男「彼の偽善者論理」 (5)

男「ここまで来ればもう、あの真っ直ぐ先に見えている階段を降りれば駅に着きますよ」

お婆さん「すまないねぇ、こんなところまで着いてきてもらっちゃって」

男「いえいえ、この辺りを目的もなくうろついていただけですから。こちらとしてもいい暇潰しになりました」

男「それでは段差にお気を付けて……」

白髪の青年「この荒んだ世の中、ご立派なもので」パチパチパチ

男「えっと、キミは誰? さっきから、僕の後ろを付回していたよね」

白髪「やだなぁ、自意識過剰。俺は駅に向かっていただけだって言うのにさ」

男「でも……キミ、わざと途中で歩く速度を落としたよね」

白髪「いつもそんな感じに、誰かが見てくれてるって信じてああいうことをしてるワケか?」

白髪「涙ぐましい努力だねぇ、見ていて可哀相になるよ」

男「…………」
(変な奴だな、あまり関わらない方がいいかもしれない)

白髪「俺はさ、お前みたいな偽善者が嫌いなんだよ」

男「そっか、じゃあ、僕はこれで……」

白髪「暇なんだろう? ちょっとぐらい話を聞いてあげてもいいんじゃあないかなぁ、偽善者さん」

白髪「なあ、俺とゲームをしてみないか? お前が善人か、偽善者かを賭けてさ」

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom