切嗣「家族団欒はいいものだなぁ…」 (30)

士郎「朝ご飯できたぞー」どん

イリヤ「わーいい匂い♪」

切嗣「お、今日は栗ご飯か」

士郎「新米だからな、きっと旨いぞ」

イリヤ「士郎のご飯はいつも美味しいよ♪」

アイリ「そうか…もう、そんな季節なのねぇ…」

切嗣「そうだなぁ…聖杯戦争でアレコレあって、色々あったけど…」

切嗣「アイリがいてイリヤがいて、士郎という息子までいて穏やかな暮らしが続いてる」

切嗣「家族団欒っていいものだよな…」

アイリ「あなた…」

士郎「寄せよ親父、照れ臭いだろ」

切嗣「いやぁ、何か幸せだなぁって思ったらついな」

アイリ「そうね、口に出して言いたい時もあるものね、私も幸せよ切嗣♪」

イリヤ「ふふん、イリヤにも可愛い弟が出来たしね♪」

士郎「はは、そうだな、ご飯の量は少なめでいいか、イリヤ?」

イリヤ「むぅ、お姉ちゃんって言いなさい!」

切嗣「はは、それにしても士郎のご飯は旨いな」

士郎「そりゃ、いつまでもハンバーガーなんて食べてられないだろ、体にも良くないしな」

アイリ「そうねぇ…私も最近は覚えて来たけど、やっぱり士郎君には勝てないのよねぇ…」

士郎「いやぁ、最近はマシだろ、フライパンにストーブ用の灯油まかれたときはびびったけどさ」

イリヤ「もぐもぐ、うん美味しい♪」

士郎「いっぱいあるからおかわりしろよな」

アイリ「そうね、イリヤもお姉さんなら沢山食べて大きくならないとね」

イリヤ「うー!頑張る!大きくなってお姉ちゃんらしい威厳をてにいれるもん!」

切嗣「うん、よーし今日はお父さんも大盛りで三杯おかわりしちゃうぞー!」

イリヤ「い、イリヤも負けないもん!たくさん食べておっきくなるんだもん!」もぎゅもぎゅ

プリヤでおk?

セイバー「………………」

士郎「セイバー、どうした?」

セイバー「いえ、やはり家族というものは微笑ましいものだなと思っていました」

切嗣「どうした?イリヤ、パパは二杯目突入だぞ~♪」
イリヤ「んぐぅ…イリヤは後から凄いんだからぁ!」むぎゅむぎゅ


セイバー「あんな風にご息女と戯れる切嗣など昔は想像も出来なかった」

アイリ「セイバー…」

セイバー「戦争後も何だかんだで残っていますが、私は異物でしかはないかと考えてしまうほどに」

>>5
すまんゼロ基準というかタイコロ時空だな
適当にごたまぜ

士郎「おいおい、よしてくれよセイバー!」

アイリ「そうよ、セイバー、貴方も私達家族の一員なんですからね」

セイバー「士郎、アイリスフィール…」

士郎「そんな寂しい事考えてないでどんどん食ってくれよ、今日は自信作何だからな」

セイバー「ありがとう、士郎のご飯はいつも美味しい」

士郎「へへ」

セイバー「切嗣、そこの醤油を取っていただけますか」

切嗣「…………」

アイリ「切嗣」

切嗣「………」とん

セイバー「……ありがとうございます」

士郎アイリイリヤ『はぁ…』

ーーー

外の公園


セイバー「はぁ…」

セイバー「アイリスフィールともイリヤスフィールともシロウともうまくやれてるというのに…」

セイバー「どうすれば切嗣との仲が改善されるのでしょうか…」

セイバー「やはり、聖杯戦争も終わった今、毎日毎日、シロウの三食ご飯&おやつ&お昼寝でごろごろという生活が切嗣には好ましくないのか」

セイバー「アインツベルンの財産があるから稼ぐ必要は無いとはいえ、私が働けば切嗣も私に違った対応をしてくれるのでしょうか…」

セイバー「とはいえ、一体どこが私を雇ってくれるのか…はぁ」


ライダー「おや、セイバー珍しいですね、こんな朝早くから」

セイバー「あぁ、ライダーですか…お早うございます」

蟲女出てくる予定ある?

>>17

衛宮家


イリヤ「ぉ…おかわり…うっ…」

士郎「もう寄せよ…三杯食えば充分じゃないか」

イリヤ「切嗣を…うぷっ…越えるんだもん…んぐ」むぐむぐ

士郎「やれやれ…」

ーーー

切嗣「………………」

アイリ「………………」

切嗣「………………」

アイリ「あのね、切嗣…貴方も」

切嗣「すまない」

アイリ「え?」

切嗣「…正直、自分もどうにかしようとは思ってるんだ…」

切嗣「けど…今更何を話せばいいのかわからないんだ」

アイリ「あらまぁ…」

切嗣「少し、散歩してくるよ」

商店街

ライダー「ここです」

セイバー「随分と可愛らしいお店ですね…」

ライダー「まぁ、ケーキ屋さんですから」

セイバー「…噂には聞いています、現在では手に入らないような珍品かつ美味な果物を使用したお店だと」

ライダー「珍しいのは確かですね…そのぶん値段も大概ですが」

セイバー「ここの店長とはどういう方なのでしょうか、身元もしれないサーヴァントを雇うなど」


ギルガメッシュ「遅いぞ雑種!既に開店二時間前だ!」

ギルガメッシュ「…ん?セイバーか、開店は十時からだ、我が財の食材を味わいたくば出直してくるがいい!」

セイバー「え、英雄王?」

ライダー「彼が店長です、最近は飲食店が面白いらしいです」

ーーー
ギル「ほほぉ…マスターに認められるためにな、殊勝なことよ」

セイバー「……………」

ギル「ふん、まぁいいだろう雇いいれてやろうではないか」

セイバー「随分、アッサリですね」

ライダー「人手がいないのです、つい先日バイトで入ってた人がやめたので」

ーーー

ぼとっ

バイトB「おっと」ヒョイ

ギル「貴様!今床に落ちた物を乗せたな?どういうつもりだ!」

バイトB「ご心配なく、この国には三秒ルールというものがあるそうです、問題ありません」

ギル「クビだ!雑種!」

バイトB「ば、馬鹿な…」

ーーー

公園

切嗣(確かにあの頃のボクは余裕がなかった…)

切嗣(セイバーの性格を受け入れる余裕もなかった)

切嗣(けど、今はそうじゃない)

切嗣「はぁ…」

切嗣(やっぱり、ボクから何か言うべきなんだよな…)

切嗣「でも、切っ掛けがなぁ…今更なぁ…」

言峰「ほぉ…誰かと思えば、衛宮切嗣ではないか、随分深刻な顔をしてるではないか、ククッ」

切嗣「?…あぁ、言峰君か、いやなに少し悩んでいてね」

言峰「ふむ、これでも神に仕える身だ、仇敵とはいえ話を聞いてやらないわけにはいかないな、私でよければ話すといい」

切嗣「そ、そうかい助かるよ」

切嗣(しかし、彼はボクより一回りは若い筈なんだがな…)

切嗣(年上に対して敬語も使えないとは親はどういう教育をしてるのか)
 

ーーー

セイバー「い、いらっしゃいませ…」

ライダー「声が小さいですよセイバー」

セイバー「いらっしゃいませ!」

ライダー「それは大きすぎます」

セイバー「す、すみません…」

ギル「ふむ、これも眼福というやつか」ニタニタ

客A「おーい注文!」

ギル「誰にモノを言っている貴様!」

切嗣「かくがく」

言峰「ふむふむ」

切嗣「しかじか」

言峰「ほぉ」ニタニタ

切嗣「それで、ボクはどうすればいいと思う?」

言峰「普通に話せばいいだろう、後は知らん」ニタニタ

切嗣「そうか、やっぱりそうだな聞いてくれてありがとう助かったよ」

切嗣(ふん、やっぱり録な意見も言わず愉悦したかっただけか)

切嗣(以前のボクならともかく、日本で平穏に暮らすと決めた以上は表面的にだけでもうまくやらないくては…この国の辛いところだな)

切嗣(彼にも娘さんがいるようだが、妙に破廉恥な格好をしていた、親がこいつでは仕方ないか…)

切嗣(まぁ、ボクが育てたイリヤと士郎はそんなキチガイな性格にはならないけどね)

切嗣(ボク達の戦いに決着はつかなかったが、父親としては勝ったな)

救急車来た、落としてくだい

このSSまとめへのコメント

1 :  野獣先輩   2013年12月01日 (日) 12:22:20   ID: pMzPnt8i


ファッ!?(驚愕)

続き書いてくれよな~頼むよ~

2 :  SS好きの774さん   2015年03月12日 (木) 23:59:44   ID: cZB0Ju5Y

救急車?

3 :  SS好きの774さん   2015年06月01日 (月) 03:57:20   ID: F5tnCcrr

何があったんだよw

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom