ぼく「皇居、制圧完了しますた」天皇「ッ…!」 (34)

ぼく「みなさん。ブチ殺されたくなければおとなしくしててくらさい。」

天皇「あなた…一体何をしているのかお分かりなのですか?」

ぼく「」バキッ

天皇「…!!」

ぼく「口答えしないでくらさい、ブチコロがしますよ?」

テロリストJ「報告!!皇居周辺封鎖、完了しました!!」

テロリストB「声明発表の首尾、滞りなく準備進んでおります」

ぼく「はい、″盟主″様の許可も降りたことれすし、」

ぼく「始めますか」ニヤッ

ワーワー!!!!!!

キャーーー!!!

貴婦人「」ドサッ

死んでるぞー!!!!
どうなってる!!?
何これ嫌だーーーー!!!

天皇「!!!」

ぼく「言わずともおわかりのはずれす。皇居周辺に及びパンデミックテロが起こってまふ。もちろん、ぼくたちには抗ウイルスを投与してまふ」

ぼく「これをね」スッ

天皇「!」

天皇「た、頼む!!私を…ワシだけは助けてくれ!!他はどうなってもいい!!!ワシだけは…!!!ワシだけはァァァァ!!!」

天皇「私は大日本帝国天皇陛下である!!!」キリッ

ぼく「本性をあらわしましたね」クスッ

天皇「私は天皇私は天皇私は天皇私は天皇…」ブツブツ

ぼく「いかれ老害が、ついに気をチガいましたか…実に滑稽!!無様なのれす…」

天皇「ワシだけは…助…けろ…」

ぼく「」イラッ

トサッ

ぼく「世界はもらった!!!」

天皇「わ…れ…は…天の…」

ぼく「wwwwwwwwwwwwwwww」

キャーーーーー!!!!
陛下が!!!陛下がーーーッ!!!
いやーーーーー!!!

ぼく「何と醜い…これがかの大日本帝国天皇陛下れすか…結局最期の最期で己の保身に走るだけとは…」

テロリストL「″ハローワーク″様!!全国生中継入ります!!」

ピッ

ぼく「おはようございますゴミのゴミによるゴミのためのイカれ国家に生まれた哀れな民諸君、わたすは国際平和維持機構″紅の涙(アカのナミダ)″最高幹部の一人、″ハローワーク″れす。」

ボク「荒廃し切ったこの国にいるみなさんに提案がありマフ。」



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーアメリカ合衆国

大統領「よせ!!おいよせ!!!やめろーーーー!!!!!」

???「醜い…これがあの世界の王の姿か?」

スッ バタッ

???「いや…」

配下テロリスト「報告!日本より、兄のハローウェイ様が国内制圧したとの報告がありました!!!」

???「兄さん!!?ついにやったんだね…」

弟「これで僕たちの悲願も叶うよ…」

SP「ぐぐぐ…!貴様…キサマラなんぞにぃぃぃ……!!」

護衛「だい…と…りょ………」ピクピク

弟「もう…抵抗はやめるんだ…頼む、残念だけど僕の″服従″からは逃れる術はないんだ…」

テロリスト配下「では″ゼアアイデンティティ″様、そろそろ…」

ゼアアイデンティティ(弟)「そうだね…兄さんも待ってる…」

ーーーーーーーーーーーーーーー
ローマ

テロリスト「ヴォヴァーヴォーイ様、一帯は占拠完了しました。」

ヴォヴァーヴォーイ「平和ボケしたこの世界、実に残念です…」

教皇「ッ…!痴れ者が!!!今すぐ立ち去れ!!」

ヴォヴァーヴォーイ「立ち去るのはあなたですよ?もっとも、″あの世″への一方通行かもしれませんが…」ゴゴゴゴ

教皇「フンッ!ゴロツキが…″使える″ようだが所詮その程度よ…!!」スッ

ーーーー数分後

教皇「うぐ…」ボロッ

テロリスト「あぁ…ヴォヴァーボーイ様…相変わらずお美しく強い方だ…」

ヴォヴァーヴォーイ「身柄は外傷なく綺麗に保管せねばなりません、丁重に取り扱ってください。」

テロリスト一同「は!!」

ーーーーーーーーーーーーーーーー
中国、北京

国家主席「き!キサマラ!!!今やめれば命だけは助けてやるぞ!!!!!」

???「ほざけ、貴様自身の犯してきた業の罪を恨むんだな」ジャキジャキジャキ

配下「F(フロンティア)・ジャーニー様!!」

F・ジャーニー「チッ、分かっている」

国家主席「ひっ…!!!?」

ーーーーーニュースですニュースです

ただいま世界各地で指導者たちが襲われ攫われる事件が多発してる件について…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

???「よく…やってくれたな」

???「厭離穢土欣求浄土!!」

厭離穢土欣求浄土「はい」

???「ヴォヴァーヴォーイ!!」

ヴォヴァーヴォーイ「はっ!」

???「ビッグボス!!」

ビッグボス「ほい」

???「F・ジャーニー!!!」

F・ジャーニー「ここに」

???「イビル・アセンション!!!!」

イビル・アセンション「ふえぇ…ここにいまぁす!」

???「ゼアアイデンティティ!!!」

ゼアアイデンティティ「はい!」

???「そして…」

???「ハローワーク!!!!」

ぼく「はい」

??「ただいま戻りました」

??「″盟主″様」

″盟主″「おぉ!!来たか!!!」

″盟主″「″アヘルセカイ″!!!」

″盟主″「ここにはおらんが…″恋貧(れんびん)″!!!!」

″盟主″「これより″始め″る」

″盟主″「我々″紅の涙″(ヴァーミリオンアイ)がセカイをままにする日も近い…」

″盟主″「キサマラ九聖はその柱となるのだ!!!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ぼく「…」

弟「いよいよだね、兄さん…」

ぼく「とっくに始まってますた、こうなることはぼくたちが産まれた時からの決定事項なのれす、それに」

ぼく「今は″*****″だっていまふ」クスッ

弟「確かに個の実力だけなら″九聖″の中でも上位を争う…だが妹はまだ幼い…僕たち″英仙の聖″(えいせんのひじり)にはまだまだ早すぎるよ」

テロリストB「ぼく様…こんなとこにおられましたか」

ぼく「ハローウェイ…ここにいましたか」

ハローウェイ「″指令″までにはまだ時間があります、どうですか?昼食でも…」

アブアレイズ「あら、ぼく様が来てくださるなら場が華やぎますわ」

ぼく「お誘いありがたいれすが」

ぼく「せっかく弟と再開できたことですし彼と食事をとりましょう」

ぼく「ほら、いきまふよ、今日は″*****″も呼んでまふ」

弟「久々の兄妹水入らずということだね…」

ぼく「」クスッ

バタン

???「お兄ちゃん達遅ーい!」

ぼく「すみません、少し集合が長引きますた」

弟「やあ、久方ぶりだね」

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2015年07月27日 (月) 13:14:27   ID: ieQUopRP

これ書いたの在日朝鮮人かな、エラ張りブス

2 :  SS好きの774さん   2015年12月05日 (土) 15:31:34   ID: kEyZ-fwe

書いた奴死ね

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom