だったのに…修復すればいいんだけどさ)」

アニ(だけどこいつの思惑通りになってたまるか。修復速度も重要な情報…おそらく心理的なショックでそれを引き出し見極めようと…)

アニ(ギリギリまで再生はできない。戦士なら肌くらい…いや、今更…戦士…なに言ってるんだろ。あたしなんか)バシィ!!「………ッッッ!!!??」

アニ「ぎゃああああああああああああああああああッッ!!!??」

アルミン「あはは、すごい声。どうすると思う?って聞いたのに答えないからお仕置きしちゃった」

アニ「…がっっ………っは!?(こ…このレベルの痛み……ッ!?む、無理だ、耐えられ)」バッシイ!!

アニ「がああああああああああッッッ!!!!ああああああああ!!!」

アルミン「効くでしょ?火傷痕に鞭打ち…当たったところがすっごいめくれてるよ。赤いだけで痛々しかったのにね。タマネギの様に皮を剥ぎ取ってあげるよ」バシィビシィ!!

アニ「ぎがあああああああああああああああああああああああああああああッッッ!!!!」

アルミン「…ふう。いやあ、これは壮観だなぁ。控えめな胸も、うっすら割れたお腹も、しなやかでたくましいふとももも、赤い肌にもっと赤い筋がいっぱい」

アルミン「爛れないまでも赤くやけどして敏感になった肌をムチ打てばこうなると思ったよ」

アニ「ぐうう…ッ!!んば…はあっぅ!!…バァ…ハァ…あ…ハァ…ハァ」

アルミン「それにしてもアニ、さすがの君もこれには叫び声を上げるしかなかったみたいだね。涎まで垂らして…もっとクールな女性だと思ってたのにな、ショックだよ」

アニ「…フゥ…フゥ(あたしがあんな声を…情けない…でもこれは…さすがに…う…まだ続ける気?あああ…!打たれた後も焼け付く痛みがどんどん…ッ!)

アニ「……そりゃ…どうも…ッ…でも別に…うっ!…ハァ、ハァ…これくらい…ぐッ!!」

アルミン「あはは、そうやって強がって仮面を被ってたって感じかな?どれくらいやれば仮面がぜーんぶ剥げるだろう?」

アニ「ハァ…とんだ変態だね…尋問より自分の興味を優先するってわけ…」

アルミン「僕の興味?うーん、まあ…こうやっていたぶって痛めつけるのもいいけど…正直僕は………君の味が知りたい、かな」

アニ「……?…う…クッ…!!(い、いたみが酷い…収まるどころかさらに酷く…それよりコイツ、今…なんて?そういえばさっきあたしの指を…どうしたんだっけ?)

アルミン「尋問についてはまあおいおいやっていくさ。今の気力十分の君の口を割れるとは思ってないし、時間は十分にあるし」

アルミン「ところでゲームしない?それにアニが勝てたら今日は終わりにしてあげるよ!」

アニ「グゥ!(あ…痛がゆい…感覚に…支配され…)……どうせ、ま、また…ろくでもないことを…ッ!」

アルミン「このムチ打ちを100回するうちに声を漏らさずにいればアニの勝ち!どう?」

アニ「…ハァ…ハァ…勝手にすれば?(どうせ耐えても反故にされる、弄ばれるに決まってる…それにしても何回だって?)」バシッ!!「!!…~~~~ッ!?」

アルミン「いいねぇアニぃ…。最初から声を漏らしたら興冷めだったよ。さあ、どこまで我慢できる?」ビシィバシイ!!

アニ「~~~~~~~~~~~~~~~ッっっッ!!!!!(ああああああああ、し、死ぬ、殺されるかも…う…皮膚が…めくれはじめたところも…さらに…!?)」

アニ(あ…あ…何やってんだろあたし…別に意地を張る必要なんて…第一それこそこいつの思う壺)バシイバシイバシバシバシ!!

アニ「ぐぶ……ンンンンンンンンン~~~~~~~~~!!!!!」

アルミン「ははっ、ちょっと声がおもらししたね…。さあ、どこまでもれるかな?」ビシィッ!バシィッ!

アニ「ウグ、ギ、ギガ…………アアっく………う、う………(声が上がりそ……いや、初日から屈服してたまるか、耐えれば、好機が…!!)」

アルミン「あ…………もうだめじゃないそれ。アウトじゃない?あーじゃあ100回終了は白紙で当初の予定通り1000回でーす♪」

アニ「あ………え……?」

アルミン「あっははは、アニは絶望した顔もうつくしいねえ!…………アニってさ、案外けっこー顔に出るよね…向いてないんじゃないのかな?スパイ」

アニ「う……くうう…(く、悔しい…あのアルミンがこんなやつで…そしてそんなやつにいいように弄ばれてる自分…っ!悔しい…っ!)」

アニ(こんなのの言うこと聞くことない…もう声なんていくらでも)バシイ!!!

アニ「ンンん……ッ!?…っ~~~~~~~~~~!!!」

アルミン「はい、その調子~~今声をあんまり上げなかったことに免じてもっかいチャンスで~~~っす、はい100回頑張って~」バシバシバシバシ!!

アニ「ん~~~~~~~~~ッッッ!!!!!(これは…これは…一体いつまで…)」

アニ「はああ、はあ…あ、んた、よく…も、か弱い乙女に…こんな仕打ちを……笑ってできるね…ッ!」

アルミン「………………あ?普通にしゃべるの?まあ情報は欲しいし叫び声以外カウントしないであげるけど…ふーん。そういう認識。自分がただのか弱い女の子だと思ってる?」

アニ「………いや…確かにあたしは…巨人の力を使える…工作員で…普通とは言えない……それでも…(でも…さすがにこの仕打ちは…きつい。正直…殺すならいっそ…)」

アルミン「僕はね、アニ。君の隠してることもそうだけど、僕は君の本心が知りたい。罪悪感とか、後悔とか、開き直りとか。マルコの死とその真相感想もね」

アニ「………………………………………………………………何も、教えられな(バシン!)ッ………んッ…!?」

アルミン「57回壁外調査の調査兵団殉職・行方不明者遺族のひとたちも会ったけどねえ、彼らが望んでる仕打ちはこんなもんじゃないよ」

アルミン「だけど僕なら君を過酷な運命から救える。今すべてを喋れば、安楽死させてあげよう。ねえ?アニ…僕もそのほうが…」

アニ「フゥ…フゥ…覚悟ならしてるさ…好きにすればいい。そ…んぐッ…!あ…ハァ…ハァ…それに…あ…んたは…あたしが、早々と死ぬよりも、こうや…って苦しめる方が…」

アルミン「まあその通りだけどそういう開き直りみたいなのも控えたほうがいいよ」バシイ!!バシイ!!

アニ「ンン~~~~~~~~~~~~~~っっ!!!!!!!」ジャラ!ジャララ!!

アルミン「頑張るねぇ…今度は声を上げない…身をよじって耐える様は最高にそそるけどね。いつまた素のアニが見れるか楽しみだよ」

アルミン「そら」バシぃ!バシぃ!バシ!!!

アニ「…ッ!?…ッ!!っ~~~~ッッ!!!!(あ…あ…もう無理、声を…あああああああ…)」

ぷっしゃあ~~~……チョロチョロチョ… アニ「……………?」

アルミン「あ…もらしちゃったね、アニ」

アニ「………………?………………!!!(う…うそ…全く催した感じが…無意識に…耐えられなくて…あ…ああ…あ…あはは…は…)」

アニ「あ…あ……こんな…」

アルミン「あっはははははははは!アニったら、もう…ダメじゃないか…誇り高き戦士がお漏らししちゃあ…」

アニ「う…う…くッ(あ…そんな…制御できなかった…いや、こんな拷問の最中なんだ、仕方ないじゃないか…!)」カァ…

アルミン「あ、また赤くなってるね。かわいいなあ。やっぱりアニはか弱い女の子だもんね!お小水の粗相はやっぱり恥ずかしいよねえ?」

アニ「………う…っく……ス~~~……フウゥゥ…(落ち着け…これくらいなんでもない…こんなことでいちいち動揺してたらこの先………この先って何?いつまで耐えなきゃ…)

アルミン「ぷ…あははは。そんなにダメージ受けてくれるとは思わなかったよ。まったく、君が最後に大事にするのは戦士より乙女な自分なんだね」

アニ「………………」

アルミン「そんな乙女なアニにサービスだ。あと三十回打つ間に今みたいにお漏らししなければそこでもう今日は終わり。食事をして終わりにしよう」

アニ「…………もうそんなのどうだっていい…好きなだけやれば?」

アルミン「ほらほら~投げやりにならない!きっと我慢してくれるよ。乙女なアニは構わず小便撒き散らせるほど自分を捨てられないもんね。はい声出していいよ!」バシーーンッ!!

アニ「ぎはっっ!!!はあ…ッ!!(し、しまった、声を?!…い、いやもう我慢しなくていいんだ…いやいやいや、それもコイツの言うとおりにしたってことで…)」バシ!

アニ「がっはあぁッッ!!」ジャラジャラ…

アルミン「あはは、僕に許してもらった途端に声を上げて。だんだん従順で可愛くなってきたじゃないか。さ、あとは下のお漏らし我慢だ」バシッ!!

アニ「ぐううううう!!(や、やばい、痛みで気づかなかったけど意識しだすと…結構…ッ!…あ…あ…コイツに言われたから我慢するのか…恥ずかしいからか…もう…わからなく)」

バシーーン!!バシーーン!!

アニ「ぎゃあああああああっ!!ううううあああッッ!!!ああっ!」ジャララ

アルミン「声の調子も素に戻ってきたねえ。もう十五回打ったけど、トイレ行かなくて大丈夫?さっき漏らした分で膀胱が空ってこともないだろうけど…」

アニ「…んはあっ!はあ…はああ…う!っぐ…んはあ………はあ………ハァ(…漏れそう…どうしよう…いや、あと十五回なら大丈夫…なんとかなる)」

アルミン「…アニ?本当におしっこしたい?それともさっきので空?僕の早とちりだったかな?

アニ「ハァ…ハァ…ああ、もうできることなら…うぐ…お手洗いに駆け込みたい気分さ…さっきからずっと、フゥ…フゥ…あと一回打たれたら終わりかなって気分でね…」

アルミン「ふ~~~~~~~ん…ま、この方法なら確実にわかるだろうね」

アニ(…いや、もうここでしたって別に…いやいやそれは正常な感覚じゃない、それを失ったら終わりだ…だけど大丈夫、あと十五回は耐えられそう)

アニ(気がかりはこれからほかに何をされるか……一体な…に……え?)ガチン!…ガチン

アルミン「…両足をぴったり閉じて内股をこすり合わせて尿意に耐えるアニ、最高だったよ。けどね。」

アルミン「やっぱり足閉じて本丸を防御してちゃフェアじゃないよね?足錠を棒で両足を広げて固定できるものに換えたよ。っふふ…アニの秘裂キっレイだな~」

アルミン「金色の茂みはちょっと焦がしちゃったけど、股の内側は無傷だからね」

アニ「…見るな!あんたなんかが…ふざけるなっ!そこは…あんたなんかが侵していいところじゃ…(まさか…まさか…)」

アルミン「じゃ、フェアにここもほかと同じように炙っとこうか」

ボォォ、ボボボォォォ

アニ「ああああああ!!!ぎゃあああああ!!んぎいいいいいいいい!!!ううううッ…く…ふ、ふううううううふふ…ううううううう!!!!」

アルミン「アニィ、おしっこするなら今だよ?そう思わない?火が消えるかも。あっはは」ボオオオォ

アニ「ひいいいいいいいいいいいいッッッ!!いいいいいいいいいいいい~~~~~~~~~ッ!!!(したくても…ッ!!できるか…!!こんな痛みのなかで!!)」

アルミン「さすがにいい声を上げるね。まあ本番はこれからだけど…さて、大体いい感じになったと。毛もあらかた焼けて黒くなっちゃたね」

アニ「はあっ…!ばあッフ!はあ、はあ、お、おえ…うっぷ…ググ…う…ふううう…ふう、ふう…」ブスブス…

アルミン「だいぶ限界みたいだね、アニ。でも大丈夫。あと十五回耐えれば今日はもうゴールだから」

アニ「フゥ…フゥ…フゥ…(こ…ここ…を…叩かれるの…?…む、無理…)

アルミン「下から~蹄鉄を投げる要領で~弧を描いて~…ふん!!」ばっちいいいいいいいいん!!!

アニ「あ……が…ああああああああああああああああああああああああああ!!!!…は…は…(ああああああああ…出…)」チョロロ…シャアアア…

アルミン「あ…あはは、アニの負け~~~~♪今日はまだまだ続きま~~~~す…ん?」

アニ「……………………スン……………………………………う」

アニ「う…う…う…ああ…ん…あ…あは…あは…うううう~~ううううう~~~~~~……」ポロポロポロ

アルミン「あー泣いちゃったか………………………………………………………………………………………泣いてる姿も可愛いんだね、アニ」

アルミン「僕はひどい男だなあ、女の子を泣かせるなんて…釣られてるままじゃかわいそうだ。床におろしてあげよ」ジャラララ…

アニ「…………………………………………スン…………………………………………スン…………………………………………うう…」ポロポロ

アルミン「足も閉じれるように輪っかが鎖で繋がってるに換えたよ。あんまり足開けないのがかわいそうだけど…大丈夫?アニ?おさまった?」

アニ「う……………あ…………………(何やってんだろ…あたし…だめだ…しっかりしなくちゃ……!)」ガチャ!「!?」

アルミン「壁の金具に手錠を固定したよ。これでもう身をよじることしかできないね。どうする?舌でも噛んで巨人化する?」

アニ「………う!…(背中の火傷とムチの傷が…床と擦れて…)…今度はなにをしようと?まあせいぜい好きなようにするんだね」

アニ(泣いたおかげかすっきりしてきた…まだいけそうだ。まだ初日…ここで屈して自決なんかして何の意味がある?まだ希望はある…)

アルミン「ふふ、少し元気になったみたいだね。まあまたへし折って泣かせてあげるからいいけど」

アルミン「ところでアニのおっぱい…丸くて可愛らしいね。女型の時も目が行ったなあ。で、これ火傷で周り少し赤くなってるけどムチは当たってないだろ?わざとだよ…気づいてた?」

アニ「………(今度は胸か…変態が…まあいいさ。拷問や辱めに耐えれば耐えるほど期間が伸びる…チャンスが増える…泣いてしまうことぐらい…なんでも…もうなんでもない)」

アルミン「じゃ、触診しま~~~~す(ぴと)お…気をつけて傷つけないようにしたかいがあったね。やわらか~~~い、気持ちいいな…」

アルミン「乙女の柔肌ってのはこういうのを言うのか。アニの乙女な部分、触ってるよ、アニ」

アニ「気色悪い…このままあんたなんかのおもちゃになるくらいなら…せめて最後にあんたを殺して終わりたいよ」

アルミン「ふふ…アニのおっぱい…控えめで、すべすべで、柔らかくて、それでいて仰向けでも横に流れないくらいしっかりしてて…こうして揉んでいるだけで幸せな気分になれるよ…」

アニ「はあ…アルミン…それは女の大切な部分で…わかるだろう?だからおいたはもう…」アルミン「それじゃあ止めるよ」

アルミン「…さ、アニは秘密を喋ってね?止めたんだからね。故郷って何?どこにあるの?」

アニ「く………………………………(言えるわけない…コイツ……)」

アルミン「はい、じゃあいきなりだけどとりあえず左乳首から焼きまーす(ボォォォォジュウウウウウウ)」

アニ「え!??あ!?ギャアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!」ビクビクッ!ゴロゴロ!

アルミン「あはは…今日一番の大声だね…すっごい…ほら!あんまり跳ねたり転がったりしないでよ…狙いが定まらない、乳首を焼きたいんだ…仕方ないな」ゴロ…ズッ

アニ「はぁあ…はあ…ウッ」

アルミン「マウントだよ。子供の喧嘩みたいだね、アニ。ミカサとのスパーの時も使ってたよね。あれすごかったなぁ…」

アニ「…く…うううううう!(ううう、胸のやけどは…やばい…ほかの部分もヒリヒリしてるけど…)」

アルミン「ふふ…なんだかレイプしてるみたいで興奮するなぁ。ね?アニもエレンにマウントされた時興奮しただろ?」

アニ「……ハァ…ハァ…あたしはあんたみたいな変態とは違うんでね…それとさっきからレイプ以下の事さんざんしてるだろ」

アルミン「はは、僕こそ君みたいな巨人とは違うさ。それにしてもアニ、エレンに技かけてる時の君、割とやばかったよ?男子の中では結構話題だったんだ」

アニ「………!(たしかにあれはちょっとはしゃぎ過ぎたかも…噂になってたってのはさすがに少し恥ずかしい…)」

アルミン「まあ今は君の体の話をしよう…わあ、胸も脇も…どっちも赤かったり一部がただれてたりムチ痕で破けてたりで見るも無残だけどね」

アルミン「でも僕がこれをやったって思うとすっごくゾクゾクするなぁ…アニ以外にはこんなこと出来ないんだよ?再生しないなんてもったいなくて…じゃ、続きいこうか」

アニ「うぐうううう!?(ボォォ…ジュウウ…)ガアアアアア!!!」ビクン!ビタン!

アルミン「ふっふふ…乳首焼き、気に入ってくれたみたいだね。こんなに跳ねまわって反応してくれて…」

アニ「ぐうううううッ!!んうううううあああ!??もう…やっやっやああああああ…!!め…て……っ!!!」グネ、グネ…

アルミン「こんなに僕の股間の下で体を踊らせて…柔らかくて弾力ある体がズボンを通して内ももと擦れるのが気持ちいいなぁ…ん?やめて?そういったの?アニ」…ピタ

アニ「っばああぁぁ…ゼェ、ゼェ、ぜハァ…ふううう…ふううう…(あ…あたしの…胸…これが?…う…うあ…あ…)おげええ…」ビチャチャ

アルミン「うっわ!吐いた!汚いなぁもう…右の乳房がケロイドになっただけじゃないか…ていうか僕の質問スルーしたよね?もう片方もローストでーす」ボォォォォ

アニ「あーーーー~~~~~!!!」ガクガクガクガク

アルミン「あれれー?声と動きが激しくなってるぞ~またクールな仮面が剥がれてきちゃったのかな?」ボォォォォ

アニ「こ…の…!?ぐあああああああ!!!が、あぐま…ああああああああああ!!!」

アルミン「え…?なんだって?」ボォォォオオオオ

アニ「あっがああ!!!あ!あ…んたたちなんか…っぐうう!!あ…あ!…あああ、あくまさ…!!!やっぱり…そうだ!…っが…ッ!!…ッふ!?フゥ…フゥ(止まった…)」

アルミン「………………………………………………………………………………何それ」

アルミン「…ほんとに立場わかってんのかなぁ…ところでさ、この拷問は情報を引き出すだけじゃない。君の精神を屈服させ、罪を認めさせるのも目的」

アルミン「でも調査兵団にも温情があるからね。すべての情報を吐露してくれれば罪を認めるとかどうでもいい。楽に死なせてあげるよ。さっきからそう言ってるだろ?」

アニ「はぁ、はぁ(………………)」

アニ「はぁ…どんなことをされようと…はぁ…何も喋らないからね…屈服もしない…はぁ…殺すなら殺」グジュッ!!

アニ「があああああああああああああああ~~~~~~~~~~ッッ!!!!!!!!」

アルミン「立場わかってるのかって聞いてるんだよアニ。僕らを悪魔だとか…そんなだからこうしてローストおっぱいもみ潰されてるんだよ」グジュ…グジュ

アニ「ぎゃあっぅ!!がああ!!い…うううううううう!!!(こ…これが…あたしの胸の…感覚なの!?もまれるたびに…ハンマーで潰されてるようなッッ!?!)

アルミン「さっきは僕に揉まれてあんなに喜んでたのに…そーれ乳首コリコリですよ~(コリコリブチッ!)あ…取れちゃった」

アニ「んあああ~~~~~~…!ック……ぐうう…(ああ…もう…再生しよう…どうせいつかはせざるを得ないんだ…今やっても…そうだ、もう耐えられない…!!)」シュウ…

アルミン「あ…蒸気…はは、アニの胸をわしづかみにしてるから指の間から蒸気が出てきてる。暖かいねぇこれ…ふぅん…止めてた再生をせざるを得ない位これ気に入ってくれたんだ」

アルミン「でも…ふん!」ぶちゅううう!

アニ「!!??…あ、がああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!ああああああああああああああああああああ!!!」

アルミン「あはは…今までで一番の悲鳴だね…さすがに女性だしロースト乳房完全に握りつぶされたら応えるよね~」

アルミン「うわあ、中の生焼けの黄色い脂肪ときちんと焼けた白い脂肪がニュルリと…指の間から飛び出てきた…これもらっちゃお!いただきます!(ちゅるっ)」

アニ「ううううう…ううううううううう…ううう…!!!(プライドを捨ててまで再生しようとしたのに…圧迫されていては…無理…だっ!…痛ッ…気持ち悪い…ああ…)」

グジュ…

アニ「ううううう、う、う、う、う~~~~~~…(もう、痛み以外何もわからない…ああ、この悪魔が握っている肉は…何?私の胸は…どこ?でも乳房…あ…それ…ああ…)

アルミン「もう完全にただの肉塊だよ、君のおっぱい。美味しそうだね…でも僕はつまみ食いしただけ。これはアニのなんだからね」

アニ「…ハァ…ハァ…ハァ……………は?…うっ…何……言ってん…の…あんた…」

アルミン「だーかーらー。巨人の君にあげるご飯なんて用意してないんだ。自給自足してほしいってこと。あーあ。アニがさっきゲームに勝ってればこんなグズグズじゃな…」

アニ「ちょ…!?ちょっと待って!私が何を食べるって…!?」

アルミン「え?だからこの肉だよ?もと君のおっぱいだった脂肪がほとんどの肉塊。体力回復にはなるかな」

アニ「………………………本気??(まさか…本当に…ッ!?)」

アルミン「はい二つともちぎりま~~~~~~~~~す、ふんっ!!!」ブチブチブチブチイイイイイイ

アニ「ぎゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!」

ブチブチ…ビチチ…ブチブチブチブチ

アニ「いぎいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!」ブチン!ブチン!

アルミン「よし、二つとも取れたよ…僕の拳に収まる大きさ…いやだいぶ中身の脂肪が漏れちゃったけど…漏れた分はもらうね(ペロン)」

アルミン「ああ…周りの皮膚も一緒に剥ぎ取られて胸が真っ赤。平らになっちゃってなんか変な感じ。血もすごいけど大丈夫?」

アニ「あ…あは…あはは…(これは…夢?…あ…)」

アルミン「アニ…これ一人で食べられる?手伝おうか?口のところに運んであげる以上の手伝い…きっと生焼けだから食べにくいと思うんだ」

アニ「…………………うッ!おげええええええええええええ(ビチャビチャビチャ…)!?うううういいいいいい!!!」

アルミン「あーあ。ゲロが胸の皮膚が剥げてむき出しになった部分にかかって痛そう。自分の胃液でそうなっちゃ世話ないね」

アルミン「今日二回目の嘔吐。もう食べなきゃ体力ヤバイんじゃない?明日に備えないとさ。そうだろう?アニ…」

アニ「ば…ばはっ…おえ…う…あ…あ……あ…(夢よ、覚めろ覚めろ覚めろ)(ぐちゅう)ぶ…おが!?」

アルミン「僕も君に死なれちゃあ悲しいしそれに大目玉だからね。無理にでも食べてもらわないと困るんだ。押し込むよ?」グイグイ

アニ「おおごおおお!ううう、ううううう~~~」ポロポロ…

アルミン「あはは、また泣いたね、アニ。鼻水もグッチャグッチャ。かわいいなあ~~、舐め取りたい…あ!そうだ!口移ししながら舐めとろう!」モグ…

アニ「はぁ…はぁ…む!?(ちゅ…)むが…ううう!」ぶんぶん!

アルミン「ほら頭じっとして!抑えなきゃいけないだろ(ガシ…グッ)自称乙女のくせに力あるなぁ…まあこうしてキスをする分にはとってもイイけれどね。流し込むよ?」ちゅ…

アニ「ううう…むううううううううううう!!!(ニュル)ぶ!げ…むううううう!!??(ニュルル…)…んご…ぇ…」…ゴクリ…ちゅぱ!

アルミン「…最っ高のファーストキスだったよ!…君もそうだろ?(ペロ…くちゅ、ずる…ペロ…ペロ)ああ、アニの涙と鼻水美味しい…まだあるから全部食べようか」

アニ「う…おげええええええええ(ちゅ!)おぼ…!!??」ごぼぼ…ニュルルル…ごぼぼ…ニュルル…ゴクリ

アルミン「っぷっはあ!ひどいなあアニ。キスの最中に吐くなんて…ま、吐瀉物を僕の口と君の口往復させてまた飲み込ませたのは興奮できたよ」

アニ「げほ!ごほ!がっぷぁぁぁ!!…あ…あああ…あああ…もう…いやだ」

アルミン「……ふううう~~~~~、全部口移しげした…全部食べられたんだ、アニ!すごいね。顔は僕が舌で塗りたくった君のおっぱいの血で真っ赤だけど」

アニ「はぁ、はぁ、はぁ、ウッ!おエッ…ぐ…はぁ。はぁ」(ギュッ!)「…っ!?」

アルミン「これも日課だよ…一日の最後にはこうしてぎゅっと君を抱きしめてあげるって決めたんだ…僕から君に許された唯一のご褒美だ」

アニ「…ハァ…ハァ…あ…んたさぁ、ここまでされた人間に抱きしめられて…嬉しいとでも思うの?ハァ…ハァ…うぐぷっ…汚らわしい、離れなよ…ッ!」

アルミン「素直になりなよ。きっと、そのうち君はこのご褒美を気に入ってくれるよ。それじゃあね、お休み、アニ」

アニ「ハァ…フゥ…乙女を…尊べとは言ったけど…ぐ!う!…おえ……ゲスにこんなことされるのが…そういうことだと思った……っ?」

アルミン「それだけ言えれば上々、明日はもっと余力をそいであげるよ…それまでに再生しといてね?そのままじゃグロくて興が削がれるから」バタン…

アニ「誰が再生するか…お前らの言いなりに…いった…ぁぃ!…う…なんか…なるもんか…でも…(チラッ)(胸が…ない…痛む…)」

二時間後

アニ「ぐ…っ!?かゆい…いたあッ…!(まずい…耐えられないレベルになってきた…ッ!全身が…!!)くぅ~~~~~~ッッ!!」

アニ(ああ、何わけわかんない意地張ってんだろあたし…別に再生したっていいじゃない…あいつがあんなふうに言ったから?馬鹿らしい)」

アニ(それだってあいつの思う壺じゃないか…こうやって無駄な意地で体力消耗…いやこの意地を手放したら負けだ…!!だけど…だけど…)

アニ(…もう…ぐ…ああああああ!!こうしてるだけでも痛みが…あ…失血も危険なレベル、まずい…死!?死ぬかも……もう…自決した方が…ああああ)ビクッビクッ

アルミン「アニ、おはよ~~、お!もどった!元の白くてスベスベで…ほんの少し脂肪を残してて…筋肉が作る筋がすっごくエロいアニの体だ…!完璧に回復している!」

アニ「………………………………………(敗北感でいっぱいだ…)」

ハンジ「よろしくね!アニ・レオンハートくん!最初から名前のついてる巨人に会うのは初めてだなぁ」

アルミン「今日はハンジ分隊長にも協力してもらうことになりました~調査兵団の古参なんだよ!じゃあハンジさん、どうぞお好きに調べちゃってください」

ハンジ「やっほおおおおおおおおお!尋問はアルミンくんに一任されてたからね~、やっと君にさわれてうれしいよ~アニく~~~~~~ん!」さわさわ

アニ「…………はぁ…調査兵団ってのは変人の集まりと聞いてたけど、ここまでとは…」

アルミン「昨日は正直疲れたんじゃない?アニ。でも今日は大丈夫。尋問はお預けでごっこ遊びのつもり」

アニ「……付き合わされる身にもなりなよ、下らない」

ハンジ「うふふ…素直じゃないなぁ……本当は今日は生体解剖をする予定なんだ。だから二人がかりってわけ。尋問でなく実験だね?わかるかな?」

アニ「…………………………勝手にしな」

ハンジ「反抗的な態度、実によろしい!なぜだかいつもの巨人を相手にするのとは違った感覚が湧いてくるよ…苦痛を伴う実験もウキウキ出来そうだ」

アルミン「おホン…ではハンジ執刀医?準備にとりかかってくれたまえ」

ハンジ「承知しました院長!」

アニ(心底くだらないよ…)

アルミン「ハンジ執刀医…患者の様子はどうかね、ちゃんと審問椅子、兼手術台に座らせてくれたかね?」

ハンジ「は!院長、すこぶる良好!肌は透き通るような白、玉のようにすべすべしており大変羨ましい限りであります!巨人のわりには体温が低いようですが」さわさわ

アニ「…あんたら、あんまりふざけられてもこっちは付き合…」 アルミン「それではオペを開始する」

アルミン「ハンジ執刀医が患者を触診する間に椅子を倒そう。(ガチ…ギイ)これで簡易手術台の出来上がりだ。」

アルミン「患者にも施術部位が目視できるよう、すこし頭を上げてある。足と手は肘掛けと足掛けに固定したままだ。」

アルミン「麻酔などというものはまだ空想上の存在であり、患者が暴れてしまうことも考えられるが…仕方ないね?ハンジ執刀医?」

ハンジ「はい、院長!患者がどんなに暴れても巨人討伐で鍛えた私のメスさばきは正確に患部を切除するよ…で、院長?患部はどこでしょう?」

アルミン「全部だ」

ハンジ「え?」

アニ「…ッ!」

アルミン「順に一つずつ臓器を取り去り最終的にどの臓器を残せば生きていられるかを判定する」

ハンジ「…了解…!やる気だね、アルミン…久々に腕がなるよ!」

アニ(……こいつら遊び半分で…どこまでする気…!?殺されるかもしれない…!)

ハンジ「(ぴと…ナデ…)きれーな腹筋だ…私も若い頃はこんなだったよ。訓練だけでなく相当鍛えてあるね」

アニ「………女同士だからってあんまり気安くさわらないでくれますか?(スッ)…っう!(切られた…でも…)」

アルミン「ハンジ執刀医、見事な手前だ」

ハンジ「ふふふ…皮膚だけを切ったよ。筋肉は傷つけてないからあんまり痛くないでしょ?」

アニ「どうでもいい…どうせこれから痛くされ(ブチビチベリ!)…ふぐぅッ!!?んあああ!!」

ハンジ「ふふふ…ダウナーなアニくんに少し刺激をあげました~。鉤(こう)なんて便利な道具はないからね。手で広がらせてもらったよ」

アニ「う…ぐう!?…うっ(腹に指が入ってるのがわかる…ッ!腹筋に力を入れるとものすごく痛い!?腹筋を直接つままれて…再生…いや、まだだ、異物が突っ込まれてる…)

アニ(まずい…こいつら結構無茶してくる…!?再生の箇所とタイミングをミスると本当に…ッ!)

ハンジ「外科手術なんて伝聞でしか知らない…ってゆーか野戦医療の知識しかないし、被験体解剖実験でもあるし、再生あるし…適当でいいよね?」(クチョクチョ)

アニ「う!?…んーッッ!!~~~~~~~~ッッッハ!!!ぜぇ…ぜぇ」

ハンジ「あはは…これでも結構痛いんだ…どんな敏感な巨人より反応が良くて助かるよ…次はこの筋肉の下の膜、切り進もうか!」

アニ(耐えるんだ…!まだ二日目…警戒が緩むのを待って…!)

ハンジ「ま、も~少し切開部を広げようか」ブチブチブチぃ

アニ「ううううううぶ…うううう~~~~~~~~~~~~ッッ!!??」ガクガクガク

アルミン「アニ…辛くなったらやめてもいいんだよ。やめるかやめないかの選択権は常に君にある。」

アルミン「秘密を喋りさえすれば君を被験体としての運命から解放し、すぐに死刑台に送ることも…」

アニ「あ…あんたは黙ってな…っ!…はぁッッ…ああ、くッ!…ふぅ…こんなこと、どうってこと無いよ。昨日のに比べたって…ハァ…ハァ…」

ハンジ「あれぇ?よく喋るようになったんじゃない?無理して余裕の演出かな?」

アニ「……………フゥ……………フゥ」

ハンジ「質問には答えて欲しいなあ!!(グリグリビチビチぃ!)」 アニ「ンッッ!!!!!ック………んあっ!!」

アルミン「だいぶ開腹手術らしくなってきたなあハンジ執刀医、傷が横に20cmは広がった。(スッ)メスを…その膜…腹膜を破ろう、ハンジ執刀医」

ハンジ「了解でありまーす!えーと、この膜の下が…内臓だよね?」

アルミン「この本だとそう書いてありますけど…自信ないです…いやいや知っておるぞ!当然!」 

アニ(こんな奴らに体いじられてんの…!?もう最初のメスのきれいな傷の面影がない…傷めつけるための粗雑な穴…血…せめて止めないとまずいか…)

ハンジ「では膜を破ります!」スッ

アニ「う!?(ビュル!)(…な、何か出て…お腹の中の感覚が変わっ…う!?)」

アルミン「うわ!なにかが少し飛び出した!でっかいミミズみたいのが!」

ハンジ「慌てるなアルミン!大丈夫!腹圧で飛び出ただけだ!遠征で何度も見た!…小腸ですよね、院長」

アルミン「そう!これが腸ですよ!ハンジさん!フランツもこんなの垂らしてた!」

ハンジ「興奮し過ぎですよ、院長…それにしてもこうまじまじ見てみると面白いねぇ…引っ張ってみよ(ズルズルズルズルリ)うっほ~~~~長いよこれ!?」

アニ「あ、あああ…(これはそんなに痛みはないけど…なんて不快感…胃もたれのような感覚が腹部全体に…!?」(ズルズルズルズル)「!!!!」

アルミン「お…おおお!!…随分引き出したね、ハンジ執刀医。引き出された部分がすでに患者の身長を超えている…ちょっと患者から離れて伸ばしてみよう」ズルズル

ハンジ「はい、院長。すごく赤くて、ぬらぬらで…腸壁って薄いんだ。痛みはありませんか?アニくん」

アニ「う………ううううううう…おげえええ(痛みもだけど…それより…やば、病気で一番苦しい時みたいな腹部の不快感が…ずっと…ッ!)

ハンジ「…大変です!院長!応答がありません!おそらく患者の意識が!」

アルミン「それはいけない!気付だ!…ハサミを」 

アニ(…何を…まさか!?)ジョキン!!「あがああ!!??…あ…あ…ッ!」びく!

アルミン「院長直々の執刀だぞ、感謝し給え…ふふ、アニ、どこを切ったと思う?」

アニ「あぁああああ!?……があああああ…ッッ!!!!」ガクガク

アルミン「君の小腸だよ、アニ…いやアニ君…どーだね気分は?小腸に切れ込みを入れたんだ…」

アニ「ぐ…ぐ…ああ…ッ!!(この痛み…!?これまでのどれより…重い…声が上がらな…ッ!!?痛いというより…苦し…ッッ!!)

ハンジ「じゃ、どんどん切れ込み入れていってみようか、これ」ジョキン!!ジョキン!!

アニ「おぐうう~~~~~~~~~~~ッ!!…んんんんんn~~~~~~(ジョキン!!ジョキン!!)あっ!!!あっ!!!あっ!!!」ガタガタ!バタンバタン!

アルミン「つぎは腸を調理しまーす、料理長、お願いします!ブッチャーナイフどうぞ~」

ハンジ「あいよ~給仕のアルミンくん!まな板の上にアニ君につながったままの腸をのせて…(ダダダダダン!)ひっきにくひっきにくたっのしぃな~~~♪」

アニ「むぐ~~~~~~~~~~~~~~~!!!」ドタッ!ドタッ!

アルミン「うわあ、料理長。小腸ホースの先の本体、すごいハネてますよ。ああ、あんなに汗でテカる裸体をくねらせて頭を振って…エロいなぁ…腹は大穴空いてるけど」

ハンジ(ダダダダダダダン!!)「へえ、ああいうのが好きなんだね」

アニ「はああっ、ハッ!?ん……っが……がが……………ッッ!!」ビク…ビク…

アルミン「…動いたり息するたび腸がすこしずつ出て行ってるけどいいのかな?…もう全部出してあげましょうよ~ハンジさん?大腸も全部」

ハンジ「そうだね、いちいち刻むのも面倒だし全部出してグチャグチャにしよっか。よいしょっと」ちゅぶぶちゅる…ぼたっ

アニ「ふううう、ふううう…(もう感覚がよくわからないことになってる…お腹がぎゅるぎゅるする感覚がずっと続いてる…気持ち悪い…傷の痛みも頭がくらくらするくらい重く…)

ハンジ「へぇぇ、結構詰まってるんだね、アニの小さなお腹の中にも。…大腸、直腸につながってて半分くらいしか取り出せなかったけど、開いてみよっか」

アルミン「わくわくしますね!ハンジさん!」

ハンジ「それ(スッ)(もわああ~~~…)うわくっさ!!やっぱりうんこ詰まってるんだこれ!」

アルミン「うわあ…ひどい匂い…アニの綺麗な体にこんなのが詰まってるなんてショックだ…てゆうかこれ昨日のアニのおっぱいでしょ?肉がうんこになると臭いってホントだね」

アニ「……う…ぐっ…あ…あんたらの下品さには…本当に反吐が出そうだよ…(あっちで開いてるのに匂いがこっちまで…そういえば我慢してたんだっけ…あはは、もう我慢せずに済む…)」

アルミン「…ふーん、やけくそとは言えアニこんな状況で随分余裕だね。反吐なら昨日散々吐いただろ?今日も吐いてみる?」ずぼ!ぐちゅ!

アニ「おご!?おぼおえええええええ」びちゃびちゃ

アルミン「お腹の中から直接胃を掴んで握ってあげたよ。ああ…アニの中あったかいなぁ…ん?手の甲側に動くものが…」ドクン・・・ドクン

アニ「う…っっ!?ひ…………や…やめ…」

アルミン「あはは、流石に心臓に何かされるのは怖いのかな?本日初めての怯え顔で~~~す」

ハンジ「そういえばアニ君、この消化管じゃあ何も食べられないよねえ?体力回復できないのはまずいなぁ…じゃ、院長、消化管、適当につないじゃってください!」

アルミン「承知だ、ハンジ執刀医!…では術式開始!残った消化管…胃と大腸の一部だけだが…これを縫合する!」チク!チク!チク!

アニ「ぐうううう!?あっ、ううううっ!!」ジタバタ…ガタガタ

アルミン「はい患者さんは動かないでねー…すぐ終わりますよ…よし、縫えた。隙間はバーナーで焼いて癒着する」ボォォォ

アニ「あぎゃあああああああ~~~~~~ッッ!!??ああああああああああっっ!!!」ガクガク、バタバタ

アルミン「お?いい反応。じゃあ接合部じゃなくて腸や胃のほかの部分炙ってみよ」ボボボ・・・

アニ「いや、いあああああああああああああああああ!!!」バタん、がたん

アルミン「じゃ、このひき肉にしたアニの腸を…鍋にしまーす!」ポチャポチャ………ぐつぐつぐつ…

ハンジ「え…?(そんなの聞いてないよ…?もしかしてそれを食べさせるの…?調理って聞いて嫌な予感はしたけど…)」

アルミン「つまみ食い…(パク)うん、美味しいモツ煮だ!」 ハンジ(げえええ~~~~~~~~~~~~)

ハンジ「……よし、手術台を起こして通常の審問椅子にして、頭を起こして口を上に向けて開口器で固定したよ(………)」

アニ「あが…が…(上向きで固定…天井を見上げる格好…!こ…これから…何を…!?まさかあれを…)

アルミン「じゃあこの熱々のスープにしたアニの腸を食べさせてあげます!具はアニの腸と…うんこ!かなりやばい匂いで正直さっさと食べて欲しい…煮えたぎっているね」

アニ「………!!(う…うそだろ?またあんなおぞましいものを食べさせ…!湯…昨日のあのひりつく火傷をまた…ど、どうすれば…!)

アルミン「はい、じゃあおたま半杯分投入~」そ~~~…

アニ「んあ…!あ……(く、来る…来る…ッッッ!!)」………………ちゃぱ、じゅうう…

アニ「…!?あご!!!??あぐご!!あが…はああ!!がぼ…フスー…フスー」

アルミン「あっはは、煮汁をちょっとだからね。お試し…どうする?まだ続ける?協力してくれるなら実験やめてあげるよ?いいですよね、ハンジさん」

ハンジ「…………ああ、もちろん。そのお腹の大穴の再生の様子、見たいし。さっきから全然再生しないんだもんなぁ~…(もう…ちょっと…あれだな)」

アニ「フスー…フスー…(あ…やっと口の中に溜まった分が冷めてきた…感覚の方が死んできたのかもしれないけど…というかこんな状態でどう意思を示せば)」ムズ

アニ「ん…?ん~~~~~~~~~~~~~~~~~ッ!(鼻が…!摘まれ…息が…っ!!)」ビク…ビク…!

アルミン「だめだよ~アニ。ちゃんと飲み込まないと。せっかくの君のモツ煮の煮汁なんだからさあ。(クチュ。ハフハフ…)美味しいよ?」

アニ「ん…ご…がはあッ!げ…んご…あ…あ…(い…意地張っても仕方ない…いやだけど…飲んでしまえば…)(ジャポ、じゅうう)おがああ~~~~!!!」

アルミン「追加だよ、アニ。今度は具入りだ。あ、口の中の皮がベロベロに剥けてるね。ほら、飲み込まないと窒息だよ?それとも巨人は窒息も平気かな?」

アニ「ぐうううう!…ゴクン…ハァ…ハァ…」 ハンジ(…今まではノリノリだったけど…アルミンの人肉食いでかなり引いてる自分がいる…)

アニ「…はああ、ばあああ…お、おげっ…ぶ…ヴ…ぜはあ、はあ、はあ…(お腹が…どうなってるんだ…一杯で…持たれたような…お腹の下の方まで熱い…)」

アルミン「うんうん、全部食べられたね。自分の臓物と汚物まで…お腹の穴から中見てみよっか…うわあ、すごいことになってるぞこれ…胃と大腸を繋いだ管が大膨張してる」

ハンジ「…………じゃ、ほかの臓器の摘出に取り掛りましょうか、院長先生?次は何を?(正直…もう…)」

アルミン「やっぱり…子宮でしょ?…あ、えー同じ女性のハンジ執刀医には辛い仕事かな?自分がやろうかな?ほかの臓器も…よし、アニの綺麗な顔を正面に戻して…」ガチ

ハンジ「…………お願いできますか?あー…自分はそろそろ報告と事務仕事があるんでー…(ついていけない…)」

アルミン「え、あ、そうですか。ここは僕に任せてください分隊長」

ハンジ「ああ…再生のデータ取れれば終わっていいから、それじゃ…」ギィ…バタン

アニ「…ハァ…ハァ…ゥ…ップ(ガシ!)ん!?んんんええええええ」ゲロゲロゲロ…ビチャビチャ

アルミン「あーせっかく食べたのにまた吐いちゃったね、アニ。やっぱり消化管掴むのはやめられないよ。ぶよぶよしてて…あったかくて…ほのかに蠕動してて…膣道もこうなのかなって思うとさ」

アルミン「じゃ、生存に不必要な臓器から切除していくよ?そのあとはもっと重要な臓器で、そのあとに…心臓だの肺だの行こうか?よし、もう食べたし大丈夫だよね?」ガチ

アニ「あ…あ…おげッ…あ(もう、まずい…精神が…あ……おかしく…なりそう…)」


ハンジ「う…うえっ…モツ煮込みとか…なんだよあれ…」

ハンジ「途中まではいつものクレイジーなハンジさんの仮面でいられたけど…アルミンがあれ食べた瞬間からもうダメ、ついていけない…どうしよう…ほかに適任を探す?」

ハンジ「いや…仕事の結果はちゃんと出るだろうからいいけど…でも私も…甘いのかな…いろいろと。普通の巨人を相手にするときは過剰に感情を表現して自分を守れたけど…でも…」

アルミン「臓器の抜き取りを始めま~す、まずは宣言通り子宮~…あれどこだ?」グチュ…グチュ…ブチブチ!! アニ「があああああああああ!!!」ガタガタ!

アニ「んんんん~~~~~~~~っっ!!!(どこを…掻き回されてるのかもうわからない!!下腹部…だけど…っ!もう何もわ…っかんないぃ!!!)」ガタタ!

アルミン「あれ?子宮ってどこにあるんだろ…これかな?…目立って邪魔な小腸取り除いたけどまーだごちゃごちゃしてよくわかんないなぁ…うわあ、アニの体も僕の手も真っ赤!」

アニ「ぐうぐううう…っ!!あ…あん…た、な…にを…しようと…?それは…女の…大切な…っ!」プルプルプル…

アルミン「君はいつでも再生できるだろ?うーん、出血がひどくなってきた。顔色悪いよ?大丈夫?アニ」

アニ「ハァ…ハァ…(まずい…血を失いすぎた…これ以上は…再生しなきゃ…!)(ブチブチ)…!?がああああああああああああ!!!」

アルミン「あった、これだよね?えーっと…卵巣が脇についてて…けっこう下の奥の方にあるんだね、腸を取り去らないと見つからなかったよ?うーん膣道でつながってて取れないなあ」ブチブチ!!

アニ「い!!いぎいいい!!??が!!!ああああああああ!!!!!!!」バタ!ガクガクガク

アニ「ひぎい!!…あっ!…っは、っは、っは…っ!ふう~~~、ふう~~~(もう…死んでも…いいかなあ…実際…死にそう…)」

アルミン「はい!取り出せました~アニ君の子宮です!うーん、血に塗れててグロいなあ(ぴちゃ…レロレロレロ…ペロ…じゅる)…これで綺麗になった!アニ、見て!ピンク色だよ」

アニ「…う、あたしの…あたしの…おげええええ…(もう嫌だ、もういやだ、死にたい…ああ、お父さん………あたしもう…耐えられない…)

アルミン「ほら…きれいだよ…アニ(ガジ…グチュ!クッチャクチャクチャ)味もまあまあ…新しいメニューだよ!…あ、小腸がまるごとないから食べても無駄か。でも食べて♪」グッ

アニ「(もちゃ)…っぷ…う…(でろぉ…ポチャ)(もう…なんかどうでもいい…)」

アルミン「んもー、反応鈍くなっちゃって…口からこぼれて床に落ちちゃったじゃない…子宮はお気に召さなかった?じゃあレバーや腎臓だ!ハツは最後だよ!」ブチブチビチ

アニ「あああああああああああああ~~~~~~~!!!!!むううううんんんんんんん!!!!!!!!!」ガタガタ、ビタビタン、ブンブン!

ぶちゅ…ぼた!

アルミン「ん~、肺と心臓以外は綺麗ににとりだされたねぇ。僕のディナーが増えたよ」

アニ「あ…が…う…っ!(か……肝臓取られたあたりから…い…意識が…やば…再生…)」シュウウウウ

アニ「ふ…ふうう…くううう…(シュウウウウウ…)(やばかった…!ひとまずこれでなんとか命はつなげ…)」

アルミン「あー、もう臓器取り出しは限界?そりゃそうか…じゃあ腹の穴が閉じる前にこれを投入するね」ぽいぽい

アニ「(ズキィ!!)!!???い…!?いった…あ…な…(何!?再生してるのに…痛みが消えな…っ!?)」

アルミン「イガイガボールだよ。金属製の鋭い刺がいっぱいある鉄球。小型巨人の目潰し用に開発されたんだけどね。まあこういう使い方もありだよね?巨人には違いないし」

アルミン「再生による痛みの緩和なんてさせないよ…再生すればするほど、復活した臓器に圧迫されてどんどん刺が食い込んでいくしくみさ」

アニ「あああ!ぐうううう…っがはあっ!!!(い…臓器が戻ってくるたびにどんどん…刺が深く刺さって…何個入れられた…!?いた…ぐううううう!!)」ガクガクガク

アルミン「ハンジさんと、再生しちゃう君にどうやって持続的な痛みを与えればいいか…考えてたんだ。この方法ならイイだろうって。あ、お腹は縫ってあげるね」チク、チク、チク

アニ「うぶうううううううう!!!!があああ…っぐ!!!」バタバタ…

アルミン「ほら暴れないで…よし、これでイガイガが転げて出てくることはない…とりあえず明日までこのままでいよっか?アニ。ちょっとお腹押してみるね」ググウ

アニ「ぎゃあああああああああああああああああああああ!!!!!!!!ああああああああああああああ!!!」がたがたがたばたばたばた

アルミン「ねえ、アニ…僕、わかってるよ。そのクールぶった性格…フリだって」

アニ「……うぐう!…ハァ………ハァ…ヴうううう…(こ、この地獄の苦しみをお腹に抱えながら…明日まで!?)」

アルミン「あの時…地下へ向かう暗い階段で陽の光を背になんとも言えない表情で笑うアニには、君の言葉以上のものが詰まっていたなぁ…震えてたっけ?」

アルミン「当時は女型の巨人の顔と重なって…不気味さが先に立ったけど、今思えばあれこそアニの素の自分ってのが悲鳴を上げた、限界の表情だったんだなって」

アニ「…だったら…っくう…!ハァ…どうだって言うんだ!?今さら、あ…あなたのことわかってますって…イギ…言いたいの…ッッ!?う…」

アルミン「…アニは…きっと普通の女の子なんだなって。あんなに強くて、かっこよくて、目的のためなら平気で殺しができちゃう君でも、内面は、きっと…」

アニ「あー……もう黙ってよ…そん…うッ!…聞きたく…ない…いまさら…赦されるはずないんだ…ハァ…ハァ…責任も取れない……今さら理解されてそれがなんになるっていうんだ…ッ!!」

アニ「もう…うぐぅッ!…あ…ハァ…ハァ…殺すなら…殺せ…ッ!(半ば本気で言ってる自分がいる…怖いね…ホント怖い…だってホントは…このまま帰りたい…お父さんのところへ…)

アニ(わかってる…無責任…というか…そんな資格ないって…でも…あたしは…戦士のなりそこない…ただの16歳の…ちょっと技術と巨人の力があるだけの…)

アルミン「素直になりなよ、アニ…君は望んでいる。贖罪を。このまま秘密を喋らずに受難を受け続ければそれも叶うかもね。僕らとしては情報は欲しいけど」

アニ「……ハァ……………ハァ…ッ!(く…苦しい…ひどい痛み…!腹の中を常に掻き回されてるような…臓器が再生してきて圧迫が強くなったんだ…ああああもう…いしき…)」ギュっ

アルミン「今日はこれでおしまい。頑張ったね、アニ。ご褒美の抱擁だよ…」

アニ「あ…あ…あ…(い…意識が…飛ぶ…あ…そうい…え…ば…お父さんに…最後に…こうやって…だきしめ…)お…と…うさん」がくっ

アルミン「ん?なんだって?…………お眠り、アニ」

アルミン「おはよう、アニ。あ…うんこ垂れ流しになってるね。一昨日は我慢して、昨日は大腸ごと除去。でも今日の分は出しちゃった、と。吸収ちゃんと出来たのかな?」

アニ「………う……グ(とりあえず、辛いけど極力動かなければ腹の中の異物はなんとか我慢出来るとわかった…問題は…)」

アニ「(腸の蠕動でも針が食い込むから……催すままに…)ううう……っく…!(死にたい…っ!)」

アルミン「あはは…アニは椅子に座ったままトイレに立たずにうんこ垂れ流しちゃう戦士とも乙女とも程遠いただの赤ちゃんでした~」

アニ「…ふざけないでよ…っ!縛り付けられてるんだから仕方が…っ!う!!(大声出すと中のものがチクチク…っ!!)…あんたぁ…乙女をここまで辱めて…どうしようっていうんだ…っ!」

アルミン「あっはは、取り乱しちゃって。今までそんな泣きそうな情けない顔しなかったよね。一日の最初からそんな顔するようになったとなるといよいよ精神えぐれてきてるかな?」

アニ「……!!……フウゥ~~…(お…落ち着け…こんな事なんでもない!なんでもな…)」

アルミン「うそうそ。僕はアニのことをちゃーんと乙女だと思ってるよ。たとえ糞まみれでもね…椅子に威張りつけられたままだから仕方ないよね。きれいにしてあげよう」さす…ぐちょ

アニ「ぐっ………触るな…!(やめて…恥ずかしい…っ!!)」

アルミン「気にしないでいいよ、アニ。今日は…ぼくらはもっと深い関係になれるんだから」

アニ「ぐうう!!(身じろぎしたからまた刺が…)…………え?」

アルミン「明日以降の責めは女としてのアニを対象にするものだからね…どうしてももらっておきたかったんだ…アニの純潔」

アニ「…っ!!!(ついにきたか…!でも…覚悟していたこと…どうってことない…別に誰かを強く想って…どうしてもその人となんて思ってないんだ。ダメージ少ないさ…)

アルミン「ただしかみそり付きの器具を着けた僕のペニスでだけどね」 アニ「…え………」

アルミン「なあに、最初は痛くならないよう普通にしてあげるよ。喜ぶ君が見たいからね」

アニ「反吐が出る…乙女を捧げるなんて思ってないよ。これはただの拷問…そう思えるからなんとも…ない…(はず)」プルプルプルプル…

アルミン「そんなふうに震えながら言われても説得力ないなあ…まあ、とにかく準備はするよ。君と同じ裸にならなきゃ始まらないもんね」カチャカチャ…スル…

アニ(……あれが…男の裸……いや、見たことはあるけど…体毛の少ないアルミンの体…あ…あれが男の…いやいや、心乱されるな…)

アニ(これからされるのは単なる拷問…陵辱…こいつへの憎しみで心を塗りつぶせ…そうすればあたしの中の乙女は守られ)(ググ)がっはああああ!!!(お腹押され…!)」

アルミン「ああ、お腹の中の異物取り除いてなかったね。とってあげるよ」スパ…グチョチョ

アニ「ぐううううっく!!うううううう!!」ブルブル…

アルミン「トングで回収して…これで全部だ。あ、アニ、治して。痛みがあったら気持ちよくないでしょ?」

アニ「……ハァ…ハァ…(シュウウウウウ)」

アルミン「お、随分素直になってくれたね!言われた通り治すなんて!アニもどんどん心を開いてくれたかな?」

アニ「……あ…!(何やってんだろあたし…!?再生制御がおろそかになってきてる…っ!?今この男のいいなりに…)」シュウウ…

アルミン「そうさ。君はどんどん僕に支配されてきてる…受け入れたほうがいいよ、早めに。そしてまたひとつ僕のものになる…」ガチャチャ…ガチ

アルミン「椅子から外して床に寝そべらせて足の錠も開いたまま固定できるものに換えたよ。手錠は壁に固定だ。腹筋も切ったから抵抗できなかったみたいだね」

アニ「…っく…う………さっさとやれば?乙女の足を広げて固定…もう畜生の域だね(やば…泣きたくなってきた…)」シュウウ…

アルミン「……………そんなこと言える立場じゃないってのがまだわからないみたいだね…お腹の傷もふさがった。今日は愛してあげるよ、アニ…」

アニ「う………触るな…撫で回すな…!」

アルミン「(す…さすり…すす)ああ…なんてスベスベで気持ちがいいんだ、アニ…こんな体とかわいい心を持つ君を手に入れられる男は幸せ者だなあ。僕のことだけど」

アニ「…やめろ…あんたに何がわかる…っ!」

アルミン「ふふ…さて、そろそろ再生も終わった。ああ、アニぃ…綺麗だよ…」ピト

アニ「う…汚らわしい…!」

アルミン「ああ…女の体って冷たいんだねえ。だから男が温めてあげなきゃいけない。体と体をぴったり合わせてるとそれがよくわかるよ…胸板に控えめなおっぱいが当たって心地良い…」

アニ「や…やめ…(確かに温かい…熱いくらい…男の体って…すごく…ああああああ気持ち悪い、気持ち悪い…なんで一瞬でも安心感感じてるんだあたし…ホント自分が気持ち悪いよぉ…)

アルミン(ちゅっ)

アニ「…!!……っぷは!っぺ、ぺ!…ハァ…ハァ」

アルミン「僕とのファーストキスだね、アニ。…人生初のキスだった?」

アニ「……………っ!!(屈辱だ…っ!)」

アルミン「ふふ…まあいいや。腋…今度こそ舐めてあげるよ…ああ、アニの匂いだ…アニって少し匂いきついよね。それがいいんだけど(ス~~~~ッ)んはあぁぁぁ…イイ匂い」

アニ「………(なんでまたいちいち気恥かしさ感じなきゃいけないんだ…)」

アルミン「いただきます(レロ…)」

アニ「ひ…いっ!?」ぞわわっ

アルミン(レロレロ…ペロッ、ペロッ…びちゃぴちゃ)

アニ「う…ううう…う……(い…今までの拷問とはまた違ったいやらしさがあるよこれ…ゾワゾワする…耐えられない)

アルミン「(ちゅぱ)ふぅ…堪能した。じゃ、つぎはおっぱいだ…(ピト)ああ、なんでこんなに柔らかくてもんでいるだけで体の強張りが取れていくんだ…まさに神の贈りものだよ」

アニ「………あんたが触っていいもんじゃないよ」

アルミン(ちゅぱ、ちゅぱ)「おっぱいおいしい。自分が赤ん坊になったみたいだ。ねえ、アニ。赤ん坊欲しい?こんなふうにおっぱい吸わせたい?」

アニ「…………………黙れ」

アルミン(ススス…)「順に唇で触れていくよ…今度はおなかだ。腹筋…(ぺろっ)ふふ…唇でも弾力を感じるくらい柔らかいのにこの弾力。ちゃんと鍛えてる証拠だね」

アニ「…………………」

アルミン「反応薄くなっちゃったなぁ…もっと下…へそ…(ぶちゅるるる!)」

アニ「ひっ!」ビク!

アルミン「あはは、流石に反応したか。もっと下行くよ。陰毛(さわさわ)スゥゥゥゥゥ~~~~~…い~~~~~におい。女の匂いだよ、アニ」

アニ「~~~っ!………(カァ…)(なんでこんなやつにいちいち羞恥を感じてるんだよあたしは…!)」

アルミン「ふふふ、乙女なアニは恥ずかしがるべきところはちゃ~~んと恥ずかしがりま~~~す(ちゅば、ちゅぼ、レロレロ)陰毛美味しい…」

アニ「……………さっさとやればいいだろ。回りくどい」

アルミン「下のお口とキスしたら君の純潔をもらうさ」

アルミン(ぴちゃ、ぴちゃ、レロ…)「アニの女陰…小水の匂いだけじゃない…これが女の匂い…芳しくって、本当に興奮してくるよ」

アニ「………っう!(なんでここまで心乱されなきゃいけないんだ…!こんな…情けない気持ちに…)」

アルミン「………やっぱりね、アニ。その反応…僕のこと、好きだったでしょ?」

アニ「…………!(え………?)」

アルミン「やっぱりそうなんだね?自分でも気づいてなかったみたいだけど…いや、僕個人じゃない。もっと抽象的なものへの憧れなんだろうね」

アニ「………………(…………………………自分の…意思を持つこと…そういう人間への憧れ………目的のために何かを…捨てられる…)」

アルミン「ま、いいや。さて…お待ちかねだよ。僕のものが見える?アニ…」ピク…

アニ「…!(は…初めて見る…っ!男の……あんなのが…え?あそこに入るの!?…え…え…)」

アルミン「ふふ…いろいろされたのに初々しい表情で怯えるね…いいねぇ…そそるよ。じゃ、行くよ。こっちも童貞だから粗相はゆるしてね。性器と性器のキス…最高」ピト

アニ「う…あ…あ、あんた…あんたに…」

アルミン「ん?何だい?アニ…言ってごらん」

アニ「う、うううう…あんたにこんなことされるのが…あたしにとって……どれだけ…残酷か…わかってて…それでもやるんだ…も…いやだ…うううう」ポロポロ

アルミン「…泣く顔も美しいよ、アニ。今日は随分簡単に仮面を脱ぐね。まあ本気だったんだろうね。君の僕らへの憧れは…敵意を向けられた時はショックだった?」

アニ「ううう…っくぅぅ…そりゃあ…そうだよ…そうにきまって…あたしとあんたらは……なんで…敵同士なんかに…(ぬぷぷ!)…っあ!!」ビクん!

アルミン「あああ…アニの中…あったかいよぉ」ぬぷ…

アニ「ん…んんぅ…!!」ぬぷぷ…

アルミン「ふふ、アニ…流石に処女喪失はこたえたみたいだね。そんなすがるような目で怨敵を見つめて…可愛いなぁ」

アニ「早く…終わらせてよぉ…あんた…本当に死んでほしい…っっ!!」

アルミン「愛してるよ、アニ…動くね」ぬぷぷ…ぷぷ

アニ「う…!!ううう…(痛い…気持ち悪い…こういうのってこんなもんなの…?いや…レイプだから…!)」

アルミン「っはぁぁぁ…気持ちいいよ…アニ…きみもそうだろ?」ぬぷ…ぬぷ…

アニ「ぐ…………気色悪い…こんなの…!勝手に満足してさっさと終わりなよ…」

アルミン「つれないなぁ。このあとにもっとすごいのが控えてるっていうのに」

アニ「…!(カミソリとか…言ってたっけ…)」

アルミン「…感じてきた。ちょっと強めに動くね(パン!パン!パン!パン!)ふぅ、ふぅ、ふぅ、ふぅ…」

アニ「うぐ…っ!?ぐうううう…(いたい…!)」

アルミン「ああ!出す、出すよぉ!!あああ!っく!!」ドピュ、ドピュピュ…ピュ…ぬぽっ

アルミン「はぁ、はぁ…あはは、アニに種付けしちゃった…ねえ?巨人も妊娠するんでしょ?…あ、流れ出てきた」とろ…

アニ「…………うぅう…(こんなやつと…いや、認めるのも嫌だけど…こいつにあたしは好意を…ああああ…こんな形で引き裂かれて…ああああああ)」

アルミン「ふぅ…あーすっきりした。じゃ、本番行こうか」

アルミン「超硬質スチールでできたこれはね、勃起したペニスに装着する避妊具がもとになってるんだ。でもこれ亀頭はむき出しだから避妊効果はないよ?」

アニ「………………………………………………………ここまで汚されておいていまさら避妊なんてどうでもいいよ…」

アルミン「まあそういわないで。この構造なら僕も感じられる。で、だ。肝心な竿を覆う部分だけど…」

アルミン「ほら…見てごらん。周りにびっしり生えた半月状の刃…竿の長辺に平行に揃ったこれはカミソリ並みに鋭いんだ。腿で試してみるね」ぴっ!

アニ「つ…ッ!」タラ…

アルミン「ふふ…ね?鋭いでしょ…こんなので膣内掻き回されたらどうなっちゃうんだか…アニ。こういうのは拷問レベルじゃない、処刑用具だ。」

アルミン「君だからこそ出来るんだよ、こんな過激なのが…本当に逸材だよ、君は。再生能力には大いに期待しているよ」

アニ「どうでもいい…もう好きにしなよ(やばい…!あんなので…うううう…!!)」カタカタカタ…

アルミン「あはは、余裕ぶったってダメだよアニ。もうクールなアニは何度も破壊されてるんだから。いちいち再構築して取り繕うのも面倒じゃない?」

アニ「……………(こういう心の鎧を失ったら終わりだ。仮面も…手段なんだ。この地獄から脱するその日まで…くじけないための…帰るその日まで…)

アルミン「装着、と。わああ、かぁっこいい~~~…ねえアニ、貧相な僕のものがこんなアグレッシブになったよ!」

アニ「……よくまあおぞましい拷問の最中に無邪気に振る舞えるよ。こんなごっこ遊びには付き合ってられ(ズブズグチグチグチ!)ぎゃああああああああ!!!!」

アルミン「……………余裕ぶるのって辛いよ?最初からあけっぴろげでも良かったんじゃない?まあライナーみたいでもキモイけど」(ずぶぶブチち!ブチュチュ…)

アニ「ぐううっっくううううああああ!!!(無理…無理無理無理ぃぃぃ!!!耐えられる痛さじゃない!!!)っは!っは!はぁ…はああ…ふうう~~~」ビクビクっ!ビク

アルミン「アニ…可愛い反応だなぁ。僕の体の下で跳ね回ったりクネクネしたり…呼吸で上下する汗でテカった胸がさいっこうにエロいよ…」ズズズ、ズブ

アニ「ぎゅうううあああああああああ!!!う…うごか…なぁぁ…ううああああああああ!!!!」ガクガク

アルミン「大丈夫だよアニ、痛いのは最初だけ。すーぐ気持ちよくなってくるよ…んなわけないか。抵抗が強いけど頑張って一番奥まで入れるね」ズ…

アニ「んんん……っっっっっ!!!!!!!」ばたんばたんばたん!

アルミン「ほら、アニ、暴れないで。あはは、すごい顔してるよ、今にも死にそうなくらい。二回目のセックスなんだから大げさだなぁ…キスしてあげるよ、落ち着いて」ちゅ

アニ「ぐぶうぶ!!うううううう!!」ブクブクフボ…

アルミン「泡吹いちゃった。(ぺろ…)気に入ってくれたみたいだねこれ。今までのどれよりイイ反応だ。このまま動かしちゃったらどうなるんだろうね、楽しみだなあ」

アニ「う…ぐううう…あ…ばああああ…ふううううう…がはっ!げほ!ごほぉ!!ううう…はぁああ…はあぁぁ……ハァ…ハァ…う…あ…アルミ…ン…も…だめ…う…ごか…」

アルミン「アニも可愛げのあること言うね。そりゃあ僕もずっと深いところで君とつながっていたいさ。でもね、セックスは抜き差ししないと…ね?」ズズズビチビチビチ!

アニ「ぎゃああああああああああ!!!ああああああああ!!!い、いやああああああああああ!!!!ぎゃあああああ!!!」ガクガクガクガク!!!バタバタ!!

アルミン「ねぇ?仮面なんていくらでも簡単にはがせるんだよ。無理にかぶったって意味ないよ。ずっと裸でいいんだ…そのままの君で」ズグググチョチ!!

アニ「んん、んんんんんんあああああああああ~~~~~~~~~!!!!!(下腹が…爆発したよう…焼かれるよりきつい…!!だ…もう…りせい…持たない…!!)」

アルミン「はい、カリまで抜けましたよ~…うわあ、すごい出血!アニって処女膜からすごい出血するタイプだったんだね。ごめんねわからなくて。500mlくらい出てる…」

アニ「あ…あ…あ…あああ…あ…フゥ…フゥ……(なんで…こんなのに付き合ってるんだろ…自決…しようか…)」

アニ父「アニ、もう5歳の誕生日なんだから、訓練を始めような。ほら、まずは好きなように蹴ってみろ、ほら!」

アニ(5)「……?…こーお?」ぽす

アニ父「はは、初めてにしてはうまいな、さすが俺の娘だ!さて、お手本を見せてやる…このサンドバッグが揺らせるようになれば次へ行こうな」

アニ父「離れてろよぉ…右構えの時の話だが、軸足である左足を回す、カカトを蹴りたい対象に向けるように。それに引っ張られるように回し蹴りを…出す!」ギャッ!

 ヒュッ!  ズバァァッッン……!!!   ぎっ、ぎっぎ…

アニ(5)「………すごぉ…い!おとうさんすごいよ!あんなおもいのがあんなにゆれてゆ!」

アニ父「ははは、お前ならなれるさ。こんな蹴りが打てる戦士に…」

アニ(5)「なるー!ぜったいなるー!おとうさんみたいに!」


アニ(あぁ…そうだっけ。大事なことを…)


アニ「………お…と…さ……かえる………絶対に…っく…帰るよぉ…」

アルミン「アニぃ、アニぃぃ…大好きだよおぉ…抜き差し、本格的にはじめるね?抜いたのまた入れていくよ…最初はゆっくりいくね…優しく…」ぐちょちょ…ぐちち…ぬちちブチブチチ

アニ「んぐううううううううううううう!!!!ぎゃああああああああああああああ!!!!」ビク!ビクビク!!ビクン!!

アニ「ぐううううう~~~~ッッ!!!(た…耐えてやる…!!この地獄を…耐え切って…お…とう…さ…に)(グチョ!グチョ!)んぎいいいいいいい!!!!」

アルミン「え?何?アニ……ふぅ。アニの中、すんごいヌメってる。真っ赤な液体で。再生しないの?」

アニ「はぁ…はぁ…はああぁ…こ…こっちの勝手…だ…っ!はぁ…はぁ…」

アルミン「ふーん、意地張るのは勝手だけど、それで死なれても困るなあ。(ぬちょ)ほら、血だけじゃない、肉片までちぎれて飛び出てきてるんだよ?」

アニ「う!…う…(吐くな…!吐くな…!!)そ…どうってことないよそんなの…!」

アルミン「あっそ。まあ強がるのは勝手だからね。まったく、まーた仮面かぶって…じゃ、さっきよりもハイストロークで行くね」グチョ!ヌポ!クチチョっ!ヌププベチャ!ヌチチチチブチ

アニ「んぐッッ!!??むギイ!…っぐうううう…んあああッッ!!!」ブルブル…

アルミン「意地張って耐えちゃって…かわいいなぁ、アニは。でもわかってるよ…アニの戦士の仮面、もうぼろぼろでしょ?そんなんじゃまたすぐに外せちゃうよ」グポッ!ブチュルル!!

アニ「うぐううううういいいいいいいいいぎいいいいいいいいッッッ!!!(耐えろ!耐えるんだ…そうすれば…チャンスが…)」

アルミン「ほら、もう声が大きくなってきた。君みたいなか弱い女の子には無理なんだよ、戦士の役目なんて」グチュウッ!グチュチュウ!

アニ「だ…まれッッ!!あ…ぐうううう…あ…んたな…んかにぃ…わかって…たま……うぎぃ!?……たま…る…か!!約束…ッ…したんだ!お父さんと…ッッ!」

アルミン「僕が解放してあげるよ。君の血塗られた運命から。ここで僕らに協力し、死ぬ。もうそれしか道はないんだよ?」

アニ「い…やだ…っく!…あたし…は…帰るんだ!…お…とうさん…の…ところにぃぃ!!」

アルミン「お父さんねぇ。大分心が摩耗してきて奥に秘めた言葉が漏れ出てきてるみたいだ。さ、もう一息。腰をグラインドさせるよ、円を描くように」ぐりんぐりん、ヌチチミチミチ

アニ「うぎいいいいいいあああああああああああああああああああああああああ!!!!!」バタ!バタタ!…バタ!

アルミン「すごいよがり様だ。そんなに僕のが良かった?…あー、もう膣がだいぶ削れてきて緩くなってきてるよ」グチャチ!ブポチミチ!ビチャビチャ!

アニ「うぐぐぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅうッッ!!!!や…っぐうう!!…や……も……あっ!…ぐ…もう…やめ……あっ!ぐっ!がっ!」ビク…ビク…

アルミン「ほんとに限界みたいだね。正体失うまで感じて狂ってくれるなんて男として嬉しいよ…さ、もう手錠も足錠もいらないかな」がちゃ…がちゃん!

アニ「んはぁ…はぁ…はぁ…あ…(ちゃ…チャンスだ…!こいつを…引き倒して…扉まで…ば…か…めっ!)(ズキィ!)…ぎぃあっ!?」

アルミン「アニ?どうかした?流石にカミソリチンポ挿したまま動こうとするのは無謀なんじゃないかな?これじゃあ自分で抜くのも辛いだろ?僕が動くだけでこうなるのに、ほら」ヌポチチ!

アニ「ぎゃあああああああ!!!いだいッ!!ああああああああああ!!!があああ、がぼぼぼぼ…ぐぶうううううう!!!」がしっ、ぎゅうううう!

アルミン「ははっ、理性が崩れる寸前だね。君を犯してる男にしがみついちゃって…かわいいよ、アニ。僕を頼ってくれるんだね…また泡吹いちゃってる(ちゅ)続けるね」グポ!グチチ!

アニ「いいいいいいいい!!!いたいっっ!!いたいいたいいたいいいいいいい!!!!ああああああ!!!助けて!!だれかあああああ!!!!おとうさああああああん!!」シュウ…

アルミン「うわあっ!?膣の中から…蒸気!?…そうか…ついに再生制御まで手放したんだね…これなら君の体への負担も考慮せずにいくらでも続けられるよ。ずっと繋がっていようね、アニ」

アニ「いやああああああああああ!!!!うぐうううううう!!!た、た、た、いやあ!!た…たすけ…いやあああああああああああ!!!」

アルミン「ううう!?この蒸気の熱さと刺激…っ!尿道を刺激して…!たまらない…!げ…限界だ…っ!もう…うっ!奥に…奥に…っ!」ぴゅるる!ぴゅるっ!

アニ「ぐうううううううううううううううっっ!!…あっ…ああ…あ…はぁ……はぁ………はぁ…あ………う…ううう…あああ…あ…うっ、うっ、うっ」ポロポロ

アルミン「ふううううぅ~~~~、堪能したよ。アニの処女。乙女を散らすところ…どう?戦士でも乙女でもないところに堕とされた気分は」

アニ「うっ、うっ、うっ……う…ううう~~~~~、くうう~~~~~」ポロポロ、プルプル

アルミン「ほら、泣いてないで…今なら拘束具もない。裸を警備兵に見られるのは気の毒だけどアニなら逃げられるかもよ?そうしたら」

アニ「グス……くすん………くすん………あ………ああ…(あんな…叫んで…泣いて…もう……心が…………あ…逃げられ…る?ぐ!…た…立てない…)」シュウウウウ…

アルミン「ああ、お股が治らないと立つのも無理か、あはは、ごめんごめん。…今のうちに拘束してなくても逃げられないように腹にイガイガボールを入れるね。仰向けにして…」グイ

アニ「あ…や……………め…ろ!」ジタバタ…

アルミン「ほら、暴れないで!よいしょ!…上から押さえつければ僕でも手負いの君くらいなんとかできる…ナイフでお腹を開けて…(ドスっ!ズズズ)奥の方に投入…っと」ズボ!

アニ「あばあああ!!!い…いたぁ…(グジュ)うぐうう!!あ…ま…また…このまま…(耐えろ!耐えるんだ…お父さんに会うために!!)あ…もう…もう…」

アルミン「え?なあに?アニ。もう全部話すからやめてくれって?」

アニ「グ……………だ、誰が」

アルミン「はい、お腹を綴じまーす(チクチク)ハイ終わり~~、最後に腹に蹴り一発!(ズド!!)」

アニ「があっっっっっはあああああああああああ!!!!ごべ(ビチャビチャ)げはあああ!!ぐっはぁ…が…」

アルミン「ご飯はそこらへんに散らばってるアニのまんこの破片食べてね。じゃ」ギィィ、バタン!

アニ「……………………………た…え…ろ……あ…た……し…………ゆ…か………の…た………べ…て…(ペロ…)」

アニ「……体…力……か…いふ…く……さ…せ…………うっぷ」

アルミン「おはよ…うわ!壁中血だらけ!何したの!?アニ!」

アニ「……ハァ…ハァ…ハァ…(自由に動けるほど回復したとは言え…今脱出を考えるのは無理があった…っく…あたし…素手でこいつを取り出すことができないほど痛みに弱かったなんて…)

アニ「ちょ…ちょっと部屋の中を…散歩したんだ…ハァ…ハァ…やっと動けるように…してくれたんだからね…(壁のどこにも、扉にもとっかかりはなかった…何度も腹の中の刺のせいで血を吐いて…)」

アルミン「ふ~~~ん、アニは運動熱心だからね。このところ動けなかったからリハビリってわけだ。でもまあ今日はゆっくりして欲しいなあ。ほら、そんなとこで這いつくばってないで!」ドボォ!

アニ「ぐふうう!ぎゃあああ!!がはああああぐふううううう!!」ビチャチャ

アルミン「あはは、お腹蹴られたくらいで血を吐くなんて大げさだなぁ。まあいいや、今日はお注射からだよ」スっ

アニ「ハァ…ハァ……まったくふざけた…奴…(ぷすッ)!?…う!?あ…(こ…この薬…っ!強…)」クラっ…

アルミン「この薬はね、憲兵団御用達のものでね…いろんな効果があるんだ。まあ睡眠薬の一種なんだけどね。眠ってるうちにお腹の痛いの出してもっといいところに運んであげるよ。」

アニ「あ…あ…あぁ…」ガクッ…

手足を大の字に広げて仰向けに寝かされているアニ。手足からは鎖が伸び、手足それぞれの鎖がそれぞれ一本ずつ計四本の柱につながっている。アニの開いた脚の方に立つアルミン。

アルミン「やあ、アニ。目が覚めた?眠らせていた間に新しい部屋に運んでおいたよ。どう?装置の上だけど久しぶりに手足を広げて寝られてゆっくりできるんじゃない?」

アニ「(…ジャラ)…あんた、そこからどいてよ。鎖で足が閉じれないから…その位置だと…すごく都合が悪いんだ。女として」

アルミン「あはは、あんだけされておいてまだそんなことが言えるなんてね…いい眺めだよ、アニ…金色の毛が綺麗に整えられた上品な秘裂。ピッタリ閉じていてまさに乙女。昨日の陵辱の痕もない」

アニ「……ッ!(恥ずかしい…いや、これは屈辱だ…ただの屈辱…決して……今さらコイツに見られたってなにを思うはずないんだ…っ)」

アルミン「まあ鑑賞はこれくらいにして…今日は何をされるかわかる?アニ?」

アニ「…もう何をされてもいいよ。常人なら死んでる責め苦を受け…花を散らし…もう自分を乙女というのも憚られる…でもそれも耐えた。これ以上何をされたらあたしの心を折れるっていうんだい?」

アルミン「そうだね。君が想像でき得る屈辱はもうだいたいやっちゃったかな。…乙女のアニはもういない。これからは女としてのアニへの陵辱だ」

アニ「そりゃまた…ゲスなことを…(何を…?)」

アルミン「きょうは兵団行きつけの娼館の常連の方々に来てもらいました~」ゾロゾロ

常連A「この嬢ちゃんかい?処女失ったばかりなんで女の喜びを教えて欲しいってのは?(ニヤニヤ)」

常連B「いや~~~さすがつい昨日まで処女!肌がぴっちぴちでおまんこもぴっちりだな!」

アルミン「この人たちのマッサージに身を任せるんだ、アニ…きっと気に入るよ」

アニ(ゲスな…下種な…げすな…正直もう何をされてもなんとも無いと思ってたけど…)

常連A「へへへ…ま~ずは指でなぞるようにつ、つ、つとたくましいふとももをなででみっか~?」ツツツ…

アニ「!!!???(びく!?ビクビク!!)ア!!!ああ!!?」ガタタ!ジャララ!

常連B「ぶっはは、なんだあ?この爆発したみてぇに強烈な反応はぁ?」

常連C「足にちょっと触れただけで跳ね回って海老反りになってやがる。オマンコも濡れてんじゃねぇか?」

アルミン「さっき打った薬の効果ですよ。催淫・媚薬効果もあるスグレモノなんです。でもさすがに原液で打ったのはまずかったかなぁ…アニ?気分はどう?」

アニ「んんん…っっ!!あ…がっは!…ああああああ!!!(な…なにこれ…!未体験…!!これは…気持ちいい!?快感なの!?わから…雷に打たれるような…感覚が…っ!!)」

常連B「た…たまらねぇ…汗でてかった脂肪の少ないしなやかな体が快感にグネって…我慢できん触って堪能させてもらうぜ」ぴと…すすす

アニ「ん~~~~~~~~あああああああああ!!!!」ジャララ!ジャララ!!

アルミン「猿轡かませますね、これだけブッ飛んでれば舌噛んでもおかしくない」シュル

アニ「うぐう、うぐう、んんんんんんんんん~~~~~~~~~~~~~~!!!!」バタンバタン、ジャララ…

常連A「すんげえ、ちょっと肌触るだけでこんなに乱れてんの見たことねえ!媚薬ってのはすごいんだねえ、若先生!」

アルミン「たっぷり可愛がってやってください。アニに女の喜びを教えてあげて下さいね」

常連D「もう一気に全員で撫で回していいんじゃないか?ほれほれ」さわ…

常連達「そんじゃ遠慮なく…」さわ…さわさわ…

アニ「おむううううううううううううううううううううむううううううううううううううがああああああやああああああああああああああ!!!!!!!!」ガクガクガク、ぷっしゃあああ

アルミン「触られるだけでそんなになるなんて思わなかったよ。潮だか小水だかわからないもの垂れ流して…合計十本の手に一気に愛撫されて気持ちいいね、アニ」

アニ「むあああああああああああああああああ!!!ああああっ!!!ああああああああっ!!!!!!!!!」バタバタバタガクガクブンブンブン

常連B「すっげええ!頭振り回して涙と鼻水とよだれダラダラ!あせもだっくだく!この乱れ方はそうそう見れねえ!」

常連C「ははは!ほんとにすげえ!これ死ぬんじゃねぇか?」

常連D「オマンコはまだいじらないんだっけ?若先生」

アルミン「ええ、…でもそろそろいいかな?みなさん止めてくださーい」

常連達(すっ)

アニ「ば…っ!!はがあ…!!ぶうう…ふうう…ふううう…(あああ…何も考えられない…あ…や…や…ああ、何考えてるんだろあたし…や…や…め…ない…で…って…!!」

常連A「ふっふっふ…物欲しそうにこっち見てんじゃねぇか?これ。ほんとにこれが昨日まで処女だった娘なんですかあ?薬一本でここまでなっちまうとは」

アルミン「まあすごい薬ですから…ねーアニ。今感じてる快感は自分の意志じゃないよねー、薬のせいだよねー」

アニ「はあ…はああ…はあ…はあ…(あ…あ……そ、そうに決まってる…!!こんなの…昨日アルミンにされた時だってこうは…!気をしっかり持つんだ!こんなの気にしない…!)」

アルミン「でもこれからはどうかな…きっと自分の意志でオマンコいじって~って言うに決まってるよ。潮吹き名人のEさ~~ん!」

常連E「へい」

常連A「おお!名人のEさんか~~~!この状態でEさんがやったら壊れるだろ~」

アルミン「オマンコをいじられる喜びを知ればきっとアニも自分の快感を肯定できるよ?」

アニ「ハァ…ハァ…ハァ…な…なに…を…(い、いま…そんな変なところを触られたら…ぜ、絶対おかしくなるっ!!)」

常連達「Eさん、やっちゃってください!」「Eさん!いつもの潮吹かせ、見せてくださいよ!」

常連E「…しっかしすげえ薬だ。鎖で無理やり縛り付けられたところにただ触ってるだけなのにこんなにまんこがひくひくしてやがる。どれどれまんこの具合は…」

アニ「…っ!!!(あんなところに顔を近づけて…!い、今ここで巨人化してもいい!死んでもいい!屈辱を受けるくらいなら…ッ!!)むううう!!」

アニ(いや…落ち着くんだ…こんなの…なんてこともないんだ…絶対に…耐えて…帰るんだ!お父さんのところへ!!)

常連E「ふふ…つい昨日までおぼこだったってよぉ…らしい反応だ…ふぅ~~~」

アニ「(ビクビク!ゾクっ!)ううううぶううう!!??(あ…あそこに…い…息を…吹きかけられただけで…全身に電流が…ああ、触られたら死ぬ、死んじゃうううう!!)

常連E「なんてぇ反応だよ。こりゃ本気出したらマジで壊れちまうな。まあ触ってみるか…最初見た時はきれ~なスジマンだったが。触られたせいかヒクヒクしてやがる」ピト

アニ「むむううううう!!!!!!!(あああああああ、なにこれ、なにこれえええええ!!!」ビクビクビクビク!ジャラ!ジャラ!

常連E「へへへ…逃げたくても四肢を鎖につっぱられてちゃあ身じろぎすらできねぇぜ…擦ってみるか」ス…サス…

アニ「ふぶう!!?うぶううう!!!!!(な…なに…も!!!か…んが…え…ら…ううううううう!!!)」

常連E「大陰唇でこんなに感じるとは…なかに触れたらどうなるんだろなぁ。はい、御開帳よ」くぱぁ…とろ…

常連A「うっほ!すんげえ!トロットロ!ヌレヌレ!むわぁっと湯気が立ち上ってくるみてぇだ!」

アニ「っぐうう???っ!!(こんな奴らに見られ…いや、今はどうでもいい、だからお願い指を離して…!怖い…!感じすぎるぅ…!!)」ガックガック

常連E「ははは、どうよ嬢ちゃん。これ以上されるの怖いか?いいや、やってほしいよなぁ?どうだい?」

アニ「ふう、ふう、ふう…(だ…だれが…これ以上…やってほしいもんか……………これ……た、耐える…耐えられる…の…?)」

アルミン「アニ…君の怯えた表情いいね。地下道の入口で浮かべた表情はもっと複雑だったけど…今回は純粋に怖いんだね。わかるよ。痛みより怖いだろう。自分がどうなるかわからなくて」

アニ「ふうぅぅ…ふうぅぅ…」カタカタ

アルミン「じゃ…お願いします、Eさん。ぶっとんで…もう帰って来れないぐらいのをお願いします」

常連E「いいのかよ?この状態で本気でやったらマジで…」

アルミン「大丈夫ですよ。アニは戦士ですから。ね?アーニ…」

アニ「………………フゥ……フゥ…(バカにして………ああ、いいよ、来るなら来い…耐える…耐え切ってみせる…!お父さんのためにも…!)」

常連E「じゃあ、中指入れっぞ~」ズブズブ…

アニ「はみゅぅっ!?…ひっ…ひっ…ひっ…ぃぃぃいいいい~~~~~っ!!??(な…これ…え…っ!?)」

アルミン「あはは、はみゅだって。どう?アニ…どれくらい感じる?」

アニ「ふうううう~~~~~、ふうううう~~~~~!!!!!!!!!(だめ…やっぱり無理…!!これで…動かれたら…これ以上…何かされたら…!!)」

常連E「じゃ、最初からフルスロットルで…中指を折り曲げ(くちゅ)指先でGスポット…第二関節で膣の下側を刺激、最後にもう一方の腕の指を肛門に挿入…(ヌプ)」

アニ「むううう~~~~~!!!むうううう~~~~~~~~!!!!(やめ…だめ…たすけ…いや…堕ちる…帰って来れないところに…ああ…あ…)」ガクガクガクガク

常連E「一気に全部を動かす!(ジュポジュポヌポヌポクチュチュ)アニ「んああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!」バタバタバタバタ!

アニ「うああああああああああ!!!うあ!!!うあ!!!むうううううううううんんんんんん!!!!んんんぎゃああああああああああ!!!!」ビクビクビク!バタバタ!!バタ!

アルミン「ははは、すっごいや、今までで一番暴れてる。汗でぬらぬらの体をうねらせて…いやもううねらせるなんてもんじゃない、波うつ筋肉が痙攣して魚のように跳ねてる」

常連E「っへへへ、コイツには耐えられねぇ…どんな女も…」

アニ「ぎゅううううううううう!!!あああああああああっはああああああああああ!!!…!?(く…くる!!?なんかく…あああああああ!!!)」ビクっ!!ビクビク!!

アニ「ふ…!?ふううう…!?」がくっ

常連E「………!」ジュプジュプ…

アルミン「お、イったね?アニ。これがオーガズムだよ。女性のオーガズムは男性の十倍以上の快感なんだって。羨ましいなぁ」

常連E「………(これは…)」

アルミン「ふふ…これで下準備の半分は整った。次…焦らし攻めに移行しまーす。みなさん、全員でアニを愛撫しちゃってくださーい」

常連達「「「ういーーーーーっす」」」スリスリナデナデ…

アニ「ううううっ…!?むうううううううううううう!?」ビクン!ビクン!

アルミン「ねえ、アニ…どんな気持ち?あれだけオマンコいじられる喜びを知ったあとでさ」

常連達(((スリスリスリスリ)))

アニ「ぐふうううう!!ふ!ふ!ふ!ふみゅうううううううう!!!」ガクガク!ジャララ!

アルミン「オマンコに全く触ってもらないのって」

アニ「むああああああああああ!!!!!(狂う!気が狂う!!さ…わ……って…ち、違う!!!そんなこと…考えてな…い、いやあああああああ!!!)

アルミン「あ、じゃあ、ちょっとストップいいですか~~…アニ、猿轡外してあげるからね。(シュル…)どう?どうして欲しいか聞いてあげるよ」

アニ「ん…っぷはあ!あはぁ、はぁ、はぁ…ハァ…ハァ…(ビク!)あ!…あああああ!!!(ビクビク!)ハァ…ハァ…!!」ビクビク

アルミン「ねぇ、アニ。どう?触られるのやめた途端、オマンコに感じてたかゆみのようなうずきのような感覚が全身に広がったよね?この薬、別名触覚ジャンキーって言ってね」

アニ「ふううう、ふううう、ふうううううう!!はあ……はあ……!」ガタガタ

常連A「へへへ…最初の気の強そうな顔が快楽を求める一匹の牝の顔になっちまった」

アルミン「そんな切ない顔で見つめないでよ、アニ。これからずっと、触られない限りそのうずきは止まず強まるばかり。今なら『アニのおまんこ触ってぇ』って言えば触ってあげるけど…」

アニ「う…!!!(こ…こいつ…………!あ…でも無理ぃ……い…今のこの感覚が…強まる!?あ、ありえない…無理だ、絶対発狂する…あと五分で限界だ!!)」

アルミン「そう言ってくれれば僕らは君をこの焦らし地獄から開放してあげられるよ。言ってくれないならそれでもいいけどね。明日まで放置するだけだし」

アニ「……!!(あ…あ…あ…あ…し…た…?あ…あ…あ…)」

アニ「い…いや…いやあああ…ふ…ふぐっ…ぐうう…(ブルブルブル…)ふぅううう…ふうううう…た…たすけ…アル…ミンっ!」

アルミン「ごめんなさいね、みなさん、僕がご指名みたいで…」

常連E「へへ…どうぞオマンコの前の特等席へ」

アルミン「で、アニ。どうして欲しいの?ねえ?言ってくれないとみんな撤収しちゃうよ?明日までこのままだよ?」

アニ「あ…あ…あ…(さすがに無理…そこまでプライドを捨てたら…あたし…もう…ああああ!!だめ、だめ、だめ、ああああ、この感覚…うあああああ!!!)」

アニ「(ブルブルブル…)あ………………………………お…おねがい…します…(ダメだ!言うな!言っちゃいけないぃ!!)お…お…ま…おま…あ…あ…!!」

アルミン「え?何?」

アニ「お…おまんこぉ…おまんこぉ…(ああああああああだめえええええええええええ)あ…アニの…おまんこさわってぇぇぇ…」プルプルプル…

アニ「あ…おねがい…じまず…!…もう…限界なんでず…!ほ、ほら…腰を…も、もちあげますから…(グイ!)もう…触って!ぐちゃぐちゃにして…!(あ…あたし…もう…戻れないかも…)」

アルミン「………………………………………………………………………………………ぷふ!」

常連達「「「へっへっへっへっへ…」」」

アニ「……………………………………あ………?」

アルミン「あははははははははは!よく言えたじゃないか!聞きましたよね?みなさん、この可愛い女の子の望みを…じゃ、アニ?覚悟はいい?おまんこ、触ってあげるよ」クチュ

アニ「んああああああああああっっっ!!!(もう……これ……あたし…お父さんに……どんな顔して会えば…)(クチュクチュクチュクチュ!!!)あああああいやああああ!!!!!」

二時間後

アニ「ぐふう…ふう…ふう…ふう…(し…死ぬ…これ以上は…死ぬ……これが…女の喜び…?…ばかみたい……麻薬か何かと変わらな…もう…体力が…)」

アルミン「ふう、さすがの僕らも疲れちゃったよ。散々君の相手を休まずしてたからね。何回くらいイキましたかねえ?」

常連E「二時間かぁ…最後の三十分はずっとイキっぱなしみてぇなもんだったからなぁ。まあここまでされてまだ目に力が戻りつつあるのはすげえよ。やっぱ巨人は並じゃねぇ」

アルミン「戦士アニ・レオンハートですから。そう簡単に屈しませんよ。ねぇ、アニ」

アニ「……ハァ…ハァ…ふ…ざ…ける……な…ハァ…ハァ……お前ら悪魔の末裔が…っく!………軽々しく…戦士なんて言わないでよ…!」

アルミン「ねぇ?心が全然折れてない上に罪悪感もない。正真正銘の化物ですよコイツ」

常連B「俺の知り合いにもストヘス区で死んだ奴がいるんだ。コイツが暴れたせいでな。だってのになんだこいつは?よがり狂って喜んでるだけじゃねぇか。」

常連A「ああ、こいつは乙女でもなければ人間でもねぇ。ただの化物のメス豚よ」

アニ「………………………………………………………………」

アルミン「まあ、本番でならきっと顕になりますよ。コイツの化物の本性が…さて」ガキン!

アニ「!」ギギギギギギギギギ

アルミン「今装置のスイッチを入れたよ、この部屋にわざわざ連れてきたのは君を喜ばせるためだけだったと思う?四肢につながって四方向に伸びた鎖…」

アルミン「これがどんどん巻き取られて行ったら…どうなるでしょう…?」

アニ「う…あああ…あ…やめ…やめぇ…て…(手足が…X字に…引っ張られていく…!)」ギギギギギギギギギギギ

アルミン「八つ裂きの刑。恐ろしいねぇ、この旧憲兵団支部の地下にこんなものがあるなんて…」

アニ「っふ!ぐう!ぐぎぎ…(ギュウウウウ!)」ギギギギギギギギ

アルミン「ああ、踏ん張ったって無駄だよ。巻き取りの力に抗えるわけない。それより力を抜いたほうがまだマシと思うなぁ…」

アニ「う…うぐぐぅ…ひ…引き伸ばされ…(ビキィ!)(ま…まずい…!だ…脱臼う!?…げ、限界っ!!はずれるううう)(ビキビキ!)(…ガキン!)…う……!?」

アルミン「ハイストップ!骨が外れる限界ギリギリで止められたよ~、危なかった…さあ、アニ、これからどうなると思う?」

アニ「んはあ、はあ、はああ…ぐ…!(完全に…つっぱってる…す、少しでも力を入れたら…建や筋肉、関節が…いかれる…!!」

常連A「くくく、苦悶の表情ってのもまたこれはこれでそそるねぇ…」

常連B「ああ、心中のどす黒い炎を煽られる気がする」

アルミン「さて…じゃ、また、オマンコ以外を触る焦らし地獄から行きますか」さわさわ…

常連達(((さわさわさわ、なでなで…つつつ…)))

アニ「う!!??ぐううううう!!!(ビクビク!)(ビキィ!!ブチぃ!!)ぎゃっ!!!うあああああ!!!(な…なにこれ…動くと…手足がちぎれて…でも…でも…あああ)」

アルミン「限界まで四肢を引っ張ってるからね。そりゃさっきみたいな調子でよがったらどんどん腱だのがちぎれていくさ。まあ我慢してマグロになればいいんだ。簡単簡単」

アニ「(なで…)むぐううううううううううう(さわさわ)んぎゅうううううああ!(つつつ…)あああああああああ(たえ…耐えろ、あたしぃ…)」

アルミン「極上の快楽は最悪の地獄にある…そんな言葉があるらしい。ああ、君が羨ましいよアニ。再生があるから快楽だけうけとって再度これができる」

アルミン「まったく羨ましいよ。腹筋をこんなに収縮させて…(さわ…)」アニ「いやあああああああああああ」ビクビクブチチ!

アルミン「ねえ、アニ。アソコ……触って欲しいよね?」

アニ「あ……や……やめ……今そこ…触られたら…ぁ」

アルミン「ええ?だってさっきあんなに触ってって言ってたじゃないかぁ…え?なんです?Eさん…」

常連E「……こいつまだイってねぇ。このままやってもいいとこまで行くだろうが…完全に屈服させることはできねぇよ」

アルミン「え…!?だってあんなによがって…最初にオマンコいじった時てっきりイったのかと…」

常連E「いや、おマンコに指入れてた俺ならわかる。コイツはイってねぇよ。なんだろうな。精神的なもんだ。仮面だな。それがあるのさ。それさえ剥げば…」

アルミン「…!…なるほど…攻略の緒がつかめましたよ…巨根のDさん!アニの股間のところでスタンバってください!」

常連D「はいよ…」ズイ…カチャカチャ…ズルン、ブラン…

アニ「え…!?(あ…アルミンのより…何倍も太い…!!あ…あれが本当の大人の…)

アルミン「さ、アニこっち向いて(がし)ふふ…台の上に寝そべってるところに頭側から覗き込んでるから上下反対だ…僕の目を見て、アニ」

アニ「……ハァ…ハァ…アルミン……何を…(薬が切れてきたのか快感はそれほどでもなくなってきたけど…今入れられたら…)」

アルミン「アニ…戦士アニの仮面はまだまだ強固に君の人格に張り付いてる…この拷問ならはがせるかと思ったけど…快感と八つ裂きじゃあどうもまだ足りないみたいだ」

アニ「ハァ…ハァ…(これ以上まだ…堕ちる…の?あんな痴態をさらして…まだ…いや、戯言だ…こんな…これ以上…っ!)

アルミン「アニ…お父さんって…だれ?」

アニ「…………え?」

アルミン「いやさぁ、切羽詰った時に何度もおとうさーんって言うから…気になってね…アニの故郷の人?」

アニ「…………っ!(自分がそんなことを…!?し…知られたくない…心情的にも…一番…いつの間に口走って…)」

アルミン「まあおいおい喋ってくれればいいさ…Dさーん、初めてくださーい…ねえ、アニってファザコン?随分お父さんが好きなんだね…」

アニ「あんたに…何がわかるんだ…っ!(ズププ)う…っ!?ぐうう!?あっくぅ!!い…いああ……っ!!!」ガタガタガタ

常連D「おぉ~~~う…トロマン…キツイ…っ!小柄な体に俺のサイズは辛いだろうが我慢せいや~、動くど!」ヌッチ…ヌチ…

アニ「っぐはッ!!??が…があああああああ!!!(ビク…ブンブン!…グイ!)…っあ!?」

アルミン「アニぃ…頭ブンブン振っちゃあダメ…僕を見るんだ…僕の目を見て」

アニ「あ…あ…が…ぐ…ぎごご…っぐ!!(あ…中に…お腹の中に…でっかいのが…う…埋まってる…し…死ぬ…手足も…ちぎれ…あ!!)」ブチ…メキ…!

常連D「おらあ!強めに行くぞ!!」パン!パン!パン!パン!

アニ「むぎいいいいいい!!!ぐぎいいいいああああああ!!!(死ぬ!死ぬ!でっかいのが出たり入ったり…っ!内蔵が!内臓が潰されるううう!!)」ガクガクガク

ゴキン!

アニ「あがああああああああああああああああああああああああああああ!!!!」

アルミン「右肩…ついに外れちゃったね。そろそろもっと引き伸ばさないとダメだね」ギギギギギギギ

アニ「(ビキビビキビキ)ぎゃあああああああああああああああああああ!!!」ブンブン!

アルミン「ほら頭ブンブンしないでこっちを見て、アニ。ねえ…大丈夫だよアニ。戦士の仮面…それが君を苛んでるんだ。捨てちゃえよ。お父さんに縋る君に戻るんだ、さあ」

常連D「ふう、ふう、ふう、(パンパンパン!)こ、こりゃたまらん、キツマンすげえぜ!(パンパンパン!)」

アニ「あぐうううううう、ぎいいいいいい!!!が…あ…あ…があああああ!!!」ガクガクガク…プチ、プチ、ゴキン!

アルミン「股関節が外れたね。さあ、どんどん行こう。もうアニが身動ぎするだけで全部ちぎれちゃうよ、もう。さあ、アニ。戦士じゃない、女の子の君を見せて」

常連D「ふう、ふう、ふう、(パンパンパン!)」

アニ「ぐうううう、ぐぎいいいいい…があああああ!!!」ビキビキブチ!

アルミン「さあ、こっちを見て…可愛いアニ…さあ、心の内を見せるんだ…いいんだよ、アニ…もう頑張らなくて…額にキスしてあげよう」ちゅ…

アニ「んぱあっ、はあ、はあ、はあ…あ…あ…あ…たしは…戦士…に…な……る…あ…」

アルミン「あ、もっとペース上げてくださーい」

常連D「おらあああああああ」パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン!!!!

アニ「あがあああ…っぐううううううううう!!!や…やめええええええ!!!!ぎいいいいいい!!!!」ブチ…ブチチ!

常連A「手足の皮膚が破けてきやがった!」

アルミン「(あと少しだ)よく聞いて、アニ。もういい、もういいんだ。戦士の仮面なんて脱いでいいんだ…君は一人の女の子、お父さんに憧れる女の子だ」

アニ「………~~~~~~~~~~~~~~~~っ!!!!」ブチブチブチブチ

アルミン「お父さんに甘えてた頃の気持ちを思い出して…(ピト)ほら、僕の頬が君の頬に触れてる…お父さんに抱かれてるみたいだろ、ねえ」

アニ「ぐ…が…耐える…耐え…耐え…が~~~~~~~~~っ!!!!!」

アニ「(耐えるんだ!耐え…耐え…耐える…………それでいいの?誰かが助けに来てくれるわけじゃ…自分で逃げられるよう…計画を…なんとか隙を…頭で考えなきゃ)

アニ(でも…なぜだろう…そっちへ頭が働かない…あれ…なんだろうなぁ…)

アニ(ああ…わかった。あたしもう諦めてたんだ。諦めてお父さんのことだけを考えたくて……諦めて思い出に浸るってのを認めたくなくて…そこを目指すって目的意識にすり替えて…)

アニ(こんなの…戦士でもなんでもない…もともとなりそこなった身だけど…もう……さらに遠くなってしまった…あたしはどこまで弱いんだろ…もう…嫌だ…嫌だァ…)

アニ(お父さん…お父さん…最後に一目でいい…会いたいよぉ…ああ…お父さん…お父さん…)

アニ「ああ…あ…あ…おとうさーーーーーーーーーーーーーーん!!!いやああああああああ!!!たあすけてええええええええええ!!!ああああああ!!!」ぷしゃああ

ビキブチブチブチ!!ブチ!!!!バチーン!!

アニ「!?がっはああっっっ!!!!!!!!」

アルミン「わーっ!ちぎれた、ちぎれたよ!潮吹くと同時に四肢が全部いっぺんに!あははは!…アニ、気分はどう?ねえ…血がドクドクでてるよ?再生しよう?ね?」

常連E「……………この娘……………………………………………」

アニ「あああ…お…お父さん…お父さん…どこ…?どこ…?」ドクドク…

常連達「「「……………………………………………」」」

常連D「……………………………………………っち……………」ズルっ…

アルミン「あれ…抜いちゃうんですか?まだイってないのに…」

常連D「…………………………………いや、気分じゃなくなったのよ…」

アニ「……えっぐ…ヒック…しく…しく……え~~~ん…おとうさ~ん…いやだ…いやだぁ…帰りたい…会いたいよぉお父さん…ひぐ…ううううう」ポロポロ

アルミン「ふう…これで大体理性は崩し終えた。あと一息…あれ?どうしたんですかみなさん…浮かない顔して…」

アルミン「このあとのアニとのフリーセックス、いいんですか?四肢切断の娘とだなんてなんてそうそう…」

常連達「「「……………………………………………………………………」」」

常連E「だれもやりたいやつ、いねぇとよ。娼館通いなんてのは基本…女が好き…可愛がりたいんだ…それがオメェ、こんな…いたいけな少女を犯すなんて…」

アルミン「…わからないなぁ、今まで散々やったじゃないですか?こいつは巨人ですよ?人類の敵です。何をためらうんです?」

常連E「敵ねぇ…もう俺にはただのか弱い16歳の乙女にしか見えねぇが。なあ若先生よぉ。本当にこうすることが正しいことだと思ってんのかい?」

アルミン「……………………………………………………………………………………………………」

常連E「とにかく…もう俺らはこの娘を拷問するなんてできねぇよ…あんたがひとりでやってくんな………ったく、ほんとにこんな娘があんなことを…」ギィ、バタン…!

アニ「…………うっ…うっ…うっ…うう…もうやだぁ…アニ…おうち帰りたい…やぁ…」カタカタカタ

アルミン「……………………………………………正しいと思ってるかって?…やだなあ、こんなこと…………………………………………………」

アルミン「……………………………………………………………………………………………………好きでやってるに決まってるじゃないか」

アニ「え~~~~~~~~~ん、おとうさ~~~~~~~~~~~ん、こわい、こわいよおおおおおおおおお…」

アルミン「さあて…四肢も千切れ、理性も飛び、なーんにもなくなっちゃたよ、アニ。君を守っていたものは」

アニ「えーーーーーーーん、えーーーーーーーーーーーん、おとうさああああああ~~~~~~~~~~~~ん!!!!」(ギュッ)

アニ「!?」

アルミン「よくがんばったね、アニ。もう大丈夫、今日は終わりだよ。この後はゆっくり休んで」

アニ「あ…………………………………………………」シュウウウウ…

アルミン「………アニ?どうしたのかな?それより、手足を再生し始めたね…妙に素直じゃないか…いつもなら…あ、眠ってる。それにしてもアニの寝顔は美しいなぁ」


アルミン「…終わったみたいだね。完全修復まで三時間か…いいデータが取れた。気分はどう?アニ」

アニ「ん………………アルミン!?あたし…あ…あれ?ここは…?なんだか、おかしい…今どこにいるのか…何してたのか、よくわからなくなって…」

アルミン「え…?」

アニ「どこで気を失ったんだろ…あたし、あの死に急ぎ野郎に投げを教えてた時にトチって頭でも打った?イマイチ記憶が…」

アルミン「ン……?ははっ、そういうことか。そうかそうか。うん、先生は安静にしてれば大丈夫だって言ってたから大丈夫だよ。」

アニ「そう…あんたが運んでくれたんだ。何だか、悪い夢を見ていたような気がする。」

アニ「なんだろ…何故かあたしはみんなに情を移しちゃいけないって思ってて…クールぶったり、みんなをひどい人たちだと思い込もうとしたり…何で…だろうね」

アルミン「(くっ、くふふ、あはははははは)さあ…さすがにそこまでは僕もわからないなぁ…」

アルミン「(クチャクチャ)アニの新鮮な腿肉、美味しいなぁ。アニのために調理しておいたけど今回は普通の囚人食をあげたのは多分正解だろうな」

アルミン「(クチャクチャズルルルル…)大腿動脈コリコリうんま。……それにしても…やはりあれは兵士モードだと解釈していいのかな?」

アルミン「だとするなら僕の考えてたとおりだ。吐き気がしたけどあのメンヘラゴリラを生体実験して集めたデータが役にたったね」

アルミン「巨人化能力者は一定の負荷をかけると記憶混濁の傾向がいっそう強くなり、記憶と人格をそれぞれ部分的に持つ新たな人格を作ってしまいやすい」

アルミン「これで…長年の夢が叶う。好きな女性の喜怒哀楽と苦しみと肉を全部手中にするという夢が…ああ、アニ!君こそ僕の天使だよ!」

アルミン「(ゴリゴリゴリ…っぺ!)指はしゃぶってりいたぶったりしてるみたいで興奮するんだけど爪がなぁ…」

ハンジ「アルミン~、こっちの資料だけど…うげええええええええええええええええ」びちゃびちゃ

アルミン「ああ、ハンジさん。やだなぁいちいち吐いちゃって。これ食堂に出していいって言ったのハンジさんでしょう?」

アルミン「厨房でくらい何の肉か分かるように食べてたっていいじゃないですか…ねぇ?」がブッ!ギチビチ…ブチっ!くっちゃくっちゃくちゃくちゃ…

アルミン「おはよう、アニ。昨日はよく眠れた?椅子に座って縛り付けられたままだから安眠には程遠いだろうけど」

アニ「…さあね(なんだろう……また頭痛。頭がぼーっとする、現実感がない、昨日のことが思い出せない…でも、何か…重大なことが起こってるような…)」

アルミン「つれないなぁ。今日はせっかくのボーナス日だっていうのに…」

アニ「……(またロクでもないことをするに決まってる)」

アルミン「僕は今までとんだ酷いことを……特に食べ物だ!君にろくなご飯も与えず口に入れてやるものは君自身の体ばかり…」

アニ「…………(………ううえ……思い出したくもない、あんなおぞましい………ああ、死にたい)」

アルミン「だから…今日は…巨人の主食を持ってきたよ!」

赤子たち「ぶう……」「おっきゃ!」

アニ「……………………………え?は?(まさか、ウソだろ……?)」

アルミン「調査兵団って何せマリア避難組の貧困層の希望の星でね、行き過ぎた美化により慈善団体と間違えられることもあるんだ」

アニ「………あ………あ………あ………あんた、自分が何をしようとしてるのかわかってんの……!?」

アルミン「赤子が兵団詰め所の前に置き去られてるなんてよくあることでね。そういう子は孤児院へ連れてくんだけど…」

アルミン「忙しいとなかなかこういうところまで手が回らなくてね、だから一時預りって形になって………僕や他の104期が世話してたんだよ」

アルミン「とりわけジャンへのなつきようったら!ミカサは近寄るだけで泣いたってのに…」

アニ「あ…………あ………」

アルミン「孤児院への移送を任されたのは僕だった……孤児院でこの拷問実験の予算使って口裏合わせてもらったのさ。孤児院についてすぐ疫病で死ぬ子は多いし」

アルミン「ジャンにだけは知られないようにしないと…彼、いいお父さんになれるよ。兵団の父親役にもね。そしたら汚れ役は僕の仕事だ。ふふ」

アニ「アルミン………その子をどうするの?安全な場所に移してあげて…」

アルミン「アニ…今更何を言ってるの?君が殺した兵団関係者の遺族には戦死通知を聞いた途端流産した女性もいるんだよ…てゆーかこの子、ストヘス区の巨人化事件で生じた孤児だし」

アニ「え……………………………」

アルミン「じゃあ、食べさせてあげるよ。なあに、殺しそこねた子を今殺すと思えばたやすいだろう?ちなみに食器用具はなしね」

アニ「……あ、やめて……私の肉ならいくらでも食べるから………ああ!!」

アルミン「躊躇せずに…こうすればいいんだよ」ガブっブチッ!!赤子「おぎゃあああああああああああああああああああああああ!!!!」びちゃびちゃ

アニ「え…あ…あはは…ああ………ああ………もう嫌だ、狂ってる…あんたは狂ってるよぉ…!!」

赤子A「ぎゃあ!ぎゃああ!おおおおぎゃあああああ!!ぼおおおぼぼぼぎゅうううああああああ!!!」

アルミン(くっちゃくっちゃ)「んー、確かエルドさんの婚約者だったかな?僕と団長と兵長で訪ねたんだ。僕は特別に後学のためにね。君捕まえたあと少し経ってから」

アルミン(くっちゃくっちゃ)「僕は終始口を噤んでたんだけど、それまで団長が言ってた戦死報告を兵長は特別作戦斑のは自分で言うって聞かなくてさ」

赤子A「おあああああああああああああ……………あ………あっ………」

アルミン(くっちゃくっちゃ)「鉄面皮の団長に比べて兵長って結構顔に出るよねえ。伝えた直後に彼女が蹲って、今度帰ったら結婚するはずだったって」

アルミン(くっちゃくっちゃ)「そんな典型的死亡フラグ、僕吹き出しそうになっちゃってさ。そうせずに済んだのは彼女の股が湿っていってるのに気づい…」

アニ「もうやめてよ!!!!!!!!!」

アルミン「………君もそんなに大きく声を荒げるんだね」

アニ「どこが普通なんだい、あんたもあたしも普通じゃない…違うのはあんたは被害者の側であたしは加害者の側だってこと……」

アニ「あたしだって自分のこと実際悪いやつだと思うよ、任務を達成して帰りたい一心で行動してた」

アニ「実際に踏みしだいた何十人、何百人、間接的に死なせた何万人を」アルミン「二十五万人以上」

アニ「……二十五万人以上を死に追いやったのはあたしだ、あたしたちだ。」

アニ「虫がいい話だけどあわよくばすべて自分の中でなかったことにして故郷に帰って家族と…してしまった罪を包み隠さず話して……」

アニ「……………………………赦されたかった」

アルミン「…いや、いやいやおかしいでしょ?許す許さないは僕らの問題でしょ?何で君の家族が出てくるのさ」

アニ「…………………あたしは…普通の女の子で…これだけの罪を背負ったときのことなんか…考えたことも…あ…あたしには…罪にまともに向き合うなんて無理…荷が…」

アルミン「はい!!ここで質問!!この子はいつ死んだでしょうか!?」

アニ「え……?」

アルミン「1番!兵長の決意の話の時!2番!エルドの婚約者の話の時!3番!君が僕の話を遮ってがなり始めたとき!」

アニ「死…え?……え…?あ…あんな…血が…赤ん坊の体に…あんなに…あ…ああ…胸がえぐれて…死……うぷ…お…う…おえ…んン…っ!?」

アルミン「何回も吐くうちに我慢できるようになったんだね」

アニ「あ…ぐ…う…ぷ……な…なんで…なんで…こんなことができるの…?」

アルミン「この世は最初から地獄だ。強者が弱者を貪る地獄の世界…そう、こんなふうにね。君たちは強者の側で、こんなふうに弱者をいたぶることしかしてこなかったから」

アルミン「勘違いしてたんだろ?ずっと。この世は最初から地獄…でもそう思ってない人もいる。『この世を地獄に変えたのはあいつらだ』とね」

アニ「………!」

アルミン「エレンはどこまでそう思ってるのかしらないけど…この世の理不尽は全て君たちのせいと思ってる人は多いだろうね。ところでこれ食べる?赤子の残骸」

アニ「……………」

アルミン「君がせっかくのご飯たべないならもう一人も殺しちゃうよ?あと三人いるけど」

アニ「食べます!食べさせてください!!」

アルミン「ふ~~~~ん。食べるんだ…人間の子供を。いよいよ人間じゃないね!アニ」

アニ「あ…あんただってそうだろ!…おかしいよ…ぜったいおかしい…!!」

アルミン「まあ、とにかく言っちゃったことは責任持とうよ、アニ。さ、僕の食べ残しだけど…はい、ほら、アニの口の前で持っててあげるからさ」グチョ…むわぁ…

アニ「あ…あ…あああああ…こ…これを…どう…すれば…(血の匂いが…うっぷ)」カタカタ

アルミン「ほら、がぶって噛んでくっちゃくっちゃ砕いてごくって飲み込めばいいんだよ。骨なんか気にしちゃダメ。肩から脇腹まで食べちゃったけどまだ美味しい腕とか残ってるし…」

アニ「あは…あはは…おかしい…おかしいって…」ガタガタ

アルミン「そうしないと残りの二人も殺しちゃうよ?」

赤子B・C「おっぎゃあああああああああああああああああああああああ!!!」

アニ「あ…う…うううううう、うううううううう、うううううううう!!(もう…コイツの言いなりになる他ない…それしか……ごめんなさい!)がブッ!」

アニ「おえええ…っく(がぶちゅうう、くっちゃくっちゃ)う…うむん…うむむ…むんむん…う!んえ…ん…ゴクん、がっはぁ…はぁ、はぁ」

アルミン「ふふ…アニもやっと巨人らしいところ見せたね。赤ん坊食べてるよ~」

アニ「あ…あ…あ…(あたしもう…戦士でもなければただの女の子でもない…ただの中途半端な化物だ…いやだ…もう…お父さんに合わせる顔すら…)」

アニ「がぶ…ぶちっ…もぐ…むにゅ…ごくっ…はぁ…はぁ…ふぅ…ん!?う!?お…げ…ぐぶ(ごぼぼ…)うぶ…ぶ…っ!!」

アルミン「もどしちゃった?口までで耐えてるみたいだけど少しでも吐いたらこの子達助からないと思ってね」

アニ「ぶ…むううう、んんんんん~~~~~~…ん…んうううう(苦い…臭い…げ…限界…だっ…もう…だめ…!)」

アルミン「全く…仕方ないなぁ…」がりっ

赤子B「…!?きゃあぎゃああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!ばああああああああああ!!!!」バタバタ

アニ「…!?ん~~~~~!ん~~~~~~!(ちゅ!)…!?」

アルミン(もうひとりの赤子の指をかじって口に含んだままアニにキスした…そして)ジュルルルルッルルルルルル

アニ「…むううう!?(す…吸われてる…!ゲロを…初日にもされたけど…量が段違い…うげえええええええ)」

アルミン(アニのゲロ…興奮する…それに僕の口の中の赤ん坊の指を混ぜ込んで…アニの口に戻す)ブジュ…ブジュジュジュジュジュルルル!

アニ「ぐぼぉ!?ぐぼぼぉ…(おげええええ、は…吐く…口を…離しそう…ごぼ!?また…喉の奥から…げえええええ)ジュルルルルルル…

アルミン(あ、あ、あ、またこっちに戻ってきてくれた!アニの中から…僕に中出しされた!!…愛しいよ。アニ、お返し…また口にもどすね)ブジュジュジュ…

アニ「ん~~~~~~!!??(あ…あ…受けきれない…げんか…い…!!)ごっぱあああ(びちゃびちゃびちゃ)ごえええええうげえええぺっぺぇぇ」

アルミン「うわ…僕の服もゲロで…二人が密着してれば漏れないはずだったのに…あーあ。じゃ、約束通りこの子達殺すよ。一人はもう片手の指四本ないけど」

赤子B・C「びえええええええええええ~~~~~~~~~!!!」

アニ「げほっ!げほっ!や、やめてえええ!!!」

アニ「わかった!話す!話します!!だから!その子達に何かするのはやめてえええ!!」

アルミン「え!?ホント…?」

アニ「………全部、情報を提供します…だから…やめてあげて…」プルプル…

アルミン「…なんでまた急に…あれだけされても首肯しなかったのに…(まずいなぁ、もっとあとに屈服させるつもりだったのに…)」

アニ「あたしだって…許される機会が欲しい…もうこのままじゃ帰れない…なにか…なにか…壁の中のみんなに…謝罪を…」

アルミン「……それは…安楽死でなく処刑を望むってこと?せっかく情報話すのに?つーか帰るって…それは無理だよ?アニ」

アニ「……………本当は…帰りたい、いや…もういいんだ…ただ…一目でいいから…(お父さんに…)」

アルミン「…君の心はだいたいわかったよ。今日はもうゆっくり休んで。ちょっとハンジさんたちと方針を話し合ってくる。(ぎゅっ!)お休みアニ。今までよく頑張ったね」

アニ「……………………(もうこの男に抱きしめられても何も感じない。嫌悪感さえも…え?嫌悪感さえ…?あれ…?)」

アルミン「…秘密を喋ってくれるって本当…?」

アニ「あ…あれは…その………………あ、赤ん坊は…?」

アルミン「ちゃんと養護院に返した。これはホントにホント。つまりもう条件は成立しちゃってるんだ。話さないなんてことないよね?」

アニ「…………ああ、ちゃんと話すよ…(情報の出し方に気を使えばなんとか…時間稼ぎになるか…心がとっくに折れた今、時間稼ぎも何もないけど…本当に重要なことははなさなければいい)

アルミン「でも、こちらとしても話すことの真偽については判断しかねるんだ…そこで…これはアニの意思が幾分傾かなきゃ有効じゃなかったんだけど…」

アニ「…!?」

アルミン「じゃん!憲兵団印の自白剤!昨日のハンジさんとの協議で初めて使用が許可されたんだ!虎の子だからね。使って何もしゃべりませんでしたは許されないから…」

アニ「………何それ?」

アルミン「憲兵団歴一ヶ月のアニじゃあわからないか。これはぶっちゃけ意識を混濁させるだけの薬なのさ。だから問いかけに抵抗する力を失う…」

アルミン「絶対話さないと決めた人間にはなかなか効果を発揮できないけど、これは話す、これは話さない、なんて考えてる人間には一番効くんだ…ねぇ、アニ。こんなもの使いたくないんだけど…」

アニ「…………勝手に…すれば?(まずい…かも…)(ぷす、ちゅ~~~…)あ…!?」

アニ「あ…が、ぐ…ううう……(ぐら…ぐら…)(なにこれ…世界が…ぐるぐる回って…酒…?憲兵団で上官に飲まされた時のような…いやそれよりも数倍…)」

アルミン「効いてきたようだね、アニ。気分はどう?」

アニ「あ…あー…あ…(ぐらっ、ぐらっ)まわる…まわる…ここ…ど…こ…?ライナー…ベルトルト…は?」

アルミン「(なんだ、簡単に仲間割り出せるじゃないか。まあもうとっくに捕まえてるけど)ここ?君の故郷だよ?周りはどうなってる?」

アニ「あぐ…こ…こは…〇〇…〇〇〇〇…」 アルミン「ああ、なるほどねえ…」


アニ「アニ…おうちかえる…」

アルミン「…え?」

アニ「もうきょじんやだぁ…!きょじんになるれんしゅうやだぁ!!おとうさーーーーーん!!もうかくとうくんれんいやがりません!!おとうさんのところかえるうううううう!!」ジタバタ

アルミン「ふーん、そういうわけなんだ…(ギュっ)大丈夫だよ、アニ、お父さんはここにいる…!」

アニ「あ…おとうさん…もう…どこへもいかないで…ぐす…うえええ…」ポロポロ


アルミン「君の名前はアニ・レオンハート。11歳の時、ウォールマリア失陥の難民の一人としてウォールローゼ内へ。13歳で兵団入り。過去の記憶は病により喪失気味。いい?」

アニ「…………はぁ…い」ぐる、ぐる

アルミン「訓練所の対人格闘訓練中、同期のアルミン・マイヴェスと何度も訓練するうち、恋心を抱くようになる。卒業間際の立体起動訓練中、君は転落し頭を打って…」

アニ「あれ、ねぇアルミン。その…」

アルミン「ん?何?アニ」

アニ「あたし、さっきまで裸で何かを叫んでたような気がするけど…思い出せないんだ」

アルミン「え?…裸って…」(起きる前に訓練兵団の服を着せたのは正解だったな。兵士モードがより強く発現している。地下室であることは認識できてないみたいだけど)

アニ「い、いや、あたし何言ってんだろ//////いや、ごめん、夢の話だ。忘れ…」(ギュッ)「あ!?アルミン、何を…」

アルミン「怖い夢を見たんだね…でも安心して、アニ。君を苦しい目に合わせる奴は僕が絶対許さない。なんとしても君を守るよ、アニ」

アニ「ちょ、アルミン!/////// 離して…いや、え…えっと//////」

アルミン「離さないよ、君を、ずっと…」

アニ「アルミン…こんなことされたら本当はひっぱたいてるんだろうけど、何だろう…あたし変だよ。ずっとこうされてたような気がする…」

アルミン「やだなぁ、こんなことするのはじめてだよ。頭を打ったせいで記憶が混濁しているのさ。…えっと…これ、僕なりの勇気を出した告白だったんだけど…」

アニ「え!?アルミン…(あたしなんかのことを)…」

アルミン「僕と付き合ってくれ、アニ」

アニ「………ふぅ、あたしは…こういうときももっとクールになれると思ってたんだけどねぇ…うん、うん、あはは…うれしいよ…ほんとうに嬉しいよ、アルミン」

次の日

アニ「ぎゃあああああああああああああ」 アルミン「あははは、足の裏に焼きごてって、ベタだと思ってたけどこれはたしかに効果あるね」

アルミン「ハンジ分隊長、アニとベルトルトの件なんですが…」

ハンジ「ああ、尋問中の二人ね。ベルトルくんの方は君と団員が交代で尋問してるけどアニの方は君に一任…様子はどう?」

アルミン「その件なんですが、アニも…ライナーと同じような状態なんです、今」

ハンジ「え?本当かい!?…ああ、でも兵士モードになっても戦士モードの記憶にアクセス出来ないから意味が無いか…ライナーの時はうまく心を折れたんだけどね。まあ自決されたけど」

アルミン「兵士モードのアニを使ってベルトルトを籠絡できないかと考えています。

アルミン「つきましてはアニのある程度の移動許可を…尋問用の地下室だけでは兵士モードが完全な認知機能を獲得できません」

ハンジ「ああ…そうだね。んん!?いやいや地下室から出したらまずいでしょう…?」

アルミン「では地下施設に隣接する宿舎の部屋まで薬で眠らせて連行し、部屋で覚醒させ、兵士モードの状態を強化します」

ハンジ「…うーんっ…なかなか情報を吐いてくれない状況を打開しようという意思は買うけど…巨人化されたらもうどうしようもないんだよ?責任取れないだろ?」

アルミン「では地下室にいる間にできる限りの兵士モード強化を行い、安心できるレベルまで危険度を下げますよ…それからです」

ハンジ「兵士モードが本気なのか演技なのか見抜けない以上…厳しいけどね…ていうかそれできるならもう宿舎に連れてかなくていいんじゃない?」

アルミン「アニ自身の心を折るためにも必要です。そうでしょう?今までの偽りの生活を続けてきた心に、再度仮面をかぶせ、強引に剥ぎ取る。最大のダメージを与えられますよ」

ハンジ「……まあ、君に任せた仕事だしね……でもアルミン、私情での失敗は、許されないよ」

アルミン「リスクは有りますが、これしか方法がないんですよ、もう」

アルミン「アニ…起きた?」

アニ「う…ん?アルミン…ここは…?あたし…どうしてここに?」

アルミン「僕の部屋。訓練中に倒れたのさ。幸い教官には見られなかったから容赦ない減点の対象にはならなかったけど…憲兵団、行きたいんでしょ?お父さんのために」

アニ「(あれ…?そうだっけ?そんなことまで話したっけ?あれ?そもそもあたし…何で…?おかし…え?)ああ、そうだったんだ。ありがとう、アルミン…運んでくれたんだ」

アルミン「医療班志望の人に聞いたんだ。アニは…少し病気のせいで記憶が飛んだりするんだって」

アニ「え…!?そ…そんな…そしたらあたし…即…開拓地送り…」

アルミン「大丈夫、安心して。幸いこの病気のことは僕たちとごく少数以外知らない…完治するまで隠し通すことは不可能じゃない…!一緒に頑張ろう!」

アニ「そんな…無理だよ…こんなんじゃあ…こんなあたしじゃあ…あんたの重荷にはなれない…(ぎゅっ!)…あ」

アルミン「大丈夫、こうして抱きしめてあげるだけで大丈夫だって。こうしてアニの心を癒していけばいずれ治るって。そう言われたんだ」

アニ「そ…そんな…まさか…(ああ…でも、なんだろう…頭がボーっとする…こうしていると…すごく…ああ、体の疲れが取れて…余分な力が抜けていく…)」

アルミン「アニ、一緒に憲兵団へ行こう…!」

アニ「ああ…アルミン…アルミン…」ぎゅっ!

ハンジ「!?ちょっ、どういうつもりなの!?アルミン…拘束なしに外に連れ出して……日光がどう影響するのかもわかってないんだよ!?…それは屋内だけって約束しただろ?」

アルミン「ああ、ハンジさん。心配してくれるのもありがたいですけど慌てすぎですよ、アニはもうだいぶ元気になりましたから」

アニ「調査兵団の…方?」

ハンジ「………!?」

アルミン「ああ、紹介するよ。調査兵団のハンジさん。巨人研究の第一人者だ。巨人の生態に関する講義のために来てくれてるんだ」

アニ「あ、そういう……ご、ごめんなさい(ぺこっ)あたし、ちょっと病気らしくて…最近はなかなか座学にも参加できなくて…」

ハンジ「あ!?…ああ、いいんだいいんだ…せっかく兵士になるためにここにいるんだからね。ちゃんと休むべき時に休まないと…卒業前に体を壊したらいけないからね」

アニ「ありがとうございます…そうですよね。本当なら即開拓地送りになるところを、アルミンの献身的なお世話のおかげで、なんとかギリギリ訓練と両立できてるんです」

アルミン「ふふっ(二コッ)」

ハンジ「………そ、そうなんだ………そ、そりゃあ……け……結構だね…そ、そ、それじゃあ私はこれで…」

アニ「どうも………何だったんだろう、あの人。臨時教官にこう言うのもなんだけどおどおどして変だったね」

アルミン「調査兵団は変わり者が多いから…」


ハンジ「はぁ、はぁ、狂ってる…あたしがいうのもなんだけど…狂ってるよぉ!!あんなことした相手に優しく…いくら人格が分裂してるからって…ちゃんと本来の仕事してよぉ、アルミン…」

アルミン「それでさ、コニーがキース教官の部屋から調査兵団時代のヅラを奪取する役を買って出た時、いたんだもん!後ろに教官本人が!」

アニ「あはは、おっかしーwwww」

アルミン「!…アニって…そんなふうに笑えるんだね」

アニ「…なあに、悪い?あっはは…兵士になろうと決めてここに来たあたりからかな…記憶が曖昧で…その時から心に壁を作って…なぜだろう…」

アニ「無駄にクールぶって、人と距離をおいて…見下してすらいた。こんな開放的な気分になったの久しぶり…あんたのおかげだよ、アルミン」

アルミン「どういたしまして、アニ。そう言ってくれるとうれしいよ…幸せだ」

アニ「アタシも幸せだ…本当にアルミンのおかげ。あんたがあの時地下道の入口でアタシの仮面を剥いでくれなかったら今頃アタシは戦士でも人間でもない…あ」

アルミン「…え?」

アニ「あ…何だろう…あれ?おかしいな…今…幸せだったよね?あたし…あれ?な、何これ…!…う!うえええええ(びちゃびちゃ)」

アルミン「アニ!発作だね!大丈夫ほら、おぶってあげるよ!今医務室へ…」

アニ「ああ…ごめん、アルミン、また迷惑を…あ…お父さん…どうして…」

アルミン(兵士人格はまだ不安定なのか…早くしないと、そろそろハンジさんもこういった自由を許してくれなくなるだろう…)

その夜

アルミン「好きな人どうしで抱き合うって、こんなに幸せな気分になるものなんだね、アニ」

アニ「ああ…とても気持ちがいいよ…すごく安心する…なにか…懐かしい…(お父さんみたい?バカみたい…体格全然違うのに)アルミンって、いい匂いだね」

アルミン「ア二…脱がしていい?」

アニ「…///…自分で脱ぐよ(うわこれは…照れるなぁ…もっと冷静にできると思ってたのに)」ス…シュル…

アルミン「そのフード付きの…いつも着てるよね?思い入れが?」

アニ「うん。子供の頃父さんがくれたんだ。兵士になるためこっちに来た時も着てて…丈が合わなくなっても仕立て直してさ。もうフードはさすがに小さいけど…」

アルミン「………ふーん…………あ…アニも腹筋、うっすら割れてるね、セクシーだ」

アニ「ばっ/////恥ずかしいこと言わないでよ…気にしてるんだ…それと、『も』って…あんたあの猛獣思い浮かべただろ?あんなのでも他の女だし…馴染みなんだろ?」

アニ「……乙女の扱いがわかってないねぇ…二人きりなんだし、あたしのことだけ…考えて欲しいな…(なんて)(ギュ)っ!」

アルミン「アニ、本当に可愛いよ…ごめんね、今も、ずっと未来も僕にはアニだけだよ」

アニ「ああ…アルミン…あんた少年みたいな体格の割に筋肉もあってしっかりしてて…なんだか本当に…フゥ…変な気分になってきたよ…」

アルミン「アニ…真っ白な体が照れて赤く染まって…美しい」チュっ

アニ「アルミン…アルミン…ああっ(ちゅ…)好きにしていいからぁ…ああ…」ぎゅう!

アルミン「下着も脱がすよ。僕も脱ぐから…」すっ

アニ「あ…い、今更だけど、結構恥ずかしいね、お互い裸になるのって…///ロウソクの明かりだけだから…まだシラフでも大丈夫だけど…」

アニ「細身だけど、あんただって脱いだら結構がっちりしてるじゃない。まあ男だからそうなんだろうけど」

アルミン「アニ…」ぎゅっ

アニ「あ…ばか、いきなり…」

アルミン「好きだよアニ…(ちゅ)君の首筋…君の肩(ちゅ…)君のう…」スリ…

アニ「あぁ…あんた、結構積極的。手馴れてるみたい。意外だなぁ…」

アルミン「アハハ、まさか。いや……今も…結構、いっぱいいっぱい、です」

アニ「ふふ…あんたもかわいいね…ぁ…裸で擦り合うって…きもちい…」ぎゅっ

アルミン「……はぁ……はぁ」す…さす…

アニ「……はぁ……はぁ」ぎゅうう…

アニ「アハ、なんか一緒に息してる。一つになってるんだね…あたしとあんた…」

アルミン「ああ…君と一つになれるなんて、夢のようだよ(ちゅ)愛してるよ。アニ」

アニ「あたしも。あんたがいなかったらあたし…死んじゃうよぉ…」ぎゅ

アルミン「(ぎゅっ!)大丈夫。死なせやしないよ。君のことだけは絶対に。何が何でも守るよ」

アニ「あ…(スッ…トサ…)…きて、アルミン。あ…そんな見ちゃあ…恥ずかしいよ////」

アルミン「恥ずかしがることなんかないさ。こうしてベッドに横たわる君を眺めていると…誰かに自慢したくなるくらいだ。君の裸体は見られたくないけどね」

アルミン「アニ…また、体を重ねるね…(トサ…)はああ…完全にぴったり体がくっついたよ…ひとつに…」

アニ「ああ……アルミン…幸せ…こんなに他人と濃密に触れ合ったことなんてないよ…新鮮な幸せ…」

アルミン「…ねえ、アニ…腋…なめていい?」

アニ「はぁ!?な、何言ってるんだよ///へ…へんたい!」

アルミン「アニのそこ…どうしても舐めたかったんだ。ねえ、お願い」

アニ「………//////し…仕方ないなぁ…ちょっとだけだよ…?////////」

アルミン「ありがとう…(ス~~~~ッ)…っはあぁぁぁ………アニの匂い、キツイ…でもイイね」

アニ「~~~~~~~~~っ!///////////////////////」ばしっ!ばしっ!

アルミン「あはは、ごめんごめん、そんな、枕で叩かないでよ、怒らないで。褒めたんだから」

アニ「に…匂いの話はやめてよっ//////」

アルミン「あっはは、かわいいなぁ…ところで…アニのお腹…理想的だ。深く走る腹直筋の作る縦線…傍にうっすら浮き出た横線…」つつ…

アニ「あ…いやぁ…そこも…コンプレックスで…あんた…そういうところばっかり…」

アルミン「君のこころの奥の方に触れたいんだ。これがコンプレックスに思うものなもんか。誰よりも魅力的だよ、アニ」

>>1くん(ちゃん)へ
このままだとこのスレッドはまとめブログへ転載される恐れがあります
まとめブログ管理人は君のスレを無断転載して美味しいご飯を食べます
そんなことになったら>>1くん(ちゃん)も嫌だよね?
だから次のレスから名前欄には「まとめブログ転載禁止」って入れようね?
え?嫌だって?そんなことないよね?
もしかしてまとめブログに自分のスレが載ってTwitterで拡散されてみたいとか思ってる?
まさかそんな子供みたいなこと思ってないよね?俺(私)のスレがまとめブログに載ったんだよって自慢したいとか思ってないよね?
でも名前欄に「まとめブログ転載禁止」って入れないってことはそうだよね?
結局はこのスレもまとめ狙いなんだよね?まとめに載ったらみんなに自慢するんでしょ?
え?そんなことない?そう、ならよかったよ
なら次のレスからちゃんと名前欄に「まとめブログ転載禁止」って入れようね^^
まとめ狙いじゃないならできるよね^^

アニ「アルミン…」ポロポロ…

アルミン「どうしたの?アニ。泣いてるの?」

アニ「…うん、あたし、お父さん以外の人にこんなに自分を肯定されたの初めて。うれしい…なんだか敵に囲まれてたような気がするから」

アルミン「………………僕が守るよ。そう言ったじゃないか」

アニ「うん、うん、ありがとう、アルミン。本当に…本当に…ありがとう。あんたがあたしを生かしてくれたんだ…あんたになら」

アニ「その…この先もするんだろう?だったら…いいよ、あんたなら…いや、あんたと…本当にひとつになりたい。アルミンじゃなきゃ嫌だ…!」

アルミン「アニ…頑張っちゃて。愛おしい(ちゅ!)」モニュ…ちゅ…

アニ「あ!いきなり…胸…そんな……ぁあ…す…吸うなんて…案外グイグイ来るんだね…すごい…自分のじゃないみたいに気持ちいい…」

アルミン「(そりゃーあんだけやっとけば開発されてるだろうな。きっと下の感度も…)アニ…ここ、さわっていい?下の…綺麗な金色の毛の中の…」

アニ「あ…そ…そこは…………実はあたし…ろくに自分のがどう感じるかもわからなくて…もちろん洗うときはちゃんとやるんだけど…なんか…怖いな。痛いんじゃないかって」

アルミン「大丈夫。心配しなくても大丈夫だよ、アニ。僕がちゃんと君の反応確かめながらするから」さす…

アニ「はぁぁ!?ああ~~…っ!な…こ、こんな…自分で触ってもこんなに…ならない…あ…すごいぃ…」

アルミン「ごめんごめん、いきなり感じさせちゃったね。アニってきっと好きな人とだとすごい感じやすくなるタイプなんだよきっと。嬉しいよ、僕で感じてくれて」

アニ「ああぁぁ…好きな人と、こうするのが…こんなに気持ちいいなんて…知らなかった…あぁ…すごい…もうあんたと…(離れられないかも…)」

アルミン「(ちゅ)アニ…大好きな…真っ白な肌のお姫様……アニ…ひとつになろう」

アルミン「ここかな…?(Eさんのやってたとこ…)」クチ…クチュ…

アニ「んんっ!?ああ!(ピク!ピク!)な…なに…こ、これ…あっ!あっ、あっ…(ゾクゾク…ブルル…)ち、ちょ、待っ…あっ!!」

アルミン「ふふ…初めてなのにこんなに感じちゃって…アニは悪い子だ。僕がいなければきっと淫乱な尻軽になってたかも」コリ…コリ

アニ「ばっ…か!そ…そんなわけ…ああ!(確かに…こ…これは…一度覚えたら…もう…あああっ!!)」ピクピクゾクゾク!

アルミン「ごめん、ごめん。思ってもないこと言ったよ。アニはいい子だ…お父さんの言うことを聞くいい子…そうだろ…?」

アニ「う…うん…あ…たしは…いい…子…人殺しなんて…ぜ…ったい…しないよぉ…お父…さん…っ!(あ…た…ま…おかし…く、ああ…)」

アルミン「………………………………」クチュクチュクチュクチュ!

アニ「あああああ!やめ、おかしくなるぅ~~ああっ!!くううう…(ビクビク!)っんぁ……ハァ…ハァ…」

アルミン「アニ…」

アニ「ァ…アルミンン…あぁ…ハァ…ハァ…来て…(ズブ…)は!?ああっ…ああん!あああ…」

アルミン「出すときは…中にするね…愛してるよ、アニ。やっと…身もココロもひとつに…」

アニ「あああ、いい、ああ、いいよ…あんたとなら…一緒に…ああっ!あんたの子供…産みたい…(あ…何?あたし…え?)」


アルミン(あはははははははははははははははははははははあはははははははははははははははははははははははははは)

アルミン「やあ、ベルトルト。元気?」

ベルトルト「っく…悪魔の末裔め…また僕の手足を切って持っていくのか…!!」

アルミン「うん、情報を吐いてもらえない以上タンパク質工場になってもらうほうがまだマシかなってハンジさんが」

アルミン「肉は貴重だからね。兵団のみんな、美味しいって言ってるよ?良かったね。君の肉だとは知らせてないけど。そもそも家畜の肉だと思ってるし」

ベルトルト「悪魔め…!!よもや本性はここまでの鬼畜外道の魔物だとは!!」

アルミン「あ、そうそう、ライナーだけどね」 

ベルトルト「!」

アルミン「僕の拷問中のことさ…自決しちゃったんだ。舌を噛み切って…巨人でも自決できるんだね。」

ベルトルト「あ、あ……うわあああああああああああああああああああ!!!!あいつを!!!!あのライナーをよくもおおおおおおおおお!!!」

アルミン「舌を噛むっていうのは噛み切られた舌根が下がって気道を塞ぐから死ねるんだけど彼は君たちが窒息で死ねるって情報を僕らにくれたことになるね」

ベルトルト「あいつは!!!一番苦しんで!!!この任務だって内心とても苦しんでたんだ!!!!僕らの中で一番…君ら思いで…!!!それを、それもよくもお!!!!」

アルミン「そういう言い方はひどいなぁ…彼は自決したんだよ?君等がこだわってる戦士の生き方としては立派だと思うけどなぁ」

ベルトルト「殺してやる!!殺してやるからなあああああああ!!!!!…!?うがあああああああああ!!!!」(ザクザクザク、ギーコギーゴ)

アルミン「とりあえず仕事だよ。肉をもらうからね」ガリ!ゴリゴリ!ギガガガガ

ベルトルト「ぎゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!」

ハンジ(バァン!)「大変だ、アルミン!」

アルミン「どうしたんですか?ハンジさん…」

ハンジ「ユミルと壁教が全てを話した…クリスタのお陰でね。全く驚くべきことばかりだ…ライナーやベルトルト、アニの目的や故郷のこと、それ以上の秘密も」

アルミン「それじゃあ…!アニとベルトルトは…」

ハンジ「ああ、末端工作員にすぎない彼らの価値は失した。すぐにでも処刑に移れるよ。この仕事から開放されるんだよ?アルミン。どう思う?」

アルミン「…複雑ですね。僕とアニとの関係はもう知ってるんでしょ?でも情なんか移してませんよ。僕は彼女の理解者で…彼女の本当の望みを知ってる」

ハンジ「ああ、君がアニに入れ込んでるのは把握してるけど…え…?それってどういう…?」

アルミン「罰してもらうことですよ。アニは赦されることが無理で、故郷で心の傷を癒してもらうこともできなくなったということも知ってる。だから…」

アルミン「残る選択肢のなかで最も救済に近いものを与えてやる…断罪です」

ハンジ「………うーん…」

ハンジ「…一番接していた君がそういうのならそうなんだろう…まあ、わたしには理解できないことだけどね。さあ…移送の準備と、二人の最後の尋問をお願いするよ」

アルミン「了解です」

アニ「…スパイ?」

アルミン「そうだよアニ、僕ら104期の中に巨人のスパイがいたんだ!」

アニ「そんなバカな…っっ!!??あ、頭が…い、いたい…っ!!」

アルミン「アニ、大丈夫!?ほら、いつもの薬だよ!」(偽薬だけどね、プラシーボ効果の後押しでより不快な記憶を抑圧する)

アニ「はぁ、はぁ、ありがとうアルミン。あんたが的確にあたしの病状を伝えてくれたおかげだよ。一日の多くを自分でもわからない他の自分が過ごしてるなんて、自分じゃ気付け無い」

アルミン「うん…厄介な病気だよね、解離性障害って。でも大丈夫。僕がいるよ。僕と二人三脚ならきっと克服できるよ。僕は僕の人生を君にあげるんだ。それが嬉しくてたまらないよ」

アニ「ああ、アルミン…アルミン」ポロっ


アルミン「さあ、着いたよアニ。この監獄にいるのがスパイ…僕らと同じ104期…いや元104期であり巨人のスパイ、ベルトルト・フーバーだ」

アニ「べル…え?同期だっけ?」

ベルトルト「あ…ア………ニ?????君が捕まってひどい目にあってるからって……え????????」

アニ「思い出した、ベ…ベークライトだっけあ、あれ…べ、べ、る、、と、る、と…ああ、何だろう今なにか重要な事を…」

アルミン「アニ…ベルトルトは目立たないやつだったから…今そういう細かいのを思い出そうとしても無理だよね、連れてきてごめん」

ベルトルト「????????????????????????????????」

ベルトルト「アニ!一体どうしたんだい?アルミンか…ッ!その悪魔がいるから演技してるんだね!!??」

アニ「悪魔…?アルミンが?」

アルミン「密告したのは僕だからね。逆恨みされてるんだ。僕も辛かったよ、同期をこんな目に合わせるなんてね。でも、こいつは裏切り者、最初からぼくらを欺いてたんだ」

アニ「…」

ベルトルト「どうしたんだよアニ!!??一体何が起こってるんだ!!」

アニ「あ…アルミン?彼は本当にスパイなの…?何かの間違いかも…」

アルミン「これを見てよ」ザク!

ベルトルト「!?う、うわああああああ」ブシャアアアアアア!!!

アニ「っ!?アルミン!!首なんか切ったら!!」

アルミン「僕だってホントはこんなことしたくないさ。でも見てごらん、ホラ」

ベルトルト「ふう、ふう、うう…あ…ああ、そんな…そうか…君も…ライナーと…同じ」シュアアアアアア…

アニ「なお…ってる!?」

アルミン「そう。巨人の証拠さ。アニもやってみなよ。と、その前に」スッ

ベルトルト「むっ、ぐっ、ん~~~~~っ!」

アルミン「猿轡が必要だよね」

アニ「あたし…そんなこ」(ぎゅっ)「!」

ベルトルト「ん~~~~~!!ん~~~~~!!」

アルミン「大丈夫、君ならできるよ。これは必要なことさ、アニ。これで僕たちは兵士として一歩先へ進めるんだ」

アニ「アルミン…でも、できないよ……こんなことに意味があるとは思えない…!」(ぎゅ……)

アルミン「僕らは兵士…人類を脅かすあらゆる脅威から人類を守らなければならない。元は仲間だったからね。傷つけるのをためらうのは当然さ」

アルミン「僕らはやらなきゃいけないんだ…巨人に対する慈悲を最後の一片まで捨て去るんだ。捨てなければ…勝てない」

アルミン「兵団のみんな……もちろんアニを筆頭に…みんなの罪を僕が背負うよ。エルヴィン団長のように……」

アルミン「だから、安心して前を見て剣を振り続けるんだ。罪悪感の全部は消せないかもだけど、僕が君の分を背負ってあげられるんだということは忘れないで欲しい」

アニ「アルミン……あんた、!?」チュッ

アルミン「僕は君のためにこそすべてを捨てるんだ。みんなの分、とりわけ君の分を背負えることに、静かな満足感を感じるよ。悪魔と罵られたって構わないんだ。好きだよ、アニ」

アニ「…バカだなぁ、こんなところで語らってもまるでハンナとフランツみたいなバカップルだろう?ほら、彼がすごい目でこっちを見てる…泣いてる」

アニ「でも、嬉しいよ、アルミン。あなたが罪を背負うなら、あたしは代わりに手を血に染めよう。…大好き。この世で一番信頼しているよ、アルミン」

ベルトルト「おっっっっがああああああああああああああああ!!!!ああああああああ!!!」ガタガタガタ!ボロボロボロ…

アルミン「さあ…まずは足から傷つけてみようか。手を添えてあげるよ」

アニ「…怖いなぁ…そして可哀想…あたしはずっと巨人のことを殺す訓練と…何故か才能があった格闘と…それぐらいの女だよ?」

アニ「ちゃんとできるか…わからないなぁ」

アルミン「ふふ…ああ言っといて躊躇えるのは美しいことだよ、アニ。エレンもそうだった。人間らしいことなんだよ」

アニ「…人間…あたしも…人間」 

アルミン「…お話終わり!兵士として…兵士として!責任をもって臨もう…私情はもうなしだ。巨人で訓練できるなんて機会ないんだよ!?」

アニ「いや…巨人?どう見ても…人間だろう?どうして巨人だなんて…」

アルミン「見た目なんか関係ない。奴らは人の皮をかぶった悪魔だ!根絶やしにすべきなんだよ!そう思うだろ!?」

アニ「………彼らにも…感情が…痛みが…たとえ決して交わらない道だとしても………そこは理解してあげなくちゃ、かわいそうだよ?」

ベルトルト「…………………!…ン~~~~~っ!!」バタバタ

アルミン「やるんだアニ…確かに僕も辛い。でも誰かがやらなければいけないことなんだ。誰かがやらなきゃいけないことをやる。それがボクら兵士の役目だ」

アルミン「さあナイフを持って。手を添えるから…こうやって突き刺す!!」

アニ「…あっ!」どす!

ベルトルト「もがああああああああああああ!!!!!!!」ドク、ドク…

アルミン「はは、よくやれたね、アニ。次はどんどん肉を削いでいこうか」

アルミン「さあ、削ぐんだ、君なら上手いだろ!さあ、訓練でやるみたいに!!」

アニ「できない……できないよ…同じ人間だろう?」

アルミン「やるんだよ!!そうしなきゃ生き残れない!!世界は残酷なんだ!!やれ!!アニ!!僕は君のことを信じてる!!でも他の奴らはどうかわからない!!」

アルミン「今やらなきゃ、やらなきゃいけないんだ!!アニ!!さあ、やるんだ!!」

アニ「……………ふざけるなああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!」からーーーん

アルミン「!?」

ベルトルト「!!」

アニ「そりゃ確かに私達はひどいことをしたよ!!殺されても仕方ない…本当にひどいことを!!でも、私達だって人間なんだ、罪悪感だって痛みだってあるんだ!!」

アニ「死ぬことも殺されることも仕方ない、受け入れるよ!でも、こんな、ここまでされるなんていくらなんでもひどいよおおおおお、あ~~~~~ん」ぽろぽろ

ベルトルト「うっ、うう…」ポロポロ

アルミン「アニ…いつから人格が統合…記憶は…?」

アニ「今だよ!今全部思い出したんだ…戦士としての使命も、兵士としての生活も、あと、ひどいことも…巨人になった時の高揚感にまかせてひどい殺し方をしたことも」

アニ「もちろんあんたに優しくされたこともね。あたしを罰して…ひどい人間だから。その覚悟はあるよ。でも、こんな…肉体も精神も踏みにじられて嬲られるなんてもう耐えられない…」

アニ「殺して…」

ベルトルト「……うっ、うっ」ぼろぼろ

アルミン「………………そっか。やはりそれが君の本当の心なんだね。逃げる気はないの?」

アニ「あるさ、もちろんね。(ズズッ)でも、あんたたちがどこまで私達を憎んでるか、もう十分わかった。(ズズッ)もういい………もういいんだ」

アニ「殺して。それがもう、私達の運命なんだ。本当は帰って、何もかも忘れてお父さんや、みんなと…静かに余生を過ごしたかったけど」

アニ「…もうわかったよ、それが願っちゃいけない望みだって」

アニ「…でも、虫が良すぎると思うけど、あんまり痛かったり、精神的にクルのは…お願い、やめて…もう十分やっただろう?ベルトルトと二人で、静かに逝かせて」

ベルトルト「……………」

アルミン「…」

アルミン「…」

アルミン「…あーあ、やってらんないね…っち、なんとか誘導してベルトルトとヤらせてあげようと思ったのに。まあそれははじめから無理か」

アニ「………文句をいう資格もないんだろうけど、どれだけ私達の人間性を否定すれば気が済むんだよ、もう………勘弁してよ」

アルミン「次でちゃんと死なせてあげるよ。それは約束する。ベルトルトと一緒だ。でも…」

アルミン「楽に死ねると思う?」

アニ「……………………………ああ…神様…死にたくな……」

アルミン「そっちも本心だよね。わかってるから安心して。…わかってるからここまでできるんだけどね」

アニ「ああああ…ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい」 ベルトルト「ん~~~~!!ん~~~~!!(悪魔の末裔め!死ねえ!!)」

アルミン「彼らは…アニは、戦士としての任務を受けていながら自分の手が血に塗れることを恐れて結局投げだした。所詮それだけの奴らです。」

アルミン「最後の実験でそこがわかりました。彼らは弱い。弱すぎるくらいの心の持ち主です。哀れなくらいに。勝てますよ?僕らなら」

アルミン「もういつでも処刑に移れますよ?そうしましょうよ。もう用はないし。苦しめて死ぬさまをみんなに見てもらうくらいしか」

ハンジ「アルミン…わたしにはわからないよ。本当に彼らに必要以上の責め苦を与えて殺すことが正しいのか…わからなくなったのは巨人や彼らに対しての態度すべてだけど」

アルミン「ハンジさんにお悩みの相談を受けることがあるとは思いませんでした。でも気にしなくてもよいのでは?」

アルミン「今までのハンジさんならすすんで巨人を痛めつけましたよ…過剰な悲しみの表情を顔に貼り付けて…巨人への憎しみを愛情へと変換する」

アルミン「そのアクロバティックで業の深い精神性は尊敬してました。今さら何を躊躇するのです?ユミルと壁教の話で罪悪感を?」

ハンジ「ぶっちゃけるね…まあわたしも一回りも年下の君に相談したのが悪いんだけどさ。…うん、正直言うとそうだ。そのせいで憎しみがしぼんでしまってね」

ハンジ「虚しささえ感じるよ…僕達はみんな仲間同士地獄で終わりなき剣闘試合をさせられているような…ね」

アルミン「いやだなぁ…ハンジさんだってわかってるはずでしょ?ここが地獄だって。だったらせめて…亡者を責める鬼になりましょう?(ニコッ)」

ハンジ「…君を見ていると人類の命運を背負える、仲間の命を切り捨てられる男へと成長していったエルヴィンの姿が重なるよ…ただ」

ハンジ「君は邪悪の度が過ぎるよ…アルミン・マイヴェス」

アルミン「…さ、二人を迎えに行ってきます。僕は信頼してますよ?クレイジーな仮面をつけたハンジさんをね」

ハンジ「…仮面の下の涙と憤りを知ってくれている人間の下でなら…私は仮面をかぶり続けるよ、未来の団長」

アルミン「さあ、最後を迎えるのにふさわしい部屋についたよ。目隠しと猿ぐつわを取ってあげる」

アニ「…ふぅ…………あんたさぁ、ベルトルト。訓練所とかトロスト区とか勧誘式とかでさあ、あたしのことすごい見てただろ」

ベルトルト「え…ああ、そうだね、ライナーにも見過ぎとか言われちゃったよ…ははは…」

アニ「あたしの事好きなの?」

ベルトルト「……………う、うん……//////」

アニ「あっそ。ぶっちゃけ私の方はなんとも思ってなかったよ。意思がない奴が一番嫌いなんだ。あたしのタイプはその逆…」

ベルトルト「し…死ぬ時くらいもっと喜ぶようなこと言ってよ、アニ」

アニ「これから死ぬから本音を言っておきたいだけ。だいたいこんなときこそ頼り甲斐のある態度を見せるのが男でしょ?汗かいてんじゃないよ。黙って汗かくしか出来ないの?」

ベルトルト「ごめん…で、でも安心してよ、僕も最後まで一緒だから…」

アニ「はあ??これからこの世で最悪の死に方をするってのに今さら何が安心なの?」

ベルトルト「………ごめん。僕はライナーのようにすらなれないよ。だれにも頼りがいがあるって思ってもらえず…」

アニ「もうやめて。あんたと一緒に死ぬなんてホントに情けなくなってくるから」

アルミン「入りまーす」

アルミン「ここは秘密の処刑場だよ。ステージにゴテゴテ一杯付いた金属製の椅子があるよね?3つあるけどアニが真ん中でベルトルトが右ね」

ベルトルト「あれ…あの左にいるのは…!」

アルミン「ああ、ライナーだよ。死体だけどね。君たち死体も残るんだね。放置してたから臭いけど我慢してね」

ベルトルト「あ…あんなに痩せて…!!…あんまりだ…あんまりだよ…ぐううっ!!」ダッ!

アニ「!」

調査兵団員「こら!動くな!!」がし! ベルトルト「は、離せ!!」

アルミン「今さら逃げようったってダメだよ。ここには百戦錬磨の調査兵団お歴々がいるんだから。例えアニが暴れても大丈夫だろうね」

アルミン「巨人化してこの部屋の人間全員押しつぶして生き埋めになるってのもまあいいけどねー…まあ遺族が来たら…出来ないだろうね・君たちの性格なら」

アルミン「あ、男の方はそのまま引っ張っていって下さーい!さ、アニ。手、繋ごうか。一緒にステージに上ってあげるよ。椅子の機能の説明をしなきゃね」

アニ「あんたさぁ…何?人間?どうしてそんなふうでいられるの?拷問中も、薬まで使ってあたしの気を引いて…寝て…もうなんかどうでもいいからどうでもいいけど」

アルミン「え?僕…?僕は…自分が楽しみたいだけだよ」

ケイジ「マイヴェス!はやくしろ!どっかの分隊長みてぇに巨人とイチャイチャしてんじゃねぇ!」

アルミン「あ、はーい!…じゃあいこっか。地獄へ。僕もあとで行くから。60年くらい先を予定してるけど」

アニ(あたしの人生…何だったんだろ)

>>1くん(ちゃん)へ
このままだとこのスレッドはまとめブログへ転載される恐れがあります
まとめブログ管理人は君のスレを無断転載して美味しいご飯を食べます
そんなことになったら>>1くん(ちゃん)も嫌だよね?
だから次のレスから名前欄には「まとめブログ転載禁止」って入れようね?
え?嫌だって?そんなことないよね?
もしかしてまとめブログに自分のスレが載ってTwitterで拡散されてみたいとか思ってる?
まさかそんな子供みたいなこと思ってないよね?俺(私)のスレがまとめブログに載ったんだよって自慢したいとか思ってないよね?
でも名前欄に「まとめブログ転載禁止」って入れないってことはそうだよね?
結局はこのスレもまとめ狙いなんだよね?まとめに載ったらみんなに自慢するんでしょ?
え?そんなことない?そう、ならよかったよ
なら次のレスからちゃんと名前欄に「まとめブログ転載禁止」って入れようね^^
まとめ狙いじゃないならできるよね^^

幕の降りたステージ。幕の内側には三人の巨人が機械仕掛けの椅子に固定されている。ステージの前には数十人の観客。

ハンジ「ようこそ!調査兵団・シガンシナ住民遺族の皆さん!巨人の公開処刑へ!本日司会を務める司会のハンジ・ゾエです!」

ハンジ「まあ話すこともないので早速行きます!!御開帳~~~~~~!!」ばっ

アニ「!」 ベルトルト「!」 ライナー「」

遺族A「なんだ、人間じゃねぇか」

遺族B「それも年端も行かねぇ子供…」

遺族C「ほんとに巨人になれるのか、こいつら。っつーか真ん中の娘、かわいいなあ。裸は面食らったけど」

ハンジ「処刑用椅子について説明します!この椅子はご覧のとおり頭部と腰部を固定し頭部が回転することで巨人人間体の弱点である脊椎をねじきり絶命させます!」

アルミン(ぼそっ)「頭部は作動する直前に固定だ。アニの頭部の回転方向とベルトルトの頭部の回転方向、見つめ合えるようにしてあげたからね。気が利くでしょ?」

アニ「もう黙ってな。あたしが言いたいこと言うタイミングを逃したくない」

ハンジ「みなさん!!なにかこいつらに言いたい事ありますか~?ありますよね~?じゃあ、どうぞ!言っちゃって下さい!!」

遺族たち「…」

アルミン(まあ、すぐには出てこないよね)

ペトラ父「(ガタッ)なあ、あんたら…本当に巨人なのか…?女型…真ん中の娘が俺の娘を殺した女型の巨人なのか?」

アルミン「アニ、君がご指名だよ、答…」アニ「はい!あたしです!」

ペトラ父「な…本当か…?本当に俺の娘を…あんなに若くて…まだまだやり足りねぇことが一杯…」

ベルトルト「調査兵団に入った時点で覚悟するべきなんじゃあ…」

ペトラ父(キッ)

アルミン(正論だけど君が言っちゃうんだ…)

アルミン(…うっわぁ…ステージの上にいると一気に会場が殺意に支配されたのが伝わってきちゃう…)

ベルトルト「僕が…超大型巨人の僕が扉を蹴破った破片で家族をなくした方は本当に気のど…じゃない、申し訳なく思いますよ!?」

ベルトルト「でも、兵士は…兵士はそういうのも織り込み済みなもんじゃないんですか??」

ベルトルト「お願いです…僕はどうなってもいい、でもアニは、アニだけは助けてくださああい!!!」(ブルブルブル)

アニ(ベルトルト…あんた少しは………言いたいことはわかるよ。でもそれじゃダメなんだ)アニ「あの…」オルオ父「ふざけるなあああああああ!!!」

ベルトルト「!」

オルオ父「うちは…うちの息子は、人と付き合うのが絶望的にヘタで、そのせいで憲兵団も駐屯兵団も揉め事起こして仕方なく調査兵団行ったんだ!!」

オルオ父「尊敬…あいつが尊敬だなんて言葉で表現するようなお人と出会えて、婚約者まで出来て、ああ、やっと息子もまともにってその矢先だったんだ!!」

オルオ母「うっうっうっうっう…」(ぽろぽろぽろぽろ)

アニ(やっぱあたしたちのは所詮ガキの理屈だよね…あたしたちの自分の罪への理解は足りてないのかもしれない、でも…)

ベルトルト「あああ…そ、そ、そ、それはお気のど」グンタ祖父「もういいでしょう?」

グンタ祖父「人の心を持たぬ獣にこれ以上言葉が要りますか?我々が求めるは言葉ではない、そうでしょう?」

エルド恋人「巨人に死を」

兵団遺族・元住民「「「巨人に死を!!巨人に死を!!巨人に死を!!巨人に死を!!巨人に死を!!巨人に死を!!巨人に死を!!巨人に死を!!巨人に死を!!」」」」

アルミン(アニ…ベルトルト…君達には泣き叫びながら惨めに死ぬ未来しか無いんだよ)

アニ「あの…みなさん!!」

兵団遺族・元住民「「「!」」」

アニ「先程はベルトルトが失礼しました…もう決してこちら側からは要求をしません、決して。どうぞあたし達をしたいようにして下さい」

ベルトルト「!?」

アニ「そして…私達が恥辱の下、惨めに死んだらどうか…あたし達への復讐はそれっきりにして下さい」

兵団遺族・元住民「「「…」」」

アニ「あたし達は許されないことをしました…やむを得ない事情とはいえいきなりあなた方を襲い、大切な人を奪った」

アニ「でも未来には、共存の道もある…んです。私達は罪を犯したあと…罪を重ねながらそれを追求した…それはここにいるあたし達が死んでも実る余地があります!」

ユミル「…」 クリスタ「……ねえ、もう行こう、ユミル…見てられないよ」 ユミル「ああ…」

アニ「だから私達は死ぬことをいといません・・・責め苦も受けます。だから、もうそれっきりで、憎い気持ちをどうか…どうか…」

遺族「「「…」」」

アルミン(へぇ…なるほど。美しい覚悟だね、アニ…でも今この状況がどんなものか…本当にわかってる?)

アルミン(それに、彼らが憎いのは知性巨人だけじゃない。巨人全部だ。君等の故郷がどうなってるか聞き出せなかったけど…そこにいる「巨人」も憎まれるだろうね)

アルミン(それに…怒れる民の容赦ない残虐さを甘く見てるよ、君は)

ペトラ父(ヒュ)(ガツ!) アニ「うっ!」ダラ…

ベルトルト「アニ!」

エルド恋人「…要求をしないって…してるじゃない…エルドを返して!それからよ!」

オルオ父「息子を返せええええええ!!」ヒュッ!

アルミン(石を配ったのは正解だったな。ステージ以外何もない地下室だから投げるもんないし)

アニ(がっ!がつっ!っが!)「う……あっ!」

アニ(あたしってバカだなぁ…ようやくわかったよ……あたしたちの人間性を否定するのはずっと憎んでいたいから)

アニ(あたし達を人間の情もない絶対悪の悪魔に仕立て上げるのは、その方が都合がいいから)

アニ(故郷で散々そうやって憎しみを煽ってることも同じだよ……ここでは私たちに悪魔以外の役は用意されてないんだ)

アニ(お父さんの涙には、娘にこういう悲痛な運命を背負わせることへのどうしようもない悲しみが…)

ハンジ「じゃあ、もう、いいかな?拷問タイム前に既にずいぶん雌型の巨人がボコボコにされてるけど」

アニ「う……ぐふ……」(今…治していいんだろうか、これ…そんなことまで許可を求めてるなんてあたしも卑屈になったなぁ)

ベルトルト「う…う…う…(僕になげろって何度も叫んだのに…!!)」ポロポロ…

ハンジ「再生しないと表情がわからないレベルだね、再生しないのかなあ?」

アニ(もういう通りにしよう。ここで憎しみをできるだけ発散させてあげれば少しは他の仲間を恨む気持ちも…)シュウ…

遺族A「巨人が吹き上げるという巨人の蒸気!?じゃあ本当にこいつらは…」

ペトラ父「みなさん…見えたでしょう?こいつらは人間じゃない。今の投石でも半分以上の人、特に元シガンシナの人が躊躇してらっしゃいましたが」

ペトラ父「これで明らかになりました。真実が…我々にはこいつらを痛めつける正当な権利がある。違いますか…?」

元シガンシナ住民A「う…そっちのノッポが…俺ん家を…!!」

元シガンシナ住民女性A「信じられないけど…実感が無いけど…」

元シガンシナ住民中年女性「私達も直接そいつらに罰を与えられるんですか?(あのオトコノコで遊んでいいってこと?)」

ハンジ「はい、執行前に拷問タイムを用意してあります。時間はお好きなだけ…」

ハンジ「えーとじゃ、実際にこの椅子が作動するとどうなるか…もう死んでしまった巨人で試してみましょう。彼は鎧の巨人と呼ばれていました」

アニ・ベルトルト「!!!」

ライナー「…」

ベルトルト「あ…ライナー(だめだ…アニが固定されてる椅子と周りの装置に遮られて向こうがよく見えない…)」

アニ「………っ!(見たいわけない、でも見なきゃ……さすがに仲間の…最後?なのかな…いや…見なくても…)」

ガチン!ギリギリギリ…

ハンジ「このように上体をひねっていきまーす!ひねりの方向は左右あるわけですが今回はステージに向かって右…ほかの巨人の方でーす!」

兵団遺族・元住民「「「………」」」

ベルトルト「…~ぅ!(ライナー…ライナー…君は…正義感が強いベリックに憧れて…おかしくなって以降はことさら過剰にそういう人格を演じてきた…兵士に混じって)

ベルトルト(それがベリックと殺したこっちの人間への弔いであるかのように…僕はそんな君が心配だった。より傷つく方に進んでるようで…あ)

べり!ごき!べりべり…ばり!

アニ「う…っ!脊髄が…(完全に…ねじ切れ始めてる…あたし達の急所…)」

べきき!ぶちぶちぶち!…ブチン!

ハンジ「はい、上体が270度回って完全にねじ切れてしまいました~~~~!ハイ拍手~~~~!」

元住民(パチパチパチ…)(パチパチパチパチパチパチ――――――!!)「おおおおおおおおおおおおおお!!」

アルミン「アニ…怖い?君たちは縦1m・横10cmが急所なんでしょ?脊椎と脳…確実に死ねるね。今度こそ」

アニ「…………もういいって言ってるでしょ。さっさとこっちもやってよ」 ベルトルト「ふむ~~~~~…!」ポロポロポロ

ハンジ「…このように死刑執行は本来速やかに行われます…しかし…みなさんそれで満足ですか?」

兵団遺族・元住民「「「………」」」

ハンジ「せっかくあとの二体は生きてるんですし、楽しみましょうよ。拷問タ~~~~~~~イムっっ!!」

兵団遺族・元住民「うおおおおおお~~~~~~~~っっ!!!」ドタドタドタ

ペトラ父「おおおおぅぅらあああああ」バキイイイ!!!

アニ「がぶうぉ!?」チカチカ

アルミン(開幕一直線顔面パンチ…迷いがないなぁ)

ハンジ「まあまあまあ、ラルさん、ここはどうぞ道具を使って…」

ペトラ父「……………なんで…俺の娘を殺せたんだ?メスガキ…」

アニ「ゴフ…………………………に…任務だったので(ドボォ!)ぐっっっくは!!!(やっぱり…ダメだよねこんな答え…)」

ペトラ父「それが答えだってのかああああああああああああ!!!???おらあああああああ!!!」ドカっ!ドカっ!

グンタ祖父「まあまあ最初からフルスロットルじゃなくてもいいじゃないですか」

オルオ父母「「………」」

エルド恋人「抜け駆けしないでくださいよ」

ハンジ「道具は一通り揃えてありますよ~?焼きごて、ペンチ、油、針、ナイフ…どうぞどうぞ」

グンタ祖父「これがいいかな…ペンチを」スッ

ペトラ父「おう…まずはこいつで…」

遺族A「…指でも折るんですかい?。」

グンタ祖父「いや、皮膚や肉をちぎり取りましょう。巨人は再生能力がありますから。無茶なやり方でも大丈夫ですよ、多分」

アニ「…っく…!(最後くらい静かに逝かせて欲しい…いや、もうあたしたちにそんなことを願う資格も…)」

ベルトルト「うわぁ…や、やめろぉ…!や…やめてくださいぃ…!」

元シガンシナ住民中年女性「だいじょうぶだよ~きみにはもっといいことしてあげる~」

元シガンシナ住民女性A「手コキしたげる~ギャハハ!」

元シガンシナ住民「おいおい…俺らは男相手にそんな…」

元シガンシナ住民女性A「じゃあ背中の肉でもむしり取ってればァ?」

ペトラ父「さ…行きますか」カチカチ…

アニ「………(これからどうすればいいだろう…確実な死…抗えぬ運命…覚悟してきた…いや、それは嘘。あたしたちは帰ることしか考えてこなかった…)」

がしっ!ぶちぃ!!

アニ「ぎゃっ!!」

ペトラ父「…いっちょ前に人間見たく痛がってんじゃねぇよ」グチ!ギウウウウウウウ!ブチぃ!

アニ「ぐいいいいい!!ぎいいい!」ガクガク

グンタ祖父「まずはそのまま皆で腕の肉を全部むしり取って骨にしてしまいましょう」ギュム、グイイイ、ブチ!

アニ「ぎゃああっっ!!」

エルド恋人「私とラルさんはこのまま左腕をやりますんでボサドさん夫婦は右をお願いします」

オルオ夫妻「は…はぁ…」

遺族A「まあまあ、人間と同じ見た目だから気後れするでしょうが俺らのにっくき怨敵です。構うことはありません」

オルオ父「そ…そういうもんでしょうか。ど…どれ」グ…べり…

アニ「うぐ!?」

ペトラ父「やれば出来るじゃねぇか」

オルオ母「…う…うぷ」

グンタ祖父「まあ、どんどん行きましょう。」グチ、ブチ!グチ、ブチ!

エルド恋人「こいつが…こいつがエルドとお腹の子を殺したんだあああああ!!!」ブチ!ブチ!ブチ!

アニ「ぎゃああああああああああ!!!ぎゃあああああああああああああ!!!」ガタガタガタ

アニ「ぐぶうう…ぐううう…あああああ…(もう…今までの精神的ダメージと…で…もう…もう…壊れるかも…)」ブチブチブチ

グンタ祖父「お…前腕部はあらかた片付いて、骨が見えてきましたよ?」

ペトラ「ふううう~~~~~、一区切りついたな………あ?こいつ何泣いてやがる。鼻水もよだれもぐっちゃくっちゃで気色わりぃなあおい…」

アニ「ううううう…ひぐ…ううううう…(あたしの腕…あはは…さばいた魚か…そんな感じに…断面はむちゃむちゃだけど…あの白ピンク…骨?)」タラタラ

エルド恋人「こんなのは涙でもなんでもない。体液たれながしてるだけ。おぞましい…かたつむりがぬらぬらしてるのと同じですよ」

アニ「う…ぐうぅ…(あたしだって…人間なんだ…こんな…こんな…よってたかってそれを否定するような…う…あたしはそれだけのことを…くじけそうだ…)」

ペトラ父「ああ?何か言いたそうだなぁ?なんだってんだ?聞いてやるよ…言ってみろぉい!!」

遺族(((謝罪か…?)))

アニ「………………う…あ…あ………た…しも………に……人間……で…す……(ぐっ!)…!?」

ペトラ父「聞いたかみんな?コイツには謝罪の気持ちが全くないとよ。…おっし、仕方ない。全員でコイツの指を一本ずつペンチで挟め…」

遺族A「おし…挟めましたぜ」グッ グンタ祖父「こっちもじゃ」 エルド恋人「こっちもよ」 遺族他「おーけー」「はい」「できました」

オルオ夫妻「「………」」プルプル…

ペトラ父「よ~~~っし…いいか、第一関節から先だぞ…?横でも縦でもいい。合図したら全員一斉に思いっっっきり挟み潰せ…いいな?」

アニ「あ…あ…あ…あ…し…しぬ…(そんな…いた…痛みで…し、死ぬうううう!!)」

ペトラ父「さあ、行くぞ…!」

アニ「…………っっ!!」

ペトラ父「あ…待て。ちょっとみんな集まれ~………ゴニョゴニョ」

遺族達「「「……………」」」

アニ「………?(何…?何を話し合ってるの…?)」

ペトラ父「よっし、配置に戻って~…再度コイツの指をはさんで~」

グンタ祖父「……」

エルド恋人「……うふふ…」

オルオ父母「………」

遺族A「じゃ、やってくれ」 遺族他「おう」

アニ「………!」

ペトラ父「おし、いっくぞ~~~3、2、1…」

アニ「う…っ!?(か…覚悟を…!いや…むり…十本の指先一度に潰されるなんて……どう耐えたって…ああ…ああああ!)」

ペトラ父「はい!!!!!!!」

アニ「ひいいいっ!!!!…………あ…?」

アニ(…だれも…やらなかった?…潰さなかった?…何で?)

ペトラ父「なぁ~~~んてな?俺たちがそんなひどいことを女の子にするわけないだろ~~~~?なあみんな?」

グンタ祖父「ああ。もちろんじゃ。女性は優しく扱うものと昔から決まっておる」

エルド恋人「ええ、もちろん。私だっていくら復讐だからってこんなひどいことしないよ。ちょっと脅かしただけ」

オルオ父母「………」

アニ「あ…ど…どうも…(…死なせて…くれるの?……もう…逃げる望みはないし…何言ってるんだあたしは…もうここで死ぬって…死んで詫びるって…)」

ペトラ父「いやね、みんなもうひどいことはしたくないんだってさ。だからちょっと脅かして、謝罪する気になってくれればな~~~~って」

グンタ祖父「どうかね?謝罪…その気持ちを明らかにしてはくれんかね?わしらもわるかったわ…こんな少女をよってたかって…

遺族A「腕をめちゃくちゃにした時点でな~~んかかわいそうだな~って思ったのよ。で?どう?謝れる?」

アニ「ハァ……ハァ……う…(なにか…引っかかる…何か…でも、あたしの心はもう決まったんだ。死を持って謝罪とする…そう…)」

アニ「ハァ…あたしは…たくさんの人を殺しました…本当にたくさん。そうしなければならない理由があったとは言え…うっく!ほ…本当に…謝っても謝りきれないことを…」

アニ「…もはやどう謝ればいいかもわかりませんが…どうか…ハァ…ハァ…あたしたち二人を処刑することで…それでどうか…ほかの(パチィィィン!)…!」

アルミン(今更平手打ちって新鮮に感じるな…)

ペトラ父「ふざけんなよ…お前…どうすればいいかもわかんねぇのか?やっぱり拷問で分からせるしかねぇな…おい!用意」

遺族達(グッ!)

アニ「あ…や…やめ!(今度こそ潰される…!ああああああ)」

ペトラ父「3、2、1、はい!!!」グッ…

アニ「あああああ!………………………あ(また…?…寸止め?)」

ペトラ父「あのよお、俺らお前らのこと許さねえんだわ。一匹残らずこの世から駆逐するまでぜっっったい許さねぇんだわ。そこ、わかる?お前の家族も地獄送りよ」

アニ「…………っ!!」

ペトラ父「お前が謝ろうが覚悟決めようがもうどうでもいい。お前ら、全員、根絶やしにしてやるよ悪魔……っ!!!おい、本当の合図だ『潰せ』」グチュウウ!!

アニ「!!!!!!!!!!!!????????…ぎゃあああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!」ガタタ!

エルド恋人「死ねええ!!!死ねえええ死ねえええええ!!!!エルドをぉ…よくもおおおおおおおおお!!!!!!」 グジュウウウウウウ!

グンタ祖父「グンタを…返しておくれええええええええええええええ」グズ…グチュウウウウ!!!

オルオ父母「う、うわあああああああああああああああ」ズグ…グググ…

遺族A「ひゃっはは!すんげえ鳴き声、すんげえ暴れ様!!ひゃははははははあ」グジュウウウウウウ!!!

遺族他「~~~~~~~!!」グチャアアアアア

アニ「きゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

アルミン(君たちは知らないんだ…一般庶民というものがどれだけ残酷になれるか)

アルミン(ひもじさから麦をひとすくい盗んだ女児を、鋼貨十枚分盗んだと責めたて、憲兵団に引き渡しもせず…)

アルミン(行き場のない貧困への憎しみをその子にぶつけ、リンチし、あまつさえ強姦して内臓破裂で殺して晴れ晴れとした顔で日常に戻って行く)

アルミン(それが人間さ…人は人をいたぶり、殺すことを楽しむ。アニ、君ならよくわかるだろう?)

アニ「ぐう、うう、ぐうううう……ふふふふふ…(指、指、指ぃ…あはあはははははははははははははは)」シュウウウウウ

ハンジ「はーい、拷問タイムはいくらでも延長可能ですよ~」

アルミン「このメス豚は死ぬ間際にせめて一太刀をと健気に務めるあなた方をあざ笑うように蒸気の治癒で怪我の痛みを紛らわせています!!もっと責め苦を!!」

アニ「ああ…あああ…ふ、ふぅ、ふぅ、もうダメ、もうダメ、もうダメ、あは、もうダメ、もうダメ、おとうさあああああああん!!!いやああああああああ!!」

遺族A「ああ?何だコイツは?」

アニ「死にたくなあああああああああああああい!!!おとうさーーーーーーーーん!!!助けてーーーーーーーーーー!!!いやあああああ!!!」

遺族B「コイツ…あんだけ啖呵切った後に今さら命乞いかよ、とことんクズだな」

アニ「ちがう、ちがうの…殺して、殺してえええええ…っ!!」

アルミン「やだなぁ、今まさに殺してるじゃないか。あとどれくらいかかるかわかんないけど」

アニ(9)「お父さん…人を殺すって…いけないこと?」

アニ父「突然どうしたんだい?アニ……そうだねぇ。故意にだろうが間違ってのものだろうが、この世で一番くらいに罪作りなことだねぇ…」

アニ(9)「もし…もしだよ?あたしが戦士になれて…あの…壁の中の悪魔の末裔を殺したら、それは罪なの?」

アニ父「……アニ…お前もそういうことを考えられる歳になったか…そうだねぇ。ここではそんなふうに呼ばれてるけど、きっと彼らにも愛や情が…」


調査兵団員「っく…うわあああ!!何だこりゃ!!ああああ…何も聞こえねぇ、何も見えねえええ」

猿「巨人の腹裂いたらこんなの出てきちゃったよ…珍しいこともあるもんだねぇ…装備も溶けてるのによくもまあ息がある…」

アニ(9)「猿さーーーーーーーーん!」

猿「ああ?何だ、格闘オタクのところの嬢ちゃんか。なんか用?これまで近づこうともしなかったお前が珍しいね。珍しいことづくしだ」

アニ(9)「…猿さんは…人を殺すの怖くないの?」

猿「人?そりゃ人殺すのは慎重にやらなきゃなぁ、なにせここは村みたいな規模だし…え?もしかしてこいつのこと?うーん、これは害虫だしなぁ…」

アニ(9)「がい…ちう?」

調査兵団員「ああ…今どうなってる、何も見えない…何だ?そこにいるのは…巨人か…ちくしょう…また食われるのか…」

猿「そうだよぉ?嬢ちゃん…こいつらは悪魔だの何だの言われてるけど、ぶっちゃけ俺に言わせれば害虫さ。そりゃあ人間の姿の時は俺らと変わんねぇよ?」

猿「でも所詮こいつらは俺らの天敵じゃん。逆もまたしかり…情を移しても仕方ねぇのさ。だから、せいぜい、その時は…虫だと思え」

猿「で?コイツ殺してみるー?」

アニ(9)「い…いやーーーッ!」


アニ(9)「…って言ってた」

アニ父「あんな奴に近づいちゃダメだと言ってるだろ!…アニ、よく聞いてくれ、壁内にもちゃんとした社会と道徳と私達と変わらない人間がいるんだ」

アニ父「同じ人間なんだ…家族もいて、痛みも感じ、慈悲だって…きっと…」


アニ(9)「…って言ってた」

猿「クックック…あいつ娘の立場わかって言ってるのかねぇ?嬢ちゃんももしあの虫全滅させることになれば手を血に染めることになるだろうに」

アニ(9)「そう…なの?」

猿「そうだよぉ?しかもその場合宣戦布告もない。戦時の慣習も国際法もねぇし。話し合いもない。あっちの全滅が目的な以上、妥協も交渉もあるわけ無いからな」

猿「必然君は戦争犯罪人にもならない。命令に従っただけという理屈も効かない。そもそもあの人権意識もない前近代脳どもが捕まえた敵をどうするか考えただけでおぞましいよ」

猿「お嬢ちゃんがもし任務中に奴らに捕まったらきっと…エライ目に遭うだろうねぇ…同情するよww君の運命ww」

アニ(9)「……」

ミーナ「は…はじめまして!」

アニ「…どうも」

ミーナ「えっと///あたし、ミーナ・カロライナ!…あはは、やっと言えたよ…何だか結構ご飯の時隣りになるから話しかけてみたくて…」

アニ「…」

ミーナ「ひ、引っ込み思案だから、まだ誰とも仲良くなれなくて…で、でも、あなたならって…あ!名前!き、聞いてなかった、ごめん!」

アニ「……(さすがにここで突っぱねることもないか)…アニ。アニ・レオンハート」

ミーナ「レオンハート…カッコイイね!よろしくね!アニ!…わあ、その髪の結い方カワイイね!今日部屋で教えてもらっていい?」

アニ「よ、よろしく…(ああ、多分…情を移さないようにしようっていうあたしの密かな目標は…どだい無理なものだったんだろうな)」


エレン「すごいな…」

アニ「…!」

エレン「お前の技…本当にすごいよ、俺にも教えてくれ!」

アニ(これはわたしの技術…いや、お父さんからもらったものだ。でもあんたはそうじゃないだろう?自分の中に、だれからもらったものでもない、絶対に曲がらないものがある…)

アニ「(ボソ)羨ましい…」

エレン「え?…それってどうゆ(バシッ!)うご!?」

ライナー「アニ、お前ベルトルトのことはどう思ってるんだ?」

アニ「はあ?久々にまともそうだったのに出てくる質問がそれ?まあ大体どういうことか察しはつくけど…そういうのあんたが訊くもんでもないだろ?」

ライナー「いや、このおせっかいが余計だとは思わん。あいつの為だ。このままじゃ確実にあいつは失恋だ。」

アニ「はあ...あんたといいベルトルトといいどうして周りにいるのがこんな女の子との話し方わかってないやつばかりなんだか」

ライナー「そこらへんの自覚はある。だがなにも俺は振るときは優しくやってくれだの曲げて付き合ってやってくれだの無茶は言わん」

アニ「じゃあなんだってのさ(あたしが優しく振るのが無茶だっていいたいの?)」

ライナー「お前ら実際かなりお似合いだと思うぜ。皮肉でも嫌味でもない。一番理解し合えるはずだ」

アニ「はあ??言っとくけどあたしはああいう流され屋は本当に嫌なんだ。悪いけどあいつがピンチになっても任務じゃなけりゃ絶対助けないね」

ライナー「そこだアニ。お前、自分の事も流されて戦士の道を歩んで、流されてこんなことしてるって卑下してるんしゃねぇのか」

アニ「…………」

ライナー「だから自分の確固たる意志のもと行動するやつが眩しい。エレンとかな。だが……あいつらは俺たちの運命に寄り添えねぇ」

ライナー「そう、エレンだ。俺は一番最初に確信した。あいつは俺たちの本当の敵になる。おそらくお前を理解してもくれないはずだ」

ライナー「だがあいつならどうだ?お前の弱さにも寄り添える。あいつの頼りない部分は俺がケツを叩いて何とかする、どうだ?」

アニ「…あのノッポには過ぎた友人だね。あんたってやつは…でも、どうかな……」

ライナー「お前が強さに憧れるのはよぉくわかる。俺もそうさ。だが他人の弱さに共感することは自分の弱さを許すことに繋がるだろ?赦し…俺たちに何より必要なことだ」

アニ「あたしは、戦士になろうとして、なれなかった。情愛を捨てきれなかった。半端な流され屋のクズ…強く………なりたかった。周りの期待に応え、戦士に…」


アニ「でも、あたしはわかってなかったんだ。ここまで大きな罪を背負わされるってことを。罪を背負う覚悟を決められるやつに憧れたっていいじゃないか!少なくともあたしを許すのにベルトルトじゃ役者不足だよ!」


アニ「例え誰から許しの言葉を得てもきっと消えない罪悪感…お父さんと、なら…時間をかけていやせるはずだった」


アニ「でももう時間なんかさしてなかったし、その残された時間もここで終わる。お父さんのいないこの場所で」



ミカサ「あの女に特別な感情でもあるの?殺さなきゃダメでしょ?エレンが教えてくれた…立ち塞がる敵を排除すること、残酷な世界のたった一つのルール」


エレン(違う…俺は…後一歩で気付けそうなんだ。あいつらは有害な獣じゃなく…そしてそんな奴らでも殺さなきゃならねぇ世界の残酷さに)


エレン(あいつらがどうしてこんなことしたのかなんてわからねぇけど、きっと、あいつらも…)



アニ「あたしは、状況に流されて悪事に手を染める悪い人でも…それも人間なんだと思われたいだけ…赦されたいわけじゃない…ただ、私達を、見つけて欲しい」

ヒッチ「…何それ?あんたの話長すぎ…しかもかーなり意味分かんないし」

アニ(わかってもらえるわけ…ないか)

アニ「ねぇ…あたしが巨人だとしたら…どうする?」

ミーナ「え…?いきなりなんの冗談だろwwwアニにしては珍しいね」

アニ「…あたしは…沢山の人を、無残に…なんの意味も…なくなってしまった。この手で…今も覚えている。相手を罠にはめて勝利した時の高揚感、追われる恐怖」

アニ「そして…目的を達することができず敗北するまで…最後まで…罪の意識を感じていなかったこと…」

アニ「それから何度も悪夢を見るんだ…殺した夢、殺される夢…こっちで出来た…裏切りの上に作った友人に責め立てられる夢」

アニ「ここに来てからの思い出は…みーんな真っ赤に染まってしまった…思い出なんて作るべきじゃなかったけど…何を思い出すのも辛い…安らぎは、故郷の…お父さんとの記憶だけ」

アニ「とりわけ、ミーナ…あんたに責め立てられる夢が一番…きつかったかな」

ミーナ「そっか…でも、アニの苦しみもわかるよ」

アニ「…!…!?え…」

ミーナ「だってみーんなアニのせいじゃないもん。任務は命じた者の責任。なのに今すべてがあなたに覆いかぶさってきてる…可哀想。だからあなただけは、あなたの味方でいて…」

アニ「あ…ミーナ…でも、でも、あたし…あ…いや、そう…そうかもしれない…醜い自己正当化でも、きっと…少しは楽に…」

ミーナ「………………………………ああ、そうなんだ…まだ自分が汚れた家畜以下のクズの流され屋だって自覚してなかったんだ…」

アニ「あ…」

ミーナ「お前はクズだ!!クズ以下だ!!!未だに赦されるんじゃないかと決め込んで、謝罪も反省もまっっっったくないか、あっても虚偽なんだ!!!!」

アニ「やめて!!やめてやめてやめて…ッ!!今あなたにまでそんなふうに言われたら…あたし…!」

アニ「ブツブツ…ミーナ…エレン…他のみんな…あんたたちと同じ生まれだったら…巨人に食われても…少なくとも、今の苦しみよりは…」

アルミン「アニ………アーニ!…起きて!」

アニ「あ…」

アルミン「んー、人格分裂の副作用かな?ボーっとすることが多いね。今のは特別長かったけど」

遺族A「あーあ、ピーピー泣き喚いたかと思えば痴女みてえにヨダレ垂らして放心する。クールなかわいこちゃんかと思えばとんだ痴女ガキだぜ」

アルミン「すみません、拷問でいろいろはがしちゃったんで…」

アニ(お父さん…最後に自分が間違っていたって言ったのはこういう意味だったんだね。理想を押し付けて…娘が彼らを殺す立場になるって考えなかったんだ)

アニ(あの猿…時にあたしはあの人の考え方で自分を騙し…空を舞う虫を潰すように団員を…でも、一度自分が潰される側になったら怖いだけだよね)

アニ(…あたしはどうすればよかったんだろう。あたしの人生、何だったんだろう。やだなぁ…こんなの)

ベルトルト「ああああああああああああああああああああああああああああああああああ」

元シガンシナ住民女性A「きゃっはは!みて~この子の馬並チンポ、ぶっとい針、尿道に全部飲み込んじゃったよ~wwwww」

元シガンシナ住民中年女性「なにやってんだい!全部入れるんだよ!!」

元シガンシナ住民女性B「あはははははははははははは!!!!あはははははははははあはは!!!!たのし~~~~wwwww」

ベルトルト「うぐううううううううううううう!!!!!!!」

ペトラ父「まだまだ終わんねぇぞぉ?ほら乳首ペンチで挟み潰してやる」グチュッ!

アニ「あ………きゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!」

遺族A「うおっ!?奇声あげんじゃねぇよこのガキ!」

アニ「あたしだって!!あたしだって!!あたしだってこんなことしたくなかったよおおおお!!何で、何であたしなんだよおおおおおおお」ガタガタ

アニ「何であたしなんか…こんなふうに素直に罪を受け止められないクズの悪人で…何で…何であたしが…普通の人間なんだよ、あたしはあああ…」ポロポロ

ペトラ父「…………………………なに言っちゃってんの?」

エルド恋人「…あり得ない……この娘、自分を被害者だとでも思ってるの??ほんとに…信じらんない…!!泣いてるし」

グンタ祖父「……そんな言葉では私達は納得しませんよ。あなたが言うのはどれもそうだ…自分や自分たちの都合だけ」

オルオ父「……でも、もういいんじゃないですかね?なんか、どっと疲れましたよわたしゃあ…」

オルオ母「…ついに、私達が癒やされるような言葉は聞けませんでしたね…稚拙な謝罪はあったけど…」

アニ「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい…ひぃ…うっく…ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい」(ぼろぼろぼろぼろ)

エルド恋人「…ホントのことを言って…本当にあなた謝罪の気持ちがあるの?ホラ、指、また折れちゃうよ?どう?」ギウウ……ベキ!

アニ「ううぐうっく!!…はぁ、はぁ、ほんとうは…目的を達して…逃げられて…故郷に帰れたら…全部忘れるつもりでしたぁ…うぐううう」ポロポロ

アニ「ごめんなざいぃ…あ…あたしは…自分のことしか顧みない…悪い人間です…!!」

グンタ祖父「人間…?人間といったか…違う、お前は巨人じゃないか!悪魔だろうが!!」

アニ「あ…でも、お願いです、私みたいなクズでも…どうか、どうか、人間としての尊厳をみとめ」ガシッ!

ペトラ父「なめてんのかゴルァあああああああ!!!!!」ブチュ!

アニ「うぐうああああああああああ!!!」

アルミン「うっわぁ…あ、いえいえ(指を眼窩に突っ込んじゃったよ…目が飛び出てる…さすがにあれはかわいそうかな…きれいな顔が台無しだし)」

ペトラ父「あのよぉ、俺らお前が自分のことどう思ってるかなんてど~~~~~~~~~~~でもいいんだわ、俺らお前を悪魔だと思ってるし」

アニ「う…あああ」(罪を軽減してもらおうとか…そういうことじゃない…ただ、あなた達は…私と同じ…ただの醜い殺人者になっちゃうって…)

アニ(これを殺人だと思ってほしいだけ…これでさえ虫が良いお願いなのかなぁ…お父さん…あたしもうわかんなくなっちゃったよ…)

アニ(あたしこのまま…無残に死ぬしか…闘いで死ぬのは覚悟してた…でも…私がしたことは最後の一片の尊厳まで奪われなきゃいけないことなの?)

アニ(……そうか、そうだよね。当たり前だよね…あんなに…あんなことして…任務だったとはいえ…いくら職務上の責任がないとはいえ…道義て)

ブチィィィィぃ!!!!!!! アニ「あああああああああ…ッ!!」

オルオ父「ごめんなさい、なんか…私達はついていけませんよ…死刑の完了という結果だけ知れればあとは十分です…!ではここで!」

オルオ母「おえええええええっ…はぁはぁ…い、いきましょう、あんた」

遺族・シガンシナ元住人「じ、自分たちも…」ゾロゾロ

ペトラ父「おうおう、勝手に帰れや!こちとら女房もとっくに死んでたった一人の娘失ってんだわ!もう失うもんなんてねぇから!徹底的にやるから!」ぶら、ぶら

アルミン(眼球振り回しながらだとさすがに迫力あるなぁ…鬼気迫るものがあるよ)

アニ「ぐうう…(右目…ペトラって人に潰されたっけ…そして再生して、目が合ったまま殺した…あの驚愕の表情…当時は罠にはめることに成功した痛快さしか…)」

グンタ祖父「私は帰りませんよ。ただもう年でね。ここで座って執行完了を待ちますよ」すっ

遺族A「ああ、自分も残ります(うっひょお!こんな上玉をメインでいたぶれるなんて早々ねぇ!)」

元シガンシナ住民女性陣「私らもね…ちょうど今この男を射精させられたところで」「キャハハ!きんもー☆」ベルトルト「うぐっ、うぐっ」ドピュピュ…

エルド恋人「私もまだまだやりますよ…その焼けた鉄棒を借ります」アルミン「どぞ」

ペトラ父「お、いいねぇ姉ちゃん…そいつをホトに突っ込むのか?」

エルド恋人「……椅子に座ってたら無理でしょ?」ズボッ!ジュ!

アニ「おぐおおおおおおおおおおおおお(前歯が…根こそぎ…あああああ、舌がああああああああ、し、死ぬ、痛みで死ぬうううう)ごお!おぶ!」ジュジュジュジュ…

アルミン(口に突っ込むか。火傷の持続的な痛みは再生じゃどうしようもない)

シガンシナ女性A「この子めっちゃ射精してるー!どんだけ変態なんだよ…あー!あっちの女の子のこと見てる!もしかしてめっちゃ気になってる!?」

ベルトルト「…うっく!(ダメだ…良くない予感がする…)」

グンタ祖父「…その男、そこの女に好意を抱いているのでは?」

ベルトルト「!?」 アニ「…(一体何を…考えているんだ…)」

遺族A「何ぃ??人間以下のくせになーーーにいっちょ前にんな感情抱いてんだこのガキ!」ドボォ

ベルトルト「うがッッ!!」 シガンシナ中年女性「ちょっと!こっちはあたしたちのおもちゃなんだからね!そっちで遊びな!」

ペトラ父「…っくっくっくっくっく…いいこと思いついたぜぇ?こいつきっと片思いだ…こいつは女の助命を申し出たのに女は一顧だにしてねぇ」

ペトラ父「おおかた嫌われてたんじゃねぇか?女の根性に比べてこっちは男の甲斐性なさそうだし」

ベルトルト「…………う…くう(ギリッ)」

ペトラ父「そこでだ…いいこと思いついたぜ。男の本懐を遂げさせてやろう…コイツのでっかいペニスと精液使ってこのメスで遊ぼう。ペニスを切ってと」ズッ…ブチ!

ベルトルト「うごおおおおあああああああああ!!!!!!!」 

アニ(ああ…あたしたちは…あたしたしちの罪は…どこまで…重い…どこまで尊厳を剥ぎ取られれば済むんだろう…)

元シガンシナ住民女性A「あはは!切られたあとの尿道から蒸気上げながら射精してるよ!ほんとおかしいね!こいつら」

ベルトルト「ううう…(何十回も射精させられて…睾丸から出血して…それでも治し続けてまた出して…ううう、なんでここまでされなきゃあ…)」

元シガンシナ住民中年女性「ほら、集めたこいつの精液だ。タライに結構溜まってる。絶倫だねこの子は」

ペトラ父「ははは!童貞だろオメェ。どーぜ好意向けてたこいつとあわよくばと思ってて、拒否られた。そんなとこだろう?」

ベルトルト「~~~~~~っ!!」

ペトラ父「だがもう心配しなくていい…切り取ったペニスと精液でコイツ使って童貞卒業させてやるからよぉ。よく見てろ」

ベルトルト「やめてくれ…!やめてやってくれえ!!」 遺族A「黙ってろや!!」ぼグッ!

アニ「(…………大丈夫…もうこんなの…今更…)ベルトルト、騒がないで。あたしなら大丈夫。こんなんで傷ついたりしない」

ペトラ父「くくく…汚されるってのに余裕だねえ?こんな巨人のビッチには…巨人の精液がお似合いだ…(ちゃぷ)ほ~~~~れ、まずはきれいなお顔に塗ってあげましょね~」ヌリ

アニ「…っう!うううう~~~~(いゃ…嫌がったらあいつを傷つけるような…最後くらい仲間同士気を遣いたい…今更…だけど…でも…これは…)」ビク!

ペトラ父「動くんじゃねぇよ!!!」ボグ! アニ「ヴうっ!」

ベルトルト「やめろ!!!!やめてくれ!!!!!!耐えられるかこんなの!!!!」

遺族A「うわくっせえ…」

エルド恋人「汚い蛆虫の絞り汁にまみれる…お似合いだよ女型の巨人」

ハンジ「あ、いつでも椅子から外しますんで言っていただければ」

ガチャ…ドサ…っぐ!

ペトラ父「オメェら、ちゃんと抑えたか?」

遺族A「Ok」 エルド恋人「力、強いねこいつ…巨人だから当たり前か」 グンタ祖父「私も抑えないと手が足りないね」

ペトラ父「…三人がかりで大の字に押さえつけられて大開脚。これからレイプされま~~~~~すって屈辱の格好だな。まあ俺は巨人とやるのはまっぴらだから」

ペトラ「巨人は巨人同士ヤってろ…お前のような豚には切り取られたソーセージがお似合いだ」ヌプ!ずぷぷ…

アニ「うっ!(あ…アルミンのより倍以上太い…長…お…奥まで…ッ!!)」

元シガンシナ住民女性B「ほら、あんたのが好きな子の中に入っていくよ…うれしいでしょ?」

ベルトルト「あ…あ…あ…あ…アニ…ごめんよぉぉ…っ!」

ペトラ父「へへへ…(ズブブブブ…)こんなでっけえのよくこんなに飲み込めるなぁ、も~すぐ奥だぜぇ?えれえことが起こるぜ…?なあ」

アニ「一体…何?…(ズキィ!!)っっが!!があああああ!!!??」ビクビク

遺族A「ははははあははは!そんなに飛び跳ねるほどよかったか!馬並みチンポぉ!?とんだ淫乱だぜ」

アニ「ち…ちがっ!…っぐうううう」

ペトラ父「(くっくっく、切り取ったフニャちんがキツマンに入るかよ…芯で補強したのさ。芯ってのは針だけど)ほら、ピストンはじめるぞ~~」ぬちゃ、ドス!ぬちゃ、ドス!

アニ「いぎいいいい!!こ…れはっ!ぎゃあ!い…いた…むぐう!!」

グンタ祖父「猿轡をしようか」シュル…

ペトラ父「ほおら、馬並みチンポのストロークそんな飛び跳ねるほど良かったか~~?多婬症なんだろうな、巨人ってのは!」ぬちゃ、ドス!ぬちゃ、ドス!

アニ「むううううう!!むううううう!!んぐううううううう!!(いだいいい!?こんな奥を連続で…ッ!!針で…ッ!!拷問でも…なかっ…たっ!!)」ビクビク!ブンブン!

遺族A「ふはは…こんなに腹ァ跳ねさせて頭振り乱して、どんだ乱れ様だぜ。糞ビッチが」

エルド恋人「……………………汚らわしい」

アニ「あああああああああ!!うっぐ!ぐううううううう!!」ビタン!ビクビク!

ベルトルト「あ…アニ…?なんで…あんなに…??ぼ…僕のなんかで…」

元シガンシナ住民女性B「あんたのチンポ、名器なんじゃな~い?正真正銘チンポだけであんなによがらせるなんて普通できないよ~」

元シガンシナ住民女性A「あーうらやましいかも~~。ま、あたしは巨人とヤるなんてまっぴらだけどwwww」

アニ「ぶううううううううううううううううぐううううううううう!!!」ビクンビクン!

ペトラ父「くっくっく…奥を突かれた時が一番感じるみてえだな!おらおらぁ!」グリグリ

アニ「んああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」バタ!バタタ!!

ベルトルト「は…はは…そんな…アニ…君は………もっと…凛々しくて…強くて……孤高で…尊貴で………だから…寄り添ってあげたくて…あ…」

元シガンシナ住民中年女性「ああ、そんなの仮面なんだろ?本性はああやってチンポでよがる一匹のメス豚さ。ほら…あんたのチンポがいたくお気に入りだよ」

ベルトルト「…………………………………………」

アニ「うぎいいいいいっっ!!いやあああああああああああ!!!」

アニ「ばはああ~~~っ…はああ~~~~~~っ………」ビクビク…

ペトラ父「(ぬぽおおっ…)っけ、ド淫乱が。乱れやがって」

ベルトルト「………アニ…」

アニ「ぐ…う~~~~、む~~~~~!(なにか…誤解されてるみたいだけど…喋れない!…これ…猿轡で…!)

遺族A「ふ~~~~っ、こんな乱れ様見たことねぇ。おい!のっぽ!おまえの意中の人は飛んだメス豚だったってよ!」

ベルトルト「…………………………………………そんな…」

アニ「フゥ…フゥ…フゥ…(あんた…なんて情けない顔であたしを見るんだ…)」

ペトラ父「さてと…俺も…俺たちも鬼じゃねぇ。死ぬ前にイイ思いくらいさせてやるよ。ほら、この女押さえつけといてやるから、犯っちまえよ」

ベルトルト「ふざけるな!!そんなことするもんか!!悪魔どもめ!!!根絶やしにしてやる!!!」

元シガンシナ住民女性A「なにこいつ~~~、立場分かってな~~~~い、きも~~~~~い」

グンタ祖父「まあもういいでしょう。でもきっと自分が置かれてる立場はわかると思いますよ…男なのだから。ほらあんなにおっ勃てて…」

遺族A「ば~~~~~~っか。チャンスだろうが。最後のチャンスなんだよ今は。死ぬ前にイイ思いしたいだろ?やっちゃえよ最後に」

元シガンシナ住民女性A「据え膳食わぬは男の恥だよ!やっちゃえよ~~!好きなんだろそいつのこと!ぎゃはは!ほら、外してやるから!」がちゃ!

ベルトルト「あぁ……アニ……僕はどうしたら…!」

アニ「………………………んん!(猿轡とってよ。言いたいことくらいあるよ…まさか…何もしないだろ…?)」

遺族・元住民「「「犯せ!犯せ!犯せ!犯せ!犯せ!犯せ!犯せ!犯せ!犯せ!犯せ!犯せ!犯せ!犯せ!犯せ!犯せ!犯せ!」」」

ベルトルト「う…ううう…ううううううう…あああああああああ!!!」ガッ!

アニ「…っう!(な!?覆いかぶさってきた…!…ベルトルト…本気…!?)」

ベルトルト「うううう~~~~(ポロポロ)アニ…ごめんよぉ…こうしないと…壊れそうなんだ…ごめん、ごめん…」

アニ(………はあ~~~っ。全くあんたってやつは。最後まで流されるんだ。場の空気に。でもね…いいんだ。あたしだって似たようなもんだから)

アニ(ベルトルト…あんたのことは…嫌いだったけど…でも、ライナーに言われたんだ。ベルトルトは弱い奴だから、あたしの弱い部分と共感しあえるんじゃないかって)

アニ(その時は嫌だった…でも、いざこうなってみると、よくわからない………………ねえ…あたしを助けてよ…任務中なら今まで絶対こんなこと言わなかったでしょ?だから…)

アニ(これが素の…弱いあたし。幻滅した?…まあもう何度も見せてるか。お父さーんなんて言っちゃったりして……あはは、もうわりと限界でね。だからおねがい…優しく…してよ)

アニ「むぐ…(って言いたいけど猿轡をとってくれないね…まあ…これからかつての仲間を犯そうってんだから何言われるか怖くて取れないか…あはは、こいつあたしのことを何も…)

ベルトルト「アニ…アニいいいいいい!!!ご、ごめん、ごべんねえええええええええ(ずぶぶ…)」

アニ「ん…!?んんんんんんんんんんん~~~~~~~~!!!」ゾクゾク!ぴくぴく

ベルトルト「はぁ、はぁ、はぁ、アニ、アニぃ…っ!!」パン!パン!パン!

遺族A「だ~~~~っはっはっは!ほんとにやってるよコイツ~~~~wwwwww」

元シガンシナ住民女性A「ぎゃっはは!ありえな~~~~~い!!」

アニ「……んぶふ(………いやだ…いやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやもういやだ~~~~~~~~~~~ッ!!!!!)」パン!パン!パン!

ベルトルト「ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…(最低だ…俺って…)」

アニ「………………………………………(おとうさん…ハイのけりかた…わかってきたよ…じくあしのかかとをあいてにむけ…けりあしがじめんをけっていいときとわるいときと…)」ゴプ…

ペトラ父「うっわあ…すんげえ量がオマンコから流れ出てきてる……で?このあとどうするよ?」

グンタ祖父「痛みも、陵辱も、悲劇も、十分に与えた。儂はもう…これぐらいが潮時かと思いますけどねえ」

エルド恋人「…巨人の交尾…おぞましいものみせられた…もうあとは死ぬところしか見たくないですよ、私」

元シガンシナ住民中年女性「ほら!いつまでも体育座りしてないで席へ戻りな!」

ベルトルト「あ…(そうだ…アニに死んで詫びよう…それでいいやもう。僕なんて…あ、あははははははあはははははははははは)」

ペトラ父「さ、嬢ちゃん。終わりだよ。もう終わりでいいんだ。さ、椅子に座って………死ねよ」

アニ「…………………………………!………(あ…なんだろ。すごい意識がクリアになってきた…今ならここに居る全員なぎ倒して逃げられる…)」

ハンジ分隊「……」

アニ「あは…無理か…この人数…(そんなわけないか。これはきっと極度の精神的緊張がもたらす一時的なハイ…冷静じゃない…でも…何か…何かできるはず)」ガチン!

ハンジ「はい、両巨人を再度処刑台につかせましたよ~、みなさんおつかれさまでした!いよいよ刑を執行しようと思います!」

遺族・元住民「……………」

アルミン「ではスイッチを入れます」ガチ!ギギギギギッギ

アニ「ううう…!(こ、これ…ほんとに体を強制的にひねって…ライナーの時みたく…ああああ、し、死ぬんだ、死ぬんだ…あああああ…ここから何ができる?考えるんだ…!)

アニ「ぐうう!ぐぐぐぐ!!」ギギギギ、ガキン、ガキン!

ベルトルト「くう~~~~~~~~、ぐう~~~~~~」ギ…ガキン、ガキン!

ペトラ父「ああ?何だぁ?」

遺族A「おかしいんじゃないか?トラブルか?ガキンガキン言ってて回らねぇぜ?」

シガンシナ中年女性(オトコノコの苦悶の表情…そそるわぁ)

エルド恋人「どういうことですか?全然回らない内に止まってますよ?」

ハンジ「ふっふっふー、実はこれ細工がしてありましてね。本気で体に力を入れれば捻じろうとする力に抵抗できるんですよ。」

ハンジ「まあ…一旦回った分はもう元に戻りませんしずっと耐えられるもんじゃありませんけどね…」

アニ「ふっふっ、ふ!ん~~~~~」ガキンガキンガキンガキンガキン

ベルトルト「ふう~~~~~~、ううううううううう~~~~~!!!!!(ガキンガキン、ギギギ)う、うわあ!!マズい!!ふうううん!!」ガキンガキン!

ペトラ父「つまり…こいつらの体力の限界が死刑執行の本当の瞬間だと」

アルミン「そうなりますね」

遺族A「ン~~~~最後くらい自分でやりたかったかも」

ハンジ「ああ、手を出したいならどうぞいたぶって存分に死刑執行を早めて下さい」

アニ「(力…抜こうかな…もう…何が…何か出来る気が一瞬したけど………何を…あ…やばい!!!)うっぐうううう」ギギ…ガキンガキンガキンガキン!

>>1くん(ちゃん)へ
このままだとこのスレッドはまとめブログへ転載される恐れがあります
まとめブログ管理人は君のスレを無断転載して美味しいご飯を食べます
そんなことになったら>>1くん(ちゃん)も嫌だよね?
だから次のレスから名前欄には「まとめブログ転載禁止」って入れようね?
え?嫌だって?そんなことないよね?
もしかしてまとめブログに自分のスレが載ってTwitterで拡散されてみたいとか思ってる?
まさかそんな子供みたいなこと思ってないよね?俺(私)のスレがまとめブログに載ったんだよって自慢したいとか思ってないよね?
でも名前欄に「まとめブログ転載禁止」って入れないってことはそうだよね?
結局はこのスレもまとめ狙いなんだよね?まとめに載ったらみんなに自慢するんでしょ?
え?そんなことない?そう、ならよかったよ
なら次のレスからちゃんと名前欄に「まとめブログ転載禁止」って入れようね^^
まとめ狙いじゃないならできるよね^^

遺族A「どうやっていたぶりやす?」

エルド恋人「…………屈辱的なものがいい。そういうのがまだ足りない」

ペトラ父「ぶっはは!仲間に犯させたあとでまだ足りないとは女ってこわいねぇ…うーん、こういう状況では何がいいなろうなぁ。固定されてるから自由きかないし」

アニ「う…っふ…う…っふ…!!!(もう…耐えられないかも…まずい!!)(ギギギ)(あ!!まずい、ダメ!!)」ガキンガキン!

グンタ祖父「回転に抗うだけで精一杯のようですしただ撫で回すだけで気を散らすだけで邪魔できるのでは?こう…触れるか触れないかで、すーっと」

エルド恋人「いいね…十分屈辱的だし」

ペトラ父「ははは!老獪な知恵ってのァおっそろしいね~~~。そら、やさしくつ~~~~っと、男みてぇな腹筋の溝をよぉ!」つ、つ、つ…つ~~~…

アニ「むううッッ!?んんんん~~~~~~(ゾクゾク…)(ギギギ…)…ッ!?…うん~~~~!!!」ガキンガキン!

遺族A「だはは!コイツ感じてやがるぜ!やっぱマジの淫乱だなぁ!!あはは!ほれ…おっぱいを…円を描くように…」つつ、つ、つつ…

アニ「(ゾクゾクゾク!!)ぐうううう~~~~~!!!!(や、ヤバイ…こ、これは…快感とかくすぐったいとかじゃない…緊張してこわばってるところにこんなことされたら…!)」

エルド恋人「おへそとかどう?(ピト…くにゅくにゅ)下腹を四本の指でなで上げて…(つーーーーっ)ああ、エルドみたいなイイ体してるじゃない。筋肉があって…」ナデ…

アニ「くっふう!!ふう!!ふううううう!!(だめぇ!!!!)」ギギギギギッギギギギギギ

遺族A「ははは、ずいぶんまわったなあ!もう90度回っちまったよ?どんな気分?ねえどんな気分??」

アニ「むうううううううううううううう~~~~~~~~~~~~~~~!!!!」ガキンガキンガキン!

ペトラ父「さて、結構撫でまわしたけど最初に反応しただけであとはあんまり効果がねぇ。それにしてもコイツなかなか諦めねえなあ~~~」

遺族A「そんなに命が惜しいか!!??ええ?俺の息子もそうやって巨人の口の中で生きてぇ生きてぇって死んでったてのによお!!」

アルミン(あれ…今回の調査兵団遺族は女型の攻撃による戦死…死体の確認できた方の遺族限定で集めたはず…)「ハンジさん?」

ハンジ「しい~~~~~~~~~~~~~~!」(あれ多分遺族関係者じゃないから…何人かそういう人入ってるけど気にしないで)

元シガンシナ住民中年女性「ほら!きばりな!死にたくないだろ!?」

元シガンシナ住民女性A「あはは、こんな時も勃起しちゃって変態!シゴいてあげる!」シュッ!シュッ!

ベルトルト「ひいい~~~~~アニ、アニいいいいい!!」ガキンガキン!ギギギギギギ…ガキン!「あああああ、こんなに回っちゃ…ああああ」

アニ(あんたにそんな呼ばれてもどうしてやることも出来ないよ…もう構ってられない…どうしようもない…死ぬまで、楽になるまであとちょっと耐えれば……なぜ耐えるんだっけ?)

アニ(ていうかあんた…最後までホント頼りなかったね…いやそれ以下だよ。あんなことされたのに憎んでないだけで褒めて欲しいくらいだ)ガキン!ギギ「!?(また進んでしまった!!)」

ペトラ父「子種くれた相手に見とれてたかぁ~~??」

アニ「う……!!」ガキンガキンガキン

グンタ祖父「頑張りますねえ…」

エルド恋人「そんなに生にしがみついて楽しい!?ねえ、私の婚約者は…一瞬で、なにがおこったかもわからず死んだって言うじゃない!?」

アルミン「道具もありますよ~、針とかどうです?」

ペトラ父「使わせてもらーわ」

ペトラ父「たくましい腹筋使ってひねりに逆らってよく耐えてるよ…腹直筋に針刺しても耐えられるかな?」ぷす

アニ「ぐう…ッ!!」ギギギギガキンガキン!

遺族A「はっはは!ちょっと進んじまったぜ!絶望の度合いが濃くなっていくよお~~??どーするよ?」

アニ「ハァ…ハァ…ううううう…!(この人たちは…人間なのかな?いや…あたしたちこそ人間なのかな?)」

アニ(たくさん殺すのと、こんなふうにいたぶるの…果たしてどっちが…ちがう…そうじゃない…そうじゃないんだ)

アニ(あたしが決めていいことじゃない…それにもうあたしには選択肢も時間もない…憎悪を一身に受ける事こそがこの人達へのせめてもの謝罪なんだろう…そうだ、そうなんだ)

ベルトルト「あああああああああ…うっ(どぴゅぴゅ)あ…し、しぬうううう!しぬううううううううう!!!」ギギギギギギギ

元シガンシナ住民女性A「あはは!はい射精~~~~(シコシコ)これでもう回転が150度超えちゃたよ~wwwwwww」

元シガンシナ住民中年女性「ずっとあっちの小娘見てるのが気に入らないねぇ…(ぶちゅ)そんな目ん玉いらないよね」

ベルトルト「うぎ!しんじゃう!!しんじゃうよおおおおおお!!!ぎゃあああああああああああああああああああああああああああ!!!」ギギギギギ、びきびき

アニ(ベルトルトはもうすぐだろうなぁ…もう達観、ていうのかな。されたことなんかもう気にならない。ただただベルトルトが哀れに…あたしは…死ぬまで耐えて…それで…)

アニ(11)「お父さん…」

アニ父「アニ…俺が悪かった…こんなことになるなんて…いや…予想すべきだったのだ…すまない…」

アニ父「向こうで二人の戦士と合流するんだ。ライナーとベルトルトという…頼れるやつらだ。頼りなさい。助け合いなさい」

アニ(11)(お父さんとなら…どこへだって…なんてね。もう11なんだ。そんなこと言えない)

アニ父「…この任務はかつてない…厳しいものになるだろう…この世の全てから憎まれるだろう」

アニ父「それでも…たとえそうなっても…いいかい、アニ。父さんだけはアニの味方だ。だから、約束してくれ…」

         
             絶対に…帰ってくるって



アニ「お父さん………いいの?こんな血に塗れた手で帰って…こんな汚れた体と…堕ちた魂で…帰って…いいの?」

アニ「どうすればこの罪を洗い流せるの?どうすればお父さんに顔向けできる人間になれる?ここで何をすれば…?」

アニ「もう…わからない…耐えて…あとは……………とにかく…謝罪…そこに遺族がいるんだ、できることを…!」

アニ「そうすれば…少しは…流されない人間に…なれると思う…きっと…」

アニ「でも…もう…時間が…」

アニ「ぐうううううううううううう…ぶ…ぐう…」ガキ…ギギギギギギギギギギギギッギギギギ

ペトラ父「そろそろだな。150度を超えて久しい。もう息もろくすっぽできないはずだ」

シガンシナ元住民女性A「あ~あ、終わった終わった。そっちもこのノッポみたくちぎれ飛ぶんだろうね、ぎゃはは!」

アニ「あ……(ベルトルト…逝ったんだ。じゃあ…もう…いいかな…もう十分…だよね?あ…いしき…が…)(ブチブチ!!)ぐううううう!!!」

エルド恋人「背骨や内蔵がちぎれる音が聞こえてきた。もう終わりだ。ざまあ見ろ。悪魔め」

アニ(でも…せめて…最後に…最後に謝罪の言葉を…謝罪……本当の意味でこの人たちを癒せるような…そんな…最後の……っっ!!!)

アニ「…………あ……」

ペトラ父「ああん!?なんだ!?最後に何か言いてぇのか?猿轡外してやる!言ってみろ!」シュル…

遺族達「…!」

アニ「あ……………う……………………」

アニ「」

アニ「…………………………………………………………………………………………………………………あ…………く………………………ま………め………」ガクッ

ペトラ父「…………………………………………………………………」

エルド恋人「………………………………………………………………………」

グンタ祖父「……………………………………………………………………………………………………………………………虚しい」

ただいま、お父さん

あのね…アニね…あそこで許されないことを

 いいんだ、忘れていいんだ、もうお前を責める者はいない。余生を穏やかに、傷を癒すことに使おう。

でも、友だちもいたんだ…こんなあたしを好いてくれたのに…

 お前は何も悪くない。恨むべきはお前の運命であり、嘆くべきは我らの運命だ。こうするしかなかったんだよ。そうしなければ我々が…

でも、悲しいよぉ…いや、そうじゃない…あたしはもう人間じゃないんだ。悲しいなんて思っちゃいけない……あたしはもう人間性の最後のかけらだってもっちゃいけないんだ…

 アニ、こんな過酷な運命を、こんな役回りをおまえに背負わせたのはこの俺だ、俺を恨んでくれ、アニ 

無理だよぉ…お父さんを恨むなんて……………やだぁ………ああ…お父さん、お願い…もう離れたくない…ずっと一緒にいて…

 アニ、アニ………ああ、アニ………もう、怖いことなんかないんだ、余生を穏やかに生きよう、な?

うん、ありがとう、お父さん…お父さんがアニの味方でいてくれて、よかった…



……………………………………………………………………………………………………………………………………ブツッ…


終わり

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年04月20日 (日) 03:35:05   ID: E_JPKCTq

アニも結局は「自分も相手も人間=自分は大量殺人犯」て事実を飲み込めなかったのな。
お前は殺す相手の尊厳を守って来たのかよ、と。

2 :  SS好きの774さん   2014年09月04日 (木) 11:16:43   ID: 9Ys_O51h

原作でも数百年は眠らない限りアニにまともな最後は無いだろうな

3 :  SS好きの774さん   2014年09月27日 (土) 22:03:49   ID: bdnxIlPA

乙です。
最後は人間として綺麗な処刑が期待したかったです。

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom