男「せ、先輩!だめです!こんなところでするなんて」 (63)

先輩「今日、この生徒会室には誰も来ないことになっている」

先輩「鍵もかけてあるし誰かが来ても生徒会の仕事をしていたと言えば怪しまれないさ」

男「でも学校でするなんて……」

先輩「嫌か?だが君のここは嫌とは言っていないようだが」グニ

男「あっ…」

先輩「なぁに、すぐ終わるさ」

男「それって、どういう…意味ですかっ……あっ!」

先輩「さて、まずは下を脱いでもらおうか」

男「……」ゴソゴソ

先輩「ふふ、躊躇していた割にはずいぶんと大きくしてるじゃないか」

先輩「まずはどうして欲しい?手か?それとも口か?」

男(先輩の唇……つやつやしてて気持ちよさそう)

男「口で……お願いします」

先輩「素直でよろしい」

先輩「ちゅる…じゅるり…ちゅぱ…ちゅっ」

男「あぁ……先輩。先輩のくちびる、あったかくてぬるぬるして気持ち…いいですっ」

先輩「ちゅ……ちゅるっ…ふふ、ほめて貰えて光栄だよ」

先輩「これから少し激しくするから覚悟したまえ。……すぐに果ててくれるなよ」

男「自信ないですけど頑張ります……」

先輩「ちゅく…ちゅるる!ちゅぱっ……じゅるる!」

男「あぁ!先輩!先輩!」

先輩「じゅる……じゅるる!ぐっぽっ!ぐっぽっ!」

男「あぁ…あぁ…あぁ!」

ビュル!ビュルルル!ビューッ!

男「はぁ…はぁ…はぁっ……」

先輩「すぐ果てるなと言ったのに」

男「すいません……でもっ先輩の口が気持ちよすぎて」

先輩「……まぁ、いい。次は君が私を気持ちよくしてみせろ」

男「胸……触りますよ」

先輩「あぁ……」

男「先輩の乳首……すごく硬くなってます」サワサワ

先輩「君が感じてる姿を見てたら興奮っ…してしまってね」

男「先輩…キスしてもいいですか?」

先輩「そういうことはいちいち断らずにしたほうがいいぞ」

男「す…すいません」

先輩「恋愛経験が少ない君らしいな。そういう初々しいところも嫌いではないが…んんっ」

男「ん…んん…っ……れろっ」サワサワ

先輩「んっ…はぁ…ちゅっ…ちゅるっ」

男「ちゅる…じゅるるっ!…ちゅっ」

男(下……触りますよ)ゴソゴソ

先輩「はぁ……んっ…んんっ…ちゅっ…」

男「ちゅっ…んっ……れろ…んっ…」クチュクチュ

先輩「んっ…あっ…はっ…んちゅっ…」

男「はぁ…はぁっ…んっ…ちゅっ…!」クニクニ

先輩「んっ…・んんっ…ああっ…はぁっ!」

男「先輩…先輩…」クニクニ

男(先輩……すごく感じてる……)

男「先輩…イキそうなんですか?」

先輩「あぁ……気持ちがいいよ。君は上手いな。筋が良い」

先輩「このまま……君の手でイカせてくれ…頼むっ」

男「はいっ…先輩っ…先輩っ…!」クニクニ

先輩「はぁっ……!はぁっ!いく…いくよっ…男くん…っ」

男「先輩…かわいいです……」クニクニ

先輩「あぁっ…。はぁっ…。ああああああっ!」

ビュル!ビュルルル!ビューッ!

先輩「はぁっ…はぁっ…はあっ…」

男「……」

男(先輩の……俺の手にべったりくっついてる……)

男「……」ペロッ

男「苦い…」

先輩「はぁっ…はぁっ…飲むのは君にはまだ早いんじゃないか」

男「でも俺……先輩の全てを受け入れたいんです」

男「先輩が俺の全てを受け入れてくれるように……」

先輩「……まぁ。君と僕との時間はたっぷりあるんだ。ゆっくり慣れていけばいいさ」

男「はい…」

男「ところで先輩、今日はゴムを持ってきてるんですか?」

先輩「いや、今日はたまたま下校途中の君を見つけてしたくなっただけだからね。用意してないよ」

男「えっ、それじゃあ生でするってことですか」

先輩「あぁ。生ですると後の処理が面倒になるが……まぁ仕方ないな」

先輩「君も僕がゴムを買ってくるまで待つなんてできないだろ」

男「それは……そうですけど」

先輩「じゃあ、さっさといれたまえ。僕の方は用意ができている」

男「それじゃあ……いれます」

先輩「ああ…」

男「はぁ…はぁっ…」ヌプッヌププッ

先輩「あっ…あぁっ…はあっ…」

男「あぁっ…んっ…」ズルル

先輩「はぁっ!はぁっ!……はいったぁっ!」

先輩「男くんの大きいモノが私のなかに全部入ってるよ……」

先輩「お腹の中が君のモノでいっぱいだ……」

男「先輩の中……口よりもっとあつくて…ぬるぬるで……しめてけて……」

男「先輩……気持ち……いいっです!はぁっ……」

男「先輩……俺動きますよっ!いいですよねっ!」

先輩「あぁっ……。君のモノで私を気持ちよくしてくれ……」

男「先輩っ…先輩っ!」パン…!パンッ…!パンッ!

先輩「あぁっ…はぁっ…んんっ…男くんの……私のなかでどんどん…大きくなってるよっ…」

男「はぁっ…!はぁっ…はあ…はぁっ…」

男「先輩のなかも…すごくしめつけて……俺のをしぼりとろうとしてますっ…!」パン!パン!パン!パン!

先輩「さっき一度射精しているんだ…。長く私を楽しませてくれよっ…はぁっ!」

(ガチャ!ガチャ!ガチャ!)

男「?!」

先輩「?!」

扉の外の声「あれー?おかしいなぁ……」

扉の外の声「用務員室に鍵がないからもう既に誰かが生徒会室にいると思ったのに」

男「……」

先輩「……」

男(扉の外にいるのは……生徒会の書記だ。生徒会室に用があったのか)

書記「誰かいませんかー?」コンコン!

男「……」

先輩「……」

男(ここは……黙ってやりすごすしかないか。後で鍵を持って出かけてたってことにして……)

先輩「……っ!」

男(先輩……?もしかして……)

男「……」

書記「いるなら開けてくださーい」

男「……」スッ

先輩「?!」

男「……」ズン…ズン…ズン…

先輩「~~~~?!」

先輩(な、何を?!外に人がいるんだぞ!)

男(先輩の今までよりすっごく……しまってる)

男(外に人がいるって状況に興奮してるのかな?)ズッズッズッズッ

書記「誰もいないんですかー?」

先輩「~っ!ぁっ…!…ぁっ!」

男(声が漏れないように我慢してる先輩、かわいいな……)ズッズッズッズッ

先輩「~っ?!っ…!ぁっ…」

男「先輩…そろそろ俺、イキそうです」(ボソッ

男「このまま出しますから声、我慢してくださいね」(ゴニョゴニョ

先輩(お、おい?!このまま最後までするつもりか?!)

男「動き…ますよっ!」ズッズッズッズッ!

先輩「ハァッ.…ぁぁっ…!んっ…んっ…」

書記「うーん、鍵もないし鍵も開いてないとなるとどうすればいいかなー」

先輩(早く、どこかに行ってくれ……じゃないともうっ!)

男「………」ズッズッズッズッ!

先輩「はぁっ!……ぁっ!…んんっ!」

先輩(だめだ…我慢しても声が……出てしまう!)

先輩(それに私も…もう限界だ!早く、早くどこかに行ってくれ!)

男「………」ズッズッズッズッ!

先輩「んっ…!ぁっ!ぁっ!あぁ!はぁっ…」

先輩(もうだめだ……。イク、イッてしまう…このまま……外に人がいるのにイカされるっ…!)

男「………」ズッズッズッズッ!

書記「誰かーっ!」コンコン!

先輩(あぁっ…もうダメだ!我慢できない!)

先輩「んっ!あぁっ!はぁっ!あっ!もがっ!んっ!んんんんっ!」

男(ちょっと息苦しいかもしれないですが我慢してください。口を塞がせてもらいます)

男「………」ズッズッズッズッ!

先輩「んっ!んんーっ!んんっ!ん!」

男「先輩、俺イキます!(ボソッ」ズッズッズッズッ!

先輩「んっ!んっ!んっ!んんっ」

男「ぁっ!ぁぁっ……!」ビュル!ビュルルル!ビューッ!

先輩「んんっー!んんんんんーっ!」ビクンビクン!

先輩「はぁっ…はぁっ…」

男「はぁっ…はぁっ…」

書記「しょうがない。用務員さんに誰が鍵を借りに来たか確認して携帯で連絡するか」タッタッタッ

男「……行った…みたいですね」

先輩「……」

バキッ!

男「痛っ!」

先輩「お前……どういうつもりだ!あんなことして!バレたらどうする気だ!」

男「いったたたた……。だって先輩、人に聞かれそうになってたとき凄い興奮してたから……」

先輩「くっ……」

先輩「確かに……それは否定できないが」

男「それにいつもより気持ちよさそうでしたし……先輩、もしかして意外とMっ気あります?」

バキッ!

男「いったー!殴らないでくださいよ」

先輩「うるさい!黙れ!もう今後、ああいうプレイは禁止だ!」

男「ええーっ……」

……

書記「あ、先輩。男くん。こんにちは。ちょうど今、携帯で連絡しようと思ってたんですよ」

先輩「あぁ、生徒会室の鍵のことか。急ぎの用なのか?」

書記「はい。ちょっと今日中に終わらせたいことがあって」

先輩「そうか。仕事熱心だな。ほら、持ってけ」

書記「はい。あの……ところでさっき生徒会室に行ったときにいなかったんですがどうしてたんですか」

先輩「生徒会室で彼と雑務をした後、鍵を持ったまま教室の見回りをしてたんだ。すまなかったな。急ぎの用なのに面倒かけて」

書記「いえ、大丈夫です。それでは失礼します!」

先輩「あぁ。仕事頑張りたまえ」

男「……なんとかなりましたね」

先輩「ああ」

男「これからどうします?」

先輩「君は今日これから暇か?」

男「ええ。特に用事もないですけど」

先輩「なら、私の家に来い。今日は家族が出かけているからゆっくりとさっきの続きをしよう」

先輩「先ほどのプレイに対する君への『おしおき』をゆっくり……とな」

男(うわぁ……勘弁して欲しいなぁ……)

おわり

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年01月10日 (金) 13:56:26   ID: s9mSrOV2

これ先輩って男だよね?

2 :  SS好きの774さん   2014年04月07日 (月) 01:59:58   ID: IrhkFEkB

じゃあなぜゴム

3 :  SS好きの774さん   2016年01月06日 (水) 08:36:21   ID: dxJsQ1na

騙そうとしたのかもね下手だね

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom