ルルーシュ「失態だ……!!俺とした事が、なんて無様な……」 (65)

ルルーシュ「こんなイレギュラーを許してしまうとは……くそっ!! 情けない限りだ……」

ルルーシュ「兆候などなかった……何が、何がまずかったというんだ……」ザブザブ

ルルーシュ「既に起きた事を嘆いてもどうにもならないとはいえ……くそっ!! 白いヤツめ……」ゴシゴシ

ルルーシュ「この俺が……まさか、この俺が……むせ――」ジャブジャブ

プシューッ

C.C.「おはよう、坊や。起きてるか……ん?」

ルルーシュ「!!」ビクッ!

C.C.「……お前、朝から下半身丸出しで何を洗っているんだ?」

ルルーシュ「」


こんな感じで誰かオナシャス!!

ルルーシュ「……なんでもない。気にするな、向こうへ行け」ゴシゴシ…

C.C.「来たばかりで向こうへ行けとは、お前も冷たい奴だな?」

ルルーシュ「別にお前が興味を示すような事ではない。いいから出ろ、火急的速やかにだ」ゴシゴシ…

C.C.「私がそう簡単に従うと思うのか?」

ルルーシュ「思わない……が、こちらにも事情というものがある」

C.C.「どんな高尚な事情か教えてほしいものだな。話してみろ」

ルルーシュ「断る!!」

C.C.「悲しいな……共犯者の私に隠し事をするのか? お前は」

ルルーシュ「貴様とて人の事をとやかく言える立場じゃないだろう!! これは……俺の個人的な問題だ」

C.C.「そうやって一人で抱え込んでるうちは何も解決しないよ、坊や」

ルルーシュ「そういう話でもないんだよ……!!」

C.C.「意地を張るなよ。さぁ、話すといい。こっちを向き、私の目を見てな」ニヤニヤ

ルルーシュ「お断りだ!! その……見えるだろうが?!」

C.C.「おやおや、見られて困るほどの粗末なモノしか持ち合わせてないのか?」

ルルーシュ「貴様……俺を侮辱する気か!!」

C.C.「侮辱されたと思うのは、つまり自信がない事の裏返しじゃないか? ん?」ニヤニヤ

ルルーシュ「ふざけるな……少なくとも世間一般の平均サイズはゆうにクリアしている!!」ゴシゴシ

C.C.「自信に溢れてるな。ならこっちを向いてみろ」

ルルーシュ「お前!! 一応女だろう、恥ずかしくないのか!?」

C.C.「何百年生きてきたと思っている。数々のモノを見てきたつもりさ」

C.C.「というか、簡単な解決法を教えてやろうか」

ルルーシュ「……なんだ」

C.C.「パンツを履け」

ルルーシュ「……」

C.C.「恥ずかしいならパンツを履け。そうすればこっち向いても問題ないだろ」

ルルーシュ「……それ、は……」

C.C.「それとも、履けない理由があるのか? そもそも、なぜお前はパンツも履かずに洗いものをしている?」

ルルーシュ「くっ……また振り出しに戻す気か!!」

C.C.「初めから素直に答えていれば、こんなまどろっこしい問答しなくて済むんだよ」

C.C.「さぁ、答えろルルーシュ。お前はなぜ下半身丸出しなんだ? その手で一体何を洗っているんだ?」ニヤニヤ

ルルーシュ「くっ……ま、魔女め……!!」

ルルーシュ(どうする……C.C.の事だ、こうなったが最後……何かしら答えがない限りは引き下がる事もない……)

ルルーシュ(考えろ……男が一人下半身丸出しでいてもいい状況、それは……)

ルルーシュ(!! そうだ、あるじゃないか!! うってつけの打開策が!!)

ルルーシュ「……仕方ない。俺の根負けだよ、C.C.」

C.C.「お? 答える気になったか?」

ルルーシュ「ああ。お前の執念に敬意を表し、真相を教えてやるとしよう」

C.C.「わかった。ならこっちを向け」

ルルーシュ「それは断固として拒否する」

ルルーシュ「C.C.……俺はゼロだ」

C.C.「ああ」

ルルーシュ「そしてゼロは今や世界の希望だ。決して倒れる事は許されない……故に自己管理もまた重要だ」

C.C.「そうだな」

ルルーシュ「不屈の精神はすなわち強靭な体から……それ故のこの姿だ」

C.C.「なるほど、どんな目的があるのかな? 強靭なモヤシ」

ルルーシュ「まだわからないか。これはつまり……精神の鍛錬であり、同時に民間に伝わる健康法だ」

C.C.「ほう?」

ルルーシュ「そう……これがいわゆる、ノーパン健康法というやつだ」

ルルーシュ「かつて枢木神社の蔵で文献を読んだ事がある……それによれば、古来より日本ではこの健康法が盛んだったそうだ」

C.C.「へー、それは初耳だなー(棒)」

ルルーシュ「書に曰く、常に男の武器を構えられる状態……まさに抜き身の刀を備えた姿を保つ事で、常在戦場の意識を持たせ心を強くするとのことで……」

C.C.「ふーん、どの辺が健康に関係するのかなぁ(棒)」

ルルーシュ「それはわからん。だが精神と肉体は密接に結びついている……それならば納得出来ようというものだ」

C.C.「お前にサムライの心があったとは驚きだなぁ。まぁいいよ、ここは納得しておこう」

ルルーシュ「そうか。ならば解決だな……では、ひとまず部屋を出てほしいんだが」

C.C.「待て待て、ルルーシュ」

ルルーシュ「ん?」

C.C.「疑問はまだ残っているぞ。……お前が洗っているものはなんだ?」

ルルーシュ「」

ルルーシュ「これは……」ジャブッ…

C.C.「丸出しなのはお前のいう健康法で片付けるにしても、そのまま洗いものをするにはどうにも解せない」

ルルーシュ「何が解せない……!!」

C.C.「だってな、撥ねた水がかかってしまうんじゃないか? お前のカタナに」

C.C.「そしたら水の冷たさで縮こまって、ご自慢の太刀……いや、小太刀かな? ソレが脇差くらいになってしまうんじゃないのか」

ルルーシュ「貴様ぁ!!」

C.C.「図星か?」

ルルーシュ「黙れ……そんな事はないし、そもそも関係がない!!」

C.C.「くくっ……それと、さっきから気になってるんだがなぁ」

ルルーシュ「質問を増やすのか……部屋を出ろと何度言えば!!」

C.C.「部屋に入った瞬間からおかしな匂いがするんだが……何の匂いかなぁ? これ」

ルルーシュ「」

ルルーシュ(匂い……だと……!? バカな、消臭はしたはずだ……俺自身にだってちゃんとファブった!!)

ルルーシュ(こいつ……チーズの摂りすぎで嗅覚がおかしくなっているとばかり思ったが、逆!?)

ルルーシュ(!!……そうか、むしろチーズと同じく分泌物・発酵物の匂いには敏感という事か……!!)

C.C.「なんだろうなぁ? 例えるなら……栗の花、いやむしろ海産物のような……」

ルルーシュ「……」ゴシ…ゴシ…

C.C.「そうだな、イカのような匂いがする」

ルルーシュ(くっ……確かに、無駄な自慰などをした後の男はイカ臭いと世間で言われるらしいが……)

ルルーシュ(コイツ……核心に近付きつつある!! いや、むしろ気付いているのか!?)

ルルーシュ(ならばその認識を利用するしかない……切り抜ける最善手は……)

ルルーシュ「……バレてしまったか」

C.C.「ん?」

ルルーシュ「蓬莱島の民間人から、感謝の印にと海産物を提供されてな。特にイカはなかなかの上物だったんだ」ゴシゴシ

C.C.「……」

ルルーシュ「ただ新鮮な分傷みも早いだろうからな。今日の朝食用に捌こうと思ったのさ」

C.C.「……そうか。イカスミパスタでも作るのか?」

ルルーシュ「幅広く使える食材だからな。少々悩みどころではある……それも候補には入れるさ」

C.C.「だがな、ルルーシュ。一つイーカ?」

ルルーシュ「なんだ、お前が駄洒落とは珍しいな」

C.C.「世辞はいらん。一つツッコミどころがあってな」

ルルーシュ「え?」ジャブジャブ

C.C.「私が感じたのは生イカの匂いじゃなく、どちらかというと乾物のそれなんだが」

ルルーシュ「がっ……!?」ジャブッ!?

ルルーシュ(しまった……確かにイカは生での匂いは思うほどでもない、干したときにこそ臭うものだ!!)

ルルーシュ(シチュエーションとの整合性を求めた結果、先走ってしまった……何ていう事だ!!)

ルルーシュ(先走りか……くそ、思えば起床の瞬間から先走りがすぎる……体内の規律が乱れているようだ!!)

ルルーシュ(まさしく、スザクのランスロットばりのイレギュラーだ……あいつめ、どこまでも俺の邪魔をする……!!)

ルルーシュ(おのれ、スザク……おのれ、シュナイゼル!!!)ギリッ

ルルーシュ「……その……だな……」

C.C.「ん~」キョロキョロ

ルルーシュ(!? コイツ……今度は何を!?)チラッ

C.C.「おやぁ? これはこれは……」

ルルーシュ「何をしている……おかしな行動をするな!!」

C.C.「なぁルルーシュ、ちょっといいか?」

ルルーシュ「よくない!!」

C.C.「お前のベッドのシーツにな? ちっちゃなシミはっけ~ん」

ルルーシュ「」

ルルーシュ「ぐ……ぁ……」ジャブ…

C.C.「何のシミだろな~……んー、なんかヌメってる気がするなぁ」

ルルーシュ「や……やめろ……」ワナワナ

C.C.「すんすん……匂いの元はこれか。何だろうなぁコレ」

ルルーシュ「やめろ!! はしたない真似を……」

C.C.「おやぁ? そんなはしたないシミなのか? ベッドの上で何か食べてて落としたとかじゃなくってぇ?」ニヤニヤ

ルルーシュ「くっ……」

ルルーシュ(落ち着け……落ち着け、ルルーシュ・ヴィ・ブリタニア!! このままペースに乗せられてはC.C.の思うツボだ!!)

ちょいとメシ

ルルーシュ「……C.C.、お前は一応女だ」

C.C.「一応とはなんだ童貞」

ルルーシュ「世間の女子はな、男の使った寝具の匂いを嗅ぐなどというはしたない真似はしない!!」

C.C.「そうなのか?」

ルルーシュ「そうだ」

C.C.(……シャーリーや千葉あたりはしそうなもんだけどな……)

ルルーシュ「第一、寝具は睡眠に使うものであって遊具ではない」

C.C.「ある意味では遊具だぞ? 大人の」

ルルーシュ「黙れ!! 俺は遊具と見做していない、暇つぶしなら他でやれ!!」

C.C.「チッ」

ルルーシュ(ふぅ……これでひとまずは安心か……いや、まだ油断は出来ない……なにせ相手はC.C.だからな……)

C.C.(この私がこれしきで退くと思うなよ、童貞坊やめ……)

C.C.(だがこれ以上ベッドをネタにしても激昂するばかり。さて、何でからかおうか……)キョロキョロ

C.C.「!!」ピコーン☆

C.C.「おいルルーシュ」

ルルーシュ「なんだ、魔女」

C.C.「カラオケやってもいいか?」

ルルーシュ「は?」

C.C.「ベッドじゃなければ暇つぶししてもいいんだろ?」

ルルーシュ「……よく意味が……」

C.C.「なに、変な疑いかけて悪かったと思ってな。今更だが、目覚めに私の自慢の歌声を聞かせてやろうと思っただけさ」

ルルーシュ「……雑音でなければいいがな」ゴシゴシ

C.C.「失礼な奴だな」

ルルーシュ「……まぁいい。好きにしろ」パンッパンッ

C.C.「ああ、好きにするよ。くくっ」

C.C.「えーっと……選曲はどうしようか……」

ルルーシュ「……」クンクン

ルルーシュ(匂い、ぬめりともなくなったな……よし、まずは念のためにファブって……)シュッシュッ

C.C.「そうだなぁ……よし、この曲をアレンジして歌おうか」ニヤニヤ

ルルーシュ(……よし、消臭は完璧。あとはドライヤーで急速乾燥させるか……)ゴォーッ…

C.C.「キーは……原曲キーだと少し低いな。若干上げるか」ピッピッ

ルルーシュ「……」ゴォーッ…

C.C.「……よし。じゃあこれでいこう……それ、ポチッと」ポチッ

ルルーシュ(……粗方乾いたな。よし、ここでもう一度……二重にファブっておこう)シュッシュッ

ルルーシュ(そして再乾燥させる……くくくく、完璧だ……)ゴォーッ…

C.C.「ルルーシュ、始まるぞ~」

ルルーシュ「はいはい……」チラッ

  炎のさだめ  ~TETSU~
♪デレレン デレデデデデデーデレデー…

ルルーシュ(日本の昔のアニメソング? なぜそんな曲を……)

C.C.「ぬすっまれったハートさがしつ~づけて~♪」

ルルーシュ(!? 歌詞が……違う……!?)

C.C.「おれはっさまよぉ~う はーてなぁ~いっ妄想(ユメ)をぉ~♪」

C.C.「アイツのぉーにおいっし~み~つい~てぇ~♪」

ルルーシュ(!!)

C.C.「 む せぃ る ♪」

ルルーシュ「やめろぉぉおおっ!!!」

C.C.「ユメのなぁーかっ♪ イッたはーずぅっさ~♪ おぼれーたーはずぅっさぁ~♪」

ルルーシュ「やめろ……C.C.、名曲を冒涜するんじゃ……」

C.C.「おっまっえ~をみっれっばっ♪ こっこっろ~がたっぎっるっ♪」

C.C.「ひっとっり~み~は~あーきた~のぉーさ♪」

ルルーシュ「頼む……お願いだ、やめて……やめて、下、さい……」プルプル

C.C.「さっだっめぇ~とあっれっばっ♪ こっこっろ~をきっめっるっ♪」

C.C.「そーぉーっと~しぃてぇ~おーいてぇくぅぅれ♪」

ルルーシュ「頼む……ホントに、ホントに……そっとしておいてくれ……」ガックリ

C.C.「あしたっにぃ♪ あーあーつぅぅながぁるっきょ~うぐーらーい~♪」

ルルーシュ「……う……うぅ……」ガックシ

C.C.「うーん、さすがに二番までのアレンジはきついかな? ここで止めとくか♪」ピッ

ルルーシュ「……」ワナワナ

C.C.「ん? どうしたルルーシュ、うずくまって」ニヤニヤ

ルルーシュ「貴様……全てわかっていたのか……」

C.C.「何の話かなぁ?」クスクス

ルルーシュ「貴様ぁ!! 俺が……む、夢精したと……わかった上でぇ!!!」

C.C.「へ~、お前夢精したのか。というか、ちゃんと夢精出来る体だったのか」ニヤニヤ

ルルーシュ「ぐぅっ……うぐ……っ」

C.C.「いやぁお前性欲なさそうだからなぁ。ちゃんと精通自体してたか不安だったんだよ」ニヤニヤ

ルルーシュ「……っ……黙れ……」

C.C.「んん? それとも……まさか今のが初めての……とか言わないよなぁ?」

ルルーシュ「お前には関係ないッ!!!」ブワッ!

C.C.「……そうか。悪かったよ」

ルルーシュ「待て!! 何を納得している……俺はまだ何も言っていないぞ!!」

C.C.「いや、みなまで言うな。さすがにちょっと悪かったかな」

ルルーシュ「誤解するなぁっ!! 精通自体はすでに……」

C.C.「隠さなくていいのか?」

ルルーシュ「ほゎあっ!?」ガバッ

C.C.「でぇ? 一体何が原因だったのかなぁ? お前が『むせた』のは」クスクス

ルルーシュ「知るものかっ!!」

C.C.「昨日カレンが覆い被さってきたアレか? それとも神楽耶か?」

ルルーシュ「知らんと言っている!!」

C.C.「それとも……まさか枢木スザクか?」

ルルーシュ「それはない」キッパリ

C.C.「じゃあナナリー?」

ルルーシュ「……いや、お前は俺をなんだと思っている!?」

ルルーシュ「ナナリーは守るべき大切な妹だ……俺が邪な感情を抱くと思ったのか!?」

C.C.「じゃあなぜ一瞬口ごもった」

ルルーシュ「」

C.C.「ふぅ……まぁ、お前の周りは女が多い。むしろ多少の劣情抱かなければおかしいけどな」

ルルーシュ「それは女子に対する冒涜だ」

C.C.「そうした魅力を感じないほうがよほど冒涜と思うぞ」

ルルーシュ「……」

C.C.「……まぁ、もう夢精したくないならだ。定期的に自慰でもした方がいいぞ」

ルルーシュ「そんな生産性のない行為……」

C.C.「じゃあ存分にむせていろ」

ルルーシュ「……考えておく……」

C.C.「ところでだ」

ルルーシュ「なんだ魔女」

C.C.「いい加減パンツ履け」

ルルーシュ「」

ルルーシュ「……だがC.C.。自慰など所詮生産性の欠片もないのは事実だ。俺は無駄な行いはしたくない」

C.C.「じゃあ誰かに慰めてもらうか?」

ルルーシュ「何を言う!!」

C.C.「カレンには迫ったんだろう? 『俺を慰めろ』って」

ルルーシュ「何故知ってる!?」

C.C.「そういう事か?」

ルルーシュ「どういう意味だ!?」

C.C.「ふぅ……ニブチンめ」

ルルーシュ「チンとか言うな、恥ずかしい!!」

C.C.「はいはい……」クスクス

仕事行って来る
乗っ取る人いるならまかせるわ

一応修正>>1
こんな感じで誰かオナシャス!!
↑これ削除で

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom