戦刃「盾子ちゃんが頭打って普通の超高級のギャルになっちゃった」 (30)

今度こそちゃんと保守するから続きはよ

江ノ島「ちょっとー!何なのよここ!」

戦刃(あぅあぅ…もうすぐコロシアイ学園生活が始まるのに…)

江ノ島「お姉ちゃんこれどうなってんの!?説明してよ!」

戦刃「ごめんね盾子ちゃん!!」

江ノ島「えっ…ギャン!」パタッ



戦刃(とりあえず盾子ちゃんには超高級のギャルとして普通に参加してもらって)

戦刃(私がモノクマ操って、盾子ちゃんが死んじゃうのは嫌だからコロシアイは当分無しで…)

江ノ島「ん?…ここどこ?」

江ノ島「確かアタシは…お姉ちゃんと……なんだっけ…」

江ノ島「アレ!?お姉ちゃんは!?」

江ノ島「……」

江ノ島「こんな時は…いやー!!助けてー!!襲われるぅぅぅぅ!!」

シーン

江ノ島「ウソ…来ない……」

江ノ島「希望ヶ峰学園…?」ペラッ

江ノ島「…そうか。アタシはこの学園に入ろうとしてそれで急に意識が……」

江ノ島「……」キョロキョロ

江ノ島「急に心細くなってきた…」

江ノ島「…とりあえずこの部屋から出よっかな」



江ノ島「なんか不気味すぎ…ドッキリとかそういうの?」

ガヤガヤ

江ノ島「あっ!誰かいる!良かったぁ」

石丸「遅いではないか!いきなり遅刻とはたるんでいる!」

桑田「つか何だよここ。オレら誘拐されたのか?」

大和田「ちっくしょう!どこのどいつだ!」

江ノ島(…あー、こいつらもアタシと同じって事か)

苗木「……」ジー

江ノ島「…何?」

苗木(この江ノ島さんが……)



戦刃『実はかくかくしかじかで…』

苗木『えっ!?つまりこれはキミ達姉妹が全て計画したの!?』

戦刃『どうすれば良いかな…』

苗木『知らないよ!!ってか記憶を奪ったとか外が崩壊してるとか信じられないよ!大体何でボクに教えてるの!?』

戦刃『…苗木君ならなんとかしてくれるかなって』

苗木『意味が分からない!』

苗木「どうしろって言うんだよ!!」ダンッ

江ノ島「キャアッ!?」

十神「うるさいぞ、耳障りだ」

苗木(もしさっきの話が本当なら…江ノ島さんには注意しなきゃ)ジー

江ノ島(な、何なのよ…こいつ…何なのよおおおおお!!)

戦刃『あーあー。き、聞こえてる…かな?』

腐川「女の声…?」

苗木(あっ、戦刃さんの声だ)

戦刃『あっ…間違えた…モノクマボイスにしてなかった、ちょ、ちょっとタンマ…』ゴソゴソ

江ノ島(…お姉ちゃん何やってんの)

モノクマ「えーっと、みんなおはよう」

石丸「おはようございます!」

山田「ギエエエエエエエエエエ!?ぬいぐるみが喋った!?」

モノクマ「ぬいぐるみじゃないよ。モノクマだよ」

江ノ島「モノクマ?」

モノクマ「うーんと、あー…きょ、今日も良い天気だね」

朝日奈「天気とかここじゃ分かんないよ…」

モノクマ「……ごめんなさい」

葉隠「やっぱこれって学園のレクリエーションか?」

モノクマ「うーん、合ってるような…違うような…」

モノクマ「あっと、えっと…」ウィーン

不二咲「ぼ、盆踊りはじめた…」

モノクマ「操作難しいよぉ…こんなの無理だって…」ヨタヨタ

江ノ島(うわぁ、コレ間違いなく残念なお姉ちゃんだわー)

苗木(本当にこれで黒幕なの…?やっぱりボクは騙されてるの…?)

モノクマ「と、とにかくみんな学園生活を楽しんでね!特に盾子ちゃんと苗木君」

江ノ島「ちょ!?どういうことか説明しろよ!」

苗木「何のために出てきたの!?」

大神「…どうするのだ」

セレス「どうするもこうするも閉じ込められた事以外さっぱりですわ」

十神「…苗木、江ノ島」

苗木「ど、どうしたの?」

十神「とぼけるな。先ほどのモノクマの言葉。お前達二人は何かヤツと関わりがあるはずだ」

十神「知っている事を全て教えろ」

江ノ島「って言われてもねぇ…多分操ってるのがアタシのお姉ちゃんって事ぐらいしか」

桑田「はぁ!?じゃあこんなことした理由も知ってるだろ!?」

江ノ島「知らないって!!アタシも何も聞かされてねーよ!」

苗木(…江ノ島さん本当に記憶喪失なのかなぁ)

戦刃「と、とりあえずこれでいいよね…。後はモノクマを舞台袖に…」ポチッ

ガショガショガショガショ

腐川「ひいいっ!!?」

大和田「な、なんだありゃあ…。槍…?」

モノクマ「あわわっ!ち、違、これじゃなくって…」

ドゴーン

葉隠「こ、今度はあの人形が爆発したべ!!」

桑田「な、何だよこれ…、何が起きてんだよ…」

戦刃「あわわわ…、どうしよ、どうしよ…。あっ、そ、そうだ!」

『えー、えー、不二咲くん、不二咲くん。至急情報処理室まで来なさい』

不二咲「えっ…、ぼ、僕…?」

石丸「待ちたまえ!不二咲くんを一体どうするつもりだ!」

『え、えっと…、とにかく、早く来なさい!早くしないと酷い事になりますよ!』

朝日奈「待ってよ、そもそも情報処理室ってどこなのさ?私達、ここに来たばっかでどこに何があるかも知らないんだよ?」

『えっ…?あ、そうか。皆の記憶は奪っちゃったから……』

大神「…待て、今なんと言った?記憶……?」

『あああああっ、もう待ちません待ちません待ちませんっ!!三階にあるから一人でそこまで来なさいっ!!!』




戦刃「ううう…。盾子ちゃん、助けてえ…」

苗木「ど、どうしよう…。まずはその情報処理室に…?」

霧切「…でも、不二咲さんを一人で行かせるのは危険よ。一体何のために…」

江ノ島「あー、でもあれが本当にお姉ちゃんなら…、大丈夫だと思う。なんか今はその…、残念なモードだから」

十神「しかし、従うしかあるまい。どうやらあのモノクマとやらは監視カメラで俺たちを見張っているようだし、先程の事もその気になればいつでも殺せるという警告だろう」

江ノ島(いや、アレは間違いなく何かやっちまってテンパってた)

葉隠「ふ、不二咲っちぃ…。行ってくれるか…?」

不二咲「う、うん…。僕が行かないと、多分どうにもならないだろうし…」

苗木(戦刃さん…、いったい何が目的なんだ…)

戦刃「ふう…。とりあえずこれで…」

戦刃「…ってそういやウィッグもメイクもしてない!どどどどうしよどうしよ、あああ不二咲くんがもうそこまで来てるっ!!」

コンコン
不二咲「あ、あの…」

戦刃「ちょ、ちょっとストップ!!」

不二咲「は、はい…」

戦刃(あっ、そう言えば盾子ちゃんがここに覆面があるって言ってた!確か…あった、これだ!)

戦刃「も、もういいですよ。入りなさい」
ガチャ
不二咲「失礼…、します…」

戦刃「…よくぞ来てくれました。私こそがこの学園の…」

不二咲「あの…。あなたが、戦刃むくろさんですか…?」

戦刃「」

不二咲「ひうっ!あ、あの、ごめんなさい。でも、江ノ島さんが…」

戦刃「……………む、無駄な詮索はしない事です。それよりも、あなたにお願…命令があります」

戦刃「ここの情報処理室を好きに使って構いません。だからその…、安全なようにしなさい」

不二咲「…?安全な、ように…?」

戦刃「え、えーと…。とにかく、あなたにこの学園の生活はかかっているんですっ!」

不二咲「は、はい…!」




不二咲「うーん、凄いセキュリティだなあ。プログラムもかなり複雑だし…」カチャカチャカチャカチャカチャカチャ

戦刃(それはそうだよ。だって、盾子ちゃんが世界中の科学者さんたちを集めて、二年もかけて作り上げたんだもんっ)フンス

不二咲「これじゃあ、全部解析するのに三日はかかりそう…」カチャカチャカチャカチャカチャカチャカチャカチャ

戦刃「み、三日…」

舞園「あれからもう一週間になりますが…。不二咲さん、大丈夫でしょうか…」

苗木「一応時々通信はしてくれてるけど…。心配だよね、こっちからは向こうの姿は見えないわけだし…。」

大和田「クソがぁ…。俺があん時、無理矢理にでも不二咲を止めていれば…!」

石丸「そう自分を責めるな兄弟!そんな事を言えばこの僕も同罪だ。今は、不二咲くんが無事に帰ってくる事を共に祈ろうではないか!!」

大和田「きょ、兄弟イイイィィィィ!!!」

大神「江ノ島よ、本当に何も知らぬのか?お主の姉が本当にこの事件の黒幕ならば…」

江ノ島「…ワっかんない。だって、こんなの初めてなんだもん。あの残念なお姉ちゃんが私に何も言わないでこんな事するの…」

江ノ島「でも、多分お姉ちゃんは黒幕じゃない。あの残姉ちゃんが一人でこんな事出来るわけないし、誰かがお姉ちゃんに命令してたけど、その本当の黒幕と何か理由があって連絡が取れなくなったとか…。多分、そういう事だと思う」

苗木(それは君だよ…)

戦刃「ふ、不二咲くん、あんまり無理はしない方が…。それに、もう安全装置?はかけてくれたんならそれで…」

不二咲「あっ、そこに置いといてくれるかな?ごめんねえ、今いい所なんだあ」カチャチャチャチャチャチャチャ

不二咲「面白いねえ。自立型AIと外部入力による並行処理…。これならリアルタイムであの複雑なアルゴリズムを処理してたのも納得だよお」カチャチャチャチャチャチャチャチャチャチャチャチャチャチャ

戦刃「う、うん…」

不二咲「でも、少しこのAIは屈折し過ぎだよお…。うぷぷ、もっと平和に、楽しくいかないとお…」

戦刃(な、なんか不二咲くんが最近盾子ちゃんに似てきた気がする…)

不二咲「これ…、で、終わり、だよお…」ドサッ

戦刃「不二咲くんっ!?だ、大丈夫…?」

不二咲「う、うん…。ちょっと…、疲れちゃった…。あ、それとこれでモノクマの…そう、さ…」

戦刃「不二咲くんっ!…寝てるだけ、だよね?うん…。ところで今言ってたのって…………ヘルメット?」

戦刃「これを被ればいいの…?う、うーん…それで、どうやって…」

モノクマ「」ヒョコッ

戦刃「うわっ!…ひょっとして、これで…?」

モノクマ「」ジャブッジャブッスカイアッパー!

モノクマ「うぷぷ、モノクマだよ」

戦刃「わっ、凄い…!これなら…!」


~~~~~~~~~~~~~~~

モノクマ「えー、えー、不二咲クンをお持ちしました」(し、失礼します…)

桑田「モ、モノクマ…!」

大和田「テメエ…、不二咲に一体何しやがった…!」

モノクマ「あわわわ、暴力はんたーい!学園長への攻撃は校則違反だよっ!」(や、やめてっ…!爆発しちゃう…!)

モノクマ「それにボクが何かしただなんて、酷いなあ。十分に仕事をしてくれた不二咲クンを、わざわざねぎらって運んでやったっていうのに!」(つ、疲れて寝ちゃったみたいだから、ゆっくりさせてあげて…?)

大神「むう…。見て分かるような外傷は無いが…。とにかく、まずは不二咲を部屋に連れて行くか…」

石丸「待ちたまえ!異性の部屋に勝手に入るなど…。不純異性交遊ではないかっ!」

大神「我は女だが…?」

石丸「そ、そうだったか。それは失礼をした…」

モノクマ「うぷぷ、仲良き事は美しき哉だねえ。それじゃあ、ごゆっくり…」(あんまり喧嘩とかしないでね…?それじゃ、私もこれで…)

江ノ島「ちょっと待ってよ!」

モノクマ「おやおやあ?江ノ島盾子さん、どうしちゃったのかなあ?」(び、びっくりしたあ…。盾子ちゃん、なに…?)

江ノ島「アンタ…、お姉ちゃんじゃないよね。一体お姉ちゃんをどこやったのっ!!」

モノクマ「ボクはモノクマだよ。この学園の、学園長なのだ!」(え、わ、私はここにいるよっ?)

江ノ島「ふざけんなっ!!あれから何回読んでも出てこないし…。アンタがお姉ちゃんに何かしてたんでしょっ!!」

霧切「確かに…。以前までのモノクマとは、何もかもが違いすぎるわ。それとも、それもあなたの作戦なの…?」

モノクマ「よよよ…。せっかく生徒の為を思ってここまでやってきたのに…。先生は、悲しいです…」(こ、これは不二咲くんにそうやってしてもらったから…)

江ノ島「お姉ちゃんにそんな器用な真似出来るわけない…。いいから返せっ!!お姉ちゃんを、返してよお…!」

霧切「やめなさいっ!…江ノ島さん、うかつにそいつに触らない方がいいわ。あなたの為にも…、そして、あなたのお姉さんの為にもね」

江ノ島「うっ…、う…」

モノクマ「まったく、最近の若者は怖いねえ。それじゃ、ボクはもう一仕事するとすっかな!」(ごめんなさい…。いつかはちゃんと説明するから、だからもう少しだけ待ってて…?)




戦刃「……えへへ」

戦刃「そっかあ…。普段は盾子ちゃん、私のことそんな風に思ってくれてたんだあ…」

戦刃「えへへ、えへへ、えへへ」ゴロンゴロンゴロンゴロン

不二咲「う、ん…」

大神「…む。気が付いたか、不二咲よ」

不二咲「ここ…は…」

朝日奈「不二咲ちゃんの部屋だよ。モノクマが不二咲ちゃんを連れてきたのを、さくらちゃんが運んでくれたんだけど…。大丈夫?一体、どんな事されたの?」

不二咲「え、えっとねえ、それは…」




『あ、あのね。それで、ここでの事は…』

『他言無用、って事だね。ごめんね戦刃さン。ちョッと、静かにしてもらえるかなあ?』カチャカチャカチャカチャチャチャチャチャチャ

『あ、ご、ごめんね。邪魔だったよね。それじゃ、何かあったら言ってね…?』




不二咲「………うーん、なんだか思い出せないやあ」

大神「むう…。確か奴は記憶を奪うなどと言っていたから、もしやとは思ったが…」

朝日奈「ゆ、許せないよそんなのっ!!きっと何か、とんでもない事を不二咲ちゃんに…!」


不二咲(機会があったら誤解を解いておくから。ごめんねえ)

不二咲「みんな、心配かけちゃってごめんねえ」

石丸「何を言う!不二咲くんが無事にこうして戻ってきた、それだけで十分じゃないかっ!」

江ノ島「ねえ不二咲、お姉ちゃんはっ?お姉ちゃんはいたのっ!?」

不二咲「え、えっとお…」

大神「江ノ島よ、どうやら不二咲は黒幕の事についてなどは、何も覚えておらぬらしい」

江ノ島「なによそれ…。本当は、アンタが黒幕って事なんじゃないの?」

石丸「よすんだ江ノ島くん!我々がこんなところで争ってどうする!?それこそが黒幕の狙いなのかもしれないぞ!」

苗木「ま、まあまあ。とりあえずこれでみんな揃ったんだし…。一度、みんなで分かった事を報告しない?」

十神「苗木にしてはまともな事を言ったな。まずは自分達の置かれた状況を把握せん事には仕方あるまい。馬鹿にも分かるように、な」

桑田「おい十神…、今俺の方向いて言ったか?」

十神「ふん、自分の愚かさを自覚しているだけ貴様はまだましな愚民のようだな。…おい何をしている、さっさと席につけ」

桑田「テメエ…!」

舞園「く、桑田くん、落ち着いて下さい。十神くんも、そんな言い方無いじゃないですか。私達は仲間なんですから、ね?」

桑田「舞園ちゃん…!」

十神「ふん、茶番は済んだか?では始めるぞ」

コピペ終わり。後は頼んだ

とか言いつつ保守ってんのね

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom