【ギシギシ】エレン「これが…外の技術」アニ「ふふ…」【アンアン】(68)

エレン「はぁ…はぁ…、アニ!…俺、もう…!」

アニ「だめだよ、エレン…男ならもうちょっと辛抱しな…」キュッ…

エレン「う…!あ…あぁ…締まる!…締まるぅ~…!」ピクン!

アニ「ふふ…」








ミカサ「……」ぐぎぎぎ…

エレン「アッー!」

アニ「フンッ」キュッ

エレン「   」ドッピオ

アニ「フフフ……可愛い」





ミカサ「ぎりぎり」

ミカサ「ゆるさぬ、アニ・レオンハートゆるさぬ」

ミカサ「エレンの子種をその胎に受けし咎いかばかりか」

ミカサ「その命をもって購うべし! 購うべしアニ・レオンハート!」





アニ「ふふふ……」ヌッコヌッコ

エレン「あっあっ」

アニ「気持ちいいかい……?」キュッキュッ

エレン「ら、らめぇ……!!」

翌朝

エレン「……」ボー

ミカサ「エレン、おはよう」

エレン「……あぁ」

ミカサ「元気ない、眠れなかった?」

エレン「あぁ……まぁ」

ミカサ「そんなに気持ちよかった?」

エレン「あぁ……まぁ」

ミカサ「……」ぐぎぎぎぎ

ミカサ「アニ」

アニ「あぁ、おはようミカサ」

ミカサ「昨日エレンとエッチしてたでしょ?」

コニー「ブフォッ」

クリスタ「えっ!?」

ライナー「ゲッホゲホ!!!!」

ざわざわ

アニ「ちょっ、バッ」

ミカサ「どうすればあんなに舌がれろんれろん動くの?」
ミカサ「腰動かして無いのにエレンがよがってたのはなぜ?」
ミカサ「途中変な風に動いてたアレはなに?」

クリスタ「////」

ユミル「お前らマジいい加減にしろ!!!」

ミカサ「知りたい知りたい知りたい知りたい」

アニ「うわっうわぁぁぁぁ!!!」バッ

ミカサ「しりふぁいしりふぁいしりふぁいしりふぁい」

ミカサ「……」れろれろれろ

アニ「うっひぁ!?

ミカサ「ふぉう? ふぉう?」れろんれろれろ

アニ「て、手を舐めるんじゃないよ汚いね!」バッ

ミカサ「しょっぱい」

アニ「ちょっとこっち来な!」ぐいぐい

ミカサ「あっ、あー」ずるずる

アニ「はぁ……最悪だよ」

ミカサ「……」れろれろ

アニ「わかった、わかったからもう止めな」

ミカサ「教えて」

アニ「その前に」

ミカサ「?」

アニ「エレンとの事……その、ごめんよ。」

アニ「事故っていうか、流れっていうかノリっていうか……あぁ、もう言い訳できないよ、本当にごめんよミカサ……」

ミカサ「いい」

アニ「へ」

ミカサ「優れた雄ならその辺の雌を気まぐれに性欲処理に使うぐらいの甲斐性は必要だしエレンが愛してるのは私だから」

アニ「……(イラッ」

さすがにウザ過ぎるから乗っ取って終わらす


>>18の続きから


ミカサ「でも、貴方の技術は本当に凄い。だから教えて」


アニ「…はぁ、わかったよ。じゃあ道具(ディルドなど)を持って今夜、昨日の倉庫に来な」


ミカサ「わかった」


キース「今から訓練を始める!!」


キース「終わりだ!!解散!!」


とある倉庫


エレン「あの~…理由も無くロープで手足を縛られて、衣服を剥がされてるのは何故でしょうか?」


アニ「黙ってな、今日はあんたじゃなくて、そっちだけ必要なの」


エレン「そっちって…これ?」


愚息「グッド・イ~ブニング」ムクッ


アニ「そう、それ」


アニ「じゃあまず、ミカサ。これを咥えてみな」


ミカサ「わかった…全てのエレンに感謝を込めて…」


エレン「全ての俺って何だよ…」


ミカサ「いただきます」パクッ


エレン「ぐっ、ミカサ…っ!」


ミカサ「どう?えりぇん…きもひいい?」レロレロ


エレン「あぁ、き…気持ちいいぞ……(だけど…昨日のアニの技と比べたら…)」


アニ「…全然駄目。ちょっと退きな」


アニ「もっとこうやって舐めるんだよ」レロレロレロレロ  ジュボジュボジュボ


エレン「ダメえぇぇぇ!!イッちゃうううぅぅぅぅぅ!!俺の戦士達が駆逐されちゃうぅぅぅぅぅうううう!!」


愚息「お待たせしました、熱々のホットミルク(イカ風味)です」ビュルルルルルルルルル


ミカサ「す…凄い…」


アニ「ごっくん……ごちそうさん…さて、わかったかい?」


ミカサ「ご、ごめんなさい、早すぎてわからなかった…」


アニ「フェラチオは舌だけじゃなくて唇での愛撫や、頭のストローク、吸引力も必要なの」


ミカサ「は、はい!」


アニ「それと舌使いもなってない。もっとねっとりと絡ませないと」


ミカサ「ねっとり……よくわからない」


アニ「…しょうがないね」グイッ


ミカサ「え?」


アニはミカサを引き寄せて、無理矢理唇を奪った



ちゅぱっ、れろれろっ…



唾液がブレンドされる音が倉庫内に響き渡る



れろっ、じゅぼじゅぼ…



アニは自分の舌をミカサの舌に巻きつけ、そのまま前後に動き始めた

そう…彼女はミカサの舌をフェラチオしているのだ

その行為とあまりの快楽に驚いたミカサは、何とかアニの拘束を振りほどいた

しかし、全てはアニの思惑通りだった

後ろに後退したミカサの足を払い、倒れたミカサの唇を文字通り、覆うようにして食べた

ミカサも少しは抵抗しようとしたが、すぐに目はとろけて、アニを受け入れるようになった


エレン「ミカサは1秒も満たないうちに、快楽の海に溺れてしまったのだ」


アニ「ちゅぱっ……さっきからうるさいよ。なに一人で解説してんのさ」


エレン「しょうがねぇだろ!!この状況でお預けを食らってる俺の身になれ!!」


愚息「夜だけど、ノンストップ!」ギンギン


アニ「それよりミカサ、ちゃんと舌使いは覚えたかい?」


ミカサ「は…はい……えへへへ…///」トローン


エレン「完璧にデキあがってんじゃねぇか」


アニ「次は確か…腰使いだっけ?」


ミカサ「へ?え、ええ…腰を動かさないでエレンをよがらせていた技術を教えてほしい」


アニ「わかった。でも、その前に私のを濡らさないといけないから、手伝って」


エレン「はーい!はーい!俺、手伝いまーす!」ブルン ブルン


アニ「チンコで挙手すんな」


ミカサ「お、お願いしたのは私だから、私が手伝うべき!」


アニ「そうだね…じゃあ舐めな」


ミカサ「アニのおマンコ…凄く…美味しい」レロレロレロレロ


アニ「中ばっかじゃなくて、周りも舐めな」


ミカサ「わかった…」レロレロレロレロ


アニ「そうそう…さっき覚えた…んっ、舌使いもちゃんと出来てるよ…ぁんっ」


エレン「何でだよ!?何で同期の百合を見せられてんだよ!!」


愚息「ちがう…彼女達は魅せてるんだ!」ギンギン


アニ「うるさいねぇ…ミカサ、猿ぐつわ持ってない?」


エレン「そんなもん、常日頃から持ってるはず…」


ミカサ「赤と青があるけど…」


アニ「じゃあ赤で」


エレン「うおいぃっ!?むぐっ!!」


アニ「これで集中できるね」


ミカサ「ええ」


アニ「じゃあ指を挿れてみな」


ミカサ「わかった」クチュ…


アニ「いくよ…ふんっ!」キュッ


ミカサ「凄い締め付け!?」


アニ「まだまだ!」ギュウゥゥゥ


ミカサ「指が中へ中へと吸い込まれていく!!」


アニ「わかったかい?」


ミカサ「ええ、本当に凄い技術」


アニ「じゃあ、あんたもやってみな」クチュ…


ミカサ「あっ…ん、やっ…」


アニ「まだ挿れただけなのに感じてるのかい?とんだ淫乱女だね」クチュクチュ


ミカサ「ち、違う…くっ、んぁっ、…」


アニ「別に恥ずかしがることないさ。とっても可愛いよ、ミカサ」


ミカサ「ア、アニ…///」


エレン(キマシタワーーーーッ!!)


愚息「イイネ!を押すとするか…」ギンギン


アニ「じゃあ指技も教えておくよ…さあ、イキな」クチュクチュクチュクチュクチュ


ミカサ「はふんっ!指がおマンコを掻き乱してるうぅぅぅぅ!!緩急をつけながらイジッちゃダメええぇぇぇ!!エレンの前でイッちゃううぅぅぅぅ!!」プシャアアアァァァァァ


エレン(飲みてぇーーー!)


愚息「虹が見える…」ギンギン


アニ「気持ちよかったかい?」ナデナデ


ミカサ「ひゃ…ひゃい…///」ビクン ビクン


エレン「んーーっ!んーーっ!」ジタバタ


アニ「ほんっっっ…とにうるさいね……わかったよ、あんたにもやってあげる」ズボッ


エレン(あふんっ!?)


愚息「やっとマイホームに帰れたな」


アニ「ほら、良い声で喘ぎな」ポイッ


エレン「あっ…あっ・・・」ビクン ビクン


アニ「激しく動くのと、膣で搾り取られるの…どっちがいい?」


エレン「は、激しくのほうが…」


アニ「両方に決まってるでしょ?」グチュグチュグチュ ギュゥゥゥ


エレン「にゃはんっ!?締めながら動いちゃダメええぇぇぇ!!まるで家畜のように絞り取られるうぅぅぅぅ!!」


愚息「家に帰ったら、安心して出ちゃうよな。これ常識」ビュルルルルルル


アニ「フフフ…あんたも可愛いよ」キュッ


エレン「やふうぅぅーーっ!!身も心も奪われちゃうぅぅぅぅ!!」


愚息「何故、尽きないのか?無限バンダナをつけてんだよ」ビュルルルルルルル


アニ「さて、これでいいだろ」


エレン「しあわせ……うへへへ///」トローン


ミカサ「ア、アニ…次は私の番…」


アニ「はいはい、わかってるよ。じゃあ次は…貝合わせだね。そこで足を開き、マンコをこっちに向けな」


ミカサ「こ、こう…?」


アニ「じゃあいくよ…」クチュ…


ミカサ「あっ…」


アニ「激しくするから、しっかりとあんたも動きな」クチュクチュクチュクチュ


ミカサ「ひゃんっ!?クリちゃんが擦れて気持ちイイぃぃぃいい!!アニの愛液と私の愛液がいやらしい音立ててるよぉぉぉおおお!!」クチャクチャクチャ


アニ「ここで小刻みに震えながら、ダイナミックに動く!!」グワングワン


ミカサ「んほぉおおお!!ヤバイよヤバイよぉぉおお!!!体を全然支配できないぃぃぃいいい!!」


アニ「快楽に溺れな!!」グワングワングワン


ミカサ「溺れますうぅぅぅぅ!!これが海なのねぇぇええええ!?外の世界にイッちゃうううぅぅぅぅ!!」プシャアアアァァァァァ


レオンハートの賢者タイム



ミカサ「アニ…///」スリスリ


エレン「アニ…///」スリスリ


愚息「お肌に良い薬、出しときますね」スリスリ  ビュルルルルル


アニ「……どうしよう」



その後、三人はアニの故郷に帰り、幸せに暮らしましたとさ


おしまい

これで乗っ取り三つ目

立て逃げもウザイけど、乗っ取り期待で何ヶ月も保守するのはやめてください、お願いします

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2013年10月15日 (火) 21:17:06   ID: LnJK-3gq

ミカサ死ねいい加減にしてほしいwwwwwwwwww

2 :  SS好きの774さん   2014年04月03日 (木) 02:31:55   ID: oRxeQQE1

とてもよい作品

3 :  SS好きの774さん   2014年12月14日 (日) 19:06:20   ID: 08_J4r5b

乗っ取りうざすぎる氏ねマジで

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom