ミカサ「エレンがジョジョにはまった・・・不毛・・・・」(32)

現在公開できる情報

世界観は原作と同じだがなぜかテレビと漫画はある設定

アニメを見て好きになった模様、コミックはこれから買う予定なのかもしれない・・?

アルミンが5部ファン

ジャンが大の6部ファン

クリスタが2部ファン、ユミルが4部ファン、サシャが4部のトニオの話ばっかしか見ていない

アニが3部ファン、花京院が好きな模様

リヴァイが隠れファン


ドドドドドドド

ミカサ「今日は早く起き過ぎた・・・エレンの寝顔を見てこようと思う・・・」

エレン「ん?ジョジョの奇妙な冒険・・?冒険ってなんだ・・?砂の草原とかが見れるのか・・?」

ミカサ「エレンが寝ずにテレビを見ている・・・!?注意しなくては・・・」

エレン「あ・・・1話なんだ・・・侵略者ディオ?だって?侵略者・・・」

ミカサ(コッソーリエレンの部屋へ侵入、TVを面白そうに見つめる)

エレン「か、母さん・・・」

注※ 部屋はベルトルライナーアルミンエレンでエレンは静かに見ている

エレン「ディオ・・・母さんが・・(泣)」

ミカサ(ウルッ)

TV「な、何をするだァ!!!!」

エレン(ブッー)

ミカサ(クスッ)

エレン「え・・エリナのファーストキスを奪うなんて・・・やはりディオ許せん!!」

ミカサ(・・・やばい・・・エレンが寝ている好きにファースト奪ったなんて言えない・・・)

エレン「お!ジョナサンキレた!!すげぇ・・・ボクシングじゃ弱かったのに・・・アニみたいな人に教えてもらったのかなぁ?」

ミカサ(取り合えず女狐は削ぐことにした・・・)

エレン「1話終わった・・・来週まとう・・・」

ミカサ(HOLY!SHIT!!すぐに戻らなければ・・)

え、もしかして
俺が「エレンがDIOぽくなるやつ書いて」
って言ったの見た!?

>>2

しらんww、エレンにいち早く7部見せて-から0にさせたいだけだ・・・


エルヴィンさんは間違いなく3部好きでリヴァイは4部ファンにするつもりなだけだ・・・うん

エレン(アルミンがコミック持ってるはずだ・・・明日教えてもらおう・・・)



翌日・・・エレンは夜更かしをした後・・・2時間・・・・・・・


しか寝てない・・・・


格闘訓練所

アニ(エレンが寝技から抜け出した・・・?)

エレン「へっへ!!アニは甘いぜ!!


アニ「抜け出したことを・・・後悔させてあげようじゃない・・エレン・・・」

ミカサ(とりあえず女型巨人は葬ることにした・・・・)

ミカサ「ライナー、ちょっとこっち来てー」

ライナー(落ち着け・・・素数を数えて落ち着くんだ・・・ミカサに投げられる確率は100%だ・・・抜けられる可能性を探そう・・・)

ジャン「やっぱ6部面白いわ・・・なんで人気ないんだろう・・・」

アルミン「やっぱ承太郎死んだのが痛いよ・・・」

ジャン「だよな・・・」

アルミン「こい!プッチ神父!」

ジャン「での死亡からのエンポリオの流れがかっこいいよな・・・」

アルミン「だよね・・・ジャンって好きなスタンドなに?」

ジャン「俺はだなぁ・・・地味にジャンピンJフラッシュかな・・・」

アルミン「渋いねぇ・・・おたく・・・まったくもって渋いねぇ・・・僕はビーチ・ボーイかな・・・」

ミカサ(ジャンとアルミンがよくわからない会話を行っているッ!?)

エレン「なぁ・・アニ・・・ジョジョってしってるか?」

アニ「知ってるけど・・・本貸そうか?」

エレン「え!?いいのか!?」

アニ「7部まであるけど何部まで見たの?」

エレン「俺昨日アニメで見てから全然・・・」

アニ「昨日は再放送の1話だったからね・・・」

アニ「よし!乙女が7部の最終巻まで貸してあげよう!!」

エレン「全部で何巻まであるの?」

アニ「100ちょっと」

そしてエレンは考えるのをやめた・・・・

そして時代は流れ・・・・

なかった・・・・

エレン「やべぇ・・・気絶しかけた・・・」

アニ「私が好きなのは3部(主に花京院様ぁ・・・・・)

ミカサ「ねぇ・・アニ・・・私にも貸して・・・?」

アニ「あんたには貸さない、買ってきなよ」

ミカサ(女狐には山吹色の波紋疾走をくらわせてあげようか・・・)

ミカサ(ちょっとジャン達が見ているのを勝手に貸してもらっただけだけど・・・)

エレン「んじゃ・・わかりやすくて面白い部を頼む!!」

アニ「んじゃ7部貸そうか」

エレン「パラレルワールドだったっけ?面白そうだし借りるわ」


数日後

エレン「俺は-から0へ向かっていきたい・・・」

アニ(毒されやがった・・・・)

ミカサ(よくわからない・・・)

ジャン(エレンも7部が好きになったのか・・・今度いろいろ本を貸してやろう)

アルミン(ジャン優しくない?)

ジャン(す・・・スタンド内での会話・・・ッ!?同じ趣味の奴に悪さはしないぜ俺は)

ベルトルト(言えない・・・ジョセフにあこがれて190以上目指したなんて言えない)


調査兵団


エルヴィン「なぁリヴァイ、ジョジョ興味ないか?本を貸すぞ」

リヴァイ「貸してもらうのならば貸してもらいたいところだが・・・」

エルヴィン「ああ、面白いから読んでみろ」

リヴァイ「だが断る」

エルヴィン(フッ、あざとい・・・・リヴァイのことだ・・・はまってくれたな・・・)

リヴァイ(やっちまった・・・絶対ばれた・・・・くっそ・・・・)

オルオ(髪同化帽子)

ペトラ「ねぇ・・・承太郎の真似してるつもりみたいだけど似てないからやめてくんない?オルオはがんばってもケニーGくらいだから」

オルオ(ガーン・・・・・)

グンタ(オルオ・・・案外似てるぞ・・・・)

7部は
ディエゴの言葉に混乱するエレンしか見えない

>>9

保護色とかランプは好きか?とかわからんわ・・・・

ジャンとユミルとは一晩中話せる気がする

>>16

うむ、ユミルとジャンは間違いなく一晩中話せるな・・・

クリスタェ・・・・絡みにくいね女神さまは

ペトラ「オルオ・・・承太郎様は絶対にそんなことしない、できるならやってみて、タバコを5個くわえてひっくり返してコーラを飲んでみて・・・」

オルオ「ふっ、やってやるよ(クルッ、ゴクッ)」

ペトラ「あ、ありのまま今起こったことを話すぜ・・・漫画で主人公がしている特技をモブキャラが簡単にやってのけたんだ・・・何を言っているかわからねぇと思うが・・・(ry)」

グンタ・エルド「流石オルオ!!俺たちにできないことを平然とやってのける!!そこにしびれるアコガレルゥ」

オルオ「だろ?どうだペトラ、参ったか・・?」

ペトラ「っくぅぅぅぅ・・・・・・・」

グンタ・エルド(オルオ・・・やっとペトラを負かしたな・・・)」




エレン「ほかの部もみてみるか・・・」

ミカサ(昨日100巻までかった・・・ストーンオーシャンとSBR、え?何巻まで読んだって?5部まで・・・・、好きなキャラは・・・その・・・ぽ、ポルナレフ・・・)

アルミン(意外だね・・・・5部効果か・・・?)

アニ(かきょーいんさまぁ・・・・・)

ジャン(アナスイかっけぇなぁ・・・・・)

サシャ(トニオさんのお料理おいしそうです・・・・)

コニー(ナランチャと虹村おくやすって俺に似てるなぁ・・・)

クリスタ(ジョセ×シザハァハァ)

アニ「承×花ハアハア」

>>19
やめいww
ミカサ(私は6部を読む・・・あらすじをジャンに教えてもらおう・・・)
ミカサ「ジャンー、教えてほしいことがある」
ジャン(俺の神様のお呼びだッ!!逝かなくてはならないッ!!)

ライナー(撃墜)「覚悟とは・・・暗闇の荒野に進むべき道を切り開くことだと理解したよ・・・・」

ジャン(なんだか・・・寒気が・・・・気のせいか・・・?)
ミカサ「6部の内容をなんとなく教えてほしい」
ジャン「んじゃ、1話で牢獄に閉じ込められて鉄格子に欲情して主人公がマスタベーション、それから承太郎が助けに来るが逆に承太郎が狙われて、記憶を奪われてしまう」

ミカサ「ますたべーしょん?どういう意味?」
ジャン「その・・・まぁ・・・自慰行為のことだな・・・・」

ミカサ「ジャン・・・・あなたという人は・・・・(ライナーゲシッ)」

ライナー「メメタァァァ」
エレン「うわぁ・・・・6部見てみたいな・・・(青少年の願望)」

ミカサ「エレンでは刺激が強すぎる・・・・見てはいけない・・・」
エレン「大丈夫だって、そういうシーンは見せないはずだから」

ミカサ「そうなの?ジャン」
ジャン「見てみろ、わかるから、無いぞ」
ミカサ「そう、ならいい」(ライナーゲシッ)
ライナー「タコスッッ」
ミカサ「いろんな音が聞こえる・・・・」
アルミン(ミカサ・・・・君ってやつは・・・)
ユミル「ふぅーん、2部までアニメ化してるから漫画見るのを省けるが養豚所とかリサリサの仮面が石仮面とか言い出すシーンがないからなぁ・・・ジョナサンの葉巻シーンもかっとかよ・・・」

ユミル「どうして今頃のアニメ業界は・・・(ブツブツ)」
クリスタ「シーザー様ぁ・・・・・」
アルライ(シーザー許すまじ・・・・神砂嵐ッッ)

ベルトルト「やっぱかっこいいと言ったら初登場時のポルポル君と花京院だなぁ・・・」

アニ「すごくわかる、ベルと気が合いそう」
ベルトルト「そうかな?」
マルコ「まぁ初登場の花京院が一番強かったよね、ポルナレフとか初登場後ギャグキャラだしね・・・」
アニベル「あ”ぁぁ?なんか言ったかマルコ?(立体起動奪ってやる、憲兵に行かせないようにトロスト区蹴ってやる)

マルコ(ありのまま起こったことを今はなすぜ、なぜだか知らねーがいきなり死亡フラグが立っていたのはこのころだったんだ・・・キャラ貶された殺意の片鱗を味わったぜ・・・)

ジャン(マルコ・・・・)


6部読破


エレン「カブトムシ、カブトムシ、カブトムシ、特異点、カブトムシ、あれ?」

ミカサ「違うエレン、螺旋階段、カブトムシ、廃墟の街、無花果のタルト、カブトムシ、ドロローサへの道、カブトムシ、特異点、ジョット、エンジェル、紫陽花、カブトムシ、特異点、秘密の皇帝

エレン「わからない・・・4つカブトムシでわからないよミカサ・・・・」

ミカサ「ミカサはNEWミカサになった・・・ので前髪を星形にする」

ジャン「おいやめろ・・・NEWミカリンなんて化け物過ぎる・・・」

ミカサ「はぁ?」(ライナーゲシッ)

ライナー「こうなることが自然なんだ・・・・戻っただけなんだ・・・気にするんじゃない・・・」

作者「ごめん正直うろ覚え、ブチャラティセリフ覚えにくいよぉ・・・」

エレン「でもメビウスの輪の意味が分からない・・・なんで裏返ないんだ??」

ジャン「メビウスの輪は裏表の概念がないからな、とりあえず輪っかを持ってきたから説明する」

ミカサ「流石ジャン、私に説明できないのを平然とやってのける、そこにしびれる憧れる(棒)」

ジャン「それほどでもないぜ、まず普通の輪っかをたどっていくと裏表同じだよな?たどって裏に行くことはないよな?」

エレン「本当だ」

ミカサ「ふむ・・・」

ジャン「でもメビウスの輪は表からたどっても裏からたどっても絶対反対側に一回いくよな?表も裏もいける=裏表がない」

ミカサ「ほぅ・・・」

アルミン「そうだったんだ・・・・僕にも分らなかった・・・(知ってたけど株を上げてやろうかなジャン)」

エレン「ん?つまり・・?」

コニー「エレン・・・つまりだなぁ・・・表からたどっていくと裏にいくんだ、それで表に戻るだろ?、だから裏も表もない図形なんだよ」

エレン「なるほど・・・(コニーに負けた・・・)」

ユミル「コニーすげー・・・・」

サシャ「ドネルケバブ食べたいです・・・・」(スティーリー・ダン戦)
ユミル「それしか言えないのか芋女」
サシャ「ひどいですユミル


エレン「ん?タバコの煙を吸うと鼻の上に血管が浮き出る・・?スタンド使いならば?なんか確認しろみたいな言われたら確認せざるを得ないような・・・」

ミカサ「エレン、あれはスタンド使いしかわからないことだから、だからすぐに見破ったの」


ライナー「殴られ要員から戻ってきましたァン」

アニ「ライナーうるさい」(ライナーゲシッ)

ライナー「へっへ・・・・まーたまたやらせていただきましたァン・・・」

3部読破ッ!!

エレン「URYY!!」

ミカサ(うわぁ・・・)

ジャン(うわぁ・・・)

アニ(うわぁ・・・)

エレン「フッ・・・所詮貴様らはただの兵士、このエレンには敵わない」

サシャ「エレンがDIO化してますけど・・・」

コニー「あいつ気が変わるの早いみたいだな・・・・駆逐してやるって言いながらURYとか言ってるしな・・・カルシウム不足じゃないのか?」

エレン「なんだコニー、貴様は・・・・」

ミカサ「ねぇ、エレン、何をやっているの?

エレン「フッわからないのかミカサ・・・貴様はいままで食べたパンの枚数を覚えているのか?」

ミカサ「エレン、質問に質問で返すと0点なのよ?座学で習わなかったの?・・・?」

エレン「質問はすでに・・・拷問に変わっているんだぜ?ミカサ」

サシャ「パンの枚数は19086枚ですッ!」

エレン「・・・・・(クソッ・・・・このELENがァァァ・・・ッ)」

ジャンアル「まずミカサがドン引きだからな(だからね)」

ジャンアル「ビシッガシッグッグッ」

エレン「とりあえず波紋法を習得したい」

コニー「馬鹿なのか?(直球)」

ユミル「馬鹿だろ(直球)」

クリスタ「ほら・・エレンはちょっと考えが違ってるだけだから(変化球)」

ミカサ「は、波紋法は簡単に覚えれない(ファールボール)」

アルミン「波紋じゃないけど呼吸法はあったはずだよ、本当に若さ保てるらしいし」

ユミル(ギクゥッ)

ユミル(わ、私は波紋法なんざ使ってはいない・・・まだまだ若いだけだ・・・うむ)

エレン「スタンドもほしい」

アルミン(タルパなら知ってるけど・・・言わないことにしよ)

アニが花京院好きなのは髪型からかな?
あとエレンがDIO化するとアルミンのファーストキスが危ない!

>>24

やめいwww

花京院はかっこよかったろ・・・初登場のイケメンさは相当じゃないか・・・

アニ「とにかくなんで典明様死んだんだろ・・・あーんノリ様が死んだ(ry」

ベルトルト「ハイエロファントの結界かっこよかったからいいと思うよアニ」

ライナー「ああ、エメラルドもグリーンもいい」

アニ「でも赤ちゃんにクソ食わせた時は殺意すら覚えた」

ライベル「お、おう」


ジャン「なぁユミル、DIOの棺桶どうなってんだこれ・・・」

ユミル「私に聞くな、私もわからん」

エレン「二重構造になってたとか二つあったとかあったけど・・・よくわかんないや」

コニー「同感」

ミカサ「モハメド・アヴドゥル!?」

ジャン「YES!I!AM‼」

ミカサ「クスッ」

ジャン「ニコッ」

ミカジャ「ビシガシグッグッ!!」

フランツ「何やってんだあいつら・・・」


エルヴィン「3部でだいぶ絵が変わったな・・・んで6部で変わった・・・」

リヴァイ「確かに、3部ごとに変わるんだな」



アルミン「NOVEL版も面白いから貸そうか?」

エレン「恥知らずのパープルヘイズ・・・?」

ミカサ「私はもう見た、とりあえずイチゴネクタイはホモだった//」

ライナー「よろこぶなよミカサ・・・」

ミカサ「うっさい」ゲシッ

ライナー「オ・・・ア・・・エ・・・リ・・・・・・・・・・」

花京院って口が横に伸びててちょっときもくね

>>27
あのすましていてニヤリとしている口がかっこいいだろいい加減にしろよ!

ごめん、フォローできないわ

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年03月30日 (日) 19:29:52   ID: 7o8ZuDMT

何をしているだァー!!

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom