打ち止め「今日のご飯はお鍋がいいって…」一通「あァ?」(355)

打ち止め「ミサカはミサカは提案してみる!」

一方通行「あァ?鍋だァ?」

打ち止め「そう!テレビでやってた鍋特集がとってもおいしそうだったの特にキムチ、
ってミサカはミサカは情報通なところを誇示してみたり」

一方通行「……ンな辛ェもンガキが食えるかよ。めんどくせェ。ファミレス行くぞ、ファミレス」

打ち止め「なーべーがーいーいーなーべー」ギュー

一方通行「っ!まとわりつくンじゃねェ!うっとうしい。

……チッ、しかたねェな。ここいらに鍋料理屋なンてあったかァ?」

打ち止め「何言ってるの!お鍋といったらおうちのコタツでに決まってるじゃない、

ってミサカはミサカは常識のないあなたにちょっとびっくりしてみる」

一方通行「どこの世界の常識だそれは。大体うちにコタツなンざねェだろうが。

そもそも今日は黄泉川も芳川もいねェンだぞ?二人で鍋囲ンで何が楽しいって……」

打ち止め (ウルウル)

一方通行「……」

打ち止め (ウルウル)

一方通行「……(チッ)買い物行くぞォ」

打ち止め「わーい、ってミサカはミサカは全身で喜びを表現してみるっ」

打ち止め「おっなべ~♪ おっなべ~♪」

一方通行「(スーパーまで来てみたものの、何買えばいいんだ?
……まァ適当に鍋に放りこンどきゃ出来ンだろ)」

肉 白菜 肉 缶コーヒー もやし 肉 缶コーヒー 缶コーヒー 缶コーヒー…

打ち止め「おっなべ~♪ おっなべ~♪」

一方通行「コラはしゃいでんじゃねェぞこのクソガキ!」

??「とうまーとうまー、あれも食べたいんだよ」

??「だああっ!何を言ってやがりますか!上条さんの財布はもうぺらっぺらですよ!?」

??「とうまのけちー」

??「だれがうちのエンゲル係数を上げてるのか全っ然わかってないみたいだな……」

打ち止め「わーいわーい、デザートはプリンがいいってミサカはミサカはデザートコーナーに猛ダッシュ!!」

一方通行「オイ走ってンじゃねェェェ!!(転ぶぞォ!?)」

ドンッ

打ち止め「きゃっ」

禁書目録「わわっ」

上条「おいおい、大丈夫か……っておまえ、打ち止め(ラストオーダー)?」

打ち止め「あ、あなたは」

禁書目録「何?とうま、また知ってる女の子なの!?(ガルルルル)」

上条「わっ、こんなところで噛み付くなよ!?」

打ち止め「急に飛び出してごめんなさいってミサカはミサカは謝ってみる」

上条「いや、こっちも前見てなかったんだし、おあいこだろ。
それよりなんだ、お前も買い物か」

打ち止め「うん。今日はあの人と鍋パーティー!ってミサカはミサカは自慢してみる」

上条「鍋か、楽しそうだな。……ってことは今『あの人』も一緒か?」

打ち止め「そうだよってミサカはミサカは可愛らしくコクリとうなづいてみる」

上条「そっか。ちょうどいいや。『あの人』ってのに挨拶くらいしとくか。
この前は何の役にも立てなかったしな」

禁書目録「なんだか会話に参加できてないんだよ」

打ち止め「挨拶……ってあなたがあの人に?それはやめといたほうがいいかも、
ってミサカはミサカは忠告してみる」

上条「何でだ?聞いた限りだとどうも気が合いそうな感じだったし」

一方通行「クソガキィ!だから走ンなっていっただろうがァ!
人様に迷惑かけまくりですかァ?このおチビさんはァ」

上条「あー、いいんですよ、こっちも前方不注意です……し…?」

一方通行「ン?悪ィ……な…?」

上条「」

一方通行「」

禁書目録「あ、こないだご飯くれた白い人だー」

上条「も、もしかして『あの人』って、一方通行……さんのことでしたか?」

一方通行「……」

上条「あ、なんかお邪魔なようなので上条さんは帰りますね?インデックス、行こう」

禁書目録「ねーねー、できれば今日もおなかいっぱい食べさせてくれるとうれしいかも」

上条「インデックスさんんんンン!?」

打ち止め「ミサカは…ミサカはかつてない修羅場を目撃しようとしているのかも……」

一方通行「クク……クハハッ」

上条「一方通行さん?何をそんなに嗤っているんでせうか」

一方通行「クハハッハハッ!うれしいぜェ!三下ァ!まさかこンなところで再会するとはなァ!
いいねェいいねェ!やってやろうじゃねェかァ!こないだの続きってやつをよォ!」(カチッ)

上条「急にハイになられるとすっごく怖いんですけどおおおおぉぉぉぉ!?」

一方通行「挽肉にして今夜の鍋の具材にしてやンよォ!!!」

上条「不幸だああぁぁぁぁぁっ!」

打ち止め「すとーっぷ!」ダキッ

一方通行「っ!な、何しやがるこのクソガキ……くっ!制限かけやがったな!?」

打ち止め「もう!こんなところでガチバトルはやめてよねって
ミサカはミサカはスーパーに来ている主婦の皆さんの視線に顔を赤らめてみる!」

クスクス アラヤダナニカシラ ケンカ? オモシロイモンガミレソウダトミサカハワクテカシテイマス ワカイッテイイジャン クスクス

一方通行「クッ」

上条「あー!あー!一方通行、今日は鍋なんだってな!?
実はうちも鍋の予定なんだ。よければ一緒にどうだ?人数多いほうが楽しいだろ?」

禁書目録「とうまー?今日はお金がないからお好み焼き丼だって言ってたじゃ…ムグッ」

一方通行「ふっざけてんじゃねェよ。だれが好き好ンでオマエらと鍋なンざ……」

打ち止め「わーい!ミサカはミサカはあなたやみんなで鍋をするという事実に小躍りしてみたり」ギュッ

一方通行「///ちっ…しゃーねェなァ!!」

上条 (これは割り勘で食費が節約できるフラグ……計画通り!(AA略

禁書目録「嘘なんだよ」

上条「それにしても、肉とコーヒーばっかじゃないか。コーヒー鍋でもするのか?」

一方通行「うっせェ」

打ち止め「きっと一方通行は鍋とかやったことないからよくわかってないんだよ
ってミサカはミサカは説明してみる」

一方通行「余計なこと言うンじゃねェ!」

上条「なんだ一方通行料理できないのか。ここは上条さんが一肌脱ぎますか」

一方通行(ギロリ)

上条「すいませんすいません調子に乗ってすいません」

上条「白菜、にんじん、白ねぎ、豆腐、大根、豚バラ……お、しいたけが安いな。
キムチ鍋ならこんなもんか」

一方通行「……キムチ鍋は中止だ。かに鍋にするぞ(ガキには辛いの無理だろ)」

上条「えええぇぇぇえ!?かに!?そんな高級食材上条さんの家計では無理が……」

一方通行「あ?なンか文句あンのか?」

上条「ないですないです」

禁書目録「かに……高級食材なんだよ!!」

打ち止め「なんだよー!」

一方通行「オイ、四人分にしちゃァずいぶン量が多くねェか?」

上条「えー、それはですね」(チラリ)

一方通行 (チラリ)「あァ、そういうことか」

禁書目録「なんか失礼な視線を感じるんだよ」

レジ「お会計××円になりまーす」

一方通行「カードで」

上条「あのー、一方通行、悪いんだけど今持ち合わせが足りなくて……
ちょっとおろして来るから待っててくれるか?」

一方通行「こンくらいだしてやる。っつーかこの程度もだせねェ極貧生活送ってンのか、オマエは」

上条「な、なななななっ、上条家の一週間分の食費に相当する金額をいともたやすくっ
インデックス!この御方を崇め奉れい!」

禁書目録「すごいんだよ!最高なんだよ!」

一方通行「変な奴らだな(俺はこんな野郎に負けたのか……)」

打ち止め「コタツで鍋~♪コタツで鍋~♪」

一方通行「はしゃぐな。鍋がひっくり返るぞ(火傷でもしたらどうするっ!)」

上条「悪いな、狭くて」

トウマートウマー ヤサイシツノオクニ ソーセージハッケン

上条「ヤバイ! ちょっと鍋見ててくれ!」

一方通行(適当に食材突っ込ンでりゃ出来るだろ、こんなもン) ポイポイ

上条「あーあー、何やってんだ一方通行、もっと火の通りの悪い物から入れていけよ
それにきちんと昆布で出汁とって……」

一方通行「っ!そういうことは早く言えェ!殺すぞ!」

上条「理不尽!」

上条「よーし、そろそろいいぞー。ほれ、打ち止め、熱いから気をつけて食えよ」

禁書目録「とうまー、わたしの分もとって」

上条「はいはい……一方通行もとってやろうか?」

一方通行「自分で取れるに決まってンだろ!」

上条・禁書・打止「いっただっきまーす!」

一方通行「……」

打ち止め「あー、一方通行、いただきますしないと行儀悪いんだよ
ってミサカはミサカは腰に手を当ててお姉さんぶってみる」

一方通行「っ!い……いただき…ます」

上条 (完全に尻にひかれてるなー)

一方通行「おい、オマエ今変なこと考えただろ」

上条「ヒィッ、精神感応能力(テレパス)!?」

上条「そういえばお互いちゃんとした自己紹介はまだだったな。
俺の名前は上条当麻。一方通行って超電磁砲みたいな能力名だろ?本名はなんていうんだ?」

打ち止め「そういえばわたしも知らないかもってミサカはミサカは驚愕の真実にいまさら気づいてみる」

一方通行「……ンなもんとっくの昔に忘れちまったよ」(プイ)

上条 (なん…だと…?この不自然なかわしかた、もしかして本当に鈴科百合子ちゃんだったりするのかっ!?)

一方通行(俺みたいな悪党には、本名なんざ必要ねェ……)

禁書目録「わたしの名前はインデックスなんだよ。間違えちゃいやなんだよ」

一方通行「オマエのはどう考えても偽名だろうが」

禁書目録「ジュルジュル かにおいしいんだよ!」

打ち止め「うーんうーん、かにの身がうまく取れないってミサカはミサカは苦戦してみたり」

上条「なんだ、打ち止め、かに食うの初めてか。貸してみろ」

打ち止め「わーい、あなたは優しいのねって
ミサカはミサカは手伝ってくれないどっかの誰かを横目でちらりと見てみる」

一方通行「!!」

一方通行(俺がやってやる!っと言いたい……言いたいがしかしッ)

上条「なんだ一方通行、お前もかに食うの下手だな。間接をこうして(パキン)引っ張ればある程度身は取れるぞ」

一方通行「うっせェ!それくらい知ってるっつゥの!」

上条「ふーん(ニヤニヤ)」

打ち止め「ふーん(ニヤニヤ)」

一方通行(こいつらあああァァァ!)

一方通行(ハッハァ!かにの身の取り方にも慣れてきたぜェ! 学園都市最強をなめンなよ)

一方通行「よし、クソガキ、俺がかにの身とってや」

打ち止め「かにの身うまく取れるようになったよってミサカはミサカは大得意」

禁書目録「面倒だったら殻ごと食べちゃえばいいんだよ(バリバリ)」

一方通行「」

上条「ん?なんか言ったか、一方通行」

一方通行「な、何でもねェよ!…(´・ω・`)」

上条 (やっべ、コイツおもしれえ)

打ち止め「うわぁ…しいたけ嫌いってミサカはミサカは一方通行の器にしいたけを投入」

一方通行「こ、このクソガキ!キノコなンざ食うわけねェだろ!?」

上条「ちゃんと肉以外も食べろよ、一方通行」

一方通行「うっせェ!」

上条「あーあーいいんですかねー。保護者が子供の前で好き嫌いしちゃってー」

禁書目録「わたしは何でも食べるんだよ!おかわり!」

一方通行「……後で覚えとけよォ(モグモグ…マズイ……)」

土御門「かっみやーん、なんかいいにおいするから来てやったぜぃ☆」

一方通行「……(モグモグ)」

土御門 (バタン)

上条「何だ今の」

一方通行「さァな」

一方通行「……」

上条「……(チラ)」

一方通行「……」

上条「……(チラチラ)」

一方通行「こっちみンな」

禁書目録「なんだか食卓に会話がないんだよーおかわり」

打ち止め「そういう時はこれ!じゃじゃーん、カナミンのぶるーれいでぃすく!
ってミサカはミサカはどこからともなく取り出してみる」

禁書目録「うわ!それすっごくいいかも(キラキラ)おかわり」

上条「でも上条さん家にはブルーレイディスクプレイヤーなんて高級品はないんですよね」

禁書目録「(´・ω・`)おかわり」

打ち止め「(´;ω;`)」

一方通行 (チャキ)

上条「すぐに用意しますからそんなぶっそうなもんしまってください!!!
土御門おおおおぉぉぉ!」

一方通行(モグモグ)

上条(き、気まずい。二人はカナミンに夢中だし……ここは会話のキャッチボールを!)

上条「あ、髪切った?」

一方通行「……チッ」

上条「すいません」

一方通行(鍋の底にかに発見)

禁書目録「おかわり」
一方通行(n底にかに発見)

禁書目録「おかわり」

ミスった。下二行はなかったことに……

一方通行(モグモグ)

上条「……そういえば杖なんか付いちゃって怪我でもしたのか?いやー、一方通行に限ってまさかなー」

一方通行「うるせェ。黙って食え」

上条(モグモグモグモグッ)

一方通行(かにうめェ)

禁書目録「おかわり」

打ち止め「きゃー!しらたきがどろどろなのーってミサカはミサカは急いで救出!!」

禁書目録「むむ!?まだしらたき食べてないんだよ!」

一方通行「それはマロニーちゃんだ」


一方通行 (豆腐……か。崩れやすいンだよなァ)

一方通行 カッ(だがしかし!学園都市最強の箸さばきに死角はねェ!!見てろ、打ち止めァ!)

ヒョイ

上条「ん?なんだ?お前も使うか、お玉」

一方通行「悔しくなンかねェ!!」

一方通行「……何だ、今日の鶏肉は親鶏じゃねェか。若鶏じゃねェんだな」

上条「スマン、安かったんだ。やっぱ固いか」

一方通行「そォだなぁ、やっぱ鶏は若くて幼いほうがうめェよなぁ……」

打ち止め「若くて……幼い……?」

上条「……」

禁書目録「……」

一方通行「!!な、何なンですかァ!その変態を見るような視線はァ!!」

にゃーん

打ち止め「猫だ猫だー!ってミサカはミサカははしゃいでみる!」

上条「おっとぉ、スフィンクスにはかにはもったいなさすぎるな」

打ち止め「えー、かわいそうなのってミサカはミサカはまだ器にかにが残ってる人をジーっとみつめてみる」

一方通行「くっ……やりゃあいいんだろ!あーあーハイハイ別にかになンてどうってことないですよォ
食べ飽きてますからねェ!(かに…俺のかに)」

打ち止め「よかったねー、にゃんこちゃん……ってあれ?」

スフィンクス(プルプル)

打ち止め「やっぱりわたしの発する微弱な電磁波が小動物を寄せ付けないんだね、
ってミサカはミサカはしょんぼりしながらかにの身を餌の皿にそっと置いてみる」

スフィンクス ピクッ ソー ハムハムハムハムッ

上条「よかったなー、ちゃんと食べてくれたじゃないか
……インデックスは物欲しそうな視線を送るんじゃありません」

スフィンクス「にゃー!」

一方通行「っ!な、何だコイツ、急に」

スフィンクス「にゃーごにゃーご」スリスリ

上条「はは、誰がかにをくれたのかわかってるみたいだな」

一方通行「チッ……うっとうしいことこの上ねェ!///」

禁書目録「ふぅ。今日はお客さんがいるし腹八分目でやめとくんだよ」

一方通行「……どんだけ食うんだよこの暴飲暴食シスターは」

禁書目録「違うもん。すべての生きとし生けるものに感謝をささげながら食べてるんだよ!」

打ち止め「わたしももう食べられないってミサカはミサカは高らかに宣言してみる(ケプゥ)」

上条(上条さんはほとんど食べてませんよ…)

禁書目録「カナミンも終わっちゃったし、なんだか眠くなってきたんだよ」

打ち止め「んー、そういえばすっごく眠いかも……ってミサカは……ミサカは……」

一方通行「しばらく寝てろ。牛になるがなァ」

打ち止め「そんなの迷信だって、ミサカは、ミサカ……ZZZzzz」

禁書目録「ZZZzzz…」

上条「はは、寝ちまったな、子供は気楽でいいな」

一方通行「……そうだな」

上条「……」

一方通行「……」

上条 (もしかしてこの方と二人っきりなんですかあああぁぁ!?)

一方通行「オイ」

上条(まさかいきなり襲い掛かってきたりとかしないよな?打ち止めもいるんだし)

一方通行「オイ」

上条(はっ……まさかそれを含めてすべてが罠!?)

一方通行「オイィ」

上条(いやだあああぁぁぁ!立派なフラグのひとつも立てないまま死んでしまうなんて絶対にいやだあああ!)

一方通行「聞いてんのかコラァ!」(ゲシッ)

上条「ぐふっ、……ななななななななんでしょう?」

一方通行「なァ三下ァ」

上条「上条さんには上条当麻っていう立派な名前があるんですが」

一方通行「オマエに会ったら聞こうと思ってたことがあるンだがな」

上条「無視ですかそうですか……まぁ、答えられることなら答えるぞ」

一方通行「なんでオマエが……『最弱』がこの『最強』に歯向かおうなンて思ったンだ?」

上条「え……なんで、ってそうだな。誰かが困ってたら手を差し伸べるってのは、当たり前のことだろう」

一方通行「当たり前ェ?オマエ、下手したら死んでたンだぜェ?」

上条「はは、こないだ俺が勝ったのは運がよかっただけだもんな。
下手したらどころか普通なら上条さんなんて試合前にお陀仏ですよ」

一方通行「だったら、何で」

上条「上条さんは、上条さんの持ってる正義を貫く。そのためだったら、
どんなでっかい敵でもそげぶですよ」

一方通行(そうか……コイツは根っからの善人っだったな
俺みたいな、悪党とは違う世界にいる人間だ。もともと俺が理解できるような理屈で動いてねェんだ)

上条「そうだな、これはお前に言っていいことなのかどうかわからないけど」

一方通行「あァン?」

上条「前に打ち止めが言ってたぜ。
『血まみれになってもボロボロになってもミサカのために戦ってくれた』
ってな。つまりは、俺もお前も似たようなもんだってことだろ」

一方通行(俺が…コイツと、同じ?)

一方通行「……くっだらねェ」

一方通行 (スクッ)

上条「ん?どっか行くのか?」

一方通行「コーヒーが切れた」

上条(あんなに買ってたのに…?)

一方通行「すぐ戻る。それまでソイツを頼んだぜ」

上条「あぁ、任せとけ」

上条(打ち止めのこともあるし、意外と悪い奴じゃないんだな、アイツ)

一方通行(けっ……善人過ぎて虫唾が走るぜ)

打ち止め「……んー?なんか寝ちゃってたみたいってミサカはミサカは眠たい目をごしごしこすってみる」

上条「お、起きたか」

打ち止め「あの人は?」

上条「ん、なんかコーヒー買いに行ったぞ」

上条「なぁ」

打ち止め「何?ってミサカはミサカは問い返してみる」

上条「俺は打ち止めが何で一方通行と一緒にいるのかっていうのは詳しく知らないけど」

打ち止め「?」

上条「打ち止めは……今、幸せなんだよな?」

打ち止め「もちろんだよ!ってミサカはミサカは力いっぱい肯定してみる!
ヨミガワもヨシカワもとっても優しいし、それに、それにね」



「あの人が、いっつもわたしを守ってくれるんだよってミサカはミサカははにかみながら告白してみる」

上条「……そうか、よかったな」(ナデナデ)

打ち止め「もちろんあなたにも感謝してるんだよってミサカはミサカはさらに告白っ///」(ダキッ)

上条「おおっと、上条さんはロリコンではありませんよっと」(ナデナデ)

上条 (こいつらの間に何があったかは知らないけど)

上条 (この笑顔を見れば、一方通行にとっても、打ち止めにとってもいいことだったってのはわかるな)

ガチャ

一方通行「チッ、品揃えの悪いコンビニだったなァ」

打ち止め「あ、おかえりーってミサカはミサカは上条当麻に抱きついたままにっこり笑ってみる」

一方通行「ア?」

上条「え?」

禁書目録「……んー?おはよーとうま。どうしたのかな、なんか騒がしいかも」

御坂妹「お姉様、こんばんはとミサカは妹達のオリジナルに挨拶をします」

美琴「ん?なんだ、アンタか。10032号だっけ。もう体調はいいの?出歩いちゃって」

御坂妹「これもリハビリの一環なのです、とミサカは回復をアピールします」

「てンめえェェ!何ガキに抱きつかれてニヤニヤしてやがるンだ!?
ロリコンですか?ロリコンなンですかァ!?」

「とうまー!こんなちっちゃい女の子にまで手を出そうとするなんて、最低だよっ(ガジガジ)」

「ご、誤解だっ。打ち止めも止めてくれえっ」

「わたしのために怒ってくれるあの人を見て、ミサカはミサカはちょっぴり満足してみたり…」

美琴「あの声は……」

御坂妹「上条当麻ですね、とミサカはとある学生寮の一室に目を向けます」

美琴「それに、知らない女の子の声がするじゃない!
また変なことに巻き込まれてるんじゃないでしょうね!?」ダッ

御坂妹 (あれは上位個体の声?それに、一方通行までいやがりますか)

御坂妹「お姉様、ご一緒しますとミサカは後に続きます」

一方通行「さっさとその手をはなせェ!このロリコンン!」グイッ

打ち止め「あーれーってミサカはミサカは時代劇っぽくくるくる回ってみる」

上条「そんな風に意識しちゃう一方通行のほうがロリコンなんじゃ…」

一方通行「なンだとォ?」

上条「ヒィ!」

美琴「ちょっとアンタ!何やってんのよ」

上条「ビ、ビリビリ!?なんでまたややこしいところに」

美琴「! 一方通行!? 何でこんなところに! まさか…アンタまた……」

一方通行「なンだ、超電磁砲。てめェも殺されに来たのかァ?」

打ち止め「……わざわざ誤解されそうなことを言わなくても、ってミサカはミサカは呆れてみたり」

美琴「アンタ……その子……小さいけど『妹達』の一人よね」

御坂妹「はい。正しくは妹達の上位個体、シリアルナンバー20001号、通称『打ち止め(ラストオーダー)』です
とミサカは回答します」

御坂妹(なんだか誤解がありそうですが、面白くなりそうなのでミサカは傍観することに決めました)

上条「御坂妹までっ」

美琴「上位個体……?アンタ、その子を狙って何をしようっていうの?」

美琴「まさかまた……あのくだらない実験を繰り返そうってんじゃないでしょうね……」

美琴「もし、そうなら」

美琴「わたしは死んでもアンタを止めるっ!」バチバチバチィッ

一方通行「ハッハァ!何言ってやがるこの三下がァ!
高々第三位の分際でこの最強に逆らおうっていうのか?
おもしれェ!おもしれェじゃねェか!!」カチッ

上条「ちょっ……上条さん家でレベル5のガチファイト!?不幸だあああぁぁぁ!!」

打ち止め「あ……やめ…」

禁書目録「お鍋の底にかにがまだ残ってたんだよ♪(ジュルジュル)」


一方通行「なンだなンだ超電磁砲。
オマエの貧弱な能力で『反射』を破れるとでも思ってやがりますかァこの低脳がァ!」

美琴「フン、見損なわないでよね。アンタが受信してる電波……
この学園都市最高の電撃使いが気づかないとでも思ってるの?
ジャミング対策までしちゃって、それが重要ですって言ってるようなもんじゃない!」

一方通行「ハッタリかましてンじゃねェぞ電撃使いごときが」

美琴「それに…なんでかわかんないけどずいぶんとわかりやすい電波なのよね~。
……これがハッタリに聞こえる?」

一方通行(チッ、そういやこいつは妹達のオリジナルなンだったな
ネットワークに接続することは出来なくとも妨害することくらいは出来る可能性は……)

一方通行「あァ?なンなら試してみるか三下ァ」

美琴「覚悟しなさい!」ピィン バチバチィ

一方通行「上等だあアァァァァっ!」ガスッ バキバキバキィ

打ち止め「やめてぇーーーーー!」

ズガアアアアアァァァァァアアァァァァン


……



上条「……いい加減にしろよ、お前ら」

一方通行「なっ」

美琴「っ!邪魔しないで!」

上条「いい加減にしろって言ってんだよ!」

上条「俺はお前らの間に何があったのか、っていうのを俺は知ってる」

上条「御坂が一方通行を許せないっていうのはわかる」

上条「一方通行も、事情を知らない御坂にいきなり突っかかられて頭に血が上ったんだろう」

上条「だがな、それでもっ!
こんな小さな女の子を泣かしていいって理由にはならないんじゃないのか!?」

美琴「!?」

一方通行「……」

打ち止め「うっ…ふえぇぇ……一方通行も…お姉様も……もう、やめてってミサカはミサカは……ぐすっ」


上条「それもお前らが納得できないって言うんなら

この子の涙を止められないって言うんなら――


お前らが和解出来ないなんていう


そのふざけた幻想をぶち壊す!」

美琴「っ!でも、一方通行はこの子をっ」

御坂妹「お姉様、20001号は現在一方通行の保護下にあります、とミサカは事態を収めるため渋々真実を述べます」

美琴「え?」

御坂妹「ミサカ単体としては不本意ですが、20001号は一方通行のことを非常に信頼しています。
お姉様が、上条当麻信頼しているように。とミサカはいらぬ一言も付け加えておきます」

美琴「な、な、な、何言ってんのよっ///」

上条「どうした?御坂、顔赤いぞ」

一方通行「……チッ、シラケちまったなァ」

美琴「……そ、そうね。今回はその子(ラストオーダー)に免じて許してあげるわ」

打ち止め (パアァァ)

美琴「でもね、わたしはアンタのこと信用したわけじゃないわ。
今度アンタがこの子達を泣かせることがあったら、そのときは許さないわよ」

一方通行「……泣かさねェよ(ボソ」

禁書目録「お汁も全部飲んじゃったんだよ」

上条「あああああ!〆の雑炊がっ!?」

上条「はは、御坂達も帰ったし、食べるもんもなくなっちまったし、
お前らどうする?」

一方通行「帰るぞォ、クソガキ」

打ち止め「えぇ!?せっかくなんだからもっと遊んでいきたいってミサカはミサカは主張してみる!」

一方通行「うるせェ。いつまでも他人の家にいられるか」

上条「何言ってんだ。もう俺たち、友達だろ? またいつでも来いよ」

一方通行「!」

打ち止め「! 性格がひん曲がりきってもう修正のしようのない一方通行を友達認定してくれるなんて、
なんていい人いい人を通り越して超鈍感なんじゃない?ってミサカはミサカは感激してみる」

上条「ほめられてんのか?それ」

一方通行「誰の性格がひン曲がってるってェェェ?お嬢さァンンンン?」

打ち止め「いたいいたいいたいって、みさかはみさかはぁぁぁぁ!」

上条「ははは、あんまりいじめんなよ」

一方通行「フン……またなァ、上条ォ」(スタスタ)

打ち止め「!」

上条「ありゃ?嫌われちまったかな?」

打ち止め「んーん、そんなことないよってミサカはミサカはあの人のツンデレっぷりにニヤニヤしてみる」


禁書目録「また遊びにくるんだよ!」

上条「なんかよくわからんが、気をつけて帰れよ」

打ち止め「大丈夫。だってあの人と一緒だもん!ってミサカはミサカは胸を張ってあの人を追いかけてみるー!
それじゃあ、ばいばーい!って大きく手を振ってみるー!」

一方通行「いてェ!いきなり飛びつくンじゃねェよ、クソガキ」

打ち止め「またねー!」


上条「……ったく、騒がしい奴らだな」

禁書目録「そうだね。それにしてもとうまも大変だよね。
あの白い人が部屋の床におもいっきりひっぺがしてくれちゃったし」

上条「……」

禁書目録「それに、短髪がビリビリしたからまた家電製品壊れちゃったんじゃない?
わたしはおなかいっぱいかにが食べれたから幸せなんだけど。
……あれ?またちょっとおなかすいてきたかも」

上条「…………不幸だああああぁぁぁぁぁっ!!」

おしまい

みんな支援ありがとうございました。
SSどころかスレ立てすら初めてなんでいろいろすまんかった!
特に後半は申し訳ない。
マッタリ需要がこんなにあるとは…
途中で軌道修正なんて器用なことはできんかった。

1は一通さんもアクセロリータさんも百合子さんも大好きなんだぜ。
また修行して出直してきますよー。
それでは。

黒子「わたくしの活躍がなかったとご不満な殿方がいらっしゃるようですわね

これから1が眠くなるまでわたくしの魅力をたっぷりとご賞味なさってくださいませ!」

123の後日談的な。
書き溜めてないのでぐだぐだするかもだけど適当にやっていく。
たぶんID変わってるけど1です。

美琴「くーろこ♪」

黒子「きゃあっ……お姉さま!?何をそんなに浮かれてらっしゃいますの?」

美琴「う、浮かれてなんかないわよ
……それよりもアンタ、今から暇?」

黒子「お姉様、もうすぐ門限でしてよ。また抜け出すつもりですの?」

美琴「へへへへへー」

黒子「……はっ!もしかしてまたあの殿方のところに!?
いけませんわ!いーけーまーせーんーのー!!」


流れぶった切ってスマン

美琴「べっ、別に私が行きたいわけじゃないのよ!?
でも、アイツがどうしても、どうしてもって言うから……」

黒子「やっぱりあの殿方のところなのですね!!キィー!ゆるせませんのゆるせませんの!」

美琴「ちがうの!そういうのじゃないの!
少人数で鍋しても楽しくないからこないかって誘われただけだもん……」

黒子「鍋?」

美琴「そう、鍋」

美琴「それでぇー、よければ友達も連れてきていいからってぇー(テレテレ)」

黒子 (お姉様……友達を呼んでいいって時点で望みは限りなく薄くってよ)

黒子「はぁ、結局ついてきてしまいましたわ」

美琴(確かここがアイツの部屋……前に来たときはバタバタしててよく覚えてないけど、
私、アイツの部屋に入っちゃったのよね///)

御坂妹「しかも土足で玄関先を踏みにじった挙句、レールガンをぶちかましやがりました、とミサカはお姉様の独白にこっそりと付け加えておきます」

美琴「!!」

黒子「お姉様が二人!?」

御坂妹「厳密にはミサカはオリジナルである御坂美琴とは異なります。ミサカはお姉さまのクロー…」

美琴「妹妹!私の妹なのよこの子!いやー、そっくりでしょー、ホント」

黒子「常盤台の制服を着てらっしゃるにもかかわらず、今までわたくしはあったこともございませんわ。
常盤台ににいらっしゃったらすぐにわかるはずですの」

美琴「この制服は私が貸したの!! 以上! 詮索終わり!」

御坂妹「お姉様も呼ばれていたのですか、とミサカはひそかに舌打ちします」

美琴「どういう意味よ」

黒子「まぁまぁ、ここはお姉様同士、仲良くしてくださいな。
あの殿方のお部屋は目の前でしてよ?二人ともさっさと入りたいんじゃございませんの?」

美琴「そ、それもそうね。おなかもすいたことだし」

御坂妹「ミサカははやくあの人に会いたいです、とお姉様には真似できない素直な心情を吐露します」

美琴「くっ」

黒子(ハァハァ…お姉様が二人お姉様が2倍お姉様が特盛…ハァハァ)

美琴「お、押すわよ」

黒子「チャイムを鳴らすのにどれだけ時間かけてるんですの。押しますわよ」ピンポーン

美琴「はわわわわっ」

御坂妹「前回はチャイムも鳴らさずに侵入したのを忘れましたかと
ミサカはミサかはオリジナルの記憶能力に若干の不安を覚えます」

??「悪い、今手が離せないからでてくれないか」

??「あァ?誰に向かって頼みごとしてやがる(ブツブツ)」

ガチャ

美琴「」

一方通行「」

黒子「あら、わたくしたちのほかにもお客様がいらっしゃったのですね」

御坂妹「……上条当麻の空気の読めないっぷりには何か深いものを感じますとミサカはアンニュイな気分になります」

一方通行「て、てめェよくもノコノコとっ」

美琴「アンタこそ…!」

打ち止め「わーい、お姉様だーってミサカはミサカは喜んでみる」

一方通行「チッ……休戦だ」

美琴「……わかったわ」

黒子「???なんかついていけてませんわ」

打ち止め「あれ?お姉さんは?」

黒子 (小さいお姉様!!!!?????)

美琴「く、黒子、この子も私の妹でぇ…って通用しないかなー
ってあれ?黒子?聞いてる?」

黒子「あああああああぁぁぁああ可愛いですの可愛いですの!なんて愛くるしいんでしょう!!
もう頬ずりしてスリスリして首の後ろクンカクンカしたあとにそのやわらかそうなほっぺたをベロンベロンと
なめまわして差し上げたいくらいですわあああぁぁぁぁっ
はっ、でも黒子、だめですわ。私にはお姉さまというものが……いえ、いっそこの子をお姉様
と一緒にお育てあそばして光源氏なんてこともおおおおぉぉぉ
妄想がとまりませんわあああああああああ……ってだめだめ。こんなこと考えてるとわかったら
お姉さまがドン引きなさってしまいますわ。平常心平常心平常心」

黒子「かわいらしい妹さんでございますわ」

美琴「黒子、全部口に出てたから」

一方通行「何だコイツはァ。新手の変態か?」

美琴「……そう思ってくれてもかまわないわ。
でも心配ないわ。打ち止めは私が守るから」

御坂妹「……とミサカはドン引きすぎて言葉もありません」

一方通行「……まァいい。とっとと入りやがれ」

美琴「何をえっらそうに。アンタの家でもないでしょうに」

ところで何鍋がいいか決めてなかった。

安価>>168

やみなべ

何故安価にした

上条「はいはーい、険悪な空気も上条さんがぶち壊しますよー」

黒子「お姉様ァハァハァ」

上条「どうしたんだ白井。いつもにも増して」

美琴・一通「それよりもなん(ン)でコイツまでいるのよ(いるんだァ)?
……ってまねしてんじゃないわよ(ねェ)!」

上条「いやほら、こないだケンカ別れみたいになっちまっただろ?
そんな二人の誤解を解いて、仲直りさせてやろうって上条さんの憎い心遣い」

美琴・一通「誰がコイツなんかと!」

禁書目録「なんかシンクロしてて仲よさそうなんだよ」

上条「どうしたんだ白井。いつもにも増して」

か、神様の力で最後の一行をなかったことにっ!

>>170 単純に思いつかなかったんだ

上条「と、いうわけで!二人のためにも親睦を深めてもらおうと」

禁書目録「今回は闇鍋パーティーなんだよっ」

一方通行「あァン?」

美琴「闇鍋ぇ?」

黒子「ですのぉ?」

御坂妹「闇鍋とはいったいなんなのですか?とミサカは質問します」

打ち止め「きっと中世暗黒時代に開発された恐ろしい鍋の一種なのね、
ミサカはミサカは戦慄を覚える!!」

一方通行「馬ァ鹿。闇鍋ってェのはな、暗闇の中で何入ってるかわかんねェもンを食うっていう
……なんだ、その……一種の儀式みたいなもンなンだよォ!」

御坂妹(最後のほうがうまくまとまらなかったのですねププ、とミサカはひそかにほくそえみます)

黒子「最低でも1人1品ずつ具を持ち寄るってルールが一般的だと思うのですが、
そのあたりはどうしますの?」

上条「そうだな……実は深く考えてなかったんだが、今から各々材料を探しに行って、
30分後に集合ってのでどうだ?」

美琴「用意するもんがあるなら先に言っときなさいよね、まったく」

一方通行「というか、俺は闇鍋なんてフザケやがったモンには参加しねェぞ!」
(クソガキが何食わされるかわかったモンじゃねェからな)

美琴「そ、そうよね、闇鍋なんて変なものより……ねぇ、私がなんか作ったげるわよ」

黒子「闇鍋……闇…暗闇……暗闇!?」

黒子 (そうですの!闇鍋といったら暗闇!暗闇ともなれば誰が何をしているか
まったくわからない状態!ということは、合法的にお姉様を触りまくるチャンスじゃありませんの!?
しかもしかも、今回に限っていえば3/7がお姉様!
あああああああああああめくるめく世界へ連れて行って差し上げますわああぁお姉様s!!!)

黒子「たまにはこういう変わった趣向も面白いかと思いますの。お姉様」(キリッ

美琴「え?何?何言ってんの黒子ってば」

黒子(お姉様!考えても見てくださいな!暗闇ですのよ、く・ら・や・み
妖艶な雰囲気、高まる気分。気になる殿方と大接近☆ なんてこともあるかもしれませんのよ!)

美琴(え?そ、そうかしら)

美琴「……そ、そうね、黒子。アンタがどうしてもって言うんなら参加してやってもいいわ」

黒子(計画通りっ)

一方通行「くっだらねェなぁ、あァくっだららねェ!オイ、帰るぞォ、クソガキィ!」

打ち止め「いやー!わたしも参加するってミサカはミサカは手足をじたばたさせてみる!!」

御坂妹「ミサカも上位個体の意見に賛成です、とミサカは一方通行に反旗を翻します」

打ち止め「妹達は一方通行の補助を切る覚悟も辞さないと、
ミサカはミサカは最終通牒を突きつけてみる」

一方通行「! てめェら……クソ、好きにしろォ。後でないてもしらねェぞ!?」

打ち止め「もちろんあなたも参加するのよってミサカはミサカは微笑んでみる」

一方通行「何でだッ」

上条「……準備はいいか?」

コクリ

上条「各々が持ち寄った具材を鍋に入れ、蓋をし、じっくりと煮込んだ」

コクリ

上条「何が入っているかはわからない……それが闇鍋の怖さ」

コクコク

上条「箸をつけた食材は必ず食す。それが今回の唯一のルールだ」

上条「それじゃあ行くぜっ!闇鍋パーティーの開幕だっ!!」

打ち止め(ヤミナベっておいしいのかなー、ワクワク♪)

一方通行(あのガキだけは……絶対守る!)

禁書目録(私は何だって食べるんだよ!)

御坂妹(負けられません、とミサカは妹達の代表として決意を新たにします)

美琴(暗闇の中でアイツと手が触れ合っちゃったりして…キャ///)

黒子(お姉様といんぐりもんぐりお姉様といんぐりもんぐりお姉様といんぐりもんぐり…)

黒子「……どうしましたの?皆様、箸が動いていないようですわね」

美琴「そういう黒子こそ…どうしたていうのかしら」

一方通行「ハッ、おびえてンのかァ、三下どもが」

上条「ふざけるなよ?上条さんはいつでも臨戦態勢ですよ」

御坂妹「ミサカは冷静に時期を見計らっているのです」

禁書目録「おいしいんだよ、おいしいんだよ」(パクパク)

黒・美・妹・一・上「」

禁書目録「おいしいんだよ、おいし…い……んだよ…?」バタ

上条「インデックス!?おい、インデックス!!!!」

禁書目録「とうま…あれ?とうまの顔がよく見えないや」

上条「クソっ!どういうことだ、インデックス!」

禁書目録「とうまのために……とうまの進む先に何があるのか見極めようとしたんだけど…
やっぱり、私じゃ力不足、だったんだね……」

上条「インデックス……まさか俺のためにあんなに闇鍋をがっついて!?」

禁書目録「ごめんね、とうま……何の役にも立てなくて……でも、私、とうまが幸せになるよう
ずっと……いのって……」ガク

上条「インデックスウウウウウゥゥゥウ!!」

一方通行(あの暴食シスターが食あたり、だと?)

美琴(ありえない…ありえないわ!)

御坂妹(いったいどんな生物兵器が紛れ込んでいつのですか、とミサカは恐怖を隠しきれません)

打ち止め(なんかかつてない恐怖にミサカはミサカはおびえてみる)

黒子(ちっさいお姉様のあほ毛、ちっさいお姉さまのあほ毛ハァハァ)

一方通行(これはすでに闇鍋という領域を超えている…!)

美琴(生きるか死ぬかの……勝負)

禁書目録(インデックス) リタイア


一方通行・美琴(この闇鍋、勝った!)

一方通行(確かに暗闇では何も見えない)

美琴(けど、それは可視光を感知する目という機能を使う常人に限ったこと)

一方通行(音波・電磁波・赤外線……この世界には可視光以外にも多数のベクトルが存在する!
その反射を解析すれば闇鍋なンざ怖くねェ)

美琴(さすがにすべてのベクトルを操作するような化け物には劣るかもしれないけれど、私だって十分勝負できるわ!)

打ち止め「き、気を取り直してミサカはミサカは意を決してお鍋にお箸をつっこんでみる!!」

一方通行「!?」

一方通行(あのクソガキ!先走りやがってェ!)カチ

一方通行(アイツの箸がつかむのは何だ……?ン?……ちくわか。なら安心か)

一方通行(……いや待て。ありゃあ…なんだ?)

一方通行「打ち止めアアァァァ!!!!」

打ち止め(ビクッ)

一方通行 ガシィッ モグモグモグ

上条「――後に上条は語った。そのときの一方通行は、確かに音速の壁を超えていたと」

美琴「今語ってるし。っつーかアイツガチで音速超えれるし」

一方通行「ひゃ、ひゃはははははははははは!ゴホッゴフゥッ」

上条「あ、それ俺の入れたジョロキア入りちくわ」

打ち止め「あ、一方通行?なんで、なんでってミサカはミサカは…」

一方通行「いっただろォ?俺は、お前を守るって」

打ち止め「そんなっそんなのって…」

一方通行「俺みたいな悪党には……地獄がお似合いだァ」

打ち止め「嫌…いや……」

一方通行「今、そっち行くぜェ、木原くゥン」ガク

一方通行(アクセロリータ) リタイア

辛さは反射できんのか

>>202 ずるしちゃダメってミサカはミサカは能力を制限してみる

御坂妹(ミサカが息を潜めていたおかげで、誰もこの暗視ゴーグルには注目していないみたいですね)

御坂妹(今回持ち寄った食材は固形物を一人ひとつ)

御坂妹(つまり、何かひとつは口にしなければならない、とミサカは考えます)

御坂妹(ならば!残っているものが多いこの時に、暗視ゴーグルを使って勝負に出ます!)

御坂妹(闇鍋に材料を入れるときに、実は暗視ゴーグルのカメラで録画をしておいたのです)

御坂妹(上位個体が入れたのは市販の飴……いくら何でも死ぬほどひどいものではないとミサカは推測します)

御坂妹(上位個体といっても所詮は子供。こういった心理ゲームはまだ早いのですよ、とミサカは心の中で毒づきます)

御坂妹(暗視ゴーグルON! システムグリーン ミサカは直径数ミリの菱形の固体に向かって箸を進めます!そして……)

パクリ

御坂妹「セーフ、とミサカは生き延びたという事実にほっと胸をなでおろし…あsdfghj」

打ち止め「……わたしを子供と侮った、あなたの負けなのってミサカはミサカは宣言してみる」

御坂妹「な、何なのですか、この刺激物は……毒を入れることは……反則……」

打ち止め「毒じゃないのよってミサカはミサカはにやりとするの。これはね、そう
かの探偵ナイトスクープでも紹介されたという


世界一不味い飴「サルミアッキ」!!!」

御坂妹「頭痛がとまりません……深刻なエラーが発生しました。システムを…再起動してくださいとミサカは……」

御坂妹(シリアルアナンバー10032号) リタイア

打ち止め「わたしは……非常に徹する。あの人の敵を取って、生き延びてみせるってミサカはミサカは深く深く心に決めてみたり」

打ち止め「唯一の武器(サルミアッキ)を失ったミサカは、逃げない、ミサカはミサカは反撃に転じてみる!とー!」

美琴(何人もの被害者を出した鍋に果敢に挑むとは…!)

上条(それでこそ!)

黒子(お姉様vsお姉様(小)……いい物を見せてもらいましたわ)

打ち止め「ミサカはミサカはミサカはあぁぁ!!」

打ち止め パクッ

打ち止め「んっ」

打ち止め「は、はふぅ」

打ち止め「あぅぅ、あつい、あついのぉ」

打ち止め「あついのはいってくるよぉ///」

美琴「な」

上条「な」

黒子「ああああぁぁぁぁっぁっ、小さいお姉様がっ身悶えていらっしゃるぅ!
小さな黒い瞳を潤ませてっ必死に耐えてらっしゃいますのねえ!!!けなげですわああぁぁ!
今すぐ御口の中の異物を取り除いて楽にして差し上げたいですけれども、苦しそうに喘ぐお姉さまの表情がぁ!なんとも、なんともおおおぉぉぉぉ!!!!」

打ち止め「う、うぇ、はふぅっ」

美琴「こんにゃく、よね」

上条「こんにゃくに見えるな」

美琴「幼女には熱すぎたのかしら」

上条「そうだな、ふーふーしてやらないとな」

美琴「……」

打ち止め(こんにゃく…?ならコレを飲み込めば…人体に害はないのならミサカはミサカは勝利の予感)

打ち止め(らめぇ、熱い…でも、こんなところで負けていられないの。ミサカはミサカはあの人に報いるために…)

一方通行「ガンバレ打ち止めァ!こンにゃくを入れたのは俺だ。
毒なんか入ってねェぜ……打ち止め、オマエのためにっオマエのために用意した熱々のこンにゃく…」

打ち止め「……ペッ」

打ち止め「情報連結を解除。一方通行のネットワーク接続を拒否拒否拒否」

一方通行 バタ「な……ぜ……?」

打ち止め「やけどしちゃったみたいって、ミサカはミサカは口ゆすいでくるー」

黒子(ああ、冷たい表情のお姉様も素敵…)

打ち止め(ラストオーダー) 失格

>打ち止め「情報連結を解除」

これで一方さんがバラバラになっていくシーンを再生した

今日のご飯は何かなーってひとじゃね

ああなるほd
               _∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧
               |                           ̄|

    マチクタビレタ~   < >>1、まーーだーーー!?          >
   ☆           |_ _  _ _ _ _ _ _ _ _   |
     ヽ   ☆        ∨  ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨  ∨ ̄
       =≡= ∧_∧          ☆。:.+:  ∧_∧     マチクタビレタ~
        / 〃(・∀・ #)  シャンシャン        ( ・∀・)  ♪.:。゚*
      〆  ┌\と\と.ヾ∈≡∋ゞ      / ̄ヽ/,― 、\ o。。。    マチクタビレタ~

       ||  γ ⌒ヽヽコ ノ ||           | ||三∪●)三mΕ∃.
   ドコドコ || ΣΣ  .|:::|∪〓 ||           \_.へ--イ\  ゚ ゚ ゚
.     /|\人 _.ノノ _||_. /|\  ∧_∧     (_)(_)   ☆:.°+
                          ( ・∀・ )っτ        。::.☆ο
 マチクタビレタ~            ♪~ ( つ‡ /  |   マチクタビレタ~
                         |  (⌒) |  ☆1
     ♪     ∬∬      マチクタビレタ~ 彡  し'⌒^ミ A 〃
     ∧_∧  ( ‘)        / ̄ ̄     ̄ /.|      ∧_∧ ____
    ( ・∀・)_//       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|     ( ・∀・)) _/
  _( (   / Cミ         | Winny 2004   | .|  .   (\ ∧//     ~♪
  \((○ ̄ /_          |          .|/      >、\ξ)   ~♪
 Σソ\_/(_)ミ                         /∠(,,,)>\

    (_)                            (_) \| (_)

>>259
29ですがあとすこしで30です!

上条「まさかお前らが残るとはな。さすが常盤台のお嬢様ってところか」

黒子「ふん、それはこっちのせりふですの」

美琴「アンタとの決着……今日こそつけさせてもらうわ」

上条「……御坂、お前、おびえてるな?」

美琴「!」

おしごといってきました。
保守ありがとうございます。

美琴「な、何を根拠に……!」

上条「お前のことは、手にとるようにわかるんだよ。
たとえ暗闇の中だったとしてもな」

美琴「えっ(ドキ)」

黒子(は?)

>>261


上条「怖がるなんて、お前らしくないぜ」

上条「忘れたのか?お前はいつだって俺に挑んできた」

上条「この右手があると知ってなお、その目に恐怖のかげりなんて映ることはなかった」

上条「それが、それがだ!」

上条「こんなちっぽけなことぐらいで、お前の信念はゆらいじまうのか!?」

美琴「え?え?」

上条「俺の記憶の中の御坂は、もっとギラギラしてたぜ」

上条「何者にも負けない、不屈の魂を持っていた」

上条「今のお前は違うだろ?いいか、お前が求めてたのは、こんなちっぽけな勝利なんかじゃないはずだ!」

上条「もし、お前が恐怖に負けて大切なものを見失いそうになってるっていうんなら――」


上条「その恐怖(げんそう)をぶち壊す!」

黒子(……意味がわかりませんの)

美琴(キュン……や、やだ、何、この気持ち……私、やっぱりアイツのこと……)

美琴「食べます!」

黒子「ええええぇぇぇえ、お姉様!?」

黒子(し、しまったああぁぁあ!お姉様は現在ちょっぴし恋する乙女モード!
まったくわけのわからないたわごとでも受け入れてしまうんですの!
そんなところまであの類人猿が計算していたとも思えませんが……)

黒子「お姉様!それは罠で……」

美琴 パク モグモグ

黒子「」

上条「ニヤリ」

美琴「……あれ?意外と普通だわ。当たりだったのかしら、ラッキー」

黒子「よかったですの!よかったですの!お姉様!」ピョンピョン

上条「……どんな味だ?」

美琴「ん、なんていうか、えび?甲殻類っぽい味がする。
揚げ物を鍋に突っ込んでるからまずいっちゃあまずいけど食べられないことはないわ
何なのかしら、コレ」


御坂妹「それは……ミサカのもってきた……Gkbrのから揚げですね、とミサカは
……ダメですこれ以上しゃべるとリバースします」

黒子「」

上条「」

美琴「……ふぅ」パタン

黒子「お姉様!?お姉様ーっ!!!しっかりしてくださいまし!触り放題ですのー!?」

超電磁砲(御坂美琴) リタイア

黒子「許せませんの!許せませんのっ!上条当麻!!」

上条「許せなかったらどうしようっていうんだ」

黒子「こう……してやりますの!!!」

ヒョイ

黒子「まだ残っていたわたくしの秘密兵器を、お口の中へテレポートして差し上げますわ!!!」

ガシッ

上条「甘い、甘いぞ白井」

黒子「! 放しなさいこの類人猿が!」

上条「この幻想殺しで触れている限り、テレポートは使えない。そして」

                         ・ ・ ・ ・ ・     
上条「お前、このきのこを鍋から取るとき箸を使ったよな」


黒子「それが、どうしたって……!?」

『上条「箸をつけた食材は必ず食す。それが今回の唯一のルールだ」』

黒子「あ……あぁ……」

上条「風紀委員(ジャッジメント)が、ルールを破るわけないよなぁ」

黒子「そんな……そんな馬鹿な……」ガク

上条「さあ」

黒子「……こうなったら潔く、ジャッジメントの意地を見せてやりますの!」

黒子「じゃあああああじめんとおおおぉぉぉですのおおおおおお!!!!」パク

上条(白井、敵ながらその覚悟、尊敬するぜ!)

上条「で?なんだったんだそのキノコは」

黒子「……くく……ふふふふふ……」


黒子「えへ、えへへへへへwwwwwwwwwwww
このwwwwwwキノコwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
笑いダケwwwwwwwwwwwwwwwでwwwwすwwwwのwwwww
くふふふふふふwwwwwww息がwwwwwwwwwwできなwwwwwwwwwww」

風紀委員 白井黒子 リタイア

デデーン


上条「勝った……!」

上条(すべては計画通り……)

上条(そんなわけないだろう、って?違うんだな、これが)

上条「誰が鍋の用意をしたと思っているんですか?……そう、上条さんですよ」

上条「準備の段階でさりげなく一品抜いておき、自分は最後まで箸をつけない」

上条「これにはある程度の誘導スキルが必要とされるが、上条さんの得意科目は「説教」なのでこれもなんなくクリア」

上条「ちなみに抜いたのはインデックスのジンギスカンキャラメルだ。……溶けるだろ、常識的に考えて」

上条「これだけのことで、あらゆる食材から身を守ることができる!」

上条「そして今、目撃者はすべて沈黙している!上条さんがなにも食べていないということを、誰も証明できないのだー!ははは!」

打ち止め「それはすごい計画なの、ってミサカはミサカは感心してみる」

一方通行「そうだなァ、俺も感動しすぎてオマエを引き裂いちまいそうだぜェ」

美琴「つまり、私に向かって言ったことも全部うそ、ってことなのね?」

御坂妹「ふざけるんじゃねぇと、ミサカカカカカカカカカ」

黒子「ゆるwwwwwwすまじwwwwwwですwwwwwwのwwww」

上条「み、皆さんいつの間におそろいで……?」

一方通行「あんなでかい声で勝利宣言されちゃあ、安眠妨害だろォが!」

ガシッ

御坂妹「卑怯者には死を、とミサカhhhhhha上条当麻の腕をつかみます」

ガシッ

黒子「wwwwwwww愉快wwwですわwwwwwwwwwwww」

打ち止め「優勝者にはごほうびだね、ってミサカはミサカはご飯を持ってきてみる」

美琴「いろんな味がたああぁぁぁぁっぷりしみ込んだ雑炊、特別に食べさせてあ・げ・る」

上条「ちょ、それってご褒美じゃなくて罰ゲーム……って不幸だあああああ!!!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・

グツグツ

美琴「なんだ、普通の鍋も用意してあるんなら最初からこっち出してきなさいよ」

上条「いや、上条さんは皆さんの親睦をより深めるために一肌脱いで」

御坂妹「その発言の信憑性は限りなく低いです、とミサカは上条当麻を横目でにらみます」

打ち止め「わーい!念願のキムチ鍋だーってミサカはミサカはニコニコしてみる」

一方通行「辛いから一気に食うなよ、ゆっくり食え」

打ち止め「なんだかちょっとやさしいね、ってミサカはミサカはニヤニヤしてみる」

一方通行「っ///」

黒子「キムチwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

上条「あれ?そういえばインデックスは?」

一方通行「あの暴食が食いモンのにおいがするのにいねェっていうのは変じゃねェか?」

黒子「まだwwwwwwwwwwww起きてませんのwwwwwww」

打ち止め「ほんとだ、なんか死んだように眠ってるの、ってミサカはミサカはちょっぴり心配してみる」

御坂妹「鍋の取り分が増えましたね、とミサカは逆に安堵してみます」

上条「インデックス?おい、インデックス?」

一方通行「あァ?コイツさっきなに食って倒れやがったんだったかァ?」

上条「おい御坂、確かおまえの具材だろ?いったい何もってきたんだよ」

美琴「あれー?おっかしいなー、むしろ鍋に定番の高級食材のはずなんだけど?」

打ち止め「いったい何を?ってミサカはミサカは小首を傾げてみる」

美琴「え?河豚だけど」

上条「」

一方通行「」

打ち止め「」

御坂妹「」

黒子「テトロwwwwwwwドwwトキwwwwwシンwwwwwwパネェwwwwww」

一方通行「医者だァ!冥土返しを呼べェ!」

上条「インデックス!インデックス!今病院に連れてってやるからな!?」

打ち止め「あわわ、ミサカはミサカは突然の事態に慌てふためいてみる」

御坂妹「なんということでしょう、とミサカはお姉様の暴挙に驚きを隠せません」

美琴「え?えええ?何?河豚おいしいじゃない」

黒子「というかwwwwわたくしも病院に連れて行って欲しいんですのwwwwwwww」

禁書目録(なんだか、遠くが騒がしいんだよ……)

禁書目録(ふふ……みんな楽しそう。いいなあ)

禁書目録(今日はこの辺で終わりなんだよ)

禁書目録(じゃぁまたね。ばいばいなんだよ)

禁書目録(それにしても)


禁書目録(あのお魚おいしかったな。またこんど当麻に買ってもらうんだよ)ニコッ


おしまい

お付き合いいただきまことにありがとうございました。

ほのぼの通行止めを書きたかったのにいつの間にかわけわからんことに。
キャラ崩壊パネェ。
闇鍋とか、安易に安価に走ると大変なことになりますね。

ちなみにインデックスさんは息があったので冥土返しによみがえらせてもらいました。

また禁書でなんか書くような気がするのでそのときはよろしくお願いします。

では。

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom