駆逐系園児エレン!進撃幼稚園(50)

うん、また息抜きなんだ。

今回は巨人幼稚園の園児の日常を書いていく。

とりあえず、エレンいってみよう。

今日も平和な巨人幼稚園



エレン「アニ~!今日もくちくごっこしようぜ!」

アニ「いいよ~!」



ミカサ「ギリギリ…」

アルミン「あはは……そういえばミカサはエレンとくちくごっこやらないよね、なんで?」

ミカサ「!………やり方がわからない…」

アルミン「教えてもらえばいいじゃないか」

ミカサ「でも…うまくできなかったらエレンに嫌われるかもしれない…」

アルミン「そんなことないと思うけど…」

ごめん、これエレンメインじゃないわ。

エレン「あ、へーちょ!へーちょも一緒にやろ!」

リヴァイ「今はコニーとオアエリごっこしてるから、また後でな」


エレン「え~…」

アニ「仕方ないよエレン。二人でやろ!」

エレン「ん~…でも人数が多いほうが……あ!アルミン!」


アルミン「!な、なに!?」

エレン「一緒にくちくごっこしようぜ!」

ミカサ「……じー…」

アルミン「あ、あはは…ぼくは今日はやめとこうかな……代わりにミカサを誘ってあげなよ」

ミカサ「!」

アニ「!な、なんでミカサ!?」

アルミン「な、なんでって言われても…」

エレン「ミカサ…一緒にくちくごっこやるか?」

ミカサ「やる!!」

アニ「え~…」

エレン「なんだよアニ。ミカサが一緒じゃいやなのか?」

アニ「…べつにいやじゃないけどさ……」

エレン「じゃあ今日は三人でくちくごっこやるぞ!」

ミカサ「うん!」

アニ「……ちぇっ…」

アニ(今日もエレンと二人きりで遊べると思ったのになぁ…)

アルミン「じゃあぼくは行くね。がんばってねミカサ」

ミカサ「うん!ありがとうアルミン!」



エレン「よし、じゃあさっそく始め……って、そういえば…ミカサはくちくごっこやるの初めてだっけか?」

ミカサ「う、うん…」

アニ「初めてなんだ…」

エレン「じゃあ、まずオレとアニがお手本を見せるから…ミカサはそれを見てやり方をおぼえてくれ」

ミカサ「わ、わかった!」

アニ「ま、あんたには難しいと思うけどね」

ミカサ「ぜったいいっぱつで覚える!」

エレン「よし!始めるぞアニ!」

アニ「いつでもいいよ!」

ミカサ(くちくごっこ…多分だけど私のイメージとしては…)



ーーー
ーー



ーーーーーーー

エレン「これでとどめだアニ!」

アニ「うわーやられたー(棒)」

エレン「オレが人類さいきょうだー!」

アニ「エレンかっこいい!!」


ーーー
ーー

ーーーーーー

ミカサ(ーーみたいな感じだと思う!仮にそうだったらアニより上手くやれる自信はある!もし上手くやれたら…次からエレンはアニじゃなくて私を誘うようになるはず……うん!がんばる!)

エレン「じゃあ、この前の続きからな」

アニ「うん」

ミカサ(…!始まる!!)






エレン「何だお前…まさか暗くて狭い所が怖いとか言うなよ」


ミカサ「……ん…?」

ーーーーーー

ミカサ(ーーみたいな感じだと思う!仮にそうだったらアニより上手くやれる自信はある!もし上手くやれたら…次からエレンはアニじゃなくて私を誘うようになるはず……うん!がんばる!)

エレン「じゃあ、この前の続きからな」

アニ「うん」

ミカサ(…!始まる!!)






エレン「何だお前…まさか暗くて狭い所が怖いとか言うなよ?」


ミカサ「……ん…?」

訂正した。

アニ「…そうさ。怖いんだ…あんたみたいな勇敢な……死に急ぎ野郎には…」

ミカサ「え?え?」

ミカサ(な、なんか想像してたのと全然…)

アニ「きっと…か弱い乙女の気持ちなんて……わからないだろうさ」


エレン「…大男を空中で一回転させるような乙女はか弱くねぇよ。バカ言ってねぇで急ぐぞ!」



アニ「いいや、私は行かない」

ミカサ(ふ、ふたりともいつもと様子がちが…)

アニ「そっちは怖い…地上を行かないんなら協力しない」


………………

エレン「………な…」

ミカサ「…エ、エレン?」

エレン「何言ってんだてめぇは!?さっさとこっちに来いよ!!ふざけてんじゃねぇ!!」

ミカサ「!?エレン!叫ばないで」

アニ「大丈夫でしょ?ミカサ」

ミカサ「!!?」

アニ「さっきからこの辺には……なぜかまったく人がいないから…」


………………


アニ「まったく…傷つく…」


ミカサ「まって!!ふたりともまって!!」

寝る、おやすみ

エレン「…?なんだよミカサ。今すげぇいいとこだったのに」

ミカサ「だ、だって…」

アニ「でも、初めてにしてはうまくできてたね。いきなり入ってきたからちょっとびっくりした」

エレン「おお、そうだよな!オレもびっくりしたぞミカサ」

ミカサ「え…いや…そうじゃなくて…」

エレン「なんだ、ミカサもくちくごっこできるのか。なら次は別のシーンをやろうぜ!」

アニ「そうだね」

ミカサ「ちょ、ちょっと待って!!」

エレン「?どうしたミカサ?」

アニ「?」

ミカサ「こ、これってどういう遊び…「遊びじゃねぇ!!」…っ!?」

エレン「くちくごっこは遊びなんかじゃねぇぞ!!ごっこだからってバカにすんなよな!!」

ミカサ「エ、エレン……」

アニ「まぁまぁ、ミカサは初めてなんだし仕方ないよエレン」

ミカサ「アニ…」

アニ「だからミカサは置いといて私と二人で…」


ミカサ「私もやる」



アニ「ちっ…」


エレン「本当にできるのかミカサ?」

ミカサ「大丈夫」

エレン「遊びじゃねぇんだぞ?」

ミカサ「真剣にやる」

エレン「……わかった。じゃあ次の場面はこれだ!」

ーーーーー

ドサッ!

エレン「いっ……ってぇな…アニ…もう少しなぁ、手心ってもんが人にはあるだろ…」

アニ「私も同じことをあんたに言いたい」

エレン「は?」

アニ「あんたが力いっぱ…」

以下略


グググ

エレン「…アニ…降参だ……降参する…」

アニ「降参?降参なんかしてないで学習しなよ。力の使い方と…女の子との話し方を」

エレン「わ…わかった!覚えるから放せって!」

アニ「…そう…そんなにもっと知りたいの?……ッ!」

サッーードサッ!!

エレン「ぐぁッ!?」


ライナー「」

アニ「………」

エレン「な、何でライナーが降ってくんだよ…」



ミカサ「ねぇアニ、私にもそれ……教えて」

アニ「………」



ーポコッ!

ミカサ「いたいっ!?」

エレン「ばか!なに関係ないやつ巻き込んでんだよ!」

ミカサ「うぅ…」

アニ「ライナー大丈夫?」

ライナー「」





エレン「……ミカサにはまだくちくごっこは早かったみたいだな」

ミカサ「!」

アニ「よくやったねライナー」ボソッ

ライナー「」

エレン「仕方ない…やっぱり今日はアニと二人で…」

ミカサ「も、もう一回!もう一回だけやらせてエレン!」

エレン「え~…」

アニ「諦めなよ…あんたにはまだ無理なんだって」

ミカサ「ッ!次!次できなかったらやめるから!」

エレン「……わかった」

アニ「エレン!?」

エレン「ただし、次はくちくごっこの中でもいちばん難しいちょうさへい団対女型戦の場面をやるぞ」

アニ「!」

ミカサ「…めが…た…?」

エレン「これができないならミカサにはくちくごっこを一緒にするのを諦めてもらう」

ミカサ「!………ぜったいに上手くやり遂げてみせる!」

アニ「…本気なのエレン?」

エレン「ああ…本気だ」

アニ「…わかった…なら私も全力でいかせてもらうからね」

エレン「もちろん!行くぞミカサ!」

ミカサ「うん!」

アニ「ミカサ…悪いけど、エレンは私のものだから!」

ミカサ「違う!エレンは私のだ!!」



ードォォォォン!!!

ーーー
ーー

ーーーーー

翌日


エレン「」ガタガタ



アルミン「ん?……あれは…エレン?…なんだか様子がおかしいな…ちょっと声をかけてみ…」




ミカサ「エレン」

エレン「!」ビクッ



アルミン「あ、ミカサだ」

エレン「よ…よう…」

ミカサ「…まだアニと戦うことを…躊躇してるの?」

エレン「!?」





アルミン「…?どうしたんだろう二人とも…」

エレン「…な、なぁミカサ…今はくちくごっこやってな…」

ミカサ「まさかこの期に及んで…アニが女型の巨人なのは気のせいかもしれないなんて思ってるの?あなたはさっき目の前で何を見たの?」


エレン「」ガタガタ







ミカサ「アナタノハンインヲコロシタノハアノオンナデショ?マダチガウトオモウノ?」

エレン「」


アルミン「」ガタガタ

アニ「あ、エレンおはよう!」

ミカサ「!」

エレン「ア、アニ…」

ミカサ「…女狐…」

アニ「……は…?」


エレン「」ガタガタ





アルミン「………見なかったことにしよう」



頑張れエレン!今日から君がヒロインだ!

さ、オチなんてないがくちくごっこ編は終わり。

また向こうが行き詰まったり、ネタ思いついたりしたらこっち書く

ではまた

え?これ需要あるの?

えっと、一応次回はライナーとかクリスタとか書こうと思ってたんですが…

エレンとかのほうが需要ある感じですかね?

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom