苗木「泣いたらなんとかなった」 (105)

桑田「結局のところ、苗木が犯人なんだろ?」

苗木「ち、ちがっ」

葉隠「そうだべ! 状況からして間違いねーって!」

苗木「ぼ、ボクじゃないんだよ……」

大和田「苗木、オメェ……」

苗木「……がう」

石丸「正直に言いたまえ苗木君!」

苗木「違う、それは違うよぉっ! うわぁぁぁぁぁぁぁん!!」

霧切「!」

セレス「!」

朝日奈「!」

大神「!」

十神「!!」

くぅ~疲れましたw これにて完結です!
実は、ネタレスしたら代行の話を持ちかけられたのが始まりでした
本当は話のネタなかったのですが←
ご厚意を無駄にするわけには行かないので流行りのネタで挑んでみた所存ですw
以下、まどか達のみんなへのメッセジをどぞ

苗木「みんな、見てくれてありがとう
ちょっと腹黒なところも見えちゃったけど・・・気にしないでね!」

朝比奈「いやーありがと!
私のかわいさは二十分に伝わったかな?」

さくら「見てくれたのは嬉しいけどちょっと恥ずかしいわね・・・」

盾子「見てくれありがとな!
正直、作中で言った私の気持ちは本当だよ!」

霧切「・・・ありがと」ファサ

では、

まどか、さやか、マミ、京子、ほむら、俺「皆さんありがとうございました!」



まどか、さやか、マミ、京子、ほむら「って、なんで俺くんが!?
改めまして、ありがとうございました!」

本当の本当に終わり

十神「おい貴様ら! 感情だけで騒ぎ立てるな! 耳障りだ!」

大神「貴様らが感情だけで動くなら我もそうするが?」

霧切「新しい証拠よ! 苗木君の部屋のメモ帳を擦ったわ!」

朝日奈「舞園ちゃんが桑田を呼び出してる!」

葉隠「やっぱ犯人は桑田っちだべ! 俺の占いでもそうでた!」

桑田「えぇっ、ちょっと待てよ!」

十神「うるさいぞ愚民! 11037だ!」

霧切「180度回転させたら!」

十神「LEONだ!」

朝日奈「犯人は桑田だよ!」

葉隠「そうだべ! 間違いねーって!」

桑田「あほあほあh」大神「いい加減認めぬか!!!」

桑田「あ……あぽ……」

モノクマ「それでは桑田怜恩君はお仕置きでーす!」

桑田「嫌だ、嫌だあああああああああああああああ!!!!!」

霧切「そんなことより苗木君よ!」

モノクマ「え?」

苗木「うぅ、ぐすっ、えぐっ……」

朝日奈「よしよし苗木ぃ、いきなり犯人呼ばわりされて怖かったねぇ」

モノクマ「いやあの、今はそこで桑田君のお仕置きが」

十神「全く、この程度の推理も出来ないのに流されるなんて貴様らは恥を知れ!」

大和田「……すまねぇ、苗木!」

モノクマ「だからちょっと見てよほら桑田君がフルボッコに」

霧切「これで事件解決ね、もう泣かなくて良いのよ?」

苗木「うん、うん……みんなありがとう……」

不二咲「良いんだよ苗木君!」

山田「可愛いは正義ですからな!」

セレス「それには同意致しますがブタは黙っていて下さいね」

こうしてコロシアイ学園生活初めての事件は幕を閉じた。

結局ボクの力では事件を解決できなかったけど、みんなが解決してくれたから舞園さんも天国で喜んでいるだろう。

あの裁判の後、ボクはみんなに慰められながら部屋に戻った。

舞園さんのこともあったから部屋は十神君が交換してくれた、十神君は霧切さんにビンタされた。

イキキル 完

週間少年ゼツボウマガジン

山田「ちーたんマジ天使」

ジェノ「まこちんマジ殺したぁい!」

大和田「強い強い強い強い強い強い」

不二咲「弱い弱い弱い弱い弱い弱い」



霧切「はい苗木君、あーん」

苗木「うん、美味しいよ」

十神「おい、これをやる」

苗木「十神クンありがとう!」

朝日奈「ほらほらこれもこれも」

苗木「あむっ、はむっ」

大神「ふっ」

なでなで

セレス「苗木君に淹れさせたロイヤルミルクティー美味しいですわ」

モノクマ「皆さんの恥ずかしい過去や、知られたくない話がここにあります」

苗木「ぼ、ボクのは一体なにが……」

ガサガサッ

苗木「こ、これは……」

霧切「おねしょね」

朝日奈「おねしょだね」

十神「おねしょか」

大神「おねしょだと?」

大和田「おねしょか……」

不二咲「苗木君、ぼ、ボクもたまにするから大丈夫だよぉ!」

セレス「フフ、お子様ですわね」

モノクマ「お前ら人の恥ずかしい過去を覗くなよ、最低だぞ、まず自分の見ろよ」

苗木「はい、みんなのだよ」

霧切「ありがとう苗木君」

十神「ああ」

大和田「へぇ、オレのは兄貴殺した話か」

葉隠「人殺すとかどこの桑田っちだよ、怖いべ」

不二咲「ボクのは女装についてだぁ」

山田「こんなに可愛い子が女の子のわけがなぁぁぁい!!!!」

苗木「セレスさんも、はい」

セレス「え?」

苗木「あれ、いま電子生徒手帳にヤスヒロタエコって」

セレス「見間違いですわ!」

石丸「ヤスヒロタエコ、ハッハッハ、良い名前ではないか!」

セレス「うるせぇぇぇぇ!!! いい子ちゃんは黙ってやがれぇぇぇ!!!!」

モノクマ「ばらしすぎだろ、隠して悩めよ」

苗木「どうしてお兄さんを殺しちゃったの?」

大和田「それはな……(中略)って話だったんだ」

不二咲「大和田君……」

大和田「オレが、オレが兄貴を殺したんだ!」

石丸「それは違うぞ!」

大和田「……んだよ?」

石丸「うむ、僕もちょくちょく轢かれそうなおばあさんを助けていたのだが、もし僕が撥ねられて死んでも、おばあさんが生きてくれたらそれで良いではないか」

石丸「ましてや大切な兄弟を助けて死んだのだ、大和田君、君が後悔していてはお兄さんも浮かばれないぞ!」

大和田「い、石丸……」

不二咲「そうだよ! ボクも男だってみんなに教えて生きるから!」

大和田「不二咲……」

石丸「さあ兄弟、立ち上がろうではないか」

不二咲「ボクらと一緒に!」

大和田「ああ!」

苗木「……話に混ざれなかった」

苗木「ところでボクのおねしょとかどこで知ったの?」

モノクマ「苗木君の家族に苗木君の彼女だって言いながら昔話を聞いただけだよ?」

苗木「」

モノクマ「こまるちゃん可愛いよね、苗木君のこと赤裸々に語ってくれたよ」

苗木「」

モノクマ「……なんかごめん」


週刊ゼツボウマガジン

新世紀銀河伝説再び!装甲勇者よ大地に立て!

山田「やすひろ……ぶひっ……」

朝日奈「山田ぁぁぁぁぁぁぁぁああ!!!」

セレス「やすひろ、もう犯人は葉隠君で決まりですわね」

十神「いやお前安広だろ」

安広「……」

霧切「安広多恵子ね」

安広多恵子「……」

朝日奈「秘密の話の時にいってたもんね」

安広多恵子「……」

大神「学級裁判で、詳しく聞こう……」

安広多恵子「はい……」

苗木「こうして事件は解決した、山田クンと石丸クンと大和田クンと不二咲さんは色々あって死んだ」

モノクマ「……裁判しないでオシオキしていい?」

新世紀銀河伝説再び!装甲勇者よ大地に立て!

オール・オール・アポロジーズ

大神「もう我は決めたのだ」

大神「もう引かぬ、媚びぬ、省みぬ! はああああああああ!!!!!」





苗木「あの時ボクは思ったんだ、ドアを閉めないと、何故かわからないけどそう思った」

苗木「ドアを閉めて10秒後、半分のところまで消滅した軽いドアを恐る恐る開くとモノクマの残骸と金髪の大神さんがいた」

大神「ぬぅおおあああああああ!!! ぬぅううううううううううううううううん!!!!」

バキバキバキバキ

葉隠「すごいべ! オーガがシャッターや鍵を粉砕してる!」

腐川「黒幕の内通者とかもうどうでもいいわ!」

十神「大神! 次はこっちだ! 急げ!」

朝日奈「さくらちゃんはすごい」

苗木「改めてそう思った」

霧切「ところでモノクマ、止めたりはしないの?」

モノクマ「もうモノクマの残機が残り3だから不用意に触れない」

苗木「モノクマも大変だね」

モノクマ「うん」

大神「とはいえ、我がみんなを裏切っていたのは事実だ、死で償おう」

モノクマ「はい、ど~く~や~く~」

大神「うむ、ご苦労」グイッ

モノクマ「そーれのーんで飲んで飲んで!」

大神「ぷはぁっ……これが、毒薬か」

朝日奈「さくらちゃんが死んじゃう!」

苗木「大神さぁん!」

大神「……」

モノクマ「……おかしいな、即効性のある毒なんだけど」

十神「鍛え抜かれた大神には毒さえも効かないということか!」

葉隠「オーガすげぇ!!」

霧切「それならもしものために残ってる毒も全部任せましょう」

大神「任せろ」

ジェノ「オーガちんぱねぇぇぇ!! げらげらげら!!」

葉隠「やっぱりオーガもあの量の毒には敵わなかったみたいだべ」

朝日奈「さくらちゃん、さくらちゃぁぁぁあああん!! 死んじゃやだよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!」

苗木「大神さあああああああん!!! どうして、どうして死んじゃうんだあああああああ!!!!!」


霧切「!」

十神「!!」

霧切「モノクマ、絶対に許されないわよ!」

モノクマ「はにゃっ!?」

十神「貴様だけは、貴様だけは許さん、十神の名にかけて!」

モノクマ「今回は僕はなにもしてないのに」

朝日奈「さくらちゃん、さくらちゃぁああん……せめて、さくらちゃんが好きだったプロテインを……」

苗木「朝日奈さん、大神さんは、ボクらの天使は、もう……」

大神「ぬぅん!」ガバッ

葉隠「やったべ! 生き返ったべ!」

腐川「第4章完っ!」

オール・オール・アポロジーズ

疾走する青春の絶望ジャンクフード

葉隠「ところで江ノ島っちに一切触れてこなかったから、今日は江ノ島っちについて話そうと思う」

ジェノ「グングニィィィッルのヤリチンに犯されかけたビッチは軍人顔負けの動きで全てを受け止めてモノクマを破壊したわけだけどぉ」

葉隠「そのまま部屋に引きこもって出て来なくなってたべ」

ジェノ「とある某まこまこに寄ると盾子ちゃん盾子ちゃんと壁に向かってブツブツ言ってるんだってぇ! 根暗すぎてやばぁぁぁぁい!」

葉隠「盾子は自分なのに、変なやつだべ」

江ノ島「困った」

ガンッガンッ

江ノ島「情報処理室の扉が壊されそう」

ガンッガンッ

江ノ島「ここだけは壊れないように頑丈にしたと思うんだけど」

ガンッガンッ

江ノ島「なんだろう、この不安」

ガンッガンッ

ガンッガンッ

ガンッガンッ

こうしてみんなで代わる代わる扉を叩き続けた結果、黒幕はノイローゼになったらしい。

ボクが江ノ島さん、あ、霧切さんが言うには戦刃さんかな? 戦刃さんにご飯を食べさせながらボディチェックをしたら鍵が手に入った。

十神クンの予想では情報処理室の鍵らしい。

とりあえずボクらは体調を整えて十分体を休めたら情報処理室に入ることにした。

ボクに戦刃さんのボディチェックを命じた十神クンは霧切さんと朝日奈さんにビンタされた。


疾走する青春の絶望ジャンクフード

超高校級の不運が超高校級の殺人と超高校級の処刑と超高校級の絶望を引き寄せた理由


江ノ島「ドアを、ドアを叩く音がぁ……」

ぎゅうう

戦刃「盾子ちゃんが私を盾子ちゃんが私を盾子ちゃんが私を」

ぎゅうう

苗木「あはは……ど、どうしよう」

霧切「二人を処刑すれば勝ちよ」

朝日奈「でも二人ともなんか別の世界に行ってるよ?」

葉隠「これなら安全だから殺さなくてもいいべ」

大神「我もそう思う」

十神「ならばどうしたものか」

ジェノ「……考えんのだるー、パスパス、髪で鼻を……へくしっ」

苗木「どうしよっか……」

葉隠「ちょっとこのドアを……」

ガンッガンッ

江ノ島「ひぃぃっ!」

ぎゅうう

葉隠「ははは! これならもうなんの心配もいらないべ!」

朝日奈「最低だよ葉隠!」

大神「我もそう思う、葉隠よ、追い打ちは止さんか」

十神「下衆が」

腐川「そっ、そうよそうよ!」

霧切「恥を知りなさい」

葉隠「……」

ぎゅうう

苗木「あの、お尻に顔当てるのはやめてくれないかな?」

こうして希望ヶ峰学園でのコロシアイ生活は終了した。

外の状況などを踏まえて、みんなは学園を拠点にして活動を始めることにした。

ボクはと言うと、江ノ島さんと戦刃さんのお世話をしながらみんなのご飯を用意したり洗濯をしながら学園で生活をしている。

色々あったけれど、希望は前に進むんだ!

それとボクを誘って学園から出ていこうとした十神クンは大神さんにビンタされて全治五ヶ月と五日になった。


超高校級の不運が超高校級の殺人と超高校級の処刑と超高校級の絶望を引き寄せた理由

おしまい。

くぅ疲
ノリで書いた、反省はしてる、後悔はしてない

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年07月14日 (月) 01:00:10   ID: DWIyzpY_

キモ

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom