島風「私、みんなに嫌われてる気がする……」 (84)

島風「電ちゃん出撃準備おーそーいー!置いてっちゃうよー?」

電「ご、ごめんなさい!これでも全力なのです」

島風「まったくもう…ま、私よりはやい艦はいないから仕方ないんだけどね!」

天龍「おい、私だって高速艦なんだが…」

島風「おそいよー。だってかけっこで私に勝てたことないじゃん!」

天龍「くっ…」

島風「あははは、やっぱり私がいちばんね!みんなおっそーい」

赤城(……)イライラ

~帰港~

島風「私、大破しても頑張ったよ提督ー!」

提督「ああ、そうだな…」

金剛「ノォー、中破してしまいましター…修理お願いネー」

島風「あ、わたしも修理して提督!」

提督「あぁ、入渠ドックは響も使っててあと一枠空いてるから…金剛、直してきてくれ」

金剛「提督ありがとデース♪」

島風「えー!?なんでですかー!」

提督「お前はダメコン積んでるからからまだ必要ないだろ」

島風「…むぅ……」

島風「あれ?私のぶんの晩ごはんは?」

電「あ、島風さんのご飯ならさっき、赤城さんがぜんぶ食べちゃって…」

島風「ちょっと、なんで勝手に食べちゃうのよ赤城ぃ!?」

赤城「だってあなた、さっき提督の部屋でようかん食べてたじゃない?モグモグ体小さいしそれで足りるでしょモグモグ」

島風「そんなのひどいよ~!ふん、いいもん、電ちゃんからもらうもん。いいでしょ?」

電「え…えーっと…」チラッ

龍田「あげなくてもいいのよ電ちゃん。自分のぶんのご飯でしょ?」

電「し、島風さん…その…」

島風「……いいよ。提督に分けてもらってくるもん」スタスタ

島風「なによ、勝手に食べて返さないなんてひどいじゃない…」ブツブツ

龍驤「やったぁ~!ウチが一番や~、ほめてほめてー!」

島風「わたしだって頑張ったんだから!ヲ級空母を沈めたんだよ提督!」

龍驤「ちょっち、沈めたのはあんただけど、体力をほとんど削ったのはウチやで!?」

金剛「龍驤ちゃんの言うとおりデース」

提督「ああ、よくがんばったな龍驤」ナデナデ

龍驤「えへ~」

島風「むぅ……」

長門「どうした島風、なにか探してるのか?」

島風「うん…あのね、わたしの連装砲ちゃんどこかで見なかった?」

長門「連装砲…?そこに転がってる鉄クズがそうじゃないのか?」

島風「え、ちがうよー。わたしの連装砲ちゃんは、こんな鉄クズじゃ…な…」

島風「えええ!?嘘、嘘っ!?なんでよ、どうして!!?連装砲ちゃん!!そんな、こんな、バラバラにされて…どうしてよ……誰が…」

長門「さあな…ただ、さっき赤城がなにかを鉄棒でめちゃくちゃに殴ってるのは見たぞ」

島風「そんな…連装砲ちゃん……うわあぁああぁぁあん!!」

長門「そんなに大事なものだったのか…。よしよし、泣くんじゃない…」

赤城wwww

島風「……それでね、連装砲ちゃんをちゃんと供養してあげたいの…今から海に出てきてもいい?」

提督「出るって言っても、もう夜だ。一人じゃ危ないぞ…お、金剛、いいところに来た。島風に付き合ってあげてくれ」

金剛「どーしたんデスか提督ー?ふむふむ、他ならぬ提督の頼みとなればしょうがないネー。島風に付き添ってあげマース」

提督「ああ、頼んだぞ金剛。島風、なるべくはやく帰るんだぞ」

島風「うん…よろしくね金剛」

金剛「ハーイ♪」ニコォ…

~夜の海上~

ポチャン…

島風「さようなら、連装砲ちゃん……昔瑞鳳ちゃんが沈んだこの場所ならさみしくないよね…」

金剛「…その連装砲、そんなに大事なものだったんデスか?正直、武器庫にたくさんあるものと変わらなく見えるネー」

島風「あなたにはわかんないです!連装砲ちゃんがいるのが、私にとってどんなに心強いか…!」

金剛「そうデスかー。まぁアナタの価値観なんて興味ないのでそれ以上しゃべらなくていいデース。あと息臭いデス」

島風「なっ…!なんなのよ、そんな言い方しなくても…!」

金剛「うるさいネー、提督に甘えてばっかりで私にもアナタのお守りがまわってきて…迷惑してるんデスよ?」ドカッ

島風「わっ!?」バシャーン

金剛「少しは頭冷やしてくだサーい。あはははは…」

こ、これは島風を元気つける演技だから

~鎮守府~

島風「はっくしゅん!ううっ…さむい…」ポタポタ

島風「金剛さんがあんな人だったなんて……はぁ…はぁ…さむいよぉ…提督…」

島風「提督といっしょにお風呂であったまれば、こんな冷えた体も心も……あっ」

金剛『提督に甘えてばっかりで…』

島風「……今日はひとりでお風呂入ろう…連装砲ちゃんもいないから、ほんとにひとりで…ううっ…」ブルッ

hayo

島風「あれ?わたしの朝ごはんは…?」

電「あの…その……わたしが来たときには、赤城さんが、もう…」

島風「ええ、また!?赤城、わたしのご飯返してよ!」

赤城「悪いわねー、お腹空いちゃってたから、ついつい」

島風「つい、じゃないでしょ!?いっつも海の上じゃ私よりおっそいくせに、食べるのだけははやいのね!」

金剛「……」ピキッ

龍驤「……」ピク

赤城「はぁ……もう食べちゃったご飯、そんなに返してほしいのね」ガタッ、スタスタ、ガシッ

島風「っ!?なっ、何する気――」

赤城「うっ…お゙ぇええええぇぇえええっ!!」ビチャビチャ

島風「……!!っぷ……!!」ビチャビチャッ

赤城「ふぅ…ほら返したわよ。文句ないでしょ」

金剛「オーウ、赤城さん優しいネー!」パチパチ

島風「……ありえない……」ポタポタ

恥も外聞もない・・・

~入浴後~

島風「なにも私にゲロぶっかけたりしなくてもいいじゃない、赤城……」フキフキ

島風「あ、わたしがいない間に出撃してたんだ…」

ワイワイガヤガヤ

金剛「ついに2-4突破してきたネー!これもみんなのおかげデース!」

長門「私の力はもちろんだが、誰かが一人欠けても突破はできなかっただろうな…」

龍驤「提督ぅ、ほめてほめてー!」

ガヤガヤ

島風「うそでしょ…?わたしがいない艦隊で出撃して…あの2-4を突破してきたの?一番はやいわたしが…いなかったのに…」

島風(物陰から)「……」ジー

提督「よくやったなみんな!苦節1ヶ月、ついに魔の海域を突破できた」

赤城「提督ぅ、私も褒めてくださいな」

提督「うん、よくやってくれたな赤城!」ムギュー

島風「なっ…!」

赤城「うふふっ」ギュー

金剛「いつも島風ちゃんが大破するたびに帰投してたじゃないデスか?あのせいでなかなか進撃できなかったのがクリアできなかった原因デース」

島風「……っ!」ダッ

どがっ!

赤城「きゃあっ!?」ドタン

提督「なっ…い、いきなりどうした島風!?」

sie

島風「はぁはぁ…て、提督に、わたしの提督になれなれしくしないでよっ!!」

赤城「いったぁ…」

龍驤「あ、赤城、ちょっち大丈夫?」

提督「島風…」

金剛「いきなり突進してきて何デスかー?またはやさ自慢のつもりデスか??」

島風「ち、ちがうよ!私はただ、この人が…」ピッ

赤城「……」

島風「こんな性悪女に提督が騙されてるの、見てられなかっただけなんだからっ!」

提督「島風……赤城に謝れ」

島風「え……?」

          _,/ ̄ ̄` ̄\、/レ
        //   ,  /\ .i i V〈
        / /  ∠ム/ ー-V l 「ヽ  <ざまぁないのです!
         j v、!●  ● i ' ├'     
       /  〈  -=-'  / .i y 
      / _ ,.イ , `ーゥ  t-!,、_У     ∴
      ´ ' .レ^V´ V_,ィtー〈  「| 「|

     ∴     / `央ー'j  \_|:| |:|
       ∴ ,/ー、{,_ノ /ー、!  \::::]∴

すみません、はなれるのでほしゅたのみます

>>54
カーンカーン

>>59

           _,/ ̄ ̄` ̄\、/レ
         //   ,  /\ .i i V〈
         / /  ∠ム/ ー-V l 「ヽ
          j v、!●  ● i ' ├'   <・・・・・。
        /  〈   -   / .i y'
       / _ ,.イ , `ーゥ  t-!,、_У
       ´ ' .レ^V´ V_,ィtー〈  「| 「|

            / `央ー'j  \_|:| |:|
           ,/ー、{,_ノ /ー、!  \::::]

     ∨////∧     |ll////

      ヽ////∧   ___t|///―-- 、
        ヽ\/∧!|||||||////== 、   ヽ
         `,ゝ,,,{lllllllナ ̄ ̄ `ヾ \   ヽ

         // `ー'        ヾ,ヽ、

          ,'/              \l    V
          /    ',      |\      ヽ   V
       /    l、 i       |  \ |l    ヽ  V
       ,'    | \丶    !='""丶ト、    丶  V
      i    |ー-=ヽ',    | ニ,-ュ==ト     ,ハ}   V
      /     ! _,ニ,_ ヽ、, l 弋恋示 | ,人リ    V
     ノ/|   ト 升心  ヽメ   ''=' , l,イ |l      V

          l ト、 | ',ヾ=''        '"" リl |ヽ ' ,   V
        リ ヽ|i. ベ""  `        ,イ | 丶 ' ,  V
           |.  lf 、    _    イト|  |   ヽ  '
           |.  || `  ー- _ ィ ´  l |! l\  ヽ 丶 \

           |.  |l   | /  l     / | /   ゞヽ、丶 \ \
     ━╋━╋┃┃╋━┓┓━━╋━┃     
       ┃  ┃    ┃  ┃┃━━╋━┃     
       ┃━┛    ┃  ┃┃┏━╋┓┃     
       ┗━━    ┃━┛  ┗━┛  ┗━━┛

         ____       ____
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . ̄ i

          ,: : :r. ━━━━━━━━━━━━ ┓ : : l
       ,: : : ┃  ☆            乂   ┃: : :.|
       / : :...┃_ -―┼  ̄> / /  /  i ヽ. ┃: : :.|
       /`ミ: : :.┃||  σ/  /     _.  (丁   ┃: : ξヽ
     ,'ノ: : : : ┃。   / ☆ \.   ( ノ ヽ      ┃: : : :r 」
        : : : : : ┃   ´           .ノ     ┃: : : :i´
      |: : : : : ┗━━━━━━━━━━━━ .┛: : : :l
      └―――――――――――――――――‐ .┘
      く     Y::::::/十‐人::::::::::ノ::ナ:‐t::::::::::}   イ/
 。     \    ヽ/  ∨  \::/  ヽ八:::::::::;    ノ
 \\     ゝ   》 ━━   ´ ━━ 》::::::ノ   /        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.`ヽ
「\.\\    }   ト、xxx  _ _  xxx リ /   /       .|   書けました!
\::::\\\  }    .::ヽ  /::::::::::ヽ  /::/   /        乂_______.ノ
  \:::.\\\,ノ     :::ソ  ヾ ̄`ノ  /:./    i
   \::::\\]ヽ_     ヽ≧―  t≦《::{    /
    i:::::::::┌― \    ノi\\ //{::{   ./
    l:::::::::└―― ヽ  / └ \ ./ 人   /

                  -‐‐─--
               ´           `  、

                /                   ヽ
             /       ___
            !     - ‐艦 |\/| こ   、        \
           │ //    _ \ /    れ  、      ヽ
           ! / , -‐/. / ̄i  !  ̄ i ‐        ヽ
              〉/   / ./     〉 λi  ヽ !`丶   \      }
          / i′ /| /へ、  \ ヽ廾弋   i   ヽ  丶     i ふっふっふー
           ! ! / リ∩      ー‐ゝ、.\ヽ |     |\   ヽ    !
            i  i i   | |       |│  `.|    !巛 ヘ  i   /          
          !  〉亅.  ∪         |│   i   入ミミミ∧ |
           ,‐| / ヽ            `´    i   γ¬ミミミ 〉|ノ 廴__            私に会えなくて寂しいのだろう
         ! i .!        __       .!   / ノ 巛へ/弋廴__く
         〉、y ゚。         ヽ丿         !  /- く⌒《》  入 \          
         ! |ヽ `=- _,、 ___ ,、 _   -‐/ /彡彡\/ ̄ \i´
        i  .! \! / ミ〉 .〈 \ ! !  ソ/-‐  ´  ! `、
        i  , 〈   .( ,ゝ--∧ー i乙/¨\        i   !
        ! λ \  実:ω;実´ `)   }         /   |
        乂从ヽ ヽ、 i `:;:;:;:´ 〉‐- -‐´i        //   /
           ヽ杁__ ゝ:;:;:;:;:;  i(´A`)  〈     ´ /   ノ
                   | :;:;:;:;  /ニニ二ニニl     メ´
               ノ _  ./ ! |  |  i ヘ
                 / ノl l│.  i  |.  |  i ヘ
             し.´│|.i 入 !  |  .i  i   〉
                    し   `ト ┴-‐┴ー‐ ´
                    | |     | |
                         !ー|    !ー|
                    | |     | |
                    し    し

島風「提督、わたしより赤城のほうが…好きなの?」

赤城「島風ちゃん……私が悪かったなら、謝るから…。ごめんなさい……」

島風「へ…!?」

提督「ほら、島風もごめんなさいすればまたもとの仲に戻れるぞ。なかよし鎮守府だ」

金剛「…きっと島風ちゃんは、提督とハグしてる赤城さんに嫉妬しちゃったネー。よくあることデース」

島風「なっ……金剛さん…?えっ、えと……ごめん、なさい、赤城さん…」

赤城「ううん、私の方こそ…ごめんなさい島風ちゃん」ギュッ

提督「うんうん」

島風(あ、赤城さんの抱っこ……強すぎて苦しい…これ絶対謝る気ない…!)ギリギリ

すみませんまたしばらくはなれます

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年12月08日 (月) 16:04:15   ID: PcrAU35b

捏造アンチは屑のやること、はっきりわかる

2 :  SS好きの774さん   2015年07月22日 (水) 07:08:48   ID: 8l3kVZuK

赤城がwww

3 :  SS好きの774さん   2015年09月14日 (月) 16:57:46   ID: HM7nUbMu

離れるとは

4 :  SS好きの774さん   2016年11月28日 (月) 09:55:27   ID: fqesF2TE

自●でしょ

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom