アルミン「正直になる薬?」 (35)


ミカサ「そう。エレンは正直ではない。ので、作って欲しい」

アルミン「そうだね。エレンは不器用だし…この前の休日にそういう薬を買ったから明日食べさせよ?」

ミカサ「ありがとう。アルミン。」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1379669038


夕食

アルミン「混んでるね…」

エレン「そーだな。んー、あっ、クリスタんとこ空いてるぞ。座りに行こうぜ?」

クリスタ「あ、エレン!とミカサとアルミン」

ユミル「よおよお、なんでここくんだよ」

エレン「空いてなかったんだ。すまん。食べさせてくれねぇか?」

ユミル「んまぁ、確かに…クリスタに変なことすんじゃねーぞ?」

エレン「??わかったよ」

クリスタ「むぅ……」

アルミン「可愛い」


アルミン「あっ、エレン。水」

エレン「おう!サンキュー」

ミカサ「」b

アルミン「」b

エレン「ん?どうしたんだ?」

アルミン「べ、別に!」

エレン「そっか」ゴクゴク

エレン「ん…?」

クリスタ「どうしたの?エレン」

エレン「んー、いやさ、俺の人生色々あったなって、」

クリスタ「そうなんだ…(エレンのお母さん、死んじゃったもんね…)」」

エレン「もう少し、素直だったら…っていつも思うんだ…」

ミカサ「問題ない。エレンはいつも素直。(フフッ、褒めた。ので、褒められるはず)」

エレン「ハハ、いつもうっとおしいな。ミカサは」

ミカサ「!!!?」

アルミン「!!!?」

クリスタ「!!!?」

ユミル「!!!?」

エレン「ん?俺なんか変なこと言ったか?」




エレン「なんで皆固まってんだ?」

アルミン「えっ!エレン!」

エレン「ん?」

アルミン「ミカサを見て!!」

エレン「なんで?」

アルミン「いいから!!」

エレン「??おっおう」

ミカサ「」

エレン「死んでるしてる…だと!?」

アルミン「早く医務室連れて行ってあげて!!」

エレン「えー?やだよ。コイツ重いもん」

ミカサ「ゴフッ」

アルミン「悪い意味で息を吹き返した?!」


クリスタ「(えっ?えっ?エレンが毒舌?!)」

ユミル「(容赦ねーな)」

アルミン「(ダメだ!ミカサのライフはゼロだ!)」

ジャン「おい!!!死に急ぎ野郎!!ミカサに何してんだよ!!」

エレン「おう?ジャン?何がだ?」

ジャン「テメッ」

エレン「あ?なんだよ」

エレン「ジャンってホントはカッコイイのになー。性格悪いから勿体ねーな」心の声

ジャン「は!?ふざけんじゃねーぞ?」

エレン「ふざけてねーよ」

エレン「別にふざけてるんじゃねーのに。けど、いつも思うけど、なんで俺ケンカ売られてんだろ?俺に構ってる暇があるんなら特訓でもしたらいーのに。勿体ねー」心の声

ジャン「は、はぁ!?なんかお前変だぞ?!」

エレン「何がだよ?」

エレン「心配してくれてんのかな?ジャンって意外といい奴だな」心の声


正直になる薬

効果は23時間

自分の心の声は聞こえない

ぐらい…まだあったら、付け足します。


ジャン「いい奴…//って、やっぱりへんだぞ?!」

エレン「だから、ちげぇって」

エレン「んー、こいつも一緒に外の世界見に行けたらいいのに…ジャンだけ置いてけぼりは可哀想だしな」心の声

ジャン「ぜってー見にいかねぇからな!けど、どうしてもっていうなら…」ゴニョゴニョ

エレン「はぁ!?」

エレン「なんだ。ジャンも見たいのか。よっしゃ!調査兵団に入団だな~」心の声

ジャン「は、はぁ!?い、行かねえよ」プイッ

エレン「あ?なにがなんだよ?」

エレン「えー?行かねえのかー。立体起動うめーのに。勿体ねー」心の声


アルミン「(エレンが大人の対応をしている…?!)」

アルミン「(そうだ。エレンに皆の印象を聞いてみよう)」

アルミン「エレン?」

エレン「ん?」

アルミン「エレンって僕のことどう思ってる?」

エレン「親友だぜ?」

エレン「親友!」心の声

アルミン「エレン…」ウルウル

エレン「ど、どうしたんだ!アルミン!」オロオロ

エレン「大丈夫か?アルミン!」心の声


アルミン「なんでもないよ」

アルミン「じゃあ、ジャンのことはどう思ってる?」

エレン「ウザいやつ」

エレン「ジャンかー、あいつ勿体無いよなー。せっかく、立体起動うめーんだから調査兵団くればいいのに。あとなー、もうちょっと仲良くできねーかな?」心の声

アルミン「エレン…」

ジャン「チッ///」

アルミン「じゃあ、ライナーは?」

エレン「兄貴っぽいよなー」

エレン「頼れる兄貴!これからも色々と頼りにさせてもらおう!でもって技術を盗む!」心の声

ライナー「エレンって意外と皆 を見てるんだな…」

アルミン「じゃー、ベルトルトは?」

エレン「んー?なんでもそつなくこなすってすげーなって思う」

エレン「それなのになんか?距離を置かれてる様な気がするんだよなぁ。もっと喋りてぇな」心の声


んー、脳内に直接、ではないですね。口にだしてるようにきこえる!薬です。


アルミン「(よし!そろそろミカサのこと聞いてみようかな?)」

アルミン「エレンはミカサをどう思ってるの?」

エレン「家族」

エレン「だけどなー、いつも世話焼いてきてうっとおしいんだよなー。なにが「エレンは私がいないと早死にする」だ。ホント恥ずかしい」心の声

アルミン「oh」

ミカサ「」ウルウル


アルミン「じゃっ!じゃあ、クリスタは?」

クズミン「(ミカサにあれだけ言ってるんだ。さぁて・・・どんな答えが返ってくるかなァ?)」ニヤァ

エレン「んー、性格が良くて優しいし馬術で色々教えてくれるからクリスタはいい奴」

エレン「クリスタと一緒にいるんだし、ユミルとも仲良くなれたらいいのになー。まあ、今は5人で飯食ってるのもいいか。つか、アルミンはなんでこんなこと聞くんだ?」心の声

クズミン「(クソッッ!)」


クリスタ「(エレンってミカサの事嫌いなのかな…?)」

クロスタ「(チャーンス)」ニヤリ

ユミル「(意外ではないが、まさかエレンの奴ミカサに遠慮してたなんてな。やっぱり意外だな)」

エレン「もういっちゃダメなのかな…?」心の声

エレン「もう行っていいか?アルミン」

アルミン「ん?ああ、そうだね。行こうか」

クズミン「(くそっ!作戦失敗!!)」

エレン「おーい、ミカサー?起きろよー」

エレン「いつまで寝てんだ。ミカサの奴。これからはなんか言われた時はこれで抑えとくか…」心の声

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2013年11月05日 (火) 21:39:18   ID: aRoo5BqA

続きはよ

2 :  SS好きの774さん   2014年01月05日 (日) 21:43:28   ID: CU6ySZ2V

アルミンは
クズミンなどの
あだ名つく

575ですww

3 :  SS好きの774さん   2014年05月27日 (火) 19:12:27   ID: aHVxSDj7








































































































































4 :  SS好きの774さん   2014年08月05日 (火) 16:21:14   ID: wtY2T_kj

気長にまつよ! (^∀^)/ <●><●>

5 :  no3   2014年09月17日 (水) 18:55:25   ID: GyiMV2-B

オモシロイです   ミカサwwwwwww

6 :  SS好きの774さん   2015年04月02日 (木) 23:39:23   ID: qUTGZFVn

続きはやく

7 :  SS好きの774さん   2015年05月23日 (土) 15:54:23   ID: pNMw1RWn

荒らしがキタから!!

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom