タタタタン♪ ドラえもん「5億年ボタン」(63)

ノビジャイスネシズ「5億年ボタン?

ドラえもん「そう、このボタンを押すと5億年1人で生きることが出来るんだ

ジャイアン「すげぇや ずーっ遊んでられるんだよな

のび太「いつまででも昼寝ができるんだね

スネ夫「昼寝なんかしててもつまらないだろ

しずか「なんだか怖いわ だって1人でそんな長時間

ドラえもん「そう1人で5億年という時間
人間は人との触れ合いによって精神をたもっているんだ
もし普通の人間が1人になったらひと月ももたないといわれている

ジャイアン「へへ俺様なら楽勝だな。店番もなんにもしなくてもいいんだぜ

のび太「僕もへっちゃらさ

スネ夫「僕は嫌だなあ・ママとも会えないんでしょ・・・

しずか「ドラちゃん どうしてこんなものを?

ドラえもん「これは 物や人がいてあたりまえ。
それゆえ他人の大事さを忘れ身勝手な行動に出る。22世紀の社会問題について作られた道具さ
もっとも、5億年を体験した後の記憶は消され現在に帰ってくるんだけどね

のび太「よくわらないけど

スネ夫「バカだなのび太は 僕達が当たり前だと思っているもの。
例えば学校や仕事。嫌だなと思っても、それがなくなってしまえばいいのかなってこと

のび太「いいんじゃない。宿題もないし

しずか「宿題もないかわりに 先生も友達もなくなるのよ。それでもいいの?

のび太「たしかに・・・それは嫌なような

ドラえもん「そう。そうやって考える力を身につけるにもってこいの道具なんだ
5億年といったけどこれはそんな物騒なものではない最大5億年まで設定ができるというだけさ

ジャイアン「なんだ。じゃあ1日だけでもできるってことか?

ドラえもん「そのとおりです

のび太「すっごーい。僕にかしてかして。1日思いっきり昼寝してみたいんだ

スネ夫「僕も1日くらいならしがらみから開放されたい

しずか「わたしもバイオリンひいていたいわ

ドラえもん「ならやってみる?幸いボタンは4つある

ノビジャイスネシズ「やるやるー

ドラえもん「そういうと思ったよ。でもね例え1日だとしても色々考えることもあると思うんだ

ポチッとな

ドラえもん「いっちゃった・・・なんか未来デパートから送りつけられて使い道に困っていたけど
みんなが喜んでくれたならそれでいい

ジャイアン「おっ、ここか

スネ夫「なんだか気味の悪いところだな

しずか「バイオリンもってくるの忘れたわ・・・

のび太「ぐうぐう・・・

ドラえもん「ん!?

                      /
                    /

                       ` ー
                       _,.>
                      r "
     ボタンが故障してる!?        \    _
                         _ r-''ニl::::/,ニ二 ーー-- __
                     .,/: :// o l !/ /o l.}: : : : : : :`:ヽ 、
                   /:,.-ーl { ゙-"ノノl l. ゙ ‐゙ノノ,,,_: : : : : : : : : :ヽ、
               __l>ゝ、,,ヽ /;;;;;;;;;;リ゙‐'ー=" _゛ =、: : : : : : : :ヽ、
              /  _________`゙ `'-- ヾ_____--⌒     `-: : : : : : : :
...-''"│    ∧  .ヽ.  ________   /   ____ ---‐‐‐ーー    \: : : : :
    !   /   .ヽ  ゙,ゝ、      /  ________rー''" ̄''ー、    `、: : :
    .l./     V   `'''ー-、__/__r-‐''"゛     ̄ ̄   \   ゙l: : :
                   l     .,.. -、、 _ ‐''''''''-、    l   !: :
                  |   /    .| .!     `'、  |   l: :
                      l   |     .l,,ノ     |  !   !: :
                       / '゙‐'''''ヽ、 .,,,.. -''''''''^^'''-、/  l   !: :
             r―- ..__l___    `´            l   /   /: :
                \      `゙^''''''―- ..______/_/   /: : :

※かっこ閉じないのはただの癖です。閉じたほうが良いのであれば閉じます。

10分後

ジャイアン「しまったなー。なんにももってきてねえや

スネ夫「この先にはいったい何があるのかな

しずか「なんだか怖いわ

のび太「ぐうぐう・・・

1時間後

ジャイアン「暇だぞー!出せー!!

スネ夫「おかしいぞ。走っても走っても景色が変わらない

しずか「1日だけだし ゆっくり待ちましょう

のび太「ぐうぐう・・・

10時間後

ジャイアン「ドラえもんのやつ。よくもこんなくだらねえ道具を!!

スネ夫「走っても走っても疲れないんだ。これじゃあ眠ることもできないな

しずか「朝も夜もわからないけど もうすぐ1日がたつはず。

のび太「ぐうぐう・・・

24時間後

のび太「ふぁー、良く寝た

スネ夫「でも戻ったら 塾に行かなきゃいけないんだよなー

しずか「やっぱり、1人で生きていくことなんてできないんだわ

ジャイアン「さっさとだせっつーの!!

ドラえもん「マズイぞマズイぞ!!そうだ未来デパートに連絡だ

トゥルルルトゥルルルトゥルルル

はいコチラ未来デパート

ドラえもん「あの5億年ボタンが故障して

担当「あぁ・・あれは故障じゃないですよ。本当に5億年を体験してもらうための宣伝文句といいかますか

     //                //
.    / /                //
   / /  _.. ~'::""::''ヽ、      / /
  // /:;r‐、:::::::__:::::::::::\    / /

// /:::ノ ・ _)( ・_`つ、::::::ヽ、  l l
/ /::r(__ ノ´(:;;:)´__ノ〃ヽ:::::::} | |
  /:::::ノ二ニ彡 ノ 三彡-、 )::ノ | |
 {::::(  -_二 -‐'' ̄     )(::/ ノ ノ
 ヽ:::ヽ(    ,r'' " ''‐-‐′ノl//
   ヽ )`― ''′_ .... __ノ//
    ゞニニ二 -(/∂-‐//

ドラえもん「冗談じゃない。じゃあのび太君たちは!!!


どこでもドアー!


ドラえもん「ダメか、異空間なんだ


タイムマシン!!


ドラえもん「5億年後にいって救出するんだ。まてよそれじゃあ結局みんな5億年を体験するということじゃないか
今だ!今みんなを救わなきゃ

48時間後

ジャイアン「いいかげんにしろーーーーーーーーーー!!!

スネ夫「そろそろ1日だと思うけど・・・まあいいや

しずか「ママ・・・パパ・・・

のび太「さすがの僕ももう眠れないよー

ドラえもん「うーん困った・・・実に困ったぞ
こうしている間にものび太君達は・・・

のび太のママ「のび太遅いわねー

ドラえもん「あっ!そういえばスネ夫君の別荘生活が楽しいからしばらく向こうでいるみたいです

のび太のママ「あらそう。まあ冬休みだからいいけど、帰ってきたらきっちり宿題させなきゃね

ドラえもん「僕からもよく言っておきます。

のび太のパパ「いいじゃないか。子供は遊ぶのも仕事さ

ドラえもん「(これは本当にマズイぞ)

5億年ボタン製作者「ふふっ。実に面白い。人が狂っていくさまは
みろこの有り様を

ジャイアン「たのむから出してくれっつーの

しずか「いやあああ

のび太「ドラえもーーーーん

スネ夫「やることないから、1人じゃんけんでもするか・・・

ドラえもんがジャイアンにだけ敬語なのがワロタwww

>>18 ドラえもんってたまに敬語にならなかったっけ?(のぶ代時代)

ドラえもん「そこまでだ!見つけたぞ!

5億年ボタン製作者「なんだお前は

ドラえもん「いますぐのび太くん達を戻せ

5億年ボタン製作者「邪魔しおって これを見ろ!

ドラえもん「そ、それは!?5億年ボタン!?

5億年ボタン製作者「そう、そして・・・・
これを持ってお前に体当たりすれば


ドン!!ポチッ!

ドラえもん「しっしまったー!僕が押したことになるのか!!
幸い僕には四次元ポケットがある。うまく道具を使えばなんとかなる
まずはのび太くんたちと合流しよう。
現実世界からだとどこでもドアは使えなかった。
でもここがとてつもなく1つの広い異空間だとしたら・・・どこでもドアでいける!

どこでもドア!!

ガチャ・・・・

5億年後行こうとする前にボタンおす前に戻れよwww

>>23 その発想があったら、押す前に未来のドラえもんから止められてたということでww

ジャイアン「いいかげんにしろーーーーーーーーーー!!

ガチャ・・・

ドラえもん「ジャイアン!

ジャイアン「ドラえもん!?うおおぉおお!!許さねぇ

ドラえもん「わぁーーー

ジャイアン「なんでもっと早く助けにこない!うっうっうっ

ドラえもん「ごめんよ。まさかこんなことになるなんて
とにかくみんなも助けなきゃ


どこでもドア!!

ガチャ・・・・

しずか「・・・・・

ガチャ・・・

ドラえもん「しずかちゃん!

しずか「あぁ・・・また幻なのね・・

ドラえもん「放心状態だ。無理もない

ジャイアン「しっかりしろ!俺の歌を聞けぇ!!


ボエェエエエエ!!

しずか「はっ・・・!ドラちゃん!

ドラえもん「ごめん しずかちゃん僕があんなもの出したばっかりに・・・

しずか「ドラちゃんのせいじゃないわ。ボタンを押したのは私だもの
軽率だったわ。。助けに来てくれてありがとう。それよりも・・・


ボエェエエエエ!!

ドラえもん「もういいよ!ジャイアン!

ジャイアン「なんだよ!ここなら母ちゃんにも怒られないしよ

しずか「くすっ

ジャイアン「しずかちゃん!?

しずか「やっぱり1人でいるより、みんなといなきゃダメなのよ。
辛いことだってみんなといれば乗り越えられる

ドラえもん「うんそうだね

ジャイアン「つーことは・・・俺の歌が辛いということか?

ドラえもん「は、はやくみんなと合流しなきゃ 行くよ!!


どこでもドア!!

ガチャ・・・・

のび太「ぐうぐう・・・

ドラえもん「のび太!

のび太「なんだよ もう少し寝かせろよ

ドラえもん「なんて呑気なんだ・・・起きろー!遅刻するぞ!

のび太「あっ!?どうしよどうしよ!急がなきゃ!!ってアレっ?ここは?

ドラえもん「やれやれ・・・


カクカクシカジカ・・・・

のび太「ということは後はスネ夫だね。行こう!


どこでもドア!!

ガチャ・・・・

スネ夫「じゃんけんぽん あいこでしょ じゃんけんぽん・・・

ドラえもん「スネ夫君!?

スネ夫「あぁ 何だドラえもんか?どうしたんだい

のび太「助けに来たんだよ!

スネ夫「助けに? 誰を?

ジャイアン「お前に決まってるじゃないか!

スネ夫「僕が助けてっていった?

ドラノビジャイシズ「!?

スネ夫「というか邪魔しないでくれよ 僕は今忙しいんだ
じゃんけんぽん あいこでしょ じゃんけんぽん・・・

ジャイアン「どうしちまったんだスネ夫のやつ

ドラえもん「きっとこれは 現実逃避というやつだ

のび太「現実逃避?

ドラえもん「そう 人間の心は複雑で22世紀でもわからないことがある
ロボットの僕にも人間の心を宿された。だから分かるんだ

しずか「いったいどういうこと?

ドラえもん「つまり 自分だけの世界。それに閉じこまっているんだ
君たちだって自分の世界はあるだろ?

のび太「夢の世界ってこと?

ドラえもん「そのとおり 夢は確かに君の見た世界。真実さ。でもそれは君の中でだけの話。
それは誰にも伝わらない

しずか「たしかに夢を説明するのは難しいわ

ドラえもん「僕らが考えてること そしてそれは共感してくれる人がいるから正しいと感じるんだ

しずか「それもそうね。みんなが自分と反対したら辛いかも スネ夫さんも今そういう状態ってことね

ドラえもん「そのとおりです。今はスネ夫君に耳を傾けるしかない

ジャイアン「目を覚ませー!スネ夫! オーレはジャイアン!!ガキ大将!!!ぼえええええ!

スネ夫「じゃんけんにも飽きたな。次は彼女でも作ろうかな。イイね君は可愛いね。僕の恋人になってよ・・・・

ジャイアン「ダメだ!全然俺の声がとどいていない!

しずか「スネ夫さん 目を覚まして!

のび太「スネ夫!!!

ジャイアン「スネ夫のくせに生意気だぞ!

スネ夫「なんか周りがうるさいねぇ 離れなくちゃ

ドラえもん「こうなったのも僕の責任だ なにかないか なにかないかー!


ホンワカキャップー!


ドラえもん「さあこれを水ペットボトルの先端につけて 飲め

スネ夫「なんだ 気が利くじゃないか ゴクゴクゴク・・・ うぃーヒック!!
おいこらのび太!!!

のび太{!?なになに

スネ夫「のび太のくせに生意気だぞ!ゲームはかしてやんなーい!!!

のび太「ス・・スネ夫!

スネ夫「ジャイチビこら!

ジャイアン「ジャイチビって・・・なんだと!!

スネ夫「いっつもいっつも暴力を振るいやがって・・お前なんか怖くないぞ!やーいジャイチビ!!!

ジャイアン「なんだとー!!

スネ夫「それから、しずかちゃんもドラえもんもパパもママもだいっっきらいだーーーーーー!!!!消えちゃえーーーー!!!!!!!!!

ドラえもん「スネ夫君・・・あらら寝ちゃった

スネ夫「(嘘だよ・・・本当はみんなに・・・いて欲しいんだ・・・)

ドラえもん「もう大丈夫。


お医者さんカバン!


スネ夫「はっ・・・僕はいったい みんなー!!

ドラえもん「よし!これでみんなが揃ったぞ

のび太「この世界から出られるんだよね?

ドラえもん「それはわからない

ノビジャイスネシズ「えーっ!?

ドラえもん「でもみんなが集まった。知恵をしぼればなんとかなるさ

のび太「そんなー!

ドラえもん「アレを使うか

たずね人ステッキー!!

ドラえもん「これを使うと行くべき道が分かるんだ!ただし正しい道へと指す確率は70%

のび太「なんか不安な道具だなあ

カラン!

ドラえもん「こっちだ・・・といっても東か西かなんてわからないけど・・・

ジャイアン「とにかく行こう!

スネ夫「待ってよ!行くっつったてどこまで行くのさ!ここが無限に近い広さだってわかってるだろ?

ドラえもん「確かに・・・う~ん

はじめに5億年ボタンを押して3日後

のび太「みんながいるからまだマシだけど

しずか「なんか漠然とした不安感があるわね

スネ夫「ここは一体どこなんだろうね

ジャイアン「そんなの知るかよ 見渡すかぎり同じ景色やんになっちゃうよ
いったいこの先には何があるんだ

ドラえもん「・・・この世界の果て・・・それを確かめよう

のび太「そんなことができるの?

ドラえもん「わからないけど・・・

スモールライトー!!

ドラえもん「これを使って空間を小さくするんだ

スネ夫「そうか この部屋を小さくしているんだね


スモールライト空間が小さくなっていく・・・


しずか「でも・・・だめだわ。果ては見えないわ

ドラえもん「あきらめちゃダメだ!限界まで・・・小さくなれー

ジャイアン「スモールライトの電池が切れた・・・

のび太「何も変わらないじゃないかードラえもん

ドラえもん「まだまだ策はあります


ビッグライトー


ドラえもん「こんどはこの僕達を大きくするんだ!

スネ夫「なるほど マクロをミクロにミクロをマクロにするのか

のび太「どういうこと?

しずか「大きなこの空間を小さく 小さい私達を大きくすれば そうでしょドラちゃん!

ドラえもん「そのとおりです。これは賭けだ!大きくなーれ


ビッグライトで大きくなる


ノビジャイスネシズ「これでダメだったら・・・

ドラえもん「・・・いったいどうなるか・・・・

のび太「スモールライトの電池が・・・

ジャイアン「なにか見えるか?

しずか「なにも・・・

スネ夫「あぁーーーーっ!!たずね人ステッキも巨大化して・・・

ドラノビジャイスネシズ「行くしかなーい!!

あしたあさってくらいでクライマックスです

のび太「はぁはぁ・・・みんな待ってよー

ジャイアン「まったくノロマなんだから

スネ夫「でも このままいっても無理なんじゃない?

ドラえもん「そんなはずはない!・・・と思いたい
世界はとてつもなく小さく・・・僕たちはとてつもなく巨大になった
僕達のいる世界にたとえると月まで一歩もかからないはず

しずか「でも宇宙は無限に広がり続けると聞いたわ・・・

ドラえもん「確かに宇宙はそうなのかもしれない
でも 5億年ボタンも人が作ったもの ここは作られた世界
絶対に限界があるはずなんだ!

のび太「はぁはぁ・・・

しずか「のび太さん大丈夫?

のび太「も、もうダメ・・・

バタン

ドラノビジャイスネシズ「のび太!

ドラノビジャイスネシズ
おいのび太まじってんぞ

>>50 ミスりましたw

のび太「駄目だもう・・・動けない・・・
ははっは・・・


ピカーン!!


のび太「あっ・・あれは・・・?
ドラえもん!空気ピストルをかして!

ドラえもん「えっ?どうしたんだい

のび太「どこかでみたことある!あの光は!!いっけー!!

バーン!!!パリーン!!!

ドラえもん「な・・なんなんだ!?

しずか「空間がさらに小さく・・・・

バタン!

ジャイアン「あれ?壁に手がつくぞ

スネ夫「というか・・・だだのワンルーム?

ドラミ「ふう・・・やっと見つけた!

ノビジャイスネシズ「ドラミちゃん!!!!!

ドラえもん「どうして ここに!?

ドラミ「ずっと探していたのよ でも居場所がわからなくて
のび太さんが迷宮プラネタリウムを破壊してくれたおかげでやっとたどりつけたの

のび太「迷宮プラネタリウム?

ドラミ「そう。これは 使うと1帯が大迷宮とかす道具なの
本来は遊ぶために使うものなのだけれど・・・

ドラえもん「悪用するやつらがいるって事か!

ドラえもん「ようし!だんだん分かってきたぞ!
5億年ボタンをつくった奴らは22世紀の道具を駆使して悪巧みをしているんだ

ドラミ「未来パトロールが向かっているわ いきましょう!

5億年ボタン作成者「ぐぬぬぬぬ・・・・!

未来パトロール「観念しろ!完全に包囲した!

5億年ボタン作成者「ちくしょう・・・わが計画を台無しにしおって・・・
だが忘れるな!貴様らは逆に貴重な財産を失ったのだ
5億年ということは500億世紀!その未来を見るすべを・・・
せいぜいお前たちは100年200年の歴史に生きておるがいいわ・・・・


END?

エピローグ

ドラミ「もうっ!お兄ちゃんったら!送りつけられてきた道具なんだ使うから!

ドラえもん「ごめんごめん

ジャイアン「ごめんですむかっつーの!

スネ夫「一歩間違えてたら・・・あぁ・・考えるだけで恐ろしい・・・

光彦「いい経験なりましたshine

しずか「とにかく帰ってこれて良かったじゃない 明日から3学期ね

のび太「3学期・・・あっー!宿題忘れてた!!!!!!
ドラえもーん 安全な5億年ボタンかしてww


チャンチャン♪

おわり

くうつかでしたぞ

光彦どっから出てきたw

おい何かまざってんぞwww

500000000年は5000000世紀だろ……

>>57 >>58 >>59 突っ込みどころを全部突っ込んでくれて・・・ありがとうございます!

とりあえず」は付けよう

>>61 」ないのは癖です。伏線とかはありませんw
ていうかドラクエにないのが元凶ですwこれは意外と豆知識かも

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2015年11月06日 (金) 21:07:48   ID: o7NmxE1G

2 :  SS好きの774さん   2016年07月16日 (土) 15:52:50   ID: vxAKaRw4

3 :  SS好きの774さん   2016年10月20日 (木) 09:18:07   ID: d0zNcnye

こいつら原作見たことないだろ
設定ガン無視してるじゃねーか

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom