不二咲「できたよ苗木君!山田君が0.001秒だけ超高校級のイケメンになるボタンが!」 (18)

苗木「・・・それは本当に何に使うボタンなのか分かんないんだけど。」
不二咲「苗木君ってサブリミナル効果って知ってる?」
苗木「そりゃあ知ってるけど・・・ああ、そう言う事か。」
不二咲「じゃあ、くれ悪ね。」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1380728474

苗木「貰ったは良いけど歴代で一番しょーもないボタンかも知れないなこれ。」
山田「・・・ですから~私の同人誌のテーマというのは・・・」
桑田「え~とさ・・・勘弁してくれねーかなそろそろ・・・」
山田「いいや、まだまだこれからでござるよ。」

苗木「桑田君が絡まれてる・・・」
苗木「面白そうだから押してみるか。」ポチ

桑田「あのさあ、だから俺は二次元とか興味ないかr・・・!?」
イケメン「? どうしたでござるか桑田殿?」
桑田 ゴシゴシ「・・・いや」
山田「そういえば、何だかお腹空いたでござるな。」
桑田「ああ、そろそろ飯食いにいくか。」

苗木「へえ、0.001秒でも結構馬鹿にしたもんじゃないんだなあ。面白そうだから昼食中押しまくってみよう。」

昼食中
大和田「よう、山田、桑田。ここいいか?」
山田「大和田殿、構わないでござるよ。」
石丸「僕も座らせてもらうよ。」
山田「どうぞどうぞ。」

苗木「男ばっかりか。微妙にやりがいが無いけど・・・ひょんなタイミングで押してみよう」ポチ、ポチ、ポチ、ポチ

大和田「で、葉隠の奴がそこでさあ・・・」
桑田「うわ~めっちゃやりそうだわそれ~w」
イケメン「ハッハッハ、それは実に愉快でござるね。」
大和田「!?」
桑田「!?」
石丸「おや?山田君、今日は何だかいつもより元気が良さそうに見えるがどうしたんだい?」
山田「ほえ?そうでござるか?いやあ、」
イケメン「あまり自覚は無いでござるなあ。」
大和田「!!?」
桑田「!!!」

石丸「いや、いつもとオーラが違うよ!もしかして何か健康法でも始めたのかい?」
イケメン「覚えが無いでござる」
大和田「・・・ごめん、俺ちょっとトイレ行ってくる。めまいが・・・」
石丸「大丈夫か兄弟!? すまない山田君、大和田君の調子が悪そうだから失礼するよ。」
桑田「何か俺も頭痛がする・・・ごめんな山田。」
山田「? ええ、お大事に。」

苗木「大和田君はともかく石丸君スルースキル高いなあ・・・別のタイミング狙ってみよう。」

山田「おや、十神殿。相変わらず懐かれてるでござるなあ。」
白夜「笑い事ではない。が、そろそろ慣れてきた。」
腐川「チ・・・[ピザ]が邪魔よ・・・白夜様だけ視界に収めていたいのに・・・」

苗木「連打したらどうなるんだろう」ポチポチポチポチポチポチポチポチ

イケメン「まあ実害が無ければどうにでもなるんじゃないですかねえ?」
白夜「フン、その通りだ。だからアレの事はあまり言わないでくれ。」
イケメン「フ、意識するときりがない、という奴でござるな?」

腐川「???? 何、何なの、アタシついに目が腐ったの?白夜様×山田がアリとか思うなんて・・・嫌アアアア!!!」

山田「おや、腐川殿走り去ってしまいましたよ?」
白夜「? 珍しい事もあるものだな。」

苗木「今のはちょっと面白かったかな。ていうか十神君スルースキル高すぎだなあ。」
苗木「あ、歩いていく。尾行しよう。」ポチポチ

山田「フンフフンフフ~ン♪」
朝比奈「!?」
イケメン「やあどうも、」
朝比奈「・・・うん、こんにちは・・・」
山田「フンフフンフフ~ンフ~ン♪」

さくら「朝比奈、どうしたのだ?立ち尽くして」
朝比奈「あ、さくらちゃん・・・あのね・・・」

朝比奈「山田が今一瞬凄くかっこ良く見えたんだけど・・・これって何なのかな?」
さくら「・・・さあ?我には何とも言えないが、我に朝比奈の感性を否定する権利は無い。」
朝比奈「・・・さくらちゃん、地味に傷つくよ、それ。」
さくら「ヌ・・・済まない。悪気は無かったのだ・・・」

セレス(あ、腐れラードが歩いてきますわ。)
山田イケメン「~♪」
セレス「!!?」
イケメン山田「~♪」
セレス「!?!!?!?」

苗木「すれ違う時の皆のリアクション面白いなあ。さて、そろそろ飽きたから返しにいこうかな?」
苗木「何か手持ち無沙汰だなあ」ポチポチポチポチ
苗木「・・・無限プチプチみたいでいいなこれ・・・」

・・・
山田イケメン「お、これはインスピレーション!メモらねば・・・」
江ノ島「・・・!?」

イケ山田メン ドンッ「おっと失礼、怪我は無いでござるか?」
舞園「え・・・ええ・・・」

イケメン山田「ふーむ、たまには揚げバターが食べたい」
霧切「・・・?」



苗木「・・・」ポチポチポチポチ

翌日
大和田「本当なんだよ、信じらんねーだろーけどさ!」
葉隠「山田っちがイケメンに見えた?そりゃ冗談キツいべ大和田っち~」
桑田「お、俺も見えたんだよ・・・幻覚なんかじゃなかった・・・」
石丸「二人とも、夜寝てないんじゃないか?昨日のような元気な山田君を見習いたまえ!」
桑田・大和田「本当なんだってば!!!」

江ノ島「ねえ、昨日マジでヤバい体験しちゃったんだけど・・・」
舞園「・・・ええ!?実は私も・・・」
朝比奈「え? あたしもそれ体験しちゃったかも・・・!」

腐川「・・・・」
セレス「ど・・・どうしましたの・・・?目が真っ赤で血が涙みたいに垂れてらっしゃいますけど・・・」
腐川「うっさいわね!!・・・想像に任せるわよ・・・」
セレス「は、はあ・・・」

苗木「・・・」ポチポチ

 ガヤガヤ ガヤガヤ

山田イケ「おはようございまーす。」
超高校生「・・・・・・」
メン山田「あれ?みんなどうしたでござるか・・・?」



苗木「そうして、希望ヶ峰学園に妙な噂が流れるようになった」ポチポチポチ
苗木「山田君は実は異次元からの来訪者だとか、満月の夜に山田君はイケメン完全体になるとか山田くんはイケメンになる契約を悪魔と交わしたとか・・・」
苗木「以来山田君、皆に避けられるようになっちゃったけど、まあ些細な事だよね。」ポチポチポチポチ

何時だったかノリと勢いだけで書いた。
反省はしている。

眠いのでおやすみなさい。

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom