閻魔あい「地獄通信2ちゃんねる出張所」 (59)

あい「テンプレめんどうだから省略するね、いっぺん死んでみる?っと♪」カタカタカタ…ッターン

輪入道「(お嬢は一体何をしてるんだ?)」

山童「(ネットの有名な掲示板に窓口を移したらしいですよ。レンタルサーバーが閉鎖したとかで)」

骨女「(あたしゃさっぱりだよ、ほんとにちゃんとした依頼が来るのかね)」

一目連「(まぁちゃんとした依頼っていうのはそもそも相応しい言い方じゃないけどな…)」

きくり「あーまたやってるーwwwびっぱーぴっぱーwww」

あい「(…レスがこない)」

あい「輪入道」

輪入道「な、なんだお嬢…?」

あい「スレの監視をお願い」

輪入道「あぁ…(どうしたもんだか)」

一目連「お嬢、どこへ?」

あい「別のスレ見てくる」

あい「(新参が湧いてるわ…)」カチカチ

あい「(…なにこれ…『地獄通信 on VIP』…?)」

あい「冗談も程々に、っていうわよね…フフフ」

骨女「…お嬢…?」

あい「でもまぁいいわ、どうせ釣りよね。ところで輪入道、動きはあった?」

輪入道「あぁお嬢、特にないようだ。こうなりゃ俺達が書き込んで勢いを…」

--------------画面--------------

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日)
これってマジ?

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日)
例の午前0時ルールはどうした

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日)
あいちゃんおっぱいうp

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日)
テンプレ無いと依頼できなくね


あい「…」

9 :閻魔あい◆jigokushyoujyo:2013/09/15(日)
テンプレは過去のスレを見て下さい
それもできない情弱さんの依頼はお受けできません…

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日)
本人降臨キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日)
地獄少女って情強なのかwww

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日)
酉がんばったなwww


あい「(山童にやらせたんだけどね)」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日)
お前らお嬢が引いてんだからやめろ!


あい「一目連…そんなことはしないでいいわ。私の煽り耐性を甘く見ないで」

一目連「すまんお嬢…つい」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日)
あいちゃんおっぱいうp

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日)
あいちゃんおっぱいうp

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日)
あいちゃんおっぱいうp


あい「(うpしたら伸びるかな…)」

あい「(でもなに…写真をとればいいのよね…)」

あい「(カメラは…ある…でも)」

あい「(需要と効果がなかったら損だわ)」

あい「ねぇ…みんな…」

三藁「(ん?)」

あい「あの…その…私って…よ、…」

骨女「どうしたのさお嬢、なんでも聞くよ!」

あい「(骨女…スタイル設定盛ってるよね…妖怪だからって)」

輪入道「そうさお嬢、困ってるならなんでも頼んでくれ」

一目連「お嬢、黙ってちゃわからないぜ」

あい「(男共はデリカシーがなさ過ぎだわ。乙女のハートをなんだと思ってるのかしら…)」

あい「…やっぱりなんでもない」

三藁「(…あれ、怒ってる?)」

あい「(もういいわ、こいつら釣って遊ぼう…)」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日)
あいちゃんおっぱいうp

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日)
あいちゃんおっぱいうp

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日)
>>34ならあいちゃんがIDつきておっぱいうp

35 :閻魔あい◆jigokushyoujyo:2013/09/15(日)
では**時までに100行ったらうpします

輪入道「お嬢…」

あい「心配いらないわ」

一目連「(実は見てみたいからkskっと)」

骨女「(みんなはいったいなにしてるのかしら…)」

きくり「うpーwwwうp-www」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日)
ksk

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日)
ksk

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日)
貧乳はいらね

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日)
>>47
貧乳だから要るんだよいいかげんにしろ

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日)
襦袢あいちゃんprpr

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日)
お前ら…

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日)
これは期待

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日)
貧乳sage

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日)
いくぜ

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日)
あいちゃんは俺の嫁

あい「(でもこれってうpしたら今後の活動にいい影響をあたえるのでは…)」

あい「(ちょっと考えておこう…)」

あい「(カメラは…ある…けど、自分でとるのはちょっと)」イチガンレフダシ

あい「(でも、頼むのも…)」チラッ

一目連「(ksk、ksk、精神を加速させろ…!)」

輪入道「(やれやれ…)」

山童「(貧乳…?)」

55 :柴田 一:2013/09/15(日)
オマエはほんとにあの地獄少女なのか? だとしたら

オレのブログに今までのログを全部まとめてネット住民の危機感を助長させ
今度こそオマエの地獄流しをやめさせるからな



あい「…きたわね」フッ

あい「山童」

山童「!…は、はいお嬢!」

あい「レスNo.55 柴田一を逆探」

山童「…?」

あい「今度こそかたをつけるわ…あのストーカー野郎…」

骨女「お嬢…」

一目連「(うぉぉぉぉぉ!!!!)」

>>29ありがたやありがたや

一方柴田宅

つぐみ「はじめちゃん…それお仕事?」

一「あぁ、非常に重要性の高い案件だ。うまく誘導すればおっp…あの地獄少女との接触も」

つぐみ「もう…ご飯冷めちゃうよ…」

一「おっとすまない。しかしつぐみ、二ヶ月の成果が出ようとしてるんだ、少しだけまってくれ」

つぐみ「…いいけど」



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日)
支援
http://i.imgur.com/-------.gif


一「…おぉ!?流出した画像の一部か?しかし拡張子を見る限り偽装gifを考慮すべきか…」

つぐみ「はじめちゃんひとりごとがうるさい…」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日)
今北産業

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日)
>>59
地獄少女(本人)降臨
おっぱい
うp
(真実の地獄少女の著者も来てるっぽい)

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日)
ksk


山童「…お嬢、経路特定しました。相手は海外のプロキシサーバーを多数経由して発信元を偽装しています」

山童「こちらのネットワークボムも直接は届きませんが…」

あい「大丈夫よ…問題、ないわ」ニヤ

あい「こんなときのために…」オシイレオープン

あい「PCクラスタぐらい用意してある」

骨女「(あんなにパソコンがたくさん…何をするのかしら)」

あい「始めるわ…山童、支援を」ユビポキポキ カタカタカタカタ…

山童「はいお嬢」カタカタカタカタ…

あい「ロゴ…送信…」

--------------

つぐみ「…でねー、その人がこういったの、『おい期待して開いちゃったじゃん
』、それでね…」


一「…ん?なんだ!?PCがおかしい…操作を受け付けなくなった…!?」エラーエラーアカイガメン

つぐみ「はじめちゃん…その画面のロゴ…」

一「…始まったな」

つぐみ「どういうこと…はじめちゃん?」

一「そうだな…つぐみには教えてもいいか」

一「俺は二ヶ月前、とある情報筋から地獄少女の動向についての情報を得た」

一「というのも、従来の依頼受付は、午前0時にアクセスすると開くことが出来るHP『地獄通信』によって行われていた」

一「だが、二ヶ月前のある日からHPは接続が不可能となり、
  代わりに某巨大掲示板に『地獄通信』の名を持つスレッドが立ち始めた」

一「地獄少女は何らかの理由により、依頼の受付場所を変えた…」

一「そして幸運にも掲示板という場所をえらんだ」

一「掲示板の特性上、書き込んだ内容は残る」

一「つまり、削除されない限りは相手の目に情報を映すことが出来る」

一「俺はこれに注目し、本物の地獄少女のみが無意識に誘導されるよう心理学を応用した文章を定期的に『地獄通信』スレッドに書き込んだ」

一「ただでさえ以前、地獄少女を止めようと邪魔をした俺だ、名前を見て素通りすることもないだろう」

一「そして今回、『今まで』『危機感』『地獄流し』という言葉を用いて投稿を行った…」

一「これは地獄少女にストーカーを連想させ、高頻度で見かける『柴田一』の名前を結びつけ、むこうからの接触を誘う文面だったわけだ」

一「現在の状況を見て、作戦は成功しているようだな」

つぐみ「はじめちゃんェ… 」

あい「…山童…映像を繋ぐわ…」カタカタカタカタ…

山童「…了解…それ」カタカタカタカタ…ッターン

あい「…一目連、目玉をそのカメラ正面の壁に」

一目連「(ksk…ksk)…っ!?な、なんだお嬢!?脅かさないでk」アセアセ

あい「早く」

一目連「(びっくりしたわーでもまだ時間に余裕はありそうだ)はいはい」カベニメダマ

------------------


一「…なんだ…?画面がまた変わったな」

つぐみ「…!?…目だよ…はじめちゃん…」

PC(あいの声)「柴田一…あなたね、私のスレにつきまとうストーカーは」

一「はじめまして…ではないかな。また会ったな、地獄少女」

PC「…っ!?…貴方は本当に『柴田一』なの…?」

一「念のためこちらも確認するが、お前は本当に『地獄少女』なんだな?」

PC「…」

一「…ふん。まぁじっくり話そうじゃないか」パソコンソウサカタカタカタカタ

PC「…無駄よ。そのPCは完全に」

一「そいつはどうかな」ピー…キュイィィィン

PC「…!?」

一「接続をこちらからロックさせてもらった。あと、簡易催眠でそっちの目玉のひとはこっちのいいなりだ」


あい「一目連!?」

一目連「(ks…ん…何だ、意識が)……」シロメ

一「無理に切断しようとすると、そいつが暴れて大変なことになるぜ」ニタリ

あい「くっ…」

一「さて、話を聞いてもらおうじゃないか」

一「地獄少女…お前はまだ地獄流しを続けるつもりか?」

あい「…それは…私の決めることじゃ…ないわ…」

一「お前に拒む権利がないことは知っている。だが、それでも」

あい「私だって…」

一「…?」

あい「私だって…続けたいわけじゃない…」

一「…お前」

輪入道「(こいつはまずいな…)」

骨女「(ったく、一目連があんなんだからこっちも動けないじゃないか)」

一「地獄少女…お前は…」

あい「…私は…続け…クッ…」

あい「…この恨み…」

輪入道「お嬢!!!」

骨女「こりゃあまずいよ」

山童「お嬢の…呪術的均衡が…崩れかけている」

きくり「…」ニヤリ

支援

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom