妹「ねぇ不細工、ちょっと来なさいよ」(846)

兄「ん?……俺か?」

妹「今呼んだでしょ。聞こえなかったの?この不細工」

兄「うるせぇな、なんだよ。俺は今宿題してんの」

妹「私の宿題……分かんないから教えて」

兄「まず日本語を勉強しろ。私も宿題してて分からない所があるから教えてって言え」

妹「うるさい!さっさと教えて」

兄「……はぁ」

妹「ここ」

兄「こんなのも分からないのか?」

妹「分かってたらいちいちあんたみたいな不細工に聞かないわよ!」

兄「だったらカッコいい彼氏でも見つけてそいつに教えてもらえばいいだろうが」

妹「はぁ?」

兄「周りの男に聞けば教えてくれるだろっつってんだよ馬鹿」

妹「馬鹿馬鹿うるさい!この不細工」


兄「こうやんだよ」

妹「ふん、無駄に頭だけはいいんだよね。そっちにばっかり能力がいって顔にいかなかったわけだ」

兄「お前は逆って事だな」

妹「何?馬鹿とでも言うつもり?不細工の分際で」

兄「不細工不細工うるさい!もう勉強教えねェぞ!」

妹「ふん!」

妹・学校

妹「って事が家であってさぁ、マジむかつく。あの不細工」

妹友「あはは、兄妹なのに容赦ないね」

妹「あいつが不細工の癖に私に色々言ってくるのが悪いのよ!それに…」

妹友「ん?」

妹「それにあいつ、全然男らしくないし……あれだよ?

  家に帰るといっつも部屋にこもって勉強しかしてないんだよ?キモくない?」

妹友「あははっ、まぁそこまで言わなくても。別に悪さしてるわけじゃないんだし」

妹「あいつはチキンすぎなのよ、ほんと使えない!」

兄・学校

ガララ―――

兄「……」

「お、きたきた、くくっ」
「うは」
クスクス

兄「?……!」


「おう!わりぃなぁ!お前の机に墨汁こぼしちゃってよぉ!」
「いやいやぁそんでよ?紙で拭こうとしたら紙がなかったらさ!お前の机の中のもん使わせてもらったわ!くくくっ」

クスクス ヒソヒソ

兄「……ああ、別に気にしないで」

「は?」

兄「どうせいらないプリントばっかだったし」

「へーそう」
「……」

兄「……まだ何か?俺はこれを拭かなきゃならない」

「あ?うるせぇよ!話しかけんな!」ドカッ

兄「……って……」

「お前きもちわりぃんだよ!いっつも黙っててよぉ!」
「目障りなんだよ消えろ!キモいんだよ!存在が!!」

兄「……知るか」

ドカッ バキッ

兄「ぅ……は……」

「いちいちそうやって冷めた目でつまんねぇ反論してくるのもイラつく!」
「お前マジ邪魔だから!誰にも必要とされてないんだって気づけよ!」

兄「……」

ガララ―――

教師「みんなおはよう。授業を……どうした?」

「なんでもないっすー」
「兄が墨汁机にこぼしちゃってさぁ、先生。俺ら拭いてあげてたんですよ、なぁみんな」

教師「あーわかったわかった。んじゃ兄」

兄「はい」

教師「雑巾がいるだろ、ホームルームは保護者懇談会の内容のプリントを配って説明するだけだから
   お前は雑巾をとりにいってきていいぞ。プリントは机の上に置いて…ってそれじゃ汚れるな。
   隣の鈴木の席の上に置いとくから」

兄「分かりました」

教師「あーそれでもまぁ一人はキツいな……今日日直はー?」

女「えー?……私ですけどぉー」

教師「女か、お前兄の手伝いしてやってくれ」

女「はぁ?なんで私が兄の手伝いしなきゃいけないんですかぁ?」

教師「クラスメイトだろ。それに日直だ、どうせほっといたら何もやらないんだしたまには働け」

女「チッ……はぁい……」

兄「……それじゃ」

女「さっさと行くよ」

ガララ―――

バタンッ

女「あー、マジうぜぇ……なんで私があんたみたいな気味悪い奴と雑巾取りに行かなきゃないわけ?ったく……」

兄「悪いな」

女「てかさぁ、もしかして私達初めて話すんじゃね?うわぁ、そうだ。絶対。だって絶対話しかけなかったもん私」

兄「……あっそう」

女「まぁ…まだ5月だからね。って事にしといて、てかあんたみたいにイジメられてる奴にさぁ

  普通私が話しかける、ましてや話すなんてあり得ないから」

兄「その割には今よく喋ってるな」

女「……あーあんたイジメられるの分かるわ。なんかムカつく」

兄「どうでもいいよ。あ、雑巾あった」

女「もう!この機会がなかったら一生話さないでいれたのに、ざーんねん」

ジャー バシャバシャ
兄「……」

女「てかさ、あいつらが墨汁でグシャグシャにした紙ってほんとに大したもんなかったの?」

兄「……」 バシャバシャ

女「そんぐらい答えなさいよ。聞こえたのよ」

兄「うるさいな、テストとかだよ」

女「あーなるほど?あんた頭はいいんだっけ?こないだの模試だっけ、何点だった?」

兄「……」

女「さっさと答えれば?教室に戻れば私あんたと絶対口利かないよ?
  あんたみたいなのと口利いてるってバレたら私までとばっちり食らうし」

兄「点数忘れた」

女「……あっそ。じゃあ学年順位とかは?そんぐらいは流石に覚えてるでしょ」

兄「うるさいな、もういいだろ」

女「あーその顔は覚えてるでしょ。教えろって、減るもんじゃないし。いいの?
  こんなに女の子と話す機会もうないよー多分。お気の毒ぅ♪」

兄「バケツ持つからどいてくれ」

女「は?なにそれ…ムカつく……言えよ!」

兄「女さんはこれ持たなくていいから、というか持つ気もないだろ」

女「当たり前じゃん!私はただの罰ゲームみたいなもんだし、ってか名前知ってたんだ?」

兄「さっき先生が言ってたからな、どいてくれ」

女「……」

兄「というか雑巾も触らなくてもいいから。その爪じゃあ汚れたらまずいだろ」

女「……ふん。ムカつく、なんなの?実は覚えてるけど馬鹿だから言わないだけ?下から10番目とかだったりして~」

スタスタスタ

女「なぁおい!なんか言えよこのキモ野郎」

兄「……」 スタスタスタスタ

女「……チッ、胸糞悪……お前なんかいなくても誰も気にしないってホントだよ。マジで」

兄「……」 スタスタスタスタ

女「あーあ、教室前来ちゃった。当然手伝わないから、私の机じゃないしぃ。
  あと教室入ったらもう絶対話しかけないから!ホントに!」

兄「……そうかよ」

女「あーもうイライラする!教えろっての!」

兄「1位だよ」

女「え?」

兄「もう教室に入るから、話しかけるなよ」

ガララー

女「え……あ、ちょ…」

教師「おお、遅かったな。プリントは鈴木の机に置いてあるからな」

兄「はい」

女「……」

教師「ん?女はどうした?」

兄「後ろにいます」

教師「んー?どうした女。もう授業始まるぞ。入れ」

女「先生。この学校って1学年何人だっけ?」

教師「え?どうした急に」

女「何人?」

教師「えーと、400人ぐらいだな」

「どうした女?イケメンの割合でも聞くつもりかー?」
「ここにいるぜここに!」

ドッ

女「い、いや……何でもないけどさぁ」チラッ

兄「……中々落ちないな」 フキフキ

教師「あ、そうだ。兄」

兄「はい?」

教師「隣の鈴木の席にプリントを置いてるんだけどな」

兄「はぁ」

教師「鈴木って最近休みだろ?お前家知ってるか?」

兄「はい……有名ですし」

教師「それで悪いんだがな、鈴木に溜まってるプリントを届けてやってくれんか?」

「先生自分で持ってけばー?」
「あいつんちや―さんだからビビってんだろ!」

教師「い、いやそんな事はないぞ。此の間行ったしな、家庭訪問」

「どうだったんだよぉせんせー」

教師「いや、いなかったみたいだから。その…ポストに学校に来る様にとプリントを入れて帰って来たんだ」

「いねぇことねぇと思うけど」
「先生チキンだなぁ」

教師「ま、まぁとにかくじゃあ兄!頼んだぞ。隣の席のよしみって奴でな!はっはっは。ではこれでホームルームは終了だ」 ガララー

ガヤガヤ

兄「……誰だっけ」

「お前まじ運ねぇなぁ兄よぉ」
「鈴木とは違う中学だったからお前しらねェだろうけどあいつめちゃくちゃ喧嘩つええぞ」
「俺の中学の番長だったからな」
「ははっ、おまえぶん殴られるんじゃね?」

兄「……」

「ははっ、明日絶対顔ぼろぼろだぜこいつ!」
「こりゃ楽しみだ。ははっ」
「くくくっ」

クスクス


兄「……はぁ」

放課後

兄(……どこだっけ。確か家の壁がすごい家なんだよな)テクテク

兄「ん?……あ」

妹「!」

兄「(周りに誰もいないな)……よう」

妹「ふん、友達がいたらあんたなんか無視なんだけどなぁ……残念」

兄「そりゃ家で散々「外で人がいるところでは話しかけないで不細工」って言われれば注意も払うって」

妹「ふん、さっさと帰ろうっと、私の5m後ろ歩いてよね不細工」

兄「……(たしかこの角を左だったかな)」クルッ

妹「まったく……なんでこの時間に一緒になんのy……ん?どこ行ってんのよ不細工、料理抜きにするわよ」

兄「ちょっと用事があるんだ。お前は帰ってろ」

妹「ふん、じゃあ晩御飯抜きね!」

兄「……」スタスタ

妹「あ、ちょっと……ふん!あの不細工、整形外科にでも行くのかな」テクテク


兄「……」スタスタスタ ピタッ

兄「ここかよ……すげ…えっと」 ピンポーン

「はい。どちら様で?」

兄「あーえっと」

「あ?さっさと答えろや」

兄「す、鈴木君のクラスメイトで兄って言います。彼が学校を休んでいる間に配られたプリントを届けに来ました」

「ああ、はいはい……今開ける」

ガチャッ

兄「……お邪魔します(うっわー)」

「ぼっちゃんは上の階にいるから。渡してあげてくれ」

兄「はぁ…」

「あ、お菓子いるか?かっぱえびせんあるぜ?」

兄「あ、お気遣いなく」

「まぁま、そういうなって。1本食っとけほれ」

兄「ふぐっ、ど、どうも」ボリボリ

「上がってすぐ右の部屋だからな」

兄「はい」 トントントン

兄「……えっと」コンコン

「誰だ?」

兄「あ、えっと俺…その……」

「さっさと答えろや」

兄「あ、学校で君の隣の席の兄っていうんだけど休んでた間に配られたプリント持って来たんだ」

「……ふーん」 ガチャッ

兄「!(…でか)」

鈴木「んー?しらねぇ顔だな」

兄「あ、その隣の席なんだけど。ほんとに」

鈴木「ふーん。プリント貸せよ」

兄「あ、はい」

ビリビリ

兄「あ」

鈴木「はっ、もう学校いかねぇから俺」

兄「……どうして?」

鈴木「あ゛?あんなとこ行って何になる?どうせ中学は卒業したんだから普通に生活していく学力はあるだろうがカス」

兄「そ、そう」

鈴木「文句あんのかてめぇ、俺は親父の後を継ぐんだよ!!」

兄「……いや、文句はないけど」

鈴木「なんか目が見下してんだよお前はよ……あーそうだ…思い出した。お前頭いいんだっけ?」

兄「いや……別に」

グイッ

鈴木「そうだったよなぁ。頭いいやつには俺みたいなのがカスみたいに見えるんだろうが、ああ?何か言えや!」

兄「べ、別にそんなことは」

鈴木「嘘つけや。お前らは俺に手は出さないが内心馬鹿みたいに見下してんだろうが!
   ムカつくんだよそういうのが一番な!」

兄「そ、そんな事はないって。お、落ち着いて」

ドカッ

兄「……って……」

鈴木「てめぇムカつく……何なんだよその目はよぉ!ああ!?」

兄「そ、そんな事言われたって……これは親譲りの顔だし」

鈴木「はっ、お前の親とかもそういう目してんだろうなぁ!」

兄「……え?」

鈴木「人を見下す事が大好きな目だ、俺らが見ててイライラする目なんだよお前はな!
    まっ……どうでもいいけどなぁお前のクソみたいな親の事なんて!」

ピクッ
兄「……糞みたいな?」

鈴木「ああそうだ!俺の親父はすげぇぞ!ここら辺一体を支配してる組の組長だ!お前の親父なんかとは格が違うんだよ!
   あれだろ?お前の親父なんかどうせ何かの会社のしがないサラリーマンでよぉ!適当に上にへこへこ頭下げて毎日
   つまんねぇ顔して金稼いでんだろ!どうだ!?当たってるか!?あっひゃっひゃ」

兄「……」

鈴木「母親も似た様なもんだろ?つまんねぇ顔しててつまんねぇ親父の帰りまったりしてまずいメシ作ってお前らに食わして
   くっせえぇ洗濯物洗って……うははは、吐き気がでらぁ!」

ドカッ
鈴木「!……なんだよ、お?なんだこれ」

兄「……」

ドカッ

鈴木「なんだっつってんだよこのパンチはよぉ!!やんのかごらぁ!!!」ドカッ!!


兄「……うぉぇ……ガハッ……」

鈴木「おいおい一発で吐くなよ、まだみぞおちに入れただけだぜ?きたねぇだろうがカスがぁ!!」 ドカッ ドカッ

兄「ぅ……がぁ!……」

鈴木「なんだ?親の事色々言われたらムカついたか!?お前にはムカつく資格なんかねぇんだよカス!
   お前らはいっつも俺みたいな奴の事を見下しやがってっからな!!
   お前が感じた怒りを俺はいっつもイライラ感じてんだよカスが!!カスが!!!」 ドカッ バキッ

兄「……ぅぅ……」

鈴木「お?どうしたどうした?もう降参かぁ?やめてやんねぇぞゴラァ!!」

ドカッ

鈴木「ぅ……ち……」

兄「……て……い……ろ」

鈴木「はぁ?あひゃひゃっ!……聞こえねェなあ!」ドカッ

バキッ

鈴木「!……って……」

兄「訂正しろっつってんだよ!!」

鈴木「ああ?何意味わかんねぇ事言ってんだってんだよカスが!!アホかお前は」 ドカッ バキッ

兄「ぐぅ……ああ……」 ミシミシ

鈴木「ふん……折ってやろうか?お? お前の腕なんかこうやればなぁ……簡単に……」ミシミシ

兄「……訂正……しろよ」

鈴木「お前の親の事か!?ばーか!するわけねぇだろ訂正なんか!その通りだろうが!!

ゴンッ

鈴木「うがっ!(ず、頭突き?!……)」

兄「訂正しろ!父さんはそんな人じゃなかった!!母さんはそんな人じゃなかったんだ!!

  お前の両親はそんな奴じゃないって言え!!!」

鈴木「て、てめぇ……ムカつくんだよ……どんだけ睨んでんだよ……うるせんだよ!折るぞ!!」

兄「いいさ!折ってみろ!!!さぁやれよ!やってみろよこの野郎!!」

鈴木「……チィ…(なんだ…こいつ……)」

兄「訂正しろ……俺の家族の事を悪く言うのは……許さない…ぐっ……許さな……ぐぇ……」

10分後
鈴木「……お前しつけぇ………しね……」

兄「……はぁ……が……げほっ、げほっ……」

鈴木「……そんなに家族が大事かごらぁ!!」

兄「訂正しろ……訂正しろよ……」

鈴木「き、きんもちわりー……そんなに執着して気持ち悪すぎんだよカスが!
   はっ!!…やっぱ両親ともどもうぜぇやつなんだろうなぁお前んとこはなぁ!!」

兄「……はぁ……はぁ……」

鈴木「あ!?なんだよ睨みやがって……なんか文句あんなら言ってみろやぁ!!」

兄「お前……しってる……か……」

鈴木「……あ?何がだよ!ホラでも吹くつもりかゴラァ!!!」

兄「……日本で……1年に何人交通事故で死んでるか……知ってんのか」

鈴木「あ?」

兄「……1年で5000人近く死んでんだぞ!日本で!!」

鈴木「……え?」

兄「1日で10人以上毎日死んでんだぞ!!この国で!うおおおお!!」バキッ

鈴木「がぁ!!……お、お前……何言ってんだ?…って……」

兄「交通事故だぞ!!誰でも起こりうる事で毎日10人以上死んでんだぞっつってんよ!!」ツー

鈴木「……え……あ……えっと……」

兄「その10人のうち2人が!自分の身近な人だったとしても……おかしくはねぇだろっつってんだよ!!!!」

鈴木「………あ……」

兄「許さない……俺を育ててくれた……妹を育ててくれた……優しかった父さん母さんの悪口を言うお前を
  ……俺は許さない!!」

鈴木「…………」

兄「何か……言え!!」ダダダ ドカッ

鈴木「グッ……」

兄「…カハ…………言え!!!」ドカッ

鈴木「グゥ……………わ、わかった……から」

兄「………ぉぇ……」

鈴木「……わ、分かった………俺……その……」

兄「お前……もう学校こなくていい」

鈴木「え?」

兄「お前みたいにな……親に頼って暴力ばっかりやってる屑に……何の苦労も知らない屑に隣に座られたくない」

鈴木「……」

兄「大嫌いだ。お前……最悪だな」

鈴木「…………………」

兄「うっ!……ぐっ……がはっ……お、俺は……帰る」

タン タンタン

「お、おいお前……大丈夫かよ。ただの喧嘩とかしょっちゅうでよ……その俺……とめなくて悪かった」

兄「かっぱえびせん…どうも」

「お、送ろうか?」

兄「いえ……いいです」

ガチャッ バタンッ

テクテク

兄「……ぅ……っぺ……」ビチャ

兄「はは……血出てるし……………ちくしょう…………ちくしょう…………」 テクテク

兄「………ぅ……ヒック………ちくしょう…………ちくしょうが……」

兄・妹の家

ガチャッ バタンッ

兄「……」

妹「一体何してたんだよこの不細工!せっかく私がご飯を作ってやったのに……冷めちゃうでしょうが!何考えてんの?」 テクテクテク

ピタッ

妹「…………え?」

兄「…………ゲホッ…………た、ただい…ま」

妹「な、何……なんなのよ……なんでそんな事になって……」

兄「こけたんだ。盛大にな」

妹「嘘をつくな!何それ……不細工が更に不細工になって……は、はは……」 

兄「大丈夫だ。部屋に……戻る…から」

ガシッ

妹「う、うるさい!ちょっとこっちに!」

兄「……って………痛い」

妹「うるさい!消毒しないとばい菌入るじゃない!黙ってろ不細工が」

兄「……イッ……ツ…」

妹「イ、イジメられたの?ま、まったく……不細工だからなぁ……」

兄「こけたんだ」

妹「……ふ、ふん……」 ガクガク

兄「……」

妹「な、何よ!ふざけんじゃないわよ!見世物じゃない!ちょ、ちょっと震えてるのは…これは……」

兄「もういい。お前は部屋に戻れ」

妹「え?」

兄「こんな傷見てたら震えるのもまぁ分かるかし……戻れ」

妹「い、いいから私が世話してやろうってんでしょ!?」

兄「戻れ!!」

妹「!」ビクッ

妹「な、なによ……」

兄「いいから、戻れよ」

妹「最悪!ふん……いいわよ。戻る!もう今日は寝るから!」

兄「メシと風呂はどうするんだ」

妹「いらないわよ!お風呂は朝シャワー浴びる!!そっちが部屋に戻れって言ったんじゃない!」

兄「わかった……俺はメシを食うし風呂にも入る」

妹「勝手にすれば!?ああもう!作るんじゃなかったこんな事なら……馬鹿!!」 スタスタ

ガチャッ バタン!!

兄「………」

妹「なによなによなによなによ……」

妹部屋

ガチャッ バタン

妹「……なん…なのよ」

兄「………って………風呂入れるか?これ……タオルで拭くか」

つまらん

兄は勉強馬鹿で賢くはないんだったよな

兄「いでぇ………染みるな…くそ……あいっ……」

兄「……メシくうか……」

ダダダダダ

兄「!?……なんだよ」

妹「うるさい!気になって寝れない!私もごはん食べるのよ馬鹿!!」

兄「……」

妹「へ、部屋に戻れって言われても行かないんだから!!ご飯食べる!」

兄「あっそう……じゃあ俺が部屋へ戻る」

妹「え?」

兄「これうまいよ。……じゃ」

ガシッ

兄「なn…」

妹「それほっといたらもっと不細工になるわよ!いいの!?」

兄「変わらないって」

妹「いいから!ちょっと治療ぐらいしてやるって言ってるでしょ不細工!」

兄「……」

妹「沁みるよ」

兄「…………」

妹「ねぇ不細工」

兄「なんだよ」

妹「こけたのが嘘ってのは分かってる」

兄「…うそじゃn…」

妹「嘘!……言いたくないなら言いたくないって言えばいじゃん」

兄「……」

妹「……嘘つこうとするなよ……馬鹿」

兄「……喧嘩したんだよ」

妹「え?」

兄「クラスの奴と喧嘩したんだ。イジメられちゃいない」

妹「……ふ……ふーん。あんたみたいな不細工はやられるだけかと思ってた」

兄「もういいだろ。これ以上は話したくない。これでいいか?」

妹「……いいよ」

兄「……もうここを消毒したら終わりでいい。ガーゼ捨てて来い」

妹「げ、原因は……」

兄「……言わない」

妹「……い、いいわよ!どうでも…」

兄「妹……」

妹「なんだよ不細工が!」

兄「めし食おう」

妹「……ふん…」

カチャカチャ

兄「……」モグモグ

妹「……」モグモグ チラッ

兄「……」モグモグ

妹「……」

兄「……」モグモグ

兄「ごちそうさま」

妹「あ……」

兄「なんだよ」

妹「……な、何でもないわよ」

兄「じゃあ俺は部屋に戻るから」

妹「……ふん」

兄「……じゃ」 トントン

妹「あ……ま、待って!」

兄「?」

妹「きょ、今日の宿題で分からない所があったんだった!あんた教えなさいよ!」

兄「……明日にしてくれ」

妹「明日提出の宿題なの!そ、その……そうよ!あんたは頭はいいんだから役に立ちなさいよねこういう時位」

兄「俺は眠いんだ、たまには自分でやれ」スタスタ

妹「そ、それじゃ分かんないもん!私は頭よくないし!……教えなさいよ」

兄「……じゃ、30分だけだ」

兄部屋

兄「イスここへ持って来い」

妹「わ、分かってるわよ!」

兄「それで……どこが分からないって?てか宿題なんだよ」

妹「英語と数学だけど……ほらこれ」

兄「……これ分かんないのか?」

妹「悪かったわね!」

兄「はぁ……じゃあ数学からだ。さっさとやるぞ」

妹「ふ、ふん」

10分後

兄「それでさっき出した②式を①式に代入すると、こうなって……こうなる。これで誘導終わりだ」サラサラ

妹「……」

兄「この雑用紙に書いたのをノートにそのまま書いて出せば大丈夫だろ。次英語だ」

妹「……」ジー

兄「おい、聞いてんのか?」

妹「え?」

兄「ほらこれ。後でノートにでも写せ。英語の問題も……えっと、これだったな……見てろよ」

妹「う、うん」

40分後

兄「……ふー……量多すぎだろ。ほらっ、全部できたぞ。今見てた中で分からなかった所はあるか」

妹「……」ジー

兄「だから…聞いてるのか?」

妹「え?…あ、ああ勿論!終わったんでしょ!」

兄「分からない所はないか聞いたんだよ」

妹「わ、分かんないけど……先生に聞く」

兄「はぁ……ヒマな時は俺も教えてやるから……もういいか」

妹「……」ジー

兄「……何かついてるか?」

妹「!な、何でもないわよ!不細工だなぁって見てただけ!」

兄「もう寝る。お前も寝ろ」

妹「な、何よ!怒らなくてもいいでしょ!?しょうがないじゃない」

兄「俺の顔はそれはしょうがないけどな。唯単に眠いんだよ」

妹「……ふん……ん?……あれ?」 コトッ

兄「!」

妹「この写真……」

兄「……部屋に戻れ」

妹「……いつの?」

兄「お前が3歳か4歳の時だよ」

妹「ふーん……お父さんとお母さんが写ってる」

兄「………もういいだろ、部屋に戻れ」

妹「ね、ねぇ!この写真の時ってさ、私…」

兄「もういいっつってんだろ」

妹「……な、なによ……いいわよ!もう!!ばか!」

ガチャッ バタンッ

キモヲタ童貞VIPPERは「兄」と「妹」が出てきたら何でもいいんだなw


兄「……」コトッ

兄「……父さん……母さん…か……」

鈴木『ああそうだ!俺の親父はすげぇぞ!ここら辺一体を支配してる組の組長だ!お前の親父なんかとは格が違うんだよ!
    あれだろ?お前の親父なんかどうせ何かの会社のしがないサラリーマンでよぉ!適当に上にへこへこ頭下げて毎日
    つまんねぇ顔して金稼いでんだろ!どうだ!?当たってるか!?あっひゃっひゃ』

鈴木『母親も似た様なもんだろ?つまんねぇ顔しててつまんねぇ親父の帰りまったりしてまずいメシ作ってお前らに食わして
   くっせえぇ洗濯物洗って……うははは、吐き気がでらぁ!』

兄「……」

ドカッ!!

兄「……くそったれ………」 

妹「………」 カチャッ  ソー

兄「…………はぁ~………」

妹「……」

兄「……俺が…しっかりしなくちゃ……しっかり……しなくちゃ……」

妹「………」

妹(……気になる………………ばか)

兄「…………朝か」ムクッ

兄「…………」

ガチャッ

リビング

兄「ん?」

妹「あ……」

兄「今何時だ?」

妹「じ、自分で時計ぐらい見れば?」

兄「……7時なのになんでお前が起きてるんだ。
  
  てかメシ作ってんの?俺当番なのに」

妹「作りたくなったから作ってるだけ!別にあんたの当番変わってやろうとかそんなんじゃない!
  勘違いしないで不細工」

兄「あっそう……じゃあ顔洗ってこよ…」 テクテク

妹「……」

兄「………っ……いって……」 ジャー

兄「……ん? なんだよ。そんなとこ立つな」

妹「ほら、タオル」

兄「あ?……おう」

妹「ふん……」テクテクテク

兄「……なんだありゃ」

リビング

兄「頂きます……おい」

妹「何よ不細工」

兄「朝っぱらから豚の生姜焼きなんか焼くなよ、もったいないだろ」

妹「う、うるさい!食べたくなったの!」

兄「……何とか食費は毎月確保できてるけど、他はヤバいんだから。無駄遣いは」

妹「だから!どうしても食べたくなっちゃったんだからしょうがないでしょ!?うるさい!もう作ったんだから黙って食べろ!」

兄「まぁ、俺の好物だけどよ……今度から朝は簡単なのにしろ」

妹「わ、分かったわようるさいわね!……何よ、人の気持ちも知らないで(ボソボソ)」

兄「……うまい」 モグモグ

ピンポーン

兄「ん?」

妹「誰よ…こんな時間に……」

兄「……お前はここにいろよ」

妹「え?」

兄「絶対来るなよ。いいな」

妹「はぁ?なんでそういう意味の分かんないこt……」

兄「いいな。返事は?」

妹「……分かったわよ!うるさいわね不細工のくせに!」

兄「……」 テクテクテク

玄関

兄「はい」ガチャッ

大家「……」

兄「あ……大家さん」

大家「5日前までに今月の家賃、支払えって言ったでしょ。まだみたいだけど?」

兄「そ、そうですか?あれぇおかしいな。いつもの口座ですよね?」

大家「そうだけど?」

兄「すみません。じゃあ今日の夜までに必ず払います」

大家「妹さんと二人で大変だろうけど、こっちも生活かかってるんでね。頼むよ?
   今日振り込まれなかったらまた明日来るから」

兄「はい……すみません」

大家「じゃあね」

兄「はい。申し訳ないです」

バタンッ

兄「……」

妹「……」 ソー

兄「……」テクテク

妹「ぅわわ……」

リビング

兄「………」ガチャッ

妹「……誰だった?」

兄「ん?ああ……新聞の勧誘だ。いやぁ中々帰ってくれなくてさ、しつけぇよなぁああいうのは」

妹「……」

兄「ははっ、さって……さっさと食べてお前も学校行く準備しろ」 モグモグ

妹「……うん」

兄「あ、分かってると思うが今日は俺バイトだから」

妹「知ってるわよそんぐらい!」

兄「だから晩飯いらない」

妹「え?…」

兄「今日はお前一人分だけ作って食え。わかったな」

妹「そ、そんなの!い、一緒に食べればいいじゃん!」

兄「ちょっと店長にシフト増やせないか相談してみるつもりだから、時間かかりそうなんだ。分かったな」 モグモグ

妹「……シフト増やすんだ?」

兄「ああ」

妹「ふーん……ま、まぁ別にどうでもいいけどね!」

兄「だろうな」

妹「わ、私がバイトしてみよっか!」

兄「馬鹿。中学生がバイトなんかできるわけないだろ。お前は馬鹿なりに勉強してろ」

妹「う、うるさい!なによ……馬鹿って言うな!」

兄「はいはい。そういうわけだから……ぃ…」

妹「どうしたの!?」

兄「いや……ちょっと肩が……大した事ないから」

妹「……」

兄「じゃあ俺は準備するからお前も早く食べちまえ。片付け頼んだ」 ガチャッ バタン

妹「…………」

>>1
パクリ乙ってやつか

兄「行ってきます。戸締りちゃんとしろよ」

妹「……」

兄「おい、聞いてんのか?」

妹「分かってるわよ馬鹿!」

兄「?」

ガチャッ バタンッ



妹・学校

妹友「おはよー妹」

妹「ん?ああおっはよー」

妹友「ん?どしたの?なんか元気なくない?」

妹「え?や、やだなぁ!そんなわけないじゃん!ちょっと内の馬鹿のせいで悩んでただけ!」

妹友「またお兄さんの悪口かよ、飽きないねーあんたは」

妹「だってさぁ何かムカつくんだもん!全然私悪くないのにすぐどなったりしてさ!」

妹友「あんたが空気読めてないだけじゃないの?」

妹「ち、違うって!私めちゃくちゃ空気読んでるんだから、それをあの不細工」

妹友「あははっ、あんたいっつも怒られてそう。家で」

妹「うるさい!」

妹友「ふふっ……ま、いいじゃないの。きっとお兄さん大変なんだよ」

妹「なによー、分かった様な事言うじゃない」

妹友「いや全然分かんないけどさぁ、だって1人で全部家計管理してんでしょ?お兄さん」

妹「わ、私だってお料理とかお風呂当番とか色々やってるし!洗濯物とかも」

妹友「そういう事じゃなくてさぁ……お金の管理とかだって」

妹「……そ、それはだってあの馬鹿私には任せられないって」

妹友「正論だね」

妹「も、もう!あんたまでそんな事言うわけ?」

妹友「だって……あんたの成績じゃあねぇ……うんうん」

妹「ぅ……と、とにかく!あいつだけ頑張ってるわけじゃないの!私だってやってるの!」

妹友「はいはい(あーかわいい奴)……でもさ、やっぱりお金の管理ってのは苦労するみたいよ」

妹「そ、それはなんとなく分かるよ。時々悩んでる時とかあるし……」

妹友「うちでいっつも母さんが家計簿つけながらうーんって悩んでる姿を見てるからねェ私も」

妹「…」

妹友「色々将来にそなえた出費も考えなくちゃいけないし、普段の生活のやりくりも考えないといけないしね

   絶対妹より苦労してるよお兄さん」

妹「うー……」

妹友「……」

妹「……………うるさい」

妹友「あ、すねた」

妹「わ、私だってねぇ、人知れず悩んだりしてんだからね!」

妹友「はいはい。でも毎日毎日お兄さんの事馬鹿にするのは頂けないねぇ?」

妹「だ、だって何か……だって何か……」

妹友「何よ?」

妹「わ、分かんないわよ!もう!」

妹友「もう!」

妹「真似すんな!」

妹友「あはは」

「………」


兄・学校

ガララ―――

「お、おい見ろよ!」
「ぶーーー!!なんて顔してんだよあいつ」
「きっめぇぇぇ」
「おいおい兄くんよぉどうしたんでしゅかー?」
「お顔が腫れてまちゅねー」

兄「……」 ガタンッ

兄は頭が高くても賢いとは言えない人の見本

兄「……」

ドカッ

兄「ぅ……けほっ……」

「おいおい無視はいけないわー」
「マジで俺もそう思う。俺ら心配してやってんだぜぇ兄君?」
「ははっ、どうせ鈴木にやられたんだぜこいつ」
「何やってんだか、怒らせていい相手といけねぇ相手がいんだろうがよぉ」
「こいつアホだからそういう事に頭まわんねーんだよきっと」
「違いねェ!ははは!」

兄「……なんだよ、何か用か?」

ドカッ

兄「……ッ……痛い」

「痛い……だってよぉ!!」
「なーにが何か用か?だよ!ムカつく返ししない事を学べやこら」
「俺らも怒らせちゃいけねぇ相手だってのしらねェのか?こいつは」

ドカッ バキッ 

ガララー
「あ、やべ!おいやめろ」

教師「それでは授業を始めるー」

そして風俗で働く妹

激怒する兄

教師「ん?……兄!どうしたんだその顔は」

兄「え?何がですか?」

教師「何がですかってお前……あ……えっと……だな…昨日鈴木」

兄「昨日はちゃんとプリントを彼の所に届けました。これは道で転んだだけです」

「くくく……」
「転んだだけだってよ……」
「せんせーい俺達兄の事心配してたんだよー」
「そうそう。何でこけちゃったんだろうって……なぁお前ら!」
「そうだそうだ」
「いやぁ災難だったなぁ兄」

教師「そ、そうか……それは……災難だったな……兄」

兄「ええ、ですから俺の事は気にしないでいいです先生」

教師「わ、わかった」

「ぷぷ……」
「こいつきめ…」

教師「え、えーと。それでは授業を始める!保護者懇談会のプリントは各自持って来たかー?」

兄「あ……」

教師「それじゃあ集めるぞー後ろの奴から前にまわせー」

兄「……あ、えっと俺ないから」

「せんせー、兄君プリントないって言ってます」
「おいおい兄なにやってんだよぉ」
「親に見せられた無かったか?」
「来てほしくないのかなぁ?(ボソ)くくく」

兄「……」

教師「あー兄……持って来てないのか?」

兄「すみません……」

教師「えーと……あ……いや、じゃあいい。兄はホームルームが終わったらちょっと来なさい」

兄「……はい」

女「?」

10分後

教師「それではこれでホームルームは終わりだー1時間目は数学だな、お前ら準備しとけよー」

キリー レーイ  ガタガタ

「うっわやべ宿題やってねぇ」
「みせてやんよ」
ワイワイ ガヤヤ

教師「兄、ちょっと」

兄「はい……」

女「なんだろ(聞き耳立てて聞けるかなー?)」ソー

教師「……すまなかったな。すっかり忘れていた」

兄「あーいえ、別に」

教師「えーと。それじゃあ懇談会で配るプリントは兄に後日渡すという事でいいか?」

兄「はい。学費関連の紙とかは早くもらえると助かります」

教師「わ、わかった。妹さんと二人で大変だろうけど頑張るんだぞ」

兄「……」

教師「……兄?」

兄「あ、いえ……はい。分かりました」

教師「よし、それじゃあな」

兄「はい」

女「……どういう事?」

数学

教師「それじゃ、各自宿題出せよー後ろからまわせー…………よーし。それじゃあ授業を始める」

ガヤガヤ

教師「えー前回はこの公式の証明をするという話をした所で終わったわけだがー」 カッカッ

兄「……(……朝から疲れた)」

兄「……(これこないだもやらなかったっけ……ああ自分でやったんだった……)」

兄「……」

兄「………グゥ……」



―――――

兄「………ん?……」

「起きなさい。兄、もう朝よ」

兄「うん。起きるよ……母さん…母さん?」

母「ん?どうしたの?お父さんはもうリビングにいるから挨拶しなさい」

さらには妹がレイプされる

兄「うん、分かったよ……母さん」

リビング

父「ああ、起きたのかい?」

兄「おはよう。父さん」

父「ああ。おはよう兄、今日から小学生だね」

兄「うん……そうだよ父さん」

父「早いもんだ。ついこの間幼稚園に入ったばかりだった様な気がしたが」

母「その頃生まれた妹がもう3歳なんですから。兄が小学生なのは当たり前でしょう?」

父「ははっ、そうだな。いやぁ……兄、こっちにおいで」

兄「うん。なぁに?父さん」

ナデナデ

兄「?」

父「大きくなったなぁ。これからも父さん達は……お前たちを見守っているからね」

兄「?」

教師「おい兄!」

兄「!」 ガバッ

教師「まったく……い眠りはよくないな。そんなに私の授業は退屈か!?」

兄「い、いえ……そんな事は」

クスクス
「なーにやってんだこいつ」
「せんせーこいつ数学は出来るっぽいから調子のってんですよ」
「そーだそーだ」

教師「兄……お前は私の授業がそんなに退屈かそーかそーか」

兄「いや……その……」

教師「ん?……おい、どうしたその顔は」

兄「え?」

教師「……おい、このクラスの日直は誰だ?」

「あ?俺っすけど」

女「あと私ー……ったく二日連続とかひどくね?みんなぁ」

教師「どっちか兄を保健室へ連れていけ」

兄「え?」

「はぁぁ!?なんで俺が」

女「なんで私が……」

教師「あ、お前はあれだ、この問題がまだ出来てないんだったな。女出来てるか?」

女「……は、はい、出来てますけどぉ」

教師「お前が付き添いで行け」

兄「せ、先生、別にその……俺は大丈夫なんで」

教師「いいから行け」

兄「あ、ちょっと」

女「ええ!?」

ガララーー ピシャッ

兄「……」

女「……」

兄「……しょうがないか」

女「なんだかなぁ……てかまたアンタと話すなんてね…って……そうだ。聞きたい事があるんだけど」

兄「?」

女「さっき……先生となに話してたのあんた」

兄「!」

女「懇談会……親来れないの?」

兄「……」

女「なに?まーただんまり決め込む感じ?うっざ、聞こえちゃったんだからしょうがないでしょ?」

兄「そうだ」

女「え?」

兄「親は…忙しくて、来れない」

女「ふーん……」

兄「俺、保健室行くから」 スタスタ

女「待てってば!私だって行かなきゃなんなんだって」 タタ

兄「……」

女「ねぇねぇ、あんたの親、何の仕事してんの?」

兄「……」

女「ねぇねぇ~」

兄「昨日よりも、よく話すんだな」

女「え?あ~、てかさ。あんたってキモいけど頭いいんでしょ?」

兄「え?」

女「ほらっ、1位って言ってたじゃん」

兄「……ああ、言ったっけ」

女「言った言った!それでさ、そんなに頭いいのにクラスの連中であんたが1番っていうの
  知ってる奴がいないのは……どういうわけよ?」

兄「どういうわけと言われても……言ってないからじゃないか?」

女「それはそうなんだけどさぁ、それで!なーんかあんたって謎に包まれてる感じがするのよねぇ」

兄「勝手に変な設定を作らないでくれよ。迷惑だ」

女「な!ふん……いー度胸じゃない。私に向かって、これでもクラス内での地位はあんたより全然上よ?」

兄「(地位って…)……とにかく、迷惑だ」

女「………」

兄「まだ何か?」

女「……何か隠してるんじゃないの?」

兄「え?」

女「さっきの先生との会話からしてもねぇ……なんか…あとその傷に関しても何にも言わないし」

兄「これはこけたんだ」

女「あんたマジで言ってんの?引くわ」

兄「……」

女「ま……いっか。ここでネチネチ言ってもあんた口堅そうだし」

兄「……」


保健室

ガララ――

女「こんにちはー」

教師「ん?どうした?もう授業は始まってるだろ」

女「えっとー、彼がちょっと怪我してて、先生が保健室へって」

兄「……失礼します」

教師「え?おお兄くんじゃないか」

女「へ?」

兄「こんにちは、先生」

教師「いやぁまた酷い傷だねぇ、今度は誰にやられた?」

兄「あ、いえ……これはこけたという事に」チラッ

教師「ああ……はいはい。そういう事にしとこうか、休むかい?」ニコッ

兄「ええ、ベッドで横になっていても?」

教師「もちろん」

女「な、なになに?先生こいつの事よく知ってるの!?」

教師「え?それはもう、兄君は教師の間では有名だよ」

女「ど、どういう?」

教師「それはなぁ、兄君の家庭は…」

兄「先生」

教師「……っと、すまんすまん」

女「何なんですかー?ちゃんと言ってくださいよ先生!」

女が男を好きになる

ID抽出してる俺に隙はなかった

女「男って一人で頑張っててんだ…好き」みたいな

というかネタバレが嫌ならまとめ読めばいいのに

まとめスレは?

>>108
携帯からだと全て抽出できなくないか?

ID:AWAu/1UzO
必死すぎワロタwwwwww

>>111-112
ここから探したまえ
http://nanabatu.web.fc2.com/index.html

>>115
暇だから大目にみろよw

>>114モスモス使ってるができるぞ

>>124
…なんだと?それはつまりレスが多すぎても全て抽出できるってことか?

妹レイプされる

金のために風俗へ

女が兄に惚れる

兄がバイトを…

兄ブサイク











妹が妊娠…

>>127そういうことwww
ネタバレが怖くなってきたー抽出待機しとくお

早くこのSSの終わりから始まる続き書けよ

>>134
Ω<ナ、ナンダッテ-!!

携帯でも全て抽出できるなんてシラナカタヨ

教師「いや、すまないね。これは教えられない」

女「ええー……ねぇあんた。やっぱ何か隠してんでしょ!」

兄「はぁ……女さん…だっけ?」

女「なによ?」

兄「そろそろ、黙ってろ」

女「な」ビクッ

兄「……」

女「な、なによ……キモ野郎のくせに……凄んでも怖くないっての!」

兄「はぁ……君はもう授業に戻れば?俺はここでしばらく休んでから戻るから」

女「……」

教師「えーと、話は終わったかな?それじゃあ女さんだっけ?君は教室に」

女「いいえ!」

教師「?」

兄「は?」

女「せっかく授業をサボれる口実ができたのに!もう少しここにいさせてもらうに決まってんでしょ!」

10分後

兄「……」

女「……」

教師「あ、えっと兄くん、女さん」

兄「はい」

女「なんですかー?」

教師「私は少し教員会議があるから、出てくるよ。何かあったら職員室に来てくれ。
    ここでいくらでも休んでくれて結構だから」

兄「分かりました」

女「いってらっしゃーい先生」

ガチャッ バタン

兄「……それで?」

女「なによ」

兄「戻らないのか?」

女「あったり前でしょ?数学はサボる!ついでに英語もサボっちゃお♪」

兄「どうかと思うけどなそれは」

女「ふん、ここまで付き添ってやったんだから文句は言わせないわよ、私の勝手!」

兄「別にいいって言ったのにそっちが勝手についてきただけだろうが」

女「な…」

兄「違わないだろ?」

女「む、ムカつく……言い返せないのがムカつく!」

兄「いいから戻れよ、数学もあと20分位で終わるし、多分休憩時間を挟んで英語まで休んだら
  俺はともかく流石に君はサボりってのがバレると思うけど?」

女「……どーしても私を追い出したいみたいね、あんた」

兄「……まぁ」

女「なんなのよ!もう!いらつくわね!私がどうしようと私の勝手!あんたに指図される義理はないっての!」

兄「………」

女「な、なによ!ふん、どう?間違ってないでしょ?」

兄「……わかったから静かにしてくれ」

女「いちいち言われなくても静かにするわよ!指図すんな!」

兄「だから静かにしてくれ」

女「……はいはい分かりましたよー、静かにすればいいんでしょ?静かにすれば」

兄「さっきからそう言ってるだろ」

女「……」

兄「……」

女「……あんた、やっぱムカつくわ」

兄「悪かったな」

女「イジメられまくって、学校来なくなればいいのにね」

兄「……それは駄目だ」

女「何が駄目よ。いっつも周りに合わせないで空気読めない事ばっかり言って」

兄「何を言われようが、学校は来るさ」

女「チッ……どんだけ学校大好きなんだっての」

兄「俺は学校なんか大嫌いだが?」

女「え?」

女「あんた学校嫌いなんだ?」

兄「ああ」

女「でもあんた成績いいんでしょ?なんd…」

兄「成績の良さと学校の好き嫌いは関係ないだろ。俺は嫌いだ」

女「……」

兄「なんだよその顔、意外か?」

女「そりゃそうでしょ」

兄「毎日自分の席に何があるか不安になりながら登校。何もないとほっとするが
  そのあと必ずと言ってもいいぐらい殴られる」

女「あ……」

兄「クラスの奴らは全員見て見ぬふりか一緒に俺を嘲笑う」

女「……」

兄「これで学校が好きになれるんなら俺は変人だと思う」

女「…………」

兄「わかったか?」

女「……なーにがわかったか?よ」

兄「え?」

女「確かにまぁあんたが嫌いになるのは、分からなくはないけどさぁ」

女「こうなったのもあんた自身に原因があると思うけど?」

兄「……」

女「クラスの奴誰とも話さなくてさ、話しかけられたらつまんない返ししかしなくてさ
  それで皆に仲よくなってもらおうって方がどうかしてるんじゃない?」

兄「……」

女「私はちゃんと皆と話合わせる為に色々テレビとか見たり雑誌とか読んだりして共有できる
  話題がいっぱいあるもんねーだ!勉強はでき無くても世渡りのうまさなら負けない!」

兄「……まぁ、俺自身にも原因はあるだろうな」

女「もっとフレンドリーにできないわけ?だからキモイとか言われてぼこぼこにされるんじゃん!」

兄「……コミュニケーションが苦手なんだよ。昔から……」

女「それを克服する為の努力なんかしてこなかったでしょ!?どーうせ!」

兄「うるさい!!」

女「え…」ビクッ

>>1は女といい、妹といいツンデレが好きなのか?w

女「な、なによ!何か私変な事言った?どーなのよ!言ってみろよ!」

兄「……お前は俺の事を知らないだろうが」

女「ええ知らない!知りたくない!」

兄「だったら知った風にアドバイスしてんじゃねぇよ!」

女「こ、こわー……あんたそんな感じで怒鳴る事出来るんだ」

兄「(ハッ)……」

女「ふーん……せっかくこっちがアドバイスしてやってんのにそんな感じで返されたらねぇ……」

兄「…ごめん」

女「……」

兄「悪かった……今のは俺が悪い」

女「ふん……もういいし、もうあんたにはなーんにもアドバイスしてやらねー」

兄「……俺は……俺だって……」

女「……なんだってのy……!?」

兄「………」

女「ど、どうしたのよ……急に……」


女「………何泣いてんの、馬鹿じゃね?」

兄「泣いてないだろ、ほらっ」

女「顔は泣いてるけどー?」

兄「……うるさいな、お前」

女「ふん……」

兄「俺は……お前みたいに、お気楽に生きてるわけじゃないんだよ」

女「はぁ?」

兄「お前みたいに自由に使える時間が多くないって事だ。
  別にそれはいいんだが、お前の言ったアドバイスなんてのは、俺には無理だ」

女「そうじゃない!お気楽に生きてるって言った!?」

兄「え?」

女「私がお気楽……ふーんそう……お気楽ねェ…」

バシッ
兄「……ッ!!」

女「……訂正して、お気楽なんかじゃないって……訂正して」

兄「……(この子……)」

女「訂正しろ!さっさと!……さもないと……」

兄「わかった。訂正しよう……君はお気楽に生きているわけではなさそうだ」

女「……ふん」

兄「……」

女「自分だけ苦労してるってオーラ出してんじゃないわよ」

兄「……」

女「私だって……私だって大変なんだよ、色々……」

兄「…………」

女「何か言えよ!」

兄「……ごめん」

女「……あーあ、最悪。私までキれて……馬鹿みてぇ……これでおあいこね」

兄「え?」

女「あ?文句あんの?」

兄「い、いや……ない」

女「ふん……もうしばらくあんたは黙ってベッドで寝てろ」

兄「……どっちも痛い奴みたいだな」

女「ふん、うるさいわね。これ以上喋るともう一発お見舞するから」

兄「……それは勘弁」

女「駅前の病院知ってる?」

兄「え?」

女「あれ…私の家なんだよね」

兄「え……」

女「あそこの院長。私のお父さん」

兄「……」

女「色々あるのよ……家で…」

兄「…」

女「学校での私が素なの……家じゃ……こんなのだったら…怒られるわけで」

兄「ふーん」

ガラ

女「!?」

「よぉー女!数学終わったから迎えに行ってこいって先生が!」

女「あ、ああ悪かったわね」

「はは、このキモ野郎寝てんのか?女~、いくらサボれるからってこんなのと一緒にいたんじゃ
 授業出た方がよかったんじゃね?ひゃはは」

女「あ、あはは……」

「こんなのほっといて次、英語だからよ。流石にでねぇとまずいだろお前」

女「はいはい、行くよ。行けばいいんでしょ?」

「おっし!んじゃ教室戻ろうぜ!」 ガラ ピシャッ

妹・学校

妹「それでさー」

妹友「昨日の番組の奴でしょ?あはは」

妹「そうそう、あの後のあの芸人のつまらなさときたら」

妹友「くくくっ、いやぁあれはないよ」

妹「だよねぇ、ふふっ……あ、私ちょっとトイレね」

妹友「おっけー♪」

トイレ

妹「ふぁぁ、早くしないと次の授業始まっちゃう!」

バタンッ ガサゴソ
ピチャッ

妹「え?」

バシャァ!!! 妹「!? きゃああ!!!」

ポタポタ 妹「な、なに……なんで……?」

ビチャッ 妹「え?」

ビチャッ ビチャッ 妹「や、やめて……な、なんで…・・・やめてよぉ!」

「…………」

妹「な、なんなのよ……なに…これ……雑巾?」

「…………」

キュッ 妹「え?」

プシャァァァァ 妹「きゃああああ!!!」

5分後

妹「………」 ピチャッ ピチャッ

妹のいじめ…レイプ…

妹友「妹ーおっそいよー何やってんの……妹!?」

妹「………妹友」

妹友「ど、どうしたのこれ!なんでズブ濡れなの!?」

妹「わ、わかんない……なんかイタズラされた」

妹友「い、いたずらって……」

妹「も、もう!なんなのよこれ!ムカつく!」

妹友「と、とにかく着替えなきゃ!待ってて!ジャージ持ってくる!」

妹「私、もう今日は帰るね。早退する」

妹友「え?マジ?」

妹「だって……これ洗って乾かさなきゃ」

妹友「わ、わかった。とにかくジャージ持ってくるし、あと先生に言いにいこう?」

妹「先生にはお腹いたいからって事にする」

妹友「な、なんで?」

妹「とにかく!(あいつに……こんなの言えない……言ったら……だって…言えない)」

兄・学校 保健室

兄「……ふー……」

兄「ッ……まだ痛いなやっぱ……もう少し、寝とくか。昨日痛すぎてあんま熟睡できなかったしな」

ガララー

教師「おーい、兄ーいるかー?」

兄「ん?……あ、どうも」 ペコッ

教師「あー寝てたか。えっとだな。○○中学から連絡があってな」

兄「!!……妹ですか!?」

教師「ああ、なにやらお腹が痛いとかで早退したいと言っているそうだ。
    お前たちは家庭が家庭だし、そういう事はお前に断りを入れるべきだと向こうの教員の方が
    判断して連絡してくれたらしい」

兄「……(腹痛で早退?……)先生。連絡をとってもらえますか?」

教師「ああ、職員室に電話をつなげてあるから……動けるか?」

兄「はい」


職員室

教師「ここの4番だ」

兄「はい、すいません先生……もしもし?」

「ああ、兄さんですか?」

兄「はい」

「妹さんの件でですね。今彼女がお腹がとても痛い痛いと訴えてきまして」

兄「そ、そんなにですか?」

「はい。それでとても痛そうなので病院に連れて行こうかと思ったんですが、それはいいと言ってきまして」

兄「早退させてほしいと言ってきたと聞きました」

「ええ、それで、兄さんの判断を仰ごうかと。こちらとしては今日はもう妹さんのクラスは体育と音楽
 のみなので早退してもいいかなと思っているんですけど」

兄「え、えっと……妹は今どこへ?」

「ああ、ここにいますよ。かわりますか?」

兄「はい。お願いします」

「少し待ってください」 ~~♪

兄「………」

ガチャッ

兄「妹か!?」

妹「え……あ、うん」

兄「大丈夫なのか!?腹痛いんだって?」

妹「ちょ、ちょっとね」

兄「病院行くか!?近くの病院予約しとこうか?」

妹「い、いい!いいから……その、帰って寝てれば大丈夫だから」

兄「ホントかよ、我慢してたりしねぇだろうな」

妹「ほ、ほんとほんと……うん。だから早退……していい?」

兄「………」

妹「ほ、ほら。あとの授業は体育と音楽だけだし、体育はどうせ出来なそうなんだって」

兄「……分かった。今日はもう帰らせてもらえ」

妹が女と出会って…

妹「うん……」

兄「俺も授業終わったらすぐ帰って来るから。いいな、家事とかしなくていいから
  帰ったら即行部屋行って寝とけ。わかったか?」

妹「そ、そんな大げさな」

兄「わかったか!」

妹「!」ビクッ

兄「……先生に代われ。話すから、すぐ帰るからな。わかったな」

妹「う、うん……先生……」

「代わりました」

兄「事情は分かりました。取り敢えず妹は早退させてください」

「分かりました」

兄「くれぐれもまっすぐ帰る様に伝えてください。先生から言ってもらえればあいつも聞くでしょうから」

「ふふ……はい。わかりました、何か困った事があればまた連絡を」

兄「はい……はいでは……失礼します」 ガチャッ

兄「……」

兄「……」

ポン

兄「え?」

教師「お前も早退するか?」

兄「そんな事は……出来ません」

教師「すごい顔してるぞ。お前」

兄「……」

教師「そんなに妹さんが心配か?」

兄「……」

教師「とりあえず、今日は授業が終わったらすぐに帰ってやりなさい」

兄「はい」

妹 学校
「じゃ、妹さん。また明日ね、明日になっても痛いようだったら連絡を頂戴ね」

妹「はい……それじゃあ先生……さようなら」

「はい、さようなら(それにしても……電話越しであんなに聞こえるなんて……いいお兄さんね)」



妹「……」ガチャッ

妹「あー……勢いで帰ってきちゃったけど……どうしよ」

妹「学校早退なんて去年風邪引いた時以来だなぁ……てか」

妹「ジャ、ジャージで帰るのがあんなに恥ずかしかったとは……そりゃ一目散に帰るっての」

妹「……」チラッ

ガサッ

妹「……くっさー……これはすぐ洗濯だなぁ」

妹「まったく……誰があんな……」

ゾクッ

妹「……」

妹「…………」ギュッ

妹「……何なのよ……あれ……」

兄・学校

ガララ-

教師「おう兄、もう大丈夫なのか?」

兄「はい」

「きたよきたよ」
「くくっ」
「サボり野郎が……」

兄「……」 ガタっ

教師「えーそれでは授業を再開するー教科書の84ページからー」

女「……」チラッ

兄「……………」

女(変な顔してるし……やっぱキモいって言われてもしょうがないって感じ)

兄(……バイト休まなきゃ……店長に電話しなくちゃ……)

キーンコーンカーンコーン

教師「それじゃあ今日はこれまでー寄り道せずに帰れよー」

兄(急いで帰らなきゃな…) ガタっ

ガシッ

兄「え?」

「おいおい兄よーお前なにサボってんだよー」
「先生に保健室に行く様に言われただけなのに何休みまくってるわけ?」
「サボりはよくないよねーよくないよくない」

兄「……悪いけど俺急いでるんだ」

ドカッ

兄「……ゲホッ……」

「は?聞こえね。なぁ?」
「ああ、ぜーんぜん」
「お前さ、自分の立場分かってんの?」

兄「……どういう事だよ?何かしたのか?俺」

ドカッ バキッ


「てめぇが無駄に休んでたせいで俺らが教師に当てられまくったんだよ!」
「んで答えられなかったら「兄はいないのか」だとよ!」
「お前ばっか期待されてんのよ兄くーん。よかったでちゅねー!!」

ドカッ バキッ

兄「……ぅ……カハッ……」

「おら!何とか言えやゴラァ!!」
「なめてんのかお前は!」
「俺らが怒られまくったのはお前のせいなんだよ!」

兄「……悪いが、今から急用があるんだ。これで帰る」

ドカッ

兄「ぅ……帰らせてくれ……」

兄「………」

女「…………ねぇあんたたち!どんだけやんのよ?」

「は?なんだ女かどうした?お前もやるか?」
「おお!ついに女の制裁も発動か!?」

女「じゃなくってさぁ……そんなキモイ奴あんたたちもよく飽きないなぁって思って」

兄(………)

店長「シフト増やせとか休ませてと困るよ~」

「いやぁでもこいつのせいで俺らがさぁ」
「そうそう」

女「ふーん……まぁいいけど、程ほどにしときなさいよあんたたち。
  そいつに教師に告げ口されたら終わりよ?教師達はそいつの味方っぽいし」

「………」
「おい……」

グイッ

兄「……な、なんだ」

「言わねぇよなぁ?」
「言ったら……分かってんな?」

兄「……」

「チッ……もういいぜ。俺帰る」
「俺もーゲーセン行こうぜ!」
「いいね!女も来るか?」

女「私はパース♪今からバイトだし」

「釣れねェな……バレない様にやれよ?」

女「分かってるって!」

「じゃーなぁー兄君よぉ!ははっ!」

「明日休んだら……わかってんな?」

兄「……」

「おっし行こうぜ!」
「今日は俺が勝つかんな!」
「はぁ?返りうちにしてやんよ、ひゃはは」

ガララー

兄「……ぅ……」 ガタっ

女「……ふん……あんたさぁもう少し抵抗ってもんを」

ピッ  兄「あ、もしもし店長ですか?兄です」

女「おい!私の話を……」

兄「すみません、妹が急に体調を崩したみたいで……はいそれで、今日のバイトは……申し訳ないです」

女「え?」

兄「ええ、明日は今日の分までシフト入りますんで……お願いします。
  ○○さんにもそういう事で伝えてもらえますか? はい……はいすみません……はいでは……」 ピッ

女「……妹さん?」

兄「ああ、中学を早退したみたいなんだ。早く帰らなきゃ……ありがとう」 ガララー タタタ

女「……」

スーパー

兄「えっと……なんだっけなぁ……そうだメロンだ……た、高い……まぁこの小さいのなら」

「ありがとうございましたー」

兄「……急げ急げ!」 タタタ

兄「イッ!!……って…………」

兄「……あー……ちくしょう……さっさと動け馬鹿野郎……」 テクテク




ガチャッ

兄「ただいま!」 ダダダダ ガチャッ

妹「え?」

兄「大丈夫か!?……って……うわぁぁ!!」

妹「し、閉めろ不細工!!」

兄「着替えてるならそう言え!馬鹿野郎!」

妹「う、うるさい!そっちが言う暇与えずにつっこんできたんでしょ!ノックぐらいしてよ!」

兄「着替えたか?」

妹「う、うん……ったく」

兄「入るぞ」

妹「どうぞ」

兄「大丈夫なのか?」 ガチャッ

妹「あ……うん」

兄「ほんとか?嘘ついたら許さないぞ」

妹「ほ、ほんとだってばこの不細工!一々何回も聞かない!」

兄「この馬鹿!心配してんだろうが!!」

妹「え……」

兄「……はぁ……よかった。顔色は大丈夫そうだな……」

妹「えっと……うん」

兄「……家事とかは全部俺がやるから」

妹「あ、えっと……洗濯はしといたから」

兄「俺がするって言ってただろ、まさか家に帰ってから色々動いてたんじゃないだろうな?」

妹「う、動いてない!」

兄「ならいいけど……一応熱測っとけ…えっと、体温計は……あった。ほら」

妹「……」

兄「なんだ?」

妹「……なんでそんなに息上がってんの?」

兄「は?……ああ、走ってきたから。とにかく!今から何かおかゆでも作って来るから寝てろよ」 バタンッ トントントン

妹「……なによ……不細工のくせに……」

コンコン

兄「入るぞ」

妹「……」

兄「ほらっ、おかゆ作ってきたから」

妹「……」

兄「なんだよ」

妹「ん」

兄「ああ体温計か……熱はないな」

妹「……」

兄「ほらっ、くえ」

妹「……なんなのよ、不細工のくせに」

兄「不細工今関係ねぇだろ。ほらっ、ちゃんとレンゲ持って」

妹「……調子狂うじゃん!さっさと怒ればいいじゃん!」

兄「あ?」

妹「……ふん!」 パクッ

兄「美味いか?」

妹「マズいわよ不細工!不細工不細工!」

兄「…腹はまだ痛いか?」

妹「なんで無視すんのよ!まずいって言ってんの!」

兄「……うるせぇな。それ食わないと正露丸飲めないだろうが」

妹「ぅ……」

兄「さっき自分で味見してみたけど食えない味じゃないはずだ。くえ」

妹「……なによ……こんな時だけ…」 ブツブツ

兄「……食ったな」

妹「ふん」

兄「ほらっ、正露丸飲め」

妹「これ……臭いからヤダ」

兄「うるせぇ、これ飲めば大体大丈夫なんだよ。これ飲んで今日はもう寝ろ」

妹「……なんで(お腹痛くないのに飲まなくちゃなんないのよ)」

兄「ん?」

妹「飲むわよ!うるさいわね!」 ゴクッ

兄「よし」

妹「……ぅぇ…」

兄「それじゃあお前はもう寝とけ……あ、明日の宿題は?」

妹「え?……数学があるけど」

兄「貸せ。やってやるから」

妹「い、いい!」

兄「いいから。えっと……これだな?」

妹「いいってば!」

兄「いいから……ああなんだこの印つけてあるやつだけか?10分で終わるわ」

妹「……わ、私が書かなきゃ字で先生にバレるから!」

兄「あ、そうか……それじゃあ、ちょっと起きれるか?」

妹「え?……うん」

兄「よし。よっと」

妹「!?な、何すんだよ不細工!やめてよ!」

兄「あ?起き上がらせただけだろ。いちいちうるさい奴だなお前は」

妹「……こ、この…」

兄「叩くなって、ほらっ。ベッドから立たなくていいから。膝の上にノート広げろ」

妹「何なのよ!もう!」

兄「ほらっ、俺の言う通りに書け。この式は=√2×……」

妹「こ、これ位は分かる!……あ、あれ?」

兄「はぁ……ここはこうだ」

妹「今書き直そうとしてたの!……うるさぃ」

15分後

妹「……」

兄「よし、終わったな。これで間違いはないはずだ」

妹「なんなのよ……」

兄「は?」

妹「なんでそんなに世話焼きたがるのよ!不細工!」

兄「意味がよく分からんぞお前……あっ!そうだちょっと待ってろ!」 ガチャッ タタタ

妹「なんなの……ホントに……(いつも…こんな感じじゃないじゃん……)」

兄「ほらっ!見ろよ!」

妹「え?あ……」

兄「メロンだぞメロン!買ってきたんだスーパーで!」

妹「な、なに無駄遣いしてんのよ!馬鹿じゃないの!?」

兄「いいんだよ!ほらっ、お前好きだろ?食えよ」

妹「い、いきなりフォークで押しつけるなぁ!」

兄「おっと、ごめん」

妹「……」モグモグ

兄「美味いか?」

妹「……ふん」モグモグ

兄「そっかそっか……」

妹「……」ゴクッ

兄「さて、それじゃあ俺は自分のメシを……」

妹「あ、あの…」

ピンポーン

兄「ん?……誰だ?こんな時間に」

妹「?」

兄「ちょっと行ってくるわ」

玄関

ガチャッ

兄「はい……あ」

大家「こんばんわ」

兄「あ……こんばんわ」

大家「なんで来たのかは分かってるわね?」

兄「……はい」

大家「どういう事!?払ってくれるんじゃないの?家賃!今日精算しようと思ってたんだけどねぇ?」

兄「す、すみません!明日には必ず!」

大家「そういうセリフ。何回も使われてちゃ効果なくなるって分かってるでしょあなたも!」

兄「すみません…もう1日だけ……待って頂けませんか?」

大家「この家に今お金はないの!?あるなら出してほしいんだけど?」

兄「え?」

大家「…どうなの?」

兄「…………」

大家「どうなの?」

兄「少し……待って頂けますか?」

大家「ええ」

ガサゴソ

兄「……これ出すしか……」

兄「…………」

兄「今日行かなかったから明日バイト代もらって……んでここに入れればいいか」

兄「……」 ガサゴソ


兄「お待たせしました」

大家「あった?」

兄「はい。どうぞ」

大家「はい……確かに。それじゃあ私の用は済んだから、これで帰るわね」

兄「はい、お手数をかけてすみませんでした」

大家「いいのよ♪じゃあね」

兄「……はい」

バタンッ

妹が乱暴されるのまだかよ

兄「……」

ガチャッ
妹「……大家さん?」

兄「え?ああ……まぁな」

妹「……」

兄「……な、なんて顔してんだよバーカ!」 クシャ

妹「!ば、馬鹿はそっちだ!何キモい事してんの!」

兄「ははっ、お前は気にしなくていいの!メロン食ったか?」

妹「……」

兄「ん?どした?1個残ってるじゃん。腹一杯になったのか?そんぐらい食えよ」

妹「もうた、食べられない……不細工が食べればいいじゃん!」

兄「はぁ?残飯処理みたいで嫌だなぁおい……」

妹「うるさい!メロンなんだし文句ないだろ!ほらっ!」

兄「ふぐっ……うん。うまいな」

妹「ふん……おいしいでしょ?」

兄「ん?……ああ、うん」

兄「よし。それじゃあお前はもう寝ろ!また腹痛くなったら言うんだぞ。隣の部屋にいるから」

妹「わ、わかってる!もう多分大丈夫だろうけどね!」

兄「あっそ……ふぅ……よかったよ、大事じゃなさそうで。盲腸とかだったらヤバいもんな」

妹「そんなもんなるわけじゃん」

兄「馬鹿かお前は。なるときはなるんだよ」

妹「うるさい不細工が!」

兄「……妹」

妹「え……な、なに…よ」

兄「今日は夜更かししないで、ちゃんと寝ろよ」

妹「……うん。分かってるよ」

兄「よし。じゃ、おやすみ」 ニコッ

バタンッ

妹「………なによ……」

兄「………大丈夫そうだな……よかった」

兄「さて……メシと風呂と洗濯干すのと宿題と……頑張れ俺!」

兄「カップ麺だけって久々だな……まぁ美味かったからいいけど……次は洗濯だ」

兄「ん?……あいつ制服洗ってたのか……」

兄「?」 クンクン

兄「……何か臭いな……なんだこれ…もう一回洗うか。
  臭い制服じゃ嫌だろうし……何やってんだあいつ」

兄「その間に宿題して……あー……あと少し食費の調整して…」ブツブツ

3時間後

兄「ふぁぁ……終わってるな洗濯物……ん、臭くないな」

兄「って……やべっ!うち乾燥機なんてねぇよ!」

兄「……ドライヤーでなんとか……うわ……いつまでかかるんだこれ」

30分後

妹(……トイレ)ムクッ

妹「……」ガチャッ

ゴーーーー

妹「?」 トントントン

洗面所

兄「あ」

妹「あ」

兄「……ん?起きたのか」

妹「な、何やってんの」

兄「お前の制服さ、何か1回目取り出した時臭くてさ」

妹「え!」

兄「んでもう1回洗濯したら臭いも取れてよかったんだけど乾かなくて、ドライヤーで乾かしてたわけ」

妹「そ、そんな事しなくていいのに!馬鹿じゃないの!?」

兄「あのなぁ、お前が明日着ていく服が臭かったら嫌だろうが」

妹「で、でも……」

兄「だろ?」

妹「と、とにかく!もう寝なよ!眠いでしょ!?それはもういいから!」

兄「言われなくても寝るよ。もうそろそろ乾いてきたし。朝までにはなんとかなるだろ」

妹「……」

兄「んじゃ寝るわ。てかお前も寝ろよ。トイレか?」

妹「う、うるさい不細工」

兄「……」

妹「……ありがと」

兄「意味分からん事を言うな。じゃあおやすみ」

妹「……ふん!」

ガチャッ バタンッ

妹「……何よ!勝手に色々心配して!仮病って事ぐらいすぐ見抜きなさい頭いいんなら!」

妹「……」

妹「………お…ちゃ……」

妹「……」


ガチャッ バタンッ


睡魔「行くんだね…」

あぁ、行かなきゃならない

睡魔「僕を殺してでも?」

あぁ、行かなきゃならない

睡魔「そうか……僕が言うのもなんだけど……体には気をつけてね」

任せろ……

書いていいのは……完結させる覚悟があるやつだけなんだ!

ていうか、まず孤児院じゃね?

大家が来る様な場所なんて、家賃なんてたかが知れてる。

それと、一番の問題は。
兄が頭良い様な描写してるけど。
こんだけDQNが多い学校は基本偏差値36以下じゃないとありえない訳で…。
そりゃ、勉強すりゃTOPになれるだろうと、思うのですよ。

ここまでだったよな?5月にやった時は
あんときゃ荒れに荒れてワロタ

まぁじゃあ……少し投下遅くなるけど

「つっこんだら大負け」な感じで9時までがんばろう

>>255
みたいなのは大負けってスタンスで皆よろしく

>>257
お前も暇だな

おお、やはりあの時の>>1だったのか

朝・妹の部屋

妹「……」

コンコン

兄「おーい」

妹「ん?……んー」

兄「開けるぞ?」 ガチャッ

妹「……」スースー

兄「もう大丈夫っぽいな」

妹「……」スースー

兄「よかった……おい」ユサユサ

妹「んー?……んわぁ!!」バシッ

兄「いてっ!」

妹「な、ななんであんたがいんのよ!!」

兄「起こしに来たんだろうが」

妹「い、いつもは来ないじゃん!いきなり何よ!?このバカ!」

兄「はぁ……おい」

妹「なによ!着替えるから出てって」

兄「もうお腹、大丈夫なのか?」

妹「え?」

兄「ん?まだ痛いのか?」

妹「……あ、ああお腹ね!も、もう全然余裕よ余裕。痛くも何ともない」

兄「そっか……よかった」

妹「え……」

兄「それじゃあ、着替えたら降りて来い。朝飯にするから」ガチャッ バタンッ

妹「あ……うん……」

妹「………」



妹「ご馳走様」

兄「お粗末様、一応正露丸飲んどけよ」

妹「ええ!?も、もう治ったって!」

兄「一応だって言ってるだろ。ほらっ」

妹「……」

兄「ほらっ」

妹「も、もう!……うぇ」

兄「よし。んじゃあそろそろ準備して行くか……あ、妹」

妹「なによ…不細工」

兄「俺、今日バイトすげぇ遅くなるだろうから、先にごはん食べて寝てろよ?」

妹「え?なんで……あ」

兄「ん?ああ……違う。お前のせいじゃない……えーと…」

妹「……」

兄「まぁ……昨日行く予定だったんだけど急に別の人がやりたいって言ってさ。
  代わってやったんだよ俺が……優しいだろ俺」

妹「なんなの……」

兄「え?」

妹「嘘じゃん!そんなの……なに?分からないとでも思った!?なめないでよ!」

兄「……」

妹「わ、私が……その……だから」

兄「自惚れんなっての」

妹「え?」

兄「一々さ、お前の体調が崩れた位でバイト休むわけないだろ?生活費稼いでんだから」

妹「で、でも!」

兄「とにかく、俺は今日は遅くなるから……分かったな?」

妹「……もう学校行く」

兄「気を付けてな、いってらっしゃい」

妹「ふん……馬鹿っ!!」


兄「自惚れんな?……よく言うな俺も」

妹「……あの嘘つき馬鹿が……最悪……」

妹 学校

ガラッ

妹「おはよー!」

妹友「あ、妹」

妹「ん?どうしたのよ朝っぱらから変な顔してさぁ……あ」

妹友「……これ」

妹「な、なにこれ……私の机が……こ、こんな」

妹友「私が来た時にはもうこうなってて……今片付けてたんだけど」

妹「……」プルプル

妹友「い、妹?」

妹「だれ!?」

妹友「!」

妹「だれよ!!こんな事して……何がしたいの!?」

ざわっ 

妹友「ちょ、ちょっと……」

チョココロネってどっちから食う?

太いほう?細いほう?

妹「……私、昨日もトイレで水かけられたど」

「おいおいマジかよ」
「うわー」ヒソヒソ

妹「……」ギロッ

「!……」
「……」

シーン


妹「……言いたい事があるなら直接私に言えば?どこかの誰かさん?」

妹友「はぁ……」

妹「いちいちこんな回りくどい事せずにさ。直接言いなさいよ!」

シーン

妹友「もぉ……落ち着いてって妹。別にこのクラスの人じゃないかもしれないじゃん」

妹「ふんっ……妹友、これ綺麗にするの手伝って」

妹友「さっきからやってるでしょ?もう……ほらそこの2,3人の男子諸君」

>>286
お前がキモヲタなのはよくわかった

「え?」
「俺達も?」
「手伝えってか」

妹「なに?あんた達なの?女相手にこんな事して女々しいわね」

「ち、ちげぇよ!俺らは」
「そうだそうだ!朝は部活してたしよぉ」
「妹友と同じ位に教室来たんだって」

妹「それじゃあ手伝ってよ」

「……はぁ……女王様かよおめーは」
「やりゃいいんだろやりゃ」
「ま、まあ可愛い妹の為なら」ボソッ

妹「何か言った?」

妹友「ほーら、先生来る前に綺麗にするよ。こんなの見つかったらまたいらない時間とられるよ皆。
   いいの?」

「そうだな、それはめんどくさい」
「だなー」
「妹ちゃん、私も手伝うよ」
「私もー」

ガタガタ

妹「ありがと。皆……それにしても」

兄「一応正露丸飲んどけよ」

妹「おしりに話かけるな」

ゾクッ

妹「!?…今(廊下から?……誰?)」

妹友「?どうしたの?」

妹「……ううん。なんでもない」

タッタッタッ


兄 学校

ガラッ

「お、来た来た」
「おーい兄よぉ」
「くくくっ」

兄「……何?」

「お前さぁ、なんでそんなに髪なげぇの?」
「前髪とか長すぎじゃね?けけっ」
「そこでだ!優しい俺らがバリカン持ってきてやったぜ」

兄「え?」

ドカッ

いじめてるのは「妹友」

兄「ぅ……がはっ……あ……」

「ほーらよ!そのムカつく目を隠してる前髪、俺らが剃ってやるよ」
「普段から見える様にしとけば俺らも慣れてよぉ。ムカつかずに済むかもしれねぇぜ?」
「なぁ兄君よぉ!!」

兄「や、やめろ」

ドカッ

「おい、抑え付けろ」
「おっけー」
「くくくっ」

兄「……」

女(あーあ。まぁあの髪は確かにどうかと思うけどさぁ私も……知らん振り知らん振りっと……)

「んじゃそろそろ行きますか!」
「おう!てかついでにボウズにしねぇ?」

兄「!?」

「お、いいねいいねー。兄もそれでいいだろ?」
「いいってよ!ひゃはは!」
「それじゃあいっきまーす!!」

兄「……やめろ」

人の不条理世の不条理ならざるや

ドカッ

「う!?」
「な!?……お、お前」

ざわっ

女「!?」

兄「……やめろ」

「て、てめぇこの野郎……調子乗ってんじゃね…」

ドカッ

「ぐぁ!!」

兄「やめろよ…」

ゾクッ

「ひっ……」

「………へっ……なんだお前?俺らが親切心で髪切ってやろうとしてんのによぉ!」ドカッ
「刃向ってんじゃねぇよボケ!!」バキッ


兄「ぐぅ……がはっ………tって……」

「ちぃ……(ちょっとビビっちまった……つーか初めて殴り返されたなこいつに)」

兄「……ぐはっ……う……ぉ……」

ドカッ バキッ

「ははっ、もう怒ったぜ!謝っても許さねぇぞこのクソ野郎がああああ!!」

女「ちょ、ちょっとあんた達!?そ、それ以上は」

「ああ!?なんだ女、おめーこいつの味方すんのかよ!!」

女「そ、そんなじゃ……ないけどさ、もうすぐ先生来るよ?」

「ちぃ……じゃあさっさと剃ってやろうぜ!お前らもう一回がっちり固めろ」
「おっけー!」
「よしきた!!」

兄「……だからやめろって……言ってるだろうg」

グッ

兄「なんだよ!誰……あ……お前……」

じゃあ俺は超ホラーバッドエンド希望

「ああ!?誰だよ邪魔すん……あ」
「うわっ……」
「え?」

鈴木「……何やってんだ?お前ら」

「お、おお!!鈴木君じゃん!」
「ひ、久しぶり!」
「元気だったか!?」

兄「……」

鈴木「……こいつ、兄だっけ?なんかやったのか?」

「え?あ、ああそうなんだよ今さぁこいつのムカつく目をもっと見やすくしてやろうとさ」
「お、俺らでバリカンで剃ってやろうとしてたんだって、ははっ」
「鈴木君もやる?こういう奴ムカつくだろ!?ははっ」

鈴木「……」

兄「……」

「兄も鈴木君に挨拶しろやこら」
「そうだぞ?こないだボコボコにされたんだろうが、上下関係弁えろカスが」

兄「……挨拶すればいいのか?」

「な…」
「お、おい鈴木君、こいつ鈴木君の事舐めてるぞマジで」
「ぶん殴っていいってこれは、死刑だな死刑」

兄「……」

鈴木「……よう」

兄「おう……」

「え……」
「?」
「は?」

鈴木「おいお前ら、もうセンコー来るから席戻れ」

「え?す、鈴木君?」
「こいつの事どうすんの?」

鈴木「ああ゛!?文句あんのかゴラァ!」

「ひぃ!!い、いやないけどさぁ……でもさぁ」
「な、なんなんだよ」ボソッ
「も、戻ろうぜ。とりあえず」

鈴木「ふん……」

兄「……」

女(あ、あの二人って……え?どゆ事?)

兄「……なんで学校に来てるんだよ」

鈴木「……」

兄「来るなよ、家に籠ってろよ」

女「げっ!」

「あ、あいつ……」
「うわー……殺されるぞ」 

ヒソヒソ ザワザワ

鈴木「……」

兄「俺はお前を許してないぞ」

鈴木「……」

ガララー

教師「えーそれではホームルームを始める……え!?鈴木!?」




あーやべぇ悪い9時じゃねぇわ。今寝るわ


夜通し書いてたんだZE 起きたらまたくる

夜通しwww

まいん「ハピハピハッピーじゃないの希望」

先の展開がバレバレだから書き直すんだろ…

能力の低いスザクと頭の悪いルルーシュが組んで糞女になったカレンが味方になるわけですね、分かります

お前ら保守もいいけど、あんまりスレ埋めるなよ

いやいやここは鈴木と兄との濃厚なホモを・・・

バーニング捕手(31歳独身)

   \  丶       i.   |      /     ./       /
    \  ヽ     i.   .|     /    /      /
      \  ヽ    i  |     /   /     /
   \

                                  -‐
  ー
 __        た ま ぶ く ろ で す            --
     二       / ̄\/ ̄\           = 二
   ̄        /| ^o^ | ^o^ |\                ̄

    -‐       /\_/\_/\             ‐-
                 |  |
                 |  |
            /    \_/           ヽ      \
    /                    丶     \
   /   /    /      |   i,      丶     \
 /    /    /       |    i,      丶     \ 

頭沸いてるマジキチ(笑)
マジキチの使い方間違えてますよ^^

>>423
       /ニYニヽ
   (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)
  (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))  でっていうwwwwwwwwwwwwwww
 /∠_| ,-)___(-,|_ゝ \
( ___、  |-┬-|    ,__ )
    |    `ー'´   /´
    |         /

>>1遅すぎwww


いやつーかパクリパクリうるせぇよwwwオリジナル俺だっつーの
まぁ携帯の方は真面目に読んでなかったからあれと似てるとか言われてもシラネ

メシ食って風呂入ってまたやるわ。前スレ覚えてる奴多すぎワロタ
まぁあそこまでは荒れない様に努力しますん

昼休み

鈴木「おい」

兄「…なんだよ」

シーン……

鈴木「ちょっと来い」

兄「は?」

鈴木「頼む」

兄「……」

ガタっ テクテク

「うは!ついにボコす気だぞあいつ」
「いいねぇいいねぇ見に行こうぜ!」
「くっくく……いや、帰ってきてボロボロの兄を見て大笑いするって事で、メシ食おうぜ」
「なるほど……それもいいな!はははっ」

女「……ふーん?」

ガタっ

「ん?女、どこ行くの?」

女「んー?ちょっとね。先食べてて♪」

屋上
兄「誰もいない所で話?……また喧嘩でもしたいのかお前は」

鈴木「……」

兄「もう学校は来ないんじゃなかったのか?」

鈴木「……」

兄「何か言ったらどうだ」

バッ!!
兄「!?」

鈴木「……悪かった」

兄「え…」

鈴木「俺が悪かった。詫び入れたくて来たんだよ、兄」

兄「……」

鈴木「この通りだ。お前の両親の事……変な風に言っちまった……その……」

兄「……」

鈴木「俺さ、普段からその……ああいう喧嘩ばっかしてきたから……互いの親の悪口とかしょっちゅう言い合ってたと言うか……
   お前みたいな……反応されたのは、初めてで……」

兄「……」

鈴木「とにかく、悪かったと思ってんだ。…謝らせてくれ」

鈴木「お前の両親は……何も知らない俺が悪口を言っていい人じゃねぇ」

兄「……もういい」

鈴木「ほ、ほんとか!?」

兄「うん。ただ、また両親の事をお前が何か言っていたら俺は……」

鈴木「……」

兄「……」

鈴木「分かってる」

兄「……ふー……」

鈴木「え?」

兄「知られた……よく考えなくても、お前もこの学校の生徒だった」

鈴木「?」

兄「頼むからさ、他の奴の前では俺が親いないって言わないでくれ」

鈴木「え?」

兄「頼むよ」

女「……なんで?」

兄「!?」バッ

鈴木「誰だゴラァ!!………ああお前か」

女「なんで」

兄「……聞いてたのか?」

女「ご、ごめん……でも……あの…私……」

兄「…」

鈴木「兄よ、多分女も大丈夫だ、うん。こいつも、聞いちまったみたいだしさ……」

兄「……お前、彼女と知り合いだったのか」

鈴木「知り合いというか……古い馴染だ」

女「わ、私の家……病院って言ったでしょ……それで、こいつの家の人と……その」

鈴木「お互い干渉しない様にしてるんだ、それの関係で逆にこいつとは昔からよく会ってる」

女「私は……そういうのも嫌いだから……こいつとも腐れ縁位にしか思ってないけどね」

鈴木「それは俺もだ」

女「ふん……」 鈴木「けっ……」

兄「……まぁ……とにかく」

女「……」

兄「聞いた?」

女「ごめん、たしかにあんたと私の大変は……違う種類っぽいね。
  で、でも!私だって……大変は大変なんだから……」

兄「それはいいよ……とにかく聞いたんだな」

女「……うん」

鈴木「……」

兄「女さん……鈴木……もう1回言うけど…俺に親がいないのは他言無用で頼むよ」

女「……なんで?」

兄「変に同情されたりしたくない」

鈴木「……」

女「そんな理由?なら大丈夫だと思うけど……」

兄「……」

女「皆に言った方がその……今あんたをイジメてる奴らも大人しくなると思うけど」

兄「いや、そういう事じゃないんだ」

鈴木「お前イジメられてんの?」

兄「まぁ……朝に俺の頭を剃ろうとして来た奴らに主にな」

鈴木「ふーん……なんで反撃しないんだ?」

女「え?」

鈴木「お前ならやろうとすれば出来るだろ」

女「そ、そうなの?」

鈴木「力は弱いかもしれねぇけど、芯強いだろ兄は」

兄「俺はそんなに強くないって……それにあれはいいんだ。俺はいいんだよ」

女「ど、どういう事!?やり返せるんならそれでいいじゃん!!やっちゃえば」

兄「やらない……」

女「だからなんで!?」

兄「……」

鈴木「……」

女「……ごめん」

兄「妹が…いるんだ」

女「え?」

兄「中学に」

女「……」

兄「俺の大事な家族だ……父さん母さんに任された……俺が守らなくちゃいけない
  大事な妹なんだ」

女「そ、それが?」

兄「ガキの頃……父さん達が死んでから、親戚に預かってもらってた事があるんだ」

女「?」

鈴木「?」

兄「俺も妹も…親がいないからって事で……ひどいイジメに遭った」

女「え……」

鈴木「まぁ、ガキの頃はそんなもんだ、つまんねぇ事でイジメる」

兄「お前も最近までそうだっただろ」

鈴木「そ、そうだな……すまん」

兄「とにかく……今も昔も変わらないよ、親がいない奴の周りからの扱いなんて」

女「そんな……もんなの?」

兄「ああ、だから俺と妹はこっちの家に戻る時に決めたんだ。親がいない事は他人に言わないって」

女「……」

兄「まぁ、勿論教師とか大人は知ってるけど」

鈴木「……妹の為か?」

兄「ん?ああ……うん。そうだ」

女「……」

兄「あいつ、今の中学では結構馴染めてるみたいなんだ。だから……これでいいんだ」

兄「あいつが親がいない事でイジメられたりするのは……もう嫌なんだ」

女「……」

兄「だから、まぁとにかく俺の親がいない事は他の奴には言わないでくれ。

  それを知ったこの高校の奴に兄弟とかがいて、妹の中学にもそれが広まったら嫌だ」

鈴木「……わかった」

兄「助かるよ、ありがとう」

女「……」

鈴木「おい女……お前も言うなよ?」

女「……」

鈴木「女?」

兄「出来れば内緒にしといてくれると助かる」

女「……あんたがバイトしてるのってさ」

兄「生活費稼がなきゃいけないだろ……父さん達の……その……保険とかのお金は
  
  妹と俺の学費とか……将来の妹の大学の為のお金だから……あまり手つけてないんだ。
  
  俺は多分大学行かないけど、あいつには行ってほしいから」

女「大学いかないの!?」

兄「行かないと思う」

女「……わかった」

兄「え?」

女「兄……じゃなくて……兄君」

兄「? 別に改まらなくてもいいけど」

女「ううん……その、ごめん」

兄「何が?」

女「……とにかくごめんって!」

兄「……」

女「私もバイトとかしてるけど……それは自分の服とか買いたいからで…
  親からもらうお小遣だけじゃ足りないから……その」

兄「それが普通だろ」

女「で、でも私はあんたに…事情とか知らないのに色々言っちゃって……」

兄「いいよそんなの。とにかく……言わないでくれるか?周りに」

女「……」

兄「頼むよ」

女「わかった……」

兄「じゃ、これでお互いチャラだ」

鈴木「ははっ」

兄「な」

女「う……わ、わかったわよ!チャラね!チャラ!!」

兄「……それじゃ教室に戻ろうか」

鈴木「なぁ、ちょっと思ったんだけどさ」

兄「なんだよ?」

鈴木「お前、なんで前髪そんなに伸ばしてるんだ?」

兄「……ああ、これは」キュッ

女「え?」

鈴木「おお!そっちの方が全然いいじゃん!!お前不細工だと思ってたけど……髪のせいだなそりゃ」

兄「顔は変わらないから不細工のままだと思うけど……女さん?」

女「え?あ、ああ別に……いや……雰囲気が全然違うから……ビックリしただけ」

兄「……俺、バイトの時はこうやって髪あげてやってるんだ」

鈴木「何やってるんだ?バイト」

兄「隣の町のレストラン、ウェイターとか厨房とか」

女「へー」

兄「この学校……一応表向きはバイト禁止だから、バレない様にね」

鈴木「確かに髪上げると別人みたいだな」

兄「これならバレないだろ、その為に前髪は伸ばしてる。
 ……女さんもバイトしてるんだろ。教師は結構鋭いから気をつけた方がいいよ……女さん?」

女「え?あ、ああうんうん!!分かってる!」

兄「?……それじゃあそろそろ教室に戻るか」

鈴木「ああ……おい兄」

兄「なんだよ」

鈴木「お前にちょっかい出してる奴ら……俺が何とかしてやろうか?」

兄「……いいよ。無関心決め込んでくれ」

鈴木「……」

兄「何かどうしてもキツかったら頼らせてもらうかもな、ははっ」

鈴木「……任せろ」

兄「まぁ、そんな時は来ないにこしたことないけどね」

鈴木「ま、そりゃそうだな……」

女「……じゃ、じゃあそろそろ教室戻ろっか」

兄「うん」

放課後

教師「よーし今日はここまでー」

キリーツ レー ざわざわ

兄(さてと……行くか)

鈴木「じゃあな」

兄「え?…ああ」

兄(吃驚した……いつぶりだろな。じゃあなって言われたの…って遅刻はまずい!) タタタッ

女「……」

隣町 レストラン

兄「こんにちは!」

店長「おう兄君!」

兄「昨日はすみませんでした!今日は閉店までぶっ通しでいきますので」

店長「妹さん。大丈夫かい?」

兄「はい、お陰様で」

店長「よかったよかった……それじゃ、昨日渡しそびれたし、今日の仕事が終わったら
   少し残っててくれ。給料渡さなくちゃね」

なんだイケメンか。同情すんのやめた。もっと虐められろ

イケメンでもなんでもねぇ、そこ重要じゃないから
というかそんなに嫌悪感示すならフツメンに脳内変換しといて

風呂行ってなかった、いてくる

兄「あ、はい。よろしくお願いします」

店長「ところで兄君……前にも話したけど、今回から少し上げるからね。君のお給料」

兄「あ……で、でもあの、いいんでしょうか?俺はここで働かせてもらうときに
  決めた額で……その……」

店長「いやいや、君がウェイターとして来てくれてから売り上げは前より格段に増えてるからね。
    謙遜しなくていい。受け取ってくれ」

兄「……ありがとうございます」

店長「よしよし!それじゃあ今日も頑張ろう!着替えてきて」

兄「はい!……よっと」キュッ

店長(前髪上げると結構いいのになぁ……店の中だけしか見れないというのも何とももったいない)

兄「いらっしゃいませー!ご注文を承ります」

「えーと、ホットコーヒー1つ」

兄「はい、ホットコーヒーおひとつですね。少々お待ちください」ニコッ

?「すみませーん!」

兄「はーい!……あ」

?「……注文いいですか?」

兄「えっと……はい!ではご注文を承ります」

?「えっとぉ……ふふっ―――」

兄「……」

店長「兄君お疲れ様!それじゃあこれ」

兄「あ、はい!ありがとうございます!!」

店長「いいよ、あははっ……明日も来れるかい?」

兄「はい!」

店長「それじゃ、今日はこれで終わり!気をつけて帰ってな!」

兄「はい、失礼します!」

ガチャッ

兄「……あ、君は…」

?「えへへー」

兄「……最近よくお店に来てくれるね。ありがとう」

?「ふふっ。別にいいですよぉ…」

兄「……斎藤さんだっけ?」

兄「ホットボンドお持ちしました」

斎藤「はい!斎藤結子、中2です。覚えててくれたんですね兄さん!嬉しい♪」

兄「……中学生がこんな時間まで外にいちゃダメじゃないか」

斎藤「それは兄さんにも言えると思いまーす」

兄「それで?……もしかして俺を待ってたの?」

斎藤「ええ!……あの、兄さん。この間のお返事が聞きたいなぁ……なんて♪」

兄「はぁ……しつこいな君も。断っただろ?その……告白は」

斎藤「ええー!?なんでですかぁ?……やっぱり彼女さんがいるとか?」

兄「そういうんじゃないよ……とにかく、俺と付き合っても楽しくないと思うしさ」

斎藤「それを決めるのは兄さんじゃなくて私ですぅー、ねーねー。もう一回考えてくれませんか?」

兄「……はぁ」

斎藤「私、そんなに顔も悪くはないでしょう?出てる所は出てるし」

兄「あ、あのねぇ……」

斎藤「兄さんになら私……私はぁ……ふふっ」

兄「ストップストップ!!……とにかく、俺は君とは付き合わない」

斎藤「兄さぁん」

兄の部分に温水って入れて書いてくれ

兄「ごめん。というか、俺は誰とも付き合わないと思う。これから先」

斎藤「……ご両親がいないからですか?」

兄「!!?」

斎藤「ご両親がいなくて……大事な大事な……妹さんが、いるからですか?」

兄「き、君……なんで……」

斎藤「知ってるんですよ?私……兄さんの事、調べちゃいました」

兄「……」

斎藤「この制服知ってるでしょ?兄さんの妹……妹ちゃんと一緒の中学なんです私♪」

兄「……」

斎藤「妹ちゃんってご両親いなかったんですねぇ、知りませんでした私」

兄「た、頼むよ。妹の学校で……それを広めないでくれ」

斎藤「……えー?なんでですかぁ?」

兄「……」

斎藤「ふふっ……兄さん」

兄「な、なんだよ」

斎藤「また、私が兄さんに告白したら……どうしますか?」

兄「え…」

斎藤「好きです。兄さん」

兄「……」

斎藤「……お返事は、明日………また来るので、その時に」

兄「……」

斎藤「まぁ……妹ちゃんの学校生活がどうなるかは……兄さんにお任せします」

兄「!!……そんな方法で…もし俺がOKしても……君は嬉しいの?」

斎藤「……ええ。とても」

兄「……」

斎藤「では兄さん……お気をつけて♪」

兄「あ、おい!」


兄「……くそ……なんなんだよ」

兄「……ただいま」

兄「……妹ー?」

兄「帰ってるよな、寝たのか?」

兄「賄食べさせてもらったけど……パン1個位食べるかな」

兄「あと風呂入って……え?……あれ?湯入ってない……あいつ風呂入ってない?」

兄「んー?」


コンコン

兄「おーい!妹?……開けるぞ」

ガチャッ

兄「真っ暗だな……妹?起きてるか?」

妹「……」

兄「寝てんのか……風呂入ってないみたいだしなぁ……げっ、こいつ制服のまま寝てる?」

兄「おい!お前何やってんだよ!しわ出来るだろうが!!おい!」ユサユサ

バシッ!

兄「!?……お、おい」

妹「うるさい!」

兄「……どうした?」

妹「うるさい不細工!どっかいけ!!」

兄「……どうした?」

妹「う、うるさい……」

兄「妹……顔出せ」

妹「……」

兄「兄ちゃんの目見ろ……」

妹「………………」

兄「……どうした?何かあったんなら。兄ちゃんに言え」

妹「……何でもない」

兄「言いたくないのか?」

兄「グランドフィッシャーめぇぇぇええ」

妹「不細工のクラスメイトと名乗る奴らに8時間と42分レイプされた」

妹「何でもないって言ってるでしょ!この不細工!!」

兄「!?……泣いてたのか?」

妹「ッ!…泣いてない!あくびが出たの!!今日は眠いからもう寝る!!」

兄「……」 ソッ

妹「!」ビクッ

兄「……制服を脱いで、今日はもう寝ろ。明日の朝シャワーを浴びる事」

妹「……」

兄「返事は?」

妹「……」コクッ

兄「……よし……おやすみ」

妹「……」

兄「妹?」

妹「お、おや…すみ」

兄「……ああ、そうだ……おい」

妹「ま、まだ何かあるの!?もう!さっさと出てってよ!」

兄「お前さ、斎藤って子。知ってるか?」

妹「はぁ!?」

兄「いや……知らないならいい……お休み」

バタン

兄「……知り合いじゃないのか」

妹「……?」

妹「……斎藤……」




兄「ふぁ……」 ムクッ

兄「何時だ……げっ!」

バタバタ

兄「うおお!急げ急げ!朝飯作らなきゃ……ん?」

風呂場

ガチャッ 兄「ん?」

妹「ひっ!」

兄「あ……」

妹「……」

兄「……悪い」

妹「出てけえええ!!!」

兄「……」

妹「もう!最低最悪!!デリカシーとかないの?この不細工!!」

兄「……だから悪かったって」

妹「自分からシャワー浴びろって言っといて……まさか覗くつもりで!?」

兄「なわけないだろ!!」

妹「変態だ……不細工の上に変態って最悪じゃない?」

兄「……」

妹「……はぁ」

兄「悪かったって」

妹「次はないからね不細工」

兄「はいはい」

妹「……もぉ」

兄「……今日もバイトだから」

妹「あっそう」

兄「明日はバイト休みだし、宿題とか……何か分からなかったら教えたりしてやるよ」

妹「そんなのいい!」

兄「……それじゃあそろそろ俺行くわ。戸締りしっかりな」

妹「……ねぇ」

兄「え?なに?」

妹「斎藤って子」

兄「!……知ってるのか?」

妹「隣のクラスにいたかも……でもそれが何?」

兄「……いや」

妹「何なのよ、教えなさいよ」

兄「バイト先に……最近よく来るんだ」

妹「……それだけ?」

兄「ああ」

妹「なに?……好きにでもなった?」

兄「はぁ?」

妹「そういう事でしょ?不細工にはムリでしょ。あの子確か結構可愛いし」

兄「……」

妹「あんたとはつり合わないって言うか……ないない」

兄「行ってきます」

妹「あ、ちょっと!」

兄「……」

妹「……何よ……」

妹「………はぁ…………………行きたくないな……」

妹 学校

ガラッ 妹「……」

妹友「おはよ」

妹「うん……おはよ」

妹友「いつもの元気な妹はどうしたー?うりうり」

妹「ぅー」

妹友「まぁ……ね……なんなんだろうね。最近」

妹「ほんと……何かしたっけ?私」

妹友「いや、何もしてないでしょ?あんた」

妹「してないと思うけどさぁ……何か、気味悪い」

妹友「だね……ま!今日は何もなってないしさ、悩んでても分からないってこういうのは」

妹「ま、まあそうだよね!何か起きてから対処すればいっか!!」

妹友「そうそう!あはっ、いつもの妹に戻ってきたかぁ?」

妹「私もいつも私だっての!!」

妹友「あははっ」

兄 学校

ガラッ 兄「……?」

ザワザワ ヒソヒソ

兄「……あ」

鈴木「よう」

兄「……そう言えば、お前学校、来る事にしたのか?」

鈴木「ああ……やっぱ、家にいるだけじゃ色々な……」

兄「え?」

鈴木「まぁ……とにかく、おい兄。お前勉強出来るんだろ」

兄「? お前よりは出来ると思うけd…鈴木「教えてくれ」

兄「は?」

鈴木「センコーに何か色々出されちまった。全然わかんね」

兄「……急に真面目になったのか?」

鈴木「ちげぇよ馬鹿……とにかく教えろよ」


兄「いいけど……あれ?(あいつら、今日は絡んで来ないのか)」

「………」
「…………」
「……」

鈴木「ああ……あいつらは俺がお前と話してるからよってこねぇんだろ」

兄「……別に何かしてくれとか、頼んでないだろ」

鈴木「何もしてねぇよ。お前と話してたら勝手にあいつらが近寄らなくなっただけだ」

兄「……」

鈴木「だろ?気にするなあんな雑魚共」

兄「……どこが分からないって?」

鈴木「全部だ」

兄「おい……」

女「おっす!」

兄「え?」

女「ねぇねぇ何やってんの? うわぁー、鈴木が勉強してんの?」

鈴木「ひどい言い方すんな」

兄「……教室では話しかけないんじゃなかったのか?」

女「い、いいでしょ別に……私の勝手!つーかさ、よく考えたら兄君に

  勉強教えてもらえば私ももうちょっと成績よくなる気がしてきたんだよねぇ」

「お、女ちゃん、どうしたの?……その」
「あ、兄君と話してる女ちゃんって……初めて見た」

女「ん?べっつに、こいつ頭いいから勉強教えてもらおうとしてるだけ♪」

「そ、そう」
「ふーん……」

ヒソヒソ ザワザワ
兄「………」

女「そのうち治まるって」ボソッ

兄「……それで?」

女「え?」

兄「どこか教えてほしいんだろ?」

女「!……うん!」

「チッ……なんだよあいつ」
「あのカスが……なんで鈴木君もあんな奴と話してんだよ」
「意味わかんねぇ」
「それに……女まで……なんだよあいつ……クソッ……なんで兄なんかと……」
「……くそが…………」


妹 学校 昼休み

妹友「さってとごはんごはん♪」

妹「お腹へったぁ」

妹友「そういえばあんたっていっつもお弁当よね」

妹「まぁね。うち貧乏だし」

妹友「妹が作ってんの?」

妹「ん?うん……まぁね」

妹友「あはっ、だと思った」

妹「お弁当見ながらマジマジと何言ってんのよあんた!ひっどー」

妹友「ごめんごめん、ふふっ」

「妹ちゃん、お客さんだよー」

妹「ん?誰ー?」

「隣のクラスの斎藤さん。廊下で待ってるってー」

妹「え?」

妹友「斎藤さん?……あのあんたと男子の人気を二分する?」

妹「はぁ?意味分かんない事言わないでよ」

妹友「またまたぁ……なに?対決でもするの?」

妹「するか!話した事もないし……なんだろ……」

妹友「ま、行ってみればわかるんじゃない?」

妹「……そだね……ちょっと行ってくる。お弁当食べないでよ!」

妹友「こんなまずそうなの食べないって」

妹「失礼な奴め……行ってくる」

妹友「はいはい」


妹「えっと……あ」

斎藤「あ……妹、ちゃん……だよね」

妹「そうだけど……何?」

斎藤「ちょっと、話したい事があるから……屋上に行かない?」

妹「え?」

斎藤「いいでしょ?」ニコッ

妹「……いいけど」


屋上

妹「それで?何?」

斎藤「ねぇあなた……お兄さんいるでしょ」

妹「!……ああ……そっか」

斎藤「私、あなたのお兄さん知ってるわよ」

妹「そう……あいつもあんたの事知ってると思うけど?それが何か」

斎藤「とってもかっこいいお兄さんね」

妹「どこが……あんな不細工」

斎藤「あら、そんな事を言うって事は……お兄さんと仲は良くないの?」

妹「ッ……あんたには関係ない」

斎藤「そうかしら……? ふふっ」

妹「?」

斎藤「私…あなたのお兄さん……兄さんが好きなの」

妹「え……」

斎藤「聞こえなかった?私、彼が好きなの」

妹「……」

斎藤「驚いたみたいね……だって、とても魅力的な人だもの、好きになっちゃったわ」

妹「そ、そう……それは、それは……」

斎藤「私、彼に告白したの」

妹「!?」

斎藤「今夜、彼のバイトが終わったら返事をもらう予定よ」

妹「……」

斎藤「だから、もし彼と付き合う事になったとしたら……あなたの事も知っておいた方がいいんじゃないかと思って、声をかけたの」

妹「ぁ……ぅ……」

斎藤「まぁ、そういうわけだから……あら?どうしたの?」

妹「え……う、ううん別に!あ、そう……あんな不細工となんて……もったいないなぁと思ってだけ」

斎藤「あなたは、彼の事を不細工と言うのね」

妹「え?うん……あいつは……うん」

斎藤「もしもだけど、私が彼と付き合う事になったら……それ、やめてね」

妹「え?」

斎藤「そう言うの……だって彼はブサイクじゃないもの」

妹「……あなたにとってはでしょ?」

斎藤「そうかしら?……ふふっ、今夜が楽しみだわ……ああそうそう」

妹「……なに…」

斎藤「大丈夫だった?トイレで水とか浴びせられてた様だけれど」

妹「な!!?」

斎藤「…ふふっ」

妹「あ、あんた……まさか」

斎藤「正直、あなたが転校してきてから……少しだけ、少しだけだけど……」

妹「……」

斎藤「疎ましかったのよね……あなたが」

鈴木end→GODEND

ここから鈴木=スバル
妹=素直
斉藤=ヨッピー
で、つよきすがはじまります

妹「!」ビクッ

斎藤「あなたをどうにか出来ないものかと……私、色々調べちゃった♪」

妹「あ……あ……」

斎藤「すると……まぁ、あなたの家族構成とか……分かっちゃった」

妹「ぅ……ぅぅ……」

斎藤「あなた……」

妹「………」

斎藤「……ご両親………」

妹「い、いや……やめて……」

斎藤「………死んでるんでしょ?」
―――――――

[おい、あいつ親いないみたいだぜ]
[かっわいそー]
[やーい孤児だ孤児だぁ]
[お前イラつくんだよ!親もいないくせにでしゃばんなよ]
[この孤児が……親と一緒にお前もいなくなればよかったのにな]
[ばーかばーか]
[かわいそうになぁ、はははっ!]

―――――――

保健室の教師もだ

妹「やめてええ!!!!」

斎藤「………」

妹「もう……やめて……」

斎藤「あなた……前の学校でひどいイジメに遭ってたんだって?」

妹「……」

斎藤「この学校でも……そうなりたい?」

妹「い、いや……いや……」

斎藤「そう♪嫌なの……ふふっ」

妹「あ、あなた……」ガクガク

斎藤「あらぁ? 震えてるわよ? どうしたの?」

妹「……」

斎藤「……そろそろ休憩時間も終わりね」

妹「……」

斎藤「大丈夫よ。皆には広めたりはしてないわ……」

妹「……」


斎藤「……まだ………ね」

妹「ぁ」ビクッ


斎藤「それじゃあ……授業、遅れるわよ?またね?……妹ちゃん」

バタンッ

妹「………」

妹「………ぅ…………ぅぅ……」



「ねぇまだやればいいの?」

斎藤「ええ、お願い」

「しっかし……親いない位であそこまでなるかな普通。私だって親離婚してて母親しかいっつーの」

斎藤「過去に遭ったイジメのトラウマはそんな簡単にはなくならないでしょ」

「……あんたもえげつない事するね、まぁ私達は別にいいけど」

斎藤「ちゃんとお礼はするんだから、ごちゃごちゃ言わないの」

「……ま、いっか。あいつなんかムカつくし」

斎藤「ええ……あの子が転校して来て、男の子はみんなあの子に夢中になって」

「まったく……私達と仲よくしてた男共さぁ、みーんなあいつに取られちゃったしね」

斎藤「……とても……目障りだわ……あの子」

「でもそれで?あんた、あいつの兄貴と付き合うの?」

斎藤「ええ、付き合うわ。彼はかっこいいもの」

「あ、それはマジなんだ」

斎藤「最初はただ妹をどうにかする為の情報集めだったんだけどね……意外といい男だったから♪」

「そんな簡単にいくもんなの?」

斎藤「ええ……だって……彼は妹の兄だもの。

   ……同じ事をすればいいのよ……妹と同じ事を……ふふっ♪」

「……ふーん」

今からでもいい、主人公をぶっさいくにしてくれ

弱みを握ってるから斎藤優位に見えるけど
実は惚れられてる分兄が優勢な気もしないでもない

待て、お前ら。主人公が不細工になる、斎藤が興味を失う、妹が虐めから解放。これでどうだ

>>632
ほれるって言うかコレクション的なもんだろ

レストラン

店長「お疲れ兄君!」

兄「あ、お疲れ様です!!」

店長「今日もお客さん大勢だったなぁ。いやぁ、兄君のおかげだよ」

兄「い、いえそんな事は」

店長「ははっ、それじゃあ今日もお疲れ様!!明日はお休みだよね」

兄「は、はい。すみません」

店長「なに!なにも学生のうちから毎日働かなくても、休息も必要だよ兄君」

兄「…ははっ……じゃあ、俺はこれで」

店長「ああ!お疲れ!」


ガチャッ

兄「……あ…」

斎藤「こんばんわぁ♪」

          ';::::::::,、、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;::::::-‐-ッ::

           ';::::;' ,-'´ > 、::::::::::::::::::::;;;、-' ´ヾ、  /::::
.           ,,-" ,,‐"   ヽ、;:-1''´      ヽ /::::::
         ,,-" i ,,"       l    ,      `、ゝ、::::
.       ,,-" . /,,''        l /        ヾ  `
.      ,,-   ヽ''__  ::ヽ    l,/          '、

      ,."     ,,゙ヽ, ミ、、:::}    l     _,,----ミ  '、
     ,.'     ,'  i ヽミ'.、、   /.l  _,,,、-;=;;==‐,z   '、
    ,′    ,'  l  ヽ`='ゞ、ヽー'イ''~ヽー`='--イ    '
.    '      l!   l   //    l! ヽ、         .' 斎藤「こんばんわぁ♪」
   ,′     l!   ',    /    ゙i   ヽ、       '
.   ;      l!    '、  /      ゙i         /:. i
.   ;      .l!     '、 /       ゙i        /::: l
.   i.      l!     'y        ゙i      /:::  i
    ',      ',     く __ _      ゙i     i:::.  i゙
    '、     ',      ヽ        ゙i     i::: /
.          ',      '、 ヽ-‐‐‐‐---一
.          ',       '、`ー---
            '、      >,             .,- ゙
                /;;;;;'、          .,-"
              , ';;;;;;;;;;;;;;'、        ,-´:::
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'、      ‐'":::::

兄「……はぁ…」

斎藤「あー!今タメ息つきましたね?兄さんひどいー」

兄「返事を聞きに来たんだっけ?」

斎藤「ええ」

兄「答えはNOだ。悪いけどさ、もう俺につきまとうのh…」

斎藤「バラしますよ?」

兄「え…」

斎藤「ご両親がいない事……妹ちゃんの中学で言いふらしますよ?」

兄「な!?」

斎藤「いいんですか?」

兄「……やめろ」

斎藤「親戚のお家に預けられてたんですね、お二人とも」

兄「……」

斎藤「遠い県だったからこっちに来た時に隠せば、それはまぁ知っている人はいなくなりますよねぇ」

兄「………お前」

斎藤「でもざーんねん♪私、あなたたちのいた学校に知り合いがいるんです」

兄「ッ……」

斎藤「妹さん。周りの友達が皆自分の親がいない事を知っている……

    そういう状況に、トラウマを感じてるっぽいですよねぇ」

兄「何がしたいんだ……お前」

斎藤「私は……お兄さん。あなたの事が好きなんです」

兄「……」

斎藤「私と、お付き合いをして頂けますか?」

兄「…………」

斎藤「お返事をお聞かせください……兄さん」

兄「……分かった」

斎藤「……あはっ♪」

兄「……ただいま」

妹「あ、おかえり」

兄「うぉ!」

妹「な、なによ不細工……ごはん出来てるよ」

兄「あ……ああ」

妹「………なによ」

兄「いや……別に」

妹「……」

兄「……」

妹「ほらっ、ハンバーグ作ったから」

兄「……」

妹「………」

兄「あ、あの…さ」

妹「何?……」

兄「お前……学校で何かなかったか……その……」

         l.  l;;l,     !l   ``、ヽ、   i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`、`;;ト;;;;ヽ
============キ==l;;l,=====ソ    ``、 ヽ,_____,.!、;;;;;;;;;;;;; `、, `, iヾ;;;;ヽ
──────+‐‐l;;ト----‐‐‐‐ニ ニ llニヽミ,''"´ ヽ;;;;;;;;;;;;; ,`;;;, ;l ヽ;;;;ヽ

   `、   ,   V: l;;l ,_,.;;;;;;;彡''"´´  ll,  ト、,'彡ミい,;;;'`、; ;;;、 ;;、;l ヽ;;;;
ミミ,,,. `、 .:i  / i ,,l;;;l彡,,-,i'' '' "彡''" .ll .iソハ   .!; 、ト: : :i 、i ヽ!
`` -ミミ,, ヾ:i く´ ,,k'ミ''l;;;l.ミ=='-‐''"    l.l ソ::ヽ  l i, ト、!`、 i  `
 ̄ "´ 'ヽ、  ''-i-:::..l;;l''"  ̄ `      ハソ :::´ ソ i i ` ヽノ
,.-‐''"´  i  :  i   l;lミ,,、        l.l::ソ  ノ   !
       l :  i   .ll  ゛ヽ、    ,.'´ lk  ノ,-‐‐-、
       l :  .i   l.l       /:  /l.l ノ \::::::ヽヽ、- 、        斎藤「……あはっ♪」
       l : ノ    ll      /:  .,i::..ll ノ   \:::::\\ `` ' ‐.、._
       l :     .ll     /.  /''"リ i     'iヽ::..\\        
       l       リ    ./:  / ソ リ:::i     ヾ:ヾ::. \\
       i   .    l    ,.'´  i ii  ::::i      i::::ヾ,. \ヽ,     
     `` '.,-''"´    !    i   / / i i :::i      i:::::ヾ.,, ヽヽ、
 、___ _ _ _ ___. __   __,   /  ,イ ノ ノ  :::i      iヾ:::`:::  ヽヽ
   ``' - - - ‐ '  ̄     ´ /: / /   ::i        i  ::::::..  ヽヽ
、                 /:::: / イ   :::i:::       i  :::::  ヽ
.ヽ                /:::::: i イ   .::::i        i   ::  ヽ

お前らやめろwwwwwwwwwww

妹「はぁ?何もないから!意味わかんない事言ってんじゃないっての!!」

兄(……妹…………)

妹「なんだよ不細工……じろじろ見ないでよね」

兄「……守らなきゃな」

妹「え?何を守るって?」

兄「ん?……いや……」


兄「ご馳走様。うまかったよ」

妹「ふん、あっそ」

兄「風呂入って寝るわ……お前は?」

妹「もうお風呂も入ったし、寝るわよ」

兄「悪かったな」

妹「はぁ?何意味わかんない事…」

兄「待っててくれたっぽいから」

妹「な………い、意味わかんない!偶然だし!夜になってもあんまりお腹すかなかったから
  い、今になって急に私も何か食べようかなって……そ、それだけなんだけど!?」

兄「はいはい……じゃあ、おやすみ」

妹「………待って」

兄「え?」

妹「あんたさ……今日……斎藤さんにコクられたんでしょ?」

兄「!」

妹「と、当然OKしたんだよね……」

兄「……」

妹「ど、どうなの?」

兄「……ああ」

妹「ッ!!……」

妹「……そ、そう……よかった……じゃん」

兄「……妹、俺……」

妹「う、うわー!ついに不細工も彼女持ちかぁ!!あははっ、うわわっ!キッモ!
  あははっ、ま、こんな時位は妹として、お祝いしてやるべき?あははっ」

兄「……」

妹「ま、じゃあこれからは?色々お付き合いとかもあるだろうし?
  今までみたいにいつもご飯一緒…とか無くなるかもねぇ!!あー清々する!!」

兄「……」

妹「し、しっかしあんたって高校生のくせに中学生の彼女って……ふふっ
  ロリコンじゃんロリコン……うわぁ、きっも」

兄「……あのな……妹…俺……」

妹「さてと!私寝るね!まぁ一応言っといてあげるよ……おめでと」

バタンッ

兄「………」

妹「………」

兄「………これで……広まらないんだ……いいんだこれで」

ドンッ

兄「……ちくしょう………なんで……」

妹「………」

ギュッ

妹「駄目……もう心配かけちゃ……駄目……隠さなきゃ……」

 ___

/ || ̄ ̄|| ∧_∧ )   /`ヽJ    ,‐┘/   どうしてこうなった! 
| ̄ ̄\三⊂/ ̄ ̄ ̄/  ´`ヽ、_  ノ
|.....||__|| (     )  どうしてこうなった・・・
| ̄ ̄\三⊂/ ̄ ̄ ̄/

|    || ̄ ̄|| ヽ∩ ♪

       ∧_ω∧      r||^ω^| ( ./    )   /`ヽJ    ,‐┘/   どうしてこうなった! 
| ̄ ̄\三⊂/ ̄ ̄ ̄/  ´`ヽ、_  ノ   /
 ___

/ || ̄|| ̄ ̄|| ヽ∩ ♪
       ∧_ω∧      r||^ω^ ̄|| ∧_∧
|.....||^ω ̄/      y   __ノ´` ω

|    | ( ./ ^|| (     )  どうしてこうなった!?
| ̄ ̄\三 )   /`ヽJ    ,‐┘/   どうしてこうなった! 
| ̄ ̄\三|| ̄ ̄|| ヽ∩ ♪

       ∧_ω∧      r||^ω^⊂/ ̄ ̄ ̄/  ´`ヽ、_  ノ ⊂/ ̄ ̄ ̄/
|    | ( ./     /
                   ___
              ♪ ∩/ || ̄ ̄||♪
       ∧_∧      ヽ|.....||^ω^|| 7  どうしてこうなった!
       ( ω    )   /`ヽJ    ,‐┘/   どうしてこうなった! 
| ̄ ̄\三⊂/ ̄ ̄/     || ̄ ̄|| ヽ∩ ♪

       ∧_ω∧      r||^ω^y   __ノ´` ω
|    | ( ./  ̄ ̄/  ´`ヽ、_  ノ
|    | ( ./     /      `) ) ♪

>>687
崩れすぎだ

2週間後

兄「それじゃ、行ってきます。戸締りしっかりしとけよ」

妹「分かってるわよ不細工!さっさと行っちゃえ!!」

兄「あ……今日、遅くなるから」

妹「ああ……はいはい。精々デート頑張んなさいよ、斎藤さんと」

兄「……行ってくる」

妹「はいはい」

ガチャッ バタン

妹「……」

ギュゥ

兄 学校

鈴木「よう」

兄「おう」

鈴木「さっそくだが兄、これ教えてくれ」

兄「またかよ……一昨日教えただろ?」

鈴木「難しいんだよこれ、もう一回だ」

兄「はぁ……」

女「おはよー!」

兄「あ、おはよう」

鈴木「おう」

女「まーた朝から勉強?変な所で意地っ張りね鈴木って」

鈴木「あ゛?」

女「3日坊主だと思ったけどちゃんと学校来てるし……先生達もビックリしてたよ?」

鈴木「チッ……どうでもいいだろ」

女「ふーん♪」

鈴木「どっか行けよクソが」

女「ひっど」

兄「……」

女「兄君?」

兄「……え?」

女「……最近どうしたの?」

鈴木「……」

兄「え?最近?…別に?」

鈴木「なんかあんのか?」

兄「……」

鈴木「話せよ」

兄「……いや…」

女「あ、もしかして彼女…ってか……斎藤とかいう中学生の事?」

兄「……」

鈴木「ああ……それ関係か」

兄「……」

女「やっぱさ……別れた方がいいって。でも、話してくれた分ではそうもいかないのか……嫌な女だなぁほんと」

鈴木「俺がぶん殴ってやろうか」

兄「そういうのはいいから……」

女「だって…全然好きでもないのに付き合ってるっておかしいじゃん、どう考えたって」

兄「……」

女「………それで?やっぱりそれ関係?」

兄「………」コクッ

鈴木「何か相談に乗れるなら乗るぞ……俺難しい事はわかんねぇけど」

女「私も」

兄「……」


―――――

斎藤「ねぇ兄さん?」

兄「…なに?」

M110 203mm自走榴弾                        __
                                     /ii.(;;;;).i
                                     (; ; `/´
                                   /  `~´
                                 /  /
                               /  /
                              /  /
                            /  /
                           /  /
                         /(__∠

                        /.∠__/
                   Л、==ニニ(・)|___|
                  (0).,(/c/ ./  ΛΛ
            ii    の_|!!、ノ_'ic/_/_ ( ゚Д゚)∩攻撃準備斎藤潰すぜ!ゴルァ!!

         __,,,イ'-'',''へ''''γ()()λ、"゙ヽ       ゙ヽ====.゙ヽ、γ()()λ`',,
        /_,,,,_,.,__、\   .゙ヘー―――――' 、    `ヽ   .`ヾ、
        i""''',ー-‐" ゙゙゙ヘ,,    ,ヘv====================vト    ヘ
       ヽ.ト、 ,、..., |  .゙!-----..!                ,゙"り.-----.!
       )〔 | l゙ | | .|  /ー---;.i゙     _________ノ,-ニニ゙,/`
-------  ノ___~ー,、_゙l │ .ヽヘニニ゙/ ̄"゙√ ̄   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、/-ニニシ'"  `゙゙二二二"'''''''''''''"
    ,,,,,,,―-.    ~‐rvィ二二ン′      ‘“''冖''・―+--ィニ ニニ/` ''ニニニニ''―丶
      `~゙゙ニ,,,,,,"'''''‐ ,,,,,,,,,,,,,,,,__ .'''''¬ーニ_''''''''ニ¬―ー、  .,,,,,,,,,,,,,,,,ニニ"''''''''''"
     ー---,,,,,,, ̄′ ー---、.,,   ゙゙,,,_,___.  ̄ ゙゙̄"    ー----  `゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゛

斎藤「付き合って1週間も経つのに、手も繋がないっておかしくないですか?」

兄「……そうか?」

斎藤「そうですよぉ。最近のカップルなら、もう付き合って1週間とかでキスとか……それ以上の事もしちゃうんですよ?」

兄「……そんなの…君はまだ中学生だろ」

斎藤「遅れてますねぇ兄さん。最近の若者は進んでるんですよ?ニュースとか見ませんでした?」

兄「テレビとか…見ないから俺……見る時間ないし……最近の若者の流行とか
  そういうのも全然知らないし、何にも知らないんだ。生活に必要な知識は結構知ってるけど」

斎藤「妹さんはそんな事ないっぽいですけど?」

兄「……あいつには、普通の中学生の女の子であってほしいから。それでいいんだよ」

斎藤「ふふっ……そうですかそうですか……」

斎藤「優しいお兄さんですね……兄さんは……そんなに妹ちゃんが大事ですか?」

兄「……大事だ」

斎藤「………そうですか」

兄「……」

斎藤「ねぇ……兄さん?」

兄「なんだよ」

斎藤「私、とても時給のいいアルバイトを知ってるんですけど……紹介しましょうか?」

兄「え?」

斎藤「私の親って……ホテルを経営してるんですよ。そこの清掃のアルバイト……お勧めですよ♪」

兄「清掃……」

斎藤「普通は18歳以上じゃないとダメなんですけど……私が頼めば、兄さんだってOKだと思います」

兄「……」

斎藤「今のレストランのバイトと兼任でも大丈夫ですし……兄さんの家は
   言ってはなんですが……あまり余裕があるとは思えませんし……ね?どうです?」

兄「……」

斎藤「私はあなたのお役にたちたいんですよ♪兄さん」

兄「……時給は?」

斎藤「1500円です」

兄「!?」

斎藤「どうですか?……高級ラブホテルの清掃アルバイト♪」

―――――

女「ラ、ラブホテルって……ええ!?」

兄「……」

女「ま、まさか兄君……やるの?」

兄「今日、一応見学という形で見に行く事になってる」

鈴木「ラブホの清掃バイトか……」

兄「……斎藤の言ってる時給ってのは、マジだと思うか?」

鈴木「高級ラブホって言ってたんだろ?……それがほんとなら多分マジだと思う」

兄「そっか……」

鈴木「ああ……うちの組も……何軒か経営してるし……ん?斎藤……ああ!!」

女「どうしたの?」

兄「?」

鈴木「おい兄……多分その斎藤って奴の家がラブホ経営してるのはホントだ。
   昔うちに挨拶に来たことがある……親父に」

兄「……じゃあ、まぁ大丈夫っぽいな」

女「大丈夫っぽいって……兄君…あんたね、いくらなんでもラブホとか……高校生だよ?」

スイーツ(笑)小説となんら変わりないな
いじめ(笑)レイプ(笑)
安っぽいなあ

兄「只の掃除だよ。利用するわけじゃないし、大丈夫だろ」

女「もう!……あんたも何か言ってよ鈴木!!」

鈴木「金に関する事は、兄が自分で決めるしかないと思う」

女「……そ、そうだけどさぁ」

鈴木「おい兄」

兄「……なんだよ」

鈴木「妹さん、家での様子はどんな感じだよ」

兄「……取り敢えず、学校で何か遭ってるって感じではなさそうだけど」

鈴木「だったら、一応斎藤って奴が何もバラしてないって事になるな」

兄「多分な」

鈴木「……取り敢えず、バイトの事はお前が決めろよ」

兄「……」

鈴木「でもまぁ……何か不当な扱い…だっけか?そういう事受けたら俺に言え」

兄「え?」

鈴木「親父に頼んで調べてもらうから……何とかしてやるよ」

兄「……」

鈴木「いいな?」

兄「ああ。助かるよ」

女「わ、私も何か手伝える事があれば……うん!協力する」

兄「ありがとう……取り敢えず、今日の夜行ってみる……それで出来るっぽいなら……やる」

鈴木「……わかった」

女「……」


妹 学校

妹「……おはよ」

妹友「おはよ」

妹「……」

妹友「最近ずっと暗いね…あんた」

妹「そ、そんな事ないわよ」

妹友「……」

妹「……」

妹友「斎藤さんの事?」

妹「!」ビクッ

妹友「彼女、あんたのお兄さんと付き合ってるって言いふらしてるみたいじゃん」

妹「……そう」

妹友「どーーーもあの子とあんたの兄が上手く行ってるとは思わないんだけどねぇ」

妹「知らないわよ……そんなの」

妹友「最近、お兄さんの事不細工ーとかチキンとか言わなくなったわよねあんた」

妹「……」

妹友「家で、あんまり会話とかしてないの?」

妹「会話というか……だって……あいつ毎日遅いし」

妹友「ああ、バイトしてるんだっけ」

妹「うん……」

妹友「……あんたの為に頑張ってくれてんだから、そんな邪険にしちゃ駄目よ?」

妹「邪険になんかしてない!!むしろぎゃ……ッ!……」

妹友「ぎゃ?」

妹「……とにかく、そんなんじゃないし」

妹友「……」

妹「……邪険にしてない。感謝してるし……別に……」

妹友「寂しい?お兄ちゃん取られちゃって」

妹「はぁ!?意味分かんない!な、なな何言ってんの!?あんた!!!」

妹友「うーん……妹、こっちおいで」

妹「はぁ!?」

ギュゥゥ

妹「ちょ、ちょっとぉ?」

妹友「かわいい……あんたかわいい♪」

妹「はぁ?」

妹「ただいま……誰もいないけど」

妹「さっさと宿題して……テレビ見て……ご飯食べてお風呂入って……」

妹友『寂しい?お兄ちゃん取られちゃって』

妹「っ……何バカな事言ってんのあいつ……」

妹「寂しい!?私が!?あんなぶさい……あんな奴がいなくなって!?取られて!?」

妹「……なーに言ってんだか……意味分かんない」

妹「……」

妹「………今日も遅くなるって言ってたっけ……」

妹「彼氏…彼女か……やっぱりあんな奴でも……斎藤…と」

妹「……」

斎藤『大丈夫よ……皆には広めたりはしてないわ……』

妹「……」

斎藤『……まだ………ね』

妹「何なのよあれ……」

妹「……早く……」

妹「帰ってきてよ………」

兄「……」

斎藤「あ、お兄さん!」

兄「ここであってたか?待ち合わせ場所」

斎藤「ええ!ふふっ」

兄「それじゃあ、行くか」

斎藤「まぁまぁそうあわてないで。

    えっとですね……ホテルの人に夜10時頃来てくださいって言われてるんです」

兄「え?」

斎藤「ほらっ、こんな時間から行くのも……ねぇ、私達未成年ですし」

兄「…」

斎藤「大丈夫です。10時すぎなら、沢山のカップルがいるので……紛れ混めば……ね?」

兄「……」

斎藤「ふふっ……それじゃあそれまで、カラオケとかして時間を潰しましょ♪」

兄「俺、知ってる曲がほとんどないんだ」

斎藤「そうですか!じゃあ私がいっぱい歌っちゃいますね」

兄「……」

斎藤「~~♪」

兄「……」

斎藤「……~~♪」

兄「…(妹……ちゃんとメシ食べたかな…)」

斎藤「~~♪」

兄「……はぁ」

斎藤「……兄さん!」

兄「!…なに?」

斎藤「本当に歌わないんですか?せっかくカラオケの代金、兄さんも出してるんだから歌わなきゃ損ですよぉ」

兄「……いいよ(2,3日昼メシ抜けばいいだけだ)」

斎藤「……」

兄「だから言っただろ?俺なんかと居てもつまらないって」

斎藤「……でも……だって…」

兄「?」

斎藤「ふんっ……いいんです。私は楽しいから」

兄「……そう」

斎藤「……ちゃんと話を聞いてくれる人がいてくれた事なんて…なかったもの」

兄「え?」

斎藤「あ……さ、さーて!それじゃあ歌いましょうか!ふふっ♪」

斎藤(最初は……只のいつものお遊びだったけど…予定変更しようかな……)

斎藤(……あの子とこの人が、完全に仲違いしたら……私に…私にだって……)


10時 ラブホテル街

斎藤「ここですよ、兄さん」

兄「で、でかいな」

斎藤「言ったでしょう?高級なラブホテルだって」

兄「……裏口とかあるのか?」

斎藤「ええ、入口はここ1つですけど。入ってすぐ右に従業員用の扉があります」

兄「……正面から入るのかよ」

斎藤「ええ!で・す・か・ら」

ギュッ

兄「あ、おい!」

斎藤「二人の方が自然でしょう?」

兄「……」

斎藤「ささっ、行きましょう♪」

兄「……」



カシャッ カシャッカシャッ

コンコン

兄「ただいま」

妹「……」

兄「……」

妹「……」

兄「……おやすみ」

妹「ま、待って!!」

兄「!」

妹「あ……」

兄「…起きてたのか」

妹「……き、今日…どこ行ってたの……」

兄「え……ああ、バイト」

妹「嘘!今日はバイト休みでしょ……何嘘ついてんの!?」

兄「……」

妹「ねぇ……」

兄「……ああ、嘘ついた」

妹「……」

兄「ちょっと、遊んでた」

妹「……斎藤さんと?」

兄「」

妹「そうなんだ……そ、そりゃ付き合ってるんだもんね!当然だよね……」

兄「……最近学校…どうだ?」

妹「なんでそんな事聞くの?意味分かんない…」

兄「何にもないなら、いいよ」

妹「……出てって…」

兄「…」

妹「……もう寝るから……出てって」

兄「妹」

妹「……」

兄「多分これから先、ほとんど毎日夜遅くに帰る事になると思う」

妹「……」

兄「でも、家事とかは今まで通り分担でいい。俺も帰ってからやるから」

妹「…」

兄「晩飯一緒に食べる事も……あんまりなくなると思う」

妹「…………あっそ……」

兄「…ごめんな。暇な時は、また宿題とか教えるからな」

妹「うるさい!!」

兄「ッ!……」

妹「もういい……わかったから……別にいいから……出てって」

兄「……わかった。おやすみ、妹」

妹「……」

バタンッ

妹「……今までもそんなに一緒にいたわけじゃないじゃん……別にいい

  ……今までと変わらない……変わらない……一緒……」

妹「……ヒック……グスッ………一緒……一緒に……ヒック……」

兄「……」

パラッ パラッ

兄「はぁ……」

兄(……最近キツいな……あいつに……もっと色々必要になってくる……
 勉強道具……服……CDとか……女の子だもんな……友達と遊びにも行きたいよな)

兄「……時給……1500円」

兄(強力だ……正直色んな部屋見させてもらったけど……かなりキツかった……
  でも、出来ない事じゃない。掃除すればいいんだよな……それに…)

兄「1日2時間、週3日やって週で9000……月で36000……すげぇ大きい……3時間にすれば50000か……」

兄「……楽させてやりたい……でも保険金は使えない……あいつの学費と俺の学費……
  あいつの大学、私立になるかもしれないし……他に何の金が必要になるかも分かんねぇし……」

兄「……」

パンッ
兄「やるぞ……頑張れ……兄……」

兄「はぁ……」

兄(……父さん………母さん………妹は元気に育ってくれてるみたいだ………)

兄「…………頑張らなきゃ……俺……しっかりしなきゃ……」

兄 学校

鈴木「おす」

兄「……」

鈴木「死んでんな、どうしたんだよ」

兄「これから毎日こんな感じだと思う」

鈴木「?……ああそうか……昨日バイト行ったのか、どうだった?」

兄「臭いがひどかった」

鈴木「ははっ、まぁイカ臭かっただろな。そういう場所だし」

兄「ああ、吐きそうだった……けど、ちゃんと金は払われるっぽかったから」

鈴木「……続けるのか?」

兄「ああ」

鈴木「そうか……まぁじゃあ、頑張れよ」

兄「…おう」

ガラッ

女「兄君!!ちょっと来て!!」

 _,,..i'"':,
|\`、: i'、
.\\`_',..-i
  .\|_,..-┘

兄「ん?……ああ女さん、おはy…」

女「いいから!大変なの!!」

鈴木「どうしたんだ?」

女「もう!どうしたもこうしたも……ヤバいって!!ちょっと廊下来て!!」


ザワザワ ザワザワ

女「こっちよ」

兄「いって……引っ張るなよ」

女「いいから!」

「うわっ、あいつだぜ」
「きたよきたよ」
「ひくわー」
「キッモ」

兄「?」

鈴木「なんだこいつら」

女「ほらこれ!」

兄「ん?………あ……」

【援交現場!!2組の兄!!中学生を金で釣ってホテルへ!!】

兄「……ぁ……え?……な」

鈴木「……おいこれ」

兄「……」

鈴木「昨日……撮られたのか……」

ざわざわ がやがや
女「こんな……こんなのって……」

鈴木「おらああ!!!!」

「ひっ!」
「うわっ…」
「きゃああ!!」

シーン
鈴木「お前ら動くんじゃねぇ……誰がこれ貼った!!」

シーン
鈴木「おらあああ゛!!誰が貼ったか知ってる奴いるだろうがあ!!教えろや!!!」

シーン

鈴木「こいつはバイトで行っただけだ!こんな薄気味悪ぃ……誰だ!!!」

ビクッ

鈴木「お?」

ガッ

「ひぃ!!」

鈴木「お前かコラ……お?……何か言ってみろや……あ?」

「ち、違う……俺は……」

女「あんた……」

「女!お、俺は違う!只言われてやっただけ」

鈴木「やっぱお前がやったんだな……」

「ヒッ」

鈴木「……おらあああ!!!」

バキッ ドカッドカッ

「ぎゃあ! あぁ!ぐぅぁ!!」

鈴木「おらおらおらおら!!!!!」

夏だなぁ

パシャッ    パシャッ
   パシャッ

      ∧_∧ パシャッ
パシャッ (   )】Σ
.     /  /┘   パシャッ
    ノ ̄ゝ
        ミ∧_∧ パシャッ パシャッ

       ミ (/【◎】
     .  ミ /  /┘
        ノ ̄ゝ

兄「やめろ!」

ガシッ

鈴木「な……お前だってこいつ!!……」

兄「……いいから」

鈴木「……」

兄「……」

鈴木「……ちぃ……」

「ひ、ひいい……」

教師「こらああ!!何をやっとるんだお前らはああああ」

「あ、先生だ」
「うわっ!逃げろ!!!」
「ひ、ひいいいい!!!」

鈴木「あ、お前!待てやゴラァ!!!」

兄「鈴木!いいから」

鈴木「うるせぇ行かせろ!!」

鈴木「ぁ……ああああもう! くそっ!!」

オラオラオラオラオラオラァ!!!!

こんばんは 僕は鈴木のファンです 

ざわざわ ざわざわ

教師「こんな所で何を騒いでるんだお前らは……」

兄「……」

鈴木「……」

女「あ、あの先生……これは……」

教師「……ん? なんだこれは……!!」

女「あ……」

兄「……」

鈴木「……」

教師「な!?……!!お前か!!」

グッ

兄「……」

教師「……職員室に来い。今すぐにだ……来い!」

鈴木「ちょっと待てよ」

教師「なんだお前は、関係ないものはすっこんどれ!」

鈴木「!このやr……」

兄「鈴木」

鈴木「ッ……」

兄「先生、彼は無関係です。俺が……」

兄「俺が……やりました」

放課後 職員室
教師「これはどういう事だね?兄君」

兄「……」

教師「この写真は、どうみても君だ。間違いないかね?」

兄「……はい」

教師「……誰がこの写真を掲示板に貼りつけたか……それはまぁ少し置いておこう。
   そっちも調べるつもりだがね……今はいい…………兄君」

兄「はい……」

教師「この書いてある内容…援助交際を……したのか?」

兄「…してません」

教師「じゃあ何故!こんな写真があるんだ!!」 バンッ

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2016年03月11日 (金) 12:45:37   ID: SNLRhx3Y

おい!続きは!?

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom