まどか「逃げちゃ駄目だよ…」杏子「そうは言っても…」 (26)

夜 高いところ

杏子「マミの奴がくたばったって聞いたからさぁ、…わざわざ出向いてやったっていうのに」

QB「や、全然くたばってないよ?」

杏子「え?あ、そうなの?」

QB「たしかにやられはしたけれど、大丈夫」

QB「バリバリ元気だよ」

杏子「そ、そっか」

杏子「そうかーヨカッター…」

杏子「とにかくその新入りを、ぶっ潰しちゃえばいいんでしょ??」

夕方 すごいパイプとか壁沿いにある路地裏

杏子「食物連鎖って知ってるぅぅ!?」

さやか「あんただけは許さない!!」


キーンガキーン

さやか「くっ…!」

杏子「終わりだよ!」

まどか「あっ!!」

外した

杏子「なん…だと…!?」

さやか「…!?」

ほむら「…」ファッサ

杏子「お前がなんかしたのか!」

杏子「…なるほど、QBの言ってたイレギュラーだな!?」

ほむら「私は冷静な人の味方で、無駄な争いをする、馬鹿の敵!!」

杏子「!」

ほむら「あなたはどっちなの、佐倉杏子!」

杏子「!?」

杏子「…どこかで会ったか…?」

ほむら「…」(黙秘)

杏子「…」

ほむら「…」

杏子「…」


まどか「もしもし、あのですね…」

杏子「やっつける!」ブンッ

ほむら「後ろよ」スッ

杏子「そこか!」ブンッ

ほむら「後ろよ」スッ

杏子「おらあ!」ブンッ

ほむら「後ろよ」スッ

杏子「…ハァハァ」

杏子「…ふっ、手札がまるで見えないとあっちゃね…」

杏子「今日のところは…」

さやか「逃げるんだ…」ボソッ

杏子「!?」

杏子「なんだ!?おい!」

杏子「お前一人ならボコボコなんだぞ!?分かってんのか!?」

ほむら「やるの!?」

杏子「…!…手札がまったく見えないからね…」

杏子「今日のところは…」

マミ「美樹さん、鹿目さん、暁美さん!無事かしら!」ドカンッ!

杏子「!?」

マミ「!…佐倉さん…!」

杏子「マミ…」

さやか「こいつ、私たちのことを襲ってきたんです」

杏子「な!?」

まどか「事実でしょ!?」

ほむら「見てたわ」

マミ「とうとうそこまで落ちたのね、佐倉さん!」

杏子「おい!」

杏子「3対1とはいい度胸じゃん!」ガクガク

さやか「何よ!まだやるっていうの!?」

さやか「私が相手になるわよ!」

杏子「雑魚!上等だ!…ハッ」

ほむら「…」ゴゴゴ
マミ「…」ゴゴゴ 後ろ楯

さやか「ゴキゴキ」

杏子「ふっ、へへ」

杏子「今日のところは手札がまるで見えないんでね!」

杏子「戦術的撤退をさせて頂くよ!」バッ(超ダッシュ)

まどか「逃げた!」

ほむら「戦術的って言ったわね」

さやか「後々狙ってくる気だね!」

マミ「逃がすか!」

杏子「くそっ!くそっ!」ダダダダ

杏子「QBのやつ!私をはめる気だったな!」ダダダダ

さやか「見つけた!」

ほむら「止めます!」

マミ「縛るわよ!」

杏子「んんんんん」


捕まった

マミ「説教」

ほむら「威圧」

さやか「あんた偉そうにしてさぁ、逃げるなんてふざけてるの!?」

杏子「…くっ」

さやか「土下座!」

杏子「は?」

さやか「土、下、座!」

杏子「はぁ!?」ハッ

ほむら「…」ゴゴゴ
マミ「…」ゴゴゴ 後ろ楯

杏子「…ちぃ!!」


土下座した

さやか「もう私たちに構わないでよね!」

杏子「お前一人ならボコボコなんだぞ…」ボソッ

ほむら「は!?」

マミ「何!?」

杏子「いえ、すみませんでした」

さやか「今度私達にちょっかい出してきたら、ギッタンギッタンにするからね!」

杏子「…はい」(一人でかかってこいよ…)

さやか「返、事!」

杏子「今したでしょ!」

ほむら「ん!?」

マミ「んん!」

杏子「はい!」

事なきを得た

数日後 夜 恭介の家の前
さやか「…」

杏子「一日探し回ってたのに黙って帰るのかい?」

さやか「!お前ぇ!」


省略


杏子「手足をメタメタにしてやりなよ!」

杏子「そうすれば坊やはあんたのもんさ!」

さやか(坊やて…)

杏子「同じ魔法少女のよしみだ」

杏子「私が代わりにやってあげようか?」

杏子「お安いご用さ」

さやか「…」

さやか「…じゃあ、頼む」

杏子「!?」

杏子「坊やの手足をメタメタに!?」

さやか「…そうだよ」

杏子「い、いいよ」

さやか「頼むよ」

杏子「ん、でもそれなりの対価を貰わないとね?」

さやか「あんたさっき…お安いご用って言ったじゃないの」

杏子「!」

杏子「お、」

杏子(まさか手足をメタメタになんて出来るわけないよ…)

杏子(どうしよう)

杏子「よし、分かった」

杏子「私に勝てたら、勝てたら引き受けてやるよ!」

さやか「何よそれ…」

杏子「私のことは絶対に許さないって言ってたじゃないの?」

杏子「ん?」

さやか「…場所変えようか、ここじゃ目立つ」

QB「まどか!さやかが!」

まどか「よーし、電話だ!」




橋の上

杏子「ズアーン」

杏子「いつでもかかってこいよ!」

さやか「ヒャーン」

さやか「行くわよ!」

ほむら「佐倉杏子!」スッ

マミ「佐倉さん!」ザン

まどか「来たよ~」

杏子「畜生!」ダダダダ

捕まった

ほむら「杏子、さやかに手を出すな、と言って聞かせたわよね?」

杏子「はい」

マミ「佐倉さん…あの頃の、あの頃の優しかった佐倉さんに戻って?」

杏子「…はい」

さやか「いい加減にしろよお前、私、もう我慢の限界だよ」

杏子「ブチッ」

杏子「てっめえええええ!!」ドンガラガッシャン!

マミ「こら!」シュルシュル

ほむら「どこまで愚かなの!」ドカ!!バキ!!

杏子「んんんんん!!!」

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom