ベルトルト「僕のことが好きなんだろ?」アニ「は?」(69)

ベルトルト「とぼけないで言っちゃいなよ」

ベルトルト「僕のことが好きだって」

アニ「いや、とぼけてないし、好きでもない」

ベルトルト「ははっ、アニは素直じゃないな」

アニ「殴るよ?」

ベルトルト「アニの遠回しの愛情表現かな?ははっ」

アニ「・・・・・・」

ベルトルト「で、好きなんだろ?早く自分の口で言ってよ」

アニ「・・・・・・・」

ベルトルト「それっ」オッパイモミ

アニ「っ!?」バキッ

ベルトルト「イタタ!!いきなり何だよ!?アニ!」

アニ「それは私のセリフ・・・・・」

ベルトルト「おかしいな。ライナーが女の子は好きな人にオッパイ揉まれたら喜ぶって言ってたんだけどなあ・・・・・」

アニ「・・・・覚悟は出来てんだろうね・・・・・・!」

ベルトルト「へへっ、覚悟って?」ヒクッ ヒクッ

アニ(こいつ・・・・・・もしかして酔ってる?)

ベルトルト「う~ん、何だか眠たくなっちゃったなあ・・・」ゴロゴロン

アニ「ちょっと!こんなところで寝るんじゃないよ!」ヒザマクラニスルナ

ベルトルト「グーグー」アニノヒザマクラ

アニ(寝るの早すぎ・・・・)

ベルトルト「グーグー」

アニ(ったく・・・・・・・)

ベルトルト「グーグー」

アニ(・・・・寝顔はかわいい・・・・・・寝顔は)

ベルトルト「グーグー」ウルウル

アニ(・・・何か泣き始めたよ・・・・)

ベルトルト「グーグー」ウルウル

アニ(どうせ大好きな餃子をサシャあたりに横取りされたんだろうね・・・)

ベルトルト「アニ!!」ウルウル

アニ(私!?一体どんな夢をベルトルトは見てるの・・・・・)

ベルトルト「アニ!早く逃げるんだ!巨人が来るよ!!」

アニ(・・・とんでもないことに巻き込まれてるよ・・・・大丈夫かな・・・)

ベルトルト「ライナー離してよ!ホモと間違われるじゃないか!!」

ベルトルト「あ!!アニが巨人に踏みつぶされた!!!」

アニ「」

ベルトルト「うわああ!!!巨人が火を吹いてアニが燃えてるよおおおおお!!!」

アニ(圧死アンド焼死かい・・・・)

ベルトルト「グーグー」

アニ(あーアホらしい・・・)

ベルトルト「グーグー」ニヤニヤ

アニ(今度はニヤニヤし始めた・・・・)

ベルトルト「ついに手に入れたぞおおおおおお!!!」

アニ「?」

ベルトルト「アニのパンティ!!!」

アニ「」

ベルトルト「早速、匂いを嗅ごうk」

アニ「」バキッ

ベルトルト「ぐへっ!!」

ベルトルト「うーん・・・うーん・・・・痛いよ・・・・」

アニ(このエロトルト・・・・・・)

ベルトルト「はっ!」

アニ「起きた」

ベルトルト「アニ!?どうしたの、こんなところで・・・・」

アニ「それは私のセリフ・・・・酔いは醒めたのかい?」

ベルトルト「うん?えーっと・・・・・記憶がない・・」

アニ「ハア・・・・そうかい。じゃあ私は寮に戻るからね」

ベルトルト「うん」

アニ「・・・・・」テクテク

ベルトルト「・・・・・・・アニ」

アニ「!・・・・何だい?」

ベルトルト「えーっと・・・その・・・おやすみ///」

アニ「・・・・・・おやすみ」プイッ

ベルトルト(結婚しよ)

完?

続き書こうな・・・・どうしようかな・・・・・・

夫婦編を書く

アニ「……」コンコン←料理中

アニJr「……」ジー

アニ「……」コンコン

アニJr「……」スタスタ

アニJr「……」スカート チラリ

アニ「!」コンコン

アニ「…」クルッ

アニJr「!」サッーーーーーー

アニ「……」コンコン

アニJr「…」ヌ

アニ「……」コンコン

アニJr「…」スタスタ

アニ「……」コンコン

アニJr「…」スカート チラリ

アニ「きっ」クルッ イラッ

アニJr「きゃっきゃっ♪」

アニ「全く……ベルJrの真似ばっかりして……」

アニJr「…」スカート チラリ

アニ「!」

アニ「いい加減にしな、アニJr」ゴゴゴゴゴ

アニ「そんなことしちゃいけない」

アニ「悪い手」テヲピシャッ

アニJr「!」

アニJr「ぴぎゃー」ウワーン

アニ「自業自得」コンコン

アニ「!」コンコン

ベルJr「お母さん、おやつは?」オ! キョウハムラサキイロダ

ゴツン!!!

ベルJr「」

アニ「兄妹揃って…一体誰に似たんだか………?」

ベルトルト「たーだいま♪今日は仕事が早く終わって飲んできた~」オ!ムラサキ!ナニカイイコトアッタ?←こいつに似た

ーーーーーー

アニ「みんな、もうすぐご飯だから」

アニJr「たーい」

ベルJr「はーい」

ベルトルトだった物「」

だった物?……者じゃなくて物?
てかべるとると「結婚しよ」の人?
名前がベルアニだったから出来ればそっちも
書いてください

>>39

おk。夫婦編がもう一作、頭の中にあるんだが、どうしようかな?

少し投下する



チュンチュン

アニ「ベルトルト、ご飯」

ベルトルト「うーん、昨日、残業で巨人化しまくって疲れてるんだ」

ベルトルト「もう少し寝させて」

アニ「ご飯が冷えるんだけど」

ベルトルト「仕方ないな。キスしたら起きるよ」

アニ「永眠しな」スタスタ

ベルトルト「アニ怖い」

アニ「ったく、ベルJrとお父さんを起こそう」

ベルJr「スヤスヤ」ピター

アニ父「スヤスヤ」ピター

アニ(気色悪い…恋人同士か)

アニ「二人とも起きな」

ベルJr「うーん、眠いよ…ネムネム」

アニ父「あーいい目覚めだ♪」

アニ「いい加減に帰ってほしいんだけどね」

アニ父「アニ怖い」

アニ「ご飯出来てるから早く食べて」

アニ父「お!今朝は納豆か♪」

ベルJr「巨人の朝だね」

アニ父「アニ、生卵一個」

アニ「はいはい」

ベルJr「…………」

アニ父「♪」ナマタマゴ カパッ ペチャ

ベルJr「Noooooooooooooooooo!!!!!!」

ベルJr「納豆に何てことをするだーーーーーー!!!!!!」

アニ父「何で?生卵入れて何が悪いんだ?」

ベルJr「そんなの納豆に失礼だ!」

ベルJr「納豆は納豆とタレとネギだけで上手くやっていけるのに」

ベルJr「それだけで美味しいのに何で今さら、よそ者を入れるんだ!」

アニ父「うるさいな、いいじゃん、美味しけりゃ」

ベルJr「いや、許せない。納得いかない」

アニ(朝っぱらから…どうでもいいことで…)

ベルJr「フン!」

アニ父「フン!」

アニ(ま…どうにか収まって良かった)

ピンポーン

アニ「ライナー」

ライナー「アニ!聞いてくれ!クリスタの奴がヒドイんだ!」

アニ「一体、どうしたんだい?その顔」

ライナー「クリスタにぶたれたんだ」シクシク

ベルJr「お父さんも、たまに同じ顔になってるよ」

アニ「うるさい」

アニ「夫婦喧嘩?」

ライナー「ああ、非常に重要なテーマについて話していたらクリスタにぶたれた」

アニ「何を話したの?」

ライナー「納豆に卵を入れるのは正しいか否かについてだ!」

アニ「」ズテッ

アニ父・ベルJr「おおーーっ!」

ライナー「俺は子どものころから納豆に生卵を入れるのが好きだったんだが、クリスタはそれをおかしいって、言ったんだ!」

アニ父「おおーーっ!」

ベルJr「えーーっ!?」

アニ「どこが重要なテーマなのか……」

アニ父「今時、骨のある男じゃ!気に入ったぞ!」アクシュ ガシッ

ライナー「いえ、滅相もごさいません!」アクシュ ガシッ

ベルJr「くっ……」ヌウウー

\ライナー!!/

ライナー「クッ、クリスタ!」

クリスタ「やっぱりここにいた!逃げるなんてライナーの弱虫!」

ライナー「なっ!?俺は男の中の男だ!弱虫じゃねえ!」

ベルJr「クリスタさんは納豆に生卵を入れるのは間違ってるって思ってるよね!」

クリスタ「えぇ、そうよ!家族の中で生卵を入れるのはライナーだけ!」

クリスタ「全く生卵を入れるなんて人間じゃない!」

ライナー「何だと!?」

アニ父「クリスタさんは分かってないようだな!」

アニ父「納豆に何かを加えて新しい味を追求することにより、納豆の潜在能力を引き出してやるのがなぜ悪い!」ナマタマゴナメルナ

ライナー「そうだ!そうだ!」

ベルJr「納豆に生卵を入れるのはブルース・ウィリスとシュワルツェ・ネッガーが同じ映画に出るみたいで、くどいと思うぞ!」ナマタマゴナンテゲスダ

クリスタ「そうよ!そうよ!」

アニ「」アキレガオ

ベルトルト「朝から、うるさいな…せっかくの休日なのに」

ライナー「ベルトルト!アニの親父は素晴らしいぞ!」

アニ父「いやいや、ワシなんてまだまだ」テレテレ

ライナー「いや、素晴らしいです!納豆に生卵を入れるなんて人間が出来てる!」

アニ父「ふっ」キリッ

ベルトルト「バカか…」アキレガオ

ベルトルト「で、今朝は納豆か。僕も久しぶりに生卵を入れてみるか」

ベルJr「え!?久しぶり…!?」

ベルトルト「普段はネギだけだけど、体が疲れて精をつけたいときは生卵を入れる」

アニ父・クリスタ・ライナー・ベルJr「使い分けてる!!」

クリスタ「そうよ!使いわければいいんだ!そうすればどっちの味も楽しめる!」

アニ父「なんか娘婿に教えられた気がする」ウルウル

ベルJr「お父さんはスケールがデカイんだ♪」

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom